【2022年最新】Unity本「人気・高評価のおすすめ15冊」

Unityはスマホ、コンシューマー機問わず幅広くゲーム開発に用いられているゲームエンジン。

さらに最近では、建築やCG再現など、ゲーム以外の用途にも使われ、どんどん活躍の場が広がっているソフトウェアで、そのスキルの需要は非常に高いです。

そんなUnityの参考書を、人気・評判とともに、ランキングとおすすめ本を紹介していきまっす。

 

   

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Unityの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「Unityの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2022/11/29 12:11 更新)
Rank製品価格
1
マンガでわかる Unityゲーム開発入門
発売日 2022/10/19
もりやまゆうた (インプレス)
総合評価
(4.5)
2,530円
2,277円
2,530円
2,530円
2
Unityデザイナーズ・バイブル
発売日 2020/08/17
森哲哉, 秋山高廣, 室星亮太, 石塚淳一 (ボーンデジタル)
総合評価
(3.9)
5,060円
(+152pt)
4,807円
5,050円
5,060円
3
Unityではじめる ROS・人工知能 ロボットプログラミング実践入門...
発売日 2022/06/06
布留川英一 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
4,950円
(+225pt)
4,950円
4,940円
4,950円
4
Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング
発売日 2020/09/17
布留川英一 (ボーンデジタル)
総合評価
(3.9)
3,960円
(+119pt)
3,762円
3,960円
3,960円
5
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
6
Unityの教科書 Unity 2022完全対応版
発売日 2022/06/29
北村愛実 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.5)
2,970円
2,970円
2,970円
2,970円
7
Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門
発売日 2017/08/16
いたのくまんぼう, 大槻 有一郎 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
総合評価
(4.1)
2,943円
1,375円
2,750円
3,448円
8
たのしい2Dゲームの作り方 Unityではじめるゲーム開発入門
発売日 2021/02/17
STUDIO SHIN (翔泳社)
総合評価
(4.3)
2,948円
1,474円
2,948円
2,948円
9
3,520円
3,168円
3,520円
10
Unity2021 3D/2Dゲーム開発実践入門
発売日 2021/06/14
吉谷幹人 (ソシム)
総合評価
(4.1)
2,860円
(+140pt)
2,599円
2,860円
2,860円
11
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書
発売日 2015/09/01
岩井 雅幸 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
5,153円
3,200円
3,278円
980円
12
UnityではじめるC# 基礎編 改訂版
発売日 2020/12/01
リブロワークス (エムディエヌコーポレーション(MdN))
総合評価
(4.1)
2,860円
1,430円
2,860円
2,178円
13
Unity ゲームエフェクト マスターガイド
発売日 2019/07/19
秋山 高廣 (技術評論社)
総合評価
(4.4)
4,620円
(+230pt)
4,389円
4,620円
4,620円
14
3,058円
(+150pt)
3,058円
3,058円
15
見てわかるUnity Visual Scripting超入門2021対応
発売日 2021/10/29
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.8)
3,740円
1,683円
3,366円
3,740円
16
ほんきで学ぶUnityゲーム開発入門 Unity5対応
発売日 2015/11/19
夏木雅規 (翔泳社)
総合評価
(4.3)
3,080円
(+140pt)
1,540円
3,080円
3,080円
17
Unity 5 ゲーム開発はじめの一歩 ThinkIT Books
発売日 2016/02/26
古波倉 正隆 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
1,980円
1,782円
1,980円
1,980円
18
楽しく学ぶ Unity2D超入門講座
発売日 2019/02/21
森 巧尚 (マイナビ出版)
総合評価
(4.3)
3,014円
(+144pt)
2,663円
2,959円
2,959円
19
UniRx/UniTask完全理解 より高度なUnity C#プログラミング
発売日 2020/11/16
打田 恭平 (ドワンゴ)
総合評価
(3.8)
4,400円
3,960円
4,400円
4,400円
20
楽しく学ぶ Unity 3D超入門講座
発売日 2020/01/29
森 巧尚 (マイナビ出版)
総合評価
(4.3)
2,959円
2,663円
2,959円
2,959円
 

マンガでわかる Unityゲーム開発入門

マンガでわかる Unityゲーム開発入門
(著)もりやまゆうた
発売日 2022/10/19
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:11時点)
■□■全編マンガだからトコトンわかりやすい!■□■

ゲームを作ってみたい、ゲームクリエイターの仕事に興味がある、
そんな人が最初に手にとる一冊として、
「楽しみながらUnityを使ったゲーム作りが学べる」全編マンガの解説書が登場しました。

Unityに詳しいヒトミおねえさんと主人公の天野リエのやり取りで
横スクロールのシューティングゲームを作りながら、ストーリーが進んでいきます。
プロジェクトの作成、画像の配置、スクリプト、プレハブ化、アタリ判定、背景やスコア表示など、
基本的なゲーム作りのイロハが学べます。

■■本書はこんな人におすすめ
・ゲームを作ってみたい人、ゲームクリエイターになりたいと思っている人
・ゲーム作りをはじめたが、思うように進まない人
・Unityの基本的な使い方を学びたい人

■■本書の内容
1章 シューティングゲームを作ろう
2章 障害物と敵キャラを作ろう
3章 弾とボスを作ろう
4章 ゲーム進行の仕組みを作ろう
5章 ゲームをブラッシュアップしよう
付録 Unityのインストール

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Unityデザイナーズ・バイブル

Unityデザイナーズ・バイブル
(著)森哲哉, 秋山高廣, 室星亮太, 石塚淳一
発売日 2020/08/17
総合評価
(3.9)
(2022/11/29 12:11時点)
「Unityゲーム プログラミング・バイブル」の姉妹書として、デザイン機能にフォーカスした最新刊!
本書は、「UI制作」「モデル制作」「アニメーション」「エフェクト」など、主にゲームのデザイン関連に関わる職種の方を対象にした書籍です。
「Unityゲーム プログラミング・バイブル」と同様に、トピックごとの構成となっており、興味があるテーマからお読みいただけます。また、これからゲームデザインに関わりたい方からでもお読みいただけるように、「初級編」「中級編」を設けています。
さらに、デザイン制作はUnityのみで完結するものではないため、外部のデザインツールとUnityとの連携についてのパートも用意しました。


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
●Unity 入門編
みんな大好き!「Unityを使ってみよう!」
●Unity 中級編
Section1:UnityでUI画面を作ってみよう!
Section2:グラフィック描画の基礎「レンダーパイプライン」を理解しよう!
●基本コンポーネント編
Anima 2D/Tilemap/TextMesh Pro/Timeline/UTS2.0
●実践ツール編
Shader Graph/Visual Effect Graph/Progressive Light Mapper/Post Processing Stack v2/Cinemachine/ProBuilder/Animation Rigging
●外部デザインツール編
Photoshop/Live2D/Houdini/Maya/Spine/Blender/UniVRM/SHOTGUN

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

Unityではじめる ROS・人工知能 ロボットプログラミング実践入門

本書では、以下の内容を学ぶことができます。
・ROSに蓄積された資産やリソースを使って、ロボット制御の基礎を学ぶことができます。
・「Unity Robotics Hub」でROSとUnityを繋いで、ロボットアプリケーション開発をより効率よく行えるようになります。
・移動ロボット、ロボットアームのモデルを使って、シミュレータでの制御の詳細をマスターできます。
・キューブ型ロボット「toio」とアーム型ロボット「myCobot」の2つのリアルロボットを、シミュレータおよび実機で操作することができます。
・人工知能(AI)でロボットを自律動作させるための「Unity ML-Agents」の活用法を学ぶことができます。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1章 ROSとUnity
2章 はじめてのROSアプリケーション
3章 ROS1のデータ通信
4章 ROS2のデータ通信
5章 ROS-Unity間のデータ通信
6章 URDFによるロボットモデルの作成
7章 移動ロボットの操作
8章 ロボットアームの操作
9章 リアルロボットの操作
10章 人工知能によるロボットの操作
付録 ローカルマシンのPython環境の構築

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
布留川英一(フルカワヒデカズ)
1999年、『JAVA PRESS』(技術評論社)にて、携帯アプリの開発方法の連載を開始。2001年、株式会社ドワンゴにて、世界初のJava搭載携帯電話「503i」のローンチタイトル『サムライロマネスク』の開発に携わる。以後、新端末の新機能を活用したアプリを作りつつ、技術書を書き続け、18年で40冊ほどに。現在はギリア株式会社にて、ヒトとAIの共生環境の実現を目指して、人工知能の研究開発に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング

Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング
(著)布留川英一
発売日 2020/09/17
総合評価
(3.9)
(2022/11/29 12:11時点)
ついに正式版が登場へ!ゲーム開発にAIを活用しよう。
本書は、Unity界でいま最もホットな話題「Unity ML-Agents」をステップ・バイ・ステップで学べる1冊です。Unity ML-Agentsを使うことで、「テストの自動化」「ゲームバランスの調整」「自然な振る舞いを行うNPCの作成」「特定のプレイヤーの動きを模倣するキャラクターの作成」など、ゲーム制作のさまざまな場面で活用することができます。
本書では、はじめて「機械学習」にチャレンジする方から学んでいただけるように、機械学習の仕組みや学習方法の基礎から、サンプルプログラムを使った実践まで、ていねいに解説しました。
また、Unityが公開しているゲームに、AIを組み込んで活用する応用事例も掲載しており、ゲーム開発の現場ですぐに役立てることができます。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1章 機械学習とUnity ML-Agentsの概要
 1-1 人工知能と機械学習
 1-2 教師あり学習と教師なし学習と強化学習
 1-3 強化学習
 1-4 強化学習の学習アルゴリズム
 1-5 Unity ML-Agentsの概要
 1-6 Unity ML-Agentsの学習シナリオ
2章 はじめての学習環境の作成
 2-1 開発環境の準備
 2-2 プロジェクトの準備
 2-3 はじめての学習環境の作成
 2-4 学習と推論
 2-5 学習の高速化
3章 Unity ML-Agentsの基礎
 3-1 状態と観察
 3-2 行動
 3-3 報酬とエピソード完了
 3-4 決定
 3-5 訓練設定ファイル
 3-6 mlagents-learn
 3-7 TensorBoard
4章 さまざまな学習方法
 4-1 SAC
 4-2 Discrete
 4-3 Visual Observation
 4-4 Raycast Observation
 4-5 セルフプレイ
 4-6 Curiosity
 4-7 模倣学習
 4-8 LSTM(Long Short-Term Memory)
 4-9 カリキュラム学習
 4-10 環境パラメータのランダム化
 4-11 Observable属性
5章 サンプルの学習環境
 5-1 サンプル学習環境の準備
 5-2 FoodCollector(Observation)
 5-3 GridWorld(Visual Observation)
 5-4 PushBlock(Raycast Observation)
 5-5 Tennis(セルフプレイ①)
 5-6 Soccer(セルフプレイ②)
 5-7 Pyramids(Curiosity・模倣学習)
 5-8 Hallway(LSTM)
 5-9 WallJump(カリキュラム学習)
 5-10 3DBall(環境パラメータのランダム化)
 5-11 Bouncer(RequestDecision)
 5-12 Reacher(多関節の学習①)
 5-13 Worm(多関節の学習②)
 5-14 Crawler(多関節の学習③)
 5-15 Walker(多関節の学習④)
 5-16 Basic(カスタムセンサーコンポーネント)
6章 ゲーム開発における強化学習の活用
 6-1 ゲーム開発での強化学習エージェントの活用
 6-2 Flappy Bird Style-テストの自動化
 6-3 3D Game Kit Lite-コンテンツのバランス調整のサポート
 6-4 Puppo, The Corgi-より自然な振る舞いを行うNPC
 6-5 Karting Microgame-人間の代わりとなる対戦相手
 6-6 Unity Analyticsによるエージェントの行動解析
7章 Python APIを使った学習環境の構築
 7-1 Python APIを使った学習
 7-2 Gymラッパー
 7-3 Python Low Level API
 7-4 サイドチャネル
 7-5 カスタムサイドチャネル

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:布留川 英一
1975年生まれ。群馬県出身。会津大学コンピュータ理工学部コンピュータソフトウェア学科卒。
1999年、「JAVA PRESS」(技術評論社)にて、携帯アプリの開発方法の連載を開始。2001年、株式会社ドワンゴにて、世界初のJava搭載携帯電話「503i」のローンチタイトル「サムライロマネスク」の開発に携わる。以後、携帯電話・スマートフォン・ロボットなど新ハードの新機能を活用したアプリを作りつつ、技術書を書き続け、20年で40冊ほど。現在はギリア株式会社にて、ヒトとAIの共生環境の実現を目指して、人工知能の研究開発に取り込んでいる。


↓全て表示↑少なく表示

  

Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ

シンプルなゲームを作りながら、C#とUnityの概念や基本を理解できる!―Unityは、最も人気の高いゲームエンジンの1つで、開発環境も備えています。本書では、Unityのインストール方法などを示した後、シンプルな3Dゲームを構築しながら、プログラムの構成部品としてC#スクリプトを作成/活用する方法を解説します。前半は変数、メソッド、制御フローなどプログラミングの初級テーマを取り上げます。後半はカメラ制御、衝突、ライティングなどゲーム機構を説明し、さらにコレクションやジェネリックなどプログラミングの中級テーマもカバーします。本書では「実践」「クイズ」といったセクションも設けており、Unityゲーム開発におけるC#の基礎を把握するのに格好の一冊です。―◎制御フローやジェネリック/イベントなど様々なキーポイントをカバー。◎ゲーム機構やUIの実装、C#の中級トピックも把握できる―『Learning C# by Developing Games with Unity 2020, 5th Edition』を翻訳【本書は原著の第5版を翻訳】

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 開発環境を理解しよう
第2章 プログラミングの構成要素
第3章 変数と型とメソッドの世界
第4章 制御の流れとコレクション
第5章 クラスと構造体とOOP
第6章 Unityに挑む
第7章 動きとカメラ制御と衝突
第8章 ゲームのメカニズムを記述する
第9章 基本的なAIと敵の動き
第10章 再び、型とメソッドとクラスについて
第11章 スタックとキューとハッシュセット
第12章 ジェネリック、デリゲート、イベント、例外処理など
第13章 C#とUnityの旅はまだ続く

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000107142(学外からのアクセス方法:1.画面に表示される[学認アカウントをお持ちの方はこちら]をクリック→2.[所属機関の選択]で 神戸大学 を選んで、[選択]をクリック→3.情報基盤センターのID/PWでログイン) (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
フェローネ,ハリソン(Ferrone,Harrison)
フリーランスのソフトウェア開発者、インストラクター、テクニカルエディター。米国イリノイ州シカゴ生まれ。小さなスタートアップ企業やフォーチュン500企業で数年間をiOS開発者として過ごす。現在は、Microsoftで技術文書の作成、LinkedIn LearningやPluralsightで教育用コンテンツの作成、Ray WenderlichのWebサイトで技術編集を行っている。2013年からUnityを使ってゲームやアプリケーションを開発し、2016年からはさまざまな学習プロバイダー向けの教育コンテンツを作成している

吉川邦夫(ヨシカワクニオ)
1957年生まれ。ICU(国際基督教大学)卒。おもに制御系のプログラマとして、ソフトウェア開発に従事した後、翻訳家として独立。英文雑誌記事の和訳なども手掛ける。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Unityの教科書 Unity 2022完全対応版

Unityの教科書 Unity 2022完全対応版
(著)北村愛実
発売日 2022/06/29
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:11時点)
Unity 2022に最速対応!

いちばん売れているUnity入門書が最新バージョンに対応
最新環境でゲーム制作を楽しく体験しましょう!


■本書の特徴
●初めてゲーム制作にチャレンジする人に最適!
最初は簡単な2Dゲームの制作からスタートし、徐々に難しいゲームへと進めていきます。サンプルゲームの制作を通じて、Unityの機能と、ゲームを作るための知識が自然と身に付きます。

●プログラムの書き方がわからなくても大丈夫!
C#の基礎知識も掲載しているので、プログラミング経験のまったくない人でも、安心して学習を開始することができます。

●ゲームを面白くするためのヒントを掲載!
Unityの使い方だけでなく、ゲームの設計方法、レベルデザインなど、ゲームを面白く作るための知識も紹介しています。

Chapter1 ゲーム作りの準備
1-1 ゲームを作るのに必要なもの
1-2 Unityとは?
1-3 Unityのインストール
1-4 Unityの画面構成を知ろう
1-5 Unityに触れて慣れよう

Chapter2 C#スクリプトの基礎
2-1 スクリプトとは?
2-2 スクリプトを作成しよう
2-3 スクリプトの第一歩
2-4 変数を使ってみよう
2-5 制御文を使ってみよう
2-6 配列を使ってみよう
2-7 関数(メソッド)を作ってみよう
2-8 クラスを作ってみよう
2-9 Vector型を使ってみよう

Chapter3 オブジェクトの配置と動かし方
3-1 ゲームの設計を考えよう
3-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
3-3 シーンにオブジェクトを配置しよう
3-4 スクリプトの作り方を学ぼう
3-5 スクリプトをアタッチしてルーレットを回そう
3-6 ルーレットが止まるようにしよう
3-7 スマートフォンで実行してみよう

Chapter4 UIと監督オブジェクト
4-1 ゲームの設計を考えよう
4-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
4-3 シーンにオブジェクトを配置しよう
4-4 スワイプで車を動かす方法を考えよう
4-5 UIを表示しよう
4-6 UIを書き換える監督を作ろう
4-7 効果音の鳴らし方を学ぼう
4-8 スマートフォンで実行してみよう

Chapter5 Prefabと当たり判定
5-1 ゲームの設計を考えよう
5-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
5-3 シーンにオブジェクトを配置しよう
5-4 キーボードでプレイヤを動かそう
5-5 Physicsを使わない落下方法を学ぼう
5-6 当たり判定を学ぼう
5-7 Prefabと工場の作り方を学ぼう
5-8 UIを表示しよう
5-9 UIを書き換える監督を作ろう
5-10 スマートフォンで実行してみよう

Chapter6 Physicsとアニメーション
6-1 ゲームの設計を考えよう
6-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
6-3 Physicsについて学ぼう
6-4 コライダの形を工夫してみよう
6-5 入力に応じてプレイヤを動かそう
6-6 アニメーションについて学ぼう
6-7 ステージを作ろう
6-8 プレイヤの移動に合わせてカメラを動かそう
6-9 Physicsを使った衝突検出を学ぼう
6-10 シーン間の遷移方法を学ぼう
6-11 スマートフォンで実行してみよう

Chapter7 3Dゲームの作り方
7-1 ゲームの設計を考えよう
7-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
7-3 Terrainを使って地形を作ろう
7-4 Physicsを使ってイガグリを飛ばそう
7-5 パーティクルを使ってエフェクトを表示しよう
7-6 イガグリを生産する工場を作ろう
7-7 スマートフォンで実行してみよう

Chapter8 レベルデザイン
8-1 ゲームの設計を考えよう
8-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
8-3 バスケットを動かそう
8-4 アイテムを落下させよう
8-5 アイテムをキャッチしよう
8-6 アイテムを生成する工場を作ろう
8-7 UIを作ろう
8-8 レベルデザインをしよう
8-9 スマートフォンで実行してみよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter1 ゲーム作りの準備 1-1 ゲームを作るのに必要なもの 1-2 Unityとは? 1-3 Unityのインストール 1-4 Unityの画面構成を知ろう 1-5 Unityに触れて慣れようChapter2 C#スクリプトの基礎 2-1 スクリプトとは? 2-2 スクリプトを作成しよう 2-3 スクリプトの第一歩 2-4 変数を使ってみよう 2-5 制御文を使ってみよう 2-6 配列を使ってみよう 2-7 関数(メソッド)を作ってみよう 2-8 クラスを作ってみよう 2-9 Vector型を使ってみようChapter3 オブジェクトの配置と動かし方 3-1 ゲームの設計を考えよう 3-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 3-3 シーンにオブジェクトを配置しよう 3-4 スクリプトの作り方を学ぼう 3-5 スクリプトをアタッチしてルーレットを回そう 3-6 ルーレットが止まるようにしよう 3-7 スマートフォンで実行してみようChapter4 UIと監督オブジェクト 4-1 ゲームの設計を考えよう 4-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 4-3 シーンにオブジェクトを配置しよう 4-4 スワイプで車を動かす方法を考えよう 4-5 UIを表示しよう 4-6 UIを書き換える監督を作ろう 4-7 効果音の鳴らし方を学ぼう 4-8 スマートフォンで実行してみよう Chapter5 Prefabと当たり判定 5-1 ゲームの設計を考えよう 5-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 5-3 シーンにオブジェクトを配置しよう 5-4 キーボードでプレイヤを動かそう 5-5 Physicsを使わない落下方法を学ぼう 5-6 当たり判定を学ぼう 5-7 Prefabと工場の作り方を学ぼう 5-8 UIを表示しよう 5-9 UIを書き換える監督を作ろう 5-10 スマートフォンで実行してみようChapter6 Physicsとアニメーション 6-1 ゲームの設計を考えよう 6-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 6-3 Physicsについて学ぼう 6-4 コライダの形を工夫してみよう 6-5 入力に応じてプレイヤを動かそう 6-6 アニメーションについて学ぼう 6-7 ステージを作ろう 6-8 プレイヤの移動に合わせてカメラを動かそう 6-9 Physicsを使った衝突検出を学ぼう 6-10 シーン間の遷移方法を学ぼう 6-11 スマートフォンで実行してみようChapter7 3Dゲームの作り方 7-1 ゲームの設計を考えよう 7-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 7-3 Terrainを使って地形を作ろう 7-4 Physicsを使ってイガグリを飛ばそう 7-5 パーティクルを使ってエフェクトを表示しよう 7-6 イガグリを生産する工場を作ろう 7-7 スマートフォンで実行してみようChapter8 レベルデザイン 8-1 ゲームの設計を考えよう 8-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 8-3 バスケットを動かそう 8-4 アイテムを落下させよう 8-5 アイテムをキャッチしよう 8-6 アイテムを生成する工場を作ろう 8-7 UIを作ろう 8-8 レベルデザインをしよう 8-9 スマートフォンで実行してみよう

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
迅速な対応でしたし、商品も綺麗な状態で届きました。内容も非常に分かりやすそうです。ありがとうございました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
例年通りの出来栄えです。いつも通り、わかりやすく簡単で、勉強になる。ただ、いつも通り、ややつまらない(スミマセン)そして、3Dのやつがほぼ2D。それを考慮しても、星4にはなるかなぁ… (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
今度就職する娘にプレゼント。仕事に役立つ情報を身につけたいそうで、喜んでました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:北村愛実
1988年生まれ。立命館大学院理工学研究科卒業。IT企業の研究職を経て、現在は主婦をやりつつ執筆やイラスト制作に励んでいる。主な著書は『Unityの教科書』『確かな力が身につくC#「超」入門 第2版』『プログラミング教育対応 Scratchで楽しむプログラミングの教科書』(SBクリエイティブ)。


  

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門
(著)いたのくまんぼう, 大槻 有一郎
発売日 2017/08/16
総合評価
(4.1)
(2022/11/29 12:11時点)
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【人気のゲームアプリをマスターしながらUnityを学ぶ!】

ゲーム作家いたのくまんぼう氏が贈る、通称“和尚本"第2弾! 姉妹書『UnityではじめるC# 基礎編』の題材「脱出ゲーム」や「物理パズル」よりもやや高度な、人気ジャンルのゲーム2本(+改造して2本)のつくりかたを習得できます。

1本目のゲームはスマホで大人気の「放置ゲーム」! そしてこれを改造して「クッキークリッカー」ゲームにするところまで解説します。2本目はスマホに限らず定番の「サイドビューアクション」ゲーム! これも少し手を加えて「横スクロールアクション」ゲームにするところまで解説。シンプルで無駄のないソースコードと懇切丁寧な手順解説で、楽しみながらゲーム制作ができます。また、巻末には、アプリの販売や宣伝、ゲーム内への広告配置のコツなどについてのノウハウも掲載しています。プロレベル、ストア公開レベルのアプリをつくりながらUnityの習得、プログラミング技術の向上ができる一冊です。

なお、本書の購入特典として、Unityプロジェクトデータ、ゲームで使用したイラストデータ、C#の基礎解説PDF(約70ページ)をダウンロードで提供しています。

※本書はUnity 2017.1.0 b1~b9で制作、2017.1.0f3で動作検証を行っています。

【本書の内容】
Chapter 1 Unityの基本を身に付けよう
Chapter 2 放置ゲームをつくろう
Chapter 3 放置ゲームに演出を加えよう
Chapter 4 クッキークリッカーに改造しよう
Chapter 5 サイドビューアクションをつくろう
Chapter 6 サイドビューアクションを仕上げる
Chapter 7 アプリ販売の寺子屋

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

たのしい2Dゲームの作り方 Unityではじめるゲーム開発入門

Unityをはじめるなら2Dゲーム作りから!

============
「ゲームを作ってみたいけれど、何から始めればいいのかわからない」
「ゲームエンジンUnityに興味があるけれど、どうやってゲームを作るかわからない」

そんな人でも「たのしく」Unityの基礎やゲーム開発の基本を覚えられる入門書が登場!
============

●横スクロールで左右移動とジャンプをしながらゴールを目指す「サイドビューゲーム」
●RPGやシューティングゲームでおなじみ、マップを移動する「トップビューゲーム」

本書では、これらシンプルな2つの2Dゲームを作りながら、
Unityの操作や、ゲーム作りの基本を「たのしく」「やさしく」学べます。

本書を読んで、かわいいキャラクターを動かすゲームを作れるようになったら、
自分のオリジナルゲーム作りにも挑戦してみましょう!!

さぁ、皆さんもいっしょに、ゲーム作りをたのしみましょう!!

【もくじ】
第1部 ゲームを作る準備
◆Chapter 01 ゲーム開発とUnityについて知ろう
◆Chapter 02 Unityで「はじめての」ゲームを作ろう
◆Chapter 03 スクリプトを書こう
第2部 サイドビューゲームを作ろう
◆Chapter 04 サイドビューゲームの基本システムを作ろう
◆Chapter 05 ボタンや情報表示を作ろう
◆Chapter 06 画面と機能をゲームに追加しよう
◆Chapter 07 ゲームに仕掛けを追加しよう
第3部 トップビューアクションゲームを作ろう
◆Chapter 08 トップビューとシューティングの基本システムを作ろう
◆Chapter 09 トップビューゲームをバージョンアップしよう
◆Chapter 10 トップビューゲームを仕上げよう

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■第1部 ゲームを作る準備
Chapter 01 ゲーム開発とUnityについて知ろう
1.1 ゲーム開発は知識とアイデアから
1.2 ゲーム開発に必要なものを考えてみよう
1.3 Unityの基礎を知ろう
1.4 Unityをインストールしよう
1.5 Unityで作るゲームの構成を知ろう
Chapter 02 Unityで「はじめての」ゲームを作ろう
2.1 プロジェクトを作ろう
2.2 ゲーム画面を作ろう
2.3 プレイヤーキャラクターを作ろう
Chapter 03 スクリプトを書こう
3.1 スクリプトでゲームオブジェクトを操作しよう
3.2 C#プログラムの基礎を覚えよう
3.3 PlayerControllerスクリプトを見ていこう
■第2部 サイドビューゲームを作ろう
Chapter 04 サイドビューゲームの基本システムを作ろう
4.1 サイドビューゲームってどんなゲーム?
4.2 まずはサンプルゲームを実行してみよう
4.3 ゲームステージを作ろう
4.4 ゲームオブジェクトを再利用しよう
4.5 プレイヤーキャラクターを作ろう
Chapter 05 ボタンや情報表示を作ろう
5.1 ゲームのUI(ユーザーインターフェイス)を作ろう
5.2 ゲームをリスタートできるようにしよう
5.3 できたゲームをプレイしよう
Chapter 06 画面と機能をゲームに追加しよう
6.1 バージョンアップの内容をまとめよう
6.2 タイトル画面を追加しよう
6.3 スクロール画面を作ろう
6.4 タイムアップの仕組みを作ろう
6.5 アイテムとスコアを作ろう
6.6 リザルト画面を追加しよう
Chapter 07 ゲームに仕掛けを追加しよう
7.1 ダメージブロックを作ろう
7.2 移動床ブロックを作ろう
7.3 移動ブロックと連動するスイッチを作ろう
7.4 固定砲台を作ろう
7.5 動き回る敵キャラを作ろう
7.6 ゲームでサウンドを鳴らそう
7.7 マウス/タッチパネル操作に対応させよう
■第3部 トップビューアクションゲームを作ろう
Chapter 08 トップビューアクションゲームの基本システムを作ろう
8.1 サンプルゲームを実行してみよう
8.2 これから作るトップビューゲームについて考えよう
8.3 タイルマップでゲーム画面を作ろう
8.4 プレイヤーキャラクターを作ろう
Chapter 09 トップビューアクションゲームをバージョンアップしよう
9.1 シーンからシーンへ移動しよう
9.2 配置アイテムを作ろう
9.3 敵キャラを作ろう
9.4 UIとゲームを管理する仕組みを作ろう
Chapter 10 トップビューゲームを仕上げよう
10.1 タイトル画面を追加しよう
10.2 ゲームデータを保存しよう
10.3 ボスステージを作ろう
10.4 複数のBGMやSEを鳴らそう

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
商品の発送が早く、梱包もとても丁寧です。 普通に本屋で買うよりもポイントが貰えてとてもお得感を感じます。 また利用したいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
梱包が完璧な上にすぐに届きました。次の日に届くとは、思っていなかったので驚きました。ありがとうございました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
本を読んで実際に実装してみた経過をZennにアップしてます。
ちゃんと作れました。

一日1~2時間位づつやって、10日位で最後まで行けました。

スマホでも動かせるように設定してあるのが良かった。

サイドビューアクション編
https://zenn.dev/rhythmcan/scraps/2d517eda67b5e6

トップビューアクション編
https://zenn.dev/rhythmcan/scraps/f383267f84ba75 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
STUDIO SHIN
1991年から20年間ゲーム制作会社で家庭用ゲームやスマホアプリのデザイナー、プランナー、プログラマーとして開発に携わる。2011年独立、フリーランスにてゲームや業務アプリ開発、書籍執筆を行う。奈良芸術短期大学、大阪アミューズメントメディア専門学校講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

Unityシミュレーションで学ぶ人工知能と人工生命: 創って理解するAI

 
  

Unity2021 3D/2Dゲーム開発実践入門

Unity2021 3D/2Dゲーム開発実践入門
(著)吉谷幹人
発売日 2021/06/14
総合評価
(4.1)
(2022/11/29 12:11時点)
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ゲーム開発エンジン「Unity」の定番入門書。

本書では、4つのサンプルゲームを作る手順を通して、グラフィックス、物理エンジン、アニメーション、エフェクト、サウンド、GUIなど、押さえておくべきUnityの基本機能を体系的にマスターできます。

モバイルゲーム開発におけるトピックを、実践的に取り上げている点も特徴です。ゲームを公開することを目標に開発を進めていくと、ゲームのコアロジックを作る以外の「ゲームの外側」の作業や決まり事が、意外と多いことに気づくはずです。本書で作成するサンプルゲームは、ゲームデザイン、画面サイズ、入力・操作方法などを、すべてモバイルプラットフォーム向けに設計しています。また、実機へのビルド方法やストアへ公開するための設定方法なども解説もしています。「スマートフォンゲームとしてきちんと遊べるものを作って公開する」ことを前提に、具体的な流れを通してUnityを利用したモバイルゲーム開発の実情を体感できるでしょう。

Unityの進化によって、より簡単にできることが増えた一方、複雑さが増した部分もあります。改訂にあたっては、Unityの管理方法や新しいプレハブワークフローなど、基本機能の重要な変更を見繕って取り込みました。本書を読むことで、Unityスキルとして陳腐化しないコアの部分を学びながら、最新のUnityの情報を広くキャッチアップできるはずです。

【本書の構成】
INTRODUCTION Unityの特徴と概要
CHAPTER-1 Unityでゲーム開発を行う前の準備
CHAPTER-2 Unityはじめの一歩―Unityの画面構成や基本操作を覚える
CHAPTER-3 ゲーム作成の基本―物理エンジンとコリジョンイベントをマスターする
CHAPTER-4 アセット管理とゲームオブジェクトの制御―プレハブとエフェクトを極める
CHAPTER-5 3Dアクションゲームを作成―キャラクターとGUIをコントロールする
CHAPTER-6 2Dゲームを作成―スプライトと2D物理エンジンを使いこなす
CHAPTER-7 ゲームのリリース準備をして、ストアに登録する
APPENDIX Unityをさらに使いこなすために

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
INTRODUCTION Unityの特徴と概要
【0-1】ゲームエンジン「Unity」とは
【0-2】Unityの最新機能
【0-3】Unityを利用する際のライセンス
CHAPTER-1 Unityでゲーム開発を行う前の準備
【1-1】Unityのインストール
【1-2】モバイルアプリ開発環境の準備
【1-3】Unityプロジェクトのビルド
まとめ Unityでゲーム開発を行う前の準備
CHAPTER-2 Unity はじめの一歩―Unityの画面構成や基本操作を覚える
【2-1】シーンとアセット
【2-2】Unityエディターの基本
【2-3】3Dシーンを組み立てる
【2-4】色と質感を与える
【2-5】シーンのライティングを操作する
【2-6】初めてのスクリプトを実行する
まとめ Unityの画面構成や基本操作・概念を覚える
CHAPTER-3 ゲーム作成の基本―物理エンジンとコリジョンイベントをマスターする
【3-1】シーンの初期化
【3-2】物理挙動を持つBallオブジェクトの作成
【3-3】ステージの作成
【3-4】スクリプトによる重力の操作
【3-5】物理特性の設定
【3-6】ホールの作成とトリガーイベントの制御
【3-7】ゲームクリアの判定
【3-8】GIによるグラフィックの最終調整
まとめ さらに面白くするには
CHAPTER-4 アセット管理とゲームオブジェクトの制御―プレハブとエフェクトを極める
【4-1】アセットのインポート
【4-2】ステージの作成
【4-3】プレハブの作成と利用
【4-4】オブジェクトの動的生成と削除
【4-5】ゲームのコントロール
【4-6】エフェクトの表示
【4-7】サウンドの再生
まとめ さらに面白くするには
CHAPTER-5 3Dアクションゲームを作成―キャラクターとGUIをコントロールする
【5-1】アセットのインポートとシーンの初期化
【5-2】キャラクターアニメーション導入ツアー
【5-3】3Dプレイヤーキャラクターの構築
【5-4】自動生成ステージの作成
【5-5】敵の設定とペナルティの実装
【5-6】ステージデザイン
【5-7】uGUIを利用したゲームの情報の表示
【5-8】ボタンによるクリックイベントの検知
【5-9】タイトルシーンの作成
まとめ さらに面白くするには
CHAPTER-6 2Dゲームを作成―スプライトと2D物理エンジンを使いこなす
【6-1】ゲーム制作の方針
【6-2】2Dモードへの変更と初期設定
【6-3】アセットのインポートと設定
【6-4】2Dステージオブジェクトの作成
【6-5】2Dキャラクターの作成
【6-6】2Dキャラクターの制御
【6-7】Blockの作成
【6-8】ゲーム全体のコントロール
【6-9】クラッシュエフェクト
まとめ さらに面白くするには
CHAPTER-7 ゲームのリリース準備をして、ストアに登録する
【7-1】Player Settingsの設定
【7-2】AndroidのKeystoreの作成
【7-3】リリースビルドの作成
まとめ ゲームのリリース準備をして、ストアに登録する
APPENDIX Unityをさらに使いこなすために
【A-1】自作ゲームに広告サービスを組み込む
【A-2】セーフエリアへの対応

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
まったくの初心者が読んでも理解できます。とにかく親切丁寧です。
初級者から中級者向けです。私は中級者です。
内容はスマホゲームの作り方です。PCゲームの作り方はありません。
(購入時に気が付きませんでしたので記載しておきます)
広告のつけ方も載っています。わたしは小学生ですが、同じものが作れました。
この手の本は、誤植や、段階を飛ばしているものも多いのですが、今まで読んだ本の中では間違いなくわかりやすさがNO1です。続編が欲しいです。後半がもう少し解説が詳しかったらな(理解できないとまではいわないが)と思う場面がありましたが、グーグルとYouTubeと勘で解決できました。
作業が効率よく進むと思います。
絶対におすすめ。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
商品が届きました!
大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:吉谷 幹人
1986年生まれ。筑波大学大学院システム情報工学研究科卒業。フィーチャーフォンの時代からモバイルアプリケーション開発を開始し、大学院在学中にiOS上に実装した楽曲推薦サービスの研究成果で情報処理学会2011年度山下記念研究賞を受賞。就職後はモバイル向けソーシャルゲームの開発に携わる。2011年にUnityを使い始め、複数プロジェクトのリードエンジニアを担当。現在はゲーム開発スタジオ全体のテックリードとしてアーキテクチャや開発プロセスの主導に従事している。著書に『Unity 3D/2Dゲーム開発実践入門 Unity 2019対応』(ソシム)『Unityゲーム プログラミング・バイブル』(ボーンデジタル・共著)がある。


↓全て表示↑少なく表示

   

Unityの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「Unityの本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2022/11/29 12:06 更新)
Rank製品価格
1
Unityではじめる ROS・人工知能 ロボットプログラミング実践入門...
発売日 2022/06/06
布留川英一 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
4,950円
(+225pt)
4,950円
4,940円
4,950円
2
Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation
発売日 2021/06/29
森 哲哉, 布留川 英一, 西森 丈俊, 車谷 勇人 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.5)
8,580円
(+257pt)
8,151円
8,580円
8,580円
3
Unityの教科書 Unity 2022完全対応版
発売日 2022/06/29
北村愛実 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.5)
2,970円
2,970円
2,970円
2,970円
4
2,530円
2,277円
2,530円
2,530円
5
マンガでわかる Unityゲーム開発入門
発売日 2022/10/19
もりやまゆうた (インプレス)
総合評価
(4.5)
2,530円
2,277円
2,530円
2,530円
 

Unityではじめる ROS・人工知能 ロボットプログラミング実践入門

本書では、以下の内容を学ぶことができます。
・ROSに蓄積された資産やリソースを使って、ロボット制御の基礎を学ぶことができます。
・「Unity Robotics Hub」でROSとUnityを繋いで、ロボットアプリケーション開発をより効率よく行えるようになります。
・移動ロボット、ロボットアームのモデルを使って、シミュレータでの制御の詳細をマスターできます。
・キューブ型ロボット「toio」とアーム型ロボット「myCobot」の2つのリアルロボットを、シミュレータおよび実機で操作することができます。
・人工知能(AI)でロボットを自律動作させるための「Unity ML-Agents」の活用法を学ぶことができます。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1章 ROSとUnity
2章 はじめてのROSアプリケーション
3章 ROS1のデータ通信
4章 ROS2のデータ通信
5章 ROS-Unity間のデータ通信
6章 URDFによるロボットモデルの作成
7章 移動ロボットの操作
8章 ロボットアームの操作
9章 リアルロボットの操作
10章 人工知能によるロボットの操作
付録 ローカルマシンのPython環境の構築

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
布留川英一(フルカワヒデカズ)
1999年、『JAVA PRESS』(技術評論社)にて、携帯アプリの開発方法の連載を開始。2001年、株式会社ドワンゴにて、世界初のJava搭載携帯電話「503i」のローンチタイトル『サムライロマネスク』の開発に携わる。以後、新端末の新機能を活用したアプリを作りつつ、技術書を書き続け、18年で40冊ほどに。現在はギリア株式会社にて、ヒトとAIの共生環境の実現を目指して、人工知能の研究開発に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation

Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation
(著)森 哲哉, 布留川 英一, 西森 丈俊, 車谷 勇人
発売日 2021/06/29
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:11時点)
※「詳細目次」はボーンデジタルのWebサイトで公開中!

Unityのゲーム開発現場で最も使われた決定版書籍が、大幅バージョンアップして登場!
ゲームの開発現場で即実践できるスキルが身につく!

本書は、ゲーム開発で最も使われている「Unity」の入門や初級レベルを卒業した方向けの書籍です。ゲームの開発現場で、即実践できるスキルが身につくように、「37」の最新のトピックを網羅しました。

本書には、第一線の現場で活躍している23名の著者陣が参加しており、ゲーム開発のノウハウやTipsが満載されています。またほとんどのトピックでは、サンプルゲームがダウンロードでき、実際に動かしながら、実践的に学んでいくことが可能です。

Unityでのゲーム開発のさまざまな場面で、すぐに役立つ1冊となっています。

基本コンポーネント(5セクション)
Prefab/カメラワーク/TextMesh Pro/Particle System/NavMesh

グラフィックス(4セクション)
Light 2D/URP/シェーダー言語/Timeline

拡張コンポーネント(7セクション)
Terrain/2D Animation/Anmation Rigging/Visual Effect Graph/ShaderGraph/Bolt/Unity ML-Agents

ネットワーク(3セクション)
Firebase/Photon/MLAPI

リソース/IO/xR(4セクション)
AR/VR/サウンド/Genvid

C#スクリプティング(7セクション)
DOTS/C# JobSystem/C#新機能/UniRx/Zenject/システム設計

開発支援(7セクション)
Editor拡張/プロファイリング/テストフレームワーク/Addressable Assets/ビルド管理/動画広告

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
■基本コンポーネント(5セクション)
Prefab/カメラワーク/TextMesh Pro/Particle System/NavMesh
■グラフィックス(4セクション)
Light 2D/URP/シェーダー言語/Timeline
■拡張コンポーネント(7セクション)
Terrain/2D Animation/Anmation Rigging/Visual Effect Graph/ShaderGraph/Bolt/Unity ML-Agents
■ネットワーク(3セクション)
Firebase/Photon/MLAPI
■リソース/IO/xR(4セクション)
AR/VR/サウンド/Genvid
■C#スクリプティング(7セクション)
DOTS/C# JobSystem/C#新機能/UniRx/Zenject/システム設計
■開発支援(7セクション)
Editor拡張/プロファイリング/テストフレームワーク/Addressable Assets/ビルド管理/動画広告

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
森哲哉(モリテツヤ)
株式会社キッズスターCTO。2005年に大学中退後、SIerやWeb系ベンチャーを渡り歩き、2014年から株式会社キッズスターの創業メンバーとして「ごっこランド」をはじめとするUnity製子ども向けアプリの開発に従事し、開発基盤の整備などに深くコミットしている。2018年にMicrosoft MVP for Developer Technologiesを受賞し、同年末に初代Unity Ambassadorとして任命され、勉強会主催・登壇やブログ・同人誌執筆などを通じてUnityコミュニティの発展に寄与している

布留川英一(フルカワヒデカズ)
1999年、『JAVA PRESS』(技術評論社)にて、携帯アプリの開発方法の連載を開始。2001年、株式会社ドワンゴにて、世界初のJava搭載携帯電話「503i」のローンチタイトル『サムライロマネスク』の開発に携わる。以後、新端末の新機能を活用したアプリを作りつつ、技術書を書き続け、18年で40冊ほどに。現在はギリア株式会社にて、ヒトとAIの共生環境の実現を目指して、人工知能の研究開発に取り込んでいる

西森丈俊(ニシモリタケトシ)
株式会社ナムコ(当時)から株式会社ドリームファクトリーを経て、現在はフリーランスで活動中。C#プログラムは読めるが、子供の作るマインクラフトレッドストーン/BUD回路が全然読めない中年エンジニア。主に、コンシューマーゲーム機、携帯電話、スマートフォンなどのプラットフォームのアプリケーション開発に携わる。2011年からUnityを使用したアプリケーション開発に参加。主なタイトルには「ノーモア★ヒーローズ ワールドランカー」「聖剣伝説RISE of MANA」「バトルオブブレイド」がある。現在は、株式会社娯匠にて開発中のゲーム「CYBORG-PROTOTYPE」と、共著の西岡氏が所属するアングー株式会社での開発業務に従事。子供はマイクラでカラー3Dプリンタを開発中。2012年、筑波大学大学院企業科学専攻終了

車谷勇人(クルマタニハヤト)
チームラボ株式会社Unityエンジニア

一條貴彰(イチジョウタカアキ)
株式会社ヘッドハイ代表取締役。ゲーム作家/Game tools DevRel。代表作は『Back in 1995』、現在は4人対戦ロボットアクション『デモリッションロボッツK.K.』を開発中。自社開発と並行して、インディーゲーム開発者を対象にしたゲーム開発ツール・サービスのビジネスコンサルティング事業を行う。メディア「IndieGamesJp.dev」運営、「iGi indie Game incubator」アドバイザー、コミュニティ「asobu」コアメンバー

打田恭平(ウチダキョウヘイ)
本業はxR系の開発を行いつつ、趣味で個人ゲームを開発している。.NET/C#に興味があり、これらの技術をどうUnityで活用するかを日々模索している。ブログ執筆や勉強会の運営などコミュニティ活動も続けており、Microsoft MVP for Developer Technologiesを2018年より継続受賞している

轟昂(トドロキタカシ)
ゲーム作家兼Unityアセット作家。IT系の企業でシステムの導入支援やサービスの開発に従事した後、中学生から始めたゲーム作りの夢を忘れられず、独立してフリーランスとして活動中。教員免許を取った経験を活かし、これからゲーム開発を担うビギナーに向けてブログ「エクスプラボ」で技術情報を発信したり、チュートリアルを公開したりしています(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Unityの教科書 Unity 2022完全対応版

Unityの教科書 Unity 2022完全対応版
(著)北村愛実
発売日 2022/06/29
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:11時点)
Unity 2022に最速対応!

いちばん売れているUnity入門書が最新バージョンに対応
最新環境でゲーム制作を楽しく体験しましょう!


■本書の特徴
●初めてゲーム制作にチャレンジする人に最適!
最初は簡単な2Dゲームの制作からスタートし、徐々に難しいゲームへと進めていきます。サンプルゲームの制作を通じて、Unityの機能と、ゲームを作るための知識が自然と身に付きます。

●プログラムの書き方がわからなくても大丈夫!
C#の基礎知識も掲載しているので、プログラミング経験のまったくない人でも、安心して学習を開始することができます。

●ゲームを面白くするためのヒントを掲載!
Unityの使い方だけでなく、ゲームの設計方法、レベルデザインなど、ゲームを面白く作るための知識も紹介しています。

Chapter1 ゲーム作りの準備
1-1 ゲームを作るのに必要なもの
1-2 Unityとは?
1-3 Unityのインストール
1-4 Unityの画面構成を知ろう
1-5 Unityに触れて慣れよう

Chapter2 C#スクリプトの基礎
2-1 スクリプトとは?
2-2 スクリプトを作成しよう
2-3 スクリプトの第一歩
2-4 変数を使ってみよう
2-5 制御文を使ってみよう
2-6 配列を使ってみよう
2-7 関数(メソッド)を作ってみよう
2-8 クラスを作ってみよう
2-9 Vector型を使ってみよう

Chapter3 オブジェクトの配置と動かし方
3-1 ゲームの設計を考えよう
3-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
3-3 シーンにオブジェクトを配置しよう
3-4 スクリプトの作り方を学ぼう
3-5 スクリプトをアタッチしてルーレットを回そう
3-6 ルーレットが止まるようにしよう
3-7 スマートフォンで実行してみよう

Chapter4 UIと監督オブジェクト
4-1 ゲームの設計を考えよう
4-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
4-3 シーンにオブジェクトを配置しよう
4-4 スワイプで車を動かす方法を考えよう
4-5 UIを表示しよう
4-6 UIを書き換える監督を作ろう
4-7 効果音の鳴らし方を学ぼう
4-8 スマートフォンで実行してみよう

Chapter5 Prefabと当たり判定
5-1 ゲームの設計を考えよう
5-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
5-3 シーンにオブジェクトを配置しよう
5-4 キーボードでプレイヤを動かそう
5-5 Physicsを使わない落下方法を学ぼう
5-6 当たり判定を学ぼう
5-7 Prefabと工場の作り方を学ぼう
5-8 UIを表示しよう
5-9 UIを書き換える監督を作ろう
5-10 スマートフォンで実行してみよう

Chapter6 Physicsとアニメーション
6-1 ゲームの設計を考えよう
6-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
6-3 Physicsについて学ぼう
6-4 コライダの形を工夫してみよう
6-5 入力に応じてプレイヤを動かそう
6-6 アニメーションについて学ぼう
6-7 ステージを作ろう
6-8 プレイヤの移動に合わせてカメラを動かそう
6-9 Physicsを使った衝突検出を学ぼう
6-10 シーン間の遷移方法を学ぼう
6-11 スマートフォンで実行してみよう

Chapter7 3Dゲームの作り方
7-1 ゲームの設計を考えよう
7-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
7-3 Terrainを使って地形を作ろう
7-4 Physicsを使ってイガグリを飛ばそう
7-5 パーティクルを使ってエフェクトを表示しよう
7-6 イガグリを生産する工場を作ろう
7-7 スマートフォンで実行してみよう

Chapter8 レベルデザイン
8-1 ゲームの設計を考えよう
8-2 プロジェクトとシーンを作成しよう
8-3 バスケットを動かそう
8-4 アイテムを落下させよう
8-5 アイテムをキャッチしよう
8-6 アイテムを生成する工場を作ろう
8-7 UIを作ろう
8-8 レベルデザインをしよう
8-9 スマートフォンで実行してみよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter1 ゲーム作りの準備 1-1 ゲームを作るのに必要なもの 1-2 Unityとは? 1-3 Unityのインストール 1-4 Unityの画面構成を知ろう 1-5 Unityに触れて慣れようChapter2 C#スクリプトの基礎 2-1 スクリプトとは? 2-2 スクリプトを作成しよう 2-3 スクリプトの第一歩 2-4 変数を使ってみよう 2-5 制御文を使ってみよう 2-6 配列を使ってみよう 2-7 関数(メソッド)を作ってみよう 2-8 クラスを作ってみよう 2-9 Vector型を使ってみようChapter3 オブジェクトの配置と動かし方 3-1 ゲームの設計を考えよう 3-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 3-3 シーンにオブジェクトを配置しよう 3-4 スクリプトの作り方を学ぼう 3-5 スクリプトをアタッチしてルーレットを回そう 3-6 ルーレットが止まるようにしよう 3-7 スマートフォンで実行してみようChapter4 UIと監督オブジェクト 4-1 ゲームの設計を考えよう 4-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 4-3 シーンにオブジェクトを配置しよう 4-4 スワイプで車を動かす方法を考えよう 4-5 UIを表示しよう 4-6 UIを書き換える監督を作ろう 4-7 効果音の鳴らし方を学ぼう 4-8 スマートフォンで実行してみよう Chapter5 Prefabと当たり判定 5-1 ゲームの設計を考えよう 5-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 5-3 シーンにオブジェクトを配置しよう 5-4 キーボードでプレイヤを動かそう 5-5 Physicsを使わない落下方法を学ぼう 5-6 当たり判定を学ぼう 5-7 Prefabと工場の作り方を学ぼう 5-8 UIを表示しよう 5-9 UIを書き換える監督を作ろう 5-10 スマートフォンで実行してみようChapter6 Physicsとアニメーション 6-1 ゲームの設計を考えよう 6-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 6-3 Physicsについて学ぼう 6-4 コライダの形を工夫してみよう 6-5 入力に応じてプレイヤを動かそう 6-6 アニメーションについて学ぼう 6-7 ステージを作ろう 6-8 プレイヤの移動に合わせてカメラを動かそう 6-9 Physicsを使った衝突検出を学ぼう 6-10 シーン間の遷移方法を学ぼう 6-11 スマートフォンで実行してみようChapter7 3Dゲームの作り方 7-1 ゲームの設計を考えよう 7-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 7-3 Terrainを使って地形を作ろう 7-4 Physicsを使ってイガグリを飛ばそう 7-5 パーティクルを使ってエフェクトを表示しよう 7-6 イガグリを生産する工場を作ろう 7-7 スマートフォンで実行してみようChapter8 レベルデザイン 8-1 ゲームの設計を考えよう 8-2 プロジェクトとシーンを作成しよう 8-3 バスケットを動かそう 8-4 アイテムを落下させよう 8-5 アイテムをキャッチしよう 8-6 アイテムを生成する工場を作ろう 8-7 UIを作ろう 8-8 レベルデザインをしよう 8-9 スマートフォンで実行してみよう

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
迅速な対応でしたし、商品も綺麗な状態で届きました。内容も非常に分かりやすそうです。ありがとうございました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
例年通りの出来栄えです。いつも通り、わかりやすく簡単で、勉強になる。ただ、いつも通り、ややつまらない(スミマセン)そして、3Dのやつがほぼ2D。それを考慮しても、星4にはなるかなぁ… (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
今度就職する娘にプレゼント。仕事に役立つ情報を身につけたいそうで、喜んでました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:北村愛実
1988年生まれ。立命館大学院理工学研究科卒業。IT企業の研究職を経て、現在は主婦をやりつつ執筆やイラスト制作に励んでいる。主な著書は『Unityの教科書』『確かな力が身につくC#「超」入門 第2版』『プログラミング教育対応 Scratchで楽しむプログラミングの教科書』(SBクリエイティブ)。


  

スラスラ読める UnityふりがなKidsプログラミング ゲームを作りながら楽しく学ぼう! ふりがなプログラミングシリー...

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で
究極のやさしさを目指したふりがなプログラミングシリーズに
ゲームを作りながら楽しくプログラミングが学べる一冊が登場!

「ブロックくずし」や「迷路で追いかけっこ」「FPS」といったゲームを作りながら、
Unityの使い方やプログラミングの基本が身につきます。

もちろん、従来のふりがなプログラミングシリーズと同様に、
本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、
さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

さらに本文にもすべてルビをふっているので、小学5年生くらいから読むことができます。

■本書はこんな人におすすめ
・はじめてUnityやプログラミングに触れる人
・過去にUnityの入門書で挫折してしまった人
・小学校高学年~中学生、高校生

■本書の構成
チャプター1 Unity最初の一歩
チャプター2 ブロックくずしを作ろう
チャプター3 続ブロックくずしを作ろう ~スクリプトの秘密~
チャプター4 続々ブロックくずしを作ろう ~完成への道~
チャプター5 迷路で追いかけっこゲームを作ろう
チャプター6 FPSゲームを作ろう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Unity最初の一歩
2 ブロックくずしを作ろう
3 続ブロックくずしを作ろうースクリプトの秘密
4 続々ブロックくずしを作ろうー完成への道
5 迷路で追いかけっこゲームを作ろう
6 FPSゲームを作ろう
付録
Users Voice
非常にわかりやすく、大人が初歩の初歩から学ぶのにも使えます。 英語が苦手なので、ふりがながふってあるのも有難い。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
非常にわかりやすく、大人が初歩の初歩から学ぶのにも使えます。 英語が苦手なので、ふりがながふってあるのも有難い。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

マンガでわかる Unityゲーム開発入門

マンガでわかる Unityゲーム開発入門
(著)もりやまゆうた
発売日 2022/10/19
総合評価
(4.5)
(2022/11/29 12:11時点)
■□■全編マンガだからトコトンわかりやすい!■□■

ゲームを作ってみたい、ゲームクリエイターの仕事に興味がある、
そんな人が最初に手にとる一冊として、
「楽しみながらUnityを使ったゲーム作りが学べる」全編マンガの解説書が登場しました。

Unityに詳しいヒトミおねえさんと主人公の天野リエのやり取りで
横スクロールのシューティングゲームを作りながら、ストーリーが進んでいきます。
プロジェクトの作成、画像の配置、スクリプト、プレハブ化、アタリ判定、背景やスコア表示など、
基本的なゲーム作りのイロハが学べます。

■■本書はこんな人におすすめ
・ゲームを作ってみたい人、ゲームクリエイターになりたいと思っている人
・ゲーム作りをはじめたが、思うように進まない人
・Unityの基本的な使い方を学びたい人

■■本書の内容
1章 シューティングゲームを作ろう
2章 障害物と敵キャラを作ろう
3章 弾とボスを作ろう
4章 ゲーム進行の仕組みを作ろう
5章 ゲームをブラッシュアップしよう
付録 Unityのインストール

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Unity参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したUnity参考書の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2022/11/29 12:11 更新)
製品価格
5,500円
(+1339pt)
4,180円
5,500円
2,178円
3,058円
(+150pt)
3,058円
3,058円
マンガでわかる Unityゲーム開発入門
発売日 2022/10/19
もりやまゆうた (インプレス)
総合評価
(4.5)
2,530円
2,277円
2,530円
2,530円
500円
1,250円
300円
3,520円
3,168円
3,520円
1,700円
500円
300円
1,250円
1,250円
Unityの教科書 Unity 2022完全対応版
発売日 2022/06/29
北村愛実 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.5)
2,970円
2,970円
2,970円
2,970円
趣味のUnity VRアプリ制作入門
発売日 2022/06/15
中村 俊幸
Kindle Unlimited対象
総合評価
(5)
990円
Unityではじめる ROS・人工知能 ロボットプログラミング実践入門...
発売日 2022/06/06
布留川英一 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
4,950円
(+225pt)
4,950円
4,940円
4,950円
500円
880円
700円
プレイヤーを楽しませる3Dゲームステージを作る Unity ProBuilder/ProGrids 入門...
発売日 2022/03/04
北野不凡 (秀和システム)
総合評価
(3.3)
3,080円
1,386円
2,772円
3,080円
 

Unity参考書「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるUnity参考書の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2022/11/29 12:01 更新)
Rank製品価格
1
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
2
1,250円
3
1,200円
4
1,250円
5
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書
発売日 2015/09/01
岩井 雅幸 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
5,153円
3,200円
3,278円
980円
6
2,970円
7
700円
8
500円
9
800円
10
趣味のUnity VRアプリ制作入門
発売日 2022/06/15
中村 俊幸
Kindle Unlimited対象
総合評価
(5)
990円
 

動画編:本より高コスパ?「Udemy Unity おすすめ講座」

UdemyではUnityを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Unityの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.6)
総評価数 1346件
2
【メタバース入門】UnityでClusterのワールドをつくって世界を創造しよう...
発売日 2022/06/08
受講者 627人
通常 12,800円
現在 1,800円
(4.2)
総評価数 90件
3
ユニティちゃんが教える!初心者向けUnity講座
発売日 2018/03/08
受講者 17,563人
無料講座
(4.6)
総評価数 2933件
4
(4.4)
総評価数 909件
5
(4.7)
総評価数 697件

関連:C#本・ゲーム開発本紹介

Unityのスクリプト(プログラムカスタマイズ部分)は「C#」というプログラミング言語で記載します。

特にゲーム開発でがっつりUnityを使うのであれば、C#を使いこなせるのは必須のスキルです。

以下で同様に、C#のおすすめ書籍、読み放題で読める本なども紹介しているので覗いてみてください。

 

また、あえてより難度は高くもより自由なゲーム開発スキルを身につけられる「ゲームエンジンに頼らない自力を鍛えるための書籍」も以下で紹介しています。

ハイエンドゲーム開発や、ゲーム開発スキルを根本から磨き上げたい方は必見です。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました