【2020年】AWS本「人気20冊と新書/高評価/おすすめの9冊」

こちらでは、世界シェアNo.1のクラウドコンピューティングサービス「Amazon Web Services(AWS)」の人気・おすすめの参考書を紹介していきまっす。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

AWS本「人気ランキング 20冊」

AWSの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/01/18 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版...
発売日 2020/02/12
通常    2,970円
単行本   2,970円 (+30pt)
Kindle   2,673円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 47件
2
図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書...
発売日 2019/11/07
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,069円 (+36pt)
(4.1)
総評価数 83件
3
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,613円 (+54pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.1)
総評価数 12件
4
(0)
総評価数 0件
5
AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー...
発売日 2019/04/20
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+26pt)
Kindle   2,356円 (+24pt)
(4)
総評価数 117件
6
AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第2版...
発売日 2021/01/21
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+26pt)
Kindle   2,618円 (+26pt)
(0)
総評価数 0件
7
AWS Lambda実践ガイド
発売日 2017/10/16
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 12件
8
(3.6)
総評価数 25件
9
(4.6)
総評価数 37件
10
(3.9)
総評価数 3件
11
AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト...
発売日 2019/04/20
通常    4,650円
単行本   4,650円
Kindle   2,356円 (+24pt)
(4.1)
総評価数 105件
12
徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書...
発売日 2019/01/18
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+26pt)
Kindle   2,356円 (+24pt)
(3.8)
総評価数 81件
13
使ってわかったAWSのAI -まるごと試せば視界は良好 さあPythonではじめよう!...
発売日 2020/06/02
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,640円 (+26pt)
(4.4)
総評価数 3件
14
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版 (Informatics&IDEA)...
発売日 2018/03/23
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(3.5)
総評価数 21件
15
(4.2)
総評価数 13件
16
みんなのAWS 〜AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!...
発売日 2020/04/17
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+31pt)
Kindle   2,487円 (+50pt)
(4.2)
総評価数 8件
17
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト...
発売日 2016/08/17
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
Kindle   2,200円 (+22pt)
(3.7)
総評価数 39件
18
Amazon Web Services 定番業務システム14パターン 設計ガイド
発売日 2018/09/28
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 9件
19
(3.9)
総評価数 43件
20
(3.8)
総評価数 10件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

AWSの今人気の参考書の 3冊

「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版」

AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる!

「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。これが本書の目的です。
新しいものを学習するとき、実際にやってみるのが一番。従来は物理機器がないと学べませんでしたが、今はクラウドがあります。
本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。
インフラを学びたい若手技術者にも、インフラを学び直したいアプリ開発者にもオススメです。

◆改訂3版における主な変更点は、以下の通りです。
----------------------------------
・「Amazon Linux」から「Amazon Linux 2」に変更
Amazon Linux 2はRHEL 7ベースになっており、Linuxサービスの起動や停止、自動起動の設定方法が大きく変わっています。その手順についての記載を修正しました。

・MySQLからMariaDBに変更
Amazon Linux 2にパッケージとして含まれるデータベースが、MySQLからMariaDBに変わりました。インストール方法が変わるので、その手順についての記載を修正しました。

・WordPressが要求するPHPのバージョンアップ手順追記
WordPressの最新版では、PHP 5.6.20以降を要するようになりました。Amazon Linux 2のパッケージに含まれるPHPは、この要件を満たさないため、PHPのバージョンアップをする手順を追加で記載しました。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
アプリ側しか触ったことないけれど、インフラ側の知見の全体感を得る方法はないか。

この問いに対するアンサー本が当書籍です。
私は前職でシステムコンサル(sap)でしたが、転職を機にインフラ側の知見も求められるようになりました。そこで知人の勧めもあり、当書籍を購入しましたが、充分な満足感を得れました。
以下点が優れていると思いました。
①awsを実際に使用して開発環境の構築ができる。
②インフラ初心者向けに各種用語、概念を丁寧に説明してくれている。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
1日あれば本書の到達点のWordpressまで起動できます。

AWSの仕組みの説明がありますが、あらかじめAWS クラウドプラクティショナーの本で、ある程度のAWSの仕組み・概念について知っておいたほうがスムーズに進みます。(知らなくても進められます)

ネットワークについては、AWSやネットワークの一般知識がないと理解をするためには不足するかもしれませんが、ネットワークの専門書ではないので、この手の本としては説明は頑張っています。
また、ネットワークの知識がなくとも、手順通りに進めれば問題なく進められます。

この本の主題である、ネットワークの設定、EC2の設定、Wordpressの設定方法などについての手順は、AWSの画面のキャプチャも正しく載っているので、説明と合わせて読めば迷いなく進められます。
最近、改訂3版として加筆・修正されただけあって、最新(2020/4/11)のAWSとマッチしています。
(時間がたつとAWSの仕様が変更されて本の記載と違う部分がでてくると思います)

AWSクラウドプラクティショナーの知識を深めて実践でも使用できるようにするためにこの本を買ったのですが、わかりやすく知識が深まった良書だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版
発売日 2020/02/12
通常 2,970円
現在 2,673円
297円(10%)OFF!!

  

「図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書」

Amazon Web Servicesのしくみがすぐにわかる!

Amazon Web Services(AWS)のしくみや関連技術についてわかりやすく解説する図解本です。エンジニア1年生、IT業界などへの転職・就職を目指す人が、AWS関連の用語、しくみ、クラウドとネットワークの基礎技術などを一通り学ぶことのできる、1冊目の入門書としてふさわしい内容を目指します。本書では、クラウドやネットワークの基礎から解説し、AWSのサーバーサービス、ストレージサービス、ネットワークサービス、データベースサービスについて具体的なサービス名を挙げながら初心者向けにわかりやすく紹介します。今までのAWS解説書では用語がわからず難しかったという人も本書なら安心して学ぶことができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AWSなどのクラウドサービスを全く知らない初心者にとっては、この本は有用になると思います。
AWSが手掛ける主要なサービス、EC2やS3などについて、その略語が何かもわからない人は
本書で概要を説明してくれるので、全体概要を掴むには良い本だと思います
コードは全く出てこないので、AWSの仕組みやビジネス上で知りたい人は良い本だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
別の本ですが「AWS認定資格試験テキストクラウドプラクティショナー」の本で試験勉強を始め、単語やサービスの言い回しが独特で公式HPを見ても勉強が捗らず困って、こちらの本を購入しました。分かりやすくて実際泣きそうになりました。試験問題集ではないですが、普通の言葉とイラストで説明されており、入りやすかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

 AWSが登場した当初は提供されるサービスもわずかで、ネットワーク構成も簡単でした。しかしいまでは、「たくさんのマネージドサービス」と「ネットワーク機能の高機能化」が、これからAWSを始めようとする人の出鼻をくじいてしまいます。このような事態を何とかしたい。そう思って書いたのが、本書です。本書では、AWSのもっとも基本的な構成となる「ネットワークとサーバー」を説明します。
 AWSにおいてネットワークは「VPC」、サーバーは「EC2インスタンス」で構成されます。本書では、この2つの機能を中心に解説します。
 本書では、Webサーバー1台とデータベースサーバー1台で構成されたオンプレミスのシステムをAWSで実現するには、AWSならではの決まりごとや罠がたくさんあります。たとえば、「最初に利用するIPアドレスの範囲を決めて、それを分割してネットワークを構築する」「インターネットに接続する場合でも、ネットワークの設計上はプライベートIPアドレスを使う」などです。本書では、こうしたAWSならではの勘所を説明しながら、最終的に、独自ドメインでWebサーバーを運用できるようにするところまでを説明します。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AWSのアカウントを作成して、Webの資料を見ながら右往左往していたので、この本を購入した。自宅のLANぐらいしか触れた経験がないので、セキュリティやACLとか、ルーティングテーブルの設定がよくわからず、しかもAWSの独自の用語に混乱していたが、なんとか週末で一通りの流れは理解できた。内容は、AWSの最初の一歩というレベルなので、ITの専門家ではない人で、AWSで小さなWebシステムを作るような人には、向いていると思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
VPC, EC2, Route 53の基本を実際に作りながら理解を進めていく形式で、ネットワーク初心者でも問題なく基本を学べます。
EC2のインスタンスをWebサーバー用とDB用の2つを実際に作成して(RDSは使わない)、Route 53で独自ドメインに切り替えた上でWordPressを動かすところまでが本書の内容です。
実用的な本番環境構築とまでは行きませんが、AWSのとっかかりには良書だと思います。
ただし、Kindle版はイメージの固定された形式なのか、文字列のサイズを変更できず、端末によっては非常に読みにくいものとなっているのでご注意ください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
通常 2,750円
現在 2,613円
137円(5%)OFF!!

      

AWSの発売したての注目の新書 3冊

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第2版」

 
  

「改訂新版 徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書[SAA-C02]対応」

 
  

「AWSで学ぶクラウドネイティブ実践入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))」

 
  

高評価で人気も高いおすすめの3冊

「AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル~試験特性から導き出した演習問題と詳細解説~」

本書は、AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験対策の問題集です。
プロフェッショナル試験では、具体的な業務要件や課題をもとにしたケース問題が長文で出題されます。試験時間も長く、知識だけではなく思考力や応用力が求められます。合格するためには、問題に示されたシナリオを熟読したうえで最適な答えを導き出す訓練が必要不可欠です。
本書は、このような試験の特徴を踏まえて演習問題とその解説に重点を置き、総仕上げとして模擬試験を掲載しています。さらに、AWSのサービス・機能を概説するとともに、出題されるシナリオの特性をしっかり解説。確かな実力が身に付く1冊です。

執筆・監修陣は、AWSでの豊富な経験を持つメンバー並びにAWSのプレミアコンサルティングパートナー企業に所属するエンジニア達で構成しており、ポイントを押さえながら一つ一つ丁寧に説明しています。


◆本書の構成◆
第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験の概要と特徴
第2章 各種サービスの概要
第3章 試験で問われるシナリオの特性
第4章 「組織の複雑さに対応する設計」分野におけるケース問題
第5章 「新しいソリューションの設計」分野におけるケース問題
第6章 「移行の計画」分野におけるケース問題
第7章 「コスト管理」分野におけるケース問題
第8章 「既存のソリューションの継続的な改善」分野におけるケース問題
第9章 模擬試験

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
SAP対策の一環として、なるべく多くの問題を解いて最適解を求める訓練が必要と思い、購入しました。演習問題を解いていくうちに、デプロイメント要件など自分がきちんと理解していなかった部分を把握できて良かったです。解説もわかりやすく、特に模擬試験は時間配分の練習に役立ちました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この本で勉強して、先週無事合格しました。
練習問題の解説は特に勉強になりました。実際に出題される問題よりも、この本の方が若干難易度が高い気がしますので、受験予定の人は買った方が良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版」

AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる!

「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。これが本書の目的です。
新しいものを学習するとき、実際にやってみるのが一番。従来は物理機器がないと学べませんでしたが、今はクラウドがあります。
本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。
インフラを学びたい若手技術者にも、インフラを学び直したいアプリ開発者にもオススメです。

◆改訂3版における主な変更点は、以下の通りです。
----------------------------------
・「Amazon Linux」から「Amazon Linux 2」に変更
Amazon Linux 2はRHEL 7ベースになっており、Linuxサービスの起動や停止、自動起動の設定方法が大きく変わっています。その手順についての記載を修正しました。

・MySQLからMariaDBに変更
Amazon Linux 2にパッケージとして含まれるデータベースが、MySQLからMariaDBに変わりました。インストール方法が変わるので、その手順についての記載を修正しました。

・WordPressが要求するPHPのバージョンアップ手順追記
WordPressの最新版では、PHP 5.6.20以降を要するようになりました。Amazon Linux 2のパッケージに含まれるPHPは、この要件を満たさないため、PHPのバージョンアップをする手順を追加で記載しました。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
アプリ側しか触ったことないけれど、インフラ側の知見の全体感を得る方法はないか。

この問いに対するアンサー本が当書籍です。
私は前職でシステムコンサル(sap)でしたが、転職を機にインフラ側の知見も求められるようになりました。そこで知人の勧めもあり、当書籍を購入しましたが、充分な満足感を得れました。
以下点が優れていると思いました。
①awsを実際に使用して開発環境の構築ができる。
②インフラ初心者向けに各種用語、概念を丁寧に説明してくれている。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
1日あれば本書の到達点のWordpressまで起動できます。

AWSの仕組みの説明がありますが、あらかじめAWS クラウドプラクティショナーの本で、ある程度のAWSの仕組み・概念について知っておいたほうがスムーズに進みます。(知らなくても進められます)

ネットワークについては、AWSやネットワークの一般知識がないと理解をするためには不足するかもしれませんが、ネットワークの専門書ではないので、この手の本としては説明は頑張っています。
また、ネットワークの知識がなくとも、手順通りに進めれば問題なく進められます。

この本の主題である、ネットワークの設定、EC2の設定、Wordpressの設定方法などについての手順は、AWSの画面のキャプチャも正しく載っているので、説明と合わせて読めば迷いなく進められます。
最近、改訂3版として加筆・修正されただけあって、最新(2020/4/11)のAWSとマッチしています。
(時間がたつとAWSの仕様が変更されて本の記載と違う部分がでてくると思います)

AWSクラウドプラクティショナーの知識を深めて実践でも使用できるようにするためにこの本を買ったのですが、わかりやすく知識が深まった良書だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版
発売日 2020/02/12
通常 2,970円
現在 2,673円
297円(10%)OFF!!

  

「Amazon Web Servicesインフラサービス活用大全 システム構築/自動化、データストア、高信頼化 (impr...」

AWSインフラ構築/管理の基礎と手法を網羅。

アカウント作成から、システム規模の自動化(自動スケーリング)まで
カバーした格別の一冊!

無料枠での利用についても適宜示しています。

多くの章で共通するテーマの1つが「自動化」。本書の内容を試せば、
AWS CloudFormationを使いこなせるようになるでしょう。


Part 1では、活用事例や長所、料金などを紹介した後、
基本サンプルとしてWordPressシステムの構築法を示します。
Part 2では、インフラ構築/管理の基礎事項を中心に説明。

Part 3では、データを格納する6種類の方法を具体的に見ていきます。
Part 4では、動的スケーリングが可能で、高可用性そして耐障害性を持つ
インフラアーキテクチャを重点的に見ていきます。

[サーバー&ネットワーク]自動デプロイ、セキュリティ、サーバーレス開発…
[データストア]オブジェクト、リレーショナル、共有、キャッシュ、NoSQL…
[高信頼化]高可用性、耐障害性、オートスケーリング…

AWSには、さまざまなメリット―最新機能の活用、自動化、スケーラビリティ、
信頼性、より短期間での環境構築など―
があります。
本書の内容を把握すれば、こうしたメリットを享受できる準備が整うはずです。

[構成]
■Part 1 AWSの基本ひとめぐり
Amazon Web Servicesとは何か
5分でWordPressを構築[簡単な概念実証]

■Part 2 インフラ構築/管理の手法
仮想マシンの活用法[EC2]
インフラのプログラミング[コマンドライン、SDK、CloudFormation]
デプロイの自動化[CloudFormation、Elastic Beanstalk、OpsWorks]
システムのセキュリティ[IAM、セキュリティグループ、VPC]
運用タスクの自動化[Lambda]

■Part 3 データ格納の手法
オブジェクトの格納[S3、Glacier]
ハードディスクへのデータの格納[EBS、インスタンスストア]
仮想マシン間のデータボリューム共有[EFS]
リレーショナルデータベースサービスの活用[RDS]
メモリへのデータキャッシュ[ElastiCache]
NoSQLデータベースサービスのプログラミング[DynamoDB]

■Part 4 高可用性/耐障害性/スケーリングの手法
高可用性の実現[アベイラビリティゾーン、自動スケーリング、CloudWatch]
インフラの分離[ELB、SQS]
耐障害性のための設計
スケールアップとスケールダウン[自動スケーリング、CloudWatch]

※本書は『Amazon Web Services in Action, Second Edition』の翻訳書です。
掲載した画面や手順は、2019年8月上旬に確認したものを掲載していますが、
今後変更される可能性があります。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
2018年10月に出版された「Amazon Web Services in Action, Second Edition」の和訳本です。翻訳にあたり、画面・手順は2019年8月に確認したとありますが、内容は古いところはあります。
例えば、「S3のキーにはハッシュプレフィックスを付けると良い」とありますが、2018年7月の時点で、「パフォーマンス向上により不要」とAWSは発表しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ソースコードや構成図もあり、わかりやすいです。
AWS認定の対策本は概要の理解には役立ちますが、
手を動かしてみるにはこの本があると便利です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
      

AWS本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにAWSの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のAWS関係の本人気ランキングです。

(2021/01/18 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版...
発売日 2020/02/12
通常    2,970円
単行本   2,970円 (+30pt)
Kindle   2,673円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 47件
2
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,613円 (+54pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.1)
総評価数 12件
3
AWS実務入門 - インフラ基本編
発売日 2020/08/14
通常    1,250円
Kindle   1,250円 (+13pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 2件
4
(4)
総評価数 6件
5
AWS Lambda実践ガイド
発売日 2017/10/16
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 12件
6
(4)
総評価数 3件
7
(3.6)
総評価数 11件
8
はじめてのLaravel6入門 ~ AWS Cloud9で学ぶ ~
発売日 2019/09/16
通常    1,200円
Kindle   1,200円 (+12pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.7)
総評価数 6件
9
(4.2)
総評価数 13件
10
(0)
総評価数 0件

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy AWSおすすめ講座」

UdemyではAWSを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、AWSの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

学習コース評価
(4.4)
総評価数 3909件
(4.2)
総評価数 525件
(4.2)
総評価数 9673件

 

関連:Webサービス開発のためのプログラミング

以下では、AWSで使える代表的なNode.js(JavaScript)やPHPといったWeb開発向けの参考書も紹介しています。合わせて参照ください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました