【2020版】子供向けプログラミング本「人気30冊 / おすすめ20選」

いまは子供の頃からプログラミングスキルアップする熱が非常に高まっています。以下が代表的な要因例です。

  • 小学校からのプログラミング教育(必修化)
  • IT技術/IoT化によるプログラミング需要の高まり
  • コロナでのリモートワーク需要の高まり

実際、現代のIT化やその需要、そしてコロナによる影響で明らかになったITスキルやネットビジネスの必要性からも、確実に身に着けておきたいスキルなことは間違いないです。

そして、プログラミングは学習としても楽しいです、古典とか学ぶより断然おすすめですよ。

ということでこちらでは、子供向けのプログラミング参考書を人気・おすすめとともに紹介していきまっす。

 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

Contents

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

子供向けプログラミング本「人気ランキング」

子供向けプログラミング本を、今売れ筋の人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/11/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.1)
総評価数 78件
2
(4.1)
総評価数 64件
3
(4.5)
総評価数 26件
4
(4)
総評価数 33件
5
高校生からはじめる プログラミング
発売日 2017/04/14
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
Kindle   1,980円 (+20pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.8)
総評価数 28件
6
できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門
発売日 2017/07/13
通常    2,068円
単行本   2,068円 (+21pt)
Kindle   1,673円 (+17pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.1)
総評価数 45件
7
よくわかる Scratch 3.0ではじめるプログラミング
発売日 2019/08/07
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,881円 (+34pt)
(3.6)
総評価数 38件
8
ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング
発売日 2016/05/19
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,782円 (+18pt)
(4.1)
総評価数 51件
9
プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻
発売日 2019/09/26
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
(4.4)
総評価数 35件
10
(3.6)
総評価数 5件
11
できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門
発売日 2020/03/19
通常    2,068円
単行本   2,068円 (+21pt)
Kindle   1,034円 (+10pt)
(4.5)
総評価数 33件
12
(4.4)
総評価数 29件
13
(3.4)
総評価数 16件
14
プログラミングを、はじめよう
発売日 2018/03/15
通常    1,958円
単行本   1,958円 (+20pt)
Kindle   1,762円 (+18pt)
(4.6)
総評価数 19件
15
マンガと図解でスッキリわかる プログラミングのしくみ
発売日 2018/02/19
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+40pt)
Kindle   2,090円 (+21pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.1)
総評価数 7件
16
はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)
発売日 2017/06/29
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   1,192円 (+12pt)
(4.3)
総評価数 20件
17
ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)...
発売日 2017/03/17
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,881円 (+34pt)
(4.5)
総評価数 17件
18
現場ですぐに使える! Scratch逆引き大全 300の極意 Scratch 2.0/3.0対応...
発売日 2019/07/26
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+31pt)
Kindle   2,574円 (+26pt)
(4.4)
総評価数 6件
19
(3.8)
総評価数 5件
20
(4.7)
総評価数 7件
21
子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育
発売日 2018/07/01
通常    1,568円
単行本   1,320円
Kindle   1,568円 (+64pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.3)
総評価数 17件
22
(4.6)
総評価数 16件
23
おとなも学びたいプログラミング Scratch入門
発売日 2018/09/27
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+17pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.8)
総評価数 14件
24
親子で楽しく学ぶ!マインクラフトプログラミング
発売日 2017/02/27
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,782円 (+18pt)
(3.2)
総評価数 14件
25
(3.9)
総評価数 7件
26
<改訂版>Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング...
発売日 2020/02/28
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,881円 (+34pt)
(3.5)
総評価数 2件
27
Scratchで学ぶ プログラミングとアルゴリズムの基本 改訂第2版...
発売日 2019/04/18
通常    2,530円
単行本   2,530円 (+46pt)
Kindle   2,404円 (+24pt)
(4.3)
総評価数 15件
28
micro:bitであそぼう! たのしい電子工作&プログラミング
発売日 2018/12/01
通常    2,068円
単行本   2,068円 (+36pt)
Kindle   1,965円 (+35pt)
(4.2)
総評価数 18件
29
(4.6)
総評価数 4件
30
プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業...
発売日 2016/09/28
通常    1,653円
単行本   1,500円 (+2pt)
Kindle   869円 (+9pt)
(3.6)
総評価数 63件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

楽しくプログラムに慣れる「小学校低学年(6歳,7歳,8歳)向けの学習書」

プログラミングを始めるなら、さすがに小学生くらいからがおすすめ。

というのも、数字や言葉といった基礎知識はやっぱり必要、それらをおろそかにして無理にはじめても子供の興味を削ぐだけです。

ということで、プログラミングの第一歩、小学校低学年レベルからはじめられるおすすめの参考書が以下です。

ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング

教育大国フィンランド発、親子で楽しくプログラミングに触れる絵本

【あらすじ】
『ルビィは大きな想像力を持つ女の子。ルビィの好きな言葉は“どうして?”。ルビィの世界では考えたものがなんでも実現します。パパがお仕事でいないときは、家の中をどたどた・ふらふら歩きまわるのが大好き。ある日、ルビィはパパからの手紙を見つけます――「宝石を5つ、かくしたから、さがしてごらん。ぜんぶ見つけられるかな?」。でもどう探せばいいのか書かれていません。仕方がないので、まずはヒントを探しはじめると・・・パパの机の下に、秘密の数字が書かれた紙きれを発見! ここからルビィの本当のぼうけんが始まります・・・』

日本でも初等中等教育段階でのプログラミング教育の推進がはじまり、テクノロジーやプログラミングに関する知識は子どもたちにも必要不可欠になりつつあります。プログラミングを、子どもたちが身近に感じ、楽しく学んでいける本があればいい――このような思いから生まれたのが「ルビィのぼうけん(原題:Hello Ruby)」です。

これは、フィンランドの女性プログラマー、リンダ・リウカスが、子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるように作った絵本です。リンダは、クラウドファンディングによる資金調達ができるkickstarterを活用し、9,000人ものサポーターから約38万ドル(約3,800万円)の資金を集めることに成功。約3年かけて絵本を完成させました。

この絵本では、プログラミングのいわゆる「コード」は一文字も出てきません。4~11歳の子どもが親と一緒に楽しめる工夫がされており、前半の「好奇心いっぱいの女の子、ルビィが宝石集めの冒険をする絵本パート」と、後半の「練習問題パート」を通じて、プログラミングに必要な考え方に触れることができます。たとえば、大きな問題を小さな問題に分けること、ちらばった情報からパターンを見つけること、などです。

これらのプログラミングに必要な考え方は、手に負えないように思える世界をときほぐして、なんとか取り組みやすくするのに、大きな手助けとなります。そして、プログラミングは、自分の考えを、動くかたちにできる楽しさに満ちています。この本がその楽しさを知る一つの入り口になってほしい、そんな著者の願いがこもった一冊です。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
5歳の娘に購入。渡した当初はまったく興味をもっていませんでしたが、物語を読み始まるとぐいぐい引き込まれていきました。
ちょっと長いので、続きはまた明日~といって寝るので、翌日にまた読むのを心待ちにしているようです。
帯にあるように、思考力を鍛えてくれそうです。
また、巻の後半には「問いかけ」があり、「あなたならどうする?」と問いかけることであーだこーだと会話がはずみます。親子のコミニュケーションも増えて、とても満足しています。問いかけへの娘の答えは支離滅裂ですが、あまり過度に期待せずに、これからも読んでいこうと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Hour of CodeやScratchを始める子供達に
プログラミングの考え方を理解してもらうのに
最適な絵本だと思います。
本の後半が簡単なワークショップになってますが
理解のある親御さんが手伝ってあげないと
実践は難しいと思います。
実際にやってみたら必ず効果はあると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング
発売日 2016/05/19
通常 1,980円
現在 1,980円

  

プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻

プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻
(著)雅彦, 佐藤, 太祥, 石澤, 智子, 貝塚
発売日 2019/09/26
(4.4)

まったく新しいプログラミングの絵本!!

『アベベのぼうけん』は、
プログラムによってできている、まったく新しい形式の物語です。

主人公・アベベは、ドドジ王国の王子。
アベベは立派な王になるため、
父の残したプログラムに挑戦する旅に出ています。

プログラムを丹念に読み解き、
すごろくのようなマスの上を旅するアベベを動かしていくと、
そこに驚きの物語が現れます。

こうして夢中になってプログラムを読み解いていくうちに、
手順やルールを筋道立てて考える力、つまり「プログラミング的思考」が自然と養われます。

さらには、「変数」、「順次処理」、「条件分岐」といった基本的な考え方から、
「スタック」といったちょっぴり難しい概念まで、
遊んでいるうちにその本質を自然と身に付けられます。

「プログラミング教育」が必修化される
小学生のみなさんはもちろんのこと、
大学生や、お父さん・お母さんなど大人のみなさんにも
ぜひ手にとってプログラミング的思考を体得してもらいたい!

「プログラミング的思考って、こんなにわくわくするものだったのか!」
と新たな気持ちになること間違いなしです。


【編集担当からのおすすめ情報】
「ピタゴラスイッチ」の佐藤雅彦さん、
「考えるカラス」、「Why!?プログラミング」の石澤太祥さん、
絵本「コんガらガっち」の貝塚智子さん。
そうそうたるメンバーが送る、新感覚のプログラミングの絵本です。

絵を描くのは、国内外のミュージシャンのアートワークを手がけ、小沢健二と日米恐怖学会の絵本『アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)』が話題の、ダイスケ・ホンゴリアンさんです。

「プログラミング的思考って何?」

「プログラミング教育の必修化って何するの?」

と身構えてしまっている方にこそぜひ読んでいただきたい!
「プログラミング的思考」のわくわく・おもしろさを実感できること間違いなしです!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
佐藤雅彦さんが「小学1年生」でプログラムをテーマにした連載をはじめる、とネットニュースで知り、第1話の載った2018年4月号を立ち読みしました。

「小学1年生」を毎号立ち読みすることはできず、毎号買う必要もありません。なので単行本化を待ち続け、結果1年半待っての単行本!

Ken Yokoyamaのアルバムアートワークでおなじみのダイスケ・ホンゴリアンの起用は、作画を担当した「アイスクリームが溶けてしまう前に」の作者小沢健二と佐藤雅彦さんとの繋がりからだろう。

内容?つまんないわけがないし、駄作のわけもない。

枠としてはプログラム思考を身につけるためとして、すごろくや人生ゲームを2次元で行うということなんだけれど、コマの進ませ方や指令の内容に重複がなく、パターンの豊富さが楽しい作品。

下巻が楽しみだ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
おとながやってもおもしろいです。
すごろくが好きな息子ですが、歳の差きょうだいであまり相手をしてやることができず、パソコンで一人すごろくしてましたが、こっちの本のほうがおもしろいようです。何度もたのしめます。シリーズ化して、コンガラガッちのようにコースがわかれるとか本に穴が開いてワープできるとか、もっとおもしろいしかけを期待しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻
発売日 2019/09/26
通常 1,650円
現在 1,650円

  

すみっコぐらし学習ドリル 小学1・2年 はじめてのプログラミングドリル

大人気の「すみっコぐらし」が小学生向けのかわいいドリルに!
新学習指導要領で学ぶ、プログラミングの基本をパソコンなしで学習!

「すみっコぐらし学習ドリル 小学1・2年はじめてのプログラミング」の特長
1.表紙および中面に「すみっコぐらし」のイラストがいっぱい!
2.カラーページがいっぱいで、楽しく取り組める!
3.新学習指導要領で学ぶプログラミングの概念を理解
4.パズル・クイズ感覚で解くうちに、プログラミングの基礎が身につく
5.おうちの方向けに「順序」「反復」「分岐」など、分かりやすく解説
6「.すみっコぐらし」のシール78枚つき!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
主人がプログラマですが、本格的 って言ってました。

いきなりかわいいからで購入すると難しい子も居るかも。

うちは2年生と園児に購入しましたが、両方ともscratch経験者ですので出来ますが、真ん中あたりから解説が必要だったりします。

★おすすめできない子
分岐やループだけではなく、もっと本格的なので、
ワーク慣れしていない子、プログラミング経験がない低学年だと苦戦するかもしれません

簡単にスラスラできる、学研やドリルの王様などのプログラミングワークからはじめると良いと思います。

★オススメ出来る子
発達進みがちな低学年、ワーク慣れしていてパズルや謎解きが好き、プログラミング経験者

内容は本格的ですが、はじめてでさせたいなら保護者さんがついてなら大丈夫だと思います。

大人はプログラミング未経験でも理解できるので、ママさんがついてるなら大丈夫だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナの影響で学童に通っている小学2年生のすみっコ好きな娘に購入しました。
漢字ドリルに続いて2冊目のすみっコ学習です。 
すみっコ付いているので喜んで勉強しています。
終わって丸付けした後のシールを楽しそうに貼っています。
来年からのプログラミングの授業に役に立てば嬉しいです。
高校が情報科だったので指で2進法31まで数える表が懐かしかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

論理的思考力を育てる プログラミングれんしゅうちょう (学研の頭脳開発)

★入学準備の新定番★
2020年から必修化! 学習指導要領に導入されたプログラミング!

◆幼児が楽しく学べる!
・「ちえ」分野の延長線上の問題で、プログラミングに親しめる
・幼児が好きな「シール」も充実
・かわいいロボットたち盛りだくさんで、ページをめくるのが楽しい
・バリエーション豊かな問題で飽きない
・問題は幼児にとって身近なものごとがテーマだから、取り組みやすい

◆プログラミングがわかる!
アンプラグド(コンピュータを使わない)で問題をときながら学習。
・プログラミングとは何か?がわかるようになる
(幼児向けの解説文を掲載。また問題を通して感覚的に理解できる。)
・プログラミングを身近なものに感じられる
(身の回りのコンピュータを探す問題や、身近な家電、踏切、信号などを題材にした問題も多数)
・プログラミングで何かをつくりたい! という意欲を育む
(夢の車や人助けロボットを考え、発想を自由に広げる)

★問題を解くことで、「プログラミング的思考力(※1)」「論理的思考力」「創造力」「問題解決能力」が育まれます。

(※1)プログラミング的思考力:問題を発見してから、「解決に『必要なこと』を分けて考える」「『必要なこと』に対応したコンピュータへの『命令』を考える」「その命令を組み合わせる」といった行為を、論理的に考えて解決に導く力のこと。

▼▼問題例▼▼
◆知識・理解
「絵の中からコンピュータが入っているものを探そう」
「テレビ、エアコンなど、それぞれどんな命令を受けているかな」
◆順次(本書での章タイトルは『じゅんじょ』)(※2)
「ロボットにおだんごをつくる順番を教えよう」
「ぎょうざをつくる手順で間違えている箇所は」?
◆くり返し (※2)
「くりかえしの指示をして、模様をつくろう! 」
「ロボット回転寿司、どんなお寿司のくりかえしで流れている」
◆分岐 (※2)
「ロボットがゆきちゃんのところへ行くには、分かれ道でどう進むと命令をする」
「天気によって洋服を選ぶルールを作った! 今日は何を着る」?
(※2)「順次(順番に処理する)」「くり返し」「分岐(順番に処理する)」は、プログラミングの基本的な考え方です。
◆創造
「夢の車を考えよう」
「助けたい人を選んで、その人のためにロボットを考えよう」

~すすめ! もぐらロボ 【ロジカルめいろパズル】 つき~
親子で「ロジカルシンキング」を鍛えられるボードゲーム!
さまざまな形のピースを組み合わせて道をつくり、相手側まで「もぐらロボ」を導きます。
どちらが早くたどり着けるかな? 試行錯誤して遊びましょう。
ひとりでも、ふたりでも遊べます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
実際に手を動かして身につけるプログラミングという課題を、文章で学ぶのはやはり難しいんだなと感じました。

質問の文章が長くて周りくどくて、6歳さんが一人で理解するのは難しい問題や、長々と質問した答えがこれだけ?1ページにたったこれだけ?という問題が頻出されています。

論理的に筋道立てて考えることや、プログラミングとは何かざっくりと理解することには繋がるかな、と思います。プログラミングの入り口の入り口。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
タブレットを使ってロボットを操作することが「プログラミング授業」という誤解が、マスコミを始め教育関係者までに広がっています。「私は文系だからダメ」とか「うちの子は理系じゃないから無理」とか誤解に基づくレッテル貼りが始まっています。
これは危険です。
本来のプログラミングとは論理的思考のことで、理系・文系の区別はありません。何らかのタスクを成し遂げるフローチャートを作ることに尽きるはずです。ビジネスでもイベントのために段取りをつけるためにはさまざまな条件をクリアしなければならず、思考手順は同じです。コンピュータは道具に過ぎないのです。
ですから、「プログラミング」の名称に惑わされると、本書は「何これ?コンピュータじゃないんだけど」という印象になります。

本書は論理的思考の訓練に費やされており、最終的にはIF-THENの構文まで理解できれば目標達成ということのようです。本来目指すべきプログラミング学習の問題集でしょう。しかしながら、「プログラミング」に関係なく、国語の文章読解をきちんと理解していればらくに解ける内容です。むしろ「プログラミング」と名前がつくと、子どもはタブレットでゲームができると思っていますから、期待外れになってしまい学習意欲の喪失が懸念されます。
プログラミングに関してはまだ様子見でいいような気がします。むしろ文章読解をしっかりと。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  
 

   

幼児から楽しく「ビスケットのプログラミング本」

できるキッズ 子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門 (できるキッズシリーズ)

できるキッズ 子どもと学ぶ ビスケットプログラミング入門 (できるキッズシリーズ)
(著)合同会社デジタルポケット原田 康徳, 渡辺 勇士, 井上 愉可里, できるシリーズ編集部
発売日 2017/12/08
(4.7)

「ビスケット」は自分で描いた絵を使ってプログラミングができる、ビジュアルプログラミング言語です。画面にほとんど文字が使われていないので4歳の子どもから操作でき、タブレットやスマートフォンで楽しく始められます。本書ではビスケットに初めて触れる方のために、基本的な操作から本格的なゲーム作りまでステップバイステップで学べるように構成しました。ビスケットを楽しみながら、プログラミングに必要な発想力を身に付けていきましょう。

<ここがポイント!>
・1つ1つの手順を画面付きで紹介。手順通りに進めるだけでプログラミングができる!
・ビスケット開発陣が執筆。新しい作例が満載!
・操作の基本を学ぶ「やってみよう」編と、みんなで遊べるゲームを作る「できるかな」編で構成。楽しみながらプログラミングを学べる!
・子どもが読めるように全文ふりがな付き。
・ヒントがあるから操作に迷わない。
・本を読んだ記入欄付きで学びの進度が分かる。

<こんな人におススメ!>
・子どもにプログラミングを学ばせたい人
・プログラミングに触れてみたい人

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ビスケットをやるなら買うべき本だと思います。
素晴らしいアイディアがたくさんあり素晴らしい本です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初心者にわかりやすい構成になっています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)
(著)合同会社デジタルポケット, 原田 康徳, 渡辺 勇士, 井上 愉可里
発売日 2017/03/17
(4.5)

開発陣、自らが書いた世界初のビスケット入門書
4歳でもできる! 粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう


園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できる
知育・学習書です。

この本では、スマートフォンやタブレット、ブラウザでカンタンに使える、
ビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験してもらいます。
ビスケットとは、絵を描いて遊びながらプログラミングできる、
ビジュアルプログラミング言語です。

操作はカンタン!
1.ビスケットで絵を描く
2.「メガネ」で動きを作る

これだけでプログラムが作れます。

就学前や小学校低学年のお子さんは、まずはお父さん、お母さんが一緒に
プログラムを作ってみてください。直観的にプログラムを作れるので、
一度やれば、あとはどんどん自分でいろいろな動きのプログラムを考えて
創り出すことができるはずです。ビスケットでプログラムを作ることで、
子どもたち自らが考え、創造し、伝える力を育むことができます。

コンピュータは、プログラムで動いています。通常、プログラムは
難しい文字で書かれているので、文字、つまりコンピュータ用の専門の言語を
おぼえないと作れません。

しかし、ビスケットでは、まず絵を描いて、その絵の「変化(動き)」の仕方を
「メガネ」という部品を使ってコンピュータに教えてあげます。これによって、
絵を動かすプログラムを作ることができます。

一見単純な動きしか作れないように思えますが、アイデア次第でアニメーション、
ゲーム、音楽など、いろいろな動きを作ることが可能です。

難しいことをおぼえなくても、直観的にコンピュータの仕組みに触れつつ、
プログラミングの楽しさを知ることができます。ビスケットには、スマートフォン、
タブレットで動くアプリ版、ブラウザ版があります。親子でプログラミングを
楽しんでください!


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
子供向けなので、当たり前ですが、分かり易く書かれていて良いと思います。
子供が自分でパラパラとみています。
色々な例題を集めた続編が欲しいくらいです。

書評と外れますが、ビスケット、恐ろしい位良くできたシステムです。
自分の描いた絵を対象に、定義-実行、もしくは判断-実行が、直感的に行えます。
使うための学習の時間はほとんどいらない、と言っても過言ではありません。
凄いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
小学校低学年から一斉授業で使用出来る内容です。順序良く読んでいけば簡単なものから複雑なものまでちゃんと作成出来て、子供たちも大喜びです。
基本のメガネで変化する事さえ理解すれば誰でも作れるシステムは素晴らしいの一言。
色々なアイデアはとても刺激になり助かっています。
もうすぐ4歳になる息子と一緒に本を読みながらやってみたら、あっという間に操作に慣れました。直感的に操作出来るからでしょうね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

ちょっと高度に「スクラッチ(Scratch)でプログラミングの論理を学ぶ本」

プログラミングの第一歩といえば、いまは「スクラッチ(Scratch)」が定番かつおすすめ。

カタカタキーボードでプログラム、というわけではないですが、こう組み合わせたらこう動く、というプログラム論理を学べます。

スクラッチで学びやすいおすすめ学習書が以下です。

(全レッスン動画解説付き)できるたのしくやりきるScratch3子どもプログラミング入門 (できるたのしくやりきるシリー...

Scratch(スクラッチ)はプログラミングを学ぶのに最適なツールの1つですが、本に書いてあるとおりをなぞるだけでは、プログラミングを学んだことにはなりません。本書は、「なぜそうなるのか」「どんなしくみで動いているのか」を丁寧に説明して、それを理解したうえで操作して実際の動きを確かめる、という構成になっています。そのため物事を順序立てて考える力や応用力が自然と身につきます。
本書で作るプログラムは、どれも数分~数十分で完成し、作ったあとは楽しく遊べるものばかりです。分厚い本でしっかり学ぶ前に、「とりあえずプログラミングがどんなものか体験してみたい! 」という方にぜひオススメしたい1冊です。


本書の5つの特長

1.ちょうどいいボリューム
「分厚い本だと読み切れるか心配」という声にこたえ、コンパクトながらも適度な達成感が得られるほどよいボリュームになっています。

2.子ども1人でも読み切れる
漢字にはすべてルビがふってあります。また、パソコンの基本的な操作も解説してあるので、パソコン操作に不慣れな子どもでも1人で読み進められます。

3.くわしい手順解説
すべての操作手順を紙面で再現しています。そのため、本に書いてある通りに操作するだけで、必要な知識やテクニックが身につきます。

4.なぜ?がわかる
各項目ごとに、狙いやゴールを示しています。何のためにその操作を行うのかを把握したうえで読み進められるので、理解が深まります。

5.動画で操作をフォロー
本書の操作内容を、動画でも確認できます。動画へはQRコードですぐにアクセスできるので、紙面とあわせて効率よく学べます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私はmicro:bit子どもプログラミング教室で小4から中1の子供たちにプログラミングを教えています。micro:bitにはmicro:bitの良さがありますが、SCRATCHも子どもたちがプログラミングを始めるにはとてもいい言語です。ところがいざSCRATCHをはじめようとすると中々良い本がありませんでした。ほとんどの本が保護者や教師が手助けしないとなかなかプログラミングできるようになりません。その点、この本はパソコンの使い方からひとつひとつ丁寧に教えてくれるので、子どもたちは本を手に取って読み進めるだけでSCRATCHができるようになりました。著者が自ら子どもたちに教える中で、子どもたちがひっかかりやすいところがわかっているのでその経験が本の構成に生かされているのではと思います。また、わたしの経験では、最近の子どもたちは結果をすぐに見たがる傾向があり、なかなかその結果に至るプロセスを考える力がつきません。その点、この本はできるだけ子どもたちに考えさせるようにできていました。小学生でプログラミングをしてみようというお子さんをお持ちの方にはお薦めです。お子さんと一緒に学習するのもいいのではないかと思います。kindle版もありますが、あまりお薦めできません。本を見ながらパソコンやタブレットに向かってプログラミングするのが一番いいです。最後に、価格も1210円とリーズナブルでありがたい。子どもができるかどうかわからないものに、あまり高いお金は出したくありませんので。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
暑くなく、適度な分量でしかもわかりやすく書いてある。同類書籍の中でも一番廉価で、コスパも高いと思う! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門
(著)株式会社TENTO&できるシリーズ編集部
発売日 2020/03/19
(4.5)

◆ご予約・ご購入いただいた方に本書の電子書籍をプレゼント!

本書のご予約・ご購入特典として、本書の全ページを収録した電子書籍(PDF版)をもれなくプレゼントいたします。
book.impress.co.jp/rd/scr3
*無料電子書籍ダウンロード可能期間: 2020年4月30日まで
2020年度から、小学校でのプログラミング教育が始まりました。ところが専門の教科ではないため、どのように教えるかは現場の先生の裁量に任されています。
「パソコンは使えるけど、プログラミングはどう教えればいいの? 」
そんな人のために、この本を作りました。初めてプログラミングを学ぶ子どもと親のために、初歩の部分から丁寧に解説しています。子どもはゲームを作りながらプログラミングの基礎を学び、大人はその背景にある重要な概念を理解できるように構成しています。

【ここがポイント!】
1つ1つの手順を「できるシリーズ」のノウハウで丁寧に紹介。手順通りに進めるするだけでプログラミングが完成!
・レッスンごとにサンプルをダウンロードできるから、途中で間違えても続けられる!
・本文には振り仮名つき。難しい概念はイラストなどで説明しているので、大人がいなくても読み進められる
・マウスやキーボードの操作方法、ローマ字入力表も収録。パソコンの簡単な使い方も身に付く
・話題のプログラミング教材「micro: bit」や「Chromebook」にも対応

【こんな人におススメ!】
プログラミングをやったことがない人
・子どもにプログラミングを触れさせたい人

【目次】
第1章 プログラミングを始めよう
第2章 Scratchを始めよう
第3章 音を鳴らしてみよう
第4章 もぐらパトロールを作ろう
第5章 アクションゲームを作ろう
第6章 クリックゲームを作ろう
第7章 オート紙芝居を作ろう
第8章 幾何学模様を作ろう
第9章 クイズ! できるもんを作ろう
第10章 リズムゲームを作ろう
第11章 風船割りゲームを作ろう
第12章 本格インベーダーゲームを作ろう
付録 micro: bitを使ってみよう ほか

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
子どもに教える前に、まずは自分が覚えないといけないと思い、やってみましたがなかなか面白いです。
使い方も丁寧にか書かれていると思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
コードの数字に誤りがあります。記載どおりにプログラミングしたのになぜ正しく動かないのかと悩み、時間を無駄にしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門
発売日 2020/03/19
通常 2,068円
現在 2,068円

  

親子でかんたん スクラッチプログラミングの図鑑 【Scratch 3.0対応版】 (まなびのずかん)

楽しく作れる! いっしょに学べる!

好評の『スクラッチプログラミングの図鑑』のスクラッチ3.0対応版です。ブラウザから公式サイトにアクセスして使うオンライン版と、Scratchデスクトップをインストールして使うオフライン版の両方に対応しています。スクラッチは、小学生からのプログラミング教育が本格化しているなか、はじめての言語として人気です。子供にプログラミングを学ばせたい親や、教材として使用したい先生に注目されています。本書は「まなびのずかん」シリーズとして、スクラッチによるゼロからのプログラミングをビジュアルふんだんの図鑑形式で解説。小学生でも始められる基礎的なところから、大人もうなる本格的なプログラミングまで扱っています。また、数学、国語、社会、音楽など教科をテーマにした章も設けており、先生や親がプログラミング教育を見据えた教材として使用することもできます。総ルビとなっており、本書1冊で永くご使用いただけます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
小学5年の孫がプログラミング4級の認定を受けたので祝いに買ってやりました。学校が休校中でも宿題を早めに終わらしたらプログラミングをやっておりストレスは感じてないようです。とても役に立っているようです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Scratch 3.0対応版 10才からはじめるゲームプログラミング図鑑: スクラッチでたのしくまなぶ

ゲームは自分で作ると、もっと楽しい!

アクションゲームやレーシングゲーム、「迷路」や「音」を使ったゲームまで、
スクラッチを使った8種類のゲームの作り方が学べます。
カラフルなイラストとわかりやすい図解で、
楽しみながらプログラミングに取り組める解説書です。
かんたんに作れて、自分だけのカスタマイズも自在。
作ったゲームは仲間といっしょに遊んだり、オンラインで公開したりして楽しもう!
*すべての漢字にふりがなつき。


【目次】
1 コンピューターゲームとは<? br>よいゲームに必要なもの
ゲームのふん囲気
ゲームのジャンル
どのようにプログラムは動くのか

2 さあ始めよう!
スクラッチはどんな言語だろう<? br>スクラッチのインストールと起動
スクラッチのインターフェース

3 スター・ハンター
スター・ハンターの作り方

4 チーズをさがせ!
チーズをさがせ! の作り方

5 サークル・ウォーズ
サークル・ウォーズの作り方

6 おサルのジャンプ
おサルのジャンプの作り方

7 ホウキにのった魔女
ホウキにのった魔女の作り方

8 犬のごちそう
犬のごちそうの作り方

9 氷の上のレース
氷の上のレースの作り方

10 ドラムで音あそび
ドラムで音あそびの作り方

11 次はどうする<? br>リミックスとオリジナルゲーム
上手なプログラミング
次のレベル
ゲームを作る仕事
もっと楽しもう!

12 用語集と索引

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本書は何故か図鑑とネーミングされていますが、スクラッチを利用して簡単なゲームプログラム作りを学びます。
冒頭でプログラムとはゲームとはといった基本事項の解説があり、続けて幾つかのカテゴリーのゲーム作りの手順が紹介されるという構成です。
実際にゲームを作り上げていくための手順が提示されているのですが、初心者である子どもを対象にしているわりには気配りに欠ける印象を受けました。
自分は解っているけれど、他者も同じだとは限らないという点において配慮が欠けています。初心者、部外者は、経験者や関係者が思いも付かないほどに解らないという前提が欠如していて、あくまで解る人目線で易しく教えていますというレベル感です。
料理レシピ本などによくあるのですが、大根を千切りにしてと指示しても、千切りがどういう切り方なのか知らなければ伝わらないし、知識として知っていたとしても、実際に大根と包丁をどのように扱えば千切りという仕上がりに至るのかまで教示しないと実践できません。
本書ではそのような、初心者ならではのつまづき箇所(詳細に紹介するべき解説の端折り)が、ここかしこに見受けられました。
ページをパラパラ捲るとイラスト豊富で判り易いように見えますが、よくよく読むと手取り足取りというほどでもなく、実践し難い解説だと思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
重たくて分厚いですが、全ページカラーなので見やすいです。
文字数はそこそこあり、漢字にはすべてルビがふってあります。
そもそもパソコンがまったくできない子には
ちんぷんかんぷんだと思いますが、
うちでは既に子供向けプログラミングでちょっとしたゲーム動画のような
ものを作る遊びをさせていたので、
子供は比較的面白そうに読んで実践してました。
ただ、全部子供でできる内容ではなさそうです。
また、けっこうなボリュームなので途中で飽きてました。
このあたりは子供の興味にもよるかなとは思いますが。
親も読みやすいので、教えやすいこと考えると
なかなか良い本だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

10才からはじめるプログラミング図鑑:たのしくまなぶスクラッチ&Python超入門

未来の世界を変えるスーパープログラマーをめざそう!

カラフルなイラストと少しずつ順番に進めていくていねいな解説で、
プログラミングの基本からゲームの作り方まで、
はじめての人でも楽しみながらプログラミングを覚えることができます。
この本1冊で、スクラッチとPython(パイソン)という
2つのプログラミング言語の使い方がわかります。
プログラミングを学んで、君だけのオリジナルゲームを作ったり、
未来のプログラマーをめざそう! *すべての漢字にふりがなつき。


◎目次
1 プログラミングってなんだろう?
コンピューターのプログラムとは?
コンピューターのように考えよう
プログラマーになろう

2 スクラッチから始めよう
スクラッチはどんな言語だろう?
スクラッチのインストールと起動
スクラッチのインターフェース
スプライト
ブロックとスクリプト
プロジェクト1:ドラゴンからにげろ!
スプライトを動かす
コスチューム
かくれんぼ
イベント
かんたんなくり返し
ペンとカメ
変数
計算
文字列とリスト
座標
音を出そう!
プロジェクト2:サイコロを作ろう
正しい? まちがい?
条件と分岐
調べる
ふくざつなくり返し
メッセージを送る
プロジェクト3:サルVSコウモリ
さあ実験しよう

3 パイソンで遊ぼう
パイソンはどんな言語だろう?
パイソンのインストール
IDLEについて
エラー(まちがい)
プロジェクト4:ゆうれいゲーム
ゆうれいゲームを分析しよう
プログラムの流れ
かんたんな命令
ふくざつな命令
どっちのウィンドウ?
パイソンの変数
データのタイプ
パイソンの計算
パイソンの文字列
入力と出力
判断する
分岐
パイソンでのくり返し
じょうけんつきのくり返し
くり返しからぬけ出す
リスト
関数
プロジェクト5:自動作文マシン
タプルとディクショナリー
変数にリストを入れる
変数と関数
プロジェクト6:作図マシン
バグとデバッグ
アルゴリズム
ライブラリー
ウィンドウを作る
色と座標
図形をかく
グラフィックスを変化させる
イベントに反応する
プロジェクト7:せん水かんゲーム
この次は?

4 コンピューターのしくみ
コンピューターのしくみ
二進法、十進法、十六進法
文字コード
論理ゲート
プロセッサとメモリ
基本のプログラム
ファイルにデータを保管する
インターネット

5 現実の世界でのプログラミング
プログラミング言語
伝説のプログラマー
大活躍しているプログラム
コンピューターゲーム
アプリを作る
インターネット用のプログラミング
JavaScriptを使う
悪いプログラム
小さなコンピューター
プログラミングのプロになる



↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ビジュアルプログラミングと同時に本当はこう書くんだよ、とそのコードが英文対訳みたいになってパイソンも同時並行で学べるように構成されているのですぐ購入しました。
でもせっかく、きれいで子供にはわくわくしそうな仕上がりなのに、テーブルに全部の上にばらまかれた感じで、あれもできる、これもできるって感じですが、一番の基本でつまづきます。よく読めばわかるのかもしれませんが、正直辛口ですがわかりにくいです。
まず、初心者はブロックをつなげて、単純なプログラミングを組んで、それをそのとおりにスプライトねこちゃんが動いた感動をまず子供に味わわせる、その単純なことが、旗をクリックしても動かない、一個一個のコマンドブロックはクリックすると動くけど、作ったものがなぜか動かない、動かしたあと、元の位置に戻すには、ねこちゃんをドラッグするだけで自由に戻せることなどは、当たり前の基本操作ですが、これが書いていないので最初からなんじゃこれって、つまづくことに。
仕方なく、Tynkerという別のビジュアルプログラミングアプリでドローンにつなげて、そのプログラミングどおり飛行したら、そっちの感動が早かったです。子供はこういう単純な「できた」という体験がスタートです。着せ替えたり、顔かえたりはプログラミングではあとでいいと思います。動作に関する意図したことの結果の確認が最初だと思います。そういう基本をまずは練習させるのが「超入門」であって、「超入門」はそこを期待させるものがあります。その基本がわかった人向けなのか、ちょっと構成に疑問があります。
ただパイソンもここまでかみ砕いた本はないので、ここは★5つです。ただもう一冊買わないとscachは子供といっしょにはできないなーというのが残念でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
少々講義は受けとことがあるのですが、続きを自分でこの本をよみながら進めたいました。
すぐにはできなくても、少しづつできるようになるのでとてもいいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

 
 

Scratchに関しては以下でも別途まとめているので、気になったら覗いてみてください。読み放題プランで読める本などもあります。

 

   

電子工作好きにおすすめ「ロボットプログラム・電子工作を学ぶ本」

micro:bitではじめるプログラミング 第2版 ―親子で学べるプログラミングとエレクトロニクス (Make: KID...

micro:bitは、イギリス生まれのSTEM教育用マイコンボードです。英国放送協会(BBC)が主体となって開発したこのボードには、ボタンスイッチ、LED、加速度センサー、光センサー、地磁気センサー、温度センサー、無線機能などが搭載されており、これ1つでさまざまな動きを表現できます。
また、ブラウザ上でブロックを組み合わせるだけでプログラムを作れるため、子どもでもかんたんにプログラミングを習得することができます。
本書では、はじめてマイコンボードに触れる小学校高学年以上を対象に、ハードウェアの基本からプログラミングのしかた、さまざまな作品の作り方までをていねいに解説。
親子で学ぶプログラミングとエレクトロニクスの入門書にぴったりの一冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
 本書はプログラミングの経験者はもとより、まったく初めてプログラミングを学習しようとする方を無視することなくマイクロビットを通してプログラミングを学べる構成になっていると感じました。
また、プログラミングの経験者にとってもメイクコードは初心者ですから、使い方を効率良く学べることが必要ですが。入門者、経験者どちらにとっても効率よく学べるような構成となっています。ブロックリファレンスも大変役立ちました。
 またマイコンボードとして各種センサーなどと接続したりする方法も丁寧に解説してあります。座右に置きたい一冊です。またBBCマイクロビット公式ユーザーガイドも読んでおくと良いでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
複数Microbitに関する本を購入しましたが,これが最も分かりやすくて,発展性もあるかと思いました. (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

<改訂版>Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング

本書は、mBot(エムボット:Makeblock社製の組立ロボットキット)を使ったロボットプログラミングの基礎を身につける書籍です。
Makeblock社の唯一の公式テキストとしてFOM出版から発売することとなりました。
mBotは、簡単なプログラミング(「Scratch(スクラッチ)※1」ベース)で、リモートコントロール可能な走行型のロボットです。超音波センサーやライントレースセンサーなどのセンサー類もついているので、遊びの幅も広がります。
本書では、mBotを動かしながら小さな目標を達成する体験を積み重ね、プログラミング的思考を着実に育成することを目的としています。プログラミングが初めてのお子様も達成感を抱くことができるような教材となっております。

◆mBotの唯一の公式テキストです!
mBotは欧米の小学校に評価され世界各国で販売されていますが、日本語の唯一の公式テキストとしてFOM出版よりリリースします。

◆小学生向けのプログラミング教材としてわかりやすく解説!
mBotの組み立てからソフトウェア「mBlock(エムブロック)※2」を使ったプログラミングまでを学習します。小学校の読者を想定して、大きな文字で構成し、ルビを入れ、語りかけ調の親しみやすい文体にしています。

◆楽しみながら論理的思考・創造性・問題解決能力を養成!
mBotのライトを光らせたり、音楽を鳴らせたり、障害物にぶつからないようにしたりといった操作について、プログラミングをとおして学習します。実際にmBotをいろいろな形で動作させることで、楽しみながら自ら考えて学習し、論理的思考・創造性・問題解決能力を養うことができます。

◆学習環境
本書の学習には、次の環境が必要です。
・ロボット:
・mBot v1.1 (Bluetooth Version)
・ロボットの動作に必要な環境:
・パソコン(Bluetoothデバイスが必要)
・OS:Windows 8.1またはWindows 10
・アプリケーション:mBlock Version5.2.0 Windows版

※1:Scratch(スクラッチ)
アメリカにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発されたビジュアルプログラミング言語のこと。各命令のブロックが用意されており、ブロックを組み合わせることで簡単にプログラムを作成することができる、ビジュアルプログラミング言語。
https://scratch.mit.edu/

※2:mBlock(エムブロック)
「Scratch(スクラッチ)」というビジュアルプログラミング言語をもとにして、「mBot」に命令ができるように設計されたビジュアルプログラミング言語(ソフトウェア)。
https://www.mblock.cc/ja-jp/download

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
この本では、まず最初にmBot自体を作ってみたり、
そもそもプログラムとは何かを易しく解説したりを行なっているので
しっかり基本から勉強できます。

この本は漢字、英語にふりがなが付いているので
まだ漢字は難しい小さな子も、画と写真を見ながら挑戦できます。
解説の言葉も、優しい会話調で、安心して読んでいけます。
ロボットプログラミング初心者の大人にもわかりやすい。

今どこの作業をするのかを、赤枠ではっきり囲みながら進むのが特徴で
そもそもこの本は青、黄、緑など色の分け方がきわめて明確なので
工程を追っていくのが、目に容易に行なえます。
必要な基本がぎっしりつまった本。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

ゲーム好きならはまる?「マインクラフトプログラミングを学ぶ本」

自分で作ってみんなで遊べる! プログラミング マインクラフトでゲームを作ろう!

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

最高に楽しいマインクラフトを、スクラッチで動かし、学べる!

マインクラフトは、日本では“遊び”“ゲーム”のイメージが強いですが、
欧米で学習教材として高く評価されています。

マインクラフトは、ステージやシナリオをクリアしていくゲームのように、
「ゴールがあるもの」ではありません。

「ゴールのない世界」=「答えのない世界」の中で、
自由に表現できるのがマインクラフトの特長です。

この本では、PC版のマインクラフトを、
学習用のプログラミング言語であるスクラッチで操作するため、
小学生でも無理なくプログラミングができます。

多くの初心者向けの書籍とは異なり、
この本では、「おもしろいゲームを作る」ことを重視しています。
「簡単なプログラムを作って終わり」ではなく、
「友だちにすごいと言ってもらえそう」、「かっこいいと思ってもらえる」ゲームを作れます。

20種類のゲームを作ることができるので、
1冊でたっぷり“遊び”“学べ”ます。


■この本をぜひ手に取ってほしい方
●スクラッチなどにふれたことがあり、プログラミングを楽しいと思った方
すでにスクラッチで初歩を学んでいたり、
ワークショップ・体験会で興味を持っていたりする方に最適です。
マインクラフトゆえの楽しさで、
ますますプログラミングを好きになれます。

●プログラミングに興味を持っている方
プログラミング経験がゼロでも取り組めます。
これまで興味が持てていなかった方でも楽しめるでしょう。

■おもな対象年齢
小学校1年生~6年生・中学生

※この本では、マインクラフトPC版と、D-SCHOOLが開発した「マイクラッチ」を使ってプログラミングを学びます。
  マインクラフトPC版のご用意が必要になります。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この本の内容に取り組むために必要なマインクラフトはJava版。
既にインストールしてあったJava版マインクラフトで問題なく出来ました。

STEP 3: 記載されているJDKのインストールは書いてあるようには出来ませんでした。具体的には、本に記載されているウェブサイトからダウンロードしたjdk-8uNNN-xxxxxx...exeをインストールしようとするとエラーが出ました。そこで、Oracleのウェブサイトからjdk-8uNnn......exeをダウンロードして実行しました。
STEP 4: Minecraft Forgeのインストールは書いてある通りに出来ました。Minecraftの起動オプションの設定のところは、Forgeからマイクラッチへの名前変更が出来なかったので、Forgeを複製してから名前を変えました。Minecraftのバージョンが違うのか起動関係の設定やフォルダの指定等がちょこちょこ本と違いましたが出来ました。
STEP 5: MODファイルをダウンロードして、拡張子が.jarのままでよいのか気になりながらmodsフォルダに移しました。
その他: プログラムは何処に保存しても問題ありませんが、プログラムを開く際に参照先がデスクトップになっているのでデスクトップにプログラム保存フォルダのショートカットを置いています。
(マインクラフトランチャーが起動しなくなった時期があり、ウェブ上で情報を探しつつ再インストールしました。残しておくべき設定ファイルの選別等はプログラミングやPCについて素人の当方にはかなり面倒でした。

準備段階について、パソコンに不慣れな人には説明不足と感じられる部分がありそうに思われます。
それでもおそらくたいていの人はこの本の説明沿って取り組んでいけるだろうと思いました。

追記1
上記の準備のあと、プログラムを作ってマインクラフトに反映させてと問題なく出来ています。
スクラッチは未経験でしたが、本に書いてあるようにプログラミングするのは簡単です。

追記2
1ヶ月ちょっとだったかで、この本に書かれているゲームを一通り作り終えました。30分/日に時間制限し(自主管理)、週に1-7回、気が向いた際に取り組んだようです。
その後もカスタマイズしたり、詳細未記載の紹介作例に取組んだり、思いついたものを作ったりしています。
やり終えてからの感想として、マインクラフトで遊ぶ期間を始めにしっかり設けたのがよかったと思います。楽しんで遊んでいるマインクラフトを舞台にプログラミングできることがモチベーションになったと感じました。
様子見期間を取って、今は、スクラッチに取組んでいます。マイクラッチを理解した後だと、スクラッチを理解するのが簡単です。そして、高くなった自由度を歓迎して遊んでいるように見えます。マイクラッチの後にスクラッチに取組むのによい本として「Scratchおもしろプログラミングレシピ」を挙げておきます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
まず書面は、全頁フルカラー&スクリーンショット満載&漢字にはフリガナ付きの、小学生向けビジュアル調プログラミング教本です。

その内容は、JAVAエディションの【マインクラフト】に、【D-SCHOOL】製の拡張コンテンツ【マイクラッチ】を併用して、主に小学生向けにプログラム学習させようと言う参考書です。
その為、OSの制限は実質ありませんが、序盤で紹介されている導入に細かい差異が生じますので、ペアレンタルコントロール観点も含め、どちらにしても親御さんの助力が必要となります。

実際に挑んでみた印象としては、最初の難関となり易い「英語要素」は【マイクラッチ】によってほぼ除外されており、初手で躓く事は稀かと思います。
一方、数学要素は序章から「ガッツリ」登場し、本プログラムは3D空間で作業する為に「x,y,z」の3次元座標概念の解説から始まります。

勿論「変数&関数&時間」要素もフル活用され、やっている事自体は中学生数学にも通じる内容で、流石に小学校低学年で挑めるかは疑問に感じます。
また、最終目的も一般的に「ゲーム」と認知される物を作ると言うよりは、ロボットをプログラミングする概念に近く、それに娯楽性を見出して永続的に挑めるかは、お子様の嗜好性との相談になりそうです。

総じて、最低でも小学校4年生以上に推奨したい、そこそこ本格的で地味とも言える、プログラミング教本であり、先に【マインクラフト】を遊び、それに魅力を感じているお子様でないと、かなり取っ付き難いとも感じます。
それでも本書帯煽り文の通り、スパルタな親御さんから見ても「イケてる小学生」に到達する可能性は秘めており、☆×4ぐらいの評価は得られる可能性が高いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できる パソコンで楽しむ マインクラフト プログラミング入門 Microsoft MakeCode for Minecr...

マイクロソフトが公開している「MakeCode for Minecraft」を使うと、マインクラフトの世界で自由にプログラミングができます。プレイヤーの相棒として働く「エージェント」と一緒に、建築、採掘、養鶏、農耕などをプログラミングで自動化しましょう! MakeCodeはブロックプログラミング方式だから、難しい単語や構文を覚えなくても大丈夫。本を見ながらレッスン形式の手順を追うだけで、複雑なプログラムを簡単に作れます。また、レッスンごとに練習用ファイルをダウンロードできるので、途中で分からなくなっても次のステップに進めます。MakeCodeでプログラムを作って、マインクラフトの冒険を深めましょう!

<ここがポイント! >
・マインクラフトの世界を広げるプログラム7つと、マルチプレイで楽しめるバトルゲームの作り方が分かる!
・MakeCodeの手順を実際の画面で詳しく解説。プログラミングが初めてでも大丈夫!
・ダウンロードしてすぐに使えるサンプルコード付き。レッスンごとに用意されているから、途中で間違えてもすぐやり直せる。
・マインクラフトとMakeCodeの疑問に答えるQ&Aや、本書で作成できるプログラムのコード一覧、MakeCodeで使えるブロックの一覧など付録も充実!

<こんな人におススメ! >
マインクラフトの世界をもっと楽しみたい人
マインクラフトを使ってプログラミングを学んでみたい人

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本書の内容が古いのか、アプリのバージョンが違うのか、プログラムが本書の説明通りに動きません
チャットコマンド を実行すると、必ず2回実行されてしまいます
PCを変えても再現性があり、どうしようもありません…(>人<;)

追記 - 2019/03/02
出版元に報告しましたが、現象を確認頂けたようです
https://book.impress.co.jp/books/1117101116#info (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今入手できるMinecraft for windows10(有料3,000円ちょい)は、バージョン1.14.1
そしてプログラミング教育のために使うcode connectionのバージョンは15.1なのですが、このcode connectionは今のMinecraftでは接続できるのにmakecodeが立ち上がらないので、プログラミングの勉強ができません。
マイクロソフトにと言わせても自分たちのサポート対象外とのこと。code connectionが新しいバージョンで出れば話は別ですが、2017/03/27リリースから手が加えられていないことを考えるとあまり期待しないほうがいいでしょうね。

追加:
先日、マインクラフト for Windows10 のアップデートが行われ、code connectionが正しく操作できるようになりました! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

みんな大好き! マインクラフト るんるんプログラミング! コマンドブロック編

みんな大好き! マインクラフト るんるんプログラミング! コマンドブロック編
(著)松尾 高明, 齋藤 大輔, ナポアン, nishi
発売日 2017/03/21
(3.8)

 
Users Voice
<良かった所>
日本語で読めるコマンドブロックの本という点
面白い仕掛けがいくつか載っている

<よくなかった所>
本に書いてあるとおりの結果にならないものがあった(動作検証をしているのか疑問)
誤字がある(日本語の誤字は問題ないが、コマンドやIDなどの誤字は不親切)
複数人のブログ記事を寄せ集めたような構成で記述に一貫性がない (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
小学生の子供に買いました。
私は内容はわからないですが、ぼろぼろになるまで読み込んで何やら頑張っています。
プログラミングという表現はいきすぎで、プログラミングごっことかもどきだと思います。
でも英語を多少ならずとも打たなければならないようで、
学校では教えない英語のタイピングが少しできるようになりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  
 

読みやすさ重視「漫画でプログラミングを学ぶ本」

マンガと図解でスッキリわかる プログラミングのしくみ

この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【プログラミングは暗記じゃない!】

プログラミング言語を学ぶ前に押さえておきたい、コンピュータとソフトウェア、プログラミングの仕組みを楽しく学べる入門書です。
コミカルなマンガとイラスト図解で、「プログラムは難しい」という先入観にとらわれることなく、すんなり理解が進みます。プログラムの勉強中にはついついおろそかになりがちなコンピュータとソフトウェアのモヤモヤを、スッキリ解消してくれる一冊です。

【本書の内容】
■CHAPTER 1 プログラムとコンピューター
コンピューターとプログラムってどんな関係?/プログラムがコンピューターを動かす流れ/CPUの仕組みを見てみよう/メモリは数値を記憶する/コンピューターが画像や音楽を扱う仕組み etc.

■CHAPTER 2 プログラミング言語って何?
プログラミング言語はいろいろある/プログラミング言語の歴史/実行方式で2つに分類できる/コンパイラとインタプリタの発展 etc.

■CHAPTER 3 メモリの管理とデータ型
データには「型」がある/数値はこうやって記憶する/文字はこうやって記憶する/画像はこうやって記憶する/データを記憶するときは「変数」を使う/変数に記憶してみよう/複合的な変数/配列を試してみよう etc.

■CHAPTER 4 プログラミング言語の文法
「演算子」を使って「式」を書く/演算子には優先順位がある/式を書いて計算してみよう/3種類の構文だけでプログラムを書く/分岐構文で「判断」させる/同じ仕事を繰り返させる/繰り返し処理をしてみよう/自分で命令を作る「関数」etc.

■CHAPTER 5 オブジェクト指向プログラミング
オブジェクト指向プログラミングとは?/なぜオブジェクト指向が生まれたのか/インスタンスを作ってから使う/標準で付いてくるオブジェクトを利用してみよう/新しいクラスを作る/データを隠蔽する「カプセル化」/既存のものから機能を「継承」する/違うものを同じように操作する「多態性」 etc.

■CHAPTER 6 データ構造とアルゴリズム
データ構造ってどんなもの?/リンクリストを自作しよう/アルゴリズムってどんなもの?/バブルソートに挑戦してみよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
子供がScratchやマインクラフトで遊びプログラミングに興味を持ち始めたため、マンガと図解と言うことで、小学生低学年にも分かりやすいかなと購入。
プログラミングの本と言いつつ、単にScratchで練習するだけの本が多い中、プログラミングそのものや種類、考え方等々が記載されており体系的に理解するには良いと思います。

ただ、マンガのページはあまり多くなく、漢字にルビもない、また途中からプログラミングの知識がない大人にとっても高度な内容なため、小学生低学年には不向き。
これからプログラミングを専門学校とかで勉強したい方が、とりあえず体系的に理解するためには良いかな。

Java等でのプログラミングの見本がもっともっと書いてあれば、プログラミングの練習も出来るのにと思いましたが、それら用には他の本を買うことにします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
子供向けかと思ったけれど違う?
イラストでボケとツッコミをメインで説明がややこしく感じる。
字数はあるけど、内容はプログラミングされた時の仕組み?みたいな…処理の簡単な流れかな。
実践ありで、少しpythonやjava、javascriptの入力は説明されてる。

内容にしては値段が高い。
漫画の必要性がない。
超初心者には良くない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
マンガと図解でスッキリわかる プログラミングのしくみ
発売日 2018/02/19
通常 2,200円
現在 2,090円
110円(5%)OFF!!

  

はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
ゲーム作りに初挑戦する主人公と一緒にプログラミングが学べる入門まんが。プログラミングソフト「Scratch2.0」を使ってアクションゲームを作りながら、基本的な考え方や仕組みが習得できる。インターネットを使用する上で大切なマナーも紹介。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
C言語とか、その他言語もそうですが、その基礎的な考え方が学べると思います。
情報系の高校、専門学校、大学に入学を希望している方やプログラムの考えがわからない方は、とりあえずこの本をお勧めします。
今行っている勉強を少し辞めて、実際にこの本からプログラムを動かしてみてください。
その後に、他のものを勉強すると、効率が良くなるのではないか、と思います。
子ども向けと思って馬鹿にはできません。おすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
興味本位でプログラミングを始めようと数冊の本を読みましたが、どれも最後まで読み切れませんでした。当然プログラムなど組める訳がありません。
本書は小学生向けに描かれており、大変判りやすく漫画としても楽しめました。つーか、読みながらプログラム組み立てて行けて一応最後まで
イケて、クソゲー^^;ですが何とか出来ました。初期のファミコンのマリオを頭に描きながら、なーるほどねー って感じでした(もちろん比べ物になりませんが)。
まあ、チョー初心者でマンガ好きで、とりあえずスクラッチとは何ぞやって人にはおすすめ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)
発売日 2017/06/29
通常 1,430円
現在 1,192円
238円(17%)OFF!!

  

マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育

【お母さんのための 一番やさしいプログラミング教育ガイド】

9年ぶりの学習指導要領の改定により、2020年4月から 全国の小学校で「プログラミング教育」が一斉にスタートします。

「パソコンが苦手な私にとって、プログラミングなんて未知の世界…」
「学校の先生にすべてお任せしておけば大丈夫!? 」
「プログラミングの授業がないってどういうこと!? 」
「パソコンを子供に使わせるのはちょっと心配……」
スマホだけで精一杯、パソコンは得意じゃない…というお母さんが、
小学校の「プログラミング教育」と聞いて思い浮かべる疑問や不安は数知れず。
本書では、そんな疑問や不安をマンガでやさしく解決します。

プログラミング教育の最前線で活躍する「ナナコ先生」が、義務教育で必修化された目的や論理的思考力の真意について、IT知識ゼロでもわかるやさしい言葉で解説します。

さらに、親子で学ぶパソコンの基礎操作やデジタル機器との付き合い方、今すぐ試せる「Scratch」プログラミング、人気のワークショップレポートなど、知りたい情報が盛りだくさん。パソコンは初めてというお子さんでも、マンガでプログラミングを疑似体験することで、これから始まる授業に安心して取り組めることまちがいなし。

プログラミングで広がる子どもたちの未来に、お母さんお父さんもワクワクする一冊です。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
−プログラミングって何を教えるの?
−子供たちになぜ必要なの?
−子供にパソコン買うとしたらどんなもの買えばいいの?
私が知りたかったこと全て教えてくれました。この本に出会えなかったら、不安だらけで新学期を迎えることに。
これから学ぶ子供たちは勿論保護者の方には必見です。
これさえあればプログラミングも怖くないww (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
子どもの通う学校にある「プログラミング図鑑」という本が,
有名な「ルビィのぼうけん」よりも日本人の好みに合っていてイイな
と思っていたら,
同じ方が監修されている本ということで読んでみました。
プログラミング学習の全体像がよくわかる良い本だと思います。

まず,タイトルにも書きましたが,
これを書いている,令和2年3月の時点でさえ
新学期から始まる「プログラミング教育」については
世の中には十分に理解されていないのではないかと感じます。
国がこれまでにプログラミング教育の概要と必要性をどれだけ説明してきたのかということはさておき,
他の方も詳細にレビューされていますが,
プログラミング教育とはプログラム作成を学ぶ学習だ,と誤解している方が
私の身の回りのパパ友,ママ友にも(ひょっとしたら先生たちの中にも)結構います。
その誤解が解ける(たぶん)というだけでも読む価値があると思います。

以下は,本を読んでの私なりの理解ですが,
プログラミング教育の目的は
①論理的な思考を体感的に学ぶ
②情報社会の概要や,情報社会を生きるためのルールやマナーを学ぶ
であり,
そのための手段として
「プログラミング教育」という新教科を作るのではなく
身につけさせたい事柄を各要素に分解して
国語,算数,理科…といった既存の教科で取り扱う
ということのようです。

例えば,
「それ片付けておいて。」
というような曖昧な指示が理解できないコンピュータが
正しく片付け作業を行えるような動作指示を考える,という学習は
転じて,
「自分には当たり前の知識でも相手はそれを知らない,
というような,立場の異なる相手に誤解なく説明が出来る」
いわゆる「コミュニケーション力」と同義であり,
国語の中にそのような時間を設ける。
また,
画面上に正三角形を表示する場合
(実際には,アプリのキャラクターに正三角形の軌跡を描いて移動するよう指示を出す)
にも,
「正三角形とは同じ長さの3辺に囲まれた図形である(ので内角は全て60°)」
という「図形の定義」を理解することで
「一定の距離移動したら(内角が60°になるよう)向きを変える動作を3回繰り返す」
という指示を考えられることから,
算数では漠然と形を知るだけでなく,定義を元に作図の方法を考える活動をとり入れる。
もちろん,必要に応じてコンピュータも使用する。
このような感じで取り組まれるということです。

あと,私がこの本で良いと感じたのは,
ゲーム機を含む情報機器の利用のルールを家庭で決める際のポイントや
情報の要不要や真偽を判断することの必要性についても触れられていることです。
今更ですが,情報社会の利便性だけを褒め称えているわけではないことは
この種の本では意外と見落とされがちなので,
信頼性が高いと思います。

終わりの方の「ソサエティ5.0」のビジョンについては
ややありふれている感が否めませんが,
あまり飛躍せず,これくらいの紹介にとどめた方が想像しやすいので
それもまたよし,です。

小学生のお子さんのいる方に一読をお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育
発売日 2020/02/06
通常 1,496円
現在 1,496円

  
 

実用へ「Ruby, Python, JavaScript等を学び始める本」

小学生から楽しむ きらきらRubyプログラミング

スモウルビー解説書の決定版!
ビジュアルプログラミングとテキストプログラミングの両方が楽しめる!

ブロック(ビジュアル)プログラミング言語「Scatch」とテキストプログラミング言語「Ruby」の両方の特徴を持つ「Smalruby」を使ったプログラミング入門書です。Scratch同様に簡単にプログラミングを始められ、さらにテキスト言語への移行もスムーズに行えるよう、ブロックとテキストの両方でプログラムを書く方法を丁寧に解説します。

新学習指導要領に対応した授業指導案が付属します(巻末付録)。

「まえがき」から
プログラミングを学ぶ人へ
この本では小学校でするプログラミングの内容を、音楽、社会、算数、理科といった各教科に分けてできるようになっているよ。これからプログラミングをする人のために、基本的なプログラミングをかんたんにできるようになっていて、それだけではなくて、ちょっとむずかしいけど発展的でおもしろいプログラミングも学べるようになっているよ。つまり、プログラミングがはじめての人にも経験している人にもバッチリな内容になっているよ。
それに今は世界中のいろいろなところでプログラミングが大事なものになっていて、いろいろな職業で必要になっているんだ。だから、小学校だけでなく、中学校、高校、大学、そして社会に出てもずっとプログラミングを学ぶことが多いはずだよ。だから、この本では社会に出てもずっと使えるプログラミング言語「ルビー(Ruby)」を学べるようにしたんだ。

プログラミングを教える人へ
各章の【基本】を参考にしながら学習指導案を読んでください。学習指導案は小学校の授業でプログラミングを教えることを想定したものになっていて、2020年度からの学習指導要領に適応しています。実際の授業でも使われている実践的なものです。

【目次】
第1章 今日から君はプログラマー!
第2章 音楽をつくろう!
第3章 なぞなぞゲームをつくろう!
第4章 シューティングゲームをつくろう!
第5章 幾何学模様をかいてみよう!
第6章 マイクロビットを使ってみよう!

学習指導案集について
第1章 プログラミング体験(各教科・小学3年生以上)
第2章 拍の流れにのってリズムを感じとろう(音楽・小学3年生)
第3章 日本地図を広げて(社会・小学4年生)
第4章 シューティングゲーム(学級活動・小学5年生以上)
第5章 円と正多角形(算数・小学5年生)
第6章 電気と私たちの生活(理科・小学6年生)

↓全て表示↑少なく表示
 
小学生から楽しむ きらきらRubyプログラミング
発売日 2020/05/21
通常 2,200円
現在 2,200円

  

10才からはじめるプログラミング図鑑:たのしくまなぶスクラッチ&Python超入門

未来の世界を変えるスーパープログラマーをめざそう!

カラフルなイラストと少しずつ順番に進めていくていねいな解説で、
プログラミングの基本からゲームの作り方まで、
はじめての人でも楽しみながらプログラミングを覚えることができます。
この本1冊で、スクラッチとPython(パイソン)という
2つのプログラミング言語の使い方がわかります。
プログラミングを学んで、君だけのオリジナルゲームを作ったり、
未来のプログラマーをめざそう! *すべての漢字にふりがなつき。


◎目次
1 プログラミングってなんだろう?
コンピューターのプログラムとは?
コンピューターのように考えよう
プログラマーになろう

2 スクラッチから始めよう
スクラッチはどんな言語だろう?
スクラッチのインストールと起動
スクラッチのインターフェース
スプライト
ブロックとスクリプト
プロジェクト1:ドラゴンからにげろ!
スプライトを動かす
コスチューム
かくれんぼ
イベント
かんたんなくり返し
ペンとカメ
変数
計算
文字列とリスト
座標
音を出そう!
プロジェクト2:サイコロを作ろう
正しい? まちがい?
条件と分岐
調べる
ふくざつなくり返し
メッセージを送る
プロジェクト3:サルVSコウモリ
さあ実験しよう

3 パイソンで遊ぼう
パイソンはどんな言語だろう?
パイソンのインストール
IDLEについて
エラー(まちがい)
プロジェクト4:ゆうれいゲーム
ゆうれいゲームを分析しよう
プログラムの流れ
かんたんな命令
ふくざつな命令
どっちのウィンドウ?
パイソンの変数
データのタイプ
パイソンの計算
パイソンの文字列
入力と出力
判断する
分岐
パイソンでのくり返し
じょうけんつきのくり返し
くり返しからぬけ出す
リスト
関数
プロジェクト5:自動作文マシン
タプルとディクショナリー
変数にリストを入れる
変数と関数
プロジェクト6:作図マシン
バグとデバッグ
アルゴリズム
ライブラリー
ウィンドウを作る
色と座標
図形をかく
グラフィックスを変化させる
イベントに反応する
プロジェクト7:せん水かんゲーム
この次は?

4 コンピューターのしくみ
コンピューターのしくみ
二進法、十進法、十六進法
文字コード
論理ゲート
プロセッサとメモリ
基本のプログラム
ファイルにデータを保管する
インターネット

5 現実の世界でのプログラミング
プログラミング言語
伝説のプログラマー
大活躍しているプログラム
コンピューターゲーム
アプリを作る
インターネット用のプログラミング
JavaScriptを使う
悪いプログラム
小さなコンピューター
プログラミングのプロになる



↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ビジュアルプログラミングと同時に本当はこう書くんだよ、とそのコードが英文対訳みたいになってパイソンも同時並行で学べるように構成されているのですぐ購入しました。
でもせっかく、きれいで子供にはわくわくしそうな仕上がりなのに、テーブルに全部の上にばらまかれた感じで、あれもできる、これもできるって感じですが、一番の基本でつまづきます。よく読めばわかるのかもしれませんが、正直辛口ですがわかりにくいです。
まず、初心者はブロックをつなげて、単純なプログラミングを組んで、それをそのとおりにスプライトねこちゃんが動いた感動をまず子供に味わわせる、その単純なことが、旗をクリックしても動かない、一個一個のコマンドブロックはクリックすると動くけど、作ったものがなぜか動かない、動かしたあと、元の位置に戻すには、ねこちゃんをドラッグするだけで自由に戻せることなどは、当たり前の基本操作ですが、これが書いていないので最初からなんじゃこれって、つまづくことに。
仕方なく、Tynkerという別のビジュアルプログラミングアプリでドローンにつなげて、そのプログラミングどおり飛行したら、そっちの感動が早かったです。子供はこういう単純な「できた」という体験がスタートです。着せ替えたり、顔かえたりはプログラミングではあとでいいと思います。動作に関する意図したことの結果の確認が最初だと思います。そういう基本をまずは練習させるのが「超入門」であって、「超入門」はそこを期待させるものがあります。その基本がわかった人向けなのか、ちょっと構成に疑問があります。
ただパイソンもここまでかみ砕いた本はないので、ここは★5つです。ただもう一冊買わないとscachは子供といっしょにはできないなーというのが残念でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
少々講義は受けとことがあるのですが、続きを自分でこの本をよみながら進めたいました。
すぐにはできなくても、少しづつできるようになるのでとてもいいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

12歳からはじめるゼロからのPythonゲームプログラミング教室(リフロー版)

この商品はリフローレイアウトで作成されており、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できます。

ミニゲームを作りながら、人工知能で話題のPython を楽しく覚えよう!!プログラミング言語Pythonは、最新コンピューター技術の研究室で使われていて人気が高く、しかも覚えやすくて書きやすいと評判なので、「これからプログラミング言語を1つ覚えるならコレでしょ!」と大人気のプログラミング言語です。この本では、簡単なミニゲームを作りながらPythonを楽しく勉強できます。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
萌えキャラ満載なのでおじさんが読むには恥ずかしい。ただ萌えキャラといってもオタク向けというより
年少者にカワイイと思ってもらえるようにアレンジしている気はするのでまあいいでしょう。
中身はしっかりしている。他のPythonの入門書と比較しても充分優れているものと思う。
数字の並べ替え(SORTという)のアルゴリズムを解説することにかなりこだわっている。
まず変化の様子を数字表記、次はグラフでビジュアル化、さらに変化に合わせて色を変えてみる。
テーマをひとつにしぼってそれの表現にいろいろなテクニックを使ってみる手法は面白いと思った。
プログラミングのスキルを身に付けるのはもちろんだが、まず論理的にものを考える思考力を養ってもらおうという筆者の
考え方には好感が持てる。ゲームを作るのもあくまでもプログラミングを楽しく習得してもらうのが目的であることは中身を
みてよく解った。表紙を見て抵抗がある方も読んで損はありません。おじさんにもおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
12歳で最後まで読み進めるにはとてもハードルが高い 私はいい年したおじさん 最近プログラミングを趣味として始めた超初心者 いくつかのいわゆる入門と名の付くプログラミング言語の本を買って挑戦してみた結果、入門と名のつく本はけっして初心者を対象にしていないんだと感じた この本はその中では比較的わかりやすかったが、それでもいくつか説明不足かなといったところがある 一応最後まで読めたので(一部理解できないところがあるがそもそも入門書なのに最後まで読めず途中からチンプンカンプンとなる他の入門書パターンではなかったのでよしとする)わたしが著者なら、最後のシナリオゲームを最初に持ってきて、あとは2D迷路ゲームだけを取り上げてより詳しく解説する それ以外のやつは説明もわかりずらく初心者を混乱させるか読み進めるのにとてもストレスである このよみすすめるうえでどれだけストレスがかかているのかをプログラミング本の初心者向けを販売するものはもっと考えたほうが良い ただゲームを作るのにpygameではなくtkinterであるのは何故? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
12歳からはじめるゼロからのPythonゲームプログラミング教室(リフロー版)
発売日 2017/08/31
通常 2,420円
現在 1,210円
1,210円(50%)OFF!!

  

 

キッズプログラミング本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこに子供向けプログラミングの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のキッズ向けプログラミング関係の本人気ランキング(Best10)です。

(2020/11/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(3.9)
総評価数 101件
2
マンガと図解でスッキリわかる プログラミングのしくみ
発売日 2018/02/19
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+40pt)
Kindle   2,090円 (+21pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.1)
総評価数 7件
3
できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門
発売日 2017/07/13
通常    2,068円
単行本   2,068円 (+21pt)
Kindle   1,673円 (+17pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.1)
総評価数 45件
4
(4.6)
総評価数 31件
5
おとなも学びたいプログラミング Scratch入門
発売日 2018/09/27
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+17pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.8)
総評価数 14件
6
(4)
総評価数 2件
7
(4.7)
総評価数 7件
8
(3)
総評価数 2件
9
(3.2)
総評価数 8件
10
子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育
発売日 2018/07/01
通常    1,568円
単行本   1,320円
Kindle   1,568円 (+64pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.3)
総評価数 17件

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy 動画のおすすめ講座」

UdemyではScratchを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Scratchの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

\【11/27まで】Udemy BlackFridayセール開催中/
学習コース評価
Scratch 3で、親子で学べるゲームプログラミング
発売日 2019/03/13
受講者 239人
通常 2,400円
現在 0円
(4.7)
総評価数 23件
(4.7)
総評価数 3件
(4.8)
総評価数 32件
(4.2)
総評価数 19件
(3.9)
総評価数 5件

 


関連:「スクラッチ」「おもちゃパソコンでプログラミング」

子供向けプログラミング学習なら、やはり今主流は「スクラッチ」。

本記事でも紹介しましたが、以下で別途紹介しているのでのぞいて見てください。

また、今はおもちゃのパソコンでもプログラミングが学べるゲームが搭載されているものも出てきています(↓参照)。まずおもちゃで楽しく慣れていくのも手です。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました