【2021年最新】Alexa(アレクサ)対応のロボット掃除機「人気・価格で見るおすすめ機種一覧」

こちらでは、AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」に対応したロボット掃除機を紹介。アレクサ対応は、すなわち音声操作が可能ということ。

いちいちボタンを押すことも、スマホ操作すらもせずとも、「アレクサ、掃除して」でお出かけと同時に掃除させる、なんてことが可能です。

ロボット掃除機は日々新製品も出ており、今ではある程度安くても良い製品も導入可能、人気・コスパの面から一覧で紹介していきます。

Contents

 

Alexaでも聴けるAudible 無料体験で1冊GET
 
Alexaからも一言で読書を再開。すきま時間で知識を充実。
  • 体験で1冊無料でゲット
  • 登録後いつでも解約可能
  • 解約後も聴ける


    

アレクサ対応のロボット掃除機 人気ランキング

以下がアレクサ対応のロボット掃除機の最新の人気一覧です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(5)
総評価数 2件
2
(4.4)
総評価数 838件
3
(4.5)
総評価数 2811件
4
(4.3)
総評価数 828件
5
(4.7)
総評価数 300件
6
(4.5)
総評価数 865件
7
(4.3)
総評価数 2559件
8
(4)
総評価数 165件
9
(4.1)
総評価数 24件
10
(4.3)
総評価数 15件
11
(4.1)
総評価数 12件
12
(4.5)
総評価数 226件
13
(4.5)
総評価数 218件
14
(4.5)
総評価数 229件
15
(4.4)
総評価数 84件
16
(4.4)
総評価数 43件
17
(4.3)
総評価数 38件
18
ルンバ961 アイロボット ロボット掃除機
通常 56,800円
現在 54,800円
2,000円(4%)OFF!!
(4.4)
総評価数 199件
19
(4.4)
総評価数 226件
20
(4.8)
総評価数 57件

Alexa対応ロボット掃除機 最新・高評価のおすすめ5製品

以下がアレクサ対応のロボット掃除機の最新かつ高評価のおすすめの製品です。

(2021/05/18 更新)

【セット商品】 ルンバ e5 & ブラーバ 390j e515060 B390060

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【静音性】静音中にほとんど音が気になりません。在宅中でも気軽に拭き掃除・水拭きが出来ます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2800Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの吸引力&驚きの効率】Kyvol E30ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。
  • 【150分間連続稼&動衝突防止】3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Google home、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約2年ほど使っていたロボット掃除機の調子が悪くなってきたのと、機能性にも満足いっていなかったので、新しい機種に買い換えました。

今回新しい機種を探すにあたっての条件は、

・3万円以内
・amazon/Alexa対応
・スマホ(iPhone)操作可能
・比較的新しい機種

上記の条件で探していました。
大手メーカーの商品だと商品性能は高いのですが、上記条件で探すと、どうしても価格が倍ぐらいになってしまうので、断念しました。
色々と他機種とも検討してみて総合的にこちらの商品に決めました。

商品到着後、約1週間ほど毎日利用してみましたが、
2年ほど使っていた以前の機種とは比べ物にならないぐらい高性能で、良い意味で予想を裏切られました。

まず、スマホ操作、alexa操作も簡単に設定でき、スムーズに動作しました。
以前の機種はセンサーが良くなかったのか、椅子の脚などの障害物にぶつかりまくっていましたが、
こちらの商品はそういった事もなく、しっかりと障害物を避けて掃除をしてくれます。

また、上手くジグザグで掃除してくれますので、ホコリやゴミの取り逃がしがかなり少ない印象です。一見キレイな床でも、掃除が終わるとフィルターにホコリがいっぱい溜まっているので、吸引力も高いと思います。

吸引力、操作性、機能性と、総合的に満足のいく商品でした! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 まるでペット。
動きを見ていると癒されます。

特に自動的に充電台に帰還してセルフ充電するところと
まんべんなくジグザグに(説明書では弓形掃除と書いてあります)掃除してくれる様が愛おしい。
ペット代わりにもなります。

迷子になって出てこられなくなりそうな、複雑に入り組んだ場所に入り込んでも、
こちらの心配をよそに何事もなかったように出て来てくれます。

自動モードの他、円を描きながら集中的に掃除してくれるスポットモードや、
充電台に戻るまで20分間、縁に沿って掃除してくれるエッジモードがあります。

マメに掃除しているタイルカーペットの部屋で試しましたが、
10分程度の自動モードでびっくりするぐらい埃がダストボックスに溜まっていました。
吸引力は満足です。

少しの段差なら乗り越えてくれます。
掃除したくないスペースには付属の磁気テープで防御出来ます。
大きい段差から落ちない落下防止センサーもついていて安心です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with

  • 【2,000Paの強力な吸引力】直径8mmのパチンコ玉も吸い込む2,000Paの強力な吸引力&カーペット自動認識で吸引力をさらにアップします。
  • 【180㎡まで水拭き可能】水タンクが290㎖の大容量になり、一度に最大180㎡まで水拭きが可能です。
  • 【アプリ機能が充実】部屋別に吸引力・水量を設定したり、指定場所だけの掃除、バーチャルウォールも設定できます。
  • 【無駄のないルート設計】部屋の長辺を識別し、折り返し回数が最短になるように動く無駄のないルートで、最短時間で隅々まで掃除します。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
これまでルンバ780を使用しておりましたが電線や積み上げた荷物に引っかかってスタックすること多数。今度広い賃貸に引っ越すのですがそうなるとさらに迷子になるリスクが高く、買い替えを決意。
マッピング機能が欲しいがそうした機能を有するルンバは10万近いのが多数。気軽に買える値段ではありません。

最近になりスマホで有名な中国Xiaomi(と言っても日本で正規流通している機種は今のところMi Note 10かBlack Sharkぐらいですが)の掃除機が日本でも正規販売されていると聞き、気にはなっていたので調べてみると評判も良いし、値段もルンバの同等性能の機種の半分程度かつエントリー機種と同様、しかも拭き掃除機能も付いていると言うことで非常に興味をそそられました。ルンバはパーツ交換でかなり長く使えていたのでその辺が心配でしたが、世界的に展開している機種だし最悪パーツをAliexpressで輸入すればいいや、と思い購入。

セットアップにはスマホとアプリが必要で、Wifiにも接続する必要があります。
この際5GhzのWifiには対応していないのでご注意を。スマホが繋がっている無線LANの回線を参照して繋ごうとするためセットアップ中には普通に5Ghzの回線が選択できてしまうのですが、失敗するので一旦スマホを2.4Ghzの回線に切り替えた上でセットアップを行ってください。
上記のようなトラブルはありましたが無事接続完了。ドキドキしながら掃除を開始するとぐるぐると回りながらLDSで大まかな部屋の構造を解析して掃除を開始。ルンバ780のようにランダム走行するのではなく、まず部屋の外周を掃除した後に内側を掃除するようになっております。アプリで掃除の動きを観察できるのですが、実に効率的に動いている事が分かります。ルンバ780のように狭いところに入り込んだら抜け出せなることもなく、ルートをきちんと考えて迷う事なく脱出してくれます。このため同じところを何度も往復してそこにある配線を巻き込む事もなく、自称ルンバより賢いAIは伊達ではありません。それでもどうしても入り込んで欲しくない領域がある場合はアプリのマップ設定で侵入禁止ゾーンやバーチャルウォールを設定することができ、外付けバーチャルウォールや磁気テープを貼る必要はありません。
引越し前の1Kの部屋で試したため16分ほどで掃除は完了し残りの電池残量は92%。5部屋以上は余裕で掃除できそうです。充電器の位置も覚えているので帰還前のルンバ780のように見ててヤキモキすることもなくまっすぐ充電器のもとへ戻ります。ここまで下手すれば自分より賢いのでは?と思う掃除ぶりを見せてくれました。
リビングとキッチンで段差があるためキッチンには本体を直接置いて掃除をさせましたが、すぐにマップを解析してそちらも迷うことなく掃除完了。

吸引力に関しては一見吸ってくれそうなゴミも残ってしまう事がありますがこれはルンバ780でもよくあった事ではあり、掃除後にダストボックスを開けると想像以上にゴミが溜まっていたので必要十分な吸引力はあると思います。また設定で吸引力は上げることはできるのでその辺も活用してみてもいいかもしれません。なんとしてでも全てのゴミを吸引したい!と言う場合はルンバの上位機種に軍杯が上がるものと思われます。

続いて試してみたのは拭き掃除機能。後ろに水を入れるタンクがありそこに水を投入、その下にさらにアタッチメントを装着する構造になっておりそのアタッチメントにマジックテープで専用モップを装着しはめ込むだけ。装着されたかどうかは自動認識してくれて音声で教えてくれます。装着すると自動的に水ぶきもしてくれるようになります。
こちらの性能としては、300gほどの荷重しかかけられないため、さすがに人間が床拭きするようにはいかず過度な期待は禁物ですが、それでも掃除した後のモップはかなり汚れており、効果を実感することができます。まめに水ぶきモードを活用すれば人間がたまに掃除するよりも効果を発揮してくれるのではないでしょうか。
反面外出で数日家を空ける時に水ぶきを有効にしていると汚れたモップを何回も家の中で引き回される事になるのでそんな時は外しておく方が良いと思います。カーペットなどはアプリのマップ設定で侵入禁止にしておくことで水拭きを回避することができます。

タイトルにも書きましたが、ロボット掃除機はここまで来たか!と言う感じです。未だ掃除機の中では比較的高価なロボット掃除機をを何個も買えるブルジョワでもなければメーカーが商品を送ってくれるような有名レビュワーでもないのでルンバの最新機種の事情などは正直分かりませんし、耐用年数としてどこまで使えるのかも今の時点で定かではありません。ルンバ780は自力修理やパーツ交換を経て実家と合わせて8年使えていましたが本機種がそこまで使えるかはわかりません。海外通販では普通に入手できるバッテリーも国内販売元のサイトを見ると本体を送って有償交換となっており若干のサービスの違いがあります。そのあたりのリスクはありますが性能と値段のバランスは非常に良く、お勧めできる製品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初めてのロボット掃除機ですが、非常に満足度の高い家電です。
吸引力は必要十分で、思っていたより音が静かでした。
初期設定後最初の清掃でマッピングしますが、清掃前すでにある程度部屋を認識していて驚きました。
センサーが優秀で壁や家具家電に近づくと徐行し、当たりがソフトで傷つけません。
一度マッピングしてしまえば、全く無駄のない動きをする。
しかし壁の隅なども一度通過するだけなので、隅々まで頑張って掃除してほしい場合は
他の機種を選んだ方がいいかもしれません。
個人的に水拭き機能はおまけ程度に考えていましたが、毎日継続して拭いてくれるので
床がいつもさらさらして気持ちがいいです。
アプリから細かな設定も簡単で、出先でも操作出来てリアルタイムで動きを把握できるのもいいです。
難点を一つ挙げるとしたら、モップが一つしか付属していなくて、ブラシやフィルターなどの消耗品が手に入りにくいこと。
Amazonでもいつも在庫切れになっています、今後若干不安です。
総合的には、これだけの機能で6万円前後ならコスパ最強だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E20 ロボット掃除機 2000Pa 強力吸引 超薄型 畳 静音 自動充電

  • 「最大2500Paの吸引力&150分間連続稼働」Kyvol ロボット掃除機は最大2500Paのパワフルな吸引力で最長150分間連続で稼働することが可能です。また、自動モード、エージモード、スポットの3つのお掃除モードがあります。細かなホコリやゴミ、ペットの毛などを残さず綺麗に掃除ができます。
  • 「優れたデザイン」約7cmの超薄型で、Kyvol ロボット掃除機は手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます。
  • 「多機能モデル」Kyvol掃除ロボットに静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、タイマー機能、乗り越え機能などの機能を搭載。カーペットとフローリングなどの床面の違いを判別し、より強い吸引力が必要な場面で、自動的に吸引力を上げます。畳の部屋でも心配なく使用できます。
  • 「掃除範囲の制限が可能」境界線テープを置くことで、進入禁止場所を判断し、掃除したいエリアを制限できます。
  • 「操作簡単」アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。(日本語のマニュアルと日本語によるサポートにも対応しております。[よくある質問] KYVOL ロボット掃除機について、ご質問がございましたら、商品の詳細ページ → 在庫状況の下に表示される「販売元」をクリック → 「質問する」ボタンをクリックして質問することが可能です。)ご注意、1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不能)。 2. Alexa操作に関してクイックガイド(ページ61~62)をご参照ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ルンバe5からの買い替え
去年購入したルンバe5だが、直進しなくなり、修理に出すと、保証期間内だが車輪のアームが折れてるから有償修理になると!修理代18000円!!別に踏んづけたりしたわけでもないのに。。。。。
修理対応に腹が立ち、買い替えることに。

となると、2万円以下でWi-Fiついてて、100分以上の稼働時間がある機種に絞って選定。
最終的にWi-Fiはないが、アンカーのRoboVac 11Sが19000円で、ネームバリュー的にも安心ですごく迷ったが、この機種のバッテリー容量とWi-Fiに惹かれてE20に決定。

中華ロボット掃除機だと17000円から23000円くらいでWi-Fi付きの機種がたくさんあったが、E20を選んだ決め手がバッテリー容量。ほかの機種は大体2500~2800mAhで、E20は3200mAhだったので。
(少ないじゃんと思う人はスマホを想像してると思うが、電圧がそもそも違うからスマホと単純比較はできない。スマホは3.7V、E20は14.4V 電力換算すると4倍くらい変わってくるので)

【基本性能】
ルンバとあまり差はなし。動画より、赤外線センサーにより、壁際モード時以外はカーテンにすら反応してくれる。
ただ、赤外線なので反射率が低い黒い家具にはバンバーで接触して反転する。それはルンバも同様。
赤外線センサーは本体周囲の180度以上と、裏面に設置されていて、反転動作もスムーズ。階段ももちろん落ちない。
あと、動作のロジック的には最初は適当に動いて、その後部屋の四隅を確かめるように少しづつバンパーで当てて四隅と並行して進み、角のごみを取りに行くような制御となっている。
1LDKの間取りで、寝室、リビング、キッチン、ダイニング、廊下それぞれドア開けていればまんべんなく掃除してる感じだった。ほんとロボット掃除機の制御ロジックってすごいと思う。
癖はあって、充電ドックから見て左側を過剰に掃除してる感じはする。
後、ドック周辺の掃除も疎かになってる。

写真4枚目より、フィルターのおかげか、かなり細かいホコリもキャッチできてる。
充電ドックへの帰還も問題ない。今のところ1週間2日に1回のペースでスケジュール掃除させてるが、充電ドックに帰還できなかったのは1回のみ(クローゼットちょい開け部分に侵入して力尽きてた)
電池性能だが、40分くらい弱吸い込み設定で掃除させてもバッテリーバーが2/3くらいだったので、100分以上は持ちそう。スマホアプリから稼働時間とバッテリー残量確認できる。

【スマホアプリ】
添付してる写真の通り。掃除スケジュール設定がスマホのアラームライクで直感的。
電池残量の確認や、吸い込みレベルの設定(3段階)を選べたりと便利。
ただ、メルアド登録しないと使えないポイントは改善してほしいかな。

【総評】
ルンバe5からの買い替えだが不満はない。むしろ、5万も出してルンバかったのを後悔。E20はクーポン使えば18000円で買えるので半額以下で同じ機能と、まぁ文句なしかなと。
あと、充電電力は13Wくらいだった。ただ、CVCC充電してると思うので、この値だけで電気代は予測できない。バッテリー電圧が14.4Vで3200mAhなので、バッテリー容量は46Wh。チャージャーの高率を85%と仮定すると、必要電力は55Wh 1回2円くらいの電気代。掃除機に比べたら圧倒的に電気代やすい。600Wの掃除機だと、30分掃除したら10円なので。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
届いて手にした瞬間の感想はフェイスがカッコいい!
ガラスっぽいフェイスが美しいです。

決め手は口コミ。アマゾンの星4つ以上のレビューを色々見て決めました。
当初はルンバの購入を検討していましたが、
このお掃除ロボットは欲しい機能
① 外出先から起動可能
② ダストボックスが洗える
③ 家具下に入れる
④ 玄関の段差を感知する
⑤ コルクマットの段差を超えれる
をすべて兼ね備えているのに低価格。
19800円でも安いのに3000円クーポンが出ていたので、
さらにお安く手に入れることが出来ました。

お店の対応も早いです。金曜の夜にオーダーして日曜の午前中に到着。
きちんとした冊子のマニュアル以外にすぐに読めるように簡単マニュアルも1枚入っています。
簡単に取り付け、充電、運転が出来ました。簡単にアプリも入れられます。

30分程、試運転してみての感想は吸引力がすごい。
30分かけただけで、足の感触がさらさらに。
ダストボックスにかなりのホコリと髪の毛が。

子供がいるので、すぐに床が汚れる家庭です。
なおかつ音対策でフローリング一面コルクマットを敷いています。
コルクマットはダイソンと相性が悪いので、掃除機がかけにくくて悩みの種だったので、
お掃除ロボットのおかげでストレスフリーになりそうです。

玄関の段差は落ちずにきちんと進路変更していました。
フローリングとコルクマットの段差もなんなくクリア。
ソファやテレビ台の下は侵入可能。さすがです。

家を出る前にすべてのコードやいすを上にあげて、準備万端に。

この価格でこの機能、かなりおススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2800Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Google home、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
3年前に購入したロボット掃除機、ILIFE V3s proから買い換えました。
結論としては大満足です。

元々使っていたV3s自体も、2万円以下の低価格ながら十分活躍していてお気に入りでしたが、wifiに対応していないのと、ダストボックスが小さくてすぐホコリでいっぱいになってしまうのが不満と言えば不満でした。
そういった観点から、本品E30とV3sを比較してみます。

(1)外観
ほんの少しだけE30の方が大きいです。好みにもよるでしょうが、E30は黒くてスタイリッシュです。

(2)ダストボックス
V3sは上がパカッと開いて取り出すタイプ。
E30は後ろから引き出すタイプ。
これ!地味に嬉しいです。一般的に、ステーションは棚の下などに設置することが多いのではないでしょうか。見映え的に。
しかしその場合、V3sでは本体を棚の外まで引き出さないとダストボックスを取り出せません。しかしE30ならその必要がなく、一工程少なくて済みます。
容量はV3sで300ml、E30なら600ml。2倍です。

(3)ブラシ構成
V3sはサイドブラシが2つ、吸い込み口にブラシはありません。E30はサイドブラシが1つ、吸い込み口にブラシが付いています。
部屋の隅はサイドブラシでないと掃除できないのでV3sの方が優れているように思えますが、実際に動かしてみた感じではE30もキレイに掃除できています。片方しかないことを踏まえたアルゴリズムで動いているのかと思います。

ソファの下もスイスイ入っていきますし、多少の段差は乗り越える。落ちるような段差は回避してくれる。基本動作は何も問題なしです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プライムデーで買いました。

1〜2センチの段差もガンガン超えていく割に5センチの段差は検知して落ちない賢い子。我が家は伝統的な日本家屋なので座敷と板の間の段差があります。持ち上げて各部屋に移動させますが、そんなに重くない。ゴミも落ちてこない。(パラパラ落ちるメーカーもあります)音も我慢できる程度には静か。建具を閉めて隣の部屋にいると全然気にならないレベル。

吸引力については犬の毛、髪の毛、ほこりもがっつり取れており、前日掃除機をかけたのにゴミ受けには灰色の物体がモフモフ鎮座していました。もはや人間が掃除機を使うことに意味を見出せません。仕上げにブラーバでもかけてあげれば輝くような床が見られます。これで毎日掃除しないくせに撒き散らされる洗面所の髪の毛にイライラせずに済みます。ありがとうkyvol

私は日本製家電以外のアプリは使いませんので、アプリの使い勝手は分からず。故にきちんとマッピング出来ているのか疑問です。動きを観察するとブラーバのように規則的に動いてはないようです。いきなり斜めに動いたり端を掃除したり。仕上がりは素晴らしいので取るに足らないことですが。フリンジのついた玄関マットは巻き込むので掃除前にどかしてあげるのが面倒なくらいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

Alexa対応ロボット掃除機 低価格(安い)の5製品

以下が価格順での一覧です。コストを抑えて導入するならこちらです。

(2021/05/18 更新)

ロボット掃除機1600Pa2000mAh 3in 1USB充電スマート掃除機掃除...

  • ★コンパクトサイズ、操作が簡単、使い勝手が良く、居間や寝室などの掃除に最適です。
  • ★エッジダストを効果的に掃除し、家具の衝突を減らし、清潔で快適な家を作ります。
  • ★高品質の素材、高効率、安定した性能、長寿命。
  • ★大容量2000mahのバッテリーで長持ちし、電源に接続して充電できるUSB充電ケーブル付き。
  • ★さまざまな地面を掃除し、一般的な家庭環境ボード、セラミックタイル、大理石、一般的なカーペットなどに適用できます

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

掃除機ロボット掃除機3-in-1スイープ、ミニロボット掃除機2000PAサクショ...

  • ✓このロボット掃除機:2000PAは新しいアップグレードされたロボット100%の真新しい高品質で強く吸い込み、この家族の新しいメンバーになるでしょう。それはあなたが家を掃除し、あらゆる種類のほこりを集め、そしてペットの髪を集めるのを助けます。
  • ✓構造的革新はこの自動掃除機のロボットを作ります:静かであなたの休憩時間を邪魔することはありません。ペットの所有者、高齢者、妊娠中の女性、アレルギー患者、ハウスキーピングサービス、ペットの所有者、ビジネスマン、若いカップルなどにはとても便利です..
  • ▲1キーの開始、操作が簡単です。掃除、モッピング、3対1の掃除機、1800paの強力な掃除機、モップは良好な吸水性能を持ち、湿式モップ効率が高い。
  • ●充電モード:USBケーブルのUSBヘッドをクリーナーの充電ポートに接続してから、USBヘッドを充電用コンバータに接続し、高さはわずか6 cmで、隠れた位置に簡単に清掃できます。ベッドとソファ。
  • §1200mAhバッテリー容量、あなたのロボット掃除機を最大100分間継続的に走らせるために、大型住宅や多部屋の使用に非常に適しています。漏れなしで清掃したら、障害物を軽く識別し、障害物を識別し、自動的に方向を変更し、屋内の安全性を確保し、毎回効率的かつ徹底的な清掃をする

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

ロボット掃除機3-in-1スイープ、ミニロボット掃除機2000PAサクションアプ...

  • ✓このロボット掃除機:2000PAは新しいアップグレードされたロボット100%の真新しい高品質で強く吸い込み、この家族の新しいメンバーになるでしょう。それはあなたが家を掃除し、あらゆる種類のほこりを集め、そしてペットの髪を集めるのを助けます。
  • ✓構造的革新はこの自動掃除機のロボットを作ります:静かであなたの休憩時間を邪魔することはありません。ペットの所有者、高齢者、妊娠中の女性、アレルギー患者、ハウスキーピングサービス、ペットの所有者、ビジネスマン、若いカップルなどにはとても便利です..
  • ▲1キーの開始、操作が簡単です。掃除、モッピング、3対1の掃除機、1800paの強力な掃除機、モップは良好な吸水性能を持ち、湿式モップ効率が高い。
  • ●充電モード:USBケーブルのUSBヘッドをクリーナーの充電ポートに接続してから、USBヘッドを充電用コンバータに接続し、高さはわずか6 cmで、隠れた位置に簡単に清掃できます。ベッドとソファ。
  • §1200mAhバッテリー容量、あなたのロボット掃除機を最大100分間継続的に走らせるために、大型住宅や多部屋の使用に非常に適しています。漏れなしで清掃したら、障害物を軽く識別し、障害物を識別し、自動的に方向を変更し、屋内の安全性を確保し、毎回効率的かつ徹底的な清掃をする

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

掃除機ロボット掃除機3-in-1スイープ、ミニロボット掃除機2000PAサクショ...

  • ✓このロボット掃除機:2000PAは新しいアップグレードされたロボット100%の真新しい高品質で強く吸い込み、この家族の新しいメンバーになるでしょう。それはあなたが家を掃除し、あらゆる種類のほこりを集め、そしてペットの髪を集めるのを助けます。
  • ✓構造的革新はこの自動掃除機のロボットを作ります:静かであなたの休憩時間を邪魔することはありません。ペットの所有者、高齢者、妊娠中の女性、アレルギー患者、ハウスキーピングサービス、ペットの所有者、ビジネスマン、若いカップルなどにはとても便利です..
  • ▲1キーの開始、操作が簡単です。掃除、モッピング、3対1の掃除機、1800paの強力な掃除機、モップは良好な吸水性能を持ち、湿式モップ効率が高い。
  • ●充電モード:USBケーブルのUSBヘッドをクリーナーの充電ポートに接続してから、USBヘッドを充電用コンバータに接続し、高さはわずか6 cmで、隠れた位置に簡単に清掃できます。ベッドとソファ。
  • §1200mAhバッテリー容量、あなたのロボット掃除機を最大100分間継続的に走らせるために、大型住宅や多部屋の使用に非常に適しています。漏れなしで清掃したら、障害物を軽く識別し、障害物を識別し、自動的に方向を変更し、屋内の安全性を確保し、毎回効率的かつ徹底的な清掃をする

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

ロボット掃除機3-in-1スイープ、ミニロボット掃除機2000PAサクションアプ...

  • ✓このロボット掃除機:2000PAは新しいアップグレードされたロボット100%の真新しい高品質で強く吸い込み、この家族の新しいメンバーになるでしょう。それはあなたが家を掃除し、あらゆる種類のほこりを集め、そしてペットの髪を集めるのを助けます。
  • ✓構造的革新はこの自動掃除機のロボットを作ります:静かであなたの休憩時間を邪魔することはありません。ペットの所有者、高齢者、妊娠中の女性、アレルギー患者、ハウスキーピングサービス、ペットの所有者、ビジネスマン、若いカップルなどにはとても便利です..
  • ▲1キーの開始、操作が簡単です。掃除、モッピング、3対1の掃除機、1800paの強力な掃除機、モップは良好な吸水性能を持ち、湿式モップ効率が高い。
  • ●充電モード:USBケーブルのUSBヘッドをクリーナーの充電ポートに接続してから、USBヘッドを充電用コンバータに接続し、高さはわずか6 cmで、隠れた位置に簡単に清掃できます。ベッドとソファ。
  • §1200mAhバッテリー容量、あなたのロボット掃除機を最大100分間継続的に走らせるために、大型住宅や多部屋の使用に非常に適しています。漏れなしで清掃したら、障害物を軽く識別し、障害物を識別し、自動的に方向を変更し、屋内の安全性を確保し、毎回効率的かつ徹底的な清掃をする

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

3万円で買える Alexa対応ロボット掃除機 人気5製品

以下が人気も高いミドルレンジの3万円でアレクサ音声操作も可能な人気製品です。

(2021/05/18 更新)

ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 グレー

  • 【新デザインのルンバ】初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。「Amazonで最も売れているロボット掃除機 ルンバのスタンダードモデルにWi-Fiを搭載。」床掃除の負担を軽減します。
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【Alexa対応】ルンバを音声で操作可能。両手がふさがっていてもボタンを押す必要がなく清掃できます。
  • 【部屋の環境に合わせて清掃】高度なナビゲーションがその場の状況に合わせて考えながら動きます。段差を感知し、落下を自動回避*。また、清掃後は自動でホームベースへ戻り充電します。
  • 【確かな清掃力】ゴミをかき出して、浮き上がらせて、吸引。「3段階クリーニングシステム」でカーペットやフローリングのホコリや髪の毛、大きなゴミまで取り除きます。
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大90分 自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止機能も

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 気に入ってます。いいこだね、でも、時々、キキキといってるのがきになります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバにはグレードがあり692は下位グレードにWi-Fi機能を持たせた入門機種みたいな位置付けです。

ナビゲーションシステムも1番劣るiAdaptなのでルンバ本体の位置や間取りを学習して掃除するのではなく手当たり次第部屋を掃除する感じです。

我が家は3LDKですが1LDK分が間仕切り無しにできるのでそこで使ってみました。

まずアプリを入れてWi-Fiに繋げて(2.4GHz対応が曲者でしたが)Alexaに認証させ、音声でも動作できるようにしました。
アプリでスケジュール管理・ルンバの起動や停止、エラーの有無など簡単な操作ができ、音声認識は掃除途中でホームベースに帰還させたりする時に便利だなと思いました。

使ってみるとリビングのラグ(毛がシャギータイプ)は問題ないのですがキッチンのラグ(毛がループタイプ)がルンバ君には難しいらしくひっかかるのかエラーで頻繁に止まってしまうしラグが傷む。

在宅中にリビングの窓を開けて掃除させるとサッシの段差に引っ掛かりエラーになりる。

最初マンション玄関も試したが、玄関と廊下の段差が少ないので止まらずに靴砂まで掃除してしまう。

こういった問題をバーチャルウォールがあれば解決できるがこの機種には付属してません(オプションで購入はできるが)

ダイニング周りはうまくテーブル・椅子の脚を掻い潜りながらこまめに掃除してくれてます。

他機種との比較はしてないが運転音が煩くリビングでくつろぎながら掃除をさせるというのはかなりストレスになります。

その他部屋の広さにもよるのだと思いますがホームベースに帰還を促しても辿り着くまでに右往左往してなかなか帰還しません。

評価としては床掃除の能力としては十分ですが部屋の広さ・間取りはワンルーム程度(シンプルな間取り)侵入させたくない場所もない、ネット接続でアプリで簡単操作をしたい!という家庭に非常に向いてると思います。

追加

バーチャルウォールを買ってみました!
侵入させたくないキッチンに置くとルンバがちゃんとUターンしてくれます。
これでエラーで止まることもないのでアプリでスケジュール管理して不在時に安心してルンバに掃除してもらえます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2800Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの吸引力&驚きの効率】Kyvol E30ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。
  • 【150分間連続稼&動衝突防止】3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Google home、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約2年ほど使っていたロボット掃除機の調子が悪くなってきたのと、機能性にも満足いっていなかったので、新しい機種に買い換えました。

今回新しい機種を探すにあたっての条件は、

・3万円以内
・amazon/Alexa対応
・スマホ(iPhone)操作可能
・比較的新しい機種

上記の条件で探していました。
大手メーカーの商品だと商品性能は高いのですが、上記条件で探すと、どうしても価格が倍ぐらいになってしまうので、断念しました。
色々と他機種とも検討してみて総合的にこちらの商品に決めました。

商品到着後、約1週間ほど毎日利用してみましたが、
2年ほど使っていた以前の機種とは比べ物にならないぐらい高性能で、良い意味で予想を裏切られました。

まず、スマホ操作、alexa操作も簡単に設定でき、スムーズに動作しました。
以前の機種はセンサーが良くなかったのか、椅子の脚などの障害物にぶつかりまくっていましたが、
こちらの商品はそういった事もなく、しっかりと障害物を避けて掃除をしてくれます。

また、上手くジグザグで掃除してくれますので、ホコリやゴミの取り逃がしがかなり少ない印象です。一見キレイな床でも、掃除が終わるとフィルターにホコリがいっぱい溜まっているので、吸引力も高いと思います。

吸引力、操作性、機能性と、総合的に満足のいく商品でした! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 まるでペット。
動きを見ていると癒されます。

特に自動的に充電台に帰還してセルフ充電するところと
まんべんなくジグザグに(説明書では弓形掃除と書いてあります)掃除してくれる様が愛おしい。
ペット代わりにもなります。

迷子になって出てこられなくなりそうな、複雑に入り組んだ場所に入り込んでも、
こちらの心配をよそに何事もなかったように出て来てくれます。

自動モードの他、円を描きながら集中的に掃除してくれるスポットモードや、
充電台に戻るまで20分間、縁に沿って掃除してくれるエッジモードがあります。

マメに掃除しているタイルカーペットの部屋で試しましたが、
10分程度の自動モードでびっくりするぐらい埃がダストボックスに溜まっていました。
吸引力は満足です。

少しの段差なら乗り越えてくれます。
掃除したくないスペースには付属の磁気テープで防御出来ます。
大きい段差から落ちない落下防止センサーもついていて安心です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2800Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Google home、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
3年前に購入したロボット掃除機、ILIFE V3s proから買い換えました。
結論としては大満足です。

元々使っていたV3s自体も、2万円以下の低価格ながら十分活躍していてお気に入りでしたが、wifiに対応していないのと、ダストボックスが小さくてすぐホコリでいっぱいになってしまうのが不満と言えば不満でした。
そういった観点から、本品E30とV3sを比較してみます。

(1)外観
ほんの少しだけE30の方が大きいです。好みにもよるでしょうが、E30は黒くてスタイリッシュです。

(2)ダストボックス
V3sは上がパカッと開いて取り出すタイプ。
E30は後ろから引き出すタイプ。
これ!地味に嬉しいです。一般的に、ステーションは棚の下などに設置することが多いのではないでしょうか。見映え的に。
しかしその場合、V3sでは本体を棚の外まで引き出さないとダストボックスを取り出せません。しかしE30ならその必要がなく、一工程少なくて済みます。
容量はV3sで300ml、E30なら600ml。2倍です。

(3)ブラシ構成
V3sはサイドブラシが2つ、吸い込み口にブラシはありません。E30はサイドブラシが1つ、吸い込み口にブラシが付いています。
部屋の隅はサイドブラシでないと掃除できないのでV3sの方が優れているように思えますが、実際に動かしてみた感じではE30もキレイに掃除できています。片方しかないことを踏まえたアルゴリズムで動いているのかと思います。

ソファの下もスイスイ入っていきますし、多少の段差は乗り越える。落ちるような段差は回避してくれる。基本動作は何も問題なしです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プライムデーで買いました。

1〜2センチの段差もガンガン超えていく割に5センチの段差は検知して落ちない賢い子。我が家は伝統的な日本家屋なので座敷と板の間の段差があります。持ち上げて各部屋に移動させますが、そんなに重くない。ゴミも落ちてこない。(パラパラ落ちるメーカーもあります)音も我慢できる程度には静か。建具を閉めて隣の部屋にいると全然気にならないレベル。

吸引力については犬の毛、髪の毛、ほこりもがっつり取れており、前日掃除機をかけたのにゴミ受けには灰色の物体がモフモフ鎮座していました。もはや人間が掃除機を使うことに意味を見出せません。仕上げにブラーバでもかけてあげれば輝くような床が見られます。これで毎日掃除しないくせに撒き散らされる洗面所の髪の毛にイライラせずに済みます。ありがとうkyvol

私は日本製家電以外のアプリは使いませんので、アプリの使い勝手は分からず。故にきちんとマッピング出来ているのか疑問です。動きを観察するとブラーバのように規則的に動いてはないようです。いきなり斜めに動いたり端を掃除したり。仕上がりは素晴らしいので取るに足らないことですが。フリンジのついた玄関マットは巻き込むので掃除前にどかしてあげるのが面倒なくらいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Proscenic 850T ロボットクリーナー ロボット掃除機 3000Pa 強力吸引

  • 【便利なアプリ制御/Alexa対応/Google Assistant】本体ボタンでの操作以外にも、リモコンでロボット掃除機を簡単に操作できます。また、リモコンだけではなく、専用アプリ、Alexa、Google Assistant音声対応を兼ね備えて、お掃除をより快適に、簡単にできます。
  • 【驚きの強力吸引】 最大3000Paの驚きの吸引力でフローリングや和室などあらゆる床材に最適します。食べこぼし、ホコリ、髪の毛、ペットの毛、微細なゴミまでしっかりと吸い込めます。カーペットを自動的に識別して、最大吸引モードに切り替えます。繊維の奥に入り込める細かいチリやハウスダストが簡単に吸い取れます。
  • 【2in1のハイブリッド設計】ゴミを吸い取るだけでなく水拭き掃除もできます。2in1電気制御水タンクにより、ゴミの吸い取りと拭き掃除が同時に行えます。ダストボックスと水タンクを頻繁に交換するの手間が減らすことが可能です。更に、吸引による掃除また水拭き掃除のみもできます。
  • 【計画式掃除/便利な境界線テープ】革新的ジャイロナビゲーション技術を採用したロボット掃除機は清掃経路を高精度に認識・記憶し、部屋マップをリアルタイム構築して計画式清掃でき、同じ場所を繰り返して掃除しなく、逃す所がなく部屋全体を掃除します。境界線テープを置いて、掃除したいエリア、掃除したくないエリアを自由に変えることが可能です。
  • 【超薄型設計&基本機能】わずか73mmの厚さでベッドやソファの下のような手が届かない場所でも入り込んで掃除することが可能です。自動掃除、自動回充、衝突防止・落下防止センサー、予約機能が搭載されます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
恐らくAmazonで出品されているロボット掃除機で一番コスパが良いと思います。

気持ち悪いレベルでレビューも評価高いし、メーカーはよくわからないしで、正直遊びで買いました。
実際サクラレビューもあると思います。

ですがそんな期待を大きく裏切ってくれた素晴らしい子です。

水拭き、侵入禁止ライン、マッピングなど、他社では高級機にしか採用されていない機能を、この値段でかなり高いクオリティで実現させているところは中華恐るべしと、素直に関心せざるを得ません。この価格で出せる国内メーカーはまず有り得ないでしょう。

かなりおすすめ。
性能もさることながら、この子が居るだけで汚くしちゃいけないって意識も生まれますし、何より少し癒されます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
我が家には小さい子がおり、床がよく汚れます。
ちょっと手抜きをしたいと思い、初めてロボット掃除機を購入しました。

お値段が安かったので少し心配だったのですが、性能は値段以上だと感じます。
子供が床にこぼしたおやつや、小さな埃をよく吸ってくれます。床がすごく清潔に保たれるようになりました。普段使いには十分な吸引力です。

ただ、子供が小麦粉をバラまいてしまったときには吸いきれず、ダイソンの掃除機を使いました。ケースバイケースで使い分けるといいかな、と感じています。

いずれにせよ家事の負担が劇的に減りましたので、購入して大満足の商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lefant T800 ロボット掃除機 2000Pa 強力吸引 お掃除ロボット「超薄型/自動充電

  • ?36ヶ月のいいサービス:弊社の商品は3年の保障期間があります。 初期不良品の場合、下記の方法で弊社までご連絡ください。注文履歴にアクセスし、該当する注文の注文に関する「質問する」ボタンをクリックします。説明書に記載しているメールアドレスまで連絡してください。ご質問やご不明な点等がございましたら、日本語、英語、中国語が話せる専門スタッフがおりますので、いつでもメールにてお問合せ下さいますようお願い申し上げます。
  • ??優れたデザイン:約8cmの超薄型で、Lefantロボット掃除機は手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量のダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。
  • ?楽しい生活:このロボットを使用する前に、フロントバンパーと充電スタンドの保護バーと保護フィルムを取り外してお願い致します。Lefantのロボット掃除機を購入することで、家を清潔に保ち、楽しい生活を提供し、家事の時間を節約できると信じています。ブラシレスモーターの長寿命化と吸引力アップを実現しました。微細なごみ、汚れ、髪の毛、食べ滓、ペットの毛や埃まで捕らえ、効率的に清掃できます。裸足の嬉しさを楽しむ。
  • ?多機能モデル:Lefantお掃除ロボットに障害物赤外線センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能などの機能を搭載。障害物赤外線センサー搭載、周りからの衝突防止できます。インテリジェント減速機能:障害物を識別、障害物検知機能、衝突防止、落下防止センサー、ぶつかる前に、走行スピードを減り、家具を守ります。バッテリー残量が20%になる赤いランプが点灯する。充電ドックまで自動に戻ります、自動充電にできます。カーペットとフローリングなどの床面の違いを判別し、より強い吸引力が必要な場面で、自動的に吸引力を上げます。畳の部屋でも心配なく使用できます。
  • ☕簡単に操作:アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。 WiFiは2.4GHzに対応できます。方向制御ボタンがあります、リモコンのボタンで方向を調整することができます。リモコンのボタンでロボットの吸引力を調整することができます。調整は3段階あります。低—中—高—デフォルトのレベルの並べ替えです。操作が簡単なので、高齢の方や機械が苦手な方にも人気の商品です。パケージにリモコン付き、ロボット掃除機をクイック操作できます。WIFI内蔵で、アプリで遠隔操作でき、予約機能もできます。一週間7回予約でき、外出中でも便利に使えます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
私の家族は時間を節約出来る様に簡単に操作のロボット掃除機専用として買ってみました。
初めて自動ロボット掃除機を買いますが、意外にとても使いやすいです、簡単に操作できます。説明書を読みました、最新Free Move技術とは本体、環境に全方位識別するテクノロジーです。機体識別はロボット掃除機が走る時に、機体は傾いているかどうかをモニタリングできます。ロボット掃除機は障害物検査機能、強力な吸引力で、オートモード、壁沿い清掃モードやスポット清掃モードが選べるのも嬉しいところ。
仕事をしたり、料理をしたりで、ロボットリモコンを押せば、勝手に掃除してくれるので、掃除し終わりましたら、自動帰還機能もついているので、充電切れの心配もなし、とても便利です。
最初の設定も簡単で、友達の誕生日にプレゼントを一つ買いたいです。
注意点:この掃除ロボットの色は比較的に単一で、あおいだけです。もしもっと多い色が、例えば白い色だったらもっといいです。思ったより小さいですが、使うときれいになります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
お掃除ロボットです。有名メーカー品よりだいぶお安くでいい感じです。
この手の小型家電は大抵は中国で製造しているのでどのメーカーも性能には大差は無くなっていると思い、後発のこちらの製品を選んでみました。
同一価格帯の他メーカー品とも性能差はほぼ無さそうですですし、有名ケーカー品の価格と比較すると半額以下というお手頃感。(というか、中身はほぼ同じではないか??)
Alexa対応です。私がAlexa未対応なので使っていませんが。。
スマートフォンのアプリ設定をして設置し放置しておくと勝手に掃除してくれて終わるとベースに戻ってくるのは便利ですね。
自動掃除機を試してみたいが有名メーカー品は高くてちょっと、、と思っている方、こちらの商品は価格もだいぶ安いのでお勧めですです。
マニュアルも日本語でしっかりしています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

5万円で買える Alexa対応ロボット掃除機 人気5製品

以下が高機能なミドル・ハイレンジクラスの5万円でアレクサ音声操作も可能な人気製品です。

(2021/05/18 更新)

ルンバ e5 アイロボット ロボット掃除機 水洗い ダストボックス パワフルな吸引力

  • 2021年5月17日-2021年5月30日の期間限定でメーカー希望小売価格49,800円(税込)より10,000円引き 割引は「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示される商品が対象です。※本記載がない場合は本割引の対象外となります。
  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【洗えるダストボックス】ダスト容器に残った汚れやゴミも見ずですすぐだけで清潔に。
  • 【スマートスピーカー対応】音声でもルンバの操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅35.1cm x 高さ9.2cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大90分/充電時間:約3時間 / 電池方式:リチウムイオン電池

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
家事や仕事に忙しい妻の為に、半信半疑ながらロボット掃除機なる未来的なモノをホワイトデー+誕生日のプレゼントに購入してみました。
バッテリーやフィルターの交換備部品もオンラインストアで簡単に購入出来る事と、ダストボックスが水洗い出来るとの理由と値段でこの製品にしました。

Wi-fiやアレクサ連動のセットアップも結構簡単に終わり、いざ始動!!
ソファーや寝室のベッドの下等、スイスイ潜ってスーイスイ。
1時間10分程で終了して充電ホームに戻って参りました。さてさて掃除した部屋からどの位のゴミが取れているか確認すると、ペットの毛やら細かなゴミが入ってました。
妻が一言「ゴイス~!! パパありがとー!!」

買って良かったと思った ひと時でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
前の子は6年で天寿を全うしました。

バッテリーの交換をし、ブラシの交換も手入れも結構やりました。

ゴメンね…買い替えましたよ。
新型の安価版に。不満はないさ。

昔に比べりゃ、ローラーに髪が絡まなくなったし、ゴミよく取れるし、ゴミ箱洗えるし。スケジュール設定もスマホからやりやすいし。進化してますよ。

でもスマホに「ルンバが助けを求めいています」って表示が出て見に行ってみれば、前の子と同じところで引っかかってるのさ。かわいよねー。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ961 アイロボット ロボット掃除機

  • 【Amazon.co.jp 限定色】ルンバ900seriesのAmazonモデル
  • 【クリーンな排気】特殊な素材のフィルターがカビ、花粉、犬や猫などのペットによるアレルゲンも99%補足。
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【独自技術】特許取得のダートディテクトテクノロジーやルンバの侵入を制限するバーチャルウォール付属
  • 【スマートスピーカー対応】音声でもルンバの操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【ブラーバジェットm6と連携】ルンバの清掃が完了すると、自動でブラーバに合図を送り拭き掃除がスタートします。
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】最大幅35.3cm x 高さ9.2cm / 重量:3.9kg / 稼働(通常清掃時):最大75分 / 稼動面積:最大112畳

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約2ヶ月使ってみての感想です。
【良い点】
・自動で隅々まで掃除。足の裏のすべすべ感が常にキープされるのが有難い。
・Amazon echoと連携して声で操作可能。
・スマホで遠隔操作可能。
・掃除結果が図面付きで通知される。
・メンテが意外と簡単。
・掃除が終わったら、ちゃんと充電ポイントに自分で帰る。充電ポイントを置いていない階に持って行って使用したら、掃除終了後は最初に置いた場所に帰ってくる。
・段差があるところからも落ちない。
・以前の情報では「家具にガンガンぶつかる」と言うのがあったような気がするけど、意外とソフトに、コツンと当たる。

【悪い点、気になる点】
・障害物踏破能力が高く、室内洗濯物干しの足を乗り越えようとする。乗り越えなくても良い、と判断してくれたらありがたい。
・よく見えないベッド下にも果敢に飛び込んでいき、「ガタガタ」「ギャンギャン」とすごい音を立てるとき、もしそこで止まってしまったら、と不安になる。(しかし何も無かったかのように出てくる)
・動いてしまう足ふきマットは苦手。玄関に置いてあると、落下防止センサーが働かず、足ふきマットごと下に落ちる。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
前回は600シリーズを使っていました。
仕事に出かけるときに開始して、帰宅するとベースに戻っていないことが多々。。。
どこまでできたのかもわからない。

思い切って買い換えることに。

どうせ買い換えるのなら900シリーズで。

980と960で迷った結果
980との差は、バッテリーの持ち(なんと2倍)
とカーペットに乗った際のブースターらしいです。

ペットが居るおうちにはブースターが便利かもしれませんが、うちではこのままで十分でした。
充電がない場合は自分で充電しに戻る賢さなので、バッテリーも問題ありません。
それで5万円の差は大きい!

今までは、ぶつかって方向を変えてまたぶつかって。
と、縦横ナナメに動いていたのが、まっすぐ行って少しずらし、またまっすぐ帰ってくる。という風に、無駄なく動いています。

スマホと連携すると、外出先でも起動したり、マッピング機能でどこを掃除してどこを掃除できていないか表示してくれます。
マッピング機能は本当に感動!
どこまでも掃除してほしくてどの部屋も床をかたずけました笑

ドアをあけておけば、いけるところはすべて掃除してくれています。

ベッドもロボット掃除機対応の高さのベッドを買おうとおもっているくらい。

なにせすごく便利です。
マッピング機能は900シリーズだけですので、900シリーズがおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ルンバ961 アイロボット ロボット掃除機
通常 56,800円
現在 54,800円
2,000円(4%)OFF!!

  

ルンバ960 アイロボット ロボット掃除機 カメラセンサー カーペット 畳 段差乗り越え

  • カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をする最高峰ロボット掃除機ルンバ900シリーズ
  • 【段差乗り越え機能】システムにより室内を高性度に判断し無駄なく掃除、カーペットなど小さな段差の乗り越えも可能
  • 【運転再開】広い部屋でも安心の自動充電、自動帰還+運転再開機能
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作る「AeroForceクリーニングシステム」搭載
  • 【スマートスピーカー対応】音声でも自動掃除機の操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【独自技術】特許取得のダートディテクトテクノロジーやルンバの侵入を制限するバーチャルウォール
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】最大幅35.3cm x 高さ9.2cm / 重量:3.9kg / 稼働(通常清掃時):最大75分 / 稼動面積:最大112畳

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
前回は600シリーズを使っていました。
仕事に出かけるときに開始して、帰宅するとベースに戻っていないことが多々。。。
どこまでできたのかもわからない。

思い切って買い換えることに。

どうせ買い換えるのなら900シリーズで。

980と960で迷った結果
980との差は、バッテリーの持ち(なんと2倍)
とカーペットに乗った際のブースターらしいです。

ペットが居るおうちにはブースターが便利かもしれませんが、うちではこのままで十分でした。
充電がない場合は自分で充電しに戻る賢さなので、バッテリーも問題ありません。
それで5万円の差は大きい!

今までは、ぶつかって方向を変えてまたぶつかって。
と、縦横ナナメに動いていたのが、まっすぐ行って少しずらし、またまっすぐ帰ってくる。という風に、無駄なく動いています。

スマホと連携すると、外出先でも起動したり、マッピング機能でどこを掃除してどこを掃除できていないか表示してくれます。
マッピング機能は本当に感動!
どこまでも掃除してほしくてどの部屋も床をかたずけました笑

ドアをあけておけば、いけるところはすべて掃除してくれています。

ベッドもロボット掃除機対応の高さのベッドを買おうとおもっているくらい。

なにせすごく便利です。
マッピング機能は900シリーズだけですので、900シリーズがおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
75,470円で購入。
注文、発送後に、数日で新型が発売されることを知りました。。
こちらは水洗いできませんからね。。orz
ただ、ポイントが結構ついたので
仕方ないかな。。
また、電気屋さんでみていたみた、960がほしくポイントが沢山のこちらにしましたが、
レビューは宜しくなかったので
博打でした(^_^;)

*充電トラブルが多いとのこと。
960は、ホームベースに戻ると
数秒ホームベースのグリーンのランプがつきますが、すぐ消えます
それで正常です。
アプリで充電完了もわかりますし。
以前の型のものは、
充電中、常時グリーンのランプは点灯していたので、初期不良かとドキドキしました。
掃除は、箱の謳い文句に偽りなく
狭い隙間の細かいゴミもしっかりとってくれます。
なんとなく、見て見ぬふりしている
微妙な空間や隙間のゴミもとってくれます。
Roomba様のおかげで、掃除が一手間減ります。
Roomba様のあと、床を水やアルコールで拭き掃除しています。
優秀で有り難いです

新型が出るので、安くなるでしょうね
そこだけは失敗しました? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示

  

ルンバ 606 アイロボット ロボット掃除機 高速応答プロセスiAdapt搭載 ゴミ検知センサー

  • 初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。床掃除の負担を軽減する薄型ロボット掃除機のスタンダードモデル
  • 【基本機能】自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【確かな清掃力】フローリング・畳・カーペット・ラグなどあらゆる床に合わせて吸引口を調整
  • 【状況に合わせて清掃】カーテン裏の壁ぎわのゴミやホコリ、すき間の髪の毛、ペットの毛、ハウスダストも逃しません
  • 【独自清掃システム】かき出し、かき込む、吸い込む、の3つの清掃を同時に行う、「3段階クリーニングシステム」を搭載
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大60分
  • 段差回避機能
  • 充電時間: 約3時間

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この商品が出た時に買おうとして以下の点がどうか?と思いました。
・毛足の長い犬がいるがちゃんと吸えるか、吸ったとして絡んですぐに壊れるのでは?
・ちょっとした段差や家具が障害となり、結局、すぐにエラーになるのでは?
で、今回、使ってみての感想は以下の通り。
・犬の毛が横にあるのに素通り…ということがしばしば。けれどもゴミを捨てると一回分でもしっかり溜まっている。ブラシ部分に多少は毛が絡んでいるが、それは通常の掃除機と同様レベル。使い続けてみないとわからないが、思ったより丈夫そう。
・マットや部屋と部屋の間にあるちょっとした段差くらいは乗り越えて移動。家具に当たっても止まることなく方向転換。あっちこっち適当に動いている感じがするが、毎回そこそこの埃や犬の毛が取れており、いつでも床がきれい。
 つまり、思っていたよりずっと「使える」と感じました。使うタイミングとしては、私は仕事から帰るとすぐに台所仕事をしなくてはなりませんが、その時に動かしてます。人間が掃除機をかけるほうが確実で早くできるのは判っていますが、多忙時になんとなく助けてもらってる感じがして可愛く思えます。
タイマー機能はないですが、私は自分の目の届くところで動かしたいので別にいらないです。このお値段なら文句なしです。
また気づきがあれば追記します。

追記1。使用して数日、急に動かなくなりました。ランプもつくし、音も鳴るのですが、何かエラーメッセージが出るわけでなく、サイトを見てそれらしい事を試すも効果なくメールを入れましたところ、幾つかの試してみる事を返答頂き、それでもダメなら購入後、間もないため交換するとの事でした。結果、ホームベースの位置変えとバッテリーの取り外しで解決しました。

追記2。 使い始めて10日、快適に使用中です。裏返してみると、毛足の長い犬がいるため、前輪部分などに毛が絡んでいる部分がありました。つまようじなどでサッととれるくらいの量です。2日に一度稼働させていましたので、こういったメンテは10日に一度くらいした方が長くトラブルなく使い続けられそうです。

追記3。現在は3日に一度くらいのペースで使用中。気づきとしては、暑くなったので扇風機を出して所、そこに乗り上げてしまいエラーになって止まったことがありました。扇風機本体下部の厚みは外が3センチくらいで、中心部が5センチくらい、斜めになっているので乗り上げてしまいやすい形状のためだと思います。ルンバを動かす時はこれだけを椅子の脚でブロックしています。この点を除けば快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
606の性能が良かったので、もう少し上位モデル買えばよかったなぁ・・・と思ってしまった。故障やエラーは今のところないです。(ルンバに掃除させる部屋をルンバが掃除しやすいようにレイアウトはしました。)会社に行く前にボタンを押して掃除をさせる。帰宅するとドックに戻っている。楽でいいですよ。
追記10月10日 ワゴムやひも状の物を巻き込むとエラーで止まるときがあります。ひも状の物を先に拾ってから起動しましょう。滑りやすい床だとドックに戻る際にルンバがドックを押してドック入りに時間がかかるときがあります。ドックの下に耐震ジェルマットをひくことによりスムーズにドック入りできるようになりました。「掃除しなさい」と親がうるさかったのですが、ルンバを購入したことにより言われることがなくなったのが一番の利点です。
令和20年7月13日 ドックに戻らなくなりついに壊れたかぁ・・・・と思っていたら、ドックの充電部分の金属とルンバの充電部分の金属を無水エタノールで拭いたら直りました。自己責任で・・・・一応ですが拭く前にコンセントを抜く、バッテリーを抜くを忘れないでください。自己責任 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【2300Paの強力吸引】ECOVACS DEEBOT N7 ロボット掃除機 水拭き

  • 【最大2300Paの吸引力&静音】最適化された吸い込み材料と設計で、吸引力が従来品比53%向上したのに動作音が静かです。吸引力が静音・標準・最大と選べ、最大にして2300Paにグレードアップされ、床の溝に隠れたホコリも掻き出します。
  • 【1走行で吸引と水拭きが可能】独自に研究開発した特許取得済みのOZMOモップシステムで、ゴミの吸引と水拭きを一度の掃除で行い、床面に付着している細菌を99.26%除去します。また、さまざまなニーズに合わせて、モップ禁止ゾンや4段階の水量調整をアプリで設定可能です。
  • 【マッピングで効率的な掃除】Smart Navi 3.0レーザーナビゲーションシステムで、家具の位置や部屋の間取りを頭脳に記憶し、最も効率的な掃除経路で部屋を隅々まで完璧に掃除します。また、環境の変化に対しても常に地図を更新し続けて正確なマップを作成します。更に複数のマップを保存できるので、1台で1階と2階とで使い分けが出来ます。
  • 【使い捨てモップで衛生的】簡単に使えて捨てられるモップで、床の汚れを効率的に除去できます。モップを洗う手間も省け、日常的な掃除にかかる手間も削減します。不織布素材により、効果的に水分を閉じ込め、水分を均等に吸収してモップを湿らせ、掃除の品質を向上します。
  • 【お掃除を簡単にコントロール】いつでも、どこからでもご自宅を掃除することができます。アプリに接続することで、お掃除のスケジュール管理ができるほか、現在の掃除状況を手元で監視できます。Google Home または Amazon Echo をお使いの場合、話しかけるだけで、お掃除の開始時間や方法を指定できます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ECOVACS DEEBOT N7 ロボット掃除機

部屋の間取りを常に360度レーザーマッピングして、効率良く自動掃除を行ってくれる多機能ロボット掃除機です。

10日間使ったレビューとなります。

【デザイン】
高さ9.3センチとなっており、ソファーやベッド下にも入り込んで清掃してくれます。

すっきりとした清潔感あるデザインとなっており、表面の質感は指紋が付かないマット仕様となっております。

DEEBOTのロゴの位置やレーザーセンサーの窓、そして縁が光る一つの起動ボタンの位置までもシンプルのようですが、しっかりと考えられたモダンなデザインを採用しています。
どの部屋にも合いそうです。

蓋を開けるとダストボックスと電源スイッチそして髪や糸などを簡単にカット出来るダストカッターがあります。
カッターはメンテナンスにとても便利です。

【アプリケーション ECOVACS HOME】
これが要といっても過言ではありません。
本体が多機能なので、全ての機能を使うには、ECOVACS HOMEが必要となります。

スマートフォンとリンクさせるには、N7とWi-Fiの2.4GHz帯域のルーターに繋げる事でリンク出来ます。
5GHzのままですと繋がらない事もあるので注意して下さい。
N7とルーターが2.4GHzに繋がれば、あとはスマートフォンにて5GHzにて全ての操作が可能です。

●高性能マップ機能
はじめにオンにしておく事をお勧めします。
部屋の間取りをレーザーセンサーにて、マップを作り上げて行き、完成したマップを保存し、マップを境界線で囲い掃除したくない場所や掃除したい場所を指定したりなど様々な事が出来るようになります。

マルチフロアマッピングにて一階二階を個々にスキャンして保存し清掃を行う事が出来ます。
ドッキングステーション(充電器)も各階へ接続する必要があります。

●吸引力設定
静音、標準、最大、最大+
4つの吸引力に好みで即変更可能です。

●水量設定
低、中、高、超高と供給水量を好みに変更出来ます。
ディフォルトは中となっています。
ゴミを吸引し、後方のモップで水掛けをしてくれる機能となっており、三つの穴から適量の水分を供給して、部屋全体をまんべんなく水拭きしてくれます。

●カーペット清掃・吸引力自動強化
センサーがカーペットを認識し、吸引力を強くしてくれます。
フローリングでは標準となり、カーペットでは自動で強になり、バッテリー消費を軽減してくれます。
カーペット部分はアプリケーションマップにて横線で表示されます。

●連続清掃
清掃中に途中でバッテリーが少なくなった場合にステーションへ戻りますが、満充電が完了後に途中だった清掃を改めて開始します。
(おやすみモード)という機能があり、寝ている夜中などに清掃をしないように時間を設定する事も可能です。

●清掃予約
大切な機能の一つ、清掃開始時刻を曜日毎に指定する事が出来ます。
毎日繰り返しで一発設定も簡単です。

●アクセサリーの使用状況
サイドブラシ、メインブラシ、フィルター
推定耐久時間を示してくれます。
サイドブラシ150時間、メインブラシ300時間、フィルター120時間
あくまでも目安として教えてくれます。

●N7のインフォメーション言語を日本語にする事でより愛着が出ると思います。
癒されるような可愛らしい声で様々なアドバイスをしてくれます。
日本へのローカライズも徹底しています。

本体から出るインフォメーションやお知らせ音などの音量も無段階で調整可能です。

【使用感】
●音
吸引力標準では、とても静かです。
強では高音域ではなく、低音域ですのでストレスフリーです。

●レーザーマッピング
驚くほど素早く正確に間取りはもちろんの事、椅子やテーブルの脚など細かく認識し表示してくれます。
毎日繰り返し清掃する事でN7が学び、障害物を回避してくれます。

以前に使用していたロボット掃除機では、清掃後に充電器へ戻った事が少なく困っていました。
N7では清掃後に毎日ドッキングステーション(充電器)に戻って来てくれます。
本当に楽になりました。

●カーペット検知テクノロジー
カーペットを検知して自動で強モードにしてカーペットに入り込んだ髪の毛や動物の毛、そして細かな埃までも吸引してくれます。

水拭き機能を有しているのですが、カーペットなどを水拭きしてしまう事は困りますよね。
実はカーペットを検知して、ある程度避けるように水拭き掃除を行ってくれます。
これで安心して水拭きを任せられます。

●段差も難なく乗り上げてくれます。
2センチの段差を乗り越えてくれるので、多少厚めのマットも掃除してくれました。

●ダストボックス
引き出せるハンドルがあり、ダストボックスを簡単に外す事が出来て、ボタン一つで蓋が開きゴミ捨ても楽々です。

ダストボックスには、網、スポンジ状の荒いフィルター、ヘパフィルターがあり排出する空気も綺麗です。
ダストボックスは丸洗い可能ですので、衛生的に使えます。

●バッテリー
容量は3200mAhとなっており、稼働時間は110分となっています。
4LDKの各部屋を清掃しても余るくらいですので、十分なバッテリー容量だと思います。
充電が完了した後は寝ているようなZzzがアプリケーションに表示され遊び心があり可愛いですよ。

【気になるところ】
部屋にある家電のコードや長めの紐を感知する事が出来なく、巻き込んでしまう可能性があります。
上位機種ではコード感知が可能となっています。

●サポート
日本語マニュアルも絵を多用して分かりやすいです。
N7本体では音声アドバイスを教えてくれますが、アプリケーションにも各項目にステップ形式でヒントが表示され分かりやすいです。
日本法人のエコバックスジャパンのサポート体制も整っており、故障などした場合にフリーダイヤルにて平日9:00~18:00まで対応してくれます。

【感想】
デザインがモダンで、どの部屋でも合いそうです。
薄型でソファーやベット下へも入って清掃してくれました。

レーザーマッピングは高速に正確に行ってくれました。
間取りを保存した後に荷物など置いた場合にN7はどう効率良く清掃すれば良いのかを考えて新たな障害物を避けて清掃してくれます。
フロア毎にアルファベットにて自動で関連付けをして、好みの順番で清掃を行ったりも可能です。
吸引と同時に水拭き清掃も出来て、水拭きしたくないカーペットを避けてくれる機能を有しており、便利に様々な機能が使えます。

他社の10万円クラスのロボット掃除機と比べて頂くと、きっとDEEBOT N7がいかに高品質で多機能という事が分かると思います。

ECOVACS DEEBOT N7 ロボット掃除機おすすめです。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 アプリの取り込み無しでも行ってみましたが、やはり断然アプリ使用をする事で持っている機能を活用出来ます。電源を入れるとまずカメラで感知出来る範囲の部屋の中を確認し数分でカメラ感知で部屋の中の地図をアプリの中へ作り出します。
拭き掃除のモードは本体の水タンクに水を入れ雑巾となるパットを使用します。使い捨ての不織布のパットと、洗って使えるパットがあるので、床の汚れの状態で使い分けが出来ます。パットもしっかり装着が出来るので途中で外れてしまう事もありません。じゅうたんの上は避けて通り、フローリング範囲をしっかり感知しています。カメラで感知をしているのでじゅうたんの敷いている場所も拭き掃除のモードの時でも部屋の地図は全体が出来ており、拭き掃除の時はじゅうたん上はしていない事も走行記録として残っているので確認出来ます。
掃除機としてじゅうたん上、フローリング全て行う時にはまた問題なくじゅうたんの上も上がって吸引。タイヤも大きいので段差もすんなり通っていく事が出来ました。
何がまた便利かと言うと、一階部分全体をやろうとすると片側の部屋に居たい時に困るので、部屋を分割して掃除も簡単に設定して行える事。掃除区域を設定すればそこだけ行う事が出来ます。
迷う事なく元の位置にも戻る事も出来ますし、ある程度ブラシが引っかかりそうな部分の排除、微妙な広さで引っかかってしまわない様にだけ気をつければ見張っている事もなく不在時の掃除も安心して出来ます。
また家具にも当たる事なく直前で止まるので、大切な家具も当たり傷も心配する事なく安心出来ますし、何より音も静かでとても使い勝手の良い掃除機です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

ルンバ 人気5製品

以下が特に人気のロボット掃除機ブランド「ルンバ」の人気製品です。ルンバは基本、アレクサ音声操作が可能です (古いWi-fi非搭載機種を除く)。

(2021/05/18 更新)

ルンバ e5 アイロボット ロボット掃除機 水洗い ダストボックス パワフルな吸引力

  • 2021年5月17日-2021年5月30日の期間限定でメーカー希望小売価格49,800円(税込)より10,000円引き 割引は「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示される商品が対象です。※本記載がない場合は本割引の対象外となります。
  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【洗えるダストボックス】ダスト容器に残った汚れやゴミも見ずですすぐだけで清潔に。
  • 【スマートスピーカー対応】音声でもルンバの操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅35.1cm x 高さ9.2cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大90分/充電時間:約3時間 / 電池方式:リチウムイオン電池

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
家事や仕事に忙しい妻の為に、半信半疑ながらロボット掃除機なる未来的なモノをホワイトデー+誕生日のプレゼントに購入してみました。
バッテリーやフィルターの交換備部品もオンラインストアで簡単に購入出来る事と、ダストボックスが水洗い出来るとの理由と値段でこの製品にしました。

Wi-fiやアレクサ連動のセットアップも結構簡単に終わり、いざ始動!!
ソファーや寝室のベッドの下等、スイスイ潜ってスーイスイ。
1時間10分程で終了して充電ホームに戻って参りました。さてさて掃除した部屋からどの位のゴミが取れているか確認すると、ペットの毛やら細かなゴミが入ってました。
妻が一言「ゴイス~!! パパありがとー!!」

買って良かったと思った ひと時でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
前の子は6年で天寿を全うしました。

バッテリーの交換をし、ブラシの交換も手入れも結構やりました。

ゴメンね…買い替えましたよ。
新型の安価版に。不満はないさ。

昔に比べりゃ、ローラーに髪が絡まなくなったし、ゴミよく取れるし、ゴミ箱洗えるし。スケジュール設定もスマホからやりやすいし。進化してますよ。

でもスマホに「ルンバが助けを求めいています」って表示が出て見に行ってみれば、前の子と同じところで引っかかってるのさ。かわいよねー。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット商品】 ルンバ e5 & ブラーバ 390j e515060 B390060

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【静音性】静音中にほとんど音が気になりません。在宅中でも気軽に拭き掃除・水拭きが出来ます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 グレー

  • 【新デザインのルンバ】初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。「Amazonで最も売れているロボット掃除機 ルンバのスタンダードモデルにWi-Fiを搭載。」床掃除の負担を軽減します。
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【Alexa対応】ルンバを音声で操作可能。両手がふさがっていてもボタンを押す必要がなく清掃できます。
  • 【部屋の環境に合わせて清掃】高度なナビゲーションがその場の状況に合わせて考えながら動きます。段差を感知し、落下を自動回避*。また、清掃後は自動でホームベースへ戻り充電します。
  • 【確かな清掃力】ゴミをかき出して、浮き上がらせて、吸引。「3段階クリーニングシステム」でカーペットやフローリングのホコリや髪の毛、大きなゴミまで取り除きます。
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大90分 自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止機能も

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 気に入ってます。いいこだね、でも、時々、キキキといってるのがきになります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバにはグレードがあり692は下位グレードにWi-Fi機能を持たせた入門機種みたいな位置付けです。

ナビゲーションシステムも1番劣るiAdaptなのでルンバ本体の位置や間取りを学習して掃除するのではなく手当たり次第部屋を掃除する感じです。

我が家は3LDKですが1LDK分が間仕切り無しにできるのでそこで使ってみました。

まずアプリを入れてWi-Fiに繋げて(2.4GHz対応が曲者でしたが)Alexaに認証させ、音声でも動作できるようにしました。
アプリでスケジュール管理・ルンバの起動や停止、エラーの有無など簡単な操作ができ、音声認識は掃除途中でホームベースに帰還させたりする時に便利だなと思いました。

使ってみるとリビングのラグ(毛がシャギータイプ)は問題ないのですがキッチンのラグ(毛がループタイプ)がルンバ君には難しいらしくひっかかるのかエラーで頻繁に止まってしまうしラグが傷む。

在宅中にリビングの窓を開けて掃除させるとサッシの段差に引っ掛かりエラーになりる。

最初マンション玄関も試したが、玄関と廊下の段差が少ないので止まらずに靴砂まで掃除してしまう。

こういった問題をバーチャルウォールがあれば解決できるがこの機種には付属してません(オプションで購入はできるが)

ダイニング周りはうまくテーブル・椅子の脚を掻い潜りながらこまめに掃除してくれてます。

他機種との比較はしてないが運転音が煩くリビングでくつろぎながら掃除をさせるというのはかなりストレスになります。

その他部屋の広さにもよるのだと思いますがホームベースに帰還を促しても辿り着くまでに右往左往してなかなか帰還しません。

評価としては床掃除の能力としては十分ですが部屋の広さ・間取りはワンルーム程度(シンプルな間取り)侵入させたくない場所もない、ネット接続でアプリで簡単操作をしたい!という家庭に非常に向いてると思います。

追加

バーチャルウォールを買ってみました!
侵入させたくないキッチンに置くとルンバがちゃんとUターンしてくれます。
これでエラーで止まることもないのでアプリでスケジュール管理して不在時に安心してルンバに掃除してもらえます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ s9+ アイロボット ロボット掃除機 自動ゴミ収集 アレルゲン99%捕捉

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【高度なナビゲーションテクノロジー】 vSLAMナビゲーションで家の環境をマッピングして学習し効率的に清掃。
  • 【パワフルな吸引力】最大幅になった2本のゴム製のブラシであらゆる床に対応。微細なゴミやペットの毛まで逃しません。
  • 【部屋の隅や壁際まで徹底的に】Perfect Edgeテクノロジーと特別に設計されたデザインでゴミのたまりやすい部屋の隅や角まで入り込みます。
  • 【間取りを学習して記憶】清掃する部屋やタイミングを思いどおりに指定できます。
  • 【ゴミ捨てまで自動】ダスト容器30杯分のゴミを収納。数週間は掃除のことを気にかける必要はありません。
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでどこでも操作。指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能。
  • 【スペック】幅31.2cm x 奥行き31.2cm x 高さ8.9cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大120分
  • 本体重量(kg):1.2

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入して数日経った印象ですが、まず非常に丁寧に清掃してくれると言うのが第一です。
AIが優秀なのか本体が入れる幅があれば何のヘルプも必要なく家中を掃除してくれて、通った後はチリ一つ残さない為、掃除機で清掃していた頃よりも家が遥かに綺麗になっています。同じ場所を複数回掃除してくれる為万一にもゴミを取り残す事は無いでしょう。畳やカーペットの上でも問題なく清掃してくれます。
物にぶつかる時の当たりも軽く、傷付けたりする事はありません。
ペットの餌などの小物は押しのけて進んでしまう為、事前に机の上などに避難させておく必要があります。
清掃が終わったらゴミも勝手に排出してくれる為、全く手間が掛かっていません。

掃除機を掛ける手間を削減できたらいいなぐらいの気持ちで購入したのですが、もう掃除機は不要なのでは?と思ってしまうぐらいの丁寧な清掃で正直感動しました。
高価格なのが購入する際のネックになってしまっていると思いますが、価格以上の性能かと。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバ4代目です。
今まで毎日掃除してもらって、吸引力維持のためダストボックスを毎日綺麗にしていましたがそれが要らなくなりました。
大したことない作業じゃないですか、それがなくなるとこんなに楽ちんな事あるかって感じですね。
もう前のモデルには戻れない、毎回ルンバの最新機種を所有するとそう思わせられるところがアイロボット社のすごいところです。
最新機種は常にお高いんですが、アイロボット社に満足度の点で裏切られた事が無いです。
拭き掃除ロボも買いました。フローリングがこんな綺麗になる時代か…お手伝いさんの費用や他人を家に入れない安心感からしたらお安いもんですね。
僕はスケジュール組んでやってるのでマニュアル対応させてますが、拭き掃除ロボはこの機種とリンクして動かせます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ i3 アイロボット ロボット掃除機 水洗いできるダストボックス wifi対応

  • 【ゴミや汚れを感知】取りにくいホコリやゴミも3段階クリーニングシステムでしっかり除去。
  • 【無駄のない効率的な動き】無駄なく効率的に床を清掃。バッテリー残量が少なくなると、自動でホームベースに戻り充電します。充電後は中断したところから再開し、掃除を最後までやり遂げます。
  • 【ゴミが溜まりやすい場所を感知し、障害物を回避】リアクティブセンサーテクノロジーで清掃中の立ち往生を防ぎます。ダートディテクトテクノロジーにより、掃除が特に必要なエリアを集中的に清掃します。
  • 【あなたのライフスタイルを学習。あなたの声に反応します。】iRobot Geniusを搭載したルンバ i3 はあなたの清掃習慣を学習して、最適な清掃スケジュールを提案します。スマートスピーカーに対応しているため、話しかけるだけで清掃を開始します。
  • 【気づかぬうちに汚れをキレイに】花粉の量が多い時期や、ペットの毛が抜け変わる時期には、清掃回数を増やす提案をします。一年を通して、部屋が清潔に保たれます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
i3はルンバの全モデル中で最も優れます。買いです。性能、値段、静粛性、本体の傷のつきにくさ、光学カメラ非搭載の安心感、コストパフォーマンス全てを踏まえると最も優れるからです。我が家はこれまで12年以上にわたり2台のルンバを使ってきましたが、本心では「オモチャの延長に過ぎない」と思っていました。ですが、このi3は違います。傑作です。最上位機種のs9やi7が傑作なのではありません。このi3こそが超コスパで性能も良い傑作なのです。嬉しい誤算でした。

ルンバの上位機種は光学式カメラで室内の間取りを認識する仕組みのため、暗い部屋では正確に部屋の隅々まで掃除ができないケースがあります(公式サイトにも次の言及があります。「ルンバi7のナビゲーションが効果的に機能するには日光またはほのかな照明が必要です」)。一方、本モデルは光学式カメラを搭載せず、それ以外のセンサーを駆使して暗闇でも間取りを把握できるという優れた特性を持ちます。なので夜中や暗がりの部屋でもきちんと掃除ができるのです。「ルンバのために就寝時や外出時に部屋の明かりをつけておかなければならない」なんてことがないのです。

では実際、どれほどまでに正確に掃除ができるのか? 夜中に真っ暗闇で動作させてみました。結果は添付の図のとおりです。この図は部屋の間取りの認識状況とルンバの通過箇所を示した「お部屋掃除状況マップ」です。スマホアプリ「iRobot Homeアプリ」内で確認できます。3回分の結果です。
 薄緑色の部分:掃除できた場所(ルンバが走行した軌跡)
 白色の部分(赤色の丸):掃除できていない部分
 黄色の丸:ルンバが物理的に侵入出来なかった部分(ルンバは通れないが上部に空間がある)
 青色文字:家具など(キッチン、台)
お分かりでしょうか。それこそ完璧に近い掃除結果が表示されています。約1時間動作させた結果です(2周清掃の丁寧モードで稼働)。実際に目視でも掃除の様子を見ていましたところ、まったく無駄のない動きに舌を巻きました。しかもホコリひとつとして取りこぼしてはおらず、床がピカピカになりました。

今回分かったことは、ルンバの下位機種や旧来モデルの「ランダムに方向転換型」は実はダメだったということ。我が家ではこれらを12年以上使ってきましたが、ランダムに方向転換する際に、ルンバ背面から排気を360度あちらこちらに飛ばすため、その風圧で未回収のゴミやホコリが部屋の四方八方に一斉に散らばってしまい、最後まで結局部屋を綺麗にできないのが当たり前でした。ところがこのモデルは違うのです。部屋を真っ直ぐに移動するため、常にルンバの後部(たぶん天面。何と排気口が見えない)から風が出ます。この違いが大きい。このモデルの清掃ピカピカ度を100%とすれば、ランダム方向転換機種は70%の掃除レベルです。その意味では、ルンバはi3以上を買わなければもったいないと強く感じました。そのおかげで、今までは2日に1度稼働させていたものが、4日に1度稼働させれば十分なほどにお部屋がクリーンに維持されています。

本体天面のデザインも過去最高の出来です。円周の灰色部分はデコボコとした凹凸の立体的な作りで、とてもエレガントなばかりか、キズが限りなく目立ちません。以前のルンバはツヤだし加工でキズやホコリがとにかく目立ちましたが、今回はそれがありません。よくぞこのデザインにしてくれました。私はルンバ史上最高の優れたデザインだと思っています。

本モデルではルンバ前面の衝撃吸収用ゴムパッドもなくなり、プラスチック部品のみになったため、部屋中の家具や壁にゴムパッドの黒い汚れが帯状に付着することはなくなりました。家具などへの当たりもソフトです。これらも地味ながら良い改良点です。

光学式カメラがないために、万が一のハッキングの際にも室内が撮影される可能性もゼロです。ちょっと考えすぎかもしれませんが、その意味ではセキュリティ面でも優れています。室内カメラを嫌う人も必ずいるはずですから。やはり安心感があります。

本体の掃除で注意した方が良いのは、三つ又の回転ブラシです。このブラシの軸に長い髪の毛などが多く絡まると、本体との摩擦熱で軸部分が溶けて穴を開けてしまいます。ネジを外して見えない部分を掃除しましょう。当該モジュールのみの修理交換もできますが、修理しないに越したことはありません。普段は見えない部分ですので、こまめに掃除してください。

この部分に限らず、経験上、ルンバの故障は多くが「軸部分」です。軸部分に絡まった髪の毛やペットの長毛などで周辺の部品が固定されたり溶けたり外れなくなったり、ギアボックス部分に毛が入り込んでギアが噛んだりだりするパターンが最多の緊急搬送要因です。「ルンバの掃除は軸を念入りに」。永く使うためにはこれが大事です。

あと、高価でも純正品を使うことでしょうか。特にバッテリーは互換製品などを使うと危険です。先日のNHKでも、著名なコードレスハンディ掃除機(ルンバではない)に対して「安いから」と純正品ではない互換バッテリーを使っていたところ自宅が火事になった方のインタビューが放送されていました。発火の理由は、本来備えておかなければならない過電流の保護回路をコストカットのために省き、手を抜いていたためであると説明していました。いい加減なリチウムイオン電池は発火の危険があります。たかだか数千円を惜しんで家を丸ごと焼くことがないようにくれぐれもご注意ください。

あとは耐久性があればなぁと祈ります。過去の機種では、これまでに8回くらいは修理に出してきたので。。。今回は強い子であることを願います。。。

「ゴミ吸い取りタワー」(クリーンベース)は今回初めて追加で買いましたが、これは一度使い出すとラクすぎて戻れません。このパーツだけで3万円もしますが、その価値は十分にあります。後から単体でも購入できるようですので、気になれば購入を検討されると良いです。ゴミを吸い出す時に15秒くらい「キュイーンズゴゴゴゴ!」と大きめの音がしますが、今では我が家のネコ軍団も慣れたようです。最初は猛ダッシュで雲散霧消の雲隠れでしたが。。。
ゴミを手で取り出す必要がなく、紙パック式でフィルターっぽく吸い込まれますので、花粉症の人にも優しいです。そして何よりも「掃除機を掃除してあげねばならない」という心理的な面倒さからの解放は特筆すべきメリットです。
ゴミ収集パックは、標準的な家庭で1パックあたり2ヶ月分ほどのゴミを格納できるとのことですので、消耗品代もそこまで高価な訳でもありません。実売3パックで2,100円ほどで売られていますので、ひと月あたり350円くらいです。ペットの多頭飼いの我が家ではもう少しペースが早いかもしれません。
タワーにゴミが吸引された後に「フフフ見せてもらおうかゴミ吸収機能の性能とやらを」とルンバのゴミポケットをおもむろに開けてみたところ、チリひとつ残っておらず新品同様で衝撃を受けました。iRobot社のルンバはバケモノでした。あんなの飾りだと思っていたのですが。。。

ルンバ走行時の動作音については、i3はs9よりも清掃運転時の騒音が静かなので、夜間でも戸建てなら窓さえ閉め切れば何とか使える感じです。s9は音がうるさ過ぎて夜間は無理です(アプリで故意に性能を落とせば静音モードにできますが吸引力も落ちます)。もっとも、ラストには15秒ほどの「キュイーンズゴゴゴゴ!」というクリーンベースへの吸い込み音はあるんですけどね。もしかしたらアプリでラストに吸い込まないようにカスタマイズできるかもしれません。調べていませんので不明ですが。。。

最後に、製品に関する不満がひとつ。Wi-Fiの仕様が8年前のまま進化していません。接続に手間取る場合がありますのでご注意ください。私が苦労したので以下に詳しく書きます。

さんざん試行錯誤した結果、Wi-Fi接続には以下の条件があるようです。
・Wi-Fiは2.4GHz帯が必須です。多分5GHz帯では接続できません(もし接続できたらごめんなさい)
・Wi-Fi 6も非対応です。Wi-Fi 4(n)以下の対応で、かつWPA2以下のみ対応と思われます
・自宅のWi-Fiルータを介してルンバとスマホアプリがダイレクトにWi-Fi通信をしている訳ではなく、必ずインターネット上のiRobot社サーバーを介して通信しているようです
・最初のセットアップが終わってしまえば、BluetoothはオフのままでもWi-Fiのみで操作できるようです
以上のケースはiPhoneアプリにおける結果であることにご注意ください。また、Wi-Fiルータ側のメーカーなどの利用環境で差があるかもしれません。

なお、ルンバのWi-Fiに関する説明は、かなりいい加減です。

まず、ルンバの公式ページの仕様には次の説明があります。
「iRobotHOME アプリ対応を使用するには、ルンバが IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz 帯)の Wi-Fi ネットワークに接続している必要があります。アプリの最新の対応端末や要件は App Store または Google Play からご確認ください。」

そこでAppStoreを見に行くと次の説明があります。
「ルンバのiシリーズはWi-Fiの5GHzと2.4GHzに対応しています。」

それらを踏まえてiRobotHOMEアプリで5GHz帯利用を選択して設定を行うと次のエラーメッセージが出ます。
「本製品はWi-Fiの2.4GHzにのみ対応しています。」

これでは何を信じて良いのやらさっぱりです。困りますね。せっかくの最新機種ですから、Wi-Fiも次からは最新化していただければ嬉しいです。

ルンバをWi-Fiで繋げば、ファームウェアも自動更新されるようです。発売日付けで、早速更新されていました。その意味でも、気合いを入れてWi-Fiに繋ぎましょう。お掃除レベルが段々と賢くなるかもしれません。

以上、色々と書きましたが、i3をひとことで言えば「最ッ高!!」です。もう他社製品に目移りすることは金輪際ないでしょう。s9のほぼ半額、i7よりも何万円も安くて「光学式カメラに頼らないために」たとえ暗くても上位機種よりも動作性能がいいなんて夢のようです。劇的なまでに飛躍的な進化を遂げたi3を、私は心底お勧めします。ルンバ大好きです。というかi3こそが大好きです。買って良かった! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
以前はe5を使用し、掃除の音が大きいと感じたり、コードの絡まりが多く、ホームに帰れないことが多かったので買い替えました。
まず、ランダム走行がマッピング走行になるだけで無駄な動きがこんなにもなくなるのかと驚きました。
掃除の時間もe5と比べると30分も短縮に。
音もだいぶ静かになったと感じます。
段差に乗り上げても自力で解決してくれます。
床に散らばっていた猫の毛もしっかり吸い取ってくれました。
アプリと連携することによって、どこを掃除したか明確にわかるようになっているのもすごいです。
買ってよかったと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

関連:Alexa(アレクサ)でスマートホーム構築

以下ではロボット掃除機以外にも、アレクサから音声操作可能な様々なスマート家電を紹介しています。

家全体のIoT対応や、音声操作で効率化をすすめてスマートホーム化してみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました