【2021年最新】Go言語本「人気ランキングと新書一覧」

Go言語(Golang)は、処理性能の高さや習得の容易さなどから、昨今サービス開発への採用が急増している今人気のプログラミング言語

Webバックエンド開発に携わるのであれば、今最も習得しておくべき言語と言って間違いないでしょう。

そんな今注目のプログラミング言語Go(Golang)の参考書を、新書・人気ランキングとともに紹介していきます。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

Go言語の参考書「人気ランキング 10冊」

Go言語の今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
スターティングGo言語
発売日 2016/05/11
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+33pt)
Kindle   2,950円 (+30pt)
(4.2)
総評価数 29件
2
改訂2版 みんなのGo言語
発売日 2019/08/01
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+24pt)
Kindle   2,278円 (+40pt)
(4.1)
総評価数 10件
3
Goプログラミング実践入門 標準ライブラリでゼロからWebアプリを作る (impress top gear)...
発売日 2017/03/17
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(4.4)
総評価数 21件
4
改訂2版 基礎からわかる Go言語
発売日 2017/02/16
通常    3,682円
単行本   3,682円
Kindle   2,178円 (+22pt)
(4.1)
総評価数 8件
5
Go言語でつくるインタプリタ
発売日 2018/06/16
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
(4.5)
総評価数 6件
6
Go言語入門
発売日 2016/06/17
通常    3,410円
単行本   1,846円
Kindle   3,410円 (+34pt)
(3.5)
総評価数 3件
7
Go言語による並行処理
発売日 2018/10/26
通常    3,080円
単行本   3,080円 (+31pt)
(5)
総評価数 4件
8
入門Goプログラミング
発売日 2019/05/13
通常    3,080円
単行本   3,080円 (+31pt)
Kindle   2,926円 (+133pt)
(3.2)
総評価数 12件
9
みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]
発売日 2016/09/09
通常    2,178円
単行本   67円
Kindle   2,178円 (+22pt)
(4.2)
総評価数 13件
10
プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)
発売日 2016/06/20
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
(3.6)
総評価数 13件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Go言語の本 人気の参考書 5冊

以下が今人気(売れ筋)のGo言語関連の本の5冊の詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
スターティングGo言語
発売日 2016/05/11
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+33pt)
Kindle   2,950円 (+30pt)
(4.2)
総評価数 29件
2
改訂2版 みんなのGo言語
発売日 2019/08/01
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+24pt)
Kindle   2,278円 (+40pt)
(4.1)
総評価数 10件
3
Goプログラミング実践入門 標準ライブラリでゼロからWebアプリを作る (impress top gear)...
発売日 2017/03/17
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(4.4)
総評価数 21件
4
改訂2版 基礎からわかる Go言語
発売日 2017/02/16
通常    3,682円
単行本   3,682円
Kindle   2,178円 (+22pt)
(4.1)
総評価数 8件
5
Go言語でつくるインタプリタ
発売日 2018/06/16
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
(4.5)
総評価数 6件

 

「スターティングGo言語」

Go 1.6に対応!構文や動作を「なぜ・どうして」から解説。読みやすさ、理解の深さを追求したGo入門書!

本書は、Goプログラミングをこれから始める方のための学習書です。Go言語の基本的な構文から、特徴的な機能、開発ツールや使用頻度の高いパッケージの使い方まで、実際にプログラムを書いてみたい方に必要な知識を解説しています。

Go言語の最新バージョン1.6に対応。データ型からチャネルとゴルーチンなどの特徴的な機能、各種パッケージまで、コード例をふんだんに使って「なぜそうなるのか」から説明していますので、C/C++、Java、C#、PythonやPHP、Rubyなど何かしらのプログラミング言語を学んだ方であれば「なるほど、なるほど」と腹落ちしながら読み進められます。

使用頻度の高いパッケージの使い方は集中的に解説するほか、巻末には標準ライブラリのパッケージカタログ付き。座右において便利に使える一冊です。

■Go言語とは
Go言語(Golangとも呼ばれます)は、2009年に米Googleが公開したプログラミング言語です。構文は簡潔で可読性が高く、コンパイル言語ゆえの安全性とインタプリタ言語のような開発の軽快さを両立し、マルチコアや並行処理などに対応していることから、次世代のソフトウェア開発を支えるプログラミング言語の1つと期待されています。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
c/c++, php, javascriptを経験しています。
cと使い心地が似ていると聞いたのでGo言語を知ってみたくて本書を購入しました。

どのような思想の言語でどのような文法・機能を持っているのかが必要十分に解説されていたので、読んでいて非常にわかりやすかったです。
他の言語と比較して記述されている箇所もあるので、その点もわかりやすかったポイントになります。

Go言語を初めてのプログラミング言語に選ぶ方が読むとまた違った印象になるかもしれませんが、巷によくある入門書よりは難解かなぁという印象です。。。
ふたつ目以降の言語を覚えようと思って読む方に対しては、いきなり本家の プログラミング言語Go を読む前に本書を先に読み、概要を押さえておくことをお勧めします。概要を知っておくことできっと理解が捗ると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
言語仕様を把握するためにとても良い本でした。Go初心者の方が最初に読むのに最適だと思います。
私はもともとRubyしか触ったことがなく、型やポインタ等は知ってはいましたがプロダクション環境で使ったことはないというレベルでした。私はTour of Go→Effective Go→みんなのGoと読み進めたのですが、個人的にはGo初心者の方であれば、Tour of Go→この本→Effective Go→みんなのGoという読み方が良いような気がしました。
内容は非常に丁寧でわかりやすく、読むのにあまり時間もかかりません。ややお値段はしますが、ググりながら仕様に惑わされるくらいなら購入しておいて損はないと思います。仕様の背景や考え方についてもかなりやさしく説明されていますので、エンジニア歴が浅い人でも十分理解できます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
スターティングGo言語
発売日 2016/05/11
通常 3,278円
現在 2,950円
328円(10%)OFF!!

  

「改訂2版 みんなのGo言語」

改訂2版 みんなのGo言語
(著)松木 雅幸, mattn, 藤原 俊一郎, 中島 大一
発売日 2019/08/01
(4.1)

(概要)

2016年に刊行し好評いただいた「みんなのGo言語」の改訂版です。全章を最新の内容にアップデートし、「第7章 データベースの扱い方」を新規で書き下ろします。ますます注目の集まるGoを現場で使うためのノウハウが1冊に凝縮されています!


(こんな方におすすめ)

・Go言語を使ってみたい方

・Go言語に携わることなった方


(目次)

第1章Goによるチーム開発のはじめ方とコードを書く上での心得(松木雅幸)

  • 1.1 開発環境の構築

  • 1.2 エディタと開発環境

  • 1.3 Goをはじめる

  • 1.4 Goらしいコードを書く

  • 第2章マルチプラットフォームで動作する社内ツールのつくり方(mattn)

  • 2.1 Goで社内ツールをつくる理由

  • 2.2 守るべき暗黙のルール

  • 2.3 TUIもWindowsで動かしたい

  • 2.4 OS固有の処理への対応

  • 2.5 がんばるよりもまわりのツールに頼る

  • 2.6 シングルバイナリにこだわる

  • 2.7 Windowsアプリケーションの作成

  • 2.8 設定ファイルの取り扱い

  • 2.9 社内ツールのその先に

  • 第3章実用的なアプリケーションを作るために(藤原俊一郎)

  • 3.1 はじめに

  • 3.2 バージョン管理

  • 3.3 効率的なI/O処理

  • 3.4 乱数を扱う

  • 3.5 人間が扱いやすい形式の数値

  • 3.6 Goから外部コマンドを実行する

  • 3.7 タイムアウトする

  • 3.8 シグナルを扱う

  • 3.9 goroutineの停止

  • 第4章コマンドラインツールを作る(中島大一/上田拓也)

  • 4.1 なぜGoでCLIツールを書くのか?

  • 4.2 デザイン

  • 4.3 flagパッケージ

  • 4.4 サブコマンドを持ったCLIツール

  • 4.5 使いやすく,メンテナンスしやすいツール

  • 第5章The Dark Arts Of Reflection(牧 大輔)

  • 5.1 動的な型の判別

  • 5.2 reflect パッケージ

  • 5.3 reflect の利用例

  • 5.4 reflect のパフォーマンスとまとめ

  • 第6章Goのテストに関するツールセット(鈴木健太)

  • 6.1 Goにおけるテストのあり方

  • 6.2 testingパッケージ入門

  • 6.3 ベンチマーク入門

  • 6.4 テストの実践的なテクニック

  • 第7章データベースの扱い方(mattn)

  • 7.1 Goにおけるデータベースの取り扱い

  • 7.2 database/sqlを使ってデータベースに接続する

  • 7.3 Exec命令の実行

  • 7.4 Query命令の実行

  • 7.5 Goにおけるデータベースの型

  • 7.6 ORMを使ったデータベースの扱い方

  • 7.7 RESTサーバを作る

  • ↓全て表示↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    Users Voice
    入門書を終え、Go言語を実際どう使おうと考えたときに役立つ本だと思います。複数の方が各々専門のパートを説明しており、実践的かつ分かり易いです。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    歴戦のGoエンジニアがおそらく長い年月をかけて会得したGoの知見が詰まっている本です。
    ある程度Goに慣れてきた人に読むのをお勧めしたいです。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    改訂2版 みんなのGo言語
    発売日 2019/08/01
    通常 2,398円
    現在 2,278円
    120円(5%)OFF!!

      

    「Goプログラミング実践入門 標準ライブラリでゼロからWebアプリを作る (impress top gear)」

    Goプログラマーの実践力を上げる! Go言語はシンプルで直接的です。net/http、html/templateなど標準ライブラリが提供され、Webアプリの開発に最適となっています。本書では、Go言語と標準ライブラリによるWebアプリの開発手法を解説。HTTPの仕組みから始め、リクエストやレスポンスのコーディング、テンプレート/DBの活用、テスト/デプロイへと進みます。Go言語の拡張性/モジュール性/保守性/実行効率を発揮させるべく、本書により開発の実践力を培ってください。――※本書は『Go Web Programming』の翻訳書です。※Go言語に関する基本的な知識を前提としています。※サンプルコードは訳者のサポートページ(marlin-arms.com/support/goweb)からダウンロードできます。

    ↓全て表示↑少なく表示
     
    Users Voice
    現状、Go言語の書籍の中では一番実践的かつ分かり易く解説されています。 フレームワークに頼らず、Webの仕組みを理解するのにも役立つはずです。 ただし、実案件で一般公開するWEBサービスを実装するには、何らかのフレームワークがないと厳しいと思います。 本書ではあえてフレームワークを使わずWebの仕組みの基本から丁寧に説明し、Go言語周辺技術の解説を分かり易くしています。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    文字数も多すぎず少なすぎず、GoでWebアプリ(サーバー)を作るのに必要なことが大体網羅されているかと思います。おかげさまで、1週間程度でMVCモデルの自作FWの基盤が完成しました。
    ただ、この書籍ではGo言語の構文などの説明はほとんどないのでGo言語自体の勉強は他の書籍などで勉強する必要があります(参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
      

    「改訂2版 基礎からわかる Go言語」

    大変ご好評いただきました前書を、最新のGo 1.4のバージョンに対応して改訂しました。
    前書と同様に、Googleが開発したプログラミング言語「Go」の基礎から応用までをわかりやすく解説した1冊です。
    Linux、Mac OS X、Windowsの各環境に対応しています。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ↓全て表示↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    Users Voice
    Go言語を使って初めてアプリを作ろうと思った時に購入したのだが、これ1冊で全ての記述方法を使いこなすことができた。Go言語は、標準のライブラリがとても強力であり、それらの使い方もよく記述されている。なので、「こういう処理をしたい!」と思った時にも参考になった。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    20年ぶりにコンパイル言語を使う必要が出てきたので、Go言語を勉強することを決意。
    昔、C言語で開発していた頃を懐かしく思い出しながら、読み進めることができた。
    HTTP通信やWebサーバーの作り方が(簡単ではあるが)説明されているのも良い。

    ゴルーチンのチャネルは理解するのに時間を要した。
    また、インターフェースについては、その仕組みの説明はあるものの、どうしてそれを使うのか・・・という目的・利便性についての説明が不足していると感じた。
    最終章の「逆引きサンプル」は、説明を端折っているところがあるので、別途調べる必要あり。

    プログラミングの初心者がこの本に手を出しても、理解するのはおそらく無理です。
    ちょっとツッコミを入れましたが、私はこの本でGo言語の基礎を理解できたと思います。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    改訂2版 基礎からわかる Go言語
    発売日 2017/02/16
    通常 3,682円
    現在 2,178円
    1,504円(41%)OFF!!

      

    「Go言語でつくるインタプリタ」

    本書は、Go言語でプログラミング言語のインタプリタを作りながら、プログラミング言語とそのインタプリタについて学ぶ書籍です。
    順を追ってコードを示し、C言語風の構文を持つ言語「Monkeyプログラミング言語」のインタプリタを組み立てていきます。字句解析器、構文解析器、評価器を作りながら、ソースコードをトークン列に、トークン列を抽象構文木に変換し、その抽象構文木を評価し実行する方法を学びます。さらに、インタプリタに新しいデータ型を導入し、組み込み関数を追加して、言語を拡張していきます。付録では構文マクロシステムについても扱います。
    本書では、Go言語標準のツールキット以外のサードパーティライブラリやフレームワークは使用せず、0行のコードからはじめて、完動するインタプリタができあがるところまでを体験します。その過程を通じて、プログラミング言語とそのインタプリタの仕組みを実践的に学ぶことができます。

    ↓全て表示↑少なく表示
     
    Users Voice
    インタプリタの中で何が起こっているのか知る事ができる本です。

    本にある通り写経するとMonkey言語という下記のような言語が実際に動きました。

    let map = fn(arr, f) {
    let iter = fn(arr, accumulated) {
    if (len(arr) == 0) {
    accumulated
    } else {
    iter(rest(arr), push(accumulated, f(first(arr))));
    }
    };
    iter(arr, []);
    };

    翻訳もよく非常に丁寧な説明なのと、テスト駆動でインクリメンタルに実装されていくので、ほぼつまずく事なく完走できました。
    ただ他の方のレビューにある通り2章は内容が少し難しいのと、なぜか一部説明が雑なページがあるのでここは無理に理解しようとせずに読み進めてしまえばあとは苦労なく完読できると思います。

    私の場合は完成まで大体1日30〜1時間くらいで1ヵ月位かかりましたが(添付画像はgithubのコミットログです)、勢いよくやればもっと少ない時間で終われると思います。

    この本は「Writing An Interpreter In Go」という本の翻訳版で、すでに同じ作者の「Writing A Compiler In Go」という本が出版されているようです。こちらの日本語翻訳版も出版されることを期待しています。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    2章までは自分が何やってるかあんまりわからないかも。
    あくまで文の解析までなので。
    ただ、3章からはアウトプットがわかっているのでこう書いてくんだろうなと
    本の指針やコード内容が一致してきてさらにおもしろくなっていく

    要所要所でエンカレッジしてくれるのがよい、モチベーションにつながる

    3章-評価のReturnのとこはよく考えて追うと素晴らしいロジックだなと感動した
    木構造ってこんなうまく扱えるんだなぁ

    一旦、インタプリタを実装してその後に機能を追加するので
    今までやってきたことの復習が本を読み進めていればできる。
    それが4章からで、評価の部分をやっているとその前の構文解析どうやってたっけなというのが
    もう一度作っているインタプリタに解釈できるものを増やすことでおさらいが可能

    自分ですべて写経して進めたが、詰まるところもなかった。
    これは本書がテスト駆動で開発を進めているからだろう。
    テストでエラーが出ても、本書が間違っていることはないだろうと自分のコードに集中することができた (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    Go言語でつくるインタプリタ
    発売日 2018/06/16
    通常 3,740円
    現在 3,740円

      

     

       

    Go言語の本 最新・高評価のおすすめ本

    以下が最新(2019年以降発売本)で高評価の、最新おすすめのGo言語関連の本詳細です。

    (2021/04/23 更新)
    Rank製品評価
    1
    改訂2版 みんなのGo言語
    発売日 2019/08/01
    通常    2,398円
    単行本   2,398円 (+24pt)
    Kindle   2,278円 (+40pt)
    (4.1)
    総評価数 10件
    2
    入門Goプログラミング
    発売日 2019/05/13
    通常    3,080円
    単行本   3,080円 (+31pt)
    Kindle   2,926円 (+133pt)
    (3.2)
    総評価数 12件

     

    「改訂2版 みんなのGo言語」

    改訂2版 みんなのGo言語
    (著)松木 雅幸, mattn, 藤原 俊一郎, 中島 大一
    発売日 2019/08/01
    (4.1)

    (概要)

    2016年に刊行し好評いただいた「みんなのGo言語」の改訂版です。全章を最新の内容にアップデートし、「第7章 データベースの扱い方」を新規で書き下ろします。ますます注目の集まるGoを現場で使うためのノウハウが1冊に凝縮されています!


    (こんな方におすすめ)

    ・Go言語を使ってみたい方

    ・Go言語に携わることなった方


    (目次)

    第1章Goによるチーム開発のはじめ方とコードを書く上での心得(松木雅幸)

  • 1.1 開発環境の構築

  • 1.2 エディタと開発環境

  • 1.3 Goをはじめる

  • 1.4 Goらしいコードを書く

  • 第2章マルチプラットフォームで動作する社内ツールのつくり方(mattn)

  • 2.1 Goで社内ツールをつくる理由

  • 2.2 守るべき暗黙のルール

  • 2.3 TUIもWindowsで動かしたい

  • 2.4 OS固有の処理への対応

  • 2.5 がんばるよりもまわりのツールに頼る

  • 2.6 シングルバイナリにこだわる

  • 2.7 Windowsアプリケーションの作成

  • 2.8 設定ファイルの取り扱い

  • 2.9 社内ツールのその先に

  • 第3章実用的なアプリケーションを作るために(藤原俊一郎)

  • 3.1 はじめに

  • 3.2 バージョン管理

  • 3.3 効率的なI/O処理

  • 3.4 乱数を扱う

  • 3.5 人間が扱いやすい形式の数値

  • 3.6 Goから外部コマンドを実行する

  • 3.7 タイムアウトする

  • 3.8 シグナルを扱う

  • 3.9 goroutineの停止

  • 第4章コマンドラインツールを作る(中島大一/上田拓也)

  • 4.1 なぜGoでCLIツールを書くのか?

  • 4.2 デザイン

  • 4.3 flagパッケージ

  • 4.4 サブコマンドを持ったCLIツール

  • 4.5 使いやすく,メンテナンスしやすいツール

  • 第5章The Dark Arts Of Reflection(牧 大輔)

  • 5.1 動的な型の判別

  • 5.2 reflect パッケージ

  • 5.3 reflect の利用例

  • 5.4 reflect のパフォーマンスとまとめ

  • 第6章Goのテストに関するツールセット(鈴木健太)

  • 6.1 Goにおけるテストのあり方

  • 6.2 testingパッケージ入門

  • 6.3 ベンチマーク入門

  • 6.4 テストの実践的なテクニック

  • 第7章データベースの扱い方(mattn)

  • 7.1 Goにおけるデータベースの取り扱い

  • 7.2 database/sqlを使ってデータベースに接続する

  • 7.3 Exec命令の実行

  • 7.4 Query命令の実行

  • 7.5 Goにおけるデータベースの型

  • 7.6 ORMを使ったデータベースの扱い方

  • 7.7 RESTサーバを作る

  • ↓全て表示↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    Users Voice
    入門書を終え、Go言語を実際どう使おうと考えたときに役立つ本だと思います。複数の方が各々専門のパートを説明しており、実践的かつ分かり易いです。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    歴戦のGoエンジニアがおそらく長い年月をかけて会得したGoの知見が詰まっている本です。
    ある程度Goに慣れてきた人に読むのをお勧めしたいです。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    改訂2版 みんなのGo言語
    発売日 2019/08/01
    通常 2,398円
    現在 2,278円
    120円(5%)OFF!!

      

    「入門Goプログラミング」

    入門Goプログラミング
    (著)Nathan Youngman, Roger Peppé
    発売日 2019/05/13
    (3.2)

    【本書の内容】
    比較的小さいけれど、どのようなスキルのプログラマ(含む予備軍)にとっても有用で有益なプログラミング言語がGoです。
    本書は2009年に発表され、以来、コンパクトさとシンプルさを残したまま、さまざまなスキルをもったプログラマに愛される言語として成長してきたGo言語を意のままに操れるレベルを目指せる学習書です。
    ビギナーにとっても、Webにある実行環境を使用することで掲載されたサンプルプログラムや、練習問題を実行できるよう配慮されていますし、スクリプト言語を使った経験があれば、ウォーミングアップは終わっています。スクラッチやエクセルのフォーミュラを使ったことがあったりHTMLを書いた経験があれば、本格的なプログラミング言語の第一歩を踏み出す格好のきっかけになるはずです。
    もちろん、それなりの忍耐とか努力は必要ですが、火星探査機を構築しながら(!?)Go言語を完全習得できる、最初の1冊となるでしょう。

    【本書のポイント】
    ・特定のテーマごとに学習単元をユニット化
    ・ユニットはさらに特定のトピックを扱うレッスンに分割
    ・レッスン後はクイックチェック
    ・さらに練習問題を配置して知識を根付かせ応用力を
    ・問題に対する模範解答も完備
    ・ローカルに開発環境を持っていなくても学習できる
    ・GitHub上にも最新の解答例を掲載

    【読者が得られること】
    ・Go言語の構文を理解できる
    ・Go言語を使ったプログラミング
    ・特色とメリットを活かした開発技法の習得

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

    (翔泳社)


    ↓全て表示↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    Users Voice
    新し目の Go の入門書を探していたところ原書の方が評判がよかったので買った。
    Kindle 版を買って Mac で読んでいるが、画面のサイズに合わせて表示してくれるのでとても見やすくて良い。
    ここまで Kindle 版に力を入れてくれたら Kindle 版を買っても良いと思った。
    内容的には初心者向けで入門書として優秀だと思いました。
    他言語経験者にはもう少し説明を省き詳細を詰め込んでくれるとありがたいところです。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    Goの入門書としては割と久しぶりの新刊ですが、これが一番読みやすかったです。
    かなり初歩的な所から順々に知識を積み上げて行くスタイルで、ページを行ったり来たりする読み方が不要なので、
    サンプルコードを順番に写経しているだけで、それなりに知識が定着します。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    入門Goプログラミング
    発売日 2019/05/13
    通常 3,080円
    現在 2,926円
    154円(5%)OFF!!

      

     

    Go言語本「Kindle Unlmited 読み放題本」

    「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

    実はそこにGo言語の本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

    Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

    • 雑誌がかなり充実
    • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
    • 最近は出版社単行本も対応増加

    個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

    また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

    以下がKindle Unlimited対応のGo言語の本(人気順)です。

    (2021/04/23 更新)
    Rank製品評価
    1
    (5)
    総評価数 1件
    2
    (4)
    総評価数 15件
    3
    (4.3)
    総評価数 3件
    4
    図鑑 データ構造 アルゴリズム Go
    発売日 2020/07/25
    通常    936円
    Kindle   936円 (+9pt)
    Kindle Unlimited(読み放題)
    (0)
    総評価数 0件
    5
    (0)
    総評価数 0件

     

       

    おまけ:本より高コスパ?「Udemy Go言語おすすめ講座」

    UdemyではGo言語を基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

    こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

    講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

    以下の表が、Go言語の学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

    Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

    人気
    Rank
    学習コース評価
    1
    (4.3)
    総評価数 95件
    2
    【5日でマスター】超速で学ぶ Go言語 入門
    発売日 2017/12/12
    受講者 301人
    通常 6,000円
    現在 1,840円
    (3.1)
    総評価数 49件
    3
    【Go言語】基礎文法からweb開発まで攻略コース
    発売日 2018/03/09
    受講者 643人
    通常 18,000円
    現在 1,920円
    (3.7)
    総評価数 109件

     

    関連:PHP、Rubyの参考書

    Go言語(Golang)は、企業採用実績もどんどん増えており、今後ますます需要が高まること必至のプログラミング言語です。

    いまこそ学習をはじめるのに最適といえるホットな言語です。習得難易度も比較的容易なので、ぜひトライしてみてください。

    以下でPHP、Rubyなど、同じくWeb開発などの現場で人気のプログラミング言語の本も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

    関連:最新おすすめのKindle端末

    以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

    いじょうでっす。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました