【2020年】Python本「人気Best30 / おすすめ10冊」【入門/新書/読み放題を一覧】

今最も人気のあるプログラミング言語「Python」。

単純な効率化プログラムから、データ分析、機械学習、Web開発と、現代のプロダクトに必要な要素開発が様々可能で、需要・将来性抜群のプログラム環境です。

現代はプログラミングスクールや動画サービスでも学習可能ですが、どうしてもお金や時間の拘束が大きいのが難点

本は安価にまとまった知識を得ることが可能な上、いつでもどこでも学習可能、という非常に優れた学習法です。

参考書も数多く発売され(日々増え続け)ている「Pythonの参考書」の中でも、初学者・入門者に最適な本を人気と共に紹介していきまっす。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Python 参考書・入門書:単行本

まずは、単行本(出版社販売の一般書籍)の入門書のランキングです。

後述する「Kindle Unlimited本」と比べると、出版社が監修・販売しているので、内容の充実度・信頼性・サポートなどが間違いなく、しっかり学習するのに最適です。

 

ちなみに、Python活用で最も熱い領域「機械学習・ディープラーニング」の本は別途以下で紹介しています。


 

人気ランキング

(2020/10/23 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常    2,035円
単行本   2,035円 (+20pt)
Kindle   1,643円 (+16pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 61件
2
(4.4)
総評価数 234件
3
Python 1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ...
発売日 2017/12/05
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+95pt)
Kindle   1,960円 (+20pt)
(4.1)
総評価数 61件
4
独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで
発売日 2018/02/24
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+48pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
(4)
総評価数 213件
5
(3.5)
総評価数 6件
6
Pythonで儲かるAIをつくる
発売日 2020/08/06
通常    3,190円
単行本   3,190円 (+62pt)
(0)
総評価数 0件
7
スッキリわかるPython入門 (スッキリシリーズ)
発売日 2019/06/13
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+52pt)
Kindle   2,376円 (+24pt)
(4.2)
総評価数 52件
8
Python実践データ分析100本ノック
発売日 2019/09/27
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+52pt)
Kindle   2,138円 (+21pt)
(4.2)
総評価数 75件
9
基礎Python 基礎シリーズ
発売日 2016/03/18
通常    2,948円
単行本   2,948円 (+29pt)
Kindle   2,653円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.3)
総評価数 30件
10
現場ですぐに使える! Pythonプログラミング逆引き大全 357の極意...
発売日 2020/05/16
通常    3,190円
単行本   3,190円 (+62pt)
(4.6)
総評価数 3件
11
独習Python
発売日 2020/06/22
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+150pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(0)
総評価数 0件
12
(4.3)
総評価数 48件
13
Excel×Python最速仕事術
発売日 2019/11/22
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+24pt)
Kindle   2,158円 (+22pt)
(3.7)
総評価数 135件
14
入門 Python 3
発売日 2015/12/01
通常    4,070円
単行本   4,070円 (+80pt)
(4)
総評価数 86件
15
Pythonチュートリアル 第3版
発売日 2016/03/24
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+38pt)
(3.6)
総評価数 51件
16
Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!...
発売日 2019/10/04
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+44pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
(4.5)
総評価数 44件
17
Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 (AI&TECHNOLOGY)
発売日 2018/09/19
通常    2,728円
単行本   2,728円 (+120pt)
Kindle   2,455円 (+25pt)
(3.6)
総評価数 14件
18
(4.1)
総評価数 77件
19
(4.6)
総評価数 17件
20
Pythonスタートブック [増補改訂版] 大型本
発売日 2018/04/12
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+54pt)
Kindle   2,455円 (+25pt)
(3.9)
総評価数 42件
21
(4.4)
総評価数 17件
22
いちばんやさしい Python入門教室
発売日 2017/04/08
通常    2,508円
単行本   2,508円 (+25pt)
Kindle   2,383円 (+24pt)
(4.2)
総評価数 44件
23
スッキリわかるPythonによる機械学習入門
発売日 2020/10/16
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
(0)
総評価数 0件
24
(4.6)
総評価数 6件
25
Python実践入門 ── 言語の力を引き出し、開発効率を高める (WEB+DB PRESS plusシリーズ)...
発売日 2020/01/24
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+64pt)
Kindle   3,114円 (+31pt)
(4.5)
総評価数 23件
26
Pythonでかなえる Excel作業効率化
発売日 2020/07/25
通常    2,508円
単行本   2,508円 (+50pt)
(3.7)
総評価数 5件
27
Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座
発売日 2019/07/20
通常    2,948円
単行本   2,948円 (+58pt)
Kindle   2,801円 (+28pt)
(4.5)
総評価数 43件
28
PythonでExcel、メール、Webを自動化する本
発売日 2020/09/19
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+46pt)
Kindle   2,278円 (+23pt)
(0)
総評価数 0件
29
試して学ぶ 機械学習入門 ~Pythonで作って、動かして身につける~...
発売日 2019/04/23
通常    3,289円
単行本   3,289円 (+33pt)
Kindle   3,125円 (+32pt)
(2.9)
総評価数 3件
30
みんなのPython 第4版
発売日 2016/12/22
通常    2,970円
単行本   2,970円 (+58pt)
Kindle   2,673円 (+27pt)
(3.6)
総評価数 75件

基礎から学ぶ!「Pythonおすすめの入門書」

プログラム未経験の方は、まずは何よりもとっつきやすさ、わかりやすさを重視して、途中で折れないこと、意外と簡単なんだと自信をつけることが重要

そのため、以下のような読みやすい入門書から初めて見るのがおすすめです。

Pythonは人気もあって丁寧でわかりやすい入門書がいくつもあるので、中身をチラ見して自分にあったものを選びましょう。

スッキリわかるPython入門 スッキリわかるシリーズ

スッキリわかるPython入門 スッキリわかるシリーズ
(著)国本大悟, 須藤秋良, 株式会社フレアリンク
発売日 2019/06/13
(4.2)

コツ・しくみ・落とし穴をしっかりおさえるから
人気プログラミング言語「Python」がスイスイ身に付く!

データ分析やAIの分野で注目のプログラミング言語「Python」(パイソン)は、WebやIoTをはじめとした幅広い分野で活用されています。
汎用性の高さに加え、文法がシンプルで、簡潔なプログラムを書くことができるため、教育用プログラミング言語としても採用が増えてきました。

しかし、シンプルとはいえPythonには多くの文法・記法があり、初心者が独学でマスターするのは簡単ではありません。
そこで本書では、プログラミングの基礎を丹念に解きほぐし、楽しいストーリーとともに、つまずくことなく最後まで読み通せる入門書を目指しました。

もちろん、「スッキリ」シリーズの特長であるプログラミングのしくみやコツがしっかり身に付くので、機械学習やWebアプリケーションなどの専門分野の学習にスムーズに進むことができます。
また、シリーズで好評の楽しみながら知識の確認ができる練習問題と、よく陥りがちなエラーや落とし穴の対策をまとめた「エラー解決・虎の巻」も収録していますので、挫折せずに着実に学びきれます。

本書を通じてPythonならびにプログラミングの楽しさを学び、新しい未来への道を拓いてみませんか。


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 

イラストや図解が多く、進行も登場人物のふきだし会話形式が多く、かなりとっつきやすい本となっています。

プログラミングに取り組む人が増えた現代、より初心者からでも学びやすい本が続々と出ている代表格かと思います。

Python入門に限らず、プログラミング初心者や、苦手な方におすすめのまさに入門の本です。

発売日もかなり新しいので、移り変わりの早いPythonの発展に対して、最新の内容を扱っているのも大きなポイントです。

概要/特徴

(引用元Amazon)

 
Users Voice
プログラミング自体初めてだという人向けの内容で、レベルは低いです。

何らかの言語でプログラミングをやったことある人は、基本的な文法のPythonでの書き方以外に、得るものはあまりないと思います。クラスについても殆ど書かれていません。
なので、Python入門というよりは、Pythonによるプログラミング入門ってタイトルが適切かと思います。

プログラミングの入門書としては良いですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
年齢関係なく、まだまだ業界新人のつもりで勉強中。わかりやすいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
スッキリわかるPython入門 スッキリわかるシリーズ
発売日 2019/06/13
通常 2,640円
現在 2,376円
264円(10%)OFF!!

  

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング
(著)株式会社ビープラウド, リブロワークス
発売日 2018/06/22
(4.2)

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいPyhton(パイソン)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「プログラムが読めないから、自分がいま何をしているのかわからない」といった
プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、
しっかりPythonの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・Pythonの基本を身につけたい人
・過去にプログラミングの入門書で挫折してしまった人
・プログラマーやエンジニアを目指す人
・仕事でPythonを活用してみたい人


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私自身初めて触れる言語がpythonです。これとは別に2冊ほど「初めてのpyhton」的な本を購入しました。が、2冊とも読んでるうちに理解ができなくなりました。おそらく自分の中に語弊があるのだなと思いアプローチを変えるためにも、とりあえず別の本を購入。それがこれ。
結論から言うと非常によかった。=は等価という意味では無く代入であることに気づけたし、言語をひらがなで訳してくれているので、書いたコードがどのような命令を出しているかの流れが目に見える。
また、プログラミング言語は日本語の翻訳という意識で向かえば良いというアドバイスは自分の意識改革には非常に役立った。
python以前にプログラム自体が初めてという方には非常に取っつきやすい本だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
レイアウトとデザインがすっきりして見やすい書籍です。
読み始めたばかりですが、念のためインストール時の説明画面が古い物であることをお伝えします。
本書の画面では32bitの物をインストールする手順となっていますが、当方64bitでエラーが出ました。
インストール画面も更新された様子で、本書とは違っていますので、ここは新しいWebブログなどで手順が乗ってますので、そちらにて確認した方が良さそうです。
32bit版Windowsにインストールなら「Windows x86 web-based installer」
64bit版Windowsなら「Windows x86-64 web-based installer」
まさかbit違いがあるとは知らず、エラーが出なければそのままインストールしてたかもしれません。
コマンドプロント用のチェックボックスも消えていました。

2018年に出版された本ですが、ITは変わるのが早いですね。
使用環境に対応した物をダウンロードできるはできますが、WindowsかMacかのどちらか、という事のようです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常 2,035円
現在 1,643円
392円(19%)OFF!!

  

Pythonスタートブック [増補改訂版] 大型本

好評の“いちばんやさしいPythonの本"がリニューアル!
オブジェクト指向の考え方もしっかり理解できます!

プログラミングの知識がゼロの方でも理解できるイラストやサンプル満載のわかりやすい解説はそのままに、最新のPython 3に完全対応しました。さらに、プログラミングの応用編として、Webアプリケーション開発やデータ処理の基本も解説しています。基本の基本から、データ型を駆使したオブジェクト指向プログラミングまで、Pythonならではのプログラミングを楽しく解説します!


改訂版発売に寄せて
インターネット上でWebが誕生し、世界に普及しはじめたのは1990年代はじめのことです。半世紀も経たないうちに、あらゆる情報がデジタル化されてネットでやり取りされる時代になりました。こうした情報を扱う多くの方々は、ほとんどの仕事がコンピュータを使った作業になっているはずです。

コンピュータは、プログラミング言語を利用すると思うがままに操ることができます。プログラミング言語には種類がありますが、コンピュータの高性能化に合わせて、人にとってプログラミングの負担が減るように進化してきています。Pythonは、その中でも、もっとも人に優しい言語の1つです。

人類の歴史は長く、いろいろな発見や発明を積み重ねてきました。最近はネットの普及もあって、複雑に絡み合った情報が、いたるところに溢れかえっています。ただ、何かまったく新しいことをはじめようと思うときは、知識がないので、どの情報を参考にすればよいのかわからなくなることもあるかもしれません。どんな分野の達人にも、はじめてその分野に足を踏み入れた瞬間はあります。

本書は、プログラミングの世界へ最初の一歩を踏み出すための助けになるように作りました。改訂版では、ご支持いただいた初版の良さをそのままに、さらに深い知識を手に入れるための道筋を示す、新たな2章を追加しました。

本書を通じ、1人でも多くの方に、プログラミングの楽しさを知ってもらえたらと思っています。楽しくなれば、きっとできるようになります。できるようになると、仕事が効率化します。仕事が早く終われば、別のことに時間が使えます。余暇に使っても良いですし、新たな分野の研究に使って良いかもしれません。そうすると、人類のさらなる発展に寄与できるかもしれません。本書がその一助になれば、この上ない幸せです。
(本書「はじめに」より)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
本当にほぼ予備知識なしで読めて、もちろんPythonの初歩がわかるように書かれています。
内容も新しく、現時点でその点で困ることもありません。

Pythonでプログラミングを始めてみたいという方には最適なのではないでしょうか。
ほかの言語に慣れている読者にはくどく感じられる部分もあるかもしれませんが
それだけ丁寧に書かれていて、Pythonという言語の扱いやすさと相まって挫折することもなさそうです。

初心者はとりあえずこれを1冊よむとよいと思います。
さらに進んだ内容は、ひとによってやりたいことも違うはずなので、この本を終えた後
必要な別の本を読めばよいでしょう。

分量としても初心者に必要な適量といった感じで、まさに「スタートブック」といえるでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
息子にPythonを勉強させるのに買ってみました。結構最初の方で、visual studio codeの画面を印刷してて、仕方がないからインストールしました。これで動作確認できるのかな?って思ったら、実行はwin10のpower shell。win7なんだよなぁ…うち。

仕方がなく cmd を起動させ、visual studio codeで作成したフォルダに移動して実行。そしてエラー解析中…。

「うーん、visual studio codeで実行できるんじゃないの?」と思ってネット検索。書いてました、やり方。

…この本は、ある程度パソコンなどの知識があり、自己解決できる人がPythonを学ぶための入門書のようです。

visual studio codeを使用例に出すのだったら、ちゃんとこのアプリ内で実行する方法まで書くべきで、適当だなって印象です。

まだ本の入り口ですが、導入がなってないので最低評価を付けました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Pythonスタートブック [増補改訂版] 大型本
発売日 2018/04/12
通常 2,750円
現在 2,750円

  

ビジネスPython超入門

ビジネスPython超入門
(著)中島省吾
発売日 2019/06/06
(4)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

“最強のビジネスツール”とも言われ
いま最も注目されているプログラミング言語Python。

プログラミング未経験者でもわかるよう、
初歩の初歩から豊富な図版とともに
どこよりもやさしく解説します。

手を添えなくてもページが180度開く特別製本で、
読みながらのパソコン操作もラクラク!

近年、「プログラミング必修化」「機械学習」「AI」などの
キーワードを新聞や雑誌、テレビで目にする機会が増えてきた今、
エンジニアだけでなく一般のビジネスパーソンや学生の間でも
プログラミングに対する関心が高まっています。

そして、さまざまあるプログラミング言語のなかで
最も注目されているのが「Python」です。
PythonはAIや機械学習に関わるプログラミングに最適なだけでなく、
初めてプログラミングを学ぶ人にもわかりやすく、書きやすい言語で
あることも評価されています。

つまりこれからプログラミングを学ぶ子どもや学生をはじめ、
プログラミングを学んで仕事を効率化したり、
仕事の幅を広げたりしたいビジネスパーソンにぴったりなのです。

そこで本書では、これまでプログラミングの経験がない人でも
理解できるように、初歩から解説します。
実際のプログラミングを少しずつ体験しながら
一歩ずつ確実にスキルを習得できるよう
豊富な図版とともにていねいに解説します。

↓全て表示↑少なく表示
 
目次

(引用元Amazon)

 
Users Voice
(まだ学習の途中だが)紙面構成がよく工夫されていて本文と図・例示などの組合せが、分りよいだけでなく見た目もよい。説明どおりにパソコンを操作すれば開発環境が作れ、迷うことも間違えることもなかった。練習問題でプログラミングが実感できる。本書を机上に広げてパソコン操作するには「特別製本」は確かに便利。(余談だが、テキストエディターとして本書推奨の「Atom」は過剰装備で大き過ぎ。) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
以前プログラムを触れていたが、Pythonを利用したいために、購入しました。
以前プログラムに触れていたといっても、忘れていることがあるため、
初心者向けの本を選びました。

この本は、基礎から入っているので、とても理解しやすいです。
また、見開きで開いても、自然に閉じることがないように作られているため、
とても使いやすいやすいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
ビジネスPython超入門
発売日 2019/06/06
通常 2,640円
現在 2,508円
132円(5%)OFF!!

  
 

Python中級者へ!「Pythonの最新仕様・全容を学ぶ本」

以下の書籍は「入門」と銘打たれているものもありますが、内容としてはかなりPythonを深く全体に渡って解説している、本格的なPython勉強本です。

プログラミング経験者や、上記の1冊目の入門書が理解できた方は、こちらを読むとPythonの全容がつかめると思います。リファレンス本として置いておくのも良いと思います。

Python実践入門 ── 言語の力を引き出し、開発効率を高める (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

シンプルな文法と豊富な機能で、読みやすいコードへ

Pythonはここ数年で日本語の書籍も増え、開発現場での利用実績も着実に増えてきています。ご自身の第二、第三の言語の選択肢としてPythonが気になっているという方も多いのではないでしょうか。また、「Pythonを始めてみたけど、実際に業務で利用するには不安が残る」「コードレビューに怯えながらPythonを書いている」という方も多いのではないでしょうか。
本書は、そういった方を対象に、Pythonという言語が持つ機能の実践的な使い方を紹介します。Pythonは、日常的なツールからWeb開発、データ分析、機械学習など分野を問わず利用できる汎用性の高い言語です。本書も同じく、Pythonという言語の仕様やその特徴的な機能、標準ライブラリでできることを中心に扱うため、分野を問わず活用していただけます。

↓全て表示↑少なく表示
 

IT技術の分野は変化・発展が早く、情報が新しいほど良いのは間違いないです。

Pythonの人気の理由の1つに豊富なライブラリでできることが多い点がありますが、ライブラリ・できることも常に発展し続けています。

Pythonを実用・実践するにあたっての情報はなおさら新しいのが望ましく、発売したての本書は現時点で間違いない情報源となるでしょう。

内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
他言語でベテラン経験者が、Pythonを学ぶ際に適していると思います。
比較するならオライリーの入門Python3~実践Python3と同レベルです。オライリーの方は情報がやや古くなってしまい、また翻訳が若干読みにくいですが、本書は情報が新しいうえに適切に纏まっておりプロ向けに読みやすいです。

一般の入門書に比べて詳しく正確に書かれており、他言語ベテランには疑問で引っかかることなく一気に頭に入るでしょう。ただし、あくまで言語の説明が中心であり、データ分析やWEBシステム開発やAI開発など具体的な題材での解説は他の書籍で補う必要があります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この本の良い点は
1. 文章が非常にシンプルに書かれていてわかりやすいこと
2. サンプルコードとコメントが丁寧で何をしているのかが明確
3. 文章が単純に書かれているので詳細な解説は省かれているが、公式ドキュメントへのリンクが記載されている。ちょっとわからないなと思ったことは自分で調べて理解が深まる。

本書は基本的なPythonの言語機能の解説から始まり、より高度な機能の解説をしてくれています。
実際に動かせるようにサンプルコードもコメント付きで丁寧に解説されています。
サンプルコードの量で言えばほぼ全てのページに書いてあるくらいの量があるので、解説されていることについては実際にコードで確認することが可能です。

本書の最も優れている点は、Pythonの言語機能の解説にとどまらず、それを使って実際に小さいアプリケーションを作るところです。

開発に必要な仮想環境の用意の仕方や、CircleCIを利用したCIの設定も含めて丁寧に解説がある素晴らしい本でした

このレビューを書いている2020/02時点で、私は仕事・(Pythonを触り始め2〜3年目くらいです。
業務としてやっていることは主にJupyter Notebookを使った可視化や機械学習のモデル作成になります。

モデル作成の検証をするだけ問題がないのですが、いざそれを自動化しようとしたりアプリに組み込んだりしようとすると必要になるのは「開発をする技術」です。

実際に開発をしようとすると勝手が違い、戸惑いや引っかかってしまうポイントがPythonでもたくさんあります。
また、実際に開発していく中でこういうことできたらもっと楽に開発できるのにということもありました。

多くのことがこの本で解説されていて、これからの開発をもっと生産的にできるようになれるんだという自信をくれました。

この本は再びPythonという言語の面白さ、開発することの楽しさを分かりやすい解説とコードを通じて教えてくれる、
「実践に入門」することを導いてくれる。
そんな、素敵な入門書となっていました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

入門 Python 3

入門 Python 3
(著)Bill Lubanovic
発売日 2015/12/01
(4)

Pythonが誕生して四半世紀。データサイエンスやウェブ開発、セキュリティなどさまざまな分野でPythonの人気が急上昇中です。
プログラミング教育の現場でもCに代わってPythonの採用が増えてきています。
本書は、プログラミングが初めてという人を対象に書かれた、Pythonの入門書です。
前提とする知識は特にありません。
プログラミングおよびPythonの基礎からウェブ、データベース、ネットワーク、並行処理といった応用まで、Pythonプログラミングをわかりやすく丁寧に説明します。

↓全て表示↑少なく表示
 

2015年発売の書籍ですが、いまだなお人気・おすすめされるPython本です。

600ページほどの大ボリュームの内容で、Python3の内容をかなり網羅的に扱っている本。

入門としても使えるし、その後の辞書的なリファレンス本としても使える、長く使える1冊です。

内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AI関係の本は50冊ほど所有しているが,持っているPythonのプログラミングの本はすべて入門用である。そのうち,今でも繰り返し読んでいるのはこの本だけである。あとの本は,初心者用としてくどすぎて二度と読む気にならない。また,サンプルコードが実践的でないものも多い。

Pythonを習い始めて,1月もしないうちに初心者は卒業であるので,サンプルコードがハンズオンならば,解説はシンプルの方がありがたい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても素晴らしい書籍です。
Pythonは言語自体とっつきやすく、見た目にも優しいので短い学習期間である程度思い通りのことができるすばらしい言語です。ただそれが故に、(特に私がそうでしたが)いつまでの初級者レベルの、汚い、冗長なコードで留まってしまうことがあります。(「内包表記わかんないからForループでいいよね」とか)
本書はそうした初心者から中級、プロを目指す(または仕事上そうなることを期待される)方に最適かと思います。最初はごく当たり前なデータ構造(リスト、辞書、タプル、集合)などの解説ですが初心者から脱却するためにはこうした基礎は固めておく必要はあります。
一度Pythonの世界で必要なものが作れる用になった人が「ああこうすれば1行で棲んでたんだ!」というのをページをめくりながら学習していくものかと思います。そのため、チュートリアルやサンプルコードはシンプルで、悪くいうと無味乾燥です。このため初心者(多言語の経験がある・なしにかかわらず)が読むとすごく退屈に思えるかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
入門 Python 3
発売日 2015/12/01
通常 4,070円
現在 4,070円

  

エキスパートPythonプログラミング改訂2版

エキスパートPythonプログラミング改訂2版
(著)Michal Jaworski, Tarek Ziade
発売日 2018/02/26
(4.7)

卓越したPythonプログラマになるための必読書

本書は、Pythonを使って仕事をしている開発者が普段どのようなツールやテクニックを用いて仕事をしているのか、また開発者が実際に現場で用いているベストプラクティスについて解説した書籍です。本書を読むことで、先進的なPythonプログラマが日常的に使用している開発ノウハウを学ぶことができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
言語仕様はもちろんのこと、普段は気にしないところまで細かく解説している。
特にマルチスレッド、マルチプロセスあたりの解説は非常に秀逸。
Python使いを標榜するなら読了しておくことをおすすめする。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初版を買って感動した。第2版が出たことを知って少々迷ったが、購入してみた。買ってよかった。
初版で無駄だと思ったInstall方法は消えた。
全体がPython 3対応になり、2との違いと共存が追加された。
変数名の付け方、パッケージの作り方、ソースの管理、ドキュメント管理は他の言語でもいえることだが、とても役に立つ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
エキスパートPythonプログラミング改訂2版
発売日 2018/02/26
通常 3,960円
現在 3,960円

  
 

Python実用!「実用的な使い方・効率化系の参考書」

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

ファイル名の変更や表計算のデータ更新といった作業は、日々の仕事の中で頻繁に発生します。
ひとつふたつ修正するだけであれば問題ないのですが、それが数十、数百となってくると手に負えません。
そのような単純な繰り返し作業はコンピュータに肩代わりしてもらうとすごくラクになります。
本書では、手作業だと膨大に時間がかかる処理を一瞬でこなすPython 3プログラムの作り方について学びます。対象読者はノンプログラマー。
本書で基本をマスターすれば、プログラミング未経験者でも面倒な単純作業を苦もなくこなす便利なプログラムを作れるようになります。
さらに、章末の練習問題を解くことで、類似のタスクを自動処理するスキルをもっと高めることができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
私はまさにノンプログラマーから独学でRubyをマスターして
10万レコードくらいのデータなど
GUIで操作するにはきついExcel業務とかをまさに
プログラミングで乗り切ってます

RPAなど騒がしいですが事務方作業の自動化はまさにこういう
プログラミングによる自動化要望に始まってやがてRPAの導入などに昇華していくはずですと考えています

この書籍はPythonではどういうライブラリがあるのか
知りたくて購入しました

本書は環境構築から始まって、基礎的な文法処理、ライブラリのマスターまで
1つに収まっていますが副題の
原題はこうだから、"practical programming for total beginners"
『ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング』は誤解を生むのでは?
ノンプログラマーでもできる、と書かれるとScratchみたいなGUIプログラミングで
Pythonライブラリでも操作できるのかしらとか、
ライブラリの設定ファイルだけ保存すればプログラミングそのものは無しで
実行できるのかしらとかプログラミング不要、という軽い気持ちで考える方もいるのでは?

なか見検索もないので、わけわからず買った人も多いと思いますし
ただでもお腹いっぱいなコンテンツなのに600ページ以上の本なのだから
Kindle版を出すべきと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
退屈なことはPythonにやらせよう。という最近の自動化をして業務効率化して生産性を上げろ!と言われて悩んでいるビジネスマンには刺さるワードではないでしょうか?
自動処理プログラミングでこんなことできるんだ。と目次をまず読んでいただいてから、実際に一から勉強して行かれる方にはおすすめです。
いきなり結構分厚いと思われるかもしれませんが、かなり初級の方にも使えるように環境構築などの基礎の部分もフォローされています。というかその部分の情報が分厚いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Excel×Python最速仕事術

Excel×Python最速仕事術
(著)金宏 和實
発売日 2019/11/22
(3.7)

全オフィスパーソン必読!
Excelの面倒な操作はパソコンにやらせよう

ビジネスパーソンが必ず使うExcelは、面倒な手作業が多いのが残念なところ。いくら操作を効率化しても、マウスやキーボードでの作業がなくなりません。決まったセルの範囲を別のシートの決められたところにコピーしたり、毎月のデータをグラフにしたり……。1回だけの作業だけならまだしも、部署別や事業所別にほとんど同じ作業を何度も何度も繰り返すような作業もしばしば。オフィスでのパソコン操作には、こんな無駄がたくさんあってうんざりしている人は多いでしょう。抜本的に解決するは、操作方法を工夫するだけでは追いつきません。

そんな単純で面倒な作業は、Pythonで自動化しましょう! 一度、自分の作業に合わせて自動化すれば、どんなに大量のデータでもパソコンにすべてまかせてOK。自分は他の仕事を進められます。
今から始めるならVBAよりPythonがお薦め。
――Pythonを学びながらExcelを効率化するか。
――Excel業務を自動化しながらプログラミングも身に付けるか。
どちらにしても“一石二鳥”なのは間違いありません。

プログラミングをやったことがないという人も多いでしょう。普通のビジネスパーソンがプログラミング未経験なのは当たり前。でも、大丈夫。必要な基礎知識をさっと身に付けられるよう、簡潔に解説。ざっと一読するだけでプログラミングの基本が学べます。

「ExcelをPythonで自動化」なんていうと難しそうに聞こえるかもしれません。でも、実はどのプログラムもものすごくシンプル。すでに身に染みついているExcelの手作業を基にしているので、プログラムを読んでいるだけでも「何をやっているか」がリアルにわかるのが本書のミソ。ビジネスパーソンがプログラミングに入門するにはピッタリの題材なのではないでしょうか。

「そうは言っても、プログラムをイチから書くのは大変そう」。そんな心配はご無用です! 本書で取り上げたサンプルプログラムはダウンロードしてすぐに利用可能。実際の業務に即したプログラムなのに加え、どこをどう書き換えれば、手っ取り早く自分の業務に応用できるかもできる限り解説しました。プログラムによっては、ほぼ無改造で即業務に役立てられるものもあります。

「どうせならじっくりプログラミングを勉強したい」。そんな人は各章の後半を重点的に読んでください。各章のサンプルプログラムで使われているテクニックをより詳しく、深く解説。必要に応じて、学習用のシンプルなプログラムも提供しています。簡単なプログラムでも、自分で書いて動かせば学習効果は抜群。基本をしっかり身に付ければ、自分のアイデアを生かしたオリジナルのExcel自動化プログラムも可能です。

ちまちました手作業のせいで無駄な残業をするのはもうたくさん。すぐに業務に役立てたい人にも、ディープに学んで高度に自動化したい人にも、本書がきっとお役に立ちます。単純で面倒な作業はパソコンに片付けてもらって、さっさと帰りましょう!

↓全て表示↑少なく表示
 
目次

(引用元Amazon)

 
Users Voice
初心者向けの体裁をとっており、本に書かれているとおりに実行すれば動作するが、ある程度、VBAに慣れている人のほうが内容は理解しやすいように思う。Pythonの文法については、必要に応じて説明はしているが体系的ではないので別の本で学んだほうが良さそうである。最終章にはPythonからVBAでExcelをコントロールする手法も書かれているが、どちらの言語も初めての人には少し敷居が高いかもしれない。

あとがきとして、RPAのススメ、とあるようにRPAを念頭に書かれていることは明らかだ。VBAだけでは他のシステムとの連携が面倒だが、VBAで学んだ内容も活かしつつ、さらにその次に進んで自分でRPAを構築してみたい場合、そのとっかかりの入門書としてはうってつけではないだろうか。

本に載っているコードは冗長で垢抜けない感があるが可読性は高い。自分でカスタマイズして別の用途にも使えるようにわざとそうしているのだろう。RPAで自動化したい作業はほとんどが数行から数十行でかけるような単純作業が多いので最初はこれで十分だと思う。いずれ、かんたん過ぎて物足りなくなると思うので、次には別の書籍、例えば「退屈なことはPythonにやらせよう」などに進んではいかがだろうか。ちなみに、「退屈な・・」は12章でExcelシートの制御を扱っているが、この本と同じくopenpyxlモジュールを利用している。

ところでレビューアーはこれまでAnconda + Jupyter NotebookでPythonを利用していたので、この本で利用しているVisual Studio Code(VSCode)を後からインストールして環境が整合するか気になっていたが、結論から言えば、ほとんど問題なく利用できた。「ほとんど」というのは、VSCodeに慣れないためのトラブルが少々あったためだ。例えば、最初、第3章のExcelのファイルを開いてCSVに保存するコードが上手く動かず。デバッガに " FileNotFoundError: [WinError 3] 指定されたパスが見つかりません。:" というエラーメッセージが出ていたので、開こうとしているExcelファイルの位置が想定と異なっているのだろうと、ターミナルからカレントディレクトリ(カレントフォルダ)の位置を調べてみたところ、案の定異なっていたので、VSCodeで新しくフォルダを指定し直したところ、うまく動いてくれた。VSCodeではカレントフォルダはコードのスクリプトが存在している位置ではなく、最初に開いたフォルダの位置になってしまうようだ。

最後に、今回一番感動したのは、PythonでExcelを開くと非常に早いことだった。かなり大きなファイルでも高速にデータを抽出でき、CSVに保存するのもほぼ一瞬だ。サンプルのデータが小さいせいもあるだろうが、少なくとも、Excel起動時にアドインなどの読み込みに時間がかかるストレスがないのは実に気持ちが良い。ぜひ皆さんにも味わっていただきたいと思う。
(Amazonからの購入ではないのだが、なぜかKindle本のタグがついてしまっている。直し方がわからないのでそのままにしておく) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
VBAマクロの含まれないEXCELファイルが大量にあり、プログラム経験ゼロの非エンジニアが、EXCELに関わる作業の自動化やデータの集計・分析が必要な場合に本書は役立ちます。一般企業社内で、事務系の仕事をしている非エンジニア向けに、お勧めします。

EXCELにVBAマクロを埋め込むのではなく、Pythonで「外部からEXCEL制御する」方が応用が利きますし、何かとスマートに処理できます。従来、外部からEXCEL制御する為には、エンジニアがVSTOやCOM制御といった手法を使ってきましたが、Pythonだと非エンジニアでも容易に扱えます。

EUC(エンドユーザーコンピューティング)が20年ほど叫ばれ、EXCELと共にVBAが普及してきましたが、これからの時代、VBA使うよりもBIツール使うよりも、Python+EXCEL、ひいてはRPAを使いこなすことがEUCのキーワードでしょう。VBA知識も不要です。むしろ無い方が先入観がなくて良いと思います。簡単にPythonを使うだけなら、VBAよりも習得は容易です。

なお、Pythonの文法でつまずく方は「退屈なことはPythonにやらせよう」の最初に初心者向けの簡単な解説がありますので併せて活用されるとよいでしょう。その次には「Python実践データ分析 100本ノック」もお勧めします。この3冊の知識を活用できれば、事務系の煩雑な業務がかなり改善されるはハズです。

この本を最初のキッカケに、是非、業務効率化を果たしてください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Excel×Python最速仕事術
発売日 2019/11/22
通常 2,398円
現在 2,398円

  

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

本書は「Pythonだけ」を学ぶ本ではありません。Pythonを使ってプログラミングを紹介していますが、伝えたい内容はPythonに限らない「プログラミング全般」の知識です。

プログラマになるためのスキルを独学できる本です。Pythonプログラミングの基本を学べるだけでなく、プログラマとして必要なスキル(シェル、正規表現、パッケージ管理、バージョン管理、データ構造、アルゴリズム、仕事の始め方・やり方)もひと通り学べるのが特徴です。
「プログラミングを始めたい」「できればその道でプロを目指してみたい」――そんな読者にオススメです。

本書の著者、コーリー・アルソフ(Cory Althoff)は、「独学プログラマー」です。本書は、彼が独学で、ゼロからプログラミングを学んだ体験に基づいて書かれました。
プログラミングを独学で身に付けるために、著者がPythonを通して学んだエッセンスが書かれています。彼の独学プログラマーとしての学び方は、Amazon.comでの本書の評価を見るとわかるように、多くの人に支持されています。
――訳者あとがきより

目次については、27章プラス補章2つと長いので、以下の「目次を見る」からご覧ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
購入前にレビューを見てわかりやすかったなど書いてあったので、購入してみました。
『ど』のつくプログラミングの初心者なので、もっとわかりやすく説明があるとよかったと思います。
分かるところもありましたが、理解することが私には難しかったです。
なので途中で中折れしてしまいました。

次に『プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門』を読み始めたのですが、
こちらの方がわかりやすい表現で、コードも一つ一つが短かったのでわかりやすかったです。

もしプログラミング初心者で国語の弱い方は、『プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門』を先に
読むことをおすすめします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
独習者にはお勧めします。
欠点はこのほんに書かれている、URLは使えません。
URL短縮サイト経由しています。

蛇足ですが・・・・
Linux環境で$ Python3でインタープリンターは起動できる
エディターにviをつかえうとき。$ vi ファイル名.py
とすれば pythonモードになります。
例題はファイル名.py とし保存。
$ python3 ./ファイル名.py
ただ巻末の参考資料は使えます!
Windows10でLinux環境を使う一番の手軽な方法は
Windows Subsystem For Linuxを有効にすることでしょう。
これでUbuntが使えます。
「WSL機能を有効にする」で検索すれば・・・・
私の場合
Windows10の C:は自動でマウントされていました。
$ ls /mntで確認してください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  
 

Python本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにPythonの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のPython関係の本人気ランキング(Best10)です。

(2020/10/23 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4)
総評価数 81件
2
スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング
発売日 2018/06/22
通常    2,035円
単行本   2,035円 (+20pt)
Kindle   1,643円 (+16pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 61件
3
(3.9)
総評価数 33件
4
(5)
総評価数 1件
5
(3.5)
総評価数 6件
6
(4.3)
総評価数 8件
7
(5)
総評価数 2件
8
(4.5)
総評価数 2件
9
(5)
総評価数 3件
10
(4.3)
総評価数 5件
11
(4.2)
総評価数 11件
12
速習 Django 3 速習シリーズ
発売日 2020/06/08
通常    700円
Kindle   700円 (+7pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(0)
総評価数 0件
13
基礎Python 基礎シリーズ
発売日 2016/03/18
通常    2,948円
単行本   2,948円 (+29pt)
Kindle   2,653円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.3)
総評価数 30件
14
(0)
総評価数 0件
15
(3.8)
総評価数 11件
16
(3.4)
総評価数 19件
17
(4.1)
総評価数 2件
18
(3.4)
総評価数 7件
19
(3)
総評価数 11件
20
(5)
総評価数 1件

おまけ①:本より高コスパ?「Udemy Pythonおすすめ講座」

UdemyではPythonを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Pythonの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

学習コース評価
(4.4)
総評価数 10527件
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習 【2020年最新版】...
発売日 2016/11/17
受講者 27,738人
通常 15,000円
新規 2,100円
(4.3)
総評価数 5615件
プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座
発売日 2017/03/27
受講者 8,360人
通常 24,000円
新規 1,820円
(4.2)
総評価数 1522件
プログラミング言語 Python 3 入門
発売日 2016/06/29
受講者 7,446人
通常 9,600円
新規 1,750円
(3.8)
総評価数 1681件

 

おまけ②:Python「新書一覧(2019,2020刊行本)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報をキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2019年以降に発売したPython参考書の新書を最後に一覧しておきまっす。

 

(2020/10/23 更新)
製品評価
(0)
総評価数 0件
スッキリわかるPythonによる機械学習入門
発売日 2020/10/16
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
(0)
総評価数 0件
PythonでExcel、メール、Webを自動化する本
発売日 2020/09/19
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+46pt)
Kindle   2,278円 (+23pt)
(0)
総評価数 0件
(5)
総評価数 1件
(0)
総評価数 0件
Python2年生 データ分析のしくみ 体験してわかる! 会話でまなべる!...
発売日 2020/08/21
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+110pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
Pythonで儲かるAIをつくる
発売日 2020/08/06
通常    3,190円
単行本   3,190円 (+62pt)
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2020/07/30
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
Pythonでかなえる Excel作業効率化
発売日 2020/07/25
通常    2,508円
単行本   2,508円 (+50pt)
(3.7)
総評価数 5件
(0)
総評価数 0件
マンガでざっくり学ぶPython
発売日 2020/07/24
通常    1,749円
単行本   1,749円 (+17pt)
Kindle   1,662円 (+17pt)
(0)
総評価数 0件
つなげば動く! Pythonふりがなプログラミング パターン文例80...
発売日 2020/07/22
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
(0)
総評価数 0件
Pythonによる医療データ分析入門――pandas+擬似レセプト編
発売日 2020/07/20
通常    4,378円
単行本   4,378円 (+44pt)
Kindle   4,159円 (+42pt)
(0)
総評価数 0件
(5)
総評価数 2件
Effective Python 第2版 ―Pythonプログラムを改良する90項目
発売日 2020/07/16
通常    3,960円
単行本   3,960円 (+40pt)
(0)
総評価数 0件
使ってわかったAWSのAI -まるごと試せば視界は良好 さあPythonではじめよう!...
発売日 2020/07/13
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,640円 (+26pt)
(4.4)
総評価数 3件

関連:機械学習の参考書

Pythonの学習をある程度できたら、最も人気の「機械学習」や、DjangoによるWeb開発といった本格的な実用技術にチャレンジしていくのがおすすめです。

プログラミングは使ってなんぼ、覚えただけだとなんの価値も生みません。というか忘れていきます、さっさと使いましょう

以下でPython応用でもっとも熱い機械学習等の本も紹介しています、覗いてみてください。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました