【2021年】Git/GitHub本「人気20冊と高評価・おすすめの5冊」

こちらでは、バージョン管理ツールのスタンダードである「Git」、そしてGitを利用してリポジトリの共有やオープンソース開発などで多く利用される「GitHub」の人気・おすすめの参考書を紹介していきまっす。

 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

Git/GitHubの参考書「人気ランキング 20冊」

Git/GitHubの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
サルでもわかるGit入門
発売日 2018/09/25
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
Kindle   2,090円 (+1001pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 6件
2
GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/02/01
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,613円 (+1251pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 15件
3
(3.3)
総評価数 32件
4
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
発売日 2019/06/28
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
Kindle   1,100円 (+11pt)
(4.1)
総評価数 27件
5
独習Git
発売日 2016/02/25
通常    3,608円
単行本   3,608円 (+36pt)
Kindle   3,247円 (+32pt)
(4)
総評価数 38件
6
わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉...
発売日 2017/04/21
通常    2,453円
単行本   2,453円 (+25pt)
Kindle   2,208円 (+23pt)
(4.3)
総評価数 141件
7
(3.9)
総評価数 23件
8
インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現...
発売日 2018/06/18
通常    4,620円
単行本   4,620円 (+46pt)
Kindle   4,158円 (+42pt)
(4.5)
総評価数 9件
9
GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)
発売日 2014/03/20
通常    2,838円
単行本   2,555円
Kindle   2,696円 (+27pt)
(4)
総評価数 38件
10
たった1日で基本が身に付く! Git超入門
発売日 2020/07/18
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,069円 (+21pt)
(4.7)
総評価数 7件
11
いちばんやさしい Git 入門教室
発売日 2019/08/23
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+24pt)
Kindle   2,278円 (+46pt)
(4.3)
総評価数 15件
12
よくわかる入門Git
発売日 2019/09/28
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+300pt)
(3.4)
総評価数 3件
13
エンジニアのためのGitの教科書 実践で使える!バージョン管理とチーム開発手法...
発売日 2016/01/19
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
(3.8)
総評価数 12件
14
デザイナーからプログラマーまで 絶対わかるGitバージョン管理...
発売日 2015/03/17
通常    4,650円
単行本   4,650円
Kindle   2,613円 (+1307pt)
(4.3)
総評価数 2件
15
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33
発売日 2015/05/26
通常    1,980円
単行本   252円
Kindle   1,980円 (+20pt)
(3.6)
総評価数 29件
16
【改訂新版】Gitポケットリファレンス
発売日 2016/12/13
通常    3,058円
単行本   3,058円 (+31pt)
Kindle   2,905円 (+51pt)
(3.6)
総評価数 12件
17
ノンプログラマーなMacユーザーのためのGit入門
発売日 2019/05/24
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,613円 (+27pt)
(3.1)
総評価数 4件
18
やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門
発売日 2019/11/15
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
(3.6)
総評価数 4件
19
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
発売日 2021/06/12
通常    2,453円
単行本   2,453円 (+25pt)
(0)
総評価数 0件
20
Gitで困ったときに読む本
発売日 2014/10/16
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,740円 (+37pt)
(2)
総評価数 1件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Git/GitHub本 今人気の5冊

「サルでもわかるGit入門」

サルでもわかるGit入門
(著)大串 肇, アクツ ユミ, 一戸 健宏, 兼清 慮子
発売日 2018/09/25
(4.2)

Git入門の決定版「サルGit」がついに書籍化! 圧倒的な分かりやすさでバージョン管理を使いこなそう
本書は、コレまでにGitを触ったことが無い方。もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。
わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。さあ、一緒にGitを学んでいきましょう。そして皆さんの仕事がより良く、進められますように。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
使ったら便利そうと思っていたが、長年放置したGit。この本をキッカケに使い始めました。まだ2週間程度ですが、既に手放せません。最初のお勉強が面倒と思っていたのですが、この本のおかげで容易に基本を理解できました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
patchからcsv、そして、いまが、トレーサビリティーとは、もう、言語学だ、 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
サルでもわかるGit入門
発売日 2018/09/25
通常 2,200円
現在 2,090円
110円(5%)OFF!!

  

「GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ」

近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。
 GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。
 本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この書籍をネットで知り、発売日に入手して頭からざっと読破しました。
私はGitLabを単なるGitHubチックなGitリポジトリのフロントエンドUIだと思っていました。
この書籍を読むことで、その認識を改めることができました。
GitLabはGitHub + Slack + Jenkinsを足したような機能を持っています。
これらの機能をフルに活用すると、とてもパワフルです。

GitLab実践ガイドは著者の確かな経験と技術力のもと、分散リポジトリ管理の概念と
Gitの基礎的な使い方はもちろんのこと、CI/CDでデプロイメントパイプラインの構成方法に
ついてまでGitLabの魅力を深く解説してくれています。

特に5章と6章のCI/CDと、デプロイメントパイプラインの解説に力が注がれており、
著者の思いが伝わってくるような内容でした。とても満足です。
7章はGitLab PrometheusとGrafanaを使ったモニタリングと可視化の部分まで
解説されており、運用時の事も考慮された内容で良かったです。

実際にGitLabをデプロイし操作しながら、もう一度読み返したい1冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MSがGitHubを買収したとなると、Linux業界はGitLabを担ぐのか? 筆者がこの動向を読んでいたのだとしたらすごいな! Ansible、GitLabと、地味だけどテーマの選び方がスルドイ。次は何だろう?  (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/02/01
通常 2,750円
現在 2,613円
137円(5%)OFF!!

  

「Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール Web制作者のための教科書シリーズ」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

Web制作における「GitHub」(ギットハブ)の使い方を、
実際のワークフローをイメージしながら理解できる解説書です。

本書を読みながら具体的なシーンを疑似体験すれば、
GitHubの使い方の流れがスムーズに把握できます。

「そもそもどんなサービスなのかわからない」「どういうときにどの機能を使えばいいの?」
「これは正しい使い方なの?」といった使いはじめのころに感じる疑問はもちろん、
リポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説。

無料のGitクライアント「SourceTree」を使った操作方法も掲載しているので、
コマンドラインでの操作が苦手な人も安心して読み進められます。

※本電子書籍は、2016年7月1日発行の紙書籍第1版第2刷を底本に作成しました。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
今までGithubはgitでバージョン管理するための無料サーバーくらいの認識しかありませんでしたが、イシューやマイルストーンの使い方、コードレビューの方法やwikiなど、この本を読んでGithubの便利な使い方を色々学ぶことができました。

ただ機能を紹介するのではなく、「こういう時にこの機能を使う」ということを具体的に教えてくれるので実際の業務にも悩まず取り入れられそうです。込み入った説明はありませんでしたが、これだけ教えてもらえればあとはweb上の情報で解決できそうです。

あと、金額の差が大きかったのでKindle版を購入しましたが、iPad gen2ではラティナでないせいか、閲覧すると文字が滲んでしまって若干辛かったです(一応解決策として、拡大/縮小をするとなぜかそのページだけ滲みがなくなります)。デバイスごとに表示の最適化はされないので、さすがにスマホで通しで読むのは厳しいですが、タブレットを持っているなら、2-3時間程度で読める軽めの本ですし、金額の差もかなり大きいのでKindle版がお勧めです。

これを500円前後で販売して頂けるというのはとてもありがたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プログラムできるよりも、デザインできるよりも、企画書かけるよりも先にこれ。チーム全員でできれば作業効率2倍になるし正確、品質も上がること間違いない。もはやGitはエンジニアのためだけの物ではなく、チームで何か成し遂げるとき必須なアイテムだ。
この本はエンジニア目線では書かれていないので非IT部門の人でもできる。この本は新入社員に真っ先にやらせたいくらいだ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版」

この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

〈本書の内容〉
Chapter 1 バージョン管理の基本
Chapter 2 Gitの基本的な使い方
Chapter 3 複数メンバーでの運用
Chapter 4 Gitを使った実践開発

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
エンジニア以外のデザイナーさんなどにちょうどいい感じの内容だと思います。Git の基本から学べます。また CUI は極力使用せずに SourceTree という Windows でも Mac でも使用できる GUI のクライアントの操作をメインに説明が終始進みます。これは Git の本としては珍しくエンジニア以外の人が Git を覚える際の教科書的な存在としてオススメできます。私はエンジニアでずいぶん Git は使っていますが、最近仕事でデザイナーさんも Git を使うことが多くなっているので困っている人に本書を薦めよう思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Gitって使ってみたいけど黒い画面はまだ怖い!というデザイナーさん、ディレクターさんにまずは手に取ってもらえるとちょうどよい本かなと思います。
黒い画面ではなくSourceTreeというソフトを使ってGitを触る手順が書かれているので、ほんの手順通りに進めていけば基本的なところからスタートすることができます。
ただ理解するにはある程度ネットなどの知識やリテラシーは必要かなと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
発売日 2019/06/28
通常 2,200円
現在 1,100円
1,100円(50%)OFF!!

  

「独習Git」

独習Git
(著)リック・ウマリ
発売日 2016/02/25
(4)

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

分散型バージョン管理システム「Git」は、現代のプログラム開発では必須の技術となってきました。現在のソフトウェア開発は多人数のプロジェクトとなり、バグフィックス、バージョンアップ、異なるエディション(Windows版/Macintosh版など)への分岐が生じます。Gitは、プログラムの開発の履歴を管理し、以前のバージョンへ戻したり、改編箇所の衝突を回避したりといったソースコードの管理が可能です。

本書は、いままでGitを使っていなかった方でもしっかりとした知識が身に付くように執筆された入門書です。バージョン管理システムは以前からありましたが、Gitは分散開発への対応が充実しており、「決定版」として普及しています。また、インターネットのGit Hubと組み合わせたオープンなソフトウェア開発も実現可能です。

本書を読むことで、Gitの基礎が身につくのはもちろん、さまざまな使いこなし、プロジェクトへの適用方法、開発支援サービスの利用についての知識が得られます。たんなるGit解説書としてではなく、一から学べる入門書としてお読みいただけます。丁寧かつ充実した内容で、現場で応用可能な技術がしっかりと身に付く一冊です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
[Windows版]
まだ最初の方を読んだだけですが、本の中で紹介されているサイトよりWindows版をダウンロードしてインストールしました。本の中ではPowershellからコマンドを打っても動かないとありますが、現在(2020年1月)では、動かすことができました。(Powershell 5.1)
[Mac版]
Mac版をダウンロードするも、Catalinaではインストールできませんでした。作成者不明のためです。

--追記(2020/02/03)--
本の中で、echo "..." > file.shと言うコマンドでテキストファイルを作っていますが、これはLinuxだとうまく動きます。
WindowsでPowershellで行うと、ファイルのフォーマットがシフトJISになってしまい、うまく認識しません。
ですので、テキストファイルのフォーマットをUTF8にできるテキストファイルで作成してください。
どうも差分の詳細が出るのはUTF8のテキストファイルだけのようです。(Linux生まれだからだと思います)

--追記(2020/03/25)--
解説・演習・課題の3構成で各章は成り立っていますが、課題の答えがないのが残念です。
解説と演習は丁寧に書かれているのでわかりやすく、訳者がバージョン違いでの違いを訂正してくれているのも良いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Gitだけの為に本を買うのを迷いましたが、Boot Campのチームでプロジェクトを作る際に、ちょうどよい機会だから購入しました。ネットで調べただけでは知り得なかった裏ワザ(自分的に)も発見し、課題の締め切り前のドタバタの中、初心者のチームメンバー同士のGit操作ミスも解決でき大変たすかりました。普段仕事でGitを使用する家族も知らない操作もあり、知らなくても業務には問題ないんだろうけれど、どんな操作があるか全体的に知りたい初心者にはネットで調べるより分かりやすくて便利でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
独習Git
発売日 2016/02/25
通常 3,608円
現在 3,247円
361円(10%)OFF!!

  

 

   

Git/GitHub本 最新・高評価のおすすめ本 5冊

「たった1日で基本が身に付く! Git超入門」

Git&GitHubのいちばんやさしい本

Git&GitHubの超入門書です。豊富な図と実際の操作手順を解説しているので、たった1日でひととおりGit&GitHubが使えるようになります。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
昔、Subversion系を使っていたせいか、説明が分かり易く、昔の方法を最近のWin10でクラウドを使って行うのに、具体的に
どうしたらいいのか惚けた頭にもわかりやすかったです。
ただし。これは本の内容でなくアマゾンの問題だと思いますが、最初は紙の本に、指を使いながら理解していく積もりがKindle版しか出てこず、本屋で買おうと思ったら、無料版Kindleというのがあって無料という言葉に惑わされたのが運の月。決行な途中までは、読めたのですが途中で終わったので、紙版は、相変わらず表示させることが出来ず、かといって他で買うのも、申し訳ないのでKindle版をポチりなしたが、これが何と無料版とバッティングして購入版で見れるはずの途中以降がなかなか表示されないというトラブルが発生。
適当にやっているうちに何とかなりましたが、いまだに手持ちの携帯電話として使っているスマホでは相変わらず無料版の表示。
他の本は正常に同期しているので、アマゾン側が怪しいですよね、やっぱり(>_<) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
シンプルでとてもわかりやすかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
たった1日で基本が身に付く! Git超入門
発売日 2020/07/18
通常 2,178円
現在 2,178円

  

「いちばんやさしい Git 入門教室」

はじめてチーム開発する人向け!
Gitのいちばんやさしい入門書


年々、Git を導入する開発チームは増えてきており、そうした現場で仕事をするデザイナーやプログラマーがGitを使えなければ仕事になりません。
本書は、そうした「もうGitから逃れられない人たち」のための入門書です。

【読者対象】
・そもそもGitって何?という方
・自分の操作がどんな影響を及ぼすか不安な方
・ブランチの動きが分からず不安という方
・プルとフェッチの違いって何?という方
・コミットやマージのタイミングが不安な方
・Gitで小規模なチームを立ち上げる予定の開発者
・進捗管理を効率化したい開発リーダー&マネージャー

【特長】
・プログラマー、デザイナー、開発リーダーごとの役割分担が分かる
・操作によるデータの流れをすべて図解によってビジュアル化
・実務でよく使う機能を厳選、徹底的に分かりやすく解説
・実務でぶつかりがちなエラーへの解決策をパターン別に解説
・メンバーへの配慮・マナー・ルールなど「運用のコツ」を解説
・GitホスティングサービスはGitHubを例に解説

プログラマーとして活躍する著者が、その豊富な経験を踏まえた上で、「現場で必要となる操作・機能」を厳選し、やさしく解説。トラブルシューティングも多数用意しました。

もはや、Gitはチーム開発には欠かせません。

本書で解説する操作はすべて1人で試し、学習できますので、Gitがはじめての方はここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

最速で基礎固めを行いたいプログラマーやデザイナー、開発リーダー、開発マネージャーの方におすすめです!

【目次】
Chapter 1 Gitをはじめよう
Lesson 1-1 Gitって何<? br> COLUMN 一人で使ってもGitは便利
Lesson 1-2 Gitの全体像
COLUMN Gitクライアント機能を内蔵した開発ツールやデザインツール
Lesson 1-3 Gitのキホンリポジトリとブランチ
COLUMN Git サーバーなしで使う「ひとりGit」
Lesson 1-4 ローカルとリモートとのやりとり
COLUMN リモートリポジトリが壊れたときはローカルリポジトリから復帰できる
Lesson 1-5 Gitを使うときのコツ

Chapter 2 リポジトリを作る
Lesson 2-1 リポジトリ作成の流れ
COLUMN リポジトリは安全第一で選ぶ
COLUMN GitHubとGitは別物
Lesson 2-2 GitHubのアカウントを作る
Lesson 2-3 GitHubでリポジトリを作る
Lesson 2-4 ユーザーにアクセス権を設定する

Chapter 3 Git操作の基本
Lesson 3-1 Gitクライアントの選び方
COLUMN Gitを操作するためのgitコマンド
Lesson 3-2 GitHub Desktopをインストールする
Lesson 3-3 リポジトリをクローンする
COLUMN リモートリポジトリを使わない場合
COLUMN スタート画面が表示されなかったり一覧に表示されていなかったりするときは
COLUMN リポジトリの切り替え
Lesson 3-4 リポジトリの基本操作
COLUMN ネットに接続していなくても編集できる
Lesson 3-5 ファイルの新規追加からコミット、プッシュまで
COLUMN 拡張子の表示
COLUMN 複数ファイルの変更
COLUMN コミットハッシュ
Lesson 3-6 他人のファイルの更新を確認するプル
Lesson 3-7 Git基本操作のまとめ

Chapter 4 困ったときや便利な操作
Lesson 4-1 プッシュできない
Lesson 4-2 プルしたらファイルが変になった
Lesson 4-3 プルできないときの対処法
Lesson 4-4 コミットせずにプルしたい
Lesson 4-5 どうしようもなくなったときの対処法
Lesson 4-6 前の変更時点に戻すには<? br> COLUMN リベースとチェリーピック
COLUMN GitHubやgitコマンドで詳しく比較する
Lesson 4-7 コミットの対象から外したい
Lesson 4-8 Gitの対象から外したい
Lesson 4-9 困ったときとその対策のまとめ

Chapter 5 運用とチーム開発
Lesson 5-1 チーム開発におけるGitの基本
COLUMN ステージング環境
COLUMN Gitにコミットされたときに自動的にサーバーなどに反映させるには
COLUMN コードレビュー
COLUMN チケット駆動開発
COLUMN 「Git-flow」と「GitHub Flow」
Lesson 5-2 鍵が欲しいと言われたら
COLUMN 「Git ツールが見つからない」と言われたときは
Lesson 5-3 チーム開発でのGit操作を体験してみよう
COLUMN プルリクエストを使う場合

Appendix 他のソフトからGit を使うには?
AppendixA Visual Studio Codeを使ったGit操作
COLUMN 公開鍵認証のときは
COLUMN 定期的にフェッチしてよいか尋ねられたときは
AppendixB Dreamweaver を使ったGit操作

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
【購入の経緯】
Andoidアプリを一人で作っていて、バージョン管理の必要を感じたために購入。

【良かった点・理解できた点】
・図解がシンプルでとても分かりやすいです
・細かい操作より、バージョン管理とはなんなのかがわかりやすい
・一人で使う場合でも十分役に立ちます
・バージョンの競合などのエラー対応もわかりやすい
・スタンドアローンでの管理、GitHubなどのリモートも含めた管理の両方できます

【イマイチだった点】
・特になし

【総合】
とても分かりやすく、図表も工夫されていて助かります。
50歳を過ぎて、急に趣味でアプリを作り始めたのですが、初めてのGitは全く意味が分からなくて困っていましたが、この本のおかげで助かりました。

アプリにちょっとした改造をするときや、公開するとき、バージョンを立ち戻るときなど、バージョン管理が無かった時とは比較にならないくらい、気軽にソースをいじれます。

他にも入門書は2冊ほど読んだのですが、さすが「いちばんやさしい」だかって、一番わかりやすかったです(^^) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
GITについて、ネットで勉強しても、なかなか基本がよくわからなかったので、購入。
私のような素人でも、GITの基本がわかるようになります。
初心者向けのテキストです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
いちばんやさしい Git 入門教室
発売日 2019/08/23
通常 2,398円
現在 2,398円

  

「Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版」

この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

〈本書の内容〉
Chapter 1 バージョン管理の基本
Chapter 2 Gitの基本的な使い方
Chapter 3 複数メンバーでの運用
Chapter 4 Gitを使った実践開発

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
エンジニア以外のデザイナーさんなどにちょうどいい感じの内容だと思います。Git の基本から学べます。また CUI は極力使用せずに SourceTree という Windows でも Mac でも使用できる GUI のクライアントの操作をメインに説明が終始進みます。これは Git の本としては珍しくエンジニア以外の人が Git を覚える際の教科書的な存在としてオススメできます。私はエンジニアでずいぶん Git は使っていますが、最近仕事でデザイナーさんも Git を使うことが多くなっているので困っている人に本書を薦めよう思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Gitって使ってみたいけど黒い画面はまだ怖い!というデザイナーさん、ディレクターさんにまずは手に取ってもらえるとちょうどよい本かなと思います。
黒い画面ではなくSourceTreeというソフトを使ってGitを触る手順が書かれているので、ほんの手順通りに進めていけば基本的なところからスタートすることができます。
ただ理解するにはある程度ネットなどの知識やリテラシーは必要かなと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版
発売日 2019/06/28
通常 2,200円
現在 1,100円
1,100円(50%)OFF!!

  

「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」

Gitは、業界の最先端を行く便利なバージョン管理ツールです。簡単に習得できるように見えますが、実はきちんと使いこなすのが難しいツールでもあります。本書は、Gitに興味がある人向けにインストールから使い方、よく遭遇するトラブルの解決方法などのノウハウを徹底的に学ぶ逆引き入門書です。「コミットをやり直したい」「ログを変更したい」「マージしていないブランチを消しちゃった」など、あなたのGitとGitHubの悩みが解消します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
書いてある内容はgit公式サイトのガイドブックと同じだが、よりわかりやすかった。
逆引きというタイトルが辞書感がでていて読む人が少ない、もったいない状況になっている。
辞書的に使うよりもどちらかというと、gitをより詳しく理解したい人に読んでほしい本。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
逆引きと記載されていますが、コマンドやオプションの逆引き本ではなく、
こういうときどうすればいいか…というトラブルガイド本でした。
解説自体はCUIメインで補足でSourceTreeが使われる感じです。
Gitの(内部的な)仕組みに尺が取られていて、そういうのが好きな人は楽しめると思います。

原本は"為你自己學 Git"という書籍のようです。
翻訳自体はしっかりとしていました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門
発売日 2019/11/15
通常 2,420円
現在 2,178円
242円(10%)OFF!!

  

「よくわかる入門Git」

よくわかる入門Git
(著)正俊, 昌子
発売日 2019/09/28
(3.4)

Gitは、ソフトウェアの開発現場でバージョン管理ソフトとして使われています。しかし、「おまじない」のようにGitのコマンドを使っているだけの人が少なくありません。本書は、Gitの基本的な使い方から、チーム開発で使うための機能「ブランチ」、そして高度なGitコマンドまでを解説した入門書です。さらにGitのブランチモデルである「Git flow」と「GitHub-flow」の二つも紹介。チーム開発の基本スキルが身につきます!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Gitをチームに導入するにあたり、チーム開発の参考に購入しました。
このよくわかる入門Gitは、GitのGUIツールのハウツウ本が多い中、GUIツールのことを紹介していません。Git本来のコマンドによる使い方をベースに解説してあり、基本から理解することができました。分散バージョン管理Gitのコミット、プル、プッシュ、ブランチの使い方を図と共に説明してわかりやすいと思います。

チームで使う場合、ブランチモデルの重要性と現場開発に即したチュートリアルがある点がよいです。チュートリアルではGit-FlowとGitHub-Flowを学習し、自分たちのチームに適したモデルを考える必要性を理解しました。
また、Git LFS (Git Large File Storage)や高度なコマンドも掲載されており参考になりました。

この本の対象読者ははじめてGitを利用するエンジニア、Subversionなどの経験があるが分散バージョン管理が初めてのエンジニアにオススメします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
git 入門者 を対象にした本で GUI を使わずにコマンドでの操作方法を解説している点はよいと思いました。
しかし、説明手順は至るところで端折った箇所が多く、git 初心者にとっては挫折の原因にもなります。
入門者を相手にしているのだから、説明はもっと丁寧にして欲しいと思います。

さらに、説明しているコマンドの数があまりに少なすぎると感じています。
本書は git コマンドの説明と直接関係のない、git flow や github flow の説明が全体の三分の一ページを占めており、
その分を まだある git コマンド の説明に充ててほしかったです。
膨大な数に上る git コマンドのうち初心者が覚えるべき重要なコマンドは本書で扱っている以上にあります。

また、初版本ということで間違いがいくつかあります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
よくわかる入門Git
発売日 2019/09/28
通常 2,420円
現在 2,420円

  

 

Git/GitHub本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにGitの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のGit関係の本人気ランキングです。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
サルでもわかるGit入門
発売日 2018/09/25
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
Kindle   2,090円 (+1001pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 6件
2
GitLab実践ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/02/01
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,613円 (+1251pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 15件
3
(3.3)
総評価数 32件
4
(4.5)
総評価数 2件
5
(4.9)
総評価数 6件
6
(5)
総評価数 1件
7
(3.6)
総評価数 3件
8
(4.6)
総評価数 2件
9
(3.1)
総評価数 5件
10
(4.7)
総評価数 2件

 

   

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Gitおすすめ講座」

UdemyではGitを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Gitの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター...
発売日 2017/03/11
受講者 26,978人
通常 10,800円
現在 1,270円
(4.4)
総評価数 5014件
2
Git:はじめてのGitとGitHub
発売日 2017/01/19
受講者 28,511人
無料講座
(4.5)
総評価数 4304件
3
米国AI開発者がやさしく教えるGit入門講座
発売日 2021/02/08
受講者 2,027人
通常 6,600円
現在 6,600円
(4.8)
総評価数 388件
4
Git入門: ノンプログラマーのための Git
発売日 2018/10/12
受講者 3,002人
通常 9,600円
現在 1,270円
(4.4)
総評価数 396件
5
(4.5)
総評価数 50件

 

関連:Web系開発言語を学ぶ

Gitでバージョン管理を学べば、履歴があることで思い切った変更が可能であったり、ブランチで並列に複数の開発したりと効率的な開発が可能。

また、GitHubのオープンソースの開発に参画していくといったことも可能です。

特にWeb開発系はGitを利用した開発が盛んです、Web開発時には特に積極的に利用していきましょう。以下でWeb系関係の本も紹介しています。



関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました