【動画で学習】UdemyのGit・GitHub 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのGit・GitHub講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのGit・GitHub講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるGit・GitHubの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター...
発売日 2017/03/11
受講者 42,681人
通常 11,000円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 7986件
2
Git:はじめてのGitとGitHub
発売日 2017/01/19
受講者 36,107人
無料講座
(4.5)
総評価数 5730件
3
(4.6)
総評価数 904件
4
米国AI開発者がやさしく教えるGit入門講座
発売日 2021/02/08
受講者 3,699人
通常 13,000円
現在 13,000円
(4.7)
総評価数 977件
5
必要性から学ぶ、Git・GitHub入門講座
発売日 2019/04/30
受講者 1,207人
通常 2,440円
現在 1,840円
(4.1)
総評価数 278件
6
ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTree講座(Win/Mac対応・コマンド対応)...
発売日 2018/10/12
受講者 5,382人
通常 12,000円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 633件
7
(4.5)
総評価数 342件
8
(4.5)
総評価数 66件
9
Amazon ECS × GitHub Actionsで始めるコンテナベースのアプリケーション開発...
発売日 2021/12/20
受講者 394人
通常 3,060円
現在 1,840円
(4.6)
総評価数 40件
10
(4.6)
総評価数 15件
11
(4.4)
総評価数 61件
12
Git & Github基礎講座
発売日 2018/09/29
受講者 255人
通常 2,440円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 53件
13
(4.2)
総評価数 25件
14
(4.4)
総評価数 13件
15
Git/Githubシリーズ① Gitの基本操作
発売日 2021/04/06
受講者 104人
通常 12,000円
現在 1,840円
(4.1)
総評価数 12件
16
フロントエンド開発のためのGit/GitHub入門
発売日 2021/04/18
受講者 2,626人
無料講座
(4.8)
総評価数 87件
17
かんたん!先人の失敗から学ぶGit講座
発売日 2021/03/08
受講者 40人
通常 2,440円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 8件
18
(4.6)
総評価数 7件
19
Git/Githubシリーズ② Git/Githubの実践活用
発売日 2021/04/06
受講者 63人
通常 12,000円
現在 1,840円
(4)
総評価数 6件
20
(3.4)
総評価数 6件
 

UdemyのGit・GitHub 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

Git: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター
発売日 2017/03/11
(4.5)

6 total hours
Gitの基本コマンド、ブランチやマージ、コンフリクトの解消方法、リベース、GitHubを利用した開発フローなど、チーム開発に必要なGitの全てが含まれています。仕組みを図解で理解した上でハンズオンで実践するので、もうGitは怖くありません。

★ゼロからプロのチーム開発の現場でGitを使いこなせるよう完全マスターします

こちらのコースは未経験の方でも、プロのチーム開発の現場で必要とされるGitの全てを習得することを目的としたコースです。

★次のようことを感じたことはないですか?

「Gitって聞いたことあるけどよく分からない」
「マージするとコンフリクトが起きそうで怖い」
「エラーが出た時にどうしたらいいか分からない」
「コマンドが色々あって分かりにくい」
「リベースって使っちゃダメって言われたけどなんで?」
「データが壊れそう」

Gitが分かりづらく感じたり怖く感じたりするのは、そのコマンドの裏側で何が起こっているかがイメージできないからです。

こちらのコースでは、まずGitの仕組みを図解でしっかりと理解していきます。
Gitってそもそも何のためにあるのか、コミットした時にどういう風にデータを保存しているのか、マージやリベースした時に何が起こっているのか、ブランチってどういう風に実現しているのか。
そういうことを仕組みから理解することで、Gitの分かりづらいコマンドを自信を持って使えるようになります。なにより、Gitを使う上でのハードルであるステージやブランチ、HEADの概念を完全に理解することができます。

その上で、実際にプロジェクトを作成しGitHubを用いながら、コマンドを実行して学んでいきます。
スキルを身につける上で、実際に作りながら学んでいくことはとても大切です。理解したものを実践することで本当に使えるスキルを身に付けていきます。

★こちらのコースで学ぶこと

Gitにはたくさんのコマンドとオプションがあります。しかしこの中には、特に重要でないものもたくさんあります。

こちらのコースでは、チーム開発で必要とされる知識に重点を置いて、その部分を深く掘り下げて学んでいきます。そのことによって、非常に効率的に、そして応用の効く形で実践的スキルを身に付けます。

【GitとGitHubってなに?】では、GitとGitHubがそもそも何のためにあるのかということやバージョン管理の仕組みについて学んでいきます。

【インストールと初期設定をしよう】で次に、GitとGitHubのインストールと設定を行います。今回はGitの作業に、ターミナルとAtomエディタを使用します。ターミナルを使用することで、Gitの本来持っている力を100%引き出すことができます (エディタはAtomでなくても大丈夫です)。

【Gitの仕組みと基本的なコマンド】から、Gitのコマンドを具体的に学んでいきます。ここではステージやコミットの裏側で何が起きているのか、Gitはどのようにデータを記録しているのかということについて紹介します。その上でGitで作業する上で必須のコマンドを実践しながら身に付けます。

【変更を元に戻そう】では、間違って作業してしまったときに元に戻すやり方について紹介します。この内容を身に付けることで、何かあっても元に戻すことができるようになります。

【GitHubとやり取りしよう】でいよいよ、GitHubを利用した開発方法について学びます。フェッチとプルの使い分けなど、区別がつきにくいところもしっかり学んでいきます。

【ブランチとマージを使いこなそう】では、Gitの中でも分かりにくい、ブランチやマージの仕組みについて学びます。仕組みを図解した上で実践していきますので、今までよくわからなかった方でも、ブランチやマージを使いこなすことができるようになります。コンフリクトが起きてももう怖くありません。

【GitHubを利用した開発手順の流れ】では、GitHub Flowを利用した実践的チーム開発を行います。GitとGitHubを利用して、開発チームが最大限の力を発揮するための開発フローを紹介します。特にGitを利用することに慣れていないチームは、この内容を参考にして開発手順を構築することをおすすめします。

【リベースで変更履歴を修正しよう 】では、怖いと思われがちなリベースについて学びます。リベースを用いるとGitの変更履歴をきれいにすることができます。変更履歴をきれいにしつつ、リベースで事故らない方法を身に付けます。

【タグ付けしよう】では、タグの利用方法について学びます。タグをリリースポイントに利用することで、いつ何をリリースしたかが分かり、バグが起きた時の切り戻しも楽になります。

【スタッシュで作業を一次避難しよう】では、変更を一次避難させるスタッシュについて学びます。作業が途中でコミットしたくないけど別のブランチで作業しないといけない、そういう時に作業を一時避難できるようになります。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
「gitなんて簡単だよ。30分くらいやればできるよ」って言われ続けて、実際にやってみると難しくて壁にぶち当たって焦ってた時に、このレッスンに出会いました。 まだまだ全部理解できてないけど、セクション3-15と16で、初心者がわかりずらいポイント(仕組み)を説明してくれたことで少しわかりやすくなりました。また、進めていくと、初心者にとって「怖い」点に焦点を当ててくれているので、我々初心者にとっては「救世者」と重宝されるべきコースだと確信してます (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
指示通りに手を動かすと、gitのイメージがある程度理解できるのは助かりました。ただ、githubのバージョンが古いため、一部webの表示と一致しないところがあり、少し該当箇所を探すのに手間取りました。また、学習としてはCUIで行うのが適当なのかもしれませんが、運用としてはGUIが楽なので、Git GUIについても少し触れてほしかったです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. GitとGitHubってなに?
    • はじめに、コースについて
    • Gitってなんのために使う?
    • Gitの歴史
    • GitHubってなに?
    • コースを受講するにあたって
  2. インストールと初期設定をしよう
    • Gitのインストール (Mac OS X)
    • Gitのインストール (Windows)
    • Atomのインストール (Mac OS X)
    • Atomのインストール (Windows)
    • GitHubの登録
    • Gitの初期設定
    • ターミナルの頻出コマンド
  3. Gitの仕組みと基本的なコマンド
    • Gitの基本的な仕組みを知ろう
    • Gitの操作の流れを掴もう
    • Gitってどのようにデータを管理しているの?1
    • Gitってどのようにデータを管理しているの?2
    • Gitのデータ管理の補足
    • Gitを始めよう
    • GitHub上にあるプロジェクトから始めよう
    • 変更をステージに追加しよう
    • 変更を記録しよう
    • 現在の変更状況を確認しよう
    • 何を変更したのかを確認しよう
    • 変更履歴を確認しよう
    • ファイルの削除を記録しよう
    • ファイルの移動を記録しよう
    • GitHubにプッシュしよう
    • GitHubの画面を確認しよう
    • コマンドにエイリアスを付けよう
    • バージョン管理しないファイルは無視しよう
  4. 変更を元に戻そう
    • ファイルへの変更を取り消そう
    • ステージした変更を取り消そう
    • 直前のコミットをやり直そう
  5. GitHubとやり取りしよう
    • リモートの情報を確認しよう
    • リモートリポジトリを追加しよう
    • リモートから取得しよう (フェッチ編)
    • リモートから取得しよう (プル編)
    • フェッチとプルを使い分けよう
    • リモートの情報を詳しく知ろう
    • リモートを変更・削除しよう
  6. ブランチとマージを使いこなそう
    • ブランチって何?
    • ブランチの仕組みを知ろう
    • 新しいブランチを作成しよう
    • ブランチを切り替えよう
    • 変更をマージしよう
    • コンフリクトを解決しよう
    • コンフリクトが起きないようにするには?
    • ブランチを変更・削除しよう
    • ブランチを利用した開発の流れ
    • リモートブランチって何?
  7. GitHubを利用した開発手順の流れ
    • プルリクエストの流れ
    • GitHub Flowの流れ
    • GitHub Flowを実践しよう
  8. リベースで変更履歴を修正しよう
    • リベースする
    • リベースでしてはいけないこと
    • リベースとマージのどちらを使う?
    • プルの設定をリベースに変更する
    • リベースで履歴を書き換える①
    • リベースで履歴を書き換える②
  9. タグ付けしよう
    • タグの一覧を表示する
    • タグを作成する
    • タグをリモートリポジトリに送信する
  10. スタッシュで作業を一次避難しよう
    • 作業を一時避難しよう
    • 避難した作業を確認しよう
    • 避難した作業を復元しよう
    • 避難した作業を削除しよう
  11. ボーナス
    • Gitコマンド集
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

【HTML,CSS,JS,PHP,Git,Docker】プログラミング初心者OK! ゼロからわかるWebシステム開発

【HTML,CSS,JS,PHP,Git,Docker】プログラミング初心者OK! ゼロからわかるWebシステム開発
発売日 2021/07/26
(4.6)

23 total hours
わかりやす〜い図で解説!知識ゼロから一気にWebアプリ開発をマスター【HTML/CSS/JavaScript/PHP/AWS EC2/独自ドメイン&SSL/TLS/Git/Docker/Laravel/WebAPI/Webhook】

Web開発のスキルを身につけて、エンジニアとして開発を楽しんでみませんか?

Web開発を行うには、
特定のプログラミング言語だけではなく、数多くの周辺知識が必要なため、
それらを一つずつ学習していくと、情報の収集/取捨にたくさんの時間がかかります。

もし、どこから学ぶべきか迷っているなら、当コースがおすすめです。

また、一つのプログラミング言語を学んでみたものの、
応用する方法がわからなかった方にもおすすめ
します。

当コースでは、
実際にアプリケーションを開発しながら
Web開発で必要になる知識やスキルを一気通貫で学習することができるため、
当コース1本で一連の知識や技術が身につきます。

もちろん初学者でも安心してご受講いただけるように、
図も多く利用しており、理解の助けになるよう工夫もしていますので、
ご安心ください!


コースの概要は以下のとおりです。

-----------------------------------------

STEP1 : Webシステムの概要を理解する

まずは、手始めに私達が学習する対象の概念について理解するところから始めます。
学習対象がどんなものなのかを理解し、目的をしっかりと明確にしていきます。


STEP2 : 開発環境を整える

ここで、コース中で利用するものについて大まかにお話します。
その上で次のステップからすぐ利用することになる開発のための道具を整えます。


STEP3 : Webシステムを公開する

当コースで一番大きな部分です。

ここでWeb開発における基本的なパーツを一つずつ理解して、実装をしていきます。
STEP3が完了したら、Webページがインターネット上で独自ドメインで公開できている状態になります。
HTML / CSS / JavaScript / PHP / EC2 など、一つずつおさえていきましょう。

プログラミング初心者でもわかるように、図も多用していますので、
論理的に考えることが苦手、という方でも安心して進めていただけます。


STEP4 : ファイルを効率よく管理する

このSTEPでは、ファイルを効率的に管理するために
バージョン管理システムのGitと、Gitのホスティングサービスの中では一番利用者の多いGithubを学びます。

Web開発をしていると、たくさんのファイルを作成・更新しなければならないため、
開発効率を上げるため、ここでGitの概念を学び、
そして実際に操作をしながらGitのスキルを身に付けていきましょう。


STEP5 : 先人が作った機能を利用して開発を加速させる

世界中には数多くのエンジニアが、様々なツールを公開しています。

ここでは、公開されているツールやオープンソースソフトウェアを活用して開発を更に加速させていきます。
それらを利用するための環境構築もかんたんに行えるようにDockerというツールを利用します。
Dockerは昨今のWeb開発現場では利用されるケースも増えてきたので押さえておきたいテクノロジーの一つです。

よりかんたんに開発環境を作成できるようになったら
Webフレームワークを活用し、Webアプリケーションを作成していきましょう。


STEP6 : 他のサービスと自分のプログラムを連携させる

最後のステップでは、他のサービスをプログラミングで操作できるWebAPIについて学びます。
ここで、APIの概念、そして他のサービスとの連携を学び、アイデア次第で様々なことができるようになります。
またWebhookを学ぶとそのアイデアの可能性も更に広がるでしょう。

一番最後に腕試しとして、一つ課題があるのでぜひチャレンジしてみてください。

ここまでやりきったあなたならきっとできるはず!!

-----------------------------------------


それでは、コース内でお会いできることを楽しみにしております!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
詰まりながらも適切なサポートを受けて、最後まで受講することが出来ました。完全な理解までは至っていませんが、少し自信がつきました。有り難うございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
概要や進め方などからわかりやすかったです。今後もよろしくお願いいたします。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • コース紹介
    • はじめに
    • 講師紹介
    • 全体の流れ
  2. STEP1. Webシステムの概要を理解する
    • Webシステムとは?
    • クライアントの役割
    • サーバーの役割
    • まとめ - Webシステムの概要を理解する
  3. STEP2. 開発環境を整える
    • 概要説明 - 開発環境を整える
    • VSCodeインストール(macOS用)
    • VSCodeインストール(Windows用)
    • 【資料】開発お助け資料のダウンロード
  4. STEP3.1~3 【HTML/CSS】Webページを作ってみよう - 自分でWebシステムを公開する
    • HTMLとは
    • CSSとは
    • 概要説明 - Webページを作ってみよう
    • VSCodeの基礎的な操作方法
    • HTMLのサンプルを作ってみよう
    • HTMLでコンテンツを作ってみよう
    • Quizコンテンツの提案とMarkdownの紹介
    • CSSファイルの準備
    • フォントの指定
    • レイアウト調整
    • レイアウト調整2
    • レイアウト調整3
    • 文字の装飾
    • 擬似クラスを使った装飾
    • まとめ - Webページを作ってみよう
    • HTML / CSS 実装までのサンプルコードについて
  5. STEP3.4 【JavaScript】Webページに動きを与えてみよう(JavaScript編) - 自分でWebシステムを公開する
    • 概要説明 - Webページに動きを与えてみよう(JavaScript編)
    • JavaScriptの実行方法
    • 変数 - JavaScript 基礎
    • 配列 - JavaScript 基礎
    • オブジェクト - JavaScript 基礎
    • 関数 - JavaScript 基礎
    • 条件分岐 - JavaScript 基礎
    • JavaScriptでHTMLを操作するときの準備 - JavaScriptでHTMLの操作
    • HTMLの要素をJavaScriptで操作する - JavaScriptでHTMLの操作
    • イベントの設定 - JavaScriptでHTMLの操作
    • QuizアプリをJavaScriptで実装 その1
    • QuizアプリをJavaScriptで実装 その2
    • QuizアプリをJavaScriptで実装 その3
    • QuizアプリをJavaScriptで実装 その4
    • まとめ - Webページに動きを与えてみよう(JavaScript編)
    • JavaScript 実装までのサンプルコードについて
  6. STEP3.5 【AWS EC2 / NGINX】Webサーバーを作ってみよう - 自分でWebシステムを公開する
    • 概要説明 - Webサーバーを作ってみよう
    • これからやること - Webサーバーを作ってみよう
    • AWSの料金体系について
    • AWSのアカウント作成
    • AWSアカウントのセキュリティ強化
    • Amazon EC2とは?
    • EC2基本操作(起動)
    • EC2基本操作(停止・終了・再作成)
    • Terminal(ターミナル)の概要
    • ターミナルの準備(macOS用)
    • ターミナルの準備(Windows用)
    • 準備 - Terminal(ターミナル)基本操作
    • 練習1(pwd ls cd)- Terminal(ターミナル)基本操作
    • 練習2(touch mkdir cp)- Terminal(ターミナル)基本操作
    • 練習3(mv rm) - Terminal(ターミナル)基本操作
    • まとめ - Terminal(ターミナル)基本操作
    • Terminal(ターミナル)でファイルを準備(macOS用)
    • Terminal(ターミナル)でファイルを準備(Windows用)
    • 作業の流れを確認 - Webサーバーを作ってみよう
    • EC2にログイン - Webサーバーを作ってみよう
    • EC2にファイルをアップロード・ダウンロード - Webサーバーを作ってみよう
    • NGINXをインストール - Webサーバーを作ってみよう
    • NGINXの設定ファイルを更新 - Webサーバーを作ってみよう
    • ファイルのアップロード・動作確認 - Webサーバーを作ってみよう
    • まとめ - Webサーバーを作ってみよう
  7. STEP3.6. 【PHP】Webページに動きを与えてみよう(PHP編) - 自分でWebシステムを公開する
    • 概要説明 - Webページに動きを与えてみよう(PHP編)
    • PHPのインストール(macOS用)
    • PHPのインストール(Windows用)
    • PHPコマンドを使って基礎を理解する
    • Quizのテンプレートファイルを準備(その1)
    • Quizのテンプレートファイルを準備(その2)
    • PHPの基本文法(その1)
    • PHPの基本文法(その2)
    • Quizをテンプレートで出力できるように実装する
    • PHPでファイルの操作 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
    • CSVファイルの作成 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
    • CSVファイルをPHPから読み込む - Quizのコンテンツをファイルで管理する
    • CSVから取得したデータの出力 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
    • セキュリティ対策 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
    • コードの整理 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
    • GETやPOSTの基礎 - クライアントから送信されてきたデータを処理する
    • PHPのエラーについて(php.ini を変更して画面上にエラーを表示させる方法)
    • Quizの問題をURLパラメータで切り替え - クライアントから送信されてきたデータを処理する
    • Quizの解答チェックをPHPで実装 - クライアントから送信されてきたデータを処理する
    • 概要説明 - JSでリクエスト処理を実装
    • Quizの解答チェックをするリクエストを送信
    • JSでレスポンスを処理する
    • エラーレスポンスを実装
    • テンプレート読み込み処理を整理 - Quiz一覧の実装
    • Quizアプリを完成させる - Quiz一覧の実装
    • まとめ - Webページに動きを与えてみよう(PHP編)
    • PHP 実装までのサンプルコードについて
  8. STEP3.7~8 【AWS EC2 / php-fpm】WebサーバーをPHPが動く環境にする - 自分でWebシステムを公開する
    • 概要説明
    • サーバーにPHPをインストール
    • NGINXとphp-fpmの通信の方法について(UNIXドメインソケット)
    • NGINXとphp-fpmの設定を確認
    • NGINXとphp-fpmの動きについて解説
    • vimの操作練習
    • php-fpmの設定ファイルを書き換え
    • まとめ - WebサーバーをPHPが動く環境にする
    • WebサーバーでQuizアプリを確認 - Webサーバーの動作確認
    • まとめ - Webサーバーの動作確認
  9. STEP3.9. 【DNS / SSL/TLS / AWS ALB&Route53&ACM】独自ドメインの取得と設定 - 自分でWebシステムを公開する
    • ドメインとサーバーとIPアドレス
    • 固定IPの設定
    • ドメイン取得
    • 概要説明 - SSL/TLS設定
    • SSL証明書を発行(ACM設定) - SSL/TLS設定
    • ALBの設定(その1) 概要説明 - SSL/TLS設定
    • ALBの設定(その2) ターゲットグループの作成 - SSL/TLS設定
    • ALBの設定(その3) セキュリティグループの作成 - SSL/TLS設定
    • ALBの設定(その4) ALBの作成と動作確認 - SSL/TLS設定
    • DNSの設定変更 - SSL/TLS設定
    • まとめ - 独自ドメインの取得と設定
  10. STEP3. まとめ - 自分でWebシステムを公開する
    • 各リソースの後片付け
    • まとめ - STEP3全体
  11. STEP4. 【Git / Github】ファイルを効率よく管理する
    • 概要説明 - ファイルを効率よく管理する
    • ファイルの管理方法について考える - ファイルを効率よく管理する
    • 概要説明 - GitとGithub
    • Gitのインストール(macOS用) - GitとGithub
    • Gitのインストール(Windows用) - GitとGithub
    • GitHub登録 - GitとGithub
    • GitHubの接続設定 - GitとGithub
    • 概要説明 - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • 変更内容を記録する方法(コミット)に慣れる(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • 変更内容を記録する方法(コミット)に慣れる(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • ブランチ操作に慣れる(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • ブランチ操作に慣れる(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • コンフリクト(衝突)を解消する(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • コンフリクト(衝突)を解消する(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • コンフリクト(衝突)を解消する(補足説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • リポジトリの操作に慣れる(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • リポジトリの操作に慣れる(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • 「GitHubFlow」で、快適Gitライフ!(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • 「GitHubFlow」で、快適Gitライフ!(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
    • Sourcetree紹介
    • まとめ - ファイルを効率よく管理する
  12. STEP5.1~3 【Docker】開発環境を整える - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
    • 概要説明 - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
    • OSSとは - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
    • 概要説明 - 開発環境を整える
    • 開発環境について - 開発環境を整える
    • Dockerの概要説明 - 開発環境を整える
    • コンテナのステータスについて - 開発環境を整える
    • DockerDesktopのインストール(macOS用) - 開発環境を整える
    • DockerDesktopのインストール(Windows用) - 開発環境を整える
    • イメージを取得/確認/削除 - DockerでNGINXを動かす
    • コンテナを作成/起動/停止/削除 - DockerでNGINXを動かす
    • イメージを作成 - DockerでNGINXを動かす
    • コンテナの詳しい操作 - DockerでNGINXを動かす
    • docker-composeについて- DockerでNGINXを動かす
    • 概要説明 - WordPressを動かしてみよう
    • 実践1 - WordPressを動かしてみよう
    • 実践2 - WordPressを動かしてみよう
  13. STEP5.4~6 【Laravel】Laravelを使ってみよう - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
    • Webフレームワークとは
    • 概要説明 - Laravelを使ってみよう
    • LaravelのサンプルプロジェクトをDockerで動かす - Laravelを使ってみよう
    • 概要説明 - LaravelでQuiz管理アプリをつくってみよう
    • 環境準備 / 起動 / 停止
    • Laravelを利用する際にインストールしておきたいVSCodeの拡張
    • routeとblade基礎(Viewの実装)
    • 各ページのテンプレートを作成(Viewの実装)
    • 削除ボタンの実装(Viewの実装)
    • リンクの修正(Viewの実装)
    • Controllerの作成(Controllerの実装)
    • 入力データのバリデーション(Controllerの実装)
    • ローカリゼーション(日本語化)(Controllerの実装)
    • DB基本(Modelの実装)
    • Laravelでテーブル作成(Modelの実装)
    • Modelクラスを使ったデータ操作(保存)(Modelの実装)
    • Modelクラスを使ったデータ操作(参照)(Modelの実装)
    • Modelクラスを使ったデータ操作(削除)(Modelの実装)
    • まとめ - Laravelを使ってみよう
    • まとめ - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
  14. STEP6.1~2 【WebAPI】 LINEボットを作ってみよう - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
    • 概要説明 - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
    • APIとは? - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
    • 概要説明 - LINEボットを作ってみよう
    • 全体構成 - LINEボットを作ってみよう
    • LINEDevelopers登録と設定(開発ドキュメントの確認)
    • LINEDevelopers登録と設定(開発者登録とチャネル設定)
    • 環境作成(実装1)
    • LINEのSDKを追加(実装2)
    • 全員にメッセージ送信(実装3)
    • まとめ - LINEボットを作ってみよう
 
Preview Video
   

米国AI開発者がやさしく教えるGit入門講座

米国AI開発者がやさしく教えるGit入門講座
発売日 2021/02/08
(4.7)

10 total hours
米国で働く現役AIエンジニアがGitをゼロからやさしく教えます.現場目線で教えるので修了後には実際に日々の開発・プログラミング学習にGitを導入することができます.

大好評"米国データサイエンティストかめ"による動画講座第三弾です!

米国で働く現役AIエンジニアがGitをゼロからやさしく教えます.現場目線で教えるので修了後には実際に日々の開発・プログラミング学習にGitを導入することができます.

現役講師が解説!: 実際に毎日Gitを使っている現役のエンジニアだからこそ伝えられる内容です.

わかりやすい!:とっつきにくいGitを,図を使って丁寧に解説するのでGit内部の動きが手にとるようにわかるようになります.

ゼロから教える!:プログラミングの経験が無い人でも進められます.

実践的!:ただ使い方を教えるのではなくて,実際に現場で使う時のポイントなどを解説します.

反復練習で身に付く!:講座内で学習した内容を講座内で何度も反復して使っていきます.なので,講座を終える頃には自然とGitの操作が身に付きます.


本講座で学習できる内容は以下の通りです.

-基本的なUnixコマンド

-Gitの基本的な操作全て(clone, init, pull, checkout, merge, push, branch, fork, fetch, etc)

-Gitの応用的な操作(diff, dfftool, tag, rebase, stash, submodule, etc)

-チームで開発する際のGit活用術

-Githubの周辺技術(markdown, Octotree, Zenhub, etc)

-Gitを扱う上での便利設定(プロンプトhack, SSH設定, p4merge設定, etc)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
今まで何となく見よう見真似で使っていたGithubだったけど、この講座を受講して、GitとGithubのことが基礎から理解できた。 内容もとても分かりやすく、GitやGithubについて勉強したいと思っている方には、とてもお勧めできる講座だと思います。 とにかく分かりやすくて理解できる。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
動画で使っているpower pointの資料をいただけるだけで、まったく評価は違うものになります。やはりすべてを覚えることはできないので、あとから参照したいのですが、動画のどこにあるの探すのがとても面倒です。資料をいただけると動画をみることなく復習できますので、ぜひお願いしたいです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • 紹介
    • Gitとは?
    • コマンドを使う理由
    • Git用語解説
  2. 準備
    • Gitインストール
    • GitHubアカウント作成
    • リモートリポジトリ作成
    • 基本コマンド紹介
    • Sublimeのインストール
    • SSHアクセス設定
    • プロンプトをHackしよう
  3. Gitの基本ワークフロー
    • セクション概要
    • リポジトリをcloneする
    • 作業用ブランチを作成する
    • 作業内容をStageする
    • 作業内容をコミットする
    • コミット履歴を見てみよう
    • 次レクチャーの補足
    • 次レクチャーの補足
    • pullしてpushする
    • プルリクエストを作成してマージする
    • pullしてローカルリポを更新する
    • 不要なブランチを削除する
    • まとめ
  4. Gitの基本操作を学習する
    • スクラッチでGitリポを作成する(init)
    • 既存ディレクトリをGitリポにする(init)
    • 既存ディレクトリをforkする
    • untrack fileを理解する
    • 次レクチャーの補足
    • unstageする
    • 次レクチャーの補足
    • working directoryでの作業内容を破棄する
    • ファイル名の変更をGitで管理する(mv)
    • ファイルの削除をGitで管理する(rm)
    • コミット履歴を確認する(log)
    • Gitの管理から外す(.gitignore)
    • 今までの作業内容をリモートリポにpushする
    • まとめ
  5. ブランチとマージ
    • ブランチの作成と名前変更と削除
    • ブランチをマージする
    • 次レクチャーの補足
    • automatic mergeをする
    • merge conflictを対処する
    • 今までの作業内容をリモートリポにpushする
    • まとめ
  6. リモートリポジトリ
    • リモートリポジトリとは?
    • リモートリポからローカルリポに情報をfetchする
    • 次レクチャーの補足
    • リモートリポからローカルリポにpullする
    • pull時のコンフリクトに対処する
    • プルリクエストを作成する
    • fork元のリポをローカルリポに登録する
    • fork元のリポにPRを作成する
    • まとめ
  7. 差分(diff)を使いこなす
    • セクション概要
    • リポジトリを準備する
    • p4mergeをセットアップする
    • working directoryとstaging areaのdiffを確認する
    • working directoryとリポジトリのdiffを確認する
    • staging areaとリポジトリのdiffを確認する
    • 特定のファイルのdiffを確認する
    • コミット同士のdiffを確認する
    • ブランチ同士のdiffを確認する
    • mergetoolを使ってコンフリクトに対処する
    • まとめ
  8. rebaseを使ってブランチを統合しよう
    • 基本的なrebaseのフロー
    • rebase時のコンフリクトに対処する
    • pull時にrebaseする
    • まとめ
  9. stashを使って作業内容を一時退避しよう
    • stashの基本
    • apply時のコンフリクト
    • untrack fileをstashする
    • gitignoreされたファイルをstashする
    • メッセージを付けてstashする
    • まとめ
  10. コミットにtag付けをしよう
    • シンプルな(lightweighted)tagをつける
    • アノテーション付きtag(annotated tag)をつける
    • tag同士のdiffを確認する
    • 特定のコミットにtag付けする
    • tag情報をリモートリポにpushする
    • 特定のtagにcheckoutする
    • まとめ
  11. submoduleを使おう
    • submoduleを追加する
    • .gitsubmodulesファイルを理解する
    • submoduleの初期化と更新
    • clone時にsubmoduleの初期化と更新をする
    • 全てのsubmoduleに特定のコマンドを実行する
    • まとめ
  12. おまけ
    • git-flowとGitHub flow
    • README.mdの書き方
    • wikiを作る
    • Octotreeを使う
    • zenhubを使ってissueをカンバン管理する
    • Revertで前のコミットの状態に戻す
    • Resetで前のコミットの状態に戻す
    • 最後に(ボーナスレクチャー)
 
Preview Video
   

必要性から学ぶ、Git・GitHub入門講座

必要性から学ぶ、Git・GitHub入門講座
発売日 2019/04/30
(4.1)

2.5 total hours
個人開発とチーム開発で使える基礎、そして応用へ

近年バージョン管理ツールであるGitは、開発者であれば必須のスキルと言えるほど、メジャーなツールとなっています。

本コースは入門講座でありながらも、個人レベルの開発で必要なGitの知識から、現場で活きるチームレベルでの開発で必要なGitの知識までカバーするコースです。


まずは何故Gitが必要なのかをレクチャーした後、Git、GitHubの概要と基本的な使い方を学びます。

その後にチーム開発で使える知識のレクチャーへと移ります。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
gitコマンドはpull,commit,push程度しかほぼ使っていなかったので、基礎を固めたく受講しました。 結果としてとても勉強になりました。 ローカルリポジトリでの管理からgithubとの連携まで一通り学べて、修正の競合(コンフリクト)の解決方法やタグ付けなど実践で役立つ応用までフォローされています。 また説明の内容と話し方が簡潔明瞭、かつタイプも速いのでリズムよく進み頭にスムーズに入ってきます。(えー、あのーがほぼないです) 冒頭のいくつかのセクションで音声が小さい点が惜しいですが、総合的にはおすすめできる講座だと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
基本的なところから説明されているので、わかりやすかったです。個人開発とチーム開発で必要な情報が分けて説明されているので、実際の業務で使用を想定して受講できました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 自己紹介・概要
    • ソースコードに起きる問題とバージョン管理の必要性
    • Gitの概要
    • GitとGitHubの関係性
  2. 環境構築をしよう
    • GitHubアカウントを作ろう
    • gitコマンドをインストールしよう
    • gitコマンドの初期設定をしよう
    • 開発用のディレクトリとリポジトリを作成しよう
  3. 個人開発を行おう(基本編)
    • git addとgit statusでステージの管理を行う
    • git commitでコミットを作成しよう
    • git showとgit logでコミット履歴を確認しよう
    • git diffで変更の差分を見よう
    • git statusに関してさらに詳しく
    • git pushでGitHubに変更を反映させよう
    • git pushを行う上での注意点とプライベートリポジトリ
  4. 個人開発を行おう(応用編)
    • .gitignoreで登録しないファイルを管理しよう
    • git checkoutで差分を戻そう
    • git resetとgit revertでコミットを取り消そう
  5. チーム開発に必要な知識を学ぼう(基本)
    • ローカルとリモートの概念
    • git cloneでリモートのソースコードを複製しよう
    • ブランチとマージの概念
    • git branchとgit checkoutでブランチを管理しよう
    • プルリクエストを使おう
    • git pullでリモートの変更を取り込もう
    • READMEを書こう
  6. チーム開発に必要な知識を学ぼう(応用)
    • git fetchでリモートの差分を取り込もう
    • git mergeでローカルでマージしよう
    • コンフリクトを解消しよう
  7. さらなる応用
    • git stashで変更を退避させよう
    • git rebaseでコミットを整理しよう
    • わかりやすいコミットメッセージをつけよう
    • git aliasでコマンドを簡略化しよう
    • .gitkeepでディレクトリを保存しよう
    • tagを使って一歩進んだバージョンの管理をしよう
    

ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTree講座(Win/Mac対応・コマンド対応)

ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTree講座(Win/Mac対応・コマンド対応)
発売日 2018/10/12
(4.5)

16 total hours
ファイルのバージョン管理システムGitを、無料で使えるクライアントソフトSourceTreeを使って学びます。

Gitは、ファイルのバージョンを管理して、間違えた操作をやり直したり複数のメンバーで開発をしているソースコードを、同期や統合するためのシステムです。

本来は、コマンドラインで操作をして作業していきますが、現在ではクライアントソフトが多数登場して、非常に使いやすくなっています。この講座では、中でも無償で使える「SourceTree」を利用して、Gitの使い方をはじめから分かりやすく解説します。

SourceTreeは、Windows/macOS版で提供されていますが、操作方法が若干違うため、本講座では両方の環境で同じ解説を2回行っているため、どちらをご利用の方でも自分に合った環境で学習して頂けます。

また、講座の後半ではGitHubの各機能である、Issues、Projects、Gists、Actionsなども紹介しています。ぜひ、本講座でGitを使いはじめてみましょう。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Macの部分のみやりました。網羅的に説明をしていてわかりやすかったです。もう一度おさらいしようと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
GitHub 各種機能の項目は知らない項目があったので、勉強になりました。 ありがとうございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • Udemyでの受講について
  2. [Windows] Gitの環境を作ろう
    • macOSの方へ
    • SourceTreeをセットアップしよう
    • リポジトリを作成しよう
    • ファイルをコミットしよう
    • ステージングでコミットを調整しよう
    • 行単位でコミットしよう
    • リセットで変更を元に戻そう
    • タグ機能でコミットログに印をつけよう
    • Gitが無視するファイルを指定しよう
    • コミット後のファイルを削除しよう
  3. [Windows] ブランチで作業を分けて開発しよう
    • ブランチで作業の履歴を分けよう
    • マージでブランチを合流しよう
    • ブランチの削除と名前の変更
    • ファストフォワードとは
    • コンフリクトを解決しよう
  4. [Windows] リモートリポジトリにファイルを同期しよう
    • GitHubのアカウントを作ろう
    • リモートリポジトリを追加しよう
    • プッシュができない場合について
    • プッシュでリモートリポジトリに送信しよう
    • [補足] プッシュができないときの対処法について
    • リモートリポジトリからクローンしよう
    • リモートリポジトリからプルで変更を取り込もう
    • プルの時にコンフリクト(衝突)が起こった時の対処法
    • revertでコミットを取り消そう
    • プルリクエスト機能で安全にマージしよう
    • ブランチ運用ワークフローとGitHub Flow
    • ブランチの削除と名前の変更
  5. [Windows] Gitのその他の機能
    • スタッシュで作業を一時退避させよう
    • アメンドコミットでコミットを加工しよう
    • リベースでマージしよう
    • チェリーピックで特定のコミットを取り込もう
    • パッチを作成して特定のコミットを配布しよう
  6. [macOS] Gitの環境を作ろう
    • Windowsで学習されている方へ
    • SourceTreeをセットアップしよう
    • リポジトリを作成しよう
    • ファイルをコミットしよう
    • ステージングでコミットを調整しよう
    • 行単位でコミットしよう
    • リセットで変更を元に戻そう
    • タグ機能でコミットログに印をつけよう
    • Gitが無視するファイルを指定しよう
    • コミット後のファイルを削除しよう
  7. [macOS] ブランチで作業を分けて開発しよう
    • ブランチで作業の履歴を分けよう
    • マージでブランチを合流しよう
    • ブランチの削除と名前の変更
    • ファストフォワードとは
    • コンフリクトを解決しよう
  8. [macOS] リモートリポジトリにファイルを同期しよう
    • GitHubのアカウントを作ろう
    • リモートリポジトリを追加しよう
    • プッシュでリモートリポジトリに送信しよう
    • リモートリポジトリからクローンしよう
    • リモートリポジトリからプルで変更を取り込もう
    • プルの時にコンフリクト(衝突)が起こった時の対処法
    • revertでコミットを取り消そう
    • プルリクエスト機能で安全にマージしよう
    • ブランチ運用ワークフローとGitHub Flow
    • ブランチの削除と名前の変更
  9. [macOS] Gitのその他の機能
    • スタッシュで作業を一時退避させよう
    • アメンドコミットでコミットを加工しよう
    • リベースでマージしよう
    • チェリーピックで特定のコミットを取り込もう
    • パッチを作成して特定のコミットを配布しよう
  10. [共通] GitHubの各種機能を利用しよう
    • GitHubの各機能を利用しよう
    • イシューで課題を管理しよう
    • ラベルでイシューを分類しよう
    • マイルストーンで締切を設定しよう
    • その他のイシューの機能
    • GitHub Projectsでプロジェクトを管理しよう①
    • GitHub Projectsでプロジェクトを管理しよう②
    • GitHub Projectsでプロジェクトを管理しよう③
    • GitHub Pagesでウェブサイトを公開しよう①
    • GitHub Pagesでウェブサイトを公開しよう②
    • GitHub ActionsでCI/CDツールを利用しよう
    • GitHub Gistでスニペットを共有しよう
    • GitHub Desktopを使ってみよう
  11. [共通] Gitをコマンドで利用しよう
    • Gitをコマンドラインで使おう
    • コマンドでコミットしよう
    • コマンドでリセットしよう
    • コマンドでタグをつけよう
    • コマンドでブランチを作ろう
    • コマンドでマージしよう
    • コマンドでブランチ名を変更しよう
    • コマンドでコンフリクトを解消しよう
    • コマンドでGitHubに接続しよう
    • コマンドでプッシュしよう
    • コマンドでクローンしよう
    • コマンドでプルしよう
    • コマンドでコミットの取り消しをしよう
    • コマンドでブランチを削除しよう
    • コマンドでスタッシュ(一時退避)しよう
    • コマンドでアメンドコミットしよう
    • コマンドでリベースしよう
    • コマンドでチェリーピックしよう
    • コマンドでパッチを作ろう
  12. 【旧講座】Gitの環境を作る
    • 旧カリキュラムについて
    • GitHubのアカウントを作成しよう
    • GitKrakenをセットアップしよう
    • Visual Studio Codeを日本語版でインストールしよう
    • Visual Studio Codeをセットアップしよう
  13. 【旧講座】Gitを体験してみよう
    • コミット作業をしてみよう
    • 間違えたコミットをリセットしよう
    • ステージングの役割について
    • コミットとリセットの各種テクニック
    • タグを利用しよう
    • GitKrakenのファイル操作機能について
  14. 【旧講座】ブランチ
    • ブランチを利用しよう
    • ブランチをマージしよう
    • リベースで履歴をまとめよう
    • チェリーピックで特定のコミットを取り込もう
  15. 【旧講座】Git Flow
    • Git Flow①:ブランチ運用のガイドライン
    • Git Flowの基本 ②
    • GitKrakenによる、Git Flow ①
    • GitKrakenによる、Git Flow ②
  16. 【旧講座】GitHubを利用したリモートリポジトリー
    • GitHubの無償化について
    • GitHubでリポジトリーを作る
    • GitKrakenにリモートリポジトリーを設定する
    • プッシュ - リモートリポジトリーへの変更の反映
    • Collaboratorsのメニュー名の変更について
    • クローン - リモートリポジトリーのコピーをローカルに構築
    • プル - リモートリポジトリーの変更を取り込む
    • プルリクエスト - 変更箇所のマージを依頼する
    • GitHub Flow - Git Flowよりもシンプルなブランチ運用ルール
    • 複数のリモートリポジトリーを設定しよう
    • SSHでのリモートリポジトリー接続
  17. 【旧講座】その他の Gitの知識
    • サブモジュール - 他の Gitリポジトリーを、自分のリポジトリーに取り込む
    • コンフリクト(変更の衝突)を解消しよう
  18. 【旧講座】GitHubを使いこなそう
    • リモートリポジトリーの初期化処理
    • GitHubでのファイル操作
    • Issues - バグや課題を管理する
    • イシューのラベルとマイルストーンを管理しよう
    • Markdown記法を学ぼう
    • Projects - Kanban方式のプロジェクト管理機能
    • プロジェクトとイシューを連携しよう
    • Automated Kanbanで、カードの管理を自動化しよう
    • プルリクエストに連携したプロジェクトと、バグを管理するプロジェクトを利用しよう
    • Wiki - 共有可能なオンラインドキュメント
    • Gist - 公開できる、プログラミングメモ
    • GitHubの公開リポジトリーを検索しよう
  19. 【旧講座】コマンドラインで Gitを使おう
    • Git/Git Bashをインストールしよう
    • git commit - Gitにコミットしよう
    • git revert - コミットを取り消そう
    • git reset - リセットしよう
    • git tag - タグを設定しよう
    • git rm / mv - ファイル操作をしよう
    • .gitignore - 除外ファイルを設定しよう
    • git branch - ブランチを作成しよう
    • git stash - スタッシュを利用して一時退避しよう
    • git merge - マージしよう
    • git diff - コンフリクト(衝突)が発生したときの対処をしよう
    • git remote - リモートリポジトリーを利用しよう
    • git push - プッシュしよう
    • git clone - リモートリポジトリーからクローンを作ろう
    • GitHubを SSH接続で利用しよう
    • git fetch - プルをする前に、リモートリポジトリーの様子を取り込もう
 
Preview Video
   

Udemyで無料で学べるGit・GitHub講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

Git:はじめてのGitとGitHub

Git:はじめてのGitとGitHub
発売日 2017/01/19
(4.5)

1 total hour
GitとGitHubが初めての人が仕組みを理解した上で基本的な操作ができるようになるコースです。ハンズオンでGitコマンドを入力することを通じて、未経験から、Gitで記録しGitHubにコードをアップできるようになります。

未経験からたったの1時間で、GitとGitHubの仕組みを学び、基本的なコマンドが使えるようになるコースです。
実際に手を動かすことで、ローカルのパソコンのコードをGitHubにアップできるようになります。

「GitとGitHubのことは聞いたことはあるけどまだよく知らない」
「時々使うけど意味がよく分からずに使っている」

もしあなたがそうなら、このコースはGitの基本的な使い方を身に付けるのに、きっと役に立ちます。
Gitコマンドを実際に実行しながら、たったの1時間でGitを使って履歴を保存し、GitHubにコードをアップできるようになります。

GitとGitHubは、バージョン管理で最も使われているツールです。プロジェクトの履歴を記録し、チームメンバーとコラボレーションできるようになります。

★このコースで学ぶこと

このコースではまず、Gitとバージョン管理の仕組みについて学びます。
次に、GitをWindowsとMac OS Xにハンズオンでインストールし、GitHubの登録を行います。

Gitをインストールした後、Gitの基本的なワークフローを、GitHubも使いながら実践していきます。まずはローカルのパソコンでバージョン管理をし、それから変更をGitHubにアップします。

ここまでをたったの一時間で学びます!

★注意点

このコースでは、Gitの発展的トピックは扱っていません。あくまで初心者向けの無料のGit紹介コースで、複数人でのコラボレーションのためのブランチやマージは扱っていません。

でももしあなたがまだGitを始めていなくて、手を動かしながらGitの入門をできる教材を探されているなら、このコースはきっとぴったりなはずです。

コースのゴールは、Gitの仕組みと必要最低限の使い方を、理解した上で短時間で身に付けることです。
もし分かりにくい箇所があったら遠慮せずご連絡ください。Gitを是非使えるようになっていただきたいと思っています。

もしもう学び始められるなら、「登録する」ボタンを押してみてください。このコースは無料なので、リスクなく始めることができます!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Gitの概念を学びたい人向け。最新のUI環境は沢山あるので、それらも併せて学ぶとよい。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
前提知識ゼロで視聴しましたが非常に分かりやすく神レッスンでした。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. Gitの世界へようこそ
    • コースのゴール
    • Gitってなにが便利なの?
    • Gitの仕組み
    • GitHubってなに?
    • コースを受講するにあたって
  2. 事前準備
    • Gitのインストール (Mac OS X)
    • Gitのインストール (Windows)
    • GitHubの登録
    • Gitの初期設定
    • Linuxの頻出コマンド
  3. GitとGitHubの基本的なワークフロー
    • 新規プロジェクトからはじめよう
    • 既存プロジェクトからはじめよう
    • Gitの基本的なワークフロー
    • 変更をコミットしよう
    • 色々な変更をコミットしよう
    • 現在の状況を確認しよう
    • 変更履歴を確認しよう
    • 変更差分を確認しよう
    • GitHubにプッシュしよう
    • GitHubの画面を確認しよう
    • バージョン管理したくないファイルをGitの管理から外そう
  4. まとめ
    • まとめ
  5. ボーナス
    • Gitのよく使うコマンド集
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

フロントエンド開発のためのGit/GitHub入門

フロントエンド開発のためのGit/GitHub入門
発売日 2021/04/18
(4.8)

1.5 total hours
Git/GitHub, Git graph, Nextjs, VS Code, React-testing-library, Vercel

フロントエンド開発のための典型的なGit/GitHub開発フローを学習することができます。


VS Code, GitHub, Nextjs, React-testing-library, Vercelを使って一連のGit/GitHub操作の流れをハンズオン形式で体験できます。

最後のレクチャーで開発メンバーを招待して、code review(pull request)を依頼するハンズオンがあるので協力してくれる友達 or 会社、プライベートの複数アカウントがあるとより理解が深まりますが、居なくてもコース自体は進められるように構成しています。


1. Git/GitHubによる開発フロー入門

  • Issue

  • Kanban board

  • branch

  • commit, push

  • pull request

  • code review + approval

  • merge, squash merge

  • git pull

  • Invite collaborator

  • Send pull request for code reviewer

2. VercelへのDeployとPreviewモード(branch)の活用

3. 自動テスト(React-testing-library)


***収録機材***

Microphone : SHURE SM7B

Microphone stand : Blue compass

Audio interface : Solid State Logic (SSL 2+)

Movie editor : Screen flow 9


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Github上での実際の運用の仕方を学ぶことができ大変参考になりました。 独学では抜けがちな分野のため助かります。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
コース通りに操作すればその通りになった。つまるところも無かったのでストレス無く講義を受けることができた。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • コース概要
    • コースに必要なツール
    • 本コースのGitHub URL
    • 2022年版 React 学習ロードマップ
  2. GitHub開発Workflow
    • [注意] テスト環境のSetup
    • Nextjs project setup
    • New branch, pull request, merge
    • Issue + Kanban board
    • Vercel (deploy + preview mode)
    • Code review by reviewer
  3. 更に学びたい人向け
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

関連:Gitを本でも学ぼう

UdemyのGit講座は上述したとおり、Gitの基礎的な使い方からWebアプリ開発実用まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Gitの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました