レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年】デザインパターンの本「最新・人気のおすすめの15冊」

プログラムの大きな設計指針の1つとなる「デザインパターン」。

設計時の迷いや思考時間を軽減してくれるのはもちろん、別のエンジニアとの設計に関する意思疎通・会話のためにも、有益な知識です。

デザインパターンの知識がなくてもプログラムは組めますが、プロのエンジニアとしてやっていくなら、主要なパターンは知っておくべきといえるでしょう。

こちらでは、そんなデザインパターンの参考書を、人気・高評価のおすすめ本とともに紹介していきます。

 

  1. デザインパターンの本「最新の人気ランキング 20冊」
  2. デザインパターンの本 人気の10冊
    1. 入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン
    2. AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン
    3. オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
    4. Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版
    5. 現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法
    6. Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス
    7. 独習デザインパターンC++
    8. 分散システムデザインパターン ―コンテナを使ったスケーラブルなサービスの設計
    9. マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン
    10. インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク・デザインパターン 実務で使えるネットワーク構成の最適解27
  3. デザインパターンの本 最新・高評価のおすすめの5冊
    1. マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン
    2. 現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法
    3. 入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン
    4. AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン
    5. Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版
  4. デザインパターンの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. デザインパターン参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  6. 関連:オブジェクト指向・プログラミング作法(リファクタリング)について学ぶ
 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

デザインパターンの本「最新の人気ランキング 20冊」

今人気の「デザインパターンの本」をランキングで一覧したのが以下です。

(2024/04/19 12:03 更新)
Rank製品価格
1
入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン...
発売日 2019/01/17
Mike Julian (オライリージャパン)
総合評価
(4.4)
3,080円
(+185pt)
3,080円
3,080円
2
AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン
発売日 2021/05/17
澁井雄介 (翔泳社)
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
3
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン...
Erich Gamma (ソフトバンククリエイティブ)
総合評価
(4.1)
5,280円
(+317pt)
5,280円
5,280円
4
Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版
発売日 2021/11/13
結城 浩 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.3)
4,290円
(+258pt)
3,861円
4,290円
4,290円
5
3,740円
(+225pt)
1,870円
3,740円
6
Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス
発売日 2015/09/18
Dima Kovalenko (オライリージャパン)
総合評価
(3.8)
3,300円
(+198pt)
3,300円
3,300円
7
独習デザインパターンC++
発売日 2015/03/27
株式会社テクノロジックアート (翔泳社)
総合評価
(3.4)
売り切れ
1,870円
3,740円
3,448円
8
分散システムデザインパターン ―コンテナを使ったスケーラブルなサービスの設計...
発売日 2019/04/20
Brendan Burns (オライリージャパン)
総合評価
(4.1)
2,860円
(+172pt)
2,860円
1,573円
9
3,740円
(+225pt)
3,366円
3,740円
10
3,740円
(+225pt)
3,366円
3,740円
3,740円
11
Game Programming Patterns ソフトウェア開発の問題解決メニュー impress top gearシリーズ...
発売日 2015/09/24
Robert Nystrom, 武舎広幸, 阿部和也, 上西昌弘 (インプレス)
総合評価
(4.6)
4,180円
(+126pt)
3,762円
4,180円
4,180円
12
レイアウトのデザインパターン帖
発売日 2018/10/01
(パイ インターナショナル)
総合評価
(3.4)
1,070円
2,090円
1,749円
2,031円
13
Head Firstデザインパターン 第2版 ―頭とからだで覚えるデザインパターンの基本...
発売日 2022/06/08
Eric Freeman, Elisabeth Robso (オライリージャパン)
総合評価
(4.3)
5,280円
(+317pt)
5,280円
5,280円
14
機械学習デザインパターン ―データ準備、モデル構築、MLOpsの実践上の問題と解決...
発売日 2021/10/19
Valliappa Lakshmanan, Sara Robinson, Michael Munn (オライリージャパン)
総合評価
(3.7)
4,180円
(+251pt)
4,180円
4,180円
15
3,080円
(+185pt)
2,218円
3,080円
3,080円
16
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門
発売日 2014/03/12
結城 浩 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.3)
5,300円
3,762円
4,180円
1,754円
17
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編...
発売日 2014/03/12
結城 浩 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.3)
1,806円
4,653円
5,170円
4,840円
18
Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版(日経BP Next ICT選書)...
発売日 2015/07/21
玉川 憲, 片山 暁雄, 鈴木 宏康, 野上 忍 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.5)
売り切れ
2,673円
2,970円
1,996円
19
PHPによるデザインパターン入門
発売日 2006/11/27
下岡 秀幸 (秀和システム)
総合評価
(4.8)
4,850円
3,300円
6,500円
20
1,431円
2,218円
2,464円
2,420円
 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきます。

Kindle版のある本なら試し読みも可能。大概目次まで見れるので、概要もつかめるので、サンプル試読がおすすめです。

 

デザインパターンの本 人気の10冊

以下が「デザインパターンの本」人気の10冊詳細です。

(2024/04/19 12:03 更新)
Rank製品価格
1
入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン...
発売日 2019/01/17
Mike Julian (オライリージャパン)
総合評価
(4.4)
3,080円
(+185pt)
3,080円
3,080円
2
AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン
発売日 2021/05/17
澁井雄介 (翔泳社)
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
3
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン...
Erich Gamma (ソフトバンククリエイティブ)
総合評価
(4.1)
5,280円
(+317pt)
5,280円
5,280円
4
Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版
発売日 2021/11/13
結城 浩 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.3)
4,290円
(+258pt)
3,861円
4,290円
4,290円
5
3,740円
(+225pt)
1,870円
3,740円
6
Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス
発売日 2015/09/18
Dima Kovalenko (オライリージャパン)
総合評価
(3.8)
3,300円
(+198pt)
3,300円
3,300円
7
独習デザインパターンC++
発売日 2015/03/27
株式会社テクノロジックアート (翔泳社)
総合評価
(3.4)
売り切れ
1,870円
3,740円
3,448円
8
分散システムデザインパターン ―コンテナを使ったスケーラブルなサービスの設計...
発売日 2019/04/20
Brendan Burns (オライリージャパン)
総合評価
(4.1)
2,860円
(+172pt)
2,860円
1,573円
9
3,740円
(+225pt)
3,366円
3,740円
10
3,740円
(+225pt)
3,366円
3,740円
3,740円
 

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

あなたのシステムはきちんと動いていると言えますか?
本書は、システムのどの部分をどのように監視すべきか、また監視をどのように改善していくべきかについて解説する書籍です。
前半で監視のベストプラクティス、デザインパターン/アンチパターンを示して、監視の基本原則を詳しく説明し、後半でフロントエンド、アプリケーション、サーバ、ネットワーク、セキュリティの各テーマで強力な監視の基盤を設計して実装するための方法を示します。
監視対象が変化し、システムアーキテクチャが進化する中で、従来から変わらない監視の基本を示しながら、時代に合った監視の実践を解説する本書は、監視についての理解を深めたいエンジニア必携の一冊です。
日本語版では、松木雅幸(@songmu)氏による監視SaaSの導入や活用方法を付録として収録しています。
 
目次
第1部 監視の原則(監視のアンチパターン
監視のデザインパターン
アラート、オンコール、インシデント管理
統計入門)
第2部 監視戦略(ビジネスを監視する
フロントエンド監視
アプリケーション監視
サーバ監視
ネットワーク監視
セキュリティ監視
監視アセスメントの実行)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
この本はとても良かったです。こんなものも監視するのか、という知見が深まる部分や気づきがありました。 エンジニアになった人は是非一冊持っていてください。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ありがとうございました。非常に良い と評価します。 まだ投稿されていません。 以下項目を入力後に投稿ボタンを押してください。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
監視のイロハが載っている本。監視について何も知らないなら得るものは多い。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
著者略歴
ジュリアン,マイク(Julian,Mike)
アプリケーションやインフラについて、企業がよりよい監視の仕組みを作るのを手伝うコンサルタント。監視についてのあらゆることを扱うオンライン情報誌「Monitoring Weekly」の編集者でもある。Taos Consulting、PeakHosting、Oak Ridge National Labなどで、オペレーションエンジニアあるいはDevOpsエンジニアとして働いた経験を持つ。テネシー州ノックスビル出身で、カリフォルニア州サンフランシスコ在住

松浦隼人(マツウラハヤト)
人力翻訳コミュニティYakst管理人兼翻訳者。本業はインフラエンジニアで、Web企業にて各種サービスのデータベースを中心に構築・運用を行った後、現職ではRuby on Rails製パッケージソフトウェアのテクニカルサポートを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン

機械学習システム構築に必要な
デザインパターンがここにある!

【本書の背景】
Pythonを用いた機械学習のモデル開発事例は多数ありますが、
そのモデルをビジネスやシステムに組み込み、運用する事例や方法論は多くありません。
そのため、AIを組み込んだ実装モデルをまとめた、
「機械学習システムのデザインパターン」に注目が集まっています。

【対象読者】
・AIエンジニア
・システムエンジニア
・機械学習を本番システムとして使うための開発、運用方法で悩んでいるエンジニアの方

【本書の概要】
本書は機械学習を有効活用するためにはシステムに組み込むための設計や
実装が必要と考え、機械学習システムのデザインパターンを集めて解説した書籍です。
機械学習システムのグランドデザインおよびPythonによる機械学習システムの実装例を説明しつつ、
機械学習を本番活用するための方法論や、運用、改善ノウハウについて解説します。
本書で扱うプラットフォームには、コードの再現実行を担保するため、
DockerとKubernetesを活用します。
機械学習の学習から評価、QAを行い、推論器をリリースして
運用するまでの一連の流れをアーキテクチャやコードとともに解説します。

【デザインパターンのサンプル】
本書で解説している実際のサンプルコードをGitHubからダウンロードして利用可能です。

【本書のゴール】
・機械学習を実用化する方法が学べる
・Pythonによる機械学習ワークフローおよびWebアプリケーション開発の概要を学べる
・機械学習を組み込んだシステムの運用ノウハウを得られる
・機械学習システムのトラブルシューティングや調査方法を学べる

【著者プロフィール】
澁井 雄介(しぶい・ゆうすけ)
株式会社ティアフォー所属。
MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、ARエンジニア、ネコ2匹の飼い主。家に猫用ハンモックが4台ある。
本業で自動運転のためのMLOps基盤をKubernetesで開発しつつ、趣味でARとEdge AIを組み合わせて遊んでいる。
過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。
前職メルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開。
・GitHubで「mercari/ml-system-design-pattern」と検索

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■Part 1 機械学習とMLOps
CHAPTER 1 機械学習システムとは
1.1 機械学習、MLOps、システム
1.2 ユーザに使ってもらえる機械学習を目指して
1.3 機械学習システムに必要なもの
1.4 機械学習システムをパターン化する
1.5 本書の構成
■Part 2 機械学習システムを作る
CHAPTER 2 モデルを作る
2.1 モデルの作成
2.2 アンチパターン―Only meパターン―
2.3 プロジェクトとモデルとバージョニング
2.4 パイプライン学習パターン
2.5 バッチ学習パターン
2.6 アンチパターン―複雑パイプラインパターン―
CHAPTER 3 モデルをリリースする
3.1 学習環境と推論環境
3.2 アンチパターン―バージョン不一致パターン―
3.3 モデルの配布と推論器の稼働
3.4 モデルインイメージパターン
3.5 モデルロードパターン
3.6 モデルの配布とスケールアウト
CHAPTER 4 推論システムを作る
4.1 なぜシステムを作るのか
4.2 Webシングルパターン
4.3 同期推論パターン
4.4 非同期推論パターン
4.5 バッチ推論パターン
4.6 前処理・推論パターン
4.7 直列マイクロサービスパターン
4.8 並列マイクロサービスパターン
4.9 時間差推論パターン
4.10 推論キャッシュパターン
4.11 データキャッシュパターン
4.12 推論器テンプレートパターン
4.13 Edge AIパターン
4.14 アンチパターン―オンラインビッグサイズパターン― 
4.15 アンチパターン―オールインワンパターン―
■Part 3 品質・運用・管理
CHAPTER 5 機械学習システムを運用する
5.1 機械学習の運用
5.2 推論ログパターン
5.3 推論監視パターン
5.4 アンチパターン―ログなしパターン―
5.5 アンチパターン―そして誰もいなくなったパターン―
CHAPTER 6 機械学習システムの品質を維持する
6.1 機械学習システムの品質と運用
6.2 機械学習システムの正常性評価指標
6.3 負荷テストパターン
6.4 推論サーキットブレーカーパターン
6.5 シャドウA/Bテストパターン
6.6 オンラインA/Bテストパターン
6.7 パラメータベース推論パターン
6.8 条件分岐推論パターン
6.9 アンチパターン―オフラインのみパターン―
CHAPTER 7 End-to-EndなMLOpsシステムの設計
7.1 課題と手法
7.2 需要予測システムの例
7.3 コンテンツ投稿サービスの例
7.4 まとめ

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
たった今到着しました!背表紙に傷が付かないようにセロファン付けて下さるなど、丁寧な御送付有り難うございました! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても参考になる本。大規模サービスを前提に機械学習モデルの開発方法のパターンやサービス運用時のパターンまでサンプルコードとともにとても詳しく記載されている。モデルをリリースする際の方法を検討している場合、一度は読んでみると良いかと思われる。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
機械学習のシステムの文脈でも「デザインパターン」を示した書籍です。様々な機械学習のインプット・アウトプット、学習・テストのパターンに分けて「デザインパターン」を構成されています。MLflowという、機械学習の実験、再現性、デプロイメント、セントラルモデルレジストリなど、機械学習ライフサイクルを管理するためのオープンソースのプラットフォームを用いていてモダンなシステム構築が可能です。このような機械学習におけるデザインパターンを学びたい方にオススメの一冊です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
澁井雄介(シブイユウスケ)
株式会社ティアフォー所属。MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、ARエンジニア。過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。前職メルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

オブジェクト指向ソフトウェア設計の際に繰り返し現れる重要な部品をデザインパターンとして記録し、カタログ化。改訂版ではこれにCD−ROMを添付、現場でブラウザを通して即利用できるパターンカタログデジタル版を収録。特別付録として、原書にはないJavaのサンプルコードを追加。
【技術書翻訳名著シリーズ】
ソフトウェア開発のバイブル群! 弊社がこれまでに刊行した翻訳技術書の中から、長年読者から支持され続けている名著を厳選したのが、本シリーズです。移り変わりの激しいコンピュータ業界で、普遍性を保ち続ける定番をお届けします。ソフトウェア開発の上流から下流まで、入門書からエキスパート向けまで、技術者に求められる選りすぐりの情報がここにあります。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
概論
事例ードキュメントエディタの設計
デザインパターン・カタログ(生成に関するパターン
構造に関するパターン
振る舞いに関するパターン)
終わりに
Users Voice
もともと知っているものもあって、当然パターンかされているのでほっとする。
もともと知らなかったパターンもあった。参考に覚えておく。そして、
自分が無意識で作成したプログラムに、あっこれはこのパターンだと後で気がつく。自然と使えるようになっている自分に驚く。そのようになるための本。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
オブジェクト指向ソフトウェア設計の際に繰り返し現れる重要な部品をデザインパターンとして記録し、カタログ化。改訂版ではこれにCD−ROMを添付、現場でブラウザを通して即利用できるパターンカタログデジタル版を収録。
特別付録として、原書にはないJavaのサンプルコードを追加。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
本書は、エリック・ガンマ、ラルフ・ジョンソン、リチャード・ヘルム、ジョン・ブリシディースの所謂、オブジェクト指向の4人組(Gof, Gang of four)の共著です。
デザインパターンとは、型紙のことです。
上着を作りたければ、上着の型紙が必要です。
上着の型紙は1種類とは限りません。
デザイン(設計)に応じて、数種類から数千種類の型紙から選ぶ必要があります。
10や20の型紙を知っているだけで、使いこなしていると勘違いすることがないように、本書をじっくり読みましょう。
デザインパターンのことをよく知らないで、既存のソフトを修正してプログラムを作っているという場合もしばしばあります。
本書は、そのままデザインパターンのことをよくしらないまま使いつづけるのにも役立ちます。
デザインパターンの使い方を覚えるのにも役立つと思います。
建築物でも、類似の建物を建てる場合には、設計を再利用することがある。
ソフトウェア開発でも、対象が似ていれば、ソフトウェアも似ていていいかもしれない。
オブジェクト指向とは、物(オブジェクト)思考なのだから、その設計(デザイン)も、似ていて当然かもしれない。
設計の再利用は自然の流れである。
課題てゃ、再利用する設計が、抽象的すぎることかもしれない。
もっと、具体的な会計システムのような厳密に定義できるものだとよかったかもしれない。
デザインパターンという設計の基本的な例題を使うという視点では、 結城さんが書いた「java言語で学ぶデザインパターン入門」「java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編」を合わせて読むとよいかもしれません。 結城さんは、長年、マニュアル本をたくさん書かれているので、さまざまな情報源から情報を収集し、体系的に説明するのに長けていると思います。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版

■『Java言語で学ぶデザインパターン入門 第3版』について

本書は、オブジェクト指向プログラミングにおいて古典的な23個のデザインパターンを、Java言語で書かれた短いサンプルプログラムとUMLを使い、オブジェクト指向プログラミングの初心者にもわかりやすく解説した技術書です。
2001年に初版が刊行されて以来、「最もわかりやすいデザインパターン解説書」「オブジェクト指向プログラミングとデザインパターンを学ぶ定番の一冊」と数多くの読者、技術者から支持されてきました。2004年には増補改訂版が刊行され、2020年には第31刷まで達するという人気のロングセラーとなっています。
しかし、Java言語は大きく進化しています。そこで第3版となる本書では、書籍の基本的構造と解説のわかりやすさはそのままに、扱っているサンプルプログラムを現代のJava言語に合わせて一新し、オブジェクト指向プログラミングとデザインパターンを身につけたいと思う技術者が、なおいっそう学びやすいように改訂を行いました。

●第3版改訂のポイント

・サンプルプログラムを現代のJava言語でリニューアルする(ジェネリック型、ラムダ式、拡張for、enum型、アノテーション、新たなクラスライブラリの使用など)。
・わかりやすさはそのままに、取り扱う例や解説を現代の観点から修正する(依存性の注入、セキュリティに関する記述の追加など)。
・古典的なデザインパターン23個はそのまま扱い、対応するサンプルプログラムもシンプルに保つ。

■目次
はじめに
UMLについて
デザインパターンを学ぶ前に

●第1部 デザインパターンに慣れる
第1章 Iterator 処理を繰り返す
第2章 Adapter 一皮かぶせて再利用

●第2部 サブクラスにまかせる
第3章 Template Method 具体的な処理をサブクラスにまかせる
第4章 Factory Method インスタンス作成をサブクラスにまかせる

●第3部 インスタンスを作る
第5章 Singleton たった1つのインスタンス
第6章 Prototype コピーしてインスタンスを作る
第7章 Builder 複雑なインスタンスを組み立てる
第8章 Abstract Factory 関連する部品を組み合わせて製品を作る

●第4部 分けて考える
第9章 Bridge 機能の階層と実装の階層を分ける
第10章 Strategy アルゴリズムをごっそり切り替える

●第5部 同一視
第11章 Composite 容器の中身の同一視
第12章 Decorator 飾り枠と中身の同一視

●第6部 構造を渡り歩く
第13章 Visitor 構造を渡り歩きながら仕事をする
第14章 Chain of Responsibility 責任のたらい回し

●第7部 シンプルにする
第15章 Facade シンプルな窓口
第16章 Mediator 相手は相談役一人だけ

●第8部 状態を管理する
第17章 Observer 状態の変化を通知する
第18章 Memento 状態を保存する
第19章 State 状態をクラスとして表現する

●第9部 無駄をなくす
第20章 Flyweight 同じものを共用して無駄をなくす
第21章 Proxy 必要になってから作る

●第10部 クラスで表現する
第22章 Command 命令をクラスにする
第23章 Interpreter 文法規制をクラスで表現する

●付録
付録A 練習問題の解答
付録B GoFによるデザインパターンの分類
付録C デザインパターンQ&A
付録D 参考文献

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1部 デザインパターンに慣れる
第2部 サブクラスにまかせる
第3部 インスタンスを作る
第4部 分けて考える
第5部 同一視
第6部 構造を渡り歩く
第7部 シンプルにする
第8部 状態を管理する
第9部 無駄をなくす
第10部 クラスで表現する
付録
Users Voice
デザインパターンについて全く分からない状態から読んでも大変分かりやすい本です。基礎から学びたい方におすすめできます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
分かりやすく読みやすい
後書きにある通り23パターン全てを記憶することは難しいがインターフェースや継承、移譲、クラスの切り分け等のオブジェクト指向の基本的な考え方の一面を見ることができる (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても参考になる本。大規模サービスを前提に機械学習モデルの開発方法のパターンやサービス運用時のパターンまでサンプルコードとともにとても詳しく記載されている。モデルをリリースする際の方法を検討している場合、一度は読んでみると良いかと思われる。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
澁井雄介(シブイユウスケ)
株式会社ティアフォー所属。MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、ARエンジニア。過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。前職メルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法

機械学習システムを実用化する
設計・開発・運用ノウハウが満載

【本書の概要】
本書は前著『AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン』(ISBN 978-4798169453 )では触れられなかった、
機械学習システムを構築する上で実際に発生する課題を想定し、
動いているシステムやワークフローに機械学習を組み込む方法を解説した書籍です。

特にニーズの高い以下の機械学習システムの例を用意しています。
・需要予測システム
・違反検知システム

【本書で学べる内容】
本書を読むことで、ケーススタディとして機械学習を実用化するための、
・課題設定
・ワークフロー設計
・システム開発
・チーム設計
を学ぶことできます。

【対象読者】
AI エンジニア、システムエンジニア

【目次】
第1章 課題、チーム、システム
第2章 需要予測システムを作る
第3章 動物画像アプリで違反検知システムを作る
第4章 動物画像アプリの検索に機械学習を活用する

【著者プロフィール】
澁井 雄介(しぶい・ゆうすけ)
Launchable Inc所属。
MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、バックエンドエンジニア、Androidエンジニア、ネコ2匹の飼い主。家に猫用ハンモックが4台ある。
本業でDeveloper ProductivityのためのMLOps・データ基盤を開発しつつ、MLOpsコミュニティの運営や副業に精を出している。
過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。
前々職のメルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開。
・GitHubで「mercari/ml-system-design-pattern」と検索

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
機械学習を実用化する方法だけでなく、ワークフロー設計やシステム構成、コードの実装、チーム構成まで網羅した一冊。
機械学習を使うために必要な要素はほとんど書いてありました。
テーマもDX前の小売店での需要予測から、スマホアプリでの違反検知や検索改善といった実際に発生する課題に対して機械学習を含めたシステムを開発する内容で、たいへん参考になります。

ただし機械学習そのものについては殆ど書いてないので、機械学習について学ぶためには他の本が必要そうです。
また、機械学習パイプラインはKubernetesやArgo Workflowsで独自実装してありますが、SageMakerやVertex AIで構成する方法も知りたいです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス

Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス
(著)Dima Kovalenko
発売日 2015/09/18
総合評価
(3.8)
(2024/04/19 12:03時点)
本書はSelenium WebDriverを使ったテストの構築方法やデザインパターン、メンテナンス性に焦点を当てた書籍です。
Seleniumを使った人ならわかるテスト時の取り入れるべき事柄や避けるべき事柄をパターン化してわかりやすく解説しています。
テストをリファクタリングする方法、自動テストプロジェクトにおけるSpaghettiパターン、テストデータについて、テストを安定させるコツ、さらにテストスイートを成長させるヒントなど、テスト自動化設計におけるポイントを幅広く紹介します。
ベストプラクティスだけでなく、アンチパターンも紹介しているため、失敗の原因を知り、適切な設計パターンを適用することができるようになります。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1章 最初のテストを書く
2章 Spaghettiパターン
3章 テストをリファクタリングする
4章 データ駆動テスト
5章 テストを安定させる
6章 振る舞いをテストする
7章 Page Objectパターン
8章 テストスイートを成長させる
付録A Seleniumをはじめよう
付録B Test::Unitによるデータ駆動テスト

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Seleniumの解説書はJavaのコードをベースにしているものが多いのですが、こちらはrubyをベースにしているため、 rubyで開発されている方でunit testやrspecに慣れている方なら、とても自然に読んでいける内容だと思います。

特にテストコードの中にハードコードしてしまいがちな操作対象(要素)の名前やリンクを、どのようにハードコードせずにfixturesなど外部に切り出していけば良いかと言った、実践的なことが書かれています。
非同期通信を待ってのテスト、アニメーションの動作を受けてのテストなど、こまかいところまで書かれていますので、なぜかテストが安定しない...と言った方は、お手に取ってみることをお勧めします。

また、テストと言えども「リファクタリング」を心がけており、コードを改善しながら解説しているので、テストという枠を外れたとしても大変参考になります。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
コヴァレンコ,ディマ(Kovalenko,Dima)
2003年、Rosetta StoneのサマーインターンシップにおいてQAインターンとしてキャリアをスタート。以来、ThoughtWorks、Grouponなど多数の企業で、手動および自動でソフトウェアをテストすることに長年従事してきた。これまで、言語学習ソフトウェア、ウェブeコマースストア、電話会社および航空会社のためのレガシーな保守業務など、さまざまなタイプのプロジェクトに参加。自動化テスタおよびソフトウェア開発者として、Ruby、Java、iOS、Android、PHPのプロジェクトに対するサポート経験もある

太田健一郎(オオタケンイチロウ)
大手SIerにて開発支援ツール開発SEを経験した後、商用/オープンソースを使った各種の自動テスト、パフォーマンステスト、インスペクションをお客様プロジェクトで担当。その後、大手Webサービス会社にてJenkinsを始めとするCIテスト自動化、パフォーマンスチューニングなどを担当。現在、株式会社SHIFTにて自動テストを始めとした各種自動化の導入、トレーニングを担当。その他、コミュニティ活動として、JaSST実行委員会、STAR(テスト自動化研究会)に所属

玉川紘子(タマガワヒロコ)
ソフトウェア開発者としてBtoB、BtoCの製品開発に従事した後、自動テストやCIを活用した経験を活かしテストエンジニアへ転向。株式会社SHIFTにて自動テストの導入コンサルタント、自動化に関する各種セミナーの講師として活動している。Jenkins、SeleniumなどOSSツールを組み合わせた環境構築を得意とし、日本Jenkinsユーザ会、STAR(テスト自動化研究会)のスタッフとしても活動中

笹井崇司(ササイタカシ)
ソフトウェアエンジニア。1996年大阪大学大学院工学研究科修了。ソニー株式会社にて、Webサービス開発、Bluetooth標準化、デジタルカメラ/音楽プレーヤ/タブレット商品開発などに従事。2015年退社。現在フリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

独習デザインパターンC++

独習デザインパターンC++
(著)株式会社テクノロジックアート
発売日 2015/03/27
総合評価
(3.4)
(2024/04/19 12:02時点)

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

実践的なプログラミング技法の基礎から実装まで!

デザインパターンを「使うことができる」ためには、デザインパターンの構造や仕組みを知っているだけでは充分ではありません。「どのような状況」で「どんなふう」に使うのが効果的なのかを充分に理解している必要があります。そこで本書では、パターンの使いどころと効果をわかりやすく示すことで、どのようなときにどんなふうにデザインパターンを使えばよいのかを理解できるようにしています。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
仕事でC++の勉強中。Observer等がわからないときに役立ちそうです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
GoF読むほどの気合いがなく、C++用が読みたかったので購入。平易に書いてあり、読みやすいが第1刷だったので、誤植がちょっと多めな印象。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
デザインパターンについて知識ゼロでも理解できるように分かりやすく解説してくれる良書です.
一家に一冊あって問題ないレベルです. (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

分散システムデザインパターン ―コンテナを使ったスケーラブルなサービスの設計

本書は、コンテナを使った分散システムのデザインパターンについて解説する書籍です。
コンテナとコンテナオーケストレーションを使うことで、分散システムの設計をパターン化でき、スケーラブルで信頼性の高いサービスをすばやく構築できます。
はじめにシングルノードパターンとして、分散システム内の個別ノード上に存在する再利用可能なパターンやコンポーネントについて説明し、次にWebアプリケーションのように継続的にサービスを提供するシステムを対象にしたマルチノードの分散パターンを紹介します。
さらにイベント駆動処理、ワークフローの統合を含む大規模なパッチデータ処理の分散システムパターンを解説します。
可用性の高い分散システムの開発が効率的に行えるパターンを多数紹介する本書は、開発及びインフラエンジニア必携の一冊です。
 
目次
第1部 シングルノードパターン(サイドカー
アンバサダ
アダプタ)
第2部 マルチノードパターン(レプリカがロードバランスされたサービス
シャーディングされたサービス
スキャッタ・ギャザー
ファンクションとイベント駆動処理
オーナーシップの選出)
第3部 バッチ処理パターン(ワークキューシステム
イベント駆動バッチ処理
協調的バッチ処理
まとめ:新しい始まり?)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
複雑になっていきながらも冗長性、耐障害性、高可用性が求められるようになってきたオンラインシステムをどのように構築していけばよいかパターン化を試みたもの。
デザインパターンは「シングルノード」「マルチノード」「バッチ処理」の3構成に分類されている。
本書の前提としてKubernetesがあるので、パターンの記述もKubernetesを意識したものになっている。
また、サンプルコードが各所に出てくるが、Go言語、Node.js、Pythonなどさまざまな言語で記述されている。
「シングルノード」に出てくる「サイドカー」は「関心の分離("アプリが開発したもの"と"運用が入れたい仕組み")」という意味で確かにと思う点があった。
また、マルチノードにある「ロック」で気を付けなければならない点が多数あることは大変勉強になった。
出てくるサンプルコードがKubernetesをベースに多種多様な言語が出てくるのでかなりの知識がないと読みづらい。
また、内容も「まぁそうだよね」といったことが多かった。
使える何かを学習したい、と思って読むと残念な気分になる。
時間に余裕があっていろんな人の意見を参考にしてみたい、くらいの気持ちで読むといいと思う。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
k8s基盤構築を進める上でのデザインパターンを知識として習得する為に読んだ
サイドカーやサービスディスカバリなど用語レベルでしか知らなかった部分の実例が書かれていたことで、実務においてもより具体的な事例をイメージしながら設計を進めることができそう
ちょっとむずかしい部分もあったので読み飛ばした部分もある (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
・P3: 1.2 ソフトウェア開発におけるパターンの歴史概観
1.2.1 アルゴリズムによるプログラミングの形式化
1.2.2 オブジェクト指向プログラミングのパターン
1.2.3 オープンソースソフトウェアの隆盛

・P5: 1.3 パターン、慣習、コンポーネントの価値
1.3.1 巨人の肩の上に立つ
1.3.2 1 つのやり方を議論するための共通言語
1.3.3 簡単に再利用できる共有コンポーネント

・P26:3章 アンバサダ
3.1 サービスのシャーディングへのアンバサダの利用
3.1.1 ハンズオン:シャーディングされたRedis の実装

・P31:3.2 サービスブローカとしての利用

・P38:4章 アダプタ
4.1 監視
4.1.1 ハンズオン:監視へのPrometheus の利用

・P89:7章 スキャッタ・ギャザー
7.1 ルートによる分散とスキャッタ・ギャザー
7.1.1 ハンズオン:分散ドキュメント検索
7.2 リーフをシャーディングしたスキャッタ・ギャザー
7.2.1 ハンズオン:シャーディングされたドキュメント検索
7.2.2 適切なリーフ数の決め方
7.3 信頼性とスケーラビリティのためのスキャッタ・ギャザーのスケール

・P99:8章 ファンクションとイベント駆動処理
8.1 FaaS を使うべき時の判断
8.1.1 FaaS の利点
8.1.2 FaaS の課題

・P103: 8.2 FaaS のパターン
8.2.1 デコレータパターン:リクエストまたはレスポンスの変換
8.2.2 ハンズオン:リクエスト処理前のデフォルト値設定
8.2.3 イベントの扱い
8.2.4 ハンズオン:2 要素認証の実装
8.2.5 イベントベースのパイプライン
8.2.6 ハンズオン:新規ユーザ登録のパイプライン実装

・P147:11章 イベント駆動バッチ処理
11.1 イベント駆動処理のパターン
11.1.1 コピア
11.1.2 フィルタ
11.1.3 スプリッタ
11.1.4 シャーダ
11.1.5 マージャ
11.2 ハンズオン:イベント駆動な新規ユーザ登録フローの構築
11.3 パブリッシャ・サブスクライバ(pub/sub)基盤
11.4 ハンズオン:Kafka のデプロイ (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
著者はマルチクラウドネットワークの専門家であり、設計から運用まで、その経験と知識を詳細に共有しています。本書は実践的なアプローチを採用しており、読者はマルチクラウド環境でのネットワーク設計と展開について深く理解することができます。

この本の魅力は、具体的な事例と実際のネットワーク現場の声に基づいて書かれている点です。例えば、p332ではAWSのアグレッシブさについて触れられており、p308ではネットワーク現場の声として書かれている内容があります。これにより、読者は実際の現場の様子を感じながら情報を得ることができます。

本文だけでなく、コラムも魅力的です。特に、APIがなかった時代の出来事や黎明期から経験した人のエピソードなどが書かれており、読者にとって興味深い情報となっています。

マルチクラウドネットワークに関心のあるITプロフェッショナルにとって、この本は貴重な資料となるでしょう。著者の専門知識と経験を通じて、読者はマルチクラウド環境でのネットワーク設計と展開について深く理解することができます。現場の声や興味深いエピソードも交えながら、読み応えのある内容となっています。

(Disclaimer: 私はこの著者と一緒に仕事をしてきました。この本に何度かかかれている最初期のユーザであるというのは事実であることを保証します) (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク・デザインパターン 実務で使えるネットワーク構成の最適解27

長年の実務経験でしか得られないネットワークの物理設計・論理設計・運用管理のポイントがこの一冊で!

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

本書では、現代のネットワークを社内LAN、インターネット接続、サーバLAN、拠点間接続の4つに分け、各構成の最適解を提示します。
機器構成設計、物理構成設計、VLAN設計、IPアドレス設計、ルーティング設計、STP設計、FHRP設計、スタック構成設計、リンク冗長化設計、帯域拡張設計、経路冗長化設計など詳細に解説。ネットワークにかかわるすべてのエンジニアの実務に耐える一冊です!

<主な対象読者>
●知識をどう使えばよいかわからないネットワークエンジニア
資格試験やテキストなどで基礎知識をマスターしたネットワークエンジニアが最初にぶつかる壁、それが現場のネットワークとのギャップです。本書は現場で目にすることが多いネットワーク構成を基礎知識レベルで解説しています。

●ネットワークを知る必要が出てきたサーバエンジニア
仮想化技術やストレージネットワーキング技術など、今やシステムに欠かせないものとなった技術の多くはネットワークをベースとしたアーキテクチャを採用。「サーバは得意なんだけど、ネットワークは苦手なの…」というサーバエンジニアにもネットワークを好きになれるように、図を多用して説明しています。

●社内ネットワークを運用管理するエンジニア
長く社内ネットワークを運用管理していると、サーバのサービスが壊れたり、ネットワーク機器が壊れたりと、いろいろなトラブルに見舞われます。本書は、トラブル事例やその原因、運用管理に役立つTipsなどを詳しく説明しています。

●目次
Chapter1 Trustゾーンのネットワークデザインパターン
Chapter2 Untrustゾーンのネットワークデザインパターン
Chapter3 DMZゾーンのネットワークデザインパターン
Chapter4 WANゾーンのネットワークデザインパターン
Chapter5 総合構成のネットワークデザインパターン

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
Chapter0 本書の使い方
0.1 ネットワークデザインパターンの役立て方
0.2 本書の流れ
Chapter1 Trustゾーンのネットワークデザインパターン
1.1 コアエッジ構成
1.2 有線+無線構成
1.3 2層STP+FHRP構成
1.4 2層スタック構成
1.5 3層フルルーテッド構成
1.6 3層フルスタック構成
Chapter2 Untrustゾーンのネットワークデザインパターン
2.1 シングルUTM構成
2.2 シングルUTM+デュアル回線構成
2.3 FHRP冗長化構成
2.4 Untrustワンアーム構成
2.5 シングルISPマルチホーミング構成
2.6 デュアルISPマルチホーミング構成
Chapter3 DMZゾーンのネットワークデザインパターン
3.1 ミニマム冗長化構成
3.2 サーバ仮想化構成
3.3 負荷分散インライン構成
3.4 負荷分散ワンアーム構成
3.5 ブレードサーバインライン構成
3.6 ブレードサーバワンアーム構成
Chapter4 WANゾーンのネットワークデザインパターン
4.1 IPsec VPN接続構成
4.2 マルチサイトIPsec VPN接続構成
4.3 デュアルWAN回線+シングルWANルータ構成
4.4 ハブアンドスポーク型IPsec VPN接続構成
4.5 EIGRP/BGP冗長化構成
4.6 OSPF冗長化構成
Chapter5 総合構成のネットワークデザインパターン
5.1 ゾーンとゾーンの接続パターン
5.2 小規模クラス総合構成
5.3 中規模クラス総合構成
5.4 大規模クラス総合構成

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
インフラの仕事をしているので、ネットワークの基本を勉強し直そうと購入しました。春の情報処理技術者試験に備えて勉強頑張ります。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
即納されました。すぐに読みたかったので、大変満足しています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
手元にハードがなく、先輩もなく、顧客の要件もなく、自習をしないといけないと思ったときに最適です。ひととおりの知識があっても、どこから手をつけたらよいのか苦しんでいた。
やっぱり、デザインパターンなるものが存在したのだ。小規模のネットワークを構築するなら大中規模の知識が不要というわけではない。なぜ、大中規模の構成が必要でないのかと顧客から質問をうけても自信をもって答えられる第一歩となるだろう。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:みやた ひろし
大学と大学院で地球環境科学の分野を研究した後、某システムインテグレーターにシステムエンジニアとして入社。その後、某ネットワーク機器ベンダーのコンサルタントに転身。設計から構築、運用に至るまで、ネットワークに関連する業務全般を行い、今日もどこかで自己研さんを積んでいる。CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)。F5 Certified Technology Specialists。著書に『インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門』『サーバ負荷分散入門』(いずれもSBクリエイティブ刊)。


↓全て表示↑少なく表示

   

デザインパターンの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「デザインパターンの本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2024/04/19 12:03 更新)
Rank製品価格
1
3,740円
(+225pt)
3,366円
3,740円
2
3,740円
(+225pt)
1,870円
3,740円
3
入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン...
発売日 2019/01/17
Mike Julian (オライリージャパン)
総合評価
(4.4)
3,080円
(+185pt)
3,080円
3,080円
4
AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン
発売日 2021/05/17
澁井雄介 (翔泳社)
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
5
Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版
発売日 2021/11/13
結城 浩 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.3)
4,290円
(+258pt)
3,861円
4,290円
4,290円
 

マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
著者はマルチクラウドネットワークの専門家であり、設計から運用まで、その経験と知識を詳細に共有しています。本書は実践的なアプローチを採用しており、読者はマルチクラウド環境でのネットワーク設計と展開について深く理解することができます。

この本の魅力は、具体的な事例と実際のネットワーク現場の声に基づいて書かれている点です。例えば、p332ではAWSのアグレッシブさについて触れられており、p308ではネットワーク現場の声として書かれている内容があります。これにより、読者は実際の現場の様子を感じながら情報を得ることができます。

本文だけでなく、コラムも魅力的です。特に、APIがなかった時代の出来事や黎明期から経験した人のエピソードなどが書かれており、読者にとって興味深い情報となっています。

マルチクラウドネットワークに関心のあるITプロフェッショナルにとって、この本は貴重な資料となるでしょう。著者の専門知識と経験を通じて、読者はマルチクラウド環境でのネットワーク設計と展開について深く理解することができます。現場の声や興味深いエピソードも交えながら、読み応えのある内容となっています。

(Disclaimer: 私はこの著者と一緒に仕事をしてきました。この本に何度かかかれている最初期のユーザであるというのは事実であることを保証します) (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法

機械学習システムを実用化する
設計・開発・運用ノウハウが満載

【本書の概要】
本書は前著『AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン』(ISBN 978-4798169453 )では触れられなかった、
機械学習システムを構築する上で実際に発生する課題を想定し、
動いているシステムやワークフローに機械学習を組み込む方法を解説した書籍です。

特にニーズの高い以下の機械学習システムの例を用意しています。
・需要予測システム
・違反検知システム

【本書で学べる内容】
本書を読むことで、ケーススタディとして機械学習を実用化するための、
・課題設定
・ワークフロー設計
・システム開発
・チーム設計
を学ぶことできます。

【対象読者】
AI エンジニア、システムエンジニア

【目次】
第1章 課題、チーム、システム
第2章 需要予測システムを作る
第3章 動物画像アプリで違反検知システムを作る
第4章 動物画像アプリの検索に機械学習を活用する

【著者プロフィール】
澁井 雄介(しぶい・ゆうすけ)
Launchable Inc所属。
MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、バックエンドエンジニア、Androidエンジニア、ネコ2匹の飼い主。家に猫用ハンモックが4台ある。
本業でDeveloper ProductivityのためのMLOps・データ基盤を開発しつつ、MLOpsコミュニティの運営や副業に精を出している。
過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。
前々職のメルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開。
・GitHubで「mercari/ml-system-design-pattern」と検索

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
機械学習を実用化する方法だけでなく、ワークフロー設計やシステム構成、コードの実装、チーム構成まで網羅した一冊。
機械学習を使うために必要な要素はほとんど書いてありました。
テーマもDX前の小売店での需要予測から、スマホアプリでの違反検知や検索改善といった実際に発生する課題に対して機械学習を含めたシステムを開発する内容で、たいへん参考になります。

ただし機械学習そのものについては殆ど書いてないので、機械学習について学ぶためには他の本が必要そうです。
また、機械学習パイプラインはKubernetesやArgo Workflowsで独自実装してありますが、SageMakerやVertex AIで構成する方法も知りたいです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

あなたのシステムはきちんと動いていると言えますか?
本書は、システムのどの部分をどのように監視すべきか、また監視をどのように改善していくべきかについて解説する書籍です。
前半で監視のベストプラクティス、デザインパターン/アンチパターンを示して、監視の基本原則を詳しく説明し、後半でフロントエンド、アプリケーション、サーバ、ネットワーク、セキュリティの各テーマで強力な監視の基盤を設計して実装するための方法を示します。
監視対象が変化し、システムアーキテクチャが進化する中で、従来から変わらない監視の基本を示しながら、時代に合った監視の実践を解説する本書は、監視についての理解を深めたいエンジニア必携の一冊です。
日本語版では、松木雅幸(@songmu)氏による監視SaaSの導入や活用方法を付録として収録しています。
 
目次
第1部 監視の原則(監視のアンチパターン
監視のデザインパターン
アラート、オンコール、インシデント管理
統計入門)
第2部 監視戦略(ビジネスを監視する
フロントエンド監視
アプリケーション監視
サーバ監視
ネットワーク監視
セキュリティ監視
監視アセスメントの実行)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
この本はとても良かったです。こんなものも監視するのか、という知見が深まる部分や気づきがありました。 エンジニアになった人は是非一冊持っていてください。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ありがとうございました。非常に良い と評価します。 まだ投稿されていません。 以下項目を入力後に投稿ボタンを押してください。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
監視のイロハが載っている本。監視について何も知らないなら得るものは多い。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
著者略歴
ジュリアン,マイク(Julian,Mike)
アプリケーションやインフラについて、企業がよりよい監視の仕組みを作るのを手伝うコンサルタント。監視についてのあらゆることを扱うオンライン情報誌「Monitoring Weekly」の編集者でもある。Taos Consulting、PeakHosting、Oak Ridge National Labなどで、オペレーションエンジニアあるいはDevOpsエンジニアとして働いた経験を持つ。テネシー州ノックスビル出身で、カリフォルニア州サンフランシスコ在住

松浦隼人(マツウラハヤト)
人力翻訳コミュニティYakst管理人兼翻訳者。本業はインフラエンジニアで、Web企業にて各種サービスのデータベースを中心に構築・運用を行った後、現職ではRuby on Rails製パッケージソフトウェアのテクニカルサポートを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン

機械学習システム構築に必要な
デザインパターンがここにある!

【本書の背景】
Pythonを用いた機械学習のモデル開発事例は多数ありますが、
そのモデルをビジネスやシステムに組み込み、運用する事例や方法論は多くありません。
そのため、AIを組み込んだ実装モデルをまとめた、
「機械学習システムのデザインパターン」に注目が集まっています。

【対象読者】
・AIエンジニア
・システムエンジニア
・機械学習を本番システムとして使うための開発、運用方法で悩んでいるエンジニアの方

【本書の概要】
本書は機械学習を有効活用するためにはシステムに組み込むための設計や
実装が必要と考え、機械学習システムのデザインパターンを集めて解説した書籍です。
機械学習システムのグランドデザインおよびPythonによる機械学習システムの実装例を説明しつつ、
機械学習を本番活用するための方法論や、運用、改善ノウハウについて解説します。
本書で扱うプラットフォームには、コードの再現実行を担保するため、
DockerとKubernetesを活用します。
機械学習の学習から評価、QAを行い、推論器をリリースして
運用するまでの一連の流れをアーキテクチャやコードとともに解説します。

【デザインパターンのサンプル】
本書で解説している実際のサンプルコードをGitHubからダウンロードして利用可能です。

【本書のゴール】
・機械学習を実用化する方法が学べる
・Pythonによる機械学習ワークフローおよびWebアプリケーション開発の概要を学べる
・機械学習を組み込んだシステムの運用ノウハウを得られる
・機械学習システムのトラブルシューティングや調査方法を学べる

【著者プロフィール】
澁井 雄介(しぶい・ゆうすけ)
株式会社ティアフォー所属。
MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、ARエンジニア、ネコ2匹の飼い主。家に猫用ハンモックが4台ある。
本業で自動運転のためのMLOps基盤をKubernetesで開発しつつ、趣味でARとEdge AIを組み合わせて遊んでいる。
過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。
前職メルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開。
・GitHubで「mercari/ml-system-design-pattern」と検索

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■Part 1 機械学習とMLOps
CHAPTER 1 機械学習システムとは
1.1 機械学習、MLOps、システム
1.2 ユーザに使ってもらえる機械学習を目指して
1.3 機械学習システムに必要なもの
1.4 機械学習システムをパターン化する
1.5 本書の構成
■Part 2 機械学習システムを作る
CHAPTER 2 モデルを作る
2.1 モデルの作成
2.2 アンチパターン―Only meパターン―
2.3 プロジェクトとモデルとバージョニング
2.4 パイプライン学習パターン
2.5 バッチ学習パターン
2.6 アンチパターン―複雑パイプラインパターン―
CHAPTER 3 モデルをリリースする
3.1 学習環境と推論環境
3.2 アンチパターン―バージョン不一致パターン―
3.3 モデルの配布と推論器の稼働
3.4 モデルインイメージパターン
3.5 モデルロードパターン
3.6 モデルの配布とスケールアウト
CHAPTER 4 推論システムを作る
4.1 なぜシステムを作るのか
4.2 Webシングルパターン
4.3 同期推論パターン
4.4 非同期推論パターン
4.5 バッチ推論パターン
4.6 前処理・推論パターン
4.7 直列マイクロサービスパターン
4.8 並列マイクロサービスパターン
4.9 時間差推論パターン
4.10 推論キャッシュパターン
4.11 データキャッシュパターン
4.12 推論器テンプレートパターン
4.13 Edge AIパターン
4.14 アンチパターン―オンラインビッグサイズパターン― 
4.15 アンチパターン―オールインワンパターン―
■Part 3 品質・運用・管理
CHAPTER 5 機械学習システムを運用する
5.1 機械学習の運用
5.2 推論ログパターン
5.3 推論監視パターン
5.4 アンチパターン―ログなしパターン―
5.5 アンチパターン―そして誰もいなくなったパターン―
CHAPTER 6 機械学習システムの品質を維持する
6.1 機械学習システムの品質と運用
6.2 機械学習システムの正常性評価指標
6.3 負荷テストパターン
6.4 推論サーキットブレーカーパターン
6.5 シャドウA/Bテストパターン
6.6 オンラインA/Bテストパターン
6.7 パラメータベース推論パターン
6.8 条件分岐推論パターン
6.9 アンチパターン―オフラインのみパターン―
CHAPTER 7 End-to-EndなMLOpsシステムの設計
7.1 課題と手法
7.2 需要予測システムの例
7.3 コンテンツ投稿サービスの例
7.4 まとめ

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
たった今到着しました!背表紙に傷が付かないようにセロファン付けて下さるなど、丁寧な御送付有り難うございました! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても参考になる本。大規模サービスを前提に機械学習モデルの開発方法のパターンやサービス運用時のパターンまでサンプルコードとともにとても詳しく記載されている。モデルをリリースする際の方法を検討している場合、一度は読んでみると良いかと思われる。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
機械学習のシステムの文脈でも「デザインパターン」を示した書籍です。様々な機械学習のインプット・アウトプット、学習・テストのパターンに分けて「デザインパターン」を構成されています。MLflowという、機械学習の実験、再現性、デプロイメント、セントラルモデルレジストリなど、機械学習ライフサイクルを管理するためのオープンソースのプラットフォームを用いていてモダンなシステム構築が可能です。このような機械学習におけるデザインパターンを学びたい方にオススメの一冊です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
澁井雄介(シブイユウスケ)
株式会社ティアフォー所属。MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、ARエンジニア。過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。前職メルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

Java言語で学ぶデザインパターン入門第3版

■『Java言語で学ぶデザインパターン入門 第3版』について

本書は、オブジェクト指向プログラミングにおいて古典的な23個のデザインパターンを、Java言語で書かれた短いサンプルプログラムとUMLを使い、オブジェクト指向プログラミングの初心者にもわかりやすく解説した技術書です。
2001年に初版が刊行されて以来、「最もわかりやすいデザインパターン解説書」「オブジェクト指向プログラミングとデザインパターンを学ぶ定番の一冊」と数多くの読者、技術者から支持されてきました。2004年には増補改訂版が刊行され、2020年には第31刷まで達するという人気のロングセラーとなっています。
しかし、Java言語は大きく進化しています。そこで第3版となる本書では、書籍の基本的構造と解説のわかりやすさはそのままに、扱っているサンプルプログラムを現代のJava言語に合わせて一新し、オブジェクト指向プログラミングとデザインパターンを身につけたいと思う技術者が、なおいっそう学びやすいように改訂を行いました。

●第3版改訂のポイント

・サンプルプログラムを現代のJava言語でリニューアルする(ジェネリック型、ラムダ式、拡張for、enum型、アノテーション、新たなクラスライブラリの使用など)。
・わかりやすさはそのままに、取り扱う例や解説を現代の観点から修正する(依存性の注入、セキュリティに関する記述の追加など)。
・古典的なデザインパターン23個はそのまま扱い、対応するサンプルプログラムもシンプルに保つ。

■目次
はじめに
UMLについて
デザインパターンを学ぶ前に

●第1部 デザインパターンに慣れる
第1章 Iterator 処理を繰り返す
第2章 Adapter 一皮かぶせて再利用

●第2部 サブクラスにまかせる
第3章 Template Method 具体的な処理をサブクラスにまかせる
第4章 Factory Method インスタンス作成をサブクラスにまかせる

●第3部 インスタンスを作る
第5章 Singleton たった1つのインスタンス
第6章 Prototype コピーしてインスタンスを作る
第7章 Builder 複雑なインスタンスを組み立てる
第8章 Abstract Factory 関連する部品を組み合わせて製品を作る

●第4部 分けて考える
第9章 Bridge 機能の階層と実装の階層を分ける
第10章 Strategy アルゴリズムをごっそり切り替える

●第5部 同一視
第11章 Composite 容器の中身の同一視
第12章 Decorator 飾り枠と中身の同一視

●第6部 構造を渡り歩く
第13章 Visitor 構造を渡り歩きながら仕事をする
第14章 Chain of Responsibility 責任のたらい回し

●第7部 シンプルにする
第15章 Facade シンプルな窓口
第16章 Mediator 相手は相談役一人だけ

●第8部 状態を管理する
第17章 Observer 状態の変化を通知する
第18章 Memento 状態を保存する
第19章 State 状態をクラスとして表現する

●第9部 無駄をなくす
第20章 Flyweight 同じものを共用して無駄をなくす
第21章 Proxy 必要になってから作る

●第10部 クラスで表現する
第22章 Command 命令をクラスにする
第23章 Interpreter 文法規制をクラスで表現する

●付録
付録A 練習問題の解答
付録B GoFによるデザインパターンの分類
付録C デザインパターンQ&A
付録D 参考文献

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1部 デザインパターンに慣れる
第2部 サブクラスにまかせる
第3部 インスタンスを作る
第4部 分けて考える
第5部 同一視
第6部 構造を渡り歩く
第7部 シンプルにする
第8部 状態を管理する
第9部 無駄をなくす
第10部 クラスで表現する
付録
Users Voice
デザインパターンについて全く分からない状態から読んでも大変分かりやすい本です。基礎から学びたい方におすすめできます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
分かりやすく読みやすい
後書きにある通り23パターン全てを記憶することは難しいがインターフェースや継承、移譲、クラスの切り分け等のオブジェクト指向の基本的な考え方の一面を見ることができる (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても参考になる本。大規模サービスを前提に機械学習モデルの開発方法のパターンやサービス運用時のパターンまでサンプルコードとともにとても詳しく記載されている。モデルをリリースする際の方法を検討している場合、一度は読んでみると良いかと思われる。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
澁井雄介(シブイユウスケ)
株式会社ティアフォー所属。MLOpsエンジニア、インフラエンジニア、ARエンジニア。過去にはSIer、外資ソフトウェアベンダー、スタートアップで新規プロダクトの起ち上げ、大規模システム運用、チームマネジメントに従事。前職メルカリにて機械学習をシステムに組み込むデザインパターンを執筆、公開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

   

デザインパターンの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるデザインパターンの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2024/03/20 12:29 更新)
Rank製品価格
1
980円
2
499円
3
iOSアプリ開発デザインパターン入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))...
発売日 2018/06/15
千葉 大志 (インプレス NextPublishing)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
1,782円
4
250円
5
1,200円
6
400円
7
299円
8
499円
9
Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版(日経BP Next ICT選書)...
発売日 2015/07/21
玉川 憲, 片山 暁雄, 鈴木 宏康, 野上 忍 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.5)
売り切れ
2,673円
2,970円
1,996円
10
Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド 改訂版...
発売日 2015/04/01
アマゾン データ サービス ジャパン 玉川憲, 片山暁雄, アイレット 鈴木宏康 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.1)
3,890円
3,762円
4,180円
4,180円
 

デザインパターン参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したデザインパターン参考書の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2024/04/19 12:03 更新)
製品価格
3,740円
(+225pt)
3,366円
3,740円
980円
980円
470円
250円
299円
2,200円
1,200円
3,740円
(+225pt)
1,870円
3,740円
Head Firstデザインパターン 第2版 ―頭とからだで覚えるデザインパターンの基本...
発売日 2022/06/08
Eric Freeman, Elisabeth Robso (オライリージャパン)
総合評価
(4.3)
5,280円
(+317pt)
5,280円
5,280円
 

関連:オブジェクト指向・プログラミング作法(リファクタリング)について学ぶ

以下では、デザインパターンの前提ともなるオブジェクト指向についてや、プログラミングのお作法・原則を学べるリファクタリングに関する書籍、も紹介しています。合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました