【2020年】SQL本「人気BEST30 / おすすめ参考書20選」【DB操作をマスター】

SQLはデータベース操作用のプログラミング言語。MySQL、PostgreSQLなどのデータベース(RDB)が操作可能です。

世の多くのIT系のサービス/アプリは、様々なデータをDataBaseとやり取りすること成り立っており、IT/Webサービス作りにDB操作の知識は欠かせません

また、現在はビッグデータ分析等のデータ解析需要も高く、データベースを自在に高速に扱う技術は益々必要とされています。

そんなぜひとも身につけたいデータベース言語「SQL」を、人気や実用方法別のおすすめ書籍等とともに見ていきまっす。


 

 

Contents

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

SQLの本「人気ランキング」

SQLのプログラミング本を、今売れ筋の人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/07/07 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作
発売日 2016/06/17
通常    2,068円
単行本   2,068円 (+21pt)
Kindle   1,861円 (+19pt)
(4.3)
総評価数 55件
2
スッキリわかるSQL入門 第2版 ドリル222問付き! スッキリわかるシリーズ...
発売日 2018/11/30
通常    3,080円
単行本   3,080円 (+31pt)
Kindle   2,772円 (+28pt)
(4.2)
総評価数 35件
3
MySQL徹底入門 第4版 MySQL 8.0対応
発売日 2020/07/06
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   4,180円 (+42pt)
(0)
総評価数 0件
4
達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ...
発売日 2018/10/11
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
(4.6)
総評価数 20件
5
できるPRO MySQL できるPROシリーズ
発売日 2015/01/30
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,398円 (+24pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3)
総評価数 5件
6
ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ
発売日 2017/03/27
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,971円 (+40pt)
(4.2)
総評価数 26件
7
(3.6)
総評価数 18件
8
PostgreSQL徹底入門 第4版 インストールから機能・仕組み、アプリ作り、管理・運用まで...
発売日 2019/10/04
通常    3,608円
単行本   3,608円 (+36pt)
Kindle   3,247円 (+32pt)
(3.4)
総評価数 8件
9
前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]
発売日 2018/04/13
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   3,300円 (+33pt)
(3.8)
総評価数 37件
10
SQL Server Transact-SQLプログラミング 実践開発ガイド
発売日 2019/10/09
通常    3,938円
単行本   3,938円 (+39pt)
Kindle   3,741円 (+37pt)
(5)
総評価数 4件
11
やさしく学べるMySQL運用・管理入門【5.7対応】
発売日 2016/12/15
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,574円 (+26pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3)
総評価数 1件
12
SQLアンチパターン
発売日 2013/01/26
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
(4.4)
総評価数 24件
13
SQL Server 2016の教科書 開発編
発売日 2016/07/26
通常    6,865円
単行本   5,195円
(4.2)
総評価数 8件
14
SQL実践入門 ──高速でわかりやすいクエリの書き方 WEB+DB PRESS plus...
発売日 2018/11/14
通常    2,838円
単行本   2,838円 (+28pt)
Kindle   2,696円 (+27pt)
(3.6)
総評価数 16件
15
NOSQLの基礎知識
発売日 2012/04/25
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+26pt)
Kindle   2,200円 (+22pt)
(4.4)
総評価数 14件
16
[改訂第4版]SQLポケットリファレンス
発売日 2017/02/18
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,069円 (+21pt)
(4)
総評価数 16件
17
(3.8)
総評価数 10件
18
(4.6)
総評価数 12件
19
[改訂新版]内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus)...
発売日 2018/09/14
通常    3,608円
単行本   3,608円 (+36pt)
Kindle   3,428円 (+35pt)
(4.2)
総評価数 9件
20
プロとしてのOracle PL/SQL入門 【第3版】(Oracle 12c、11g、10g対応)...
発売日 2014/12/04
通常    14,965円
単行本   9,799円
Kindle   2,640円 (+26pt)
(4.3)
総評価数 12件
21
(4.6)
総評価数 7件
22
初めてのSQL
発売日 2006/04/01
通常    2,640円
単行本   2,640円 (+26pt)
(4.1)
総評価数 6件
23
MySQL Clusterによる高可用システム運用ガイド ThinkIT Books
発売日 2016/03/31
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 1件
24
徹底攻略ORACLE MASTER Bronze 12c SQL基礎問題集[1Z0-061]対応 徹底攻略シリーズ...
発売日 2014/09/22
通常    3,630円
単行本   3,630円 (+36pt)
Kindle   3,300円 (+33pt)
(3.8)
総評価数 12件
25
MySQL即効クエリチューニング ThinkIT Books
発売日 2016/11/29
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,881円 (+19pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(0)
総評価数 0件
26
スッキリわかるSQL入門 ドリル215問付き! スッキリわかるシリーズ...
発売日 2013/04/19
通常    5,000円
単行本   1,217円
Kindle   2,218円 (+22pt)
(4.1)
総評価数 63件
27
PostgreSQL全機能バイブル
発売日 2012/11/16
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+39pt)
(4.5)
総評価数 7件
28
基礎からのMySQL 第3版
発売日 2017/09/22
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+33pt)
Kindle   2,950円 (+30pt)
(3.9)
総評価数 9件
29
MySQL徹底入門 第3版 ~5.5新機能対応~
発売日 2011/08/26
通常    3,828円
単行本   3,828円 (+78pt)
Kindle   3,445円 (+34pt)
(4.4)
総評価数 11件
30
RDB技術者のためのNoSQLガイド
発売日 2017/05/09
通常    7,740円
単行本   6,621円
Kindle   3,366円 (+1021pt)
(4.7)
総評価数 11件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

SQL入門におすすめの参考書

DataBaseはなんとなく知っているけど、改めてSQLでしっかり操作するのはこれから。

なんてSQLの入門者は、丁寧でとっつきやすい以下のような書籍から学んでみるのがおすすめです。

まずは、SQLを使って意図した通りのデータを引き出す、保存できるということを実現して、DBを扱えるという自信をつけましょう。

ちなみに、MySQL、PostgreSQLといったデータベースの構築といったところが不安なら後述のDBに合わせた書籍も併用すると良いです。

スッキリわかるSQL入門 第2版 ドリル222問付き! スッキリわかるシリーズ

SQLの基礎をこの1冊でマスターしよう!
SQLの学習で必ずぶつかる「なぜ?」「どうしてこうなる?」も、
楽しく・深く・効率よく、必ず理解できるSQL入門の決定版!

SQLの入門書において、発売から数年で不動の定番テキストとなった大人気SQL入門書に、最新のDBに対応した改訂版が登場!

本書は豊富な図解とていねいな解説により、やさしく・楽しくデータベースとSQLを学習できる入門書です。

姉妹書の『Java入門』と同じく、新人エンジニアたちの成長を傍らに、開発中に発生するSQLの「なぜ?」にしっかりと答えながら解説が進んでいきますので、データベースを仕事で使いこなすためのスキルが、スッキリ、楽しく、グングン身に付きます

本書では、初学者が学習環境の構築でつまづかないように、Webブラウザ上でSQLの作成と実行ができる、クラウドデータベース実行環境「dokoQL」(どこきゅーえる)を用意しています。
PCはもちろんスマートフォンからも利用できるdokoQLは、自宅だけでなく通勤・通学中の「すきま時間」にも効率的にSQLとデータベースを学ぶことができるます。

巻末には、アウトプット学習用に、基礎問題、発展問題、あわせて222問のドリルを掲載。
ドリル問題を繰り返し解くことで現場で使えるSQLが着実に身に付きます。
ドリルの解答PDFは購入者限定特典としてダウンロード提供中です。
(特典の利用には、インプレスの無料読者会員システムへの登録が必要になります。提供予定期間は、発売から6年間となっています)

さらに、巻末にはスッキリシリーズおなじみの、よく陥りがちなエラーや落とし穴の対策をまとめた「エラー解決 虎の巻」を収録。

スッキリシリーズは新人エンジニアをさまざまな角度から徹底的に応援しています!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
例題も説明も非常にわかりやすくSQL初心者でも問題なく読み進めるが、内容は初心者レベルで終わっていない充実さ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
環境構築をしないで済む,ということで本書にはDokoqlというシステムを用いて
SQLの練習ができますが使いにくいです。
何度か使うとテーブルが消えてしまったりログインを再度しなければいけなかったりします。
本自体はとてもいいとは思うのですが、そこが残念でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作

大好評のSQL定番入門書が改訂! SQLの書き方からアプリでの利用までしっかり学ぼう!

プログラミング学習シリーズ『SQL ゼロからはじめるデータベース操作』は、「データベースやSQLがはじめて」という初心者を対象に、プロのデータベース(DB)エンジニアである著者がSQLの基礎とコツをやさしく丁寧に教える入門書です。
DB/テーブルの構造から、データを検索したり更新したりする構文、よく使う関数、テーブルの結合など、SQLによるデータベース操作の基本を学習していきます。WHERE句、GROUP BY句、HAVING句やサブクエリなど、SQLを使いこなすためのポイントとなる機能や、初心者にとって理解が難しい部分は、豊富な図とサンプルプログラムでかみくだいて解説しています。
また、標準SQLをベースに、各種DB(Oracle、SQL Server、DB2、PostgreSQL、MySQL)での違いや、初心者がハマりやすいポイント、基礎ノウハウについてもしっかり解説。
第2版では、解説・サンプルコードを最新DBのSQLに対応したほか、(PostgreSQLを例に)アプリケーションプログラムからSQLを実行する方法の解説章を新設。SQLの書き方だけはなく、アプリケーションでの利用方法までフォローします。
データベースを扱うアプリを作りたいが何から学習すれば良いかわからない、きちんとSQLを書けるようになりたい、現場で通用する基礎を身につけたい、という方におすすめの1冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
著者であるミックさんの、本書『SQL ゼロからはじめるデータベース操作』と『達人に学ぶ SQL徹底指南書』を読み終えて見て、非常に高いレベルの知識を持つ識者が書いた本だと分かります。SQL初学者ではないのですが、なかなか読み応えもあり(二冊で計5日)、私が今まで出会ったSQL本の中でも間違いなく良書です。この二冊をじっくりと復習してから、ミックさんもおすすめの『プログラマのためのSQL 第4版』に手を付けようか悩んでますがこっちは800ページ超なので尻込み中です…。

本書はおすすめできる名著であると思いますが、まったくの初学者、この本がSQLに触れる初めての方だとすると、少し不安も感じます。それはよくある初心者本の類とは違い、内容が初心者本としては濃く、凝縮されているからです。系統立てて、分かりやすい文章で書かれていますが、よくたった300ページ超でこれほどの内容を書けるものかと感心してしまうほど、主要DBでの違いも(嬉しいことに)明示されていて、情報量は相当のものです。それゆえ、これを初学者が読むとなると、ちょっと目眩がしてしまうかも?と思うわけです。少しでもSQLについて学んだことが有るという人の方が、この本の良さを実感しやすいのではないかなと感じたりもしました。

唯一少し助長なと思ったのは、START TRANSACTION or BEGIN TRANSACTION or なし、の"方言"の記述が「もう覚えましたから勘弁して下さい。。」と思うほど(とても丁寧に)出てくることでしょうか(笑)ただこれも、他に無駄が少ないだけに、やたら目立つだけです。他の入門書はコピペだらけの物が多いので、逆に森の中の木のように目立つことがなく、分厚いページの割に中身の薄い本が溢れているのが現状です。

Kindle版を購入し、PCで読みましたが、目次もあり、文字も拡大縮小でき、紙面の表示幅も変えられるので、表が分断されて読みづらい時は調整してみると良いと思います。また、postgresqlだけでなく、データベースによる違いに対応したSQLもサイトからダウンロード出来ます。なので、mysql or mariadbでも基本的に実行できます。(ただし、mysqlには実装されていない機能に関しては試すことはできません。)

SQLは書けるけど、なんかモヤモヤする、SQLは苦手、つまらない、というCやJavaといった手続き型言語から入ったプログラマー脳の方(私)にとって、ミックさんの本は目からウロコで感動するはずです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
SELECT文から結合やウインドウ関数の入口くらいまで、基本的な概念が無駄なく丁寧に解説されている。
良質な入門書。
最後の章では、JAVAからDBを操作するプログラムにも触れられている。

内容は濃いが、解説が簡潔なので読みやすかった。
ウインドウ関数やJAVAからのSQLの発行などは、もっと勉強したいと思わせる内容で、スムーズに上級の書籍にステップアップしていけた。

これのおかげで、職場でも相関サブクエリ―やEXISTSの理解ができて助かったし、ついでに著者の上級のSQL、DB設計の本も読んで、家でPostgreSQLで家計簿をつけ始めたが快適だし、とても役に立った。
JAVAを勉強し始めるきっかけにもなった。

基礎を素早く身に付けられるので、入門者にはとてもおすすめ。

内容をみっちり勉強すればこれ一冊でも良いかもしれないが、著者の『達人に学ぶ SQL徹底指南書』も読むとSQLを深く知ることができるので、二冊セットのイメージ。
(余裕があれば『達人に学ぶDB設計 徹底指南書』も読めば幅が広がると思う) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作
発売日 2016/06/17
通常 2,068円
現在 2,068円

  

[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 WEB+DB PRESS plus

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
[データベースの気持ちがわかる]SQLはじめの一歩 WEB+DB PRESS plus
発売日 2018/11/14
通常 2,398円
現在 2,278円
120円(5%)OFF!!

  

SQLの絵本 第2版 データベースが好きになる新しい9つの扉

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
SQLの絵本 第2版 データベースが好きになる新しい9つの扉
発売日 2018/08/24
通常 1,958円
現在 1,860円
98円(5%)OFF!!

  

SQLを使いこなす中級者向け実用書籍

ある程度SQLを使い基本的な操作ができたら、複雑なデータ操作をどう簡潔に行うか、どうやれば高速に処理できるか、といったことを考慮した高レベルなDB操作を身につけていきましょう。

以下がDB操作中級者へなるために必要な良書たちです。

達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ

SQLを扱うエンジニア必携のロングセラー、10年ぶりの改訂!
――SQLの正しい書き方・考え方が学べる本


開発者のためのWebマガジン「CodeZine」の人気連載を大幅加筆・修正して2008年に刊行、好評を博した『達人に学ぶSQL徹底指南書』の改訂・第2版です。

第2版では、初版構成を生かしつつ、SQLの強力な機能ウインドウ関数を全面的に採用して多くのコードをリバイスしました。全体的な解説の見直しや最新化も行ない、CASE式、ウィンドウ関数、外部結合、HAVING句、EXISTS述語など、SQLを扱うエンジニアに必要な「正しい書き方・考え方」「ビッグデータ時代に対応したモダンなSQL機能を駆使した書き方」を徹底解説しています。

標準SQL準拠のため、Oracle/SQL Server/DB2/PostgreSQL/MySQL等々の幅広いデータベースに対応しているほか、実際の開発現場でも活かしやすい実践的なコーディング事例も多数紹介しています。
チューニングテクニックやリレーショナルデータベースの歴史なども網羅。
SQLの原理となっている仕組みや、この言語を作った人々が何を考えて現在のような形にしたのか、というバックグラウンドも掘り起こして伝えます。

・脱初級や、より高みを目指したいDBエンジニア、プログラマ
・「SQLとは何なのか」を知りたいと思っている人
におすすめの一冊です。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
方言が多いと言われるSQLの中で、標準から特有の構文まで広くカバーしており、信頼できる一冊。
SQLのアドレスを排除した話や行の順序の話など、著者の造詣の深さが伺える部分がちょくちょくあるのだが、なんというか独特の癖がある節がいくつかある。
ただ「方言」については、すべてを網羅的にカバーしているわけではないし、掘り下げているという事もなく、あくまで標準に近い範囲に絞っている。方言が多すぎるというのもあるだろうけど。
初心者には向かないかも知れない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本書はSQLの構文の説明は一切なしに、いきなりCASE式の解説から入っています。
(まえがきで断っているように、実務でのSQLの経験がある人を対象にしているためです)
そして、以降でも随所でCASE式を使ったSELECT句での分岐が使われています。
また、相関サブクエリの説明はなく、代わりにウィンドウ関数を使うことを勧めており、その解説に紙面を割いている点が第1版との大きな違いのようです。

パフォーマンスチューニングについての解説は少なく、そちらは著者の「SQL実践入門」に譲り
こちらの本ではピュアな言語としてのSQLに的を絞っています。
SQL全体が体系的に書かれているわけではありませんが、順に非常に読みやすい解説になっています。
ただ、業務で生かそうとなると、何度も読み返して初めて自分の引き出しにできそうです。

本書は2部構成になっており、後半の排中律の拒否とSQLの関係や
「データベースがデータを集めたものではなく、真の命題を集めたものである・・」というデイトの言葉の引用(これは1部で出てきますが)などは実に奥深く、「ラッセルの論理学」や「ファインマン物理学」などを引き合いに出すあたりに著者の博識を感じます。
SQLのリファレンス本ではないですが、読み物として面白く、これは著者が認めるように遠山啓著「無限と連続」に負っているようです。

最近はNonSQLの話題も豊富な中で、NonSQLはSQLほどのイノベーションではない、と断言するあたり
著者はSQLを正しく俯瞰していると思わせ、単なるすぐに使える表層のテクニックではなく
SQLとは何なのか、そのバックグラウンドを知るのに手軽に読める一冊だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるPRO MySQL できるPROシリーズ

できるPRO MySQL できるPROシリーズ
(著)赤井 誠, できるシリーズ編集部
発売日 2015/01/30
(3)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

 MySQLといえば、世界でもっとも使われているオープンソースデータベースです。今や、ウェブサイトでもっとも活用されているデータベースであると言ってもいいでしょう。例えば、みなさんが普段から使われることの多い、Facebook、YouTube、Wikipedia、ニコニコ動画などのウェブサイトでもMySQLは利用されています。すでにMySQLなしでは、わたしたちの普段の生活も困難になってきているとさえいえる状況です。
 MySQLの特長は、高いパフォーマンス、数メガバイト単位からテラバイト単位まで対応する拡張性、Linux、Windows、MacOSなどの複数のプラットフォームに対応し、PHP、Ruby、Python、Perl、Java、Cといったさまざまなコンピューター言語からの接続性、高い堅牢性、信頼性、安全性、そして、簡単に無償で入手できることです。
 このため、MySQLは、データベースを学ぶ人にとって、もっとも役に立つソフトウェアの1つとなっています。
 今回、個人で学びやすくできるように、急速に情報や環境が充実したWindows上でのMySQLをベースにして、データベース、Webアプリケーションについて、学ぶきっかけとなるように構成しました。
 特に、データベースを学びたい、あるいは、ウェブサイト構築をしたいという初心者のみなさんに、インストール方法から、データベースの利用方法、Webアプリケーションの構築まで、わかりやすく紹介した書籍となっています。そして、さらに深く学びたい方には、ステップアップに役立つ情報を提供しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この手の書籍は中古品故の傷みが気になるところですが、お値段相応の状態でした。
満足しております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
同タイトルのレビューを基礎からのMySQL 改訂版 (プログラマの種シリーズ SE必修! )にも書きましたが、本書も同様に手を動かしながらMySQLとPHPの知識を得ることができます。「基礎からのMySQL 改訂版」がXAMPP(Apache, PHP, phpMyAdmin, MySQL 5.5含む)での実習だったのに対して、本書ではMySQL Installer(MySQL 5.6, Workbench, サンプルデータベース含む)にIIS, PHPを追加でインストールして実習します。

著者の赤井さんはMySQLの初期バージョンから利用されており(MySQLクックブック〈VOLUME1〉MySQLクックブック〈VOLUME2〉の翻訳者の一人)、MySQL部分の解説は短い文章ながらも的を射たものになっています。特に7章のデータベースを管理しようの「バックアップ・リストア」は良いと思います。

「できるPROシリーズ」のフォーマットになれたかたなら、オススメです。ただページ数が「基礎からのMySQL 改訂版」の半分程度なので、書店でちょっとぱらぱらめくってみて、
本書で物足りないなら「基礎からのMySQL 改訂版」を、「基礎からのMySQL 改訂版」がくどいと感じるむきには本書にトライしてみてはいかがでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
できるPRO MySQL できるPROシリーズ
発売日 2015/01/30
通常 2,750円
現在 2,398円
352円(13%)OFF!!

  

SQL実践入門 ──高速でわかりやすいクエリの書き方 WEB+DB PRESS plus

本電子書籍は2015年4月11日初版発行のものを、後日電子化し、発売したものです。
(概要)
SQLはデータベース操作に特化した言語で,柔軟にデータを操作できます。ただし,独自のロジックに基づいているため,それを正しく理解しなければ,読みづらくパフォーマンスの出ないSQLになってしまいます。本書では,「条件分岐」「集約」「ループ」「結合」「更新」など日常的に実行する処理の良い書き方・悪い書き方を解説します。その際,データベース内部でどう処理が実行されているかを示す実行計画を読み解くことで,「なぜそう書くと効率が良いのか」「可読性や保守性が向上するのか」を実感を持って理解することを目指します。

(こんな方にオススメ)
・データベースに触れる機会の多いWebアプリケーションエンジニア
・データベースエンジニア

(目次)
第1章 DBMSのアーキテクチャ──この世にただ飯はあるか

第2章 SQLの基礎──母国語を話すがごとく

第3章 SQLにおける条件分岐──文から式へ

第4章 集約とカット──集合の世界

第5章 ループ──手続き型の呪縛

第6章 結合──結合を制する者はSQLを制す

第7章 サブクエリ──困難は分割するべきか

第8章 SQLにおける順序──甦る手続き型

第9章 更新とデータモデル──盲目のスーパーソルジャー

第10章 インデックスを使いこなす──秀才の弱点

Appendix A:PostgreSQLのインストールと起動

Appendix B:演習問題の解答

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
 著者の他のSQL解説書であるゼロからはじめるデータベース操作 達人に学ぶ SQL徹底指南書 を読んで著者のSQLの解説の巧みさに感銘を受けました。
 そこで著者の別のSQL解説書である本書も読みました。
 本書では「いかにしてSQLを高速に実行させるか」という観点から様々なテクニックが紹介され、DBMS(データベースマネジメントシステム)の内部の造りについても多くの解説があります。
 SQLも含めたプログラミング言語の書き方の最重要の視点は「簡潔、明快で分かりやすいコードを書くこと」です。この視点により自分や他人がシステムを保守する手間を削減できます。その視点に比べて「プログラムを高速に実行させる」という視点は第二義的にみなされることもあります。
 しかし近年ビッグデータの登場に象徴されるように、DBMSが扱うデータの量は飛躍的に増大しています。これまで何の問題もなく運用できていたデータベースシステムがデータの急激な増大により実用に耐えなくなる事態も容易に想定されます。そのような状況を解決する、または未然に防ぐためにもSQL高速化のテクニックは今後ますます重要になります。
 本書は特に大容量のデータを取り扱うデータベース技術者にとって有用であると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
基本的なSQLを書けて、パフォーマンスを気にし始めた人用です。
基本的なSQLが書けない人は、違う参考書から始めてください。
そこまで難しい参考書ではなく、そこそこのスピードで読めると思います。

紹介されるSQL文はOracleかPostgreSQLです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
SQL実践入門 ──高速でわかりやすいクエリの書き方 WEB+DB PRESS plus
発売日 2018/11/14
通常 2,838円
現在 2,696円
142円(5%)OFF!!

  

SQLパズル 第2版~プログラミングが変わる書き方/考え方

SQLパズル 第2版~プログラミングが変わる書き方/考え方
(著)ジョー・セルコ, Joe Celko
発売日 2007/11/02
(3.2)

次々に繰り出される超絶技巧の数々!
真のSQLプログラミングがここにある!

9年ぶりに改訂された名著『Joe Celko's SQL Puzzles and Answers』の
第2版を、開発者向けWebサイト「CodeZine」で精緻なSQL解説を
展開するミック氏が翻訳。他に類を見ない高度なSQLプログラミングテクニックを、
75問の楽しいパズルで身に付けられます。

パズルは勤怠管理や売上ランキングといった日常業務に近いものから、
数独パズルの解析までバラエティ豊富。また、紹介されるテクニックも
RDBの本質である集合論の考え方を踏まえ、広く応用が効きます。
DBエンジニア/開発者必携の1冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
読み途中ですが、勉強になりました。
知識を実用に変換する、自分がどこまで知識を実用化しているのか計測するのに良いツールです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ミック著「CD付 SQL ゼロからはじめるデータベース操作 」の次にこの本を開きました。
この本は、上記の本を一通り読んだだけでは難しいと思います。レベル的には、中級以降といったところでしょう。回答に至るまでの下処理の段階で、SQLの集合論的な考え方がふんだんに使われており、しかもそれに対して詳しい説明がないので、初心者の方は(私も含めてですが)そこで立ち往生してしまう可能性が高いです。
ただ、この本に載っているパズルを解くのは楽しくもあります。じっくり考えて、こういう意味なのか!という発見をすることは文字通りパズルを解くような醍醐味があります。
SQLの集合論的な発想が生かされたコードに、じかに触れたいのでしたらこれ以上の指南書は無いと思います。パズルを解く快感が味わえ、SQLの本質に触れることができるのですから実に有意義な本と言えます。時間がふんだんにあればですが・・・。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
SQLパズル 第2版~プログラミングが変わる書き方/考え方
発売日 2007/11/02
通常 3,080円
現在 3,080円

  

プログラマのためのSQL 第4版 すべてを知り尽くしたいあなたに

日米のDBの達人、夢の共演! SQLの第一人者であるジョー・セルコの名著『Joe Celko's SQL for Smarties, Fourth Edition: Advanced SQL Programming』の日本語版です。本書は、SQLの実務経験があるエンジニアを対象として、SQLプログラミングの基礎的な考え方から、テーブル操作、グループ化、集計関数、クエリの最適化など、SQL全般について詳しく解説した「SQLプログラミングバイブル」です。基本から高度なテクニックまで、網羅的にSQLプログラミングの知識を習得できます。翻訳・監修は『達人に学ぶSQL徹底指南書』でおなじみのミック氏が担当。SQLエンジニア必携の1冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
業界のベテランなら殆どの方がお世話になってるSQLのバイブル的書籍。分厚いが、中級者以上になるために、なるべく早く隅々まで吸収して欲しい。
分厚いバイブル本だと持ってるだけで安心してしまいがちだが、iPadなどでKindle版を読むと早く読破できる上、後で見返すのに目次から飛べて活用しやすい。もしくは、先に気になる部分だけ目次から飛んで、どんどん付箋やらマーカーつけて拾って読んでも良い(後で消せるので)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
NULLの用法、木構造の表現方法、中央値などの記述統計量、テーブル上のデータを利用したアルゴリズムなど
データベースシステムを開発する際に、プログラマの実装上有益なTIPSとテクニックが詰まっています。
動作確認はPostgreSQLで行われていますが、基本的には標準SQLの範囲で説明されており、
フォローが必要な場合には個別のDBMSの方言についても言及されています。
このため、SQLプログラマ(=大半のプログラマ)で中級以上の方には、本書だけあれば十分といっても過言ではありません。
著者・翻訳者とも著名な方で、版を重ねている安心感もあり、時間を掛けて読む価値がある本です。

ただ、著者が序文で書いているとおり、本書は初心者向けではありません。
SQLやRDBMSの理解が浅い方には本書を通読するのは無理でしょうし、読んでも内容を十分には吸収できないでしょう。
本書をめくってみて歯が立たないと感じたら、翻訳者の著書である達人に学ぶ SQL徹底指南書を先に読んだ方が良いかと思います。
全くの初心者であれば、まずはPostgreSQLやMySQLの入門書を片手に実際にSQLを実行しながら学習するというステップを踏んでからの方が良いでしょう。

あと、正規化やインデックス設計など、データベース設計に関する内容については本書の範囲外ということで内容が薄めになっています。
こちらは、翻訳者の達人に学ぶDB設計に詳しく載っています。こちらもおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 

MySQL実用向けの参考書

SQLは、「DB操作プログラミング言語」ですので、「データベースの構築/設定」は、SQLの外の話です。

MySQLを使うと決まっていて、データベースの構築(インストールや削除等)や設定(ログイン管理等)、MySQL用のコマンド等も学びたい場合、MySQL解説付きの以下の書籍で学ぶと良いでしょう。

やさしく学べるMySQL運用・管理入門【5.7対応】

本書はMySQL初心者向けの学習書です。主に下記のような読者を対象にしています。

・これからMySQLシステムの運用・管理業務に携わる初級管理者

・すでにMySQLシステムの運用・管理業務に携わっているが、あまり自信のない人
・PHPでWeb-DBシステムを構築しているプログラマ

MySQLも5.7までバージョンが進み、たくさんの機能が搭載されています。これから学習する初心者にとっては、何から手を付ければ良いのか悩むのではないでしょうか。

そこで本書では、「MySQL運用・管理の現場で初心者が押えておくべき内容」にしぼって解説しています。はじめからすべてを覚える必要はありません。まずは本書でしっかり基礎を身に付けましょう。

【本書の特長】
・「必要な部分」を厳選しコンパクトにまとめられて読みやすい
・「1レッスン45分」のセミナー感覚ですんなり身に付く
・初心者でもMySQLの運用・管理で最低限押さえておくべき要素が理解できる

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
MySQLの完全初心者です。SQLServerやAccsessは使っていました。だから、データベースについては、初心者ではありません。残念だったのは、Accessのデータベースからのインポート方法は不十分で、結局ネットで調べて、対応できました。完全に必要な部分が、少し抜け落ちているように思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
やさしく学べるMySQL運用・管理入門【5.7対応】
発売日 2016/12/15
通常 2,860円
現在 2,574円
286円(10%)OFF!!

  

基礎からのMySQL 第3版

基礎からのMySQL 第3版
(著)西沢 夢路
発売日 2017/09/22
(3.9)

MySQL入門書の「デファクト・スタンダード」


2012年の改訂版から5年半ぶりの改訂

データベースに触れるのが本当に初めてという方に向けて、「データベースとは何か」という基本中の基本から、MySQLを使ったデータベースの作成と操作、PHPとの連携によるWebアプリケーション作成の入り口までを、豊富な図とサンプルにより解説します。

5年間で周辺環境が変わりましたので、そちらを一新しての刊行です。


●本書の特徴
・実行可能なサンプルプログラムによる実践的解説!
・業務に必要な知識を凝縮した実用主義
・章末の練習問題により確実にスキルアップ
・開発環境とサンプルデータを弊社サポートサイトからダウンロード
できるので、すぐに学習が始められます。

●本書の対象読者
・データベースについてこれから学習したいと思っている人
・MySQLを使ったことがない人
・PHPによるプログラミングも未経験な人

●目次
・PART 01 はじめてのMySQL
CHAPTER01 MySQLの概要
CHAPTER02 MySQLの環境設定

・PART 02 MySQLの基礎知識
CHAPTER03 MySQLモニタ
CHAPTER04 データベースの作成
CHAPTER05 データ型とデータの入力
CHAPTER06 テーブルを改造する
CHAPTER07 テーブルやレコードをコピー・削除する

・PART 03 MySQLを使いこなす
CHAPTER08 いろいろな条件で抽出する
CHAPTER09 データを編集する
CHAPTER10 複数のテーブルを利用する
CHAPTER11 ビューを使いこなす
CHAPTER12 ストアドプロシージャを使いこなす
CHAPTER13 トランザクションを使いこなす
CHAPTER14 ファイルを使ったやり取り

・PART 04 MySQL+PHPの基礎
CHAPTER15 MySQLを利用するためのPHP
CHAPTER16 PHPの基礎知識
CHAPTER17 PHPスクリプトとHTML
CHAPTER18 PHPスクリプトでMySQLを操作する

・PART 05 MySQL+PHPの実践
CHAPTER19 PHPとMySQLで簡単掲示板を作る
CHAPTER20 インターネットに公開するときの対策
CHAPTER21 ちょっと実用掲示板の作成

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
漠然と、自分の本やCDのデータベースを作って、友達にも公開したいと思っていた。
将来は、レンタルサーバーに入れ、スマホアプリでどこでも検索できるように…
まずは、無料のデータベースの準備で購入した。
まったく初心者の私でも、この本だけでMySQLでデータベースは作れデータ入力できた。
MySQLの初歩はとても分かりやすかったです。この本はMySQLに重点を置いたほんなので仕方ないですが
PHPの説明はさわりだけでした。
次はPHPで初心者向けで詳しい本を探しています。その後にスマホアプリを.... (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
## 概要
MySQLの入門書となっている。書籍の内容は,2/3がMySQLのSQLの解説で,残りはPHPやPHPとの連携の解説をしている。

MySQLはとても広く使われているRDBMSなので,それを基礎から解説しているのはよかった。

ただし,こちらが想定していたものとちょっと違った。

こちらはRDBMSでは設定ファイルだとか,付属するコマンドだとかが結構あって,そこがよくわからなくて困っていた。

この本では, *MySQLのSQL* はかなり丁寧に詳しく解説しているのだが,MySQLの設定などについてはほとんど説明がない。
SQLを実行するための最小限の設定の説明しかない。

SQLを勉強したいという場合はよいかもしれないが,自分のようにMySQLの設定を知りたいという目的にはあまり参考にならなかった。

また,丁寧に解説しているのはいいのだが,ひたすらSQLの説明だけあって,ちょっと味気ない。目的があって,こういうSQLはこういうときに使うのがいいとか,そういう実際の使われ方や事例も盛り込んでくれないと,イメージが付かないので退屈だ。

## まとめ
MySQLのSQLをかなり丁寧に解説している。RDBMS初めてでSQLの勉強をする場合,役に立つと思う。

ただし,MySQLの設定とか実際にどう使っていくのかについては物足りないので,別の本が必要になると感じた。

パーマリンク: <https://senooken.jp/blog/2018/07/16> (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
基礎からのMySQL 第3版
発売日 2017/09/22
通常 3,278円
現在 3,278円

  

15時間でわかる MySQL集中講座

15時間でわかる MySQL集中講座
(著)株式会社ハートビーツ, 馬場 俊彰
発売日 2019/10/04
(3.3)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
15時間でわかる MySQL集中講座
発売日 2019/10/04
通常 3,168円
現在 3,168円

  

3ステップでしっかり学ぶ MySQL入門 [改訂2版]

 
3ステップでしっかり学ぶ MySQL入門 [改訂2版]
発売日 2018/02/17
通常 2,728円
現在 2,728円

  

PostgreSQL本

↑のMySQL同様、データベースとしては「PostgreSQL」を使うと決まっていて、PostgreSQLの構築・設定方法も学びたい場合以下の書籍が参考になります。

[改訂新版]内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus)

長年、現場で培った設計・運用計画の鉄則!

本書はPostgreSQL 10をベースに解説しています。
本書では「PostgreSQLを学習、もしくは利用したことがある人」「今後、本格的にPostgreSQLの運用管理や
技術力の向上を図りたいと思っている人」を主な対象読者としています。
PostgreSQLのコアな技術力を持つ専門家の視点から、システム構築や運用時に重要な要素を、
PostgreSQLの内部構造と照らし合わせる形で解説します。
内部構造を知っているからこそわかる運用ノウハウやチューニング方法が満載です。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
前著が9.3ベースにしていたので、9.4, 9.5, 9.6をへて、10をベースにしたこの本は
PostgreSQLファン待望の一冊です。(表紙の象が劇画調になっただけではありません)

9.4まではこうだった、とか。9.4以降はこうなったとか、バージョンを意識する形で
全体を初歩から俯瞰できる構成は(私にとっては)大変役立ちました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても良い本だと思います。

しかし技術評論社は正誤表を出さないんですね。
明らかに誤りが見つかっても、正誤表のページすら存在していません。
よって☆-2です。

正誤表を出す出版社が出している技術書を購入しましょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

PostgreSQL徹底入門 第4版 インストールから機能・仕組み、アプリ作り、管理・運用まで

インストールから機能・仕組み、アプリ作り、管理・運用まで
PosgreSQLの基本を一通り学べる定番入門書


PostgreSQLはオープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。Linux、macOSといったUNIX系OSはもちろんのこと、Windowsにも対応しています。本書は、初めてPostgreSQLに触れる、あるいはそもそもデータベースに触れるのが初めてという方や、ちょっと使ったことはあるけどもう少し詳しく知りたいという方に向けた入門書です。第4版では、PostgreSQL 11をベースに全面的な改訂を行い、新旧問わずPostgreSQLの基本として初学者が押さえておくべきポイントを選別しています。

日ごろからPostgreSQLと深く関わっている執筆陣が、豊富な経験と知識をもとに、そのインストール方法、SQLの使い方から、アプリケーションの作成、そして運用にいたるまでを、さまざまな分野/視点から解説しています。また、PostgreSQLの最新の機能であるロジカルレプリケーションやパラレルクエリに関しても解説しています。

【構成】
Chapter 1 PostgreSQLについて知ろう
Chapter 2 インストール(Windows編/Linux編)
Chapter 3 WindowsでPostgreSQLを使う~かんたんpgAdminマニュアル
Chapter 4 SQL入門
Chapter 5 PHPでPostgreSQLを使う~PHPアプリケーションの作成(1)
Chapter 6 PHPでPostgreSQLを使う~PHPアプリケーションの作成(2)
Chapter 7 PostgreSQLの仕組みを理解する
Chapter 8 PostgreSQLをきちんと使う
Chapter 9 PostgreSQLをセキュアに使う
Chapter 10 PostgreSQLの動作状況を把握する
Chapter 11 PostgreSQLをメンテナンスする
Chapter 12 PostgreSQLのバックアップとリストア
Chapter 13 レプリケーションを使う


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Windows版中心でしたのでやや不満です。Linuxについても併記してもらいたかった。Postgresのことはあまり書いていなくて、サンプルで作ったphpプログラムの作例に多くのページが割かれていてなんの本なのかがわからなくなりました。Linux中心の本を探します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PostgreSQLをこれから使うあらゆる人にこの一冊で間違い無し。他のRDBの経験がある人、比較的RDBが初めての人両方とも満足できる内容。OSもLinux, mac, Windowsいずれの人でも特に困らない内容になっている。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

SQLリファレンス本

SQLコーディングのパターン、そして逆にやるべきでないアンチパターンなど、コードのパターンとして学ぶリファレンス的な本が以下です。

SQLアンチパターン

SQLアンチパターン
(著)Bill Karwin
発売日 2013/01/26
(4.4)

本書はDB設計やSQL記述の際に避けるべき事柄を1章で1つ、25個紹介する書籍です。
リレーショナルデータベースを中心に据えたシステム開発には、様々な場面で陥りやすい失敗(アンチパターン)があります。
本書はデータベース論理設計、データベース物理設計、クエリの記述、アプリケーション開発という4つのカテゴリに分かれて、それぞれの分野におけるアンチパターンを紹介し、失敗を避けるためのより良い方法を紹介します。
複数の値を持つ属性や再帰的なツリー構造の格納から、小数値の丸めやNULLの扱いに起因する問題、全文検索やSQLインジェクション、MVCアーキテクチャなど、実践的かつ幅広いトピックを網羅します。
データベースに関わるすべてのエンジニア必携の一冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
現場でDBを利用したシステムに携わった後に読むのが良い。なので初心者よりも中級者向けの本。
現場で可動しているシステムがアンチパターンだからといって設計変更になるケースは多くない。特に規模の大きいシステムであればなおさら。なので、実務で得られた設計や手法の問題点を本書で復習し次に活かすのが最適だと感じた。

交差テーブルの利用を避けたいがためにカンマ区切りの値が入った属性を格納するのは、区切り文字やデータ型による格納上限があったりと拡張性が狭まる。正規化して交差テーブルを作成した方がインデックスも利用できるしメリットが多い。

キーワードなどの親子関係を持つテーブルの構成は入れ子集合や閉包テーブルなど有名な設計方法がある。システムの要件に合わせてメリット・デメリットを考慮して選択するのが良い。他の設計に比べて扱い易い閉包テーブルから検討して見るのも悪くない。

JOIN構文で結合条件で利用するカラム名が同じ場合USINGを使うと簡潔になる。ON構文が省略できるため。

auto incrementを利用しidという疑似キーを利用するのは良くある。主キーと疑似キーが混同して利用され煩雑になる可能性を孕んでいる。一部のフレームワークのように疑似キーを主キーとして利用するルールが統一されているのであれば良い。単にidという名ではなくテーブル名にちなんだカラム名を付けるのが良い。

親テーブルのレコードを削除したけど子テーブルのレコードは存在したままになり、検索結果の集計に不適切になるのは、外部キー制約が適切ではない。参照整合性を保つためにも、適切な外部キー制約を付ける。外部キー制約付与によって大きなオーバーヘッドになることはない。

RDBで名前/キーのペア専用の汎用的なテーブルは適さない。必須属性・外部キー制約が使えず参照整合性を維持できない。名前/キーのペアが増えるに従ってJOINの数が増えてSQLが肥大化する。STIや各テーブルに共通の項目をまとめた基底テーブルを利用するCTI、拡張性が高いが絞り込みやソートが難しくなるJSONの利用などを検討する。または、MongoなどのスキーマレスなDBを検討する。

レコード数が多いテーブルのパフォーマンス向上に水平・垂直パーティションが役立つ。
水平についてはシャーディングが有用。例えば、年毎にシャーディングしてレコードを分かりやすく分散。
垂直の場合はTEXTやBLOBで格納されている列を外に出すことを検討する。ワイルドカード(*)で検索が走るとTEXTやBLOBのカラムが参照され重くなる原因になる。

float型は数値が丸まるので、10億倍すると予期せぬ値が返ってくる場合がある。そのため、固定制度の小数点を定義できるnumeric型を使う。

ENUMやCHECK制約は値の種類が増えたり、削除が発生した際に既存のレコードへの対応だけでなく、スキーマの定義変更も必要になるので使う機会はほとんどない。

RAND関数をソート順をランダムにするのは、テーブルスキャンによるソートになり高コスト。また、ソートにインデックスの恩恵も得られない。RDB側でなくアプリケーション側で対応するのが現実的。

複雑なクエリを作成して1発で結果を取得するのは綺麗だが変更に弱い。細かく分解して結果を結合させた方が保守性は高い。

24章のアクティブレコードの話はフレームワーク利用者は一読しておくと参考になる。
モデルがDB操作を簡便にするアクティブレコードという機能を持っている。
フレームワークを利用しているとモデルは1つのテーブルに対するDB操作を担っているように見える。
しかしこれは適切ではなく、モデルはアクティブレコードの機能を持っていて、必要に応じたテーブルへの操作をするものという捉え方の方が適切。
コントローラー側で、次々とモデルを呼び出す処理がある場合は要注意。疎結合、高凝集性を考慮し、それらをまとめるモデルを作成するのが妥当。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
親子階層の表し方やN:Nとなってしまうテーブルの管理方法、類似項目を横持ちしたい時の対応方法など、RDBの設計中に悩みがちなケースにおいて、ダメなパターンと良いパターンが記載されています。知っていたことも多くありましたが、新たな発見もあり、役に立ちました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
SQLアンチパターン
発売日 2013/01/26
通常 3,520円
現在 3,520円

  

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

こちらの書籍は 2019/12/18 紙版の3刷に対応するため更新をおこないました。
(概要)
大好評の「SQLポケットリファレンス」が7年ぶりのリニューアル!改訂第4版の登場です。この7年の間にバージョンアップした各データベースの最新版に対応するとともに,軽量・コンパクトなデータベースとして利用が拡大したSQLiteにも対応。対応データベースは,Oracle,SQL Server,Microsoft Access,DB2,PostgreSQL,MySQL(MariaDB),SQLiteです。

(こんな方におすすめ)
・データベースシステムの利用者
・SQLのリファレンスが欲しい方

(目次)
第1部 SQLとは(SQLの基礎概念)

第2部 コマンド命令

第3部 演算子

第4部 関数

第5部 プロシージャ内で使用できる命令

第6部 プログラミングインターフェース

Appendix

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
[改訂第4版]SQLポケットリファレンス
発売日 2017/02/18
通常 2,178円
現在 2,178円

  

SQLServer本

SQL Server 2016の教科書 開発編

SQL Server 2016の教科書 開発編
(著)松本 美穂, 松本 崇博
発売日 2016/07/26
(4.2)

 
Users Voice
まさにSQLServerの教科書といえる本です。本文の説明も細かいですが、実務で迷いやすい
ポイントが囲み記事で紹介されてるのが、役に立ちます。例えばNull判定のオラクルとの違いとか。
お薦めできる本です。買ってすぐに届いたのも助かりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
結局ネットで全部調べて習得しましたが
後からこの本を買っていたことに気が付き後悔しました
これを読んでいればかなり時間短縮になったと思います
accessやmysqlからデータベースを移行するのに役に立つ内容だと思います
とてもわかりやすく書かれています
※この本に書かれているsqlserverオブジェクトエクスプローラーは2016にはあったかもしれませんが
2019ではなくなっていてストアドプロシージャのデバッグができませんvisualstudioが必要です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
SQL Server 2016の教科書 開発編
発売日 2016/07/26
通常 6,865円
現在 5,195円
1,670円(24%)OFF!!

  

SQL Server Transact-SQLプログラミング 実践開発ガイド

SQL Serverを使いこなす!

本書は、SQL Serverを現場で使用している人のための開発ノウハウを盛り込んだ書籍です。すでにSQLやSQL Serverの知識はある読者を対象に、SQL Serverの運用と管理のコツ、Transact-SQLを用いた実業務に役立つ様々な技術や知識を紹介します。ストアドプロシージャやストアドファンクションを使うことによって何が便利になるのかを知りたい人や、データベースアプリケーションの処理速度を向上させたい人にオススメです。なお、SQL Serverのバージョンは2005以降を対象にしています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
現状、SQLServerでの開発で最も実践的な書籍と思われ、中級者向け。
業務システムの開発現場でヒントになる具体的なサンプルコードもあってお勧め。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
SQL Serverの定番本といえば、松本さんの「SQL Server 20xxの教科書」と長岡さんの「SQL Server 20xxデータベース構築・管理ガイド」(それぞれxxには年度の数値がはいる。最新はそれぞれ2016)
が有名ですが、それに加わる「第三の教科書」が本書です。

店頭で見て、私にはなにかしっくりきて、その場で衝動買いしてしまいました。なんか構成と内容が私にあうんですよね。本発売時点の最新GAである2017に対応していますし、2010年にでた2008R2以降の機能差分などもわかりやすいですし、ストアドや、DBにアクセスするコードサンプルも必要十分なものがそろっているイメージです。

他の二冊とともに、定期的に更新してほしい一冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
SQL Server Transact-SQLプログラミング 実践開発ガイド
発売日 2019/10/09
通常 3,938円
現在 3,938円

  

データ分析応用

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

Law of Awesome Data Scientist

データサイエンスの現場において、その業務は「前処理」と呼ばれるデータの整形に
90%以上の時間を費やすと言われています。
「前処理」を効率よくこなすことで、予測モデルの構築やデータモデリングといった
本来のデータサイエンス業務に時間を割くことができるわけです。

本書はデータサイエンスに取り組む上で欠かせない
「前処理スキル」の効率的な処理方法を網羅的に習得できる構成となっています。
ほとんどの問題についてR、Python、SQLを用いた実装方法を紹介しますので、
複数のプロジェクトに関わるようなデータサイエンスの現場で重宝するでしょう。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
自身のような「(情報システムのプログラミング経験は豊富だが)分析のための前処理はうとい」人には非常に参考になると思います。
エッセンスを吸収したらすぐに手放すつもりでしたが手元においておくことにしました。(笑)

ただ、以下の様な点が気になったので次回作の期待を込めて☆1つ減らしました。

(1)レビューされていない
以下の様な単純なミスがあります。おそらく第三者のレビューはなかったのかと思います。そのせいか全体を通して表現の揺れやいいまわしが洗練されていない印象を受けました。(内容がよいだけに勿体無いなと)

『本書では次の4種類の補完方法について解説します。』→ 実際には6種類
『カテゴリ化に対応していないので、★カテゴリ化★の方法をしっかり身につけましょう』 ★部分は「ダミー変数化」 が正しい

(2)厳密でない
例えば「pythonでは、ブール型はbool、カテゴリ型はcategory型が提供されている」という記載がありますがpythonにはcategory型は存在せずライブラリ(pandas)が提供する型です。こういった混乱を招く雑な表現が少なくありません。

(3)コードの良し悪しの基準が恣意的
全体を通して「これは非AWESOME(もしくはAWESOME)なコード」という説明がなされていますが、判断基準が恣意的というか一貫性がないと感じました。
「計算量は多いけど簡潔で可読性が高いのでAWESOME」「簡潔でないが計算量が少ないのでAWESOME」という感じ。どっちやねん!と。笑

(4)Awesomeが微妙な場合がある
「改変が容易なのでAWESOME」と主張しているコードで何度も同じ列名をタイプしてたりします。この場合は、コードを関数化して列名を引数にして使い回すかつ汎用的(同じ処理を違う列でも適用できるようにする)にするのがAWESOMEですね。

(5)冗長
箇条書きや表形式にしたほうが簡潔に表現できることも文章で記述されているので無駄に長い。

本書の内容とは関係ありませんが、上述したような指摘はプログラマの世界では「曖昧・冗長・一貫性がない」と批判されても仕方がない恥ずかしい事ですが、データサイエンティストという職業では重視されない(=扱っているのが確率の世界なので厳密さを求められない=>曖昧さがむしろ「柔軟」として評価される)のかな?なんて思いました。

次回作に期待します。個人的には「外れ値の扱い方」が薄かったのでそのあたりの考え方や方法論・ノウハウを学びたいと思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
発売前に予約して購入しました。
購入目的は、python使いこなすためにヒントもらおうというざっくりしたものでした。
ざっくりしてたので、ちょっと読み進めるのも苦労しましたが、、、
python,R,SQLのいいところ、悪い所をプログラミング事例で学べて良かったです。
今後は最適解を出すためにも使い分けを含めた、考え方、視野を
取り入れて行く必要があるのだなと感じます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ
(著)加嵜 長門, 田宮 直人
発売日 2017/03/27
(4.2)

ビッグデータ時代のSQL活用術・レシピ集

本書は、著者が普段の業務で実際に作成しているレポートやSQLのコードをより汎用化し、レシピ集としてまとめたものです。「データの加工」「売上の把握」「ユーザーの把握」「Webサイト内のユーザー行動の把握」「異常値の検出」「検索機能の評価」「レコメンド」など、具体的なシーン別に、実践的な手法とノウハウを解説しています。

●読者対象
本書では、アクセス解析等を担当する社内の分析担当者と、実装を行うエンジニアの双方を対象として、下記の情報を提示します。
・データ加工の手法
・分析に使用するSQL
・レポーティング・分析の手法
分析担当者であれば、アクセス解析ツールが提供する指標やフィルタがなくても、それ以上のことを自らで実践できるようになること、エンジニアであれば、分析業務を十分に理解して、分析担当者や経営層に対して、適切な情報提供やレポート提出、そして助言できるようになることを、目指しています。

●構成
1 ビッグデータ時代に求められる分析力とは
2 本書で扱うツールとデータ群
3 データ加工のためのSQL
4 売上を把握するためのデータ抽出
5 ユーザーを把握するためのデータ抽出
6 Webサイトでの行動を把握するためのデータ抽出
7 データ活用の精度を高めるための分析術
8 データを武器にするための分析術
9 知識に留めず行動を起こす

Chapter1~2は導入部で、Chapter1は基本を解説し、Chapter2で本書で扱うデータやミドルウェアについて説明しています。
Chapter3~8では、具体的なSQLを用いたコード例とともに、ビッグデータ活用の手法について紹介します。
Chapter3では基礎的なSQLの記述やデータ加工の手法について解説し、続くChapter4~8でデータ活用における具体的なシーン別に実践的な「分析手法」と「SQL」を解説しています。
Chapter9ではまとめとして、本書の提供する内容が知識で留まらないよう、データの活用の事例やヒントを紹介します。

●本書で扱うミドルウェア
PostgreSQL、Apache Hive、Amazon Redshift、Google BigQuery、SparkSQLで動作確認を行っています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
目次が使えないので非常に不便です。見たいページをすぐに見ることが出来ません。

注意書きとして

>文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません

とは書いてありますが、「目次が使えない」とは書いてありませんでした。

そもそも今の時代にKindle書籍を出す際に「目次が使えない」ような方式で販売すること自体が理解出来ませんので、内容うんぬん以前にその方針の時点で評価は0点ですね。

目次をつけられない方式で作るならそもそもkindle版を出すべきではないと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ビッグデータを扱う実業務において、「想定/期待されるフォーマットでないデータ」に悩まされる事は多々あるかと思います。
本書では、そのようなデータに対してSQLでどのように工夫して処理を行えばいいか、目的/段階別に説明されており、まさにレシピを見ながら料理をするかの如く、この本を片手に学びながら作業を進めることができます。

多彩な分析手法と、それをSQLでどのように実現するかが丁寧に解説されており、「基礎的なSQLの知識はあるが、効果的な分析方法がわからない」という私のようなエンジニアにとっても嬉しい一冊です。

個人的には、chapter8の「具体的なプロダクトにおけるSQLの活用・分析」や、chapter9の「ビッグデータチームの構造とデータ階層」についてが、実業務における「視点」を広げてくれるので、読み物としても一読の価値があるかと。

本書のサンプルクエリは、「PostgreSQL, Hive, Redshift, BigQuery, SparkSQL向け」なので、その点については注意が必要です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ
発売日 2017/03/27
通常 4,180円
現在 4,180円

  

SQL学習書「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにSQLの技術書もそこそこはあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 単行本技術書は少し古いものの一部のみ対応

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のSQLの本人気ランキング(Best10)です。

(2020/07/07 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4)
総評価数 1件
2
よくわかるSQL
発売日 2019/11/17
通常    800円
Kindle   800円 (+8pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 1件
3
(5)
総評価数 3件
4
(3)
総評価数 1件
5
できるPRO MySQL できるPROシリーズ
発売日 2015/01/30
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,398円 (+24pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3)
総評価数 5件
6
未経験者のためのMySQL超入門: Windows10対応
発売日 2019/05/25
通常    350円
Kindle   350円 (+4pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 1件
7
(3.8)
総評価数 3件
8
やさしく学べるMySQL運用・管理入門【5.7対応】
発売日 2016/12/15
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,574円 (+26pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3)
総評価数 1件
9
(0)
総評価数 0件
10
(1)
総評価数 1件

 

関連:PHP、RubyなどでWebサービスとして実用しよう

SQLをおぼえたら、PHP、RubyなどのWeb開発言語と合わせて使うことで、データを活用した柔軟なサービスを作り上げていきましょう。

PHPの中でSQL文を書く、なんてことも多いです。PHP,Rubyの本も以下で紹介しています、合わせて覗いてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました