【2020年】Vue.js本「人気ランキング / おすすめ参考書5選」

スポンサーリンク

Vue.jsは今人気のJavaScriptのフロントエンドフレームワーク。

今JavaScriptである程度リッチなことをしたいなら、フレームワークとともに効率的なフロントエンド作成フローを学ぶのがおすすめです。

Vue.jsは特に日本での人気が高く、日本語の情報や書籍も単一のフレームワーク解説本としては多いです。

そこで、こちらではVue.jsの参考書を人気・評判とともに紹介していきまっす。

 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
 

Vue.js本「人気ランキング」

Vue.jsの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/06/02 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
発売日 2018/09/22
通常    3,718円
単行本   3,718円
Kindle   3,532円(5%OFF)
(3.7)
総評価数 29件
2
Vue.js&Nuxt.js超入門
発売日 2019/08/30
通常    9,010円
単行本   3,300円(63%OFF)
Kindle   2,673円(70%OFF)
(3.8)
総評価数 9件
3
これからはじめる人のJavaScript/Vue.jsの教科書
発売日 2020/04/24
通常    2,838円
単行本   2,838円
Kindle   2,838円
(5)
総評価数 1件
4
これからはじめるVue.js実践入門
発売日 2019/08/22
通常    3,718円
単行本   3,718円
Kindle   3,346円(10%OFF)
(4.3)
総評価数 27件
5
Webデザインの現場で使えるVue.jsの教科書
発売日 2020/05/01
通常    3,630円
単行本   3,630円
(0)
総評価数 0件
6
初心者からちゃんとしたプロになる JavaScript基礎入門
発売日 2020/03/25
通常    2,860円
単行本   2,860円
Kindle   2,860円
(2.7)
総評価数 3件
7
Vue.jsのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2019/05/10
通常    2,970円
単行本   2,970円
Kindle   2,673円(10%OFF)
(4.5)
総評価数 12件
8
基礎から学ぶ Vue.js
発売日 2018/05/29
通常    5,454円
単行本   5,298円(3%OFF)
Kindle   3,386円(38%OFF)
(3.2)
総評価数 45件
9
動かして学ぶ!Vue.js開発入門 (NEXT ONE)
発売日 2019/01/15
通常    3,520円
単行本   3,520円
Kindle   3,168円(10%OFF)
(3.5)
総評価数 14件
10
React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発...
発売日 2018/05/09
通常    2,508円
単行本   2,508円
Kindle   2,383円(5%OFF)
(2.9)
総評価数 5件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Vue.jsおすすめの参考書

JavaScriptの基礎はある程度学習済みの方は以下の本で「Vue.js」で何ができるか、どう使うべきか、といった全体像を学びましょう。

これからはじめるVue.js実践入門

いま学んでおきたいJavaScriptフレームワーク「Vue.js」のエッセンスを一冊に詰め込みました!
豊富なサンプルコードで試しながら理解できます!

Vue.js(ビュージェイエス)は、Webアプリのビュー(見た目)の部分に特化したシンプルなフレームワークです。既存のアプリに後乗せで導入したり、徐々に適用範囲を拡大したりすることが手軽に行えます。
シンプルな分、他のフレームワークと比べて学習コストが低く、HTMLとJavaScriptが一通りわかる人ならコードを理解するのも簡単です。

本書では、Vue.jsの中核である、ページを構成するUI部品「コンポーネント」をしっかりと解説し、さらには本格的なアプリ開発で必要となる要素までを網羅的に取り扱います。丁寧な解説でよくわかる、入門書の決定版です!


↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
JSを一通りかじっている方であれば、すんなり受け入れられる内容です。

ハマりどころへの注釈があるのも親切で、一つ一つの解説も分かりやすいと感じました。

特に、独学で少しVueを触っている場合などは、補足内容に納得出来る部分が多いです。

ここ暫く出版されていた入門書等との違いとして、Vue.cli あたりの情報も親切に書かれており、この1冊で Vue.js 本来の能力を知ることが出来、学習がとても楽しくなると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↓少なく表示
JavaScriptの基本は知っていないときついと思います。
それはまだいいのですが、詳しい説明もなくこうなります、と書かれている部分がいくつかあり、
(例えばスプレッド演算子使えばいいとあるが、どんな「データ」が来てそのためにスプレッド演算子を使うという「データ」についての説明がない)
その度に検索せざるを得ないというのは入門と書いてあるのに内容としていかがなものでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↓少なく表示
 
これからはじめるVue.js実践入門
発売日 2019/08/22
通常 3,718円
現在 3,718円

  

Vue.jsのツボとコツがゼッタイにわかる本

はじめてVue.jsを学習する人に、Vue.jsの基本的な機能と、ローカルPCでVue.jsを使うための環境設定について解説します。サンプルとして「ECサイトの商品一覧ページ」「ムービー制作サービス自動見積もりページ」をVue.jsを使ったページに作り替えていく流れを解説しています。
JavaScriptへの苦手意識や挫折経験を乗り越えて、Vue.jsの魅力を体験してみましょう。
学習に必要な前提知識がなるべく少なくて済むように、JavaScriptのソースコードについては、ES5の構文を敢えて使って解説しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この本に向いているのは、「JavaScriptの知識がある程度あり、jQuery等から移行したばかりの初心者」だと思います。

反対に、すでにVue.jsについて慣れており知識を深めたいという人には向かないかもしれません。

簡単なECサイトの構築を例に、商品一覧の表示・取得やソートなど、具体的な実装場面を想定した作りになっています。

それぞれの機能を実際にどう使うかという側面が重視されているため、理解が容易になり助かりました。
v-modelを利用したフォームの実装についても、テキスト型だけでなくデートピッカーなどでの
利用法も繰り返し掲載されていたりと、jQuery等から移行したばかりの初心者にとって
とても分かりやすい構成になっていると感じました。

なお、単一ファイルコンポーネントについては、最終章で少しだけ触れられてはいますが、
基本的にCDNを利用してHTML + CSS + JavaScriptの作りで進められています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↓少なく表示
タイトルから間違いやすい箇所やおすすめコードの説明があると思ってしまった。
しかし内容はよくある公式チュートリアルをアレンジした程度。

そして一貫性に欠けた中途半端な記述やソースがちらほら。
JS界隈では気にならない人が多いのだろうが、解説本としてはどうなのだろうか。
各自のスタイルの好みなので本書の欠点とはいいきれないのですが、
高評価はできないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↓少なく表示
 
Vue.jsのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2019/03/21
通常 2,970円
現在 2,970円

  

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
(著)川口 和也, 喜多 啓介, 野田 陽平, 手島 拓也
発売日 2018/09/22
(3.7)

こちらの書籍は 2019/05/08 紙版の3刷に対応するため更新をおこないました。
(概要)

Vue.jsを初歩から実践まで徹底的に解説。使いやすくかつ,プロダクションでも活躍するVue.jsをVue.jsコントリビューターの著者らが解説する一番わかりやすい入門書です。
小規模な適用例やjQueryからの移行サンプルに加え,大規模開発を想定したアプリケーション開発も体験できます。Vue.jsはGitHubで2017年最も人気のあったJavaScriptフレームワークに選ばれるなど大注目の技術です。


(こんな方におすすめ)

・Vue.jsに興味のあるWebエンジニア

・Vue.jsを本番で使いたいが課題があるエンジニア


(目次)

1. プログレッシブフレームワークVue.js

  • 1.1 現代のWebフロントエンド開発の複雑化

  • 1.2 Vue.jsの特徴

  • 1.3 Vue.jsの設計思想

  • 1.4 プログレッシブフレームワークの解決する段階的な領域

  • 1.5 Vue.jsを支える技術

  • 1.6 Vue.jsのエコシステム

  • 1.7 Vue.jsのはじめの一歩

  • 2. Vue.jsの基本

  • 2.1 Vue.jsでUIを構築する際の考え方

  • 2.2 Vue.jsの導入

  • 2.3 Vueオブジェクト

  • 2.4 Vueインスタンスのマウント

  • 2.5 UIのデータ定義 (data)

  • 2.6 テンプレート構文

  • 2.7 フィルタ(filters)

  • 2.8 算出プロパティ(computed)

  • 2.9 ディレクティブ

  • 2.10 ライフサイクルフック

  • 2.11 メソッド(methods)

  • 3. コンポーネントの基礎

  • 3.1 コンポーネントとは何か

  • 3.2 Vueコンポーネントの定義

  • 3.3 コンポーネント間の通信

  • 3.4 コンポーネントの設計

  • 4. Vue Routerを活用したアプリケーション開発

  • 4.1 Vue Routerによるシングルページアプリケーション

  • 4.2 ルーティングの基礎

  • 4.3 実践的なルーティングのための機能

  • 4.4 サンプルアプリケーションの実装

  • 4.5 Vue Routerの高度な機能

  • 5. Vue.jsの高度な機能

  • 5.1 トランジションアニメーション

  • 5.2 スロット

  • 5.3 カスタムディレクティブ

  • 5.4 描画関数

  • 5.5 ミックスイン

  • 6. 単一ファイルコンポーネントによる開発

  • 6.1 ツールのインストール

  • 6.2 単一ファイルコンポーネントとは

  • 6.3 単一ファイルコンポーネントの仕様

  • 6.4 単一ファイルコンポーネントのビルド

  • 6.5 単一ファイルコンポーネントの動作を体験する

  • 6.6 単一ファイルコンポーネントの機能

  • 7. Vuexによるデータフローの設計・状態管理

  • 7.1 複雑な状態管理

  • 7.2 データフローの設計

  • 7.3 Vuexによる状態管理

  • 7.4 Vuexのコンセプト

  • 7.5 タスク管理アプリケーションの状態管理

  • 7.6 ストアのモジュール分割

  • 7.7 VuexストアとVueコンポーネント間の通信

  • 7.8 VuexとVue Routerの連携

  • 8. 中規模・大規模向けのアプリケーション開発① 開発環境のセットアップ

  • 8.1 Vue.jsのプロジェクト構築の特徴

  • 8.2 本章で作成するアプリケーション

  • 8.3 アプリケーションの開発環境構築

  • 8.4 Vue CLIによる開発環境の構築

  • 8.5 アプリケーションのビルド

  • 8.6 テスト環境

  • 8.7 フロントエンド・バックエンド連携

  • 8.8 さらなる開発環境の強化

  • 9. 中規模・大規模向けのアプリケーション開発② 設計

  • 9.1 コンポーネント設計

  • 9.2 単一ファイルコンポーネント化

  • 9.3 状態モデリングとデータフローの設計

  • 9.4 ルーティング設計

  • 10. 中規模・大規模向けのアプリケーション開発③ 実装

  • 10.1 開発方針の整理

  • 10.2 コンポーネントの実装

  • 10.3 データフローの実装

  • 10.4 ルーティングの実装

  • 10.5 開発サーバーとデバッグ

  • 10.6 E2Eテスト

  • 10.7 アプリケーションのエラーハンドリング

  • 10.8 ビルドとデプロイ

  • 10.9 パフォーマンス測定・改善

  • ↓全て表示↑少なく表示
     
    Users Voice
    Vue.js、Vuexだけでなく
    Vue.jsにおけるテスト駆動開発も学べるいい本だと思います。(次の章のことです)

    8章 環境構築
    9章 設計
    10章 開発実装

    また本書では中規模、大規模を仮に次のように定義しています。
    中規模:1,2人程度で開発する10画面前後で状態管理が必要なもの
    大規模:3人以上で開発する20画面以上。複雑な画面遷移、状態管理が必要なもの

    ◆対象読者層(個人の感想)
    Vue.js公式ドキュメントを一度でも読んだことがある(あるいはReact、Riotなどの経験)
    Vuexに関しては本書から読んだほうが理解しやすいかも
    JavaScript(ES2015を知っているか、知らなくてもそれを自分で調べて理解することができる人)
    CLI環境がすでに整っている人

    ※ES2015未習得者
    例えば掲載コードごとにvue init(vue create)するのが面倒だから、jsfiddleやcodepenで動かそうと思った場合
    これらのサービスはexportされたnpm moduleではなくcdnからファイルを読み込んでいるので
    import { mapState } from 'vuex' と掲載コードのままだと動きません
    const { mapState } = Vuexとすればよいといった程度の知識があるとよいです。
    これが理解できていないということはES2015を勉強したことがないと判断していいかと思います。

    ※プログラミング初心者は言葉の意味にもつまずく
    例えば本書で出てくる「アクションハンドラ」には「ストアインスタンス」の「メソッドやプロパティのセット」と同じものを呼び出せる「コンテキストオブジェクト」を受け取ります。という文を理解できないとつらいと思われます。

    なぜなら、上記の説明を読んでも下記のコードの違いも理解できないからです。
    actions: {
    hoge (context) {
    // something
    }
    }
    actions: {
    hoge ({ state, commit, dispatch }) {
    // something
    }
    }

    理解していればactionsに渡ってくるコンテキストについてはVuex API リファレンスのこの辺りを読めばいいことを「察する」ことができます。
    https://vuex.vuejs.org/ja/api/#actions

    こんな感じの難度です。
    ここまでを見て難しいと思った場合、時間がかかるか、挫折する可能性が高いと思います(分かっている前提で話が進んでいく為)
    ※こんなことを書かないといけないのは、JavaScript初心者でも大丈夫とSNSで宣伝してしまうアルファ上級者がいて、誤解を真に受けてしまう人がいるからです。
    (出版社の方は入門≠平易とSNSで発言しています。私はこれに賛同で不足しているものがあるほど努力が必要と考えます)
    この辺りを説明せずに初心者に薦めてしまうのは、崖に突き落として這い上がれる人を育てることしかできないのでよくないと考えています。
    せっかくならどういう所で転ぶか、転んだのか、転び方がわかった上で学んだほうが気がつけると考えています。

    これまでjQueryしか触ってこなかった人はDOM操作に慣れていても、JSやプログラミングの基礎知識がなかったりすると思います。
    初心者だと思う人ほどまずはVue.js公式ドキュメントを読んだり、ES2015について触れることをお勧めします

    ◆10章 開発実装について
    ここではテスト駆動開発が行われています。
    これに不慣れな方は1回目はテストを書かないで実装だけこなしてみることをお勧めします。
    テストは2回目以降に回すと、対になるテストが想像しやすく学習しやすいと思います。

    ◆Appendix A jQueryからの移行について
    本書の後ろに設けられていますが、一番最初か2章の後に読んでもいいと思います

    ◆サポートページについて
    ・正誤表について
    2018/10/25現在、サポートページの正誤表もまだ不足しています

    文章、コードのタイポが多く、その判断をする知識がない場合、読む手がとまると感じました。

    お問い合わせページはこちらになります
    https://gihyo.jp/site/inquiry/book?ISBN=978-4-297-10091-9

    ◆掲載コード、ダウンロードできるサンプルコードについて
    ・全ての掲載コードをダウンロードできるわけではありません
    ・gitリポジトリは含まれておりません
    ・掲載コード、サンプルコードは全体の一部であることがあります
    実際に動かしたい場合は読者が補完する必要であるものが存在します。
    これは筆者の言いたい事を理解すればよい箇所であるからで、実際に動かす必要がないからだと思われます。
    (=著者側で動かしていないコード。説明のためだけに書き起こされているので、動かないタイポのまま掲載されている原因かなと思っています)

    ◆8章のunitテストについて
    私が以前学習したときには起きなかったのですが、現在のnpm依存パッケージの都合上unitテストが動かない可能性がありそうです
    もしnpm run unitが動かないときは
    サンプルコードからpackage.jsonとpackage-lock.jsonをもってきて、それを使うのがよさそうです
    情報元:https://twitter.com/sumihiro/status/1068177620829855744

    この問題の再現方法
    サンプルコードをダウンロードします
    cd ~/Downloads/sample/ch08-10/kanban-app
    npm install
    npm run unit
    問題なく動く

    rm -r node_moduels
    mv package-lock.json package-lock.json_
    npm install
    npm run unit
    問題が再現する

    mv package-lock.json_ package-lock.json
    rm -r node_moduels
    npm install
    npm run unit
    問題なく動く

    ◆Kindleは更新されている?
    2018/11/30現在 Kindleの更新はなく初版のままです。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↓少なく表示
    私の持論ですが、導入書はライターさんが書いた本、
    二冊目は現場のひとが書いた本を読むべきというのがあります。

    この本は、川口和也さんという方がメインで執筆しています。彼は、Vue.jsのコアチームのメンバです。
    ですので、この本全般で、仕様に厳密で正確に、そして網羅的に述べられています。

    ライターさんが書く本は、読者に優しいです。彼らの仕事はわかりやすく伝えるということに
    重きが置かれるので、読みやすいですが、時としてイメージが先行する場合も多々あります。

    私は、森さんという方が書いた『Vue.js開発入門』というのを導入書としました。
    この本は非常に読みやすく、2時間程度で読み切れます。
    そしてVue.jsは学習コストがあまりかからないなという気持ちになりました。

    けれども、実際の現場では、全く歯が立たないことを思い知らされ、より詳しい本を探して
    この『Vue.js入門』に出会います。そして現場で??になっていた多くのことが、
    この本には記載されており、たくさんの疑問が解消されました。

    そういうことで、この本は他のレビュアーさんが書くように、入門書の次に読むと良いと思います。
    入門書にはライターさんが書かれたような優しいものを選択して、自分の中でVue.jsはこんなものらしい
    というのがイメージできた後に読むと実に多くのことが得られます。

    そして、この本は急いで読んではいけません。重要なことが、コラムや注釈にも多く含まれているからです。
    鉛筆と付箋を片手に、じっくりと咀嚼しながら読んでください。こいつを消化しきったら、もうjQueryは卒業です。
    本の名前がいただけません。『パーフェクトVue.js』とでもすべきでしょうネ。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↓少なく表示
    Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
    発売日 2018/09/22
    通常 3,718円
    現在 3,532円
    186円(5%)OFF!!

      

    JavaScript込みで学べる参考書

    以下の書籍は、JavaScriptの解説の流れでVue.jsの使い方も解説しています。

    JavaScriptも少し不安、最近のECMAScriptは知らない・・といった方はこちらで合わせて勉強してみるのがおすすめです。

    これからはじめる人のJavaScript/Vue.jsの教科書

    これから始めて、JavaScriptもVue.jsもTypeScriptも理解しよう!

    「JavaScriptを学ぼう」

    そんなふうに思っても、「JavaScript」は現在では、非常に関連技術の多い言語になっています。JavaScript関連のキーワードを上げてみると、「ECMAScript/ TypeScript/ Vue.js/ Nuxt.js/ React/ Angular/ jQuery」など、上げていったらキリがないほどです。

    これらはそれぞれ「JSライブラリー」とか「JSフレームワーク」などと呼ばれているJSの周辺技術ですが、現在のウェブサイト制作や、ウェブアプリ開発では、これらの周辺技術の理解が必須になっています。

    本書は、こういった事情に合わせて、今JavaScriptを学ぶなら、この周辺技術は必須だと筆者が考える以下の内容について解説しています。

    ・JavaScript
    ・ECMAScript
    ・Vue.js
    ・TypeScript

    これだけでも非常にカバー範囲が広く、1冊に納めるのは容易ではありませんが、それでもこれらの知識は抑えておいて欲しいという筆者の願いから、1冊に詰め込みました。

    ぜひ本書を通じて、JavaScriptの魅力と現在のJavaScript開発のトレンドを抑えて頂けると幸いです。これからのウェブ開発にお役に立つことを願っています。

    (「はじめに」より一部修正)

    「Chapter1 JavaScriptを学ぶための準備をしよう」では、JavaScriptを学ぶための環境構築を行います。といっても、Google Chrome(ウェブブラウザー)と、Visual Studio Code(エディター)をインストールするだけの簡単な準備です。


    「Chapter2 JavaScriptの基本を学ぼう」では、JavaScriptを基本からみっちり学びます。四則演算、制御構造、変数、配列、関数といった基本的なところから、イベントリスナーの使い方、クラスの定義、モジュール、非同期通信、Cookieの使い方など、JavaScriptを実務で使う際には必須となるような実践的な内容まで学びます。EcmaScript2015の文法で学びますが、必要に応じて古い文法についても説明しています。

    「Chapter3 TypeScriptの基本を学ぼう」では、TypeScriptについて知っておきたいことを一通り学びます。TypeScriptの基本的な使い方から、関数、さまざまな型、クラス宣言、インターフェイスの使い方などまで解説します。

    「Chapter4 Vue.jsの基本を学ぼう」では、現在制作の現場でよく使われているライブラリであるVue.jsについて学びます。基本的なディレクティブの使い方を学んだあと、メソッドやコンポーネント、ミックスインの定義方法を学び、それらを使って実用的なプログラムを作ります。

    「Chapter5 Vue CLIでアプリを作ろう」では、Vue CLIを使って、簡単なメモ管理のアプリケーションを作成します。プロジェクトの作成から始まり、ルーティングを設定し、新規追加・一覧・編集・削除の機能を作っていきます。Vuexを使って、データの保存も行います。最後にはコンポーネントを作って共通のパーツを追加するところまで行います。

    ↓全て表示↑少なく表示
     
     
     
    これからはじめる人のJavaScript/Vue.jsの教科書
    発売日 2020/04/24
    通常 2,838円
    現在 2,838円

      

    初心者からちゃんとしたプロになる JavaScript基礎入門

    初心者からちゃんとしたプロになる JavaScript基礎入門
    (著)西畑 一馬, 須郷 晋也, 岡島 美咲, 扇 克至
    発売日 2020/03/25
    (2.7)

    この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    〈電子書籍版に関する注意事項〉
    本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

    【1日30分からはじめる! JavaScript基礎入門】

    本書は、JavaScriptとVue.jsの基本、さらにWebアプリケーションやUIの作成を習得できる教科書です。「1日30分からはじめる」をテーマに、Web制作にかかわる知識や技術を解説した「ちゃんとしたプロになる」シリーズの3冊目となります。

    本書で学べることは、主に次の3つです。

    1つめは、JavaScriptの基本。JavaScriptは広範な用途をもつ言語ですが、本書ではとくにWeb制作によく使われる命令や考え方を中心に解説しています。

    2つめは、Vue.jsの基本。現在のWeb制作では、フレームワークを利用した実装が一般的です。本書では、最もよく使われるフレームワークの一つであり、初心者にも習得しやすいVue.jsの基礎を身につけられます。

    そして、3つめがWebアプリケーションやUIの実装の流れ。実際にTodoアプリやタブパネル、モーダル、ハンバーガーメニュー、スライドビューアーなどのUIを構築しながら、Web制作におけるJavaScriptとVue.jsでの実装の流れをつかめます。

    ぜひ本書を通じて、“現場のJavaScript力”の土台をしっかりと養ってください。

    〈こんな方にオススメ〉
    ・JavaScriptをしっかりと身につけたい方
    ・JavaScriptをおさらいしながらVue.jsの基礎を学びたい方
    ・WebサイトのUIやWebアプリ制作のながれを学びたい方

    〈本書の特長〉
    ・第一線で活躍する執筆陣による、現場感覚を踏まえた解説
    ・記事ごとに学習時間の目安を設けており、学習教材としても利用しやすい
    ・Vue.jsを利用したモダンな制作手法を身につけられる

    〈本書の内容〉
    ■Lesson 1 JavaScriptの基本
    ■Lesson 2 JavaScriptのオブジェクト
    ■Lesson 3 Todoアプリを作ってみよう
    ■Lesson 4 Vue.jsの基本
    ■Lesson 5 Vue.jsをWebサイトに組み込む

    ↓全て表示↑少なく表示
     
     
    Users Voice
    1日30分と謳っていますが、30分のカリキュラムが組まれている訳ではありません。
    また、レッスン後にそのチャプターの復習問題がある訳では無いので、自分で考える余地なく読み進めるだけです。

    「1日30分〜」のキャッチーなコピーに惹かれて計画的に力をつけられると思い購入しましたが、これではおそらく考える力や応用力はつかないと思いました。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↓少なく表示
    JavaScriptについて詳しい解説をしてくれるのかと思いきや、解説はかなり少なく、初学者に易しくない書籍だなと感じました。かなりキャッチーなコピーですし、初学者にとっては、これで少しはできるエンジニアになれるのかなと期待してしまうと思うのですが、見事に裏切ってくれたと思っています。

    第1章はまだ解説が丁寧かなと(他の書籍に比べればまだ厳し目)思うのですが、それ以降はグンと難易度があがり、サンプルコードでなぜそのコードを使用しているのかという解説が足りていないと思う部分が多くあります。
    元々できる人はこういうことをしたい場合、こう書けば動くということを分かるのかもしれませんが、初学者はなぜそのコードを書くのか、必要なのかということが分かりません。ですので、サンプルコード通り真似して書いたとしても、なぜの部分がフォロー仕切れていないので挫折してしまう、もしくは本質的に理解せずに進めてしまう人がいるのではないかと思ってしまいます。
    プロを目指すなら最初に選ぶ本と謳うのであれば、もう少し初学者視点が必要だったのではと思います。 (参考:Amazon)

    ↓全て表示 ↓少なく表示
     
    初心者からちゃんとしたプロになる JavaScript基礎入門
    発売日 2020/03/25
    通常 2,860円
    現在 2,860円

      
     

    おまけ:Vue.js「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

    「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

    実はそこにVue.jsの技術書もそこそこはあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

    Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

    • 雑誌がかなり充実
    • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
    • 単行本技術書は少し古いものの一部のみ対応

    個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

    また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

    以下がKindle Unlimited対応のVue.js関係の本人気ランキングです。

    (2020/06/02 更新)
    売筋
    Rank
    製品評価
    1
    速習Vue.js 速習シリーズ
    発売日 2018/03/28
    通常    500円
    Kindle   500円
    Kindle Unlimited(読み放題)
    (4.2)
    総評価数 8件
    2
    (3)
    総評価数 9件
    3
    (5)
    総評価数 3件
    4
    Vue.jsでTodoアプリを作ってみよう
    発売日 2018/10/21
    通常    700円
    Kindle   700円
    Kindle Unlimited(読み放題)
    (5)
    総評価数 1件
    5
    (2.8)
    総評価数 3件
    6
    (2.8)
    総評価数 7件
    7
    Vue.jsでCRUD操作を行ってみよう
    発売日 2019/01/11
    通常    500円
    Kindle   500円
    Kindle Unlimited(読み放題)
    (0)
    総評価数 0件
    8
    (0)
    総評価数 0件
    9
    Hello Vue !!
    発売日 2017/10/21
    通常    300円
    Kindle   300円
    Kindle Unlimited(読み放題)
    (2)
    総評価数 1件

     

    関連:Web開発(PHP,Ruby)系の他の書籍

    Vue.jsを学ぶなら、基本となるJavaScriptを固めるのはもちろん、バックエンドの開発知識も固めるとできることの幅が広がります。バックエンドを学ぶならPHPがおすすめ。

    以下でJavaScript、PHPの書籍も同様に紹介しているので覗いてみてください。

    いじょうでっす。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました