【2022年】C#本 「人気ランキング30 / おすすめ参考書7選」

C#は、Windows系のアプリ開発から、Unityでのゲーム開発、Xamarinでのクロスプラットフォーム開発、Webサーバー実装と、かなり幅広い用途に用いられる言語

歴史も比較的新しく、開発元も世界最大手の1つMicrosoftとあって、言語の機能性が高く、進化も早い、かなり使いやすい言語ですね。

特にWindowsアプリなんかは、かなりサクッと実装可能。ちょっとしたGUIツールもちょいちょいっと作れちゃうのはかなりありがたい。

ということで、Windows系での開発支援や、スマホのアプリ・ゲーム開発に興味のある方は覚えておいて損のない言語

そんなC#の参考書を、人気ランキングとおすすめジャンルとともに紹介していきます。
 

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

C#の本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「C#の本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2022/11/29 12:01 更新)
Rank製品価格
1
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
2
1週間でC#の基礎が学べる本
発売日 2019/09/12
亀田 健司 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
2,750円
1,375円
2,750円
2,750円
3
Effective C# 6.0/7.0
発売日 2018/09/05
BillWagner (翔泳社)
総合評価
(4.3)
3,520円
(+106pt)
1,760円
3,520円
3,520円
4
独習C# 第5版
発売日 2022/07/21
山田 祥寛 (翔泳社)
総合評価
(4.3)
4,180円
(+205pt)
3,762円
4,180円
4,180円
5
実戦で役立つ C#プログラミングのイディオム/定石&パターン...
発売日 2017/02/18
出井 秀行 (技術評論社)
総合評価
(4.2)
3,278円
3,278円
3,278円
3,278円
6
新・標準プログラマーズライブラリ なるほどなっとく C#入門...
発売日 2019/03/16
出井 秀行 (技術評論社)
総合評価
(4.5)
3,168円
3,010円
3,168円
3,168円
7
現場ですぐに使える! Visual C# 2022逆引き大全 500の極意
発売日 2022/06/29
増田智明 (秀和システム)
総合評価
(3.6)
3,630円
(+109pt)
2,940円
3,267円
3,630円
8
作って覚えるVisual C# 2022 デスクトップアプリ超入門
発売日 2022/11/26
荻原裕之, 宮崎昭世 (秀和システム)
3,300円
2,970円
9
C#コードレシピ集
発売日 2021/08/11
出井 秀行 (技術評論社)
総合評価
(4.1)
3,608円
(+108pt)
3,428円
3,608円
3,608円
10
UnityではじめるC# 基礎編 改訂版
発売日 2020/12/01
リブロワークス (エムディエヌコーポレーション(MdN))
総合評価
(4.1)
2,860円
1,430円
2,860円
2,178円
11
C#で始めるOpenCV4プログラミング
発売日 2021/01/10
北山 洋幸 (カットシステム)
総合評価
(4.3)
3,300円
3,300円
3,300円
12
More Effective C# 6.0/7.0
発売日 2018/02/20
BillWagner (翔泳社)
総合評価
(4.4)
3,740円
(+170pt)
1,870円
3,740円
3,740円
13
独習C# 新版
発売日 2017/12/15
山田 祥寛 (翔泳社)
総合評価
(3.9)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
14
Visual C#2022パーフェクトマスター
発売日 2021/11/26
金城俊哉 (秀和システム)
総合評価
(3.8)
3,520円
(+106pt)
2,851円
3,168円
3,520円
15
やさしいC# 第3版 (「やさしい」シリーズ)
発売日 2019/09/21
高橋 麻奈 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.3)
2,838円
2,838円
2,838円
16
C# 画像処理・数値プログラミング プレミアムブックス版
発売日 2018/02/12
石立 喬 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.2)
3,520円
3,168円
3,520円
3,970円
17
UniRx/UniTask完全理解 より高度なUnity C#プログラミング
発売日 2020/11/16
打田 恭平 (ドワンゴ)
総合評価
(3.8)
4,400円
3,960円
4,400円
4,400円
18
C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法
発売日 2013/11/20
Sasha Goldshtein, Dima Zurbalev, Ido Flatow (翔泳社)
総合評価
(4.6)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
19
Adaptive Code ~ C#実践開発手法 第2版
発売日 2018/06/05
Gary McLean Hall (日経BP)
総合評価
(4.7)
5,500円
(+165pt)
4,950円
5,500円
5,500円
20
C#の絵本 第2版 C#が楽しくなる新しい9つの扉
発売日 2017/10/18
株式会社アンク (翔泳社)
総合評価
(4)
1,958円
979円
1,958円
1,958円
21
スラスラ読める Unity C#ふりがなプログラミング
発売日 2019/01/25
リブロワークス (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.6)
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
22
基礎からしっかり学ぶC#の教科書 第3版 C# 10対応
発売日 2022/03/03
WINGSプロジェクト 髙江 賢 (日経BP)
総合評価
(3.9)
3,190円
2,871円
3,190円
3,190円
23
実力養成C#ワークブック
発売日 2019/03/22
Vaskaran Sarcar (翔泳社)
総合評価
(3.5)
3,740円
(+411pt)
1,870円
3,740円
1,540円
24
UnityではじめるC# 基礎編
発売日 2016/10/25
大槻有一郎 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
総合評価
(4)
4,480円
2,420円
2,420円
1,665円
25
C#フレームワーク ASP.NET Core3入門
発売日 2020/03/18
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(2.8)
3,520円
2,851円
3,168円
3,520円
26
C#によるマルチコアのための非同期/並列処理プログラミング...
発売日 2013/07/20
山本 康彦 (技術評論社)
総合評価
(3.4)
3,058円
(+150pt)
3,058円
3,058円
27
確かな力が身につくC#「超」入門 第2版
発売日 2020/07/07
北村 愛実 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.2)
2,860円
2,717円
(+272pt)
2,860円
2,860円
28
C#のプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2022/11/18
五十嵐貴之, 五十嵐大貴 (秀和システム)
2,200円
1,980円
29
3,828円
(+170pt)
1,914円
3,828円
1,089円
30
UnityC#ゲームプログラミング入門 2020対応
発売日 2020/10/30
津耶乃, 掌田 (秀和システム)
総合評価
(3.4)
3,740円
3,029円
3,366円
3,740円
 

Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ

シンプルなゲームを作りながら、C#とUnityの概念や基本を理解できる!―Unityは、最も人気の高いゲームエンジンの1つで、開発環境も備えています。本書では、Unityのインストール方法などを示した後、シンプルな3Dゲームを構築しながら、プログラムの構成部品としてC#スクリプトを作成/活用する方法を解説します。前半は変数、メソッド、制御フローなどプログラミングの初級テーマを取り上げます。後半はカメラ制御、衝突、ライティングなどゲーム機構を説明し、さらにコレクションやジェネリックなどプログラミングの中級テーマもカバーします。本書では「実践」「クイズ」といったセクションも設けており、Unityゲーム開発におけるC#の基礎を把握するのに格好の一冊です。―◎制御フローやジェネリック/イベントなど様々なキーポイントをカバー。◎ゲーム機構やUIの実装、C#の中級トピックも把握できる―『Learning C# by Developing Games with Unity 2020, 5th Edition』を翻訳【本書は原著の第5版を翻訳】

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 開発環境を理解しよう
第2章 プログラミングの構成要素
第3章 変数と型とメソッドの世界
第4章 制御の流れとコレクション
第5章 クラスと構造体とOOP
第6章 Unityに挑む
第7章 動きとカメラ制御と衝突
第8章 ゲームのメカニズムを記述する
第9章 基本的なAIと敵の動き
第10章 再び、型とメソッドとクラスについて
第11章 スタックとキューとハッシュセット
第12章 ジェネリック、デリゲート、イベント、例外処理など
第13章 C#とUnityの旅はまだ続く

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000107142(学外からのアクセス方法:1.画面に表示される[学認アカウントをお持ちの方はこちら]をクリック→2.[所属機関の選択]で 神戸大学 を選んで、[選択]をクリック→3.情報基盤センターのID/PWでログイン) (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
フェローネ,ハリソン(Ferrone,Harrison)
フリーランスのソフトウェア開発者、インストラクター、テクニカルエディター。米国イリノイ州シカゴ生まれ。小さなスタートアップ企業やフォーチュン500企業で数年間をiOS開発者として過ごす。現在は、Microsoftで技術文書の作成、LinkedIn LearningやPluralsightで教育用コンテンツの作成、Ray WenderlichのWebサイトで技術編集を行っている。2013年からUnityを使ってゲームやアプリケーションを開発し、2016年からはさまざまな学習プロバイダー向けの教育コンテンツを作成している

吉川邦夫(ヨシカワクニオ)
1957年生まれ。ICU(国際基督教大学)卒。おもに制御系のプログラマとして、ソフトウェア開発に従事した後、翻訳家として独立。英文雑誌記事の和訳なども手掛ける。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

1週間でC#の基礎が学べる本

1週間でC#の基礎が学べる本
(著)亀田 健司
発売日 2019/09/12
総合評価
(4.2)
(2022/11/29 12:01時点)
プログラミング自体がはじめてのあなたが「C#」を始めるための第一歩。

C#でプログラミングを始めようと思って入門書を買って勉強してみたものの、なかなか理解できない・・・そんな方にオススメの1冊。
[文法のマスター]⇒[アルゴリズムとデータ構造の理解]⇒[実践練習]という単純明快な流れで解説しており、7日間で「C#でかんたんなプログラミングが書ける基礎力」が身に付けられます!

▼目次
1日目 はじめの一歩
2日目 変数と条件分岐
3日目 繰り返しと配列
4日目 オブジェクト指向①
5日目 オブジェクト指向②
6日目 コレクション・デリゲート・例外処理
7日目 実践練習

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1日目 はじめの一歩
2日目 変数と条件分岐
3日目 繰り返しと配列
4日目 オブジェクト指向1
5日目 オブジェクト指向2
6日目 コレクション・デリゲート・例外処理
7日目 実践練習
Users Voice
この度は、迅速丁寧な対応をありがとうございました。想定していた物が届き、とても気持ちの良いお取引ができました。またのご縁がありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
c#以前にプログラミング初心者の自分でもしっかり学べました。その日ごとにやる量が決まっていて尚且つ1週間という短期間のためゴールが明確でモチベーションを落とすことなく終えられました。
つまずくところはありましたが、レベルが3段階に分けられた例題があるので知識の確認もこの本だけである程度できます。
コンピュータの仕組みやアルゴリズムについても少しだけですが触れられているのでプログラミング学習の最初の1冊にはおすすめです。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
c#以前にプログラミング初心者の自分でもしっかり学べました。その日ごとにやる量が決まっていて尚且つ1週間という短期間のためゴールが明確でモチベーションを落とすことなく終えられました。
つまずくところはありましたが、レベルが3段階に分けられた例題があるので知識の確認もこの本だけである程度できます。
コンピュータの仕組みやアルゴリズムについても少しだけですが触れられているのでプログラミング学習の最初の1冊にはおすすめです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

Effective C# 6.0/7.0

Effective C# 6.0/7.0
(著)BillWagner
発売日 2018/09/05
総合評価
(4.3)
(2022/11/29 12:01時点)
ジェネリスクとLINQを中心に、
C#プログラムを高速で洗練されたものにする50の方法。


スコット・メイヤー監修によるEffectiveシリーズ待望のC#第3版。

C#を使った開発時に、躓きがちな問題点、
・高速化
・効率化
・可読性の向上
・メンテナンス性の向上
・最新機能を盛り込みつつ、後方互換も取らなければならない
・API設計指針
などの解決策を、豊富な実例とともに詳解しています。

単なるサンプルコードの提示だけに留まらず、
「どう違うのか」「なぜそうするのか」「これによって何が得られるのか」を実例による検証とともに解説しています。


[著者について]
Bill Wagnerは、もっとも重要なC#開発者の1人であり、ECMA C# Standards Committeeのメンバーである。
彼はHumanitarian ToolboxのPresidentであり、Microsoft Regional Directorの役職を持ち、
.NET MVPを11年受賞し、最近では.NET Foundation Advisory Councilに任命されている。
Billは新事業から大企業まで数多くの会社で働き、ソフトウェア開発のプロセスを改善し、
それらのソフトウェア開発チームを成長させてきた。現在はMicrosoftの.NETのCore contentチームに勤め、
C#言語と.NET Coreに関心のある開発者のために学習用のマテリアルを作っている。
Billはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でコンピュータサイエンスの学士号を授かっている。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 C#言語イディオム
  項目 1 ローカル変数の型をなるべく暗黙的に指定すること
  項目 2 constよりもreadonlyを使用すること
  項目 3 キャストにはisまたはasを使用すること
  項目 4 string.Format() を補間文字列に置き換える
  項目 5 カルチャー固有の文字列よりもFormattableStringを使用すること
  項目 6 文字列指定のAPIを使用しないこと
  項目 7 デリゲートを使用してコールバックを表現する
  項目 8 イベントの呼び出し時にnull条件演算子を使用すること
  項目 9 ボックス化およびボックス化解除を最小限に抑える
  項目10 親クラスの変更に応じる場合のみnew修飾子を使用すること
第2章 リソース管理
  項目11 .NETのリソース管理を理解する
  項目12 メンバには割り当て演算子よりもオブジェクト初期化子を使用すること
  項目13 staticメンバを適切に初期化すること
  項目14 初期化ロジックの重複を最小化する
  項目15 不必要なオブジェクトの生成を避けること
  項目16 コンストラクタ内では仮想メソッドを呼ばないこと
  項目17 標準的なDisposeパターンを実装する
第3章 ジェネリックによる処理
  項目18 最低限必須となる制約を常に定義すること
  項目19 実行時の型チェックを使用してジェネリックアルゴリズムを特化する
  項目20 IComparableとIComparerにより順序関係を実装する
  項目21 破棄可能な型引数をサポートするようにジェネリック型を作成すること
  項目22 ジェネリックの共変性と反変性をサポートする
  項目23 型パラメータにおけるメソッドの制約をデリゲートとして定義する
  項目24 親クラスやインターフェイス用に特化したジェネリックメソッドを作成しないこと
  項目25 型引数がインスタンスのフィールドではない場合にはジェネリックメソッドとして定義すること
  項目26 ジェネリックインターフェイスとともに古いインターフェイスを実装すること
  項目27 最小限に制限されたインターフェイスを拡張メソッドにより機能拡張する
  項目28 構築された型に対する拡張メソッドを検討すること
第4章 LINQを扱う処理
  項目29 コレクションを返すメソッドではなくイテレータを返すメソッドとすること
  項目30 ループよりもクエリ構文を使用すること
  項目31 シーケンス用の組み合わせ可能なAPIを作成する
  項目32 反復処理をAction, Predicate, Funcと分離する
  項目33 要求に応じてシーケンスの要素を生成する
  項目34 関数引数を使用して役割を分離する
  項目35 拡張メソッドをオーバーロードしないこと
  項目36 クエリ式とメソッド呼び出しの対応を把握する
  項目37 クエリを即時評価ではなく遅延評価すること
  項目38 メソッドよりもラムダ式を使用すること
  項目39 FuncやAction内では例外をスローしないこと
  項目40 即時実行と遅延実行を区別すること
  項目41 コストのかかるリソースを維持しつづけないこと
  項目42 IEnumerableとIQueryableを区別すること
  項目43 クエリに期待する意味をSingle()やFirst()を使用して表現すること
  項目44 束縛した変数を変更しないこと
第5章 例外処理
  項目45 契約違反を例外として報告すること
  項目46 usingおよびtry...finallyを使用してリソースの後処理を行う
  項目47 アプリケーション固有の例外クラスを作成する
  項目48 例外を強く保証すること
  項目49 catchからの再スローよりも例外フィルタを使用すること
  項目50 例外フィルタの副作用を活用する

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
内容は、C#で普通にアプリを作成するにはオーバースペック。
クラスライブラリを書く人向けの内容に感じた。

ただテクニックとして見れば面白い。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
ワグナー,ビル(Wagner,Bill)
世界的にも重要なC#開発者の1人で、ECMA C#標準委員会(ECMA C# Standards Committee)のメンバーである。Humanitarian Toolbox社の社長で、Microsoft Regional Directorならびに.NET MVPを11年間受賞しており、近年では.NET財団(.NET Foundation)の諮問委員も務めた。スタートアップ会社から大企業にいたるまで、ソフトウェア開発チームの開発プロセス改善に携わっていた。現在、.NET Core関連のチームメンバーとしてMicrosoft社に勤務している。また、C#言語や.NET Coreに興味を持つ人々向けに教育教材を作成している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
Effective C# 6.0/7.0
発売日 2018/09/05
(2022/11/29 12:01時点)

  

独習C# 第5版

独習C# 第5版
(著)山田 祥寛
発売日 2022/07/21
総合評価
(4.3)
(2022/11/29 12:01時点)
C# 10.0に対応して、
“標準教科書”が5年ぶりの改訂!
~C#プログラミングに必要な知識・概念・機能を
 体系的、かつ網羅的に習得できる!~

C#言語の独学に最適な教科書として、
長年にわたって読まれてきた『独習C#』。
プログラミング言語入門書の執筆で定評のある
山田祥寛氏の執筆による信頼感をそのままに、
最新バージョンのC# 10.0に対応しました!

本書では、C#でオブジェクト指向プログラミングを
行う際に必要となる基本的な知識・概念・機能、
C#の文法・プログラムの書き方を、さまざまな
サンプルプログラムを例示しながら詳細かつ丁寧に
解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、
解説→例題(サンプル)→理解度チェックという
3つのステップで、C#の文法を完全習得できます。

[ポイント]
●C#言語の独学に最適な教科書として好評の『独習C#』最新版。
初心者がC#言語を学ぶにふさわしい一冊

●C#でプログラミングを行う際に必要となる
基本的な知識・概念・機能、文法・書き方を、
網羅的かつ体系的に習得できる

C#言語の入門者、これからC#言語で開発を始めたい
初学者から、再入門者、学生・ホビープログラマまで、
「一からC#言語を学びたい」「C#プログラミングの基本を
しっかり身につけたい」という方におすすめの一冊です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次

第1章 イントロダクション
第2章 C#の基本
第3章 演算子
第4章 制御構文
第5章 標準ライブラリ
第6章 コレクション
第7章 オブジェクト指向構文(基本)
第8章 オブジェクト指向構文(カプセル化/継承/ポリモーフィズム)
第9章 オブジェクト指向構文(名前空間/例外処理/ジェネリックなど)
第10章 ラムダ式/LINQ
第11章 高度なプログラミング


↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
c#以前にプログラミング初心者の自分でもしっかり学べました。その日ごとにやる量が決まっていて尚且つ1週間という短期間のためゴールが明確でモチベーションを落とすことなく終えられました。
つまずくところはありましたが、レベルが3段階に分けられた例題があるので知識の確認もこの本だけである程度できます。
コンピュータの仕組みやアルゴリズムについても少しだけですが触れられているのでプログラミング学習の最初の1冊にはおすすめです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
重要な部分に対し少ない説明が目立ちます。
そのため、詳しい内容をネットで調べ直す必要があります。
誤植や不要な説明が少なからずあるので初学者だと間違って覚えたり混乱するかもしれません。
それでも自分が購入した参考書の中では、わかりやすい方だとは思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
山田祥寛(ヤマダヨシヒロ)
静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」の代表でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
独習C# 第5版
発売日 2022/07/21
(2022/11/29 12:01時点)

  

実戦で役立つ C#プログラミングのイディオム/定石&パターン

C#のプログラムを作成するには、解こうとする問題の手順と利用するデータ構造を考え、それをC#のコードとして記述するスキルが必要になってきますが、そういったスキルは、現場で利用されているイディオムや定石といったパターンを学習することで得られます。「パターン」を自分の中に叩き込むことが上達の早道なのです。また、さらには、実際に自分でプログラムを書いてみることも必要。本書には章ごとに練習問題も用意されていますので、実地に自分で書くことにより、確固としたプログラミングの力を身につけてください。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1 C#プログラミングのイディオム
定石&パターン 準備編(オブジェクト指向プログラミングの基礎
C#でプログラムを書いてみよう ほか)
2 C#プログラミングのイディオム
定石&パターン 基礎編(基本イディオム
文字列の操作 ほか)
3 C#プログラミングのイディオム
定石&パターン 実践編(ファイルの操作
正規表現を使った高度な文字列処理 ほか)
4 C#プログラミングのイディオム
定石&パターン ステップアップ編(LINQを使いこなす
非同期
並列プログラミング ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
分岐処理、ループ処理、クラスやインスタンスなど一通り基本を抑えた方向けの本です。c#をさらに深く学びたいと思った方ならとても役に立つ本だと思います。私としてはまさに求めてた内容だったので、星5とします。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
vs2005当たりから浦島太郎状態であった自分には、最近の書き方がよく分かり、重宝しています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
すごく理解しやすい本です。気に入りました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
出井秀行(イデイヒデユキ)
栃木県出身、東京理科大学理工学部情報科学科卒。2004年からはgushwellというハンドル名でオンライン活動を開始。メールマガジンやブログなどでC#の技術情報発信に努める。2005年から12年連続でMicrosoft MVPアワードを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

新・標準プログラマーズライブラリ なるほどなっとく C#入門

プログラミングの知識・経験がなくてもC#の基本文法を身につけることができる

本書は、プログラミングの知識・経験がなくてもC#の基本文法を身につけることができる入門書です。
そのために、「初心者に理解して身につけてほしい機能を厳選し、ポイントを絞る」
「C#になぜその機能があるのか、どんな場面で使うのかという点も納得できる」という方針で解説しています。
C#の文法は膨大ですが、これから学ぼうとする方は、すべてを覚える必要はありません。
本書を通して、「なぜ」という疑問をひとつひとつ解消しながら、
利用頻度の高い文法をしっかりと自分のものにすることができます。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
C#プログラミングを始める前に
初めてのC#プログラミング
変数と変数の型
演算と演算子
条件に応じた処理
繰り返し処理
配列
クラス
オブジェクト指向プログラミングの基礎
静的メソッド
静的プロパティ
静的クラス
クラスを使いこなそう
クラスについて掘り下げる
値型と参照型
リストクラスとLINQ
継承
ポリモーフィズム
エラーへの対応

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
C#の入門書として購入しました。サンプルや問題が充実しているため、これ1冊で基礎的なことは習得できたかなと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
c#を初めて学ぶにあたってピッタリな本だと思います。 内容も簡潔でかつ、詳しく書かれていると感じました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
迅速な対応をして頂きとても便利に使わさせて頂いています。ありがとうございます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
出井秀行(イデイヒデユキ)
栃木県出身、東京理科大学理工学部情報科学科卒業。2004年からgushwellというハンドル名でオンライン活動を開始。メールマガジンやブログなどでC#の技術情報発信に努める。2005年から14年連続でMicrosoft MVPアワードを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

現場ですぐに使える! Visual C# 2022逆引き大全 500の極意

開発で使用する基本的なプログラミングテクニックから、開発ですぐに役に立つ即効性・実用性の高いテクニックなど、500項目を解説したテクニック&サンプルコード集。
 
目次
第1部 スタンダード・プログラミングの極意(Visual C# 2022の基礎
プロジェクト作成の極意
ユーザーインターフェイスの極意
基本プログラミングの極意
文字列操作の極意 ほか)
第2部 アドバンスドプログラミングの極意(データベース操作の極意
ネットワークの極意
ASP.NETの極意
アプリケーション実行の極意
リフレクションの極意 ほか)

↓全て表示↑少なく表示
著者略歴

著:増田智明
増田智明(ますだ ともあき)

東京都板橋区在住。得意言語は、C++/C#/F#。電子工作はRaspberry Pi/Arduinoからスタートして、M5StackとBLEを並行してやりつつ、新人教育でVue.js+Laravelを使ったり。隔週でScratchを教えに行きながらも、ギターでバッハを練習中です。
主な著書に、『現場ですぐに使える! C/C++逆引き大全 560の極意』『現場ですぐに使える! Visual C# 2019逆引き大全 500の極意』『成功するチームの作り方 オーケストラに学ぶプロジェクトマネジメント』(以上、秀和システム)『.NET 6プログラミング入門』『プログラミング言語Rust入門』(以上、日経BP)など。


↓全て表示↑少なく表示

  

作って覚えるVisual C# 2022 デスクトップアプリ超入門

作って覚えるVisual C# 2022 デスクトップアプリ超入門
(著)荻原裕之, 宮崎昭世
発売日 2022/11/26
(2022/11/29 12:01時点)
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

C#コードレシピ集

C#コードレシピ集
(著)出井 秀行
発売日 2021/08/11
総合評価
(4.1)
(2022/11/29 12:01時点)
(概要)

C#を使いこなすための、究極のレシピ集。

基礎から高度な文法、開発現場で使えるテクニックまで余すところなく集めました。基本文法/数値演算/例外処理/LINQ/クラス/インターフェイス/リフレクション……参照しやすいようにわかりやすく整理。「どんなコードを書けば思い通りに動くんだろう?」がスグに解決。駆け出しエンジニアから開発者まで、C#を使うすべての方にお届けします。

C# 9.0、.NET 5.0対応。


(こんな方におすすめ)

・C#の初級者~中級者

・C#を使ってアプリケーションやゲームなどを開発する方


(目次)

Chapter 1 基本文法

Chapter 2 数値演算

Chapter 3 文字列処理

Chapter 4 日付時刻処理

Chapter 5 コレクション

Chapter 6 クラスと構造体の基礎

Chapter 7 列挙型

Chapter 8 nullを扱う

Chapter 9 LINQ

Chapter 10 例外処理と後処理

Chapter 11 より高度なクラスの定義

Chapter 12 ジェネリックとインターフェイス

Chapter 13 よりスマートにコードを書く

Chapter 14 並列処理と非同期処理

Chapter 15 リフレクション

Chapter 16 正規表現

Chapter 17 ファイルとディレクトリ

Chapter 18 Zipファイル

Chapter 19 ロギング

Chapter 20 Entity Framework Core

Chapter 21 ネットワーク

Chapter 22 暗号化

Chapter 23 ExcelとWord

Chapter 24 単体テスト

Chapter 25 落穂拾い

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
------------------------------------------------
Chapter 1 基本文法
------------------------------------------------
001 様々な型のローカル変数を宣言したい
002 constキーワードで定数を利用したい
003 文字列リテラルで改行コードやタブコードを記述したい
004 逐語的リテラル文字列を利用したい
005 文字列補間を使い文字列を整形したい
006 if文で条件分岐処理を書きたい
007 if文で多分岐処理を書きたい
008 switch文で多分岐処理を書きたい
009 AND ORなどの条件論理演算をしたい
010 条件に応じて値を変えたい(条件演算子?:)
011 ある値を他の型に型変換(キャスト)したい
012 for、while、do-while文で繰り返し処理を記述したい
013 foreachでコレクションの要素を順に処理したい
014 繰り返しの途中で処理をスキップし次の繰り返しに移りたい
015 繰り返し処理を中断したい
------------------------------------------------
Chapter 2 数値演算
------------------------------------------------
016 数値の加減乗除および剰余を求めたい
017 インクリメント演算子(++)、デクリメント演算子(--)を使いたい
018 intやdoubleの最小値、最大値を求めたい
019 絶対値を求めたい
020 べき乗を求めたい
021 切り捨て、切り上げをしたい
022 指定した位置で切り捨て、切り上げをしたい
023 四捨五入したい
024 数値演算時のオーバーフローを検知したい
025 ふたつの浮動小数点数が等しいか比較したい
026 ランダムな値を生成したい
027 ビット演算をしたい
028 Nビット目をOn/Offしたい
029 Nビット目の状態を調べたい
------------------------------------------------
Chapter 3 文字列処理
------------------------------------------------
030 文字列を数値に変換したい
031 数値を文字列に変換したい
032 書式を指定して整数を文字列に変換したい
033 数値を桁数を指定して文字列化したい
034 文字列がnullまたは空文字列であるか調べたい
035 文字列の中に指定した部分文字列があるか調べたい
036 文字列が指定した文字列で開始/終了しているかを調べたい
037 ふたつの文字列の先頭N文字が一致しているかを調べたい
038 大文字小文字を区別せずにふたつの文字列を比較したい
039 文字列の両端にある空白を取り除きたい
040 文字列の中で指定した部分文字列が最初に現れる位置を求めたい
041 文字列から部分文字列を取得したい
042 文字列から指定した範囲の文字を取り除きたい
043 文字列の一部を別の文字列に置き換えたい
044 指定した位置に文字列を挿入したい
045 文字列を大文字あるいは小文字に変換したい
046 文字列の中の各文字を1文字ずつ操作したい
047 指定した文字数になるまで文字列の先頭に空白を埋め込みたい
048 文字列を指定した区切り文字で分割したい
049 StringBuilderを使い複数の文字列を高速に連結したい
050 StringBuilderを使い文字列の置換処理をしたい
051 文字列補間内でエスケープ文字を無効にしたい
052 コレクションの要素を指定した区切り文字で連結したい
053 文字列と文字配列を相互変換したい
054 文字列とbyte配列を相互変換したい
055 サロゲートペア文字に対応した文字列処理を行いたい
056 カルチャに依存しない文字列比較を行いたい
------------------------------------------------
Chapter 4 日付時刻処理
------------------------------------------------
057 本日の日付や現在の時刻を取得したい
058 DateTimeオブジェクトから年月日時分秒ミリ秒を取り出したい
059 曜日を取得したい
060 N日後、N日前を求めたい
061 Nか月後、Nか月前を求めたい
062 ふたつの日時を比較したい
063 うるう年かどうか調べたい
064 1月1日からの年間積算日を求めたい
065 指定した月の月末日を求めたい
066 ふたつの日時の差を求めたい
067 日付文字列をDateTime型に変換したい
068 日付、時刻を様々な書式で文字列化したい
069 和暦の元号と年を求めたい
070 元号を表す序数から元号(文字列)を求めたい
071 日付を和暦表示したい
072 カルチャを指定して日時を文字列化したい
------------------------------------------------
Chapter 5 コレクション
------------------------------------------------
073 配列を利用したい
074 コレクションの要素を順に取り出したい
075 配列の要素を同じ値で埋めたい
076 配列の順序を逆順にしたい
077 配列の順序を昇順に並べ替えたい
078 Comparisonを使用して配列を並べ替えたい
079 2次元配列を使いたい
080 ジャグ配列を使いたい
081 Listを使いたい
082 Listを宣言と同時に初期化したい
083 Listに複数の要素を一度に追加したい
084 Listから条件に一致した要素を削除したい
085 Listの要素の順序を反転させたい
086 Listの要素を昇順に並べ替えたい
087 Comparisonを使用してListを並べ替えたい
088 List内を高速にサーチしたい
089 ForEachメソッドですべての要素を順に処理したい
090 Listを読み取り専用にしたい
091 Dictionaryを利用したい
092 Dictionary内のすべてのキーを参照したい
093 HashSetを利用したい
094 HashSetで集合演算を行いたい
095 Stackを利用したい
096 Queueを利用したい
------------------------------------------------
Chapter 6 クラスと構造体の基礎
------------------------------------------------
097 クラスを定義したい
098 プロパティを定義したい
099 読み取り専用プロパティを定義したい
100 プロパティに初期値を設定したい
101 バッキングフィールドを利用したプロパティを定義したい
102 メソッドを定義したい
103 同名のメソッドを複数定義(オーバーロード)したい
104 可変長引数を持つメソッドを定義したい
105 メソッドを式形式で簡潔に書きたい
106 コンストラクターを定義したい
107 複数のコンストラクターを定義したい
108 クラスを継承したい
109 静的クラスを定義したい
110 構造体を定義したい
111 匿名型を使いたい
112 オブジェクトを複製したい
------------------------------------------------
Chapter 7 列挙型
------------------------------------------------
113 列挙型を定義したい
114 列挙型に定義されている値をすべて列挙したい
115 列挙型と数値を相互に変換したい
116 列挙型と文字列を相互に変換したい
117 指定した値が列挙型で定義されているか判断したい
118 Flags属性で列挙型をビットフラグとして扱いたい
------------------------------------------------
Chapter 8 nullを扱う
------------------------------------------------
119 null許容値型を利用したい
120 null合体演算子でnullのときだけ別の値にしたい
121 null条件演算子でnullチェックを省略したい
122 null条件演算子とnull合体演算子を同時に使いたい
123 null合体割り当て演算子でnullのときに値を変更したい
124 null許容参照型を利用したい
------------------------------------------------
Chapter 9 LINQ
------------------------------------------------
125 条件に該当する要素だけ取得したい(Where)
126 クエリの結果を新しい型に変換したい(Select)
127 ある位置までの要素を取得したい(Take/TakeWhile)
128 ある位置まで要素をスキップしたい(Skip/SkipWhile)
129 最初の要素を取得したい(First/FirstOrDefault)
130 最後の要素を取得したい(Last/LastOrDefault)
131 指定した位置の要素を取得したい(ElementAt)
132 重複する値を取り除きたい(Distinct)
133 シーケンスの要素の順序を反転したい(Reverse)
134 データを並べ替えたい(OrderBy/OrderByDescending)
135 特定の型だけを取得したい(OfType)
136 シーケンスの先頭/末尾に要素を追加したい(Prepend/Append)
137 シーケンス内の要素数を求めたい(Count)
138 合計を求めたい(Sum)
139 最小値、最大値を求めたい(Min/Max)
140 平均値を求めたい(Average)
141 すべての要素が条件を満たしているかどうかを調べたい(All)
142 いずれかの要素が条件を満たしているかどうかを調べたい(Any)
143 指定した要素がシーケンスに含まれているか調べたい(Contains)
144 シーケンスを配列やListに変換したい(ToArray/ToList)
145 ディクショナリに変換したい(ToDictionary)
146 HashSetに変換したい(ToHashSet)
147 指定したキーでグルーピングしてILookupに変換したい
148 和集合を求めたい(Union)
149 積集合を求めたい(Intersect)
150 差集合を求めたい(Except)
151 指定したキーに基づいて結果をグループ化したい(GroupBy)
152 関連のあるふたつのシーケンスをひとつにまとめたい(Join)
153 ふたつのシーケンスの要素を関連付けその結果をグループ化したい(GroupJoin)
154 階層構造になったオブジェクトのシーケンスを平坦化したい(SelectMany)
155 ふたつのシーケンスを連結したい(Concat)
156 ふたつのシーケンスの対になる要素をタプルのシーケンスに変換したい(Zip)
157 ふたつのシーケンスが等しいかを調べたい(SequenceEqual)
158 指定した範囲の数値コレクションを生成したい(Range)
159 指定した値を繰り返すシーケンスを生成したい(Repeat)
160 特殊な集計処理を行いたい(Aggregate)
161 複数のLINQメソッドを連結させたい
162 LINQで外部結合を行いたい
------------------------------------------------
Chapter 10 例外処理と後処理
------------------------------------------------
163 例外処理を記述したい
164 複数の例外に対応したい
165 例外情報にアクセスしたい
166 例外を発生させたい
167 例外を再スローしたい
168 例外オブジェクトに独自のデータを追加したい
169 InnerExceptionプロパティを再帰的にたどりたい
170 独自例外を定義したい
171 例外処理で例外フィルターを使い対象例外を絞りたい
172 条件演算子やnull合体演算子とともに例外を発生させたい
173 try-finallyで確実に後処理をしたい
174 using文で確実にDisposeメソッドを呼び出したい
175 using宣言を使い、より簡単にusing文を書きたい
------------------------------------------------
Chapter 11 より高度なクラスの定義
------------------------------------------------
176 ラムダ式を受け取るメソッドを定義したい
177 インデクサを定義したい
178 イベントを定義し利用したい
179 拡張メソッドでクラスを拡張したい
180 LINQ to Objectsに対応した拡張メソッドを定義したい
181 演算子をオーバーロードしたい
182 独自の型でキャスト式を利用可能にしたい
183 動的にプロパティを追加できるdynamicクラスを作りたい
184 レコード型で安全性を高めたい
------------------------------------------------
Chapter 12 ジェネリックとインターフェイス
------------------------------------------------
185 ジェネリッククラスを定義したい
186 ジェネリックメソッドを定義したい
187 インターフェイスを定義したい
188 インターフェイスに既定の動作を定義したい
189 既定のインターフェイスメソッドを上書きしたい
190 yield構文を使いIEnumerableを返すメソッドを定義したい
191 IEquatableインターフェイスを持つクラスを定義したい
192 IEqualityComparerインターフェイスを実装したい
193 IComparableインターフェイスを実装し大小比較したい
194 IComparerインターフェイスを実装してソートしたい
195 IDisposableインターフェイスを実装したい
196 オブザーバーデザインパターンを実装したい
------------------------------------------------
Chapter 13 よりスマートにコードを書く
------------------------------------------------
197 最上位レベルステートメントを使いたい
198 クラス名を省略してメソッドを呼び出したい
199 nameof式でシンボルの名前の間違いをなくしたい
200 defaultキーワードでオブジェクトの既定値を指定したい
201 new式でインスタンス生成のコードを簡略化したい
202 out変数で引数宣言を簡略化したい
203 メソッド呼び出しで名前付き引数を使用したい
204 switch式を利用したい
205 switch文のcaseラベルに条件を付加したい
206 is演算子でパターンマッチングを使いたい
207 ローカル関数を定義したい
208 プロパティのgetアクセサー、setアクセサーを式形式で書きたい
209 init専用セッターでクラスの安全性を高めたい
210 メソッドでタプルを利用しふたつの値を返したい
211 配列でより高度なインデックス操作をしたい
212 dynamic型を使いたい
------------------------------------------------
Chapter 14 並列処理と非同期処理
------------------------------------------------
213 BackgroundWorkerクラスを利用してバックグラウンドで処理を動かしたい
214 awaitを使用して非同期メソッドを呼び出したい
215 同期メソッドを非同期メソッドに変更したい
216 Taskクラスで起動したタスクを最大N秒まで待ちたい
217 指定した時間だけ処理を待機させたい
218 Taskをキャンセルしたい
219 Parallelクラスを使用して並列処理をさせたい
220 PLINQで並列処理をしたい
221 PLINQで並列処理の結果の順序を制御したい
222 PLINQで並列処理の結果に対しても並列処理したい
223 PLINQで例外処理を記述したい
224 複数のTaskを並列で走らせたい
225 lock構文で安全に並列処理をしたい
226 フィールドをvolatile宣言して安全に並列処理をしたい
227 Interlockedクラスを使用して安全に並列処理をしたい
228 並列処理で安全にコレクションにアクセスしたい
229 Progressで進行状況を表示したい
------------------------------------------------
Chapter 15 リフレクション
------------------------------------------------
230 オブジェクトの型情報を取得したい
231 リフレクションを利用しプロパティの値を取得したい
232 リフレクションを利用しプロパティに値を設定したい
233 指定した型のプロパティの一覧を取得したい
234 リフレクションを利用しメソッドを呼び出したい
235 指定した型のメソッドの一覧を取得したい
236 コンストラクターを動的に呼び出したい
237 コンストラクターの一覧を得たい
238 現在のクラス名、メソッド名を取得したい
239 実行時にオブジェクトの型の種類を調べたい
240 プロパティに指定した属性が付加されているか調べたい
241 プロパティに付加された属性の値を取得したい
242 メソッドに付加された属性を取得したい
243 列挙型のフィールドに付加された属性を取得したい
244 クラスに付加された属性を取得したい
245 オブジェクトのプロパティ名と値をDictionaryに変換したい
246 文字列プロパティの値がnullならすべて空文字列にしたい
247 独自の属性を定義したい
------------------------------------------------
Chapter 16 正規表現
------------------------------------------------
248 文字列が指定したパターンと一致するか調べたい
249 文字列の中からパターンに一致する箇所をひとつ取り出したい
250 文字列の中からパターンに一致する箇所をすべて取り出したい
251 正規表現を使い高度な置換処理をしたい
252 文字列を指定したパターンで分割したい
253 大文字小文字を区別せずマッチさせたい
254 複数行モードで正規表現を使いたい
------------------------------------------------
Chapter 17 ファイルとディレクトリ
------------------------------------------------
255 ファイルパスを組み立てたい
256 パス名を構成要素に分割したい
257 相対ファイルパスを絶対パスに変換したい
258 ファイルを操作したい
259 ファイルの拡張子を変更したい
260 ファイルサイズを取得したい
261 ファイルの更新日時を取得/更新したい
262 ファイルの読み取り専用属性を取得または設定したい
263 ディレクトリを操作したい
264 指定したディレクトリにあるファイル一覧を得たい
265 指定したディレクトリにあるディレクトリ一覧を得たい
266 現在の作業ディレクトリを取得したい
267 一時的に利用するファイルを作成したい
268 特殊なフォルダ名を取得したい
269 テキストファイルを読み込みたい
270 テキストファイルを作成したい
271 テキストファイルに追記したい
272 Shift-JISのファイルを扱いたい
273 バイナリファイルを読み込みたい
274 byte配列のデータをファイルに出力したい
275 文字列をStreamとして扱いたい
------------------------------------------------
Chapter 18 Zipファイル
------------------------------------------------
276 ディレクトリからZipアーカイブを作成したい
277 Zipアーカイブに新しいファイルを追記したい
278 Zipアーカイブからファイルを削除したい
279 Zipアーカイブファイルに格納されているファイルの一覧を取得したい
280 Zipアーカイブ内のファイルをすべて抽出したい
281 Zipアーカイブから指定したファイルを抽出したい
------------------------------------------------
Chapter 19 ロギング
------------------------------------------------
282 ILoggerでログを出力したい
283 appsettings.jsonでログレベルを設定したい
284 コードでログレベルを設定したい
285 ログ出力でメッセージテンプレートを使用したい
286 NLogを使いたい
287 Log4Netを使いたい
288 ZLoggerを使いたい
------------------------------------------------
Chapter 20 Entity Framework Core
------------------------------------------------
289 Entity Framework Coreの利用を開始したい
290 Entity Framework Coreでモデルを定義したい
291 データベーステーブル間のリレーションを定義したい
292 属性を使いエンティティクラスのプロパティに制約を設定したい
293 エンティティクラスにデータベーステーブルにマッピングされないプロパティを定義したい
294 データベースのテーブル名、カラム名を明示的に指定したい
295 エンティティクラスのプロパティで主キーを明示したい
296 データベーステーブルのカラムにインデックスを作成したい
297 列挙型の値を文字列としてデータベースに格納したい
298 データベーステーブルに行を挿入したい
299 データベーステーブルから条件に合致した行を取得したい
300 データベースから関連するテーブルのデータを取得したい
301 データベーステーブルの行を更新したい
302 データベーステーブルから行を削除したい
303 データベースからデータを読み込まずに更新したい
304 EF Coreで生のSQLを発行したい
305 EF Coreでトランザクションを制御したい
306 EF Coreで更新されないシナリオでパフォーマンスを向上させたい
307 EF Coreでオプティミスティック同時実行制御を行いたい
308 EF Coreでコマンドタイムアウト値を設定したい
309 EF Coreが出力するSQLを確認したい
------------------------------------------------
Chapter 21 ネットワーク
------------------------------------------------
310 HTMLをエンコード・デコードしたい
311 URLをエンコード・デコードしたい
312 JSONシリアライズ、デシリアライズしたい
313 パラメーター付きクエリ文字列を組み立てたい
314 URLで指定したWebページ(HTML)を取得したい
315 Webサーバーからファイルをダウンロードしたい
316 指定したURLからJSONデータを取得したい
317 HttpClientでContent-typeを指定したい
318 HttpClientでリクエストヘッダーにUser-Agentを設定したい
319 HttpClientでHTTPステータスコードを確認したい
320 HTTPメソッドを指定してAPIを呼び出したい
321 HTTP POSTでフォームデータを送信したい
322 HTTP POSTでJSONデータを送信したい
323 HttpClientFactoryで生成したHttpClientを利用したい
324 Http通信のログを出力したい
325 メールを送信したい
326 添付ファイル付きメールを送信したい
------------------------------------------------
Chapter 22 暗号化
------------------------------------------------
327 共有キー暗号方式の暗号化と復号のためのキーを生成したい
328 共有キー暗号方式で文字列を暗号化したい
329 共有キー暗号方式で暗号化された文字列を復号したい
330 共有キー暗号方式でファイルを暗号化したい
331 共有キー暗号方式で暗号化されたファイルを復号したい
332 公開キー暗号方式で利用する公開キーと秘密キーを生成したい
333 公開キー暗号方式の秘密キーをキーコンテナに格納したい
334 公開キー暗号方式を使って暗号化したい
335 公開キー暗号方式を使って復号したい
336 RSA公開キーファイル(PKCS#1)を使って暗号化したい
337 RSA秘密キーファイル(PKCS#1)を使って復号したい
338 データのハッシュ値を求めたい
339 ハッシュ値を使いデータの検証を行いたい
340 デジタル署名をしたい
341 デジタル署名したデータを検証したい
------------------------------------------------
Chapter 23 ExcelとWord
------------------------------------------------
342 [Excel]NPOIを使ってExcelファイルを作成したい
343 [Excel]NPOIを使ってセルに値を設定したい
344 [Excel]NPOIを使って特定のセルの値を取得したい
345 [Excel]NPOIを使ってすべてのセルの値を取得したい
346 [Excel]NPOIを使ってセルの値を変更したい
347 [Excel]NPOIを使ってセルにスタイルを設定したい
348 [Word]OpenXMLでWord文書を新規作成したい
349 [Word]OpenXMLで段落の位置揃えをしたい
350 [Word]OpenXMLで既存文書に段落を挿入したい
351 [Word]OpenXMLで段落にスタイルを適用したい
------------------------------------------------
Chapter 24 単体テスト
------------------------------------------------
352 xUnit.netを使いたい
353 メソッドが期待した値を返してくるかテストしたい
354 指定した範囲に収まっているかテストしたい
355 指定した例外が発生するかテストしたい
356 テストの前処理を記述したい
357 InlineData属性でテストメソッドに渡すパラメーターの値を指定したい
358 Member属性でテストメソッドに渡すパラメーターの値を指定したい
359 単体テストでデバッグメッセージを出力したい
360 [Moq]Moqの利用を開始したい
361 [Moq]Mockオブジェクトにプロパティを定義したい
362 [Moq]Mockオブジェクトにメソッドを定義したい
363 [Moq]Mockオブジェクトに例外を発生させるメソッドを設定したい
364 [Moq]Mockオブジェクトでメソッドが呼び出された際の処理を記述したい
365 [xUnit][Moq]Mockを使って単体テストを行いたい
366 [xUnit][Moq]MockをDIして単体テストを行いたい
------------------------------------------------
Chapter 25 落穂拾い
------------------------------------------------
367 byte配列とBase64文字列を相互変換したい
368 文字列をBase64でエンコード・デコードしたい
369 byte配列を16進表記したい
370 どのメソッドから呼び出されたのか知りたい
371 OSの情報を取得したい
372 論理プロセッサの数を調べたい
373 環境変数を取得したい
374 現在のプロセス環境ブロックで環境変数をセットしたい
375 GUIDを生成したい
376 指定した間隔である処理を繰り返し動かしたい
377 ある時点からの経過時間を求めたい
378 プロセスを起動したい
379 起動したプロセスが終了するまで待ちたい
380 起動したプロセスの標準出力の内容を取得したい
381 標準エラー出力にメッセージを出力したい
382 VisualStudioのデバッグウィンドウにログを出力したい
383 コンソールアプリケーションで汎用ホストを利用したい
384 appsettings.jsonから構成データの値を取得したい
385 構成データを環境により切り替えたい
参考文献
Index

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:出井 秀行
東京理科大学理工学部情報科学科卒業。株式会社ジードに勤務。
2004年からgushwellというハンドルネームでオンライン活動を開始。主にC#に関する技術情報を発信。2005年から17年連続でMicrosoft MVPアワードを受賞。
著書『実戦で役立つ C#プログラミングのイディオム/定石&パターン』『新・標準プログラマーズライブラリ なるほどなっとくC#入門』など。

C#コードレシピ集
発売日 2021/08/11
(2022/11/29 12:01時点)

  

UnityではじめるC# 基礎編 改訂版

UnityではじめるC# 基礎編 改訂版
(著)リブロワークス
発売日 2020/12/01
総合評価
(4.1)
(2022/11/29 12:01時点)
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【プログラミング知識ゼロから楽しくゲーム開発をはじめよう! 待望の改訂版、登場】

人気のゲームエンジン「Unity」でゲーム開発をはじめたいプログラミング初心者に向け、プログラミング言語C#の基礎から丁寧に解説したプログラミング入門書、待望の改訂版です。「Unityで開発する準備をしよう」「C#の基本」「分岐とループ」「Unityを使ったプログラミング」「脱出ゲームをつくろう」「物理パズルをつくろう」「スマートフォンアプリの公開」の全7章。序盤4章まででC#の概念を習得し、5章でシンプルな脱出ゲーム、6章で物理演算を使ったゲームをつくり、7章でアプリ公開の方法を解説します。

〈本書のポイント〉
・C#の基本を習得しながらUnityでゲームを作成し、ストア公開まで行える!
・カジュアルゲームの制作方法がわかる!

〈こんな方にオススメ〉
・Unityでのゲーム開発に興味のあるプログラミング初心者
・C#がわからず挫折した経験者

〈目次〉
Chapter 1 Unityで開発する準備をしよう
Chapter 2 C#の基本中の基本を覚えよう
Chapter 3 条件分岐と繰り返しをマスターしよう
Chapter 4 Unityを使ったプログラミング
Chapter 5 脱出ゲームをつくろう
Chapter 6 物理パズルゲームをつくろう
Chapter 7 実機テストとアプリの公開

〈監修者プロフィール〉
いたのくまんぼう
大阪生まれ金沢育ち。高校生の時に初めてつくったゲームがコンテストで賞をもらったところからゲーム制作のおもしろさにとりつかれる。コンシューマーゲームプログラマーとして『不思議のダンジョン』やサウンドノベルなどのシリーズに関わる。独立後はスマホアプリが主戦場。代表作は『お水のパズル a[Q]ua アキュア』『想い出ガチャガチャ』『江頭ジャマだカメラ』『MagicReader』など。制作したアプリ(MagicReader)が国連から賞をいただき表彰式にアブダビへ招待される。アプリ界の相談役として、周りからは「和尚」の愛称で親しまれている。神奈川工科大学非常勤講師。
http://ninebonz.net/

〈著者プロフィール〉
リブロワークス(大槻有一郎)
株式会社リブロワークス取締役。山形生まれの千葉育ち。山形大学農学部中退後、とにかくパソコンを使う仕事を求めて、印刷所→パソコン書出版社に就職。その後フリーライターを経て編集プロダクションの起ち上げに参加。最近はライター経験を活かした編集業が中心だが、時々このペンネームやリブロワークス名義で執筆している。主な著書に『スラスラ読めるUnity C# ふりがなプログラミング』(リブロワークス名義、インプレス)などがある。
https://www.libroworks.co.jp/

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1部 スタンダード・プログラミングの極意(Visual C# 2022の基礎
プロジェクト作成の極意
ユーザーインターフェイスの極意
基本プログラミングの極意
文字列操作の極意 ほか)
第2部 アドバンスドプログラミングの極意(データベース操作の極意
ネットワークの極意
ASP.NETの極意
アプリケーション実行の極意
リフレクションの極意 ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Unityを中学生の息子がはじめるので購入しました。 おおむね本通りに進められますが、下記がマイナスに感じました。 -C#の用語など説明なく用語が出てくる -動きのあるサンプルにたどり着くまでに時間がかかるいきなり3Dにならないのは良いと思います(3Dのサンプルはなし)。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
子供に勧められて購入した 80近くになるが 昔習ったプログラミングの知識が役立った 一応2つのサンプルゲームを作成し 動作することを確認した 文字が小さかったり、文字表示が薄かったりしているのに苦労した 今は 見直して 整理しているところです わからないところを サポートしてくれる 体制があるとありがたいですね (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
増田智明(マスダトモアキ)
得意言語は、C++/C#/F#。電子工作はRaspberry Pi/Arduinoからスタートして、M5StackとBLEを並行してやりつつ、新人教育でVue.js+Laravelを使ったり。隔週でScratchを教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

   

これから始める!初心者・入門者向け書籍

主にプログラミングに不慣れな方、C#からプログラミングを始める方なら以下のあたりからとっついてみると良いでしょう。

1週間でC#の基礎が学べる本

1週間でC#の基礎が学べる本
(著)亀田 健司
発売日 2019/09/12
総合評価
(4.2)
(2022/11/29 12:01時点)
プログラミング自体がはじめてのあなたが「C#」を始めるための第一歩。

C#でプログラミングを始めようと思って入門書を買って勉強してみたものの、なかなか理解できない・・・そんな方にオススメの1冊。
[文法のマスター]⇒[アルゴリズムとデータ構造の理解]⇒[実践練習]という単純明快な流れで解説しており、7日間で「C#でかんたんなプログラミングが書ける基礎力」が身に付けられます!

▼目次
1日目 はじめの一歩
2日目 変数と条件分岐
3日目 繰り返しと配列
4日目 オブジェクト指向①
5日目 オブジェクト指向②
6日目 コレクション・デリゲート・例外処理
7日目 実践練習

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1日目 はじめの一歩
2日目 変数と条件分岐
3日目 繰り返しと配列
4日目 オブジェクト指向1
5日目 オブジェクト指向2
6日目 コレクション・デリゲート・例外処理
7日目 実践練習
Users Voice
この度は、迅速丁寧な対応をありがとうございました。想定していた物が届き、とても気持ちの良いお取引ができました。またのご縁がありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
c#以前にプログラミング初心者の自分でもしっかり学べました。その日ごとにやる量が決まっていて尚且つ1週間という短期間のためゴールが明確でモチベーションを落とすことなく終えられました。
つまずくところはありましたが、レベルが3段階に分けられた例題があるので知識の確認もこの本だけである程度できます。
コンピュータの仕組みやアルゴリズムについても少しだけですが触れられているのでプログラミング学習の最初の1冊にはおすすめです。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
c#以前にプログラミング初心者の自分でもしっかり学べました。その日ごとにやる量が決まっていて尚且つ1週間という短期間のためゴールが明確でモチベーションを落とすことなく終えられました。
つまずくところはありましたが、レベルが3段階に分けられた例題があるので知識の確認もこの本だけである程度できます。
コンピュータの仕組みやアルゴリズムについても少しだけですが触れられているのでプログラミング学習の最初の1冊にはおすすめです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

確かな力が身につくC#「超」入門

確かな力が身につくC#「超」入門
(著)北村 愛実
発売日 2017/07/26
総合評価
(3.9)
(2022/11/29 12:01時点)
イラスト盛りだくさん!
考え方と手順がよくわかる!


※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

「JavaScript」「Python」「PHP」に続くシリーズ第4弾。
初めてプログラミングに挑戦する初心者を対象に、C#言語の基礎から本格的なアプリケーションの作り方を優しく解説します。
開発環境のインストールからしっかりと解説していきますので、初心者でも安心して学習を開始することができます。プログラミングの教科書として、最初に読む一冊としておすすめです。

●目次
Chapter1 イントロダクション
Chapter2 開発環境の準備
Chapter3 C#の文法
Chapter4 オブジェクト指向
Chapter5 Visual C#の使い方
Chapter6 Windowsアプリケーションの作成

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter 1 イントロダクション
1-1 本書で学べる内容
1-2 プログラムとC#
Chapter2 開発環境の準備
2-1 Visual Studioをインストールする
2-2 プロジェクトの作成から実行まで
Chapter3 C#の文法
3-1 練習用プロジェクトの準備
3-2 変数でデータを管理する
3-3 条件分岐~場合によって処理を変える~
3-3 繰り返し~何度も同じ処理をする~
3-4 配列でデータをまとめて扱う
3-5 コレクションでデータをまとめて扱う
3-6 メソッドで処理を部品化して必要なときに使う
3-7 LINQとラムダ式
3-8 迷路ゲームを作ろう
Chapter4 オブジェクト指向
4-1 オブジェクト指向とは
4-2 クラスとインスタンス
4-3 値型と参照型
4-4 カプセル化~クラスの中身を隠す仕組み~
4-5 継承~プログラムの重複を避ける仕組み~
4-6 ポリモーフィズム~基本クラスの変数に派生クラスのインスタンスを入れる~
4-7 復習~ドローアプリケーションを作る~
Chapter5 Visual C#の使い方
5-1 Visual C#の概要
5-2 ハローワールド~最初のWindowsアプリケーション~
Chapter 6 Windowsアプリケーションの作成
6-1 消費税計算機~アプリケーションの作成手順と計算処理~
6-2 電話帳アプリ~コントロールやファイルからデータを取得する~
6-3 天気予報アプリ~ウェブから情報を取得する~
6-4 書籍管理アプリ~表形式でデータを管理する~
6-5 ドローアプリ~複数のフォーム画面を使ったアプリケーション~

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
図書館で本書を見つけ、借用していましたが、購入を決意。「超」入門と唱っているだけにやさしく分かり易いのですが、前半はコンソールへの結果表示であり、新しいバーションを使用できる環境ではあまり意味がないように感じる。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Basicには慣れていたが入門には最適でした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
C#の入門としていちばんいいかもしれない。Unityのついでに教えるものはいろいろあるが、C#の説明としてはいろいろ欠けている。 最後の方は若干駆け足だが、序盤の丁寧さがとてもよい。同じ手順を何度も書くのがこの人の特徴。前のページを参照、とさせずにそのまま進められる配慮だろう。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:北村 愛実
1988年生まれ。立命館大学院理工学研究科卒業。IT企業の研究職を経て、現在は主婦をやりつつ執筆やイラスト制作に励んでいる。主な著書は『Unity5の教科書』(SBクリエイティブ)。


  

 

脱初心者!中級者へ上がる本

C#というか、プログラミングやオブジェクト指向にある程度慣れた人なら、以下の本あたりからでもいいと思います。

この辺の本は、他のLL言語本と比べると、膨大さに圧倒されるかもしれませんが・・それだけできることが多い言語です。

基礎からしっかり学ぶC#の教科書 改訂新版 (マイクロソフト関連書)

基礎からしっかり学ぶC#の教科書 改訂新版 (マイクロソフト関連書)
(著)WINGSプロジェクト 髙江 賢
発売日 2019/12/20
総合評価
(4.4)
(2022/11/11 12:22時点)
大好評の『基礎からしっかり学ぶC#の教科書』(2017年11月発行)がC# 8に最速対応!プログラミング言語としてのC#の使い方を、基礎から丁寧に説明します。プログラミングに必要な基礎知識(言語仕様、文法、概念など)を体系的に学習できます。各章の章末には復習問題があり、その章で学んだ内容を確認してから次の章に進めるようになっています。また、本書の最後の章では実際に電卓アプリを作成することで、本書で学んだこと全体が復習できます。レベルアップを目指すC#の初学者におすすめします。
今回の改訂では、旧版発行以降のC# 7.xおよびC# 8.0までの変更点を反映しています。サンプルプログラムはVisual Studio 2019と.NET Core 3.0で作成しました。

--------------------「はじめに」より抜粋--------------------
C#言語が発表されて、もうすぐ20年になります。この20年で、C#は着実に進歩し、数多くの場面で使われるようになりました。はじめてプログラミング言語に触れるという方にも、C#は最適な言語です。
ただ残念なことに、C#を敬遠しがちな経験者も少なからず存在します。言語としては、とても魅力的ですので、どうか食わず嫌いにはならずにトライしてほしいと思います。
本書は、C#を基礎から学びたいという方々を対象に、文法を中心に解説しています。サンプルのソースコードも数多く掲載していますので、皆さん自身の手でソースコードを入力して、ご自分の目で出力される結果を確認してみてください。
最近は、インターネットから放たれる大量の情報を活用することで、プログラミング言語もお手軽に習得できる環境になっています。コピー&ペーストするだけで、プログラミングをマスターした気分になれるかもしれません。今では、地道にソースコードと向き合うことは、遠回りとさえ思えるでしょう。しかし、自分で考えながらソースコードを入力していくことは、皆さんの足腰を鍛えるランニングのようなものです。小手先のテクニックではない、本物の知識が血肉となって身につくはずです。
本書が、はじめてC#を学ぶ方々、そしてより高度なレベルを目指す方々の、良きコーチ役となることを願っています。
----------------------------------------

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 プログラミングの基礎 ~プログラミングの世界に触れる
第2章 C#の基礎 ~はじめてのプログラムを書く
第3章 変数とデータ型 ~さまざまなデータを扱うには
第4章 式と演算子 ~計算を表現するには
第5章 制御文 ~プログラムの流れを理解する
第6章 クラスの基礎とメソッド ~オブジェクト指向への最初のステップ
第7章 継承とカプセル化 ~クラスの機能を変更するには
第8章 ポリモーフィズム ~クラスを操作するには
第9章 例外処理 ~思いがけないことに対処するには
第10章 配列と構造体 ~データをまとめて扱うには
第11章 高度なプログラミング ~プログラミングの世界を広げる
第12章 クラスライブラリの活用 ~.NETを使いこなす最初のステップ
第13章 GUIアプリケーションの基礎 ~Windowsのプログラミングを学ぶ

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

監:山田 祥寛
千葉県鎌ヶ谷市在住のフリーライター。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。WINGSプロジェクト代表


  

独習C# 新版

独習C# 新版
(著)山田 祥寛
発売日 2017/12/15
総合評価
(3.9)
(2022/11/29 12:01時点)
“標準教科書”が完全書き下ろしで7年ぶり新登場!
C#プログラミングに必要な知識・概念・機能を
体系的かつ網羅的に習得!

C#言語の独学に最適な標準教科書として、
長年にわたって読まれてきた『独習C#』。
プログラミング言語入門書の執筆で定評のある
山田祥寛氏による完全書き下ろしにて新登場です!

本書では、C#でオブジェクト指向プログラミングを
行う際に必要となる基本的な知識・概念・機能、
C#の文法・プログラムの書き方を、さまざまな
サンプルプログラムを例示しながら詳細かつ丁寧に
解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、
解説→例題(サンプル)→理解度チェックという
3つのステップで、C#の文法を完全習得できます。

[ポイント]
●C#言語の独学に最適な教科書として好評の『独習C#』最新版。
初心者がC#言語を学ぶにふさわしい一冊

●C#でプログラミングを行う際に必要となる
基本的な知識・概念・機能、文法・書き方を、
網羅的かつ体系的に習得できる

C#言語の入門者、これからC#言語で開発を始めたい
初学者から、再入門者、学生・ホビープログラマまで、
「一からC#言語を学びたい」「C#プログラミングの基本を
しっかり身につけたい」という方におすすめの一冊です。


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 イントロダクション
第2章 C#の基本
第3章 演算子
第4章 制御構文
第5章 標準ライブラリ
第6章 コレクション
第7章 オブジェクト指向構文(基本)
第8章 オブジェクト指向構文(カプセル化/継承/ポリモーフィズム)
第9章 オブジェクト指向構文(名前空間/例外処理/ジェネリックなど)
第10章 ラムダ式/ LINQ
第11章 高度なプログラミング

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
良い内容なのだと思いますが、私には少し難しくて、最後までたどり着けませんでした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
C#の言語仕様を網羅的に解説している分厚い本。
内容は決して初心者向けではないため、入門書を読み終えてから読むのがおすすめ。
アプリを作りながら学んでいくタイプではないので、読むモチベーションを維持するのが若干難しいかも。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
プログラム開発は経験があるがオブジェクト指向は初めてもしくは久々という方は、理解を進める上でなかなか気合いと読み返しが必要だと感じました。
その時々で要点を突いた簡単な例はとてもいいのですが、その中でもまだ先の章の内容が盛り込まれたものが突然出てくる事があり、仕方なく読み飛ばしまたは読み返し必須の状態になります。
でも内容的には結構かゆいところに手が届いた印象で、その都度疑問に思ったことをチップスの形で説明してくれているのは良いです。
後は実際にプログラミングしながら覚えていく手法がいいでしょう。全てを語るにはこれでもまだ足りないのかもしれませんが、多くの部分で参考文献として必須になるものと思います。
あと個人的にちょっぴり誤植が気になったことくらいですね。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
山田祥寛(ヤマダヨシヒロ)
静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」の代表でもある。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
独習C# 新版
発売日 2017/12/15
(2022/11/29 12:01時点)

  

Effective C# 6.0/7.0

Effective C# 6.0/7.0
(著)BillWagner
発売日 2018/09/05
総合評価
(4.3)
(2022/11/29 12:01時点)
ジェネリスクとLINQを中心に、
C#プログラムを高速で洗練されたものにする50の方法。


スコット・メイヤー監修によるEffectiveシリーズ待望のC#第3版。

C#を使った開発時に、躓きがちな問題点、
・高速化
・効率化
・可読性の向上
・メンテナンス性の向上
・最新機能を盛り込みつつ、後方互換も取らなければならない
・API設計指針
などの解決策を、豊富な実例とともに詳解しています。

単なるサンプルコードの提示だけに留まらず、
「どう違うのか」「なぜそうするのか」「これによって何が得られるのか」を実例による検証とともに解説しています。


[著者について]
Bill Wagnerは、もっとも重要なC#開発者の1人であり、ECMA C# Standards Committeeのメンバーである。
彼はHumanitarian ToolboxのPresidentであり、Microsoft Regional Directorの役職を持ち、
.NET MVPを11年受賞し、最近では.NET Foundation Advisory Councilに任命されている。
Billは新事業から大企業まで数多くの会社で働き、ソフトウェア開発のプロセスを改善し、
それらのソフトウェア開発チームを成長させてきた。現在はMicrosoftの.NETのCore contentチームに勤め、
C#言語と.NET Coreに関心のある開発者のために学習用のマテリアルを作っている。
Billはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でコンピュータサイエンスの学士号を授かっている。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 C#言語イディオム
  項目 1 ローカル変数の型をなるべく暗黙的に指定すること
  項目 2 constよりもreadonlyを使用すること
  項目 3 キャストにはisまたはasを使用すること
  項目 4 string.Format() を補間文字列に置き換える
  項目 5 カルチャー固有の文字列よりもFormattableStringを使用すること
  項目 6 文字列指定のAPIを使用しないこと
  項目 7 デリゲートを使用してコールバックを表現する
  項目 8 イベントの呼び出し時にnull条件演算子を使用すること
  項目 9 ボックス化およびボックス化解除を最小限に抑える
  項目10 親クラスの変更に応じる場合のみnew修飾子を使用すること
第2章 リソース管理
  項目11 .NETのリソース管理を理解する
  項目12 メンバには割り当て演算子よりもオブジェクト初期化子を使用すること
  項目13 staticメンバを適切に初期化すること
  項目14 初期化ロジックの重複を最小化する
  項目15 不必要なオブジェクトの生成を避けること
  項目16 コンストラクタ内では仮想メソッドを呼ばないこと
  項目17 標準的なDisposeパターンを実装する
第3章 ジェネリックによる処理
  項目18 最低限必須となる制約を常に定義すること
  項目19 実行時の型チェックを使用してジェネリックアルゴリズムを特化する
  項目20 IComparableとIComparerにより順序関係を実装する
  項目21 破棄可能な型引数をサポートするようにジェネリック型を作成すること
  項目22 ジェネリックの共変性と反変性をサポートする
  項目23 型パラメータにおけるメソッドの制約をデリゲートとして定義する
  項目24 親クラスやインターフェイス用に特化したジェネリックメソッドを作成しないこと
  項目25 型引数がインスタンスのフィールドではない場合にはジェネリックメソッドとして定義すること
  項目26 ジェネリックインターフェイスとともに古いインターフェイスを実装すること
  項目27 最小限に制限されたインターフェイスを拡張メソッドにより機能拡張する
  項目28 構築された型に対する拡張メソッドを検討すること
第4章 LINQを扱う処理
  項目29 コレクションを返すメソッドではなくイテレータを返すメソッドとすること
  項目30 ループよりもクエリ構文を使用すること
  項目31 シーケンス用の組み合わせ可能なAPIを作成する
  項目32 反復処理をAction, Predicate, Funcと分離する
  項目33 要求に応じてシーケンスの要素を生成する
  項目34 関数引数を使用して役割を分離する
  項目35 拡張メソッドをオーバーロードしないこと
  項目36 クエリ式とメソッド呼び出しの対応を把握する
  項目37 クエリを即時評価ではなく遅延評価すること
  項目38 メソッドよりもラムダ式を使用すること
  項目39 FuncやAction内では例外をスローしないこと
  項目40 即時実行と遅延実行を区別すること
  項目41 コストのかかるリソースを維持しつづけないこと
  項目42 IEnumerableとIQueryableを区別すること
  項目43 クエリに期待する意味をSingle()やFirst()を使用して表現すること
  項目44 束縛した変数を変更しないこと
第5章 例外処理
  項目45 契約違反を例外として報告すること
  項目46 usingおよびtry...finallyを使用してリソースの後処理を行う
  項目47 アプリケーション固有の例外クラスを作成する
  項目48 例外を強く保証すること
  項目49 catchからの再スローよりも例外フィルタを使用すること
  項目50 例外フィルタの副作用を活用する

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
内容は、C#で普通にアプリを作成するにはオーバースペック。
クラスライブラリを書く人向けの内容に感じた。

ただテクニックとして見れば面白い。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
ワグナー,ビル(Wagner,Bill)
世界的にも重要なC#開発者の1人で、ECMA C#標準委員会(ECMA C# Standards Committee)のメンバーである。Humanitarian Toolbox社の社長で、Microsoft Regional Directorならびに.NET MVPを11年間受賞しており、近年では.NET財団(.NET Foundation)の諮問委員も務めた。スタートアップ会社から大企業にいたるまで、ソフトウェア開発チームの開発プロセス改善に携わっていた。現在、.NET Core関連のチームメンバーとしてMicrosoft社に勤務している。また、C#言語や.NET Coreに興味を持つ人々向けに教育教材を作成している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
Effective C# 6.0/7.0
発売日 2018/09/05
(2022/11/29 12:01時点)

  

 

Unityでゲーム開発に役立つ本

C#の人気の大きな一因が、ゲームエンジンUnityのスクリプト言語としても使われていること。

Unityと関連した書籍もいくつもでています。以下が代表的なもの。

また、Unityに関する書籍は別途↓でまとめています、覗いてみてください。

スラスラ読める Unity C#ふりがなプログラミング

スラスラ読める Unity C#ふりがなプログラミング
(著)安原祐二, リブロワークス
発売日 2019/01/25
総合評価
(3.6)
(2022/11/29 12:01時点)
「スクリプトの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいUnityで使われるC#(シーシャープ)の入門書です。

本書内に登場するスクリプトの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
スクリプトの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「自分がいま何をしているのかわからない」といった
プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、スクリプトを考える応用問題も用意しているため、
しっかりUnityで使われるC#の基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・Unityで使われるC#の基本を身につけたい人
・過去にUnityやC#の入門書で挫折してしまった人
・意味不明のままスクリプトをコピーして使っていた人
・プログラマーやエンジニアを目指す人
・仕事でUnityのC#を活用してみたい人


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Unity C#最初の一歩(UnityとC#ってどんなもの?
本書の読み進め方 ほか)
2 条件によって分かれる文を学ぼう(条件分岐ってどんなもの?
Chapter 2のためのゲームオブジェクトを追加する ほか)
3 繰り返し文を学ぼう(繰り返し文ってどんなもの?
条件式を使って繰り返す ほか)
4 ゲームオブジェクトを動かそう(ゲームオブジェクト、コンポーネント、クラス
スマートフォン向けの画面にする ほか)
5 ゲームを仕上げよう(ゲームに欠かせない要素とは?
ゴールの箱と得点のテキストを配置する ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
めちゃくちゃ分かりやすい。
foreach(string d in dirs)
変数dirs内の要素を一つずつstring型の変数dに入れる間、以下の処理を繰り返せ
↑は別の書き方でも表現可能
for(int cnt = 0; cnt < 4; cnt++) (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
初心者向けに丁寧にUnityのC#の解説を作りながら。他のUnity C#本いくつか読んだがエディタの使い方やゲーム作りの方も入っていてスクリプトと説明は舌足らず。最初のにやっておくとよいかと。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
unityのやる気がでず何にてをつけていいかわからないときに使いました わかりやすい解説も入ってるので、何かにつまってしまって他の作業をしたい人にお勧めです (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
安原祐二(ヤスハラユウジ)
東北大学工学部機械知能工学科修士課程を修了後、株式会社セガ・エンタープライゼスに入社。家庭用ゲーム開発に携わる。その後株式会社ポリフォニー・デジタルにてシューティングゲームやレースゲームの開発に従事。2015年より現職のUnity Technologies Japan合同会社に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

UnityではじめるC# 基礎編

UnityではじめるC# 基礎編
(著)大槻有一郎
発売日 2016/10/25
総合評価
(4)
(2022/11/29 12:01時点)
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【ゲームエンジン「Unity」でゲームをつくりながら「C#」の基礎をしっかり習得!】

スマホアプリをつくりながらC#のキホンをしっかりマスター! ゲームエンジン「Unity」でゲームをつくりながら、定番プログラミング言語「C#」の基礎をしっかり習得できます。教材は、アプリ界の“和尚”いたのくまんぼう氏による、スマホゲームの人気ジャンル「脱出ゲーム」と「物理ゲーム」のひな形2本。学習者向けに、C#の難しい文法や概念は使わないシンプルなプログラムにするべく腐心し、カスタマイズやステージ追加を行いやすいように設計した力作。C#未経験者、Unity未経験者はもちろん、過去にC#習得に挫折した経験者にも読んでほしい一冊です。

〈本書の構成〉
Chapter 1 Unityで開発する準備をしよう
Chapter 2 C#の基本
Chapter 3 分岐とループ
Chapter 4 Unityを使ったプログラミング
Chapter 5 脱出ゲームを作ろう
Chapter 6 物理パズルを作ろう
Chapter 7 スマートフォンアプリの公開

※本書ではUnity 5.4.0f3で動作検証を行っています

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

 

C#の本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したC#の本の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2022/11/29 12:01 更新)
製品価格
作って覚えるVisual C# 2022 デスクトップアプリ超入門
発売日 2022/11/26
荻原裕之, 宮崎昭世 (秀和システム)
3,300円
2,970円
C#のプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2022/11/18
五十嵐貴之, 五十嵐大貴 (秀和システム)
2,200円
1,980円
1,000円
348円
250円
300円
480円
498円
独習C# 第5版
発売日 2022/07/21
山田 祥寛 (翔泳社)
総合評価
(4.3)
4,180円
(+205pt)
3,762円
4,180円
4,180円
250円
現場ですぐに使える! Visual C# 2022逆引き大全 500の極意
発売日 2022/06/29
増田智明 (秀和システム)
総合評価
(3.6)
3,630円
(+109pt)
2,940円
3,267円
3,630円
C#でlog4netを使ってログを出力する方法
発売日 2022/06/06
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
250円
リーダブルコードC#: C#で読みやすいコードを書く50の方法
発売日 2022/06/03
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.7)
350円
250円
900円
基礎からしっかり学ぶC#の教科書 第3版 C# 10対応
発売日 2022/03/03
WINGSプロジェクト 髙江 賢 (日経BP)
総合評価
(3.9)
3,190円
2,871円
3,190円
3,190円
1,250円
Visual C#2022パーフェクトマスター
発売日 2021/11/26
金城俊哉 (秀和システム)
総合評価
(3.8)
3,520円
(+106pt)
2,851円
3,168円
3,520円
C#で入門 はじめてのプログラミング:基礎からオブジェクト指向まで...
発売日 2021/09/07
飯塚 泰樹, 大森 康朝, 松本 哲志, 木村 功 (森北出版)
2,310円
2,310円
2,310円
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
 

C#の本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるC#の本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2022/11/29 12:01 更新)
Rank製品価格
1
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
2
1週間でC#の基礎が学べる本
発売日 2019/09/12
亀田 健司 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
2,750円
1,375円
2,750円
2,750円
3
リーダブルコードC#: C#で読みやすいコードを書く50の方法
発売日 2022/06/03
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.7)
350円
4
250円
5
250円
6
250円
7
250円
8
C#を勉強する順番: 文法プログラマーを卒業する方法
発売日 2019/02/16
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
99円
9
C#文法基本のキ: C#初心者が最初に身に着けるべき30の文法
発売日 2018/12/28
ピーコックアンダーソン
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
250円
10
2,970円
 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy C#おすすめ講座」

UdemyではC#を基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、C#の学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
一週間で身につくC#言語
発売日 2019/04/11
受講者 8,309人
通常 27,800円
現在 2,200円
(4.1)
総評価数 1457件
2
C#文法1:C#で最初に身に着けるべき30の文法
発売日 2019/01/29
受講者 5,000人
通常 2,400円
現在 1,900円
(4.4)
総評価数 1060件
3
(4.6)
総評価数 1345件
4
(4.5)
総評価数 774件
5
C#でオブジェクト指向をする方法
発売日 2019/05/15
受講者 3,341人
通常 2,400円
現在 1,900円
(4.5)
総評価数 739件

 

関連:ゲーム開発本・C++本紹介

以上C#参考書紹介でした。

C#の系譜でもC++本、Unityとも関連してゲーム開発関係の本も以下で紹介していますので、覗いてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました