【2021年最新】Google Apps Script(GAS)の本「人気・高評価おすすめの15冊」

こちらでは、Google Apps Script(GAS)に関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 



Contents

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Google Apps Script(GAS)の本 人気・売れ筋の10冊

以下が「Google Apps Script(GAS)の本」人気・売れ筋の10冊詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
詳解! Google Apps Script完全入門[第2版] ~GoogleアプリケーションとGoogle Workspaceの最新プログ...
発売日 2020/12/01
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,317円 (+23pt)
(4.1)
総評価数 17件
2
(3.6)
総評価数 3件
3
(3.9)
総評価数 13件
4
(2.4)
総評価数 2件
5
(3.3)
総評価数 4件
6
Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き
発売日 2021/01/12
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,574円 (+26pt)
(3.5)
総評価数 14件
7
(4.1)
総評価数 81件
8
(3)
総評価数 1件
9
できる 仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理 全部入り。 全部入り。シリーズ...
発売日 2020/11/20
通常    2,530円
単行本   2,530円 (+25pt)
Kindle   2,277円 (+23pt)
(3.5)
総評価数 4件
10
(5)
総評価数 1件
 

詳解! Google Apps Script完全入門[第2版] ~GoogleアプリケーションとGoogle Works...

今や私たちの仕事や生活に無くてはならない存在になったGoogleサービス。これらGoogleサービスの自動化や連携を行うことで、大幅な効率化が図れます。そして、それを可能にするのがGoogle Apps Script(GAS)です。

スプレッドシートで表や帳票を作る、Gmail で通知メッセージを送る、ドライブのフォルダやファイルを整理する、カレンダーのイベントを登録する、ドキュメントで議事録のひな形を作り翻訳もする…このようなことがプログラミングできるのです。

誰もが無料で利用できるGASですが、「知識」と「技術」の習得が不可欠です。
GASの構造や仕組み、プログラミングの構文、ルールや制約など、多くの知識とそれを実現するスキルが必要になり、多くの学習時間を要します。
本書は、入門からその達成までの努力の道のりを、以下のような流れを経て、ピタリと伴走してくれる一冊となるべく作られています。

●第1-2章<: br> GASを学び始めるため準備です。広大なGASの世界に進むための備えとなる知識を学びます。
●第3-7章<: br> GASのベースとなるJavaScriptについて、最初の一歩からオブジェクトの仕組みまでを丁寧に解説しています。
V8ランタイムサポートに対応しており、最新の構文や命令を含めた「GAS のためのJavaScript」を網羅的に学べます。
●第8-15章<: br> スプレッドシート、Gmail、ドライブ等の各サービスについて、実際にGoogle Appsの操作をします。
様々なアイデアを実現するためのプログラミングを通じて、知識とスキルを身につけます。
●第16-23章<: br> 全てのGoogleサービスについて横断的に活用できるノウハウを紹介しています。
各サービスの操作と組み合わせることで、その可能性が更に拡がります。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
勤務先がG Suiteの有料プランに加入しているため、業務改善のためにGASを使えるようになりたいと思い購入しました(今年のお正月の巣ごもり用に)。
会社の研修でPythonをなんとなく触れるようになった程度の知識ですが、非常にわかりやすかったです。
Pythonのときによく理解できていなかった配列の操作もわかりやすく記載されており、Pythonを学んでいたときには実現不可能だったこともできるようになりました。

GAS自体の入門ハードルが低いこともあり、プログラミングの入門に最適と思います。
唯一、スマホやタブレット版のスプレッドシート等ではスクリプトエディタが開けないのでGASがさわれませんが、PCを持っていなくても安価なChromebookを購入すれば学習ができる点もいいと思います。
同じオブジェクト指向ということもあり、GASを勉強したことでPythonの理解も深まったと思いますので、個人的には一石二鳥でした。

プログラミングに興味はあるけどハードルが高いと感じている方にはおすすめの一冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
しっかりとした入門書兼マニュアルだと思います。一方でとりあえずどういう風に使えば便利という活用法や応用できる事例集があればいいという人にはきちんとしすぎてるかも。GASを勉強したいなら手元にあっていい一冊だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

仕事で使える!Google Apps Script (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing))

【G Suiteでの業務を、Google Apps Script(GAS)で自動化して業務効率アップ!】

本書はGoogleのオフィススイートG Suite(旧Google Apps)での業務を自動化できるスクリプト「Google Apps Script(GAS)」のチュートリアルガイドです。GASの基本的な使い方の説明はもちろん、機材の貸出申請フォームやタイムカードのグラフ化、業務のWebアプリ化、セキュリティや担当者退職時の対処法など実際の仕事の内容に沿ってサンプルスクリプトを掲載しながら解説しています。この1冊でオフィスの業務を効率化・スピードアップしましょう!
【目次】
第1章 Google Apps Script概要
Google Apps Script とは?
Google Apps Script の基礎
開発環境
リファレンスの読み方
第2章 Hello,GAS!
カスタム関数でHELLO_WORLD
フォーム送信時に確認メールを送信する
ブログ情報をメールで配信する
第3章 Exercise-1
検証端末貸出申請フォームの改良
Web アプリケーションの作成-タイムカードを作成する
Advanced Google Servicesを利用する-AdminReport
Advanced Google Servicesを利用する-AdminDirectory
Advanced Google Servicesを使う-Google Analytics との連動
第4章 Exercise-2
タイムカードにグラフを追加する
Chrome ウェブストアを利用し、ドメイン内にWeb アプリケーションを公開する
ライブラリを利用/作成する
アドオンを作成する
実装内容
Apps Script Execution API を使う
第5章 企業でGASを利用する際の注意点
セキュリティ
退職や移動時の対応

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
まじでGASを使いこなせると無料で利用できるGoogle系のアプリの効用が格段に上がる。
それを基礎から難しい応用まだ書いた一冊。

様々なWebサイトにもいろいろな知識や情報が記載されており、
その中の一冊として用いればよいのではないか。
応用は結構難しいので、拒絶反応をおこすひともいるんではないか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

サーバーレスでお手軽自動化!Google Apps Script活用入門 2018年最新改訂版 (技術の泉シリーズ(Ne...

【コピペでお手軽自動化!Google Apps Scriptの初歩から活用までをサクッと紹介!2018年最新改訂版!】

GmailやGoogleドライブ、Googleスプレッドシートなどを使って身の回りの作業を簡単に自動化できるGoogle Apps Script(GAS)の活用入門書です。GASの使い方から簡単なスクリプト、少し高度な使い方まで豊富なソースコードを多数収録。様々な作業を自動化・効率化するためのノウハウをわかりやすく紹介しています。Googleの各種サービスのバージョンアップに対応した最新改訂版です。
【目次】
第1章 Google Apps Scriptを始めよう
 Google Apps Scriptでできること
 開発の準備をしよう
 Hello World! on Google Apps Script
第2章 GAS特有の機能を覚えよう
 GASで扱えるGoogleの11サービス
 外部ドメインにアクセスしてみよう
 GASの豊富な実行トリガー
第3章 よく使う処理を試してみよう
 変数の状態を確認する
 Googleスプレッドシートの操作
 Gmailの操作
 Googleドキュメントの操作
 Googleフォームからの起動・値の取得
 GETやPOSTの受け取り
 外部JSON(XML)の取得
 ライブラリのインポート
 Twitterとの通信
 Slackとの通信
第4章 様々な方法で自動化してみよう
 事例1 メールで天気予報
 事例2 議事録の自動生成
 事例3 画像の一括処理
 事例4 Twitterタイムラインの監視

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Googleを自動化できるのですが、GoogleAppは来年終了!? そんな噂を聞きました(2020/1/17)。実際はどうなんだろ... (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
エラーがありましたが、問い合わせをしたら返信があり、無事解決できました。
画像の形式変換・リサイズが一括で処理できるのはとても便利ですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Google Apps Scriptパーフェクトガイド: Google Apps Scriptを完全マスターせよ! PE...

Google Apps Scriptは、Googleが提供する「サーバーサイドプログラミング環境」です。これは、GoogleスプレッドシートやGmailなどをプログラムで操作するマクロ的な利用から、本格的なWebアプリケーション構築まで、幅広い利用が可能な奥の深い技術なのです。

この広大な世界を理解するために、libroブックスではこれまで2冊の本を刊行してきました。

「Google Apps Scriptビギナーズガイド」
Google Apps Scriptの使い方を基礎から説明する入門書です。Googleスプレッドシート、Googleフォーム、Gmail、Googleコンタクト、Googleカレンダー、Googleドキュメントといった、Googleが提供する重要なサービスをGoogle Apps Scriptから操作する基本について説明しています。

「Google Apps Scriptステップアップガイド」
Google Apps ScriptによるWebアプリケーション構築のための知識とテクニックを一冊にまとめた解説書です。HttpServiceによるWebアプリケーション作成、Google Cloud SQLを使ったSQLデータベースの利用、BigQueryによる巨大データベース・アクセス、Chartsによるデータのチャート化、UrlFetchとXmlServiceによるサイトデータ利用、Google Mapsによるさまざまなマップデータ作成などを開設します。

これらをまとめて手に入れたい!という方のために用意したのが本書です。

本書は、上記2冊の合本です。2冊の本を1冊にまとめたものであり、内容的には上記2冊と同じものになります。既にこれらをお持ちの方は、本書を購入される必要はありません。

どちらもまだ持っておらず、「2冊まとめて読みたい!」という方は、どうぞ本書をご利用下さい。

(※まえがきより)


※本書は、入門ドキュメントサイトlibro(http://libro.tuyano.com)の掲載記事を元に図版などを追加、最新バージョンに合わせて加筆修正したものです。

※著者について
掌田津耶乃(しょうだつやの)。日本初のMac専門月刊誌「Mac+」の頃から主にMac系雑誌に寄稿する。ハイパーカードの登場により「ビギナーのためのプログラミング」に開眼。以後、Mac、Windows、Web、Android、iOSとあらゆるプラットフォームのプログラミングビギナーに向けた書籍を執筆し続ける。(著者プロフィールより)

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
電子書籍なのでページ数で指摘できないんですが70%のところ
①データベースの指定――"jdbc:google:rdbms://インスタンスID/データベース"
②"jdbc.google:rdbms://abcdefg/mydata"
③var dbUrl = 'jdbc:google:rdbms:' + projId + '/' + db;
と、表記が揺れまくってます。
ピリオドなの?コロンなの?
途中の「//」は必要なの?いらないの?
mydataなの?MyDataでいいの?
インスタンスIDって本当にプロジェクトIDのことでいいの?
ネットで調べたら今度はrdbmsは使えなくなるからmysqlに書き換えろと指示されるし
で、しまいにそれらの組み合わせを全部試しても動かない。
いったい何が悪いのか・・・
ここは「これができたら8割方出来たも同然」と作者も言うほど最重要ポイント。
なにをどうやってもエラーしか返って来ず、完全に迷子状態です。

追記
https://developers.google.com/apps-script/guides/jdbc
後日ここを見て気合で何とかつなげました。
改めてこの本を見返してみると、出てくるGCPも一昔前のものだし、改訂しなければ読むのは避けた方がいいと思います。特に不慣れな人は。

追記2
とはいえ、それまでの内容は決して悪くないと思い直し星数上げました。
ただGASの課金ゾーンに入った途端にこの理解不明な誤植だったので「おい、動かなかったらどうしてくれまんねん!(変な関西弁)」と焦った次第です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
技術本に言い回しは関係ないのかもしれませんが、この著者の技術本には、常に上から目線の一言が必ず挿入されています。「見ればわかると思いますが」などなど…。この程度の技術本は他にも山ほど出版されているので、嫌な思いをするくらいなら著者で篩に掛け、読まないに越したことはありません。どれだけの有名人かは承知の上ですが、時間は有限なのでね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Apps Scriptビギナーズガイド: Googleをプログラミングせよ! PRIMERシリーズ (li...

(※2016-10-01 最新情報にあわせて改訂しました)

「グーグルを、プログラミングせよ!」
今や、「Googleがないと暮らせない」とまで浸透したGoogleの各種サービス。これらは、実は自分でプログラミングして自動化できるって知っていましたか? あらゆるGoogleサービスを統合するサーバサイドプログラミング言語、それが「Google Apps Script」です。さあ、君もGoogle Apps Scriptをマスターして、Googleサービスを自在にプログラミングしよう!

※「更に本格的に使いたい!」という方には、「Google Apps Scriptステップアップガイド」(libroブックス)もあります。


<目 次>
1. Google Apps Scriptの基本を覚える
Google Apps Scriptって、なに?
GASはスプレッドシート専用ではない!
スクリプトエディタを使おう
<ツール>メニューを覚えよう

2. Google Apps Scriptの基本を覚えよう
スクリプトを動かそう!
Browserオブジェクトを使ってみよう!
Browser.msgBoxについて
「はい」「いいえ」ボタンを使う
入力フィールドを使う
プロジェクトについて

3. スプレッドシート利用の基本
スプレッドシート、シート、レンジ、セル
オブジェクト取得の基本
Rangeの値を操作する
選択されたRangeの操作
セルのプロパティを操作する
フォーマットとフォーミュラ(式)

4. スクリプトの実行とイベントハンドラ
グラフィックボタンでスクリプトを実行する
グラフィックをクリックして実行しよう
イベントハンドラとトリガー
インストーラブル・イベントハンドラとトリガー
トリガーを作成する
タイマーイベントについて
メニューを作る

5. フォームとFormApp
フォームの利用
質問のアイテムについて
フォーム利用の仕組み
送信されたフォームの情報
フォームが送信されたらメールで知らせる
e.namedValuesとMailApp
FormAppについて
フォームの回答を集計する
質問・回答の情報の取得
Formオブジェクトを生成する
Formに質問を作成する
新・フォーム送信時の自動処理

6. Gmailにアクセスする
Gmail利用に必要なオブジェクト
トレイにあるスレッドの取得
スレッドの操作
GmailThreadオブジェクトについて
GmailMessageオブジェクトについて
メッセージの送信とリプライ
GmailLabelオブジェクトについて

7. Googleコンタクトにアクセスする
Googleコンタクト利用のための基本オブジェクト
ContactsAppとContactGroup/Contact
ContactGroup/Contactの情報を得る
さまざまなフィールドの利用
ContactGroup/Contactの作成・削除

8. Googleカレンダーにアクセスする
Googleカレンダー用オブジェクトについて
CalendarAppとCalendar
イベントとCalendarEventについて
CalendarEventの主なメソッド
カレンダーとイベントの作成・削除
繰り返しイベントとRecurrence
Recurrenceオブジェクトについて

9. Googleドキュメントにアクセスする
Googleドキュメントの基本オブジェクト
DocumentAppの基本
Documentの基本
DocumentオブジェクトとParagraph
Paragraphオブジェクトの基本
パラグラフ内のテキスト取得とText
Textオブジェクトの基本
TextとTextElement
テーブルとTableオブジェクト


※本書は、入門ドキュメントサイトlibro(http://libro.tuyano.com)の掲載記事を元に図版などを追加、最新バージョンに合わせて加筆修正したものです。

※著者について
掌田津耶乃(しょうだつやの)。日本初のMac専門月刊誌「Mac+」の頃から主にMac系雑誌に寄稿する。ハイパーカードの登場により「ビギナーのためのプログラミング」に開眼。以後、Mac、Windows、Web、Android、iOSとあらゆるプラットフォームのプログラミングビギナーに向けた書籍を執筆し続ける。(著者プロフィールより)

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
gasをはじめて扱う人だけでなく、普段プログラミング言語にあまり触れていない人でも取っつきやすくてよいと思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
クラウド環境で使えるシンプルで強力なサーバーサイドスクリプトの初学者向けの内容です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き

Excelのマクロに似たスクリプトを書くと、Gmailやスプレッドシートなどのサービスをさらに効率的に使えるようになります。本書は、中級者向けに実務での利用頻度が高い「スプレッドシート」を使いこなすために必要な、Google Apps Script(GAS)の各種サービスや機能を「こんなことをするには?」という目的別に解説した逆引きリファレンスです。クラス名やメソッド名でも引けるので、上級者にも便利です。新実行環境仕様「V8」に対応。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Google Apps Scriptは書籍自体少ない中、この本には業務で使えそうなリファレンス、サンプルコードが掲載されています。注意点はリファレンスのパートの理解が前提となっているようで、サンプルコードの解説はかなり省略されています。おそらくリファレンスのパートを理解してから、サンプルコードを確認するのが良いように感じます。また、中~上級向けとありますが、エディタの動かし方などの基本的な解説パートもあるので、ある程度不安があっても問題ないように思います。この手の情報を探している人にとっては、ボリューム、内容から考えて価格も妥当ではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
GoogleAppsScriptの専門書2冊目の購入。
こちらはV8にも対応しているのと、「何を実現したいか」の目的別に書かれているので実用的で非常にわかりやすい。具体的な業務の課題が明記されていて、それを解決するサンプルコード例が載っている点も魅力的。業務の効率化が求められる中で、社内で周りの人と差をつけることができそうだと思った。専門書なので厚みはあるが、小さ目サイズなので手に取って読みやすく、持ち運びしやすいのも嬉しいポイント。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き
発売日 2021/01/12
通常 2,860円
現在 2,574円
286円(10%)OFF!!

  

詳解! Google Apps Script完全入門 ~Google Apps & G Suiteの最新プログラミングガ...

Gmail、Googleドライブ、カレンダー、ドキュメント、スプレッドシート、翻訳などのGoogle社が無料で提供するサービスの総称がG Suiteです。Google Apps Script(GAS)を使うことで、G Suiteの作業を自動化し、各種サービスを連携させることができます。本書は、Google Apps Scriptの完全入門書として、JavaScriptの基本から自作ライブラリまでを徹底解説しました。これ一冊だけで基礎から実践まで体系的にマスターできます!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
■購入の動機
会社の事務作業の業務効率化のため、GASを利用し始めたので、入門知識を一通り知っておきたいと思い購入しました。

■内容
・GASの初歩的な知識から、GASのもととなっているコードであるJavaScriptの基礎知識、実践的な内容という流れとなっています。
・GASを本格的に使いこなすために、基本的なところから一通り把握し、困ったときに参照できるテキストが欲しいと思っている方に向いています
・一方、GASは初めてだけどJavaScriptの知識がある人は冗長に感じてしまう可能性があります。そういう人はQuitaなどのナレッジに直接当たる方が良さそうです
・また、どう動くかはともかく、自分がやりたいことをやるためのサンプルコードを集めたい人についても、ネットを検索して様々な便利コードを探してみる方が役に立つかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ExcelVBAのさわりくらいしかわかりませんでしたし、GoogleAppsScriptに苦手意識があったので、なかなか手に付かなったのですが、Googleスプレッドシートを使う必要があったので、購入しました。
呼んだ結果、実は苦手に思うことはなく、簡単に思えました。
基本から、実際の導入例を想定した説明がとても分かりやすかったです。
実際のソースコードはまだ操作していませんが、Googleでドキュメントやスプレッドシートを使った自動化をする度に必ず読んでアイデアのヒントにしたい本です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Google Apps Scriptステップアップガイド: GASでWebアプリケーションを構築せよ! STEPUPシリ...

「Google Apps Scriptで、Webアプリケーションを構築せよ!」

Google Apps Scriptは、Googleのマクロだ。――そんな固定概念にとらわれ、GASを本格活用できないでいるあなた。その考えは「間違い」です。

Google Apps Scriptは、Googleが提供する「サーバーサイドプログラミング環境」です。

Google Apps Scriptを使えば、本格的なWebアプリケーションが誰でも(ほぼ)無料で開発できます。HTMLテンプレートを使って高度なWeb表現も可能なのです。

データベースがない? いえいえ、Google Cloud SQLでMySQLが普通に使えます。

大量のデータ検索で速度が心配? BigQueryを使えばテラバイト、ペタバイトのデータ検索も瞬く間に行えます。

データのビジュアル化が面倒? Chartsを使えばデータのチャート化も思いのまま。

GPSやマップ情報が必要? Google Maps APIで衛星写真からルート情報やピンをカスタマイズしたマップイメージまで自在に作れます。

これらの機能はすべてGoogle Apps Scriptから自由に使える、って知っていましたか? これらを駆使してWebアプリケーションを開発する。Google Apps Scriptなら、それが可能です。ビジネスのWeb化を考えているあなた。「Google Apps Script」という選択肢はいかがですか?

(※本書は、既にGoogle Apps Scriptの基礎を理解している読者を想定しています。「Google Apps Scriptを基礎から学びたい!」という方は、liboブックス既刊「Google Apps Scriptビギナーズガイド」をご利用下さい)


<<目 次>>
1. Webアプリケーションの作成
「Webアプリケーション」がカギだ!
Webアプリケーションの利点
Webアプリケーションに必要なもの
Googleドライブのスクリプト
HTMLファイル
Html Serviceの用意
スクリプトを作成しよう
メニューが見つからない!
Webアプリのスクリプトを書こう!
doGet関数について
Webアプリケーションとして公開する
バージョン管理について
ウェブアプリケーションとして導入

2. HtmlServiceの基本を覚える
HtmlServiceとは?
createHtmlOutputについて
HTMLファイルを作成する
doGetを修正する
createHtmlOutputFromFileについて
テンプレートHTMLとタグ
テンプレートを作成する
タグの利用
setTitleについて
スクリプトレットを使おう
データを一覧表示する
スプレッドシートのデータを表示する
スクリプト/テンプレートを作成

3. Webアプリケーションを極める!
フォームの利用は大変?
google.script.run.withSuccessHandlerについて
簡易メッセージボードを作ろう
サーバーとのやりとりの手順
複数ページのダイナミックロード
ContentServiceを使ったデータ取得
テキストベースのWebアプリケーションの場合

4. Google Cloud SQLの利用
Google Cloud SQLとは?
Google Cloud SQLをONにする
Cloud SQL APIをONにする
チャージについて
Cloud SQLでインスタンスを作成する
インスタンスの作成
データベースの準備

5. JdbcでCloud SQLにアクセスする
JdbcによるCloud SQLアクセスの基本
データベースへの接続の流れ
接続を試してみる
テーブルを作成する
レコードを保存する
テーブルのレコードをすべて取得する
JdbcPrepareStatementでレコードを追加する
WebアプリからCloud SQLを利用する
処理の流れを整理する

6. BigQueryによるデータベース
BigQueryとは?
BigQueryを作成する
BigQueryを開く
データセットの作成
テーブルの作成
クエリーエディタでテーブルを表示
BigQuery APIをONにする

7. BigQueryをスクリプトで操作する
BigQueryでテーブル情報を得る
テーブルの全レコードを得る
TableDataListについて
クエリーを使って検索する
テーブルの生成
Tableオブジェクトの生成
テーブルを作成する
Table生成の別のやり方
レコードを保存する
TableDataInsertAllRequstの構造
TableDataInsertAllRequstをダイナミックに生成

8. DataTableとChart
データテーブルとチャート
Webアプリケーションでチャートを表示する
chartからイメージを作成する
サンドボックスモードについて
DataTableの作成
ColumnChartBuilderによる棒グラフの作成
円グラフを作る
各種チャートの利用
チャートの更なる利用
Googleドライブに保存する
Gmailに添付する

9. UrlFetchとXmlデータの利用
UrlFetchによるサイトデータの取得
UrlFetchAppでPOSTアクセスする
HTTPResponseオブジェクトについて
Xmlデータの扱い

10. Googleマップの利用
GoogleマップとMapsオブジェクト
StaticMapオブジェクトの設定
静止画マップを作成して画面に表示する
Geoコーダーを利用する
Geocodeオブジェクトの構造
マップにマーカーやパスを追加する
ルート検索を利用する
ルートマップを表示する


※本書は、入門ドキュメントサイトlibro(http://libro.tuyano.com)の掲載記事を元に新たな書きおろしや説明図版などを追加、最新バージョンに合わせて加筆修正したものです。

※著者について
掌田津耶乃(しょうだつやの)。日本初のMac専門月刊誌「Mac+」の頃から主にMac系雑誌に寄稿する。ハイパーカードの登場により「ビギナーのためのプログラミング」に開眼。以後、Mac、Windows、Web、Android、iOSとあらゆるプラットフォームのプログラミングビギナーに向けた書籍を執筆し続ける。(著者プロフィールより)

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
2016年版のGoogle Apps Script、及び開発環境に対応している日本語書籍は他に無いので、唯一の入門書として最初に購入しておきたい本だと思います。
丁寧なチュートリアルとスクリーンショットによる画像付きの解説に従って、少しずつ使い方を学べるようになっており、基本的な知識と簡単なWebアプリを作って公開するまでを教えてくれるのでありがたいです。
1つだけ注意が必要なのは、4章〜7章に渡り解説されている「Google Cloud SQL」「BigQuery」に関しては、クレジットカード登録が必要なタイプの「Google開発環境」を利用する点です。
個人的にはちょっと抵抗があったので、それ以外の章を重点的に勉強させてもらいました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

できる 仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理 全部入り。 全部入り。シリーズ

Googleアプリを思い通りに自動化しよう!

本書は、「Google Apps ScriptによるGoogleアプリの自動化」を集大成した一冊です。おもに、業務でよく使うスプレッドシートの操作を例に、シートやセルの自動処理化、ドライブとの連携といった基本を徹底解説。最終的には「出退勤記録プログラム」「スケジュール管理プログラム」をWebアプリとして作成します。また、「全部入り。」の構成を取るため、Gmail、カレンダー、ドキュメントなど、その他のGoogleアプリの操作も盛り込みます。

様々なニーズを想定した自動処理プログラムのサンプルが多数。ビジネスの現場で、アプリ開発の現場で役に立つ情報が満載です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Webデータ自動メール通知アプリを作ってみよう!: Google Apps Scriptで簡単、手軽にスクレイピング

本書はGoogle Apps Script (通称GAS) を使ったスクレイピングの本です。具体的には、Webサイトから必要なデータを抽出し、メール通知させる方法について説明しています。プログラミング未経験者にも習得できるよう、必要最低限のプログラミングについての説明もあります。また、定期的かつ自動的にメール通知できるよう、スクリプトトリガーの設定についてもカバーしています。使えるようになれば日常生活や仕事、ビジネスの面でも活用できると思います。お役に立てれば幸いです。

目次
はじめに
1.GAS基本解説
1-1.スクリプトエディター画面を開く
1-1-1.スプレッドシートからスクリプトエディター画面を開く
1-1-2.アプリからスクリプトエディター画面を開く
1-2.最初のプログラム
1-3.変数と型
1-4.変数の上書き
1-5.文字列の連結
1-6.「”」を文字列として扱うには
1-7.配列
1-8. splitメソッド
1-9.繰り返し
1-10.条件分岐
1-11.コメントアウト
Chapter2. HTMLタグ基本解説
2-1. HTMLタグについて
2-2. aタグ
2-3. tableタグ
2-4. ulタグ
2-5. brタグ
Chapter3. MailAppクラス
Chapter4.スクリプトトリガー
Chapter5.具体例
5-1.ヤフー天気予報
5-1-2.雨情報が含まれている場合にのみ、メールを知らせる
5-2.食べログ
5-3.アマゾン
Chapter6.限界
あとがき

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Webメール自動通知に特化しているため、
覚えることは多くなく、前の章でやったプログラムが次の章のベースになる形で非常に進めやすかったです。
久しぶりにKindle Unlimitedをやってて得したと思いました。

2020/3/31現在、食べログとAmazon売れ筋本ランキングだけ、
htmlタグ付けが新しくなっており少しタグの書き換えが必要でしたが、
これは刊行後にタグ付けが変わったと思われます。

一応私の方で問題なかったコードを記述しておきます。
ほぼ初心者ですので、間違っていてもご容赦ください。
▼食べログ(9行目)
var list =content.split("<h4 class=\"list-rst__rst-name\">");

▼Amazon売れ筋本ランキング(9行目)
var list =content.split("<span class=\"aok-inline-block zg-item\"><a class=\"a-link-normal\" target=\"_blank\" href=\"");

▼Amazon売れ筋本ランキング(18行目)
html += i + "位:" + "<a class=\"a-link-normal\" target=\"_blank\" href=\"https://www.amazon.co.jp/" + book_info + "
";} (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

Google Apps Script(GAS)の本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「Google Apps Script(GAS)の本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.1)
総評価数 81件
2
詳解! Google Apps Script完全入門[第2版] ~GoogleアプリケーションとGoogle Workspaceの最新プログ...
発売日 2020/12/01
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,317円 (+23pt)
(4.1)
総評価数 17件
3
(3.9)
総評価数 13件
4
Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2021/01/12
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+26pt)
Kindle   2,376円 (+24pt)
(3.8)
総評価数 6件
5
Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き
発売日 2021/01/12
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,574円 (+26pt)
(3.5)
総評価数 14件
 

詳解! Google Apps Script完全入門 ~Google Apps & G Suiteの最新プログラミングガ...

Gmail、Googleドライブ、カレンダー、ドキュメント、スプレッドシート、翻訳などのGoogle社が無料で提供するサービスの総称がG Suiteです。Google Apps Script(GAS)を使うことで、G Suiteの作業を自動化し、各種サービスを連携させることができます。本書は、Google Apps Scriptの完全入門書として、JavaScriptの基本から自作ライブラリまでを徹底解説しました。これ一冊だけで基礎から実践まで体系的にマスターできます!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
■購入の動機
会社の事務作業の業務効率化のため、GASを利用し始めたので、入門知識を一通り知っておきたいと思い購入しました。

■内容
・GASの初歩的な知識から、GASのもととなっているコードであるJavaScriptの基礎知識、実践的な内容という流れとなっています。
・GASを本格的に使いこなすために、基本的なところから一通り把握し、困ったときに参照できるテキストが欲しいと思っている方に向いています
・一方、GASは初めてだけどJavaScriptの知識がある人は冗長に感じてしまう可能性があります。そういう人はQuitaなどのナレッジに直接当たる方が良さそうです
・また、どう動くかはともかく、自分がやりたいことをやるためのサンプルコードを集めたい人についても、ネットを検索して様々な便利コードを探してみる方が役に立つかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ExcelVBAのさわりくらいしかわかりませんでしたし、GoogleAppsScriptに苦手意識があったので、なかなか手に付かなったのですが、Googleスプレッドシートを使う必要があったので、購入しました。
呼んだ結果、実は苦手に思うことはなく、簡単に思えました。
基本から、実際の導入例を想定した説明がとても分かりやすかったです。
実際のソースコードはまだ操作していませんが、Googleでドキュメントやスプレッドシートを使った自動化をする度に必ず読んでアイデアのヒントにしたい本です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

詳解! Google Apps Script完全入門[第2版] ~GoogleアプリケーションとGoogle Works...

今や私たちの仕事や生活に無くてはならない存在になったGoogleサービス。これらGoogleサービスの自動化や連携を行うことで、大幅な効率化が図れます。そして、それを可能にするのがGoogle Apps Script(GAS)です。

スプレッドシートで表や帳票を作る、Gmail で通知メッセージを送る、ドライブのフォルダやファイルを整理する、カレンダーのイベントを登録する、ドキュメントで議事録のひな形を作り翻訳もする…このようなことがプログラミングできるのです。

誰もが無料で利用できるGASですが、「知識」と「技術」の習得が不可欠です。
GASの構造や仕組み、プログラミングの構文、ルールや制約など、多くの知識とそれを実現するスキルが必要になり、多くの学習時間を要します。
本書は、入門からその達成までの努力の道のりを、以下のような流れを経て、ピタリと伴走してくれる一冊となるべく作られています。

●第1-2章<: br> GASを学び始めるため準備です。広大なGASの世界に進むための備えとなる知識を学びます。
●第3-7章<: br> GASのベースとなるJavaScriptについて、最初の一歩からオブジェクトの仕組みまでを丁寧に解説しています。
V8ランタイムサポートに対応しており、最新の構文や命令を含めた「GAS のためのJavaScript」を網羅的に学べます。
●第8-15章<: br> スプレッドシート、Gmail、ドライブ等の各サービスについて、実際にGoogle Appsの操作をします。
様々なアイデアを実現するためのプログラミングを通じて、知識とスキルを身につけます。
●第16-23章<: br> 全てのGoogleサービスについて横断的に活用できるノウハウを紹介しています。
各サービスの操作と組み合わせることで、その可能性が更に拡がります。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
勤務先がG Suiteの有料プランに加入しているため、業務改善のためにGASを使えるようになりたいと思い購入しました(今年のお正月の巣ごもり用に)。
会社の研修でPythonをなんとなく触れるようになった程度の知識ですが、非常にわかりやすかったです。
Pythonのときによく理解できていなかった配列の操作もわかりやすく記載されており、Pythonを学んでいたときには実現不可能だったこともできるようになりました。

GAS自体の入門ハードルが低いこともあり、プログラミングの入門に最適と思います。
唯一、スマホやタブレット版のスプレッドシート等ではスクリプトエディタが開けないのでGASがさわれませんが、PCを持っていなくても安価なChromebookを購入すれば学習ができる点もいいと思います。
同じオブジェクト指向ということもあり、GASを勉強したことでPythonの理解も深まったと思いますので、個人的には一石二鳥でした。

プログラミングに興味はあるけどハードルが高いと感じている方にはおすすめの一冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
しっかりとした入門書兼マニュアルだと思います。一方でとりあえずどういう風に使えば便利という活用法や応用できる事例集があればいいという人にはきちんとしすぎてるかも。GASを勉強したいなら手元にあっていい一冊だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

サーバーレスでお手軽自動化!Google Apps Script活用入門 2018年最新改訂版 (技術の泉シリーズ(Ne...

【コピペでお手軽自動化!Google Apps Scriptの初歩から活用までをサクッと紹介!2018年最新改訂版!】

GmailやGoogleドライブ、Googleスプレッドシートなどを使って身の回りの作業を簡単に自動化できるGoogle Apps Script(GAS)の活用入門書です。GASの使い方から簡単なスクリプト、少し高度な使い方まで豊富なソースコードを多数収録。様々な作業を自動化・効率化するためのノウハウをわかりやすく紹介しています。Googleの各種サービスのバージョンアップに対応した最新改訂版です。
【目次】
第1章 Google Apps Scriptを始めよう
 Google Apps Scriptでできること
 開発の準備をしよう
 Hello World! on Google Apps Script
第2章 GAS特有の機能を覚えよう
 GASで扱えるGoogleの11サービス
 外部ドメインにアクセスしてみよう
 GASの豊富な実行トリガー
第3章 よく使う処理を試してみよう
 変数の状態を確認する
 Googleスプレッドシートの操作
 Gmailの操作
 Googleドキュメントの操作
 Googleフォームからの起動・値の取得
 GETやPOSTの受け取り
 外部JSON(XML)の取得
 ライブラリのインポート
 Twitterとの通信
 Slackとの通信
第4章 様々な方法で自動化してみよう
 事例1 メールで天気予報
 事例2 議事録の自動生成
 事例3 画像の一括処理
 事例4 Twitterタイムラインの監視

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Googleを自動化できるのですが、GoogleAppは来年終了!? そんな噂を聞きました(2020/1/17)。実際はどうなんだろ... (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
エラーがありましたが、問い合わせをしたら返信があり、無事解決できました。
画像の形式変換・リサイズが一括で処理できるのはとても便利ですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本

Google Apps Script(GAS)を使って仕事を無料で自動化したい! そんな方は難しく考える前に、とにかくGASを使ってみましょう。本書は、Google Apps Script(GAS)やプログラミングがはじめての方でも、仕事を自動化する仕組みを作れる入門書です。Gmail、Googleドライブ、Googleフォーム、Googleスプレッドシート、Googleドキュメント、さらにはChatworkやSlackといった外部サービスと連携するサンプルスクリプトを紹介します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
サンプルスクリプトについてくるチャットBOTの実用性が高く、
これだけでかなりお得だと思いました。
よく受ける質問の答えを記録しておくと自動で回答してくれるBOTがとても便利です。

勉強するにあたりいくつか他の書籍も購入していたのですが
この本が1番わかりやすかったです。
基本的な仕組みから実践まで楽しみながら読めました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Googleスプレッドシートに取組みたいと思い取寄せしましたが、ハイレベルのリファレンスだった為、私には削ぐわ無い参考書でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2021/01/12
通常 2,640円
現在 2,376円
264円(10%)OFF!!

  

Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き

Excelのマクロに似たスクリプトを書くと、Gmailやスプレッドシートなどのサービスをさらに効率的に使えるようになります。本書は、中級者向けに実務での利用頻度が高い「スプレッドシート」を使いこなすために必要な、Google Apps Script(GAS)の各種サービスや機能を「こんなことをするには?」という目的別に解説した逆引きリファレンスです。クラス名やメソッド名でも引けるので、上級者にも便利です。新実行環境仕様「V8」に対応。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Google Apps Scriptは書籍自体少ない中、この本には業務で使えそうなリファレンス、サンプルコードが掲載されています。注意点はリファレンスのパートの理解が前提となっているようで、サンプルコードの解説はかなり省略されています。おそらくリファレンスのパートを理解してから、サンプルコードを確認するのが良いように感じます。また、中~上級向けとありますが、エディタの動かし方などの基本的な解説パートもあるので、ある程度不安があっても問題ないように思います。この手の情報を探している人にとっては、ボリューム、内容から考えて価格も妥当ではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
GoogleAppsScriptの専門書2冊目の購入。
こちらはV8にも対応しているのと、「何を実現したいか」の目的別に書かれているので実用的で非常にわかりやすい。具体的な業務の課題が明記されていて、それを解決するサンプルコード例が載っている点も魅力的。業務の効率化が求められる中で、社内で周りの人と差をつけることができそうだと思った。専門書なので厚みはあるが、小さ目サイズなので手に取って読みやすく、持ち運びしやすいのも嬉しいポイント。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き
発売日 2021/01/12
通常 2,860円
現在 2,574円
286円(10%)OFF!!

   

Google Apps Script(GAS)の本「新書一覧(2020年、2021年刊行)」

以下がGoogle Apps Script(GAS)の本の新書(2020年,2021年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2021/04/23 更新)
製品評価
Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き
発売日 2021/01/12
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,574円 (+26pt)
(3.5)
総評価数 14件
Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2021/01/12
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+26pt)
Kindle   2,376円 (+24pt)
(3.8)
総評価数 6件
詳解! Google Apps Script完全入門[第2版] ~GoogleアプリケーションとGoogle Workspaceの最新プログ...
発売日 2020/12/01
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,317円 (+23pt)
(4.1)
総評価数 17件
できる 仕事がはかどるGoogle Apps Script自動処理 全部入り。 全部入り。シリーズ...
発売日 2020/11/20
通常    2,530円
単行本   2,530円 (+25pt)
Kindle   2,277円 (+23pt)
(3.5)
総評価数 4件
(3.3)
総評価数 9件
 

Google Apps Scriptの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるGoogle Apps Scriptの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2021/04/23 更新)
 

   

関連:JavaScriptの本

以下ではGoogle Apps Scriptのベースともなる「JavaScript」の人気・おすすめ本を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:Google Clound Platformの本

以下では、同じくGoogleのクラウドプラットフォーム「Google Clound Platform(GCP)」の書籍も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました