【動画で学習】UdemyのC言語 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのC言語講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのC言語講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるC言語の最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
中学生から始める983m式C言語超入門
発売日 2019/02/21
受講者 114人
通常 4,200円
現在 1,840円
(3.3)
総評価数 13件
2
(3.9)
総評価数 20件
3
【1時間速習】イメージでわかる!C言語ソケット通信プログラミング...
発売日 2020/01/12
受講者 260人
通常 12,000円
現在 2,080円
(4.2)
総評価数 44件
4
(4.2)
総評価数 221件
5
(4.4)
総評価数 71件
6
(4.4)
総評価数 13件
7
IoT開発のためのC言語入門 with M5Stack
発売日 2020/02/02
受講者 117人
通常 19,800円
現在 2,320円
(3.8)
総評価数 10件
8
ゲーム感覚で楽しんで覚えるC言語
発売日 2021/01/27
受講者 47人
通常 8,400円
現在 1,840円
(4.6)
総評価数 5件
9
でで~ん 天国にいけるC言語入門 ヘキサ構造体 パート1...
発売日 2021/04/16
受講者 1人
通常 2,400円
現在 2,400円
(4)
総評価数 1件
10
C言語入門講座
発売日 2017/06/02
受講者 15人
通常 7,800円
現在 1,840円
(4)
総評価数 1件
11
(0)
総評価数 0件
12
【プログラミング教育対応】iPadで学ぶC言語
発売日 2020/08/12
受講者 15人
通常 3,000円
現在 1,840円
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのC言語 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

中学生から始める983m式C言語超入門

中学生から始める983m式C言語超入門
発売日 2019/02/21
(3.3)

17 total hours
実践的にプログラムを書きながら理解をしていくスタイルの学習プログラムです。

従来のように、文法ありきで、実習面が少ない講座ではなく、無駄を省きプログラムを実際に書いてコンパイル、実行し、それから考察するスタイルの全く新しいC言語のマスター法を、元ITエンジニアのマスター方法として、お勧めします。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
これって中学生とかにも聞かせるんだよね?期待値が高かったため 喋りがたどたどしい  アイパッドの保護シートも言い訳、ザラザラのいいシートはいくらでもある  ただしMacメインなので講座は少し辛抱強く受講してみようと思います。 話し方がいきなりすぎる。 win/mac両方説明するのだから、いちいち前提を立てて話すべきだと思う。 何か聞いてる人をバカにしてるような話し方に聞こえる。 自分は一応何を言ってるかわかってるところでも、 わからない人は 多いと思われる話し方。 winのパス通しのとこ ¥のことをエンサインといっていますが、 初めて聴く人のほうが圧倒的に多いとおもう。 エンで良いのでは? 自分のこだわりではなく伝わりやすい言い方はなんなのか? と考えながら話した方が 良い。 macで見てる人はここまで飛ばして構いませんとかないの? hello worldの表示 macに対する説明まで実に40分も関係ない説明を聞いて待たなければいけなかった。 macでの説明だというのにwinの講座か?と思いたくなるような、 説明の長さの比率はwin8:mac2。 同じ講座内でwinもmacも説明しようとしてることが間違いだ。 話や説明が端的で聞きやすく上手ならともかく。 不器用なのだから、win用の講座。mac用の講座。と分けるべき。 下手すぎる。焦ったすぎる。目の前で聞いていても多分同じように感じると思う。 あと includeの後 なぜtabで飛ばすの?作業の意味の説明がいちいち無いんだけど なぜ? wq ライトクイッドと言ってるけどこれはどういう意味なの? そして作業的な意味は なんなの? なぜこんなに説明がないの? (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. C言語開発の環境をそろえていきましょう。すべてオープンソースの環境なので無料です
    • この章の概要について解説します。
    • 最初にTyny C Compilerをインストールする流れを解説します。
    • Tiny C Compiler環境のパス設定について
    • Gnu Makeコマンドをインストールしましょう
    • テキストエディタをインストールしましょう
    • Hello.cをWindowsでコンパイルして実行してみよう
    • 今度はMacで同じことをやってみましょう
    • Windpws10でコンパイル作業はこのようになります。
  2. 1 章 プログラミングをはじめていこう♫
    • MacOSでのハローワールド表示をしてみましょう♫
    • C言語の標準入出力について解説します。
    • 画面への文字出力について
    • 標準出力の機能についてプログラムを解説します。
    • キーボードから1文字入力するプログラムについて見てみましょう
    • C言語で扱う文字列とはなにか解説します。
    • 標準入力機能が抱える大きな問題 gets() のバッファーオーバーラン
    • 実際にバッファーオーバーランが起きる様子をお見せします。
    • getsを使わないプログラムの書き方を示します。
    • 補足動画 scanf を使って安全な入力も可能です。
    • printfの主な書式制御文字と変数の値の表示をお見せします。
    • 16進数の扱いと表示方法
    • 8進数表示について学習しましょう
    • 日本語圏のプログラマの悩み=全角のスペース
    • 珈琲ぶれいく Vimのまとめ
    • 1章のまとめ
  3. 2章 変数と演算子
    • この章の概要1 変数とはなんなのかを理解しましょう
    • コンピューターのゼロは数学のゼロと同じではないんです
    • 変数にたいするとても重要な理解
    • 変数の各種情報を表示するプログラムを書きましょう
    • 演習 メモリイメージ図を描いてみよう
    • C言語の型には更に秘密があるので解説します。
    • 実際に型の違いで起こる問題をご覧いただきましょう
    • ポインタって何?
    • ポインタとメモリとの関係。メモリイメージを理解しよう
    • ポインタとメモリの関係を確かめるプログラムを書いてみよう
    • サンプルプログラムを詳細に解説します。
    • 配列とはなにかを概要から解説します
    • 配列を検証しましょう
    • 2次元、3次元の配列とはどんなもの?
    • 2次元配列を実験してみよう
    • 3次元配列を実験してみよう
    • 多次元配列もポインタでアクセスできるでしょうか?
    • 多次元配列のポインタ式のアクセスを実験してみましょう
    • 構造体を解説します。まずは概要から
    • 変数を組み合わせるとデーターに意味が出てきます。
    • 構造体のC言語での表現方法
    • 構造体とポインタアクセス、そして共用体の理解へ
    • オーソドックスな形式で構造体のプログラムを書いてみましょう
    • typedefとポインタによる構造体データーへのアクセス
    • ちょっと休憩♫
  4. 3章 関数とファイル分割
    • この章で学習することについて解説します。
    • まず関数とは何かを理解してみましょう
    • 関数のイメージ図を書いてみよう
    • 関数のC言語の文法的な表現
    • 実際にプログラミングしてみましょう
    • 関数とファイル、オブジェクトと名前と空間について
    • 実際のプログラムで確認してみましょう
    • 同じネームスペースに広域変数があった場合どうなるか実験しましょう
    • 珈琲ぶれいく 関数へのポインタ
    • void型の関数ってなに?
  5. 4章 制御構造を理解しましょう
    • PADと制御構造の概要を知ろう
    • 制御構造の順次実行をプログラミングしてみましょう
    • 制御構造の switch〜case
    • 少々興味深いIF判定のプログラム
    • 繰り返しの最も基本的な構造について
    • do〜whileの繰り返し構造は養蜂場の注意があります^^;
    • プログラムをスッキリさせるforループを理解しましょう
    • 無限ループってC言語ではよく使います。
    • 無限ループのサンプルプログラムを学びましょう
  6. 5章 ファイル操作を学ぼう
    • WIndowsのファイルシステムが特別なので解説します
    • ファイルとは何か? ハードウエアとデーターストリーム
    • データーストリームを理解しよう
    • stdio.h はなぜインクルードするのか知っておくことは重要です。
    • 標準出力へ文字列を書き込んで(表示して)みよう
    • はじめてのファイル書き込みをしてみましょう
    • ファイル操作上、重要な関数の使い方をマスターしよう
    • まずはファイルにデーターを書き込むプログラムの解説をします。
    • 実際にファイルから構造化されたデーターを読み込んで表示してみましょう
    • ファイルのポインタを移動して、読み書きする位置を変更できます
  7. 6章 ゲーム制作に関して
    • C言語によるゲーム開発基礎の概要その1
    • ゲーム史を知ろう
    • ゲーム史 CRTC出現の時代について
    • よくある質問にお答えします
    • ゲームに必用な特別な処理について その1
    • ゲームに必用な特別な処理について その2
    • 最も重要な当たり判定
    • 珈琲ぶれいく
    • 珈琲ブレイク2 グラフィカルなプログラムが今のC言語でなぜ創れないのか
  8. 7章 CUIゲームの部品を創ってみよう
    • MacOSで使用できるGCC用のグラフィックライブラリの紹介をします。
    • 実は画面に表示されているものはプログラムでは認識できないんです。
    • エスケープシーケンスユーティリティー関数を提供します。
    • エスケープシーケンスで画面を消去してみよう
    • 文字の色の変更と、文字カーソルの移動をしてみましょう
    • 画面上の文字を移動するアニメーションを創ってみよう
    • 通常のプログラムにエスケープシーケンスを適用しよう
  9. 付録(APPENDIX)
    • 付録A
    • CUIゲームの名作Rogueを体験したいという方のために
 
Preview Video
   

演習!C言語 チーム開発も可能になる実力へ簡単にステップアップできる

演習!C言語 チーム開発も可能になる実力へ簡単にステップアップできる
発売日 2019/02/02
(3.9)

10 total hours
チーム開発の基本をマスターすることで、あなたのプログラミングライフがもう1つ上のステージにステップアップします♫

このコースは、専門学校でC言語履修後に教えていた内容です。ただしC言語マスターが必須条件ではありません。

このコースでC言語を知っていたほうが良い部分はサンプルプロジェクトの実践部分の2つの章のみになります。他の章では開発環境の構築方法やmake、ドキュメントの残し方などプログラミング学習者が持っていたほうが良い内容になります。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
開発現場に出たことがない人が見るのは勉強になると思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. まずはCの言語 初級のおさらいから始めましょう
    • この章で学ぶ内容の概要を示します。
    • まずはC言語の変数を理解しているかのチェックです
    • prntf関数をマスターしましょう
    • 関数についておさらいしましょう
    • 関数についての補足説明です。
    • 演算子について解説します。
    • C言語の制御構造について解説します。
    • 制御構造の繰り返しの処理についてお話します。
    • 珈琲ぶれいく 初級編以上中級未満のお話です。
    • 珈琲ぶれいく Windowsのデバイスはどうなっているのかというお話です。
    • 珈琲ぶれいく 標準デバイスドライバーとはなんでしょうか? ^^;
    • 珈琲ブレイク やっとstdio.hの意味が出てきました。^^;
  2. 3大OS上に、同じ条件の開発環境をインストールしよう
    • はじめに
    • Linuxの環境構築は
    • MacOSの場合の環境構築は
    • Windowsへ、C言語の開発環境を用意しようその1
    • WindowsへTiny C Compilerを導入しよう
    • WindowsにANSIエスケープシーケンスが動作するターミナル環境を導入しよう
    • WindowsにGNU-Makeを導入しよう
    • Macの仮想環境のWIndowsXP上で、TCCとANSICONを実行してみる。
  3. 1章 チーム開発入門
    • この章で学ぶこと
    • チーム開発入門
    • チームで共通に認識すべきこと
    • 共通認識からドキュメントの重要性へ
    • 主なドキュメントについて説明します
    • バージョン・リビジョン・バリエーションについて正しく認識しよう
    • ソフトウエアの側面からチーム開発を見てみると問題が見えてくる
    • 二重の保守問題と共有データー問題を理解する
    • 共有データー問題から同時更新問題へ
    • 同時更新問題に明確な解決法はない
    • オープンソース系のソース管理ツールのSourceForge、Github サービスについて
    • ソース管理だけでは解決できなくてもC言語だから解決できる部分もある。
    • C言語には、ローカル関数化という仕組みがあったのでこれを使うと解決できる問題もある
  4. 2章 ドキュメンテーションの重要性
    • ドキュメントをなぜ残すのか。ドキュメントから要求仕様書とは
    • 基本設計書から詳細設計へ。そして関数仕様書へ
    • 関数仕様書の具体例から関数仕様書を書けるようにしよう
    • その他のドキュメント=プロジェクトを解析するのに必用なドキュメント類
  5. 3章 make環境を理解しよう
    • この章では? GNU-makeを導入してみよう
    • 【Windows10】で正しく動作しない場合は その1
    • 【Windows10】で正しく動作しない場合は その2
    • chocolateryでmakeをインストールしよう
    • makeコマンドの概要
    • make環境のサンプル学習
    • 不要なファイルをmakeコマンドで削除=クリーン する
    • makefileの性質とチーム開発での位置づけ〜make環境の保守はとても重要です。
  6. 4章 サンプルプロジェクト その1 ANSIエスケープシーケンスユーティリティの制作
    • この章で学習することをPDF文書にまとめてあります
    • ANSIエスケープシーケンスの概要などを解説します。制作にあたっての何が要求されているかかんがえてみてください。
    • ANSIエスケープシーケンスとリアルタイムキー入力について
    • ANSIエスケープシーケンスの機能にどのようなものがあるのか解説します。
    • ANSIエスケープシーケンスとリアルタイムキー入力についてプログラムの側面から解説します。
    • サンプルプログラムのコンパイルと実行の様子をお見せします。
    • リアルタイムキー入力の補足説明です。
    • プログラムのソース解説を何回かに分けて行います。
    • プログラム解説 インクルードファイル解説からKeyモード設定関数など
    • プログラム解説 Keyモード終了関数からプロトタイプ宣言まで
    • プログラム解説 エスケープシーケンス関数解説 前半
    • プログラム解説 エスケープシーケンス後半部分の解説
    • Windows10環境でコンパイルするときの問題点について
  7. 5章 サンプルプロジェクト その2 リンクリストユーティリティの制作
    • この章で学習するリンクリストの概要からまず理解しましょう
    • ユーティリティーとは何かについて解説します。
    • リンクリストの構造を学ぼう その1
    • リンクリストの構造解説 その2です
    • リンクリストのアルゴリズムを維持する3つの指標と必用最低限の関数の解説
    • リンクリストを支えている、構造体や、基本関数の解説をします。その1
    • 珈琲ぶれいく リンクリストの高度な応用例
    • 珈琲ぶれいく リストブロックがメモリを使う様子の解説など
    • 珈琲ぶれいく ガベージコレクションが必用な理由
    • 珈琲ぶれいく リンクリストとガベージコレクションが必用な理由
    • 珈琲ぶれいく 共用体を使うとメモリを節約できます
    • 珈琲ぶれいく 共用体のリンクリストはかなり効率的にメモリの管理ができる高度なアルゴリズムです
    • メモリのブロックを一つ作成する関数〜
    • リンクリストを綺麗に終了する関数〜
    • リンクリストにメモリブロックを1つ追加する関数の場合
    • リンクリストの応用について
  8. 【ボーナストラック】
    • ボーナスレクチャー (関連コースと983m 北海道 4Uのご紹介)
 
Preview Video
   

【1時間速習】イメージでわかる!C言語ソケット通信プログラミング

【1時間速習】イメージでわかる!C言語ソケット通信プログラミング
発売日 2020/01/12
(4.2)

1 total hour
一時間でネットワークの基礎の解説からソケット通信プログラミングが出来るまでレベルアップ!

C言語プログラミングの中でも質問の多いソケット通信について、要点をまとめました。

C言語に限らず一般的なネットワークの概念から、C言語によるHTTPサーバプログラミングまでを解説します。


コースでは以下について学びます。

  • ソケット通信の概要

  • TCP通信とUDP通信の違い

  • TCP通信プログラミング

  • UDP通信プログラミング

  • HTTPサーバプログラミング

  • Windows10へのC言語プログラミング環境の構築


通信プログラミングは、基礎を学び終わったプログラマーなら誰でもぶち当たる壁です。

通信プログラミングには通信の知識も必要になるので、プログラムだけ学んできた初心者には難しく感じ、挫折する人もいます。

このコースでは、通信の知識について、初心者でもわかりやすくイメージを使って解説しています。

イメージとプログラムの流れをあわせて学べるので、C言語ソケット通信プログラムで関門となるbindやacceptの意味も理解できる内容になっています。


ソケット通信プログラミングができれば、初心者から脱出できたと言ってもらってもよいと思います。

このコースでソケット通信について学び、初心者を脱出の一助となれば幸いです。


※このコース受講にはC言語プログラミングの基礎的な知識を必要とします。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
ソケット通信の基礎を学べた。 TCP/IPやUDP/IPについても説明があってネットワーク初心者でもわかりやすかった。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • このコースでは
    • プログラミング環境の構築
    • 学習環境の使い方
  2. 通信の基礎
    • 通信の基礎
    • TCP通信
    • UDP通信
    • サーバクライアントモデル
  3. プログラミング
    • ソケット通信プログラミングの流れ
    • TCP通信プログラミング(client)
    • TCP通信プログラミング(server)
    • UDP通信プログラミング
    • HTTPサーバプログラミング
  4. まとめ
    • まとめ
    

ゼロから確実に理解できるプログラミングC言語 詳細(プログラミング教育へ考察の章も含みます)

ゼロから確実に理解できるプログラミングC言語 詳細(プログラミング教育へ考察の章も含みます)
発売日 2015/05/22
(4.2)

30.5 total hours
専門学校で教えてきたC言語の詳細を動画で学習できるように再構成したものです。

専門学校で20年以上プログラミング教育をした経験を活かしたカリキュラムになっています。

そのため、初心者向けと銘していますが、それは、表面だけ文法を説明するような内容ではなく、基礎を身に着けていただきたいために、言語の深い部分にまで詳細に解説し、学習する方にC言語とはどのような言語なのかを理解していただける内容になっています。そのため、数日でマスターできるというような安易なタイトルにはしていませんし、それなりの詳細解説に必要な時間数になっています。

このコースは、ITリテラシーの3部作の最初のコースとして設計しました。

このコースの次は、C言語を理解した上で、コンピューター概論、OS概論と続きます。三部目が、オブジェクト指向を予定しています。

2017年度版は、1016年度でのコース初作の欠点を見直し、白板解説が見づらい場合はスライド解説を取り入れ、動画時間数が長く、スマホ向きではないものは時間分割するなどの改善も施してあります。またプレビューも多く配置しました。

このコースで、学習しづらいものは、C言語そのものではなく、プログラミングですが、それでもプログラミングの基礎が身につくようなセクションも加えましたので、ぜひ受講してC言語の世界を楽しんでいただければと思います。
受講者さんの中の小中高の先生のためのプログラミング教育の考察章も加えました


講師 渡邊


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
講師の略歴を紹介してくださり、どういう経験を経てこのコースを提供してくださっているのかが分かるので、安心して受講できるなと感じることができた。説明もわかりやすいので、これから勉強するc言語の教え方もきっとわかりやすいと感じたのでとても高評価だと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 0章 ここから開始しましょう。C言語の文法に進みたい方は、このあと一章に進んでも大丈夫です。
    • 【動画】はじめに
    • プログラミング教育に関する章について
    • Windows系のPCの場合の注意事項
    • WidwosPCで受講される方はぜひこの無料コースをおすすめします
    • キーボードに刻印されている記号などの呼び方を解説します
  2. プログラミング教育に役立てたい方のための章
    • 解説の方針について
    • プログラミングに関する新指導要領について
    • エンジニアでもない先生方が子どもたちに何をどう指導すればいいのでしょうか
    • プログラミングを理解するのになぜ小ピューター自体の理解が必要なのか
    • 前回のレクチャーの補足
    • 90年台に入り、コンピューターとプログラミング言語のパラダイムは大きく変化しました
    • なぜ中学生から始めるオブジェクト指向なのかについて少し解説します。(この動画はJava要素は未修正です)
    • コンピューターとプログラミングの関係とタイムライン
    • ノイマン型コンピューターの基本構成はどのように表されるか
    • 人の脳とノイマン型コンピューターとの関係
    • 意外にも人の脳とノイマン型コンピューターの共通点について
    • メモリを理解するために100万段のタンスをイメージしよう
    • 珈琲ぶれいく
    • 脳にとってもコンピューターのCPUにとっても重要な制御構造とは
  3. (2017追加)質問などにお答えします。
    • (2017新)いただいた疑問におこたえします。その1
    • (2019新)いただいた疑問にお答えします。その2
    • (2019新)WindowsとC言語環境の相性問題についてお話してみました
    • 表示できないPDFがある場合は、これをダウンロードしてください。
  4. 1章 ノイマン型コンピュータとはどんなもの? (興味のある方は是非試聴してください)
    • 1−1 ノイマン型コンピューター
    • 1−2 百万段のタンスとメモリーについて
    • 1−3 メモリーと2進数の関係
    • 1−4 10進数に変換する方法
    • 1−5 コンピュータの変数というもの
    • 練習問題−1
    • レクチャー15がうまく表示できない方はこちらをお試しください。
    • 1章の実習
  5. 2章 プログラミングを始めよう
    • Windowsのパッケージインストーラーを導入しましょう
    • この章の以下のレクチャーは必要に応じて見て下さい
    • 2章1項 プログラミングの学習環境を整える
    • 2章ー2 マッキントッシュ単体で実行環境を作る
    • 2章−3 Windowsに実習環境を作る。Cygwin編
    • 2章−4 windowsにCygWinをインストールし、Cコンパイラをインストールする。補足
    • Linuxの実行環境を作る
    • (2017新)新たなウインドウズ用の開発環境を導入しよう。
    • (2017新)新しいウインドウズ用の開発環境の導入 その2
    • (2017新)旧バージョンのBCC5.5をダウンロードするには
    • (2017新)旧バージョンのBCC5.5をインストールする
    • 2章−5 LinuxのライブCDで開発環境を作ることについて
  6. (2017新)3章 さあ始めよう
    • (2017新)最初にメモリイメージを理解しよう
    • (2017新)最初にメモリイメージについて理解しよう その2
    • (2017新)2進数と10進数に関して
    • (2017新)8進数に関して
    • (2017新)16進数に関して
    • 6項 C言語の簡単なプログラムを暗記する。
    • 7項 【重要】printf()という関数の使い方
    • (2019版)先の例をWandboxしてみよう
    • 2章・3章の実習
    • 先のレクチャーの答えは、次章のwandsboxの章にもありますので是非確認しましょう
    • 1項 プログラミングのその前に、暗記事項その1 2進数と10進数の関係について
    • 2項 2進数とメモリイメージ
    • (2019 修正版)ビットとは?10進数から2進数への変換方法
    • 4項 8進数と2進数、10進
    • 5項 16進数と2進、10進
    • (2019版)Wandboxで実習してみよう 100を16進数で表示する
    • (2019版)10進数の100を2進数で表示するプログラム
  7. (2019新章)Wandbox.org を使って簡単にテストしましょう
    • WandBOXとはなにかを解説します。
    • WandBOXでHelloWorldを表示するプログラムを書いてみましょう
    • WandBOXがもし使えなくなってもというお話です。
  8. 4章 (2017新)変数とデーター型
    • (2017新)変数とデーター型の概要 その1
    • (2017新)変数とデーター型の概要 その2
    • (2019追加)整数型のサイズ表示をしてみよう
    • (2019年追加)int型の箚し新事情
    • (2017新)プログラム言語とプログラミングの違いとは
    • (2017新)変数のデーター型について一気に解説します。
    • (2019追加)整数型のデーターサイズは注意が必要です。
    • (2017新)データーの構造化 その1
    • (2017新)データーの構造化そして構造体へ その2
    • (2017新)配列と構造体、共用体 その1
    • (2017新)配列と構造体、共用体 その2
    • (2017新)配列と構造体、共用体 その3
    • (2019版)構造体と共用体の違いを実際に確かめてみよう
    • 14項 ポインターについて
    • (2019版)ポインタの簡単な実験
    • 15項 定義と別名・シノニムについて
    • C言語の変数とそのスコープ その1
    • C言語の変数とそのスコープ その2
    • C言語の変数とそのスコープ その3
    • 4章の実習
  9. 5章 構造化と関数
    • (2019)構造化とはなにか その1
    • (2019)構造化とは何か? その2
    • (2019)構造化とは何か その3
    • (2019版)関数とはなにか? その1
    • (2019版)関数とはなにか その2
    • (2019版)関数とは何か その3
    • (2019年度版)関数とはなにか その4
    • (2019版)関数とはなにか? その5
    • 5章の実習
  10. 構造化と関数の旧レクチャーなど
    • この章は
    • 1項 プログラムと構造化の流れ(1)
    • 2項 プログラムと構造化の流れ(2)
    • 3項 プログラムと構造化の流れ(3)
    • プログラムと関数について(1)
    • プログラムと関数について(2)
    • プログラムと関数について(3)
    • プログラムと関数について(4)
    • プログラムと関数について(5)
    • プログラムと関数のまとめ(1)
    • プログラムと関数のまとめ(2)
    • プログラムと関数のまとめ(3)
  11. (2017新)6章 ポインターを完全理解するための章
    • (2017新)まずはあなたに問題を考えていただきたい。
    • (2017新)まずはあなたに問題を考えていただきたい。 その2
    • (2017新)配列とポインタの考察 その1
    • (2017新)配列とポインタの考察 その2
    • (2017新)配列とポインタの考察 その3
    • (2017新)配列とポインタの考察 その4
    • (2017新)配列とポインタの考察 その5
    • (2019版実習)WandBoxで配列のデーターをポインタ変数でアクセスしてみよう
    • (2017新)関数へのポインタについて。その1
    • (2017新)関数へのポインタについて。その2
    • (2017新)関数へのポインタについて。その3
    • (2017新)関数へのポインタについて。その4
    • (2017新)関数へのポインタについて。その5
    • (2017新)関数へのポインタについて。その6
    • (2017新)関数へのポインタについて。その7
    • 6章の実習
    • 1項 ポインタをより深く理解しよう
    • 2項 アスタリスク(*)の3つの意味について
    • 3項 ポインタの次元を理解しよう
    • 4項 ポインタの型について
    • 5項 構造体・共用体とポインタについて
  12. 7章 制御構造について
    • (2017新)C言語とPADについて
    • 2項 順次実行の制御構造
    • 3項 比較判定の制御構造
    • (2017新) switch caseとPAD
    • (2017新)繰り返しの制御構造とPAD
    • 7章の実習
    • (旧)1項 C言語のフローチャート PADについて
    • (旧) 補足 関数とPAD
    • 4項 switch 〜 case という制御構造
    • 5項 繰り返しの制御構造 その1
    • 6項 繰り返しの制御構造 その2
  13. 8章 実習と解凍例
    • 実習の注意事項
    • 1章実習の答え(ドキュメント)
    • 2・3章実習の答え
    • 4章実習の答え
    • 5章 実習の答え
    • 6章 実習の答え
    • 7章 実習の答え
    • 総合実習
    • 8章 綜合実習の参考動画(1)
    • 8章 綜合実習の参考動画(2)
    • 8章 綜合実習の参考動画(3)
    • 8章 インクルードファイルと#ディレクティブについて
    • 8章 綜合実習の答え
  14. エスケープシーケンスとリアルタイムキー入力
    • エスケープシーケンスとリアルタイムキー入力
    • コンピューターと文字コードの1
    • コンピューターと文字コードの2
    • エスケープシーケンスその1
    • エスケープシーケンスその2
    • エスケープシーケンスその3
    • エスケープシーケンスその4
    • リアルタイムキー入力 その1
    • リアルタイムキー入力 その2
    • リアルタイムキー入力 その3
    • リアルタイムキー入力 サンプルプログラム解説 −1
    • リアルタイムキー入力 サンプルプログラム解説 −2
    • リアルタイムキー入力 サンプルプログラム解説 −3
  15. 以上で終了です
    • まとめと今後の指針
  16. (2017新)C言語でプログラミング超入門
    • (2017新)C言語学習とプログラミング学習は同じではありません
    • (2017新)プログラムを設計するということ
    • (2017新)設計を理解するには、日本語での疑似コーディングが良い
    • (2017新)関数仕様書を書こう
    • (2017新)あなたが設計した機能のテストプログラムを書こう
    • (2017新)デバッグとprintf()デバッグについて理解しよう
    • (2017新)デバッグ専用関数を用意しよう
    • (2017新)実例 画面制御を設計してみよう その1
    • (2017新)実例 画面制御を設計してみよう その2
    • (2017新)実例 画面制御を設計してみよう その3
    • (2017新)実例 画面制御を設計してみよう その4
    • (2017新)実例 画面制御を設計してみよう その5
    • サンプルプログラムを配布します。ダウンロードしていただけます。
    • Windows10で実行したい方への情報
    • Windows上でLinuxを動かす。 VirtualBoxの導入法 その1
    • Windows上でLinuxを動かす。 VirtualBoxの導入法 その2
    • VortualBoxで、KNOPPIXを動かす流れを紹介します。
  17. ボーナストラック1 IT関連三部作 C言語の次に学ぶべき 私のコースのレクチャーを特別に紹介します
    • 新コース紹介 エジソンランプとコンピューター(0章から)
    • 新コースのレクチャー紹介 エジソン効果(0章から)
    • 新コースのレクチャー紹介 トランジスタの原理(0章から)
 
Preview Video
   

イメージでわかる!基礎知識ゼロからのC言語。現役エンジニアが教えるC言語完全攻略コース

イメージでわかる!基礎知識ゼロからのC言語。現役エンジニアが教えるC言語完全攻略コース
発売日 2019/09/22
(4.4)

5 total hours
国内企業トップの求人数を誇るC言語エンジニアになるためのスキルを身に着けよう!

1972年に登場したC言語。

移植性が高く、UNIXやWindowsといったPCプラットフォーム以外でも、少ないリソースの組み込み機器でも多く使われています。

このような背景もあり、登場してから40年以上経過しても、国内企業求人トップに位置しています。


このコースでは、まったくの初心者でも学べるように入門レベルの基礎知識からイメージを使ってゼロから学んでいきます

実際に講師がつまづいた経験をもとに、初心者でもわかりやすくイメージで伝えていきます。



コースの流れは次のようになっています。


まずは、初心者でもプログラミングを始められるように

  • C言語って何?

  • 学習環境の構築

  • コンピュータとプログラムの関係性

について学びます。そして実際にプログラミングを一緒にしていきます。

  • 変数と式の書き方

  • 制御の流れ

  • プログラム内での文字の使い方

  • 関数について

  • 配列と構造体

  • ポインタ

最後に応用編として中級レベルのプログラミングを学びます。

各セクションの初めに、勉強する内容をイメージを使って解説していますので、初心者でもわかりやすくなっています。

各セクションのまとめでは、そのセクションで学ぶべきこと・つまづきそうなポイントを学習できる課題があります。

課題は提出してもらえれば講師がフィードバックしますので、理解を助けます。


それ以外でも質問があればQ&Aフォームから質問してもらえれば、講師が数日中に答えます。


このコースを学んでもらえれば、C言語プログラミングの基礎は固めてもらえますので、「何から始めたらいいかわからない」、「周りに気軽に教えてくれる人がいない」、「自己学習しているけどつまづいてしまった」という人に最適です。

みなさんのプログラミング学習の一助になれば幸いです。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
講師の説明が分かりやすいし、不明点を質問できるのがいい所だと思う。他のサイトで掲示板で質問すると複数回答が返ってきて余計分からなくなることもあるがこのコースではそのようなことは無い点も評価できる。5日の内容なので大枠は理解できたと思う。細かい点は他の本を見るなりして、勉強していけばよいと思う。プロセス間通信の内容は知らなかったので、プログラムがどのようにして通信しているのかが良くわかり参考になった。ただ、ソースは難しいので理解するまで時間がかかりそうだ。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • このコースについて
  2. 準備
    • このセクションでは
    • C言語について
    • インストールとセットアップ
    • 学習環境の使い方
    • プログラムの構造
  3. コンピュータとプログラム
    • このセクションでは
    • コンピュータの基本構造
    • プログラムとはなにか?
    • まとめ
  4. 変数と式
    • このセクションでは
    • 変数と型
    • 式とは
    • 練習問題(三角形の面積の計算)
    • 課題解答
    • まとめ
  5. 制御の流れ
    • このセクションでは
    • if文
    • switch文
    • while文
    • for文
    • 3段ピラミッド解答
    • まとめ
  6. 文字の扱い
    • このセクションでは
    • 変数に文字を入れみよう
    • 文章(文字列)を表示してみよう
    • 文章(文字列)を入力してみよう
    • 文字列を操作する関数(機能)1
    • 文字列を操作する関数(機能)2
    • 文字列を操作する関数(機能)3
    • 課題解答
    • まとめ
  7. 関数
    • このセクションでは
    • 簡単な関数の定義
    • 引数と戻り値
    • auto変数とstatic変数
    • グローバル変数
    • まとめ
  8. 配列と構造体
    • このセクションでは
    • 配列とは
    • 構造体とは
    • アライメント
    • まとめ
  9. ポインタ
    • このセクションでは
    • ポインタとは
    • ポインタの基本
    • ポインタを使う場面
    • まとめ
  10. 応用編(プロセス間通信)
    • プロセス間通信の概要
    • プロセス間通信(テキストファイル)
    • プロセス間通信(バイナリファイル)
    • プロセス間通信(ソケット説明)
    • プロセス間通信(ソケット クライアント)
    • プロセス間通信(ソケット サーバ)
  11. 応用編(テクニック)
    • マクロ
 
Preview Video
   

関連:C言語を本でも学ぼう

UdemyのC言語講座は上述したとおり、C言語の基礎的な使い方から応用法まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

C言語の参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました