子供のいる家庭には「LINE Clova」がおすすめ ~Amazon Alexa、OK Googleよりおすすめのその理由~

スポンサーリンク

音声AIといえば、「アレクサ」「OK グーグル」でしょうか。

世界の大企業「Google」「Amazon」なら間違いない・・、そんな気がしちゃいますね。

しかし、日本発の音声AI、LINEの「Clova(クローバ)」も負けてません。

LINE利用はもちろん、日本での使いやすさを考慮した、Alexa、Googleにはない多くの優れた機能をもったAIアシスタントです。

特に、ファミリーやお子さん自身の利用に最適なAIスピーカーとなっています。そのためIT系が苦手な場合でも扱いやすいのも特徴的。

何が使いやすいのか、何がAmazon・Googleと違うのか、「Clova」の機能・特徴を紹介していきまっす。

 

LINE Clova(クローバ)の特徴とは

clova_with_child

 

冒頭でも挙げたとおり、ClovaにはAmazon Echoや Google Homeにはない、日本の家庭、特にお子さんのいる家庭に最適な特徴が豊富です。

ざっとあげると以下の通り。

Clovaスマートスピーカーの特徴
  • LINE・LINE通話が音声で使える
  • 音声による赤外線家電操作に対応
  • バッテリー内蔵でモバイル性がある
  • キャラクター性の強いデザイン機種がある
  • 花粉や台風、地震など日本特有の情報が聞ける
  • 童話や昔話など子供向け機能が豊富

 

特に注目は、LINE利用や音声による赤外線リモコン機能。これは改めて言ってみれば

  • 日本で最も普及しているSNSサービス、LINEを音声で利用可能
  • 日本で最も多い家電方式、赤外線リモコンを音声で利用可能

ということ。LINE Clovaは日本人の多くが使っているサービス・機能を音声操作可能な、日本に特化した音声AIアシスタントなんです。

AmazonやGoogleでは、当然LINEの操作はできませんし、アメリカでメジャーでない赤外線リモコン機能も公式サポートしていません。

日本企業であるLINE、メイン市場が日本と韓国のClova、だからこその機能性というわけです。

 

これら概要だけでも日本で使いやすい音声AIということが多少は伝わったかもしれませんが、さらに、お子さんのいる家庭でこそさらなる真価を発揮するのがClova

以降で、特にお子さんのいる家庭で使う魅力をより具体的に紹介していきまっす。

 

お子さんのいる家庭におすすめの理由5つ

①スマホなしのお子さんともLINEが可能に

clova_line_send

Clovaの最大の魅力といえば

「LINEの送受信、LINE通話が可能」

ということ。

AmazonやGoogleもできない、日本最大のSNSツールを声で使えるのが最大の強みですね。

 

この機能で注目のポイントが、

「LINEアカウントをもってない場合でも、この音声LINEコミュニケーションは利用可能」

ということ。

例えばスマホを持っていないお子さん、おじいちゃん、おばあちゃんともLINEでのやり取りが可能となります。

音声入力なので、スマホ操作などのIT機器操作ができなくても問題ないのも大きな魅力。

まだまだ小さいお子さんともメッセージでやりとりできるなんて、子供好きの親にはかなりうれしい機能ですね。

 

使い方の詳細は公式ヘルプの「みんなで使うアカウント」の項目を御覧ください。漫画でイメージが付きやすく解説されています。

 

②赤外線リモコン機能でお世話しながら家電操作

clova_with_baby

LINE Clovaは、日本向けに作っているということもあって、日本で多い赤外線リモコン家電の音声操作を公式にサポートしています。

AmazonやGoogleでは、別メーカー機器を購入、連携設定等を済ませてはじめて利用できます。公式にサポートはしてないんです。
 

公式にサポートされていることで以下のようなメリットがあるんです。

  • 設定が簡単
  • 余計な購入費用や配置スペース不要
  • 音声操作が多様に対応

 

公式機能なので、Clovaの設定と同じClovaアプリ上で家電設定も完結、面倒な連動設定等もないため、ちょっとITが苦手な方にもおすすめです。

赤外線機能は内蔵か、専用Dockを置くだけなので、余計な費用や、スペース・コンセントもとりません。すっきり、低コストに家電操作が始められます

また、音声操作、家電操作、両方とも自社で開発しているだけあって、ちょっと気が利く細かな音声操作にも対応していて、使い勝手も◎。

例えば、なかなか他社ではない以下のような音声操作も可能です。

「照明を常夜灯にして」
「テレビの入力を3回切替えて」
「テレビの音量をちょっと上げて(=3段アップ)」

子供寝かしつけをしながら常夜灯に、赤ちゃんを抱っこしながらもテレビをオン/オフ、などなど、育児をしながら活躍すること間違いない機能です。

 

③キャラクターモチーフのかわいいデザイン

clova_characters

 

「AIスピーカー」ということで、便利機能だけじゃなく、おしゃべりや、お遊びもできるClovaさん。

その話しかける対象が、ちょっとかわいい人形のようなデザインだと、使う側もより一層愛着が湧きやすいですよね。

Clovaでは、上画像のように、LINEのブラウン、サリーモデルの機種や、ミニオンズやドラえもんともコラボしたモデル(現在品切れ)の製品も発売されてきました。

こういったかわいいモデルのAIスピーカーといった製品は、他社には一切ないClovaの大きな特徴の1つ。

 

かわいいモデルは好評で、子供や最新機器に興味の無いユーザー層にもアプローチし、ついには下画像のような着せ替えカバーまで発売されるに至っています。

clova_cover

 

AIスピーカーならぬ、AI機能のついた人形ともいえるClovaさん。

子供やファミリー、IT機器が苦手な人にも、おすすめ&人気となっている大きな要素です。

 

④バッテリー内蔵でどこでも一緒

clova_with_bed

Clovaは全機種バッテリー内蔵で、持ち運び自由

Clovaだけ見ると当たり前のようですが、Amazon EchoやGoogle Homeには一切ない仕様です。

1台で、リビング、キッチン、寝室でも、そして、Wifi環境があれば外でも使えちゃいます。

普段はリビングで音楽再生、料理のときはタイマーやレシピ用にキッチンへなんて、1台でも有効的な使い方ができますね。
 

Clovaは前項の通り、かわいい見た目もあいまって、子供が友達のように接するなんてことも多い機器。

  • リビングでお話して、一緒に寝室へいって目覚ましをお願いして就寝
  • 普段はキッチンで使って、子供が遊びたいときには貸してあげる

などなど子供も扱いやすいし、そして1台でも使い回ししやすい、そんな家庭での扱い安さがバッテリーで実現されています。

 

⑤童話・昔話・鳴き声など楽しむ・学べる機能が豊富

clova_with_child

 

Clovaは公式機能として、世界の童話・日本昔話の読上げに対応。

寝かしつけの定番、読み聞かせもClovaにおまかせできちゃいます。

以下の50種類ものお話に対応しているので、飽きることもなく何度も利用可能でしょう。

【日本の昔話】
ももたろう、はなさかじいさん、いっすんぼうし、 かちかちやま、 こぶとりじいさん、おむすびころりん、かさじぞう、したきりすずめ、つるのおんがえし、ぶんぶくちゃがま、じゅうにしのはじまり、ゆきおんな 、ごんぎつね、いっきゅうさん、きんたろう、うしわかまる、だいくとおにろく、やまたのおろち、さるかにがっせん、かぐやひめ

【世界の童話】
さんびきのこぶた、ブレーメンのおんがくたい、はだかのおうさま、ジャックとまめのき、うさぎとかめ、ながぐつをはいたねこ、きんのオノ、ぎんのオノ、オオカミしょうねん、アリとキリギリス、おおきなかぶ、しらゆきひめ、シンデレラ、おうさまのみみはロバのみみ、みにくいあひるのこ、オオカミと7ひきのこやぎ、アリババと40にんのとうぞく、ねむりのもりのひめ、こびとのくつや、おやゆびひめ、みっつのねがい、マッチうりのしょうじょ、くるみわりにんぎょう、フランダースのいぬ、びじょとやじゅう、ナイチンゲール、ラプンツェル

 

お話だけじゃなく、動物の鳴き声や、楽器の音など、様々な音の再生も可能

こちらは、なんと216種類も用意されているので、思ったままに「〇〇聞かせて」といっても大体聞かせてくれるでしょう。

 

上記はClova公式機能ですが、Clovaでは「スキル」という拡張機能を利用することも可能。例えば以下のようなスキルで知育・お遊びなんかも可能です。

スキル名 内容概要
歯磨きくん 楽しいメロディーで楽しい歯磨きタイムに
みんなでクイズ Clovaと◯×クイズを楽しめる
イングリッシュクイズ 英語で出題され、日本語で答えるクイズ
動物鳴き声クイズ 動物の鳴き声を当てるクイズ
ディズニーゴールド絵本 アラジンなど、人気のディズニー作品を楽しむことができる

 

公式機能から拡張機能まで、多くの子供が楽しめる機能が豊富。特に公式機能としてこういった機能が提供されていると、利用する際の音声操作も単純で使いやすいんです。

 

Amazon Alexa、OK Googleのほうが優れる点とは?

ここまで、Clovaの魅力を、特にお子さんのいる家庭での利用に最適、という視点から紹介してきました。

では、Amazon Alexa、Googleアシスタントは、何が得意なんでしょうか?

簡単にそれぞれの特徴を紹介します。比較・選択の参考にしてみてください。

Amazon Alexaのほうが優れる点

Amazon Alexaのほうが優れるのは、当然ながらAmazonサービスとの連携部分です。

また、Amazon Echoはスマートスピーカーの先駆者的存在で、機種も多様で売上も世界一です。

ざっと優れる点を列挙すると以下の感じ。

  • Amazon Echo機種が豊富
  • 音声でAmazon注文
  • Kindle本読み上げ
  • プライム・ビデオの音声利用
  • 他プライムサービス(音楽や写真)とも連携

 

Clova機種のもつモバイル性や、赤外線内蔵といった機能はありませんが、代わりにAmazonの各サービスとの連携が強力。総じてAmazonプライム会員には、かなり多機能で魅力的な機種かと思います。

子供と一緒に使うというより、Amazonヘビーユーザーの実用度の高さが際立つ機種といえるでしょう。

以下でEcho ShowやAmazon Echoでできることを詳細に紹介もしています。

 

Googleアシスタントのほうが優れる点

Googleアシスタントのほうが優れるのは、当然ながらGoogleサービスとの連携部分です。

Googleの傘下にはYoutubeがあるのも大きい点ですね。

ざっと優れる点を列挙すると以下の感じ。

  • Google検索同様の高精度な調べ物
  • Youtube、Youtube Musicの音声利用
  • Googleフォト、Google Mapなどと連携
  • 日本語認識精度が随一

 

こちらもClovaのもつモバイル性や、赤外線内蔵といった機能性はありませんが、代わりにGoogle系サービス、特にYoutubeとの連携が強力でしょう。Googleは日本語音声認識の経験が豊富で精度が高いのも魅力。

特に画面付き端末を検討している場合に、YoutubeやGoogleフォトを利用したいなら有力な選択肢となるでしょう。

以下で画面つきの「Google Nest Hub」やGoogleアシスタントでできることも紹介しています。

 

LINE Clovaの魅力のまとめ

以上、Clovaの魅力、そしてライバルでもある他社AI「Amazon Alexa」「Googleアシスタント」の特徴紹介でした。

他社含めて見てきたとおり、以下の特徴

  • LINE、LINE通話が使える(お子さんでも可能)
  • 赤外線リモコンの内蔵
  • キャラクター性の高いかわいいデザイン
  • バッテリー内蔵で持ち運び自由
  • 日本家庭向けの公式機能が豊富

これらは現状Clovaにしかない、大きな魅力です。

これらの特徴により、日本の家庭、特にお子さんのいる家庭などで、便利かつ楽しく使えるAIスピーカーというわけです。

以上、スマートスピーカー購入の際の参考にしてみてください。

以下でClovaのできることや、画面つきのClova Deskについても紹介しています。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました