【2021年】Git/GitHub本「人気20冊と高評価・おすすめの5冊」

こちらでは、バージョン管理ツールのスタンダードである「Git」、そしてGitを利用してリポジトリの共有やオープンソース開発などで多く利用される「GitHub」の人気・おすすめの参考書を紹介していきまっす。

 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
(2021/09/22 15:16時点)

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Git/GitHubの参考書「人気ランキング 20冊」

Git/GitHubの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
発売日 2019/06/28
大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,200円
2,090円
2,200円
2,200円
2
サルでもわかるGit入門
発売日 2018/09/25
大串 肇, アクツ ユミ, 一戸 健宏, 兼清 慮子 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
3
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
発売日 2021/06/12
湊川 あい (シーアンドアール研究所)
総合評価
2,453円
2,208円
2,208円
2,453円
4
3,200円
1,881円
2,090円
1,045円
5
GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/02/01
北山 晋吾 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,750円
2,475円
2,750円
2,750円
6
わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
発売日 2017/04/21
湊川あい, DQNEO (シーアンドアール研究所)
総合評価
919円
2,208円
2,208円
2,453円
7
ノンプログラマーなMacユーザーのためのGit入門
発売日 2019/05/24
向井 領治 (ラトルズ)
総合評価
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
8
独習Git
発売日 2016/02/25
リック・ウマリ (翔泳社)
総合評価
3,608円
3,247円
3,608円
3,608円
9
2,420円
2,178円
2,420円
2,420円
10
インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現...
発売日 2018/06/18
中島 倫明, 佐々木 健太郎, 北山 晋吾, 齊藤 秀喜 (翔泳社)
総合評価
4,620円
(+126pt)
4,158円
4,620円
4,620円
11
GitHub実践入門──Pull Requestによる開発の変革 WEB+DB PRESS plus
発売日 2018/11/14
大塚 弘記 (技術評論社)
総合評価
2,838円
2,696円
2,838円
1,873円
12
たった1日で基本が身に付く! Git超入門
発売日 2020/07/18
リブロワークス (技術評論社)
総合評価
2,178円
2,069円
2,178円
2,178円
13
エンジニアのためのGitの教科書 実践で使える!バージョン管理とチーム開発手法...
発売日 2016/01/19
株式会社リクルートテクノロジーズ, 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ, 河村聖悟, 太田智彬 (翔泳社)
総合評価
2,420円
2,178円
2,420円
2,420円
14
いちばんやさしい Git 入門教室
発売日 2019/08/25
大澤 文孝 (ソーテック社)
総合評価
2,398円
2,278円
2,398円
2,398円
15
【改訂新版】Gitポケットリファレンス
発売日 2016/12/13
岡本隆史, 武田健太郎, 相良幸範 (技術評論社)
総合評価
3,058円
2,905円
3,058円
3,058円
16
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33
発売日 2015/05/26
大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
総合評価
4,299円
1,980円
1,980円
697円
17
入門Git
発売日 2009/09/24
濱野 純(Junio C Hamano) (秀和システム)
総合評価
7,018円
2,420円
321円
18
やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門
発売日 2019/11/15
高見龍, 鶴本彰子 (秀和システム)
総合評価
2,420円
2,178円
2,178円
2,420円
19
GitHubポケットリファレンス
発売日 2018/09/22
澤田 泰治, 小林 貴也 (技術評論社)
総合評価
2,838円
2,696円
2,838円
2,838円
20
アリスとボブのGit入門レッスン
発売日 2014/10/07
川野辺正博 (秀和システム)
総合評価
344円
2,178円
2,178円
505円

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Git/GitHub本 今人気の5冊

「Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版」

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
(著)大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚
発売日 2019/06/28
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

〈本書の内容〉
Chapter 1 バージョン管理の基本
Chapter 2 Gitの基本的な使い方
Chapter 3 複数メンバーでの運用
Chapter 4 Gitを使った実践開発

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
SourcetreeやBitbucketを使ってみようと思い本書を買いました。初心者の私にとっては、とてもわかりやすくて良かったです。デザイン全体の感じも好きです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Gitの解説書では珍しいSourcetreeとBitbucketの組合せでの解説。解説書としては珍しいが一定規模を超える企業ではこの組み合わせはよく見る組み合わせであり、個人開発ではなくチーム開発を意識して複数メンバーでの運用という視点で解説されている。チームとしてどうするか、という内容であるため、マニアックなGitの使い方を求めるのであれば物足りないだろうが、チームでの開発にGitを導入しようとしているのであれば間違いなく役に立つ内容となっている。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Sourcetree を用いて git を使う本。
コマンドはほとんどないが、大抵の場合は本書の内容で十分かも。
大規模な repo だと、Sourcetree って結構クルクルが長いのよね。。。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「サルでもわかるGit入門」

サルでもわかるGit入門
(著)大串 肇, アクツ ユミ, 一戸 健宏, 兼清 慮子
発売日 2018/09/25
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
Git入門の決定版「サルGit」がついに書籍化! 圧倒的な分かりやすさでバージョン管理を使いこなそう
本書は、コレまでにGitを触ったことが無い方。もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。
わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。さあ、一緒にGitを学んでいきましょう。そして皆さんの仕事がより良く、進められますように。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
Users Voice
素人でもバージョン管理が理解できる本です。 買ってよかったです (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
【電子ブックへのリンク先】
〇学内からアクセスする場合
https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000063179?14
〇学外からアクセスする場合
https://elib-maruzen-co-jp.ezoris.lib.hokudai.ac.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000063179?14
※リモートアクセスサービスへのログイン画面が表示されますので、ログインの上ご利用ください。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Git初学者向け教本。
サルでもわかるの名の通り解説はとても丁寧に書かれていると思った。
(そもそもリポジトリとは?とかBacklogへの会員登録など)
リモートリポジトリとしてBacklogで解説しているため仕様がないが、Githubでのプルリク方法などもう少し書いてくれると良かった。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

「改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」

マンガと実践で学ぶGitの入門書が最新情報に対応して改訂しました!
Gitの概念はもちろん、GitHubについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。
本書ではクリック操作でGitを使えるSourceTreeを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

はじめにより抜粋
■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

「Gitって難しそう」
「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
・感覚的にわかる図解
・丁寧な実践パート

上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

■こんな人におすすめ
新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

■改訂版になり、さらにパワーアップ
本書は、既存の2017年版のものを、2021年版として新たに加筆修正したものです。
・操作画面の画像を、すべて新しく撮り直しました。
・開発現場のリアルな声を、より反映しました。
・セクションごとに対応コマンドを掲載!さらなるレベルアップも可能に。
・付録「コマンド操作に挑戦!」が追加されました。


・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
●CHAPTER 1 Gitって何?
●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
●APPENDIX ふろく〜コマンド操作に挑戦!
・おわり

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
●CHAPTER 1 Gitって何?
●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
・おわり
Users Voice
噂にたがわぬGITの解説本です。 直でgitを触るのが嫌いで、グラフィカルに利用できるツールを利用しますので 初心者にも安心です。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
湊川あい(ミナトガワアイ)
IT漫画家。高等学校教諭免許状「情報科」取得済み。漫画・解説文・コーディングをトータルで担当しつつも、他のエンジニアとの共著やコラボレーションも行っている。動画学習サービスSchoolにてGit入門授業の講師も担当。その他、マンガでわかるGit、マンガでわかるDocker、マンガでわかるRubyといった分野横断的なコンテンツを展開している

DQNEO
大学でフランス文学を専攻。通信業界や自動車業界でマーケティングや事業計画の仕事をしたのち、プログラマに転身。現在は株式会社メルカリで、サーバサイドの開発をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール Web制作者のための教科書シリーズ」

Web制作における「GitHub」(ギットハブ)の使い方を、
実際のワークフローをイメージしながら理解できる解説書です。

本書を読みながら具体的なシーンを疑似体験すれば、
GitHubの使い方の流れがスムーズに把握できます。

「そもそもどんなサービスなのかわからない」「どういうときにどの機能を使えばいいの?」
「これは正しい使い方なの?」といった使いはじめのころに感じる疑問はもちろん、
リポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説。

無料のGitクライアント「SourceTree」を使った操作方法も掲載しているので、
コマンドラインでの操作が苦手な人も安心して読み進められます。

※本電子書籍は、2016年7月1日発行の紙書籍第1版第2刷を底本に作成しました。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
巷でよく耳にするGitHubとはなんぞや?ということを少しかじってみたくなりました。僕はWebデザイナーではないけれど、とっつき良さそうな感じがしたのでとりあえず手にしてみました。読みきれるのか?理解できるのか?活用できるのか?もう50をとうにすぎた彼始めた僕にどこまで何がどう抗うことができるのか?みものでございます(2017/03/20)。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
・ライトに読めてGithubについて一通り分かる。
・最初のGitの概念の説明も分かりやすい。
・プルリクがBacklogのgitでも使えればなぁ。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ」

GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
(著)北山 晋吾
発売日 2018/02/01
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。
 GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。
 本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 GitLabが目指す開発スタイル
第2章 GitLabの導入
第3章 GitLabを使ってみよう
第4章 開発ワークフロー
第5章 継続的インテグレーション
第6章 継続的デプロイ
第7章 フィードバック
Users Voice
Gitリポジトリ、タスク管理、CI/CD、Wiki、コンテナレジストリ、GitLab Pages(静的サイトホスティング)、モニタリング、Kubernetes連携機能など、アプリケーション開発・運用のために統合的な機能を提供しているGitLabの典型的な構成や実践的な使い方について学べます。GitLabが好きになれる一冊。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
北山晋吾(キタヤマシンゴ)
楽天株式会社にて国際ECサービスのインフラ部門に入社。主にオープンソースを利用したインフラ基盤やプライベートクラウドの設計、構築、運用を担当。その後、日本ヒューレット・パッカード株式会社にて、金融系システムのプロジェクトリードを経験。仕事に従事しながらグロービス経営大学院でMBAを取得し、テクニカルアーキテクトとして大手製造・流通業を中心にDevOpsやクラウド、Deep Learning分野をはじめとした、オープンソースソリューションの提案、コンサルティング、および構築デリバリーを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

 

Git/GitHub本 最新・高評価のおすすめ本 5冊

「改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」

マンガと実践で学ぶGitの入門書が最新情報に対応して改訂しました!
Gitの概念はもちろん、GitHubについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。
本書ではクリック操作でGitを使えるSourceTreeを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

はじめにより抜粋
■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

「Gitって難しそう」
「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
・感覚的にわかる図解
・丁寧な実践パート

上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

■こんな人におすすめ
新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

■改訂版になり、さらにパワーアップ
本書は、既存の2017年版のものを、2021年版として新たに加筆修正したものです。
・操作画面の画像を、すべて新しく撮り直しました。
・開発現場のリアルな声を、より反映しました。
・セクションごとに対応コマンドを掲載!さらなるレベルアップも可能に。
・付録「コマンド操作に挑戦!」が追加されました。


・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
●CHAPTER 1 Gitって何?
●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
●APPENDIX ふろく〜コマンド操作に挑戦!
・おわり

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
●CHAPTER 1 Gitって何?
●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
・おわり
Users Voice
噂にたがわぬGITの解説本です。 直でgitを触るのが嫌いで、グラフィカルに利用できるツールを利用しますので 初心者にも安心です。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
湊川あい(ミナトガワアイ)
IT漫画家。高等学校教諭免許状「情報科」取得済み。漫画・解説文・コーディングをトータルで担当しつつも、他のエンジニアとの共著やコラボレーションも行っている。動画学習サービスSchoolにてGit入門授業の講師も担当。その他、マンガでわかるGit、マンガでわかるDocker、マンガでわかるRubyといった分野横断的なコンテンツを展開している

DQNEO
大学でフランス文学を専攻。通信業界や自動車業界でマーケティングや事業計画の仕事をしたのち、プログラマに転身。現在は株式会社メルカリで、サーバサイドの開発をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

「いちばんやさしい Git 入門教室」

いちばんやさしい Git 入門教室
(著)大澤 文孝
発売日 2019/08/25
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


はじめてチーム開発する人向け!
Gitのいちばんやさしい入門書

年々、Git を導入する開発チームは増えてきており、そうした現場で仕事をするデザイナーやプログラマーがGitを使えなければ仕事になりません。
本書は、そうした「もうGitから逃れられない人たち」のための入門書です。

【読者対象】
・そもそもGitって何?という方
・自分の操作がどんな影響を及ぼすか不安な方
・ブランチの動きが分からず不安という方
・プルとフェッチの違いって何?という方
・コミットやマージのタイミングが不安な方
・Gitで小規模なチームを立ち上げる予定の開発者
・進捗管理を効率化したい開発リーダー&マネージャー

【特長】
・プログラマー、デザイナー、開発リーダーごとの役割分担が分かる
・操作によるデータの流れをすべて図解によってビジュアル化
・実務でよく使う機能を厳選、徹底的に分かりやすく解説
・実務でぶつかりがちなエラーへの解決策をパターン別に解説
・メンバーへの配慮・マナー・ルールなど「運用のコツ」を解説
・GitホスティングサービスはGitHubを例に解説

プログラマーとして活躍する著者が、その豊富な経験を踏まえた上で、「現場で必要となる操作・機能」を厳選し、やさしく解説。トラブルシューティングも多数用意しました。

もはや、Gitはチーム開発には欠かせません。

本書で解説する操作はすべて1人で試し、学習できますので、Gitがはじめての方はここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

最速で基礎固めを行いたいプログラマーやデザイナー、開発リーダー、開発マネージャーの方におすすめです!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter 1 Gitをはじめよう
Lesson 1-1 Gitって何?
COLUMN 一人で使ってもGitは便利
Lesson 1-2 Gitの全体像
COLUMN Gitクライアント機能を内蔵した開発ツールやデザインツール
Lesson 1-3 Gitのキホン リポジトリとブランチ
COLUMN Git サーバーなしで使う「ひとりGit」
Lesson 1-4 ローカルとリモートとのやりとり
COLUMN リモートリポジトリが壊れたときはローカルリポジトリから復帰できる
Lesson 1-5 Gitを使うときのコツ
Chapter 2 リポジトリを作る
Lesson 2-1 リポジトリ作成の流れ
COLUMN リポジトリは安全第一で選ぶ
COLUMN GitHubとGitは別物
Lesson 2-2 GitHubのアカウントを作る
Lesson 2-3 GitHubでリポジトリを作る
Lesson 2-4 ユーザーにアクセス権を設定する
Chapter 3 Git操作の基本
Lesson 3-1 Gitクライアントの選び方
COLUMN Gitを操作するためのgitコマンド
Lesson 3-2 GitHub Desktopをインストールする
Lesson 3-3 リポジトリをクローンする
COLUMN リモートリポジトリを使わない場合
COLUMN スタート画面が表示されなかったり一覧に表示されていなかったりするときは
COLUMN リポジトリの切り替え
Lesson 3-4 リポジトリの基本操作
COLUMN ネットに接続していなくても編集できる
Lesson 3-5 ファイルの新規追加からコミット、プッシュまで
COLUMN 拡張子の表示
COLUMN 複数ファイルの変更
COLUMN コミットハッシュ
Lesson 3-6 他人のファイルの更新を確認するプル
Lesson 3-7 Git基本操作のまとめ
Chapter 4 困ったときや便利な操作
Lesson 4-1 プッシュできない
Lesson 4-2 プルしたらファイルが変になった
Lesson 4-3 プルできないときの対処法
Lesson 4-4 コミットせずにプルしたい
Lesson 4-5 どうしようもなくなったときの対処法
Lesson 4-6 前の変更時点に戻すには?
COLUMN リベースとチェリーピック
COLUMN GitHubやgitコマンドで詳しく比較する
Lesson 4-7 コミットの対象から外したい
Lesson 4-8 Gitの対象から外したい
Lesson 4-9 困ったときとその対策のまとめ
Chapter 5 運用とチーム開発
Lesson 5-1 チーム開発におけるGitの基本
COLUMN ステージング環境
COLUMN Gitにコミットされたときに自動的にサーバーなどに反映させるには
COLUMN コードレビュー
COLUMN チケット駆動開発
COLUMN 「Git-flow」と「GitHub Flow」
Lesson 5-2 鍵が欲しいと言われたら
COLUMN 「Git ツールが見つからない」と言われたときは
Lesson 5-3 チーム開発でのGit操作を体験してみよう
COLUMN プルリクエストを使う場合
Appendix 他のソフトからGit を使うには?
AppendixA Visual Studio Codeを使ったGit操作
COLUMN 公開鍵認証のときは
COLUMN 定期的にフェッチしてよいか尋ねられたときは
AppendixB Dreamweaver を使ったGit操作

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「たった1日で基本が身に付く! Git超入門」

たった1日で基本が身に付く! Git超入門
(著)リブロワークス
発売日 2020/07/18
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
(概要)

Git&GitHubの超入門書です。豊富な図と実際の操作手順を解説しているので,たった1日でひととおりGit&GitHubが使えるようになります。


(こんな方におすすめ)

・GitとGitHubをはじめて使う人

・近日中にプロジェクトなどでGitHubを使わなければならなくなった人


(目次)

CHAPTER 01 Gitが必要な理由を知ろう

  01 バージョン管理はなぜ必要?

  02 GitHub Desktopをインストールする

  03 Visual Studio Codeをインストールする

  04 Gitの基本的なしくみを理解する

CHAPTER 02 GitHub Desktopでローカルのファイルを管理しよう

  01 ローカルリポジトリを作成する

  02 変更を「コミット」する

  03 コミットを取り消す

  04 Markdownの書き方を覚える

  05 VSCodeの「ソース管理」機能を利用する

CHAPTER 03 GitHubのリモートリポジトリで共有しよう

  01 リモートリポジトリとGitHub

  02 リモートリポジトリを作って共同作業の準備をする

  03 共同作業でファイルを編集する

  04 共有したくないファイルを無視させる

CHAPTER 04 コンフリクトとブランチを理解しよう

  01 コンフリクトとブランチ

  02 コンフリクトを解決する

  03 ブランチを作って作業分担する

  04 ブランチをマージする

  05 ブランチを削除する

CHAPTER 05 GitHubの便利な機能を利用しよう

  01 Gitの機能とGitHubの機能

  02 プライベートリポジトリにする

  03 プルリクエストを使ってマージする

  04 イシューを使って問題を解決する

  05 その他の便利な機能

CHAPTER 06 コマンドラインを利用しよう

  01 Gitはコマンドラインでも利用できる

  02 ローカルリポジトリを利用する

  03 リモートリポジトリを利用する

  04 コンフリクト解決とブランチを利用する

  05 プルリクエストを利用する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
CHAPTER 01 Gitが必要な理由を知ろう
01 バージョン管理はなぜ必要?
02 GitHub Desktopをインストールする
03 Visual Studio Codeをインストールする
04 Gitの基本的なしくみを理解する
CHAPTER 02 GitHub Desktopでローカルのファイルを管理しよう
01 ローカルリポジトリを作成する
02 変更を「コミット」する
03 コミットを取り消す
04 Markdownの書き方を覚える
05 VSCodeの「ソース管理」機能を利用する
CHAPTER 03 GitHubのリモートリポジトリで共有しよう
01 リモートリポジトリとGitHub
02 リモートリポジトリを作って共同作業の準備をする
03 共同作業でファイルを編集する
04 共有したくないファイルを無視させる
CHAPTER 04 コンフリクトとブランチを理解しよう
01 コンフリクトとブランチ
02 コンフリクトを解決する
03 ブランチを作って作業分担する
04 ブランチをマージする
05 ブランチを削除する
CHAPTER 05 GitHubの便利な機能を利用しよう
01 Gitの機能とGitHubの機能
02 プライベートリポジトリにする
03 プルリクエストを使ってマージする
04 イシューを使って問題を解決する
05 その他の便利な機能
CHAPTER 06 コマンドラインを利用しよう
01 Gitはコマンドラインでも利用できる
02 ローカルリポジトリを利用する
03 リモートリポジトリを利用する
04 コンフリクト解決とブランチを利用する
05 プルリクエストを利用する

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Git わかばちゃん以外の本でも知識を確認
プルリクエスト、イシュー、コミットの消し方、ブランチの消し方、フォークとクローンの違い、フェッチとプルの違いなど、より精密に理解できた。わかばちゃんはわかりやすいが、だいぶ端折ってはいた。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「よくわかる入門Git」

よくわかる入門Git
(著)正俊, 昌子
発売日 2019/09/28
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
Gitは、ソフトウェアの開発現場でバージョン管理ソフトとして使われています。しかし、「おまじない」のようにGitのコマンドを使っているだけの人が少なくありません。本書は、Gitの基本的な使い方から、チーム開発で使うための機能「ブランチ」、そして高度なGitコマンドまでを解説した入門書です。さらにGitのブランチモデルである「Git flow」と「GitHub-flow」の二つも紹介。チーム開発の基本スキルが身につきます!
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 はじめてのバージョン管理
 1 バージョン管理システムとは
 2 なぜ開発必須ツールなのか(その背景)
  最新バージョンがどれかわからない問題
  過去の状態に戻すことができない問題
  同時に更新することができない問題
  作業を共有できない問題
 3 集中型バージョン管理と分散型バージョン管理
  単独型バージョン管理
  集中型バージョン管理(クライアントサーバー型)
  分散型バージョン管理
  代表的なバージョン管理ソフトウェア
第2章 Gitの概要と仕組み
 1 Gitの概要
  Gitの基本的な構造
 2 Gitの仕組み
  データ構造
  独立したローカルリポジトリ
  まとめると
 3 コマンドライン(CUI)とグラフィカルツール(GUI)
第3章 Gitの導入
 1 環境説明
 2 インストール作業(Windows/macOSインストール)
  WindowsへGitをインストール
  インストール手順
  セットアップウィザードの補足説明
  macOSへGitをインストール
  Xcodeのインストール
  XcodeなしでCommand Line Toolsをインストール
  Gitの初期設定
  WindowsへTortoiseGitをインストール
  TortoiseGitのダウンロードしたファイル
第4章 Gitの基本
 1 Gitの基本
  Gitの仕組み
 2 Gitの3つの状態
  変更がない状態
  変更済み
  ステージ済み状態
 3 リポジトリをクローンする/リポジトリを作成する
  リポジトリの作成
  ファイルを追加する
  ファイルの追加と編集
  ファイルの削除
  ファイルの移動と名前変更
  バージョン管理から対象外にする
  コミットログ(履歴)を確認する
  変更作業のやり直し
 4 TortoiseGit
  リポジトリをクローンする/リポジトリを作成する
  新しいファイルを作成・追加
  新しいディレクトリを作成・追加
  ファイルを更新
  ファイルを移動
  ファイル名を変更
  ファイルを削除
  コミットログ(履歴)を確認する
第5章 よくわかるチーム開発
 1 チーム環境を整備する
  GitHubの特徴
  tracpathの特徴
  GitHubのアカウント作成
  tracpathのアカウント作成
 2 中央リポジトリをクローン
  ローカルリポジトリにデータを登録して初回コミット
  ローカルリポジトリから中央リポジトリにプッシュ
 3 プルの使い方
  中央リポジトリの情報を知る
  プッシュの使い方
  コンフリクトの発生を知る
  ブランチとは
  ブランチの作成からマージまで操作する
  機能追加やバグ修正のコミット
 4 タグの使い方
  タグとは
  タグの作成、確認、削除
第6章 Gitによる高度な開発
 1 チェックアウトとリセット(作業を過去の状態に戻す)
  過去の状態に戻り、作業をやり直す
  リセットにより強制的にブランチの状態を戻す
 2 直前のコミットを変更する
  直前のコミットをやり直す
 3 リバート(過去のコミットを打ち消し)
  過去のコミットをなかったことにする
 4 リベース(開発履歴をまとめる)
  リベースとは
  リベースとマージの違い
 5 スカッシュ(複数のコミットを1つにまとめる)
 6 スタッシュ(作業中の変更を待避する)
  作業中の変更を待避する
 7 クリーン(作業ディレクトリをきれいにする)
  バージョン管理外のファイルを削除する
 8 チェリーピック(特定のコミットを取り込む)
  特定のコミットを取り込む
  チェリーピックによるコンフリクトの発生と解消
 9 フェッチ(最新の状態にする)
 10 コミットツリーを理解する
 11 コミットログとコミットの分割
  コミットログを整理する/コミットの分割方法
  直前のコミットを複数のコミットに分割
  過去に遡ってコミットを分割する方法
第7章 Git flowによる開発
 1 Git flow
  Git flowとは
  ブランチ管理方法「ブランチモデル」
  Git flowで定義されているブランチ
 2 Git flowをインストールする
  WindowsへGit flowをインストールする
  macOSへGit flowをインストールする
第8章 Git flowを実践する
 1 作成するプログラムの仕様
 2 Gitリポジトリの作成
  featureブランチを切ってアプリケーションのベースを作成する
  再びfeatureブランチを切ってアプリケーションの機能を実装する
 3 リリースしてみよう
 4 リリースしたプログラムに重大なバグが発覚
 5 コマンドで理解したらGUIで使ってみる
第9章 GitHub Flow
 1 Git flowとGitHub Flowの違い
  GitHub Flow
  ブランチの種類
  リリースの扱い
  コミュニケーションに対する姿勢
  GitHub Flowの6つのルール
 2 GitHub Flowを使った開発のチュートリアル
  作成するTODOリストアプリの仕様
 3 Git Large Storage(Git LFS)
  Git LFSの特徴
  Git LFSの課題
第10章 効率的なチーム開発のノウハウ
 1 チーム開発で発生する課題と対処方法
  バージョン管理システムの活用ができていない
  間違ったブランチの使い方と管理をしている
  他のメンバーが修正した内容を上書きして消してしまう
  ブランチ・タグを活用できない
  課題の共有ができず、ソースコードの変更を追跡できない
 2 チーム開発に必要なこと
  共同開発を混乱なくスムーズに進めるために必要なこと

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
よくわかる入門Git
発売日 2019/09/28
(2021/09/22 12:02時点)

  

「Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版」

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
(著)大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚
発売日 2019/06/28
総合評価
(2021/09/22 12:02時点)
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

〈本書の内容〉
Chapter 1 バージョン管理の基本
Chapter 2 Gitの基本的な使い方
Chapter 3 複数メンバーでの運用
Chapter 4 Gitを使った実践開発

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
SourcetreeやBitbucketを使ってみようと思い本書を買いました。初心者の私にとっては、とてもわかりやすくて良かったです。デザイン全体の感じも好きです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Gitの解説書では珍しいSourcetreeとBitbucketの組合せでの解説。解説書としては珍しいが一定規模を超える企業ではこの組み合わせはよく見る組み合わせであり、個人開発ではなくチーム開発を意識して複数メンバーでの運用という視点で解説されている。チームとしてどうするか、という内容であるため、マニアックなGitの使い方を求めるのであれば物足りないだろうが、チームでの開発にGitを導入しようとしているのであれば間違いなく役に立つ内容となっている。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
Sourcetree を用いて git を使う本。
コマンドはほとんどないが、大抵の場合は本書の内容で十分かも。
大規模な repo だと、Sourcetree って結構クルクルが長いのよね。。。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

 

Git/GitHub本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにGitの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のGit関係の本人気ランキングです。

(2021/09/22 12:02 更新)
Rank製品価格
1
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
発売日 2019/06/28
大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,200円
2,090円
2,200円
2,200円
2
サルでもわかるGit入門
発売日 2018/09/25
大串 肇, アクツ ユミ, 一戸 健宏, 兼清 慮子 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
3
3,200円
1,881円
2,090円
1,045円
4
GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/02/01
北山 晋吾 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
2,750円
2,475円
2,750円
2,750円
5
650円
6
500円
7
99円
8
360円
9
99円
10
399円

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Gitおすすめ講座」

UdemyではGitを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Gitの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター...
発売日 2017/03/11
受講者 31,294人
通常 10,800円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 5906件
2
Git:はじめてのGitとGitHub
発売日 2017/01/19
受講者 30,879人
無料講座
(4.4)
総評価数 4740件
3
米国AI開発者がやさしく教えるGit入門講座
発売日 2021/02/08
受講者 2,441人
通常 7,800円
現在 7,800円
(4.7)
総評価数 562件
4
(4.6)
総評価数 89件
5
(4.5)
総評価数 125件

 

関連:Web系開発言語を学ぶ

Gitでバージョン管理を学べば、履歴があることで思い切った変更が可能であったり、ブランチで並列に複数の開発したりと効率的な開発が可能。

また、GitHubのオープンソースの開発に参画していくといったことも可能です。

特にWeb開発系はGitを利用した開発が盛んです、Web開発時には特に積極的に利用していきましょう。以下でWeb系関係の本も紹介しています。



関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました