【2021年最新】Unreal Engine4の人気参考書BEST10 / おすすめ本5選

Unreal Engine4(UE4)は主にコンシューマー機やPC向けのハイエンドなゲーム開発に用いられているゲームエンジン。

エンジンはC++で実装されており、ソース公開されているので、エンジンに最適な実装からエンジンカスタマイズまで、性能を求めた開発が可能。

PS4やPCなどの美麗で表現豊かなゲーム開発をしたいなら、Unreal Engineのスキルを高めるのは実現への大きな糧となるでしょう。

そんなUnreal Engine4の参考書を、人気・評判とともに、ランキングとおすすめ本を紹介していきまっす。

 

 

ゲーム開発をここからチャレンジ
 
  • ゲーム開発就職に特化
  • 開発に近く適切な相談が可能
  • 大手パブリッシャー含め実績多数


    

Unreal Engine 4(UE4)の本「人気ランキング」

Unreal Engine4の今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/07/27 12:07 更新)
Rank製品価格
1
UnrealEngine4マテリアルデザイン入門 第2版
発売日 2017/09/19
茄子, もんしょ (秀和システム)
おすすめ度
7,120円
3,960円
(+1201pt)
3,960円
3,848円
2
C++でつくるUnreal Engineアプリ開発 for Windows & macOS (リフロー版)...
発売日 2018/03/30
鈴木 晃 (ラトルズ)
おすすめ度
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
3
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
4
作れる!学べる!Unreal Engine 4 ゲーム開発入門
発売日 2017/01/18
荒川 巧也 (翔泳社)
おすすめ度
1,380円
3,247円
3,608円
1,540円
5
HoudiniとUnreal Engine 4で学ぶリアルタイムVFX: レベルアップのための心得と実践...
発売日 2020/04/18
池田 亘 (ボーンデジタル)
おすすめ度
4,400円
3,960円
4,400円
4,400円
6
Unreal Engine 4 建築インテリアビジュアライゼーション
発売日 2016/11/24
大橋ユキコ (秀和システム)
おすすめ度
7,150円
3,960円
(+1201pt)
3,960円
4,400円
7
Unreal Engine 4 アクションゲーム ブループリント入門
発売日 2019/08/02
Sig (秀和システム)
おすすめ度
6,704円
4,158円
(+1262pt)
4,158円
4,620円
8
4,950円
4,950円
4,950円
3,850円
9
作れる!学べる!Unreal Engine 4 ゲーム開発入門 第2版
発売日 2019/07/03
荒川 巧也 (翔泳社)
おすすめ度
3,608円
3,247円
3,608円
3,608円
10
Unreal Engine 4 リアルタイム ビジュアライゼーション
発売日 2020/12/01
株式会社モデリングブロス, 株式会社スタジオブロス, 株式会社セキーマデザイン (秀和システム)
おすすめ度
5,720円
5,148円
(+1563pt)
5,148円
5,720円

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

これからUE4を始める!初心者・入門者向け書籍

はじめてUnrealEngine4を使う方は、以下の書籍がおすすめ。

膨大な機能網羅や、C++プログラム拡張よりも、エンジンに慣れる・とりあえずゲームを作ってみる、といったことから入ることができます。

作れる!学べる!Unreal Engine 4 ゲーム開発入門 第2版

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

一番わかりやすい入門書が、最新環境に完全対応!

Unity関連の入門書で定評のある著者による、わかりやすく丁寧な解説が、
Ver. 4.21に対応して帰ってきました!

◆ミニサンプルを作りながら、ゲーム作りの基礎を学ぼう!◆
豊富なミニサンプルを実際に作りながら、エディタの使い方からモデルの取り込み、
ブループリントやAI(人工知能)、物理演算やUI(ウィジェット)まで、
高機能なUnreal Engineを使いこなしながらゲーム作りの基礎がしっかり覚えられます!

◆万全のアフターケア!◆
より高度な話題やバージョンアップによる差分など、著者が運営する
書籍サポートサイトによるアフターケアも万全です!

〈対象読者〉
専門学校生をはじめ、これまでゲームを作ったことがない人まで、
コードを書いたことがなくてもUnreal Engineでゲームが作れます!

〈目次〉
Chapter1 ゲーム作りの基本とUnreal Engineの基礎
Chapter2 Unreal Engineの基本的な使い方
Chapter3 ブループリントを覚えよう
Chapter4 キャラクターの状態切り替えとアニメーション
Chapter5 ゲームにルールを実装してみよう
Chapter6 AI(人工知能)機能を使ってみよう
Chapter7 UI(ウィジェット)の実装を覚えよう
Chapter8 ゲームのクオリティをアップしよう

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1 ゲーム作りの基本とUnreal Engineの基礎
2 Unreal Engineの基本的な使い方/3 ブループリントを覚えよう/4 キャラクターの状態切り替えとアニメーション/5 ゲームにルールを実装してみよう/6 AI(人工知能)機能を使ってみよう/7 UI(ウィジェット)の実装を覚えよう/8 ゲームのクオリティをアップしよう

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
近くの書店を何件か探しても見つからず…ここで頼んだらあっという間に届き~本当に助かりました! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
[江戸川区に予約中]
第一版となる、「作れる! 学べる! Unreal Engine 4 ゲーム開発入門」は近隣三区になかったが、この第二版があったので良しとしよう。 (参考:ブクログ)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
荒川巧也(アラカワタクヤ)
日本工学院専門学校ゲームクリエイター科教員。ゲームエンジン(Unreal EngineやUnity)の授業を担当。その他、学生のチームゲーム制作のサポートなどを行っている。個人的な活動として書籍の執筆活動や、その他、大学や社会人向けの特別講義も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

見てわかるUnreal Engine 4 ブループリント超入門

見てわかるUnreal Engine 4 ブループリント超入門
(著)掌田津耶乃
発売日 2015/10/27
おすすめ度
(2021/07/27 12:07時点)
ゲーム制作の初心者にとって、最初のハードルはプログラミングです。本格的な言語でのプログラミングは未経験者ではどうにもなりません。ところが、UnrealEngine 4には、パーツとパーツを線で結ぶだけでプログラミングができるブループリントと呼ばれる機能が用意されています。本書は、Unreal Engine 4 ブループリントでのプログラミング方法をオールカラーでわかりやすく解説します。Unreal Engineを使いこなすための第一歩です!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

 

   

UE4の機能・使い方を把握する書籍

UE4は冒頭でも述べたとおり、主にハイエンドなゲーム開発に使われるエンジン。

そのため、凝ったグラフィクス表現や、高いプログラム性能を求められることも多く、そういった高いレベルのゲーム制作にはUE4の幅広い知識、エンジン自体のプログラム的な知識が必要です。

エンジンを使いさらに、エンジンを拡張することまで見据えた、まさにハイエンドゲームへUE4を使うなら以下の書籍がおすすめです。

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

★“Epic Games Japan公認"決定版解説書!
★Unreal Engine 4におけるゲーム制作に必須の"知識"と"経験"がハンズオンで身につく!

本書は、Unreal Engine 4(UE4)の機能を単純に紹介するだけではなく、一本のサンプルゲーム開発に順序よく盛り付けていく構成となっており、機能と機能の組み合わせ方や、実践的な使い方をラーニングできます。
3Dゲーム開発の一般的なワークフローやプロセスも解説し、章構成も実際の開発プロセスに可能な限り近づけています。

プログラムやスクリプトの勉強をしたことがない人でも読み進められる内容になっているほか、急いで自分の担当パートを覚える必要のあるアーティストやレベルデザイナといった専門職が、さしあたり必要な章だけ読めるよう、各章の冒頭に推奨職種を併記しました。独学の人だけでなく、分業体制のチーム開発や、ゲーム会社における最初のラーニング素材としてもご使用いただけます。

今使っている人にも、これから始める人にも、すべてのUE4ユーザーにオススメの一冊。

【購入者特典ダウンロードデータについて】
購入者特典データには、サンプルプロジェクトやリソースデータのほか、書籍のハンズオン作業をすべて収録した動画が付属し、本書中に万が一進められなかった箇所が出た場合の助けになります。

またConstructionScriptや、GUIの構築など、書籍側で取り扱えなかった要素を150ページ超の付録PDFとして収録しています。

ダウンロードデータについての詳細は、本書4ページ目、または出版社「ボーンデジタルの本書の書籍ページをご確認ください

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1部 はじめに(UE4のインストールと環境設定
UE4のインターフェイスと基本的な操作方法/ゲーム制作のフェーズとワークフロー ほか)/第2部 プロトタイピング(グレーボクシング/独自のアセットをインポートする/メッシング ほか)/第3部 プリプロダクションとプロダクション(スケルタルメッシュアニメーション/マテリアルエディタ入門/もっと!マテリアル ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
本、分厚すぎ‼ その分、内容は至れり尽せりですが… ページを開きっぱなしにするのが一苦労請け合い間違いなし‼ 環境が有るのであれば電子で買ってタブレットで見ればスマートに進められるかな〜… 初心者ですが、最初から追っていけば何か作れそうですね。 超初心者は、わからない語句とか出てきて四苦八苦するかもしれませんね〜… 操作方法がわからない時は、操作動画が付いているので安心ですね‼ (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Unreal Engineの教本、勉強の為に購入しました。 まだまだ序盤しか読めていませんが、今のところ難しい表現がないのでほっとしています。 図が多く挿入されていますが、バージョンが今のものと違うため動かし方が違うところがあります。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
中古なので理解はしておりましたが、改訂版がたくさん出ており、修正箇所がおおく、結局買い替えることとなりました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
湊和久(ミナトカズヒサ)
(株)バンダイナムコスタジオリードプログラマ。PCゲーム開発、アニメ制作を経て、2007年(株)バンダイナムコゲームス(現スタジオ)入社。「ロストランドアドベンチャー」「鉄拳タッグトーナメント2」など、業務用中・大型ゲーム機やコンソール移植等でプログラムやプロセスマネジメントに従事。「タイムクライシス5」でテクニカルディレクションを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

C++でつくるUnreal Engineアプリ開発 for Windows & macOS (固定レイアウト版)

この商品は固定レイアウト作成されており、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能はご利用いただけません。

2015年3月にゲームエンジンUnreal Engineが無償化され、その後多くの開発者が利用するようになりゲーム以外への利用も増えてきました。

Unreal Engineで標準的に使われるゲームロジック構築ツールは、Blueprintです。Blueprintはさまざまなゲームの開発に向いたビジュアルプログラミング言語で、とっつきやすく、同時に、高い機能、高い開発効率を持ちます。一方で、Unreal Engineの利用範囲が広がるにつれてBlueprintですべてのロジックを組むのが困難、あるいは、不可能な開発案件も増えてきています。このような場合でも対応できるよう、Unreal EngineはC++によって機能を拡張する仕組みを持っています。ただ、Unreal EngineのC++は標準のC++から独自に拡張されているため、前提知識のないC++プログラマにはハードルが高いのも事実です。

Unreal Engine独自に拡張されたC++については、公式ドキュメント、Wiki、掲示板、あるいはソースコードなどから情報を得ることで習得できます。しかし、必要な情報があまりにも分散してしまっています。そのためUnreal Engine C++初心者にとってはどこから手を付けていいのかわからない。それが今の状況だと思います。本書はそのようなUnreal Engine C++初心者や挫折してしまった方に、Unreal Engine C++の最低限の知識を身につけてもらうことを目的に書かれています。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
Unreal Engine基礎知識の確認
UE C++の概要/UE C++オブジェクト/UE C++ライブラリ/標準C++との連携/プラグイン/ファイル入出力プラグイン作例/OpenCV利用プラグイン作例/エディタモード追加プラグイン作例
Users Voice
本書はUE4とC++の基礎がある程度あることを前提としています。
UE4用のC++のコーディングを説明する書物は貴重なので、大変参考になりました。 (参考:ブクログ)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
鈴木晃(スズキアキラ)
株式会社OTSL勤務。ソフトウェアエンジニア。ソフトウェア研究者から転身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

Unreal Engine 4 アクションゲーム ブループリント入門

Unreal Engine 4が無料化したことで、個人でもハイエンドなゲームを作ることができるようになりました。特にビジュアルスクリプト機能「ブループリント」はコードでのプログラムが苦手という開発者を助けてくれる重要な機能です。本書は、Unreal Engine 4のなかでもブループリントに焦点をあてて解説するゲーム開発ガイドです。作業環境の準備から、エディタの使い方、ブループリントでの処理、各種パーツの作りかたまでわかります!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Unreal Enginge 4おすすめ講座」

UdemyではUnreal Engine 4を基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Unreal Engine 4の学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~...
発売日 2017/08/07
受講者 9,016人
通常 24,000円
現在 2,030円
(4.5)
総評価数 1759件
2
はじめてのアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】入門チュートリアル講座...
発売日 2017/06/26
受講者 6,222人
通常 24,000円
現在 2,330円
(4.6)
総評価数 1360件
3
(4.3)
総評価数 266件
4
(4.4)
総評価数 147件
5
(3.8)
総評価数 172件

 

   

関連:C++本・ゲーム開発本紹介

冒頭でも述べましたが、UE4はC++で開発されており、エンジンのソースもDL可能となっています。

C++でエンジンをカスタマイズすることで、ブループリントのモジュールや、エンジンの機能自体を拡張することすら可能。

こういった自由度と、低レベルな部分までいじれる魅力がUnityにはない、本格ゲーム開発には非常に重要です。

ですので、UE4でハイエンドゲーム開発を行うなら、C++を使えるのはほぼ必須。以下でC++書籍も紹介しているので合わせて学習してみてください。

 

また、UE4以上に自由に、かつ根本からゲーム開発スキルを高めるなら「ゲームエンジンに頼らないゲーム開発(フルスクラッチ開発)」がおすすめ。

既存エンジンにもしばられない、自分たちのやりやすい開発環境、ゲームエンジンを育てることができるようになります。以下で書籍を紹介しています。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました