【2021年】Linux本「人気20冊と高評価・おすすめの5冊」

サーバーや組み込み機器など、パフォーマンス重視やGUI不要な場面でよく使うOS「Linux」に関する書籍を人気とともに紹介していきまっす。
 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
(2021/09/22 15:16時点)

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Linuxの参考書「人気ランキング 20冊」

Linuxの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/09/22 12:03 更新)
Rank製品価格
1
まんがでわかるLinux シス管系女子(日経BP Next ICT選書)
発売日 2015/02/19
Piro(結城洋志) (日経BP)
総合評価
1,760円
1,584円
1,760円
880円
2
そろそろ常識? マンガでわかる「Linuxコマンド」
発売日 2021/04/26
水野源, 宮原徹, リブロワークス (シーアンドアール研究所)
総合評価
2,453円
2,208円
2,208円
2,453円
3
新しいLinuxの教科書
発売日 2015/06/06
三宅 英明, 大角 祐介 (SBクリエイティブ)
総合評価
2,970円
2,822円
2,970円
2,970円
4
はじめてのLinux パーフェクトガイド(Ubuntu/Lubuntu/Puppy Linuxを詳解!)...
発売日 2019/03/01
リンクアップ, 河本 亮, ラケータ (standards)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,232円
990円
990円
1,210円
5
Linux教科書 LPICレベル1 Version5.0対応
発売日 2019/04/08
中島 能和 (翔泳社)
総合評価
4,180円
(+190pt)
3,762円
4,180円
4,180円
6
Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version5.0対応...
発売日 2019/09/11
山本 道子, 大竹 龍史 (翔泳社)
総合評価
2,750円
(+150pt)
2,475円
2,750円
2,750円
7
2,948円
2,948円
2,948円
2,948円
8
Linux教科書 LinuCレベル1 Version 10.0対応
発売日 2020/06/23
中島 能和 (翔泳社)
総合評価
4,180円
3,762円
4,180円
4,180円
9
Linux教科書 LinuC レベル1 スピードマスター問題集 Version10.0対応...
発売日 2020/09/07
山本 道子, 大竹 龍史 (翔泳社)
総合評価
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
10
動かしながらゼロから学ぶ Linuxカーネルの教科書
発売日 2020/09/10
末安 泰三 (日経BP)
総合評価
3,080円
2,772円
3,080円
3,080円
11
4,180円
4,180円
4,180円
12
3,278円
3,114円
3,278円
3,278円
13
3,025円
2,722円
3,025円
2,220円
14
[改訂新版]プロのためのLinuxシステム構築・運用技術
発売日 2016/09/22
中井 悦司 (技術評論社)
総合評価
3,278円
3,278円
3,278円
3,278円
15
本気で学ぶ Linux実践入門 サーバ運用のための業務レベル管理術...
発売日 2019/05/30
大竹 龍史, 山本 道子 (SBクリエイティブ)
総合評価
3,278円
2,950円
3,278円
3,278円
16
超例解Linuxカーネルプログラミング
発売日 2019/07/18
平田豊 (シーアンドアール研究所)
総合評価
3,113円
2,802円
2,802円
3,113円
17
できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7 できるPROシリーズ
発売日 2015/06/25
平 初, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,766円
2,772円
3,080円
3,300円
18
Linuxとpthreadsによる マルチスレッドプログラミング入門
発売日 2018/04/23
渋谷克智 (秀和システム)
総合評価
2,640円
2,376円
2,376円
2,640円
19
Linux教科書 LPICレベル2 スピードマスター問題集 Version4.5対応...
発売日 2017/10/30
有限会社ナレッジデザイン 大竹 龍史 (翔泳社)
総合評価
3,300円
3,135円
(+143pt)
3,300円
3,300円
20
2,948円
2,653円
2,948円
2,948円

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Linux本 高評価・人気のおすすめの5冊

「Linux+コマンド入門 ——シェルとコマンドライン、基本の力 (WEB+DB PRESS plus)」

(概要)
Linuxの基本&コマンドの作法をまとめた入門書。巻末には基本コマンドのQuickリファレンスを特別収録。
本書では、Linuxシステムの「今の基本」を押さえつつ、コマンドラインの基礎知識&テクニックを平易に解説。ユーザーやファイル/ディレクトリ、ファイルシステム、プロセス、ネットワークをはじめ、Linuxの基本概念をコマンドを通して学べる点が特徴です。合わせて、コマンドの実用的な使用場面を学べるように豊富な実行例を盛り込み、Appendixとして昨今初学者の方々がLinuxコマンドを学ぶきっかけとなるケースの多い、Raspberry PiやPython、WordPressにおけるコマンドの使用例も盛り込みました。動作環境はスタート&作り直しも簡単なVirtualBoxによる仮想環境を前提とし、Ubuntu、CentOS Streamに両対応。広く初学者の方々に向け、長く役立つ基本を凝縮してお届けします。

(こんな方におすすめ)
・コマンドやシェルに興味をお持ちの方々
・OSの基本を実機で試しながら学習してみたい方々
・Linuxの技術基礎を身につけ、使いこなしたい方々

(目次)
第1章Linuxとコマンド操作の基礎知識——まずは実際に試してみよう
1.1そもそもLinuxとは何だろう——いろいろなところで、いろいろな名前のLinuxが動いている
1.2学習用の環境を作ろう——「仮想マシン」にLinuxをインストール
1.3Linuxを起動してみよう——電源を入れてからログインするまで
1.4コマンドを入力してみよう——基本的な書き方を把握しよう
1.5コマンドラインの便利な操作——キーコンビネーションを活用しよう

第2章ファイルとディレクトリ——どこに何がある? どう探す?
2.1Linuxのディレクトリツリー——どこに何があるかを把握しよう
2.2ディレクトリと「パス」の表し方 ——【/】 【.】 【..】 【~】を使えるようになろう
2.3ファイル操作の基本コマンド❶——ファイルやディレクトリの作成/削除
2.4ドットファイル——普通のファイルなのに「見えない」ファイル
2.5ファイルの属性とパーミッション——許可の種類と対象を把握しよう
2.6ハードリンクとシンボリックリンク——ファイルを示す2つの名前
2.7ファイル操作の基本コマンド❷——ファイルを調べる/探す/圧縮する
2.8ファイルの圧縮と伸張——複数のファイルを一つにまとめる/圧縮する

第3章シェル&コマンドライン——コマンドを自在に実行する
3.1シェルの役割——コマンド入力を受け取っているのは誰!?
3.2コマンド入力を助ける操作——補完/ヒストリ/エイリアス/パス名展開
3.3パイプとリダイレクト——標準入力と標準出力を理解して活用しよう
3.4複数のコマンドを組み合わせて実行する ——【;】 【&&】 【||】 【&】 【` `】 【$( )】 【xargs】
3.5シェルの設定——自分用の環境を整えよう
3.6zsh概論——zshのインストールと設定
3.7シェルとシェルスクリプト——操作の自動化を実現するしくみ

第4章テキスト操作——Linuxの設定に必要な操作をマスターしよう
4.1ファイルを表示する——必要な場所を簡単に表示する
4.2文字列の検索と正規表現——文字列を「パターン」で表す
4.3テキストを加工する——ファイルを加工する/実行結果を整形する
4.4テキストエディタ「vi/vim」——コマンドラインで操作するテキストエディタ

第5章パッケージ管理——必要なモノを揃えるられるようにしよう
5.1パッケージ管理システム——なぜ必要で、どのようなことをしているのか
5.2aptコマンド——debパッケージを操作する(Ubuntu)
5.3dnf/yumコマンド——rpmパッケージを操作する(CentOS)
5.4GitとGitHub——開発中のソースやドキュメントを入手してみよう

第6章ユーザーとプロセス——誰が何を実行しているかを意識しよう
6.1ユーザー管理の基礎知識——ユーザーIDとグループID、/etc/passwd
6.2ユーザーとグループの追加と削除——adduser/useradd/groupadd
6.3プロセス——いま何が動いているのか調べてみよう
6.4ジョブコントロール——バックグラウンドジョブとその切り替え方を理解しよう
6.5シグナル——プロセスに「シグナル」を送ってみよう
6.6デバイスとファイルシステム——デバイスと疑似ファイルシステムの操作を試そう

第7章ネットワーク概論——自分の状況を把握できるようになろう
7.1ネットワークの基礎知識——TCP/IPのイメージを掴もう
7.2ネットワーク用の基礎コマンド——現在の状態を確認しよう
7.3SSH——SSHサーバーのインストールとクライアントコマンドの使い方

Appendixコマンドラインで広がる世界——WordPress/Python/Raspberry Pi
A.1WordPress——PHP/MariaDB/ファイアウォール/WordPressの導入と設定
A.2Python——Python仮想環境の構築&グラフ描画のテスト
A.3Raspberry Pi——Raspberry Pi OSのインストールからSSH/VNC接続まで

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
@@@@@【】は編集記号で、等幅コマンド文字スタイル&編集記号削除
# 特別収録 Linux[基本]コマンドQuickリファレンス 巻頭(前見返し/表2)、巻末(後見返し/表3)
# 第1章 Linuxとコマンド操作の基礎知識 --まずは実際に試してみよう
## 1.1 そもそもLinuxとは何だろう --いろいろなところで、いろいろな名前のLinuxが動いている
## 1.2 学習用の環境を作ろう --「仮想マシン」にLinuxをインストール
## 1.3 Linuxを起動してみよう --電源を入れてからログインするまで
## 1.4 コマンドを入力してみよう --基本的な書き方を把握しよう
## 1.5 コマンドラインの便利な操作 --キーコンビネーションを活用しよう
# 第2章 ファイルとディレクトリ --どこに何がある? どう探す?
## 2.1 Linuxのディレクトリツリー --どこに何があるかを把握しよう
## 2.2 ディレクトリと「パス」の表し方 --【/】 【.】 【..】 【~】を使えるようになろう
## 2.3 ファイル操作の基本コマンド① --ファイルやディレクトリの作成/削除
## 2.4 ドットファイル --普通のファイルなのに「見えない」ファイル
## 2.5 ファイルの属性とパーミッション --許可の種類と対象を把握しよう
## 2.6 ハードリンクとシンボリックリンク --ファイルを示す2つの名前
## 2.7 ファイル操作の基本コマンド② --ファイルを調べる/探す/圧縮する
## 2.8 ファイルの圧縮と伸張 --複数のファイルを一つにまとめる/圧縮する
# 第3章 シェル&コマンドライン --コマンドを自在に実行する
## 3.1 シェルの役割 --コマンド入力を受け取っているのは誰?!
## 3.2 コマンド入力を助ける操作 --補完/ヒストリ/エイリアス/パス名展開
## 3.3 パイプとリダイレクト --標準入力と標準出力を理解して活用しよう
## 3.4 複数のコマンドを組み合わせて実行する --【;】 【&&】 【||】 【&】 【` `】 【$( )】 【xargs】
## 3.5 シェルの設定 --自分用の環境を整えよう
## 3.6 zsh概論 --zshのインストールと設定
## 3.7 シェルとシェルスクリプト --操作の自動化を実現するしくみ
# 第4章 テキスト操作 --Linuxの設定に必要な操作をマスターしよう
## 4.1 ファイルを表示する --必要な場所を簡単に表示する
## 4.2 文字列の検索と正規表現 --文字列を「パターン」で表す
## 4.3 テキストを加工する --ファイルを加工する/実行結果を整形する
## 4.4 テキストエディタ「vi/vim」 --コマンドラインで操作するテキストエディタ
# 第5章 パッケージ管理 --必要なモノを揃えるられるようにしよう
## 5.1 パッケージ管理システム --なぜ必要で、どのようなことをしているのか
## 5.2 aptコマンド --debパッケージを操作する(Ubuntu)
## 5.3 dnf/yumコマンド --rpmパッケージを操作する(CentOS)
## 5.4 GitとGitHub --開発中のソースやドキュメントを入手してみよう
# 第6章 ユーザーとプロセス --誰が何を実行しているかを意識しよう
## 6.1 ユーザー管理の基礎知識 --ユーザーIDとグループID、/etc/passwd
## 6.2 ユーザーとグループの追加と削除 --adduser/useradd/groupadd
## 6.3 プロセス --いま何が動いているのか調べてみよう
## 6.4 ジョブコントロール --バックグラウンドジョブとその切り替え方を理解しよう
## 6.5 シグナル --プロセスに「シグナル」を送ってみよう
## 6.6 デバイスとファイルシステム --デバイスと疑似ファイルシステムの操作を試そう
# 第7章 ネットワーク概論 --自分の状況を把握できるようになろう
## 7.1 ネットワークの基礎知識 --TCP/IPのイメージを掴もう
## 7.2 ネットワーク用の基礎コマンド --現在の状態を確認しよう
## 7.3 SSH --SSHサーバーのインストールとクライアントコマンドの使い方
# Appendix コマンドラインで広がる世界 --WordPress/Python/Raspberry Pi
## A.1 WordPress --PHP/MariaDB/ファイアウォール/WordPressの導入と設定
## A.2 Python --Python仮想環境の構築&グラフ描画のテスト
## A.3 Raspberry Pi --Raspberry Pi OSのインストールからSSH/VNC接続まで

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:西村 めぐみ
西村 めぐみ
Nishimura Megumi
1990年代、生産管理ソフトウェアの開発およびサポート業務/セミナー講師を担当。書籍および雑誌での執筆活動を経て㈱マックス・ヴァルト研究所に入社、マーケティングリサーチの企画および実査を担当。その後、PCおよびMicrosoft Officeのeラーニング教材作成/指導、新人教育にも携わる。おもな著書は『図解でわかるLinuxのすべて』(日本実業出版社)、『シェルの基本テクニック』(IDGジャパン)、『[新版 zsh&bash対応]macOS×コマンド入門』(技術評論社)など。


↓全て表示↑少なく表示

  

「動かしながらゼロから学ぶ Linuxカーネルの教科書」

動かしながらゼロから学ぶ Linuxカーネルの教科書
(著)末安 泰三
発売日 2020/09/10
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
Linuxの心臓部であるカーネルの動作を
実験用プログラムで自ら試し、体感することで
仕組みを基礎から理解できる入門書の決定版

サーバーOSとしてデファクトのLinux。
その中核となるカーネルの仕組みを分かりやすく丁寧に解説します。
OSとしてのLinuxがどのように動いているのかが分かります。

1章と2章ではカーネルの全体像をつかめるよう
基礎となる部分を大きくページを割いて紹介。
3章ではLinuxカーネルのソースコードから
実際に動く状態に組み立てる「ビルド」と呼ばれる操作を、
手順を追って紹介します。
4章以降では、3章までに学んだ知識や手法に基づき、
Linuxカーネルの仕組みを章ごとに解説していきます。

機能解説の章には、実験用のプログラムを用意し、
それを実際に動かすことで理解を深められるよう工夫しました。

第1章  Linuxカーネルの基礎
第2章  Linuxカーネルのモジュール管理
第3章  Linuxカーネルのビルド方法
第4章  タスクスケジューラの仕組み
第5章  仮想メモリーを実現する仕組み
第6章  コンテキストスイッチの仕組み
第7章  物理メモリー管理の仕組み
第8章  ファイルシステムの仕組み

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次

動かしながらゼロから学ぶ Linuxカーネルの教科書
第1章  Linuxカーネルの基礎
1-1 Linux カーネルとは何か
1-2 Linux カーネルを学習する意義
1-3 カーネルはイベント駆動型
1-4 タスク管理の仕組み
1-5 メモリー管理の仕組み
1-6 デバイス管理の仕組み
1-7 ファイルシステムの概要
1-8 ネットワーク機能の概要
1-9 カーネルの読み込みから稼働まで
第2章  Linuxカーネルのモジュール管理
2-1 モジュールとは何か
2-2 モジュールファイルの格納先
2-3 コマンドでモジュールを管理する
2-4 モジュールへのオプション指定
2-5 別名を利用した自動組み込み
2-6 デバイスとモジュールの関連付け
第3章  Linuxカーネルのビルド方法
3-1 Linux カーネルをビルドする利点
3-2 ビルドに必要なソフトウエアを導入
3-3 ソースアーカイブの入手と展開
3-4 ソースツリー解説
3-5 カーネルのビルド設定
3-6 カーネルのビルドとインストールの手順
3-7 パッケージをビルドしてそれを使ってカーネルをインストールする方法
第4章  タスクスケジューラの仕組み
4-1 タスクスケジューラとは何か
4-2 Linux カーネルのタスクスケジューラの変遷
4-3 CFS(Completely Fair Scheduler)
4-4 スケジューリングクラスと複数のタスクスケジューラ
第5章  仮想メモリーを実現する仕組み
5-1 64 ビットのx86 プロセッサのメモリーアドレス
5-2 Linux におけるプロセスのメモリーマップ
5-3 ページテーブルをたどって物理アドレスを算出
第6章  コンテキストスイッチの仕組み
6-1 コンテキストスイッチとは何か
6-2 Linux カーネルのコンテキストスイッチ処理
6-3 コンテキストスイッチ処理でのレジスタ値の変化を確認
6-4 カーネルモードとユーザーモード
6-5 PTI(Page Table Isolation)
第7章  物理メモリー管理の仕組み
7-1 物理メモリー管理の必要性
7-2 断片化(フラグメンテーション)を極力避ける
7-3 バディーシステムの仕組み
7-4 三つのスラブアロケーターの仕組みの違い
第8章  ファイルシステムの仕組み
8-1 Linux におけるファイルの構造
8-2 ファイルの種類
8-3 VFS が処理を共通化する仕組み
8-4 ext4 が安全性を保つ仕組み
8-5 Btrfs が安全性を保つ仕組み

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Linuxの使い方の本は多いがカーネルに関してわかりやすく優しく解説したものはあまりなかった。上級者向けではないが、カーネルの動作の基本を学ぶにはいいのでは。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:末安 泰三
1971年2月、福岡県生まれのフリーランスライター。 主な関心領域は、LinuxやAndroidなどに代表されるオープンソースソフトウエア。 IT系出版社に勤務していた1998年前後に、Linux情報サイトの立ち上げや Linux専門誌の創刊などに携わった。以後は、そのLinux専門誌の編集記者として活動し、 2006年に独立してフリーランスライターに。独立後は、Linuxカーネルやファイルシステム、 仮想化ソフトウエアといったシステムコンポーネント関連の動向記事や技術解説記事を 主に手掛けている。現在、3匹の猫と共に千葉外房に在住。 著書『Docker入門』(ソーテック社)など


↓全て表示↑少なく表示

  

「超例解Linuxカーネルプログラミング」

超例解Linuxカーネルプログラミング
(著)平田豊
発売日 2019/07/18
総合評価
(2021/09/22 12:03時点)
本書では、Linuxカーネルで日々行われている修正を題材に業務開発におけるソフトウェアの修正を考えていきます。
Linuxはオープンソースであり、プログラムのソースコードが一般に公開されているので、誰でも読むことができます。しかし、そうはいってもなかなかソースコードを読む機会はないのではないでしょうか。
本書ではなるべくLinuxカーネルの修正内容がやさしいものを取り上げ、プロのプログラマーではない方にもわかりやすいように解説していきます。Linuxの最先端でどんな修正が行われているのかを垣間見ながら、少しでも楽しく学んでもらえたら嬉しいです。
なお、本書は、筆者がTwitterで「#カーネルパッチ勉強会」というつぶやきをしていたことからヒントを得ています。本書で取り上げているLinuxカーネルバージョンは4.16~5.0になります。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「本気で学ぶ Linux実践入門 サーバ運用のための業務レベル管理術」

管理者として学ぶべき知識と操作方法を集結

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

日々の管理業務に使用するコマンドの使い方と実行例を多数掲載。
Linuxの基礎知識を学びながら、実用的な操作・設定・管理方法が身につく、
初心者から一歩先に進むための、超実践的な入門書。
CentOS・Ubuntuの2つの代表的ディストリビューションに対応。

Linuxの基本的な使い方から、日々の管理業務で求められる各種操作のためのコマンドを掲載。しっかりと実践的な知識を身につけることを目的とした、読み応えのある入門書です。

●目次
はじめに
本書の表記について
Chapter1 Linuxの概要と導入
Chapter2 Linuxの起動・停止を行う
Chapter3 ファイルを操作する
Chapter4 ユーザを管理する
Chapter5 スクリプトやタスクを実行する
Chapter6 システムとアプリケーションを管理する
Chapter7 ディスクを追加して利用する
Chapter8 ネットワークを管理する
Chapter9 システムのメンテナンス
Chapter10 セキュリティ対策
Appendix 仮想環境を構築する
コマンド索引
索引

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Linuxについての基礎知識を身につけることができます. OSはUbuntuが例として進められているため, Mac OSやWindowsを使っている人にもおすすめです. サーバーについての基本的な実践能力も身につけることができます. (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
まだ読んでいる途中ですが、まあまあわかりやすいと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Linuxでサーバ運用されている方が買うなら、良い本です。
辞書として使えると思います。
私は、運用業務を体験できると考えて買いましたが、少し当てが外れました。書かれている内容を実践する場合、一部考えながら環境を変更する必要があります。(ex. ユーザ管理の章で、yuko、ryoと出てきますが、それまでに作成していなかったので少し面食らったり。)
Linuxで何か実践してみたい方なら、☆3
運用業務をされている方なら、☆4
ではないでしょうか。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:大竹 龍史
1998年設立。主な業務は、Linux、Java、Android、MySQL、およびサーバー、 Web、ネットワーク、プログラミング言語等の各種技術トレーニングコースの開発、 企業向け研修、講師派遣、市販本・雑誌の執筆を行う。 近著に『標準テキストCentOS7構築・運用・管理パーフェクトガイド』(SBクリエイティブ)がある。 http://kwd-corp.com/


  

「Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version5.0対応」

LPICレベル1、最新バージョンの対策問題集!

世界共通のIT資格として非常に人気のLPIC(Linux技術者認定)は、グローバルなITエンジニアへの登竜門と位置付けられます。本書は、その資格のエントリーレベルであるレベル1試験の最新バージョン5.0に対応した問題集です。LPI-incの認定テキストとして出題範囲を万遍なく学べる問題集です。

【特徴】
・最新試験(Version 5.0)を徹底的に分析し、書き下ろした問題集
・LPIの審査に合格した認定テキスト
・Linux教育に定評のある著者による書き下ろし
・各問題のすぐ下に問題がついており、短時間で学習できる
・101、102試験それぞれの模擬試験付き!

【目次】
第1部 101試験
1章 基本コマンドとファイルの操作
2章 正規表現とviエディタ
3章 プロセス管理
4章 ファイルシステムの管理
5章 マウントとクォータ機能
6章 ファイルの管理
7章 ソフトウェア管理
8章 システムアーキテクチャ
模擬試験

第2部 102試験
1章 シェル、スクリプト
2章 X Window System
3章 ユーザアカウントの管理
4章 システムサービスの管理
5章 ネットワークの基礎
6章 セキュリティ
模擬試験


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1部 101試験
 1章 基本コマンドとファイルの操作
 2章 正規表現とviエディタ
 3章 プロセス管理
 4章 ファイルシステムの管理
 5章 ファイルの管理
 6章 ソフトウェア管理
 7章 システムアーキテクチャ
 8章 模擬試験
第2部 102試験
 1章 シェル、スクリプト
 2章 X Window System
 3章 ユーザアカウントの管理
 4章 システムサービスの管理
 5章 ネットワークの基礎
 6章 セキュリティ
 7章 模擬試験

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
他のサイトなどで評価がよかったので購入しました。この本を使ってLPICの勉強をしていこうと思います。Linuxのコマンドを勉強し始めた人には難しいかもしれません。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
山本道子(ヤマモトミチコ)
2004年Sun Microsystems社退職後、有限会社Rayを設立し、システム開発、IT講師、執筆業などを手がける。有限会社ナレッジデザイン顧問

大竹龍史(オオタケリュウシ)
有限会社ナレッジデザイン代表取締役。1986年伊藤忠データシステム(現・伊藤忠テクノソリューションズ(株))入社後、Sun Microsystems社のSunUNIX/SunOS/Solarisなど、OSを中心としたサポートと社内トレーニングを担当。1998年(有)ナレッジデサイン設立。Linux、Solarisの講師および、LPI対応コースの開発/実施。約27年にわたり、OSの中核部分のコンポーネントを中心に、UNIX/Solaris、Linuxなどオペレーティングシステムの研修を主に担当。最近は、OpenStack資格であるOPCELと、LPICレベル3ドキュメントの作成に注力(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Linux本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにLinuxの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のLinux関係の本人気ランキングです。

(2021/09/22 12:03 更新)
Rank製品価格
1
1,200円
2
1,584円
3
300円
4
はじめてのLinux パーフェクトガイド(Ubuntu/Lubuntu/Puppy Linuxを詳解!)...
発売日 2019/03/01
リンクアップ, 河本 亮, ラケータ (standards)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,232円
990円
990円
1,210円
5
1,200円
6
660円
(+333pt)
7
Kali LinuxビギナーズガイドⅡ: ツールの使い方1 2020.2対応
発売日 2020/02/24
浅山新一 ((有)リム・インターナショナル)
Kindle Unlimited対象
総合評価
1,200円
8
500円
9
480円
10
400円

 

関連:Linuxを活用する

LinuxはフリーのOSで軽量ということもあり、サーバーや、組み込み機器など、実運用製品にも多く搭載されています。

以下では、代表的な実運用例のクラウドサービス「AWS」や、電子工作(組み込み実装)「RaspberryPi」、またLinux活用の基本となるシェルスクリプトについても紹介しています。

合わせて覗いてみてください。



関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました