【2020年】Microsoft Azure本「人気20冊と新書/高評価/おすすめの9冊」

こちらでは、Microsoftのクラウドコンピューティングサービス「Micorsoft Azure」の人気・おすすめの参考書を紹介していきまっす。

 

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Microsoft Azure本「人気ランキング 20冊」

Azureの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/09/20 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
合格対策 Microsoft認定 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集...
発売日 2020/03/08
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
(4.1)
総評価数 30件
2
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
発売日 2017/12/15
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+39pt)
Kindle   3,465円 (+35pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 10件
3
(4.4)
総評価数 12件
4
ひと目でわかるAzure Active Directory 第2版 (マイクロソフト関連書)...
発売日 2018/02/06
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,553円 (+36pt)
(3.9)
総評価数 11件
5
Azureテクノロジ入門 2019
発売日 2018/12/18
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,613円 (+27pt)
(4.1)
総評価数 8件
6
しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識...
発売日 2019/01/23
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(4.5)
総評価数 7件
7
Azureテクノロジ入門 2019
発売日 2018/11/15
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
(4.1)
総評価数 8件
8
(3.5)
総評価数 2件
9
ひと目でわかるAzure Active Directory 第2版 (マイクロソフト関連書)...
発売日 2017/11/09
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
(3.9)
総評価数 11件
10
無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門
発売日 2013/08/09
通常    1,920円
単行本   1,920円
Kindle   1,131円 (+11pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 11件
11
Azure Functions入門~サーバー管理を不要にするサーバーレスアプリ開発のすべて~...
発売日 2019/06/11
通常    4,510円
単行本   4,510円 (+45pt)
Kindle   4,285円 (+43pt)
(3.2)
総評価数 3件
12
Windows Azure Packプライベートクラウド構築ガイド ThinkIT Books
発売日 2015/08/28
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 1件
13
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
発売日 2017/12/15
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+39pt)
(3.5)
総評価数 10件
14
(3.9)
総評価数 3件
15
(3.5)
総評価数 2件
16
クラウドデザインパターン Azureを例としたクラウドアフリケーション設計の手引き...
発売日 2014/07/09
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   3,135円 (+31pt)
(5)
総評価数 1件
17
ひと目でわかるAzure Information Protection (マイクロソフト関連書)...
発売日 2018/06/26
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
Kindle   3,135円 (+31pt)
(0)
総評価数 0件
18
さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning実践ガイド(日経BP Next ICT選書)...
発売日 2016/05/31
通常    2,970円
単行本   1,000円
Kindle   2,970円 (+30pt)
(4.2)
総評価数 13件
19
Azureテクノロジ入門 2016
発売日 2017/02/15
通常    2,750円
単行本   43円
Kindle   2,750円 (+28pt)
(3.5)
総評価数 7件
20
ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 改訂新版...
発売日 2017/08/29
通常    2,613円
単行本   2,297円
Kindle   2,613円 (+27pt)
(3)
総評価数 2件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Microsoft Azureの今人気の参考書の 3冊

「合格対策 Microsoft認定 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集」

重要ポイントをおさえて合格へ!
模擬試験問題・解説付き!

Microsoft認定試験「AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals」の対策書です。
「AZ-900」は入門レベルの試験であり、どなたでも受験できます。
本書では、試験対策の講師として豊富な知識と経験を持つ著者が、重要ポイントを
丁寧に解説しています。本書の構成は、次のように非常にシンプルです。
特に第2章から第5章までは実際の試験の範囲(スキル)にそのまま合わせているので、
効率的に学習することができます。また、各章末の練習問題で理解度をチェックできます。
さらに、第6章の模擬試験問題を解くことで、確かな実力が身につきます。

第1章 Microsoft認定試験とAZ-900の概要
第2章 クラウドの概念
第3章 コアなAzureサービス
第4章 セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信用
第5章 Azureの料金プランおよびサポート
第6章 模擬試験問題

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AZ-900の初めての受験のために購入しました。
勉強の順序としては、先にLearnのラーニング パス「Azure の基礎」を全て終えてから、
本書に取り組みました。

Azureの基礎と重複する内容ももちろん多いのですが、
試験の観点からどこを重点的に覚えるべきかというのは、
本書の太字部分や章末問題、模擬試験の内容から掴むことができ、有用でした。

ラーニングパスを終えるだけでも、もちろん合格は可能かと思いますが、
より確実に合格を目指すために購入する分にはオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事の関係で、最低限AZ-900の資格を取る必要があり、Microsoftの無償Learningで勉強して受験に臨みましたが667点で不合格。試験の出題形式に慣れる必要があり本書を買い対策をした所860点で合格しました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)」

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
(著)真壁 徹, 松井 亮平, 水谷 広巳, 横谷 俊介
発売日 2017/12/15
(3.5)

Microsoft Azureの基本サービスである、仮想マシン、PaaS、ネットワーク、ストレージ、データベースを対象として、各種サービスの使い方、仕様、複数のサービスを組み合わせたシステム構築手法などを解説します。
最初に企業システムでの活用を前提として、冗長構成をとったサンプルシステムの構築からスタートし、仮想マシン、PaaS、仮想ネットワーク、オンプレとAzureのネットワーク接続、さまざまなストレージの活用、データベース(SQL Database、MySQL/PostgreSQL、Cosmos DB、Data Warehouse、Data Lake)、セキュリティ管理まで、具体例を示しながら主だった機能を網羅的に取り上げます。
また、AzureにおけるInfrastructure as Codeの基本となる、APIを利用したプロビジョニングや構成管理の自動化、そしてAzureのリファレンスアーキテクチャを参考に、Windows/Linux、.NETとSQL Server/MongoDB、Express、Angular、Node各サービスを組み合わせたシステム設計を詳細に解説します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本を読みながら実際に手を動かして理解していける本です。
図なども多く、とても読みやすいです。
Azure初心者でもこれを読みながら実際に試していけば理解が深まると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
先日はこちら「Microsoft Azure実践ガイド」を一気に読みました。
Azure未経験なのに、Azureバリバリ使っている職場に転職しました。

この本1冊でAzureの不足知識を補完してくれます。
入門編では無くて「実践ガイド」となっているので、より具体的に理解を深めることができました。

また、AWSが分かるならその知識をAzureに置換してくれるような素晴らしい書籍です。
AWSとのサービス比較表があるので、すぐにイメージしやすくて本当に助かりました。
曖昧だったAzureの知識を体系的に理解するきっかけになり、すぐに読んで良かったと思います。

クラウド環境はニーズに応じて柔軟に対応するような形が理想だと思っていますので、
Azureも選択肢の一つとして視野に入れてみてはいかがでしょうか?

「マルチクラウドはコストが掛かる」と言われていますが、Azureの場合はこのような分かりやすい書籍も公式ドキュメントも充実していますので、躊躇することなんて何もないのだと思いました。

AWSやOpenStackが分かっているならAzureの理解に1ヶ月もかからないです。
この本を片手に、ガンガン設計・構築・開発していきましょう! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
発売日 2017/12/15
通常 3,850円
現在 3,465円
385円(10%)OFF!!

  

「Azure定番システム設計・実装・運用ガイド オンプレミス資産をクラウド化するためのベストプラクティス (マイクロソフト...」

Microsoft Azureは非常に数多くのさまざまなサービス(機能)を提供しています。実際にAzureを利用してシステムを設計・構築しようとしても、提供されているサービスの中から何をどのように選んだらよいか、悩んでしまった経験を持つ技術者のかたも多いでしょう。そのようなお悩みを解決できるのが本書です。
本書は日本マイクロソフトのAzureサポートチームの現役のサポートエンジニアが、日常のサポート業務から得たノウハウをAzure利用者の皆さんに伝授する書籍です。
既存環境をAzureに移行する実践的なシナリオに沿って、なぜそのサービスを使う必要があるのか、どのようなことに注意して構成する必要があるのかといった、ベストプラクティスを解説します。
巻頭には序文として、本書の背景となる、既存のシステム資産のクラウド化のポイントを、“赤間本"の赤間信幸氏が特別寄稿しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
MSサイトの日本語訳や一般書籍の情報を参考にしてAzure構築や知識習得に四苦八苦
していました。この本によりクリアになる内容が多く、実践的な良書だと思います。
まさに、"待っていました"。
Azureの知識整理をしつつ、オンプレミスからAzureへの移行の指針が分かりやすく記載
されています。
また、2018年9月現在の最新UIの画面コピーも図として使用されており、著者の本書に
対する熱意が伝わってきます。
本当に、この本を提供してもらえて感謝です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
他の方のレビューにもある通り、翻訳調の文章がどうしても硬くて、頭に入りにくいという人もいるかもしれません。
まぁクラウドやる方は原文で資料を読んだりするので、気にならないという人もいるとは思いますが。
こちらの内容はオンプレからの移行など、シナリオに沿った内容となっておりますが、
自分の案件とは違うシナリオでも一般的な事が書いてあるから、適宜必要な情報を拾えば十分使えます。
サーバ(Windowsに限らず)自体に詳しくない人は、もう少し手取り足取り解説した本の方がいいかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Microsoft Azureの発売したての注目の新書 3冊

「速習Azure Administrator (技術の泉シリーズ(NextPublishing))」

 
速習Azure Administrator (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
発売日 2020/05/29
通常 1,980円
現在 1,980円

  

「合格対策 Microsoft認定 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集」

重要ポイントをおさえて合格へ!
模擬試験問題・解説付き!

Microsoft認定試験「AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals」の対策書です。
「AZ-900」は入門レベルの試験であり、どなたでも受験できます。
本書では、試験対策の講師として豊富な知識と経験を持つ著者が、重要ポイントを
丁寧に解説しています。本書の構成は、次のように非常にシンプルです。
特に第2章から第5章までは実際の試験の範囲(スキル)にそのまま合わせているので、
効率的に学習することができます。また、各章末の練習問題で理解度をチェックできます。
さらに、第6章の模擬試験問題を解くことで、確かな実力が身につきます。

第1章 Microsoft認定試験とAZ-900の概要
第2章 クラウドの概念
第3章 コアなAzureサービス
第4章 セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信用
第5章 Azureの料金プランおよびサポート
第6章 模擬試験問題

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AZ-900の初めての受験のために購入しました。
勉強の順序としては、先にLearnのラーニング パス「Azure の基礎」を全て終えてから、
本書に取り組みました。

Azureの基礎と重複する内容ももちろん多いのですが、
試験の観点からどこを重点的に覚えるべきかというのは、
本書の太字部分や章末問題、模擬試験の内容から掴むことができ、有用でした。

ラーニングパスを終えるだけでも、もちろん合格は可能かと思いますが、
より確実に合格を目指すために購入する分にはオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事の関係で、最低限AZ-900の資格を取る必要があり、Microsoftの無償Learningで勉強して受験に臨みましたが667点で不合格。試験の出題形式に慣れる必要があり本書を買い対策をした所860点で合格しました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第3版 (マイクロソフト関連書)」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

あの人気書籍が順調に改訂を重ね、第3版になりました!本書は『ひと目でわかるAzure』(初版2015年、改訂新版2017年)の第3版になります。今回の改訂では、2018年秋に大きく変更された仮想マシン設定のUI(画面・手順)を反映し、あわせて執筆時点の最新動向も盛り込んでいます。
2020年1月のWindows Server 2008/2008 R2のEOS(サポート終了)に向け、オンプレミスからクラウドへの移行用に、Azureへの注目が高まっています。この機会にAzureのIaaS機能を評価・学習したい個人ユーザー、システム管理者にぜひお勧めします。

本書は“知りたい操作がすばやく探せるビジュアルリファレンス”というコンセプトのもとに、Microsoft Azureを利用した仮想マシン・仮想ネットワークの設定・操作手順を豊富な画面でわかりやすく解説します。今回の改訂では2018年秋に大きく変わった仮想マシン構築手順に対応するほか、執筆時点の最新情報を反映し「可用性ゾーン」などの新機能・機能強化について大幅に加筆を行いました。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Azure 高評価で人気も高いおすすめの3冊

「Azure定番システム設計・実装・運用ガイド オンプレミス資産をクラウド化するためのベストプラクティス (マイクロソフト...」

Microsoft Azureは非常に数多くのさまざまなサービス(機能)を提供しています。実際にAzureを利用してシステムを設計・構築しようとしても、提供されているサービスの中から何をどのように選んだらよいか、悩んでしまった経験を持つ技術者のかたも多いでしょう。そのようなお悩みを解決できるのが本書です。
本書は日本マイクロソフトのAzureサポートチームの現役のサポートエンジニアが、日常のサポート業務から得たノウハウをAzure利用者の皆さんに伝授する書籍です。
既存環境をAzureに移行する実践的なシナリオに沿って、なぜそのサービスを使う必要があるのか、どのようなことに注意して構成する必要があるのかといった、ベストプラクティスを解説します。
巻頭には序文として、本書の背景となる、既存のシステム資産のクラウド化のポイントを、“赤間本"の赤間信幸氏が特別寄稿しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
MSサイトの日本語訳や一般書籍の情報を参考にしてAzure構築や知識習得に四苦八苦
していました。この本によりクリアになる内容が多く、実践的な良書だと思います。
まさに、"待っていました"。
Azureの知識整理をしつつ、オンプレミスからAzureへの移行の指針が分かりやすく記載
されています。
また、2018年9月現在の最新UIの画面コピーも図として使用されており、著者の本書に
対する熱意が伝わってきます。
本当に、この本を提供してもらえて感謝です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
他の方のレビューにもある通り、翻訳調の文章がどうしても硬くて、頭に入りにくいという人もいるかもしれません。
まぁクラウドやる方は原文で資料を読んだりするので、気にならないという人もいるとは思いますが。
こちらの内容はオンプレからの移行など、シナリオに沿った内容となっておりますが、
自分の案件とは違うシナリオでも一般的な事が書いてあるから、適宜必要な情報を拾えば十分使えます。
サーバ(Windowsに限らず)自体に詳しくない人は、もう少し手取り足取り解説した本の方がいいかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning実践ガイド(日経BP Next ICT選書)」

SEに使ってほしい機械学習サービス
「Azure Machine Learning」

これまで機械学習といえば専門的なスキルがなければ使いこなせないものでしたが、今はそうではありません。SEなら誰でも使いこなせるほど、機械学習サービスのハードルは下がっています。とはいえ、機械学習ならではのコツがありますので、本書では基本的なことから解説しています。本書の狙いは、Azure Machine Learningを使いこなせるようになり、機械学習をあなたのスキルにすることです。

第1章 とにかく機械学習が何かを知る
第2章 実践:データを集めよう
第3章 Azure Machine Learningで機械学習モデルを作ろう
第4章 実践編① 回帰分析を使ってデータを予測する
第5章 実践編② 作った回帰分析モデルを使ってみる
第6章 実践編③ 予測精度を向上する
第7章 実践編④ 統計分類で判定する
第8章 実践編⑤ クラスタリングで似たものを判定する
第9章 実践:実験結果を活用しよう
第10章 実践:どんどん賢くさせよう
Appendix A Azure Machine Learningを利用する方法

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
今9章までやってみました。2章でTwitter APIとVisual Studioでデータ収集プログラムを書いていますが、後続の章にはつながっていません。
3章からAzure Machine Learningを使っっていますが、6章までのサンプルはMS社の「Machine Learning のチュートリアル: Azure Machine Learning Studio で初めてのデータ サイエンス実験を作成する」(日本語サイト有り)を日本語化して整理したものです。とはいえ、細かいプロパティやノードの説明を解説しているため、初心者にはわかりやすくなっています。途中で使う線形回帰とは何かなどの統計学、機械学習分野の知識の説明はほとんどありませんが、ツールとしての使い方を学ぶのであれば十分だと思います。機械学習や統計知識の殆ど無い人でも十分体験できる初心者本になっていると思います。9章はREST API化ですが、8章まで結構細かく説明してくれたのに、急に細かな説明がなくなります(とは言え想像で作業可能)。9章、10章もキチンと書いてくれたら満点でしたが、残念。なおちょこちょこミス(バージョンアップで変わった?)があります。「Project Columns」は「Select Column in Dataset」に置き換えることだけ気をつければあとは初心者でも単独で勉強できると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
趣味で機械学習の勉強をしているものです。
今まで、TensorflowやChainerなどの機械学習ライブラリを使った本や機械学習体験本を5冊ぐらい読んできましたが、内容はピカイチです。
お勧めできます。

理由は2つ。
1.仮想マシン(VMWareなど)やDockerなどの環境構築、プログラミング(Pythonなど)必要なく体験できること。
2.AzureML自体が非常によく、データの前処理を含めた機械学習の流れを理解しながら体験できること。
以上です。
要は、技術的に知識や試行錯誤が必要なく、サラッとできる機械学習の内容になっています。
他の機械学習の本は最低でもプログラミングや環境構築の試行錯誤が必要になってきますが、これは違います。
もちろん、詳しく細かく理解するにはAzureMLだけでは理解できないと思いますが、手元にデータがあれば試してみたいと思えるツールであり、非常に面白かったです。
理解しやすいので、機械学習の入門編として教育用ツールとしても使えるのではないでしょうか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「合格対策 Microsoft認定 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集」

重要ポイントをおさえて合格へ!
模擬試験問題・解説付き!

Microsoft認定試験「AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals」の対策書です。
「AZ-900」は入門レベルの試験であり、どなたでも受験できます。
本書では、試験対策の講師として豊富な知識と経験を持つ著者が、重要ポイントを
丁寧に解説しています。本書の構成は、次のように非常にシンプルです。
特に第2章から第5章までは実際の試験の範囲(スキル)にそのまま合わせているので、
効率的に学習することができます。また、各章末の練習問題で理解度をチェックできます。
さらに、第6章の模擬試験問題を解くことで、確かな実力が身につきます。

第1章 Microsoft認定試験とAZ-900の概要
第2章 クラウドの概念
第3章 コアなAzureサービス
第4章 セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信用
第5章 Azureの料金プランおよびサポート
第6章 模擬試験問題

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AZ-900の初めての受験のために購入しました。
勉強の順序としては、先にLearnのラーニング パス「Azure の基礎」を全て終えてから、
本書に取り組みました。

Azureの基礎と重複する内容ももちろん多いのですが、
試験の観点からどこを重点的に覚えるべきかというのは、
本書の太字部分や章末問題、模擬試験の内容から掴むことができ、有用でした。

ラーニングパスを終えるだけでも、もちろん合格は可能かと思いますが、
より確実に合格を目指すために購入する分にはオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事の関係で、最低限AZ-900の資格を取る必要があり、Microsoftの無償Learningで勉強して受験に臨みましたが667点で不合格。試験の出題形式に慣れる必要があり本書を買い対策をした所860点で合格しました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Azure本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにAzureの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のAzure関係の本人気ランキングです。

(2020/09/20 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)
発売日 2017/12/15
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+39pt)
Kindle   3,465円 (+35pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 10件
2
(3.9)
総評価数 8件
3
(0)
総評価数 0件
4
(2)
総評価数 1件
5
Microsoft Azureへの招待 (NextPublishing)
発売日 2014/08/22
通常    330円
Kindle   330円 (+3pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(2)
総評価数 2件
6
(5)
総評価数 1件
7
無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門
発売日 2013/08/09
通常    1,920円
単行本   1,920円
Kindle   1,131円 (+11pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 11件
8
Azure Load Balancer徹底入門
発売日 2017/02/17
通常    1,000円
Kindle   1,000円 (+10pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(0)
総評価数 0件
9
Windows Azure Packプライベートクラウド構築ガイド ThinkIT Books
発売日 2015/08/28
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 1件
10
(5)
総評価数 2件

 

関連:Webサービス開発のためのプログラミング

以下では、Azureで使える代表的なNode.js(JavaScript)やPHPといったWeb開発向けの参考書も紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました