【動画で学習】UdemyのUnity 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのUnity講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのUnity講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるUnityの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
ユニティちゃんが教える!初心者向けUnity講座
発売日 2018/03/08
受講者 12,482人
無料講座
(4.7)
総評価数 2491件
2
(4.7)
総評価数 847件
3
(4.5)
総評価数 649件
4
(4.3)
総評価数 442件
5
(4.8)
総評価数 138件
6
(4.6)
総評価数 39件
7
【Unityゲーム開発】初歩から学べる、本格ローグライクゲーム開発講座!!...
発売日 2020/11/10
受講者 640人
通常 24,000円
現在 1,730円
(4.2)
総評価数 73件
8
【Unityゲーム開発】ゾンビ系FPS開発講座
発売日 2021/03/08
受講者 204人
通常 24,000円
現在 1,950円
(4.6)
総評価数 25件
9
(4.7)
総評価数 80件
10
(4.4)
総評価数 183件
11
(4.8)
総評価数 23件
12
ブロック崩しを作って学ぶ!Unityゲーム開発入門
発売日 2020/02/27
受講者 555人
通常 24,000円
現在 1,730円
(4.8)
総評価数 93件
13
(4.8)
総評価数 124件
14
Unity ゲーム開発入門:リバーシではじめるゲーム開発
発売日 2021/03/15
受講者 109人
通常 24,000円
現在 1,730円
(3.8)
総評価数 21件
15
(4.3)
総評価数 79件
16
(4.7)
総評価数 47件
17
Unity初心者講座 - プロの現場ですぐに使えるUnity講座
発売日 2020/06/27
受講者 420人
無料講座
(3.9)
総評価数 38件
18
(3.5)
総評価数 56件
19
Unity 3D迷路ゲーム開発入門
発売日 2017/07/26
受講者 2,578人
通常 2,400円
現在 1,800円
(3.7)
総評価数 260件
20
(4.1)
総評価数 14件
21
(3)
総評価数 39件
22
(4.4)
総評価数 242件
23
(3.7)
総評価数 65件
24
Unity(ユニティ)&Blender(ブレンダー)~初心者のための超入門講座~...
発売日 2017/08/19
受講者 945人
通常 24,000円
現在 1,800円
(3.2)
総評価数 80件
25
Unity 超簡単!56分で出来るカードゲームの作り方
発売日 2019/04/02
受講者 381人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.5)
総評価数 49件
26
Unity超簡単!3Dアクションゲームが作れる6つのテクニック
発売日 2019/03/29
受講者 245人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.4)
総評価数 31件
27
Unity超簡単!ターン制対戦ゲームが作れる6つのテクニック
発売日 2019/03/16
受講者 297人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.1)
総評価数 27件
28
(4.4)
総評価数 69件
29
Unityでシューティングゲームを作る プログラミングスキルアップ講座!...
発売日 2020/10/31
受講者 128人
通常 13,800円
現在 1,730円
(4.9)
総評価数 15件
30
(4)
総評価数 54件
31
【プログラミング初心者でも安心!】Unityを使ってARアプリを作ろう!...
発売日 2017/07/06
受講者 1,459人
通常 10,800円
現在 1,950円
(2.5)
総評価数 173件
32
(4)
総評価数 7件
33
(4.2)
総評価数 4件
34
Unity2018シンプル物理演算パズルゲームを作ろう
発売日 2018/11/05
受講者 21人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.1)
総評価数 2件
35
【Unity講座 第2弾】Unity3Dゲーム Standard講座
発売日 2020/08/27
受講者 26人
通常 24,000円
現在 1,950円
(1.5)
総評価数 1件
36
(4.5)
総評価数 1件
 

UdemyのUnity 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】

Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】
発売日 2019/04/19
(4.7)

13.5 total hours
初心者OK!C#を使って複雑なGameを自分で開発しよう。コースの終わりにはオリジナルRPGを App Store&Google Playでリリースしよう!!!

インディーゲームクリエイターに必要な開発リリースなど総合的なUnityの力がこれ一本で身につく完全攻略版です。


この講座は以下の方を対象としています。

  • AppStoreやGooglePlayにゲームをリリースしたい方

  • コミケやインディーゲームのイベントで出展側として参加したい方

  • 自身のポートフォリオを充実させたい方


初心者の方でもゲームをリリースできるように、講座の構成は

  • Unityのインストール

  • Unityでゲームを作る基礎(コードでものを変化させる簡単な方法)

  • プログラミングの基礎(ゲーム開発に必要な最低限のスキル)

  • ゲーム開発のテクニック(ボタンの取得やデータの保存など)

を1話完結形式で学び、基礎力をつけた後

  • RPGの作成

  • AppStore/Google Playへのリリース

に取り掛かかります。講座を終えたときには自身のゲームを実際にストアに並べることができるようになっています。

また、初心者の方が動画学習で感じている「一時停止、写経、巻き戻し」の手間をなくすために、動画には補助テキストを設けています。動画を見終わった後にテキストを見ながら学習できるようになっています。


一人でゲームを作るのは「資料を探し、学び、実践する」っというとてもエネルギーのいることです。また、リリースするとなるとゲーム開発以外のことにも多くの労力を使います。この講座はこれらのエネルギーをゲーム開発とリリースに集中するための講座です。自分のGameを世界に向けて発信しましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
追加版を見ました! クラスや関数をどういう理屈で切り分けて設計していけばよいかなどがすごく参考になりました! ちなみに、この講座を見る前に、個人で初めて「計算ドリル」や「漢字ドリル」のアプリを作ってみたのですが、クラスや関数がぐっちゃグチャになりました・・・ ネットで調べても、それぞれの細かい仕様の実装方法は見つかっても、アプリ全体でのクラスや関数の設計などは見当たらなかったので大変助かりました! ※自分はプログラマーではありません 次はぜひ、モンスターの種類が変わったり、個別の武器防具を装備できたりといった「複数データの管理」「データの選択」「選択データの反映」あたりが知りたいです! 個人的には、必要か不必要かを問わず、全ての作業を見せてもらえるのはすごくためになりました!(手戻りも含めて実作業を全て見られれば、あとで自分で端的にまとめることはできるので) <追記> 早速講座を見ながらセクション12の部分を実装してみました(用意されたコードのテキストは使わず、全部講座をみながら自分で書いてみました) 講座を見ながら同時にコードを書けたので、本当にわかりやすい説明なんだなぁと思いました 一切動画を省略していないので、動画を見ながら同時にコードをかけました(たまに止めましたが) 途中1箇所、battleManagerがquestManagerを取得しているのが循環して気持ち悪かったので、questManagerからAction でEndBattleを渡すという改造をしてみましたら、それでも問題なく動きました(考え方が正しいのかはわかっていないのですが) <さらに追記> セクション13も、動画を流しながら一緒に制作しました! そのあと、過去の講座も見たのですが、あきらかに追加版の方が設計がスッキリしていて初心者でも理解しやすかったです いまは、プレイヤーと敵の攻撃を拡張していくならどう設計すれば良いだろうかと考えています バフデバフなどでバトルロジックが複雑になると、playerManagerとenemyM anagerの両方にダメージロジックを書いてる今の状態ではコード管理が大変になりそうですし、、、 もし他の講座でそのあたりの設計に参考になりそうなものがあれば教えていただけると助かります 参考になりそうなものがなければ、新たな講座でそういった設計の拡張をどうすれば良いかも扱っていただきたいです (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. Unityとスクリプトエディタのインストールと設定
    • はじめに
    • Unityのインストール
    • Unityの初期設定(スクリプトエディタの設定)
    • VSCodeのインストールと設定(PCの動作が重い人向け)
  3. Unityの基礎知識(コンポーネントについて)
    • はじめに
    • (必修)Unityでゲームを作るには 〜Unityと仕組みとその操作方法の解説〜
    • (必修)表示される文字の変更 〜Textコンポーネントについて〜
    • Imageコンポーネントの操作
    • HPバーの操作
    • (必修)別オブジェクトの操作方法 〜オブジェクトの取得方法について〜
    • 演習
    • セクションのまとめ
  4. 追加動画(ショートカットキーの解説)
    • 作業効率爆上がり!講師も使っているショートカットキーの解説
  5. C#の基礎
    • はじめに
    • コンソールとコメントアウト
    • 変数の宣言
    • 変数の型
    • 数値の演算と演算子
    • 文字列の連結とFormat
    • if文
    • switch文と演習
    • 繰り返し処理 whileとfor
    • 配列の基礎と応用
    • Listとforeach
    • 関数(メソッド)の作成と応用
    • 【演習】nからmまでの偶数の和を求める関数を作成せよ
    • 【演習】3のつく数字と3の倍数でアホになる演習問題
    • classの作成と利用方法
    • Propertyの作成と利用方法
  6. ノンフィールドRPGを作るための基礎 8つのテクニック
    • はじめに
    • シーンの移動
    • ボタン入力の取得
    • タップ入力の取得
    • オブジェクトの非表示/表示/破壊
    • スクリプト上でのコンポーネントの取得と利用
    • Textオブジェクトの取得と変更
    • オブジェクトのプレファブ化
    • オブジェクトの生成と親要素の変更(InstantiateとSetParent)
    • セーブとロード(PlayerPrefsの利用)
    • Json化(オブジェクトを文字列に変換)
  7. ノンフィールドRPGの作成
    • (必須)追加版のお知らせ!
    • はじめに
    • プロジェクトの作成&プラットフォームの指定&画面サイズの設定
    • シーンの作成
    • ボタンの作成
    • ボタンによるシーンの移動
    • 進行度の更新
    • PlayerStatusViewの作成
    • PlayerModelの作成
    • モンスターの出現タイミングの作成
    • モンスターModelの作成
    • 出現モンスターの表示
    • モンスターのタップ検出
    • 攻撃の実装
    • モンスターHPの描画とステータスの更新
    • PlayerModelの永続化
    • セーブとロード
    • 複数画面サイズへの対応
  8. GooglePlayへのリリース
    • はじめに
    • apkファイルの作成(ビルド)
    • デベロッパー登録
    • アプリ掲載情報の登録
    • Google Play に.apkファイルを提出(リリース)
  9. AppStoreへのリリース
    • はじめに
    • ビルド
    • Certificate(証明書)の作成
    • AppIDの作成
    • Profileの作成
    • アプリのアップロード
    • スクリーンショットの用意
  10. 追加レクチャーの解説
    • 追加されたレクチャーの目的と解説
  11. (追加版)ターン制バトルの基礎
    • 新規作成
    • 攻撃の実装
    • ボタン入力による攻撃の実装
    • HPが0になった場合のリスタート
  12. (追加版)ノンフィールドRPGの基礎
    • はじめに
    • 新規作成と画面サイズの設定
    • ステージUIとボタンの作成
    • ボタン入力による進行度の増加をログで実装
    • 進行度の増加をUIに反映
    • Enemyに遭遇する実装
    • クエストクリアしたらログを出す実装
    • AssetStoreから敵画像を取得
    • Enemy画像の出現を実装
    • 進行ボタンの表示/非表示
    • Enemyのクリック検出
    • PlayerUIとEnemyUIの作成
    • BattleManagerの作成
    • PlayerとEnemyのステータスをUIに反映
    • 対戦の初期設定と攻撃実装
    • QuestManagerによるBattleの開始
    • Enemyをクリックしたときに攻撃を実装
    • Enemyの撃破を実装
    • 撃破後にクエストに戻る処理の実装
    • クエストクリアしたらシーンを切り替える実装
    • クエストクリアの演出
  13. (追加版)ノンフィールドRPGの応用
    • 背景画像の取得と設定
    • UI画像の設定
    • ゲームクリア画像の設定
    • BGMのならし方
    • SEのならし方
    • シングルトンの解説
    • シングルトンを使ったBGMのならし方
    • SEを各シーンに設定
    • BGMの停止
    • コルーチンの実装
    • コルーチンを使った攻撃の実装
    • DoTweenの導入
    • ダメージアニメーションの実装
    • 敵を撃破したときの処理を遅らせる
    • 背景フェード
    • 敵に遭遇するタイミングを遅らせる
    • Effectのインポート
    • HitEffectの実装
    • タイトルでのフェードインフェードアウト
    • シーン間でのフェードインアウト
    • テキスト送りの実装
    • ダメージ値を考慮したテキスト送り
  14. バグ修正編
    • 紹介編:Playerの初期ステータス&死亡時の処理
    • 解決編:Playerの初期ステータス&死亡時の処理
  15. 終わりに
    • ボーナスレクチャー:終わりに
 
Preview Video
   

Unityゲーム開発入門:Unityインストラクターが教えるマリオ風2Dアクションゲームを作成する方法【スタジオしまづ】

Unityゲーム開発入門:Unityインストラクターが教えるマリオ風2Dアクションゲームを作成する方法【スタジオしまづ】
発売日 2019/07/25
(4.5)

8 total hours
2Dアクションゲーム開発に必要な、C#・アニメーション・当たり判定など総合的なUnityの力がこれ一本で身につく完全攻略版。 自分の Gameを世界に向けて発信しよう!

任天堂からこの夏Nintendo Switch向けに発売されたスーパーマリオメーカー 2。ゲーム開発の専門的な知識がなくても
オリジナルのゲームが開発できることで注目を浴びています。この講座ではスーパーマリオメーカー 2のようにステージを作成するUnityのテクニックが習得できます。

また、ステージ作成だけではなくアクションゲーム開発に必要なC#・アニメーション・当たり判定など総合的なUnityの力がこれ一本で身につく完全攻略版です。


この講座は以下の方を対象としています。

  • マリオメーカーのようにタイルを配置してゲームを作りたい方

  • 簡単なプログラムでとりあえずゲームを完成させたい方

  • コミケやインディーゲームのイベントで出展側として参加したい方

  • 自身のポートフォリオを充実させたい方


初心者の方でもゲームを完成させられるように、講座の構成は

  • Unityのインストール

  • Unityでゲームを作る基礎(コードでものを変化させる簡単な方法)

  • プログラミングの基礎(ゲーム開発に必要な最低限のスキル)

  • ゲーム開発のテクニック(アニメーションや当たり判定のスキル)

を1話完結形式で学び、基礎力をつけた後

  • 2Dサイドビューアクションゲームの作成

に取り掛かかります。講座を終えたときにはマリオのような2Dゲームを自身の作成したステージで遊ぶことができるようになっています。


一人でゲームを作るのは「資料を探し、学び、実践する」っというとてもエネルギーのいることです。また、完成させるとなるとゲーム開発以外のことにも多くの労力を使います。この講座はこれらのエネルギーをゲーム開発に集中するための講座です。自分のGameを世界に向けて発信しましょう!


*他の私の講座との関係

「Unityゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教えるC#の基礎からゲームリリースまで」よりも簡単です。

(実際、私の知り合いのプログラミング初心者はテスト用に撮影した動画を見てゲームを完成させました)

ただし、リリース関係のテクニックは入れていないので、リリースを目的とされている方は、上の講座を購入された方がいいです。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
C#は使用経験がありUnityについて知りたいと思っていました。この講座で無理なく基礎を学ぶことができました。レクチャーのスピードは少し早かったので時々止めて追いついていました。とても楽しく受講できました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. Unityの導入
    • はじめに
    • Unityのインストール
    • Unityの初期設定
    • (PCのメモリが少ない人向け)VSCodeの導入
  3. Unityでゲームを作るには
    • はじめに
    • Unityの画面説明
    • Unityでゲームを作るには
    • テキストの変更方法
  4. 追加動画(ショートカットキーの解説)
    • 作業効率爆上がり!講師も使っているショートカットキーの解説
  5. C#の基礎
    • はじめに
    • コンソールとコメントアウト
    • 変数の宣言
    • 変数の型
    • 数値の演算と演算子
    • if文
    • switch文と演習
    • 繰り返し処理whileとfor
    • 配列の基礎と応用
    • Listとforeach
    • 関数(メソッド)の作成と応用
    • 【演習&解説】1から10までの合計を求める関数
    • 【演習&解説】nからmまでの平均を求める関数
    • 【演習&解説】最大値を返す関数
    • 列挙型について
    • (おまけの演習問題)nからmまでの偶数の和を求める関数を作成せよ
    • (おまけの演習問題)3のつく数字でアホになる関数を作成せよ
    • (おまけ)C#のクラスについて
    • (おまけ)プロパティについて
  6. ゲーム開発の基礎(Unityのテクニック集)
    • はじめに
    • キーボード入力の取得
    • オブジェクトの動かし方とRigidbodyについて
    • 当たり判定の実装
    • アセットのインポート方法
    • アニメーションの作り方
    • アニメーションの切り替え方法
    • プレファブ化と生成方法
    • オブジェクトの表示/非表示
    • 別オブジェクトの操作方法
    • シーンの読み込み方法
  7. ゲームの作り方(マリオメーカーのようなステージ開発とプログラムの実装)
    • はじめに
    • 追加動画(Unity2019.2以上) Tile Paletteの追加
    • 素材のインポートとマリオメーカーのようなステージ作成
    • Playerの作成
    • ステージに当たり判定を実装
    • Playerの移動(いよいよコード書きますよ!)
    • ジャンプの実装
    • 地面との当たり判定実装
    • ゲームオーバーとゲームクリアの実装(当たり判定の検出)
    • ゲームオーバー時にテキストを表示する実装
    • リスタートの実装
    • トラップの実装
    • アイテムの実装
    • アイテム取得の実装
    • アイテム取得時のスコア更新の実装
    • 敵キャラクターの実装
    • 敵キャラクターの移動
    • 敵キャラクターの落下対策
    • 敵キャラクターへの攻撃実装
    • カメラの追従
    • カメラの境界設定
    • Playerが壁に引っかかるバグを修正
    • Runアニメーションの実装
    • Jumpアニメーションの実装
    • 敵撃破エッフェクトの実装
    • アニメーションの終了取得
    • 死亡アニメーションの実装
    • BGMとSEの実装
  8. 終わりに:一緒にゲームを作りたい方へのメッセージ
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

Unity3D入門の決定版!RPG開発の基本をUnityインストラクターと共に進めるハンズオンコース【スタジオしまづ】

Unity3D入門の決定版!RPG開発の基本をUnityインストラクターと共に進めるハンズオンコース【スタジオしまづ】
発売日 2020/02/22
(4.3)

8.5 total hours
アクションRPG開発を通して、AR/VRでも使われるUnity3Dのアニメーション制御が学べる超入門講座!C#プログラミングに不安がある初心者でもしっかり学べるイラスト解説&演習問題付き。コースが終わる頃にはあなたも立派な3Dゲーム開発者!

【この講座は以下の方を対象としています】

  • 3Dのゲームを開発してドヤ顔したいけど、制作は難しいと思って避けていた方

  • コミケやインディーゲームのイベントで出展側として参加したい方

  • ポートフォリオを充実させてゲーム会社に就職したい方

  • ARやVRのために、Unity3Dの基礎を身に付けておきたい方


【習得できること】

フロム・ソフトウェアからリリースされたDARK SOULSコロプラからリリースされた白猫プロジェクトはどちらもアクションRPGの王道であり、非常に多くの注目を浴びています。この講座では、このような本格アクションRPGの戦闘システムについて、以下の項目を中心にゲームを作りながら習得できます。

  • キャラクター移動

  • 攻撃

  • アニメーション

  • 敵AI

  • コンボ攻撃

  • スタミナ


【講座内容】

・Unityのインストール

・Unityの操作方法とゲームを作る基礎(コードでものを変化させる方法)

・C#プログラミングの基礎(基礎的な文法をイラストと演習問題付き)

・3Dミニゲーム開発(キャラクターを移動せさてゴールしたら終了するゲーム制作)

・3Dアニメーションの基礎(設定・Scriptによる切り替えスキル)

------ここまでが準備-------

・3DRPGの開発

 ・Playerキャラクターの移動と攻撃実装

 ・Enemyキャラクターの移動と攻撃実装

 ・各キャラクターの非ダメージとHP実装

 ・コンボとスタミナとHPゲージの演出実装


【最後に】

Unityは元々3Dゲーム開発のために作られたツールで、多くの便利な機能が用意されています。1人ではそれが逆に難しく感じるかもしれませんがこの講座を3D制作の1歩目として、あっと驚くGameを世界に向けて発信しましょう!

--------------------------

【他の私の講座との関係】

マリオのような2Dアクションゲームが作りたい方は

・Unity ゲーム開発入門:インディーゲームクリエイターが教えるマリオのようなゲームを作成する方法【スタジオしまづ】

を受講していることをお勧めします。(私の知り合いのプログラミング初心者はこの講座でゲームを完成させました)

ゲームリリースを目的とされている方は

・Unityゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教えるC#の基礎からゲームリリースまで

の受講をお勧めします。AppStoreやGoogle Playへのリリースの話が収録されています(2020年2月に演出まわりを中心に4時間分のレクチャーを追加しました)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
35歳、会社員です。プログラミング経験はSQL、C言語を大学で齧った程度でほぼ初心者です。何度かUnityに挑戦しようと思いましたが多機能故に体型立てて学習できず頓挫。コロナ禍の現在、せっかく在宅ワークが増えたので隙間時間にeラーニングで学ぼうと決意しました。ただの講義だけではなく演習問題などもあり初心者に毛の生えた程度の私でも効率よく吸収できています。ARPGの作成を目指していますが、最低限必要なことはすべて網羅されている気がします。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. Unityのインストール
    • UnityHubのインストール
    • Unityのインストール
    • Visual Studioのインストール
  3. Unityの操作説明とUnityでゲームを作るには
    • はじめに
    • Unityの画面説明
    • Unityの操作説明
    • Unityでゲームを作るには
  4. C#の基礎
    • はじめに
    • コンソールとコメントアウト
    • 変数の宣言
    • 変数のデータ型
    • 四則演算子:+,-,*,/,%
    • 演算子:+=, ++, -=, --
    • 比較演算子:==,>,<,>=,<=,!=
    • 論理演算子
    • 【演習問題】変数の宣言〜比較演算子
    • if文とは
    • if-elseとは
    • if-elseifとは
    • switch文とは
    • while文とは
    • for文とは
    • break/continueとは
    • 列挙型とは
    • 【演習問題】if分〜列挙型までをやってください。
    • 配列とは
    • List型とは
    • 【演習問題】配列とリストの問題をやってください(リンク先の問題全て)
    • 関数(メソッド)とは
    • 関数の返り値
    • 【演習問題】リンク先の問題全て行ってください
    • クラスとは
    • 【演習問題】リンク先の問題全て行ってください
    • 終わりに
  5. コーヒーブレイク:プログラムとは
    • プログラムとは
  6. 作って覚えるUnity1:ミニゲームを作ってみよう
    • はじめに
    • キーボード入力の解説
    • Transformの解説
    • Rigidbodyの解説
    • 当たり判定の実装
    • 5分で作るミニゲーム
  7. コーヒーブレイク:イベント関数とは
    • イベント関数とは
  8. 3Dアニメーションの基礎
    • モデルのインポート
    • アニメーションの設定(モーションの設定)
    • アニメーションの切り替え方法
    • Scriptによるアニメーションの切り替え方法
    • アニメーション毎に処理を変える方法
    • アニメーションの途中で関数を実行する方法(イベントの設定)
    • 終わりに
  9. 3DRPGの作り方(Playerの実装)
    • はじめに
    • 新規作成とモデルのインポート
    • Player配置
    • Playerの移動
    • Playerのアニメーション設定
    • Playerのアニメーション切り替え
    • Playerの方向転換
    • Playerの攻撃簡易実装
    • Playerの攻撃アニメーション実装
    • Playerのアニメーションバグ修正
  10. 3DRPGの作り方(Enemyの実装)
    • Enemyの配置
    • Enemyの移動
    • Enemyアニメーションの切り替え
    • Enemyアニメーションの制御
    • Enemyアニメーションのバグ修正
  11. 3DRPGの作り方(被ダメージ)
    • 攻撃の当たり判定
    • 武器(ダメージを与えるもの)の作成
    • Playerの被ダメージアニメーション
    • Enemyの被ダメージアニメーション
    • Playerの武器のバグ修正
    • Enemyの武器のバグを修正
    • 被ダメージ中に移動ができるバグ修正.
    • 被ダメージアニメーションが後から起きるバグ
  12. 3DRPGの作り方(HPとゲームクリアの演出)
    • HPの実装
    • PlayerHPゲージの実装
    • Canvasとは:コーヒーブレイク
    • EnemyのHPゲージの実装
    • EnemyのHPゲージをコードから変更
    • EnemyのHPゲージを頭の上に持ってくる実装
    • UIをカメラの方に向ける実装
    • Playerの戦闘不能アニメーション
    • Enemyの戦闘不能アニメーション
    • ゲームクリア文字の作成
    • ゲームクリア文字の表示
  13. 3DRPGの作り方(演出/タイトル/コンボ/スタミナ)
    • 応用編の解説
    • 攻撃を当てやすくする実装
    • 剣を長くする実装
    • DOTweenを使ったHPゲージの実装.
    • タイトル画面の作成
    • コンボの実装
    • スタミナの実装
  14. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

Unity2D脱出ゲーム開発入門:Unityインストラクターが基礎から教えるセーブ機能マスターコース【スタジオしまづ】

Unity2D脱出ゲーム開発入門:Unityインストラクターが基礎から教えるセーブ機能マスターコース【スタジオしまづ】
発売日 2020/06/18
(4.8)

12 total hours
アプリリリースに必須な2D脱出ゲームのセーブ機能が学べる入門講座!C#プログラミングに不安がある初心者でもしっかり学べるイラスト解説&演習問題付き。コースが終わる頃には1つの脱出ゲームが完成し、あなたも個人開発者の仲間入り!

【はじめに】

脱出ゲームは子供から大人まで、性別問わず人気なアプリゲームの1つです。ゲーム開発のジャンルの中でもそれほど難易度は高くないのですが、実際作るとなると

  1. そもそもゲームの作り方がわからない

  2. 場面移動がわからない

  3. アイテムの実装方法がわからない

  4. パスワードギミックの実装がわからない

  5. セーブ機能の実装がややこしすぎてわからない

  6. ギミックをクリアしたことのフラグ管理がわからない

などの理由から全てを調べて作るのは大変です。

特に、セーブ機能に関しては、リリースに必須の機能ですが、書籍やネットでの情報も少なく、実際に私が運営しているゲーム開発サロンでもセーブ機能について質問してくる人は多いです。そこで、本講座はセーブ機能の実装を中心とした上の6つの悩みをペコっと解決する講座です。

(ここで紹介する内容は脱出ゲームをリリースしたサロン会員のノウハウを詰め込んだものです)


【この講座は以下の方を対象としています】

  • アプリのセーブとロードの実装をマスターして、リリースしたい方

  • 子供や友達に自分の作ったゲームを遊んでもらいたい方

  • 脱出ゲームをApp StoreやGoogle Playストアにリリースしてドヤ顔したいけど、まだ手をつけていなかった方

  • コミケやインディーゲームのイベントで出展側として参加したい方

  • ポートフォリオを充実させてゲーム会社に就職したい方



【講座内容】

・Unityのインストール

・Unityの操作方法とゲームを作る基礎(コードでものを変化させる方法)

・C#プログラミングの基礎(基礎的な文法をイラストと演習問題付き)

------ここまでが準備-------

・脱出ゲームのテクニック 画像移動の実装

・脱出ゲームのテクニック アイテムの実装

・脱出ゲームのテクニック セーブとロード実装

・脱出ゲームのテクニック パスワードギミックの実装

・「いらすとやからの脱出」の制作(いらすとやの画像を使って1つのゲームを制作)

想定している学習者を「これからUnityをはじめたい」っという方を想定しているので、UnityのインストールとC#の基礎講座も収録してあります。


*まとめ*

Unityを使えば、誰でも簡単にゲームが作れるようになりました。最初は難しいと感じるかもしれませんが、この講座をご自身の脱出ゲーム制作のファーストステップとして活用していただければと思います。私と一緒に個人開発者の第一歩を踏み出しましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】の次に受講させてもらいました 難易度としては、こちらの方が低くて、より初心者向けかなと思いました (自分はプログラマーではありません) ただ、こちらの講座の方が難易度が低そうと言っても、復習や再確認には最適でした 最適な理由としては2点あると思います 一つは「教え方が大変上手」です 実装としては密な関係がない要素を極力細分化して個別にレクチャーしてくれるので、「なんのための作業なのか」がわかりやすく、また自分の頭の中の引き出しに「原因と結果」を細かく整理してしまっておけます 例えば「葉っぱ」とひとつに見えるアイテムでも、実際には「葉っぱを獲得する機能」や「フィールドやアイテムボックスへの葉っぱの表示」や「葉っぱというデータ」などは独立した要素です それをちゃんと別々の独立した要素としてレクチャーしてくれるのは本当にありがたいですし、わかりやすいです udemyの講座にかぎらず、世の中の講座は要素別の講義が意外とできてなくて、「葉っぱというアイテムの機能も表示もデータもいっぺんに説明しようとする」というのが多いと思います 2点目の良い点は「設計がしっかりしている」です 素人なのでプログラムの最適な設計というのはわかりませんが、素人の自分が十分理解できて実践できそうな設計なので、良い設計なんだと思います これはプログラムにかぎらず、世の中の「設計」と呼ばれる物は「ある目的に向けた制作(修正や検討を含む)を容易にするために構造や規則を決めること」だと思うので、素人でも読み解ける設計が良いと思っているからです(単なる個人的意見ですが) ちなみに、上記2点の長所は、前回受講したしまづさんの講座にも共通していたことなので、おそらくしまづさんの講座全部に当てはまることなんだろうなとは思っています それと、enumとアニメーションは前回受けた講座にはなかったので、自分のレベルアップにも大変役に立ちました 最後に、「今後知りたいこと」という点で要望をしておきますと、今回は各オブジェクトに似たようなコードを全て実装していく力技な感じがあったので、スリムな実装方法を教えてもらいたいです(あるなら) おそらく、「プレハブ」や「マスターデータ」を活用すれば良いのかと、素人ながらに思っています (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. Unityの導入
    • はじめに
    • Unityのインストール
    • Visual Studioのインストール
    • Unityの画面説明
    • Unity操作の説明
    • おわりに
  3. Unityでゲームを作るには
    • ゲームの作り方
  4. C#の基礎
    • はじめに
    • コンソールとコメントアウト
    • 変数の宣言
    • 変数のデータ型
    • 四則演算子:+,-,*,/,%
    • 演算子:+=, ++, -=, --
    • 比較演算子:==,>,<,>=,<=,!=
    • 論理演算子
    • 【演習問題】変数の宣言〜比較演算子
    • if文
    • if-else文
    • if-else if文
    • switch
    • while文
    • for文
    • breakとContinue
    • 列挙型
    • 【演習問題】if文〜列挙型までをやってください。
    • 配列
    • List型
    • 【演習問題】配列とリストの問題をやってください(リンク先の問題全て)
    • 関数
    • 関数:返り値
    • 【演習問題】リンク先の問題全て行ってください
    • クラス
    • 【演習問題】リンク先の問題全て行ってください
    • おわりに
  5. コーヒーブレイク:プログラムとは
    • プログラムとは
  6. 脱出ゲームテクニック集:画面移動編
    • はじめに
    • 画面画像の配置
    • 矢印による画面移動
    • バケツとロッカー画像の配置
    • 画像クリックによる移動
    • 戻るボタンの実装
    • 矢印の表示/非表示
    • 矢印の修正
    • 画面移動の修正
    • おわりに
  7. 脱出ゲームテクニック集:アイテムギミック編
    • はじめに
    • はじめに&ギミック(たぬき)の配置
    • ギミック(たぬき)の簡易実装
    • アイテム(Leaf)の実装
    • アイテムBoxの簡易実装
    • アイテムBoxの関数実装
    • アイテムBoxクラスの利用
    • 複数アイテムの実装導入
    • 複数アイテムの実装反映
    • おわりに
  8. 脱出ゲームテクニック集:セーブとロード
    • はじめに
    • はじめに&セーブ機能の導入
    • セーブ関数の導入
    • アイテムセーブの導入
    • SaveManagerのstatic化
    • アイテムのセーブ
    • アイテム使用のセーブ
    • おわりに
  9. 脱出ゲームテクニック集:パスワードギミック編
    • はじめに
    • はじめに&パスワードギミックUI配置
    • パスワードギミック関数の概要
    • パスワードギミックUIの取得
    • パスワードギミックUIの変更
    • 画像変更のバグ修正
    • パスワードギミックのクリア処理
    • パスワードギミック外部関数登録
    • おわりに
  10. (おまけ動画)Unityのテクニック
    • はじめに
    • ゲームオブジェクトの取得方法
    • イベント関数とは
  11. 【メイン Step1】「脱出ゲーム」いらすとやからの脱出 基本システムの構築
    • はじめに
    • プロジェクト設定とリソース
    • 画像の配置
    • 画面移動の実装
    • ギミッククリックの移動
    • 戻るボタンの実装
    • メイン矢印の非表示
    • ギミック画像の配置1
    • ギミック画像の配置2
    • 【ギミック】たぬきギミックの実装
    • アイテムの取得
    • アイテム取得を複数に実装
    • 【ギミック】ロッカーギミックの実装
    • 【ギミック】ロッカーギミックのクリア実装
    • 【ギミック】ロッカーギミックのクリア後の実装
    • 【ギミック】金庫ギミックの実装
    • 【ギミック】ブタギミックの実装
    • 【ギミック】消火栓ギミックの実装
    • 【ギミック】消火栓ギミックのクリア実装
    • 【ギミック】エレベーターの実装
    • 【ギミック】Teaサーバーの実装
  12. 【メイン Step2】セーブとロード「脱出ゲーム」いらすとやからの脱出
    • セーブとロードの導入
    • 取得アイテムのデータセーブ
    • 取得済みアイテムの非表示
    • 取得済みアイテムの非表示修正.
    • ギミッククリアのセーブ
    • たぬきギミッククリアのセーブ
    • 使用アイテムのセーブ
    • 全てのギミックのセーブ
  13. 【メイン Step3】アニメーションの実装「脱出ゲーム」いらすとやからの脱出
    • 移動アニメーションの実装
    • 移動アニメーションの修正
    • エレベータアニメーションの実装
    • エレベータアニメーションの修正
  14. 【メイン Step4】クリアシーンとメッセージパネルの実装「脱出ゲーム」いらすとやからの脱出
    • タイトルとクリアシーンの作成
    • タイトルとクリアシーンの実装
    • メッセージパネルの導入
    • メッセージパネルのスクリプト実装
    • メッセージパネルの設置
    • メッセージパネルの修正
    • 「つづきから」ボタンの非表示
    • 「はじめから」ボタンの実装
  15. 【メイン Step4】サウンドの実装「脱出ゲーム」いらすとやからの脱出
    • BGMの導入
    • BGMの実装
    • SEの実装
  16. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

Unity3Dゲーム開発入門:Unityインストラクターと共に進める脱出ゲーム作成講座ハンズオンコース【スタジオしまづ】

Unity3Dゲーム開発入門:Unityインストラクターと共に進める脱出ゲーム作成講座ハンズオンコース【スタジオしまづ】
発売日 2021/01/24
(4.6)

15 total hours
人気ジャンルである脱出ゲーム開発を通して、Unityで3Dゲームの作り方を学ぶことができる入門講座。C#の基礎からデータベースを活用した効率的な開発手法や、アイテムのズーム機能・回転機能・合成機能などが学べる本格的な3D脱出ゲーム作成講座!

【はじめに】

みなさんこんにちは!スタジオしまづ嶋津です。今回は、3D脱出ゲームの講座を紹介します!

3D脱出ゲームといえば、「The Room」など 企業が開発しているイメージが強いと思います。この講座ではそのような一昔前には個人で作れると思われていなかった3Dゲームを1から作れる内容となっています。


特に、作業を効率的に実装する工夫として「データベースの作成」にポイントを当てています。ゲーム内のギミックが増えたとしても作業が2倍3倍に膨れ上がらない方法を習得できます。

また本講座はC#やUnityの基礎部分から解説しているので、3D脱出ゲーム開発だけではなく、VRやARにつながるUnityを使った3Dゲーム開発全般に応用できる内容になっています。


※3Dモデルの作成については解説していません:教材ではフリー素材を使っています


【講座内容】

初心者の方でも挫折しないで進められるように、いきなりゲームを作り始めるのではなく

・Unityの基礎(画面説明や操作説明)

・C#の基礎(イラスト解説と演習問題も用意)

・脱出ゲーム開発でよく使用されるテクニック集

について学んでいくことで基礎力をつけ、その後本編として3D脱出ゲームの制作に取り掛かるという構成になっています。

テクニック集と本編では、主に以下について解説しています(詳しくは上のコース内容をご覧ください)。

  • アイテムボックスの作成と左詰めでアイテムを入れる方法

  • データベースの作り方

  • ボックス内のアイテムを選択して使う方法

  • アイテムを拡大表示&回転させる方法

  • アイテムを設置する方法

  • パスワードギミックの作り方

  • ギミッククリア時にイベント(宝箱を開ける等)を行う方法

  • 3Dでのカメラ移動とズームさせる方法

  • ドアを開けるなどのアニメーション作成方法

  • アイテムの合成方法


【講座の特徴と挫折しないための工夫】

正直なところ、3D脱出ゲーム開発は難易度が高いです。そのせいなのか、1から全て解説している書籍やブログを私はみたことがありません。

実際、本講座も私の2D脱出ゲーム講座より難しいです。

ただし、それをわかっているからこそ、その分解説やサポートに力を入れており、初めてUnityを始める方でもついて来られるように、以下の工夫と対策があります。

・全てのプロジェクトとコードを1から作成しているので、動画の通りに進めれば必ずゲームが完成する

・動画では追いつきづらい人のために、補助教材で作業の流れとソースコードを用意している(加藤先生が頑張ってくれました!)

・困った時のQ&A対応がある(これはUdemy共通)


【まとめ】

3DのゲームもUnityを使うことで作れるようになりました。しかしUnityには便利な機能が多数用意されていることから、一人でゲームを作るとなると難しく感じたり、操作に迷う部分なども出てくると思います。

そういったつまずきがちな部分でなるべく迷わず3Dゲーム開発へ集中するために、本講座をご活用していただければ幸いです。

この講座を3D制作のファーストステップとして活用し、自分のオリジナルゲームを世界に向けて発信しましょう!


【注意:以下の内容は含まれておりません】

・Unityのインストール

・セーブ機能

・BGMやSEの設定方法

・ビルドしてからリリースするまでの手順


これらの学習については以下の講座がおすすめです。

  • Unity2D脱出ゲーム開発入門:Unityインストラクターが基礎から教えるセーブ機能マスターコース

  • Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで

(特に、2Dの脱出ゲームの講座を修了していると理解がスムーズになると思います。)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
講座を聞きながら、作りきりました! 直近で2D脱出ゲーム制作講座も見ていたのですが、自分はunityで3Dを扱ったことがなかったので、どうやって見やすい角度にするとか、綺麗に並べるためのスナップをどうすれば良いのかとかなどがわからず、3Dオブジェクトの配置などにかなり手間取りました そのあたりのフォローがあると初心者には良いかもしれません また、機能的にも2D脱出ゲーム講座よりは難しく感じました 2D講座では一度講座を見た後に、もう一度講座を流しながら同時制作ができたのですが、こちらではかなり動画を止めることになりました(だからダメという意味ではありません。単に自分の理解が追いつかなかったので止めたというだけです) staticなクラスが多かったので、全体の設計(クラスの関係性)が把握しづらかったので、次回以降の講座があるなら、把握しやすい設計やクラス図(というのでしょうか?)などのフォローがあると助かるのではないかと思いました 理由を丁寧に説明しながら、一連の流れに沿って実装を進めていく講座スタイルは、相変わらず非常にわかりやすいです! 個々のテクニックや設計の理解力が上がるのはもちろんのこと、エラーごとの主な原因なども学べるのは嬉しいです (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 【必修】はじめに
    • この講座の進め方
  2. 【選択】Unityの基礎
    • はじめに
    • Unityの画面説明
    • Unityの操作説明
    • Unityでゲームを作るには
  3. 【選択】C#の基礎
    • はじめに
    • コンソールとコメントアウト
    • 宣言と代入
    • 変数の種類
    • 変数の演算
    • 変数の演算2
    • 比較演算子
    • 論理演算子
    • 【演習問題の準備】変数の宣言〜演算子
    • if文
    • if - else文
    • else if 文
    • switch文
    • while文
    • for文
    • breakとContinue
    • 列挙型
    • 【演習問題】if分〜列挙型までをやってください。
    • 配列
    • List
    • 【演習問題】配列とリストの問題をやってください(リンク先の問題全て)
    • 関数の基礎
    • 関数の返り値
    • 【演習問題】リンク先の問題全て行ってください
    • クラス
    • 【演習問題】リンク先の問題全て行ってください
    • まとめ
  4. 【必修テクニック】アイテムボックスとデータベース
    • はじめに
    • 3Dオブジェクトのクリック判定
    • アイテムの実装
    • アイテムBoxの実装
    • アイテムSlotの実装
    • アイテムの左につめる実装
    • アイテムデータベースの実装
  5. 【必修テクニック】アイテム選択と設置
    • アイテム選択時のパネルの作成
    • アイテム選択時のUI変更
    • アイテム選択時のUI変更(1つだけ選択)
    • アイテムの選択
    • アイテムの使用 #1
    • アイテム使用 #2 汎用性向上
  6. 【必修テクニック】アイテムのズームと回転
    • アイテムズームの実装 #1 ボタンの設置
    • アイテムズームの実装 #2 パネルの表示
    • アイテムズームの実装 #3 選択時にパネルを表示
    • アイテムズームの実装 #4 バグの修正
    • アイテムズームの実装 #5 ズームオブジェクトの作成
    • アイテムズームの実装 #6 データベースから生成
    • アイテムズームの実装 #7 アイテムの多様化
    • アイテム回転の実装 #1 簡易実装
    • アイテム回転の実装 #2
    • アイテム回転の実装 #3 バグの修正
    • アイテムの設置
    • アイテムの設置:選択アイテム
  7. 【必修テクニック】パスワードギミックの実装
    • オブジェクトの作成
    • クリックによる変更
    • 正解判定
    • パスワードギミックの拡張
    • 宝箱のOpen
    • ギミッククリア時の宝箱のOpen
  8. 【必修テクニック】カメラの実装
    • カメラの設置
    • カメラの回転
    • ズームカメラの実装
    • 戻るパネルの実装
    • まとめ
  9. 【本編】ギミック設計とモデルの設置
    • はじめに
    • フローチャートの作成
    • モデルのインポート
    • 床と壁の設置
    • 家具の設置
  10. 【本編】:アイテムBoxの作成
    • アイテムの取得
    • Itemクラスの実装
    • アイテムBoxの作成
    • データベースの作成
    • スロットへの画像反映1
    • スロットへの画像反映2 左詰
  11. 【本編】絵画アニメーションの作成
    • アニメーションの作成
    • Animatorの作成
    • アニメーションの制御
  12. 【本編】カメラとアイテムの使用
    • カメラの設置
    • カメラの回転
    • カメラの回転エラーの解消
    • カメラの切り替え
    • カメラの戻るボタン
    • 宝箱にズーム
    • ズーム時にクリックできないバグの修正
    • 宝箱のアニメーション
    • 宝箱をクリックして開く
    • アイテムの選択
    • アイテム選択時に宝箱を開ける
    • 宝箱を開ける時のエラーの解消
    • アイテム使用時にアイテムを消費する
    • 取得アイテム「タイル」の設置
  13. 【本編】拡大機能と回転
    • ズームパネルの作成
    • ズームパネルの表示
    • ズームパネルの表示バグ修正
    • 拡大アイテム表示用のデータベースの作成
    • データベースからアイテムを表示
    • 拡大アイテム表示バグの修正
    • 拡大アイテムの回転
    • タイルに文字を実装
    • アイテムを取得していない場合のバグ修正
  14. 【本編】ギミックの実装
    • パスワードギミックのパネルの作成
    • パスワードギミックのボタン判定の実装
    • パスワードギミックの正誤判定
    • パスワード正解時に宝箱をOPEN
    • コイン台にズーム
    • コインの設置(アイテムの設置)
    • ドアのアニメーション
    • コインの設置でドアのアニメーション発動
  15. 【本編】バグ修正とまとめ
    • ドアのクリック判定のバグ修正
    • カメラ回転ボタンの修正
    • 拡大アイテムの角度修正
    • 鍵とコインの拡大表示の実装
    • カメラへの映り込みの修正
    • 赤タイルが取得できてしまうバグ修正
    • アイテムスロットの上限の実装
    • タイトルシーンとクリアシーンの実装
    • まとめ
  16. おまけ:アイテムの合成とメッセージパネル
    • はじめに
    • アイテムの合成
    • メッセージパネル
  17. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

Udemyで無料で学べるUnity講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

ユニティちゃんが教える!初心者向けUnity講座

ユニティちゃんが教える!初心者向けUnity講座
発売日 2018/03/08
(4.7)

2.5 total hours
ユニティちゃんと一緒にアクションゲームを作りながら、Unityの基礎の基礎を学習しましょう!

人気のゲームエンジン「Unity」で実際にゲームを制作しながら、Unityの基本を学習していくコースです。

【ゲームヒロイン「ユニティちゃん」と一緒に勉強!】

 この講座の最大の特徴は、Unity Japan公式のゲームヒロイン「ユニティちゃん」が講師を務めることです!元気いっぱい、でもちょっとドジなユニティちゃんは講座の中でも時々失敗してしまいますが、みなさんと一緒にゲーム作りを勉強できることが楽しくて仕方ありません。受講生のみなさんも、とびきりのスペシャルティーチャーと一緒に楽しくUnityの初歩を学ぶことができるでしょう。

 なお、講座の中でユニティちゃんが登場する部分の映像は、実はそれ自体がUnityで制作されています。

 講座そのものが、ゲーム制作にとどまらないUnityの可能性を感じてもらえるものになっているはずです。

【本当に基本から学習できます!】

 Unity IDの取得やインストール、ダウンロードの仕方から丁寧に解説します。このように、パソコンにアプリケーションを導入して使える状態にすることを「環境構築」といいますが、実はどんなアプリケーションでもここでつまずいてしまう人が多いんです。そこでこの講座では、その入り口の部分からサポートします。自分で使う道具を自分で準備するところをしっかりマスターすることで、その後の学習内容をよりスムーズに理解できるようになるでしょう。

【実際にゲームを作りながら学べます!】

 講座では、まずUnityに付属する「ベーシック・チュートリアル」でUnityの初歩に触れます。

 その後は、Unityを学ぶ最初の教材として定評がある「Ball Roll」のプレイヤーをユニティちゃんに置きかえた「ユニティちゃんボールロール」のプロジェクトを使用し、受講生の皆さん自身にこのゲームを作っていってもらいます。後半ではプログラミングをする場面も出てきますが、ユニティちゃんが丁寧に説明しますから大丈夫です。ゲーム制作を通して、Unityの機能を1つ1つ理解していきましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
素晴らしくわかりやすいです。 説明に飛躍がなく、ド初心者でも理解できるようにかみ砕いて説明してくれます。 これで無料なのだから全Unityユーザーに見てほしいレベル。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • Unityとは
    • Unityインストール
    • Unityエディタの使い方
  2. ベーシック・チュートリアルに挑戦しよう!
    • ベーシック・チュートリアルに挑戦【前編】
    • ベーシック・チュートリアルに挑戦【後編】
  3. 基本のミニゲームを作ろう!
    • プロジェクトの準備とオブジェクトの操作
    • マテリアルとテクスチャ
    • プログラミングに挑戦!その1
    • プログラミングに挑戦!その2
    • プログラミングに挑戦!その3
    • カメラを調整しよう!
    • ステージに壁を配置しよう!
    • アイテムを配置しよう!
    • アイテムをゲットするプログラムを書こう!
    • UIを表示しよう!
  4. ユニティちゃんボールロールを完成させよう!
    • 自分だけのステージを作ろう!
    • ゲームにユニティちゃんを追加しよう!
    • ゴール処理とゲームの総仕上げ 1
    • ゴール処理とゲームの総仕上げ 2
 
Preview Video
   

Unity初心者講座 - プロの現場ですぐに使えるUnity講座

Unity初心者講座 - プロの現場ですぐに使えるUnity講座
発売日 2020/06/27
(3.9)

43 total mins
プロの現場の開発環境とシンプルなのプロジェクトを作って見よう

この講座では、Unityを使ってゲーム開発をしてみたいという人が、どのような環境構築が必要なのかを知ることが出来ます。環境のセットアップを行った後は、シンプルなプロジェクトを作成して、スクリプトやUnityの操作になれるための操作を学ぶことが出来ます。


講座内容を終了すると、ステップアップした講座にもすんなりとチャレンジ出来るようになります。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
gitなど使い方を調べようと思いながらもついつい後回しになっている物の説明スゴイ助かりました。 初心者向け・・よりも中級者向けのような有料の講座を作ってほしいです!! (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 講座の趣旨説明
    • イントロダクション
    • 講座の目標・対象者について
    • 具体的なゲーム開発を希望する人について
  2. 開発環境のセットアップ
    • 環境開発セットアップについて
    • UnityHubのインストール
    • Githubのアカウント作成
    • SourceTreeインストール+Github連携
    • GithubでUnityプロジェクトを管理
  3. シンプルなUnityプロジェクトを作成
    • プロジェクト作成開始準備
    • 移動先のシーンを追加
    • UIボタンを追加
    • スクリプトを追加
    • ボタンからのメソッド呼び出し
    • 移動先のシーンを登録
    • 動作確認
  4. まとめ
    • ボーナスレクチャー:講座のまとめと今後の学習に対する疑問解消について
        

関連:Unityを本でも学ぼう

UdemyのUnity講座は上述したとおり、Unityの基礎的な使い方からC#構文とスクリプトについてなど、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Unityの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました