【2021年】Docker/Kubernetes本「人気20冊と新書/高評価/おすすめの9冊」

こちらでは、Webサービス開発では今や必須ともいえるコンテナ型仮想化による効率的な開発が可能となる「Docker」「Kubernetes」の人気・おすすめの参考書を紹介していきまっす。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

Docker/Kubernetesの本「人気ランキング 20冊」

Dockerの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築...
発売日 2020/06/11
通常    2,970円
単行本   2,970円 (+30pt)
Kindle   2,673円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.6)
総評価数 37件
2
イラストでわかるDockerとKubernetes Software Design plus
発売日 2020/12/05
通常    2,508円
単行本   2,508円 (+25pt)
Kindle   2,383円 (+42pt)
(4.1)
総評価数 39件
3
Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門
発売日 2018/08/25
通常    3,718円
単行本   3,718円 (+37pt)
Kindle   3,532円 (+63pt)
(3.9)
総評価数 42件
4
Kubernetes完全ガイド 第2版 (Top Gear)
発売日 2020/08/07
通常    4,400円
単行本   4,400円 (+44pt)
Kindle   3,960円 (+40pt)
(4.8)
総評価数 36件
5
仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん
発売日 2021/02/01
通常    4,452円
単行本   2,992円 (+30pt)
Kindle   2,693円 (+27pt)
(4.3)
総評価数 10件
6
15Stepで習得 Dockerから入るKubernetes コンテナ開発からK8s本番運用まで (StepUp!選書)...
発売日 2019/09/27
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,762円 (+38pt)
(4.4)
総評価数 37件
7
Kubernetes実践ガイド クラウドネイティブアプリケーションを支える技術 (impress top gear)...
発売日 2019/07/12
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+39pt)
Kindle   3,465円 (+35pt)
(3.9)
総評価数 19件
8
たった1日で基本が身に付く! Docker/Kubernetes超入門
発売日 2020/07/13
通常    2,838円
単行本   2,838円 (+28pt)
Kindle   2,696円 (+47pt)
(3.7)
総評価数 18件
9
しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識...
発売日 2019/01/23
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(4)
総評価数 14件
10
Docker実戦活用ガイド
発売日 2016/05/30
通常    3,388円
単行本   3,388円 (+34pt)
Kindle   3,200円 (+38pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(1.8)
総評価数 5件
11
GCPの教科書II 【コンテナ開発編】
発売日 2020/05/26
通常    3,080円
単行本   3,080円 (+31pt)
Kindle   2,860円 (+29pt)
(3.8)
総評価数 9件
12
Docker実践ガイド 第2版 impress top gearシリーズ
発売日 2019/02/18
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,762円 (+38pt)
(4)
総評価数 14件
13
RancherによるKubernetes活用完全ガイド ThinkIT Books
発売日 2019/07/23
通常    5,060円
単行本   5,060円 (+51pt)
Kindle   4,807円 (+87pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.6)
総評価数 5件
14
みんなのDocker/Kubernetes
発売日 2019/04/18
通常    2,508円
単行本   2,508円 (+25pt)
Kindle   2,383円 (+42pt)
(4.4)
総評価数 9件
15
Kubernetes on AWS~アプリケーションエンジニア 本番環境へ備える...
発売日 2020/05/06
通常    3,960円
単行本   3,960円 (+40pt)
Kindle   3,740円 (+37pt)
(4)
総評価数 6件
16
(3.3)
総評価数 25件
17
(3.6)
総評価数 17件
18
Docker/Kubernetes開発・運用のためのセキュリティ実践ガイド (Compass Booksシリーズ)...
発売日 2020/02/27
通常    4,048円
単行本   4,048円 (+40pt)
Kindle   3,846円 (+38pt)
(4.1)
総評価数 10件
19
Kubernetes完全ガイド impress top gearシリーズ
発売日 2018/09/21
通常    3,762円
単行本   610円
Kindle   3,762円 (+38pt)
(4.3)
総評価数 33件
20
ITエンジニアになる! チャレンジDocker仮想化環境構築入門
発売日 2018/10/15
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+66pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(3.3)
総評価数 9件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Docker/Kubernetes 高評価・人気のおすすめの5冊

「Kubernetes完全ガイド 第2版 (Top Gear)」

Kubernetes解説書の決定版がついに改訂!
Kubernetesはコンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリングなどの管理を自動化する「コンテナオーケストレーションエンジン」です。「クラウドネイティブ」を実現するためのコア技術として、現在多くのシステムでの利用が進んでいます。
本書では、アプリケーション開発者やインフラエンジニアを対象に、Kubernetesの機能やそのエコシステムについて網羅的に解説します。好評をいただいた前版を全面的に見直し、バージョン1.18に対応しました(アルファ機能を含む)。前版以降に追加された機能や変更点にも言及し、最新のKubernetesを活用するための多くの知見を提供します。
これまでKubernetesを触ったことがない方でもそのコンセプトを理解し、実際にアプリケーションをコンテナ化して実行できるようになることを目標としています。また、Kubernetesの認定資格であるCKA(Certified Kubernetes Administrator)およびCKAD(Certified Kubernetes Application Developer)取得のための副読本として、学習に役立つ様々な知識を得ることも可能です
新版は、285枚の図、312個のサンプルマニフェスト、257個のよくある質問とその回答により、より分かりやすいものとなっています。Kubernetesを使ったプロダクションレベルでの活用を目指す人のための、価値ある一冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
存在は知っていたものの、この版ではじめて購入しました。

ボリュームは多いのですが、図なども挿入されているので、説明と図の間を目を動かしながら、スラスラと読める感じです。

私はネットワーク周りが良く理解できておらず、ネット上のいろんな情報を見ても、「もわっ」とした感じだったのですが(例えば Service のエンドポイントって具体的に何?みたいな)、この本は平易な言葉でわかり易く解説してあり、助かりました!

本の内容では無いのですが、厚いわりには開きやすく、ほぼ何もしなくても机の上に開いたままで固定できます。紙の材質も柔らかめでパラパラと(むしろスルスルと)めくりやすいので物理検索もしやすい本です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
膨大な情報量でKubernetesについての網羅的な解説となっているところはGood。
一方でリソースの概念説明なしでコマンドの挙動にすぐ移ってしまうなど、解説が少々不親切な箇所もある。全体として執筆がスピード重視で、用語や情報の厳密さはあまり考慮されていない印象。

ある程度基本を押さえていればフォローできるが、DockerやKubernetes入門レベルの読者にはお勧めしない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Kubernetes完全ガイド 第2版 (Top Gear)
発売日 2020/08/07
通常 4,400円
現在 4,400円

  

「さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築」

デファクト技術の「コンテナ」
「わかる」から「使える」へ

 サーバー環境だけでなく幅広く使われている「コンテナ技術」は、もはやデファクト技術と言っても言い過ぎではないでしょう。インフラ技術者だけでなく、アプリケーション開発者にとっても重要な技術です。

 本書は、自分でコンテナ環境を構築できるようになるための本です。題材に「Docker」を使いました。「技術解説書」というより「技術実践書」。IT技術を本当に理解するには理論の学習だけでは不十分で、実際にさわってみることが大事です。そうすることで初めて腹落ちし、「技術がわかる」状態から、「技術が使いこなせる」状態にレベルアップすることができます。

 本書では、Dockerのインストール方法に始まり、基本的なWebサーバーを起動させるところから、永続化、ネットワーク、コンテナイメージへと順番に学ぶことができます。さらに、複数のコンテナを使うことを想定し、「Docker Compose」や「Kubernetes」についても学習できます。Kubernetesは学習ツールとして「Minikube」を用い、最終的に「Amazon EKS」でコンテナを実行するはじめの一歩までを説明します。

 新しい技術の習得は、想像している以上に難しいものです。理解できていない状況でやみくもに技術に触れても、迷子になるばかり。本書では「迷子にさせない」工夫が満載されており、本書の通りに実施すれば、迷うことなく、コンテナ環境を構築できます。

 インフラ技術者の最初の1冊として執筆していますが、アプリケーション開発者のインフラ学習書としても最適です。ぜひあなたも、本書を活用してコンテナ技術を習得してください。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
読み手の状況(理解度、環境)に合わせた解説がわかりやすいです。
①図解付きであること
 コンテナについての理解度を合わせ易い
②今後も活用が見込めるEC2上での利用であること
 コンテナ使ってアプリケーションをEC2上にデプロイしたい人は多いはず
③深く解説するところは深く、飛ばしていいものは飛ばすかコラム解説している点
 初心者にとって、必要がある部分の取捨選択ができる
④エラーなど詰まる部分の解説もしっかりとある
 私のような初心者はよく詰まります
 
現在半分ほど実践しつつ進めていますが、非常に満足できています。
以下 つまった部分。初心者の参考になれば。
2-5-2 グループ移行でDockerグループ自体がないとうまくいきません
   (誤操作したのか、なぜか私の場合はありませんでしたので $ sudo groupadd docker してから移行しました)
3-3-1 解説していただいてましたが、初回のrunでイメージ取得のエラーがでました。(解消できず結局インスタンスを作り直しました。まだ初めの方なので)
あと解説そのままに打ち込んでいると見落としがちな Docker login (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事でDocker Composeを使うことになったのですがそもそもDocker自体で
何ができるのかも分かっていない状態だったため、本で買って勉強することに。

他のDocker関連の本でレビュー評価の良さそうなものを何冊か買ったのですが、
おそらく「ある程度Dockerで環境を作ったことがある方」が対象読者だったようで、
最初の数ページで読み進めることができなくなりました。

その時に何もレビューが書かれていないこの本が目に止まり、
試し読みしてみると「読める、、、読めるぞ…!!」とムスカ状態に。

筆者様の過去のAWS本(紫色の本)が分かりやすかったこともあり、購入しました。
今1/4くらい読んでいますが、図解付きで説明されておりとても分かりやすいです。
( テクニカルライターってすごい! )
⇒全て読み終えましたが、圧巻の分かりやすさでした!!!感謝感謝です!!

他の本で挫折してしまったDocker入門者におすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築
発売日 2020/06/11
通常 2,970円
現在 2,673円
297円(10%)OFF!!

  

「自宅ではじめるDocker入門―人気のコンテナ型「仮想化ソフト」を使ってみる! (I・O BOOKS)」

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私はコンテナの中にイメージを作るのかなあ?というdocker超初心者レベルでした。他の書籍も読みましたが、実際の利用のフローと技術書の内容とが頭の中で整理ができずにおり、結局、VirtualBoxやHyper-Vに逃げて、ローカルに環境構築してました。しかし、時代の流れもあり、仕事でもDockerイメージで納品する時代になり、このままではいかんなあと思っていた矢先、物は試しにと思い買ってみました。
この本はまさにこれという感じの本でよかったです。
Kindleでも出していただきたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
オンプレと仮想マシンまではついていけましたが、どうにもこうにもコンテナが分からず苦しんでいたところで購入。
とにかく実践で理解させるよう、丁寧に環境構築からステップバイステップで、理解が進む構成になっています。
同じコマンドや操作でも、省略せず、その場で反復できて理解が深まります。
設定が具体的なので、飽きずに、習うより慣れろの精神で楽しく学べます。
当方は、PCにubutuをnativeでインストールして使っていますが、本の通りにできています。udemyの講座を受講しましたが、こちらの方が分かりやすかった。お値段もリーズナブルですし、本のボリュームも大きすぎず、本当に良書だと思います。やっとDockerが理解できました。作者には心から感謝です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「15Stepで習得 Dockerから入るKubernetes コンテナ開発からK8s本番運用まで (StepUp!選書)」

◆◆ ホットな技術力が1冊で身につく! ◆◆

Kubernetes(K8s)は、コンテナベースアプリケーションの開発/運用プラットフォームとして大注目ですが、
初学者には敷居の高いところがあります。
本書はそこを乗り越え、K8sのスキルが効率よく身に付くよう、段階的にレッスンを進めて行きます。

前提となるDockerコンテナの基礎からひも解き、本格的な実務適用に向けた要点を絞り込んで解説。
各ステップの例題サンプルは、自分のPCにダウンロードしたり、クラウド上で再現できるほか、
時間のない読者は、本書に目を通すだけでも擬似体験できるよう工夫されています。
より発展的な学習に役立つよう、参照先URLも豊富に記載しました。


◆◆ 本書の構成 ◆◆

■1章DockerとKubernetesの概要
1Kubernetesとは?
2コンテナの理解が前提
3Kubernetesの基本
4本書の学習環境
5Dockerコマンドのチートシート
6kubectlコマンドのチートシート

■2章コンテナ開発を習得する5ステップ
Step 01コンテナ最初の一歩
Step 02コンテナの操作
Step 03コンテナ開発
Step 04コンテナとネットワーク
Step 05コンテナAPI

■3章K8s実践活用のための10ステップ
Step 06Kubernetes最初の一歩
Step 07マニフェストとポッド
Step 08デプロイメント
Step 09サービス
Step 10ジョブとクーロンジョブ
Step 11ストレージ
Step 12ステートフルセット
Step 13イングレス
Step 14オートスケール
Step 15クラスタの仮想化

■付録学習環境の構築法
1シングルノード構成の場合
2マルチノード構成と仮想環境
3クラウド環境IKSとGKE

■Column
・海上コンテナがもたらした改革とITのコンテナ
・5Gと自動運転で注目されるK8s
・K8sユーザーのためのYAML入門
・ポッドのトラブルシューティング

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
アーキテクトの目線で、概念、構造、システム機能、非機能要件の実現手段などを重点に読みましたが、いままでK8sで感じていた超モヤモヤがスッキリ!ステップを踏んで疑似体験、実体験させる技術書籍はいろいろありますが、この機能はなぜ必要なのかを段階的に理解できるよう、ストーリーがうまく組んであると思います。K8sもすごいですが、混乱しそうな点、混同しそうな点をそこここで比較してくれていて、ストンと理解できるのもすごい。図もケーススタディも理解しやすいと感じました。K8sを俯瞰したい方もこれから実践されたい方にもお薦めだと思います。基盤中心の若手技術者の背中を次のステージへ押す機会をいただいていますが、是非これで勉強してほしいですね。重箱の隅ですが 図番号がある文章と図が同じ見開きにあるともっと読みやすいと思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
正直、本が届いた時に、この本の分厚さに絶句しました。(約535ページ)
でも、本をめくってみると、(特に図表)筆者が誤魔化しなく、じっくりと時間をかけ苦労して調べた内容がいっぱい書かれているので分厚さに納得!
実務で使える内容になっているので、必要に応じて参照するリファレンス本として机の上に置いて置ける良書だと思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Kubernetesで実践するクラウドネイティブDevOps」

Kubernetesが標準プラットフォームであるクラウドネイティブの世界でアプリケーションを開発し運用する方法を解説する書籍です。

はじめに、Kubernetesの概要と背景、ソフトウェアの開発と運用にKubernetesがもたらす変化、コンテナの動作原理、コンテナの構築および管理方法、クラウドネイティブなサービスおよびインフラの設計方法などの基礎を紹介します。
そしてKubernetesアプリケーションの作成とデプロイ、Kubernetesクラスタの設定と運用、クラウドインフラの自動化、Helmなどのツールを用いたデプロイについてサンプルコードを用いて学習します。ロールベースのアクセス制御(RBAC)をはじめとした、セキュリティ、認証、パーミッションなどに対するKubernetesのサポートや、本番でコンテナとKubernetesの安全性を確保するためのベストプラクティスについても学びます。
さらにKubernetesで継続的インテグレーションと継続的デプロイをセットアップする方法、データをバックアップおよび復元する方法、クラスタの適合性や信頼性をテストする方法、監視・トレーシング・ロギング・メトリクスを集約する方法、Kubernetesインフラの拡張性・耐障害性・費用対効果を高める方法を解説します。
Kubernetesの基本から、継続的デプロイ、機密情報管理、オブザーバビリティなどの高度なトピックを扱う本書は、サーバ、アプリケーション、サービスを管理するIT運用者、クラウドネイティブサービスの構築や移行を行う開発者必携の一冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
Kubernetesで実践するクラウドネイティブDevOps
発売日 2020/02/19
通常 3,850円
現在 3,850円

  

   

Docker本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにDockerの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のDocker関係の本人気ランキングです。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(3.6)
総評価数 11件
2
(0)
総評価数 0件
3
さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築...
発売日 2020/06/11
通常    2,970円
単行本   2,970円 (+30pt)
Kindle   2,673円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.6)
総評価数 37件
4
(4)
総評価数 6件
5
(3.1)
総評価数 15件
6
Docker実戦活用ガイド
発売日 2016/05/30
通常    3,388円
単行本   3,388円 (+34pt)
Kindle   3,200円 (+38pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(1.8)
総評価数 5件
7
RancherによるKubernetes活用完全ガイド ThinkIT Books
発売日 2019/07/23
通常    5,060円
単行本   5,060円 (+51pt)
Kindle   4,807円 (+87pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.6)
総評価数 5件
8
(5)
総評価数 2件
9
(0)
総評価数 0件
10
Dockerコンテナ実践検証 ThinkIT Books
発売日 2015/07/24
通常    1,540円
Kindle   1,540円 (+15pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3)
総評価数 1件

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Docker/Kubernetesおすすめ講座」

UdemyではDockerを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Dockerの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.3)
総評価数 893件
2
ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築...
発売日 2017/10/19
受講者 14,846人
通常 10,800円
現在 1,840円
(4.2)
総評価数 2909件
3
米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座
発売日 2020/06/05
受講者 5,417人
通常 6,600円
現在 6,600円
(4.8)
総評価数 1898件
4
(4.4)
総評価数 506件
5
Docker + Kubernetes で構築する Webアプリケーション 実践講座
発売日 2019/04/21
受講者 6,767人
通常 24,000円
現在 2,320円
(4)
総評価数 866件

 

   

関連:AWS、GCP、Azureでコンテナ開発を実運用

Docker、Kubernetesによるコンテナ開発は、主要なクラウドサービスは対応しており、そのまま利用可能。開発から本番運用環境まで、どんどん活用していきましょう。

以下では主要なWebインフラサービスのAWS、Microsoft Azure、GCPについても紹介しています。合わせて参照ください。



関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました