【2020年最新】Alexa(アレクサ)対応のロボット掃除機「人気・価格で見るおすすめ機種一覧」

こちらでは、AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」に対応したロボット掃除機を紹介。アレクサ対応は、すなわち音声操作が可能ということ。

いちいちボタンを押すことも、スマホ操作すらもせずとも、「アレクサ、掃除して」でお出かけと同時に掃除させる、なんてことが可能です。

ロボット掃除機は日々新製品も出ており、今ではある程度安くても良い製品も導入可能、人気・コスパの面から一覧で紹介していきます。

Contents

 

Alexaでも聴けるAudible 無料体験で1冊GET
 
Alexaからも一言で読書を再開。すきま時間で知識を充実。
  • 体験で1冊無料でゲット
  • 登録後いつでも解約可能
  • 解約後も聴ける


 

アレクサ対応のロボット掃除機 人気ランキング

以下がアレクサ対応のロボット掃除機の最新の人気一覧です。

(2020/10/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.3)
総評価数 467件
2
(4.7)
総評価数 559件
3
(4.3)
総評価数 93件
4
(4.6)
総評価数 26件
5
(4.3)
総評価数 417件
6
(4.4)
総評価数 517件
7
(4.4)
総評価数 168件
8
(4.4)
総評価数 168件
9
(4.3)
総評価数 147件
10
(4.7)
総評価数 234件
11
(4.3)
総評価数 69件
12
(4.5)
総評価数 49件
13
(4.4)
総評価数 84件
14
(4.3)
総評価数 96件
15
(4)
総評価数 59件
16
(4.5)
総評価数 28件
17
ルンバ891 アイロボット ロボット掃除機
通常 48,900円
現在 45,800円
3,100円(6%)OFF!!
(4.3)
総評価数 98件
18
(4.3)
総評価数 441件
19
(4.4)
総評価数 226件
20
(4.4)
総評価数 136件

Alexa対応ロボット掃除機 最新・高評価のおすすめ5製品

以下がアレクサ対応のロボット掃除機の最新かつ高評価のおすすめの製品です。

(2020/10/26 更新)

Kyvol E20 ロボット掃除機 2000Pa 強力吸引 超薄型 畳 静音 自動充電

  • 「最大2500Paの吸引力&150分間連続稼働」Kyvol ロボット掃除機は最大2500Paのパワフルな吸引力で最長150分間連続で稼働することが可能です。また、自動モード、エージモード、スポットの3つのお掃除モードがあります。細かなホコリやゴミ、ペットの毛などを残さず綺麗に掃除ができます。
  • 「優れたデザイン」約7cmの超薄型で、Kyvol ロボット掃除機は手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます。
  • 「多機能モデル」Kyvol掃除ロボットに静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、タイマー機能、乗り越え機能などの機能を搭載。カーペットとフローリングなどの床面の違いを判別し、より強い吸引力が必要な場面で、自動的に吸引力を上げます。畳の部屋でも心配なく使用できます。
  • 「掃除範囲の制限が可能」境界線テープを置くことで、進入禁止場所を判断し、掃除したいエリアを制限できます。
  • 「操作簡単」アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。(日本語のマニュアルと日本語によるサポートにも対応しております。Kyvolお掃除ロボットは2年間の安心保障期間があります。何か気になることがあれば、出品者にお気軽にご連絡くださいませ。)ご注意、1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不能)。 2. Alexa操作に関してクイックガイド(ページ61~62)をご参照ください。 3.上の蓋は、ダストボックス上部のツマミから開けます。 ゴミを取り出したり、水洗いする際は、ゴミケースの後ろ側のロックを解除してからケースを開けてください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ルンバe5からの買い替え
去年購入したルンバe5だが、直進しなくなり、修理に出すと、保証期間内だが車輪のアームが折れてるから有償修理になると!修理代18000円!!別に踏んづけたりしたわけでもないのに。。。。。
修理対応に腹が立ち、買い替えることに。

となると、2万円以下でWi-Fiついてて、100分以上の稼働時間がある機種に絞って選定。
最終的にWi-Fiはないが、アンカーのRoboVac 11Sが19000円で、ネームバリュー的にも安心ですごく迷ったが、この機種のバッテリー容量とWi-Fiに惹かれてE20に決定。

中華ロボット掃除機だと17000円から23000円くらいでWi-Fi付きの機種がたくさんあったが、E20を選んだ決め手がバッテリー容量。ほかの機種は大体2500~2800mAhで、E20は3200mAhだったので。
(少ないじゃんと思う人はスマホを想像してると思うが、電圧がそもそも違うからスマホと単純比較はできない。スマホは3.7V、E20は14.4V 電力換算すると4倍くらい変わってくるので)

【基本性能】
ルンバとあまり差はなし。動画より、赤外線センサーにより、壁際モード時以外はカーテンにすら反応してくれる。
ただ、赤外線なので反射率が低い黒い家具にはバンバーで接触して反転する。それはルンバも同様。
赤外線センサーは本体周囲の180度以上と、裏面に設置されていて、反転動作もスムーズ。階段ももちろん落ちない。
あと、動作のロジック的には最初は適当に動いて、その後部屋の四隅を確かめるように少しづつバンパーで当てて四隅と並行して進み、角のごみを取りに行くような制御となっている。
1LDKの間取りで、寝室、リビング、キッチン、ダイニング、廊下それぞれドア開けていればまんべんなく掃除してる感じだった。ほんとロボット掃除機の制御ロジックってすごいと思う。
癖はあって、充電ドックから見て左側を過剰に掃除してる感じはする。
後、ドック周辺の掃除も疎かになってる。

写真4枚目より、フィルターのおかげか、かなり細かいホコリもキャッチできてる。
充電ドックへの帰還も問題ない。今のところ1週間2日に1回のペースでスケジュール掃除させてるが、充電ドックに帰還できなかったのは1回のみ(クローゼットちょい開け部分に侵入して力尽きてた)
電池性能だが、40分くらい弱吸い込み設定で掃除させてもバッテリーバーが2/3くらいだったので、100分以上は持ちそう。スマホアプリから稼働時間とバッテリー残量確認できる。

【スマホアプリ】
添付してる写真の通り。掃除スケジュール設定がスマホのアラームライクで直感的。
電池残量の確認や、吸い込みレベルの設定(3段階)を選べたりと便利。
ただ、メルアド登録しないと使えないポイントは改善してほしいかな。

【総評】
ルンバe5からの買い替えだが不満はない。むしろ、5万も出してルンバかったのを後悔。E20はクーポン使えば18000円で買えるので半額以下で同じ機能と、まぁ文句なしかなと。
あと、充電電力は13Wくらいだった。ただ、CVCC充電してると思うので、この値だけで電気代は予測できない。バッテリー電圧が14.4Vで3200mAhなので、バッテリー容量は46Wh。チャージャーの高率を85%と仮定すると、必要電力は55Wh 1回2円くらいの電気代。掃除機に比べたら圧倒的に電気代やすい。600Wの掃除機だと、30分掃除したら10円なので。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初めて自動掃除機を購入しました。使い方もシンプルで、隣の部屋に入るとほとんど音が聞こえません。夜寝る前に下に置いているものを片付けてスイッチを入れておくと、1階の12畳のリビングと8畳の和室、5畳のキッチンをきれいに掃除してくれています。朝起きて洗濯が終わったら、洗面所玄関ホールはきれいにしてもらっています。
最近犬を飼い始めて、ゲージの中で過ごしていますが、とても抜け毛が多いため、1日中抜け毛が気になって掃除ばかりしていましたが、気づいたときにこちらの商品を動作させておくと、いつもきれいにしてくれて本当に助かっています。2階に4部屋ありますが、掃除機でいつも大変な思いをしていましたが、こちらの商品できれいにしてもらえて空いた時間で他の家事ができるのでとても助かっています。机の下や食器棚の下、押し入れの溝や窓の枠の部分など、丁寧に何度も掃除しています。私はまず端モードにしてきれいになったらオートにしています。本当に購入して良かった商品です。もっと早くに購入してればよかったと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2200Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2200Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Alexa、Google Homeで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約2年ほど使っていたロボット掃除機の調子が悪くなってきたのと、機能性にも満足いっていなかったので、新しい機種に買い換えました。

今回新しい機種を探すにあたっての条件は、

・3万円以内
・amazon/Alexa対応
・スマホ(iPhone)操作可能
・比較的新しい機種

上記の条件で探していました。
大手メーカーの商品だと商品性能は高いのですが、上記条件で探すと、どうしても価格が倍ぐらいになってしまうので、断念しました。
色々と他機種とも検討してみて総合的にこちらの商品に決めました。

商品到着後、約1週間ほど毎日利用してみましたが、
2年ほど使っていた以前の機種とは比べ物にならないぐらい高性能で、良い意味で予想を裏切られました。

まず、スマホ操作、alexa操作も簡単に設定でき、スムーズに動作しました。
以前の機種はセンサーが良くなかったのか、椅子の脚などの障害物にぶつかりまくっていましたが、
こちらの商品はそういった事もなく、しっかりと障害物を避けて掃除をしてくれます。

また、上手くジグザグで掃除してくれますので、ホコリやゴミの取り逃がしがかなり少ない印象です。一見キレイな床でも、掃除が終わるとフィルターにホコリがいっぱい溜まっているので、吸引力も高いと思います。

吸引力、操作性、機能性と、総合的に満足のいく商品でした! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 まるでペット。
動きを見ていると癒されます。

特に自動的に充電台に帰還してセルフ充電するところと
まんべんなくジグザグに(説明書では弓形掃除と書いてあります)掃除してくれる様が愛おしい。
ペット代わりにもなります。

迷子になって出てこられなくなりそうな、複雑に入り組んだ場所に入り込んでも、
こちらの心配をよそに何事もなかったように出て来てくれます。

自動モードの他、円を描きながら集中的に掃除してくれるスポットモードや、
充電台に戻るまで20分間、縁に沿って掃除してくれるエッジモードがあります。

マメに掃除しているタイルカーペットの部屋で試しましたが、
10分程度の自動モードでびっくりするぐらい埃がダストボックスに溜まっていました。
吸引力は満足です。

少しの段差なら乗り越えてくれます。
掃除したくないスペースには付属の磁気テープで防御出来ます。
大きい段差から落ちない落下防止センサーもついていて安心です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2200Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ベッドやソファの下などの掃除しにくい箇所もキレイに掃除してくれます。
これは盲点でした。とても楽で手放せません。
こういう掃除しにくい箇所の掃除専用機として使っても良いのでは?と思ってしまうくらいには楽です。

音がとても大きい、掃除が荒いなどの問題は、ありませんでした。
ゴミ捨てもカンタンでした。

勝手に掃除をやってくれるので、物凄く時短になります。
時短というか時ゼロですね。まさに、お掃除革命。

帰宅すると掃除が行き届いている状態なのは、とても嬉しいです。
近未来の家電感がハンパないです(笑)

初期不良などの問題は今のところ、起きていません。
これから経過を見ていき、必要があれば追記しようと思います。

▼ロボット掃除機の選び方

▽吸引タイプと拭くタイプの違い
吸引タイプは、フローリング、畳、カーペットに対応
普段の掃除の代替として使用可

拭くタイプは、フローリングのみ対応
吸引タイプで掃除した床をさらに拭き上げてきれいにするイメージ

▽押さえておくべきポイント

吸引力
ゴミ等を検知するセンサーの有無、吸引口の広さ、ブラシの形状や本数などが吸引力を左右します。

高さと形状
ソファなどの家具と床の間のスペースをあらかじめ計測

スマートフォンとの連携
スマートスピーカー対応製品であれば、話しかけるだけで清掃可

連続使用時間と充電時間
ロボット掃除機の連続使用時間は60~90分程度のモデルが主流

ゴミの捨て方
本体のダストボックスの容量が小さすぎないか、水洗いは可能かなどを確認 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 3階建ての住宅なので、各階に欲しいと思い色々な掃除機を探していました。
少し前にハンディタイプのコードレス掃除機を購入したのですが、それは3階用にしたので、リビングのある2階には、以前から興味のあったロボット掃除機を購入してみる事にしました。まず使ってみて驚いたのが吸引力です。パワフルなのは当たり前、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力を自動に調整してくれる機能も付いていて、とても綺麗に掃除してくれました。一度の充電で約2時間半は持ったと思います。それに自動帰還機能が付いているので充電切れも心配しなくて良さそうです。
動きについてですが、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動いてくれてました。また、衝突防止機能付きで、家具と掃除機本体がぶつかる事もなく効率よく掃除出来ました。
さらに、境界線テープを置くことで、掃除したいエリアだけを掃除する事も出来ました。
ボディは約7cmの超薄型で掃除しにくいベットの下にも難なく潜り込みゴミを吸引してくれました。
何はともあれ、暫くは我が家の2階で活躍してくれそうです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【ブラーバ m6と同時購入で2万円OFF】ルンバ i7 アイロボット ロボット掃除機

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【毎日ベストな仕上がり】部屋の環境を学習、記憶し部屋から部屋へ、いつどの部屋を清掃するかも自在に操作可能
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作る「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【洗えるダスト容器】ダスト容器に残った汚れやゴミも見ずですすぐだけで清潔に。
  • 【スマートスピーカー対応】音声でも自動掃除機の操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅35.1cm x 高さ9.2cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大75分

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入してから1ヵ月が経ちました。以前(7年前くらい)は780シリーズ使用してましたが、出かける前にルンバを起動し、帰宅したらカーペットの上で止まっていて本当に使い物にならなかった、そして掃除の大変だったので物置に眠ったままでした。
「もうロボットには頼らない!」と心に決めていました。笑
しかし今年から新居に引っ越し、妻からロボット掃除機が欲しいと提案があり渋々承諾。(共働きだったことも理由の一つ)
購入はしたもののあまり期待はしていませんでした。
使ってみたら「なんと、なんと!」カーペット余裕で上がるじゃないですか!進化しとる~w(興奮)
パワーは上がっているのに以前より音は小さくなっています。
1ヵ月使用していますが、パックもまだ一杯になっていませんし、ルンバ本体も綺麗な状態です。
うちの場合は、ブラーバと併用していますがとても良いです。もう家族の一員ですね!笑
昔に買って「ガッカリ」した方も多いと思いますが、この商品の素晴らしさをぜひ味わってもらいたいものです。
スマホからの曜日や時間指定も便利です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
吸引力は、日々使う分には不満を感じたことはない。たまーに目に見えるゴミのところを通ってくれず、最後まで残っていることはあるが、まあこんなもんかなという感じ。
子供がいて、仕上げに水拭きしたりするので、多少の埃とかはそっち込みで綺麗になってる感じ。
音に関しては結構うるさいが、仕事中に回したりしてるので、誰も家にいない時間だから気になったことはないが、土日にテレビ見ながら回すとテレビの音はあまりよく聞こえない笑
アレクサは現在使わないのでよくわからないが、アプリが便利?‍♀️ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with

  • 【2,000Paの強力な吸引力】直径8mmのパチンコ玉も吸い込む2,000Paの強力な吸引力&カーペット自動認識で吸引力をさらにアップします。
  • 【180㎡まで水拭き可能】水タンクが290㎖の大容量になり、一度に最大180㎡まで水拭きが可能です。
  • 【アプリ機能が充実】部屋別に吸引力・水量を設定したり、指定場所だけの掃除、バーチャルウォールも設定できます。
  • 【無駄のないルート設計】部屋の長辺を識別し、折り返し回数が最短になるように動く無駄のないルートで、最短時間で隅々まで掃除します。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

Alexa対応ロボット掃除機 低価格(安い)の5製品

以下が価格順での一覧です。コストを抑えて導入するならこちらです。

(2020/10/26 更新)

Lefant M520 ロボット掃除機 1800Pa吸引力 FreeMove技術搭載

  • 【1800Pa吸引力の両用ロボット掃除機】吸引・掃除2in1のLefant M520 はサイドブラシ二つ、ロールブラシ一つが搭載されます。1800Pa強力吸引力で(自動)弓形掃除、壁沿い掃除、スポット掃除三つのモードあります。(自動)弓形掃除モードでは、ロボット掃除機は弓形の清掃経路でお部屋を効率的に清掃します。スポット掃除モードでは、規定された所をしっかり掃除します。壁沿い掃除モードでは、掃除機は部屋の隅々までも掃除できます。
  • 【アプリ制御/Alexa対応】:Lefant APPをダウンロードして、スマホのアプリをリモコンとしても使え可能、予約機能、清掃モードを切り替え、清掃地図を調べるなど気楽に使えます。Alexa音声対応、お掃除をより快適に、簡単にできます。注:アプリのご利用には2.4G Hz Wi-Fiが必要です。
  • 【最新型Free Move技術】:独創的なFree Move技術は今2.0に入ります。従来の技術より、センサー感応がもっと細かくて、機械上部、底部と周りの微小な変化を感応でき、障害物検測して、色々な問題を予め対応できます。360°障害物感応センサー搭載、障害物との衝突を回避する赤外線センサーや落下防止機能を備えています、階段がある家でも心配なし。
  • 【一体化デザイン・静音設計】超薄型で、ソファー、ベッド、家具の下など手の届かない場所でもしっかりと掃除することが可能です。一体化されたデザインで、従来のお掃除ロボットより故障率を下げ、耐久性が高く、使用寿命を伸ばします。最適化された内部気流構造により強い吸引力を実現する同時に動作音もより静かになり、子供の睡眠を邪魔しなく、時間を気にせず使用することが可能です。2600mAh大容量リチウム電池内蔵、連続掃除約110-130min、約100-120㎡の広い面積まで掃除可能。まバッテリー残量が少なくなるあるいは清掃完了の場合に、充電ドックまで自動に戻ります。
  • 【1年間メーカー保証】ご購入後メーカ12ヶ月保証で、もし商品が初期不良や不具合がある場合、弊店は交換品や返金を提供致しますご使用方法に関して、ご質問やご不明な点等がございましたら、日本語、英語、中国語が話せる専門スタッフがおりますので、いつでもメールにてお問合せ下さいますようお願い申し上げます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 約2週間使用しました。
初めてのロボット掃除機ですが、買ってよかったと心から満足しています。

この機種の特徴として、水ぶきと吸引清掃双方に対応している特徴があります。
本体後部にセットするカセットを付属の水ぶき用のものに交換すると、特に設定などせずとも自動的に認識し、水ぶきモードとなります。水ぶき用カセットには水道水を補充(250ml)することで、少しずつ雑巾部分に水を染み込ませ、家中を水ぶきしてくれます。雑巾部分はマジックテープとゴムバンドでカセットに取り付けるもので、脱着が容易であり、簡単に水洗い出来ます。交換用のものも1枚ついていますので、1枚を洗濯し干している間に、もう一枚で清掃が可能です。

また、掃除機自体がWi-Fiに接続出来るため、スマホの専用アプリから、清掃状況の確認が出来ますし、万が一、エラー(車輪空転等)が発生した場合も、アプリにエラーが表示され、問題の原因がわかります。

このほか、段差センサーも確りしており、玄関から転落することはありませんし、普段、掃除機が入りにくいソファーの下やベッドの下も綺麗に掃除をしてくれます。

もちろん、タイマー予約や、スマホアプリから遠隔操作も可能で、家にいなくとも勝手に清掃させることが可能です。

最後に余談ですが、この機種を購入したのは、ロボット掃除機に興味があったものの、国産や欧米メーカーだと価格が高く手が出にくかったためです。
こちらの商品は、正真正銘の中国メーカーによる設計、製造です。これを決裁ラインが長く人件費が高い日本等のメーカーが同性能のものを作ると、少なくとも5万円以上はします。

心からお薦め出来る製品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 友人に勧められてこちらを購入しました。こんなに使いやすく便利だと思いませんでした。
普段使用している掃除機より床が綺麗になり、手間もかからなくなりました。
リビングに敷いていた薄手のクッションフロアはフロアの下に潜り込んでしまったため、カーペットの滑り止め両面テープで床とフロアを固定することでこちらも乗り越えられるようになりました。
ベッドの下など、普段自分では掃除しにくいところまで掃除してくれ、とても便利です。
昔仕事関係でいつも遅い時間に家事をすることから、アプリを使用すると外出していても操作ができることになり、助かります。
価格の高い物も検討したけど、こちらの物で十分だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Seebest ロボット掃除機 L300W WiFi 強力吸引 静音 自動充電 落下防止

  • 初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。床掃除の負担を軽減する薄型ロボット掃除機のスタンダードモデル

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
リモコンでの予約は出来ない。メーカーの連絡先はない。ちょっと酷いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Proscenic 820S ロボットクリーナー ロボット掃除機 アプリ制御/Alexa対応

  • 【便利なアプリ制御/Alexa対応】本体ボタンでの操作以外にも、専用アプリからロボット掃除機をどこからでも簡単操作。アプリからソフトウェアの自動アップデートも可能です。Alexa音声対応、お掃除をより快適に、簡単にできます。注:アプリのご利用には2.4G Hz Wi-Fiが必要です。【APP:ProscenicHome Alexa: ProscenicRobot】
  • 【計画式掃除/便利な境界線テープ】革新的ジャイロナビゲーション技術を採用したロボット掃除機は清掃経路を高精度に認識・記憶し、部屋マップをリアルタイム構築して計画式清掃でき、同じ場所を繰り返して掃除しなく、逃す所がなく部屋全体を掃除します。境界線テープを置いて、掃除したいエリア、掃除したくないエリアを自由に変えることが可能です。
  • 【カーペットでスマートに吸力を加える】最大1800Paの驚きの吸引力を繰り出す820Sロボット掃除機は、フローリングや和室などあらゆる床材の微細なチリやホコリ、髪の毛、ペットの毛、ハウスダストを取り除きます。カーペットを自動的に識別して、最大吸引モードに切り替えます。さらに段差は約1.5CMまで強力に乗り越え、カーペット上でもより深い掃除が可能となります。
  • 【超薄型設計&静かな掃除】わずか76mmの厚さでベッドやソファの下のような手が届かない場所でも入り込んで掃除することが可能です。820Sの動作音はとても静かです。大きな物音を立てることなく静かに部屋をキレイにします。
  • 【大容量のダストボックス】600mlのダストボックスを備えており、ゴミを捨てる頻度を大幅に減らすことができます。お手入れも簡単で、ワンタッチで取外し可能です。本体にウォータータンクとモップをセットすれば水拭き開始。一台二役の機能を実現できます。350mlウォータータンクは別途購入可能。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
はじめてロボット掃除機を購入しました。他商品と比較して手頃な値段で、悪いレビューが少なかったのでこちらの商品に決めました。 ロボット掃除機は高価なものであってもやはりまだ完璧を求めるのは難しく、忙しい時にまったく掃除できないよりかは少しマシになればいいかなという気持ちで使っていますが、期待以上の働きをしてくれています。 障害物のない廊下ではジグザグに進みながら最短コースで吸引、水拭きをしてくれます。 コードに引っかかってしまったり(片付ければいい話ですが…)椅子の間にもぐりこんでウロウロしてしまうこともあるので、稼働中は横目で確認しつつ何かあれば手を出しますが、自分で掃除する手間を考えたら圧倒的に楽です。 操作については、電源とスタートボタンのみで簡単です。ダストボックスの取り外しが慣れるまで少しわかりにくいかもしれません。ブラシの手入れはやりやすいです。髪の毛が絡まったりしてもすぐに外すことができます。 騒音は電子レンジ並みと聞いていましたがそこまで静かではないと思います。会話の妨げにはならない程度です。 正直この値段なのでとても使いやすいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
約1か月使用してみてのレビューです。
毎日ダスキンで借りているモップで床掃除している時間が非常に無駄だと以前から感じており、ロボット掃除機が欲しいなと思っていました。ロボット掃除機=ルンバ=高価なもの、というイメージが先行していましたが、調べてみると2万円以内で買えるものも多くて意外でした。
予算の2万円以内で、拭き掃除もできるものを、と探していたところ、この商品に出会いました。
ロボット掃除機は家電量販店でも一応現物は確認してみたのですが、中には音がうるさいものもあり少し不安でした。ですが、この商品は非常に静かに掃除をしてくれ、かつ綺麗になっています。掃除の時間を余暇に使うことができ生産性もあがり、満足しています。特にIOT対応で、外出中に掃除をお願いして、帰ってきたら気持ちよく過ごせるのが最近何より幸せです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E20 ロボット掃除機 2000Pa 強力吸引 超薄型 畳 静音 自動充電

  • 「最大2500Paの吸引力&150分間連続稼働」Kyvol ロボット掃除機は最大2500Paのパワフルな吸引力で最長150分間連続で稼働することが可能です。また、自動モード、エージモード、スポットの3つのお掃除モードがあります。細かなホコリやゴミ、ペットの毛などを残さず綺麗に掃除ができます。
  • 「優れたデザイン」約7cmの超薄型で、Kyvol ロボット掃除機は手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます。
  • 「多機能モデル」Kyvol掃除ロボットに静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、タイマー機能、乗り越え機能などの機能を搭載。カーペットとフローリングなどの床面の違いを判別し、より強い吸引力が必要な場面で、自動的に吸引力を上げます。畳の部屋でも心配なく使用できます。
  • 「掃除範囲の制限が可能」境界線テープを置くことで、進入禁止場所を判断し、掃除したいエリアを制限できます。
  • 「操作簡単」アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。(日本語のマニュアルと日本語によるサポートにも対応しております。Kyvolお掃除ロボットは2年間の安心保障期間があります。何か気になることがあれば、出品者にお気軽にご連絡くださいませ。)ご注意、1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不能)。 2. Alexa操作に関してクイックガイド(ページ61~62)をご参照ください。 3.上の蓋は、ダストボックス上部のツマミから開けます。 ゴミを取り出したり、水洗いする際は、ゴミケースの後ろ側のロックを解除してからケースを開けてください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ルンバe5からの買い替え
去年購入したルンバe5だが、直進しなくなり、修理に出すと、保証期間内だが車輪のアームが折れてるから有償修理になると!修理代18000円!!別に踏んづけたりしたわけでもないのに。。。。。
修理対応に腹が立ち、買い替えることに。

となると、2万円以下でWi-Fiついてて、100分以上の稼働時間がある機種に絞って選定。
最終的にWi-Fiはないが、アンカーのRoboVac 11Sが19000円で、ネームバリュー的にも安心ですごく迷ったが、この機種のバッテリー容量とWi-Fiに惹かれてE20に決定。

中華ロボット掃除機だと17000円から23000円くらいでWi-Fi付きの機種がたくさんあったが、E20を選んだ決め手がバッテリー容量。ほかの機種は大体2500~2800mAhで、E20は3200mAhだったので。
(少ないじゃんと思う人はスマホを想像してると思うが、電圧がそもそも違うからスマホと単純比較はできない。スマホは3.7V、E20は14.4V 電力換算すると4倍くらい変わってくるので)

【基本性能】
ルンバとあまり差はなし。動画より、赤外線センサーにより、壁際モード時以外はカーテンにすら反応してくれる。
ただ、赤外線なので反射率が低い黒い家具にはバンバーで接触して反転する。それはルンバも同様。
赤外線センサーは本体周囲の180度以上と、裏面に設置されていて、反転動作もスムーズ。階段ももちろん落ちない。
あと、動作のロジック的には最初は適当に動いて、その後部屋の四隅を確かめるように少しづつバンパーで当てて四隅と並行して進み、角のごみを取りに行くような制御となっている。
1LDKの間取りで、寝室、リビング、キッチン、ダイニング、廊下それぞれドア開けていればまんべんなく掃除してる感じだった。ほんとロボット掃除機の制御ロジックってすごいと思う。
癖はあって、充電ドックから見て左側を過剰に掃除してる感じはする。
後、ドック周辺の掃除も疎かになってる。

写真4枚目より、フィルターのおかげか、かなり細かいホコリもキャッチできてる。
充電ドックへの帰還も問題ない。今のところ1週間2日に1回のペースでスケジュール掃除させてるが、充電ドックに帰還できなかったのは1回のみ(クローゼットちょい開け部分に侵入して力尽きてた)
電池性能だが、40分くらい弱吸い込み設定で掃除させてもバッテリーバーが2/3くらいだったので、100分以上は持ちそう。スマホアプリから稼働時間とバッテリー残量確認できる。

【スマホアプリ】
添付してる写真の通り。掃除スケジュール設定がスマホのアラームライクで直感的。
電池残量の確認や、吸い込みレベルの設定(3段階)を選べたりと便利。
ただ、メルアド登録しないと使えないポイントは改善してほしいかな。

【総評】
ルンバe5からの買い替えだが不満はない。むしろ、5万も出してルンバかったのを後悔。E20はクーポン使えば18000円で買えるので半額以下で同じ機能と、まぁ文句なしかなと。
あと、充電電力は13Wくらいだった。ただ、CVCC充電してると思うので、この値だけで電気代は予測できない。バッテリー電圧が14.4Vで3200mAhなので、バッテリー容量は46Wh。チャージャーの高率を85%と仮定すると、必要電力は55Wh 1回2円くらいの電気代。掃除機に比べたら圧倒的に電気代やすい。600Wの掃除機だと、30分掃除したら10円なので。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初めて自動掃除機を購入しました。使い方もシンプルで、隣の部屋に入るとほとんど音が聞こえません。夜寝る前に下に置いているものを片付けてスイッチを入れておくと、1階の12畳のリビングと8畳の和室、5畳のキッチンをきれいに掃除してくれています。朝起きて洗濯が終わったら、洗面所玄関ホールはきれいにしてもらっています。
最近犬を飼い始めて、ゲージの中で過ごしていますが、とても抜け毛が多いため、1日中抜け毛が気になって掃除ばかりしていましたが、気づいたときにこちらの商品を動作させておくと、いつもきれいにしてくれて本当に助かっています。2階に4部屋ありますが、掃除機でいつも大変な思いをしていましたが、こちらの商品できれいにしてもらえて空いた時間で他の家事ができるのでとても助かっています。机の下や食器棚の下、押し入れの溝や窓の枠の部分など、丁寧に何度も掃除しています。私はまず端モードにしてきれいになったらオートにしています。本当に購入して良かった商品です。もっと早くに購入してればよかったと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BVRILA BL-05W スマートロボット掃除機 超薄型 絨毯掃除 フローリングカーペット対応

  • 「電気の目」の保険数理の各ステップ、マップは完璧で正確です】デジタルシグナルプロセッサは、前面と背面の画像を比較および分析して、ロボットの方向と変位を正確に計算します。
  • 「同時水拭き可能/ダストボックス水洗い可能」い込み掃除と水拭き掃除の一台二役。付属のモップを取り付けることで掃き掃除と同時に拭き掃除も行うことが可能です。吸い込み掃除では落ちないべたつきなどもキレイに。ダストボックスは丸ごと水洗いできるので、お手入れ簡単、いつでも清潔な状態を保てます。
  • 「仮想壁&超薄型タイプ」付属のテープで入りたくないところを表示すればいいです。仮想壁を作って、ロボット掃除機の通行を止めます。本体の厚さは7.0 cm程度の 超薄型タイプで、見落としやすいところに簡単に入ることができます。
  • 「いつでもフルパワー」パワーが低下したら自動で充電ステーションに戻り、いつでもフルパワーで掃除をします。1800PA 強力な吸引、大容量バッテリー、低消費電力システム、120分を超える持続時間、640mLの大容量ダストボックスは、もっと長い耐用年数。
  • 「Wifi対応・スマホ対応」専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
無事に商品を受けました。迅速なご対応、丁寧な梱包に感謝しています!

以前家での掃除機はスティック型。
夜遅く帰った時しばしば床の髪の毛を見 我慢できねえ。
掃除すると隣人のクレームが必ず到着

初めてのロボット掃除機ですがちょっと心配 結果はとても良い商品でした。申し分ありません。

音も静かでしっかり吸い取ってくれます。
吸引力が強いです!細かな埃も吸い尽くす、ゴミを掃除するときに驚きました。
吸引力が高いことを商品紹介で謳っていましたが、偽りなし この高性能を得られるのに不思議
確実に綺麗にしてくれます。
最も重要なのは、スティックよりかなり手軽。 技術の進歩に感謝

買って良かったと思った  おすすめです。
事務室にもう一台欲しいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自動で掃除していくれるので便利です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

3万円で買える Alexa対応ロボット掃除機 人気5製品

以下が人気も高いミドルレンジの3万円でアレクサ音声操作も可能な人気製品です。

(2020/10/26 更新)

Kyvol E30 ロボット掃除機 2200Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ベッドやソファの下などの掃除しにくい箇所もキレイに掃除してくれます。
これは盲点でした。とても楽で手放せません。
こういう掃除しにくい箇所の掃除専用機として使っても良いのでは?と思ってしまうくらいには楽です。

音がとても大きい、掃除が荒いなどの問題は、ありませんでした。
ゴミ捨てもカンタンでした。

勝手に掃除をやってくれるので、物凄く時短になります。
時短というか時ゼロですね。まさに、お掃除革命。

帰宅すると掃除が行き届いている状態なのは、とても嬉しいです。
近未来の家電感がハンパないです(笑)

初期不良などの問題は今のところ、起きていません。
これから経過を見ていき、必要があれば追記しようと思います。

▼ロボット掃除機の選び方

▽吸引タイプと拭くタイプの違い
吸引タイプは、フローリング、畳、カーペットに対応
普段の掃除の代替として使用可

拭くタイプは、フローリングのみ対応
吸引タイプで掃除した床をさらに拭き上げてきれいにするイメージ

▽押さえておくべきポイント

吸引力
ゴミ等を検知するセンサーの有無、吸引口の広さ、ブラシの形状や本数などが吸引力を左右します。

高さと形状
ソファなどの家具と床の間のスペースをあらかじめ計測

スマートフォンとの連携
スマートスピーカー対応製品であれば、話しかけるだけで清掃可

連続使用時間と充電時間
ロボット掃除機の連続使用時間は60~90分程度のモデルが主流

ゴミの捨て方
本体のダストボックスの容量が小さすぎないか、水洗いは可能かなどを確認 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 3階建ての住宅なので、各階に欲しいと思い色々な掃除機を探していました。
少し前にハンディタイプのコードレス掃除機を購入したのですが、それは3階用にしたので、リビングのある2階には、以前から興味のあったロボット掃除機を購入してみる事にしました。まず使ってみて驚いたのが吸引力です。パワフルなのは当たり前、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力を自動に調整してくれる機能も付いていて、とても綺麗に掃除してくれました。一度の充電で約2時間半は持ったと思います。それに自動帰還機能が付いているので充電切れも心配しなくて良さそうです。
動きについてですが、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動いてくれてました。また、衝突防止機能付きで、家具と掃除機本体がぶつかる事もなく効率よく掃除出来ました。
さらに、境界線テープを置くことで、掃除したいエリアだけを掃除する事も出来ました。
ボディは約7cmの超薄型で掃除しにくいベットの下にも難なく潜り込みゴミを吸引してくれました。
何はともあれ、暫くは我が家の2階で活躍してくれそうです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ 606 アイロボット ロボット掃除機 高速応答プロセスiAdapt搭載 ゴミ検知センサー

  • 初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。床掃除の負担を軽減する薄型ロボット掃除機のスタンダードモデル
  • 【基本機能】自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【確かな清掃力】フローリング・畳・カーペット・ラグなどあらゆる床に合わせて吸引口を調整
  • 【状況に合わせて清掃】カーテン裏の壁ぎわのゴミやホコリ、すき間の髪の毛、ペットの毛、ハウスダストも逃しません
  • 【独自清掃システム】かき出し、かき込む、吸い込む、の3つの清掃を同時に行う、「3段階クリーニングシステム」を搭載
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大60分
  • 充電時間: 約3時間

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この商品が出た時に買おうとして以下の点がどうか?と思いました。
・毛足の長い犬がいるがちゃんと吸えるか、吸ったとして絡んですぐに壊れるのでは?
・ちょっとした段差や家具が障害となり、結局、すぐにエラーになるのでは?
で、今回、使ってみての感想は以下の通り。
・犬の毛が横にあるのに素通り…ということがしばしば。けれどもゴミを捨てると一回分でもしっかり溜まっている。ブラシ部分に多少は毛が絡んでいるが、それは通常の掃除機と同様レベル。使い続けてみないとわからないが、思ったより丈夫そう。
・マットや部屋と部屋の間にあるちょっとした段差くらいは乗り越えて移動。家具に当たっても止まることなく方向転換。あっちこっち適当に動いている感じがするが、毎回そこそこの埃や犬の毛が取れており、いつでも床がきれい。
 つまり、思っていたよりずっと「使える」と感じました。使うタイミングとしては、私は仕事から帰るとすぐに台所仕事をしなくてはなりませんが、その時に動かしてます。人間が掃除機をかけるほうが確実で早くできるのは判っていますが、多忙時になんとなく助けてもらってる感じがして可愛く思えます。
タイマー機能はないですが、私は自分の目の届くところで動かしたいので別にいらないです。このお値段なら文句なしです。
また気づきがあれば追記します。

追記1。使用して数日、急に動かなくなりました。ランプもつくし、音も鳴るのですが、何かエラーメッセージが出るわけでなく、サイトを見てそれらしい事を試すも効果なくメールを入れましたところ、幾つかの試してみる事を返答頂き、それでもダメなら購入後、間もないため交換するとの事でした。結果、ホームベースの位置変えとバッテリーの取り外しで解決しました。

追記2。 使い始めて10日、快適に使用中です。裏返してみると、毛足の長い犬がいるため、前輪部分などに毛が絡んでいる部分がありました。つまようじなどでサッととれるくらいの量です。2日に一度稼働させていましたので、こういったメンテは10日に一度くらいした方が長くトラブルなく使い続けられそうです。

追記3。現在は3日に一度くらいのペースで使用中。気づきとしては、暑くなったので扇風機を出して所、そこに乗り上げてしまいエラーになって止まったことがありました。扇風機本体下部の厚みは外が3センチくらいで、中心部が5センチくらい、斜めになっているので乗り上げてしまいやすい形状のためだと思います。ルンバを動かす時はこれだけを椅子の脚でブロックしています。この点を除けば快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
606の性能が良かったので、もう少し上位モデル買えばよかったなぁ・・・と思ってしまった。故障やエラーは今のところないです。(ルンバに掃除させる部屋をルンバが掃除しやすいようにレイアウトはしました。)会社に行く前にボタンを押して掃除をさせる。帰宅するとドックに戻っている。楽でいいですよ。
追記10月10日 ワゴムやひも状の物を巻き込むとエラーで止まるときがあります。ひも状の物を先に拾ってから起動しましょう。滑りやすい床だとドックに戻る際にルンバがドックを押してドック入りに時間がかかるときがあります。ドックの下に耐震ジェルマットをひくことによりスムーズにドック入りできるようになりました。「掃除しなさい」と親がうるさかったのですが、ルンバを購入したことにより言われることがなくなったのが一番の利点です。
令和20年7月13日 ドックに戻らなくなりついに壊れたかぁ・・・・と思っていたら、ドックの充電部分の金属とルンバの充電部分の金属を無水エタノールで拭いたら直りました。自己責任で・・・・一応ですが拭く前にコンセントを抜く、バッテリーを抜くを忘れないでください。自己責任 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2200Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2200Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Alexa、Google Homeで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約2年ほど使っていたロボット掃除機の調子が悪くなってきたのと、機能性にも満足いっていなかったので、新しい機種に買い換えました。

今回新しい機種を探すにあたっての条件は、

・3万円以内
・amazon/Alexa対応
・スマホ(iPhone)操作可能
・比較的新しい機種

上記の条件で探していました。
大手メーカーの商品だと商品性能は高いのですが、上記条件で探すと、どうしても価格が倍ぐらいになってしまうので、断念しました。
色々と他機種とも検討してみて総合的にこちらの商品に決めました。

商品到着後、約1週間ほど毎日利用してみましたが、
2年ほど使っていた以前の機種とは比べ物にならないぐらい高性能で、良い意味で予想を裏切られました。

まず、スマホ操作、alexa操作も簡単に設定でき、スムーズに動作しました。
以前の機種はセンサーが良くなかったのか、椅子の脚などの障害物にぶつかりまくっていましたが、
こちらの商品はそういった事もなく、しっかりと障害物を避けて掃除をしてくれます。

また、上手くジグザグで掃除してくれますので、ホコリやゴミの取り逃がしがかなり少ない印象です。一見キレイな床でも、掃除が終わるとフィルターにホコリがいっぱい溜まっているので、吸引力も高いと思います。

吸引力、操作性、機能性と、総合的に満足のいく商品でした! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 まるでペット。
動きを見ていると癒されます。

特に自動的に充電台に帰還してセルフ充電するところと
まんべんなくジグザグに(説明書では弓形掃除と書いてあります)掃除してくれる様が愛おしい。
ペット代わりにもなります。

迷子になって出てこられなくなりそうな、複雑に入り組んだ場所に入り込んでも、
こちらの心配をよそに何事もなかったように出て来てくれます。

自動モードの他、円を描きながら集中的に掃除してくれるスポットモードや、
充電台に戻るまで20分間、縁に沿って掃除してくれるエッジモードがあります。

マメに掃除しているタイルカーペットの部屋で試しましたが、
10分程度の自動モードでびっくりするぐらい埃がダストボックスに溜まっていました。
吸引力は満足です。

少しの段差なら乗り越えてくれます。
掃除したくないスペースには付属の磁気テープで防御出来ます。
大きい段差から落ちない落下防止センサーもついていて安心です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ690 アイロボット ロボット掃除機

  • 【エントリーモデル】高機能で簡単。床掃除の負担を軽減する薄型ロボット掃除機
  • 【スケジュール機能】指定日時に清掃を予約して、帰宅前に床を綺麗に
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、アプリからソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【スマートスピーカー対応】音声でも自動掃除機の操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【清掃力】独自のクリーニングシステムで、壁ぎわのゴミやホコリ、すき間の髪の毛、ペットの毛、ハウスダストを確かな吸引力で掃除
  • 【基本機能】自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大60分

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
使用初日
仕事中、私の携帯に「ルンバが助けを求めてます」と通知が来る。
え?なに?、何があったの???と、仕事中ソワソワしっぱなし。
結果、ベッドの下に落として忘れ去られていたUSBケーブルに絡まり、ルンバが行動不能になっていた。

二日目
「ホームに戻っています」と表示のまま1時間以上が経過。
気が付けばバッテリー切れになっていた。
家帰ってみたら、ぶつかった扉が閉まったらしく、部屋から出れなくなってた。
バッテリーが切れるまで一生懸命監禁された部屋を掃除するルンバ。

アホの子かわいすぎるでしょ、このルンバwwww

吸引力はめちゃめちゃいいですね。
母から「カーペット削ってんじゃないの!?」と疑われるぐらいしっかり埃をとってくれます。
毎日ダストボックスあけるたびにこんもり。
ルンバを使う前と後では、空気感も変わり、めっちゃ綺麗になってると実感。

また、タイマー機能は必須ですね。
安い掃除機と同じぐらいうるさい。
人が居る時に動かしたくないので、人の居ない時間に勝手に動いて勝手に戻ってくれるのは本当に便利。

買ってみてわかる。4万円?安すぎるでしょ。
便利かもしれないけど、4万はちょっと出すの勇気要るなぁ…。って人。
買おうか悩んでるなら、買った方がいい!オススメ! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Sorry, this video is unsupported on this browser.
 ●行けるところ
添付写真の通り約9センチ程度のソファ下へ潜りました。
玄関の段差約2センチ登り降りできました。
和室との段差は写真のスロープ設置で行き来するようになりました。

●スペック
こいつより安い6##の型はタイマーがなく、ボタンを押してあげないといけない。
アプリ連携で使い勝手がよく、なおかつ一番安いのがこの子です。
上位機種8##との違いは吸引力とフィルター?とかなんだけど、うちはこの子で全く問題なく綺麗になる。
プライムデーで買えてよかった。

●掃除能力
添付写真の通り、袋に入ったキャンディごと丸呑みできるレベル。これは感激した。
そもそもどこにキャンディ落ちてたんだよ!って話だけど引くくらいゴミが取れる。

そして四隅や入り込めないところに対してお尻から噴出する強力な排気が猫の毛束を吹き飛ばして表に出してくれる。
これは別に狙った機能ではない気もするが、開けたドアの裏側やソファの脚と壁の間に溜まっていた毛の束が吹き飛んで来た時は、おお!と思った。

●操作性
ボタン1つで誰でもできる。超簡単。
タイトルの通り Amazon Echo dotとWi-Fiで同期。ご自宅にWi-Fi環境があれば Echoを買ってアレクサと連動させてみてほしい。
アプリを携帯に入れて、ガイドに従い2分程度で同期完了。アレクサにスキルを追加するのを忘れずに※添付写真

アレクサ!ルンバで掃除して。
で、起動。

アレクサ!ルンバをホームに戻して。
と声かけて戻って行く姿にスターウォーズのR2D2的な未来を感じて30代の肥満男性でありながら1人、部屋でウホホホッと声を漏らした。

スケジュールを入れて平日昼間誰もいない時に起動するので全く使わない機能なんだけどコンピューターが指示に従う松本零士の漫画に片足突っ込んだようななんとも言えない気持ちを味わってほしい。

●不満点
なんといっても地べたを這う事。
当たり前だバカ!と言われそうだが、ソファの脚を調整したり猫の爪とぎや地面に置いたクッションを上にあげたり
覚悟していたが、やはりめんどい。平日昼間スケジュールするとしたら、平日の朝それをしてから会社に行くのかと少し気が重くなった。
もう1つの不満点は音。好戦的なうちの猫が戦いを挑んでいる動画の通りダイソン級の音を奏でる。日本の静かなお家には似つかわしくない欧米を感じた。
合わせ技で☆マイナス1

●その他感想
思いのほかゴリゴリ進んでくれる。猫トイレ砂キャッチ用のデコボコマットもぐんぐん進むし、軍事ロボメーカーのパワフル差を感じた。
以前使用していたツカ●トエイムの格安機種には無い推進力。値段が違うし当たり前か。
ゴォーッという排気音を撒き散らしてるくせに起動時とホームベースに帰った時の音がファミリーコンピュータ的にチープなのはギャップがあっていい。その音もまたデカイ。
サイレントにする機能はない。欧米諸国の方々は音がでかいのが好きなんだなぁ。
と思いつつ言語を英語にしてみたが、喋るわけではないのでアプリ画面が見辛くなっただけだった。
音量調整機能は無いようだ。

金が余っていれば最新のベースにゴミをまとめてくれる、タワー付きを買うでしょう。
猫がいて子供も産まれそうな我が家にそんな余裕もなく。最下位シリーズの最上位というなんとも日本人的な選び方をしました。
能力に全く問題なく、畳も綺麗にしてくれます。
リビングに敷いたゴザ?や床が物凄いツルツル滑らかになりこまめにダイソンで掃除機かけてたけどなぁと、悲しくもなりました。

3,4万円出して買う価値は99%あります。
1%は部屋に物が大量に落ちてる人とソファやベッドなど潜ってほしいところが10cm未満の人。

アレクサと連動して声をかけてルンバが動き出した時、映画の中の世界にいるような気がして、早くバックトューザフューチャーの少し浮くスケボーが発売されないかなぁそれまで生きていたいな。と思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【細菌除去率99%】エコバックス ECOVACS DEEBOT OZMO 615

  • 【受賞】細菌除去率99%ゴミの吸引と本格水拭きを同時に可能 ハイエンドモデル
  • 【OZMOモップシステム(水量調整可能)】独特の技術で水拭きと吸引掃除を同時に出来ます。更に、水量の制御や本体の起動と停止に合わせてモップシステムを自動で開閉出来ます。
  • 【Alexa&スマホ対応】Amazon Echoと連携して、声でDEEBOT OZMO 615を操作できるようになりました。声だけで簡単に清掃開始・終了・充電ドックに戻して充電まで行えます。ECOVACS アプリと本体をWi-Fi でつなげば、前進や回転などの方向制御や、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に操作することが出来ます。
  • 【長時間稼動】3000mAhのNi-MHバッテリーを採用し、100V 50/60Hzで約4時間充電すると、最大110分間稼動します。
  • 【1年間メーカー保証※ECOVACS ストアからの注文のみ】エコバックス製品は、電話窓口も、修理も日本国内で行っています。最短3日で修理対応し、さらに修理後の90日間保証延長サービスが付いています

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

5万円で買える Alexa対応ロボット掃除機 人気5製品

以下が高機能なミドル・ハイレンジクラスの5万円でアレクサ音声操作も可能な人気製品です。

(2020/10/26 更新)

ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 グレー

  • 【新デザインのルンバ】初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。「Amazonで最も売れているロボット掃除機 ルンバのスタンダードモデルにWi-Fiを搭載。」床掃除の負担を軽減します。
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【確かな清掃力】ゴミをかき出して、浮き上がらせて、吸引。「3段階クリーニングシステム」でカーペットやフローリングのホコリや髪の毛、大きなゴミまで取り除きます。
  • 【部屋の環境に合わせて清掃】高度なナビゲーションがその場の状況に合わせて考えながら動きます。段差を感知し、落下を自動回避*。また、清掃後は自動でホームベースへ戻り充電します。
  • 【基本機能】スマートスピーカーで操作、自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大90分

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 気に入ってます。いいこだね、でも、時々、キキキといってるのがきになります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバにはグレードがあり692は下位グレードにWi-Fi機能を持たせた入門機種みたいな位置付けです。

ナビゲーションシステムも1番劣るiAdaptなのでルンバ本体の位置や間取りを学習して掃除するのではなく手当たり次第部屋を掃除する感じです。

我が家は3LDKですが1LDK分が間仕切り無しにできるのでそこで使ってみました。

まずアプリを入れてWi-Fiに繋げて(2.4GHz対応が曲者でしたが)Alexaに認証させ、音声でも動作できるようにしました。
アプリでスケジュール管理・ルンバの起動や停止、エラーの有無など簡単な操作ができ、音声認識は掃除途中でホームベースに帰還させたりする時に便利だなと思いました。

使ってみるとリビングのラグ(毛がシャギータイプ)は問題ないのですがキッチンのラグ(毛がループタイプ)がルンバ君には難しいらしくひっかかるのかエラーで頻繁に止まってしまうしラグが傷む。

在宅中にリビングの窓を開けて掃除させるとサッシの段差に引っ掛かりエラーになりる。

最初マンション玄関も試したが、玄関と廊下の段差が少ないので止まらずに靴砂まで掃除してしまう。

こういった問題をバーチャルウォールがあれば解決できるがこの機種には付属してません(オプションで購入はできるが)

ダイニング周りはうまくテーブル・椅子の脚を掻い潜りながらこまめに掃除してくれてます。

他機種との比較はしてないが運転音が煩くリビングでくつろぎながら掃除をさせるというのはかなりストレスになります。

その他部屋の広さにもよるのだと思いますがホームベースに帰還を促しても辿り着くまでに右往左往してなかなか帰還しません。

評価としては床掃除の能力としては十分ですが部屋の広さ・間取りはワンルーム程度(シンプルな間取り)侵入させたくない場所もない、ネット接続でアプリで簡単操作をしたい!という家庭に非常に向いてると思います。

追加

バーチャルウォールを買ってみました!
侵入させたくないキッチンに置くとルンバがちゃんとUターンしてくれます。
これでエラーで止まることもないのでアプリでスケジュール管理して不在時に安心してルンバに掃除してもらえます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【ブラーバ 390jと同時購入で1万円OFF】ルンバ e5 アイロボット ロボット掃除機

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【洗えるダストボックス】ダスト容器に残った汚れやゴミも見ずですすぐだけで清潔に。
  • 【スマートスピーカー対応】音声でもルンバの操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅35.1cm x 高さ9.2cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大90分/充電時間:約3時間
  • 電源方式:充電式リチウムイオン電池

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
家事や仕事に忙しい妻の為に、半信半疑ながらロボット掃除機なる未来的なモノをホワイトデー+誕生日のプレゼントに購入してみました。
バッテリーやフィルターの交換備部品もオンラインストアで簡単に購入出来る事と、ダストボックスが水洗い出来るとの理由と値段でこの製品にしました。

Wi-fiやアレクサ連動のセットアップも結構簡単に終わり、いざ始動!!
ソファーや寝室のベッドの下等、スイスイ潜ってスーイスイ。
1時間10分程で終了して充電ホームに戻って参りました。さてさて掃除した部屋からどの位のゴミが取れているか確認すると、ペットの毛やら細かなゴミが入ってました。
妻が一言「ゴイス~!! パパありがとー!!」

買って良かったと思った ひと時でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
前の子は6年で天寿を全うしました。

バッテリーの交換をし、ブラシの交換も手入れも結構やりました。

ゴメンね…買い替えましたよ。
新型の安価版に。不満はないさ。

昔に比べりゃ、ローラーに髪が絡まなくなったし、ゴミよく取れるし、ゴミ箱洗えるし。スケジュール設定もスマホからやりやすいし。進化してますよ。

でもスマホに「ルンバが助けを求めいています」って表示が出て見に行ってみれば、前の子と同じところで引っかかってるのさ。かわいよねー。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【マッピング機能】DEEBOT OZMO 920 エコバックス ロボット掃除機 複数階マッピング機能

  • 【あんしん延長保証】1年間メーカー保証にプラスしてECOVACS直営店限定【1年延長保証】。「この商品は、ECOVACSが販売し、Amazon.co.jpが発送します。」と表示される商品が対象です。2020年3月20日からの購入分が適用になります。
  • 【革新的な吸引システム】ロボット掃除機内の空気排出ダクトの改良により、清掃能力が従来製品より16%向上し、目に見えにくい微細なゴミまで掃除できる。同時に業界最高レベルの静音性能を実現。
  • 【Smart Navi3.0TM マッピング技術】部屋の間取をレーザースキャンしてスマホのアプリ上にマップを作成、最適な経路で隅々まで清掃を行います。更に複数階のマップを作成し保存が可能。また作成したマップ上にロボット掃除機に掃除させたい場所をカスタム設定が可能。
  • 【OZMO(オズモ)モップシステム】ゴミの吸引と水拭きを一度の掃除で行い、床面に付着している細菌を99.26%除去します。水拭き掃除は電子制御ウォーターポンプにより水量調節が可能。
  • 【スマートホーム】AlexaやGoogle Homeと連携して、声だけで簡単にDEEBOT OZMO 920を清掃開始・終了・充電ドックに戻して充電まで行えます。ECOVACS アプリと本体をWi-Fi でつなげば、前進や回転などの方向制御や、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に操作することが出来ます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めてロボット掃除機を購入。
amazonでも多数のメーカーがロボット掃除機が販売されている中、YouTubeやレビューを見てこちらの機種を購入しました。

結果、購入して大正解でした。
(タイムセール、クーポン等で36,000円弱)

初のロボット掃除機のため比較対象はありせませんが、使用しての感想をまとめたいと思います。

■良かった点
・マッピング機能
この機種に決めた最大の決めてはこのマッピング機能。
最初の設定は少し苦労しましたが、設定後は効率よく掃除を行ってくれるため掃除時間も短く非常に良い機能だと思います。

設定に苦労した理由は、後述のコード類の整理やフローリングの床においてあるものの整理が必要だったためですが、結果としては整理整頓の意識が付いたため購入して一番良かったところかもしれません(笑)

・モップ機能
ルンバとは別に床拭きを行う機種があるのは知っていましたが、別々に買うお金はちょっと、、と思っていたためこちらも気になっていた機能でした。
機能としては、ブラーバみたいに床の汚れをこすり落とす!というよりはついでに水拭きで床を撫でるといった表現の方が正しいかもしれません。

しかし、吸引出来ないほどの微細な汚れを拭き取るため、素足で過ごす自分にとっては必要十分な機能でした。

モップを行う際にカーペット等特定の場所を通らないようにアプリで設定できるのも○(下位機種の901にはなし)

過度な期待は禁物ですが、中々自分ではしない水拭きもしてくれるため個人的には気に入っています。

・掃除能力
我が家のゴミはホコリや髪の毛が多いですが問題なく全て吸い取ってくれます。
エリアごとに壁をなぞりながら吸った後、中心部分を往復して掃除を行うので漏れは少なそうです。

ただロボット掃除機全般に言えることだと思いますが、障害物(コードやリモコン等の軽量なもの)にはよく引っかかります。
コードは壁に固定したりする事で解決はしますが、家にいない時に掃除をしてもらう為にはある程度最初に整理が必要になるかもしれません。

掃除が終わったら自動で充電ドッグまで帰ってくれます。
最初はちゃんと帰ってくれるか後ろから不安げに眺めてましたが、今のところちゃんと自分で帰ってくれています。

・バッテリー
2LDKの間取りで消費率は1/4程度なので全く問題ありません。
戸建てで1階と2階を清掃する際も続けて利用出来るくらいは持つと思われます。

・音量
普通の掃除機よりは格段に小さいです。
吸引力中であれば夜間で掃除しても迷惑にならないくらい静かです。
吸引力大にすると多少大きな音を出しますが、それでも普通の掃除機程ではないため気兼ねなく利用できます。

・デザイン
個人的には下位機種の901よりも気に入っております。(ここは個人差あるかもしれませんが、、)
ただし光沢加工のため指紋が目立ちます。
たまにはロボット掃除機の掃除もしてあげたほうがいいかもですね。

■注意点
・カーペットの種類に注意
我が家のカーペットはペラペラで薄い物だったの問題なく乗り越えてくれると思っていましたが、滑り止めがなく軽量なため乗り上げる前にカーペットの端をめくり上げて上手く掃除出来ませんでした。

今はカーペットの端を専用のテープで止めて床に貼り付けて解決しましたが、購入時には一度確認しておいた方がいいかもしれません。

・小さい段差に注意
アプリの設定で2箇所立ち入り禁止エリアを設けている場所が玄関の段差とベランダの窓際の段差になります。

玄関の段差は、落下防止機能が付いていても段差と判断しないためかそのまま落下してしまいもとの場所に戻れなくなります。

ベランダの窓際の段差は乗り上げた後に溝にハマって抜け出せなくなるといった事が起こりました。

どちらもアプリの機能で回避出来ますが、最初のマッピングをする際はこういった場所の立ち入り禁止を決める必要が出てくる可能性があります。

・コード類に注意
よく巻き込むため注意が必要です。
スマホの充電器等はなるべく床に置かないようにしたり、壁際に配線している電源コードは床に固定するものを使って這わせるようにした方がよいです。

■下位機種(OZMO901)との違い
下位機種の901の違いは、マルチフロアマッピングの有無、モップ掃除時のエリア制限機能、カーペット認識機能(カーペットに乗り上げた際に吸引力を自動で上げる)、段差乗り上げ上限(920:2.0cm 901:1.5cm)、高さ(920:9.3cm 901:10.2cm)、デザインくらいです。
値段差は1万円くらいなのでどちらが良いかは環境次第かなと思います。

■今後の評価項目
・耐久性については今後使ってみてになると思いますが、amazonで購入する際も2年保証が付いてくるため多少は長く使えるかなと思っています。(何処までの範囲が保証対象になるか不明てすが、、)
・消耗品(フィルターやブラシ)は高いです。
ただ、フィルターやブラシ等は予備もついているため、我が家の2LDKの間取りを毎日掃除しても2年は持つ計算になるため、そこまでランニングコストが掛かるわけでもなさそうです。(アプリで消耗品の使用率が確認出来る)
2年経てば故障の可能性もあるので、6000円近く払って消耗品を買い足すか買い換えるかは今後使用して考える必要があるかもしれません。

最後の方は色々思うところ書きましたが、総じて購入して良かったと実感しております。

購入当初は「ルンバの偽物」と過度な期待はしておりませんでしたが、使用した見て一つのロボット掃除機メーカーとして十分評価出来ると感じました。

日本ではあまり有名なメーカーではないだけに「ルンバの偽物」と見られがちですが、OZMO 920は同価格帯のルンバe5と比べてもコストパフォーマンスはOZMO 920に軍配が上がると思います。

求める機能は人それぞれなので、一概にはルンバ超えとまで言えませんが、多機能とコストパフォーマンス、十分な清掃能力を要したこちらの機種とエコバックスが今後日本でも多くの機種が展開されることを願って☆5の評価でレビューを締めくくりたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバかルーロのハイエンドモデル、ブラーバを買うつもりで、安価なものから高価なものまで、どれにしようかと何ヶ月も色々なロボット掃除機を調べ比較した結果、この機種に辿り着きました。
床拭きもしてくれるため、2台買うよりこれ1台でとおもい、購入しました。

最近のロボット掃除機って凄いんですね。
こんなんなら、もっと早く買っとけばよかったです。

レーザーで部屋の間取りを学習して動くため、無駄な動きをしません。
考えながら動くのでまるで生きてるみたいです。笑。
マップは複数記憶して保存できるので、1台で1階と2階とで使い分けが出来ます。掃除して欲しいところ、してほしくないところ、水拭きしてほしいところ、ほしくないところなどそれぞれ細かいエリア設定が出来るので便利です。

うちは少々特殊なつくりですが、正確にマッピングしてくれました。また、水拭き時にはカーペットを自動認識してくれるため、カーペットの上に上がることはありません。これが決め手の1つでした。

水の量もアプリから調整出来ます。拭き掃除完了後、充電ドックに戻る時もカーペットを避けたルートで戻ってきました。
アプリでどういうルートで掃除をしたかの軌跡も残ります。

ただ、1台2役とはいえ、拭き掃除は床を撫でる程度で、がっつりゴシゴシ拭くわけではありません。うちの用途としてはそれでもじゅうぶんです。水拭き感を出したいのであればアプリから水量を増やせばいいのかもしれませんが、それは試してません。

掃除機の能力は想像以上でした。カーペットを認識するため、カーペットに上がると自動で吸引力がアップします。
主観ですが、音はそんなにうるさくないと感じました。
効率的に動くためか、掃除も早いです。
家具には、コツンとあたることはあるものの、激しくぶつかるようなこともありませんでした。
ごみ捨てもパカッと開けて捨てるだけなので簡単です。
何ヶ月も考えた結果、これにして正解でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ891 アイロボット ロボット掃除機

  • 【Amazon.co.jp 限定色】ルンバ800seriesのAmazonモデル
  • 【クリーンな排気】特殊な素材のフィルターがカビ、花粉、犬や猫などのペットによるアレルゲンも99%補足。
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作る「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【清掃力】ゴミが多い場所をセンサーで感知するダートディテクトテクノロジーを搭載
  • 【基本機能】掃除が終わったら自動で充電。清掃中も衝突防止、落下防止、絡まり防止などで掃除をお任せできます。
  • 【スペック】最大幅35.3cm x 高さ9.2cm / 重量:3.8kg / 稼働(通常清掃時):最大60分

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
以前のものと違い、ブラシにホコリが巻きつくこともなく、ゴミも取れ具合もかなりアップしています。
ただ10日に一回くらい、うんともすんとも言わなくなります。
叩いてみたり充電器に戻してみても、ランプもつかず全く動きませんが、半日くらいすると生き返ります。
たしか保証付と書いてあった気がしますが、
それらしき書類も入っていなかったので、
どうしたものかと悩んでいます。
アマゾンさんどうしたらよいですか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
他社製品も持っていますが、比べると、壁に強くぶつかりすぎだと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ルンバ891 アイロボット ロボット掃除機
通常 48,900円
現在 45,800円
3,100円(6%)OFF!!

  

ルンバ691 アイロボット ロボット掃除機

  • 【Amazon.co.jp 限定色】ルンバ600seriesのAmazonモデル。
  • 【スケジュール機能】指定日時に清掃を予約して、帰宅前に床を綺麗に
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、アプリからソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【スマートスピーカー対応】音声でも自動掃除機の操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【賢さ】毎秒60回以上部屋の状況判断をしながら、隅々まできれいにします。
  • 【清掃力】ルンバは3つの清掃作業を同時に行い丁寧に何度もゴミを取り除きます。
  • 【基本機能】自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
セールで安く売ってる時に買えれば、これ程コスパの良いルンバは無いのでは無いでしょうか?

性能は他の方がたくさんレビューしてるので省略するとして、レビューに多々書いてある、バッテリーの接触による動作不良は一切ない。(現象が出たら速攻でレビューして星1にする)

それよりも、値段。
セールしてる時はとても安く買えますが、セール以外の時はちょっとコスパ悪いかな。

もしセールしてない時にルンバが欲しくなったら、e5を買う方が絶対に良い!
e5なら、この商品に少しだけお金を出すだけで、上位機種と同等の性能と、

e5にしかない、ダストボックスを洗えるという日本人には嬉しい機能付き!

なので、個人的にはe5の方が絶対にどう考えても良い!

ただ、セールで買うと驚くくらい安くなるからセールまで我慢できるならこの商品が良いですね! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
そうじがラク過ぎる!
部屋を仕切るドアを開けっ放しにして、『アレクサ、ルンバでそうじ!』と言えば、全室ピカピカになります。
床に物を置かないよう、片付ける習慣も出来、一石二鳥。
とれるホコリの量が半端ないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

ルンバ 人気5製品

以下が特に人気のロボット掃除機ブランド「ルンバ」の人気製品です。ルンバは基本、アレクサ音声操作が可能です (古いWi-fi非搭載機種を除く)。

(2020/10/26 更新)

ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 グレー

  • 【新デザインのルンバ】初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。「Amazonで最も売れているロボット掃除機 ルンバのスタンダードモデルにWi-Fiを搭載。」床掃除の負担を軽減します。
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【確かな清掃力】ゴミをかき出して、浮き上がらせて、吸引。「3段階クリーニングシステム」でカーペットやフローリングのホコリや髪の毛、大きなゴミまで取り除きます。
  • 【部屋の環境に合わせて清掃】高度なナビゲーションがその場の状況に合わせて考えながら動きます。段差を感知し、落下を自動回避*。また、清掃後は自動でホームベースへ戻り充電します。
  • 【基本機能】スマートスピーカーで操作、自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大90分

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 気に入ってます。いいこだね、でも、時々、キキキといってるのがきになります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバにはグレードがあり692は下位グレードにWi-Fi機能を持たせた入門機種みたいな位置付けです。

ナビゲーションシステムも1番劣るiAdaptなのでルンバ本体の位置や間取りを学習して掃除するのではなく手当たり次第部屋を掃除する感じです。

我が家は3LDKですが1LDK分が間仕切り無しにできるのでそこで使ってみました。

まずアプリを入れてWi-Fiに繋げて(2.4GHz対応が曲者でしたが)Alexaに認証させ、音声でも動作できるようにしました。
アプリでスケジュール管理・ルンバの起動や停止、エラーの有無など簡単な操作ができ、音声認識は掃除途中でホームベースに帰還させたりする時に便利だなと思いました。

使ってみるとリビングのラグ(毛がシャギータイプ)は問題ないのですがキッチンのラグ(毛がループタイプ)がルンバ君には難しいらしくひっかかるのかエラーで頻繁に止まってしまうしラグが傷む。

在宅中にリビングの窓を開けて掃除させるとサッシの段差に引っ掛かりエラーになりる。

最初マンション玄関も試したが、玄関と廊下の段差が少ないので止まらずに靴砂まで掃除してしまう。

こういった問題をバーチャルウォールがあれば解決できるがこの機種には付属してません(オプションで購入はできるが)

ダイニング周りはうまくテーブル・椅子の脚を掻い潜りながらこまめに掃除してくれてます。

他機種との比較はしてないが運転音が煩くリビングでくつろぎながら掃除をさせるというのはかなりストレスになります。

その他部屋の広さにもよるのだと思いますがホームベースに帰還を促しても辿り着くまでに右往左往してなかなか帰還しません。

評価としては床掃除の能力としては十分ですが部屋の広さ・間取りはワンルーム程度(シンプルな間取り)侵入させたくない場所もない、ネット接続でアプリで簡単操作をしたい!という家庭に非常に向いてると思います。

追加

バーチャルウォールを買ってみました!
侵入させたくないキッチンに置くとルンバがちゃんとUターンしてくれます。
これでエラーで止まることもないのでアプリでスケジュール管理して不在時に安心してルンバに掃除してもらえます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【ブラーバm6と同時購入で2万円OFF】ルンバ s9+ アイロボット ロボット掃除機

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【高度なナビゲーションテクノロジー】 vSLAMナビゲーションで家の環境をマッピングして学習し効率的に清掃。
  • 【パワフルな吸引力】最大幅になった2本のゴム製のブラシであらゆる床に対応。微細なゴミやペットの毛まで逃しません。
  • 【部屋の隅や壁際まで徹底的に】Perfect Edgeテクノロジーと特別に設計されたデザインでゴミのたまりやすい部屋の隅や角まで入り込みます。
  • 【間取りを学習して記憶】清掃する部屋やタイミングを思いどおりに指定できます。
  • 【ゴミ捨てまで自動】ダスト容器30杯分のゴミを収納。数週間は掃除のことを気にかける必要はありません。
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでどこでも操作。指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能。
  • 【スペック】幅31.2cm x 奥行き31.2cm x 高さ8.9cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大120分
  • 本体重量(kg):1.2

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入して数日経った印象ですが、まず非常に丁寧に清掃してくれると言うのが第一です。
AIが優秀なのか本体が入れる幅があれば何のヘルプも必要なく家中を掃除してくれて、通った後はチリ一つ残さない為、掃除機で清掃していた頃よりも家が遥かに綺麗になっています。同じ場所を複数回掃除してくれる為万一にもゴミを取り残す事は無いでしょう。畳やカーペットの上でも問題なく清掃してくれます。
物にぶつかる時の当たりも軽く、傷付けたりする事はありません。
ペットの餌などの小物は押しのけて進んでしまう為、事前に机の上などに避難させておく必要があります。
清掃が終わったらゴミも勝手に排出してくれる為、全く手間が掛かっていません。

掃除機を掛ける手間を削減できたらいいなぐらいの気持ちで購入したのですが、もう掃除機は不要なのでは?と思ってしまうぐらいの丁寧な清掃で正直感動しました。
高価格なのが購入する際のネックになってしまっていると思いますが、価格以上の性能かと。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバ4代目です。
今まで毎日掃除してもらって、吸引力維持のためダストボックスを毎日綺麗にしていましたがそれが要らなくなりました。
大したことない作業じゃないですか、それがなくなるとこんなに楽ちんな事あるかって感じですね。
もう前のモデルには戻れない、毎回ルンバの最新機種を所有するとそう思わせられるところがアイロボット社のすごいところです。
最新機種は常にお高いんですが、アイロボット社に満足度の点で裏切られた事が無いです。
拭き掃除ロボも買いました。フローリングがこんな綺麗になる時代か…お手伝いさんの費用や他人を家に入れない安心感からしたらお安いもんですね。
僕はスケジュール組んでやってるのでマニュアル対応させてますが、拭き掃除ロボはこの機種とリンクして動かせます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ルンバ 606 アイロボット ロボット掃除機 高速応答プロセスiAdapt搭載 ゴミ検知センサー

  • 初めてのロボット掃除機を検討される方におすすめ。床掃除の負担を軽減する薄型ロボット掃除機のスタンダードモデル
  • 【基本機能】自動充電、自動帰還、衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【確かな清掃力】フローリング・畳・カーペット・ラグなどあらゆる床に合わせて吸引口を調整
  • 【状況に合わせて清掃】カーテン裏の壁ぎわのゴミやホコリ、すき間の髪の毛、ペットの毛、ハウスダストも逃しません
  • 【独自清掃システム】かき出し、かき込む、吸い込む、の3つの清掃を同時に行う、「3段階クリーニングシステム」を搭載
  • 【スペック】サイズ:最大幅34cm x 高さ9.2cm / 重量:3.6kg / 稼働(通常清掃時):最大60分
  • 充電時間: 約3時間

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この商品が出た時に買おうとして以下の点がどうか?と思いました。
・毛足の長い犬がいるがちゃんと吸えるか、吸ったとして絡んですぐに壊れるのでは?
・ちょっとした段差や家具が障害となり、結局、すぐにエラーになるのでは?
で、今回、使ってみての感想は以下の通り。
・犬の毛が横にあるのに素通り…ということがしばしば。けれどもゴミを捨てると一回分でもしっかり溜まっている。ブラシ部分に多少は毛が絡んでいるが、それは通常の掃除機と同様レベル。使い続けてみないとわからないが、思ったより丈夫そう。
・マットや部屋と部屋の間にあるちょっとした段差くらいは乗り越えて移動。家具に当たっても止まることなく方向転換。あっちこっち適当に動いている感じがするが、毎回そこそこの埃や犬の毛が取れており、いつでも床がきれい。
 つまり、思っていたよりずっと「使える」と感じました。使うタイミングとしては、私は仕事から帰るとすぐに台所仕事をしなくてはなりませんが、その時に動かしてます。人間が掃除機をかけるほうが確実で早くできるのは判っていますが、多忙時になんとなく助けてもらってる感じがして可愛く思えます。
タイマー機能はないですが、私は自分の目の届くところで動かしたいので別にいらないです。このお値段なら文句なしです。
また気づきがあれば追記します。

追記1。使用して数日、急に動かなくなりました。ランプもつくし、音も鳴るのですが、何かエラーメッセージが出るわけでなく、サイトを見てそれらしい事を試すも効果なくメールを入れましたところ、幾つかの試してみる事を返答頂き、それでもダメなら購入後、間もないため交換するとの事でした。結果、ホームベースの位置変えとバッテリーの取り外しで解決しました。

追記2。 使い始めて10日、快適に使用中です。裏返してみると、毛足の長い犬がいるため、前輪部分などに毛が絡んでいる部分がありました。つまようじなどでサッととれるくらいの量です。2日に一度稼働させていましたので、こういったメンテは10日に一度くらいした方が長くトラブルなく使い続けられそうです。

追記3。現在は3日に一度くらいのペースで使用中。気づきとしては、暑くなったので扇風機を出して所、そこに乗り上げてしまいエラーになって止まったことがありました。扇風機本体下部の厚みは外が3センチくらいで、中心部が5センチくらい、斜めになっているので乗り上げてしまいやすい形状のためだと思います。ルンバを動かす時はこれだけを椅子の脚でブロックしています。この点を除けば快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
606の性能が良かったので、もう少し上位モデル買えばよかったなぁ・・・と思ってしまった。故障やエラーは今のところないです。(ルンバに掃除させる部屋をルンバが掃除しやすいようにレイアウトはしました。)会社に行く前にボタンを押して掃除をさせる。帰宅するとドックに戻っている。楽でいいですよ。
追記10月10日 ワゴムやひも状の物を巻き込むとエラーで止まるときがあります。ひも状の物を先に拾ってから起動しましょう。滑りやすい床だとドックに戻る際にルンバがドックを押してドック入りに時間がかかるときがあります。ドックの下に耐震ジェルマットをひくことによりスムーズにドック入りできるようになりました。「掃除しなさい」と親がうるさかったのですが、ルンバを購入したことにより言われることがなくなったのが一番の利点です。
令和20年7月13日 ドックに戻らなくなりついに壊れたかぁ・・・・と思っていたら、ドックの充電部分の金属とルンバの充電部分の金属を無水エタノールで拭いたら直りました。自己責任で・・・・一応ですが拭く前にコンセントを抜く、バッテリーを抜くを忘れないでください。自己責任 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【ブラーバ 390jと同時購入で1万円OFF】ルンバ e5 アイロボット ロボット掃除機

  • 【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
  • 【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
  • 【洗えるダストボックス】ダスト容器に残った汚れやゴミも見ずですすぐだけで清潔に。
  • 【スマートスピーカー対応】音声でもルンバの操作可能(Alexa・Google Assistant認定製品)
  • 【Wifi対応・スマホ対応】専用アプリでロボット掃除機をどこでも操作、指定日時の清掃予約やソフトウェアの自動アップデートも可能
  • 【基本機能】衝突防止、落下防止、ゴミセンサー(ゴミの多い場所を自動検知)、絡まり防止
  • 【スペック】サイズ:最大幅35.1cm x 高さ9.2cm / 重量:4.0kg / 稼働(通常清掃時):最大90分/充電時間:約3時間
  • 電源方式:充電式リチウムイオン電池

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
家事や仕事に忙しい妻の為に、半信半疑ながらロボット掃除機なる未来的なモノをホワイトデー+誕生日のプレゼントに購入してみました。
バッテリーやフィルターの交換備部品もオンラインストアで簡単に購入出来る事と、ダストボックスが水洗い出来るとの理由と値段でこの製品にしました。

Wi-fiやアレクサ連動のセットアップも結構簡単に終わり、いざ始動!!
ソファーや寝室のベッドの下等、スイスイ潜ってスーイスイ。
1時間10分程で終了して充電ホームに戻って参りました。さてさて掃除した部屋からどの位のゴミが取れているか確認すると、ペットの毛やら細かなゴミが入ってました。
妻が一言「ゴイス~!! パパありがとー!!」

買って良かったと思った ひと時でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
前の子は6年で天寿を全うしました。

バッテリーの交換をし、ブラシの交換も手入れも結構やりました。

ゴメンね…買い替えましたよ。
新型の安価版に。不満はないさ。

昔に比べりゃ、ローラーに髪が絡まなくなったし、ゴミよく取れるし、ゴミ箱洗えるし。スケジュール設定もスマホからやりやすいし。進化してますよ。

でもスマホに「ルンバが助けを求めいています」って表示が出て見に行ってみれば、前の子と同じところで引っかかってるのさ。かわいよねー。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Amarey ロボット掃除機 簡単操作 ペットの毛に効果的 超静音 1400Pa強吸引力

  • ✅【❗1400Pa強吸引力&58dBの超低音❗】:ロボットの1400Paの強力な吸引モードを使うと床からカーペットまできれいに掃除することができます。強力な吸引力を維持しつつも、稼働中も静かになるように設計しました。超低音モードでは、安定した吸引力、スムーズな誘導気流、騒音レベルは60db未満で、お子さんが寝ている時でも、問題なく使えます。
  • ✅【❗0.5L大容量大容量ダストボックス&稼動時間最大100分間❗】:ロボットは0.5L大容量ダストボックスを採用しております。広いうちやオフィスなので使えます。また、ダストボックスにゴミいっぱい溜まると、簡単に捨てる事ができ、ダストボックスは水洗い可能で繰り返し使用できます。600mAhの大容量リチウムイオン電池を搭載し、最大100分間(*1)長時間連続で稼働することができます。
  • ✅【❗超高性能フィルター&3重フィルタシステム❗】 :amarey A800ロボットのフィルターは3重設計により、ほこりを効果的にトラップし、空気中に放出される量を減らして家庭の清潔度を向上させ、ロボットを使うと、ロボットから排出時の匂いが気になる方もおられるのでしょうか。おうちをきれいにすることはもちろん、健康的な生活環境を提供できます。
  • ✅【❗四つの掃除モード&タイマーが予約機能❗】 :ロボットは4つのモードがあります。掃除したい場所に合わせて、モードを自由に変えられ、掃除効率が高くなります。ルームモードを使うと、1つの部屋を徹底的に掃除に、エッジモードでは、壁際や隅等の掃除に適します。ロボットはリモコンで清掃予約メニューを使用すると、掃除の時間を予約できます。あらかじめ時間を設定すると、外出の時、長期留守の時でも、ロボットを掃除してくれます。
  • ✅【❗障害物感知・落下防止&自動充電&メーカー保証期間1年❗】 衝突防止センサーと、落下防止センサーを搭載しています。掃除中家具などの障害物を感知し、衝突を防ぎます。高低差も感知できるから落下を防ぎます。階段などの段差の縁まで自動バックし、落下を回避できます。また、ロボットは掃除が終わると自動的に充電台に戻るのはもちろんのこと、掃除中にバッテリー残量が少なくなると、自動的に充電台に戻って充電します。★【製品の保証について】:ご購入日より1年品質保証が付き、商品に何らかの異常がございましたら問い合わせページよりご連絡下さい。amareyはお客様の期待を上回る製品を作り出すことができるように努力いたします。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

関連:Alexa(アレクサ)でスマートホーム構築

以下ではロボット掃除機以外にも、アレクサから音声操作可能な様々なスマート家電を紹介しています。

家全体のIoT対応や、音声操作で効率化をすすめてスマートホーム化してみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました