【2020年】JavaScript入門!『おすすめ本7選/人気参考書ランキング30』【新書/読み放題】

JavaScriptはブラウザ(フロントエンド)上のスクリプトとしても、バックエンド開発(Node.js)としても、さらにはスマホアプリ開発(React Native)にまで活用できるプログラミング言語

活用の幅が広い最も人気の言語の1つ、Web開発に携わる方は必須となる言語といって間違いないでしょう。

そんな人気で需要も高いJavaScriptの本を、主に入門者・初級者向けに人気とともに紹介していきまっす。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

JavaScript本「人気ランキング」

JavaScript今売れ筋の本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

(2020/10/30 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4)
総評価数 7件
2
スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常    2,035円
単行本   2,035円 (+36pt)
Kindle   1,643円 (+16pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 62件
3
確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版
発売日 2019/09/21
通常    2,728円
単行本   2,728円 (+48pt)
Kindle   2,455円 (+25pt)
(4.2)
総評価数 92件
4
ゲームで学ぶJavaScript入門 HTML5&CSSも身につく!
発売日 2015/12/11
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+54pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 27件
5
これから学ぶJavaScript
発売日 2018/07/20
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+54pt)
Kindle   2,376円 (+24pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 10件
6
(4.3)
総評価数 20件
7
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで 大型本...
発売日 2016/09/30
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+58pt)
Kindle   3,278円 (+33pt)
(3.9)
総評価数 55件
8
これからWebをはじめる人のHTML&CSS、JavaScriptのきほんのきほん...
発売日 2017/03/27
通常    2,838円
単行本   2,838円 (+50pt)
Kindle   2,554円 (+26pt)
(4)
総評価数 32件
9
JavaScript コードレシピ集
発売日 2019/01/25
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+58pt)
Kindle   3,114円 (+31pt)
(4)
総評価数 17件
10
マンガでわかるJavaScript
発売日 2015/04/14
通常    1,782円
単行本   140円
Kindle   1,782円 (+18pt)
(3.9)
総評価数 9件
11
初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発
発売日 2017/01/20
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+64pt)
(3.7)
総評価数 17件
12
(4)
総評価数 2件
13
(2.6)
総評価数 13件
14
初めてのThree.js 第2版 ―WebGLのためのJavaScript 3Dライブラリ
発売日 2016/07/23
通常    4,400円
単行本   4,400円 (+80pt)
(5)
総評価数 6件
15
開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質
発売日 2013/06/19
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
(4)
総評価数 32件
16
(4.4)
総評価数 18件
17
(3.5)
総評価数 13件
18
初めてのPHP、MySQL、JavaScript&CSS 第2版 大型本
発売日 2013/08/21
通常    3,960円
単行本   3,960円 (+40pt)
(3.9)
総評価数 4件
19
(4.2)
総評価数 3件
20
JavaScript逆引きレシピ 第2版
発売日 2018/10/15
通常    3,080円
単行本   3,080円 (+31pt)
Kindle   2,772円 (+28pt)
(4.6)
総評価数 8件
21
いちばんやさしい JavaScript 入門教室
発売日 2018/06/20
通常    2,728円
単行本   2,728円 (+55pt)
Kindle   2,592円 (+26pt)
(3.7)
総評価数 4件
22
(4)
総評価数 45件
23
JavaScript Ninjaの極意
発売日 2013/08/28
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+170pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(4.6)
総評価数 8件
24
改訂第5版 JavaScript ポケットリファレンス
発売日 2011/09/08
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+52pt)
(3.6)
総評価数 9件
25
ホームページ辞典 第6版 HTML・CSS・JavaScript
発売日 2017/12/06
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+44pt)
Kindle   2,090円 (+95pt)
(3.9)
総評価数 9件
26
スラスラわかるJavaScript
発売日 2013/03/15
通常    2,530円
単行本   2,530円 (+115pt)
Kindle   2,400円 (+106pt)
(4.2)
総評価数 18件
27
3ステップでしっかり学ぶ JavaScript入門[改訂2版]
発売日 2017/09/22
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+52pt)
Kindle   2,487円 (+25pt)
(3.7)
総評価数 4件
28
初心者からちゃんとしたプロになる JavaScript基礎入門
発売日 2020/03/25
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,717円 (+28pt)
(3)
総評価数 5件
29
JavaScript Primer 迷わないための入門書
発売日 2020/04/27
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,762円 (+38pt)
(4.3)
総評価数 7件
30
React Native ~JavaScriptによるiOS/Androidアプリ開発の実践
発売日 2020/04/27
通常    4,378円
単行本   4,378円 (+88pt)
Kindle   4,159円 (+42pt)
(3.2)
総評価数 8件

※ランキングはAmazonの売筋ランクに基づいています


以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

やさしく基礎から「JavaScriptおすすめの入門書」

Web制作未経験かつプログラム未経験の方は、まずは何よりもとっつきやすさや、わかりやすさを重視して、途中で折れないこと、意外と簡単なんだと自信をつけることが重要。

そのため、以下のような読みやすい入門書から初めて見るのがおすすめです。

ちなみにJavaScriptは特に言語の発展が早い言語。入門書とはいえ、できるだけ新しい書籍を選びましょう

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

とにかく丁寧。トコトンわかる!

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

ご好評をいただきました『JavaScript「超」入門』、待望の改訂版です!

<主な改訂内容>
・ES6(ES2015)に対応。ES6の機能・文法のうち、入門者向けにやさしいところ、便利なところを紹介
・古い情報を2019年現在の状況にあわせて全面的にアップデート
・3章、4章、5章、6章のサンプルの更新。解説内容をより丁寧にわかりやすくブラッシュアップ
・7章は全面刷新し、より現代的・実践的なテクニックを学べる内容に

●目次
Chapter1 イントロダクション
Chapter2 アウトプットの基本
Chapter3 JavaScriptの文法と基本的な機能
Chapter4 インプットとデータの加工
Chapter5 一歩進んだテクニック
Chapter6 jQuery入門
Chapter7 外部データを活用したアプリケーションに挑戦!

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
目次

(引用元Amazon)

 
Users Voice
今までに何冊ものJavascript本に触れましたが、入門書としてはこれがベスト。
ただ注意すべきはJavascriptのES6の内容であり、過去のJavascriptの内容には全く触れていません。
今からJavascript勉強するぞ、という方はまずこの本の内容を全て頭に叩き込みましょう。
この本を終える頃には入門者を卒業できているはずです。
巻末には次に学ぶべき内容が明記されていますが、その内容に進む前に本に掲載されているコードの改造や機能の追加などを施して経験値をためることをおすすめします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このようなプログラミングの参考書でありがちなあえて難解な言葉を使ってきたり、解説してないことが急になんの解説もなしに出てきたりすることがあるが、この本は違かった。
しっかりと解説もしてくれてなるべく初心者に噛み砕いて説明をしてくれている。
個人的に本の中身のレイアウトでなんか分かりづらそうとか思っていたのだが、今まで読んだjs本の中ではダントツに分かりやすい。
この本を出発点にして、そこからjQueryだったりNodejsを学んでいけばエンジニアとして生きていけます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版
発売日 2019/09/21
通常 2,728円
現在 2,455円
273円(10%)OFF!!

  

スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング

スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
(著)及川卓也, リブロワークス
発売日 2018/06/22
(4)

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいJavaScript(ジャバスクリプト)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「プログラムが読めないから、自分がいま何をしているのかわからない」といった
プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、
しっかりJavaScriptの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・JavaScriptの基本を身につけたい人
・過去にプログラミングの入門書で挫折してしまった人
・Web制作者やプログラマー、エンジニアを目指す人
・仕事でJavaScriptを活用してみたい人


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
概要/特徴

(引用元Amazon)

 
Users Voice
プログラミング言語の構文にふりがなをつけるというコンセプトのシリーズのJavaScript版。
多くの入門書では一度説明したことは後では説明を省略することが多いが、本書では徹頭徹尾、構文にふりがながつけられているので、読み進めていったときに、前に解説された内容であってもふりながのおかげで「これってなんだっけ」とならないのが初心者が学習を進める中では優れていると思われる。

しかし、だからこそふりがなの文言には細心の注意が必要だと思われるが、所々「そういうふりがなだと本当の初心者は混乱しないか?」と首をひねるふりがながちらほらあったのが気になったところ。
例えばエラーメッセージの uncaught に「捕捉不可能な」とふりがなが振られているが、これは例外処理でキャッチされなかった時の表示であって、try..catchで捕捉することが可能であるのに「不可能な」とすると混乱を招く。「捕捉されなかった」とする方が適切ではないだろうか。
初心者はこういった些細なところでつまづくものなので、注意が必要と考える。

また、上記の方針に関連してか、例外処理について一切触れられていないので、初心者を卒業する足がかりとしてやや不足しているのではないかと思われた。
本書だけでは必要な知識は賄えないので、Kindle Unlimitedで読めるようなもので良いのでもう一冊別の入門書と読み比べてみるのが良いと思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
どうしてプログラミングの本は分かりにくいものばかりなのだろうか?
初心者が見ても分かりにくい教材が多すぎる。
IT人材不足の背景には教材のショボさが原因だと思う部分もある。
プログラミングのことには詳しくても、教えることには長けていない人が多い多い。

しかし、この本は初めて分かりやすいと思えた。丁寧! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常 2,035円
現在 1,643円
392円(19%)OFF!!

  

これから学ぶJavaScript

これから学ぶJavaScript
(著)齊藤 新三, 山田 祥寛
発売日 2018/07/20
(3.9)

本書は、これからJavaScriptプログラミングをはじめたいと考えている初心者のための入門書です。

全くのプログラミング初心者が「プログラミングとは何か」「JavaScriptが活躍するWebの世界はどういった仕掛けで動いているのか」を理解できるよう、その説明から始め、JavaScriptプログラミングの土台となる力を養えるようにサポートすることを心掛けています。

また、本書はこれからプログラミングをはじめる初心者を前提としているため、やや上級の内容などは割愛しました。本書を読み終えた後には、さらに本格的な入門書での学習や、各種のライブラリやフレームワークの習得が容易になる基礎力を身につけることができます。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
目次

(引用元Amazon)

 
Users Voice
テキストエディタとブラウザさえあれば学習環境が揃う、という意味ではプログラミングを学習する上では最も敷居の低い言語がJavaScriptなのではないか、と考え、大型書店で何冊か内容を確認した上でこちらの「これから学ぶJavaScript」を購入しました。

まず最大の特長は、「とにかく分かりやすい」ことだと思います。

恥ずかしながらこれまで何冊かのプログラミングの教本を購入しているものの最後までやりきったことは皆無だった私ですが、この本は毎日コツコツ進めて、これを書いている時点でゴールが見えるところまでたどり着くことができています。
これはJacaScriptゆえの学習のハードルの低さ(なんせ極論すればメモ帳とChrome/Firefoxでできてしまうわけですから、思い立ったらすぐコードを書いて動かして試せる、というのは大きいです。)もあると思いますが、この本自体の分かりやすさという点が大きいと思います。

分かりやすさのポイントは大きく分けて2点です。

1点目は、月並みですが解説が丁寧だということです。
後半になると、一瞬「?」となるような内容もあったのですが、キーワードをもとにインターネット上の解説記事などを検索してみてから再度読み返してみると実はきちんと解説されていて「なるほど、そういうことか」となるケースが何回かありました。
余談ですが、同じことをいろいろな説明で読んでみることも大事だと思いました。
それと、この本はJavaScriptの背景知識としてWebの仕組みの解説から始まるのですが、コンピューターの発展の歴史がコンパクトにまとまっていて、非常に分かりやすかったのも個人的には非常によかったです。

2点目は、3人の登場人物が会話形式で進めていく、という点で、これが理解を深めるうえで大きな役割を果たしていると思います。
「あれ?これってどうなんだろう?」と思ったことは、たいていプログラミングサークルに加入したばかりという設定のナオキくん(文系・1年)が代弁してくれたり、サークルの部長のユーコ先輩(理系・3年)が別の考え方を教えてくれたり、サークル顧問のワトソン先生(准教授)がちょっと焦らしてみたり(笑)と、登場人物が3人ということを活かした絶妙の会話ですんなり理解することができました。

また、2018年に出たばかりの本ということで、ES2015(ES6)に準拠している点もポイントだと思います。
モダンなブラウザ環境がスタンダードになっている現在の環境下では、わざわざ昔のやり方で学習するより、最新の仕様で学習する方がよいのは当然かと思います。
なお、varとletの違いなどは本文中でも解説されているほか、ES2015以降の仕様で書かれたJavaScriptをIEなどの非モダンブラウザで動作させるための変換ツール「Babel」や、ライブラリ「Polyfill」の使い方については、巻末の付録で解説されています。

それと個人的には通勤時の電車内で読む機会が多かったので、本のサイズがいわゆる大型本ではなくA5サイズなのが地味によかったです。
学習する上での敷居を下げることが重要なのは学習環境の話と同じで、毎日持ち歩いて少しずつ読み進めたり、気軽に机の上で開いたり、といったハードルを下げることは重要だと思います。

出たばかりの本なので誤りがそれなりにあるようですが、このあたりは今後改善されることを期待しています。
やや細かいですが、これを書いている時点では正誤表は出ていないようなので、私が気づいたところを挙げておきます。
(いずれも、誤記のせいで学習が進まない、ということはないと思います。)

P246 リスト8-4の実行結果のうち、list3の平均
誤:17.6 正:8.285714285714286

P333 リスト10-2
誤:江口んさん 正:江口さん

P338 ワトソン先生の最初のセリフ
誤:1/00 正:1/100 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
第7章の配列までは、初心者向けの分かりやすいコードを記載しておりますが、
第8章の関数、可変長引数の説明あたりから、いきなりハードルが上がります。
動作自体は非常に単純で、5行以内で終わりそうなコードを
わざわざ無駄が多いコードで掲載されており、
結果として私達、初心者ではとても分かり辛いです。
他の月額980円のオンラインスクールサービスでは分かりやすいコードが掲載されておりますので
それと併用して学習する事をオススメします。

本当は星1つにしたいのですが、7章までは分かりやすかったので、星2つにします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
これから学ぶJavaScript
発売日 2018/07/20
通常 2,640円
現在 2,376円
264円(10%)OFF!!

  
 

   

色々使ってみる「JavaScript活用の参考書」

JavaScriptは、最近はVue.jsといったフレームワークと一緒に用いられることも多いです。

また、ブラウザ上で様々なビジュアル表現が可能なので、ブラウザゲームなどを通して、よりハイレベルなグラフィクス実装なども可能です。

以下のような書籍で、様々な応用を学びましょう。

これからはじめる人のJavaScript/Vue.jsの教科書

これから始めて、JavaScriptもVue.jsもTypeScriptも理解しよう!

「JavaScriptを学ぼう」

そんなふうに思っても、「JavaScript」は現在では、非常に関連技術の多い言語になっています。JavaScript関連のキーワードを上げてみると、「ECMAScript/ TypeScript/ Vue.js/ Nuxt.js/ React/ Angular/ jQuery」など、上げていったらキリがないほどです。

これらはそれぞれ「JSライブラリー」とか「JSフレームワーク」などと呼ばれているJSの周辺技術ですが、現在のウェブサイト制作や、ウェブアプリ開発では、これらの周辺技術の理解が必須になっています。

本書は、こういった事情に合わせて、今JavaScriptを学ぶなら、この周辺技術は必須だと筆者が考える以下の内容について解説しています。

・JavaScript
・ECMAScript
・Vue.js
・TypeScript

これだけでも非常にカバー範囲が広く、1冊に納めるのは容易ではありませんが、それでもこれらの知識は抑えておいて欲しいという筆者の願いから、1冊に詰め込みました。

ぜひ本書を通じて、JavaScriptの魅力と現在のJavaScript開発のトレンドを抑えて頂けると幸いです。これからのウェブ開発にお役に立つことを願っています。

(「はじめに」より一部修正)

「Chapter1 JavaScriptを学ぶための準備をしよう」では、JavaScriptを学ぶための環境構築を行います。といっても、Google Chrome(ウェブブラウザー)と、Visual Studio Code(エディター)をインストールするだけの簡単な準備です。


「Chapter2 JavaScriptの基本を学ぼう」では、JavaScriptを基本からみっちり学びます。四則演算、制御構造、変数、配列、関数といった基本的なところから、イベントリスナーの使い方、クラスの定義、モジュール、非同期通信、Cookieの使い方など、JavaScriptを実務で使う際には必須となるような実践的な内容まで学びます。EcmaScript2015の文法で学びますが、必要に応じて古い文法についても説明しています。

「Chapter3 TypeScriptの基本を学ぼう」では、TypeScriptについて知っておきたいことを一通り学びます。TypeScriptの基本的な使い方から、関数、さまざまな型、クラス宣言、インターフェイスの使い方などまで解説します。

「Chapter4 Vue.jsの基本を学ぼう」では、現在制作の現場でよく使われているライブラリであるVue.jsについて学びます。基本的なディレクティブの使い方を学んだあと、メソッドやコンポーネント、ミックスインの定義方法を学び、それらを使って実用的なプログラムを作ります。

「Chapter5 Vue CLIでアプリを作ろう」では、Vue CLIを使って、簡単なメモ管理のアプリケーションを作成します。プロジェクトの作成から始まり、ルーティングを設定し、新規追加・一覧・編集・削除の機能を作っていきます。Vuexを使って、データの保存も行います。最後にはコンポーネントを作って共通のパーツを追加するところまで行います。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
これからはじめる人のJavaScript/Vue.jsの教科書
発売日 2020/04/24
通常 2,838円
現在 2,838円

  

JavaScript Primer 迷わないための入門書

変化に対応できる基礎を身につけよう!

本書の「第1部 基本文法」では、JavaScriptの文法と機能について、実際の利用方法を示しながら解説しています。また「第2部 ユースケース」では、小さなアプリケーションを例にあげながら、JavaScriptの現実の開発での使い方にも言及しています。
本書は、プログラミング言語のリファレンスのようにJavaScriptのすべての機能を解説してはいません。ECMAScript 2015以降の新しい書き方を中心に、既存のコードに頻出する古い書き方を含めて解説しています。
JavaScriptは激しく変化している言語です。このような変化に対応できる基礎を身に付けられるよう、単に書き方を解説するのではなく、プログラミングの現場で直面する問題を自分自身で解決するのに必要な調査方法についても焦点を当てています。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Javascriptは他の言語と同様に毎年マイナーアップデートされているのですが、ES2015という規格で大きく仕様が変更されました。これにより新たな文法が大量に追加され、学び直す必要があります。

Javascriptは何となく書いても動作してしまうためフロントエンドで利用する人でもまともに文法書を読んだことがない人が多いでしょう。jQueryを使っていてよくわからない文法があるけど動くから何となくかけばいいやと思ってる人も多いはずです。

しかし最近流行りのフレームワークであるVeu.js、Node.js、Electronを扱う機会が出てくるとそうは言ってられません。let、const、async、Promiss、無名関数、アロー関数など感覚的にわからないような機能がたくさん追加されています。この本は丁寧に新しく追加された文法にはタイトルの先頭に[ES2015]というマークが書かれてあります。最低限その項目だけでも目を通すといいでしょう。本のタイトルで検索をかけると無料で読めるため、気になる方はそちらのサイトで事前に確認してみましょう。

Javascriptを使ってはいるが何となく使っている人や、2015年以降に学びなおしが必要な方にぜひ読んで欲しい本です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
・なぜ万人に勧められるのか?
新出単語の説明は必ず行うため。知らない人を置いてけぼりにしないからです。
(反面、冗長になり本を分厚くする要因にはなっています。が、分からないで調べる時間が増えたり挫折するよりかは断然マシです)

この本はオンラインでも公開され、github上で数年間レビューを受けてブラッシュアップされてきました。
ゆえに、多くの人が躓きそうな箇所は改善がされています。

また、著者は章ごとの依存関係をチェックして何度も推敲を行ったそうです。

著者ブログにてこの本がどういう考えで作られたかが投稿されています。
「JavaScript Primerを出版しました!/JavaScript Primerはなぜ書かれたのか?」
というタイトルです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
JavaScript Primer 迷わないための入門書
発売日 2020/04/27
通常 4,180円
現在 4,180円

  

[ゲーム&モダンJavaScript文法で2倍楽しい]グラフィックスプログラミング入門——リアルタイムに動く画面を描く。...

楽しく遊べる2Dゲームの開発を進めながら、
グラフィックスプログラミングの基本が学べる入門書。

一度習得すると、ゲームや映像生成、動的可視化をはじめ、
幅広い分野で長く役立つグラフィックスプログラミングの基礎。

本書では、リアルタイムに動く画像を描くために求められる技術や考え方を平易に解説します。
開発言語として、エディタとブラウザがあれば開発ができるJavaScriptを採用し、
すぐにスタートできる構成が特徴です。
豊富な図解に加え、いまどきのJavaScript(ES2015準拠)の基本文法、
これだけは知っておきたい数学知識も厳選収録。

一線の開発者による、現場で活かせるやさしい実践解説です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

中級者へ!「JavaScriptの全容を学ぶ本」

上記のような入門書で、JavaScript/プログラミングの感覚になれたら、JavaScriptの幅広い操作/実装方法を学んでできることを増やしましょう。

以下の書籍が、網羅的にJavaScriptを知ることができておすすめです。

改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

こちらの書籍は 2019/10/23 紙版の6刷に対応するため更新をおこないました。
(概要)
「ECMAScript 2015」によって,いっそう進化をつづけるJavaScriptの新記法はもちろんのこと,基本からオブジェクト指向構文,Ajax,クライアントサイド開発まで,そしてテスト,ドキュメンテーション,コーディング規約など,現場で避けられない知識もしっかり押さえました。
これからのJavaScript開発者必携の1冊です。

(こんな方におすすめ)
・JavaやC言語などほかのプログラミング言語の経験があり,JavaScriptを新規に学びたい方
・JavaScriptを多少使えるけど基本が不安な方

(目次)
はじめに
Chapter 1 イントロダクション
1.1 JavaScriptとは?
1.2 次世代JavaScript「ECMAScript 2015」とは?
1.3 ブラウザー付属の開発者ツール
Chapter 2 基本的な書き方を身につける
2.1 JavaScriptの基本的な記法
2.2 変数/定数
2.3 データ型
2.4 演算子
2.5 制御構文
Chapter 3 基本データを操作する - 組み込みオブジェクト -
3.1 オブジェクトとは
3.2 基本データを扱うためのオブジェクト
3.3 値の集合を管理/操作する - Array/Map/Setオブジェクト -
3.4 日付/時刻データを操作する - Dateオブジェクト -
3.5 正規表現で文字を自在に操作する - RegExpオブジェクト -
3.6 すべてのオブジェクトのひな形 - Objectオブジェクト -
3.7 JavaScriptプログラムでよく利用する機能を提供する - Globalオブジェクト -
Chapter 4 くり返し利用するコードを1箇所にまとめる - 関数 -
4.1 関数とは
4.2 関数定義における4つの注意点
4.3 変数はどの場所から参照できるか - スコープ -
4.4 引数のさまざまな記法
4.5 ES2015における引数の記法
4.6 関数呼び出しと戻り値
4.7 高度な関数のテーマ
Chapter 5 大規模開発でも通用する書き方を身につける - オブジェクト指向構文 -
5.1 JavaScriptにおけるオブジェクト指向の特徴
5.2 コンストラクターの問題点とプロトタイプ
5.3 オブジェクト継承 - プロトタイプチェーン -
5.4 本格的な開発に備えるために
5.5 ES2015のオブジェクト指向構文
Chapter 6 HTMLやXMLの文書を操作する - DOM(Document Object Model) -
6.1 DOMの基本を押さえる
6.2 クライアントサイドJavaScriptの前提知識
6.3 属性値やテキストを取得/設定する
6.4 フォーム要素にアクセスする
6.5 ノードを追加/置換/削除する
6.6 JavaScriptからスタイルシートを操作する
6.7 より高度なイベント処理
Chapter 7 クライアントサイドJavaScript開発を極める
7.1 ブラウザーオブジェクトで知っておきたい基本機能
7.2 デバッグ情報を出力する - Consoleオブジェクト -
7.3 ユーザーデータを保存する - Storageオブジェクト -
7.4 サーバー連携でリッチなUIを実装する - Ajax -
7.5 非同期処理を簡単に表現する - Promiseオブジェクト -
7.6 バックグラウンドでJavaScriptのコードを実行する - Web Worker -
Chapter 8 現場で避けて通れない応用知識
8.1 単体テスト - Jasmine -
8.2 ドキュメンテーションコメントでコードの内容をわかりやすくする - JSDoc -
8.3 ビルドツールで定型作業を自動化する - Grunt -
8.4 今すぐECMAScript2015を実践活用したい - Babel -
8.5 読みやすく保守しやすいコードを書く - コーディング規約 -

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
今回、ES2015を含めてJavascriptを再学習すること、後々プログラミングで辞書的に(リファレンスマニュアルとして)使うことを目的にKindle版を購入しました。
結論を言うと、ある程度経験があれば、ES2015の変更点をざっと理解することはできます。が、辞書的に使うには問題があります。
以下、本書に関して気づいた良い点と悪い点をいくつか述べます。

良い点
ある程度知識がある場合、ざっと読むには読みやすいと思います。正確な知識は期待できないので、細かい所は無視して、適当に読み飛ばせますから。

悪い点
(1) 正確な詳しい説明の不足
例えば演算子について、表の中で概要を示し、その後、簡単な例を挙げているだけで、正確な詳しい説明はありません。さらに言えば、プログラミング言語のテキストとしては、構成や文体に違和感があります。
(2) 用語の定義が不明確
例えば、プロパティ、メンバー、メソッドと言う用語が明確に定義されないまま使われています。オブジェクトに関する説明「オブジェクトとは、単に名前付いた入れ物の集合ではありません。オブジェクト自体が1のモノであり、中に含まれる要素は、このモノの特性や動作を表すために存在します。」、意味不明です。(3) 図の説明が不足
かなり凝った図が説明もなく使われていますが、解釈は読者任せでしょうか。
(4) プログラミングの例として気になる点
小数点を含む演算で厳密に結果を得る必要がある場合、値を一旦整数にしてから演算すると述べられています。「整数にする」とは10倍、あるいは100倍して四捨五入することです。浮動小数点を使う計算では完全な等価ではなく、誤差を問題にするので、この様な方法(だけ)が紹介されていることに違和感があります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
JavaScriptの本質が理解できる良い本でした。
何となく書いていたことがこの本で解明されました。
私が読んだ著者の本の中では一番手順の抜けが少ない(それでも多少の抜けがあるのは残念なところ)。

プログラミング初心者がこれを読んで理解するのはまず無理だと思う。
あと、これを読んだからといって何も作れるようにはならない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
      

サンプルをすぐに活用「JavaScript リファレンス本」

基本的なJavaScriptの使い方が身についたら、あとはやりたいことを実現するコードを積み重ねていくのみ。

そのときに、ヒントになるのが豊富なやりたいことへのサンプルがのっているリファレンス本です。

サンプルコードを、やりたいことへ合わせて改修していくと、やりたいことの実現が早いです。

JavaScript コードレシピ集

JavaScript コードレシピ集
(著)池田 泰延, 鹿野 壮
発売日 2019/01/25
(4)

「あのプログラムはどう書くんだろう?」が、スグにわかります。

JavaScriptによるWeb開発のための、究極のレシピ集が登場。
制作の現場で使われる定番テクニックからプロ技まで余すところなく集めました。
基本文法/文字や数値の取り扱い/データの取り扱い/ブラウザーの操作/ユーザーアクション/
HTML要素の操作/アニメーション/画像、音声、動画/スマートフォンのセンサーなど、目的別にレシピを整理。
「あのプログラムはどう書くんだろう?」が、スグにわかります。
JavaScriptを学び始めた方から中級エンジニアの方まで納得。
ECMAScript 2018に準拠。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
かなりボリューミーでJavaScriptの基礎からプロなところまで載っています。結構日頃JSを使ってる人でも「あれ、どうやるんだっけ?」が無くなります。中身についても非常に可読性が高いです。約600ページの超大作で大満足です笑 写真は分厚さです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
辞書的な感覚で使いやすいと感じていたのですが途中からコードの中略が多用されます。さらに中略後に急に登場する「コード内で定義した○○()関数は○○という動きをします」と一言で終わる部分があり、その関数のコードを知りたいユーザーは完全に切り捨てられる方法が取られています。これでは、その部分を理解していない初心者~中級者は全く理解できずに終わるでしょう。

書籍は本の厚さを考慮する必要がありますが、せめてKindle版は似たコードの箇所に中略を使ったとしても独自に定義した関数のコードは載せるべきでした。あまりにも説明がなさすぎます。

技術書の書籍によくある「肝心な部分の説明がない」という大きな欠点が残念でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
JavaScript コードレシピ集
発売日 2019/01/25
通常 3,278円
現在 3,278円

  

JavaScript逆引きレシピ 第2版

JavaScript逆引きレシピ 第2版
(著)山田 祥寛
発売日 2018/10/15
(4.6)

JavaScript開発必須の知識・現場のテクニックを凝縮!

本書は、実践で即役立つテクニックと開発ノウハウ、つまづきやすい・ハマりやすいポイントを徹底解説した「JavaScriptを利用するWebプログラマ必携の逆引き集」です。

JavaScript(ECMAScript)の基本構文や新記法といった基礎的な知識から、オブジェクト指向、組み込みオブジェクト、関数、オブジェクト指向構文、DOM、ブラウザオブジェクトなどの定石・応用テクニック、開発に役立つツール類まで、著者の経験に基づいた実践の場で必ず役立つノウハウ、レシピを提供します。

JavaScriptをいまいち使いこなせていないと感じる方や中級レベルに向けてしっかり足場固めをしたい方、JavaScriptをもっと活用したい方などにおすすめの一冊です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
基本的なことをしっかりと教えてくれる本です。どこに記述するか、どう書くとどんな結果になるのか、Webのリファレンスにはない情報が沢山あります。
古い書き方、それが不適切な理由、正しい結果を出せる記述が豊富に載っているのでとても勉強になります。
久々に触れる方や初学者の方にぴったりではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ここにレビューを記入してください (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
JavaScript逆引きレシピ 第2版
発売日 2018/10/15
通常 3,080円
現在 2,772円
308円(10%)OFF!!

  

JavaScript「新書一覧(2019,2020刊行本)」

JavaScriptは毎年のように仕様が拡張される、言語自体の開発スピードが早い言語です。

直近でもECMAScript2019(ECMAScript10)といったバージョンが公開されています。

そのため、特に新しい技術をキャッチアップできると理想的。そのため新書は要チェックです。

以下がJavaScriptの新書(2019年,2020年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

 

(2020/10/30 更新)
製品評価
アルゴリズム JavaScript
発売日 2020/10/03
通常    950円
Kindle   950円 (+10pt)
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
JavaScriptでリバーシゲームをつくろう
発売日 2020/07/04
通常    1,800円
Kindle   1,800円 (+18pt)
(0)
総評価数 0件
JavaScript Primer 迷わないための入門書 (アスキードワンゴ)
発売日 2020/06/10
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,762円 (+38pt)
(4.3)
総評価数 7件
React Native ~JavaScriptによるiOS/Androidアプリ開発の実践
発売日 2020/04/27
通常    4,378円
単行本   4,378円 (+88pt)
Kindle   4,159円 (+42pt)
(3.2)
総評価数 8件
これからはじめる人のJavaScript/Vue.jsの教科書
発売日 2020/04/24
通常    2,838円
単行本   2,838円 (+56pt)
Kindle   2,696円 (+27pt)
(2.8)
総評価数 10件
JavaScriptワークブック―ステップ30 (情報演習 36)
発売日 2020/04/01
通常    1,613円
単行本   990円 (+18pt)
(4)
総評価数 1件
(0)
総評価数 0件
初心者からちゃんとしたプロになる JavaScript基礎入門
発売日 2020/03/25
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,717円 (+28pt)
(3)
総評価数 5件
作りながら学ぶWebプログラミング実践入門
発売日 2020/01/28
通常    2,948円
単行本   2,948円 (+58pt)
Kindle   2,801円 (+28pt)
(4)
総評価数 2件
(4.4)
総評価数 18件
(0)
総評価数 0件
新しいJavaScriptの教科書 (SCC Books 414)
発売日 2019/11/29
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
(0)
総評価数 0件
(3.1)
総評価数 5件
30時間アカデミック JavaScript入門
発売日 2019/10/24
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
(4)
総評価数 1件
確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版
発売日 2019/09/21
通常    2,728円
単行本   2,728円 (+48pt)
Kindle   2,455円 (+25pt)
(4.2)
総評価数 92件
(2)
総評価数 2件
(3.5)
総評価数 2件
HTML&CSS JavaScriptプログラミング基礎演習ワークブック
発売日 2019/05/01
通常    4,357円
単行本   4,357円 (+44pt)
(0)
総評価数 0件
(3.7)
総評価数 29件

 

JavaScript「Kindle Unlmited 読み放題本」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにJavaScriptの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のJava関係の本人気ランキング(Best10)です。

(2020/10/30 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4)
総評価数 7件
2
スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常    2,035円
単行本   2,035円 (+36pt)
Kindle   1,643円 (+16pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 62件
3
JavaScriptエンジニアのためのNode.js入門
発売日 2016/12/26
通常    350円
Kindle   350円 (+4pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 21件
4
速習 TypeScript 第2版 速習シリーズ
発売日 2020/03/29
通常    700円
Kindle   700円 (+7pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 4件
5
ゲームで学ぶJavaScript入門 HTML5&CSSも身につく!
発売日 2015/12/11
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+54pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 27件
6
これから学ぶJavaScript
発売日 2018/07/20
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+54pt)
Kindle   2,376円 (+24pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 10件
7
(4.1)
総評価数 43件
8
(4.7)
総評価数 16件
9
よくわかるJavaScript
発売日 2019/04/03
通常    800円
Kindle   800円 (+8pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 7件
10
(5)
総評価数 4件

 

スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング

スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
(著)及川卓也, リブロワークス
発売日 2018/06/22
(4)

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいJavaScript(ジャバスクリプト)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「プログラムが読めないから、自分がいま何をしているのかわからない」といった
プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、
しっかりJavaScriptの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・JavaScriptの基本を身につけたい人
・過去にプログラミングの入門書で挫折してしまった人
・Web制作者やプログラマー、エンジニアを目指す人
・仕事でJavaScriptを活用してみたい人


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
概要/特徴

(引用元Amazon)

 
Users Voice
プログラミング言語の構文にふりがなをつけるというコンセプトのシリーズのJavaScript版。
多くの入門書では一度説明したことは後では説明を省略することが多いが、本書では徹頭徹尾、構文にふりがながつけられているので、読み進めていったときに、前に解説された内容であってもふりながのおかげで「これってなんだっけ」とならないのが初心者が学習を進める中では優れていると思われる。

しかし、だからこそふりがなの文言には細心の注意が必要だと思われるが、所々「そういうふりがなだと本当の初心者は混乱しないか?」と首をひねるふりがながちらほらあったのが気になったところ。
例えばエラーメッセージの uncaught に「捕捉不可能な」とふりがなが振られているが、これは例外処理でキャッチされなかった時の表示であって、try..catchで捕捉することが可能であるのに「不可能な」とすると混乱を招く。「捕捉されなかった」とする方が適切ではないだろうか。
初心者はこういった些細なところでつまづくものなので、注意が必要と考える。

また、上記の方針に関連してか、例外処理について一切触れられていないので、初心者を卒業する足がかりとしてやや不足しているのではないかと思われた。
本書だけでは必要な知識は賄えないので、Kindle Unlimitedで読めるようなもので良いのでもう一冊別の入門書と読み比べてみるのが良いと思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
どうしてプログラミングの本は分かりにくいものばかりなのだろうか?
初心者が見ても分かりにくい教材が多すぎる。
IT人材不足の背景には教材のショボさが原因だと思う部分もある。
プログラミングのことには詳しくても、教えることには長けていない人が多い多い。

しかし、この本は初めて分かりやすいと思えた。丁寧! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常 2,035円
現在 1,643円
392円(19%)OFF!!

  

速習 ECMAScript 2019: 次世代の標準JavaScriptを今すぐマスター! 速習シリーズ

これから習得必須の標準JavaScript――ECMAScriptをいち早くマスターしよう。
本書では、ECMAScript 2015(ES2015)以降で大きく変化したECMAScriptの新機能を、6つのPartに分けて、サンプルコードとともに詳しく解説しています。本書掲載のサンプルは、ダウンロード可能。どんどん動かして試してみてください。

※本書は、旧版「速習 ECMAScript 2018」をECMAScript 2019に対応し、最新の情報で改訂したものです。

【目次】
Part1:はじめに
 対象読者
 ECMAScriptとは?
  ECMAScriptのバージョン
  ECMAScript仕様策定の流れ
  最新のECMAScriptを利用するには?
 サンプルプログラムについて

Part2:基本構文
ブロックスコープを有効にする - let命令
 定数を宣言する - const命令
 整数リテラルの表現力を改善する - 2進数/8進数リテラル
 Math.powを簡単に表現するべき乗演算子「**」[2016]
 文字列リテラルへの変数/改行の埋め込みを可能にする - テンプレート文字列
  テンプレート文字列をアプリ仕様に加工する - タグ付きテンプレート文字列
  不正なエスケープシーケンスの処理[2018]
 新たなデータ型Symbolとは?
  シンボルの用法
  (1)定数の値として利用する
  (2)プライベートなプロパティを定義する
  (3)プライベートメソッドを定義する
 配列/オブジェクトから個々の要素を抽出する - 分割代入
  分割代入の使い方
  (1)関数(メソッド)から複数の値を返したい
  (2)変数の値を入れ替える
  (3)名前付き引数を指定する
  (4)正規表現でマッチした部分文字列を抽出する
 配列を個々の変数に展開する - 展開演算子
 配列など反復可能なオブジェクトを列挙する - for...of命令
 try...catch命令での小さな改善[2019]
 すべてのJSON文字列をJavaScript文字列として認める[2019]

Part3:関数
 引数のデフォルト値を宣言する
  補足:必須パラメーターの表現
 可変長引数を利用する
 関数リテラルをシンプルに記述する - アロー関数
  アロー関数はthisを固定する(レキシカルなthis)
  注意:オブジェクトリテラルを返す時
 引数リストの末尾のカンマを許容する[2017]

Part4:組み込みオブジェクト
 非同期処理を簡便に処理する - Promiseオブジェクト
  非同期処理を同期処理風に記述する[2017]
  非同期処理を連結する
  複数の非同期処理を並行して実行する
 補足:非同期通信のための新たなメソッド「fetch」
  fetchメソッドの基本
  通信の成否を確認する
  クエリ情報を送信する
  ポストデータを送信する
  ポストデータを送信する(JSON形式)
 オブジェクトの挙動をカスタマイズする - Proxyオブジェクト
 コレクション関連のオブジェクトを標準で提供 - Map/Setなど
  キー/値のセットを管理するマップ
  一意な値の集合を管理するセット
 Unicode対応の改善
  for...of構文でもサロゲートペアを認識
  Unicodeエスケープシーケンスが拡張
  サロゲートペアからコードポイントを取得/設定も可能に
  JSON.stringifyで不正な形式のUnicode文字列を除外する[2019]
 表現力が向上したRegExpオブジェクト
  Unicode文字列を処理するuフラグ
  特定の位置でマッチングを試みるyフラグ
  「.」が改行を含めたすべての文字にマッチするsフラグ[2018]
  ひらがな/カタカナなど特定の文字種を取得する「Unicodeプロパティエスケープ」[2018]
  部分パターンを命名する「名前付きキャプチャグループ」[2018]
  (1)後方参照
  (2)replaceメソッド
  肯定後読みと否定後読み[2018]
 String/Array/Math/Objectなど組み込みオブジェクトのメソッドも拡充
  Stringオブジェクト
  Arrayオブジェクト
  Mathオブジェクト
  Numberオブジェクト
  Objectオブジェクト

Part5:オブジェクト指向構文
 オブジェクトリテラルをよりシンプルに表現する
  変数を同名のプロパティに設定する
  メソッドを定義する
  プロパティ名を動的に生成できる
 クラスを定義する - class命令
  匿名クラス(リテラル表現)も利用できる
  静的メソッドを定義する - static修飾子
  getter/setterも利用できる
  既存のクラスを継承する - extendsキーワード
 列挙可能なオブジェクトを定義する - イテレーター
  イテレーターを実装したクラスの準備
 列挙可能なオブジェクトをより簡単に実装する - ジェネレーター
  カウントダウンするジェネレーター
  非同期処理を伴うイテレーターを定義する[2018]
 アプリを機能単位にまとめる - モジュール
  ブラウザー環境でモジュールを利用する
  モジュールの内容をまるごとインポートする
  デフォルトのエクスポートを宣言する

Part6 :トランスコンパイラーBabel
 コマンド経由で変換する
 簡易インタプリターを利用する

【著者プロフィール】
山田 祥寛(やまだ よしひろ)
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGS プロジェクト」の代表でもある。主な著書に「速習Kotlin」「速習React」「速習webpack」「速習Vue.js」「速習ASP.NET Core」「速習TypeScript」(WINGSプロジェクト・Kindle版)、「改訂新版JavaScript本格入門」「Angularアプリケーションプログラミング」(技術評論社)、「独習Java 新版」「独習C# 新版」「独習PHP 第3版」(翔泳社)、「はじめてのAndroidアプリ開発 第3版」(秀和システム)など。
https://www.wings.msn.to/

↓全て表示↑少なく表示
 
  

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy JavaScriptおすすめ講座」

UdemyではJavaScriptを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、JavaScriptの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

学習コース評価
(4.5)
総評価数 1874件


受講者 0人
無料講座
(0)
総評価数 0件
(4.4)
総評価数 305件
【世界で3万人が受講】JavaScriptエンジニアのためのES6完全ガイド...
発売日 2018/03/29
受講者 4,550人
通常 9,600円
新規 1,820円
(4.5)
総評価数 785件
実例でわかる JavaScript 初心者講座
発売日 2015/10/29
受講者 6,781人
通常 10,200円
新規 1,960円
(4.1)
総評価数 921件
(4.5)
総評価数 4780件

 

関連:TypeScript、Vue.js、React、Angularも学ぼう

JavaScriptを学んだら、JS最近の開発で主流となりつつあるTypeScriptでの開発や、今人気のフレームワーク「Vue.js」「React」「Angular」も学ぶと応用の幅が広がります。

以下で同様に人気・おすすめの参考書を紹介しているので覗いてみてください。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました