Amazon Echo(Alexa)でスマートホーム化 ~今できる家電操作とは~

Sponsored Links

Amazon Echo(アマゾンエコー)を手に入れたら、音声でアレやコレやとやれて楽しいですが、やはり実用性を考えると「音声で家電操作」をやりたくなっちゃいますね。

そこでこちらでは、今、Amazon Echoに対応した家電・スマートデバイスにはどういったものがあるのかを紹介していきまっす。

 

最近の更新

 

 
 

Amazon Echo(Alexa)でスマートホーム化概要

echo

Amazon Echoはご存知Amazon製のスマートスピーカーです。話しかけるだけで様々な応対をしてくれます。

そんなAmazon Echoで期待されているのが、「スマートホームハブ(ホームゲートウェイ)」としての役割。すなわち、「家電を始めとする、ネットワークでつながった様々な機器(IoT機器)を、声で操作する起点となる役割」です。

実際には、Amazon Echoに搭載されているAI「Alexa(アレクサ)」が各種IoT機器とつながり操作可能としますので、Amazon EchoにかぎらずAlexaが搭載されている製品がスマートホームハブとなりえます。
 

日本は欧米よりもスマートホーム化の流れが遅く、対応製品は少なめですが、これから増えていくことは明らかです。

また、日本では赤外線リモコン家電が多く普及しているため、赤外線家電を操作するための対応製品もいくつか発売されています。

以下で、現状でAmazon Echoから操作可能なスマートホーム対応製品を見ていきましょう。

赤外線家電操作(スマートリモコン)

やはり現状日本の家電操作でキーとなるのは「赤外線リモコン式の家電操作対応」ですね。テレビやエアコン、照明など、簡単に置き換えできない家電が赤外線操作となっています。

赤外線操作家電は、「家庭内のネットワークにつながっている」という扱いではないため、別途ネットワークにつなげる機器を経由して、そこから赤外線を飛ばして操作します。

以下で対応している赤外線リモコン中継機器(スマートリモコン)の特徴を簡単に紹介していきます。

また、赤外線家電操作については別途記事でもまとめています↓。詳細比較はこちらを参照ください。

 

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

(2018/04/17 スマートホームスキル対応について更新)
 

テレビ、エアコン、照明の柔軟な音声操作が可能な製品です。

Amazon Echoの音声操作方式には、シンプルな声がけの「スマートホームスキル型」と、ちょっと長い声がけになる分細かい操作も可能な「カスタムスキル型」の2種類あります。

本製品は、その両方の操作方式に対応。「テレビをつけて」といったシンプルなオンオフ操作も可能、「家電リモコンで4チャンネルにして」のように細かいテレビ操作も可能なんです。

さらに、手動学習した赤外線信号を音声操作割当することも可能です。レコーダーや加湿器など任意赤外線信号機器も利用可能です。

日本メーカーの製品ですのでサポートや日本家電への対応に安心感が増すといった側面もあります。

温度・湿度センサーなども搭載され機能性も高い、コスパの良いおすすめの製品です。

詳しい使い方・設定方法を以下でまとめています。

 

Nature Remo(ネイチャーリモ)

(※2018/07/07 センサー機能アップグレードとRemo Miniの情報を追加)
 

Nature Remoは、比較的高めな価格設定ですが、その分豊富な機能が搭載された高機能さが特徴です。

Amazon Echoからの利用には、なんとスマートホームスキル、カスタムスキル両方に対応しています。シンプルに「テレビをつけて」といった操作、「リモで4チャンネルにして」といった細かい操作が可能です。

また、IFTTTというWebサービス同士を連携するサービスにも対応しており、Alexaはもちろん、他のサービスと連携も可能。設定次第で様々なことが可能です。

さらに注目は、Amazon Echoからの利便性だけでなく、Nature Remo自体の機能として、GPS連動や人感センサー、温度センサーなど多彩なセンサー活用した自動制御も非常に魅力的です。音声操作すら不要の快適な自動制御生活を実現することも可能でしょう。

以上のように非常に高機能なのが魅力の製品です。予算に余裕があれば、現時点で選んで間違いない製品かと思います。また、センサーを絞った安価版「Nature Remo Mini」(現状直販のみ)も発売されています。

以下で効果的な使い方、コツを紹介しているので合わせて参照ください。

 

LS Mini

LiveSmart(リブスマート)から、2018年8月から発売されたスマートリモコンの中でも新し目の製品です。

現状他のスマートリモコンと比べても一押しでおすすめの製品です。

おすすめとなる大きな特徴は以下の4点。

  • 温度、照度センサー、GPS情報、日時指定を活用した自動制御
  • 環境最適化AIによりエアコンの自動制御
  • Amazon Echoからマクロ(ルール)含めて様々な音声操作可能
  • これら高機能搭載ながら、6,980円の最強のコスパ

ひとことでいえば、他の製品と比べても多機能、なのに安いんです。

音声操作以上のスマートな利用方法、位置や環境に応じた「自動制御」対応が豊富。「平日の夜だけ、家に近づいたら、エアコンを自動で、4時間だけオン」、なーんてことが可能なんです。

肝心のAmazon Echoからの利用では、「スマートホームスキル」対応、「カスタムスキル」は間もなく対応、さらにLS Miniで作成したマクロも呼出可能なので、設定次第でどんな操作もまとめて実行可能です。

はっきりいって、現状スマートリモコン決定版ともいえるおすすめの製品です。ただし、人気のためか入荷時期がどんどん遅くなっています。気になる方は早めにゲットしておきましょう。

以下で詳しくレビューと紹介をしています。

 

LinkJapan「eRemote」「eRemote Mini」

上位版のeRemoteと、簡易版のeRemote Miniがあり、eRemoteには温度センサーもついていますが、Miniにはついていないなどの差があります。

Amazon Echoから利用する際のポイントとしては、「スマートホームスキル型」でシンプルな音声操作が可能なことです。「Alexa、照明つけて」のようにシンプルな操作が可能です。

ただし現状は、基本は音声操作対象が照明(ライト)のみのとなっています。具体的には、照明のオン・オフと明るさ変更が音声で可能です。

ただ、赤外線リモコン学習設定は任意に可能なので、ライトの「オン」「オフ」「明るくする」「暗くする」の4つの操作を任意のボタン(テレビオンなど)に割当てて、Alexaで任意の名前を設定すれば、任意家電を音声操作可能、という使い方が可能です。
若干クセのある設定が必要ですが、任意家電を音声操作可能なのは魅力的です。

今後、音声操作対応した家電や、スマートホームスキル自体でできることの幅が広がることを期待したい製品です。以下で詳しくまとめています。

 

ORVIBO 「Magic Cube」

コヴィア社の「ORVIBO」というスマートホームシリーズに属する製品です。

Amazon Echoとはスマートホームスキルで連携します。そのため音声操作はシンプルですができることは限定的(電源のオンオフ)となります。音声操作可能な家電は、「テレビ」「エアコン」となっています。

ただし、手動学習赤外線信号をテレビに割当て、定型アクションで任意音声操作設定も可能ですので、設定をがんばれば好きな家電の任意信号も利用可能です。

こちらは、温度等のセンサーは内蔵されていませんがその分少し安価で、また個人的に外観がスタイリッシュでかっこいいのが魅力的です。

以下で使い方等を詳細にまとめています。

 

スマート学習リモコン sRemo-R

SOCINNOより2018/01/30から発売されたスマートリモコン製品です。

まだ発売して間もなく、出荷数も少ないのか手に入れにくい状況となっています。Androidアプリのリリースもされておらず、2/11現時点ではAndroidからは利用できなさそうです。

Amazon Echo(Alexa)とは「スマートホーム型スキル」で連携するので、シンプルで直感的な音声操作が可能です。

また、任意のリモコンボタンをアレクサ操作用に設定可能となっており、現時点でも少し設定の手間はありますが、多くのことを音声操作設定することが可能です。

本体機能として、温度、湿度、照度センサーも備えており機能的ながら価格も比較的安価です。また、Alexaと比較的スムーズに連携できるようなので出番は少ないですが、IFTTTにも対応しています。

このようにAlexa連携・本体含め機能性が高いので、今後Androidでの正式利用準備も整ったら注目の製品となるでしょう。
 

 

スマートライト(照明)

Philips Hue 照明(ライト)

スマートライトの代表格といえば、Philips Hue(フィリップス・ヒュー)製品です。

上記のホワイトグラデーションタイプは、白色系と暖色系の色操作と、明るさレベル調整が可能です。オンオフはもちろん、色味変更、明るさ変更もAlexaから音声で操作可能です。

Amazon Echoには、「Echo Plus」というHueの照明とあらかじめ連携可能となっている製品タイプもあります。Echo Plusの場合、上記のスターターキットではなく、以下の安価なランプ本体のみの購入で利用可能となり、安価かつ無駄な機器(ブリッジ)を配置する必要もなくなります。

 
また、さらにカラフルなライトコントロールが可能な製品もあります。

スマートプラグ(スマートコンセント)

プラグ通電をオンオフ制御することで、様々な電気機器のオンオフが制御可能となります。

例えば、間接照明、こたつ、扇風機、換気扇、蚊取り線香などなど、通電と同時に起動が可能な電化製品のオンオフが音声制御可能となります。

スマートプラグは、海外メーカー製品も多く3ピンプラグのものもあることに注意が必要です。一般的な日本家庭コンセントは2ピンであるため、変換プラグが別途必要になります。

以下では、日本で使いやすい2ピンプラグ製品を紹介しています。

Meross 2ピン スマートプラグ MSS110

ぼく自身Amazon Echoと連携して利用しているスマートプラグです。日本家庭向け2ピンプラグでありながら、機能性もばっちり、そして安価という、非常にコストパフォーマンスの高い製品です。

Amazon Echoから電源オンオフはもちろん、スケジュール設定(特定時間でオン・オフ)や、タイマーオフなども可能です。Amazon Echoからシーンでまとめてオンオフなんてことも可能です。

 

ボクは間接照明などに利用しており、ベッドライトという名前をつけて、

「アレクサ、ベッドライトつけて/消して」

で寝る前の照明操作が音声で操作可能になっています。

以下で詳しく紹介・レビューしています。合わせて参照ください。

 

TP-Link WiFi スマートプラグ

 

同様に、!!pink|日本向けに2ピンプラグで機能性の高い製品です。

Amazon Echoから音声操作はもちろん、スケジュール実行や外出先からコントロールも可能、さらにはランダムオンオフ機能も搭載。長期留守中などにランダムに照明をオンにして人が居る装いも可能とのこと。

高い機能性の分、他の製品よりは価格が若干高めとなっています。

 

他のスマートプラグ

スマートプラグ製品は他にもいくつか発売されていますが、他の多くは3ピンプラグ製品です。

ただ、そちらのほうが安価であることが多いです。その分上述もしたように2ピンコンセント利用には変換が必要になるので注意して選びましょう。

 

物理ボタン制御

ここまでもネットワーク機能のない機器をどうにかして音声制御してきましたが、さらには「物理的に押す」という行為自体を音声操作も可能にする製品があります笑。

当然ですが、「物理的に押す/触る」で制御できるモノは多いです。
壁の照明ボタン、お風呂の給湯ボタン、車庫の扉、洗濯機のボタン・・などなどリモコン操作が一切ない機器すらも離れた場所から音声操作が可能となる、ということですね。

原始的ですが、有効なシチュエーションは多いです。具体的な製品を見ていきましょう。

Naran マイクロボットプッシュ

Naran社の物理ボタン制御機器「マイクロボットプッシュ」です。既に第2世代となっており、初期製品より改善が進められたものとなっています。

付属の強力な両面テープによる設置を行い様々な場面に適用可能です。

スイッチを押す突起には様々なアタッチメントが付属しており、静電式(タッチ式)にも反応、押す高さを調整、マジックテープで押すだけじゃなく引く動作も可能、といった機能性があります。タイマー機能で定時実行等も可能です。

Amazon Echoから音声操作するには、下記の「プロタ S」というハブ製品が必要です。連携はIFTTTというサービスを介して利用します。

Amazon Echoの音声操作は魅力ですがハブの導入コスト(1万円弱)が高いのが難点ですね。スマホからのスイッチ操作のみであれば、ハブ無しで利用が可能です。ハブは1つあれば、複数のマイクロボットプッシュを制御できるようになります。

 

Switch Bot(スイッチボット)

Reshare社の物理ボタン制御装置「SwitchBot(スイッチボット)」です。

強力な両面テープであらゆる場所に設置、様々な物理ボタンを制御できます。ボタンを押す突起部分が細い板のようなものを振り下ろす形式で、かなり小さいボタンを押すことも可能です。

押すだけではなく引くためのオプション製品も付属しており、押すと引く相互に行うことも可能です。静電式ボタン(タッチ式)への対応はしていません。

Amazon Echoや外出先から利用するには下記の「スイッチリンク」というハブ製品が必要となります。

マイクロボットプッシュと同じく、Amazon Echoでの音声操作は魅力ですが、ハブ導入コストが少し高めですね。単体でスマホで利用する分にはハブは不要です。ハブが1台あれば複数のスイッチボットが制御可能となります。

ハブを導入すれば、Amazon Echoからは「カスタムスキル」での利用が基本となります。「スイッチボットで〇〇をつけて」のような感じですね。またIFTTTにも対応しているので、シンプルな音声操作設定も可能です。

たかが物理ボタン制御、されど物理ボタン制御、使い所によっては大きな利便性向上となると思います。

加湿器

Oittm 大容量スマート加湿器

OittmのIoT対応された「スマート加湿器」です。スマホ操作はもちろん、Amazon Echoへも英語版では対応済み、日本語版でも対応予定となっています。

日本語版は現状公式には未対応ですが、IFTTT(IFTTTはWebサービス同士を連携するサービス)に対応しており、現状でもIFTTT経由でAmazon Echoから加湿器のオンオフ操作が可能です。

加湿器自体の性能も高く、大容量3Lのタンクをもちながら本体はスマート、超音波式で非常に静音で電気代も安い、スケジュール実行等も可能、といった特徴があります。

冬場の加湿、花粉症の予防に、楽ちんスマートに加湿してみてはいかがでしょう。以下でレビュー込みで詳しくまとめています。

掃除機

iRobot ロボット掃除機 ルンバ

ご存知、お掃除ロボットルンバです。
基本的にWifi搭載モデルが対応しており、ルンバ900シリーズ、890、690が利用可能なようです。

自動お掃除してくれるだけで便利なルンバですが、その起動も声でいつでも気軽にできれば、さらに便利なこと間違いないでしょう。

日立 ロボットクリーナー minimaru(ミニマル) RV-EX1

日立のロボット掃除機「ミニマル」もAlexaからの音声操作に一部対応しています。名前の通り、ルンバ等より小さいのが特徴な掃除機のようです。

現状できることは、掃除中などにミニマルに表示されたお知らせ通知(トラブルなど)の内容や対処を、音声で簡単にお知らせ&スマホアプリに表示可能というサービスです。

残念ながら音声での起動等の操作はできなさそうですね。

電子レンジ・オーブン

日立 ヘルシーシェフ MRO-TW1

日立の様々な調理方法が可能なオーブンレンジです。

食材の好みや料理ジャンルを伝えることで、おすすめ料理名と主な食材をお知らせしてくれます。調理方法(オーブンレンジの設定)等をスマホに表示も可能です。

スマートロック

物理的なカギの使用や持ち運びを省略し、スマートフォン等のみで手軽かつ身軽にロック状態を管理できるスマートロック製品です。こちらもAmazon Echoからの音声操作に対応している製品があります。

といっても、防犯上の都合もあいまって音声操作は限定されていることも多く、実際音声で利用したいシーンも多くはないかもしれませんね。

音声操作以上に、キーレスな快適さを求める人向けの製品です。
 

Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)

ドアノブに設置することで、スマホからドアの施錠・解錠操作が可能となります。

Amazon Echoからの音声操作では、施錠のみが可能です。解錠ができないのは、防犯上危険があるためと考えられます。

解錠・施錠時の通知や状態確認、位置連携した自動解錠、ゲストへ解錠権限シェア、外出先から解錠・施錠など、スマホからロックに関して高機能な制御が可能、セキュリティ向上にも有効です。

単体ではBluetooth通信のため近距離でのみ操作可能です。外出先やAlexaから利用するには、以下のHub製品の導入が必要となっています。

 

セサミスマートロック

 

Amazon EchoからはIFTTTによる連携で利用可能な製品です。

スマートロック自体の機能としては、自動解錠や、ゲストへ解錠権限シェア、解錠・施錠履歴の確認、リモート解錠・施錠など、高機能な制御が可能、セキュリティ向上にも有効です。

IFTTTに対応していることで、解錠をトリガーに家の灯りや家電をオンにすることも可能、カギのアンロックだけでなく、その先の家電操作まで自動にできるのが良いですね。

Amazon Echoからの利用や、外出先から利用する場合、WiFiアクセスポイントとのセットで導入しましょう。

 

テレビ・レコーダー機器

今後の対応に期待:Amazon Fire TV

なんといっても連動対応が待ち遠しいのが「Amazon Fire TV」ですね。

北米版Alexaでは、連携が可能となっており、音声でPrime Videoなどの作品の再生や、早送りやエピソード送りなどの音声操作が可能です。

日本でも早めの対応を期待したいですね。

今後の対応に期待:ブルーレイプレーヤー、レコーダー

2018年はブルーレイプレーヤーやレコーダー機器にもAlexaの搭載が既に予定されています。

PanasonicのBlu-rayプレイヤー「DP-UB820」「DP-UB420」がAlexa対応と発表済みで、ブルーレイの再生等が音声で可能となる見込みです。

この流れでレコーダーDIGAにも対応が期待されることとなるでしょう。この対応が入れば、Amazon Echoからの操作も当然可能となるでしょう。

Amazon Echoでスマートホーム化まとめ

以上、Amazon Echo(Alexa)で操作可能なスマートホーム製品の紹介でした。

まだまだ、対応製品が多いとはいえませんが、これから対応が加速していく一片を感じることができますね。2018年以降発売家電はIoT製品前提として、ネットワークに繋がる前提でAmazon Echo等とも容易に連携可能となっていくでしょう。今後に期待です。

Amazon Echo自体でできることもまとめているので合わせて参照ください。

以上でっす。

コメント