【動画で学習】UdemyのAndroidアプリ開発 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのAndroidアプリ開発講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのAndroidアプリ開発講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるAndroidアプリ開発の最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】...
発売日 2020/09/23
受講者 2,201人
通常 7,000円
現在 1,800円
(4.1)
総評価数 391件
2
(4.1)
総評価数 178件
3
Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識
発売日 2021/07/27
受講者 1,295人
通常 13,800円
現在 1,800円
(4.1)
総評価数 241件
4
(4.3)
総評価数 401件
5
Java知識ゼロOK!プロのAndroid開発者になるためのマスターコース...
発売日 2017/06/13
受講者 2,903人
通常 27,800円
現在 2,400円
(4)
総評価数 405件
6
Flutter × Firebaseで開発するモバイルアプリ入門
発売日 2021/01/29
受講者 1,178人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4.3)
総評価数 141件
7
【Flutter+Firebase+MLKit】人工知能(AI)を搭載したiOS、Androidアプリを作ろう...
発売日 2020/08/12
受講者 3,230人
通常 10,000円
現在 2,200円
(4)
総評価数 420件
8
(4.4)
総評価数 30件
9
(4.4)
総評価数 218件
10
【Flutter】UI開発でよく使うWidget30選
発売日 2021/09/23
受講者 534人
通常 13,800円
現在 1,800円
(4.3)
総評価数 59件
11
(4.1)
総評価数 105件
12
Flutter x Riverpod x MVVMで実現するシンプルな設計(Firebase, WebAPI対応)...
発売日 2021/09/26
受講者 793人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4)
総評価数 123件
13
【Flutter】APIを利用して天気予報アプリを開発する
発売日 2021/05/18
受講者 407人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4.3)
総評価数 54件
14
【Flutter】2Dゲーム(〇✕ゲーム)を開発する
発売日 2021/01/24
受講者 312人
通常 11,800円
現在 1,800円
(3.8)
総評価数 56件
15
【Flutter】グラフ作成を通して図形描画に不可欠なCustomPainterを学習する...
発売日 2021/04/23
受講者 126人
通常 11,800円
現在 1,800円
(4)
総評価数 14件
16
(4.5)
総評価数 11件
17
(3.2)
総評価数 12件
18
【3日で速習】Google Flutterによるモバイルアプリ開発入門
発売日 2019/06/28
受講者 1,141人
通常 10,000円
現在 2,200円
(4.4)
総評価数 196件
19
(4)
総評価数 16件
20
Flutter × Firebaseで開発するWEBアプリ入門
発売日 2021/02/18
受講者 249人
通常 14,800円
現在 1,800円
(3.8)
総評価数 36件
21
【Flutter3.0】Flutterアプリ開発基礎入門
発売日 2021/04/13
受講者 700人
通常 2,400円
現在 1,800円
(2.6)
総評価数 106件
22
(4.1)
総評価数 77件
23
(4.5)
総評価数 217件
24
(4.8)
総評価数 54件
25
(4.4)
総評価数 98件
26
(4.4)
総評価数 36件
27
C#のXamarin.Formsを使ってAndroidで動作するスマホアプリを作る方法...
発売日 2019/03/23
受講者 944人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.4)
総評価数 92件
28
(3)
総評価数 319件
29
(4.6)
総評価数 28件
30
【2021年末で販売終了】Flutter中級編3(広告/アプリ内課金等の基礎)...
発売日 2020/09/08
受講者 74人
通常 15,600円
現在 15,600円
(4.8)
総評価数 18件
31
(5)
総評価数 39件
32
(4.8)
総評価数 63件
33
Flutter × GoogleMapで地図アプリを開発する
発売日 2022/04/16
受講者 201人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4.3)
総評価数 11件
34
(2.9)
総評価数 55件
35
(3.8)
総評価数 94件
36
Flutter × Firebase AdMobでアプリに広告を表示して収益化する
発売日 2021/04/16
受講者 205人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4.2)
総評価数 13件
37
はじめてのAndroidアプリケーション開発
発売日 2017/01/19
受講者 86人
通常 3,600円
現在 1,800円
(3.8)
総評価数 20件
38
【最短1日】flutter → Google Play : flutterでスマホアプリを制作 & リリース...
発売日 2021/05/13
受講者 64人
通常 4,800円
現在 1,800円
(3.5)
総評価数 9件
39
誰でもわかる Android 6.0 Marshmallow アプリ開発入門(Android Studio対応)...
発売日 2015/12/01
受講者 110人
通常 6,000円
現在 3,900円
(2.8)
総評価数 9件
40
60分で分かるFlutter Golden Tests (golden_toolkit by ebay)
発売日 2021/07/17
受講者 101人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.4)
総評価数 7件
41
小学生でもできるAndroidアプリ開発講座
発売日 2019/02/28
受講者 23人
通常 2,400円
現在 1,900円
(3.8)
総評価数 7件
42
(4.6)
総評価数 6件
43
(3.8)
総評価数 3件
44
(4)
総評価数 2件
45
【Flutter】アプリ開発でよく使う公式パッケージ集
発売日 2021/11/26
受講者 44人
通常 13,800円
現在 1,800円
(1.9)
総評価数 2件
46
Flutter × AWSでカレンダーアプリを開発する
発売日 2022/09/24
受講者 30人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.5)
総評価数 1件
47
(3.5)
総評価数 1件
 

UdemyのAndroidアプリ開発 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】
発売日 2020/09/23
(4.1)

3.5 total hours
環境構築から簡単なアプリの開発を通じてFlutterを最短"3日"で学習

※この動画コースは、Flutter学習サービス『Flutterラボ』でも公開しています。


---2022年5月29日更新---

最新バージョンFlutter3.0.1での環境構築の手順を追加公開しました

---


Googleが提供するクロスプラットフォーム開発ツール『Flutter』を用いて、1つのソースコードでiOS・Androidの両方で動作するモバイルアプリを開発する手法を学んでいきます。

モバイルアプリ開発や、プログラミング言語の記述の基礎を学ぶことができます。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
わかりやすかったですが、もう少し意味について教えてほしかったです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
端的な説明で時間もあまりかからず、よかったと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • 講座紹介
  2. Macでの環境構築【2022年5月現在】
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • AndroidStudioのセットアップ
    • Xcodeのセットアップ
    • WEBとMacOSアプリのビルドを実行
  3. macでの環境構築
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • Android Studioのセットアップ
    • Android licenseを許可する
    • Xcodeのセットアップ
    • Android StudioにFlutterプラグインをインストール
    • 新規Flutterプロジェクトの作成
    • 仮想デバイスの実装&デモアプリの実行
  4. Windowsでの環境構築【2022年5月現在】
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • Android Studioのセットアップ
    • Android Toolchainの設定
    • Android StudioにFlutterプラグインをインストール
    • 新規Flutterプロジェクトを作成
    • 仮想デバイスの実装&デモアプリの実行
  5. Windowsでの環境構築
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • Android Studioのセットアップ
    • Android licenseを許可する
    • Android StudioにFlutterプラグインをインストール
    • 新規Flutterプロジェクトの作成
    • 仮想デバイスの実装&デモアプリの実行
  6. 簡単なアプリを開発【2022年5月最新版】
    • コメントアウトの削除
    • メインページのタイトルを変更
    • メイン画面にリストを表示
    • 区切り線を表示してリストを見やすくする
    • リスト表示を動的に
    • ボタンタップでリストを追加
    • リストタップで画面遷移
    • 遷移先の画面のUI作成
    • コンストラクターを用いて遷移先のページに情報を渡す
  7. 簡単なアプリを開発
    • アプリの完成イメージを持とう
    • アプリ開発の準備をしよう
    • メインページのタイトルを変更しよう
    • 練習問題1:アプリのヘッダータイトルを自分好みのものに変更してみましょう
    • メイン画面にリストを表示しよう
    • 練習問題2:表示するリストの内容を変更してみよう
    • 区切り線を表示してリストを見やすくしよう
    • リスト表示を動的に
    • 練習問題3:表示するリストの数を変更してみましょう
    • ボタンタップでリストを追加表示
    • 練習問題4:追加されるリストの数を変更してみましょう
    • リストをタップした時に画面を遷移
    • 練習問題5:NextPageからさらに画面遷移できる様にしてみよう
    • 遷移先の画面のUIを作成
    • コンストラクターを用いて遷移先のページに情報を渡す
    • 練習問題6:遷移先のページにIDとPWの情報を送り表示してみよう
  8. Flutter for WEBの環境構築
    • WEB対応の実装&デモアプリの実行
  9. 実機デバイスでのデバッグ方法
    • iPhone実機でのデバッグ方法
    • Android実機でのデバッグ方法
  10. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
   

2022年版【ゼロからスマホでAndroidアプリを動かす】楽々と開発環境構築してJavaによるスマホアプリ開発の実演習

2022年版【ゼロからスマホでAndroidアプリを動かす】楽々と開発環境構築してJavaによるスマホアプリ開発の実演習
発売日 2022/03/08
(4.1)

2 total hours
Androidアプリ開発は、Javaベテラン技術者でも開発には戸惑います。何故なら、Androidは独特のお作法があるから。初心者は、ここで躓いてしまう。手前味噌ですが、開発環境構築とHelloWorldから始まり、スーッとアプリを作ろう。

開発環境の構築

Android StudioというGoogle提供の開発ツールを使います。

知識がないJDK、SDK、AVD等々の細かいインストールで迷いますが、

全て講習で指定します。なので、何も迷いなく環境構築できます。


HelloWorldで基本構成を学びます

環境が出来たら、まずはHelloWorldを動かします(すぐに動きます)。

Androidには、マニフェストファイル、ソースファイル、リソースファイルと、

独自の構成になっていますので、まずは、それらを学びます。


リソースファイル

Androidでは、文字列や画面を全てリソースファイルで定義します。

いわゆるファイルの外出しです。このへんの紐づけルールをしっかり学びましょう。

(紐づけを理解しないと、後で混乱します)


画面からタップ

スマホやタブレットの醍醐味はタップですね。

任意の画面を作り、タップすることにより画面や文字を変更できます。


デバッグ方法

他の開発同様に、Android Studioにもデバッグ機能があります。

「ログを出す」「ブレークポイントを設定できる」等々です。

地味ですが、しっかりデバッグ方法も身につけましょう。


スマホで動かす

今回のコースでは、プロジェクト(アプリ)を3つ作りますが、それらを、

アナタのスマホで動かしてみます。

apk(スマホで動かす)ファイルの作り方、スマホでの取り込み方法、スマホでのインストール方法、

Google Playを使わなくても気軽に動かせます。


地図や電話アプリとの連携

スマホには、あらかじめ地図や電話アプリが入ってますね。

これらの既存アプリとアナタが作るアプリと連携させます。

例えば、アナタが指定した住所の地図が、アナタのアプリから起動できます。


アプリのライフサイクル

アプリを次々とタップする。新しいアプリが起動する。

しかし、以前のアプリはどうなるのでしょうか?

そのアプリが生きているのか、すでに停止しているのか?

それを、アプリのライフサイクルと言います。このへんも理解しましょう。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
丁寧に順を追って説明されていたので、嵌ることなくソースが実行でき動作確認ができた。また講座内のサンプルコードがコピペできたので、スムーズに学習することができた。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 紹介
    • このコースで何ができるのか?二つのアプリがアナタのスマホで動きます。
    • Javaの知識について
    • Java技術者でも面食らうデフォルトのソース
    • (※注意)このコースの進め方
  2. スマホ(Android)アプリ開発環境の構築
    • JDKのダウンロード
    • JDKのインストール
    • Android Studioのダウンロード
    • Android Studioのインストール
    • (不要になった時に備えて)Android Studioのアンインストール
    • AVDの作成
  3. Androidプロジェクトの作成と構成
    • プロジェクトの作成と削除
    • HelloWorldの実行とプロジェクト構成
    • リソースファイル
  4. 画面の作成とタップ操作の基本
    • 画面表示の公式
    • 文字列やボタンの配置
    • タップ時のメソッド
  5. タップ操作で別の画面に移動したり、前の画面からの情報を引き継ぐ
    • 別の画面を作る
    • 画面の切り替え
    • 画面文字を変更する
    • ボタンで画面文字を表示
    • 別アクティビティ
    • 引数を渡す
  6. アナタの(Android)スマホで動かす
    • apk(Android Package Kit)ファイルを作る
    • アナタのスマホで動かす
  7. (少し余談的に)デバッグと外観の設定を変えて新プロジェクトの作成
    • デバッグ
    • 外観設定と新プロジェクト
  8. 自分のアプリと他のアプリを連携する
    • 地図アプリ連携
    • 電話アプリ連携
    • メッセージを出す
  9. アプリのライフサイクル
    • ライフサイクルと共通化
    • ライフサイクルとログ
    • アクティビティの破棄
  10. 終わりに
    • 終わりのご挨拶
  11. ボーナスレクチャー
    • Javaの基本サイト(JDKインストール~Webアプリ)
   

Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識

Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識
発売日 2021/07/27
(4.1)

2 total hours
Flutterをこれからはじめる方や学習中の方に知ってほしいDart基礎

※この動画コースは、Flutter学習サービス『Flutterラボ』でも公開しています。


Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識を学習することができます。


プログラミング言語の学習は終わりがないのでどこまでできるようになれば良いのかわからないという意見をたくさん頂きました。

Flutter開発の学習をする上で、これだけ知っていればとりあえず進められると思う内容をピックアップして解説しているので、上級者にとっては物足りない内容かもしれませんが、プログラミング初心者や、他のプログラミング言語は習得しているがFlutterは始めたばかりという方にとって最短でFlutterを学習できるようになる内容を目指しています。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Section2の8.Functionのところで名前付き引数が出てきますが、最新のFlutter環境で学習しているため、Null SefetyがONとなっており、解説通りにやるとエラーが発生します。Section12のNull Safetyの解説をSection2の8.Functionの前にやっていただけるとエラーは発生せずにスムーズに学習できると思いますので、Sectionの構成に関して検討いただけるとありがたい様に思いました。内容そのものは初学者でもわかりやすく大変良かったです。ありがとうございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
どのプログラミング言語でも基本となるデータ型の使い方がわかりやすく解説されており、flutterではどう使うのか具体的なサンプルが示してあるのが良い (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. イントロダクション
    • コースの紹介
  2. Dartの基礎データ型を学習しよう
    • int & double
    • String
    • bool
    • Listと変数について
    • Map
    • var
    • Function
    • Future
    • Widget
  3. クラスとインスタンスについて
    • クラス & インスタンス
  4. 修飾子について
    • final & const
    • _(アンダースコア) privateについて
    • static
  5. 変数について
    • 代入とは
    • 算術演算子
    • 代入演算子
  6. if文の基礎
    • 比較演算子
    • if文の基本的な活用
    • 論理演算子
    • 三項演算子
    • 変数のスコープ
  7. switch文の基礎
    • switch文の基本的な活用
    • enum
  8. for文の基礎
    • for文の基本的な活用
    • for-in文
  9. while文の基礎
    • while文の基本的な活用
    • while文におけるbreakとcontinue
  10. Exceptionの基礎
    • try-catch文
  11. Null Safetyとは?
    • DartにおけるNull Safetyの活用
  12. 今後の学習について
    • これからの学習方法
  13. ボーナストラック
    • ボーナスレクチャー
   

はじめての Kotlin【Java 知らなくてOK!丁寧な解説で Android に必要な Kotlin の基本を学習】

はじめての Kotlin【Java 知らなくてOK!丁寧な解説で Android に必要な Kotlin の基本を学習】
発売日 2019/11/07
(4.3)

5.5 total hours
今学ぶべき言語、Kotlin!元塾講師プログラマーが教える、Kotlin 基礎講座!Java 知らなくても大丈夫!Android だけじゃない、将来性バツグンの言語 Kotlin を「丁寧な」解説で「わかりやすく」「効率的に」学びましょう。

この講座は、プログラミング初学者のためのKotlin基礎講座です。

Kotlinは2011年7月に初期バージョンがリリースされたとても新しい言語で、文法も今までのプログラミング言語のノウハウが盛り込まれた、とてもモダンなものになっています。

また、KotlinはJavaと100%の互換性を持っています。

これにより、今まで長年積み上げられてきたJavaの資産が使える上、Javaよりも書きやすい・安全という理由から、Java採用企業やAndroid開発者が続々とJavaからKotlinへ乗り換えています。

そしてついに2017年5月には、GoogleがKotlinをAndroid開発の推奨言語に指定しました。

そういった背景から、今大注目・将来性バツグンのプログラミング言語、それがKotlinです。



講座の特徴:Javaの知識不要・Kotlinの文法と特徴にフォーカス

この講座ではKotlinの基礎的な文法を丁寧に解説していきます。

Kotlinに触れたことがないプログラミング初学者が、

講座受講後に、Android開発に取り組み始めるのに必要なレベルの文法知識を一通り理解した状態を目指します。


他のKotlinの学習教材のほとんどはJavaの知識を前提としていますが、この講座ではJavaの前提知識一切不要です。

Kotlinを理解するのに必要なJavaの知識はその都度補って説明していきます。

また、Kotlinの文法や特徴の学習にフォーカスするために、プログラミングの基本的な内容については扱いません。

プログラミング・オブジェクト指向の基本については別講座にて学習の上、本講座を受講するようにしてください。


※Pythonでプログラミング・オブジェクト指向の基本の講座を用意しております(以下参照)。PythonもKotlinと並んで将来性の高い言語なのでこの機会にぜひ体験してみてください!

・Python から飛び込むプログラミングの世界【丁寧な解説+小さなシステム開発ゼミで、知識「ゼロ」から「使える」知識に】

・Python でわかる オブジェクト指向 とはなにか?【Python オブジェクト指向 の「なぜ?」を「徹底的に」解説】


扱う内容・扱わない内容

この講座は、Kotlin未経験者がKotlinの基本的な文法をしっかりと理解するための講座です。

Androidに関する内容や、Kotlinの上級者がさらにレベルアップするための情報は扱っていません。

ですので、おすすめできる方とおすすめできない方はそれぞれ以下のような方かと思います。

・おすすめできる方

プログラミングの基本は学んだがKotlinは初めてという方。

Javaの知識がない方。

Kotlin公式ドキュメントでは説明不足に感じる方。

基本的な文法は学んだので、Kotlinの基礎文法や特徴の理解にフォーカスしたい方。

将来性バツグンのプログラミング言語を学びたい方。

・おすすめできない方

Kotlin公式ドキュメントを読むだけで理解できる方。

Android開発やAndroid Studioについての知識を得たい方。

Kotlinに限らないプログラミング・オブジェクト指向の基本的な内容を学びたい方。

Kotlinプログラマーがさらにレベルアップする方法を知りたい方。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Kotlinの言語仕様について、とても簡潔でまとまっており説明も分かりやすいのですが、単に言語仕様の説明だけに終始しているため、できれば理解力を確認するための問題演習をプログラムに取り入れて頂きたいと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
学習を始めたばかりなのでまだ断言はできませんが、現在のところ、わかりやすい説明であると感じています。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 講座の概要
    • Kotlinの主な特徴
    • 演習サイトと実行環境
    • Kotlin Playgroundが文字化けする場合
    • コースの活用方法
    • 資料のダウンロード
  2. 基本的な構文
    • 変数の宣言
    • リテラル表現(数値)
    • リテラル表現(文字列)
    • リテラル表現(まとめ)
    • nullとnull許容型
    • 型変換
    • 配列とコレクション
    • 定数
  3. 演算子・制御構文
    • 演算子
    • if式
    • when式
    • forループ
    • レクチャー17「forループについて」
    • while/do-whileループ
    • 演算子・制御構文のまとめ
  4. 関数とラムダ式
    • 関数の基本
    • 引数の表現方法
    • 可変長引数
    • 複数の戻り値を持つ関数
    • 高階関数とラムダ式
    • ラムダ式とラベル構文
    • 関数のまとめ
  5. オブジェクト指向構文
    • クラスの基本
    • プロパティ
    • プライマリコンストラクタ
    • セカンダリコンストラクタ
    • オブジェクト指向構文のまとめ
  6. 継承とインターフェース
    • 継承と抽象クラス
    • インターフェース
    • クラスの型変換
    • 継承とインターフェースのまとめ
  7. 特殊なクラス・オブジェクト
    • データクラス
    • オブジェクト式
    • オブジェクト宣言
    • コンパニオンオブジェクト
    • 変数初期化のタイミングとコンパイル時定数
    • ジェネリック型
    • ジェネリック関数
    • ネストクラス
  8. その他Kotlinの便利機能
    • 拡張関数
    • 演算子のオーバーロード
  9. ボーナス
    • さらなる上達のための学習コンテンツ
   

Java知識ゼロOK!プロのAndroid開発者になるためのマスターコース

Java知識ゼロOK!プロのAndroid開発者になるためのマスターコース
発売日 2017/06/13
(4)

10 total hours
【最新Android Studio 3に対応!】分かりやすく丁寧に解説!豊富なサンプルを通して、Javaの基礎・Android技術者として必要な知識・リストビュー・データベースの作成・魅力的なデザインをマスターしよう!

〜世界中の人にあなたのアプリを使ってもらおう!〜
**最新のAndroidアプリ開発講座であなたもプロの開発者へ**
もっと分かりやすく丁寧に説明!Androidプログラミング本の著者である現役エンジニア講師が作成したAndroid Studio対応のこの最新コースによって、プログラミング初心者のあなたも最先端のAndroidアプリ開発者になることができます。

  • タイマーアプリ

  • タブ付きブラウザアプリ

  • 加速度センサーアプリ

  • スケジューラーアプリ

などなど、多彩なアプリケーションを一緒になって作っていきましょう。

コースの概要としては、

  • 100本以上のレクチャー!と中身の濃いコンテンツで確実にステップアップ(10時間)

  • はじめにJavaの概要を学び、Androidとプログラングに慣れていきます。

  • 後半は様々なアプリを作っていきましょう。最初に各アプリの作り方、全体の工程を説明したあと、ポイントを解説しながらみなさんで一緒になって作成していきます

* 本コースは最新版Android Studio 3に対応しております。

Androidの売上No1書籍の著者であり、多数のアプリを開発、指導した実績のある現役エンジニアが、実際に体験しながら作り上げていく事を目的とした指導方法が特徴的です。
これから、プログラミングの学習をはじめようとされている方が、入力補完はもちろん、よく使うコードの自動入力や問題を指摘して修正候補を表示する機能などを使いこなしてより簡単にプログラミングをしていくことができます。画面の作成も新しいレイアウトエディタにより画面デザインをマウスで直感的に操作してつくり上げる方法を説明しています。後半ではリストビュー、データベースなどの作成も初心者にわかりやすく行っていきます。
開発ツールであるAndroid Studioの操作も丁寧に説明していきますので、初めての方でもAndroid開発の基本から学んでいくことができます。
プログラミングの経験があまりない初心者の方でも、レクチャーの手順通りに一緒に作業を進めていけば、アプリケーションを完成させることができます
はじめのうちはエラーが出たり意図したとおりに動かなかったりすると思いますが、そんな時はどんどん質問してください。何度も見直したり修正したりしながら、アプリが動いた時には感動と達成感を得られると思います。プログラミングの楽しみをぜひ味わってください。    
そして、それらは全てこのコースを学ぶことからスタートできます。
今すぐ、このコースを受講しましょう。あなたのお気に召さない場合、30日以内であれば100%の返金を保証していますので、安心して受講してください。
それではAndroidの世界へようこそ! 楽しみながら挑戦してきましょう。

*本コースでは、今後もカリキュラムの追加を行っていく予定でございます。

必須条件
    PCが必要です(WindowsまたはMacOSまたはLinux)
    ※Android Studioなど必要なアプリケーションは無料でダウンロードできます。

学習内容

  • 知識ゼロからOK!データベースを使ったアプリを作成出来るようなります。

  • 専門的な知識を取得できます。

  • 仕事を大幅に広げることができます。

受講対象

  • プログラミング未経験の方

  • 独学で挫折した経験のある方

  • 就職や転職に役立てたい方

  • 仕事の領域を広げたい方


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
説明動画作成時点から、現在のAndroid Studioバージョンでは、UI操作画面に異なる部分がある。最新のAndroid Studio操作説明されている別講座を受講してから、本コースを受講しないと理解が深まらなかった。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
Realmの環境が正常に作れないのと、動画の視聴がエラーで出来なくなることを改善していただきたいです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. さあはじめましょう!!
    • はじめに
    • Androidアプリケーション開発に必要なもの
    • (mac編)Android Studioを一緒にインストールしよう
    • (windows編)Android Studioを一緒にインストールしよう
    • (Ubuntu編)Android Studioを一緒にインストールしよう
    • AMD製CPUでエミュレータを実行しよう
    • Android Studioの初期設定をしよう
    • 【重要】Android Studio 3.3での変更点について
  2. Android Stuidoに慣れよう!
    • アプリの作り方〜プロジェクトを作成する〜
    • エミュレーターの作成と使い方
    • Android Studioの構成〜必要箇所の説明〜
  3. Android Stuidoに慣れよう〜Javaボタンアプリ〜
    • このセクションで学ぶこと
    • レイアウトエディタでボタンを配置する
    • ラベルを設置しよう
    • ボタンを押した時の処理を作ろう
    • 画面レイアウトファイルとプログラムファイルの関係
  4. Android Stuidoに慣れよう〜プログラムに慣れよう〜
    • プログラムの基本的なみかた
    • メソッドで同じ処理ををまとめる
    • 変数とは?
    • 定数とは?
    • 変数を宣言しよう!
  5. Javaを覚えよう!〜四則演算〜
    • 足し算・引き算・掛け算・割り算1
    • 足し算・引き算・掛け算・割り算2
    • 文字列を足し算する〜文字列連結〜
  6. Javaを覚えよう!〜画像表示アプリ〜
    • このセクションで学ぶこと
    • 画面に画像を配置しよう
    • パーツとプログラムをつなげよう
    • 画面パーツとビューについて
    • 別の画像に変更してみよう
    • if文を覚えよう〜もしもこうだったら〜
    • switch-case文を覚えよう〜処理を切り替えよう〜
  7. Javaを覚えよう!〜配列とコレクション〜
    • このセクションで学ぶこと
    • 画面とプログラムを準備する
    • 配列(タンス)を用意しよう
    • 配列の値を取り出すfor each
    • コレクション〜大きさが変わるタンス〜
    • コレクションを使ってみよう
  8. ボタンナビゲーションとWebViewでブラウザーアプリを作ろう
    • このセクションで学ぶこと
    • ConstraintLayoutで画面を作成する
    • WebViewにサイトを表示する方法
    • インジケータ(ぐるぐる)を画面に配置しよう
    • ブラウザの「戻る」「次へ」ボタンを作成しよう
  9. センサーを使おう
    • このセクションで学ぶこと
    • Sec10-2_Androidでセンサーを使う1
    • Sec10-2_Androidでセンサーを使う2
    • Sec10-2_Androidでセンサーを使う3
    • サーフェスビューで高速描画1
    • サーフェスビューで高速描画2
    • サーフェスビューで高速描画3
    • サーフェスビューで高速描画4
    • キャンバスに描画する
  10. センサーを使おう
    • 実機で動かしてみよう1
    • 実機で動かしてみよう2
  11. デバッグをしよう!
    • このセクションで学ぶこと
    • ビルド時のエラー
    • 変数の中身を見てみよう!
    • 止めたいところでストップする
    • Watcheswを使って変数の値を書き換える
    • ログを出力する
    • メモリーとCPU使用率の確認
  12. 音の出るスライドショーを作ろう
    • このセクションで学ぶこと
    • Slideshowサンプル
    • プロパティアニメーションを作る
    • いろいろなアニメーション効果を試してみよう
    • スライドショーの画面を作る
    • ImageSwitcherを使う
    • 画像を変更しよう
    • 画像の切り替えアニメーションを設定しよう
    • サウンドを再生しよう
  13. カウントダウンタイマーを作ろう
    • このセクションで学ぶこと
    • テーマを編集する
    • 劣化しない「ベクタ形式」の画像を用意する
    • 画面を作成する
    • CountDownTiemrの使い方
    • サウンドを鳴らそう
    • 画面を常にONにしよう
  14. スケジューラアプリを作ろう〜Realmで楽々データベース〜
    • このセクションで学ぶこと
    • ScheduleBookコードサンプル
    • Realmで楽々データベース
    • クラスを作ってみよう1〜クラスとは〜
    • クラスを作ってみよう2〜はじめてのクラス〜
    • クラスを作ってみよう3〜クラスからクラスを作る「継承」〜
    • アクティビティを知ろう
    • 新しいアクティビティを追加しよう
    • 画面遷移を実装してみよう
    • Realmを使えるように準備しよう
    • データベースからデータを取得しよう1〜Realmの使い方〜
    • データベースからデータを取得しよう2〜モデルを用意しよう〜
    • データベースからデータを取得しよう3〜登録・読み取り〜
    • データベースからデータを取得しよう4〜更新・削除〜
    • データベースからデータを取得しよう5〜IDを自動採番しよう〜
    • リストビューの画面レイアウトを作成しよう
    • リストビューで一覧表示をしてみよう
    • リストビューとアダプターを連携させよう
  15. マテリアルデザインを使おう
    • マテリアルデザインとは
    • マテリアルデザインに対応したコンポーネント
    • スケジュールの追加画面を作成しよう
    • スケジュールの追加処理を作成しよう
    • 入力されたらデータを更新しよう
    • スケジュールの閲覧機能を追加しよう
    • スケジュールの閲覧機能を実装しよう
    • パレットをつかって自動で配色しよう
    • スナックバーでメッセージを表示しよう
    • ListViewのセルをカスタマイズしてカードビューを使おう1
    • ListViewのセルをカスタマイズしてカードビューを使おう2
    • マテリアルデザインの配色でプロ級のデザインにしよう
    • 次のステージへ!!
 
Preview Video
   

Udemyで無料で学べるAndroidアプリ開発講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

【Unity】Android & iOS対応 超簡単!ボタンクリックゲームを作成する方法

【Unity】Android & iOS対応 超簡単!ボタンクリックゲームを作成する方法
発売日 2021/04/17
(4.8)

1 total hour
Unityで簡単なスマホ向けゲームを作ってみましょう。このプロジェクト自体は実際にアプリリリースに使用することができます。※この講座ではリリースまでのサポートはしておりません。

この講座では、Unityでスマホアプリを作ってみたい方向けの講座となります。

Unityの基本操作をなんとなく掴んだ方が、1時間以内で作れるというのをコンセプトにクリックゲーム制作動画を作りました。

非常にシンプルなものとなりますが、クリックゲームの作り方を学ぶことができます。


また、このプロジェクトはアプリとして実際にリリースすることも可能です。

実際にこのプロジェクトをGooglePlayストア、AppStoreにリリースしていただいて構いません。


※注意点

リリース方法までは解説しておらず、アプリ内容を作るまでとなっています。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
シンプルな内容で、わかりやすかったですが、少し声が聞き取りにくいのと、スクリプトを割り当てる部分が早すぎて最初よくわかりませんでした。 ただ、完成したゲームはシンプルながらとてもよい題材だと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
分かりやすくてとても助かりました。今後は広告機能の実装についてなども動画にされたいと仰っていましたが、広告機能や通知機能などについての動画が出来たら有料でも拝見したいと思っております。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • はじめに
  2. 簡単なクリックゲームを作成
    • プロジェクト作成と初期設定
    • <追記>Unityバージョン2021におけるボタン・テキスト生成方法
    • ボタンとテキストの設置
    • ボタンカウント機能の作成
    • カウントダウンタイマーの作成
    • ゲーム終了処理の作成
    • タイトルシーンの作成
    • ゲームシーンへの遷移機能作成
    • タイトルシーンへの遷移機能作成
    • 画面サイズ設定
    • おわりに
 
Preview Video
   

関連:Androidアプリ開発を本でも学ぼう

UdemyのAndroidアプリ開発講座は上述したとおり、Androidの基礎からiOS含めたクロスプラットフォーム開発まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Androidアプリ開発の参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました