【2022年】Rubyの参考書「人気・高評価のおすすめ15冊」

Rubyは日本発のプログラミング言語、特に日本での人気が高い言語です。

Web開発では、「Ruby on Rails」という圧倒的なシェアをもつWebフレームワークがあり、Rubyを使ってWebサービスが比較的容易に作成可能

自分のWebサービスを作ってみる、Web業界で働いてみる、そんな目的を達成するのに、Rubyを学習するのは大きな選択肢の1つです。

そんなRubyの参考書を人気とともに紹介していきまっす。

 

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Rubyの参考書 人気ランキング/10冊詳細

以下が「Rubyの参考書」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2022/11/29 12:09 更新)
Rank製品価格
1
Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)
発売日 2019/12/20
黒田 努 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
3,850円
(+116pt)
1,925円
3,850円
3,850円
2
独習Ruby 新版
発売日 2021/09/13
山田 祥寛 (翔泳社)
総合評価
(4.2)
3,520円
(+106pt)
1,760円
3,520円
2,117円
3
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)
発売日 2020/07/25
すがわらまさのり, 前島真一, 橋立友宏, 五十嵐邦明 (技術評論社)
総合評価
(4.5)
3,828円
(+115pt)
3,637円
3,828円
3,828円
4
3,520円
(+106pt)
3,344円
3,520円
3,520円
5
Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編] impress top gearシリーズ...
発売日 2020/05/22
黒田 努 (インプレス)
総合評価
(4.9)
3,520円
(+106pt)
3,344円
3,520円
6
改訂4版 基礎Ruby on Rails 基礎シリーズ
発売日 2018/09/07
黒田努, 佐藤和人 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.9)
3,850円
(+116pt)
3,465円
3,850円
820円
7
独習Ruby on Rails
発売日 2019/06/19
小餅 良介 (翔泳社)
総合評価
(3.7)
3,960円
(+180pt)
1,980円
3,960円
3,960円
8
3,278円
3,114円
(+138pt)
3,278円
3,278円
9
Ruby on Rails 6 超入門
発売日 2020/04/10
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.7)
3,520円
(+320pt)
1,584円
3,168円
3,520円
10
現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド
発売日 2018/10/19
大場寧子, 松本拓也, 櫻井達生, 小田井優 (マイナビ出版)
総合評価
(4.2)
3,828円
(+115pt)
3,637円
3,828円
3,828円
 

Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)

Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)
(著)黒田 努
発売日 2019/12/20
総合評価
(3.7)
(2022/11/29 12:09時点)
本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。本書では、1つの企業向け顧客管理システムを作る過程で、RailsによるWebアプリケーション開発の基礎知識とさまざまなノウハウを習得していきます。各章末には演習問題が設けられているので、理解度を確かめながら確実に読み進められます。著者が試行錯誤を繰り返した上でのベストプラクティスを提供し、読者は、実際に業務システムを構築しながらRailsのさまざまな機能、方法、作法、メソッド、テクニックを学ぶことができます。
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 目標設定と開発環境構築(イントロダクション
開発環境の構築
開発プロジェクト始動)
2 Railsアプリケーションの土台作り(RSpec
ビジュアルデザイン
エラーページ)
3 ユーザー認証とDB処理の基本(ユーザー認証1
ユーザー認証2
ルーティング
レコードの表示、新規作成、更新、削除)
4 堅牢なシステムを目指して(Strong Parameters
アクセス制御
モデル間の関連付け
値の正規化とバリデーション
プレゼンター)
顧客情報の管理(単一テーブル継承
Capybara
フォームオブジェクト)
Appendix 演習問題解答

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Ruby on Rails 6 実践ガイド
株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。
本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。
企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。
【本書で学べること・考えること】
・エラーページ作成
・ユーザー認証
・ルーティング
・Strong Parameter
・アクセス制御
・値の正規化とバリデーション
・プレゼンター
・単一テーブル継承
・Capybara
・フォームオブジェクト
実際に完走しての感想です。
まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。
今までやった課題と比べ、アプローチが違います。
環境構築
→アプリの基盤作り
→認証、DB処理
→堅牢なシステム
都度、テストフレームワーク
といった流れです。
より実務に近い流れになっていると思われます。
他の課題でも出てくるお馴染みの内容に加え、以下の点を新たに学ぶことができました。
・namespaceの活用
・エラーページの作成
・プレゼンターによるHTMLコードの生成
・フォームオブジェクトによる入力フォームのまとめ
・SCSSでのレイアウト実装
Railsでもフロントエンドよりの機能をよく使っています。
これらによって、特にview関連がスッキリした構成になります。
また、各classがどのような継承になっているか、意識、理解できるようになってきました。
その反面、Rails6で新たに実装された機能などはあまり、説明されておらず、Railsの最新機能を中心に学びたい方には向かないかもしれません。
更に応用編として「機能拡張編」も出版されているので、引き続き取り組む予定です。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ruby on Railsの実践的な実装を学ぶには良い本だが、題材が業務システム用というところで、UIは実用を重視したものになっている。(要するに地味ということだが)
また、開発手法がBDDなので、実装したらrspecを書いてテストしながら進めることになるため、ある程度品質を担保しつつインプリできるのは良いと思った。
また、Strong Parameters、プレゼンター、Capybaraなど、Rails特有の実装も学べるのも良いポイントかと思う。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ruby on Rails 6 実践ガイド

株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。

本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。

企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。


【本書で学べること・考えること】

・エラーページ作成
・ユーザー認証
・ルーティング
・Strong Parameter
・アクセス制御
・値の正規化とバリデーション
・プレゼンター
・単一テーブル継承
・Capybara
・フォームオブジェクト


実際に完走しての感想です。

まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。

今までやった課題と比べ、アプローチが違います。
環境構築
→アプリの基盤作り
→認証、DB処理
→堅牢なシステム
都度、テストフレームワーク
といった流れです。

より実務に近い流れになっていると思われます。

他の課題でも出てくるお馴染みの内容に加え、以下の点を新たに学ぶことができました。

・namespaceの活用
・エラーページの作成
・プレゼンターによるHTMLコードの生成
・フォームオブジェクトによる入力フォームのまとめ
・SCSSでのレイアウト実装

Railsでもフロントエンドよりの機能をよく使っています。
これらによって、特にview関連がスッキリした構成になります。

また、各classがどのような継承になっているか、意識、理解できるようになってきました。

その反面、Rails6で新たに実装された機能などはあまり、説明されておらず、Railsの最新機能を中心に学びたい方には向かないかもしれません。

更に応用編として「機能拡張編」も出版されているので、引き続き取り組む予定です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
黒田努(クロダツトム)
東京大学教養学部卒、同大学院総合文化研究科博士課程満期退学。ギリシャ近現代史専攻。専門調査員として、在ギリシャ日本国大使館に3年間勤務。中学生の頃に出会ったコンピュータの誘惑に負け、IT業界に転身。株式会社ザッパラス技術部長、株式会社イオレ取締役副社長を経て、技術コンサルティングとIT教育を事業の主軸とする株式会社オイアクスを設立。また、2011年末にRuby on Railsによるウェブサービス開発事業の株式会社ルビキタスを知人と共同で設立し、同社代表に就任。2019年、株式会社オイアクスの社名を株式会社コアジェニックに変更し、関数型言語Elixirを使った新規WebサービスTeamgenik(チームジェニック)の事業を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

独習Ruby 新版

独習Ruby 新版
(著)山田 祥寛
発売日 2021/09/13
総合評価
(4.2)
(2022/11/29 12:09時点)
“標準教科書”がRuby 3に対応して12年ぶり新登場!
フレームワークやライブラリを使う前に知っておきたい
知識/概念/機能を体系的かつ網羅的に習得

Ruby言語の独学に最適な標準教科書として、長年にわたって読まれてきた
『独習Ruby』。プログラミング言語入門書の執筆で定評のある山田祥寛氏による
完全書き下ろし/Ruby 3に対応して新登場です!

本書では、Rubyでプログラミングを行う際に必要となる――フレームワークや
ライブラリを使う前に知っておきたい――基本的な知識/概念/機能、
文法/プログラムの書き方を、さまざまなサンプルプログラムを例示しながら
詳細かつ丁寧に解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、解説→例題(サンプル)→理解度チェック
という3つのステップで、Rubyの文法を完全習得できます。

[ポイント]
●Ruby言語の独学に最適な教科書として好評の『独習Ruby』最新版。
 初心者がRuby言語を学ぶにふさわしい一冊
●Rubyでプログラミングを行う際に必要となる基本的な知識/概念/機能、
 文法/書き方を、網羅的かつ体系的に習得できる

Ruby言語の入門者、これからRuby言語で開発を始めたい初学者から、再入門者、
学生・ホビープログラマまで、「一からRuby言語を学びたい」「Rubyプログラミングの
基本をしっかり身につけたい」という方におすすめの一冊です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■第1章 イントロダクション
1.1 Rubyとは?
1.2 Rubyアプリを開発/実行するための基本環境
1.3 Rubyプログラミングの基本
1.4 Rubyの基本ルール
1.5 デバッグ
この章の理解度チェック
■第2章 Rubyの基本
2.1 変数
2.2 データ型
2.3 配列
2.4 ハッシュ
この章の理解度チェック
■第3章 演算子
3.1 算術演算子
3.2 代入演算子
3.3 比較演算子
3.4 論理演算子
3.5 ビット演算子
3.6 演算子の優先順位と結合則
この章の理解度チェック
■第4章 制御構文
4.1 条件分岐
4.2 繰り返し処理
4.3 繰り返し処理(専用メソッド)
4.4 ループの制御
4.5 例外処理
この章の理解度チェック
■第5章 標準ライブラリ[基本]
5.1 オブジェクト指向プログラミングの基本
5.2 文字列の操作
5.3 日付/時刻の操作
この章の理解度チェック
■第6章 標準ライブラリ[配列/セット/ハッシュ]
6.1 配列
6.2 セット(集合)
6.3 ハッシュ
6.4 Enumerator
この章の理解度チェック
■第7章 標準ライブラリ[その他]
7.1 正規表現
7.2 ファイル操作
7.3 ファイルシステムの操作
7.4 HTTP経由でコンテンツを取得する
7.5 その他の機能
この章の理解度チェック
■第8章 ユーザー定義メソッド
8.1 ユーザー定義メソッドの基本
8.2 変数の有効範囲(スコープ)
8.3 引数のさまざまな記法
8.4 メソッド呼び出しと戻り値
8.5 ブロック付きメソッド
この章の理解度チェック
■第9章 オブジェクト指向プログラミング
9.1 クラスの定義
9.2 継承
9.3 カプセル化
9.4 ポリモーフィズム
この章の理解度チェック
■第10章 オブジェクト指向プログラミング[応用]
10.1 例外処理
10.2 特殊なクラス
10.3 モジュール
10.4 Objectクラス
10.5 演算子の再定義
この章の理解度チェック
■第11章 高度なプログラミング
11.1 マルチスレッド処理
11.2 メタプログラミング
この章の理解度チェック
■付録A 「練習問題」「この章の理解度チェック」解答

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
山田祥寛(ヤマダヨシヒロ)
静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」の代表でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
独習Ruby 新版
発売日 2021/09/13
(2022/11/29 12:09時点)

  

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)
(著)すがわらまさのり, 前島真一, 橋立友宏, 五十嵐邦明
発売日 2020/07/25
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:09時点)
Rails 6.0を完全網羅。Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を紹介

対象バージョンをRuby 2.6/2.7系、Rails 6.0系に変更した増補改訂版。新しいRailsのバージョンでサポートされた機能の紹介だけでなく、Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を追加し,現在のトレンドとなる開発スタイルを紹介します。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■■Part1 Rails ~ overview
■1章 Ruby on Railsの概要
1-1 Railsを使う前に
1-2 Railsの思想
1-3 Railsをはじめよう!!
1-4 scaffoldを使ってRailsでの開発を体験しよう
■2章 Ruby on RailsとMVC
2-1 MVCアーキテクチャ
2-2 モデルを扱う
2-3 コントローラの役割
2-4 コントローラとビューの協調とビューテンプレートの基本
2-5 ビューテンプレートについて
■3章 押さえておきたいRailsの基本機能
3-1 テストの種類と実行方法
3-2 RackとRailsの関係
3-3 DBを管理する
3-4 秘密情報を管理する
3-5 HTTPとRailsアプリケーション
■■Part2 Railsの周辺知識
■4章 フロントエンドの開発手法
4-1 Webpackerを使ってJavaScriptを管理する
4-2 SprocketsによるCSSの管理
4-3 Railsに組み込まれているJavaScriptの機能
4-4 控えめなJavaScriptフレームワークStimulus
■5章 Rails標準の機能を活用して素早く機能実装する
5-1 Active Jobによる非同期実行
5-2 Active Storageによるファイルアップロード
5-3 Action Mailerによるメール送信
5-4 Action Mailboxによるメール受信
5-5 Action Textによるリッチテキスト機能
5-6 Action Cableによるリアルタイム通信
■■Part3 Webアプリケーション開発
■6章 Railsアプリケーション開発
6-1 イベント告知アプリケーションを作る
6-2 アプリケーションの作成と下準備
6-3 OAuthを利用して「GitHubでログイン」機能を作る
6-4 イベントの登録機能を作る
6-5 イベントの閲覧機能を作る
6-6 イベントの編集・削除機能を作る
6-7 登録されたイベントへの参加機能、参加キャンセル機能を作る
6-8 退会機能を作る
6-9 おわりに
■7章 Railsアプリケーションのテスト
7-1 テストコードをどう書いていくか
7-2 minitestとRSpec
7-3 テストデータを作成する
7-4 システムテスト
7-5 コントローラに対する機能テスト
7-6 モデルに対するテスト
■■Part4 Railsアプリケーションの拡張・運用
■8章 Railsアプリケーション拡張
8-1 ファイルアップロード機能を作る
8-2 gemで機能拡張をする
8-3 落穂ひろい
■9章 コード品質を上げる
9-1 CI(継続的インテグレーション)
9-2 Gemの定期update
9-3 静的解析
9-4 カバレッジ測定
9-5 アプリケーションパフォーマンス測定(APM)
■10章 コンテナを利用したRailsアプリケーションの運用
10-1 Railsアプリケーションのインフラ概要
10-2 基本的なDockerイメージの構築
10-3 開発環境におけるDockerの活用
10-4 環境によって可変する設定値や秘匿情報の管理
10-5 ログ出力
10-6 HTTPサーバとの通信
■■Part5 エキスパートRails
■11章 複雑なドメインを表現する
11-1 アーキテクチャパターンから見るRails
11-2 値オブジェクト
11-3 サービスオブジェクト
■12章 複雑なユースケースを実現する
12-1 ユースケースとモデル
12-2 データベースと紐づかないモデルを作る
12-3 フォームオブジェクト
12-4 プレゼンター
■13章 複雑なデータ操作を実装する
13-1 Concern
13-2 コールバックオブジェクト
■■Appendix Railsの開発環境構築
A-1 WindowsでのRubyとRails環境 514
A-2 Rubyのインストール

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Progate、udemy、railsの入門書を終えてから本書を購入しました。Railsの基本から実戦レベルの応用、最近の新しいいRails環境も書かれており多少わたしには難しいながらも勉強になってます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】
すがわらまさのり氏、前島真一氏、橋立友宏氏、五十嵐邦明氏、後藤優一氏の共著です。
本書は、『パーフェクト Ruby on Rails』のRails6.0対応版になります。
Rails6.0について、非常に広範な内容について書かれています。
【本書で学べること・考えること】
・Railsの概要、思想、導入
・MVCアーキテクチャ
・テストフレームワーク(minitest)
・基本機能(Rack、DB管理、秘密情報管理)
・フロントエンド開発(Webpacker、Sprockets、Stimulus、Turbolinks)
・標準機能(ActiveJob、ActiveStorage、ActionMailer、ActionMailbox、ActionText、ActionCable)
・Railsアプリ開発
・railsアプリ拡張
・CI、gem管理、静的解析、カバレッジ測定、パフォーマンス測定
・Docker
・エキスパートRails(サービスオブジェクト、FatModel対策、プレゼンター、Concern)
・WSL2での環境構築
実際に完走しての感想です。
まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は最低でも必要です。
今までの取り組んできた本に比べると一段レベルが高いです。
基本的な説明は最低限になっており、主に概要や用途、代表的な使い方、気をつける点などが書かれています。
実際の設定や導入などについては、公式のドキュメントを参照するようになっています。
広く浅く広範囲をカバーしているので、この本で学んだ内容を足掛かりにしてより深く理解していく、インデックス的な役割の本になると思います。
当面、傍らに置いて必要に応じて見直しながら活用しようと考えています。
これだけ広範な内容をカバーしている本は他にないので、手元に置いておいて損はないと思います。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】

すがわらまさのり氏、前島真一氏、橋立友宏氏、五十嵐邦明氏、後藤優一氏の共著です。

本書は、『パーフェクト Ruby on Rails』のRails6.0対応版になります。

Rails6.0について、非常に広範な内容について書かれています。


【本書で学べること・考えること】

・Railsの概要、思想、導入
・MVCアーキテクチャ
・テストフレームワーク(minitest)
・基本機能(Rack、DB管理、秘密情報管理)
・フロントエンド開発(Webpacker、Sprockets、Stimulus、Turbolinks)
・標準機能(ActiveJob、ActiveStorage、ActionMailer、ActionMailbox、ActionText、ActionCable)
・Railsアプリ開発
・railsアプリ拡張
・CI、gem管理、静的解析、カバレッジ測定、パフォーマンス測定
・Docker
・エキスパートRails(サービスオブジェクト、FatModel対策、プレゼンター、Concern)
・WSL2での環境構築


実際に完走しての感想です。

まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は最低でも必要です。

今までの取り組んできた本に比べると一段レベルが高いです。
基本的な説明は最低限になっており、主に概要や用途、代表的な使い方、気をつける点などが書かれています。
実際の設定や導入などについては、公式のドキュメントを参照するようになっています。
広く浅く広範囲をカバーしているので、この本で学んだ内容を足掛かりにしてより深く理解していく、インデックス的な役割の本になると思います。
当面、傍らに置いて必要に応じて見直しながら活用しようと考えています。

これだけ広範な内容をカバーしている本は他にないので、手元に置いておいて損はないと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
すがわらまさのり(スガワラマサノリ)
1982年生まれ。大学を卒業後SIerへ新卒で入社し、その後BtoCWebサービス事業社へ転職。現在は株式会社SmartHRでサーバサイドエンジニアとしてRubyやRailsを使ったプロダクト開発を行っている。TwitterやGitHubではsugamasaoというアカウントで活動

前島真一(マエシマシンイチ)
1980年生まれ。大学院修了後、新卒でSIerへ就職後、Webの可能性を信じてRailsプログラマに転職。数年後にフリーランスとして独立し、現在は株式会社ウィルネット代表取締役社長。Railsを利用している複数の会社で技術顧問業をしつつ、お仕事SNS savanna.ioの開発を進めている。ネット上では@willnetもしくは@netwillnetとして活動。地域Rubyコミュニティのginza.rbや、オンラインコミュニティclean-rails.orgを主催

橋立友宏(ハシダテトモヒロ)
1984年生まれ。大学在学中に独学でRailsとプログラミングを学ぶ。大手SIerに就職するが、Railsエンジニアとして受託開発をするため転職。その後フリーランスを経て、2016年にRepro株式会社CTOに就任。現在はRailsに限らずサービス全体のアーキテクチャの設計や長期的な技術選択を担っている。最近はKafkaを利用したストリーミング処理に注力している

五十嵐邦明(イガラシクニアキ)
フリーランスRuby、Railsエンジニア。2003年、Ruby製Web日記アプリtDiaryを使い始めてRubyistになる。2010年からRailsを仕事で使い始め、2017年よりフリーランス、2019年ガーネットテック373株式会社を設立、同社代表取締役社長。RubyWorld ConferenceやRubyConf台湾などで講演。ネット上のIDはigaiga

後藤優一(ゴトウユウイチ)
1990年生まれ。大学院修了後、「PIXTA」をはじめとしたクリエイティブ・プラットフォーム事業を展開するピクスタ株式会社に入社。2020年より同社執行役員CTO兼開発部長に就任。執行役員として次の主力事業の開発に注力しながら、開発部長としてより良いエンジニアリング組織づくりに取り組んでいる。インターネット上では、@yasaichiまたは@_yasaichiというIDで活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編] impress top gearシリーズ

本書は、2019年12月に出版された『Ruby on Rails 6実践ガイド』の続編です。本編で作成した企業向け顧客管理システムBaukis2の機能をさらに拡張し、実用性の高いシステムにしていきます。本書のテーマは多岐にわたります。クッキー、リクエスト元のIPアドレス、Ajax、データベーストランザクション、排他的ロック、ツリー構造のデータなど、さまざまなWebアプリケーションに必須の機能を実装しながら解説します。また、この機能拡張編では、HTMLフォームのさまざまなバリエーションを紹介しています。特にRailsで業務システムを開発する場合、要求仕様に応じて自由にHTMLフォームを設計・実装する力が求められます。本書では、さまざまなフォーム設計の事例を扱っていますので、一種のレシピ集として活用できます。
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 本編の振り返り(Baukis2の概要と環境構築手順
Baukis2ソースコードの要点)
2 さまざまなWeb開発技法(検索フォーム
次回から自動でログイン
IPアドレスによるアクセス制限)
3 プログラム管理機能(多対多の関連付け
複雑なフォーム
トランザクションとロック)
4 問い合わせ管理機能(フォームの確認画面
Ajax
ツリー構造
タグ付け)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編]
株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。
本書は、『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編になります。
企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。
【本書で学べること・考えること】
・検索機能(DBのindex)
・自動ログイン(cookieの利用)
・IPアドレスによるアクセス制御
・多対多の関連付け
・transctionと排他的ロック
・確認画面表示
・Ajax(JSによる非同期更新)
・ツリー構造(再帰メソッド、hashでのクエリ削減)
・タグ付け(hash_tableでの排他的ロック、jquery:tag-it)
実際に完走しての感想です。
まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。
『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編なので、まずはこちらを終わらせてください。
(Githubにソースがあるので、途中からでも始めることは可能です。)
最終的には、結構なシステムになるので、それなりに手応えはあります。
最後まで完走しても、
・リファクタリング
・テストコード
・機能追加
の余地が多くあるので、より実践的な継続学習も可能です。
今回、以下の点を新たに学ぶことができました。
・IPアドレスによるアクセス制御
・排他的ロック
・確認画面
・ハッシュで情報を一括取得し、クエリ回数を減らす
・テーブルを用いた排他的ロック
注意点としては、Rails6に対応した本であり、
Rails6の新機能を解説した本ではありません。
あくまで、Railsを使ったシステムの作り方を学ぶ本になります。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編]

株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。

本書は、『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編になります。

企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。


【本書で学べること・考えること】

・検索機能(DBのindex)
・自動ログイン(cookieの利用)
・IPアドレスによるアクセス制御
・多対多の関連付け
・transctionと排他的ロック
・確認画面表示
・Ajax(JSによる非同期更新)
・ツリー構造(再帰メソッド、hashでのクエリ削減)
・タグ付け(hash_tableでの排他的ロック、jquery:tag-it)


実際に完走しての感想です。

まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。

『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編なので、まずはこちらを終わらせてください。
(Githubにソースがあるので、途中からでも始めることは可能です。)

最終的には、結構なシステムになるので、それなりに手応えはあります。
最後まで完走しても、
・リファクタリング
・テストコード
・機能追加
の余地が多くあるので、より実践的な継続学習も可能です。

今回、以下の点を新たに学ぶことができました。

・IPアドレスによるアクセス制御
・排他的ロック
・確認画面
・ハッシュで情報を一括取得し、クエリ回数を減らす
・テーブルを用いた排他的ロック

注意点としては、Rails6に対応した本であり、
Rails6の新機能を解説した本ではありません。

あくまで、Railsを使ったシステムの作り方を学ぶ本になります。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
黒田努(クロダツトム)
東京大学教養学部卒、同大学院総合文化研究科博士課程満期退学。ギリシャ近現代史専攻。専門調査員として、在ギリシャ日本国大使館に3年間勤務。中学生の頃に出会ったコンピュータの誘惑に負け、IT業界に転身。株式会社ザッパラス技術部長、株式会社イオレ取締役副社長を経て、技術コンサルティングとIT教育を事業の主軸とする株式会社オイアクスを設立。また、2011年末にRuby on railsによるウェブサービス開発事業の株式会社ルビキタスを知人と共同で設立し、同社代表に就任。2019年、株式会社オイアクスの社名を株式会社コアジェニックに変更し、関数型言語Elixirを使った新規WebサービスTeamgenik(チームジェニック)の事業を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編] impress top gearシリーズ

 
目次
1 本編の振り返り(Baukis2の概要と環境構築手順
Baukis2ソースコードの要点)
2 さまざまなWeb開発技法(検索フォーム
次回から自動でログイン
IPアドレスによるアクセス制限)
3 プログラム管理機能(多対多の関連付け
複雑なフォーム
トランザクションとロック)
4 問い合わせ管理機能(フォームの確認画面
Ajax
ツリー構造
タグ付け)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編]
株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。
本書は、『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編になります。
企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。
【本書で学べること・考えること】
・検索機能(DBのindex)
・自動ログイン(cookieの利用)
・IPアドレスによるアクセス制御
・多対多の関連付け
・transctionと排他的ロック
・確認画面表示
・Ajax(JSによる非同期更新)
・ツリー構造(再帰メソッド、hashでのクエリ削減)
・タグ付け(hash_tableでの排他的ロック、jquery:tag-it)
実際に完走しての感想です。
まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。
『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編なので、まずはこちらを終わらせてください。
(Githubにソースがあるので、途中からでも始めることは可能です。)
最終的には、結構なシステムになるので、それなりに手応えはあります。
最後まで完走しても、
・リファクタリング
・テストコード
・機能追加
の余地が多くあるので、より実践的な継続学習も可能です。
今回、以下の点を新たに学ぶことができました。
・IPアドレスによるアクセス制御
・排他的ロック
・確認画面
・ハッシュで情報を一括取得し、クエリ回数を減らす
・テーブルを用いた排他的ロック
注意点としては、Rails6に対応した本であり、
Rails6の新機能を解説した本ではありません。
あくまで、Railsを使ったシステムの作り方を学ぶ本になります。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編]

株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。

本書は、『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編になります。

企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。


【本書で学べること・考えること】

・検索機能(DBのindex)
・自動ログイン(cookieの利用)
・IPアドレスによるアクセス制御
・多対多の関連付け
・transctionと排他的ロック
・確認画面表示
・Ajax(JSによる非同期更新)
・ツリー構造(再帰メソッド、hashでのクエリ削減)
・タグ付け(hash_tableでの排他的ロック、jquery:tag-it)


実際に完走しての感想です。

まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。

『Ruby on Rails 6 実践ガイド』の続編なので、まずはこちらを終わらせてください。
(Githubにソースがあるので、途中からでも始めることは可能です。)

最終的には、結構なシステムになるので、それなりに手応えはあります。
最後まで完走しても、
・リファクタリング
・テストコード
・機能追加
の余地が多くあるので、より実践的な継続学習も可能です。

今回、以下の点を新たに学ぶことができました。

・IPアドレスによるアクセス制御
・排他的ロック
・確認画面
・ハッシュで情報を一括取得し、クエリ回数を減らす
・テーブルを用いた排他的ロック

注意点としては、Rails6に対応した本であり、
Rails6の新機能を解説した本ではありません。

あくまで、Railsを使ったシステムの作り方を学ぶ本になります。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
著者略歴
黒田努(クロダツトム)
東京大学教養学部卒、同大学院総合文化研究科博士課程満期退学。ギリシャ近現代史専攻。専門調査員として、在ギリシャ日本国大使館に3年間勤務。中学生の頃に出会ったコンピュータの誘惑に負け、IT業界に転身。株式会社ザッパラス技術部長、株式会社イオレ取締役副社長を経て、技術コンサルティングとIT教育を事業の主軸とする株式会社オイアクスを設立。また、2011年末にRuby on railsによるウェブサービス開発事業の株式会社ルビキタスを知人と共同で設立し、同社代表に就任。2019年、株式会社オイアクスの社名を株式会社コアジェニックに変更し、関数型言語Elixirを使った新規WebサービスTeamgenik(チームジェニック)の事業を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

改訂4版 基礎Ruby on Rails 基礎シリーズ

改訂4版 基礎Ruby on Rails 基礎シリーズ
(著)黒田努, 佐藤和人
発売日 2018/09/07
総合評価
(3.9)
(2022/11/29 12:09時点)
本書は、2007年10月に初版が発行された『基礎 Ruby on Rails』の改訂4版です(Ruby 2.5/Rail 5.2対応)。これから、初めてウェブ開発に携わりたいと考えている方々を対象に、Rubyの文法やオブジェクト指向の考え方を初歩から解説し、アプリケーションのモックアップ作り、データベースを導入し、ログイン・ログアウト機能を加え、最終的にはメンバーや記事の管理ページまでできあがります。読者はChapter 1 から順を追って学習していけば、Ruby on Rails によるアプリケーション開発の流れをつかむことができます。動作対応環境:Windows 7/8.1/10、macOS Sierra/High Sierra
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Ruby on Railsの準備とRubyの基礎(イントロダクション
Ruby言語の基礎を学ぼう)
2 Ruby on Railsの基本(コントローラとビュー
データベースとモデル ほか)
3 Ruby on Railsの応用(バリデーションと国際化
単数リソース ほか)
4 発展的な内容(セキュリティと例外処理
アセット・パイプライン ほか)
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
迅速な発送ありがとうございます。 とても綺麗な梱包で安心出来る出品者様です。 また機会がございましたら、よろしくお願い致します。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
RubyとRuby on Railsの基本からある程度のアプリを作れるまで丁寧に説明されており、初心者には良い本だと思う。
ただし、Rails6向けの内容ではなく、書いてある通りでは上手くいかない部分があるので、Rails6を利用している場合は少しアレンジが必要である。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
RubyとRuby on Railsの基本からある程度のアプリを作れるまで丁寧に説明されており、初心者には良い本だと思う。

ただし、Rails6向けの内容ではなく、書いてある通りでは上手くいかない部分があるので、Rails6を利用している場合は少しアレンジが必要である。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
黒田努(クロダツトム)
東京大学教養学部卒。同大学院総合文化研究科博士課程満期退学。ギリシャ近現代史専攻。専門調査員として、在ギリシャ日本国大使館に3年間勤務。中学生の頃に出会ったコンピュータの誘惑に負け、IT業界に転身。株式会社ザッパラス技術部長、株式会社イオレ取締役を経て、技術コンサルティングとIT教育を事業の主軸とする株式会社オイアクスを設立。現在、同社代表取締役社長。また、2011年末にRuby on Railsによるウェブサービス開発専業の株式会社ルビキタスを知人と共同で設立し同社代表に就任(オイアクス社長と兼任)

佐藤和人(サトウカズト)
東京大学文学部卒。「インターネットマガジン」でウェブ制作関連の記事を手がけ、現在フリーライター。プログラミングとウェブ関連技術がおもなテーマ。2012年1月より株式会社ルビキタス勤務。2015年2月より株式会社ルビキタス取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

独習Ruby on Rails

独習Ruby on Rails
(著)小餅 良介
発売日 2019/06/19
総合評価
(3.7)
(2022/11/29 12:09時点)

現場で使える Ruby on Rails 5.2の基本

プログラミング言語RubyによるWebアプリケーション開発の
フレームワーク「Ruby on Rails」が、『独習』シリーズに登場!

Rails入門者だけでなく、プログラミング初心者も、

・解説→コード→演習

という形式で、⾃⼒で使えるようになるまで、
基礎から⼀通り学べる本格⼊⾨書。

Railsを実際に教えている著者による、
オブジェクト指向から、MVCモデルまで、
しっかり、じっくり学べる一冊です。

~~~目次~~~
Chapter 1 Rails概要
Chapter 2 オブジェクト指向とRubyの基本
Chapter 3 Railsの起動と簡単なアプリケーションの構築
Chapter 4 Rails全体の仕組み
Chapter 5 Active Record
Chapter 6 モデルに実装すべき役割
Chapter 7 モデルを豊かにする仕組み
Chapter 8 ルーターとコントローラー
Chapter 9 コントローラーによるデータの扱い
Chapter 10 Action View
Chapter 11 ビューを支える機能
Chapter 12 その他のコンポーネント
Chapter 13 Active SupportとRailsのテスト


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 Rails概要
 1.1 Railsとは
 1.2 Ruby on Rails誕生の経緯
 1.3 Railsの基本理念
 1.4 Railsフレームワークのベースとなる3つの考え方
 1.5 Railsの実習環境を作る
 この章の理解度チェック
第2章 オブジェクト指向とRubyの基本
 2.1 オブジェクト指向という考え方
 2.2 基本的なRuby文法1:オブジェクト指向
 2.3 基本的なRuby文法2:変数と定数
 2.4 基本的なRuby文法3:ロジックの組み立て
 2.5 Rubyでオブジェクトを活用する
 この章の理解度チェック
第3章 Railsの起動と簡単なアプリケーションの構築
 3.1 Railsフレームワークの実装とRailsの起動
 3.2 簡単なRailsアプリケーションを構築する
 3.3 Scaffoldを使ったアプリケーションの作成
 この章の理解度チェック
第4章 Rails全体の仕組み
 4.1 RailsコンポーネントとMVCの基礎知識
 4.2 Railsのディレクトリ構成
 4.3 railsコマンド
 4.4 Railsコンソールを使用したRubyの実行
 4.5 Rakeタスクコマンド
 この章の理解度チェック
第5章 モデルに命を与えるActive Record
 5.1 モデルの役割
 5.2 モデルの作成
 5.3 マイグレーションとシード機能
 5.4 CRUD操作と標準装備のメソッド
 5.5 まとめ
 この章の理解度チェック
第6章 モデルに実装すべき役割
 6.1 バリデーション
 6.2 コールバック(割り込み呼び出し)機能
 6.3 スコープ
 6.4 ロック機能
 この章の理解度チェック
第7章 モデルを豊かにする仕組み
 7.1 モデルの関係(アソシエーション)
 7.2 仮想的な属性(attributes API)
 7.3 タイプオブジェクト
 この章の理解度チェック
第8章 ルーターとコントローラー
 8.1 ルーティングとは
 8.2 ルート設定とルーティングヘルパー
 8.3 リソースフルルートをより有効に使う方法
 8.4 コントローラーの役割
 この章の理解度チェック
第9章 コントローラーによるデータの扱い
 9.1 コントローラーとデータの入出力
 9.2 目的に合わせた出力フォーマットの制御
 9.3 フィルター
 この章の理解度チェック
第10章 372Action View
 10.1 HTMLとERBテンプレート
 10.2 レイアウト
 10.3 ビューテンプレートの共通部品管理
 10.4 ビューヘルパー
 この章の理解度チェック
第11章 ビューを支える機能
 11.1 アセットパイプライン
 11.2 非同期更新Ajax、キャッシング機能
 11.3 i18n国際化対応機能
 この章の理解度チェック
第12章 その他のコンポーネント
 12.1 Action Mailer(メール機能)
 12.2 Active Storage(ストレージ資産の管理)
 12.3 その他の有用な機能
 この章の理解度チェック
第13章 Active SupportとRailsのテスト
 13.1 Active Supportの拡張メソッド
 13.2 テスト
 この章の理解度チェック

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
久しぶりにRailsを触ることになったため、基礎力の確認の意味で購入してみた。
基礎は身についていることが分かった。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
無事届きました。今のところ問題はありません。ありがとうございました (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
小餅良介(コモチリョウスケ)
山形大学物理学科卒業後、システムエンジニアの黎明期を経て、アプリケーション開発とはどうあるべきかを問い続ける中で、2013年にRailsに出会い、これは素晴らしいと直感。Railsの良さを広く世の中に伝えることを目的に、Railsシルバー資格を2016年に取得。現在、Rails技術者認定試験運営委員会・推進スクールメンバー(2017年1月)として、Railsのメンタリングや講師を行いながら、初めての人にわかりやすく、形ではなく本質的なRailsの理解の手助けをすることを目標に、アプリケーションの作り方、あり方を伝えるため活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
独習Ruby on Rails
発売日 2019/06/19
(2022/11/29 12:09時点)

  

プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版] 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで Software Desi...

(概要)

本書は、プログラミング言語Rubyの言語仕様や開発の現場で役立つRubyの知識を説明した本です。豊富なサンプルコードで文法を学び、例題でプログラミングの流れを体験できます。第1版(2017年11月発行)は、初心者の目線にたった丁寧な解説が好評で多くのRuby初学者に愛読され、いまやRuby入門書の定番とも言える存在です。2020年末のRuby 3.0のリリースに伴い、全章にわたって記述内容を見直し、Ruby 3.0までの変更点や新機能に合わせて加筆・修正を行いました。また、第1版にて読者から「難しい、わかりづらい」という声の多かったトピックの説明を改善するなど、より初心者に親切な内容に刷新しています。


(こんな方におすすめ)

・Rubyのプログラミングを学びたい人

・Rubyのテスト駆動開発やデバッグ技法を学びたい人

・Railsを学ぶにあたりまずはRubyを学びたい人

・仕事でRubyを使っている人、仕事でRubyを使いたい人


(目次)

第1章 本書を読み進める前に

 1.1 イントロダクション

 1.2 本書の概要

 1.3 Rubyについて

 1.4 Rubyのインストール

 1.5 エディタ/IDEについて

 1.6 Rubyを動かしてみる

 1.7 本書のサンプルコードについて

 1.8 Rubyの公式リファレンスについて

 1.9 この章のまとめ

第2章 Rubyの基礎を理解する

 2.1 イントロダクション

 2.2 Rubyに関する基礎知識

 2.3 文字列

 2.4 数値

 2.5 真偽値と条件分岐

 2.6 メソッドの定義

 2.7 例題:FizzBuzzプログラムを作成する

 2.8 文字列についてもっと詳しく

 2.9 数値についてもっと詳しく

 2.10 真偽値と条件分岐についてもっと詳しく

 2.11 メソッド定義についてもっと詳しく

 2.12 その他の基礎知識

 2.13 この章のまとめ

第3章 テストを自動化する

 3.1 イントロダクション

 3.2 Minitestの基本

 3.3 FizzBuzzプログラムのテスト自動化

 3.4 この章のまとめ

第4章 配列や繰り返し処理を理解する

 4.1 イントロダクション

 4.2 配列

 4.3 ブロック

 4.4 ブロックを使う配列のメソッド

 4.5 範囲(Range)

 4.6 例題:RGB変換プログラムを作成する

 4.7 配列についてもっと詳しく

 4.8 ブロックについてもっと詳しく

 4.9 範囲(Range)についてもっと詳しく

 4.10 さまざまな繰り返し処理

 4.11 繰り返し処理用の制御構造

 4.12 この章のまとめ

第5章 ハッシュやシンボルを理解する

 5.1 イントロダクション

 5.2 ハッシュ

 5.3 シンボル

 5.4 続・ハッシュについて

 5.5 例題:長さの単位変換プログラムを作成する

 5.6 ハッシュとキーワード引数についてもっと詳しく

 5.7 シンボルについてもっと詳しく

 5.8 この章のまとめ

第6章 正規表現を理解する

 6.1 イントロダクション

 6.2 正規表現って何?

 6.3 Rubyにおける正規表現オブジェクト

 6.4 例題:Rubyのハッシュ記法を変換する

 6.5 正規表現オブジェクトについてもっと詳しく

 6.6 この章のまとめ

第7章 クラスの作成を理解する

 7.1 イントロダクション

 7.2 オブジェクト指向プログラミングの基礎知識

 7.3 クラスの定義

 7.4 例題:改札機プログラムの作成

 7.5 selfキーワード

 7.6 クラスの継承

 7.7 メソッドの可視性

 7.8 定数についてもっと詳しく

 7.9 さまざまな種類の変数

 7.10 クラス定義やRubyの言語仕様に関する高度な話題

 7.11 この章のまとめ

第8章 モジュールを理解する

 8.1 イントロダクション

 8.2 モジュールの概要

 8.3 モジュールを利用したメソッド定義(includeとextend)

 8.4 例題:rainbowメソッドの作成

 8.5 モジュールを利用したメソッド定義についてもっと詳しく

 8.6 モジュールを利用した名前空間の作成

 8.7 関数や定数を提供するモジュールの作成

 8.8 状態を保持するモジュールの作成

 8.9 モジュールに関する高度な話題

 8.10 この章のまとめ

第9章 例外処理を理解する

 9.1 イントロダクション

 9.2 例外の捕捉

 9.3 意図的に例外を発生させる

 9.4 例外処理のベストプラクティス

 9.5 例題:正規表現チェッカープログラムの作成

 9.6 例外処理についてもっと詳しく

 9.7 この章のまとめ

第10章 yieldとProcを理解する

 10.1 イントロダクション

 10.2 ブロックを利用するメソッドの定義とyield

 10.3 Procオブジェクト

 10.4 例題:ワードシンセサイザーの作成

 10.5 Procオブジェクトについてもっと詳しく

 10.6 この章のまとめ

第11章 パターンマッチを理解する

 11.1 イントロダクション

 11.2 パターンマッチの基本

 11.3 パターンマッチの利用パターン

 11.4 例題:ログフォーマッターの作成

 11.5 パターンマッチについてもっと詳しく

 11.6 この章のまとめ

第12章 Rubyのデバッグ技法を身につける

 12.1 イントロダクション

 12.2 バックトレースの読み方

 12.3 よく発生する例外クラスとその原因

 12.4 プログラムの途中経過を確認する

 12.5 汎用的なトラブルシューティング方法

 12.6 この章のまとめ

第13章 Rubyに関するその他のトピック

 13.1 イントロダクション

 13.2 日付や時刻の扱い

 13.3 ファイルやディレクトリの扱い

 13.4 特定の形式のファイルを読み書きする

 13.5 環境変数や起動時引数の取得

 13.6 非推奨機能を使ったときに警告を出力する

 13.7 eval、バッククオートリテラル、sendメソッド

 13.8 Rake

 13.9 gemとBundler

 13.10 Rubyにおける型情報の定義と型検査(RBS、TypeProf、Steep)

 13.11 「Railsの中のRuby」と「素のRuby」の違い

 13.12 この章のまとめ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Rubyの基礎を理解する
テストを自動化する
配列や繰り返し処理を理解する
ハッシュやシンボルを理解する
正規表現を理解する
クラスの作成を理解する
モジュールを理解する
例外処理を理解する
yieldとProcを理解する
パターンマッチを理解する
Rubyのデバッグ技法を身につける
Rubyに関するその他のトピック

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
伊藤淳一(イトウジュンイチ)
1977年生まれ。大阪府豊中市出身。株式会社ソニックガーデンのRailsプログラマ、およびプログラミングスクール「フィヨルドブートキャンプ」のメンター。ブログやQiitaなどで公開したプログラミング関連の記事多数。説明のわかりやすさには定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

Ruby on Rails 6 超入門

Ruby on Rails 6 超入門
(著)掌田津耶乃
発売日 2020/04/10
総合評価
(3.7)
(2022/11/29 12:09時点)
Ruby on Railsは、Ruby言語を使った世界でもっとも有名なフレームワークです。最新のRails 6は、以前にもましてパワフルに進化しました。本書は、プログラミング言語RubyとフレームワークRuby on Rails 6を使った、初心者のためのWebアプリ開発入門書です。「Railsの経験はないけれど、手っ取り早くRailsを知りたい」という人でも挫折しないよう、サンプルを実際に試しながら学べます。またRails 6の新機能も解説します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Railsの基本を覚えよう!(Railsを準備しよう
Visual Studio Codeを使おう ほか)
2 ControllerとViewを使おう!(Railsアプリの構成
コントローラーの基本 ほか)
3 Modelとデータベースを使おう!(SQLiteデータベースを使おう
モデルの基本を覚えよう ほか)
4 データベースを更に使いこなせ!(検索をマスターしよう
バリデーションをマスターしよう ほか)
5 その他に覚えておきたい機能!(Reactとの連携
Deviseでユーザー認証を行なおう ほか)
Addendum Ruby言語超入門!

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
掌田津耶乃(ショウダツヤノ)
日本初のMac専門月刊誌「Mac+」の頃から主にMac系雑誌に寄稿する。ハイパーカードの登場により「ビギナーのためのプログラミング」に開眼。以後、Mac、Windows、Web、Android、iPhoneとあらゆるプラットフォームのプログラミングビギナーに向けた書籍を執筆し続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Ruby on Rails 6 超入門
発売日 2020/04/10
(2022/11/29 12:09時点)

  

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド
(著)大場寧子, 松本拓也, 櫻井達生, 小田井優
発売日 2018/10/19
総合評価
(4.2)
(2022/11/29 12:09時点)
Railsアプリの基本から実践的なノウハウまでこの1冊で!

本書は、Ruby on Rails(以下Rails)を使ってWebアプリケーションを開発するための解説書です。

RailsでどのようにWebアプリケーションを作るのかという基本的なところから、現場のニーズに合わせてどのように機能を追加していくのか、テストはどのように行うのか、複数人で開発していく場合の方法といった実践的なトピックまで、幅広くカバーしています。

本書を読んだ方が単にRailsでWebアプリケーションを作れるようになるだけでなく、「Railsらしいアプリケーションコード」を書けるようになり、そして開発チームの仲間とともに実現したいことを実現できるように、という視点で必要な情報をまとめた1冊です。


なお、本書の対応バージョンはRuby 2.5/Rails5.2です。Rails5.2から導入されたActive Storageやcredentials.yml.encについても解説しています。macOS/Windows 10(64ビット版)対応。


■読者対象について

Ruby以外の言語でのWebアプリケーションの開発や、オブジェクト指向プログラミングについては知識・経験があるものの、RubyやRailsについては初めて学ぶ方を主な対象にしています。

ただし、Webアプリケーションやオブジェクト指向が初めての方にも理解しやすいように説明するように努めています。


■構成と内容について

本書の構成は以下の通りです。

<入門編>
Chapter 1 RailsのためのRuby入門
Chapter 2 Railsアプリケーションをのぞいてみよう
Chapter 3 タスク管理アプリケーションを作ろう

<レベルアップ編>
Chapter 4 現実の複雑さに対応する
Chapter 5 テストをはじめよう
Chapter 6 Railsの全体像を理解する
Chapter 7 機能を追加してみよう

<発展編>
Chapter 8 RailsとJavaScript
Chapter 9 複数人でRailsアプリケーションを開発する
Chapter 10 Railsアプリケーションと長く付き合うために


章ごとの内容は以下の通りです。


Chapter1では、Railsのアプリケーションのコードを読み書きするために最低限必要となるようなRubyの基礎知識を解説していきます。

Chapter2では、RubyやRailsが動作する環境を構築するとともに、簡単なサンプルアプリケーションを作成し、中身の構成を解説していきます。

Chapter3では、シンプルなタスク管理アプリケーションの作成を通じて、CRUDと呼ばれるソフトウェアの基本的な機能をRailsで実装する方法について学んでいきます。

Chapter4では、Chapter3で作成したアプリケーションに、いくつかの機能を追加していきます。具体的には「データ内容の制限」「検証」「コールバック」「フィルタ」「ログイン機能の追加」「関連」「検索」について解説していきます。

Chapter5では、Railsにあらかじめ用意されている「自動テスト」という仕組みについて、利用方法や注意事項を解説します。

Chapter6では、Railsの備える機能や、Railsを取り巻く世界の全体像を改めて一望し、これまで取り上げる機会のなかったいくつかの重要な要素について解説していきます。

Chapter7では、Railsアプリケーションで比較的よくある具体的な機能を実現するやり方を、Chapter4までで作成したアプリケーションへの機能追加という形で紹介していきます。

Chapter8では、Railsを利用する際のJavaScriptの扱い方について解説していきます。モダンなJavaScriptについても扱っています。

Chapter9では、複数人で開発を行う場合に重要になってくる知識や、注意すべきポイントについて解説していきます。

Chapter10では、Railsアプリケーションと長く付き合っていくために特に重要なテーマとして、「バージョンアップに対してどのように取り組むべきか」「Railsアプリケーションコードが複雑になっていくことにどうに立ち向かい、メンテナンスしやすい状態の維持を図るのか」について扱います。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
■構成と内容について
本書の構成は以下の通りです。
<入門編>
Chapter 1 RailsのためのRuby入門
Chapter 2 Railsアプリケーションをのぞいてみよう
Chapter 3 タスク管理アプリケーションを作ろう
<レベルアップ編>
Chapter 4 現実の複雑さに対応する
Chapter 5 テストをはじめよう
Chapter 6 Railsの全体像を理解する
Chapter 7 機能を追加してみよう
<発展編>
Chapter 8 RailsとJavaScript
Chapter 9 複数人でRailsアプリケーションを開発する
Chapter 10 Railsアプリケーションと長く付き合うために
章ごとの内容は以下の通りです。
Chapter1では、Railsのアプリケーションのコードを読み書きするために最低限必要となるようなRubyの基礎知識を解説していきます。
Chapter2では、RubyやRailsが動作する環境を構築するとともに、簡単なサンプルアプリケーションを作成し、中身の構成を解説していきます。
Chapter3では、シンプルなタスク管理アプリケーションの作成を通じて、CRUDと呼ばれるソフトウェアの基本的な機能をRailsで実装する方法について学んでいきます。
Chapter4では、Chapter3で作成したアプリケーションに、いくつかの機能を追加していきます。具体的には「データ内容の制限」「検証」「コールバック」「フィルタ」「ログイン機能の追加」「関連」「検索」について解説していきます。
Chapter5では、Railsにあらかじめ用意されている「自動テスト」という仕組みについて、利用方法や注意事項を解説します。
Chapter6では、Railsの備える機能や、Railsを取り巻く世界の全体像を改めて一望し、これまで取り上げる機会のなかったいくつかの重要な要素について解説していきます。
Chapter7では、Railsアプリケーションで比較的よくある具体的な機能を実現するやり方を、Chapter4までで作成したアプリケーションへの機能追加という形で紹介していきます。
Chapter8では、Railsを利用する際のJavaScriptの扱い方について解説していきます。モダンなJavaScriptについても扱っています。
Chapter9では、複数人で開発を行う場合に重要になってくる知識や、注意すべきポイントについて解説していきます。
Chapter10では、Railsアプリケーションと長く付き合っていくために特に重要なテーマとして、「バージョンアップに対してどのように取り組むべきか」「Railsアプリケーションコードが複雑になっていくことにどうに立ち向かい、メンテナンスしやすい状態の維持を図るのか」について扱います。

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
プログラミング初学者です。 ruby on railsの学習のサポートとして購入しました。役に立つスキルが多々あったと思います。 また実際に現場で使われている方には、復習にちょうど良い内容かとも思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
分厚くて情報量が非常に多く、とても良い買い物だと思います。一つ一つあたり細かく書かれているので初心者の方にもおすすめです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
タイトル通り、現場で使える様々なRailsの開発方法が分かりやすく解説されています。実践的な内容になるのでRailsの基礎を理解している方が対象になるかと思います。Railsをこれから初めて触れる方は別に入門書で学習してからこちらを読むと、より理解が深まると思います。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
   

Rubyの参考書 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「Rubyの参考書」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2022/11/29 12:09 更新)
Rank製品価格
1
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)
発売日 2020/07/25
すがわらまさのり, 前島真一, 橋立友宏, 五十嵐邦明 (技術評論社)
総合評価
(4.5)
3,828円
(+115pt)
3,637円
3,828円
3,828円
2
3,278円
3,114円
(+138pt)
3,278円
3,278円
3
スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング
発売日 2019/03/15
高橋征義, リブロワークス (インプレス)
総合評価
(4.3)
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
4
たのしいRuby 第6版 (Informatics&IDEA)
発売日 2019/03/19
高橋 征義, 後藤 裕蔵 (SBクリエイティブ)
総合評価
(3.8)
2,860円
2,574円
(+129pt)
2,860円
2,860円
5
Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)
発売日 2019/12/20
黒田 努 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
3,850円
(+116pt)
1,925円
3,850円
3,850円
 

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)
(著)すがわらまさのり, 前島真一, 橋立友宏, 五十嵐邦明
発売日 2020/07/25
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:09時点)
Rails 6.0を完全網羅。Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を紹介

対象バージョンをRuby 2.6/2.7系、Rails 6.0系に変更した増補改訂版。新しいRailsのバージョンでサポートされた機能の紹介だけでなく、Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を追加し,現在のトレンドとなる開発スタイルを紹介します。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■■Part1 Rails ~ overview
■1章 Ruby on Railsの概要
1-1 Railsを使う前に
1-2 Railsの思想
1-3 Railsをはじめよう!!
1-4 scaffoldを使ってRailsでの開発を体験しよう
■2章 Ruby on RailsとMVC
2-1 MVCアーキテクチャ
2-2 モデルを扱う
2-3 コントローラの役割
2-4 コントローラとビューの協調とビューテンプレートの基本
2-5 ビューテンプレートについて
■3章 押さえておきたいRailsの基本機能
3-1 テストの種類と実行方法
3-2 RackとRailsの関係
3-3 DBを管理する
3-4 秘密情報を管理する
3-5 HTTPとRailsアプリケーション
■■Part2 Railsの周辺知識
■4章 フロントエンドの開発手法
4-1 Webpackerを使ってJavaScriptを管理する
4-2 SprocketsによるCSSの管理
4-3 Railsに組み込まれているJavaScriptの機能
4-4 控えめなJavaScriptフレームワークStimulus
■5章 Rails標準の機能を活用して素早く機能実装する
5-1 Active Jobによる非同期実行
5-2 Active Storageによるファイルアップロード
5-3 Action Mailerによるメール送信
5-4 Action Mailboxによるメール受信
5-5 Action Textによるリッチテキスト機能
5-6 Action Cableによるリアルタイム通信
■■Part3 Webアプリケーション開発
■6章 Railsアプリケーション開発
6-1 イベント告知アプリケーションを作る
6-2 アプリケーションの作成と下準備
6-3 OAuthを利用して「GitHubでログイン」機能を作る
6-4 イベントの登録機能を作る
6-5 イベントの閲覧機能を作る
6-6 イベントの編集・削除機能を作る
6-7 登録されたイベントへの参加機能、参加キャンセル機能を作る
6-8 退会機能を作る
6-9 おわりに
■7章 Railsアプリケーションのテスト
7-1 テストコードをどう書いていくか
7-2 minitestとRSpec
7-3 テストデータを作成する
7-4 システムテスト
7-5 コントローラに対する機能テスト
7-6 モデルに対するテスト
■■Part4 Railsアプリケーションの拡張・運用
■8章 Railsアプリケーション拡張
8-1 ファイルアップロード機能を作る
8-2 gemで機能拡張をする
8-3 落穂ひろい
■9章 コード品質を上げる
9-1 CI(継続的インテグレーション)
9-2 Gemの定期update
9-3 静的解析
9-4 カバレッジ測定
9-5 アプリケーションパフォーマンス測定(APM)
■10章 コンテナを利用したRailsアプリケーションの運用
10-1 Railsアプリケーションのインフラ概要
10-2 基本的なDockerイメージの構築
10-3 開発環境におけるDockerの活用
10-4 環境によって可変する設定値や秘匿情報の管理
10-5 ログ出力
10-6 HTTPサーバとの通信
■■Part5 エキスパートRails
■11章 複雑なドメインを表現する
11-1 アーキテクチャパターンから見るRails
11-2 値オブジェクト
11-3 サービスオブジェクト
■12章 複雑なユースケースを実現する
12-1 ユースケースとモデル
12-2 データベースと紐づかないモデルを作る
12-3 フォームオブジェクト
12-4 プレゼンター
■13章 複雑なデータ操作を実装する
13-1 Concern
13-2 コールバックオブジェクト
■■Appendix Railsの開発環境構築
A-1 WindowsでのRubyとRails環境 514
A-2 Rubyのインストール

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Progate、udemy、railsの入門書を終えてから本書を購入しました。Railsの基本から実戦レベルの応用、最近の新しいいRails環境も書かれており多少わたしには難しいながらも勉強になってます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】
すがわらまさのり氏、前島真一氏、橋立友宏氏、五十嵐邦明氏、後藤優一氏の共著です。
本書は、『パーフェクト Ruby on Rails』のRails6.0対応版になります。
Rails6.0について、非常に広範な内容について書かれています。
【本書で学べること・考えること】
・Railsの概要、思想、導入
・MVCアーキテクチャ
・テストフレームワーク(minitest)
・基本機能(Rack、DB管理、秘密情報管理)
・フロントエンド開発(Webpacker、Sprockets、Stimulus、Turbolinks)
・標準機能(ActiveJob、ActiveStorage、ActionMailer、ActionMailbox、ActionText、ActionCable)
・Railsアプリ開発
・railsアプリ拡張
・CI、gem管理、静的解析、カバレッジ測定、パフォーマンス測定
・Docker
・エキスパートRails(サービスオブジェクト、FatModel対策、プレゼンター、Concern)
・WSL2での環境構築
実際に完走しての感想です。
まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は最低でも必要です。
今までの取り組んできた本に比べると一段レベルが高いです。
基本的な説明は最低限になっており、主に概要や用途、代表的な使い方、気をつける点などが書かれています。
実際の設定や導入などについては、公式のドキュメントを参照するようになっています。
広く浅く広範囲をカバーしているので、この本で学んだ内容を足掛かりにしてより深く理解していく、インデックス的な役割の本になると思います。
当面、傍らに置いて必要に応じて見直しながら活用しようと考えています。
これだけ広範な内容をカバーしている本は他にないので、手元に置いておいて損はないと思います。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】

すがわらまさのり氏、前島真一氏、橋立友宏氏、五十嵐邦明氏、後藤優一氏の共著です。

本書は、『パーフェクト Ruby on Rails』のRails6.0対応版になります。

Rails6.0について、非常に広範な内容について書かれています。


【本書で学べること・考えること】

・Railsの概要、思想、導入
・MVCアーキテクチャ
・テストフレームワーク(minitest)
・基本機能(Rack、DB管理、秘密情報管理)
・フロントエンド開発(Webpacker、Sprockets、Stimulus、Turbolinks)
・標準機能(ActiveJob、ActiveStorage、ActionMailer、ActionMailbox、ActionText、ActionCable)
・Railsアプリ開発
・railsアプリ拡張
・CI、gem管理、静的解析、カバレッジ測定、パフォーマンス測定
・Docker
・エキスパートRails(サービスオブジェクト、FatModel対策、プレゼンター、Concern)
・WSL2での環境構築


実際に完走しての感想です。

まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は最低でも必要です。

今までの取り組んできた本に比べると一段レベルが高いです。
基本的な説明は最低限になっており、主に概要や用途、代表的な使い方、気をつける点などが書かれています。
実際の設定や導入などについては、公式のドキュメントを参照するようになっています。
広く浅く広範囲をカバーしているので、この本で学んだ内容を足掛かりにしてより深く理解していく、インデックス的な役割の本になると思います。
当面、傍らに置いて必要に応じて見直しながら活用しようと考えています。

これだけ広範な内容をカバーしている本は他にないので、手元に置いておいて損はないと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
すがわらまさのり(スガワラマサノリ)
1982年生まれ。大学を卒業後SIerへ新卒で入社し、その後BtoCWebサービス事業社へ転職。現在は株式会社SmartHRでサーバサイドエンジニアとしてRubyやRailsを使ったプロダクト開発を行っている。TwitterやGitHubではsugamasaoというアカウントで活動

前島真一(マエシマシンイチ)
1980年生まれ。大学院修了後、新卒でSIerへ就職後、Webの可能性を信じてRailsプログラマに転職。数年後にフリーランスとして独立し、現在は株式会社ウィルネット代表取締役社長。Railsを利用している複数の会社で技術顧問業をしつつ、お仕事SNS savanna.ioの開発を進めている。ネット上では@willnetもしくは@netwillnetとして活動。地域Rubyコミュニティのginza.rbや、オンラインコミュニティclean-rails.orgを主催

橋立友宏(ハシダテトモヒロ)
1984年生まれ。大学在学中に独学でRailsとプログラミングを学ぶ。大手SIerに就職するが、Railsエンジニアとして受託開発をするため転職。その後フリーランスを経て、2016年にRepro株式会社CTOに就任。現在はRailsに限らずサービス全体のアーキテクチャの設計や長期的な技術選択を担っている。最近はKafkaを利用したストリーミング処理に注力している

五十嵐邦明(イガラシクニアキ)
フリーランスRuby、Railsエンジニア。2003年、Ruby製Web日記アプリtDiaryを使い始めてRubyistになる。2010年からRailsを仕事で使い始め、2017年よりフリーランス、2019年ガーネットテック373株式会社を設立、同社代表取締役社長。RubyWorld ConferenceやRubyConf台湾などで講演。ネット上のIDはigaiga

後藤優一(ゴトウユウイチ)
1990年生まれ。大学院修了後、「PIXTA」をはじめとしたクリエイティブ・プラットフォーム事業を展開するピクスタ株式会社に入社。2020年より同社執行役員CTO兼開発部長に就任。執行役員として次の主力事業の開発に注力しながら、開発部長としてより良いエンジニアリング組織づくりに取り組んでいる。インターネット上では、@yasaichiまたは@_yasaichiというIDで活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版] 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで Software Desi...

(概要)

本書は、プログラミング言語Rubyの言語仕様や開発の現場で役立つRubyの知識を説明した本です。豊富なサンプルコードで文法を学び、例題でプログラミングの流れを体験できます。第1版(2017年11月発行)は、初心者の目線にたった丁寧な解説が好評で多くのRuby初学者に愛読され、いまやRuby入門書の定番とも言える存在です。2020年末のRuby 3.0のリリースに伴い、全章にわたって記述内容を見直し、Ruby 3.0までの変更点や新機能に合わせて加筆・修正を行いました。また、第1版にて読者から「難しい、わかりづらい」という声の多かったトピックの説明を改善するなど、より初心者に親切な内容に刷新しています。


(こんな方におすすめ)

・Rubyのプログラミングを学びたい人

・Rubyのテスト駆動開発やデバッグ技法を学びたい人

・Railsを学ぶにあたりまずはRubyを学びたい人

・仕事でRubyを使っている人、仕事でRubyを使いたい人


(目次)

第1章 本書を読み進める前に

 1.1 イントロダクション

 1.2 本書の概要

 1.3 Rubyについて

 1.4 Rubyのインストール

 1.5 エディタ/IDEについて

 1.6 Rubyを動かしてみる

 1.7 本書のサンプルコードについて

 1.8 Rubyの公式リファレンスについて

 1.9 この章のまとめ

第2章 Rubyの基礎を理解する

 2.1 イントロダクション

 2.2 Rubyに関する基礎知識

 2.3 文字列

 2.4 数値

 2.5 真偽値と条件分岐

 2.6 メソッドの定義

 2.7 例題:FizzBuzzプログラムを作成する

 2.8 文字列についてもっと詳しく

 2.9 数値についてもっと詳しく

 2.10 真偽値と条件分岐についてもっと詳しく

 2.11 メソッド定義についてもっと詳しく

 2.12 その他の基礎知識

 2.13 この章のまとめ

第3章 テストを自動化する

 3.1 イントロダクション

 3.2 Minitestの基本

 3.3 FizzBuzzプログラムのテスト自動化

 3.4 この章のまとめ

第4章 配列や繰り返し処理を理解する

 4.1 イントロダクション

 4.2 配列

 4.3 ブロック

 4.4 ブロックを使う配列のメソッド

 4.5 範囲(Range)

 4.6 例題:RGB変換プログラムを作成する

 4.7 配列についてもっと詳しく

 4.8 ブロックについてもっと詳しく

 4.9 範囲(Range)についてもっと詳しく

 4.10 さまざまな繰り返し処理

 4.11 繰り返し処理用の制御構造

 4.12 この章のまとめ

第5章 ハッシュやシンボルを理解する

 5.1 イントロダクション

 5.2 ハッシュ

 5.3 シンボル

 5.4 続・ハッシュについて

 5.5 例題:長さの単位変換プログラムを作成する

 5.6 ハッシュとキーワード引数についてもっと詳しく

 5.7 シンボルについてもっと詳しく

 5.8 この章のまとめ

第6章 正規表現を理解する

 6.1 イントロダクション

 6.2 正規表現って何?

 6.3 Rubyにおける正規表現オブジェクト

 6.4 例題:Rubyのハッシュ記法を変換する

 6.5 正規表現オブジェクトについてもっと詳しく

 6.6 この章のまとめ

第7章 クラスの作成を理解する

 7.1 イントロダクション

 7.2 オブジェクト指向プログラミングの基礎知識

 7.3 クラスの定義

 7.4 例題:改札機プログラムの作成

 7.5 selfキーワード

 7.6 クラスの継承

 7.7 メソッドの可視性

 7.8 定数についてもっと詳しく

 7.9 さまざまな種類の変数

 7.10 クラス定義やRubyの言語仕様に関する高度な話題

 7.11 この章のまとめ

第8章 モジュールを理解する

 8.1 イントロダクション

 8.2 モジュールの概要

 8.3 モジュールを利用したメソッド定義(includeとextend)

 8.4 例題:rainbowメソッドの作成

 8.5 モジュールを利用したメソッド定義についてもっと詳しく

 8.6 モジュールを利用した名前空間の作成

 8.7 関数や定数を提供するモジュールの作成

 8.8 状態を保持するモジュールの作成

 8.9 モジュールに関する高度な話題

 8.10 この章のまとめ

第9章 例外処理を理解する

 9.1 イントロダクション

 9.2 例外の捕捉

 9.3 意図的に例外を発生させる

 9.4 例外処理のベストプラクティス

 9.5 例題:正規表現チェッカープログラムの作成

 9.6 例外処理についてもっと詳しく

 9.7 この章のまとめ

第10章 yieldとProcを理解する

 10.1 イントロダクション

 10.2 ブロックを利用するメソッドの定義とyield

 10.3 Procオブジェクト

 10.4 例題:ワードシンセサイザーの作成

 10.5 Procオブジェクトについてもっと詳しく

 10.6 この章のまとめ

第11章 パターンマッチを理解する

 11.1 イントロダクション

 11.2 パターンマッチの基本

 11.3 パターンマッチの利用パターン

 11.4 例題:ログフォーマッターの作成

 11.5 パターンマッチについてもっと詳しく

 11.6 この章のまとめ

第12章 Rubyのデバッグ技法を身につける

 12.1 イントロダクション

 12.2 バックトレースの読み方

 12.3 よく発生する例外クラスとその原因

 12.4 プログラムの途中経過を確認する

 12.5 汎用的なトラブルシューティング方法

 12.6 この章のまとめ

第13章 Rubyに関するその他のトピック

 13.1 イントロダクション

 13.2 日付や時刻の扱い

 13.3 ファイルやディレクトリの扱い

 13.4 特定の形式のファイルを読み書きする

 13.5 環境変数や起動時引数の取得

 13.6 非推奨機能を使ったときに警告を出力する

 13.7 eval、バッククオートリテラル、sendメソッド

 13.8 Rake

 13.9 gemとBundler

 13.10 Rubyにおける型情報の定義と型検査(RBS、TypeProf、Steep)

 13.11 「Railsの中のRuby」と「素のRuby」の違い

 13.12 この章のまとめ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Rubyの基礎を理解する
テストを自動化する
配列や繰り返し処理を理解する
ハッシュやシンボルを理解する
正規表現を理解する
クラスの作成を理解する
モジュールを理解する
例外処理を理解する
yieldとProcを理解する
パターンマッチを理解する
Rubyのデバッグ技法を身につける
Rubyに関するその他のトピック

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
伊藤淳一(イトウジュンイチ)
1977年生まれ。大阪府豊中市出身。株式会社ソニックガーデンのRailsプログラマ、およびプログラミングスクール「フィヨルドブートキャンプ」のメンター。ブログやQiitaなどで公開したプログラミング関連の記事多数。説明のわかりやすさには定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング
(著)高橋征義, リブロワークス
発売日 2019/03/15
総合評価
(4.3)
(2022/11/29 12:06時点)
「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」
という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいRuby(ルビー)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、
さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、
どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「自分がいま何をしているのかわからない」といった
プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、
プログラムを考える応用問題も用意しているため、
しっかりRubyの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・Rubyの基礎を身につけたい人
・過去にRubyやRuby on Railsの入門書で挫折してしまった人
・プログラマーやエンジニアを目指す人
・仕事でRubyを活用してみたい人

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 

プログラム完全初心者にやさしい、かなり平易な言い回しで解説してくれている本。

Rubyでプログラミング自体を始めてみようという方、自信がないかたにおすすめです。

内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Ruby最初の一歩(Rubyってどんなもの?
本書の読み進め方 ほか)
2 条件によって分かれる文を学ぼう(条件分岐ってどんなもの?
比較演算子で大小を判定する ほか)
3 繰り返し文を学ぼう(繰り返し文ってどんなもの?
条件式を使って繰り返す ほか)
4 クラスとメソッドの作り方を学ぼう(クラスはオブジェクトの設計図
メソッドの書き方を覚えよう ほか)
5 Ruby on Railsを体験しよう(Ruby on RailsとWebアプリケーション
Ruby on Railsをインストールする ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
タイトル通りプログラミング言語にふりがなをつけてくれています。プログラミングの勉強を0から始めたい人にオススメです。ただ、この一冊を読んで具体的にレベルが上がるか?と言われるとなんとも答えがたいところ。苦手意識や取っつきにくさなどのネガティブな気持ちは取り払えると思います。他の書籍を読み始めるきっかけに最適な本だと思います。とても平易に書いてあるので一日で読めます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
言語取得の順番をどうしても考えて購入しているけど、学ぶ順番が違うのか?やりたい方向性が違うのか? 心理的にちょっとまだ抵抗感を感じています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
この本も欲しかったので買えて良かったです。さっそくこの本で勉強したいと思います。ありがとうございました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

たのしいRuby 第6版 (Informatics&IDEA)

たのしいRuby 第6版 (Informatics&IDEA)
(著)高橋 征義, 後藤 裕蔵
発売日 2019/03/19
総合評価
(3.8)
(2022/11/29 12:09時点)
初版から17年。改訂とともに変化しながら、ずっと読まれ続けている定番書です。
第6版では、最新のバージョンに対応。

プログラミング初心者でも読み解けるように、
チュートリアル、基礎、クラス、実践とテーマを切り分けて、平易に解説。
Rubyの基礎から応用までがわかる一冊。

目次

第1部 Rubyをはじめよう
第2部 基礎を学ぼう
第3部 クラスを使おう
第4部 ツールを作ってみよう
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1部 Rubyをはじめよう
第2部 基礎を学ぼう
第3部 クラスを使おう
第4部 ツールを作ってみよう
Users Voice
書き込みもなく、非常に綺麗な状態の本が届きました。到着に多少時間は掛かりますが、古書店の実店舗で探す手間を考えたら通販の方が時間の節約になります。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:高橋 征義
札幌出身。北海道大学卒。Webアプリケーションの開発に従事する傍ら、日本Rubyの会を設立し、 以降現在まで同会代表をつとめる。2010年からは株式会社達人出版会にて電子出版事業に注力中。 著書に『たのしいRuby』『Rails3レシピブック 190の技』(共著)など。 好きなメソッドはattr_accessor。好きな作家は新井素子。

著:後藤 裕蔵
福岡県出身。九州工業大学卒。株式会社ネットワーク応用通信研究所取締役。 1999年、jusによるイベント「Rubyワークショップ」でRubyと出会う。以来、Rubyに関する雑誌記事の執筆や標準添付ライブラリのwebrickおよびopensslのメンテナとしてもRubyに関わる。好きなメソッドはEnumerable#inject。好きなロックバンドはピンクフロイド。


↓全て表示↑少なく表示

  

Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)

Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)
(著)黒田 努
発売日 2019/12/20
総合評価
(3.7)
(2022/11/29 12:09時点)
本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。本書では、1つの企業向け顧客管理システムを作る過程で、RailsによるWebアプリケーション開発の基礎知識とさまざまなノウハウを習得していきます。各章末には演習問題が設けられているので、理解度を確かめながら確実に読み進められます。著者が試行錯誤を繰り返した上でのベストプラクティスを提供し、読者は、実際に業務システムを構築しながらRailsのさまざまな機能、方法、作法、メソッド、テクニックを学ぶことができます。
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 目標設定と開発環境構築(イントロダクション
開発環境の構築
開発プロジェクト始動)
2 Railsアプリケーションの土台作り(RSpec
ビジュアルデザイン
エラーページ)
3 ユーザー認証とDB処理の基本(ユーザー認証1
ユーザー認証2
ルーティング
レコードの表示、新規作成、更新、削除)
4 堅牢なシステムを目指して(Strong Parameters
アクセス制御
モデル間の関連付け
値の正規化とバリデーション
プレゼンター)
顧客情報の管理(単一テーブル継承
Capybara
フォームオブジェクト)
Appendix 演習問題解答

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Ruby on Rails 6 実践ガイド
株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。
本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。
企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。
【本書で学べること・考えること】
・エラーページ作成
・ユーザー認証
・ルーティング
・Strong Parameter
・アクセス制御
・値の正規化とバリデーション
・プレゼンター
・単一テーブル継承
・Capybara
・フォームオブジェクト
実際に完走しての感想です。
まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。
今までやった課題と比べ、アプローチが違います。
環境構築
→アプリの基盤作り
→認証、DB処理
→堅牢なシステム
都度、テストフレームワーク
といった流れです。
より実務に近い流れになっていると思われます。
他の課題でも出てくるお馴染みの内容に加え、以下の点を新たに学ぶことができました。
・namespaceの活用
・エラーページの作成
・プレゼンターによるHTMLコードの生成
・フォームオブジェクトによる入力フォームのまとめ
・SCSSでのレイアウト実装
Railsでもフロントエンドよりの機能をよく使っています。
これらによって、特にview関連がスッキリした構成になります。
また、各classがどのような継承になっているか、意識、理解できるようになってきました。
その反面、Rails6で新たに実装された機能などはあまり、説明されておらず、Railsの最新機能を中心に学びたい方には向かないかもしれません。
更に応用編として「機能拡張編」も出版されているので、引き続き取り組む予定です。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ruby on Railsの実践的な実装を学ぶには良い本だが、題材が業務システム用というところで、UIは実用を重視したものになっている。(要するに地味ということだが)
また、開発手法がBDDなので、実装したらrspecを書いてテストしながら進めることになるため、ある程度品質を担保しつつインプリできるのは良いと思った。
また、Strong Parameters、プレゼンター、Capybaraなど、Rails特有の実装も学べるのも良いポイントかと思う。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ruby on Rails 6 実践ガイド

株式会社コアジェニックCEO兼CTO 黒田努 氏の著書です。

本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。

企業向けの顧客管理システムを作りながら、Railsの学習を進めていきます。


【本書で学べること・考えること】

・エラーページ作成
・ユーザー認証
・ルーティング
・Strong Parameter
・アクセス制御
・値の正規化とバリデーション
・プレゼンター
・単一テーブル継承
・Capybara
・フォームオブジェクト


実際に完走しての感想です。

まず、本書は初心者向けではありません。
初級→中級を目指した内容になっています。
『Ruby on Rails チュートリアル』を完走くらいの知識は必要です。

今までやった課題と比べ、アプローチが違います。
環境構築
→アプリの基盤作り
→認証、DB処理
→堅牢なシステム
都度、テストフレームワーク
といった流れです。

より実務に近い流れになっていると思われます。

他の課題でも出てくるお馴染みの内容に加え、以下の点を新たに学ぶことができました。

・namespaceの活用
・エラーページの作成
・プレゼンターによるHTMLコードの生成
・フォームオブジェクトによる入力フォームのまとめ
・SCSSでのレイアウト実装

Railsでもフロントエンドよりの機能をよく使っています。
これらによって、特にview関連がスッキリした構成になります。

また、各classがどのような継承になっているか、意識、理解できるようになってきました。

その反面、Rails6で新たに実装された機能などはあまり、説明されておらず、Railsの最新機能を中心に学びたい方には向かないかもしれません。

更に応用編として「機能拡張編」も出版されているので、引き続き取り組む予定です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
黒田努(クロダツトム)
東京大学教養学部卒、同大学院総合文化研究科博士課程満期退学。ギリシャ近現代史専攻。専門調査員として、在ギリシャ日本国大使館に3年間勤務。中学生の頃に出会ったコンピュータの誘惑に負け、IT業界に転身。株式会社ザッパラス技術部長、株式会社イオレ取締役副社長を経て、技術コンサルティングとIT教育を事業の主軸とする株式会社オイアクスを設立。また、2011年末にRuby on Railsによるウェブサービス開発事業の株式会社ルビキタスを知人と共同で設立し、同社代表に就任。2019年、株式会社オイアクスの社名を株式会社コアジェニックに変更し、関数型言語Elixirを使った新規WebサービスTeamgenik(チームジェニック)の事業を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

   

Rubyの学習本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したRubyの学習本の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2022/11/29 12:09 更新)
製品価格
わかばちゃんと学ぶ Ruby
発売日 2023/04/20
湊川 あい (シーアンドアール研究所)
2,673円
2,673円
2,673円
Ruby on Rails 7ポケットリファレンス
発売日 2022/10/18
WINGSプロジェクト 山内直 (技術評論社)
3,520円
(+106pt)
3,520円
3,520円
298円
880円
3,278円
3,114円
(+138pt)
3,278円
3,278円
RubyではじめるWebアプリの作り方
発売日 2021/11/22
久保秋真 (オーム社)
総合評価
(5)
3,630円
(+109pt)
3,267円
3,630円
3,630円
独習Ruby 新版
発売日 2021/09/13
山田 祥寛 (翔泳社)
総合評価
(4.2)
3,520円
(+106pt)
1,760円
3,520円
2,117円
398円
RubyとSinatraではじめる Webアプリケーション開発の教科書
発売日 2021/07/31
伊藤 祥一 (森北出版)
総合評価
(4.1)
3,080円
(+150pt)
3,080円
3,080円
1,980円
2,948円
(+145pt)
2,801円
2,948円
2,948円
1,980円
1,100円
基礎から学ぶ Ruby on Rails
発売日 2020/08/28
Minatomi
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
1,250円
パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)
発売日 2020/07/25
すがわらまさのり, 前島真一, 橋立友宏, 五十嵐邦明 (技術評論社)
総合評価
(4.5)
3,828円
(+115pt)
3,637円
3,828円
3,828円
680円
498円
Ruby on Rails 6 実践ガイド[機能拡張編] impress top gearシリーズ...
発売日 2020/05/22
黒田 努 (インプレス)
総合評価
(4.9)
3,520円
(+106pt)
3,344円
3,520円
3,520円
(+106pt)
3,344円
3,520円
3,520円
小学生から楽しむ きらきらRubyプログラミング
発売日 2020/05/21
高尾 宏治, 藤村 健吾 (日経BP)
総合評価
(4.1)
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
 

Rubyの学習本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるRubyの学習本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2022/11/29 12:09 更新)
Rank製品価格
1
Ruby on Rails 6 実践ガイド (impress top gear)
発売日 2019/12/20
黒田 努 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
3,850円
(+116pt)
1,925円
3,850円
3,850円
2
基礎から学ぶ Ruby on Rails
発売日 2020/08/28
Minatomi
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
1,250円
3
3,520円
(+106pt)
3,344円
3,520円
3,520円
4
改訂4版 基礎Ruby on Rails 基礎シリーズ
発売日 2018/09/07
黒田努, 佐藤和人 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.9)
3,850円
(+116pt)
3,465円
3,850円
820円
5
はじめてのRubyプログラミング
発売日 2018/03/21
多羅樹
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.6)
250円
6
300円
7
498円
8
Ruby on Rails 5.0 初級①: 経路、アクション、テンプレート (OIAX BOOKS)...
発売日 2016/08/07
黒田 努 (株式会社オイアクス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.4)
486円
9
680円
10
250円
 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Ruby(on Rails)おすすめ講座」

UdemyではRubyを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Rubyの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.4)
総評価数 1524件
2
【3日でできる】はじめての Ruby on Rails 4 入門(Rubyから学べる)...
発売日 2016/01/08
受講者 2,058人
通常 11,800円
現在 2,000円
(3.7)
総評価数 234件
3
(3.9)
総評価数 156件
4
【入門・初心者向け】Ruby on Rails本番環境構築パーフェクトガイド...
発売日 2017/03/15
受講者 457人
通常 10,000円
現在 1,800円
(3.5)
総評価数 42件
5
(3.8)
総評価数 24件

 

関連:Ruby on Railsの参考書

Rubyは冒頭でも述べたとおり、「Ruby on Rails」でのWeb制作の大きな土台があるのが最大の魅力。

ぜひ、学習をはじめたらWeb制作にも取り組んでみてください。

以下でRuby on Railsの本や、合わせて学びたいフロントエンド開発向けのJavaScriptやVue.js本も紹介しています、覗いてみてください。


いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました