レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年】Angular本「人気10冊と高評価のおすすめ5冊」

AngularはGoogle製のJavaScriptのフロントエンド開発用フレームワーク。

日本ではVue.jsが人気ですが、TypeScriptへの対応など大規模開発ではAngularのほうが拡張性・堅牢性が高く、人気です。

そんな人気のフレームワーク「Angulaer」の参考書を人気・評判とともに紹介していきまっす。

 

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Angular本「人気ランキング 10冊」

Angularの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2024/05/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
フロントエンドの知識地図—— 一冊でHTML/CSS/JavaScriptの開発技術が学べる本...
発売日 2023/11/24
池田 泰延, 西原 翼, 松本 ゆき (技術評論社)
総合評価
(4.2)
2,860円
(+172pt)
2,803円
(+169pt)
2,860円
2
3,080円
(+185pt)
2,772円
3,080円
3,080円
3
Bootstrap 5 フロントエンド開発の教科書
発売日 2022/01/07
WINGSプロジェクト 山内 直 (技術評論社)
総合評価
(4.3)
3,828円
(+230pt)
3,751円
(+225pt)
3,828円
3,828円
4
Angularアプリケーションプログラミング
発売日 2017/08/04
山田 祥寛 (技術評論社)
総合評価
(4.2)
4,070円
(+245pt)
4,070円
4,070円
1,980円
5
フロントエンド開発入門 プロフェッショナルな開発ツールと設計・実装...
発売日 2020/10/09
安達 稜, 武田 諭 (秀和システム)
総合評価
(4)
3,080円
(+185pt)
1,386円
2,772円
3,080円
6
Angular超入門
発売日 2019/07/26
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.7)
3,740円
3,029円
3,366円
3,740円
7
Ionicで作る モバイルアプリ制作入門[Angular版]
発売日 2019/11/27
榊原昌彦 (シーアンドアール研究所)
総合評価
(3.9)
3,432円
(+206pt)
3,089円
3,089円
3,432円
8
Angular Webアプリ開発 スタートブック
発売日 2018/04/06
大澤 文孝 (ソーテック社)
総合評価
(4.2)
3,025円
(+182pt)
2,965円
(+179pt)
3,025円
3,025円
9
コードレベルで比べるReact Angular Vue.js
発売日 2022/10/21
末次 章 (日経BP)
総合評価
(3.9)
3,080円
(+185pt)
2,772円
3,080円
10
AngularJS アプリケーションプログラミング
発売日 2015/08/19
山田祥寛 (技術評論社)
総合評価
(3.9)
4,070円
(+245pt)
4,070円
4,070円
424円

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

人気・高評価のおすすめ5冊

以下がAngular本の中でもいま人気で評価も高いおすすめ本です。

「Bootstrap 5 フロントエンド開発の教科書」

Bootstrap 5 フロントエンド開発の教科書
(著)WINGSプロジェクト 山内 直
発売日 2022/01/07
総合評価
(4.3)
(2024/05/22 12:00時点)
Bootstrap 5の全機能が1冊で身に付く!

高性能・高機能CSSフレームワークとして高い人気を誇る「Bootstrap」がバージョン5になり、レガシーなIE対応やjQueryコードの完全排除、コンポーネントやフォームの刷新、CSS Grid対応などが行われた、より洗練されたモダンなフレームワークへと生まれ変わりました。本書は、Bootstrap 5の基本から、CSSクラスを利用したスタイリング、コンポーネントやJavaScriptを利用したUI実装などを解説、後半ではWebページのモックアップの実装方法やオリジナルフレームワークを作るためのカスタマイズ方法などもていねいに解説しているので、1冊でBootstrap 5の基礎から活用方法まで、すべて身に付く内容になっています。

(こんな方におすすめ)
・Bootstrap 5の機能を詳しく学びたい人

(目次)
第1章 イントロダクション
1.1 Web アプリケーションフレームワークの基本
1.2 Bootstrapの特徴
1.3 Bootstrapの歴史
1.4 Bootstrapの導入
1.5 Bootstrap Iconsの利用
第2章 Bootstrapのレイアウト
2.1 Bootstrapのグリッドシステム
2.2 カラムの自動レイアウト
2.3 レスポンシブなグリッドシステム
2.4 カラムの整列
2.5 カラムの並べ替え
2.6 レイアウトのためのユーティリティ
第3章 基本的なスタイリング
3.1 タイポグラフィ
3.2 コード
3.3 画像
3.4 テーブル
3.5 図表
3.6 Reboot(リブート)による初期設定
第4章 基本的なコンポーネント
4.1 アラート
4.2 バッジ
4.3 プログレス
4.4 カード
4.5 スピナー
4.6 プレースホルダー
第5章 ナビゲーションのコンポーネント
5.1 ナビゲーション
5.2 ナビゲーションバー
5.3 パンくずリスト
5.4 リストグループ
5.5 ページネーション
第6章 フォームとボタンのコンポーネント
6.1 フォーム
6.2 入力グループ
6.3 ボタン
6.4 ボタングループ
6.5 ドロップダウン
第7章 JavaScriptを利用したコンポーネント
7.1 BootstrapのJavaScriptプラグイン
7.2 カルーセル
7.3 折り畳み
7.4 モーダル
7.5 オフキャンバス
7.6 ポップオーバー
7.7 スクロールスパイ
7.8 トースト
7.9 ツールチップ
第8章 ユーティリティとヘルパー
8.1 ColorsユーティリティとBackgroundユーティリティ
8.2 Bordersユーティリティ
8.3 Displayユーティリティ
8.4 Sizingユーティリティ
8.5 Spacingユーティリティ
8.6 Flexユーティリティ
8.7 Floatユーティリティ
8.8 PositionユーティリティとPositionヘルパー
8.9 Textユーティリティ
8.10 Vertical alignmentユーティリティ
8.11 その他のユーティリティクラスとヘルパークラス
第9章 Bootstrapでモックアップを作る
9.1 サイト概要とファイルの準備
9.2 新規ファイル作成
9.3 ヘッダーの作成
9.4 ナビゲーションバーの作成
9.5 メインビジュアルの作成
9.6 コンテンツ01(ニュース)の作成
9.7 コンテンツ02(お店について)の作成
9.8 コンテンツ03(商品一覧)の作成
9.9 コンテンツ04(クーポン)の作成
9.10 コンテンツ05(インフォメーション)の作成
9.11 フッターの作成
9.12 リンクの設定と追加CSSの作成
9.13 下層ページ(お問い合わせ)の作成
第10章 Bootstrapのカスタマイズ
10.1 Bootstrapのオリジナルスタイルを上書きする
10.2 Sassを使ってカスタマイズする
10.3 CSS変数を利用する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
●第1章 イントロダクション
1.1 Web アプリケーションフレームワークの基本
1.2 Bootstrapの特徴
1.3 Bootstrapの歴史
1.4 Bootstrapの導入
1.5 Bootstrap Iconsの利用
●第2章 Bootstrapのレイアウト
2.1 Bootstrapのグリッドシステム
2.2 カラムの自動レイアウト
2.3 レスポンシブなグリッドシステム
2.4 カラムの整列
2.5 カラムの並べ替え
2.6 レイアウトのためのユーティリティ
●第3章 基本的なスタイリング
3.1 タイポグラフィ
3.2 コード
3.3 画像
3.4 テーブル
3.5 図表
3.6 Reboot(リブート)による初期設定
●第4章 基本的なコンポーネント
4.1 アラート
4.2 バッジ
4.3 プログレス
4.4 カード
4.5 スピナー
4.6 プレースホルダー
●第5章 ナビゲーションのコンポーネント
5.1 ナビゲーション
5.2 ナビゲーションバー
5.3 パンくずリスト
5.4 リストグループ
5.5 ページネーション
●第6章 フォームとボタンのコンポーネント
6.1 フォーム
6.2 入力グループ
6.3 ボタン
6.4 ボタングループ
6.5 ドロップダウン
●第7章 JavaScriptを利用したコンポーネント
7.1 BootstrapのJavaScriptプラグイン
7.2 カルーセル
7.3 折り畳み
7.4 モーダル
7.5 オフキャンバス
7.6 ポップオーバー
7.7 スクロールスパイ
7.8 トースト
7.9 ツールチップ
●第8章 ユーティリティとヘルパー
8.1 ColorsユーティリティとBackgroundユーティリティ
8.2 Bordersユーティリティ
8.3 Displayユーティリティ
8.4 Sizingユーティリティ
8.5 Spacingユーティリティ
8.6 Flexユーティリティ
8.7 Floatユーティリティ
8.8 PositionユーティリティとPositionヘルパー
8.9 Textユーティリティ
8.10 Vertical alignmentユーティリティ
8.11 その他のユーティリティクラスとヘルパークラス
●第9章 Bootstrapでモックアップを作る
9.1 サイト概要とファイルの準備
9.2 新規ファイル作成
9.3 ヘッダーの作成
9.4 ナビゲーションバーの作成
9.5 メインビジュアルの作成
9.6 コンテンツ01(ニュース)の作成
9.7 コンテンツ02(お店について)の作成
9.8 コンテンツ03(商品一覧)の作成
9.9 コンテンツ04(クーポン)の作成
9.10 コンテンツ05(インフォメーション)の作成
9.11 フッターの作成
9.12 リンクの設定と追加CSSの作成
9.13 下層ページ(お問い合わせ)の作成
●第10章 Bootstrapのカスタマイズ
10.1 Bootstrapのオリジナルスタイルを上書きする
10.2 Sassを使ってカスタマイズする
10.3 CSS変数を利用する
●付録 Bootstrap 5移行ガイド

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
マイホームページ作りに大変役に立ちました。サンプルでの練習はうまくいくのですが、実際に制作していくとうまくいかない事も多々。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
主戦場を Vue.js に移したということは即ち F/E 屋になったということなのに、生 CSS が読み書きできる程度のスキルじゃまともに仕事が進む訳ないよぬー、と今頃気づいた俺氏… という訳で CSS 設計のイロハをイチから勉強し直し。なるだけ最短距離でハンズオンしたいので、タイミング良く jQuery 非依存となり Vue 等とも親和性が上がった BS5 をウォークスルーすることに。「F/E はデザイナさんにお任せ」なサーバサイド専業エンジニアから脱皮する為がんがりまつ。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
現状、Bootstrap5の一番詳しい書籍ですが、難しい表現はなく、非常に分かり易く解説されています。
Ver3くらいからBootstrapに関する書籍は沢山読みましたが、過去のあらゆるBootstrap解説書よりも優れていると思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
山内直(ヤマウチナオ)
千葉県船橋市出身。薬園台高校物理部にて8080搭載のワンボードマイコンに出会い、それ以来公私ともにコンピュータ漬けの生活を送っている。電気通信大学在学中から執筆活動を開始、秀和システムでの開発者・編集者業務を経て、現在は個人事業「たまデジ。」にて執筆・編集・Webサイト構築に従事するほか、大学や企業研修の講師としてWebデザイン・プログラミングを教えるなど、幅広く活動している。WINGSプロジェクト所属

山田祥寛(ヤマダヨシヒロ)
静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」の代表でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

「Angularアプリケーションプログラミング」

Angularアプリケーションプログラミング
(著)山田 祥寛
発売日 2017/08/04
総合評価
(4.2)
(2024/05/22 12:00時点)
本書は、JavaScriptの定番SPA開発フレームワーク「Angular」の解説書です。データバインディング、コンポーネント、依存性注入といったAngularを理解するための基本要素をはじめ、ディレクティブ/パイプ、フォーム、ルーティング、モジュール/コンポーネントの技術解説、ディレクティブ/パイプ/サービスの自作やテストなどの応用的なテーマまでを網羅。また、Angular 4に対応し、5以降のアップグレードにも留意した解説を行っています。Angularによる動的Webアプリケーション開発に必要となる知識が、この1冊で身に付きます!

■本書の構成

●導入編(第1章:イントロダクション~第3章:データバインディング)
JavaScriptでフレームワークとは、という話を皮切りに、Angularの特徴を解説して、これからの学習のための環境を準備します。また、QuickStartプロジェクト(サンプル)を例に、Angular アプリの基本的な構造を学ぶとともに、Angularの特徴的なしくみであるデータバインディングについて理解します。

●基本編(第4章:標準パイプ/ディレクティブ~第7章:サービス開発)
Angularを構成する基本要素―ディレクティブ、パイプ、コンポーネント、サービスについて学びます。いずれも重要な話題ばかりですが、特に標準ディレクティブ、コンポーネントのライフサイクル、ややとっつきにくい面もあるサービスの注入(Injection)などは、Angularの習得には欠かせないテーマです。

応用編(第8章:ルーティング~第11章:その他の機能)
ディレクティブ/パイプの自作、ユニットテスト/E2Eテスト、そして、Angular CLI、AoTコンパイルなど、より実践的なアプリ開発のためのさまざまなテーマについて学びます。これらを理解して、さらなるステップアップの手がかりとしてください。

(本書「はじめに」より)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
導入編(イントロダクション
Angularの基本
データバインディング)
基本編(標準パイプ
ディレクティブ
フォーム開発
コンポーネント開発
サービス開発)
応用編(ルーティング
パイプ
ディレクティブの自作
テスト
開発ライブラリ
ツール)
Appendix TypeScript簡易リファレンス

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
ポイントが2割ほどついて、Amazonより大分安く買えるのでYahooで購入しました。商品に問題なかったです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
発送が迅速で、商品の状態も良かったです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
かなりわかりやすかった。今Angularを始めるならまずはこれをすすめる、というレベルで気に入ってる。
惜しいと感じたのは、RxJsについて飛ばしてしまっている点。確かに踏み込むとかなり入り込みすぎるので著者の気持ちはわかるが、RxJsはかなり使われる技術だと思うので触れた方が良かった気が。
あとは、ページ間で情報を共有するようなサイト構成の際の著者としてのおすすめのデータの受け渡し方など、初心者がハマりそうなところに手を差し伸べてもらえるとよかった。
全体としては満足している。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
山田祥寛(ヤマダヨシヒロ)
静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」の代表でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

「フロントエンドの知識地図—— 一冊でHTML/CSS/JavaScriptの開発技術が学べる本」

フロントエンドの知識地図—— 一冊でHTML/CSS/JavaScriptの開発技術が学べる本
(著)池田 泰延, 西原 翼, 松本 ゆき
発売日 2023/11/24
総合評価
(4.2)
(2024/05/22 12:00時点)
一冊でHTML/CSS/JavaScriptの開発技術が学べる!

フロントエンド開発の範囲は広く、習得すべき技術は多種多様です。
HTML・CSS・JavaScriptはフロントエンドエンジニアにとって共通言語ではあるものの、Webサイトを制作するのか、Webアプリケーションを開発するのか、その違いによって採用すべき技術は全く異なります。それは、Webの多様性に対して技術的な正解がひとつではないことを示しています。

本書はフロントエンドの技術を俯瞰し、「エンジニアが共通して知っておくべき技術はなにか」、「(多種多様なエンジニアにとって)どの分野にフォーカスしてスキルアップを目指すべきか」を示すことを目的としています。開発現場でのワークフローを疑似体験したり、各種技術の概要とコードに触れることで理解の促進を目指します。

「フロントエンド技術は移り変わりが激しい」と言われてきました。
しかし、その状況は変わりつつあります。2010年代はHTML5やECMAScript 2015の過渡期にあり、フロントエンドの技術は大きく変化しました。現在は、ツールやフレームワークの変化はあれど、開発における基本的な考え方はそれほど変化していません。成熟したフロントエンドの技術を、本書を通してこのタイミングでキャッチアップしてほしいと考えています。

また、「未経験のエンジニアにとって、フロントエンド業界に入ったときに学んでほしいこと」をこの一冊で網羅できることを筆者は裏テーマとして設定しました。初心者の方も、すでに業界で取り組んでいるエンジニアの方にとっても、知識のボトムアップに繋がる一冊を目指します。

(目次)

第1章 フロントエンド開発の全体像
1.1 フロントエンドとは何か
1.1.1  広がり続ける「フロントエンド」の世界
1.1.2 現代的なWebページにおけるJavaScriptの重要性
1.1.3 フロントエンドエンジニアを取り巻く環境
1.2 制作・開発の進め方
1.2.1 Webに関わるさまざまな役割
1.2.2 Webサイト/Webアプリケーションができあがるまでの流れ
1.2.3 フロントエンドエンジニアという役割
1.3 HTMLとCSSとJavaScript
1.3.1 HTML
1.3.2 CSS
1.3.3 JavaScript
1.3.4 まとめ

第2章 フロントエンド開発環境を用意しよう
2.1 Node.jsの使い方
2.1.1 Node.jsのインストール
2.1.2 Node.jsによるJavaScriptの実行
2.1.3 Node.jsのモジュール
2.2 Node.jsの役割
2.2.1 フロントエンドの開発環境
2.2.2 サーバーとしてのNode.js
2.2.3 ブラウザとNode.jsでのJavaScriptの違い
2.3 エディタ・IDE
2.3.1 Web制作のためのエディタ・IDE
2.3.2 VS Codeのインストール
2.3.3 VS Codeの使い方
2.4 開発環境の導入方法
2.4.1 開発言語の変換・バンドル・ビルド
2.4.2 ローカルサーバーの立ち上げ
2.4.3 Vite

第3章 現場の開発を体験してみよう
3.1 実践!フロントエンド開発
3.1.1 事前準備
3.1.2 ハンズオンの概要
3.1.3 ローカルへのクローンとインストール
3.1.4 ローカルサーバーの起動
3.1.5 コードの修正と確認
3.1.6 コードの整形
3.1.7 テストの実行
3.1.8 型チェックの実行
3.1.9 ローカルサーバーでの確認
3.1.10 公開
3.1.11 まとめ

第4章 標準仕様の動向
4.1 Web標準の仕様
4.1.1 HTML
4.1.2 CSS
4.1.3 JavaScript
4.2 ブラウザの互換性
4.2.1 ブラウザ間の差異
4.2.2 ブラウザの互換性との向き合い方
4.2.3 ブラウザの互換性を考えるうえで役に立つサイト
4.2.4 より多くの環境で見られるように

第5章 より良い開発のための次の一歩
5.1 JavaScriptフレームワーク
5.1.1 JavaScriptフレームワークを使うメリット
5.1.2 代表的なJavaScriptフレームワーク
5.1.3 フレームワークのトレンドを追う
5.1.4 JavaScriptフレームワーク誕生の背景
5.1.5 現代的JavaScriptフレームワークの特徴
5.1.6 JavaScriptフレームワークを使った効率的な開発
5.2 CSSの周辺技術
5.2.1 CSSの限界
5.2.2 CSSを書くための技術の概要
5.2.3 Sass
5.2.4 CSS設計
5.2.5 JavaScriptフレームワークでのCSSの周辺技術
5.2.6 効率的にCSSを書く
5.3 CSSフレームワーク
5.3.1 CSSフレームワークとは?
5.3.2 CSSフレームワーク/UIフレームワークを使うメリット
5.3.3 CSSフレームワーク/UIフレームワークを使うデメリット
5.3.4 代表的なCSSフレームワーク/UIフレームワーク
5.3.5 CSSのトレンド
5.3.6 CSSフレームワーク/UIフレームワークを使って効率的な開発を
5.4 TypeScript.
5.4.1 型とは何か
5.4.2 動的型付けのデメリット
5.4.3 TypeScriptの型システムでバグを防ぐ
5.4.4 TypeScriptの特徴
5.4.5 知っておきたい機能やテクニック
5.4.6 ライブラリの型定義
5.4.7 TypeScriptを使って堅牢な開発を
5.5 Web API
5.5.1 Web APIの利用シーン
5.5.2 Web APIの種類
5.5.3 Web APIを使うための技術
5.5.4 フレームワークでのAPI呼び出し
5.5.5 CORSの対応
5.6 オールインワンなフレームワーク
5.6.1 オールインワンなフレームワークの利用
5.6.2 さまざまなフレームワーク
5.6.3 MPAとSPA
5.6.4 さまざまなレンダリング方式CSR/SSR/SSG/ISR
5.6.5 Jamstack
5.6.6 要件に合わせて使っていく
5.7 WebGL
5.7.1 WebGLの活用シーン
5.7.2 WebGLの実装方法
5.7.3 OpenGLとWebGLの関係性
5.7.4 シェーディング
5.7.5 Three.js

第6章 品質を向上させるための取り組み
6.1 デザインツールと画像形式
6.1.1 デザインツール
6.1.2 Figma
6.1.3 Adobe Photoshop
6.1.4 ツールを組み合わせて使う
6.1.5 すぐれたWebサイトを普段からチェックする
6.1.6 デザインの再現性
6.1.7 大切なのはコミュニケーションとユーザー視点
6.1.8 Webで利用する画像形式
6.2 アクセシビリティ
6.2.1 Webアクセシビリティのガイドライン「WCAG」
6.2.2 日本工業規格「JIS X 8341-3:2016」
6.2.3 ガイドライン
6.2.4 スクリーンリーダーへの対応
6.2.5 モーダルとキーボード操作
6.2.6 WAI-ARIA
6.2.7 role属性
6.2.8 ランドマーク
6.3 Webブラウザの開発者ツール
6.3.1 開発者ツールの機能
6.3.2 Chromeのデベロッパーツール
6.3.3 デベロッパーツールの日本語化
6.3.4 要素
6.3.5 コンソール
6.3.6 ネットワーク
6.3.7 パフォーマンス
6.3.8 その他のツール
6.4 Lighthouse
6.4.1 Webサイトの指標を計測する
6.4.2 Lighthouseの使い方
6.4.3 レポートの項目
6.4.4 繰り返し検証してスコアを向上させる
6.4.5 レポート結果の見方
6.5 コード品質の向上
6.5.1 書き方が混在するデメリット
6.5.2 フォーマッターとリンター
6.5.3 Prettier
6.5.4 ESLint
6.5.5 Stylelint
6.6 テスト
6.6.1 単体テスト
6.6.2 E2Eテスト
6.7 CI/CD
6.7.1 CI/CDを活用する
6.7.2 CI/CDのメリット
6.7.3 CI/CDのツール
6.7.4 GitHub Actionsを使ったCI/CDのサンプル
6.7.5 CI/CDを活用した開発
6.8 セキュリティ
6.8.1 メジャーなセキュリティリスクと攻撃手法
6.8.2 フレームワークを使う場合の注意
6.8.3 外部ライブラリや開発環境自体のセキュリティにも注意
6.8.4 セキュリティを意識した開発を

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
この書籍を手に取ったとき、私はフロントエンド開発の初心者でしたが、HTML、CSS、そしてJavaScriptの基礎を学ぶ上で非常に役立ちました。特に、開発技術の広がりを一冊でカバーしている点が素晴らしいと感じました。初心者にとっては、技術の全体像を理解するのが難しいものですが、この本は、それぞれの技術がどのように連携しているのかを明確に示してくれます。

使用して良かった点としては、実際の開発現場でのワークフローを疑似体験できる内容が含まれていることです。これにより、理論だけでなく、実際の開発プロセスにおいて何が求められるのかを理解することができました。また、最新のフレームワークやツールにも触れているため、現代のWeb開発トレンドを把握するのにも役立ちます。

注意すべき点は、非常に情報量が多いため、一度に全てを理解しようとすると圧倒される可能性があることです。特に初心者は、章ごとにゆっくりと理解を深めていくことをお勧めします。全体を通して読み進めることで、フロントエンド開発の基礎から応用まで幅広く学ぶことができるでしょう。

この書籍は、フロントエンド開発に興味を持ち始めた方や、基礎を固めたいと考えている初心者、さらにはすでにフロントエンド開発に携わっているが、最新のトレンドや技術を学びたいと考えている中級者にもおすすめします。豊富な内容と実践的なアプローチが、あなたのスキルアップに大きく寄与すること間違いありません。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Angular Webアプリ開発 スタートブック」

Angular Webアプリ開発 スタートブック
(著)大澤 文孝
発売日 2018/04/06
総合評価
(4.2)
(2024/05/22 12:00時点)
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
端末により、見開き表示で、左右が逆になる場合があります。


Webアプリ開発が初めての人にオススメ!
Angularの仕組みと技法をこの1冊に凝縮

本書は、人気のJavaScriptフレームワーク「Angular」でWebアプリを作りたい人のための、とってもやさしい入門書です。

【こんな方に】
○「将来、Webアプリ開発に取り組みたい」
○「Angular特有の機能について学びたい」
○「TypeScriptの作法について学びたい」
○「新しいフレームワークの作法をざっと知りたい」

テンプレート、コンポーネント、サービスといったAngular特有の仕組みについて学んだあとは、実際に「足し算アプリ」「料理レシピ表示アプリ」「検索機能」を作りながら、
Angularの基本がすんなり身につくよう構成しました。
また、プログラミングにはTypeScriptを使い、WindowsおよびMac両ユーザーにも参考になるように配慮しています。

■Chapter1 Angularって何?
■Chapter2 開発環境を整えよう
■Chapter3 Angularプロジェクトを作ろう
■Chapter4 Angularの基本
■Chapter5 入力フォームを作ってみよう
■Chapter6 入力エラーを検知するバリデータ
■Chapter7 リアクティブフォーム入門
■Chapter8 さまざまな入力コントロール
■Chapter9 ページの割り当てと遷移
■Chapter10 検索機能を実装する
■Chapter11 Webサーバで動かす

大きな図解でわかりやすい。サンプルコードも無償提供。本書を読み終えれば、AngularやTypeScriptの基本がしっかり身につきます。

さあ、あなたもこれを機に、Webアプリ開発の世界に飛びこんでみませんか?

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
導入編(イントロダクション
Angularの基本
データバインディング)
基本編(標準パイプ
ディレクティブ
フォーム開発
コンポーネント開発
サービス開発)
応用編(ルーティング
パイプ
ディレクティブの自作
テスト
開発ライブラリ
ツール)
Appendix TypeScript簡易リファレンス

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Angularどころかwebアプリ自体はじめて、HTMLなら少しは知っている、くらいのレベルを対象にしていますね、エディタの使い方まで解説されてるので本当の初心者でも読めると思います。他の言語なら触ったことあるレベルの人なら読まなくていい程度の内容です。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
まずは Angular の概要から始まり、 VSCode と Node.js のインストール、 Angular CLI での開発環境構築、 Angular CLI でのプロジェクト作成。

その後、作成したサンプルプロジェクトに手を加えながら、 Angular の説明をして、テンプレート駆動での入力フォーム作成とバリデータの設定、次にリアクティブフォームの説明と入力フォームの作成とバリデータの実装。

最後にルーティングの説明と実装、機能をサービスに切り出してコンポーネントに DI する実装を行う。

上記の一連の説明と実装を通して、一つの Web アプリを作り上げていき、最後にアプリをビルドし、ローカルで Web サーバを立ち上げてホストするところまで行います。

内容は全体的に広く浅く、 HTML, CSS, JavaScript は分かるけれど Angular は初めてという方向けです。

Angular 公式ドキュメントをいきなり読むのはハードルが高いという人が、とりあえず Angular を学び始めるとっかかりとして、雰囲気を掴むのに適していると思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
Angularどころかwebアプリ自体はじめて、HTMLなら少しは知っている、くらいのレベルを対象にしていますね、エディタの使い方まで解説されてるので本当の初心者でも読めると思います。他の言語なら触ったことあるレベルの人なら読まなくていい程度の内容です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
山田祥寛(ヤマダヨシヒロ)
静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」の代表でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

「React Angular Vueをスムーズに修得するための最新フロントエンド技術入門」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

 フロントエンド向けアプリケーションフレームワーク( React、Angular、Vue)の学習には、従来のWeb開発にはなかった「フレームワークごとの違い」、「未知の用語や概念」、「進化したJavaScript開発環境」など、最新のフロントエンド技術の知識が求められます。これらを、その都度調べていては効率が悪いだけでなく、知識が断片的になってしまいます。本書は、フレームワークの学習に必要なフロントエンド技術の基礎を体系的に解説し、この課題を解決します。
 なお、本書ではフレームワーク共通で必要な基礎知識と、フレームワークごとの主な違いを説明しており、React、Angular、Vueのどの学習にも役立ちます。一方、フレームワークごとのコード作成の詳細については説明していないので、各フレームワークの公式サイトや関連書籍などを参照してください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
最新のフロントエンド技術について概要を解説した本。
具体的な実装についても軽く解説してあるけど、この本だけだと開発するのは難しいだろうと思うので、この本に書いてある参考サイトを見ながら開発をすすめていくということになるのだろうと思う。
内容としては本当に、最新のフロントエンド、特にSPA技術について解説してあるけど、この本自体は初心者向け。具体的には、Web開発については、jQueryやBootstrapを使ったことはあるぐらいのレベルの人にたいして書かれているようだった。本書はそんなレベルのWeb開発エンジニア(5年目らしい)とSPAに関する講師が対話するという形式で書かれてあった。
Web開発5年目で、Ajaxすらよく分かってないのはどうなんだと思わなくないけど、バックエンドをメインでやってきたと考えればありえなくないのだろうか。
ただ、初心者向けなせいか、たまにちょっとモヤっとすることもあった。フロントエンド側にWebサーバーを作るには、ServiceWorkerという機能を利用するという記述を、結構最初のほうで紹介していたり。普通にキャッシュをもっているという説明だけでいいのではないかと思うのだけど、バックエンドを担当してきた人が相手ならこのほうが分かりやすいのだろうか…。
なお、今はJavaScriptよりTypeScriptで開発することを推奨するとのこと。やっぱりそろそろ、TypeScriptは使えるようになっておいたほうが使えるようになったほうがいいのだろうなぁ。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
Part01 フロントエンド技術の動向
第1章 従来型WebからモダンWebへ
第2章 最新フロントエンド技術のデモ

Part02 フロントエンド開発の基礎知識
第3章 JavaScript開発環境
第4章 最新Webブラウザの機能
第5章 アプリケーションフレームワーク
第6章 ネットワーク経由のAP(I Web API)
Part03 フロントエンド技術の導入
第7章 導入のポイント
第8章 お役立ち情報 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
モダンなフロントエンド技術についてわかりやすく解説している。
JavaScriptやjQueryはなんとなくわかるが、TypeScriptやNode.js、Reactなどのフレームワークはよくわからないという人に最適。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Angular本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにAngularの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のAngular関係の本人気ランキングです。

(2024/05/22 12:00 更新)
Rank製品価格
1
3,080円
(+185pt)
2,772円
3,080円
3,080円
2
495円
3
500円
4
いまから始めるWebフロントエンド開発
発売日 2016/08/25
松田 承一
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
540円
5
450円
6
AngularでCRUD操作を行ってみよう
発売日 2019/01/16
kenpapa
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
500円
7
390円
8
AngularJSライブラリ 活用レシピ 厳選 108
発売日 2015/08/08
山田祥寛 (WINGSプロジェクト)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
1,200円
9
Angular: インストール
発売日 2020/07/02
坂田 勉
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3)
100円
10
AngularJSで機先を制す
発売日 2012/12/26
上松 信彰
Kindle Unlimited対象
総合評価
(1)
500円

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Angularおすすめ講座」

UdemyではAngularを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Angularの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.5)
総評価数 609件
2
(4.7)
総評価数 1214件
3
(4.4)
総評価数 123件
4
(4.4)
総評価数 416件
5
【世界で4万人が受講】 実践!AngularJS講座
発売日 2016/03/01
受講者 2,385人
通常 19,800円
現在 1,300円
(4.5)
総評価数 352件

 

関連:React、Vue.js、JavaScriptの書籍

以下では、Angular活用のベースとなるJavaScript、TypeScriptの書籍も紹介しています。覗いてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました