レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年最新】AWS本「人気・高評価のおすすめ15冊」

こちらでは、世界シェアNo.1のクラウドコンピューティングサービス「Amazon Web Services(AWS)」の人気・おすすめの参考書を紹介していきまっす。

 

 

  1. AWSの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. いちばんやさしい新しいAWSの教本 人気講師が教えるDXを支えるクラウドコンピューティング 「いちばんやさしい教本」シリ...
    2. エバンジェリストの知識と経験を1冊にまとめた AWS開発を《成功》させる技術
    3. AWSの基本・仕組み・重要用語が全部わかる教科書 (見るだけ図解)
    4. 徹底攻略 AWS認定 クラウドプラクティショナー教科書
    5. AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ
    6. AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー 改訂第2版 (AWS認定資格試験テキスト)
    7. AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第3版 (AWS認定資格試験テキ...
    8. AWS Lambda実践ガイド 第2版 (impress top gear)
    9. 徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書 第3版[SAA-C03]対応
    10. (模擬問題付き)徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書 第3版[SAA-C03]対応
  2. AWSの本 最新・高評価のおすすめの5冊
    1. AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ
    2. いちばんやさしい新しいAWSの教本 人気講師が教えるDXを支えるクラウドコンピューティング 「いちばんやさしい教本」シリ...
    3. 要点整理から攻略する『AWS認定 高度なネットワーキング-専門知識』 (Compass Booksシリーズ)
    4. AWSコンテナ設計・構築[本格]入門
    5. AWSで実現するモダンアプリケーション入門 〜サーバーレス、コンテナ、マイクロサービスで何ができるのか
  3. AWS参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  4. AWS本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. おまけ:本より高コスパ?「Udemy AWSおすすめ講座」
  6. 関連:Webサービス開発のためのプログラミング
 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

AWSの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「AWSの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2024/02/23 12:01 更新)
Rank製品価格
1
2,178円
1,089円
2,178円
2
エバンジェリストの知識と経験を1冊にまとめた AWS開発を《成功》させる技術...
発売日 2023/06/28
高岡 将, 佐々木 亨 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.5)
2,860円
2,803円
(+1402pt)
2,860円
3
AWSの基本・仕組み・重要用語が全部わかる教科書 (見るだけ図解)...
発売日 2022/08/23
川畑光平, 菊地貴彰, 真中俊輝 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.5)
2,970円
2,911円
(+1456pt)
2,970円
2,750円
4
徹底攻略 AWS認定 クラウドプラクティショナー教科書
発売日 2023/06/21
トレノケート株式会社 高山裕司 (インプレス)
総合評価
(4.5)
2,750円
(+358pt)
2,475円
(+131pt)
2,750円
5
AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ
発売日 2023/04/01
佐竹 陽一, 山﨑 翔平, 小倉 大, 峯 侑資 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.6)
3,300円
2,970円
3,300円
6
2,728円
(+273pt)
2,455円
2,728円
7
AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第3版 (AWS認定資格試験テキスト)...
発売日 2023/09/28
佐々木 拓郎, 林 晋一郎, 金澤 圭, 小西秀和 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4)
2,860円
(+286pt)
2,574円
2,860円
8
AWS Lambda実践ガイド 第2版 (impress top gear)
発売日 2022/03/03
大澤 文孝 (インプレス)
総合評価
(4.2)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
9
徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書 第3版[SAA-C03]対応...
発売日 2023/03/07
鳥谷部 昭寛, 宮口 光平, 半田 大樹 (インプレス)
2,860円
(+372pt)
2,860円
10
2,860円
(+372pt)
2,574円
2,860円
 

いちばんやさしい新しいAWSの教本 人気講師が教えるDXを支えるクラウドコンピューティング 「いちばんやさしい教本」シリ...

本書ではAWSの基本的なサービス紹介はもちろん、サーバーレスやCI/CDなど効率的にアプリケーションを開発・運用するためのノウハウをふんだんに解説。この1冊で知っておくべきAWSの機能が一通り理解できるほか、実践的な活用方法まで身につきます。著者にはAWS導入支援に豊富な実績を持つ(株)サーバーワークスの中村哲也氏と近藤恭平氏を迎え、実践的な内容がセミナーを受けているかのような感覚で理解できます。オールカラー&豊富な図解で読みやすさにもこだわっています。

Chapter 1 AWSとは何かを理解しよう
Chapter 2 最初に押さえたいAWSの基本サービス
Chapter 3 サーバーレスサービスで運⽤コストを抑えよう
Chapter 4 コンテナサービスでスケーラブルなアプリを開発しよう
Chapter 5 クラウドで⽤いる開発⼿法
Chapter 6 開発を効率化するサービスを使いこなそう
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
基礎知識がある人にはわかりやすい、元々の知識がない人にはこの前段階の知識が必要という本かと思います。

しかし、導入検討のために読むのにはガイドとしてかなり良いのではないかと思います。

まずはAWSがこんなに手広いのかとはじめの説明の章で思いました。
AWSとはなにかを理解しようの章はAWSについてを知りたい人にはかなり役立つと思います。
その後も確かに役立つけれど、私はちょっと読み解きにくい部分もあり、読み込むのに時間がかかりました。

確かにサーバーレスは今後の運用について、組織によっては考えていく価値のあるものであると思います。

特に日本は首都直下型地震が起きた場合、都内のサーバーセンターはおおむね全損になるんじゃないかと思うんですよね……
なので、NTTや競馬や競艇,全国規模で大きなデータを扱うところは自社サーバーを比較的災害に強いとされるところに移動させたり、ミラーのセンターを使ったりはしてますが、そこまで大規模でなく、大きなデータを自社で運用させるのではなく、開発メインならばクラウドにするのは確かに利はある…が、東京リージョンってどこにあるんだろう…と物理の安全性はどうなってるんだろう、とちょっと気にかかりました。
実際に導入する際に、そこも考慮になるのでしょうが。
AWSが提供しているサービスで乗っかれると思うものが多いならば、会社によっては東京リージョンか大阪リージョンの検討はありだなと思いました。

読み込むと色々具体的に考えられることが多いです。
参考に良いかと (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

エバンジェリストの知識と経験を1冊にまとめた AWS開発を《成功》させる技術

初期検討から運用保守までAWSによるシステム開発を成功に導くためのノウハウを凝縮!

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

初期検討から運用保守までAWSによるシステム開発を成功に導くためのノウハウを凝縮!

システムを構築する際にクラウドを利用することが一般的になりましたが、クラウドは手軽に使える一方で、その恩恵をきちんと享受し、適切にシステムを運用するためには「クラウドの本質とサービスの性質を踏まえた要件・構成・運用の理解」が欠かせません。

本書はそうした「クラウドならではの要件・構成・運用の理解」を得るための知識と情報を1冊に集成。元AWSテクニカルエバンジェリストの著者たちが、数多くの開発・運用経験から獲得した、インフラやクラウドアーキテクチャのパターン化されたノウハウを1冊で提供します。

<本書のポイント>
・AWSでのシステム開発・運用経験を豊富に持つ著者たちによる書き下ろし!
・研修や資格試験では得られない、実際のシステム開発・運用における考え方と勘所が学べる!

<本書の効果>
(1)実装するシステムやサービスが適切にクラウドを利用しているか判断できる
・設計、開発、運用のすべての局面で、安全性やコストなども含め適切にコントロールできる
・クラウドシステム開発の初期検討時の参考資料としても使える

(2)クラウドシステム開発の「あるべき姿」として、現場の共通認識(プロトコル)に使える
・企画・経営とエンジニアが考える期待値を合わせ、同じプロトコルで議論できるようになる
・事例をもとにクラウドシステム開発の共通イメージを持つことができる
・中途参画や新卒など新たに加わるメンバーを短期間で戦力にできる

※カバー画像が異なる場合があります。

●目次
第1章 クラウドスタンダードな時代のシステム開発
 1.1 システム開発におけるクラウドの登場
 1.2 クラウドを利用したシステム開発
 1.3 システム開発体制の整え方
第2章 アーキテクティングの考え方
 2.1 アーキテクティングの必要性
 2.2 クラウドアーキテクチャの検討
 2.3 クラウドアーキテクチャの参考資料
第3章 クラウドアーキテクティングとサービス選定
 3.1 対象サービスに適したアーキテクティング
 3.2 システムを構築しようとする際の要件
 3.3 クラウドならではの構成を入れてみよう
 3.4 機能要件と非機能要件の整理
 3.5 実装計画時と運用計画時の留意点
 3.6 システムの概算見積りの作成
第4章 非機能要件のノウハウ
 4.1 アカウント管理
 4.2 可用性とDisaster Recovery
 4.3 クラウドシステムにおける性能確保
 4.4 オブザーバビリティの確保
第5章 クラウドアーキテクティングの実践例
 5.1 システム要件
 5.2 構成検討のポイント
 5.3 構築時に検討するポイント
第6章 マルチアカウントアーキテクチャ構築のハンズオン
 6.1 ハンズオンの構成
 6.2 AWSアカウントの準備
第7章 クラウドシステムを安定継続させる手法
 7.1 クラウドとオンプレミスで共通する点
 7.2 クラウドならではの点
第8章 クラウドシステムを正しく評価する観点
 8.1 コストの観点
 8.2 セキュリティの観点
 8.3 オペレーションの観点
 8.4 ビジネスと組織の観点
第9章 クラウドのメリットを生かした開発事例
 9.1 インターネット公開Webサイトのホスティング
 9.2 社内システムとしてのデータ分析基盤
 9.3 公開事例 株式会社ヴァル研究所様
 9.4 公開事例 北海道テレビ放送株式会社様

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
仕事をする上で考えるべきこと(当たり前と思ってたことや思ってたこと)が纏まっています。考え方ではそのままの業務や設計などに落とせるテンプレートレベルのノウハウもあります。
新しい発見やひらめきは薄いですが、これから業界に入られる方やこれからAWSを利用される方はこのレベルがベースにあれば即戦力に近い会話で一緒に働くことができると思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

AWSの基本・仕組み・重要用語が全部わかる教科書 (見るだけ図解)

AWSの基本・仕組み・重要用語が全部わかる教科書 (見るだけ図解)
(著)川畑光平, 菊地貴彰, 真中俊輝
発売日 2022/08/23
総合評価
(4.5)
(2024/02/23 12:01時点)
最もわかりやすく、もっとも充実した、最高のAWS入門書!
AWSの基本から、主要サービスの概要、特徴などを、わかりやすい図解とともに、1つひとつ丁寧に解説!
これからAWSを学ぶ人や、すでに利用している人にとって最適な教科書です。


序章 本書の目的と構成

第1部 入門編
Chapter 01 クラウドの基礎知識
Chapter 02 AWSの基本と全体像

第2部 基礎編
Chapter 03 ネットワーク関連のサービス
Chapter 04 コンピューティング関連のサービス
Chapter 05 ストレージ関連のサービス
Chapter 06 データベース関連のサービス
Chapter 07 アプリケーション統合関連のサービス
Chapter 08 監視関連のサービス
Chapter 09 アイデンティティ関連のサービス

第3部 実践編
Chapter 10 静的Webサイト関連のサービス
Chapter 11 エンタープライズシステム関連のサービス
Chapter 12 コンテナ関連のサービス
Chapter 13 サーバーレス関連のサービス
Chapter 14 DevOps関連のサービス
Chapter 15 データアナリティクス関連のサービス
Chapter 16 機械学習関連のサービス
Chapter 17 IoT関連のサービス
Chapter 18 基盤自動化関連のサービス
Chapter 19 システム管理関連のサービス
Chapter 20 セキュリティ関連のサービス

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
序章 本書の目的と構成
第1部 入門編
Chapter 01 クラウドの基礎知識
Chapter 02 AWSの基本と全体像
第2部 基礎編
Chapter 03 ネットワーク関連のサービス
Chapter 04 コンピューティング関連のサービス
Chapter 05 ストレージ関連のサービス
Chapter 06 データベース関連のサービス
Chapter 07 アプリケーション統合関連のサービス
Chapter 08 監視関連のサービス
Chapter 09 アイデンティティ関連のサービス
第3部 実践編
Chapter 10 静的Webサイト関連のサービス
Chapter 11 エンタープライズシステム関連のサービス
Chapter 12 コンテナ関連のサービス
Chapter 13 サーバーレス関連のサービス
Chapter 14 DevOps関連のサービス
Chapter 15 データアナリティクス関連のサービス
Chapter 16 機械学習関連のサービス
Chapter 17 IoT関連のサービス
Chapter 18 基盤自動化関連のサービス
Chapter 19 システム管理関連のサービス
Chapter 20 セキュリティ関連のサービス

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
AWSの勉強の書籍や、動画、Amazon社自体の
講習とか、色々ありますが、

真っ先にこの書籍を買った方が、理解度が進むと思います。

その後は人それぞれあった教材にこの書籍と
一緒に使うと、

"単語の意味" が分からなく、何となく進めて
行くのが、理解出来て進めて行けると思います。

個人的には、電子書籍より紙ベースの方が使い安いかな?と思いました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:川畑光平
川畑 光平(かわばた・こうへい)
エグゼクティブ ITスペシャリスト、ソフトウェアアーキテクト・デジタルテクノロジーストラテジスト(クラウド)。金融機関システム業務アプリケーション開発・システム基盤担当、ソフトウェア開発自動化、デジタル技術関連の研究開発を経て、クラウド技術に関する研究開発・推進に従事。
AWS Partner Ambassadors / APN AWS Top Engineers since 2019。
著:菊地貴彰
シニアITスペシャリスト(クラウド)。システム基盤担当として公共、金融、法人の各業界のシステム開発に従事。現在は学生時代の専攻である機械学習のノウハウを活かしつつ、デジタル技術やAgile開発プロセスを用いたシステム開発を中心に担当。
AWS Partner Ambassadors、APN AWS Top Engineers、APN ALL AWS Certifications Engineersに選出。
著:真中俊輝
NTTデータに入社後、クラウドを中心とした公共、金融、法人のシステム開発の支援やクラウド人材の育成を担当。
2019-2020年にAWS APN Top Engineersに選出。


↓全て表示↑少なく表示

  

徹底攻略 AWS認定 クラウドプラクティショナー教科書

徹底攻略 AWS認定 クラウドプラクティショナー教科書
(著)トレノケート株式会社 高山裕司
発売日 2023/06/21
総合評価
(4.5)
(2024/02/23 12:01時点)
本書は、「AWS認定 クラウドプラクティショナー」の対策教科書です。
ITにあまりなじみのない方でも理解できるよう、「クラウドコンピューティングとは何か」から丁寧に解説しています。また、クラウドに限らず、AWSを理解する上で必要となるITの一般知識についても触れながら解説しているため、途中でつまずくことなく学習いただけます。
試験において特に重要な項目を別枠「試験対策」に掲載。重点的に学習すべきポイントがひと目でわかります。
各章末には理解度を確認するための演習問題を掲載しているほか、本試験を体験できる模擬問題1回分をダウンロード提供。「わかりやすい解説」+「豊富な問題」で、本書一冊だけで合格を目指せます。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AWSを10年以上実務で使っています。CLFの書籍ということで、後輩や部下たちの脅威の参考にするために注文しました。

さっと、全体に目を通してみました。
AWSのサービス郡について、どういうものがあるかどうか、概要を把握するには良書だと思いました。
試験範囲と合わせると、十分以上の知識が得られる書籍だおと思いました。
マネジメントコンソールのスクショも十分以上にありますし、
図解もたくさんあります。

これは「AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー 改訂第2版 (AWS認定資格試験テキスト)」のレビューです。""この教科書は、正統派スタイルの二色刷りで、章ごとに練習問題が配置されているため、繰り返し学習に適しています。イラストとキャプチャが適度に使われていますが、キャプチャ画面が小さく少々読みづらい部分もあります。模試はPDFで提供され、サポートページも準備されており、索引も収録されているのが魅力です。初心者向けということで解説は短く、図を用いた視覚的な説明が豊富で、非ITの人でも一定の理解が可能です。教科書とは思えないほど分厚いですが、各章ごとに試験のポイントや確認問題があり、模擬試験もダウンロード可能なのは利点です。非常に必要な情報が簡潔にまとめられており、全体像を掴むのに適しています。ただし、一部読みにくい部分もあるため気にならない方にはお勧めです。

これは「徹底攻略 AWS認定 クラウドプラクティショナー教科書」のレビューです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ

AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ
(著)佐竹 陽一, 山﨑 翔平, 小倉 大, 峯 侑資
発売日 2023/04/01
総合評価
(4.6)
(2024/02/23 12:01時点)
現場で役立つ!
AWSトップエンジニアが実践しているシステム運用の手法とコツ


本書では「最初に知っておきたいAWS運用のすべて」を体系立てて解説します。
システム運用で利用するEC2・IAM・RDSといった基本的なサービスはもちろん、
意外と知らないバックアップ/リストア、セキュリティ統制、監査に関わるサービスも基本から丁寧に解説。
日々の運用業務の中で「なるべく楽に」「効率的に」AWSでシステムを運用する手法が満載です。

■本書の対象読者
・これからシステム運用に関わる新米エンジニアの方々
・これまでオンプレミスで運用をしてきたエンジニアのみなさま

■こんな悩みが解消します
・便利なアカウント管理の方法は?
・最適なログの収集と分析方法は?
・エラーを管理しやすい監視方法は?
・ヌケモレを防ぐパッチ適用の方法は?
・簡単なコスト削減の方法は?


《Contents》
Chapter 1 システム運用の全体像
Chapter 2 AWSとクラウド
Chapter 3 運用において押さえておくべきAWSサービス
Chapter 4 アカウント運用
Chapter 5 ログ運用
Chapter 6 監視
Chapter 7 パッチ適用
Chapter 8 バックアップ/リストア運用
Chapter 9 セキュリティ統制
Chapter 10 監査準備
Chapter 11 コスト最適化


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
40代のプログラマーです。
ここ何年かはデータ分析のシステムの開発、運用に携わってきました。

本書は、AWSをしっかり使おうとするときに、
横断的に利用されるサービスにしぼって、ほど良い深さで説明した本です。

約490ページ。
目次は以下のようになっています。

Chapter 1 システム運用の全体像
Chapter 2 AWSとクラウド
Chapter 3 運用において押さえておくべきAWSサービス
Chapter 4 アカウント運用
Chapter 5 ログ運用
Chapter 6 監視
Chapter 7 パッチ適用
Chapter 8 バックアップ/リストア運用
Chapter 9 セキュリティ統制
Chapter 10 監査準備
Chapter 11 コスト最適化

AWSの公式ドキュメントは詳細だけど、
はじめて読むとよくわからないことが多いです。

本書を読むと、それがわかりやすく書いてあります。

各章の前半は各サービスの説明、
後半はサンプルアーキテクチャと称して
ハンズオン的な説明もあります。
スクリーンショットも満載です。

入門と実際の運用のギャップを埋めるのに良いと思います。

また、現場で知らないAWSのサービスに遭遇したとき
最低限それがなんの技術なのかわかるようになると思います。

AWS認定試験の勉強にも役立ちました。

おすすめです。

続編として分野ごとの運用も本書のようなスタイルで説明されるとありがたい。

分野ごとでは、
要点整理から攻略する『AWS認定 XXXX-専門知識』 (Compass Booksシリーズ)
がとても良く書いてあるけれど、そちらは本の趣旨からして、
試験対策を公式ドキュメントをもとに隙なくというような内容であり、
現場で使うには物足りなさがある。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー 改訂第2版 (AWS認定資格試験テキスト)

合格を徹底サポート!

2023年のAWSクラウドの最新情報で基本からしっかり解説した、「AWS認定 クラウドプラクティショナー」向けの試験対策教科書です。
AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。「AWS認定 クラウドプラクティショナー」は、エンジニアだけでなくマネージャーや営業職など、さまざまなポジションを対象とした試験で、AWSクラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できるようになることが求められます。
本書はAWSを利用していくのに必要となる「クラウドの概念」「セキュリティ」「テクノロジー」「請求と料金」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
AWSクラウドの深い知識と認定試験対策への経験を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

第1章 AWS認定資格
第2章 AWSクラウドの概念
第3章 AWSのセキュリティ
第4章 AWSのテクノロジー
第5章 コンピューティングサービス
第6章 ストレージサービス
第7章 ネットワークサービス
第8章 データベースサービス
第9章 管理サービス
第10章 請求と料金

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AWSの認定資格の対策本
認定資格の概要から載っていて初心者に最適です。
かく言う私も初心者ですが、DXの流れに取り残されないようスキルアップしたいと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第3版 (AWS認定資格試験テキ...

合格への最短ルート!


AWSの幅広いサービスのテクノロジーを使い、安全で堅牢なシステムを設計できる知識とスキルを持っていることを証明するのが「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」試験です。
本書は、2022年に改訂された「SAA-C03」試験に対応した教科書になります。合格に必要な「セキュアなアーキテクチャの設計」「弾力性に優れたアーキテクチャの設計 」「高性能アーキテクチャの設計」「コストを最適化したアーキテクチャの設計」といったカテゴリの知識を、しっかり丁寧に解説しています。
実際のAWSを使ったシステムの豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、合格のポイントになる知識と解答を導く考え方が理解できるように構成しています。
さらに、練習問題と模擬問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。


 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
このAWS認定資格試験テキストは、AWS(Amazon Web Services)の認定ソリューションアーキテクトアソシエイト資格に焦点を当てた学習教材です。

1.使い勝手とクオリティ:
 このテキストはAWSのアソシエイトレベルのソリューションアーキテクト資格試験に対する包括的で理解しやすい学習資料です。
 専門的な用語をわかりやすく解説し、実践的な演習や事例を通じて、実際のプロジェクトでの活用力を向上させることができます。

2.利用者に向けた情報
 初めてAWSに触れる方から、既に経験がある方まで、幅広い層に対応しています。
 簡潔な説明から始まり、徐々に深化していく進行形の教材構成は、初学者にも理解しやすく、資格取得に向けてステップバイステップで進めることができます。

3.購入の判断材料:
 このテキストはAWS認定試験の公式な学習資料として信頼されており、実際の試験内容に対する適切な準備ができます。実績豊富なトレーナー陣によって執筆され、最新のAWSサービスやベストプラクティスに焦点を当てています。
 大きさはコンパクトサイズですが、厚さと重さも結構あるので、自分は主に自宅で使っています。

4.お薦めしたい方:
 AWSの認定資格を取得したいプロフェッショナルや学生
 クラウドアーキテクチャの設計に関するスキルを向上させたいエンジニア
 AWSでのプロジェクトやビジネスに従事している方
 特にエンジニアとしての転職時には、最低限こうした資格を持っていると単金変わります。転職を視野に入れている方は、ここからはじめて、どんどん上位の資格を取得されるとよいと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

AWS Lambda実践ガイド 第2版 (impress top gear)

AWS Lambda実践ガイド 第2版 (impress top gear)
(著)大澤 文孝
発売日 2022/03/03
総合評価
(4.2)
(2024/02/23 12:01時点)
本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。第2版では、2022年の最新情報にアップデート、SAM開発環境に対応しました。
 AWS Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。
 サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。この利点はとても大きいため、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えています。しかし、Lambdaによる開発に大きなメリットがあるといっても、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。
 本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Swiftはどのような言語か
変数と定数と式
基本的な型
コレクションを表す型
制御構文
関数とクロージャ
型の構成要素ープロパティ、イニシャライザ、メソッド
型の種類ー構造体、クラス、列挙型
プロトコルー型のインタフェースの定義
ジェネリクスー汎用的な関数と型
モジュールー配布可能なプログラムの単位
型の設計指針
イベント通知
非同期処理
エラー処理
Webサービスとの連携
ユニットテスト
実践的なSwiftアプリケーションーWeb APIクライアントを作ろう

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Lambda sam等の開発環境が丁寧に書いてあるので、一からLambdaの開発方法がわかりました。 また、他のSES等のサービスの連携方法のサンプルも多数あります。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ハンズオン形式に使ってもいいし、普通に読み物として見るだけでもLambdaの細かい部分まで理解できると思います。
イベント駆動のサーバーレスアーキテクチャは今後も流行りは継続すると思うので、クラウドサービスベースの開発に興味のある方にはおすすめです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
大澤文孝(オオサワフミタカ)
技術ライター/プログラマー、情報処理資格としてセキュリティスペシャリスト、ネットワークスペシャリストを取得。Webシステムの設計、開発とともに、長年の執筆活動のなかで、電子工作、Webシステム、プログラミング、データベースシステム、パブリッククラウドに関する書籍を多数執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書 第3版[SAA-C03]対応

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

(模擬問題付き)徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書 第3版[SAA-C03]対応

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

AWSの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「AWSの本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2024/02/23 12:01 更新)
Rank製品価格
1
AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ
発売日 2023/04/01
佐竹 陽一, 山﨑 翔平, 小倉 大, 峯 侑資 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.6)
3,300円
2,970円
3,300円
2
2,178円
1,089円
2,178円
3
要点整理から攻略する『AWS認定 高度なネットワーキング-専門知識』 (Compass Booksシリーズ)...
発売日 2022/02/28
NRIネットコム株式会社, 佐々木 拓郎, 小西 秀和, 安藤 裕紀 (マイナビ出版)
総合評価
(4.6)
3,828円
(+115pt)
3,445円
3,828円
3,828円
4
AWSコンテナ設計・構築[本格]入門
発売日 2021/10/21
新井 雅也, 馬勝 淳史 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.5)
3,300円
3,234円
(+1617pt)
3,300円
3,300円
5
2,948円
2,889円
2,948円
 

AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ

AWS運用入門 押さえておきたいAWSの基本と運用ノウハウ
(著)佐竹 陽一, 山﨑 翔平, 小倉 大, 峯 侑資
発売日 2023/04/01
総合評価
(4.6)
(2024/02/23 12:01時点)
現場で役立つ!
AWSトップエンジニアが実践しているシステム運用の手法とコツ


本書では「最初に知っておきたいAWS運用のすべて」を体系立てて解説します。
システム運用で利用するEC2・IAM・RDSといった基本的なサービスはもちろん、
意外と知らないバックアップ/リストア、セキュリティ統制、監査に関わるサービスも基本から丁寧に解説。
日々の運用業務の中で「なるべく楽に」「効率的に」AWSでシステムを運用する手法が満載です。

■本書の対象読者
・これからシステム運用に関わる新米エンジニアの方々
・これまでオンプレミスで運用をしてきたエンジニアのみなさま

■こんな悩みが解消します
・便利なアカウント管理の方法は?
・最適なログの収集と分析方法は?
・エラーを管理しやすい監視方法は?
・ヌケモレを防ぐパッチ適用の方法は?
・簡単なコスト削減の方法は?


《Contents》
Chapter 1 システム運用の全体像
Chapter 2 AWSとクラウド
Chapter 3 運用において押さえておくべきAWSサービス
Chapter 4 アカウント運用
Chapter 5 ログ運用
Chapter 6 監視
Chapter 7 パッチ適用
Chapter 8 バックアップ/リストア運用
Chapter 9 セキュリティ統制
Chapter 10 監査準備
Chapter 11 コスト最適化


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
40代のプログラマーです。
ここ何年かはデータ分析のシステムの開発、運用に携わってきました。

本書は、AWSをしっかり使おうとするときに、
横断的に利用されるサービスにしぼって、ほど良い深さで説明した本です。

約490ページ。
目次は以下のようになっています。

Chapter 1 システム運用の全体像
Chapter 2 AWSとクラウド
Chapter 3 運用において押さえておくべきAWSサービス
Chapter 4 アカウント運用
Chapter 5 ログ運用
Chapter 6 監視
Chapter 7 パッチ適用
Chapter 8 バックアップ/リストア運用
Chapter 9 セキュリティ統制
Chapter 10 監査準備
Chapter 11 コスト最適化

AWSの公式ドキュメントは詳細だけど、
はじめて読むとよくわからないことが多いです。

本書を読むと、それがわかりやすく書いてあります。

各章の前半は各サービスの説明、
後半はサンプルアーキテクチャと称して
ハンズオン的な説明もあります。
スクリーンショットも満載です。

入門と実際の運用のギャップを埋めるのに良いと思います。

また、現場で知らないAWSのサービスに遭遇したとき
最低限それがなんの技術なのかわかるようになると思います。

AWS認定試験の勉強にも役立ちました。

おすすめです。

続編として分野ごとの運用も本書のようなスタイルで説明されるとありがたい。

分野ごとでは、
要点整理から攻略する『AWS認定 XXXX-専門知識』 (Compass Booksシリーズ)
がとても良く書いてあるけれど、そちらは本の趣旨からして、
試験対策を公式ドキュメントをもとに隙なくというような内容であり、
現場で使うには物足りなさがある。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

いちばんやさしい新しいAWSの教本 人気講師が教えるDXを支えるクラウドコンピューティング 「いちばんやさしい教本」シリ...

本書ではAWSの基本的なサービス紹介はもちろん、サーバーレスやCI/CDなど効率的にアプリケーションを開発・運用するためのノウハウをふんだんに解説。この1冊で知っておくべきAWSの機能が一通り理解できるほか、実践的な活用方法まで身につきます。著者にはAWS導入支援に豊富な実績を持つ(株)サーバーワークスの中村哲也氏と近藤恭平氏を迎え、実践的な内容がセミナーを受けているかのような感覚で理解できます。オールカラー&豊富な図解で読みやすさにもこだわっています。

Chapter 1 AWSとは何かを理解しよう
Chapter 2 最初に押さえたいAWSの基本サービス
Chapter 3 サーバーレスサービスで運⽤コストを抑えよう
Chapter 4 コンテナサービスでスケーラブルなアプリを開発しよう
Chapter 5 クラウドで⽤いる開発⼿法
Chapter 6 開発を効率化するサービスを使いこなそう
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
基礎知識がある人にはわかりやすい、元々の知識がない人にはこの前段階の知識が必要という本かと思います。

しかし、導入検討のために読むのにはガイドとしてかなり良いのではないかと思います。

まずはAWSがこんなに手広いのかとはじめの説明の章で思いました。
AWSとはなにかを理解しようの章はAWSについてを知りたい人にはかなり役立つと思います。
その後も確かに役立つけれど、私はちょっと読み解きにくい部分もあり、読み込むのに時間がかかりました。

確かにサーバーレスは今後の運用について、組織によっては考えていく価値のあるものであると思います。

特に日本は首都直下型地震が起きた場合、都内のサーバーセンターはおおむね全損になるんじゃないかと思うんですよね……
なので、NTTや競馬や競艇,全国規模で大きなデータを扱うところは自社サーバーを比較的災害に強いとされるところに移動させたり、ミラーのセンターを使ったりはしてますが、そこまで大規模でなく、大きなデータを自社で運用させるのではなく、開発メインならばクラウドにするのは確かに利はある…が、東京リージョンってどこにあるんだろう…と物理の安全性はどうなってるんだろう、とちょっと気にかかりました。
実際に導入する際に、そこも考慮になるのでしょうが。
AWSが提供しているサービスで乗っかれると思うものが多いならば、会社によっては東京リージョンか大阪リージョンの検討はありだなと思いました。

読み込むと色々具体的に考えられることが多いです。
参考に良いかと (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

要点整理から攻略する『AWS認定 高度なネットワーキング-専門知識』 (Compass Booksシリーズ)

要点整理から攻略する『AWS認定 高度なネットワーキング-専門知識』 (Compass Booksシリーズ)
(著)NRIネットコム株式会社, 佐々木 拓郎, 小西 秀和, 安藤 裕紀
発売日 2022/02/28
総合評価
(4.6)
(2024/02/23 12:01時点)
「AWS 認定 高度なネットワーキング」に頻出する内容を1冊にまとめました!

本書はAWSのネットワークに関する知識を体系的に1冊にまとめました。AWS認定試験を受験される方はもちろん、AWSのネットワークについて学びたい方や、知識をアップデートしたい方にもおすすめの1冊です。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 AWS試験概要と学習方法
第2章 AWS ネットワークの設計と実装
第3章 大規模なハイブリッド IT ネットワークアーキテクチャの設計と実装
第4章 アプリケーションサービスとネットワークの連携の構築
第5章 AWS タスクの自動化
第6章 セキュリティとコンプライアンスの設計と実装、ネットワークの管理・最適化・トラブルシューティング
第7章 AWSのベストプラクティスに沿った設計と運用
第8章 練習問題

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
全体的に試験範囲を網羅していて、ネットワーク周りの知識の整理に役立ちました。
模擬試験も本試験と同じようなものが多数出ていました。
体感的には9割近くがVPNかDX関連の問題だったと思うので、本書籍の該当部分を重点的に抑えておくと合格に近づくと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

AWSコンテナ設計・構築[本格]入門

AWSコンテナ設計・構築[本格]入門
(著)新井 雅也, 馬勝 淳史
発売日 2021/10/21
総合評価
(4.5)
(2024/02/23 12:01時点)
AWSにおけるコンテナ環境の設計・構築のノウハウを凝縮、
基本から実践的な知識まで、しっかりと学べます。

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

▼本書のポイント
・最新の「AWSサービス」をフル活用
・手順がしっかりわかる「ハンズオン」
・「ユースケース」から学ぶ最適な設計

AWSにおけるコンテナ環境の設計・構築のノウハウを凝縮、
基本から実践的な知識まで、しっかりと学べます。

▼対象読者
本書では、次のような読者の方々を想定しています。
・これからAWSを活用してコンテナを学習しようとしている方
・オンプレミスからクラウドネイティブなアプリケーションへの移行を検討
されている方
・Lift&Shiftに向けて、コンテナを活用しようとしている方
・プロダクション運用を念頭に置いたコンテナ設計を体系的に学習したい方
・自ら手を動かしながらAWSサービスを学びたい方

▼本書の構成
本書は全5章から構成されています。コンテナ技術の概要から、設計・構築・運用といった一連の流れについて、ハンズオンを交えながら触れていきます。
第1章では、Dockerを中心としたコンテナの概要について紹介します。
第2章では、コンテナに関するAWSの各種サービスを紹介します。
第3章では、AWS上でコンテナを利用する際のアーキテクチャ設計について検討します。本書のメイントピックであり、AWS Well-Architectedフレームワークの方針に沿って最適なコンテナ設計を考えていきます。
第4章では、第3章で検討した設計ポイントを基にハンズオン形式でアーキテクチャを構築していきます。基本的なコンテナ関連のAWSサービス利用に重点を置き、AWS上でアプリケーションを稼働させることを目指します。
第5章では、第4章ハンズオンの実践編と位置づけ、運用、セキュリティ、最適なパフォーマンスに必要なアーキテクチャを構築していきます。CI/CDに必要なAWS Codeシリーズを始め、スケーリング戦略の実装方法等を紹介します。

●目次
Chapter1 コンテナの概要
 1.1 コンテナ技術とは
 1.2 コンテナ利用のメリット
 1.3 Docker
 1.4 オーケストレーションツールとは
 1.5 コンテナ技術を導入するために考慮すべきこと
Chapter2 コンテナ設計に必要なAWSの基礎知識
 2.1 AWSでコンテナを利用する優位性
 2.2 AWSが提供するコンテナサービス
 2.3 アーキテクチャの構成例
Chapter3 コンテナを利用したAWSアーキテクチャ
 3.1 アーキテクチャを設計する前に
 3.2 Well-Architected フレームワークの活用
 3.3 設計対象とするサンプルアーキテクチャ
 3.4 運用設計
 3.5 セキュリティ設計
 3.6 信頼性設計
 3.7 パフォーマンス設計
 3.8 コスト最適化に向けた方針
Chapter4 コンテナを構築する(基礎編)
 4.1 ハンズオンで作成するAWS構成のおさらい
 4.2 ネットワークの構築
 4.3 アプリケーションの構築
 4.4 コンテナレジストリの構築
 4.5 オーケストレーションの構築
 4.6 データベースの構築
 4.7 アプリケーション間の疎通確認
Chapter5 コンテナを構築する(実践編)
 5-1 ハンズオンで構築するAWS構成
 5-2 運用設計:Codeシリーズを使ったCI/CD
 5-3 運用設計&セキュリティ設計:アプリケーションイメージへの追加設定
 5-4 パフォーマンス設計:水平スケールによる可用性向上
 5-5 セキュリティ設計:アプリケーションへの不正アクセス防止
 5-6 運用設計&セキュリティ設計:ログ収集基盤の構築
 5-7 運用設計:FargateによるBastion(踏み台ホスト)の構築
 5-8 セキュリティ設計:Trivy/Dockleによるセキュリティチェック

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
01 コンテナの概要(コンテナという技術
Dockerとは ほか)
02 コンテナ設計に必要なAWSの基礎知識(AWSが提供するコンテナサービス
アーキテクチャの構成例 ほか)
03 コンテナを利用したAWSアーキテクチャ(Well-Architectedフレームワークの活用
設計対象とするアーキテクチャ ほか)
04 コンテナを構築する(基礎編)(ハンズオンで作成するAWS構成
ネットワークの構築 ほか)
05 コンテナを構築する(実践編)(ハンズオンで構築するAWS構成
運用設計:Codeシリーズを使ったCI
CD ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
内容がしっかりで、試験に受かったに非常に役に立った、今後仕事中にも参考書として引き続き読ませていただきます。ありがとうございます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
・P34:コントロールプレーン
本書ではコンテナ技術を扱っており、本書の文脈においては「コンテナを管理する機能」を指してコントロールプレーンと呼びます。AWSが提供するコントロールプレーンは主に2種類(ECS, EKS)あります。

・P36:ECSの全体概念図
図2-1-2 ECSのアーキテクチャ

・P37:図2-1-3 EKSのアーキテクチャ

・P38:データプレーン
コンテナが実際に稼働するリソース環境を指します。AWSが提供するデータプレーンは次の2種類(EC2, Fargate)です。

・P45:図2-2-1 コンテナアーキテクチャの4つのパターン
それぞれのパターンについてメリットデメリットを自由に語ると軸がブレるため、今回は4つの軸で記述
- コスト面
- 拡張性
- 信頼性
- エンジニアリング観点

・P59:2-3 各アーキテクチャに適応したユースケース
- 機械学習が必要なケース
- 高いリソース集約率を実現したいケース

・P89:3-4 運用設計
- ロギング設計
- メトリクス設計
- トレース設計

・P154:3-6 信頼性設計

・P166:3-7 パフォーマンス設計
・P169:Step 2-2 スケール戦略の検討
 ECS/Fargateではスケールアップとスケールアウトの戦略が選択できます。

・P171:では、スケールアップとスケールアウトのどちらがパフォーマンスを向上させる戦略として適切なのでしょうか。アプリケーションの特性に依存しますが、次の理由から筆者はスケーラビリティが高いスケールアウト構成を推奨します。

・P172:ECS/Fargateのスケールアウト戦略を採用する上での注意点が「サービスクォータ」です。P164でも触れた通り、AWSアカウントでリージョンあたりに起動できるFargate上のECSタスク数はデフォルト1000となっています。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
新卒です。
適当に入社した会社のノウハウがゴミ過ぎて、今、時間を貰ってAWSの開発環境などをリファクタしてます。

読もうと思った時には知識量が足らず読むことを断念しましたが、2,3週間くらいAWSを触り続け、CI/CDまで構築できるようになった今読むと最高です。

特に”AWSをなんとなく使ってる方や会社”にはうってつけですね。
ただ単にAWSの機能を紹介してるのとは違い、ログ管理やCI/CD管理、パフォーマンスやコストなどまで扱っており、雰囲気で構築してる人は是非一度3章くらいまででいいので読んでほしいです。

もちろん、弊社では推薦図書として提案しました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
新井雅也(アライマサヤ)
主に金融業界のお客様に対するビジネス提案やシステム設計、開発、運用を担当。UI/UXデザインやスマホApp、サーバサイドApp等のフルスタックな守備範囲を持ちつつ、クラウドアーキテクチャ設計と開発が得意。業務以外においても登壇や寄稿、AWSコミュニティ運営など幅広く活動中。2021 APN Ambassador/2021 APN ALL AWS Certifications Engineer/2020-2021 APN AWS Top Engineer

馬勝淳史(ウマカツアツシ)
フロントエンドApp&バックエンドを実装するシステムエンジニア。金融セグメントの顧客へのビジネス提案、PoCのためのプロトタイプ開発、UI/UX検討等にも従事。2020-2021 APN AWS Top Engineer

佐々木拓郎(ササキタクロウ)
SI企業にて、クラウドを中心としたシステム構築のコンサルティングや開発運用に従事。最近は、直接的な技術論ではなくCCoE等の組織設計の比率が高い。2019-2021 APN Ambassador/2021 APN ALL AWS Certifications Engineer/2019-2021 APN AWS Top Engineer(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

AWSで実現するモダンアプリケーション入門 〜サーバーレス、コンテナ、マイクロサービスで何ができるのか

(概要)

アプリケーションの設計・構築・管理を継続的に見直し、変化に迅速な対応をする開発戦略として、注目されている「モダンアプリケーション」。高い俊敏性・柔軟性のある開発を実現し、ビジネスを成長させることができます。しかし、モダンアプリケーション構築に役立つプラクティスは抽象度が高いことから、現場に適用しにくいのではないでしょうか。

そこで本書では、架空の開発現場を題材に、実際のプラクティスを解説。サーバーレスやコンテナによる運用改善・CI/CDパイプライン構築による自動化・アーキテクチャ最適化などを実践する方法を、イメージしながら読み進められるようまとめました。要件にあった技術選択をする重要性も紹介し、アプリケーションや組織の規模にあった考え方ができるようなアクティビティ(問いかけ)も提供しています。

各企業の技術戦略などによって最適解は変わりますが、アプリケーションの課題を改善して生産性を高めたい方にとって参考になる情報が多いでしょう。「なんとなく流行っているから……」「過去に使ったことがあるから……」という理由で技術選定されている現場に違和感を感じる方にもお勧めの1冊です。


(こんな方におすすめ)

・機能改善・追加のスピードを上げたい方

・運用負荷を軽減して、コストも抑えたい方

・自動化で効率・品質を向上させたい方

・要件にあったテクノロジー・ツールを選択したい方


(目次)

第1章 モダンアプリケーションとは何か

  1.1 求められるイノベーション

  1.2 モダンアプリケーションのメリット

  1.3 モダンアプリケーションのベストプラクティス

  1.4 まとめ

第2章 サンプルアプリケーションの紹介

  2.1 シナリオの検討

  2.2 現在のアプリケーションの仕様

  2.3 Sample Book Storeのモダンアプリケーション化

  2.4 まとめ

第3章 アプリケーション開発におけるベストプラクティスを適用

  3.1 The Twelve-Factor App

  3.2 Beyond the Twelve-Factor App

  3.3 プラクティスの紹介

  3.4 まとめ

第4章 データの取得による状況の可視化

  4.1 ビジネスデータ

  4.2 運用データ

  4.3 システムデータ

  4.4 オブザーバビリティ(可観測性)

  4.5 まとめ

第5章 サーバーレスやコンテナテクノロジーによる運用改善

  5.1 サーバーレステクノロジーを使う価値

  5.2 AWSでのサーバーレス

  5.3 サーバーレスとコンテナのワークロード比較

  5.4 シナリオによるサーバーレスワークロードの構成例

  5.5 シナリオによるコンテナワークロードの構成例

  5.6 まとめ

第6章 CI/CDパイプラインによるデリバリーの自動化

  6.1 継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)

  6.2 パイプライン・ファーストという考え方

  6.3 CI/CDツールに求める機能と要件

  6.4 シナリオによるCI/CDの構成例

  6.5 CI/CDパイプラインのさらなる活用

  6.6 まとめ

第7章 要件にあったデータベースの選択

  7.1 データベースに求める機能と要件

  7.2 Purpose-built database とは何か

  7.3 シナリオによるデータベースの選択

  7.4 まとめ

第8章 モダンアプリケーションパターンの適用によるアーキテクチャの最適化

  8.1 パターンとは

  8.2 シングルページアプリケーション(SPA:Single Page Application)

  8.3 API Gateway:API呼び出しの複雑性を集約する

  8.4 メッセージング:サービス間の非同期コラボレーションの促進

  8.5 Saga:サービスにまたがったデータ整合性の維持

  8.6 CQRS:データの登録と参照の分離

  8.7 イベントソーシング:イベントの永続化

  8.8 サーキットブレーカー:障害発生時のサービスの安全な切り離し

  8.9 サービスディスカバリ:サービスを見つける

  8.10 サービスメッシュ:大規模サービス間通信の管理

  8.11 フィーチャーフラグ:新機能の積極的なローンチ

  8.12 分散トレーシング:サービスを横断するリクエストの追跡

  8.13 まとめ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
題名を見てAWSに特化している内容だと思っていたのですが、「モダンアプリケーションとは何か」から始まる壮大な内容となっていました。
知識として薄く、弱点だと思っていた部分を補填する目的だったのですが、さらなる弱点が次々と露出してしまったので、一から学びなおすつもりで繰り返し参照しています。
内容の中に不明点なども多く、それを補足するための調査なども必要になるため、なかなか進みません。
有識者に聞くのが一番手っ取り早いのでしょうが、業務的な部分でも人的な部分でも、手薄になっているカテゴリなので、ちょっとした開拓者の感覚です。
時間はかかりそうですが、少しでも多く吸収して、活用できたらと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

AWS参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したAWS参考書の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2024/02/23 12:01 更新)
製品価格
AWSコスト最適化入門
発売日 2024/05/14
緒方遼太郎 (シーアンドアール研究所)
3,762円
(+113pt)
3,762円
徹底攻略AWS認定SysOpsアドミニストレーター - アソシエイト教科書&問題集[SOA-C02]対応...
発売日 2024/03/14
株式会社NTTデータ 鮒田 文平, 株式会社NTTデータ 長澤 美波, 株式会社NTTデータビジネスシステムズ 日暮 拓也, 株式会社JSOL 奥井 務 (インプレス)
3,960円
(+119pt)
3,960円
5,170円
(+156pt)
5,170円
独学合格 AWS認定クラウドプラクティショナー テキスト&問題集...
発売日 2024/01/30
アクセンチュア株式会社, 青柳 雅之, 烏山 智史, 高橋 悠輔 (KADOKAWA)
2,728円
2,728円
徹底攻略AWS認定デベロッパー - アソシエイト教科書&問題集 第2版 [DVA-C02]対応...
発売日 2024/01/23
株式会社NTTデータ 川畑 光平 (インプレス)
3,960円
(+119pt)
3,960円
3,960円
3,828円
(+115pt)
3,445円
3,828円
ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応]...
発売日 2023/11/30
山下光洋 (秀和システム)
総合評価
(4)
2,310円
(+509pt)
2,079円
2,079円
798円
2,420円
(+533pt)
2,178円
2,178円
798円
 

AWS本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるAWS本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2024/02/23 12:01 更新)
Rank製品価格
1
700円
2
1,250円
3
99円
4
498円
5
990円
6
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
大澤文孝 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
1,375円
2,750円
2,750円
7
1,250円
8
1,250円
9
490円
10
AWS実務入門 - インフラ基本編
発売日 2020/08/14
ますけん
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.7)
980円
 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy AWSおすすめ講座」

UdemyではAWSを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、AWSの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.3)
総評価数 12369件
2
(4.2)
総評価数 23875件
3
(4.3)
総評価数 8897件
4
(4.3)
総評価数 12741件
5
(4.1)
総評価数 5373件

 

関連:Webサービス開発のためのプログラミング

以下では、AWSで使える代表的なNode.js(JavaScript)やPHPといったWeb開発向けの参考書も紹介しています。合わせて参照ください。

 

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました