【2021年】Djangoの本「最新・人気のおすすめの10冊」

こちらでは、PythonのWeb開発フレームワーク「Django(ジャンゴ)」に関する人気・高評価のおすすめ参考書を紹介していきます。

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

Djangoの参考書「人気ランキング 20冊」

Djangoの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2020/07/30
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,317円 (+23pt)
(4)
総評価数 22件
2
動かして学ぶ!Python Django開発入門
発売日 2019/12/13
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(3.6)
総評価数 73件
3
Python Django3超入門
発売日 2020/06/13
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,168円 (+32pt)
(3.6)
総評価数 14件
4
プロフェッショナルWebプログラミング Django
発売日 2021/03/18
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,520円 (+35pt)
(3.6)
総評価数 9件
5
Python Django 超入門
発売日 2019/02/07
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+47pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(3.3)
総評価数 30件
6
Djangoビギナーズブック
発売日 2019/12/01
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
(3.8)
総評価数 16件
7
Python Webアプリケーションフレームワーク Django入門(仮)
発売日 2021/07/30
通常    2,728円
単行本   2,728円 (+27pt)
(0)
総評価数 0件
8
Django×Python (LLフレームワークBOOKS)
発売日 2009/02/16
通常    254円
単行本   254円
(3.4)
総評価数 9件
9
(3.3)
総評価数 9件
10
(0)
総評価数 0件
11
(5)
総評価数 1件
12
Django Webアプリ開発実装ハンドブック
発売日 2021/06/18
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+33pt)
(0)
総評価数 0件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Djangoの本 人気の参考書 5冊

以下が今人気(売れ筋)のDjango関連の本の5冊の詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2020/07/30
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,317円 (+23pt)
(4)
総評価数 22件
2
動かして学ぶ!Python Django開発入門
発売日 2019/12/13
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(3.6)
総評価数 73件
3
Python Django3超入門
発売日 2020/06/13
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,168円 (+32pt)
(3.6)
総評価数 14件
4
プロフェッショナルWebプログラミング Django
発売日 2021/03/18
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,520円 (+35pt)
(3.6)
総評価数 9件
5
Python Django 超入門
発売日 2019/02/07
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+47pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(3.3)
総評価数 30件

 

「Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本」

「Djangoに興味があるけど、何から手を付ければ良いかわからない…」
「以前、Djangoの学習に挫折してしまったけど、やっぱり理解したい…」

といった方に、本書ではフレームワーク、Djangoの仕組みを理解でき、アプリ作成を通して理解を深められるよう説明しています。本書で作成するアプリは「ブログアプリケーション」「レビューアプリケーション」。作成したアプリを公開する方法についても解説しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
公式のチュートリアルや他のDjangoの参考書で挫折しましたが、この本でDjangoの仕組みと基礎をマスターする事が出来ました。Django特有の分かりにくい箇所も有りましたが、何度も読み込んで理解できた。django-admin, .\manage.py startapp などで生成されるファイルの目的、models.pyでのデータベースの作成及びデータの挿入、他書で「基礎」とタイトルにあっても説明があいまいであったり、説明自体が省かれていたりする中でこの本はそういう「基礎の基礎」がしっかり書かれている。Djangoを使ってWeb Programmingをしてみたいと思う初心者が最初に手に取るべき参考書だと思う。
数か所訂正箇所があるが、しっかり読めば十分にわかる範囲(reviewをしている本人プログラム歴3週間目) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Djangoでポートフォリオを作りたくてこの本を購入しました。
内容は完全に初心者向けで、Webフレームワークの経験がなくても全然理解できます。
最初に購入した「現場で使えるDjangoの教科書」は自分には少し難しかったのでこのレベルがぴったりでした。
ただ、本当に入門書なのでどれも表面的な解説に限られており、この本だけである程度しっかりしたアプリを作るのは難しいです。
この本を読んだ後に「現場で使えるDjangoの教科書」を読むと、より一層理解が深まって良いのではないかと思います。
本書のおかげでモダンな自社開発企業に転職できたので感謝の意を込めて星5を進呈します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2020/07/30
通常 2,860円
現在 2,860円

  

「動かして学ぶ!Python Django開発入門」

フルスタックエンジニア必携!
DjangoでWebアプリを開発しよう!

【本書の概要】
本書は、大人気フレームワーク「Django」によるWebアプリ開発手法を学べる書籍です。
具体的には、DjangoによるWebアプリの設計・作成の基本、動的機能の作成(フォーム作成)の基本、
認証処理の基本、データベースとの連携の基本(日記機能)、クラウドとの連携の基本(デプロイも含む)、
セキュリティの基本など一通り学ぶことができます。

【対象読者】
フルスタックエンジニア

【Djangoの対応バージョン】
Django2.2。
Django2.2はLTS(Long Term Support)という長期間サポート対象のバージョンです。
2022年4月までサポートが予定されており、安心して学習できます。

【Djangoとは(本書より抜粋)】
DjangoはPython用のフルスタックWebアプリフレームワークです。
多くのWebアプリにおいて必要となるメール送信やセキュリティなど、
多くの機能が標準で備わっています。

開発用の機能も充実しています。開発サーバーはDjangoに同梱されているため、
ローカルマシンで開発中のWebアプリをすぐに起動できます。

さらに、データベースのテーブル定義を記述しておけば自分でデータベースを操作するSQLを書くことなく、
コマンドを打つだけでデータベースに反映することもできます。

運用を支援する管理サイトも最初から備わっています。この管理サイトを使えば、
Web上からデータベースのデータを書き換えたり、
ユーザーの管理などを素早く行えます。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
冬休みを使ってDjangoを使ったWeb開発の基礎を学ぶ事を決意し、2019年12月29日から2020年1月13日まで掛けて、Local hostでの開発からAWSでのサービス公開までたどり着きました。(添付の写真参照)

内容としては、databaseを使った簡単なwebアプリに必要な知識や、バージョン管理サイトや便利ツールの使い方が日宇町最低限網羅されていると感じました。また、誤字や脱字も、私が開発している限りは特に無かったと思います。私の購入したものは、2019年12月13日の初版第1刷発行とあり、これ以上古い版もないと思います。(添付写真のとおり)誤字や誤植等によるデバックで学びが中断されることが気になる方も、安心して学習を進められるのではと思います。(本の通りにプログラミングしていれば問題ないところを、自分でミスタイプしデバッグに苦しむ事は多々ありましたが(汗))

私ごとですが、今後、開発したWeb日記アプリをWebデータベースに改造していきたいと思っていますが、その程度の改造を行ううえで必要なフレームワークの知識も本書のみで十分カバーした内容となっていそうだと思っています。そういう意味でも、入門書として決定版に近いくらい完成度が高いと評価させていただきました。

因みに、私はIT業界のエンジニアではないですが、昔からホームページを作ったりしており、今はDIYに近い形でIT自前ツールを開発をしています。これまでも何か取り組むたびに書籍を買って実際に手を動かしてきましたが、本書は説明が丁寧で、変な誤字や脱字がなく、良書だと思います。Good job! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ある程度Pythonの知識、HTMLなどWebに関する知識があれば、問題なく進めることができるのかなと思います。
手を動かしながら学べるので、飽きずに本書を読み進めることができました。このような技術書はローカルで完結させてしまう印象がありますが、AWSへのデプロイ方法についても記載があるので、本番環境の構築、運用時のイメージができました。あとはテスト方法などがあって欲しいなとも思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
動かして学ぶ!Python Django開発入門
発売日 2019/12/13
通常 3,740円
現在 3,366円
374円(10%)OFF!!

  

「Python Django3超入門」

PythonDjango超入門の改訂版です。Djangoのバージョン3に対応しました。また環境をCPython、開発ツールはVC Codeでの解説になります。Pythonの入門者でも、Webアプリ、サービスを作ってみたいと思っている人に向けた本です。本の内容どおり手順通り試していくとサンプルが作れます。試しながら学習することで、最初の1歩を踏み出せます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
djangoの公式サイトやdjango girlのチュートリアルで練習したあとに
サイトでは理解できない部分がありました。
この本書では公式サイトで難解な部分を噛み砕いて説明しているので参考になりました。

MVCモデルとかチュートリアルで説明されている部分と違いますが、初心者にはどうでもいいことです。
プログラミングの学習は最初、誤解から間違って覚えることのほうが多いので問題ではないです。
それよりも全体的な仕組み・作り方がわからないことが問題だと思います。
「理解」は作った数に比例するので、この一冊で理解させようとすることが問題です。

本書はそのまま作って行けばちょっとしたSNSアプリケーションを作るところまでできます。
django初心者が「なんでこれするの?」とひっかかる部分を解説しているのでわかりやすいです。
Djangoの理解ではなくて、とりあえず作ることができることに集中しています。
説明には語弊もありますが、すごくわかりやすいのでオススメします。
理解は実践から得る派の人はもってこいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
分かりやすく書かれてはいるのですが、分からないことも途中沢山でてくるので、何度もGoogleで調べながら進めました。

「print」って何?って方は、プロゲートなどのサービスでPythonを試してみると良いかもです。(簡単なのですぐ終わる)プロゲートは途中から有料になりますが、無料分だけでもPythonの雰囲気をつかめると思います。

その後にこの本を読むと意外とすんなり入ってきます。あ、これプロゲートでやってたやつだ!みたいな感じです。

本書の402ページからの「Pythonの基本を覚えよう」を先にやると、より頭に入りやすくなると思います。
私は最後に気づいて、「先にこれ読みたかったよ・・・」となりました。
402ページからのコードに、「println」が出てくるのですが、「print」に修正しないと動かないので注意です。

最後にミニSNSを作るのですが、ほぼ説明してくれないので難易度が上がります。
”超初心者"向けに一個ずつ説明してほしかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Python Django3超入門
発売日 2020/06/13
通常 3,520円
現在 3,520円

  

「プロフェッショナルWebプログラミング Django」

この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大人気のフレームワーク「Django」、現場で使える力を身につける。】

近年、AI開発を中心にPythonがますます注目されています。Pythonは初心者にもやさしい言語で、「パッケージ」や「フレームワーク」という便利な「部品」が数多く提供されているのも人気の理由です。その一つであるDjangoは、Webアプリケーションの制作環境として大人気、業界でも注目されています。アプリ開発における技術的な敷居の低さも人気の理由の一つとなっています。
Djangoを使用すると、よく見かけるような会員制サイトなども簡単に開発できます。たとえば、YouTubeやInstagramでも活用されています。

本書は筆者がエンジニアとして得た実践的な知識をお伝えするべく、実際の開発の流れに沿って学べる構成となっています。環境構築が苦手な方でも学習を進められる内容なので、初心者の方もご安心ください。
この本では、読み進めていくためのPythonの基礎から始めてDjangoの基本を紹介、そして作例(社内SNS)を開発するという流れで、実務的な開発手法を学べる形式になっています。デプロイ、各種ツールやサービスの基礎解説も掲載。作例データはダウンロードできます。

プログラミングの学習は、とにかくコードを書いて実際に動かしてみることが重要です。コードが理解できなかったり、エラーが出てしまったりすることがあるかも知れませんが、まずは立ち止まらず最後まで諦めずに開発を進めてください。そうすると開発の流れや全体像が見えてくるでしょう。

〈本書の内容〉
■PART1 Pythonの基本を学ぶ
■PART2 Djangoの基本を学ぶ
■PART3 DjangoでSNSを作る
■PART4 アプリケーションを公開する
■APPENDIX

〈著者プロフィール〉
田中 潤
Shannon Lab株式会社 代表取締役。アメリカの大学で数学の実数解析の一分野である測度論や経路積分を研究。カリフォルニア大学リバーサイド校博士課程に在籍中の2011年、「ShannonLab」を立ち上げるために帰国。これまでの研究成果や技術を生かして、対話形式で有名人を当てる推測エンジン「Mind View」や、テキスト対話エンジン「Deep Love」など数々の人工知能エンジンを開発。開発する際は常にPythonを愛用。近年人工知能がホットな話題となり、数理研究とビジネスモデルの双方の視点からアドバイスを行い、企業の人工知能ビジネス立ち上げを多数手がけている。コンサルティングを重ね、人口知能サービスを商品化するためのビジネスプランを練り、企業との共同研究開発も行っている。

伊藤陽平
日本暗号資産市場株式会社のエンジニアとして、ブロックチェーンやWebアプリケーションの開発を中心に行っている。元Shannon Lab株式会社のインターンとしてPython、Djangoの開発に携わる。また、新宿区議会議員(2期)、Code for Shinjukuの代表として行政のICT化やプログラミング教育にも取り組んでいる。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
数年前に少しだけPythonとDjangoに少し触れたことがあり、人工知能のサービスやWebサービス開発に興味を持ったので、今回改めて学んで見たいと思い立ち購入。Django本はなかなか無いので、ちょうど良かったです。

Pythonの基礎の基礎から学習できた、本書環境構築が不要だったのでサクサク学べた、AWSを使用している、という点が特に良かったです。本を一通り学習すると、ちょっとしたWebサービスが作れるので達成感も味わえます。
環境は主にCloud9というサービスが使用しますが、非常に便利で驚きました。以前、別のプログラミングの書籍では環境構築で大きくつまずいたので、コードを書くことに専念できたのは助かりました。
あと、ちょっと難易度が高そうなイメージのあるAWSでの環境構築を経験できたのも勉強になりました。前半のPythonやDjangoの基礎的内容は初心者向けですが、後半のAWSでの環境構築は中級者を目指す人にもためになる内容だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
独学でpythonプログラミングの勉強を始めようとしていた時に本書を見つけました。 著者が「誤解だらけの人工知能」の田中潤さんだったので素人の私にも分かり易いく書かれているのだろうと思い本書を購入しました。 内容はとても分り易く他の言語に比べpythonがどんなに簡素にコードを書けるかの比較なども丁寧に紹介されていました。 初めはわかり易くそれも初心者にも抵抗なくpythonの勉強ができる方法が書かれているのは驚きでした。 Djangoの開発も自宅にPCさえあれば大きな投資もなく(ぶっちゃけタダ)でできる方法にも関心しました。 これから頑張ってSNSを作ってみようと思うので完成できたらレビューの更新をしたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
プロフェッショナルWebプログラミング Django
発売日 2021/03/18
通常 3,520円
現在 3,520円

  

「Python Django 超入門」

日本では、人工知能や機械学習に適したプログラミング言語としてPythonが注目されています。しかし、Pythonはもっと普通のアプリ開発でも使いやすい優秀な言語です。本書は、PythonのWeb開発用フレームワーク「Django」を使って、Webアプリを開発する基礎知識を学ぶ入門書です。Python言語の基本的な知識から、テンプレート制作やデータベースアクセスの技術まで解説します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
オンラインである程度DjangoやPythonを学習した私には、とても良い内容でした。
ある程度の前提知識が必要ですが、それさえあればすんなりと内容には入れます。
Pythonの知識に関しては、読む前にある程度ある方がいいとは思います。

公式チュートリアルだけではわかりにくい部分やそもそも書かれていないものを補完することが出来ます。
DjangoでWebアプリを作りたい人にはもってこいでしょう。

一方で、出来上がったアプリを本番にリリースするための情報は書かれていません。
しかしこれは、Django独自のというよりも、他の言語でも同様のことですので、自分で調べれば十分でしょう。

ということで、ネットで不十分な情報をまとめ上げ、さらに内容を保管しているDjangoの本として、私にとってはパーフェクトでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初心者でも分かるように丁寧に説明してあります。この本を買って本当によかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Python Django 超入門
発売日 2019/02/07
通常 3,300円
現在 2,970円
330円(10%)OFF!!

  

 

   

Djangoの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が最新・高評価のおすすめのDjango関連の本の5冊の詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2020/07/30
通常    2,860円
単行本   2,860円 (+29pt)
Kindle   2,317円 (+23pt)
(4)
総評価数 22件
2
Djangoビギナーズブック
発売日 2019/12/01
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
(3.8)
総評価数 16件
3
動かして学ぶ!Python Django開発入門
発売日 2019/12/13
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(3.6)
総評価数 73件
4
Python Django3超入門
発売日 2020/06/13
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,168円 (+32pt)
(3.6)
総評価数 14件
5
Python Django 超入門
発売日 2019/02/07
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+47pt)
Kindle   2,970円 (+30pt)
(3.3)
総評価数 30件

 

「Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本」

「Djangoに興味があるけど、何から手を付ければ良いかわからない…」
「以前、Djangoの学習に挫折してしまったけど、やっぱり理解したい…」

といった方に、本書ではフレームワーク、Djangoの仕組みを理解でき、アプリ作成を通して理解を深められるよう説明しています。本書で作成するアプリは「ブログアプリケーション」「レビューアプリケーション」。作成したアプリを公開する方法についても解説しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
公式のチュートリアルや他のDjangoの参考書で挫折しましたが、この本でDjangoの仕組みと基礎をマスターする事が出来ました。Django特有の分かりにくい箇所も有りましたが、何度も読み込んで理解できた。django-admin, .\manage.py startapp などで生成されるファイルの目的、models.pyでのデータベースの作成及びデータの挿入、他書で「基礎」とタイトルにあっても説明があいまいであったり、説明自体が省かれていたりする中でこの本はそういう「基礎の基礎」がしっかり書かれている。Djangoを使ってWeb Programmingをしてみたいと思う初心者が最初に手に取るべき参考書だと思う。
数か所訂正箇所があるが、しっかり読めば十分にわかる範囲(reviewをしている本人プログラム歴3週間目) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Djangoでポートフォリオを作りたくてこの本を購入しました。
内容は完全に初心者向けで、Webフレームワークの経験がなくても全然理解できます。
最初に購入した「現場で使えるDjangoの教科書」は自分には少し難しかったのでこのレベルがぴったりでした。
ただ、本当に入門書なのでどれも表面的な解説に限られており、この本だけである程度しっかりしたアプリを作るのは難しいです。
この本を読んだ後に「現場で使えるDjangoの教科書」を読むと、より一層理解が深まって良いのではないかと思います。
本書のおかげでモダンな自社開発企業に転職できたので感謝の意を込めて星5を進呈します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本
発売日 2020/07/30
通常 2,860円
現在 2,860円

  

「Djangoビギナーズブック」

 
Users Voice
タイトルの通りです。
Web appフレームワークは初めて触れ、pythonやhtml/jsは簡易的なものを書いたことがある/書き換えたことがある程度の初心者です。

まだ読み途中ですが、Django girlsなどを通して一通り作成してみたは良いものの、ちょっとやりたいことが派生すると途端に宙に放り出されたかのようにもがいていた私にはベストな書籍です。

まず作ってみる、意味を理解する、より効率的なやり方に置き換える、併せて裏の仕組みを知る、…を丁寧に追いかけられるのでDjangoに対する理解が深まります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
私自身は非理系で、プログラミング初心者でした。Pythonの基礎文法を習得した後に読みました。

どういった仕組みでwebアプリが動いているのか
どのようなコードを書けば、どう動くのか
なぜそのコードを書くのか
頻発しやすいバグとその対処法

といった情報がwebアプリ知識が全くない初心者にでもわかりやすく書いてありました。
ただユーザー認証やサービスのデプロイなどに関しては記述はありませんでした。
ただ、基本的な要素については深く理解できると思うので、本当に初心者におすすめの本だと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Djangoビギナーズブック
発売日 2019/12/01
通常 3,740円
現在 3,740円

  

「動かして学ぶ!Python Django開発入門」

フルスタックエンジニア必携!
DjangoでWebアプリを開発しよう!

【本書の概要】
本書は、大人気フレームワーク「Django」によるWebアプリ開発手法を学べる書籍です。
具体的には、DjangoによるWebアプリの設計・作成の基本、動的機能の作成(フォーム作成)の基本、
認証処理の基本、データベースとの連携の基本(日記機能)、クラウドとの連携の基本(デプロイも含む)、
セキュリティの基本など一通り学ぶことができます。

【対象読者】
フルスタックエンジニア

【Djangoの対応バージョン】
Django2.2。
Django2.2はLTS(Long Term Support)という長期間サポート対象のバージョンです。
2022年4月までサポートが予定されており、安心して学習できます。

【Djangoとは(本書より抜粋)】
DjangoはPython用のフルスタックWebアプリフレームワークです。
多くのWebアプリにおいて必要となるメール送信やセキュリティなど、
多くの機能が標準で備わっています。

開発用の機能も充実しています。開発サーバーはDjangoに同梱されているため、
ローカルマシンで開発中のWebアプリをすぐに起動できます。

さらに、データベースのテーブル定義を記述しておけば自分でデータベースを操作するSQLを書くことなく、
コマンドを打つだけでデータベースに反映することもできます。

運用を支援する管理サイトも最初から備わっています。この管理サイトを使えば、
Web上からデータベースのデータを書き換えたり、
ユーザーの管理などを素早く行えます。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
冬休みを使ってDjangoを使ったWeb開発の基礎を学ぶ事を決意し、2019年12月29日から2020年1月13日まで掛けて、Local hostでの開発からAWSでのサービス公開までたどり着きました。(添付の写真参照)

内容としては、databaseを使った簡単なwebアプリに必要な知識や、バージョン管理サイトや便利ツールの使い方が日宇町最低限網羅されていると感じました。また、誤字や脱字も、私が開発している限りは特に無かったと思います。私の購入したものは、2019年12月13日の初版第1刷発行とあり、これ以上古い版もないと思います。(添付写真のとおり)誤字や誤植等によるデバックで学びが中断されることが気になる方も、安心して学習を進められるのではと思います。(本の通りにプログラミングしていれば問題ないところを、自分でミスタイプしデバッグに苦しむ事は多々ありましたが(汗))

私ごとですが、今後、開発したWeb日記アプリをWebデータベースに改造していきたいと思っていますが、その程度の改造を行ううえで必要なフレームワークの知識も本書のみで十分カバーした内容となっていそうだと思っています。そういう意味でも、入門書として決定版に近いくらい完成度が高いと評価させていただきました。

因みに、私はIT業界のエンジニアではないですが、昔からホームページを作ったりしており、今はDIYに近い形でIT自前ツールを開発をしています。これまでも何か取り組むたびに書籍を買って実際に手を動かしてきましたが、本書は説明が丁寧で、変な誤字や脱字がなく、良書だと思います。Good job! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ある程度Pythonの知識、HTMLなどWebに関する知識があれば、問題なく進めることができるのかなと思います。
手を動かしながら学べるので、飽きずに本書を読み進めることができました。このような技術書はローカルで完結させてしまう印象がありますが、AWSへのデプロイ方法についても記載があるので、本番環境の構築、運用時のイメージができました。あとはテスト方法などがあって欲しいなとも思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
動かして学ぶ!Python Django開発入門
発売日 2019/12/13
通常 3,740円
現在 3,366円
374円(10%)OFF!!

  

「Python Django3超入門」

PythonDjango超入門の改訂版です。Djangoのバージョン3に対応しました。また環境をCPython、開発ツールはVC Codeでの解説になります。Pythonの入門者でも、Webアプリ、サービスを作ってみたいと思っている人に向けた本です。本の内容どおり手順通り試していくとサンプルが作れます。試しながら学習することで、最初の1歩を踏み出せます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
djangoの公式サイトやdjango girlのチュートリアルで練習したあとに
サイトでは理解できない部分がありました。
この本書では公式サイトで難解な部分を噛み砕いて説明しているので参考になりました。

MVCモデルとかチュートリアルで説明されている部分と違いますが、初心者にはどうでもいいことです。
プログラミングの学習は最初、誤解から間違って覚えることのほうが多いので問題ではないです。
それよりも全体的な仕組み・作り方がわからないことが問題だと思います。
「理解」は作った数に比例するので、この一冊で理解させようとすることが問題です。

本書はそのまま作って行けばちょっとしたSNSアプリケーションを作るところまでできます。
django初心者が「なんでこれするの?」とひっかかる部分を解説しているのでわかりやすいです。
Djangoの理解ではなくて、とりあえず作ることができることに集中しています。
説明には語弊もありますが、すごくわかりやすいのでオススメします。
理解は実践から得る派の人はもってこいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
分かりやすく書かれてはいるのですが、分からないことも途中沢山でてくるので、何度もGoogleで調べながら進めました。

「print」って何?って方は、プロゲートなどのサービスでPythonを試してみると良いかもです。(簡単なのですぐ終わる)プロゲートは途中から有料になりますが、無料分だけでもPythonの雰囲気をつかめると思います。

その後にこの本を読むと意外とすんなり入ってきます。あ、これプロゲートでやってたやつだ!みたいな感じです。

本書の402ページからの「Pythonの基本を覚えよう」を先にやると、より頭に入りやすくなると思います。
私は最後に気づいて、「先にこれ読みたかったよ・・・」となりました。
402ページからのコードに、「println」が出てくるのですが、「print」に修正しないと動かないので注意です。

最後にミニSNSを作るのですが、ほぼ説明してくれないので難易度が上がります。
”超初心者"向けに一個ずつ説明してほしかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Python Django3超入門
発売日 2020/06/13
通常 3,520円
現在 3,520円

  

「Python Django 超入門」

日本では、人工知能や機械学習に適したプログラミング言語としてPythonが注目されています。しかし、Pythonはもっと普通のアプリ開発でも使いやすい優秀な言語です。本書は、PythonのWeb開発用フレームワーク「Django」を使って、Webアプリを開発する基礎知識を学ぶ入門書です。Python言語の基本的な知識から、テンプレート制作やデータベースアクセスの技術まで解説します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
オンラインである程度DjangoやPythonを学習した私には、とても良い内容でした。
ある程度の前提知識が必要ですが、それさえあればすんなりと内容には入れます。
Pythonの知識に関しては、読む前にある程度ある方がいいとは思います。

公式チュートリアルだけではわかりにくい部分やそもそも書かれていないものを補完することが出来ます。
DjangoでWebアプリを作りたい人にはもってこいでしょう。

一方で、出来上がったアプリを本番にリリースするための情報は書かれていません。
しかしこれは、Django独自のというよりも、他の言語でも同様のことですので、自分で調べれば十分でしょう。

ということで、ネットで不十分な情報をまとめ上げ、さらに内容を保管しているDjangoの本として、私にとってはパーフェクトでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初心者でも分かるように丁寧に説明してあります。この本を買って本当によかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Python Django 超入門
発売日 2019/02/07
通常 3,300円
現在 2,970円
330円(10%)OFF!!

  

 

Django本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにDjangoの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のDjango関係の本人気ランキングです。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
速習 Django 3 速習シリーズ
発売日 2020/06/08
通常    700円
Kindle   700円 (+7pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.8)
総評価数 6件
2
(2.3)
総評価数 5件
3
1日で理解するDjango超基礎入門
発売日 2017/05/10
通常    300円
Kindle   300円 (+3pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(2.9)
総評価数 6件
4
(2.4)
総評価数 2件
5
(2.9)
総評価数 3件
6
(4.1)
総評価数 6件
7
(3)
総評価数 4件
8
(5)
総評価数 1件
9
(0)
総評価数 0件

 

   

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Djangoおすすめ講座」

UdemyではDjangoを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Djangoの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.5)
総評価数 1663件
2
プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座
発売日 2017/03/27
受講者 9,825人
通常 24,000円
現在 1,430円
(4.2)
総評価数 1754件
3
Nextjs + Tailwind CSS + Django REST Framework で学ぶモダンReact開発
発売日 2020/12/23
受講者 632人
通常 24,000円
現在 1,270円
(4.4)
総評価数 100件
4
(4.3)
総評価数 1199件
5
[基礎編]React Hooks + Django REST Framework API でフルスタックWeb開発...
発売日 2020/04/30
受講者 1,556人
通常 19,200円
現在 1,270円
(4.4)
総評価数 273件

 

関連:Python・機械学習について学ぶ

以下では、Django利用の基礎となるPythonに関する参考書、Pythonの有効な活用法の1つ機械学習に関する書籍、を紹介しています。合わせてのぞいて見てください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました