【2021最新】Kindle Unlimitedで読める技術書/プログラミング本まとめ

こちらでは、Amazonの月額の本読み放題サービス「Kindle Unlimited」で読める技術書/プログラミング関係の本をまとめています。

今は様々な場面でIT技術が必要となり、Web開発、スマホアプリ開発、ゲーム開発、など実用とそれに使われる技術も多様化しています。

何から始めるか迷っている、いろいろな技術を試してみて考えたい、そんな方に幅広い技術に触れられるKindle Unlimited読み放題はおすすめです。

今需要が高いプログラミング言語ごとの人気本ランキングとともに見ていきます。

 

Contents

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Kindle Unlimited対応「HTML/CSS本」

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
4,580円
2,653円
2,948円
2,948円
2
2,068円
1,861円
2,068円
2,068円
3
880円
4
800円
5
780円
6
できるホームページHTML&CSS入門 Windows 10/8.1/7対応 できるシリーズ...
発売日 2017/02/17
佐藤 和人, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,738円
1,406円
1,562円
1,738円
7
ゲームで学ぶJavaScript入門 HTML5&CSSも身につく!
発売日 2015/12/11
田中 賢一郎 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,640円
2,178円
2,420円
2,640円
8
498円
9
800円
10
800円

 
以下が一部参考書の詳細です。

これ1冊でゼロから学べる Webプログラミング超入門 ーHTML,CSS,JavaScript,PHPをまるごとマスター


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



これ1冊でWebプログラミングが一通り学べる!

まったくのプログラミング初心者に向けた、Webプログラミングの入門書です。「HTML+CSS」「JavaScript」「PHPによるサーバー開発」「Ajaxによる非同期通信」Webを使ったスマホアプリ作成」などを、猛スピードで全部学びましょう!Webプログラミングに必要なテーマの本は、それぞれ1冊になるくらいのボリュームですので、それを何冊も読むのは大変ですよね。本書では必要なものを全部つまみ食いして、一度にすべて使えるようになれます!「HTML+JavaScriptのWeb作成」から一歩踏み出し、サーバー側の開発まで含めたプログラミングを学び、応用として、Web部分をそのままスマートフォンのアプリに組み込み、「サーバーと連携したスマホアプリ」までも取り上げています。ですので、「Webページ、サーバー、スマホアプリ」のすべてを体験できます。昨今、プログラミングの仕事というとWebプログラミングは避けて通れませんので、プログラマーになりたいあなたには必読です!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるポケット Web制作必携 HTML&CSS全事典 改訂版 HTML Living Standard & CSS3/...

手元に置いて引きやすい定番のHTMLとCSSの事典が、
最新仕様に準拠しリニューアル!


本書は、HTML Living Standardの仕様に準拠した要素(タグ)と、
主要なブラウザーで動作するCSS3およびCSS4のプロパティをすべて掲載しています。

手元に置いておきやすいコンパクトなB6判で、
目次のほかに要素名・プロパティ名のインデックスもあるので、
必要な情報をサッと調べることができます。

◆要素・プロパティごとの使い方が分かる!
サンプルコードを豊富に掲載


本書では、
・HTMLの要素に使用できる属性
・CSSのプロパティに指定できる値
を掲載しています。
また、ほとんどの要素やプロパティに個別のサンプルコードを掲載し、
使用例が分かるようになっています。
サンプルコードは、読者限定でダウンロードも可能です。

◆100個以上のプロパティやセレクターを追加!
「グリッドレイアウト」やCSS4のモジュールにも対応


最近のWebページのレイアウトに使われることが多い、
「グリッドレイアウト」に関連するプロパティを掲載しています。
また、ブラウザーで動作するCSS4のモジュールにも対応し、
新たに追加されたセレクターなども掲載しています。


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
HTML編(ドキュメント
セクション
コンテンツのグループ化
テキストの定義
埋め込みコンテンツ ほか)
CSS編(セレクター
フォント
テキスト

背景
ボーダー
ボックス
テーブル
段組み ほか)
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
加藤善規(カトウヨシキ)
フリーランスによるWebサイト制作業務、Webサイト制作会社での取締役などの経験を経て、2014年にバーンワークス株式会社を設立、代表取締役に就任。Webサイト制作ディレクション、Webアクセシビリティ、ユーザビリティに関するコンサルティング業務の他、セミナー等での講演、執筆等も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

ちゃんと知っておきたい人のHTML/CSS完全入門: HTML習得の最短講座!1日30分で楽しく学ぼう!

本書は、ウェブエンジニア向けに書いたHTML/CSSの入門書です。パソコンがあれば読むことができます。
本書に事前知識は全く必要ありません。コードの書き方から、作ったウェブサイトの見方まで、パソコン自体初心者という方にも実践できるように解説しています。

HTML/CSSの入門書は数多く出版されていますが、ウェブ制作をしたい方むけの内容になっているものが多く、ウェブエンジニア を目指す方には、帯に短し襷に長しという感じでした。
特に、フォームに関してのcssやaction属性がどのような役割を持つのかなど、ウェブ開発では必須であるのに、フォームの作り方自体が載っていないことがほとんどです。

そこで、実際にプログラミングスクールで指導している中で、生徒さんがつまづいたポイントや、ウェブ開発までに知っておいて欲しいポイントをまとめたのが本書です。

本書では、最終章で皮膚科のウェブ予約システムの画面を作成していただくのですが、このサイトは実際に現在も運用されているサイトのデザインを少々変えたものですので、非常に実践的な演習となっています。
もちろん、つまづくところがないように、丁寧に解説しています。

【目次】

1. はじめに
本書での学び方や、作成するサイトの紹介です

2. なぜHTMLを学ぶのか
ウェブ開発になぜHTMLが必要なのかをお話ししています。

3. 準備と動かし方
必要なソフトウェアのインストールや各種設定
ウェブサイトの見方を解説しています

4. タグの意味を理解しよう
よく使うタグを使用例とともに解説しています

5. タグを組み合わせる
HTMLだけで簡単なサイトを作ります
また、cssを書かないと、いかに見にくいかを見ていただきます。

6. cssを使った装飾
セレクタやプロパティなど基本的な構文について解説しています

7. ボックスモデル
HTMLのボックスモデルやmargin, paddingの違いなど
初心者がつまづくポイントを解説しています

8. パーツを作ろう
HTML/CSSを組み合わせて、ボタンやリストなどのパーツの作り方を学びます

9. flexbox
css3から導入されたflexboxについて解説しています
横並びのデザインが簡単に作れるようになります

10. コンポーネント
パーツを組み合わせて、より大きな塊を作る方法を学びます

11. ウェブサイトを作ってみよう
架空の皮膚科のウェブ予約システムの画面を作っていきます

12. 今後の勉強の仕方
もっと勉強したいという方へ、勉強方法や本書で解説していない
技術の触り部分を紹介しています。

13. 開発者ツールの使い方
どんなサイトのコードも見ることができる
開発者ツールの使い方や画面の見方、開発への活かし方を解説しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
HTML/CSSの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「JavaScript本」

(2021/09/22 12:03 更新)
Rank製品価格
1
スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
及川卓也, リブロワークス (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,035円
1,643円
1,826円
2,035円
2
4,580円
2,653円
2,948円
2,948円
3
売り切れ
4
250円
5
699円
6
ゲームで学ぶJavaScript入門 HTML5&CSSも身につく!
発売日 2015/12/11
田中 賢一郎 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,640円
2,178円
2,420円
2,640円
7
速習 TypeScript 第2版 速習シリーズ
発売日 2020/03/29
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
700円
8
これから学ぶJavaScript
発売日 2018/07/20
齊藤 新三, 山田 祥寛 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,640円
2,376円
2,640円
2,640円
9
よくわかるJavaScript
発売日 2019/04/03
高橋 麻奈
Kindle Unlimited対象
総合評価
800円
10
2,574円

 
以下が一部参考書の詳細です。

スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング

スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
(著)及川卓也, リブロワークス
発売日 2018/06/22
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいJavaScript(ジャバスクリプト)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「プログラムが読めないから、自分がいま何をしているのかわからない」といった
プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、
しっかりJavaScriptの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・JavaScriptの基本を身につけたい人
・過去にプログラミングの入門書で挫折してしまった人
・Web制作者やプログラマー、エンジニアを目指す人
・仕事でJavaScriptを活用してみたい人


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 JavaScript最初の一歩(JavaScriptってどんなもの?
本書の読み進め方 ほか)
2 条件によって分かれる文を学ぼう(条件分岐ってどんなもの?
入力されたものが数値かどうか調べる ほか)
3 繰り返し文を学ぼう(繰り返し文ってどんなもの?
条件式を使って繰り返す ほか)
4 関数を作ろう(関数を作る目的は何?
関数の書き方を覚えよう ほか)
5 Webページに組み込もう(JavaScriptでWebページを操作するには?
HTMLを書いてみよう ほか)

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
及川卓也(オイカワタクヤ)
早稲田大学理工学部を卒業後、日本DECに就職。営業サポート、ソフトウエア開発、研究開発に従事し、1997年からはマイクロソフトでWindows製品の開発に携わる。2006年以降は、GoogleにてWeb検索のプロダクトマネジメントやChromeのエンジニアリングマネジメントなどを行う。その後、スタートアップを経て、独立。企業へ技術戦略、製品戦略、組織づくりのアドバイスを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

これ1冊でゼロから学べる Webプログラミング超入門 ーHTML,CSS,JavaScript,PHPをまるごとマスター


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



これ1冊でWebプログラミングが一通り学べる!

まったくのプログラミング初心者に向けた、Webプログラミングの入門書です。「HTML+CSS」「JavaScript」「PHPによるサーバー開発」「Ajaxによる非同期通信」Webを使ったスマホアプリ作成」などを、猛スピードで全部学びましょう!Webプログラミングに必要なテーマの本は、それぞれ1冊になるくらいのボリュームですので、それを何冊も読むのは大変ですよね。本書では必要なものを全部つまみ食いして、一度にすべて使えるようになれます!「HTML+JavaScriptのWeb作成」から一歩踏み出し、サーバー側の開発まで含めたプログラミングを学び、応用として、Web部分をそのままスマートフォンのアプリに組み込み、「サーバーと連携したスマホアプリ」までも取り上げています。ですので、「Webページ、サーバー、スマホアプリ」のすべてを体験できます。昨今、プログラミングの仕事というとWebプログラミングは避けて通れませんので、プログラマーになりたいあなたには必読です!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

図鑑 データ構造 アルゴリズム ES6+Javascript

図鑑 データ構造 アルゴリズム ES6+Javascript
(著)yang hu
発売日 2020/07/09
(2021/09/22 12:00時点)
 
  
 
JavaScriptの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「React本」

(2021/09/22 12:03 更新)
Rank製品価格
1
699円
2
はじめてつくるReactアプリ
発売日 2021/03/01
mod728
Kindle Unlimited対象
総合評価
599円
3
速習 React 速習シリーズ
発売日 2018/08/27
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
500円
4
499円
5
1,080円
6
390円
7
1,386円
8
540円
9
490円
10
500円

 
以下が一部参考書の詳細です。

はじめてつくるReactアプリ with TypeScript

はじめてつくるReactアプリ with TypeScript
(著)mod728
発売日 2021/05/13
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
 
  

はじめてつくるReactアプリ

はじめてつくるReactアプリ
(著)mod728
発売日 2021/03/01
総合評価
(2021/09/22 12:06時点)
 
  

速習 React 速習シリーズ

速習 React 速習シリーズ
(著)山田祥寛
発売日 2018/08/27
総合評価
(2021/09/22 12:06時点)
Reactは、Facebook開発の、現在人気のJavaScriptライブラリです。
フロントエンド開発にjQueryを使ってきたが、色々と複雑になってきた。jQueryだけでは却って大変だな、ちょっと機能が足りないな、と思っている方はいませんか?
そんな方に是非お勧めしたいのが、Reactです。

本書は、Reactの基本について、10のPartに分けてサンプルコードとともに詳しく解説しています。本書掲載のサンプルは、サポートページ(https://wings.msn.to/index.php/-/A-03/WGS-JSF-004/)からダウンロード可能です。どんどん動かして試してみてください。

【対象読者】
本書は、Reactについて短時間で概要を掴みたい方のための書籍です。
Reactを学ぶための書籍ということで、その基盤となるJavaScript言語については、基本的な理解があることを前提としています。本書でもできるだけ細かな解説を心掛けていますが、JavaScriptについてきちんと押さえておきたいという方は、「改訂新版JavaScript本格入門」(技術評論社)などの専門書も合わせて参照してください。

【目次】
Part 1:イントロダクション
 React登場の経緯
  jQueryの問題点とポストjQueryへ
  主なJavaScriptライブラリ/フレームワーク
 対象読者
 サンプルプログラムについて

Part 2:Reactの基本
 React開発の準備
  create-react-appの準備とアプリの作成
   [1]create-react-appをインストールする
   [2]プロジェクトを作成する
   [3]プロジェクトフォルダーの内容を確認する
   [4]アプリを起動する
  補足:npm startコマンド
 サンプルアプリの内容を確認する
  トップページの準備 - index.html
  アプリを起動するためのエントリーポイント - index.js
  アプリを構成するコンポーネント - App.js
 React要素のレンダリング
  renderメソッドで直接タグを出力する
  React要素を一定時間間隔で更新する
 補足:ブラウザーだけでReactアプリを実行する

Part 3:JSXの基本
 JSXのルール
  唯一のルート要素を持つこと
  空要素は「~/>」で終えること
  名前の異なる属性が存在する
  コメント構文<!--~-->は利用できない
 テンプレートにJavaScript式を埋め込む -
  エスケープ処理を解除する
  属性値を動的に設定する
   (1)属性値前後のクォートは付けない
   (2)style属性の指定にはオブジェクトを利用する
   (3)属性をまとめて設定する
 補足:JSXの実体

Part 4:コンポーネントの基本
 関数コンポーネントとクラスコンポーネント
 コンポーネントへのパラメーターの引き渡し
  さまざまな型の値をコンポーネントに渡す
  オブジェクトを個々の属性に展開する
  要素配下のテキストを引用する
  コンポーネントを入れ子にする

Part 5:プロパティ型の検証(prop-types)
 prop-typesの基本
 prop-typesの特殊なデータ型
  (1)PropTypes.instanceOf
  (2)PropTypes.oneOf
  (3)PropTypes.oneOfType
  (4)PropTypes.arrayOf
  (5)PropTypes.shape
 プロパティ値の既定値を定義する
 補足:型定義のもうひとつの記法

Part 6:条件分岐と繰り返し処理
 繰り返し処理
  注意:リスト項目を特定するためのキー
  リスト項目を変数に代入する
 条件分岐
  「?:」演算子/「&&」演算子
  即時関数
  関数/メソッド

Part 7:イベント処理とState
 イベント処理の基本
  (1)イベントハンドラーを設定するのはonEvent属性
  (2)bindの意味
  (3)イベントオブジェクトを参照する
 bindのための他のアプローチ
  (1)コンストラクターでbindする
  (2)アロー関数で宣言する
  (3)クラスプロパティを利用
 イベントハンドラーに引数を渡す
 イベントプーリング
  イベントオブジェクトを維持する方法
   (1)特定の値だけを退避しておく
   (2)persistメソッド
 コンポーネントの状態を管理する - State
  Stateの基本
  子コンポーネント→親コンポーネントの情報伝達
  フォーム操作の基本
  補足:Uncontrolled Component

Part 8:フォームの実装
 テキストエリア
 選択ボックス
 リストボックス
 ラジオボタン
 チェックボックス(単一)
 チェックボックス(複数)
 ファイル入力ボックス

Part 9:ライフサイクルメソッド
 主なライフサイクルメソッド
  コンポーネントの初期化 - constructor(props)
  コンポーネントの描画 - render()
  文書ツリーへの追加/破棄時 - componentDidMount()/ componentWillUnmount()
  Props/Stateによる更新時 - shouldComponentUpdate(nextProps, nextState)
  コンポーネントの再描画時 - componentDidUpdate(prevProps, prevState, snapshot)
 ライフサイクルメソッドの例

Part 10:ルーティング
 ルーターの基本
  ルーティング機能を管理するBrowserRouterコンポーネント
  ルーティング設定を表すRouteコンポーネント
  ルーティング経由のリンクを生成するLinkコンポーネント
 さまざまなルーティングの手法
   パスの一部をパラメータ―として引き渡す - ルートパラメーター
   ルートの記述順序
   現在のパスを強調表示する
   コンポーネントを入れ子に設置する

書籍情報
 著者プロフィール
 基本情報
 サポートサイト

【著者プロフィール】
山田 祥寛(やまだ よしひろ)
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGS プロジェクト」の代表でもある。主な著書に「速習 EcmaScript2018」「速習 webpack」「速習 Vue.js」「速習 ASP.NET Core」「速習 TypeScript」(WINGSプロジェクト・Kindle版)、「改訂新版JavaScript本格入門」「Angularアプリケーションプログラミング」(技術評論社)、「独習C# 新版」「独習PHP 第3版」(翔泳社)、「はじめてのAndroidアプリ開発 第2版」(秀和システム)など。
https://wings.msn.to/

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Reactの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Vue.js本」

(2021/09/22 12:09 更新)
Rank製品価格
1
速習 Vue.js 3 速習シリーズ
発売日 2020/09/19
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
700円
2
99円
3
1,760円
(+884pt)
4
速習Vue.js 速習シリーズ
発売日 2018/03/28
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
500円
5
700円
6
1,430円
(+718pt)
7
1,760円
8
1,584円
9
1,584円
10
500円

 
以下が一部参考書の詳細です。

速習 Vue.js 3 速習シリーズ

速習 Vue.js 3 速習シリーズ
(著)山田祥寛
発売日 2020/09/19
総合評価
(2021/09/22 12:09時点)
本書は、Vue.js 3の使い方を12個のPartに分けて、サンプルコードとともに詳しく解説しています。後半では、Vue CLIを使った開発も紹介しています。本書掲載のサンプルは、サポートページ(https://wings.msn.to/index.php/-/A-03/WGS-JSF-006/)からダウンロード可能です。どんどん動かして試してみてください。

※本書は、旧版「速習 Vue.js」(Vue.js 2対応版)をVue.js 3に対応し、最新情報で改訂したものです。

【対象読者】
本書は、JavaScriptフレームワークであるVue.js 3について短時間で概要を掴みたい方のための書籍です。フレームワークを学ぶための書籍ということで、その基盤となるJavaScript言語については、基本的な理解があることを前提としています。本書でもできるだけ細かな解説を心掛けていますが、JavaScriptについてきちんと押さえておきたいという方は、拙著「改訂新版 JavaScript本格入門」(技術評論社)などの専門書を合わせてご覧ください。

【目次】
はじめに

Part 1:イントロダクション
 1.1 JavaScriptフレームワークとは?
 1.2 jQueryの問題点とJavaScriptフレームワーク
 1.3 主なJavaScriptフレームワーク

Part 2:Vue.jsの基本
 2.1 Vue.jsのインストール方法
 2.2 Vue.jsアプリの基本
 2.3 ディレクティブによるデータアクセス - v-text
 2.4 }式を無効化する - v-pre
 2.5 文字列をHTMLとして埋め込む - v-html
 2.6 属性値にJavaScript式を埋め込む - v-bind
 2.7 プロパティ値をアプリ独自のルールで加工する - 算出プロパティ
   2.7.1 別解:メソッドによるロジックの切り出し

Part 3:イベント処理
 3.1 イベントの基本
 3.2 イベントオブジェクトを参照する
   3.2.1 イベントハンドラーに引数を渡す場合
 3.3 定型的なイベント処理を宣言的に指定する - イベント修飾子
   3.3.1 イベント修飾子を利用する場合の注意点
 3.4 キーボードからの入力を識別する - キー修飾子
   3.4.1 システムキーとの組み合わせを検知する
 3.5 マウスの特定のボタンを検知する - マウス修飾子

Part 4:フォーム開発
 4.1 さまざまなフォーム要素の例
   4.1.1 ラジオボタン
   4.1.2 チェックボックス(単一)
   4.1.3 チェックボックス(複数)
   4.1.4 選択ボックス
   4.1.5 補足:オブジェクトをバインドする
   4.1.6 ファイル入力ボックス
 4.2 バインドの動作オプションを設定する - 修飾子
   4.2.1 入力値を数値としてバインドする - number修飾子
   4.2.2 入力値の前後の空白を除去する - trim修飾子
   4.2.3 バインドのタイミングを遅延させる - lazy修飾子
 4.3 双方向データバインドのカスタマイズ

Part 5:条件分岐とループ
 5.1 式の真偽に応じて表示/非表示を切り替える - v-if
   5.1.1 式がfalseの場合の表示を定義する - v-else
   5.1.2 複数の分岐を表現する - v-else-if
 5.2 式の真偽に応じて表示/非表示を切り替える - v-show
 5.3 配列/オブジェクトを繰り返し処理する - v-for
   5.3.1 配列から要素を順に取得する
   5.3.2 インデックス番号を取得する
   5.3.3 オブジェクトのプロパティを順に処理する
   5.3.4 数値を列挙したい場合
 5.4 v-forによるループ処理の注意点
   5.4.1 配列の絞り込みには算出プロパティを利用する
   5.4.2 異なる要素のセットを繰り返し出力する - template要素
   5.4.3 配列の変更を反映する - 変更メソッド

Part 6:もっとデータバインディング
 6.1 属性に値をバインドする - v-bind
   6.1.1 複数の属性をまとめて指定する
   6.1.2 要素オブジェクトのプロパティを設定する
 6.2 値を一度だけバインドする - v-once
 6.3 要素にスタイルプロパティを設定する - v-bind:style
   6.3.1 複数のスタイル情報を適用する
   6.3.2 ベンダープレフィックスを自動補完する
 6.4 要素にスタイルクラスを設定する - v-bind:class
   6.4.1 v-bind:classのさまざまな設定方法
 6.5 }式による画面のチラツキを防ぐ - v-cloak

Part 7:コンポーネント
 7.1 コンポーネントの基本
   7.1.1 コンポーネントの定義
   7.1.2 コンポーネントの呼び出し
   7.1.3 テンプレートの制約[3]
   7.1.4 グローバル登録とローカル登録
 7.2 コンポーネントへのパラメーターの引き渡し
   7.2.1 プロパティ値の型を制限する
   7.2.2 検証ルールのさまざまな表現方法
 7.3 子コンポーネントから親コンポーネントへの伝達 - カスタムイベント
   7.3.1 カウンターアプリの例
   7.3.2 incrementイベントの実装
   7.3.3 カスタムイベントの監視
   7.3.4 カスタムイベントの検証
 7.4 コンポーネント配下のコンテンツをテンプレートに反映させる - スロット
   7.4.1 複数のスロットを利用する

Part 8:もっとコンポーネント
 8.1 大規模なコンポーネントを開発しやすく - Composition API[3]
   8.1.1 Composition APIの基本
   8.1.2 refによるデータ定義
   8.1.3 コードの共通化
 8.2 テンプレート配下のコンテンツを任意の場所に反映させる - Teleport[3]
 8.3 非同期処理の待ちメッセージを表示する - Suspense[3]

 Part 9:ディレクティブ/プラグイン
 9.1 ディレクティブの自作
   9.1.1 ディレクティブの基本
   9.1.2 親コンポーネントの監視
   9.1.3 イベント処理を伴うディレクティブ
 9.2 プラグイン
   9.2.1 動作オプションの追加

Part 10:コマンドラインツールVue CLI
 10.1 Vue CLIのインストール
 10.2 プロジェクトの自動生成
   10.2.1 補足:アプリのビルド
 10.3 単一ファイルコンポーネント
   10.3.1 コンポーネントの定義 - <script>要素
   10.3.2 コンポーネント独自のスタイル - <style>要素
   10.3.3 補足:Veturプラグイン

Part 11:ルーティング
 11.1 ルーターの基本
   11.1.1 Vue Router環境のフォルダー構造
   11.1.2 ルーティング情報の定義
   11.1.3 ルーターの有効化
   11.1.4 トップページのテンプレート
   11.1.5 補足:プログラムからページ遷移
 11.2 パスの一部をパラメータ―として引き渡す - ルートパラメーター
   11.2.1 ルートの優先順位
   11.2.2 ルートパラメーターの記法
 11.3 複数のビュー領域を設置する
 11.4 入れ子のビューを設置する

Part 12:Vuex
 12.1 Vuexの組み込み
 12.2 Vuexによるカウンターアプリ
 12.3 Vuexストアの構成要素
   12.3.1 ステート値を加工/演算する - ゲッター
   12.3.2 ステート値を更新する - ミューテーション
   12.3.3 非同期処理を実装する - アクション
   12.3.4 補足:Vuexストアの構成要素

Appendix Vue.js 3での変更点


【著者プロフィール】
山田 祥寛(やまだ よしひろ)
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGS プロジェクト」の代表。主な著書に「速習Spring Boot」「速習Django3」「速習TypeScript 第2版」「速習 React」(Amazon Kindle)、「改訂新版JavaScript本格入門(技術評論社)、「これからはじめるVue.js実践入門」(SBクリエイティブ)など。
https://www.wings.msn.to/

↓全て表示↑少なく表示
 
  

JavaScriptエンジニアが昼休みの間に「Vue.jsってこんな感じなのね」と超ザックリ理解するための本

タイトルの通り、2〜30分程度で一気にVue.jsの概要をザックリ理解するための本です。
巷で話題のVue.jsをこの機会に体験してみてください。

1.Vue.jsとは
2.セットアップ
3.Hello World
4.イベントハンドリング
5.コンポーネント
6.ディレクティブ
7.実用例
 
  

後悔しないためのVueコンポーネント設計 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

後悔しないためのVueコンポーネント設計 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
(著)中島 直博
発売日 2019/06/28
総合評価
(2021/09/22 12:09時点)
本書はVue.jsを利用してシングルページアプリケーションの作成を考えているエンジニア、特にコンポーネントの設計や分類に悩んでいる方のためのガイドブックです。テストの書き方がわからない、コンポーネントのアンチパターンを知りたい、といった方のために、テストしやすい、またはしづらいコンポーネントとはなにか、単体テストの書き方などについて丁寧に解説しています。
〈本書の対象読者〉
・Vue.jsのコンポーネント設計に自身がない
・Vue.jsのコンポーネントの分類で悩んでいる
・Vue.jsのコンポーネントのアンチパターンを知りたい
・Vue.jsのコンポーネントのテストの書き方がわからない

【目次】
第1章 なぜテストを書くのか
1.1 なぜ「私」はテストを書くようになったのか
第2章 テストしやすいコンポーネントと、テストしづらいコンポーネント
2.1 テストしやすい/しづらいコンポーネント
2.2 機能を少なくシンプルに保つ
2.3 依存は少なく
2.4 なるべく状態を持たせない
2.5 propsの型指定で避けたほうがいい型
2.6 親子コンポーネント間のやりとり
2.7 Storeのgettersに注意
2.8 ライフサイクルフックに直接処理を書かない
第3章 コンポーネントを分類する
3.1 コンポーネントの種類を知る
3.2 2種類で足りる?
第4章 ディレクトリ構成とコンポーネントの分類
4.1 UIのサンプル
4.2 basicsディレクトリ
4.3 componentsディレクトリ
4.4 containersディレクトリ
4.5 pagesディレクトリ
第5章 なにをテストするか
5.1 テストの対象
5.2 コンポーネントのテスト項目
5.3 Vuexのテスト
5.4 どうやってテストするか
第6章 テスト実行環境の構築
6.1 Vue CLIを使った環境構築
6.2 Vue CLI UIを使う
6.3 テストのサンプル
第7章 テストを書く
7.1 サンプルアプリケーション
7.2 テストの実行方法
7.3 ディレクトリとファイル構成
7.4 Jestの使い方と機能
7.5 vue-test-utils
7.6 basicのテスト
7.7 componentのテスト
7.8 containerのテスト
7.9 pageのテスト

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Vue.jsの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Angular本」

(2021/09/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
540円
2
500円
3
700円
4
390円
5
AngularJSライブラリ 活用レシピ 厳選 108
発売日 2015/08/08
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,200円
6
333円
7
100円
8
500円
9
AngularJSで機先を制す
発売日 2012/12/26
上松 信彰
Kindle Unlimited対象
総合評価
500円

 
以下が一部参考書の詳細です。

いまから始めるWebフロントエンド開発

いまから始めるWebフロントエンド開発
(著)松田 承一
発売日 2016/08/25
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
「最近のWebフロントエンドはフレームワークやライブラリの移り変わりが早く、手を出しづらい。」アプリエンジニアやサーバサイドエンジニアなら一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

本書では、昨今特に重要性を増してきたWebフロントエンド開発を「いまから」すぐに始めるための解説をしていきます。
話題のReact.jsやFlux(Redux)、ECMAScriptと呼ばれるJavaScriptの新しい仕様についても漏れなくカバー。
Webフロントエンド開発初心者にぴったりの一冊です。

■目次
・第1章:Webフロントエンド開発が歩んできた道
・第2章:TODOアプリを開発してみよう
・第3章:これからのWebフロントエンド開発

■こんな人にぴったりです
・Androidアプリエンジニア
・iOSアプリエンジニア
・バックエンドエンジニア
・最新のWebフロントエンド開発について学習したいエンジニア
 
  

AngularでCRUD操作を行ってみよう

AngularでCRUD操作を行ってみよう
(著)kenpapa
発売日 2019/01/16
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
[概要]
Angularでのアプリケーション開発に慣れてくると、サーバーと連携したアプリケーションを作りたいと思うようになるかもしれません。

サーバーと連携したアプリケーションではクライアントとサーバーがHTTP通信を行って処理が進められますので、その仕組みや実装の仕方を理解する必要があります。

そこで、本書ではまずWebアプリケーションの基礎知識として「フレームワーク」、「Single Page Application」、「REST API」といったクライアントとサーバーの連携で関係してくる登場人物について整理します。

その後、まずPostmanというツールを使ってサーバーに対してCRUD(Create/Read/Update/Delete)操作を行うことでクライアントとサーバー間でどのようなやりとりが行われているのかを理解します。

そして、ブラウザ(JavaScript)でHTTP通信を行う際に必要となるFetch APIについての基本を理解した上で、JavaScriptとAngularでFetch APIを使ってREST APIに対してCRUD操作を行ってみます。

次にAngularのHttpClientモジュールを使ってHTTP通信を行います。HttpClientを使うためにはRxJSの知識が必要となりますので、まずは簡単なコードでRxJSの基本を整理して、その後AngularとHttpClientによるCRUD操作を行います。

最後にAngularでREST APIに対してCRUD操作を行うアプリを作成します。


[想定する読者]
Angularでのアプリケーションの開発経験のある方で、サーバーが提供するREST APIを利用してCRUD(Create/Read/Update/Delete)操作を行うようなアプリを開発しようと考えられている方を想定しています。


[本書の構成]
Chapter 1ではWebアプリケーションの基礎知識として「フレームワーク」、「Single Page Application」、「REST API」について整理します。

Chapter 2ではJSON ServerでREST APIを作成し、そのREST APIに対してPostmanを使ってCRUD操作を行います。

Chapter 3ではJSON Serverで作成したREST APIに対してFetch APIを使ってCRUD操作を行います。まずはJavaScriptでCRUD操作を行うアプリを作成し、その後AngularでCRUD操作を行うアプリを作成します。

Chapter 4ではAngularのHttpClientモジュールを使ってHTTP通信を行います。ただ、HttpClientを使うためにはRxJSの知識が必要となりますので、まずは簡単なコードでRxJSの基本を整理して、その後AngularとHttpClientによるCRUD操作を行います。

Chapter 5ではルーティング機能を使って3画面で構成されたCRUD操作を行うアプリを作成します。その後Bootstrapを使ってデザインを変更します。


[実行環境]
Windows 10上でアプリケーションの作成や実行を行っています。

コマンドの実行はコマンドプロンプト上で行っています。

アプリケーションはChromeブラウザ上で動かしています。

■使用しているソフトウェアのバージョン
Angular CLI 7.1.4
JSON Server 0.14.0
Bootstrap 4.2.1


[目次]
はじめに
想定する読者
本書の構成
開発環境
事前準備
Chapter1 Webアプリケーションの基礎知識
1-1 Webアプリケーションとフレームワーク
1-2 Single Page Applicationとは
1-3 REST APIとは
1-4 REST APIを利用する方法
Chapter2 PostmanによるCRUD操作
2-1 JSON Serverの準備
2-2 Postmanの準備
2-3 PostmanによるCRUD操作
Chapter3 Fetch APIによるCRUD操作
3-1 ブラウザでREST APIを利用する方法
3-2 Fetch APIの基本
3-3 JavaScriptでのCRUD操作のサンプルコード
3-4 「JavaScript + Fetch API」によるCRUD操作
3-5 AngularでのCRUD操作のサンプルコード
3-6 「Angular + Fetch API」によるCRUD操作
Chapter4 HttpClientによるCRUD操作
4-1 HttpClientとは
4-2 RxJSの基本
4-3 「Angular + HttpClient」によるCRUD操作
Chapter5 CRUD操作の実践(Angularアプリの作成)
5-1 画面遷移のあるアプリの作成1(基本構成)
5-2 画面遷移のあるアプリの作成2(Bootstrapの適用)
おわりに

↓全て表示↑少なく表示
 
  

AngularでTodoアプリを作ってみよう

AngularでTodoアプリを作ってみよう
(著)kenpapa
発売日 2018/10/20
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
[概要]
本書はAngularの入門書です。

「Webアプリケーションを作成しよう」と思った時に考えられる選択肢としては次のようなものがあります。
1.JavaScriptのみで作成
2.jQueryなどのライブラリを使用して作成
3.フレームワークを使用して作成

アプリケーションの規模が小さければ1や2の選択肢を選ぶこともあると思いますが、規模が大きくなってくると必要になってくるのが3の選択肢のフレームワークです。

Angularには「Angular CLI」というツールがあり、「ng new プロジェクト名」というコマンドを実行するとアプリケーションの雛形を自動で作成してくれますし、「ng serve --open」というコマンドを実行すると雛形で用意されているアプリケーションが起動します。

本書では簡単なTodoアプリをAngularというフレームワークで作成することで、フレームワークを使うとどのようなことができるのかを体験していただこうと思います。

また、本書の後半では「Angular Material」といったAngular用のUIコンポーネントを使ってTodoアプリをマテリアルデザインのUIのスタイルに変更したり、Cordovaというモバイルアプリケーション開発フレームワークを利用してTodoアプリをAndroidエミュレータ上で動作させてみようと思います。


[想定する読者]
JavaScriptのプログラミング経験がある方で、Angularというフレームワークに興味がある方を想定しています。

AngularはTypeScriptをベースに実装されていますので、TypeScriptの基本的な理解も必要となります。


[本書の構成]
Chapter1ではJavaScriptにはどのようなフレームワークが存在するのかを簡単に紹介します。

Chapter2ではAngular CLIを使ってアプリの作成および実行を行います。その後Angular CLIによって作成されたプロジェクトのフォルダの中身を確認してアプリがどのような流れで実行されていくのかをみていきます。

Chapter3ではTodoアプリを作成するにあたって必要となるAngularの基本文法を、簡単なアプリケーションを作成して実行することで理解していこうと思います。

Chapter4ではHtml+JavaScriptで作られたTodoアプリをベースにAngularでTodoアプリを作成します。

Chapter5ではChapter4で作成したTodoアプリにUIコンポーネントを適用してアプリを完成させます。

Chapter6ではアプリのビルドを行って別途準備した簡易Webサーバーを使ってアプリを実行します。

Chapter7ではCordovaというモバイルアプリケーション開発フレームワークを利用して実際にアプリの作成と実行(ブラウザ上)を行うことでCordovaの使い方をみていきます。

Chapter8ではChapter5で完成させたTodoアプリをCordovaを利用してAndroidエミュレータ上で動かします。

Chapter9ではJavaScriptのフレームワークとして人気のAngular、React、Vue.jsという3つのフレームワークを比較してみようと思います。


[実行環境]
Windows 10上でアプリケーションの作成や実行を行っています。

コマンドの実行はコマンドプロンプト上で行っています。

アプリケーションはChromeブラウザ上で動かしています。

■使用しているソフトウェアのバージョン
Angular CLI 6.2.3
Cordova 8.0.0
Android Studio 3.1.4


[目次]
はじめに
想定する読者
本書の構成
開発環境
Chapter1 JavaScriptフレームワーク
Chapter2 Angularの基礎知識
2-1 Angularの概要
2-2 Angular開発環境の準備
2-3 Angularアプリの作成と実行
2-4 プロジェクトフォルダの内容確認
Chapter3 Angularの基本
3-1 データバインディング
3-2 イベント処理
3-3 双方向データバインディング
3-4 リスト表示
3-5 コンポーネント間コミュニケーション
3-6 ルーティング1(Historyモード)
3-7 ルーティング2(Hashモード)
3-8 ライフサイクルフック
Chapter4 Angularの実践(Todoアプリの作成)
4-1 Html+JavaScriptで作られたTodoアプリの紹介
4-2 AngularでTodoアプリを作成1(1コンポーネント)
4-3 AngularでTodoアプリを作成2(複数コンポーネント化)92
4-4 AngularでTodoアプリを作成3(ローカルストレージの利用)
4-5 AngularでTodoアプリを作成4(コンポーネントの独立)
4-6 AngularでTodoアプリを作成5(ルーティングの利用)
Chapter5 UIコンポーネントフレームワークの利用
5-1 Angular Materialの概要
5-2 Angular Materialアプリの作成と実行
5-3 TodoアプリのAngular Material化
5-4 Material Iconsのオフライン対応
Chapter6 簡易Webサーバーを使ってTodoアプリを実行する
6-1 簡易Webサーバーの準備
6-2 Todoアプリ(Html+JavaScript)の実行
6-3 Todoアプリ(Angular+ Angular Material)の実行
Chapter7 Cordovaの基礎知識
7-1 Cordovaの概要
7-2 Cordovaのインストール
7-3 Cordovaアプリ(browser)の作成と実行
Chapter8 Androidエミュレータ上でTodoアプリを実行する
8-1 Androidの概要
8-2 Android環境の準備
8-3 Cordovaアプリ(android)の作成と実行
8-4 Todoアプリ(Html+JavaScript)の実行
8-5 Todoアプリ(Angular+ Angular Material)の実行
Chapter9 Angular/React/Vue.jsの比較
おわりに

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Angularの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「PHP本」

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
4,580円
2,653円
2,948円
2,948円
2
650円
3
速習 Laravel 6 速習シリーズ
発売日 2019/09/03
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
700円
4
1,782円
5
580円
6
370円
7
PHP「直す力」養成ドリル
発売日 2013/08/08
西沢直木 (西沢書店)
Kindle Unlimited対象
総合評価
99円
8
1,584円
9
250円
10
500円

 
以下が一部参考書の詳細です。

これ1冊でゼロから学べる Webプログラミング超入門 ーHTML,CSS,JavaScript,PHPをまるごとマスター


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



これ1冊でWebプログラミングが一通り学べる!

まったくのプログラミング初心者に向けた、Webプログラミングの入門書です。「HTML+CSS」「JavaScript」「PHPによるサーバー開発」「Ajaxによる非同期通信」Webを使ったスマホアプリ作成」などを、猛スピードで全部学びましょう!Webプログラミングに必要なテーマの本は、それぞれ1冊になるくらいのボリュームですので、それを何冊も読むのは大変ですよね。本書では必要なものを全部つまみ食いして、一度にすべて使えるようになれます!「HTML+JavaScriptのWeb作成」から一歩踏み出し、サーバー側の開発まで含めたプログラミングを学び、応用として、Web部分をそのままスマートフォンのアプリに組み込み、「サーバーと連携したスマホアプリ」までも取り上げています。ですので、「Webページ、サーバー、スマホアプリ」のすべてを体験できます。昨今、プログラミングの仕事というとWebプログラミングは避けて通れませんので、プログラマーになりたいあなたには必読です!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

1週間で基礎から学ぶLaravel入門

1週間で基礎から学ぶLaravel入門
(著)minatomi
発売日 2021/02/16
総合評価
(2021/09/22 12:04時点)
 
  

速習 Laravel 6 速習シリーズ

速習 Laravel 6 速習シリーズ
(著)山田祥寛
発売日 2019/09/03
総合評価
(2021/09/22 12:04時点)
本書は、PHPフレームワークであるLaravelについて短時間で概要を掴みたい方のための書籍です。9個のPartに分けて、Laravelの基本からテンプレート開発、データベース連携、リクエスト/レスポンス処理、ルーティング設定までを、サンプルコードと共に詳しく解説しています。サンプルは、サポートページ(https://wings.msn.to/index.php/-/A-03/WGS-PHP-001/)からダウンロード可能です。どんどん動かして試してみてください。

【対象読者】
本書は、Laravelについて短時間で概要を掴みたい方のための書籍です。
Laravelを学ぶための書籍ということで、その基盤となるPHP言語については、基本的な理解があることを前提としています。本書でもできるだけ細かな解説を心掛けていますが、PHPについてきちんと押さえておきたいという方は、「独習PHP 第3版」(翔泳社)などの専門書も合わせて参照してください。

【目次】
はじめに
 対象読者
 サンプルプログラム

Part 1:イントロダクション
 1.1 Laravelの位置づけ
  1.1.1 フレームワークとは?
  1.1.2 PHPフレームワークの歴史
  1.1.3 Laravelの特徴

Part 2:Laravel開発の準備
 2.1 Laravel開発の準備
 2.2 基本的なアプリの作成
 2.3 補足:Apacheサーバーで実行する

Part 3:Laravelの基本
 3.1 コントローラーの基本
 3.2 ビューの基本
 3.3 モデルの基本
  3.3.1 Eloquentとは?
  3.3.2 データベース利用の準備
  3.3.3 モデルクラスの作成
  3.3.4 データアクセスの基本

Part 4:ビュー開発
 4.1 埋め込み構文
  4.1.1 HTMLエスケープの無効化 -
  4.1.2 }の無効化 - @構文
  4.1.3 テンプレートにコメントを残す - コメント構文
 4.2 基本ディレクティブ
  4.2.1 汎用的な条件分岐を表す - @if
  4.2.2 否定の条件分岐を表現する - @unless
  4.2.3 変数の有無によって表示を振り分ける - @isset/@empty
  4.2.4 等価比較による条件分岐を表現する - @switch
  4.2.5 条件式によって出力を繰り返す - @while
  4.2.6 指定された回数だけ処理を繰り返す - @for
  4.2.7 配列の内容を順番に出力する - @foreach
  4.2.8 配列が空の場合の出力を決める - @forelse
  4.2.9 ループを即座に脱出する - @break
  4.2.10 現在の周回をスキップする - @continue
  4.2.11 任意のコードを実行する - @php
 4.3 レイアウト
  4.3.1 レイアウトの定義
  4.3.2 個別テンプレートの準備
 4.4 コンポーネント
  4.4.1 コンポーネントの定義
  4.4.2 コンポーネントの利用
 4.5 サブビュー
  4.5.1 コレクションビュー

Part 5:ルーティング
 5.1 ルーティングの基本
 5.2 ルートパラメーター
  5.2.1 ルートパラメーターの基本
  5.2.2 任意のルートパラメーター
  5.2.3 ルートパラメーターの制約
  5.2.4 可変長パラメーター
 5.3 特別なルート定義
  5.3.1 ルートに共通の接頭辞を付与する
  5.3.2 名前空間付きのコントローラー
  5.3.3 アクションの省略
  5.3.4 リダイレクト
  5.3.5 リソースルート

Part 6:コントローラー開発
 6.1 レスポンス
  6.1.1 Responseオブジェクトの基本
  6.1.2 ビュー出力時にヘッダーを設定する
  6.1.3 JSON形式の出力を生成する
  6.1.4 指定されたファイル/データをダウンロードする
  6.1.5 リダイレクト
 6.2 リクエスト
  6.2.1 Requestオブジェクトの基本
  6.2.2 フォームからの入力
  6.2.3 ファイルのアップロード
 6.3 ミドルウェア
  6.3.1 ミドルウェアの基本
  6.3.2 アクションの後処理
  6.3.3 ミドルウェアのさまざまな登録方法

Part 7:状態管理
 7.1 クッキー
  7.1.1 クッキーの保存
  7.1.2 クッキーの取得
 7.2 セッション
  7.2.1 セッション利用のための設定
  7.2.2 セッションの利用
  7.2.3 データベースでのセッション管理
  7.2.4 補足:セッションのさまざまな操作
  7.2.5 フラッシュの利用例

Part 8:データベース連携(データの取得)
 8.1 マイグレーション/シード
  8.1.1 マイグレーションファイルの作成
  8.1.2 補足:Schemaクラスのメソッド
  8.1.3 シーダー
 8.2 データの取得
  8.2.1 主キーで検索する
  8.2.2 任意の列でデータを検索する
  8.2.3 whereメソッドによる様々な検索
  8.2.4 SELECT命令のその他の句
 8.3 リレーション
  8.3.1 テーブル/モデルの準備
  8.3.2 モデルの定義
  8.3.3 リレーションの利用

Part 9:データベース連携(データの挿入/更新/削除)
 9.1 データの登録
 9.2 既存データの更新
 9.3 既存データの削除
 9.4 検証機能の実装
  9.4.1 エラーメッセージの日本語化

書籍情報
 著者プロフィール
 基本情報
 サポートサイト
 表紙の写真について

【著者プロフィール】
山田 祥寛(やまだ よしひろ)
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGS プロジェクト」の代表でもある。主な著書に「速習 EcmaScript 2019」「速習 webpack」「速習 Vue.js」「速習 ASP.NET Core」「速習 TypeScript」(WINGSプロジェクト・Kindle版)、「改訂新版JavaScript本格入門」「Angularアプリケーションプログラミング」(技術評論社)、「独習Java 新版」「独習C# 新版」「独習PHP 第3版」(翔泳社)、「はじめてのAndroidアプリ開発 第3版」(秀和システム)など。
https://wings.msn.to/

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
PHPの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Python本」

(2021/09/10 12:15 更新)
Rank製品価格
1
250円
2
890円
3
400円
4
1,200円
5
380円
6
800円
7
3,300円
2,970円
3,300円
3,300円
8
750円
9
780円
10
250円

 
以下が一部参考書の詳細です。

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門(1) セットアップ・文字列・数値編

本書は「プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門」3部作のうちの1作目になります。Pythonの導入、文字列と数字のごく初歩の操作をご紹介します。その操作を通じて変数やメソッドなど、Pythonの学習に欠かせない基本的な概念が自然に身につく内容になっています。

これまでの「入門」や「かんたん」と言われている本をみて挫折した方は、プログラミングの楽しさと、プログラミングの本を一冊やりとげたという達成感を味わっていただけると思います。まず本書の内容をしっかりマスターすることで、世間一般で「簡単」といわれている内容が理解しやすくなるでしょう。

ぜひ,Python の学習を楽しんでください!


《本書より抜粋》
変数に変数を入れる

先ほどは,変数に,変換した文字列をいれて表示することをしました.
では,変換したあとに変数だけを表示するとどうでしょうか.

入力画面
x = "Good morning"
x.upper()
print x

出力画面
Good morning

もとのままですね.困りました.x.upper() のところで,せっかく大文字に
変換したのですから,覚えてくれていてもいいようなものですが,x そのものは
変わっていないようです.

実はPython では,変数に対して何らかのメソッドを行っても,たいていの場合,
変数自体は変化しません.中には変数自体が変化するものもありますが,それは,
そのメソッドを作った方が,「直接変化しないほうが,プログラムを組みやすいだろうな」
と思ったり,「これは直接変化したほうが絶対いい!」と考えてくれた結果です.
ですから・・・・


《もくじ》
・はじめに
・本書の流れ
・Pythonをインストールする (Windows/Mac)
・IDLEを使おう
・文字列を表示する(print)
・文字列と文字列をつなげてみる(join)
・文字列をばらしてみる(split)
・文字列を置き換えてみる(replace)
・文字列の大文字・小文字を変換してみる(upper, lower)
・メソッドを組み合わせてみる
・変数に文字列を入れてみる
・変数に入れた文字列を扱う
・変数に変数を入れる
・文字列操作 つなぐ,さがす,数える(join, find, count)
・文字列の一部を取り出す(インデクシング,スライシング)
・文字列とクォーテーションマーク(”)について
・文字列のメソッドを組み合わせてみる
・コメントと日本語
・外部のPythonファイルを実行して日本語を表示しよう
・Windows の場合
・環境変数の設定
・コマンドプロンプトからの実行
・Mac の場合
・ターミナルからの実行
・コマンドプロンプトやターミナルで,対話型コマンドラインを使ってみよう
・数値というデータ型
・数値型で遊んでみる
・数値型と文字列型の取り扱いの違い
・変数にいれた文字列を整形して表示してみる(文字列フォーマット)
・もうひとつの文字列フォーマット
・文字列を整形して表示してみる(改行,center,ljust,rjust)
・おわりに


《著者略歴》
たっく
リサーチャー

1978年生まれ、富山県出身。

趣味は、片づけとプログラミング (Python) 。

主な著作に
『必要十分生活』
『プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門』
など。


ちょっぷ
リサーチャー
たっくにプログラミングの世界を教えた張本人。たっくに誘われるまま、執筆に参加した。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

スマートPythonプログラミング: Pythonのより良い書き方を学ぶ

スマートPythonプログラミング: Pythonのより良い書き方を学ぶ
(著)もみじあめ
発売日 2016/03/12
総合評価
(2021/09/15 12:15時点)
この本は「入門書の次に読む本」をコンセプトにしています。
つまり、入門書で得られた Python の基礎知識を元に、そこからさらに実用的なプログラミングを身につけることを目的としています。
プログラミングの世界にはベストプラクティスと呼ばれる何かを成し遂げるのに効率の良いやり方が数多く存在します。
この本は、著者自身が Python を学び始めた頃に知っておきたかったと思えるそれらの知識を、様々な場所から拾い上げてまとめたものです。

また、この本には特に読んで頂きたいと考えている読者像があります。
それは、不安を覚えながらなんとなく動くように Python を書いていらっしゃる方です。
例えば、今それが正しいやり方なのか確信を持てずにプログラムを書いていらっしゃらないでしょうか?
あるいは、なぜこれで上手くいくのか分からないような状態でおまじないを書いていないでしょうか?
そして、もしその状態にストレスを感じているのであれば、正にこの本を読んで頂きたい方です。
本書は自信を持って Python のソースコードを書くためのお手伝いができるはずです。

■ 使用する環境

Python 3.5 および 2.7 に対応しています。
OS には Ubuntu 14.04 LTS を使います。
※ 付録に仮想マシンを使ったセットアップ方法の記載があります

■ 本の構成

本書は 6 つの章で構成されています。

「開発環境を整えよう」では Python の開発環境について学びます。
優れた開発環境は効率の良いプログラミングを下支えする大切な土台です。
この章では、色々なバージョンの Python を使って独立した実行環境を作るための方法を知ることができます。

「読みやすいコードを書く」では Python で読みやすいソースコードを書く方法について学びます。
Python を使ったとしても、ただやみくもに書いては読みやすいコードになりません。
ここでは、可読性を高める上で守るべきルールや、それらをチェックするツールについて知ることができます。

「落とし穴を避ける」では Python でやってしまいがちな誤りについて学びます。
さほど多くはありませんが Python には初心者が落とし穴のように感じる仕様もいくつかあります。
この章を通して、危険な書き方を避ける上で必要となる知識や、それをチェックするツールについて知ることができます。

「Python らしく書く」では Python らしいソースコードを書く方法について学びます。
そのプログラミング言語らしいソースコードを書くには、様々な記法やイディオムに慣れ親しむ必要があります。
ここでは、特徴的な Python の記法とそれを活かすための知識を学ぶことで Python らしい書き方を知ることができます。

「テストを書く」では Python のソースコードをテストする方法について学びます。
モダンなソースコードを書くときにテストは避けて通れません。
この章を読むことで Python のソースコードにユニットテストを書く方法を知ることができます。

「使いやすいコードを書く」では Python で保守しやすいソースコードを書く方法について学びます。
使い捨てのスクリプトでないかぎり一度書いたソースコードは一定の期間、保守を続けることになります。
ここでは、書いたソースコードを最低限の手間で長く使い続けるのに必要な知識について知ることができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

速習 Python 3 上: プログラミングの基礎編

速習 Python 3 上: プログラミングの基礎編
(著)伊藤 裕一
発売日 2016/11/06
総合評価
(2021/09/17 12:15時点)
本書は私がシスコシステムズという会社で働いていた際に提供していた社内トレーニングの資料、及びそれがマイナビニュースで連載となった際の記事にもとづいて書かれています。
本書のベースとなったトレーニングはITインフラのプロ(当然ながらプログラマーではない)に対して作られたものであるため、他のプログラミングの専門書が飛ばしてしまったり難解に説明したりしているプログラミングの概念をかなり丁寧に説明しています。本書を通してプログラミングがどのようなものか理解していただき、コードを書くことに抵抗がなくなって頂ければ幸いです。

なお、本書は前編・中編・後編の Python3 シリーズの前編となり、プログラミングの基礎を丁寧に説明することに注力しています 。もし本書の内容に満足いただけたのであれば続書も読んで頂けると幸いです。

目次
01. プログラミングとはそもそもなにか
02. なぜPythonを学ぶのか
03. Python 3 のインストールと実行
04. 本書の概要
05. 型と変数
06. Python で最重要な型
07. 制御構造
08. 関数
09. モジュール
10. オブジェクトとメソッド
11. テキスト処理
12. リスト再入門
13. 様々な型
14. ファイル処理
15. 基数と文字コードの仕組み
16. 日本語の扱い
17. プログラムへの入力
18. 関数の高度な使い方
19. 終わりに

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Pythonの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Java本」

(2021/09/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
売り切れ
2
売り切れ
3
2,970円
2,673円
2,970円
2,970円
4
500円
5
新入社員のためのJavaプログラミングテキスト オブジェクト指向編...
発売日 2014/06/14
遠藤 正隆 (株式会社アテニューム)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,250円
6
580円
7
楽しく学ぶJava入門 合本 (NextPublishing)
発売日 2016/04/08
大津 真 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,980円
(+994pt)
8
500円
9
269円
10
100円

 
以下が一部参考書の詳細です。

図鑑 データ構造 アルゴリズム ES6+Javascript

図鑑 データ構造 アルゴリズム ES6+Javascript
(著)yang hu
発売日 2020/07/09
(2021/09/22 12:00時点)
 
  

アルゴリズム Java

アルゴリズム Java
(著)yang hu
発売日 2020/09/06
(2021/09/22 12:00時点)
 
  

2週間でJava SE Bronzeの基礎が学べる本 徹底攻略シリーズ

Javaプログラミング知識の「基礎の基礎」から学べる!
プログラミングの考え方・しくみから、オブジェクト指向までを丁寧に解説。
Oracle Certified Java Programmer Bronze SE 7/8(OCJP Bronze SE 7/8・Java SE 7/8 Bronze)資格を取得したいのだけど、プログラミング自体に全く縁がなかった…試験学習用のテキストや問題集を買ってみたものの、書いてあることがまったく理解できなくて読むことすらできない…そんな人に本書をオススメします!

■■目次■■
【1日目】 Javaの概要/変数、データ型、演算子
【2日目】 条件分岐
【3日目】 繰り返し構文
【4日目】 配列/メソッド
【5日目】 オブジェクト指向
【6日目】 モデリングとUML
【7日目】 インスタンスの扱い方
【8日目】 オブジェクト型配列/パッケージによるクラスの分類
【9日目】 クラスの継承
【10日目】 例外処理
【11日目】 ポリモーフィズム
【12日目】 抽象化プログラミング
【13日目】 コレクション
【14日目】 標準クラスライブラリ

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
Javaの概要
変数、データ型、演算子
条件分岐
繰り返し構文
配列
メソッド
オブジェクト指向
モデリングとUML
インスタンスの扱い方
オブジェクト型配列
パッケージによるクラスの分類
クラスの継承
例外処理
ポリモーフィズム
抽象化プログラミング
コレクション
標準クラスライブラリ

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
志賀澄人(シガスミヒト)
1975年生まれ。異業種の営業からIT業界に転身。プログラマー、SEを経て、教育の道へ。株式会社豆蔵にてコンサルティングに従事したあと、2010年に株式会社アイ・スリーを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  
 
HTML/CSSの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「C言語本」

(2021/09/22 12:01 更新)
Rank製品価格
1
開発ツールを使って学ぶ!C言語プログラミング
発売日 2014/08/28
坂井 弘亮 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
3,058円
2,905円
3,058円
3,058円
2
940円
3
398円
4
600円
5
1,250円
6
1,250円
7
2,420円
1,100円
1,100円
2,420円
8
MSA対サザン、MS-C対Turbo C・勝者なきC言語80年代激闘史
発売日 2020/07/13
川俣 晶 (株式会社ピーデー)
Kindle Unlimited対象
総合評価
398円
9
103円
10
103円

 
以下が一部参考書の詳細です。

開発ツールを使って学ぶ!C言語プログラミング


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラー(2色)で制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



開発体験。プロが使うツールでプログラミング・マスター!

本書はひととおりのプログラミング&開発手順を、手を動かして体験できる書籍です。C言語プログラミングと開発に深く関わるツール類の学習を交互に進めていきますので、開発を行う際の実際の手順をひととおり知ることができます。同時進行で習得すれば理解もしやすいはずです。初心者の方でも気軽に学習可能なように、必要開発ツールがインストールされたLinux(CentOS)の仮想マシン(VM:Virtual Machine)イメージをサポートサイトで無償配布します。「Oracle VM VirtualBox」や「VMware Player」上に読み込めばすぐ学習をスタートできます。

Linux(CentOS)でのシェル操作、nano/viテキストエディタの操作、gitによるソースコード管理、makeによる作業の自動化、diff/patchによるソースコードの管理、gdbデバッガによる動作の確認、分割コンパイル&リンク、アーカイブツールによるソースコード配布など、盛りだくさんです。C言語はソフトウェア開発やOS開発、組込み分野などで広く利用されているプログラミング言語で、それに加えセキュリティ分野においても、C言語を通じた低レイヤー学習も見直されているようです。他のプログラミング言語の学習と並行してC言語に触れておくことの意義は十分にあると言えるでしょう。さまざまな開発ツールの使い方をマスターしながら、C言語プログラミングと一連の開発手順を覚えていこう。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
「体験」のための準備をしよう(準備編1)-VMとCentOS
シェルの操作を覚えよう(準備編2)-コマンド操作
さまざまなコマンドを覚えよう(準備編3)-コマンド操作
テキストエディタを使ってみよう(ツール編1)-nanoエディタ
C言語に入門しよう(C言語プログラミング編1)-文字列の出力
複数のスクリーンを使おう(ツール編2)-screenコマンド
変数を使ってみよう(C言語プログラミング編2)-変数
パッチを作ってみよう(ツール編3)-diff
patchコマンド
条件分岐をしてみよう(C言語プログラミング編3)-if文
ソースコードを管理しよう(ツール編4)-gitコマンド
ループを使ってみよう(C言語プログラミング編4)-while
for文
デバッガで動作を追ってみよう(ツール編5)-GDB
アルゴリズムを考えてみよう(C言語プログラミング編5)-配列
コンパイルを自動化してみよう(ツール編6)-makeコマンド
関数を使ってみよう(C言語プログラミング編6)-関数
スクリプト言語を書いてみよう(ツール編7)-Perl
ソースコードを分割しよう(C言語プログラミング編7)-分割コンパイル
アーカイブにして配布しよう(ツール編8)-zipコマンド

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
坂井弘亮(サカイヒロアキ)
幼少の頃よりプログラミングに親しみ、趣味での組込みOS自作、アセンブラ解析、イベントへの出展やセミナーでの発表などで活動中。セキュリティ&プログラミングキャンプ(現セキュリティ・キャンプ)講師(2010年~)技術士(情報工学部門)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

ゲーム作成で学ぶC言語

ゲーム作成で学ぶC言語
(著)八木雅樹
発売日 2020/07/05
(2021/09/22 12:01時点)
<第一章より抜粋>


本書はシューティングゲーム作成を通して、C言語の文法を学ぶプログラミング参考書である。本書の特長は楽しみながらプログラムを学ぶことができる点である。文法を頭に詰め込むのではなく、使い方を学ぶことを目的としている。

<対象とする読者>
・これからC言語について学びたい人
・C言語の文法を学び終えゲームを作りたい人
・C言語で何かを作ってみたいが何を作ればいいかわからない人

本書ではC言語で簡素なゲームを作成する。簡素なゲームであるが、その分プログラミング初学者には最適である。

<本書で学べる内容>
変数、演算子、条件分岐、繰り返し処理、関数、配列、文字列操作、構造体、マクロ
 
  

あなたの知らないC言語誕生の秘密: BCPL, B, FORTH, GAME, TL/1型のない古代言語の世界

 
  
 
C言語の参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「C++本」

(2021/09/22 12:01 更新)
Rank製品価格
1
オンラインジャッジではじめるC/C++プログラミング入門
発売日 2014/06/28
渡部 有隆 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
4,311円
3,000円
3,135円
3,135円
2
C++11/14/17プログラミング
発売日 2020/06/04
小松 正樹
Kindle Unlimited対象
総合評価
300円
3
300円
4
コード最適化: C/C++ 忍者への一歩
発売日 2020/01/26
小松正樹
Kindle Unlimited対象
総合評価
300円
5
Cの延長としての C++ 入門 第2版
発売日 2020/07/30
Programming Place
Kindle Unlimited対象
総合評価
400円
6
C/C++ Bit Hack
発売日 2019/10/02
小松正樹
Kindle Unlimited対象
総合評価
300円
7
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
8
400円
9
798円
10
C++とboostで作るTCPサーバ
発売日 2012/08/11
出水 洸太郎 (出水洸太郎)
Kindle Unlimited対象
総合評価
300円

 
以下が一部参考書の詳細です。

オンラインジャッジではじめるC/C++プログラミング入門


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。



オンライン・ジャッジシステムでプログラミングをはじめよう!
「オンライン・ジャッジシステム」といわれるプログラムの自動採点システムを用いてC/C++プログラミングの基礎を学習します。ゲーム感覚で学習が進められますので、モチベーションを維持しながらプログラマとしての基礎体力を身につけることができます。内容も敷居の高いものではなく、プログラミング初学者が取り組む問題からスタートしています。会津大学のオンライン・ジャッジシステム(AIZU ONLINE JUDGE)のコース問題を題材にした公式解説書です。http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/ 

■CONTENTS
≪Ⅰ部 学習の準備≫
1章 プログラミング/2章 オンラインジャッジ
≪Ⅱ部 プログラミング入門≫
3章 基本構造/4章 変数/5章 計算(1)/6章 入出力/7章 計算(2)/8章 構造文:条件分岐/9章 構造文:繰り返し処理/10章 変数(2)/11章 プログラムの構造/12章 配列/13章 文字列/14章 ライブラリ/15章 構造体とクラス
≪付録:演習問題模範解答≫

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

C++11/14/17プログラミング

C++11/14/17プログラミング
(著)小松 正樹
発売日 2020/06/04
総合評価
(2021/09/22 12:01時点)
本書の目的は C++11/14/17 を厳密にではなくザクッと広く浅く学ぶための副読本です。(プログラミング初心者向けではありません)

C/C++ を入門書等である程度学んだ技術者や学生が次のレベルにステップアップするために、最低限必要な準備知識を提供する副読本として執筆しました。

※注1:別の書籍で追加更新内容の配信依頼をしたところ、Amazon運営側で「読書体験を損なうおそれのある品質上の問題の対象外」との判断があり、「新たに別の本としてご出版いただくことを推奨」されました。そのため新規内容の追加はAmazon側の方針が変わらない限りは別の本で出版します。Amazonの「品質上の問題」は画像の欠損等の重大な問題が対象のため、修正内容が規約に適合しない場合は正誤表を別途案内します。

内容



- C++11/14/17(基本構文、変数、ループ、条件文、演算子、関数、ポインター、クラス、オーバーロード、UMLクラス図/OOPの基本、初期化、クラス・関数テンプレート、ラムダ式、スマートポインター等、内容を単調にしないために一部の例でデザインパターンもあわせて解説 ※難しいコード例は流して進むことを推奨)
- OSとハードウェア
- 範囲ループとイテレーター
- スコープとリンケージ
- キャスト
- ライブラリー、静的・動的ライブラリー(soファイル等)のリンク
- メモリーの割当(アラインメント、固定長割当)
- テンプレートメタプログラミング
- 3次元プログラミング(OpenGL4/GLM)
- GUIプログラミング(Qt5.8、説明対象はWindowsのみで、クロスプラットフォームの解説は無し)
- STLコンテナ
- STLアルゴリズム
- STL数値計算・乱数ライブラリー
- 正規表現(ECMAscript)
- ファイル入出力
- ビット操作
- ローカリゼーション(エンディアンや変換)
- 確率分布の3次元可視化(OpenGLの章を読んでから目を通すようにしてください)
- Boostライブラリー(文字列処理、ファイルシステム、パーサー、MPL/FusionといったTMPライブラリー、有限オートマトン等)
- テスト駆動開発(GoogleTest)
- makeツール(一部の章では、cmakeとqmakeを使用)
- Pythonモジュールのプログラミング(Boost.Python)

目次



C++プログラミング
初心者のためのHello World!
C++ プログラムを作るための環境
プリプロセッサー
プログラムの構成単位
OSとハードウェア
main関数
変数
ループ
条件文
演算子
関数
using
列挙型
構造体
auto ( C++11/14/17 )
ポインター
メモリー割当
参照
const
typedef
動的割当とヒープ
初期化リスト
範囲ループ

定数式
クラス
例外処理
変数と関数のスコープとリンケージ
暗黙的変換
キャスト
演算子オーバーロード
イテレーター
文字列型
タプル
ビット演算
初期化
STLコンテナ
クラス図
Functor
関数型
ラムダ式
テンプレート
スマートポインター
STLアルゴリズム
正規表現
Makeツール
ライブラリー
fold 式 ( C++17 )
構造化束縛 ( C++17 )
テンプレートの型推論 ( C++17 )
std::optional ( C++17 )
std::invoke ( C++17 )
メタ関数 ( C++17 )
定数式の if 文 ( C++17 )
std::apply ( C++17 )
std::any ( C++17 )
std::variant( C++17 )
Boost.MPL
Boost.Fusion
Boost.Spirit
有限オートマトン
ローカリゼーション
IOストリーム
ファセット
Boost.Filesystem
OpenGL
OpenCV
STL乱数ライブラリー
確率分布の可視化
Qt5
Pythonモジュール
テスト駆動開発型プログラミング
GNU開発ツールとサポートプロジェクト
付録

開発環境



Ubuntu 18.04 または Windows 10(Bash on Windows)、Windows環境ではWindows 10+MSYS2+MinGw(64bit)

コードの検証は以下の環境で実施しています。


- OSは Windows 10Preview Build (Windows設定メニューから入手可能)に付属してくる Bash on Windows および Ubuntu 18.04 (前バージョンの16.04/14.04でも一部のコードは検証済み)
- gcc-7.3(必須)
- clang-6.0(必須)
- Boost 1.65.0(必須)
- GNU Make 4.1(必須)
- Python 3.52 + NumPy(オプション、Pythonモジュールの開発に使用)
- Google Test(オプション、テスト駆動開発型プログラミングに使用)
- CMake 3.62以上(オプション、テスト自動化に使用)
- vim 8.0.124+YCM(オプション、Ubuntu環境のIDEとして使用)



EclipseとCodeBlockは非推奨です。

あると良い知識



- オブジェクト指向プログラミングについての(他言語での)経験
- Ubuntu のコマンド等の基本的知識

第2版の変更内容

以下リンクの箇所を修正しました。

https://mkguytone.github.io/cpp17/pt50.html
https://mkguytone.github.io/cpp17/pt53.html

リンクは「次へ」をクリックすれば次のページを見ることができます。

新版にともない kindle 書籍入稿ページから DRM の変更が可能になったので DRM は解除しました。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

C/C++プログラマーが予備知識として学ぶIntel64/MIPS32アセンブリ言語プログラミング・コンピューターアーキ...

本書の目的は並列プログラミング、最適化、OSレベルの低層でのコーディングに必要なプロセッサーとメモリー、キャッシュの仕組みを広く浅く(厳密ではなくざっと)学ぶことです。

C/C++ をある程度使える技術者や学生が情報科学の書籍(以下リスト)を読むために、最低限必要な準備知識を備えるための副読本として執筆しました。

- C言語マルチスレッドプログラミング(2021年4月予定)
- C++ 並列プログラミング(2021年8月予定)
- 自作 DBMS プログラミング(2021年12月予定)
- Operating System プログラミング(2022年4月予定)
- Compiler プログラミング(2022年10月予定)

情報科学に興味のない方は得るものは少ないと思います。特定のアセンブリ言語の事前知識は不要ですが、GDBでのデバッグに慣れている方が有利だと思います。

※注1:文体は端的でカジュアルな表現を心がけたので、ブログ調にアレルギーのある方は読まないほうが良いでしょう。
※注2:第一版で追加更新内容の配信依頼をしたところ、Amazon運営側で「読書体験を損なうおそれのある品質上の問題の対象外」との判断があり、「新たに別の本としてご出版いただくことを推奨」されたので、今後の修正内容は新版して出版します。

内容


序章

C/C++開発環境の設定
Intel 64(X86_64)アセンブラの基本知識
MIPS32の基本知識

前半の章

電子、半導体、ダイオード、電子回路

中間の章

コンピューター(プロセッサー・メモリー)アーキテクチャー(MIPS32を使用、一部x86もからめる)
Intel CPU(Kabylake)のアーキテクチャー

後半の章

Intel 64アセンブリ言語(NASMとGAS、AT&TとIntelシンタックス、呼出規約では X86_32も軽く説明)

読み方

- アセンブリを学びたいだけの方は「アセンブリ言語でハローワールド」の章を呼んだら「レジスター」の章までスキップしてください。
- コンピューターアーキテクチャー、プロセッサーアーキテクチャーを学びたいかたはMIPS32の章から読み進めてください。
- 半導体や電子回路を学びたい方は、ハローワールドや環境設定はスキップして「電子の基本」の章から読み始めてください。

必要な知識・スキル

- C言語/C++のプログラミング
- 拙著「C++プログラミング(基礎編)」のGDB・ライブラリーの章

必要な開発環境

- Windows 10/Bash on Windows または Ubuntu 16.04
- MSYS2 (Mingw32)
- GCC 7.2
- PCSpim(「PCSpim_9.1.9.zip」と検索するダウンロードできる場所が表示されるはずです)

注意

- PCSpimのインストールの説明は画像を使っていません
- Intel CPUの64ビット環境で x86_64 の検証をしているだけなので、Intel 64に特化した説明はありません

正誤表(第一版購入者向け)


R-Sラッチの項目内のリセット画像の直下の図説明において、「Qnextは1です」と記述されていますが、0が正しい記述です。また「Qprevの値に関係なく、Qnextは(1ではなく)0となってますね」が正しい記述です。図が正しく説明が誤ってました。



Ubuntu の GCCディストリビューションの一部には「-fPIC」「-fPIE 」オプションを自動で発行するものがあります。
gcc を使用時にPIEのエラーが出たら「-no-pie」コマンドオプションを追加指定してください。

$ gcc -no-pie ファイル名

他のコマンドオプションとも併用可能です。



目次

コンピューターアーキテクチャーとアセンブリ言語

C/C++での開発環境準備

GNU開発ツールを使ったデバッグ

アセンブリ言語

アセンブリ言語でハローワールド

システムコールとLinux
64bit Linux GAS ハローワールド
64bit Linux NASM システムコールによる出力
MIPS32
PCSpimのインストール
MIPS32でハローワールド

MIPS32アセンブリ言語

32ビットMIPSの命令フォーマット
MIPS32で算術演算
MIPS32で論理演算
MIPSのアドレスモード

電子の基本整理

電荷
電荷キャリア
電子ホール(正孔)
イオン
導電率
価電子
バンド
共有結合(covalent bond)
熱エネルギーの効果
電子密度とホール密度

半導体(セミコンダクター)

フェルミ準位
ドーピングによるバンド構造の性質変化
N型半導体
P型半導体
電圧印加と励起(Excitation)
電界効果と反転層

半導体ダイオード

PN接合
リバースバイアス(逆バイアス)
フォワードバイアス(順バイアス)

トランジスター

集積回路
FET
MOS
VLSI
MOSFET
CMOS回路

論理演算回路

基本回路:ゲート
メモリー

プロセッサーアーキテクチャー

フォン・ノイマン型のCPUアーキテクチャー
CPUの汎用アーキテクチャー
- 命令サイクル
- データパス
パイプラインハザード
- 構造的ハザード
- データハザード
- 制御ハザード
C言語での分岐予測
分岐予測命令の仕組みと用語
RISCとCISC
アウト・オブ・オーダー実行
動的スケジューリング
レジスターリネーミング
- Tomasuloアルゴリズム
- Reservation Station(予約ステーション)
投機的な動的スケジューリング

メモリーアーキテクチャー

キャッシュの基本アーキテクチャ
マルチプロセッサーバスプロトコル
キャッシュコヒーレンス
- MESIプロトコル
- MOESIプロトコル
MMU(Memory Management Unit)
x86_32のページテーブル
x86_64のアドレス
TLB

Intel CPUアーキテクチャー

Kabylake-CPUコアのアーキテクチャー
レジスター・エイリアス・テーブル(RAT)
ブランチ・オーダー・バッファー
予約ステーション(予約機構)
スケジューラー
キャッシュタイプ:Intel 64アーキテクチャー

レジスター

x86_64のレジスター
x87レジスターと命令

命令

アセンブラー命令のフォーマット
算術命令
ビット演算
ジャンプ命令
シフト演算命令

補数

メモリーアドレッシング

x86_64のアドレッシングモード

スタックフレーム

相対命令ポインター(Instruction-pointer relative)

PIC(位置独立コード、position independent code)

共有ライブラリーへのアクセス

Global Offset Table(GOT)
Procedure Lookup Table(PLT)
PLTとGOTの仕組み

呼出規約

呼び出し規約(非マイクロソフト)
マイクロソフトの呼び出し規約
- 32ビットならMSYS2
- cdecl? stdcall? fastcall?

インラインアセンブラー

インラインアセンブラの概要
基本asm構文
拡張インラインアセンブラー
特殊なオペランド制約
CMPEXCHG命令

文字列処理命令

浮動小数点命令

セグメントレジスター

SIMD

プリフェッチ

gccのビルトインプリフェッチ命令
インラインアセンブラでprefetcht0の呼出

アセンブラ命令の最適化(おまけ)

Macro-Fusion
Micro-Fusion
Move elimination
Zero Idiom等

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
C++の参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「C#本」

(2021/09/22 12:01 更新)
Rank製品価格
1
1週間でC#の基礎が学べる本
発売日 2019/09/12
亀田 健司 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,750円
2,475円
2,750円
2,750円
2
売り切れ
3
2,574円
4
C#のWPFでPrismを使ってMVVMで実装する方法
発売日 2020/04/29
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
総合評価
300円
5
250円
6
800円
7
250円
8
250円
9
C#文法基本のキ: C#初心者が最初に身に着けるべき30の文法
発売日 2018/12/28
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
総合評価
250円
10
598円

 
以下が一部参考書の詳細です。

1週間でC#の基礎が学べる本

1週間でC#の基礎が学べる本
(著)亀田 健司
発売日 2019/09/12
総合評価
(2021/09/22 12:01時点)
プログラミング自体がはじめてのあなたが「C#」を始めるための第一歩。

C#でプログラミングを始めようと思って入門書を買って勉強してみたものの、なかなか理解できない・・・そんな方にオススメの1冊。
[文法のマスター]⇒[アルゴリズムとデータ構造の理解]⇒[実践練習]という単純明快な流れで解説しており、7日間で「C#でかんたんなプログラミングが書ける基礎力」が身に付けられます!

▼目次
1日目 はじめの一歩
2日目 変数と条件分岐
3日目 繰り返しと配列
4日目 オブジェクト指向①
5日目 オブジェクト指向②
6日目 コレクション・デリゲート・例外処理
7日目 実践練習

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1日目 はじめの一歩
2日目 変数と条件分岐
3日目 繰り返しと配列
4日目 オブジェクト指向1
5日目 オブジェクト指向2
6日目 コレクション・デリゲート・例外処理
7日目 実践練習
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

簡単な学習 C#: 初心者がC#をより速く、より速く学ぶために一歩一歩

 
  

ゲームを作りながら楽しく学べるC#テスト駆動開発 (Future Coders(NextPublishing))

ゲームを作りながら楽しく学べるC#テスト駆動開発 (Future Coders(NextPublishing))
(著)田中 賢一郎
発売日 2019/03/29
総合評価
(2021/09/13 12:15時点)
本書はゲーム作りを通してテスト駆動開発の基本を学ぶための解説書です。
著者が、最初にテスト駆動開発に触れたのは2003年頃でした。著者も最初は「機能を実装するまにテストをつくるなんて無駄な作業だなぁ~」と懐疑的でしたが、実際に試してみると、その効果が絶大であることを痛感しました。ソースコードの修正もテストがあるので安心して行えます。
機能を追加することで副作用が起きても、テストがあるのですぐに発見できます。あたかも、「セーフティーネットの上でいろいろな技を安心して試すことができる」そんな感覚でした。最初のプロジェクトを終えたころにはすっかりテスト駆動開発の信者になっていました。
【目次】
第1章 XAML入門
第2章 棒人間ジャンプゲーム
第3章 テスト駆動開発入門
第4章 テスト駆動開発実践
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
C#の参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Unity本」

(2021/09/10 12:15 更新)
Rank製品価格
1
タワーディフェンスのつくりかた Unity5.0編
発売日 2015/06/13
尾関 俊介 (Wiz Publishing)
Kindle Unlimited対象
総合評価
650円
2
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書
発売日 2015/09/01
岩井 雅幸 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
455円
3,278円
3,278円
1,045円
3
Unity4.6/5.0でつくる 2Dゲーム制作入門 [改訂第二版]
発売日 2015/03/20
尾関 俊介 (Wiz Publishing)
Kindle Unlimited対象
総合評価
500円
4
800円
5
2,178円
6
500円
7
500円
8
950円
9
980円
10
モデルベース開発でアイデアを共有しよう: Simulinkで制御. Unityで可視化...
発売日 2019/06/30
太田 徳幸, 安藤 博昭, 齋藤 芳明, 挾間 優佳
Kindle Unlimited対象
総合評価
500円

 
以下が一部参考書の詳細です。

タワーディフェンスのつくりかた Unity5.0編

タワーディフェンスのつくりかた Unity5.0編
(著)尾関 俊介
発売日 2015/06/13
総合評価
(2021/09/10 12:15時点)
タワーディフェンスは自分の陣地に攻め込んでくる敵を倒すゲームで、その独特なゲーム性が世界中で大人気のゲームジャンルです。ゲームシステムがタッチデバイスと相性がいいので、スマートフォンを中心に数多くのタワーディフェンスが配信されています。
本書は、そんなタワーディフェンスを作成する手順を解説した本です。タワーディフェンスの作り方に関する日本語の情報は少なく、このようなゲームを作りたいのであれば、きっと役に立つはずです。本書で紹介するスクリプトは自由に使うことができ、著作権の表記なくそのまま利用することが可能です。
また、本書に対するサポート掲示板を用意していますので、そこから著者に対して直接質問をすることが可能となっています。

[対象読者]
本書はUnityを使用した中級者以上向けの内容となります。そのため、Unityの基本的な使い方や用語、C#の基本的な文法を理解していることが前提となります。なおUnityのバージョンは5.0.1、Windows7環境で動作確認を行っています。
----
Qiitaに、この本の概要とソースコードをアップしています。
http://bit.ly/1LoAcHu
まずはこちらの内容を確認し、役に立つかどうかを検討いただけるようお願いします。
----

[著者]
ゲームプログラマー。2005年株式会社ワークジャムに入社。携帯電話のアプリの開発・移植を行う。2007年有限会社ランカースに入社。コンシューマゲーム開発・ソーシャルゲーム開発に関わる。

[目次]
Chapter1 本書の使い方
1.1 使用するバージョンについて
1.2 本書の構成
1.3 著作権・サポートなど

Chapter2 タワーディフェンスの作成
2.1 使用する素材のダウンロード
2.2 プロジェクトを作成する
2.3 シーンを保存する
2.4 スクリプト素材の追加
2.5 マップデータの作成
2.6 敵を作成する
2.7 敵をスタート地点に移動させる
2.8 敵を経路にそって移動させる
2.9 敵を無限に出現させるようにする
2.10 タワーを作る
2.11 タワーがショットを撃つようにする
2.12 ショットの発射間隔を設定する
2.13 敵を倒せるようにする
2.14 パーティクルを実装する
2.15 タワーを自由に配置できるようにする
2.16 カーソルを実装する
2.17 タワー購入ボタンを実装する
2.18 ライフを実装する
2.19 ゲームオーバーを実装する
2.20 Waveを実装する
2.21 Waveが進むほどに敵を強くする
2.22 タワーのアップグレードを実装する
2.23 アップグレードのレベルによってタワーの色を変える
2.24 ゲームを自由に改造してみる

Chapter3 Utilityスクリプト素材の説明
3.1 Tokenスクリプトについて
3.2 TokenMgrスクリプトについて
3.3 Utilスクリプトについて
3.4 Vec2Dスクリプトについて
3.5 Layer2Dスクリプトについて
3.6 TMXLoaderスクリプトについて
3.7 MyAssetPostProcessorスクリプトについて
3.8 TextObjスクリプトについて
3.9 ButtonObjスクリプトについて
3.10 MyCanvasスクリプトについて

Chapter4 ゲーム開発に役立つコラム
4.1 守・破・離
4.2 秒速でゲームを作る方法
4.3 忙しい人のためのゲーム開発

※本書はKindle版電子書籍でのみ発売されている書き下ろしです。
※背景色は白またはセピア(Kindle for PC/Macでは白のみ)で閲覧してください。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書

uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書
(著)岩井 雅幸
発売日 2015/09/01
総合評価
(2021/09/22 12:08時点)

※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



Unityで魅力的なユーザーインターフェースを作るため、公式UIフレームワーク、 Unity UI(uGUI)をマスターしよう!

本書は、Unity 4.6から搭載された Unity UI(uGUI)の解説書です。Unityでアプリを制作する際、画面に情報を表示するテキストラベルや、ユーザーの操作を受け付けるボタンやスライダーといったユーザーインターフェイス(UI)の作成も必要ですが、Unity 4.5以前ではスクリプトを記述する必要がありました。しかし、Unity 4.6以降には、直感的な操作で素早くUIを作成できる、新しいUIシステム(UI system)が搭載されています。uGUI (ユーグイ/ユージーユーアイ)と呼ばれた新UIシステムは、直感的な操作とコンポーネントベースの拡張性が最大の特徴です。これが搭載されたことで、ゲームのUIはもちろん、ツールやユーティリティなど一般的なアプリケーションのUIもぐっと手軽に実装可能となっています。

本書ではこの新UIシステムを、基本から解説していきます。
カリキュラムは次のようになっています。

・Chapter 1では、Unity未経験者でも取り組めるよう、Unityの概要を紹介するとともに簡単なチュートリアルを掲載。
・Chapter 2~5では新UIシステムを網羅的に解説。
・Chapter 6~7ではモバイルアプリケーションでよく利用されるUIやネイティブプラグインの実践的な制作方法を説明。
・Chapter 8ではUI制作に使える便利なアセットやツールを紹介。
・巻末にはAppendixとしてUIクラスリファレンスを収録。

解説に用いたサンプルコードは、そのまま実践で活用できる、実用的なものとなっており、本書サポートサイトからダウンロード可能です。「魅力的なUIが素早く実装できる」新UIシステムを、ぜひ本書でマスターしてください!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Unity4.6/5.0でつくる 2Dゲーム制作入門 [改訂第二版]

Unity4.6/5.0でつくる 2Dゲーム制作入門 [改訂第二版]
(著)尾関 俊介
発売日 2015/03/20
総合評価
(2021/09/10 12:15時点)
Unityはとても自由度の高いツールです。そして機能が豊富で、作れないゲームはほとんどないでしょう。それゆえ使いこなすためには多くのことを学ぶ必要があり、とても時間がかかります。本書では解説する内容を「2Dゲームを作る方法」に絞ることで、学習時間をなるべく短縮できるようにしました。
まずは、ミニゲームの作成をしながらUnityでの2Dゲームを作る基本を学びます。マウスでオブジェクトをクリックするだけの単純なものですが、2Dゲームの基本を理解できるものとしました。
次に、2Dゲームの基本とも言える横視点のシューティングゲームを作成します。プレイヤーオブジェクトを操作して、敵が撃つ弾をかわしながらショットで敵を倒すゲームを作ります。
さらに、横視点のジャンプアクションゲームを作ります。障害物をかわしながら足場を飛び移る基本的なアクションゲームの完成を目指します。ステージ作成には高機能なレベルエディタである「Tiled Map Editor」を使って、汎用的なマップ作成方法を学びます。
最後に、オリジナルゲームを作成するためのヒントを紹介します。この本があなたのゲーム作成の手助けとなれば幸いです。

※本書のサンプルとして、ミニゲーム作成についての記事をQiita(http://bit.ly/1dsks85)に投稿しています。こちらの記事を見て役に立つかどうかを確認の上、購入を検討するようお願いいたします。
※背景色は白またはセピア(Kindle for PC/Macでは白のみ)で閲覧してください。
※本書はKindle版電子書籍でのみ発売されている書き下ろしです。
※本書は自動更新の対象外となっているため、第一版をお持ちの方は、お手数ですが手動にて第二版に更新をしていただくよう、お願い申し上げます。手順につきましては「Kindle本を最新版に更新する方法」などでGoogle検索していただけると該当のページがいくつか見つけられます。このたびは、ご連絡が遅くなりましたことを深くお詫びいたします。

[改訂第二版での変更点について]
改訂第二版(2015年6月更新)の変更点は以下のとおりです。

・「Chapter4 2Dゲームを作るときに知っておきたいコンポーネント・クラス」を追加
・「Chapter5 uGUI入門」を追加
・巻末にサポート掲示板のURLを追加

「Chapter4 2Dゲームを作るときに知っておきたいコンポーネント・クラス」は、Amazonレビューで「独自のフレームワークを使用しているのが入門用として不適切」との意見をいただいたのを受けて、2Dゲームでよく使うUnityのコンポーネントとクラスをまとめました。
「Chapter5 uGUI入門」は、Unityの持つGUIツールの「uGUI」について基本的な使い方を学べる内容を目指しました。
これらの修正で、Unity2D入門書としてある程度カバーできる範囲は広がったと思います。ですが、それでもまだ足りない点はあるのでサポート掲示板を用意しました。本書について不明な点や疑問点があれば書き込んでいただけると直接お答えします。

[著者]
尾関 俊介(おぜき しゅんすけ):ゲームプログラマー。2005年株式会社ワークジャムに入社。携帯電話のアプリの開発・移植を行う。2007年有限会社ランカースに入社。コンシューマゲーム開発・ソーシャルゲーム開発に関わる。

[目次]
Chapter1 ミニゲームの作成
1.1 プロジェクト作成
1.2 レイアウトの設定をする
1.3 Unityエディタの説明
1.4 素材のダウンロード
1.5 画像の登録
1.6 シーンの保存
1.7 カメラの設定
1.8 敵の作成
1.9 クリックすると消滅するようにする
1.10 たこ焼きを複数配置する
1.11 パーティクルの追加
1.12 パーティクルの動きを作る
1.13 Particleオブジェクトをプレハブ化する
1.14 ゲームクリア判定を作る
1.15 タイトル画面を作る
1.16 実行ファイルの作成
1.17 Tokenクラスの説明
Chapter2 シューティングゲームの作成
2.1 プロジェクトを作成する
2.2 レイアウトの設定とシーンの保存
2.3 スプライトを登録する
2.4 スプライトの切り出し
2.5 カメラを設定する
2.6 プレイヤーを作成する
2.7 ショットを作成する
2.8 描画順の設定をする
2.9 敵を作成する
2.10 敵とショットとのコリジョンを作成する
2.11 Layerグループの設定をする
2.12 敵とショットの当たり判定を実装する
2.13 パーティクルを実装する
2.14 敵が弾を撃つようにする
2.15 敵弾との当たり判定を実装する
2.16 敵を倒せるようにする
2.17 敵がいろいろな弾を撃てるようにする
2.18 敵をプレハブ化する
2.19 ボスを作る
2.20 サウンドの実装
2.21 ボスを倒したらゲームクリアとする
2.22 タイトル画面の作成
2.23 シーンの遷移を実装する
2.24 メインゲームからタイトル画面への遷移を実装する
2.25 オブジェクト管理クラス(TokenMgr.cs)について
2.26 サウンド再生クラス(Sound.cs)について
Chapter3 アクションゲームの作成
3.1 プロジェクトの作成
3.2 下準備をする
3.3 プレイヤーの作成
3.4 ゲームオブジェクト作成
3.5 スクリプトの設定
3.6 壁の作成
3.7 移動の実装
3.8 ジャンプの実装
3.9 着地判定の実装
3.10 床の端でもジャンプできるようにする
3.11 レベルエディタで壁を配置する
3.12 Wallオブジェクトをプレハブ化する
3.13 タイルサイズを決める
3.14 Tiled Map Editorファイルを読み込む
3.15 コリジョンのひっかかりを解消する(下方向)
3.16 コリジョンの張りつきを解消する
3.17 コリジョンのひっかかりを解消する(横方向)
3.18 プレイヤーのアニメーションを実装する
3.19 右を向くようにする
3.20 移動床を作成する
3.21 トゲを作る
3.22 プレイヤーを配置できるようにする
3.23 クリア判定を作る
3.24 ステージを作る
3.25 次のステージに進むようにする
3.26 レベルデザインをする
Chapter4 2Dゲームを作るときに知っておきたいコンポーネント・クラス
4.1 GameObjectとコンポーネントの関係
4.2 各コンポーネントの説明
4.3 よく使うクラスの説明
Chapter5 uGUI入門
5.1 uGUIを使ってみる
5.2 HPバーをSliderで実装する
Chapter6 オリジナルのゲームを作るには
6.1 ゲームアイデア発想法
6.2 ゲームアイデア発想法(邪道編)
6.3 つまらないゲームを面白くする方法
6.4 インディーズゲーム開発で成功する5つの方法

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Unityの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Go言語本」

(2021/09/22 12:03 更新)

 
以下が一部参考書の詳細です。

プログラミング経験者がGo言語を本格的に勉強する前に読むための本

プログラミング経験者がGo言語を本格的に勉強する前に読むための本
(著)天田士郎
発売日 2017/03/10
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
本書はタイトルの通り「Go言語を本格的に勉強する前に最低限抑えておくべき知識」をまとめた物です。
何らかのプログラミング言語の経験者を想定しているため、未経験者や初心者の方はご注意ください。

第1章 導入
  Go言語とは
  セットアップ
  環境変数
  コンパイル/実行
  公式サービス

第2章 文法
  基本的な文法
  パッケージ
  変数宣言

第3章 演算子とデータ型
  演算子
  基本型と複合型
  型宣言
  数値型
  文字列型 
  真偽値型
  構造体型
  ポインタ型
  配列型
  スライス型
  マップ型
  その他の型
  リテラル  
  nil
  型キャスト

第4章 制御文
  条件分岐
  繰り返し
  goto
  例外処理

第5章 関数
  関数定義
  関数型
  クロージャ
  defer文
  パニック

第6章 メソッドとインタフェース
  メソッド
  インタフェース
  エラーインタフェース

第7章 並行処理
  ゴルーチン
  チャネル

↓全て表示↑少なく表示
 
  

GoとSAMで学ぶAWS Lambda (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

GoとSAMで学ぶAWS Lambda (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
(著)杉田 寿憲
発売日 2018/12/28
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
【ユースケース集を通じてAWS Lambdaを学ぼう!】

本書はGo言語での実装を通して、入門から中級程度のAWS Lambdaの扱い方や、サーバーレスアーキテクチャの構成に不可欠なPaaS(API Gateway、S3、Dynamo DBなど)やツール(SAM、direnv)の扱い方を学ぶ、AWS Lambdaのユースケース集です。
【目次】
第1章 環境構築
1.1 anyenv
1.2 anyenvupdate
1.3 goenvとGo
1.4 pyenvとPython
1.5 aws-cli
1.6 aws-sam-cli
1.7 saw
1.8 direnv
1.9 dep
1.10 gig
第2章 S3イベントの活用
2.1 S3
2.2 シーケンス
2.3 フォルダー構成
2.4 ソースコード
2.5 テスト
2.6 デプロイ
2.7 削除
第3章 SNSとSQSによるファンアウト
3.1 概要
3.2 SQS
3.3 SNS
3.4 シーケンス
3.5 フォルダー構成
3.6 ソースコード
3.7 テスト
3.8 デプロイ
3.9 削除
第4章 API GatewayとDynamoDBを使ったURL短縮サービス
4.1 概要
4.2 API Gateway
4.3 DynamoDB
4.4 シーケンス
4.5 フォルダー構成
4.6 ソースコード
4.7 テスト
4.8 デプロイ
4.9 削除

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Goの基本的な文法を素早く理解したい人向けの本

Goの基本的な文法を素早く理解したい人向けの本
(著)本田有呼
発売日 2018/09/15
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
Goの基本的な文法を理解するための本です。
活用方法や開発環境の構築などには一切触れていないのでご注意ください。

1.イントロダクション
 本書の対象者
 Playground
 Goとは
 Goでできること

2.基本的な文法
 大まかな特徴
 パッケージ
 変数
 スコープ
 演算子

3.データ型
 データ型の基礎知識
 数値型
 文字列型
 真偽値型
 配列型
 スライス型
 構造体型
 ポインタ型
 マップ型
 nil
 rune
 型キャスト
 型宣言
 空インターフェース
 型アサーション

4.制御文と関数
 条件分岐
 繰り返し
 goto文
 関数
 引数
 戻り値
 関数型
 無名関数
 defer文
 クロージャ
 パニック
 並列処理
 メソッド
 インターフェース
 エラーインターフェース
 
  
 
Go言語の参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Swift本」

(2021/09/22 12:08 更新)
Rank製品価格
1
1,035円
2
1,151円
1,700円
1,738円
1,101円
3
1,100円
4
1,000円
5
3,600円
3,428円
3,608円
875円
6
1,000円
7
4,888円
509円
3,080円
3,080円
8
800円
9
1,250円
10
1,000円

 
以下が一部参考書の詳細です。

【Swift】作って学ぼうiOSアプリ開発

【Swift】作って学ぼうiOSアプリ開発
(著)田中颯志
発売日 2021/01/27
総合評価
(2021/09/22 12:08時点)
本書を作成したのは、
「アプリを作ること」に特化させることで
アプリを開発する楽しさを知ってもらいたかったからです。
知識がない状態でもある程度できるようにしたつもりですが、
簡単な基礎構文がわかる状態が望ましいと思います。

基礎知識を網羅したような参考書では、
「知識が多すぎて逆に身につかない」
「どれからやったら良いかわからない」
「どうしたら良いかわからない」
となってしまいがちで、その中のサンプルアプリも
簡単な見た目と作りであまりアプリ開発のイメージがわきません。

この教材では1冊を通して
・基礎構文の一部
・非同期処理
・API通信
・デザイン
・素材の集め場所
・アニメーション
・Firestore
・Cocoapods
・ライブラリ(MessageKit, FSCalendar, Chartsなど)
などを学び、1つのアプリを完成させます。

基礎知識はどこにでも情報があるので、この参考書では
かなり省いています。(それでも多く感じるかもしれません)

また、API通信やEntityなどは別ファイルに書いていますが
初学者にはアーキテクチャは難しすぎると判断した為使っていません。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゼロから始める超入門 はじめてのプログラミング AppleのSwiftでiPhoneアプリをいちから作ろう (Mac F...


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



プログラミングの基礎とSwiftの始め方がしっかりわかる!

2020年のプログラミング教育必修化に向け、子どものためのプログラミング学習の重要性が高まっています。その中でもっとも注目を浴びるプログラミング言語の1つが、Appleが開発したSwiftです。2014年にリリースされたこのモダン言語は、その「読みやすさ、書きやすさ」の観点から、子どものみならず、大人にとっても一番学びやすい言語といえます。本書は、プログラミングのことは全くわからないという初心者をターゲットとし、いちから「プログラミングとは何か」「なぜプログラミングが必要なのか」「どのような言語があり、なぜSwiftなのか」といった、"プログラミング以前"もしっかりと解説したうえで、「実際にSwiftで書いてみること(簡単なiPhoneアプリ制作)」を学べる1冊です。これからプログラミングを始めたい大人のみならず、一緒に学びたい親子にもおすすめです。さぁ、"次世代の一般教養"といわれるプログラミングを、AppleのSwiftから始めてみませんか?

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

【合本版・iOS14】SwiftUI超入門 - Swiftの基礎から学んでアプリを作ろう SwiftUI合本版

この書籍は

1.【iOS14】SwiftUI超入門 - Swiftを基礎から学んTodoアプリを開発しよう
2.【iOS14】SwiftUI・CoreML(機械学習) 実践入門 - Resnet50を使った画像分類アプリを作ろう

の内容が含まれた書籍です。

別々で買うよりも、低価格で購入できます。


この書籍を読めば、

1.Xcodeの使い方
2.Swiftの基礎
3.SwiftUIの基礎
4.Todoアプリの作り方
5.Core ML(機械学習)の基礎
6.Resnet50を使った画像分類アプリ

などが習得できます。

※注意
基本的にmacOSでしかSwiftUIを使ってiOSアプリ開発ができないため、この書籍ではそれ以外のOSは対象にしていません。


0.はじめに
1.Xcode入門
2.速習Swift入門
3.速習SwiftUI入門
4.【実践】Todoアプリを作る
5.Core ML入門
6.【実践】Resnet50を使った画像分類アプリ
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
Swiftの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Androidアプリ開発本」

(2021/09/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
500円
2
1,080円
3
2,420円
1,960円
2,178円
2,420円
4
2,096円
2,096円
1,210円
5
612円
2,299円
2,554円
1,045円
6
550円
7
470円
8
500円
9
480円

 
以下が一部参考書の詳細です。

速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ

速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ
(著)山田祥寛
発売日 2018/09/26
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
Javaはちょっと大変だな、もっとラクしてコーディングしたいな、と思っている方はいませんか?そんな方に是非お勧めしたいのが、Kotlinです。Kotlinは、Javaより簡単&スマートに書けると人気の言語。Android Studioでも正式採用され、現在は主にAndroidアプリ開発で利用されています。

本書は、Kotlinの基本について、8つのPartに分けてサンプルコードとともに詳しく解説しています。本書掲載のサンプルは、サポートページ(https://wings.msn.to/index.php/-/A-03/WGS-JVB-001/)からダウンロード可能です。どんどん動かして試してみてください。

【対象読者】
本書では、Java言語をある程度理解している方をターゲットにし、そこからの差分の知識を素早く習得していただくことを目的としています。本書でもできるだけ細かな解説を心掛けていますが、Javaについてきちんと押さえておきたいという方は、「AndroidエンジニアのためのモダンJava」(技術評論社)などの専門書も合わせて参照してください。

【目次】
Part 1:イントロダクション
 Kotlinとは?
  Kotlinの特徴
 Kotlin学習の準備
  Android Studioでの利用
  Kotlinのコンパイラーを導入する
  ブラウザー上で実行する
 はじめてのKotlin

Part 2:基本構文
 変数 - var命令
 リテラル表現
  数値リテラル
  型サフィックス(数値リテラル)
  文字列リテラル
 null許容型
  Nullable型とボクシング
  Nullable型から非null型への代入
  セーフコール演算子
  「!!」演算子
 型変換
  拡大変換
  明示的な変換
 配列
  配列の基本
  配列要素へのアクセス
  補足:コレクション
 定数
  varとvalとどちらを利用する?
  コンパイル時定数

Part 3:演算子/制御構文
 演算子
  同値性/同一性を確認する「==」「===」演算子
  条件演算子(?...:)は利用できない
  連続する値を表す範囲演算子
  ビット演算子
 制御構文
  汎用的な条件分岐を表す - if命令
  等価比較による多岐分岐を表す - when...else命令
  配列/コレクションをもとに特定の処理を繰り返す - for命令
  ループを脱出/スキップする - break/continue命令
  入れ子のループを脱出する - ラベル構文

Part 4:関数
 関数の基本
  単一式の関数
 関数のさまざまな表現
  引数の既定値
  名前付き引数
  可変長引数
  複数の戻り値
 高階関数
  ラムダ式
  [注意]ラムダ式でのreturn
  高階関数の自作
 ローカル関数

Part 5:オブジェクト指向構文
 クラスの基本
  アクセス修飾子
 プロパティ
  アクセサーを伴うプロパティ
  読み取り専用のプロパティ
 コンストラクター
  プライマリコンストラクター
  セカンダリコンストラクター
 パッケージ/インポート
  インポートの基本
  さまざまなインポート

Part 6:継承とインターフェイス
 継承
  抽象クラス/抽象メソッド
 インターフェイス
  インターフェイスの例
  インターフェイスのデフォルト実装
  インターフェイスでのプロパティ
 型変換
  明示的なキャスト

Part 7:特殊なクラス
 データクラス
  同値性を確認する - equalsメソッド
  データを文字列化する - toStringメソッド
  プロパティ値を個々の変数に分解する - componentNメソッド
  オブジェクトを複製する - copyメソッド
 オブジェクト宣言
 オブジェクト式
  SAM変換による簡単化
 コンパニオンオブジェクト
 Enumクラス
  プロパティ/メソッドの定義
 ジェネリック型
  ジェネリック型の定義
  型引数の制約
  ジェネリック関数
  out修飾子とin修飾子

Part 8:もっとオブジェクト指向
 拡張関数
 演算子のオーバーロード
 入れ子のクラス
  入れ子クラスの基本
  インナークラス
 委譲プロパティ
  標準の委譲プロパティ
  委譲プロパティの実装
 委譲クラス

書籍情報
 著者プロフィール
 基本情報
 サポートサイト

【著者プロフィール】
山田 祥寛(やまだ よしひろ)
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGS プロジェクト」の代表でもある。
主な著書に「速習 React」「速習 EcmaScript2018」「速習 webpack」「速習 Vue.js」「速習 ASP.NET Core」「速習 TypeScript」(WINGSプロジェクト・Kindle版)、「改訂新版JavaScript本格入門」「Angularアプリケーションプログラミング」(技術評論社)、「独習C# 新版」「独習PHP 第3版」(翔泳社)、「はじめてのAndroidアプリ開発 第2版」(秀和システム)など。
https://wings.msn.to/

↓全て表示↑少なく表示
 
  

React NativeとExpoで作るiOS・Androidアプリ開発入門 - これ一冊でストアリリースまで進める本格...

3巻で完結するシリーズです。この本は第1巻目になります。

第二巻:『React NativeとExpoで作るiOS・Androidアプリ開発入門 - これ一冊でストアリリースまで進める本格的入門書 - 2/3』

第三巻:『React NativeとExpoで作るiOS・Androidアプリ開発入門 - これ一冊でストアリリースまで進める本格的入門書 - 3/3』


この度は、「React NativeとExpoで作るiOS・Androidアプリ開発入門 - これ一冊でストアリリースまで進める本格的入門書」を手に取っていただきまして、誠にありがとうございます。

本シリーズはプログラミングの基本的な知識をお持ちの方を対象に、React Nativeとその便利な開発ツールであるExpoを使用したiOS・Androidアプリの開発とリリースの流れを掴んでいただくための本です。

本シリーズを最後までお読みいただくことで、Expoを使用したReact Native開発の流れを掴んでいただくことができます。

本書で作成して完成するアプリ

以下のURLからExpoのクライアントアプリを介して利用することができます。

詳しい利用法は本書のExpoの箇所で解説しています。

https://expo.io/@nakanoh/QiitaFeed

最初の1冊目となる本書ではReact Nativeの概要と環境構築、ReactとReact Nativeの基礎を学びます。


本書はリフロー型のKindle電子書籍のフォーマットを採用しています。

一般的な紙の本とは異なる装丁を採用しているため、Kindle本をあまり利用されたことのない方は事前に「無料サンプルを送信する」の機能を利用して、確認をお願いします。

## 本書を利用される場合の注意点

本書に限らずリフロー型の電子書籍を快適に閲覧するためのポイントを解説します。

MacやWindowsなどのデスクトップ版のKindleアプリで電子書籍を見る場合は「列の自動調整」・「二列」モードではなく、「一列」モードで閲覧されるようにお願いします。

「列の自動調整」・「二列」モードを使用した場合、コードが見辛くなるなどの問題点が発生します。

本書は「一列」モードでの閲覧を想定しているためです。

そのため、必ずアプリの設定タブから「一列」モードに切り替えてのご利用をお願いします。

また、本書ではフォントサイズの調節機能が利用可能です。

もし、文字が小さい、あるいは大きすぎると感じた場合はフォントサイズを変更して適宜変更を行ってください。

よくある質問

Q. コマンドラインを使うのは初心者向けではないのでは?

A. 「入門=プログラミングの初心者向け」ではありません。あくまで、ある程度の基礎知識を持った方が言語・フレームワークの入門をするための本という位置付けです。

具体的には独学で必要な知識をつけられる方が、自力でステップアップするための踏み台として位置付けています。

ドットインストールのようなオンラインの初心者向け教材を卒業した方が次にやる教材という位置付けです。

Q. レイアウトがチープで見辛い、改善してください。

A. リーズナブルな入門書を提供するため、また様々な端末に対応させるための妥協点です。

リーズナブルな入門書を提供するため、ある程度見た目を犠牲にしています。仮にデザインを大きく改善することとなるとその分定価に上乗せされることとなってしまいます。

そもそも筆者は技術書の本質は中身であり、見た目ではないと考えています。

筆者もスタイルシートの改善など工夫を重ねていますが、フォーマットの性質上限界があります。

また、電子書籍をリフロー型としてあらゆる解像度の端末に対応させるとなるとPDFなどのデザインを重視したフォーマットは諦めざるを得ません。

そのため大変申し訳ございませんが、レイアウトについてはこれ以上の改善はできませんことをご了承ください。

Q. 対象読者がよくわからない

A. 基本的にはタイトルに挙げられている言語・フレームワークの知識を必要としている方を対象としています。

基本的にはどのシリーズもタイトルに挙げられている言語・フレームワークを使いたい、以前使おうとしたけどわからなかった。と考えている方を対象にしています。

基本的にはタイトルに「初心者向け」と明記していない限り、プログラミングの完全な初心者の方に向いていません。あくまである程度の基礎知識を持った方を前提にしています。ブラウザ、HTTPといった基本的な用語はわかっている・あるいは自力で調べて確認できる前提で話を進めています。

具体的な前提知識はシリーズによって異なりますが、基本的にはMacOS・Linuxのコマンドラインの基本(mkdir, cd, mvなどが使える)とHTML・CSSの基本(headとbodyの違い、divやh1,pなどのタグの使い分けがわかる)を踏まえていただけるとわかりやすいと思います。

注意事項

本書で学んだ内容でアプリをインターネットに公開するときの注意点

本書はスマートフォンアプリ開発の初心者向けチュートリアルです。

スマートフォンアプリ開発の初心者が混乱しないように最低限のトピックに限定して解説を行なっています。

個人情報や決済情報などの機密情報を扱うためのには、セキュリティやOSの高度な知識が必要です。

本書の知識のみを利用してスマートフォンアプリ開発を公開する場合は、基本的にホビー目的のものに留めていただき、個人情報やクレジットカード番号など、クリティカルな機密情報を扱うスマートフォンアプリ開発は決して行わないでください。


目次

1. React Nativeについての基礎知識

1.1 React Nativeとは?
1.2 他のクロスプラットフォームアプリ開発フレームワーク
1.3 React Nativeの優れた特徴
1.4 React Nativeは実用的なのか?

2. React, ES6とJSX

2.1 Reactと仮想DOM
2.2 Reactとコンポーネント
2.3 propsとstate
2.4 ES6
2.5 JSX

3. ExpoでのReact Native開発

3.1 会員登録を行う
3.2 SnackでとりあえずReact Nativeの練習を実行してみる
3.3 スマホにExpoアプリをインストールする
3.4 React Nativeのアプリを動かして見よう
3.5 React Nativeの標準コンポーネント
3.6 app.json

4. 環境構築

4.1 Xcodeとコマンドラインの導入
4.2 Android Studioの導入
4.3 Homebrewの導入
4.4 Node.js, npmの導入
4.5 Watchman の導入
4.6 react-native-cliの導入

5. React Nativeのアプリを動かして見よう

5.1 react-native init
5.2 まずはReact NativeをiOSで動かしてみよう
5.3 React NativeをAndroidで動かしてみよう
5.4 ソースコードを見てみよう

6. React Nativeの標準コンポーネント

6.1 View
6.2 Text
6.3 Image
6.4 Button
6.5 TouchableOpacity
6.6 ActivityIndicator
6.7 FlatList
6.8 TextInput
6.9 WebView
6.10 DatePickerIOS

7. React Nativeの標準API

7.1 Share
7.2 ClipBoard
7.3 DatePickerAndroid
7.4 Dimensions

8. React NativeのUI構築 - スタイルシートを使ったレイアウト

8.1 React NativeのStyleSheet
8.2 CSSとの主な相違点
8.3 FlexBox

9. React Nativeでサンプルアプリを動かしてみよう

9.1 簡単なニュースアプリの機能を作ってみる
9.2 React Nativeとネットワーク通信

** 注意点 **

本書の中では、関連した書籍を紹介する意味、読者のみなさまが関連する書籍を探す手間を省かせていただくために、筆者の著作を紹介させていただきます。あらかじめご了承ください。

続編はこちらです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07GNPK25J

↓全て表示↑少なく表示
 
  

イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方—Android Studio対応版 イラストでよくわかるシリーズ

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

プログラミング未経験でも大丈夫!
Android Studio対応のAndroidアプリ開発入門、決定版。

好評だった前作『イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方』に改訂版が登場。親しみやすいイラストやステップバイステップでの丁寧な解説といった基本コンセプトを踏襲しつつ、最新版のSDKや、Androidの新しい開発環境である「Android Studio」に対応させました! Androidのプログラムを作りながら、自然にJavaというプログラム言語の知識が身につくようになっています。

1章 はじめてのAndroidプログラミング
2章 スロットマシンに画像を表示しよう
3章 ボタンでスロットマシンを動かそう
4章 スロットマシンを完成させよう
5章 プログラミングのヒント
付録 インストールと実行の手引き

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
Androidアプリ開発の参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Kotlin本」

(2021/09/22 12:00 更新)

 
以下が一部参考書の詳細です。

速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ

速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ
(著)山田祥寛
発売日 2018/09/26
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
Javaはちょっと大変だな、もっとラクしてコーディングしたいな、と思っている方はいませんか?そんな方に是非お勧めしたいのが、Kotlinです。Kotlinは、Javaより簡単&スマートに書けると人気の言語。Android Studioでも正式採用され、現在は主にAndroidアプリ開発で利用されています。

本書は、Kotlinの基本について、8つのPartに分けてサンプルコードとともに詳しく解説しています。本書掲載のサンプルは、サポートページ(https://wings.msn.to/index.php/-/A-03/WGS-JVB-001/)からダウンロード可能です。どんどん動かして試してみてください。

【対象読者】
本書では、Java言語をある程度理解している方をターゲットにし、そこからの差分の知識を素早く習得していただくことを目的としています。本書でもできるだけ細かな解説を心掛けていますが、Javaについてきちんと押さえておきたいという方は、「AndroidエンジニアのためのモダンJava」(技術評論社)などの専門書も合わせて参照してください。

【目次】
Part 1:イントロダクション
 Kotlinとは?
  Kotlinの特徴
 Kotlin学習の準備
  Android Studioでの利用
  Kotlinのコンパイラーを導入する
  ブラウザー上で実行する
 はじめてのKotlin

Part 2:基本構文
 変数 - var命令
 リテラル表現
  数値リテラル
  型サフィックス(数値リテラル)
  文字列リテラル
 null許容型
  Nullable型とボクシング
  Nullable型から非null型への代入
  セーフコール演算子
  「!!」演算子
 型変換
  拡大変換
  明示的な変換
 配列
  配列の基本
  配列要素へのアクセス
  補足:コレクション
 定数
  varとvalとどちらを利用する?
  コンパイル時定数

Part 3:演算子/制御構文
 演算子
  同値性/同一性を確認する「==」「===」演算子
  条件演算子(?...:)は利用できない
  連続する値を表す範囲演算子
  ビット演算子
 制御構文
  汎用的な条件分岐を表す - if命令
  等価比較による多岐分岐を表す - when...else命令
  配列/コレクションをもとに特定の処理を繰り返す - for命令
  ループを脱出/スキップする - break/continue命令
  入れ子のループを脱出する - ラベル構文

Part 4:関数
 関数の基本
  単一式の関数
 関数のさまざまな表現
  引数の既定値
  名前付き引数
  可変長引数
  複数の戻り値
 高階関数
  ラムダ式
  [注意]ラムダ式でのreturn
  高階関数の自作
 ローカル関数

Part 5:オブジェクト指向構文
 クラスの基本
  アクセス修飾子
 プロパティ
  アクセサーを伴うプロパティ
  読み取り専用のプロパティ
 コンストラクター
  プライマリコンストラクター
  セカンダリコンストラクター
 パッケージ/インポート
  インポートの基本
  さまざまなインポート

Part 6:継承とインターフェイス
 継承
  抽象クラス/抽象メソッド
 インターフェイス
  インターフェイスの例
  インターフェイスのデフォルト実装
  インターフェイスでのプロパティ
 型変換
  明示的なキャスト

Part 7:特殊なクラス
 データクラス
  同値性を確認する - equalsメソッド
  データを文字列化する - toStringメソッド
  プロパティ値を個々の変数に分解する - componentNメソッド
  オブジェクトを複製する - copyメソッド
 オブジェクト宣言
 オブジェクト式
  SAM変換による簡単化
 コンパニオンオブジェクト
 Enumクラス
  プロパティ/メソッドの定義
 ジェネリック型
  ジェネリック型の定義
  型引数の制約
  ジェネリック関数
  out修飾子とin修飾子

Part 8:もっとオブジェクト指向
 拡張関数
 演算子のオーバーロード
 入れ子のクラス
  入れ子クラスの基本
  インナークラス
 委譲プロパティ
  標準の委譲プロパティ
  委譲プロパティの実装
 委譲クラス

書籍情報
 著者プロフィール
 基本情報
 サポートサイト

【著者プロフィール】
山田 祥寛(やまだ よしひろ)
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGS プロジェクト」の代表でもある。
主な著書に「速習 React」「速習 EcmaScript2018」「速習 webpack」「速習 Vue.js」「速習 ASP.NET Core」「速習 TypeScript」(WINGSプロジェクト・Kindle版)、「改訂新版JavaScript本格入門」「Angularアプリケーションプログラミング」(技術評論社)、「独習C# 新版」「独習PHP 第3版」(翔泳社)、「はじめてのAndroidアプリ開発 第2版」(秀和システム)など。
https://wings.msn.to/

↓全て表示↑少なく表示
 
  

他言語プログラマのためのKotlin基礎

他言語プログラマのためのKotlin基礎
(著)Independent Laboratory
発売日 2019/06/12
(2021/09/22 12:03時点)
 本書はKotlinを初めて使う方が本格的にKotlinを学ぶまでの助走となることを目指した本です。基本的な文法である、変数の種類、制御構文、配列・List・Set・Map、関数定義、クラスの使い方を簡単な実例を中心に学んでいきます。
 サンプルソースを中心に学んでいくため、Kotlinの文法を具体的に把握することが可能です。既に他のプログラミング言語を習得していて、Kotlinとの差異を見たい方や文法解説よりも具体例を見ていきたい方に向いていると思います。
 本書の想定読者は、これまで他のプログラミング言語を使用したことがある方です。あらかじめ、変数、関数、クラス等のプログラミングの概念を理解している必要があります。また、Linux環境でのプログラミング経験があるものとして話を進めます。
 
  

入門!実践!サーバーサイドKotlin (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

入門!実践!サーバーサイドKotlin (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
(著)FORTE
発売日 2019/12/13
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
本書はサーバーサイドKotlinでWebアプリをひとつ作ることを目標にしたチュートリアル書です。KotlinやサーバーサイドKotlinの紹介、WindowsとMac両方に対応した開発環境の作成とHello World!による入門、実際に簡単なWebアプリを作る実践へとにステップアップし、簡単な掲示板アプリを作成します。
【目次】
第1章 Kotlinとは
1.1 歴史
1.2 特徴
1.3 Kotlinが利用できる開発
1.4 その他の特徴
第2章 入門!サーバーサイドKotlin
2.1 開発環境について
2.2 Webフレームワーク
2.3 ビルドシステム
2.4 Spring BootでHello World!
2.5 Spring Bootでデータベース操作
2.6 Spring Bootでテストを書こう
2.7 依存関係で追加したフレームワークについて
2.8 この章のまとめ
第3章 実践
3.1 設計
3.2 プロジェクトの作成
3.3 ディレクトリー構成
3.4 投稿機能の実装
3.5 更新機能の実装
3.6 削除処理を実装する
3.7 より良くしていく
3.8 実践編を振り返って
3.9 この章のまとめ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
Kotlinの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「SQL/DataBase本」

(2021/09/22 12:08 更新)
Rank製品価格
1
800円
2
500円
3
よくわかるSQL
発売日 2019/11/17
高橋 麻奈
Kindle Unlimited対象
総合評価
800円
4
最初に学ぶ SQL基本レッスン
発売日 2018/09/18
古原伸介 (ディクレ)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,000円
5
400円
6
300円
7
699円
8
500円
9
1,760円
10
450円

 
以下が一部参考書の詳細です。

Adobe Illustrator  Photoshop ベクター画像データベースを利用した 効率的なマンガの描き方

 マンガの執筆における膨大な仕事量を、データベース構築によって緩和。
 昨今需要の高まっているカラー漫画にも対応。
 作成に手間がかかると敬遠されがちのベクター画像を利用し、汎用性の高いデータ作成方法、それらのデータベース化を解説しました。
 どのようなデータをどのように蓄積するのか? どのような構図が期待できるのか? そのためのソフト操作の詳細。
 実践的なマンガ執筆法です。
 ちなみに、データベースはファイル名と通常のフォルダで管理するもので、特殊なソフトや、そのことに対する特殊な技能は必要としません。

 マンガ執筆の練習をするのなら、そのデータはデータベースに蓄積しておけば効率的。
 執筆したマンガを子細にデータベース化しておけば、例えば数か月かけて描いた30ページのマンガが全く評価されなくても、データは残っており、次にチャレンジしやすい。
 データベース構築運営に、ある程度のノウハウの習得と手間がかかりますが、マンガ初心者ほど試して欲しい執筆法です。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

超・超・超・超・超・超・超 やさしい Excel マクロ & VBA 入門: ~フォームからデータベースを作ろう!~ 超...

 
  

よくわかるSQL

よくわかるSQL
(著)高橋 麻奈
発売日 2019/11/17
総合評価
(2021/09/21 12:08時点)
今日、さまざまな形でデータが活用されています。店舗で購入された商品の名称や数量に関するデータ、顧客の嗜好や行動に関するデータ・・・。こうした多様なデータを活用するシステムとして、データベースが広く普及しています。
「SQL」は、データベースとそのデータの操作を行う言語です。SQLを使えば、データベースからさまざまな形でデータを取り出すことができます。SQLはデータを活用するために欠かせない技術の一つとなっています。
本書はSQLの知識をわかりやすく解説するようにこころがけました。データベースやSQLになじみのない方にとっても、無理なく勉強できるように構成されています。
本書にはたくさんのサンプルが掲載されています。実際にSQLを入力し、動作結果を確認しながら読み進めることができます。学んだ知識を生かし、必要なデータを自由に取り出すための技術を得ることもできるでしょう。
本書が読者のみなさまのお役にたつことを願っております。

          著者

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
SQL/DataBaseの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「WordPress本」

(2021/09/22 12:09 更新)
Rank製品価格
1
500円
2
500円
3
あなたもアフィリエイト✕アドセンスで稼げる! はじめてのWordPress本格ブログ運営法...
発売日 2017/07/11
大串 肇, 染谷 昌利, 北島 卓, 清野 奨 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,530円
2,310円
2,310円
1,430円
4
できる100ワザ WordPress 必ず集客できる実践・サイト運営術 WordPress 4.x対応 できる100ワザシリーズ...
発売日 2014/12/12
ホシナ カズキ, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
664円
1,683円
1,870円
695円
5
500円
6
1,000円
7
500円
8
無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門
発売日 2013/08/09
戸倉 彩, 日本マイクロソフト株式会社 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
351円
1,131円
1,257円
385円
9
1,000円
10
小学生のためのWordpressの教科書: 総務省地域ICTクラブ事業...
発売日 2021/02/08
こあないちろう (たかぎICTクラブ)
Kindle Unlimited対象
総合評価
500円

 
以下が一部参考書の詳細です。

Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【Webサイト編】

Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【Webサイト編】
(著)すぎにい
発売日 2020/12/27
総合評価
(2021/09/22 12:09時点)
 
  

Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【ブログ編】

Webエンジニアがやさしく教える WordPressの入門書【ブログ編】
(著)すぎにい
発売日 2020/10/23
総合評価
(2021/09/22 12:09時点)
あなたはなぜ、ブログで稼げるのかご存知ですか?ブログで稼ぐために必須なのがWordPress(ワードプレス)と呼ばれるツールです。しかし、ワードプレスの設定はWeb初心者にとっては複雑です。私はフリーランスでWeb制作をしています。そんなWebクリエイターの私が初心者の皆さんにも分かりやすく、マニュアル形式で説明させていただきます。
この本を見れば、あなたもすぐにワードプレスでブログを始めることができますよ。
 
  

あなたもアフィリエイト✕アドセンスで稼げる! はじめてのWordPress本格ブログ運営法

この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【記事作成から広告掲載まで、専用テーマでぜんぶできる!】

せっかくブログを書くのですから、有名ブロガーとまではいかなくても、せめてお小遣いくらいは稼ぎたいと思っている方も多いことでしょう。インターネットには無料でブログを作成できるサービスがいくつも存在しますが、それらは自分のブログと関係のない広告が出てきたり、商用利用に制限があったりと、思い通りに運営することはできません。本格的なブログを運営するなら、自分のドメインを取得して、WordPressを使うのが王道です。

そこで本書では、WordPressを利用してブログを開設するまでの手順と、アフィリエイトやGoogleアドセンスといった収益化の手法を初心者にもわかりやすく解説しました。さらに、さまざまな便利機能を手軽に使えるようにするため、本書専用のブログテーマを付けています(ダウンロード提供)。この専用テーマを使えば、ランキング記事や見栄えのよいアフィリエイトリンクも簡単に作成でき、スマートフォンへの対応もバッチリです。バナー広告もコピー&ペーストとマウス操作だけですぐに設置できます。

こまかい知識はいりません。この本ですぐにオリジナルなブログをはじめて、副収入もめざしちゃいましょう!!

〈こんな方にオススメです!〉
・これからブログを始めてみたい方
・ブログでお小遣い稼ぎをしてみたい方
・無料ブログからステップアップしたい方
・本格的なブログ運営を目指したい方

〈本書の構成〉
■CHAPTER1 WordPressでブログサイトを構築しよう
サーバー契約/ドメイン取得/インストール/テーマ導入/プラグイン設定/デザイン/記事投稿 etc

■CHAPTER2 WordPressブログを使いやすくしよう
サーチコンソール/アナリティクス/アフィリエイトタグ/ランキング/おすすめ記事/トップページ作成/SEO etc

■CHAPTER3 ブログで収益をあげる準備とコツ
アフィリエイト広告/ASPへの登録/商品紹介/アフィリエイトのべからず/SNSでの拡散/Google AdSense etc

■CHAPTER4 さらにワンランク上を目指そう
記事ネタの集め方/イベントへの参加/売れる文章を書く/検索エンジンに強い記事/画像と動画/アクセス解析/確定申告 etc

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
WordPressの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「AWS(Amazon Web Services)本」

(2021/09/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
AWS実務入門 - インフラ基本編
発売日 2020/08/14
ますけん
Kindle Unlimited対象
総合評価
980円
2
AWS Lambda実践ガイド
発売日 2017/10/16
大澤 文孝 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
3,300円
2,970円
3,300円
3,300円
3
Spring Boot 2 応用: REST x Swagger UI、MyBatisからAWSへのデプロイまで...
発売日 2020/12/28
原田 けいと, 竹田 甘地, Robert Segawa
Kindle Unlimited対象
総合評価
700円
4
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
大澤文孝 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
5
420円
6
1,188円
7
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版...
発売日 2020/02/12
大澤 文孝, 玉川 憲, 片山 暁雄, 今井 雄太 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,970円
2,673円
2,970円
2,970円
8
490円
9
2,750円
2,475円
2,750円
1,770円
10
490円

 
以下が一部参考書の詳細です。

AWS実務入門 - インフラ基本編

AWS実務入門 - インフラ基本編
(著)ますけん
発売日 2020/08/14
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
(序文より一部抜粋)
本書は、AWSを実務において利用するにあたり、
インフラ担当者として現場で触れることの多いサービスをピックアップし、
シンプルかつ明瞭に、その概念や操作方法を理解して構築・運用できるよう、
その手順・マニュアルをまとめたものです。

対象読者は、タイトルの通り、AWS実務入門者向けの本です。
AWSに触れて日が浅い方や、これからAWSを導入しようとしている方、または、AWSのインフラの基本を学びたい開発者、といった方々を想定しています。

本書を読み進めるうえでの前提としては、AWSアカウントを取得し、AWSマネジメントコンソールへのアクセスができる状態にしておいてください。

ぜひ、「習うより慣れよ」で、実際にご自身で操作しながら読み進めてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目次
序文
第1章 VPC
1.1 概要
1.2 命名規則
1.3 IP設計(IPv4)の考え方と注意点
1.4 VPCの操作
1.4.1 VPCを作成する
1.4.2 (参考)デフォルトのVPC
1.4.3 (参考)リージョン
1.5 サブネットの操作
1.5.1 サブネットの作成
1.6 インターネットゲートウェイの操作
1.6.1 インターネットゲートウェイの作成
1.7 ルートテーブルの操作
1.7.1 VPC用ルートテーブルの確認
1.7.2 パブリックサブネット用ルートテーブルの作成と関連付け
1.7.3 プライベートサブネット用ルートテーブルの作成と関連付け
1.7.4 (参考)メインのルートテーブルについて
第2章 IAM
2.1 概要
2.2 命名規則
2.3 IAMユーザー・グループの操作
2.3.1 IAMグループを作成し、ポリシーをアタッチする
2.3.2 IAMユーザーを作成し、グループに所属させる
2.4 IAMロールの操作
2.4.1 IAMロールを作成し、ポリシーをアタッチする
2.4.2 (参考)カスタムポリシーの作成方法
第3章 セキュリティグループ
3.1 概要
3.2 命名規則
3.3 SGの操作
3.3.1 共通操作
3.3.2 SGの設定変更
3.3.3 SGの新規作成
3.3.4 SGの削除
第4章 EC2
4.1 概要
4.2 命名規則
4.3 EC2の操作
4.3.1 EC2の作成
4.3.2 SSH接続(CentOSのケース)
4.3.3 RDP接続(Windowsのケース)
4.3.4 グローバルIPを固定にしたい場合(ElasticIP)
4.4 AMI取得と削除
4.4.1 AMIの取得
4.4.2 AMIの削除
4.5 インターネットとの通信
4.5.1 IGWの作成とVPCへのアタッチ
4.5.2 ルーティング設定
4.6 DNSへの登録(Route53)
4.7 プライベートサブネットからインターネットへの通信
4.7.1 NAT gatewayの作成とサブネットへのアタッチ
4.7.2 ルーティング設定
4.8 EBSボリュームの追加と拡張
4.8.1 単純にボリュームを拡張するケース
4.8.2 EBSを追加するケース
小ネタ&便利技 1
プライベートIPを引き継いでEC2インスタンスを復元する
第5章 ELB・AutoScaling
5.1 概要
5.2 命名規則
5.3 ELBの操作
5.3.1 ターゲットグループの作成
5.3.2 ロードバランサーの作成
5.3.3 ELBのヘルスチェックの確認
5.3.4 ターゲットの登録
5.3.5 ターゲットの登録解除
5.4 AutoScalingの操作
5.4.1 起動テンプレートの作成
5.4.2 AutoScalingグループの作成
5.4.3 AutoScaling起動インスタンスの確認
5.5 ELBとAutoScalingの連携
5.6 (参考)スケールインの保護について
5.7 (参考)AutoScaling環境下でのAMI差し替えと起動方法の一例
5.7.1 起動テンプレートのAMI差し替え
5.7.2 AutoScaling環境下で起動中のEC2インスタンスを入れ替え
小ネタ&便利技 2
S3の使い方
小ネタ&便利技 3
CodeDeployの使い方とAutoScalingとの連携
第6章 CloudFront
6.1 概要
6.2 用語の意味
6.3 ディストリビューションの作成
6.3.1 ディストリビューションのGeneral設定
6.3.2 Origin(オリジン)の編集と追加
6.3.3 Behaviorの設定
6.3.4 Errorページの設定
6.4 (参考)AWS WAF Web ACLの作成方法
6.4.1 IP setsの設定
6.4.2 Web ACLsの作成
6.5 (参考)Certificate Managerの使い方
6.6 (参考) Origin Access Identityについて
6.6.1 OAIの作成
小ネタ&便利技 4
SNSでのメール通知
第7章 CloudWatch
7.1 概要
7.2 CloudWatch
7.2.1 EC2インスタンスにアラームをセットしてみよう
7.2.2 一般的なアラームの作成手順
7.3 CloudWatch Logs
7.3.1 IAMロールの割り当て
7.3.2 エージェントインストールと設定
7.3.3 ロググループ
7.3.4 メトリクスフィルターの作成
7.3.5 アラームの作成
7.4 CloudWatch Events
小ネタ&便利技 5
awscliでのCW Logsへの連携
小ネタ&便利技 6
CWeventsとSSM連携による自動化
小ネタ&便利技 7
CWeventsとLambda連携による自動化

↓全て表示↑少なく表示
 
  

AWS Lambda実践ガイド

AWS Lambda実践ガイド
(著)大澤 文孝
発売日 2017/10/16
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
AWSで展開されている現行システムのほとんどは、開発したプログラムを動かすために、仮想サーバーとしてEC2インスタンスを利用しています。仮想サーバーという違いこそあれ、構成そのものは、オンプレミスのときと大きく変わっていません。
 この構成を大きく変えるのが、AWS Lambdaです。Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。
 サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。この利点はとても大きいので、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えてきました。しかし、Lambdaに魅力があるからといって、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。
 本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 Lambdaで実現するサーバーレスシステム
第2章 Lambda事始め
第3章 AWS Lambdaの仕組み
第4章 S3のイベント処理
第5章 API Gateway、DynamoDB、SESとの連携
第6章 SQSとSNSトピックを使った連携
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
大澤文孝(オオサワフミタカ)
テクニカルライター/プログラマー、情報処理資格としてセキュリティスペシャリスト、ネットワークスペシャリストを取得。Webシステムの設計・開発とともに、電子工作、Webシステム、プログラミング、データベースシステム、パブリッククラウドに関する書籍を多数執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

Spring Boot 2 応用: REST x Swagger UI、MyBatisからAWSへのデプロイまで

Spring Boot 2 応用: REST x Swagger UI、MyBatisからAWSへのデプロイまで
(著)原田 けいと, 竹田 甘地, Robert Segawa
発売日 2020/12/28
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
本書は、2020年11月リリースの最新版、Spring Boot 2.4 の応用書です。
Spring Bootアプリケーションをいくつか作成しながら、他ツールやクラウド(AWS)との連携について解説しています。ご興味がありましたら、是非一読ください。

1 はじめに
 1.1 本書の対象者
 1.2 本書について
 1.3 ソースコードについて
 1.4 Spring Frameworkとは
 1.5 Spring Bootとは

2 環境構築
 2.1 JDKをインストールする
 2.2 Spring Tools 4 をインストールする
 2.3 Spring Tools 4 を日本語化する
 2.4 Spring Tools 4 でJDKを設定する
 2.5 Lombokをインストールする

3 REST API とは
 3.1 ドキュメントの作成方法を確認する
 3.2 学習方法について
 3.3 CRUD(クラッド)操作ができるようにする
 3.4 CRUDを自作する

4 MyBatis
 4.1 データを取得して表示する
 4.2 データのCRUD操作ができるようにする
 4.3 SQLをXMLに記述する
 4.4 ページネーションを実装する

5 AWS アカウントの作成方法

6 AWS Elastic Beanstalk とは
 6.1 Elastic BeanstalkでWebアプリケーションを作成する

7 Amazon Route 53 + Certificate Manager
 7.1 Route 53でドメインを取得する
 7.2 HTTPSでアクセスできるようにする

8 付録:Amazon RDS
 8.1 Amazon RDSでWebアプリケーションを動作させる

9 付録
 9.1 ソースコードのインポート

10 参考資料&推薦書籍
 10.1 書籍
 10.2 サイト

11 あとがき

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
AWSの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「GCP(Google Cloud Platform)本」

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド
発売日 2018/05/17
遠山 陽介, 深津 康行, 中庄谷 哲平, 小島 仁志 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
4,162円
2,822円
(+1048pt)
2,970円
2,365円
2
ゲーム開発が変わる!GCPゲームインフラ実践ガイド (NextPublishing)...
発売日 2019/11/22
實方 和幸, 邵 正, 粟田 大樹, 石川 泰式 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,420円
3
ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform 実践インフラ構築 (NextPublishing)...
発売日 2016/03/04
野下 洋, 芝尾 幸一郎, シリコンスタジオ株式会社, 長谷川 祐介 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,386円
4
770円
(+388pt)

 
以下が一部参考書の詳細です。

Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド

Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド
(著)遠山 陽介, 深津 康行, 中庄谷 哲平, 小島 仁志
発売日 2018/05/17
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
Googleが提供するクラウドサービス
AWSとの違いを軸に徹底解説

 「Google Cloud Platform」(GCP)は、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureと同じく、企業向けのクラウドサービスとして提供されている。後発であることは否めないが、後発であるからこその特徴を備えている。

 一般的な用途では「マネージドサービス」の充実が特徴と言える。そのほか、今注目の「機械学習」「ビッグデータ」関連のサービスが特に充実しており、AI関連のシステム基盤として要注目であることは間違いない。

 本書では、「コンピューティング」「ストレージ」「ネットワーキング」「ビッグデータ」「機械学習」「アカウント管理」「運用監視」という7つのカテゴリーに分類し、GCPの特徴を、AWSとの違いを軸に解説している。

 また、GCPのサービスを解説するほか、エンタープライズ用途のユースケースに基づいて、GCPを用いた設計ガイドをまとめている。技術力に定評のあるGoogleのクラウドサービスを検討するのに最適な1冊である。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

ゲーム開発が変わる!GCPゲームインフラ実践ガイド (NextPublishing)

ゲーム開発が変わる!GCPゲームインフラ実践ガイド (NextPublishing)
(著)實方 和幸, 邵 正, 粟田 大樹, 石川 泰式
発売日 2019/11/22
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
本書はGCP(Google Cloud Platform)のゲーム基盤としての活用を、ゲーム業界のエンジニアが解説します。各社のエンジニアが寄稿により生の声を寄せ、さらにGCPのディープな情報も盛り込んでいます。
【目次】
第1章 Google Cloud Platformの特徴
1.1 コンピューティング
1.2 データベース
1.3 ストレージ
1.4 ネットワーク
1.5 運用/監視/管理ツール
1.6 データ分析
1.7 AIと機械学習
第2章 GCP Deep Dive
2.1 Helmで構築するGKEモニタリング環境構築(株式会社grasys)
2.2 リージョン間通信とCloud Spanner(ジェットブラックフラワーズ合同会社)
2.3 BigQueryとLooker(アイレット株式会社)
2.4 まとめ
第3章 ゲームインフラにおけるワークロード
3.1 ワークロードごとの特徴
3.2 本章のまとめ
第4章 ゲームサーバーホスティングにおける活用事例
4.1 リファレンスアーキテクチャー
4.2 GKEとCloud Spannerで実現する大規模ゲームサーバー(株式会社コロプラ)
4.3 ポコロンダンジョンズのGCP移行とマネージドサービス活用実例(株式会社グレンジ)
第5章 プラットフォームサービスにおける活用事例
5.1 リファレンスアーキテクチャー
5.2 Google App Engineによる運用レスなゲームサーバー(株式会社バンダイナムコスタジオ)
5.3 無停止の課金基盤をGAEで構築するための設計と運用(株式会社アカツキ)
5.4 Google Maps Platform:既存ゲームへのマップ機能の追加について-モンスターストライクの事例-(株式会社ミクシィ)
第6章 データ分析における活用事例
6.1 リファレンスアーキテクチャー
6.2 データ分析の生産性を高める、データ基盤とKPIダッシュボード(株式会社サイバード)
6.3 BigQueryで作るクラウド活用型データ基盤(KLab株式会社)
6.4 機械学習を活用した分析(澪標アナリティクス株式会社)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform 実践インフラ構築 (NextPublishing)

ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform 実践インフラ構築 (NextPublishing)
(著)野下 洋, 芝尾 幸一郎, シリコンスタジオ株式会社, 長谷川 祐介
発売日 2016/03/04
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
本書はゲームインフラエンジニア向けのGCP解説書です。AWS一本のインフラ構築からマルチクラウドへとニーズが変化していく中でゲーム業界でもGCPの検討は進みつつあります。コンソール系、アーケード系、モバイル系などそれぞれの分野で必要な情報を横断的な情報をまとめ、GCPの全体的な紹介から事例までをわかりやすく解説します。【執筆者:野下 洋、芝尾 幸一郎(株式会社Aiming)、野邉 宏一郎、岡田 正之、渡邊 宏樹(シリコンスタジオ株式会社)、長谷川 祐介(株式会社grasys)、橋口 剛】
【目次】
第1章 GCPの概要
GCPのサービス概要/GCPの各サービスにおけるゲームインフラとしてのユースケース
第2章 GCPの特徴
“The Datacenter as a Computer”/一般的なクラウドサービス、オンプレミスとの比較
GCEのベンチマークとコスト比較
第3章 ゲームインフラとしてのGCP
ゲームインフラの特徴/最近のトレンド/GCPのゲームでの活用/ゲームインフラとMSP
第4章 オンプレミスからGCPへ
シリコンスタジオゲームフレームワークの概要/事例: 開発途中にGCPへ移行、運用中ゲームタイトルの移行、新規の運用予測
第5章 Aimingでのゲームサーバ構築事例
GCPへの移行について/GCPでのサーバ運用
第6章 GCPでのゲームサーバアーキテクチャ
ゲームインフラ構築/ゲームアーキテクチャ事例/データベース構成/常時接続/構築・運用からみた他社クラウドの違い
第7章  Aimingでのデータ分析環境の紹介
過去の分析環境/BigQueryを使った分析環境/データ分析環境/ログを収集、集計、可視化/データの活用とKPI/BigQueryのコスト/SQL実例

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
GCPの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Microsoft Azure本」

(2021/09/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
発売日 2017/12/15
真壁 徹, 松井 亮平, 水谷 広巳, 横谷 俊介 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
3,850円
3,465円
3,850円
3,850円
2
無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門
発売日 2013/08/09
戸倉 彩, 日本マイクロソフト株式会社 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
351円
1,131円
1,257円
385円
3
490円
4
Windows Azure Packプライベートクラウド構築ガイド ThinkIT Books
発売日 2015/08/28
GMOインターネット株式会社 樋口 勝一 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,750円
2,475円
2,750円
2,750円
5
1,584円
6
1,650円
(+829pt)
7
Microsoft Azureへの招待 (NextPublishing)
発売日 2014/08/22
日本マイクロソフト株式会社 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
650円
8
490円
9
1,081円
10
Azure Load Balancer徹底入門
発売日 2017/02/17
津村 彰, 御影 けい (にくじゃがソフトウェア)
Kindle Unlimited対象
1,000円

 
以下が一部参考書の詳細です。

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
(著)真壁 徹, 松井 亮平, 水谷 広巳, 横谷 俊介
発売日 2017/12/15
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
Microsoft Azureの基本サービスである、仮想マシン、PaaS、ネットワーク、ストレージ、データベースを対象として、各種サービスの使い方、仕様、複数のサービスを組み合わせたシステム構築手法などを解説します。
最初に企業システムでの活用を前提として、冗長構成をとったサンプルシステムの構築からスタートし、仮想マシン、PaaS、仮想ネットワーク、オンプレとAzureのネットワーク接続、さまざまなストレージの活用、データベース(SQL Database、MySQL/PostgreSQL、Cosmos DB、Data Warehouse、Data Lake)、セキュリティ管理まで、具体例を示しながら主だった機能を網羅的に取り上げます。
また、AzureにおけるInfrastructure as Codeの基本となる、APIを利用したプロビジョニングや構成管理の自動化、そしてAzureのリファレンスアーキテクチャを参考に、Windows/Linux、.NETとSQL Server/MongoDB、Express、Angular、Node各サービスを組み合わせたシステム設計を詳細に解説します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
Azureの概要
サンプルシステムの構築
仮想マシン
アプリケーションPaaS(Azure App Service)
仮想ネットワーク
ネットワークセキュリティ
プライベートネットワーク接続
ID管理とアクセス制御
ストレージ
Managed Disk
SQL Datebase
さまざまなデータストア
Infrastructure as Code
リファレンスアーキテクチャと構築テクニック

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
真壁徹(マカベトオル)
1997年に株式会社大和総研に入社。公共向けパッケージシステムのアプリケーション開発からIT業界でのキャリアをはじめる。2001年に日本ヒューレット・パッカード株式会社に籍を移し、主に通信事業者向けアプリケーション、システムインフラストラクチャーの開発に従事する。その後クラウドコンピューティングとオープンソースに可能性を感じ、OpenStack関連ビジネスでアーキテクトを担当。パブリッククラウドの成長を信じ、2015年に日本マイクロソフト株式会社へ。Windowsでもオープンソースソフトウェアでも、Azureで動くのであれば幅広く支援するアーキテクトとして活動中

松井亮平(マツイリョウヘイ)
2009年日本ヒューレット・パッカード入社。仮想化技術を中心にインフラエンジニアとして金融や通信など様々な業界のシステム構築に携わる。その後プロジェクトリーダーとしてクラウド関連のプロジェクトを経験。その際にクラウドの面白さを経験しパブリッククラウドに近い仕事をしたいと考え、2015年に日本マイクロソフトに入社。インフラだけでなくAzureのコンサルタントとして活動中

水谷広巳(ミズタニヒロミ)
大学・大学院で宇宙物理を研究した後、2001年にシスコシステムズに入社。当初は通信事業者を担当するネットワークエンジニアとしてキャリアをスタートさせる。途中サイバーセキュリティやデータセンターへと技術領域を広げながら、主にエンタープライズ向けハイブリッドクラウドアーキテクチャの開発、提案に従事。その後パブリッククラウドの圧倒的な可能性を感じ、Azureのアーキテクトとして日本マイクロソフト株式会社に入社。2017年にMicrosoftCorporationへ転籍。北米を拠点とし、グローバルアカウントを担当するソリューションアーキテクトとして活動中

横谷俊介(ヨコタニシュンスケ)
2009年日本マイクロソフトに入社。クライアント展開・管理、プライベートクラウド、認証といったマイクロソフトのインフラ領域についてシステム構築・運用を支援。PaaSのみを提供する時代のAzureは横目に見つつIaaS提供を機にAzureに本格参戦。Azureを含むインフラ領域のコンサルタントとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門

無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門
(著)戸倉 彩, 日本マイクロソフト株式会社
発売日 2013/08/09
総合評価
(2021/09/22 12:00時点)
本書は、2013年6月末に正式リリースしたばかりの「Windows Azure Webサイト」を利用し、個人でも本格的なWebサイトが構築できる人気のアプリケーション「WordPress」を導入するための手順解説書です。クラウドを活用するために知っておくべき基礎知識やWebサイトを公開した後に必要になるチューニング方法なども含め、Step by Stepで分かりやすくまとめています。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Azure Active DirectoryとOffice 365でクラウドネイティブな企業インフラ構築術第2版: もう...

クラシックポータル廃止に伴い、Azureポータルに完全対応。全面刷新しました!

//// 改訂履歴 ////
第1版2017年8月30日初版発行
第1.1版2017年9月16日Azureポータルから「クラシックポータル」へのリンクボタンが削除されたことによる改訂
第1.3版2017年9月30日Kindle for PCに画像サイズを最適化
第2版 2017年11月10日クラシックポータル廃止に伴い、Azureポータルに完全対応。全面刷新。
第2.1版 2017年11月26日「Appendix: テナントの統合」 を追加。
第2.2版 2018年1月6日表現・文言など一部校正。
第2.3版 2018年5月10日サインアップ画面を更新。


//////////////////


お勧めしたい方
・社内情シス担当者、責任者。
・オンプレミスActive Directoryはわかる方。
・ベンダーに頼むのも癪なので、できれば自分で導入してみたいと思っているスタートアップ企業の責任者、または中堅企業の情シス担当者。
・Azure Active DirectoryとOffice365をからめて説明している文献が見つからない、と嘆いている方。
・その他、どんなものか興味ある方々すべて。

お勧めしない方
・すでに自分でAzureADとOffice365の導入経験のある方。
・本書の内容に、オンプレADとAzureADの混在環境の情報を期待している方(Azure AD Connect、アプリケーションプロキシは触れていません)

目次
はじめに
改訂履歴2
はじめに3
Section1 : Azureにサインアップ6
Section2 : Azure Active Directoryにカスタムドメインを追加21
Section3 : 独自ドメインに新規管理ユーザーを追加34
Section4 : Windows10 PCをAzure Active Directoryドメインに参加させる56
Section5 : Azure Active DirectoryにSaaSアプリケーションを統合する93
Section6 : Azure Active DirectoryにOffice365を統合する184
【追記】アクセスパネルのOffice365系アプリケーションのアイコン233
【追記】Outlook 2016とiPhoneとSkype for Businessの設定について239
Section7 : ファイルサーバをどうするか248
 OneDrive for Businessの設定249
 Dropbox for Businessの設定264
Section8 : Intuneを使ってみる298
Section9 : Intuneを使ってみる(トラブルシューティング編)323
Appendix: テナントの統合354
あとがき341

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
はじめに より抜粋~
Active Directoryがついに、Microsoft Azureクラウドだけで利用可能になりました。
もう社内にもデータセンターにすら、ドメインコントローラやExchangeサーバーなどを構築する必要がなくなったのです。

…中略…

オフィスのネットワークさえ整備しておけばよいのです。(そのネットワークもLTEの次の通信網、5Gが出たらどうなるのでしょう…)

・・・中略・・・

Azure Active Directoryがあっても、オンプレミスActive Directoryはなくならないと思いますし、今現在のAzure Active Directoryではまだまだ未成熟で、エンタープライズカンパニーでは使えないと思います。

しかしスタートアップ企業はもちろんのこと、ITガバナンスやSOXコントロールのことを考えるのはまだまだ先と思える小中堅規模の会社様にとっては十分実用に耐えます。クレジットカード1枚で、まあ1週間で整備できるでしょう。

ただ、そこはマイクロソフト。設定画面のわかりにくさやライセンス体系の複雑さ、発生した問題の解決方法の無さ(笑。回避策を探すか諦めるかがほとんど)、技術的なことよりもそういうことで物凄いエネルギーを使わされてしまいますよね。

この本は、わたしがまず人柱になって、Azure Active Directoryの多様な機能の、どの辺までなら継続運用に耐えられるか、また、先出しのOffice365管理画面との設定に関する絡まり具合、など検索してもでてこない情報を、実際に導入して検証し、遭遇した問題などをさらけ出しましてみました。

分かりやすいように、スクリーンショットも充実です。


まだまだAzure Active Directoryで検索してもマイクロソフトの公式ページかMVPらしき人の小難しい話しか出てこない今こそ、簡素で価値ある本であれば幸いです。

↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Azureの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Linux本」

(2021/09/22 12:03 更新)
Rank製品価格
1
1,200円
2
1,584円
3
300円
4
はじめてのLinux パーフェクトガイド(Ubuntu/Lubuntu/Puppy Linuxを詳解!)...
発売日 2019/03/01
リンクアップ, 河本 亮, ラケータ (standards)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,232円
990円
990円
1,210円
5
1,200円
6
660円
(+333pt)
7
Kali LinuxビギナーズガイドⅡ: ツールの使い方1 2020.2対応
発売日 2020/02/24
浅山新一 ((有)リム・インターナショナル)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,200円
8
500円
9
480円
10
400円

 
以下が一部参考書の詳細です。

Linuxで動かしながら学ぶTCP/IPネットワーク入門

Linuxで動かしながら学ぶTCP/IPネットワーク入門
(著)もみじあめ
発売日 2020/02/29
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
この本は「手を動かしながら TCP/IP について学ぶ」をコンセプトにしています。TCP/IP は、皆さんがお使いのインターネットを支えている仕組みです。この本の目的は、実際に手を動かしながら試行錯誤することで、TCP/IP についてより実践的な知識を得ることです。それも、今お使いになられているコンピュータがたった 1 台あれば試すことができます。

必要な環境をたった 1 台のコンピュータで完結するためには、Linux の Network Namespace という機能を使います。この機能は、近年急速に普及が進む Docker といったコンテナ型仮想化技術を構成している要素のひとつです。Network Namespace を使うと、ネットワーク的に独立した領域を Linux の中にいくつも作ることができます。実験で使うネットワークを作る上で必要な作業は、いくつかのコマンドライン操作だけです。この本では、そうして作った環境を元に、TCP/IP について学んでいきます。

■ 想定する読者

この本は、次のような方を読者として想定しています。もし、当てはまるものがひとつでもあれば、とくにオススメできます。

- ネットワークが専門ではない IT エンジニア、またはそれを志す学生さん
- 他の TCP/IP に関する本を読んだことはあるけど、身についている実感が少ないという方
- ネットワークやインフラの技術について、よく知らないけど興味はあるという方
- 気軽にネットワークを組んで実験できる環境の作り方が知りたいという方

■ 使用する環境

GNU/Linux ディストリビューションには Ubuntu 18.04 LTS を利用します。なお、付録として、今お使いになられているコンピュータに仮想マシンとしてインストールする方法を記載しています。また、コマンドライン操作の読みかえは必要となりますが、他のディストリビューションを使うことも可能です。

■ 本の構成

この本では、OSI 参照モデルのデータリンク層からアプリケーション層に対応する機能を、一冊でひととおり学ぶことができます。次のような章に分かれています。

「TCP/IP とは」では、TCP/IP とインターネットの基本について学びます。この章は、あくまでこの本の導入にすぎません。それでも、実際に手を動かすことで、本書がどのような性格の本なのか、きっとわかっていただけるはずです。そして、TCP/IP を構成する要素や、インターネットが動作する原理についても、同時に知ることができます。

「Network Namespace」では、Network Namespace の使い方と、IP (Internet Protocol) というプロトコルについて学びます。Network Namespace を使うと、ネットワーク的にはシステムから独立した仮想的なコンピュータが作れます。この章では、その機能を使いながら小さなネットワークをいくつか組んでいきます。それらの実験を通して、インターネットが動作する原理について、より深く知ることができます。

「イーサネット」では、イーサネットというプロトコルを含む規格について学びます。イーサネットは、家庭なオフィスのネットワークで、ほとんど必ずといっていいほど使われているものです。TCP/IP は、たくさんのプロトコルや規格が連携しながら動作します。その中でも、イーサネットはネットワークの土台といえる役目があります。この章では、イーサネットがどのようにその役目を果たしているのか見ていくことにしましょう。

「トランスポート層のプロトコル」では、通信の種類を識別したり、通信に信頼性をもたせるためのプロトコルについて学びます。インターネットの世界は、各々が最善を尽くすという考え方で成り立っています。聞こえは良いですが、ベストエフォートと呼ばれるその仕組みでは、送ったデータが相手までちゃんと届く保証は一切ありません。この章で学ぶプロトコルは、そのような世界で通信を成り立たせるにはどうしたら良いのかという問いへの答えになるでしょう。

「アプリケーション層のプロトコル」では、それまでに学んできた下地を使ってやり取りされる、実用的な通信について学びます。これは TCP/IP の世界における集大成であり、このために他のプロトコルや規格が存在するといっても過言ではありません。皆さんが日頃から「インターネットを使う」と認識しているのは、ほとんどがこの章で扱われる内容といって良いはずです。

「NAT」では、NAT (Network Address Translation) という仕組みについて学びます。NAT は、IPv4 を扱う家庭やオフィスのネットワークで、ほとんど必ずといっていいほど使われている技術です。ですが、自宅のサーバをインターネットに公開したり、オンラインゲームをするときに問題となることも多い、いわば「初学者泣かせ」な技術でもあります。この章では、そんな NAT がどういった原理で動作しているのか知ることができます。

「ソケットプログラミング」では、プログラミング言語として Python を使って TCP/IP を扱うプログラムの記述方法について学びます。この章にたどりつくまでに、読者の皆さんは TCP/IP を学ぶ上でさまざまなツールを扱うことになります。それらのツールを作るために用いられている代表的な API が、この章で学ぶソケットです。この章では、それまでに学んできた TCP/IP の通信が、どのように生み出されているのか知ることができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
  

今さら聞けないLinux基本コマンド解説~GNU Coreutils (技術の泉シリーズ(NextPublishing)...

Linuxの基本的なコマンドを集めた「Coreutils」。真面目に読むと無味乾燥なマニュアルをゆるく楽しく解説しました。lsやcat、cd、touchなどの基本コマンドから、paste、seq、shuf、factor、stdbuf、yes、shredなど、すべての基本コマンドを収録。まずは一読して、必要なときに本書を開いてみて下さい。そう、すでにあなたのスキルがレベルアップしています。
【目次】
・よくあるオプション
・ファイルの中身の出力
・ファイルの書式
・ファイルの一部を出力
・ファイルの要約系
・ファイルの中身を並べる
・テーブルの欄操作
・キャラクター操作
・ファイルリスト表示
・基本的操作
・スペシャルファイルタイプ
・ファイルの属性を変更
・ディスク使用状況
・文字を表示
・条件
・リダイレクション
・ファイル名の操作
・現在の環境
・ユーザの情報
・システムコンテキスト
・SELinux
・変更コマンド
・プロセスコントロール
・遅延
・数値操作
・答え合わせ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

最短3時間で覚えるLinuxシェルスクリプト

最短3時間で覚えるLinuxシェルスクリプト
(著)ツナマヨ
発売日 2021/06/19
(2021/09/22 12:03時点)
 
  
 
Linuxの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Git・GitHub本」

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
発売日 2019/06/28
大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,200円
2,090円
2,200円
2,200円
2
サルでもわかるGit入門
発売日 2018/09/25
大串 肇, アクツ ユミ, 一戸 健宏, 兼清 慮子 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
3
3,200円
1,881円
2,090円
1,045円
4
GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/02/01
北山 晋吾 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,750円
2,475円
2,750円
2,750円
5
650円
6
500円
7
99円
8
360円
9
99円
10
399円

 
以下が一部参考書の詳細です。

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
(著)大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚
発売日 2019/06/28
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

〈本書の内容〉
Chapter 1 バージョン管理の基本
Chapter 2 Gitの基本的な使い方
Chapter 3 複数メンバーでの運用
Chapter 4 Gitを使った実践開発

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

サルでもわかるGit入門

サルでもわかるGit入門
(著)大串 肇, アクツ ユミ, 一戸 健宏, 兼清 慮子
発売日 2018/09/25
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
Git入門の決定版「サルGit」がついに書籍化! 圧倒的な分かりやすさでバージョン管理を使いこなそう
本書は、コレまでにGitを触ったことが無い方。もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。
わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。さあ、一緒にGitを学んでいきましょう。そして皆さんの仕事がより良く、進められますように。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール Web制作者のための教科書シリーズ

Web制作における「GitHub」(ギットハブ)の使い方を、
実際のワークフローをイメージしながら理解できる解説書です。

本書を読みながら具体的なシーンを疑似体験すれば、
GitHubの使い方の流れがスムーズに把握できます。

「そもそもどんなサービスなのかわからない」「どういうときにどの機能を使えばいいの?」
「これは正しい使い方なの?」といった使いはじめのころに感じる疑問はもちろん、
リポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説。

無料のGitクライアント「SourceTree」を使った操作方法も掲載しているので、
コマンドラインでの操作が苦手な人も安心して読み進められます。

※本電子書籍は、2016年7月1日発行の紙書籍第1版第2刷を底本に作成しました。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
Git・GitHubの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Docker・Kubernetes本」

(2021/09/22 12:01 更新)
Rank製品価格
1
2,970円
2,822円
(+1048pt)
2,970円
2,970円
2
1,200円
3
420円
4
1,200円
5
110円
6
99円
7
398円
8
Dockerコンテナ実践検証 ThinkIT Books
発売日 2015/07/24
佐藤 司, 冨永 善視, 森元 敏雄 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,540円

 
以下が一部参考書の詳細です。

さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築

デファクト技術の「コンテナ」
「わかる」から「使える」へ

 サーバー環境だけでなく幅広く使われている「コンテナ技術」は、もはやデファクト技術と言っても言い過ぎではないでしょう。インフラ技術者だけでなく、アプリケーション開発者にとっても重要な技術です。

 本書は、自分でコンテナ環境を構築できるようになるための本です。題材に「Docker」を使いました。「技術解説書」というより「技術実践書」。IT技術を本当に理解するには理論の学習だけでは不十分で、実際にさわってみることが大事です。そうすることで初めて腹落ちし、「技術がわかる」状態から、「技術が使いこなせる」状態にレベルアップすることができます。

 本書では、Dockerのインストール方法に始まり、基本的なWebサーバーを起動させるところから、永続化、ネットワーク、コンテナイメージへと順番に学ぶことができます。さらに、複数のコンテナを使うことを想定し、「Docker Compose」や「Kubernetes」についても学習できます。Kubernetesは学習ツールとして「Minikube」を用い、最終的に「Amazon EKS」でコンテナを実行するはじめの一歩までを説明します。

 新しい技術の習得は、想像している以上に難しいものです。理解できていない状況でやみくもに技術に触れても、迷子になるばかり。本書では「迷子にさせない」工夫が満載されており、本書の通りに実施すれば、迷うことなく、コンテナ環境を構築できます。

 インフラ技術者の最初の1冊として執筆していますが、アプリケーション開発者のインフラ学習書としても最適です。ぜひあなたも、本書を活用してコンテナ技術を習得してください。

↓全て表示↑少なく表示
 
目次
第1章 コンテナの仕組みと利点
第2章 Dockerを利用できるサーバーを作る
第3章 5分でWebサーバーを起動する
第4章 Dockerの基本操作
第5章 コンテナ内のファイルと永続化
第6章 コンテナのネットワーク
第7章 複数コンテナをまとめて起動するDocker Compose
第8章 イメージを自作する
第9章 Kubernetesを用いたコンテナ運用

↓全て表示↑少なく表示
著者略歴
大澤文孝(オオサワフミタカ)
テクニカル・ライター、プログラマ/システムエンジニア。専門はWebシステム。情報処理技術者(「情報セキュリティスペシャリスト」「ネットワークスペシャリスト」)。Webシステム、データベースシステムを中心とした記事を多数発表

浅居尚(アサイショウ)
静岡大学大学院理工学研究科修士卒。システムエンジニア。情報処理技術者(「情報セキュリティスペシャリスト」「ネットワークスペシャリスト」)。企業プロジェクトにおけるサーバ構築・運用に従事。最近では、電子証明書を使用したセキュリティシステムの運用業務を担当。DockerやRPA(ロボットによる業務自動化技術)などにも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Docker Desktop for Windows/Macでつくるクリーンな開発環境構築入門(Python版)

Docker Desktop for Windows/Macでつくるクリーンな開発環境構築入門(Python版)
(著)太田 和樹
発売日 2020/07/19
総合評価
(2021/09/22 12:01時点)
Docker DesktopとVSCodeを組み合わせたリモート開発を楽しもう!
WSL2の登場によりWindowsHomeでもDockerを使えるようになりました。
本書ではWindowsまたはMacでDocker DesktopとVSCodeによるPythonの開発環境の方法を紹介しています。本書を読むことでDockerについて理解し、VSCodeと組み合わせた開発環境を構築できるようになることでしょう。
経験者にはDockerfileやdocker-compose.yml、VSCodeの設定ファイルなどについての詳しい説明が役に立ちます。
また、DockerとVSCodeによる開発環境の構築は、適切に動作する組み合わせを選択して検証するのはかなり時間がかかります。本書で紹介している機械学習やスクレイピング、Webアプリなどパターン別の開発環境構築例を活用してください。

■目次

1.なぜDockerなのか
 開発環境の理想と現実
 Dockerとは
 コンテナという楽園

2.インストール - Windowsの場合
 作業の前に
 必要要件
 CPUの仮想化支援機能の有効化
 WSL2のインストール
 Docker Desktopのインストール
 VSCodeのインストール
 GitHubのアカウント登録
 Gitのインストールと環境設定

3.インストール - Macの場合
 作業の前に
 必要要件
 Docker Desktopのインストール
 VSCodeのインストール
 GitHubのアカウント登録
 Gitのインストールと環境設定

4.Docker入門
 Dockerの概要
 Dockerイメージに関するコマンド
 コンテナに関するコマンド
 フォルダのマウント
 Dockerfile
 Dockerfileに関するその他のトピック
 コンテナのネットワーク
 Docker Compose

5.VSCodeとDockerによる開発環境の構築
 概要
 拡張機能
 サンプルプロジェクトの構成
 Git管理
 リモート開発

6.パターン別開発環境の構築例
 機械学習(Scikit-learn)SVMによる分類モデル
 機械学習(TensorFlow)転移学習とモデルの保存
 機械学習(TensorFlow)転移学習とモデルの保存
 機械学習(TensorFlow)TensorBoardの利用
 スクレイピング(BeautifulSoup)
 Django
 Flask
 Jupyter Notebook

↓全て表示↑少なく表示
 
  

Dockerを基本から学ぶ: Dockerの基本を手を動かしながら学びAWS ECSでサービスを構築する

[本書の特徴]
DockerインストールからAWS ECSを使った基本的なオーケストレーションツールの使い方を紹介

本書は、最初から読み進めていくことで基本的なDockerの使用方法が理解できるように構成しています。
手を動かして理解することを主眼としていますので、理論的な構造などの話などは省いています。

[本書のターゲット]
・Dockerを使いたいがどのようなシュツエーションで使っていいかわからない
・Linuxの基本的な操作ができる
・AWS ECSの基本的な使い方を学びたい

[本書の構成]
第1版 初版発行

第1章 はじめに
1.1 概要
1.2 Dockerとは
1.3 Dockerを使う流れ
1.4 MACへのインストール
1.5 Windowsへのインストール

第2章 Dockerの基本設定
2.1 Dockerコマンドでコンテナを起動する
2.2 なぜDockerが軽いのか?

第3章 Dockerの便利な使い方
3.1 ワンライナーでDockerを起動
3.2 データの永続化
3.3 一時的にDockerコンテナで確認を行いたい

第4章 Dockerfileを作る
4.1 Dockerfileって簡単
4.2 Dockerfileを作ってみる
4.3 1コンテナ内で複数プロセスを稼働させたい

第5章 Docker imageについて
5.1 Dockerのイメージのレイヤーって?
5.2 コンテナからイメージを作成する

第6章 docker-composerを使ったコンテナ構築
6.1 複数のコンテナを管理する
6.2 1コンテナ1プロセスでDocker Composerで構築してみる

第7章 Docker HUBを使ってみる

第8章 AWS ECSを使用したオーケストレーション
8.1 コンテナオーケストレーションツールとは
8.2 AWSにおけるコンテナサービスについて
8.3 AWS ECSの構成
8.4 AWSの準備
8.5 AWS ECSを構築する
8.6 AWS ECS環境の削除



↓全て表示↑少なく表示
 
  
 
Docker・Kubernetesの参考書詳細は以下を参照ください。

 

Kindle Unlimited対応「Excel/VBA本」

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ...
発売日 2018/12/13
きたみ あきこ, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,178円
1,762円
1,958円
2,178円
2
1,650円
1,485円
1,650円
1,650円
3
できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ 700 2016/2013/2010/2007対応 できる逆引きシリーズ...
発売日 2016/06/17
国本 温子, 緑川 吉行, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
3,278円
2,653円
2,948円
3,278円
4
920円
5
1,250円
6
500円
7
絶対残業しない人がやっている 超速Excel仕事術
発売日 2016/10/07
奥谷隆一 (あさ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,650円
1,540円
1,540円
732円
8
1,738円
1,327円
1,474円
890円
9
1,250円
10
660円

 
以下が一部参考書の詳細です。

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ
(著)きたみ あきこ, できるシリーズ編集部
発売日 2018/12/13
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
「マクロ」とは、Excelで行う処理を自動実行できるように作られたプログラムのことで、これを記述するためのプログラミング言語が「VBA」です。VBAを勉強してマクロが書けるようになると、Excelで行っている定型業務を自動化でき、仕事の能率を大幅に高められます。
使いこなせば便利な機能である一方、VBAやマクロにはとっつきにくいイメージがあります。そのため学習を躊躇している方が多いのではないでしょうか。しかし、実際には中学生のときに習った「英語」の勉強と大差ありません。基本的な文法を覚えたら、語彙を増やして、作文の練習をすれば、いろいろな表現ができるようになります。
本書は、VBAの文法、語彙、作文力をこの1冊で効率的に身に付けられる構成になっています。キャラクターの掛け合いやイラストをふんだんに用いて、つまずきがちな項目もかみ砕いて解説しているので、初心者の方でも途中で引っかかることなく、最後まで着実に読み進められることでしょう。本書を皆様のVBAの勉強と、日々の業務の効率化にお役立ていただければ幸いです。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 はじめてのマクロ作りに挑戦しよう
第2章 オブジェクト・プロパティ・メソッドって何?
第3章 変数を使って計算してみよう
第4章 条件によって処理を切り替えよう
第5章 オブジェクトの取得を極めよう
第6章 処理を何度も繰り返そう
第7章 支店ごとのデータを1つの表にまとめるマクロを作成しよう
第8章 よく使うプロパティとメソッドを身に付けよう

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
きたみあきこ(キタミアキコ)
東京都生まれ。テクニカルライター。コンピューター関係の雑誌や書籍の執筆を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

できるYouTuber式 Excel 現場の教科書 できるYouTuber式シリーズ

■150万回再生の人気YouTuberが教えるExcelスキル!
Excelのコンテンツを発信しているYouTuberのおさ(長内孝平)さんが
ビジネスの現場で学んだExcel仕事術をテキストと図解でやさしく解説。
おささんは、大手総合商社の経理時代からYouTubeチャンネル
「おさとエクセル」を運営し、その動画再生回数は150万回越え!
実際におささんが経理時代に駆使していた機能を紹介しているので
「効率が上がった」「実務でこのスキルを多用している」などの声もたくさん。
そんな人気コンテンツを1冊に凝縮した、最も現場感覚に近いExcel本です。

■3つの実務フローのスキルを高めて最高の結果を出す!
どんな会社でもExcel業務は3つのフローでできています。
・INPUT=入力・外部データの取り込み
・OUTPUT=集計・分析・加工
・SHARE=共有・ミスしない仕組み
本書はこの一連の流れで、どのような機能や関数が役に立つのか
体系的にまとめました。
1つ1つのフローに役立つスキルが身に付くことで
業務の処理速度と成果物の質を高めることができます。

■本×動画であなたの学びを自信に変える!
本書はテキストだけでは掴みにくい操作の動きや、
著者の生の声でポイントが分かるように動画で解説しています。
動画は各レッスンに記載されてるQRコードから
動画解説ページにアクセスできます。
本と動画の両方で理解を深めることができるので
忙しいビジネスパーソンがスキルを高めるのに最適の1冊です。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
PROLOGUE 仕事ができる人はExcelをどう学んでいるのか
1 「インプット」の速度を上げる習慣を身に付ける
2 「アウトプット」は手作業せずに関数を使う
3 現場で「VLOOKUP関数」をとことん使い倒す
4 データを最適な「アウトプット」に落とし込む
5 「シェア」の仕組み化でチームの生産性を上げる

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
長内孝平(オサナイコウヘイ)
ビジネス教育系YouTuber。Youseful(ユースフル)株式会社代表取締役。米ワシントン大学留学、神戸大学経営学部を卒業後、新卒で伊藤忠商事株式会社に入社。会計・税務を専門にトレード・投資案件のプロジェクトに従事。2018年7月に同社を退職後、Youseful株式会社を創業。27,000人以上が登録する日本最大のExcel専門チャンネル「おさとエクセル」を運営すると共に、2週間の短期集中Excelトレーニングプログラム「ExcelPro」を開発・運営する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ 700 2016/2013/2010/2007対応 できる逆引きシリー...

できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ 700 2016/2013/2010/2007対応 できる逆引きシリーズ
(著)国本 温子, 緑川 吉行, できるシリーズ編集部
発売日 2016/06/17
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
売り上げナンバー1のVBA書籍にExcel 2016に対応した新刊が登場! 本書は実務で⽋かせない基本的な処理から、外部アプリケーション連携などの応⽤まで、仕事に使えるExcel VBAの「勝ちワザ」を逆引き形式で掲載。仕事で使う上で「知りたいこと」「やりたいこと」がすぐに⾒つけられます。実例に沿った練習⽤ファイルをダウンロードして、実際に操作しながらVBAのポイントや応⽤ワザを確認できるので、Excel VBAに不慣れな初⼼者の⽅から上級者の⽅まで、幅広く活⽤できる1冊です! Excel 2016/2013/2010/2007の4バージョンに対応。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 
Excel/VBAの参考書詳細は以下を参照ください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました