【2020最新】Excel/VBA本「人気BEST30 / おすすめ14選」

Excelはデータベース操作用のプログラミング言語。MyExcel、PostgreExcelなどのデータベース(RDB)が操作可能です。

世の多くのIT系のサービス/アプリは、様々なデータをDataBaseとやり取りすること成り立っており、IT/Webサービス作りにDB操作の知識は欠かせません

また、現在はビッグデータ分析等のデータ解析需要も高く、データベースを自在に高速に扱う技術は益々必要とされています。

そんなぜひとも身につけたいデータベース言語「Excel」を、人気や実用方法別のおすすめ書籍等とともに見ていきまっす。

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

Contents

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

Excel/VBAの参考書「人気ランキング」

Excelのプログラミング本を、今売れ筋の人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/11/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 45件
2
大人気YouTuber方式 Excelの実践スキルが見るだけで身につく本...
発売日 2020/11/27
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,584円 (+16pt)
(0)
総評価数 0件
3
MOS Excel 356&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)
発売日 2020/06/27
通常    2,310円
単行本   2,310円 (+23pt)
(4.6)
総評価数 28件
4
大人気YouTuber方式 Excel&Wordの必須スキルが見るだけで身につく本...
発売日 2020/08/11
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,247円 (+12pt)
(4.6)
総評価数 170件
5
(4.1)
総評価数 361件
6
Excel×Python最速仕事術
発売日 2019/11/29
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+24pt)
Kindle   1,199円 (+12pt)
(3.8)
総評価数 134件
7
(4.4)
総評価数 279件
8
スラスラ読める Excel VBAふりがなプログラミング
発売日 2018/09/21
通常    2,035円
単行本   2,035円 (+20pt)
Kindle   913円 (+9pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 32件
9
(3.7)
総評価数 55件
10
(4)
総評価数 5件
11
絶対残業しない人がやっている 超速Excel仕事術
発売日 2016/10/07
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   770円 (+8pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 10件
12
業務改善コンサルタントの現場経験を一冊に凝縮した Excel実践の授業...
発売日 2020/04/11
通常    1,738円
単行本   1,738円 (+17pt)
Kindle   1,564円 (+16pt)
(4.5)
総評価数 57件
13
Excelパワーピボット 7つのステップでデータ集計・分析を「自動化」する本...
発売日 2019/07/12
通常    2,618円
単行本   2,618円 (+26pt)
Kindle   1,309円 (+13pt)
(4.2)
総評価数 31件
14
Microsoft Excel 2019 基礎 (よくわかる)
発売日 2019/01/26
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
Kindle   1,980円 (+20pt)
(4.1)
総評価数 32件
15
10倍ラクして成果を上げる 完全自動のExcel術
発売日 2016/03/04
通常    1,408円
単行本   1,408円 (+24pt)
Kindle   550円 (+6pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.4)
総評価数 27件
16
PythonでExcel、メール、Webを自動化する本
発売日 2020/09/19
通常    2,398円
単行本   2,398円 (+24pt)
Kindle   2,278円 (+40pt)
(4.1)
総評価数 7件
17
Excel VBA 脱初心者のための集中講座
発売日 2020/03/24
通常    2,794円
単行本   2,794円 (+28pt)
Kindle   2,515円 (+25pt)
(4.7)
総評価数 82件
18
(5)
総評価数 4件
19
Excel 2019 やさしい教科書 [Office 2019/Office 365対応] (一冊に凝縮)...
発売日 2020/02/21
通常    1,298円
単行本   1,298円 (+13pt)
Kindle   1,233円 (+12pt)
(3.9)
総評価数 38件
20
マンガで学ぶエクセル[Excel]
発売日 2018/02/19
通常    1,518円
単行本   1,518円 (+26pt)
Kindle   1,442円 (+25pt)
(3.5)
総評価数 4件
21
Excelピボットテーブル データ集計・分析の「引き出し」が増える本...
発売日 2018/06/18
通常    2,508円
単行本   2,508円 (+25pt)
Kindle   1,254円 (+13pt)
(4.4)
総評価数 40件
22
(4.1)
総評価数 62件
23
よくわかる 仕事に使えるExcel関数ブック 2016/2013/2010/2007 対応...
発売日 2016/12/16
通常    1,320円
単行本   1,320円 (+13pt)
Kindle   832円 (+8pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.6)
総評価数 18件
24
(4.3)
総評価数 15件
25
ExcelVBAを実務で使い倒す技術
発売日 2017/04/20
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,604円 (+16pt)
(4.1)
総評価数 50件
26
(4.6)
総評価数 5件
27
できる大事典 Excel VBA 2016/2013/2010/2007 対応 (できる大事典シリーズ)...
発売日 2017/03/17
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,386円 (+34pt)
(4.4)
総評価数 58件
28
MOS対策テキスト Excel 365 & 2019
発売日 2019/12/21
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   1,287円 (+13pt)
(3.6)
総評価数 17件
29
(3.7)
総評価数 6件
30
人事・労務担当者のためのExcel&Wordマニュアル
発売日 2020/10/29
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
(4.4)
総評価数 6件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Excelの効率的な操作方法を学ぶ本

日々のExcel作業は、Excelに搭載されている機能を使いこなすことで大幅に効率化が可能。

効率化の入り口として、ショートカットを使いこなす、簡単な関数を使ってみる、といった初心者でも扱いやすい部分を重点的に扱っているのが以下の書籍。

プログラム的な知識がなくても、様々な効率化ができるので、学習して日々の自分の時間を生み出しましょう。

できるYouTuber式 Excel 現場の教科書(「本×動画」で学ぶ新しい独習~180万回再生の実績! )

■150万回再生の人気YouTuberが教えるExcelスキル!
Excelのコンテンツを発信しているYouTuberのおさ(長内孝平)さんが
ビジネスの現場で学んだExcel仕事術をテキストと図解でやさしく解説。
おささんは、大手総合商社の経理時代からYouTubeチャンネル
「おさとエクセル」を運営し、その動画再生回数は150万回越え!
実際におささんが経理時代に駆使していた機能を紹介しているので
「効率が上がった」「実務でこのスキルを多用している」などの声もたくさん。
そんな人気コンテンツを1冊に凝縮した、最も現場感覚に近いExcel本です。

■3つの実務フローのスキルを高めて最高の結果を出す!
どんな会社でもExcel業務は3つのフローでできています。
・INPUT=入力・外部データの取り込み
・OUTPUT=集計・分析・加工
・SHARE=共有・ミスしない仕組み
本書はこの一連の流れで、どのような機能や関数が役に立つのか
体系的にまとめました。
1つ1つのフローに役立つスキルが身に付くことで
業務の処理速度と成果物の質を高めることができます。

■本×動画であなたの学びを自信に変える!
本書はテキストだけでは掴みにくい操作の動きや、
著者の生の声でポイントが分かるように動画で解説しています。
動画は各レッスンに記載されてるQRコードから
動画解説ページにアクセスできます。
本と動画の両方で理解を深めることができるので
忙しいビジネスパーソンがスキルを高めるのに最適の1冊です。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ExcelのYoutubeでおなじみのおさとさんのExcel本なので期待してました。
本だけだとどこをクリックしたらいいかわからない、動画だけだと操作して終わり。従来のExcel学習にはそのようなハードルがありました。
この本では、そのどちらもミックスされているので、まるで目の前で操作のお手本を見せてもらいながら、テキストに沿った順序で学習できます。
しかも、題材が実務でよく使うものばかり。
できるのであれば、動画の再生画面とExcelの操作画面を別画面でやってみてください!
感動的な学習体験ができます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本書が発刊される前より著者の長内さんのYouTubeチャンネルは拝見しておりましたが、私が思う他のYouTubeチャンネル・書籍との差は2点ありますのでご感想を述べたいと思います。

①実務に即していること。
著者自身が実務で使用されていたこともあり、実務に即した内容が多いのがポイントです。他のYouTubeチャンネル・書籍では機能や関数などのものはたくさん紹介されていますが、実際の業務の中でどのような場面で使えるかまで十分な説明があるものは少ないです。それに対して本著は実務の場面ですぐに使えることが多いです。ご本人もYouTube上で説明されていたように、初学者〜中級者まででエクセルを多用する業務の担当の方は著者のYouTubeの映像とともに学習されると、効率的かつ効果的に学べると思います。

②動画と書籍のいいとこ取りをした内容。
著者自身がYouTuberということもあり、動画配信されている著者の説明もとても分かりやすいです。動画だけでも大変分かりやすいですが、書籍で学習したい方にも対応されている形となっています。本での学習が続きにくい人は動画で、動画だと学びが得られるのかと思われている方は書籍でというように、選択したい媒体を自由に選べますので(もちろん両方が最適だと感じる)、多数の方が満足できると思います。

私自身は次の書籍化の計画があるのであれば、VBAの書籍・動画コンテンツがあれば、さらにいいかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 できるビジネスシリーズ

9割関数は不要!
今日から時短できるExcel関数の解説書


「Excelを仕事でうまく使えない」
「どうしても手作業に頼ってしまう」
「気付けば予定の場合以上、Excel作業に時間がかかっている」
日々の業務のなかで、Excel作業ってめんどうだなと感じることはありませんか?

こうしたExcel作業の効率をあげるためには、“Excel関数の活用”が欠かせません。
しかし、いざ勉強をしようとすると関数の数がたくさんあったり、
複雑な数式が出てきたりして覚えるのを挫折してしまい、結局は元の手作業に戻ってしまいがちです。

そこで本書は、「実務でよく使い、業務効率アップに役立つ関数」を集中的に学ぶというコンセプトで、
本当に必要な18個のExcel関数のみ厳選した結果、「18個」にまで絞ることができました。


その中でも、次の5つの関数を集中的に解説しています。

1. SUMIFS関数
2. COUNTIFS関数
3. VLOOKUP関数
4. IF関数
5. SUM関数

「たったこれだけ?!」と思うかもしれませんが、
実際に現場で遭遇する入力や集計、分析など、Excel作業のほとんどをカバーできます。

初めてExcel関数を勉強する人や、一度挫折を経験してしまった人は
是非、本書を手に取ってみてください。
少ない関数でも、組み合わせながら使うことで、最大限に業務改善ができるようになります。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
レビューを書いたのだが、アプリの不具合で送信できず。再度丁寧に書く気にはならないので簡略に。

数値だけでなく文字列でも数式が使えるなど、役立つ内容だった。しかし、説明が難しい。表を使った説明は特に分かり難く感じた。初心者にはオススメ出来ないかな。

この手の内容は雑誌の特集の方が分かりやすいと思う。雑誌の特集だけでは物足りず、もっと色々したいと思ったら読むべき本ではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
独学でそこそこエクセルは使えていたのですが、
いざ表作成となると、ネット等で探してから作業をしていたので
どうしても時間がかかっていました。
まだ読み始めたばかりですが
今まで疑問に思っていた部分がすぐに解決され、
また、何となくわかっていたつもりのところもしっかりと理解でき
今までにないくらい楽しく勉強できています。
仕事でどう活かされるかはわかりませんが、
「楽しく勉強できている」ことに喜びを感じながら、
引き続き読み進めていきます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

今、一番売れているExcel本!
45刷、380,000部突破!

刊行直後から「もっと早く知りたかった! 」と話題沸騰!

新人からチームリーダー、管理職まで、
ぜひとも読んでおいてほしい、社会人必読の1冊です!
まずはこの本からはじめてみてください。
本書には、誰でもすぐに利用できる「業務直結のノウハウ」が1冊に凝縮されています!



世界最高峰の職場で徹底的に叩き込まれた基本ルールと実践テクニックを
余すことなく一挙に解説。あらゆる分野のビジネスで即活用できる珠玉のテクニックが満載!
分厚くボリューム満 点の本書ですが、それは見た目だけありません。内容も非常に充実しています。

■本書の特徴
みなさんにお伝えしたいことがあります。それは次の2つです。

・みなさんが日々行っている、さまざまなExcel作業は劇的に改善できる
・その方法は、すべての人が簡単に習得でき、今日からすぐに使える

この2点をぜひ覚えておいてください。ここでいう「Excel作業の改善」とは、日々の面倒なExcel作業が正確、かつ劇的に速く行えるようになる、ということであ
り、それと同時に、より効率的なデータ集計や、的確なデータ分析が行えるようになる、ということです。
これらを改善すれば、業務上のあらゆる場面で大きなメリットを得ることができます。

本書には、多くの人が悩み、つまずき、そして必要としてきたノウハウやテクニックが凝縮されています。
多くの会社の人事部や経営企画部の人が「社員やメンバーには必ず知っておいてほしい」と考えているExcelの使い方も全部掲載しました。

ぜひ楽しみながら本書を読み進めていただき、実用的なノウハウを身につけてください。本書の役割はその手助けをすることです。

■本書の対象読者
本書は次のような方々にとって役に立つ本であることを目指して書かれています。

・仕事でExcelを使う
・たまに単純なミスをしてしまう
・Excelは自己流で何とかやっている
・Excel操作で頻繁にマウスを使う
・Excelを用いたデータの集計方法や見せ方、伝え方を知りたい
・データ分析やマーケティングを効果的に行いたい
・もう少しExcelを使いこなしたいと思っている
・Excel作業は正直、面倒くさい

上記のような方々にとって、本書は適していると思います。パソコンが苦手な
人や、Excel作業が嫌いな人にぜひ読んでいただきたいです。
「こんな方法があったのか! これまでの面倒な作業はいったい何だったんだ! 」と思っていただけると思います。

暗記は一切必要ありません!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
当方は事務職ですが、やはりお仕事ではExcelを多用します。もっとラクできないかな?時短できないかな?私の作業ムダ多くないかな?
などと普段からぼんやり考えていました。

仕事力 = Excelを使いこなす能力
とまでは言いませんが、やっぱり業務でExcelを使う以上、少なくとも定年退職までの間、Excelとはずっとお付き合いがあるのだろうなぁ・・と考えたら、早めに効率的な使い方を身に付けて、ラクしよう!と思って購入しました。

★良いところ
・カラーで読みやすい。
・仕事でどんな風に生かせるかイメージしやすい。
・目次が読みやすい・探しやすい
・索引もある
・Excel2019 2016 2013 Office 365対応

★写真
・商品の写真になかったので、参考に目次の写真を載せました。
(こういった実用書は目次で購入するか・自分に合ってるか確認する方も多いと思うので)

★その他
・本書の、
「Excelほど、効果的な使い方を知っている人と、知らない人とで、品質や作業効率に圧倒的な差が生じるものはありません。」
という言葉が胸に突き刺さりました。
普段からなんとなく感じていたことですが、ホントにそうなんですよね。
頑張って使いこなせるようになりたいです。

購入を迷っている方、とてもオススメですよ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
難易度:初心者~中級者向け
サンプルファイル:あり

内容的には初心者向けになりますが、中級者の方も我流でExcelを学んできた人もおすすめです。
内容は、Excelの"教科書的"な本ですが、フォントや罫線を整えてシートを見やすくと言った、”見やすいスプレッドシート"の作り方、後半はショートカットキーの便利な使い方を網羅しており、マウスを使用せずにここまでExcelを使いこなせるのかと感銘を受けました。

●実務でExcelを使う方は
私が本書と同時に購入した【関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 】も同時購入をお勧めいたします。
この本は "実務で確実に使う関数" に焦点を当てており、事務職の方ならこの本の内容を理解できて当たり前の内容です。
関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 (できるビジネス) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

たった1日で即戦力になるExcelの教科書【増強完全版】

【シリーズ累計35万部!!】
★★★Excel本の歴史を塗り替えた伝説の1冊が5年ぶりに全面リニューアル!★★★

「前向きな怠惰」で仕事はもっとラクになる――

かつてない内容でExcel本の歴史を塗り替えた伝説の1冊が全面リニューアル。
グラフの落とし穴と使い方、神Excelやリンク貼り付けなどの話題を追加し、画面をすべてOffice 365+Windows 10に刷新しました。

300社5000人の指導実績に裏打ちされた実務直結のExcel入門、決定版!


■こんな方におすすめ
・Excelの実践的な入門書をお求めの方


■著者の一言
2014年に出版し、22万部突破のベストセラーとなった『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』の発売から6年の月日が流れました。
その間、Excelはアップデートが繰り返され、そのたびに新しい関数や機能が追加されてきました。
「新しいバージョンではどんな進化があるのだろう」と楽しみにされている熱心なユーザーの方も多いと思います。

そんな中で、「『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』もアップデートしないのか」というご質問を何度かいただいてきました。
しかしながら、私の回答は一貫してこうです。

「Excel 2003の関数と機能だけで、十二分に効率的な仕事はできます」

私がこう申し上げるのには、理由があります。
それは、Excelの勉強に必要以上に時間を割かず、本業に集中していただきたいからです。

従来の使い慣れた関数を、より便利とされる新しい関数に切り替えたところで、仕事のレベルが大きく上がることはありません。
また、バージョンの都合で最新の機能や関数が使えない環境の方も数多くいらっしゃいます。

もちろん、新しい機能や関数を知ることはとても楽しい発見でもあるので、それ自体を否定するものではありません。
しかし、「その発見が仕事にもたらす変化」という観点からは、必要不可欠な学習ではありません。

一方で、6年前に出版した『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』ではカバーしきれなかった基礎がありました。
その部分を補完すべく、このたび改訂版を出版させていただくことになりました。

加筆内容の大きな柱に「グラフ」があります。
グラフを作成する操作自体はとてもかんたんなものですが、本書では「仕事における本当に正しいグラフの使い方」という視点で、グラフをはじめて作る方にも、今までグラフをたくさん作ってきた方にもあらためて確認していただきたい大切な基本を紹介しています。
また、Excelの効率的な活用を妨げるとして悪評の高い「セルの結合」に関する問題についても、解決策を提示しています。

Excelにいろいろなアップデートがおこなわれても、Excelでおこなう仕事の本質はまったく変わりません。
江戸時代の商人が筆とソロバンでやっていたこと、昭和のビジネスパーソンがボールペンと電卓でやっていた作業が、現代ではExcelに引き継がれているだけのことです。

今回の改訂を通して、『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』の内容が時を経ても変わらない普遍的な原理原則、つまりバージョンアップのたびに新しく何かを学ぶ労力など必要ないという安心感をあらためてお持ちいただければと思います。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
(良かった点)
○エクセルで行う実務でよく使う作法を、実例だしてわかりやすく解説しています。関数も凝った関数はつかっていないので、エクセルのどのバージョンでも同じ関数なのでとても汎用的です。
○自動保存の重要性にページが割かれていました。私もやたらでかいファイルを集計加工中にエクセルがフリーズして数時間分の操作がパーになったことがあり、操作中のバックアップの重要性についてぺージ幅を割いて解説してうるところから、実務で積み重ねられた操作のコツのエッセンスが充分感じられます。
(感想)
エクセルはすばらしいソフトなので、力業でもやればなんとか作業はできてしまいます。出来るが故に以外と単純作業を繰り返すような非効率な操作をしていることに自分では指摘されないと殆ど気づけません。本書で基本的に楽をする操作を覚えておくだけで、初心者にありがちな重労働の罠にはまらないで済むと思いますのでこれを読めば効率性が格段にアップします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 エクセルは30年ぐらい使ってきた。でも、永遠の初心者。加減乗除+関数は sumの他に数個ぐらい。それでも、エクセルは充分に役に立ってきた。今、仕事も激減して学ぶ時間が増え(新コロナ・ウィルスのため)たので、無駄を承知で エクセルを学び直すために、買ってみた。
 どの項目を読んでも目から鱗!!
こういうことも出来たら(出来るんだろうな、でも調べるの面倒)などで回避してきたことが、ほとんど出てくる。
ぜひ、手に取ってみて自分に合うかどうか、パラパラ見るだけで、わかります。自分はこのレベルには達している、と確認できたら、別の本へどうぞ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
たった1日で即戦力になるExcelの教科書【増強完全版】
発売日 2020/03/04
通常 1,694円
現在 1,694円

  

 

   

ピボットテーブルによる効率的集計方法を学ぶ本

ピボットテーブルは、既存の表データから必要な情報の集計表を、関数などを使わずとも作成できる機能です。

関数を使うのはちょっと面倒、プログラム的な記述はどうも身につかない、という方はまずはピボットテーブルでやりたいことができないか学んでみるのがおすすめです。

以下が主にピボットテーブルを取り扱っている書籍です。

Excelピボットテーブル データ集計・分析の「引き出し」が増える本

関数より簡単なのに、こんなに使える!
データ活用時代に必携の一冊。


【本書の特徴】
・ピボットテーブルの基本から応用まで網羅
・さまざまな集計・分析の方法を知ることができ、引き出しが増える
・マウス操作が中心なのでカンタン
・ピボットグラフをはじめ、便利なExcelの連携機能もフォロー
・集計前のデータ整理や、ピボットテーブルの構造も理解できる
・すぐに操作を試せるサンプルファイルつき

【内容紹介】
手軽にデータ集計・分析ができるツールとして、
Excelピボットテーブルの利用者が増えています。

一見、難しそうな印象を受けるかもしれませんが、
マウス操作が中心で、複雑な計算式も不要なのでカンタンです。

本書では、ピボットテーブルの基本はもちろん、
ダイス分析やスライス分析、視覚化テクニックや
データベース活用といった応用まで、幅広く解説しています。

さまざまな表のパターンや機能を知ることで、
集計や分析の着眼点が養われ、仕事の幅が広がるでしょう。

【目次】
序章 これだけは知っておきたいピボットテーブルのしくみ
第1章 集計の基本と定番パターン
第2章 データの不備をなくすには
第3章 集計の応用テクニックいろいろ
第4章 「階層」を使いこなして活用の幅を広げる
第5章 ピボットテーブル分析の基本
第6章 分析に役立つ視覚化テクニック
第7章 ここで差がつく!応用的な分析手法(ケーススタディ)
第8章 データベースを作成してピボットテーブルを高度に活用する


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
集計・分析はいろんな手法があるので
関数、VBA、ピボット等どれを使っても目的は達成できると思います。

個人的に重要だと感じた点は、タイトルの通り「引き出しが増える」事です。
1つの手段を極めるのも素晴らしいのですが、「このデータを扱う場合、どの手法が望ましいか」
まで考えられるようになる事が大切です。仕事の幅、対応力、人に説明する際の説得力が違ってきます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
そこそこピボットテーブルを仕事でぐりぐりと使っていますが、イマイチ使い勝手の分からないところは関数でやりくりしていました。
ある時、普段なら自分が関数で逃げるところを、同僚がピボットテーブルでやっているのを見て、やっぱりもっと勉強しようと思って本書を購入しました。

入門編から応用編まで広くカバーしている印象ですが、意外に入門編でも自分の理解が浅かったところもあり、勉強になりました。
サンプルデータをもとに実際にピボットを組んでいかないと頭に入らないので、紙ではなくKindleで購入し、ダブルモニタで学習を進めるのがおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

絶対残業しない人がやっている 超速Excel仕事術

1日2時間かかっていた作業を5分で終わらせる時短のコツ。

Excelが思うように使えず、
時間ばかりがムダにかかってしまった……。

ビジネスパーソンなら
誰もがそんな経験をしたことがあるでしょう。

Excelを使って効率良く作業するためには、
どこに時間がかかるか、そのプロセスを知ることです。
それができずに悩みながら使っているから、
時間だけがなくなってき、「また終電だよ…」という事態になってしまうのです。

本書では、絶対残業しない人がやっている、
作業効率の良いExcelの時短ワザを解説しました。

Excel初心者でも理解しやすいよう、
できるだけ平易な言葉選び、手順を示してありますので、
ぜひ有効にご活用ください。


■目次

・はじめに
・本書の使い方

●第1章 絶対残業しない人は、こんな視点でExcelを有効活用している
1.作業効率のアップが第一、「使うこと」を目的にしていない
・工夫をしないでコピペや手入力を繰り返すから長時間に、、、
2.時短のコツが、「編集」と「書式設定」にあることを知っている
・どこにムダな時間を費やしているのかを自覚しよう
・【編集】と【書式設定】を同時に効率化できる「ポピットテーブル」をマスターしよう
3.他部門からの評価もアップ、昇給や昇進のきっかけに
・会議中でも数秒でデータをサッと切り替え、よりスピーディーに対応できる

●第2章 大量のデータを上手に取り扱う「ピボットテーブル」の基本を知る
1.数式や関数を使わず、基本は「マウス操作」だけ
・「ドラッグ&ドロップ」だけで操作できる
2.複数の項目ごとにデータを作り替えたいときに便利で簡単
・3つ以上の切り口でまとめるものも数秒でできる
・販売データをもとに「商品ごとの売上(購入金額)」をまとめよう
・「日付」を横に並べて表示しよう
・「桁区切りのカンマ」を表示しよう
3.もうイライラしない! エラーを防ぐときの3つの注意点を知ろう
・スムーズに使うためには「お約束」がある

●第3章 ピボットテーブルの「5大機能」を活用しよう

●第4章 ピボットテーブルを実務に役立てよう

●第5章 その他の「編集」テクニックを使って、ムダな時間をなくそう

●第6章 まだまだある時短ワザ、「書式設定」テクニック

■著者 奥谷隆一

※本書は、Windows10およびExcel2013がインストールされたパソコンをもとに解説しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
とてもわかりやすいと思います。
★4つなのは、まだ実務で必要になってないから使ってないため、実際の業務ではどう活かせるかわからないからです。
でもエクセルの操作方法さえわかってれば、役に立つ時が来たときサクっとできて効率的に処理できるだろうと密かに思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
エクセルで効率よく作業するためのコツが凝縮された本です。キーワードはずばりピボットテーブル。これをうまく活用することができれば、情報をわかりやすく扱えるようになり、作業時間がぐっと短くなることがわかります。その操作方法の説明だけでなく、練習問題と解答まで丁寧に用意してあって良かったですね。また、章ごとにまとめもあってわかりやすかったです。

ピボットテーブル以外にも、書式設定テクニックなど無駄に残業しないためのちょっとしたコツが載っています。すごく参考になりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
絶対残業しない人がやっている 超速Excel仕事術
発売日 2016/10/07
通常 1,650円
現在 770円
880円(53%)OFF!!

  

Excelパワーピボット 7つのステップでデータ集計・分析を「自動化」する本

パワークエリ/パワーピボット/DAXで圧倒的な業務改善
マクロ・VBA不要の全自動レポーティング


Excelによるデータ活用は、業界・業種にかかわらず広く行われています。しかし、様々な関数やピボットテーブルなどを駆使して「元データを直接加工する方法」では、毎回大きな手間が発生します。そして、これを自動化するには、マクロやVBAの知識が必要となり急に敷居が高くなります。

本書では、Excelの新機能を利用した誰にでも取り組みやすい方法で自動化を実現します。業務ユーザー自身が、データ活用・分析業務の効率化を実現できる新しいアプローチです。

レポートを瞬時に更新して再利用でき、定点観測ができるため、本来の意味の分析ができます。メンテナンス性もよいので、レポートの改善も容易にできます。

■自動化のための7つのステップ
本書では、以下の7つのステップにしたがって作業を進めます。
1.みたてる:手元にあるものと欲しいものへの道筋をイメージする
2.とりこむ:手元にある生データを、応用可能なデータに変換し、テーブルの形に落とし込む
3.つなげる:役割に基づいてテーブルどうしを論理的に結びつける
4.ならべる:表の形にして、計算結果を求めるための文脈を配置する
5.かぞえる:文脈を受け取る共通の計算式を作り、数字としての集計結果を見せる
6.えがく:グラフ形式で文脈と集計結果を物理的なイメージとして見せる
7.くりかえす:新しいデータを吸い上げて、新しいレポートを完全自動で作り上げる

■対象読者
ITの専門家ではなく、データ活用・分析担当者(営業・購買・経理問わず)全般。Excelの基本操作、簡単なExcel関数、ピボットテーブルについての知識があると、よりスムーズに読んでいただけます。

■本書の動作環境と画面イメージ
・主な動作環境: Excel 2016以降
・画面イメージ: Office365(プレインストール版およびパッケージ版のExcel 2016の画面とは、イメージが一部異なる場合があります)


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
とても丁寧に解説や手順が書かれてましたので、パワーピボットをこれから学びたい方には最適かと思います。
私は仕事でピボットテーブルやAccessでクエリを使っており、KPI管理や問題点の絞り込みなどをやってますが、データを取ってきて集計するのはその都度手作業で煩わしく、肝心の改善活動に時間が割けてない不満がありました。
PowerBIやパワーピボットこれらを解決する可能性のあるツールと感じたものの、関連書籍がなかったため、本書は大変有り難かったです。
特にDAX関数を使って前年同月比や、商品カテゴリーの占有率を出す際のフィルタリングの考え方について、ここまで丁寧に書かれたものは他にありません。
また「集計と分析は違う」事について述べられてたのに共感を持てました。私も周りの人に言い続けてますがなかなか理解してもらえず苦労してましたので。単なる手順書にとどまらず、Power Pivotが有用なのか?についても述べられております。
おそらく、高度なことをしたい方にとっては少し物足りない内容かもしれませんが、私のようなピボットテーブルは使ったことあるけどパワーピボットは使ったことない、使ってみたい方には最適かと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自分は、会社の中ではエクセルがかなり出来ると思われており、関数とVBAを駆使して業務を効率化して来ましたが、PowerQuery や PowerPivot はこれまで手付かずでした。この本はこれらの機能を使ってレポートを作って行く際の、考え方の説明が実際のサンプルデータを使いながら、わかりやすく説明されています。あっという間にスキルアップ出来た気がします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるExcelピボットテーブル データ集計・分析に役立つ本 2016/2013/2010対応 できるシリーズ

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

 

VBAで一段上のExcel活用をするための参考書

VBA(Visual Basic for Application)というプログラムを書くことでExcelの各操作を自動化する「マクロ」を作成可能。

日々繰り返し行っている操作をまとめてワンボタンで実行できるので、かなりの時短&効率アップが図れます。

小さな単位で簡単なプログラムを書いていくので、プログラミングの入門としても最適です。

以下がVBAを学べる書籍です。

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ

「マクロ」とは、Excelで行う処理を自動実行できるように作られたプログラムのことで、これを記述するためのプログラミング言語が「VBA」です。VBAを勉強してマクロが書けるようになると、Excelで行っている定型業務を自動化でき、仕事の能率を大幅に高められます。
使いこなせば便利な機能である一方、VBAやマクロにはとっつきにくいイメージがあります。そのため学習を躊躇している方が多いのではないでしょうか。しかし、実際には中学生のときに習った「英語」の勉強と大差ありません。基本的な文法を覚えたら、語彙を増やして、作文の練習をすれば、いろいろな表現ができるようになります。
本書は、VBAの文法、語彙、作文力をこの1冊で効率的に身に付けられる構成になっています。キャラクターの掛け合いやイラストをふんだんに用いて、つまずきがちな項目もかみ砕いて解説しているので、初心者の方でも途中で引っかかることなく、最後まで着実に読み進められることでしょう。本書を皆様のVBAの勉強と、日々の業務の効率化にお役立ていただければ幸いです。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
初級向けの本として、バランスの良い教本です。自分の教本選びのポイントは、「簡単すぎてすぐ役に立たなくなるのは避けたい」でも「中級レベルの解説が含まれると理解できないので、初級レベルで最後まで解説してほしい」の2点です。この本は、絶妙にそのバランスがGoodで、初級者に最適です。

おそらく本書の対象者は、以下だと思います。
1 会社で他人が作ったエクセルにマクロのボタンがあり、押したことがある。便利だな、これどうやるの?と思ったり、自分でもこれをやりたい、と思ったことがる。
2 ネット解説を見ながら、簡単なマクロを作ったことはあるが、基礎を知らないので応用ができない。
3 自己流でマクロをやってきたが、中級レベルに進むために、基礎を学び直したい。

中級者向けの逆引き辞書みたいに、必要な個所を拾い読みするタイプの教本ではありません。最初から最後まで順番に読むと、基礎がマスターできるタイプの本です。あれこれ盛り込まずに、厳選した基礎知識を網羅しているのがポイントです。全8章で構成されていて、実際にエクセルで操作しながら読んだとしても、各章は約1時間もあれば理解できるので、最短8時間でマスターできる計算です。

本書の面白い特徴は「超」初心者向けに、各章の頭に、犬と男性による漫才みたいなやり取りで、解説があることです。これが意外と便利です。それにより、「超」初級者は今から学ぶことが何なのかを知ることができます。ただの初級者には「簡単すぎるやりとり」なので、読み飛ばしすればOKです。解説を明確に分けてくれているので無駄を省けます。

アマゾンの解説ページには目次がないので、以下に記載しておきます。目次を見ると、良い感じで構成されていることが分かると思います。

第1章 はじめてのマクロ作りに挑戦しよう
マクロって何?VBAって何?
マクロの作成環境を用意しよう
マクロを作ってみよう
マクロを実行しよう
エラーが起きたときの対処

第2章 オブジェクト・プロパティ・メソッドって何?
まずは2つの文型を覚えよう
オブジェクトは操作対象
プロパティはオブジェクトの属性
メソッドはオブジェクトの動作

第3章 変数を使って計算してみよう
変数を使ってみよう
関数を使ってみよう

第4章 条件によって処理を切り替えよう
IFステートメントで条件分岐する
IFステートメントの条件式

第5章 オブジェクトの取得を極めよう
オブジェクトの取得の基本
オブジェクトの記述を簡略化しよう
臨機応変にセルを取得しよう

第6章 処理を何度も繰り返そう
決まった回数だけ処理を繰り返す
条件に応じて処理を繰り返す

第7章 支店ごとのデータを1つの表にまとめるマクロを作成しよう
指定したフォルダーからブックを開く
指定したフォルダーから全ブックを順に開く
指定したフォルダーの全ブックのデータを統合する

第8章 よく使うプロパティとメソッドを身に付けよう
データの入力と削除に関するプロパティとメソッド
セルの書式設定に関するプロパティとメソッド
セルの編集に関するプロパティとメソッド
抽出と並べ替えに関するプロパティとメソッド
ワークシート操作に関するプロパティとメソッド
ブック操作に関するプロパティとメソッド (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
「EXCELの基本操作は知っていて、関数も勉強したけどまだやりたいことに届かないなあ…マクロってのがあるのか!」くらいの人に丁度いい本です。
プログラミングの知識も面倒な事前準備もなしにすぐ実用化できますし、この本を読めば人が書いたコードの意味もわかるようになります。
良い買い物でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

スラスラ読める Excel VBAふりがなプログラミング

「マクロの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、
まったく新しいExcel VBAの入門書です。

本書内に登場するマクロの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
マクロの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「自分がいま何をしているのかわからない」といった
Excel VBA入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、マクロを考える応用問題も用意しているため、
しっかりExcel VBAの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・Excel VBAとマクロの基本を身につけたい人
・過去にExcel VBAやマクロの入門書で挫折してしまった人
・意味不明のままマクロをコピーして使っていた人
・仕事でマクロを活用してみたい人


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
何らかの他の「真の初心者本」とともに「必ず」購入すべき本だと思います。
プログラムの英単語にルビ?訳?がふってあるような感じなので、どの単語が何を意味するかがわかり、はじめてプログラムを見た人でも、なんとなく意味がつかめると思います。
特に、VBAにまったく触れたことがない、という方には、わかりやすいと思います。
ただ、「訳」を読むほうに主眼が置かれていて、オブジェクト式を書くための本当の基本やエラー対策や注意点などはあまり載っていませんので、一定以上のことはできないですから、単語の意味がふってある以外は、Web検索したほうが早い場合もあるかもしれません。

※また、主に文字ベースのデータ(文字列、数値、日付、等々)の操作・・・主に文字ベースのデータを変数に格納して処理することが中心で、オブジェクトの操作のことはさほど深くは書いてありません(セルとシートの操作の基本がほんの少し・・・くらいです。)
変数のデータ型のことも書いてありません。そこだけ注意が必要です。(「超初心者の方を想定してあえてそうしてあるので他の書籍などでチャレンジしてください」、みたいに書いてありました。)
自作関数についても書いてありません。

ただ、巻末のさくいんから単語の意味をひいたりして繰り返し学べば、VBAの全体像も基本も、かなりわかりやすいのではないかと思います。(繰り返しや条件分岐のことは書いてありますし。文字ベースのデータの操作とオブジェクトの操作の処理とに分けて書かれていて、その順序も良いので、その点は良いまとめ方だなと思います。)

例えば「いちばんやさしいExcel VBAの教本」や「図解!ExcelVBAのツボとコツがゼッタイにわわかる本 ”超”入門編」など(僕は前者か2冊ともがおすすめに思います)で、基本的なVBA作法やエラー対応などを学びつつ、本書で、より理解度を深める・理解を深めるヒントにする、という感じの使い方が一番効率が上がるような気がします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
私はやる気の最大値が本を買う瞬間で、本が届く頃にはすっかりテンションも下がり、また内容の難しさと膨大さから、数ページめくっておしまいということがよくあります。

そんな中で、この本は私を鼓舞し続けています。
内容が易しくて、理解出来る自分に楽しくなるからです。

大事なところを出来るだけ「付け足さずに」というのがポイントです。
他のテキストにありがちな詳しく説明し過ぎてしまうことがありません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
スラスラ読める Excel VBAふりがなプログラミング
発売日 2018/09/21
通常 2,035円
現在 913円
1,122円(55%)OFF!!

  

できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ 700 2016/2013/2010/2007対応 できる逆引きシリーズ

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

売り上げナンバー1のVBA書籍にExcel 2016に対応した新刊が登場! 本書は実務で⽋かせない基本的な処理から、外部アプリケーション連携などの応⽤まで、仕事に使えるExcel VBAの「勝ちワザ」を逆引き形式で掲載。仕事で使う上で「知りたいこと」「やりたいこと」がすぐに⾒つけられます。実例に沿った練習⽤ファイルをダウンロードして、実際に操作しながらVBAのポイントや応⽤ワザを確認できるので、Excel VBAに不慣れな初⼼者の⽅から上級者の⽅まで、幅広く活⽤できる1冊です! Excel 2016/2013/2010/2007の4バージョンに対応。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
VBA入門者ですが、どんなことが出来るのかよくわかります。
この目的については、非常にわかりやすくできています。
それぞれの”ワザ”についてそれぞれ詳細の記載はありませんが、自分の作業でうまくいかない場合はネット検索などで補う必要があるかもしれません。
また、すべてにおいてサンプルファイルがダウンロードできる点も使いやすいかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Kindleなら検索もできる!と思って、Kindle版買ったのですが、できませんでした。
見るの大変かも。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Excel VBA 誰でもできる「即席マクロ」でかんたん効率化


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。



最小限のコードをサッと組んですぐ使う「即席マクロ」なら作業効率が100倍アップ!

「即席マクロ」とは、完全性や汎用性を求めず、もっとも面倒な部分だけを自動化し、とりあえず手元の表で実行できればよい、という方針で作る、いわば“使い捨て”のマクロです。理想的なマクロは、「最初から最後までの全工程を自動化する完全性」や「どんな表にも通用する汎用性」を備えるプログラムでしょう。しかし、理想を追求し過ぎると、プログラムが難しくなり途中で挫折してしまいがちです。そこで本書では、「今、目の前にある作業がラクになる」ことを最優先の目標として、マクロ作りに取り組みます。

マクロ作りの方針を、『完全性を求めず、もっとも面倒な部分だけを自動化する』・『汎用性は二の次、とりあえず手元の表で実行できればよい』に変えれば、プログラムの構造は比較的単純になります。そして、単純になれば、それだけ理解しやすくなります。本書はそんな“即席マクロ”を紹介する本です。第1~2章でマクロの基本を学び、第3~6章で仕事に役立つ実践的な即席マクロを紹介します。さらに、紹介したマクロを自分なりにアレンジできるように、Excelのよく使う機能をマクロで実現するためのリファレンスを、第7章に用意しました。ビジネスマクロのサンプル集としても、マクロの実践的な入門書としてもお使いいただけます。※Excel 2013、2010、2007対応・Windows版です。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
いろいろ読んだけどこれが一番よかった。そのまま使えるコードも多い。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
なかなかこういう本には出合えません。
即席マクロというのがいい!
マクロで困っている方、初心者のかたにぴったりだと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Excel VBA 誰でもできる「即席マクロ」でかんたん効率化
発売日 2015/01/31
通常 1,848円
現在 1,478円
370円(20%)OFF!!

      

Excelデータを集計データ以上の応用をする中級本

Excelの大量のデータは、集計表やグラフ化などの集計データとして扱うのが基本。

実際には、その大量のデータでAIの学習データとしてあげたり、外部プログラムへの情報ソースとしてあげたり、とExcelの集計機能以上の活用が可能です。

以下ではそんな、Excelの集計データの枠を超えた活用法が学べます。

Excel×Python最速仕事術

Excel×Python最速仕事術
(著)金宏 和實
発売日 2019/11/22
(3.7)

全オフィスパーソン必読!
Excelの面倒な操作はパソコンにやらせよう

ビジネスパーソンが必ず使うExcelは、面倒な手作業が多いのが残念なところ。いくら操作を効率化しても、マウスやキーボードでの作業がなくなりません。決まったセルの範囲を別のシートの決められたところにコピーしたり、毎月のデータをグラフにしたり……。1回だけの作業だけならまだしも、部署別や事業所別にほとんど同じ作業を何度も何度も繰り返すような作業もしばしば。オフィスでのパソコン操作には、こんな無駄がたくさんあってうんざりしている人は多いでしょう。抜本的に解決するは、操作方法を工夫するだけでは追いつきません。

そんな単純で面倒な作業は、Pythonで自動化しましょう! 一度、自分の作業に合わせて自動化すれば、どんなに大量のデータでもパソコンにすべてまかせてOK。自分は他の仕事を進められます。
今から始めるならVBAよりPythonがお薦め。
――Pythonを学びながらExcelを効率化するか。
――Excel業務を自動化しながらプログラミングも身に付けるか。
どちらにしても“一石二鳥”なのは間違いありません。

プログラミングをやったことがないという人も多いでしょう。普通のビジネスパーソンがプログラミング未経験なのは当たり前。でも、大丈夫。必要な基礎知識をさっと身に付けられるよう、簡潔に解説。ざっと一読するだけでプログラミングの基本が学べます。

「ExcelをPythonで自動化」なんていうと難しそうに聞こえるかもしれません。でも、実はどのプログラムもものすごくシンプル。すでに身に染みついているExcelの手作業を基にしているので、プログラムを読んでいるだけでも「何をやっているか」がリアルにわかるのが本書のミソ。ビジネスパーソンがプログラミングに入門するにはピッタリの題材なのではないでしょうか。

「そうは言っても、プログラムをイチから書くのは大変そう」。そんな心配はご無用です! 本書で取り上げたサンプルプログラムはダウンロードしてすぐに利用可能。実際の業務に即したプログラムなのに加え、どこをどう書き換えれば、手っ取り早く自分の業務に応用できるかもできる限り解説しました。プログラムによっては、ほぼ無改造で即業務に役立てられるものもあります。

「どうせならじっくりプログラミングを勉強したい」。そんな人は各章の後半を重点的に読んでください。各章のサンプルプログラムで使われているテクニックをより詳しく、深く解説。必要に応じて、学習用のシンプルなプログラムも提供しています。簡単なプログラムでも、自分で書いて動かせば学習効果は抜群。基本をしっかり身に付ければ、自分のアイデアを生かしたオリジナルのExcel自動化プログラムも可能です。

ちまちました手作業のせいで無駄な残業をするのはもうたくさん。すぐに業務に役立てたい人にも、ディープに学んで高度に自動化したい人にも、本書がきっとお役に立ちます。単純で面倒な作業はパソコンに片付けてもらって、さっさと帰りましょう!

↓全て表示↑少なく表示
 
目次

(引用元Amazon)

 
Users Voice
初心者向けの体裁をとっており、本に書かれているとおりに実行すれば動作するが、ある程度、VBAに慣れている人のほうが内容は理解しやすいように思う。Pythonの文法については、必要に応じて説明はしているが体系的ではないので別の本で学んだほうが良さそうである。最終章にはPythonからVBAでExcelをコントロールする手法も書かれているが、どちらの言語も初めての人には少し敷居が高いかもしれない。

あとがきとして、RPAのススメ、とあるようにRPAを念頭に書かれていることは明らかだ。VBAだけでは他のシステムとの連携が面倒だが、VBAで学んだ内容も活かしつつ、さらにその次に進んで自分でRPAを構築してみたい場合、そのとっかかりの入門書としてはうってつけではないだろうか。

本に載っているコードは冗長で垢抜けない感があるが可読性は高い。自分でカスタマイズして別の用途にも使えるようにわざとそうしているのだろう。RPAで自動化したい作業はほとんどが数行から数十行でかけるような単純作業が多いので最初はこれで十分だと思う。いずれ、かんたん過ぎて物足りなくなると思うので、次には別の書籍、例えば「退屈なことはPythonにやらせよう」などに進んではいかがだろうか。ちなみに、「退屈な・・」は12章でExcelシートの制御を扱っているが、この本と同じくopenpyxlモジュールを利用している。

ところでレビューアーはこれまでAnconda + Jupyter NotebookでPythonを利用していたので、この本で利用しているVisual Studio Code(VSCode)を後からインストールして環境が整合するか気になっていたが、結論から言えば、ほとんど問題なく利用できた。「ほとんど」というのは、VSCodeに慣れないためのトラブルが少々あったためだ。例えば、最初、第3章のExcelのファイルを開いてCSVに保存するコードが上手く動かず。デバッガに " FileNotFoundError: [WinError 3] 指定されたパスが見つかりません。:" というエラーメッセージが出ていたので、開こうとしているExcelファイルの位置が想定と異なっているのだろうと、ターミナルからカレントディレクトリ(カレントフォルダ)の位置を調べてみたところ、案の定異なっていたので、VSCodeで新しくフォルダを指定し直したところ、うまく動いてくれた。VSCodeではカレントフォルダはコードのスクリプトが存在している位置ではなく、最初に開いたフォルダの位置になってしまうようだ。

最後に、今回一番感動したのは、PythonでExcelを開くと非常に早いことだった。かなり大きなファイルでも高速にデータを抽出でき、CSVに保存するのもほぼ一瞬だ。サンプルのデータが小さいせいもあるだろうが、少なくとも、Excel起動時にアドインなどの読み込みに時間がかかるストレスがないのは実に気持ちが良い。ぜひ皆さんにも味わっていただきたいと思う。
(Amazonからの購入ではないのだが、なぜかKindle本のタグがついてしまっている。直し方がわからないのでそのままにしておく) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
VBAマクロの含まれないEXCELファイルが大量にあり、プログラム経験ゼロの非エンジニアが、EXCELに関わる作業の自動化やデータの集計・分析が必要な場合に本書は役立ちます。一般企業社内で、事務系の仕事をしている非エンジニア向けに、お勧めします。

EXCELにVBAマクロを埋め込むのではなく、Pythonで「外部からEXCEL制御する」方が応用が利きますし、何かとスマートに処理できます。従来、外部からEXCEL制御する為には、エンジニアがVSTOやCOM制御といった手法を使ってきましたが、Pythonだと非エンジニアでも容易に扱えます。

EUC(エンドユーザーコンピューティング)が20年ほど叫ばれ、EXCELと共にVBAが普及してきましたが、これからの時代、VBA使うよりもBIツール使うよりも、Python+EXCEL、ひいてはRPAを使いこなすことがEUCのキーワードでしょう。VBA知識も不要です。むしろ無い方が先入観がなくて良いと思います。簡単にPythonを使うだけなら、VBAよりも習得は容易です。

なお、Pythonの文法でつまずく方は「退屈なことはPythonにやらせよう」の最初に初心者向けの簡単な解説がありますので併せて活用されるとよいでしょう。その次には「Python実践データ分析 100本ノック」もお勧めします。この3冊の知識を活用できれば、事務系の煩雑な業務がかなり改善されるはハズです。

この本を最初のキッカケに、是非、業務効率化を果たしてください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Excel×Python最速仕事術
発売日 2019/11/22
通常 2,398円
現在 2,398円

  

Excelでわかるディープラーニング超入門

Excelでわかるディープラーニング超入門
(著)涌井 良幸, 涌井 貞美
発売日 2017/12/23
(4.3)

■初めてのAI学習に最適!
■Excelと対話しながらしくみを解き明かす画期的な超入門書!

本書は、AIに関心はあるがあまり数学が得意でない、多くの社会人や大学生、高校生が持つ「ディープラーニングがどうして動作するの?」という疑問に答える超入門書です。偏微分方程式などの難しい大学レベルの数学抜きに、Excelで見て動かして、ディープラーニングを学べます。図示しやすいパターン認識を題材にし、Excelの確認、数学の復習を織り込みます。数学的に難しいことはExcelに任せるため、計算に自信のない人でも、ディープラーニングを学ぶことができます。本書では、簡単なExcel操作と初等的な数学上の知識だけで、ディープラーニングの動作原理を基本から理解できるようになります。

【主な内容】
■1章 初めてのディープラーニング
■2章 Excelの確認とその応用
■3章 ニューロンモデル
■4章 ニューラルネットワークのしくみ
■5章 畳み込みニューラルネットワークのしくみ
■付録


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
画像認識からボードゲームまで、AIが人間を上回る精度の判断ができることは、当たり前になりつつある。

そかしそれは、単なる膨大な計算能力に支えられたシミュレーションのようなイメージしかなかった。

だが本書で、疑似ニューロンによる判定を目の当たりにして、全く異なるイメージに変わった。

本書では、エクセルの数式でしかないはずの人工知能が、(脳細胞と類似の計算方法で)人間のように、新たに与えられた問題(テストデータ)に対して正しい判断を下すのを手作業で再現できてしまう。

その手作りながら正しく文字を識別する人工知能は、単なる計算機などとは到底思えず、生命の無い知能の異様さを見た思いがする。(もしくは人間の知能自体が、単なる高度な計算機に過ぎないとも思えてくる)

やがてすぐに、高度な『知能』は人間の専売特許のようなものではなく、単なるツールに過ぎない、そういう世の中になるのが実感できた。
(精度を優先するなら、人間による判断の価値が失われるということが、たとえば将棋やチェスで純粋に最強を追求するような限定的なことではなく、遠くない将来にビジネスや法律や倫理的な判断でさえも、AIが人間よりも良い判断をするようになるのだろうと思えてくる)

知能が単なる計算機能に過ぎないという可能性に触れて、生命の定義について考えたくなった。

書籍としては、話を難しくせず、過剰と思えるくらい小さく分解して教えるような内容で、多くの人に理解させるために書かれていることが伝わる。
学校教師だった著者のキャリアがもろに出たような、楽しく読める部類の教科書のような本だと思った。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
50代の男です。大学院の学生の時に、ニューラルネットワークについて、シグモイド関数、発火の程度は知っていました。最近、ディープラーニング、AIは何だろうと独学・興味本位で他の本を何冊か購入し、読みましたが挫折しました。式だらけ、具体的にどう計算するものか良く分かりませんでした。

タイトルが気になり、購入して、やってみました。
確かに、具体的にどう計算されて、最適化されていくのかは、エクセルで式のセルが見えるので良かったです。入門書としては良いと思います。

専門化ではないので良く分かりませんが、この本の内容はニューラルネットワークであって、これって、ディープラーニングなの?と思いました。
エクセルの機能を使ってNNの最適化をやってくれるのは有りがたいのですが、欲を言えば、自動最適化をせずに、学習をどの様に行っているのかも知りたくなりました。そこまで理解できれば、python等でも、自分でプログラミングできるのに。これは贅沢かもしれませんが。

初心者がニューラルネットがどの様に計算されているのかを視覚的に理解するには良書だと思います。プログラムを理解する必要はないので。この本を取っ掛かりに、機械学習に興味を持てれば良いと思います。物足りないと思えたらラッキーでしょうね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Excelでわかるディープラーニング超入門
発売日 2017/12/23
通常 2,068円
現在 2,068円

  

Excel学習書「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにExcelの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のExcelの本人気ランキング(Best10)です。

(2020/11/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 45件
2
(3)
総評価数 1件
3
(4.4)
総評価数 279件
4
スラスラ読める Excel VBAふりがなプログラミング
発売日 2018/09/21
通常    2,035円
単行本   2,035円 (+20pt)
Kindle   913円 (+9pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4)
総評価数 32件
5
(3.7)
総評価数 55件
6
(4)
総評価数 5件
7
絶対残業しない人がやっている 超速Excel仕事術
発売日 2016/10/07
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   770円 (+8pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 10件
8
(3)
総評価数 11件
9
Excel Power Query入門
発売日 2019/05/28
通常    300円
Kindle   300円 (+3pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.6)
総評価数 5件
10
(5)
総評価数 3件

 

関連:Pythonでの効率化、PowerPoint、Wordをあわせて学ぶ

本文でも紹介しましたが、Pythonを使えばVBA以上の効率化や、機械学習などとの連携しやすくなります。

Excelを有効活用するのに、プログラミングとしてまずPythonから学んでみるのはおすすめです。

また、Excelと合わせてよく使われるMicrosoft Officeソフト「PowerPoint」「Word」の参考書も紹介しています、のぞいて見てください。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました