レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【動画で学習】UdemyのAndroidアプリ開発 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのAndroidアプリ開発講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのAndroidアプリ開発講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるAndroidアプリ開発の最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(3.6)
総評価数 510件
2
【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】...
発売日 2020/09/23
受講者 4,732人
通常 7,000円
現在 1,500円
(4.2)
総評価数 762件
3
Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識
発売日 2021/07/27
受講者 2,505人
通常 13,800円
現在 1,500円
(4.4)
総評価数 469件
4
(4.4)
総評価数 251件
5
【Flutter】UI開発でよく使うWidget50選
発売日 2021/09/23
受講者 1,684人
通常 13,800円
現在 1,500円
(4.4)
総評価数 213件
6
Flutterアプリ開発講座(初級編)
発売日 2023/12/27
受講者 219人
通常 17,800円
現在 1,500円
(4.5)
総評価数 35件
7
(4.3)
総評価数 624件
8
(4.6)
総評価数 166件
9
【入門編】Flutterで必須なDart基礎文法を網羅
発売日 2022/12/29
受講者 844人
通常 27,800円
現在 1,500円
(4.7)
総評価数 112件
10
(3.9)
総評価数 153件
11
Java知識ゼロOK!プロのAndroid開発者になるためのマスターコース...
発売日 2017/06/13
受講者 3,892人
通常 27,800円
現在 1,800円
(4.1)
総評価数 519件
12
(4.7)
総評価数 16件
13
(4.4)
総評価数 218件
14
Flutter × Firebaseで開発するモバイルアプリ入門
発売日 2021/01/29
受講者 2,262人
通常 14,800円
現在 1,500円
(4.5)
総評価数 262件
15
(4.5)
総評価数 85件
16
(4.3)
総評価数 147件
17
環境構築からみっちり学びたい人のためのFlutterの教科書
発売日 2023/03/14
受講者 117人
通常 4,800円
現在 1,500円
(4.5)
総評価数 11件
18
【Flutter3.0】Flutterアプリ開発基礎入門
発売日 2021/04/13
受講者 839人
通常 2,600円
現在 1,800円
(2.5)
総評価数 123件
19
【Flutter+Firebase+MLKit】人工知能(AI)を搭載したiOS、Androidアプリを作ろう...
発売日 2020/08/12
受講者 3,837人
通常 10,000円
現在 1,800円
(3.9)
総評価数 479件
20
Flutter × Firebaseで開発するWEBアプリ入門
発売日 2021/02/18
受講者 277人
通常 14,800円
現在 1,800円
(3.8)
総評価数 38件
21
(4)
総評価数 161件
22
(3.7)
総評価数 25件
23
【Flutter】グラフ作成を通して図形描画に不可欠なCustomPainterを学習する...
発売日 2021/04/23
受講者 149人
通常 11,800円
現在 1,800円
(4)
総評価数 14件
24
(4.1)
総評価数 10件
25
(4.5)
総評価数 250件
26
【Flutter】2Dゲーム(〇✕ゲーム)を開発する
発売日 2021/01/24
受講者 393人
通常 11,800円
現在 1,800円
(3.6)
総評価数 71件
27
Flutter x Riverpod x MVVMで実現するシンプルな設計(Firebase, WebAPI対応)...
発売日 2021/09/26
受講者 1,169人
通常 2,600円
現在 1,800円
(3.9)
総評価数 164件
28
(4)
総評価数 19件
29
(4.8)
総評価数 84件
30
FlutterでChatGPT搭載アプリ開発
発売日 2023/03/06
受講者 169人
通常 2,600円
現在 2,600円
(4.4)
総評価数 14件
31
【3日で速習】Google Flutterによるモバイルアプリ開発入門
発売日 2019/06/28
受講者 1,198人
通常 10,000円
現在 1,500円
(3.9)
総評価数 202件
32
(3.2)
総評価数 12件
33
(3.9)
総評価数 44件
34
(3.2)
総評価数 152件
35
(3.4)
総評価数 59件
36
(3.7)
総評価数 329件
37
はじめてのAndroidアプリケーション開発
発売日 2017/01/19
受講者 89人
通常 3,600円
現在 1,800円
(4)
総評価数 21件
38
【Flutter】APIを利用して天気予報アプリを開発する
発売日 2021/05/18
受講者 710人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4)
総評価数 103件
39
Flutter × Firebaseでチャットアプリを作成する【データベース】【画像保存】...
発売日 2021/06/21
受講者 1,184人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4)
総評価数 140件
40
Flutter × Firebase AdMobでアプリに広告を表示して収益化する
発売日 2021/04/16
受講者 296人
通常 14,800円
現在 1,500円
(4.2)
総評価数 19件
41
【最短1日】flutter → Google Play : flutterでスマホアプリを制作 & リリース...
発売日 2021/05/13
受講者 79人
通常 4,800円
現在 1,800円
(3.6)
総評価数 11件
42
(4.8)
総評価数 63件
43
(5)
総評価数 39件
44
【2021年末で販売終了】Flutter中級編3(広告/アプリ内課金等の基礎)...
発売日 2020/09/08
受講者 74人
通常 15,600円
現在 15,600円
(4.8)
総評価数 18件
45
C#のXamarin.Formsを使ってAndroidで動作するスマホアプリを作る方法...
発売日 2019/03/23
受講者 983人
通常 2,400円
現在 1,600円
(4.4)
総評価数 98件
46
Flutter × GoogleMapで地図アプリを開発する
発売日 2022/04/16
受講者 522人
通常 14,800円
現在 2,000円
(3.8)
総評価数 49件
47
60分で分かるFlutter Golden Tests (golden_toolkit by ebay)
発売日 2021/07/17
受講者 145人
通常 2,600円
現在 1,500円
(4.3)
総評価数 9件
48
誰でもわかる Android 6.0 Marshmallow アプリ開発入門(Android Studio対応)...
発売日 2015/12/01
受講者 110人
通常 6,000円
現在 3,900円
(2.8)
総評価数 9件
49
(3.8)
総評価数 7件
50
小学生でもできるAndroidアプリ開発講座
発売日 2019/02/28
受講者 23人
通常 2,400円
現在 1,800円
(3.8)
総評価数 7件
51
(4.6)
総評価数 7件
52
Flutter × AWSでカレンダーアプリを開発する
発売日 2022/09/24
受講者 153人
通常 14,800円
現在 1,800円
(4.2)
総評価数 5件
53
(4.8)
総評価数 4件
54
【Flutter】Firestore 実践ガイド
発売日 2023/03/02
受講者 59人
通常 2,600円
現在 1,500円
(4.5)
総評価数 4件
55
Flutterアプリ開発講座(中級編)
発売日 2024/02/28
受講者 82人
通常 21,800円
現在 1,500円
(4.1)
総評価数 3件
56
(4)
総評価数 2件
57
【Flutter】アプリ開発でよく使う公式パッケージ集
発売日 2021/11/26
受講者 50人
通常 13,800円
現在 1,200円
(2)
総評価数 2件
58
(5)
総評価数 1件
59
(3.5)
総評価数 1件
60
Flutterアプリ開発講座(上級編)
発売日 2024/03/15
受講者 55人
通常 24,800円
現在 1,500円
(0)
総評価数 0件
61
AdaloでIOS & Android アプリ作ろう
発売日 2023/06/11
受講者 5人
通常 2,600円
現在 1,500円
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのAndroidアプリ開発 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

2024年版【ゼロからスマホでAndroidアプリを動かす】楽々と開発環境構築してJavaによるスマホアプリ開発の実演習

2024年版【ゼロからスマホでAndroidアプリを動かす】楽々と開発環境構築してJavaによるスマホアプリ開発の実演習
発売日 2022/03/08
(3.6)

2 total hours
Androidアプリ開発は、Javaベテラン技術者でも開発には戸惑います。何故なら、Androidは独特のお作法があるから。初心者は、ここで躓いてしまう。手前味噌ですが、開発環境構築とHelloWorldから始まり、スーッとアプリを作ろう。

2024年のAndroid Studio(Android Studio Hedgehog 安定板)を使ってコースを作り直しました。

※従って、以前よりも環境構築が楽になり、画面UIは見易く、コードアシスタントが格段によくなりました。


開発環境の構築

Android StudioというGoogle提供の開発ツールを使います。

知識がないJDK、SDK、AVD等々の細かいインストールで迷いますが、

全て講習で指定します。なので、何も迷いなく環境構築できます。


HelloWorldで基本構成を学びます

環境が出来たら、まずはHelloWorldを動かします(すぐに動きます)。

Androidには、マニフェストファイル、ソースファイル、リソースファイルと、

独自の構成になっていますので、まずは、それらを学びます。


リソースファイル

Androidでは、文字列や画面を全てリソースファイルで定義します。

いわゆるファイルの外出しです。このへんの紐づけルールをしっかり学びましょう。

(紐づけを理解しないと、後で混乱します)


画面からタップ

スマホやタブレットの醍醐味はタップですね。

任意の画面を作り、タップすることにより画面や文字を変更できます。


デバッグ方法

他の開発同様に、Android Studioにもデバッグ機能があります。

「ログを出す」「ブレークポイントを設定できる」等々です。

地味ですが、しっかりデバッグ方法も身につけましょう。


スマホで動かす

今回のコースでは、プロジェクト(アプリ)を3つ作りますが、それらを、

アナタのスマホで動かしてみます。

apk(スマホで動かす)ファイルの作り方、スマホでの取り込み方法、スマホでのインストール方法、

Google Playを使わなくても気軽に動かせます。


地図や電話アプリとの連携

スマホには、あらかじめ地図や電話アプリが入ってますね。

これらの既存アプリとアナタが作るアプリと連携させます。

例えば、アナタが指定した住所の地図が、アナタのアプリから起動できます。


アプリのライフサイクル

アプリを次々とタップする。新しいアプリが起動する。

しかし、以前のアプリはどうなるのでしょうか?

そのアプリが生きているのか、すでに停止しているのか?

それを、アプリのライフサイクルと言います。このへんも理解しましょう。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
・開発環境を作り、 ・用意されたコードを使って各項目の意味をざっくり解説し、 ・スマホアプリを実際に生成し、 ・さらにそのスマホアプリがどういうライフサイクルを持っているか(違うアプリに遷移したらどうなるか、タスキルしたらどうなるか) 以上をごく短時間で体験できるのが魅力的でした。ところどころ気になるのが、「実行したらしばらく時間がかかるので、一旦録画を切ります」的な場面が頻発します。ユーザー視点だと、その度に動画を止める必要があり、ちょっと手間です。せっかくなら、その時間に「今実行しているものは何か」とか「今書いたコードはなにか」といった解説があれば、もう少しストレスフリーになったかなと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
わかりやすいと思います。 難易度もちょうどよいと思いました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 紹介
    • このコースで何ができるのか?二つのアプリがアナタのスマホで動きます。
    • Javaの知識について
    • Java技術者でも面食らうデフォルトのソース
    • (※注意)このコースの進め方
  2. スマホ(Android)アプリ開発環境の構築
    • Android Studioのダウンロード
    • Android Studioのインストール
    • (不要になった時に備えて)Android Studioのアンインストール
    • AVDの作成
    • (余談的に)デフォルト以外のAVDを作成する場合
  3. Androidプロジェクトの作成と構成
    • プロジェクトの作成と削除
    • HelloWorld実行前にビルドエラーが出た場合の対処方法
    • HelloWorldの実行とプロジェクト構成
    • リソースファイル
    • 2024年版としての注意点
  4. 画面の作成とタップ操作の基本
    • 画面表示の公式
    • 文字列やボタンの配置
    • タップ時のメソッド
  5. タップ操作で別の画面に移動したり、前の画面からの情報を引き継ぐ
    • 別の画面を作る
    • 画面の切り替え
    • 画面文字を変更する
    • ボタンで画面文字を表示
    • 別アクティビティ
    • 引数を渡す
  6. アナタの(Android)スマホで動かす
    • apk(Android Package Kit)ファイルを作る
    • アナタのスマホで動かす
  7. (少し余談的に)デバッグと外観の設定を変えて新プロジェクトの作成
    • デバッグ
    • 外観設定と新プロジェクト
  8. 自分のアプリと他のアプリを連携する
    • 地図アプリ連携
    • 電話アプリ連携
    • メッセージを出す
  9. アプリのライフサイクル
    • ライフサイクルと共通化
    • ライフサイクルとログ
    • アクティビティの破棄
  10. 終わりに
    • 終わりのご挨拶
  11. ボーナスレクチャー
    • Javaの基本サイト(JDKインストール~Webアプリ)
   

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】
発売日 2020/09/23
(4.2)

3.5 total hours
環境構築から簡単なアプリの開発を通じてFlutterを最短"3日"で学習

※この動画コースは、Flutter学習サービス『Flutterラボ』でも公開しています。


---2022年5月29日更新---

最新バージョンFlutter3.0.1での環境構築の手順を追加公開しました

---


Googleが提供するクロスプラットフォーム開発ツール『Flutter』を用いて、1つのソースコードでiOS・Androidの両方で動作するモバイルアプリを開発する手法を学んでいきます。

モバイルアプリ開発や、プログラミング言語の記述の基礎を学ぶことができます。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Flutterは初めて勉強するのですが、他の言語は触ったことがあることもあり、 少し物足りませんでした。コードの解説というよりかは、操作の説明になっていたので、深く知ることができずもどかしい気持ちになりました。 プログラミング初心者には良いのかもしれませんが、他の言語の経験がある方はこのコースより難しいコースを受けた方が勉強になるかと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
とりあえずFlutterを触ってみたいという人にはいいかも。「ここがこうなってるからこう動く」というような解説がもっと欲しかった。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • 講座紹介
  2. Macでの環境構築【2022年5月現在】
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • AndroidStudioのセットアップ
    • Xcodeのセットアップ
    • WEBとMacOSアプリのビルドを実行
  3. macでの環境構築
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • Android Studioのセットアップ
    • Android licenseを許可する
    • Xcodeのセットアップ
    • Android StudioにFlutterプラグインをインストール
    • 新規Flutterプロジェクトの作成
    • 仮想デバイスの実装&デモアプリの実行
  4. Windowsでの環境構築【2022年5月現在】
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • Android Studioのセットアップ
    • Android Toolchainの設定
    • Android StudioにFlutterプラグインをインストール
    • 新規Flutterプロジェクトを作成
    • 仮想デバイスの実装&デモアプリの実行
  5. Windowsでの環境構築
    • Flutter SDKのインストール
    • パスの設定
    • Android Studioのセットアップ
    • Android licenseを許可する
    • Android StudioにFlutterプラグインをインストール
    • 新規Flutterプロジェクトの作成
    • 仮想デバイスの実装&デモアプリの実行
  6. 簡単なアプリを開発【2022年5月最新版】
    • コメントアウトの削除
    • メインページのタイトルを変更
    • メイン画面にリストを表示
    • 区切り線を表示してリストを見やすくする
    • リスト表示を動的に
    • ボタンタップでリストを追加
    • リストタップで画面遷移
    • 遷移先の画面のUI作成
    • コンストラクターを用いて遷移先のページに情報を渡す
  7. 簡単なアプリを開発
    • アプリの完成イメージを持とう
    • アプリ開発の準備をしよう
    • メインページのタイトルを変更しよう
    • 練習問題1:アプリのヘッダータイトルを自分好みのものに変更してみましょう
    • メイン画面にリストを表示しよう
    • 練習問題2:表示するリストの内容を変更してみよう
    • 区切り線を表示してリストを見やすくしよう
    • リスト表示を動的に
    • 練習問題3:表示するリストの数を変更してみましょう
    • ボタンタップでリストを追加表示
    • 練習問題4:追加されるリストの数を変更してみましょう
    • リストをタップした時に画面を遷移
    • 練習問題5:NextPageからさらに画面遷移できる様にしてみよう
    • 遷移先の画面のUIを作成
    • コンストラクターを用いて遷移先のページに情報を渡す
    • 練習問題6:遷移先のページにIDとPWの情報を送り表示してみよう
  8. Flutter for WEBの環境構築
    • WEB対応の実装&デモアプリの実行
  9. 実機デバイスでのデバッグ方法
    • iPhone実機でのデバッグ方法
    • Android実機でのデバッグ方法
  10. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー1
    • ボーナスレクチャー2
   

Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識

Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識
発売日 2021/07/27
(4.4)

2.5 total hours
Flutterをこれからはじめる方や学習中の方に知ってほしいDart基礎

※この動画コースは、Flutter学習サービス『Flutterラボ』でも公開しています。


Flutter開発で最低限知っておきたいDartの基礎知識を学習することができます。


プログラミング言語の学習は終わりがないのでどこまでできるようになれば良いのかわからないという意見をたくさん頂きました。

Flutter開発の学習をする上で、これだけ知っていればとりあえず進められると思う内容をピックアップして解説しているので、上級者にとっては物足りない内容かもしれませんが、プログラミング初心者や、他のプログラミング言語は習得しているがFlutterは始めたばかりという方にとって最短でFlutterを学習できるようになる内容を目指しています。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
dartの基本文法について簡潔に学べる内容であったかと思われます。 あとは、AndroidStudioなどでの環境構築について、継承・インターフェース・抽象クラスなどの概念なども扱われていれば尚良いかと感じました。 不足部分はtour of dartなどで勉強したいと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
わかりやすくてよかったです。 また繰り返し見てみようと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. イントロダクション
    • コースの紹介
  2. Dartの基礎データ型を学習しよう
    • int & double
    • String
    • bool
    • Listと変数について
    • Map
    • var
    • Function
    • Future
    • Widget
  3. クラスとインスタンスについて
    • クラス & インスタンス
  4. 修飾子について
    • final & const
    • _(アンダースコア) privateについて
    • static
  5. 変数について
    • 代入とは
    • 算術演算子
    • 代入演算子
  6. if文の基礎
    • 比較演算子
    • if文の基本的な活用
    • 論理演算子
    • 三項演算子
    • 変数のスコープ
  7. switch文の基礎
    • switch文の基本的な活用
    • enum
  8. for文の基礎
    • for文の基本的な活用
    • for-in文
  9. while文の基礎
    • while文の基本的な活用
    • while文におけるbreakとcontinue
  10. Exceptionの基礎
    • try-catch文
  11. Null Safetyとは?
    • DartにおけるNull Safetyの活用
  12. 今後の学習について
    • これからの学習方法
  13. ボーナストラック
    • ボーナスレクチャー1
    • ボーナスレクチャー2
   

【Android開発/2023年版】3つのアプリを作りながらJetpack Composeでのアプリ開発の基礎をマスター

【Android開発/2023年版】3つのアプリを作りながらJetpack Composeでのアプリ開発の基礎をマスター
発売日 2022/08/09
(4.4)

10.5 total hours
自己紹介アプリ、BMI計算アプリ、Todoリストの作成を通じてAndroidアプリ開発を学びます。JetpackComposeはAndroid開発で一般的に使用されるようになってきており、これからのAndroid開発には必須のスキルです。

このコースは自己紹介アプリ、BMI計算アプリ、Todoリストアプリの3つのアプリを作りながら、Jetpack ComposeでのAndroidアプリ開発方法を学べる内容となっています。ハンズオン形式で進められるように作っていますので、必ずお手元でコードを書きながらコースを進めてください。


3つのアプリ制作ではそれぞれ次のようなトピックを扱っていきます。

自己紹介アプリ

このセクションはUIの作成方法の学習に重点を置いています。

  • 基本的なUIコンポーネントの作り方(Text, Button, Image)

  • Modifierを使用した見た目の調整、機能追加

  • MutableStateによる状態保持


BMI計算アプリ

UI関連のデータを管理するためのViewModelというクラスを使用して、より複雑な機能を持ったアプリの開発を学びます。

Android開発でよく使用されるMVVMアーキテクチャでアプリを作成していきます。

  • ViewModelを使ったデータの管理方法

  • テキストフィールドへのインプットの管理方法

  • MVVMアーキテクチャ


Todoリストアプリ

自己紹介アプリ、BMI計算アプリで学んだ、UIコンポーネントやViewModelを使いつつもグッとレベルをあげてより実務レベルに近いアプリを作成していきます。また、RoomやHiltといったメジャーなライブラリの使用方法も学んでいきます。

  • リストやダイアログといったより複雑なUI

  • Roomでのデータベース操作

  • Hiltを使った依存関係注入(DI)


コースの進め方について/つまずいた時

Android開発を始めるには完全に理解するということよりも、「使い方に慣れる」ということが大事だと個人的には思っています。コースを進める上では必ず、難しい点、理解できない点が出てくるかと思います。このコースはハンズオン形式となっているので、完全に理解しなくても進めることができるかと思います。

「動くアプリを自分で作る」というのを最初の目的にして、一通りアプリを作ってみて、それでも理解ができないところがあればもう一度アプリを作ってみたり、developerのサイトを調べならがら理解を深めるというのがお勧めのコースの進め方です。

また、それぞれのアプリのソースコードはGitHub上にアップロードしているので、お手元のアプリがどうしても動かない時は、こちらを参照してみてください。


Jetpack Composeは2021年に安定版がリリースされ、その後、日本の企業でも使用が広がっているUIツールキットです。

これからAndroid開発を学ぶ方やAndroidエンジニアになる方は、従来のUIフレームワークではなく、Jetpack Composeでのアプリ開発を学ぶことをお勧めします。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
四つのアプリを実際に作成しながら、ライブラリーの設定やClean Architecture、Composeなどの勉強ができたと思います。Android初心者でも 本講座をちゃんと勉強すれば、APIを利用した表示系アプリはだれでも作成できると思います。Composeを利用したアプリの作成方法を学びたい初心者にはお勧めします。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
すごくわかりやすい。 ただ、kotlinのversionが低かったり、現在は非推奨になっているライブラリが使用されているため、そのまま真似していくとエラーが発生して先に進めなくなる。 パラメーター名など、定義を参照すればすぐ解決できるような変更ならともかく、ライブラリが使えないのは致命的です。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • (重要)使用するAndroidStudioのバージョンについて
    • はじめに
    • コースの構成
    • このコースのソースコードについて
    • ショートカットについて
  2. 自己紹介アプリ
    • セクション概要
    • このセクションのソースコード
    • プロジェクトの新規作成
    • 名前と職業テキストの追加
    • プロフィール画像の追加
    • 会社情報テキストの追加
    • Email表示の追加
    • 「詳細を表示」ボタンの追加
    • 趣味 & 居住地セクションの追加
    • リファクタリング
    • 詳細の表示/非表示切り替え機能
    • スクロール機能の追加
    • ステータスバーのカスタマイズ
    • セクションまとめ
  3. BMI計算アプリ
    • セクション概要
    • このセクションのソースコード
    • プロジェクトの新規作成
    • アプリタイトル表示テキストの追加
    • 身長テキストフィールドの追加
    • 体重テキストフィールドの追加
    • 「計算する」ボタンと結果表示用テキストの追加
    • ViewModelの簡単な説明とセットアップ
    • テキストフィールドのデータ管理
    • BMI計算
    • セクションまとめ
  4. Todoリストアプリ
    • セクション概要
    • このセクションのソースコード
    • プロジェクトの新規作成
    • Todoリストアプリ制作の流れ
    • Roomの依存関係を追加
    • Taskエンティティの作成
    • データアクセスオブジェクトの定義
    • DAOメソッドの非同期化
    • データベースクラスの作成
    • 依存関係注入(DI)について
    • Hiltの依存関係を追加
    • Hiltモジュールの作成
    • Hiltアプリケーションとエントリーポイントの設置
    • FABの追加
    • タスク新規作成ダイアログの追加
    • テキストフィールドの管理
    • タスク新規作成
    • リファクタリング
    • タスク全件取得処理の追加
    • リスト1行分のレイアウト作成
    • リストレイアウトの完成
    • タスク削除機能
    • タスク更新機能
    • バグ修正
    • セクションまとめ
  5. 最後に
    • ありがとうございました!
  6. 以降のセクションについて
    • ここからのセクションの進め方について
  7. 画像検索アプリ/UnsplashClient
    • セクション概要
    • プロジェクトの新規作成
    • アプリの概要
    • パッケージ構成の整理
    • SearchPhotosDtoの作成
    • APIキーの取得
    • 画像検索用Retrofitインターフェース作成
    • PhotoRepositoryの作成
    • 画像検索HTTP通信インターフェース作成の振り返り
    • PhotoDetailDtoの作成
    • 画像詳細情報取得関数をRetrofitインターフェースに追加
    • Repositoryに画像詳細取得関数を追加
    • Photoモデルの作成
    • PhotoDetailモデルの作成
    • オブジェクト変換エクステンションの追加
    • SearchPhotosUseCaseの作成
    • GetPhotoDetailUseCaseの作成
    • 「Presentationレイヤーの作成」の概要
    • JetpackComposeでの画面遷移について
    • 画面遷移をセットアップ
    • 画像検索画面のPresentationレイヤー作成の概要
    • SearchPhotosStateの作成
    • SearchPhotosViewModelの作成
    • 画像検索画面のViewのベースを作成
    • Hiltのセットアップ
    • PhotoThumbnailコンポーネントの作成 - その1
    • PhotoThumbnailコンポーネントの作成 - その2
    • SearchBarコンポーネントの作成
    • SearchBarを画面に追加
    • ViewModelとSearchBarの繋ぎ込み
    • ローディング表示 & エラー表示
    • 画像検索画面から画像詳細表示画面への画面遷移
    • PhotoDetailStateの作成
    • PhotoDetailViewModelの作成
    • 画像詳細表示画面のViewのベースを作成
    • CountLabelコンポーネントの作成
    • PhotoDetailContentの作り込み - その1
    • PhotoDetailContentの作り込み - その2
    • ステータスバー & アクションバー & 検索バーの色の修正
    • セクションまとめ
 
Preview Video
   

【Flutter】UI開発でよく使うWidget50選

【Flutter】UI開発でよく使うWidget50選
発売日 2021/09/23
(4.4)

3.5 total hours
頻出Widget50選を初心者にもわかりやすく解説しています

※この動画コースは、Flutter学習サービス『Flutterラボ』でも公開しています。


概要

FlutterでUIを作成する際に不可欠な『Widget』。

よく使うWidget50選の使い方をひとつひとつ解説しています。


解説Wideget

  • 基本Widget

    • Scaffold

    • Text

    • AppBar

    • Image

    • Icon

    • BottomNavigationBar

    • Drawer

    • FloatActionButton

    • RichText

  • UIを構成するWidget

    • Container

    • Column

    • Row

    • Stack

    • Align

    • AspectRatio

    • Expanded

    • Padding

    • SizedBox

    • Center

    • ClipRRect

    • Divider

    • ProgressIndicator

    • Spacer

    • Opacity

    • BottomNavigationBar

    • Table

    • Wrap

  • スワイプ&スクロールできるWidget

    • ListView

    • SingleChildScrollView

    • GridView

    • PageView

    • RefreshIndicator

    • Scrollbar

    • TabBarView

  • ユーザーの行動に影響するWidget

    • TextField

    • GestureDetector

    • ElevatedButton

    • DropDownButton

    • IconButton

    • OutlinedButton

    • PopupMenuButton

    • TextButton

    • Slider

    • BackButton

    • CheckBox

    • Radio

    • Switch

  • アニメーションWidget

    • Hero

  • 非同期処理のWidget

    • FutureBuilder

    • StreamBuilder

※他に解説してほしいWidgetがあればコメントでご要望ください。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
FlutterのWidgetを色々しれて、Flutterで何ができそうなのかをざっくりと知ることができました。 初めて勉強する方や久々にFlutterを書くぞ!となった時に見ると良さそうでした。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
Flutter 初心者だが、頭の引き出しに入れておけば便利な Widget が色々とあることが知れた。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • 紹介
  2. 基本Widget
    • Scaffold
    • Text
    • AppBar
    • Image
    • Icon
    • BottomNavigationBar
    • Drawer
    • FloatingActionButton
    • RichText
  3. UIを構成するWidget
    • Container
    • Column
    • Row
    • Stack
    • Align
    • AspectRatio
    • Expanded
    • Padding
    • SizedBox
    • Center
    • ClipRRect
    • Divider
    • ProgressIndicator
    • Spacer
    • Opacity
    • BottomNavigationBar
    • Table
    • Wrap
  4. スワイプ&スクロールできるWidget
    • ListView
    • SingleChildScrollView
    • GridView
    • PageView
    • RefreshIndicator
    • Scrollbar
    • TabBarView
  5. ユーザーの行動に影響するWidget
    • TextField
    • GestureDetector
    • ElevatedButton
    • IconButton
    • OutlinedButton
    • TextButton
    • DropdownButton
    • PopupMenuButton
    • Slider
    • BackButton
    • CheckBox
    • Radio
    • Switch
  6. アニメーションWidget
    • Hero
  7. 非同期処理のWidget
    • FutureBuilder
    • StreamBuilder
  8. 今後の学習について
    • 今後の学習について
  9. ボーナストラック
    • ボーナスレクチャー1
    • ボーナスレクチャー2
   

Udemyで無料で学べるAndroidアプリ開発講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

【Unity】Android & iOS対応 超簡単!ボタンクリックゲームを作成する方法

【Unity】Android & iOS対応 超簡単!ボタンクリックゲームを作成する方法
発売日 2021/04/17
(4.8)

1 total hour
Unityで簡単なスマホ向けゲームを作ってみましょう。このプロジェクト自体は実際にアプリリリースに使用することができます。※この講座ではリリースまでのサポートはしておりません。

この講座では、Unityでスマホアプリを作ってみたい方向けの講座となります。

Unityの基本操作をなんとなく掴んだ方が、1時間以内で作れるというのをコンセプトにクリックゲーム制作動画を作りました。

非常にシンプルなものとなりますが、クリックゲームの作り方を学ぶことができます。


また、このプロジェクトはアプリとして実際にリリースすることも可能です。

実際にこのプロジェクトをGooglePlayストア、AppStoreにリリースしていただいて構いません。


※注意点

リリース方法までは解説しておらず、アプリ内容を作るまでとなっています。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
説明の声が少し暗い感じでたどたどしく感じ、さらにイヤホンで聞いた際はリップ音が気になりました。なかなか精度の高い自動日本語字幕があったのでそれも使って進めようとしたところ、字幕がスクリプトに重なることがあって、今度はそれがストレスになりました。とはいえ、講座は最後まで説明通り進めて、無事クリックゲームを完成させることができました。進め方は都度ログの表示や実際に動作確認して進めてくれるので非常にわかりやすかったです。無料版とは思えない素晴らしい講座だと思いました。有料版も購入したのでこれから進める予定です。楽しみです。なお、一転補足ですが、実際にアンドロイドに入れて動作させてみるとSampleSceneから始まってしまいました。SceneSettingでTitleSceneをID0にしてオープニングシーンにする必要があると思いました。講義内で説明済みなのを私が見落としていたということでしたらすいません。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
意外とおろそかになりがちなタイトルシーンとシーン遷移。 初心者はゲームを作ることに夢中になり、一番大切なタイトル画面やシーン遷移をどうすればいいか悩む。 この講座はそれだけに特化していてとても分かりやすい。 ゲームを作るのに一番大事なことはリリースすることであり、 それをしないといつまでもグダグダになる。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • はじめに
  2. 簡単なクリックゲームを作成
    • プロジェクト作成と初期設定
    • <追記>Unityバージョン2021におけるボタン・テキスト生成方法
    • ボタンとテキストの設置
    • ボタンカウント機能の作成
    • カウントダウンタイマーの作成
    • ゲーム終了処理の作成
    • タイトルシーンの作成
    • ゲームシーンへの遷移機能作成
    • タイトルシーンへの遷移機能作成
    • 画面サイズ設定
    • おわりに
 
Preview Video
   

関連:Androidアプリ開発を本でも学ぼう

UdemyのAndroidアプリ開発講座は上述したとおり、Androidの基礎からiOS含めたクロスプラットフォーム開発まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Androidアプリ開発の参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました