Sponsored Link

スマートスピーカー「Google Home」の機能・できること

※2017/10/18更新。こちらの記事はGoogleHomeの更新に応じて随時更新します。

「Google Home」ついに10/6から日本発売しました!また、安価(6000円)な「Google Home Mini(グーグルホームミニ)」も10/23に発売されます


こちらでは、スマートスピーカー「Google Home(グーグルホーム)」と、それに搭載されている音声認識AIアシスタント「Google Assistant(グーグルアシスタント)」の機能や何ができるのかを紹介していきます。

(2017/10/18 スリープタイマー機能情報の追加、情報取得部分整理)

Sponsored Link

GoogleHomeとは

google_home

Google Home(グーグルホーム)とは、Google製の音声AI「Google Assistant(グーグルアシスタント)」搭載のスマートスピーカー(AIスピーカー)です。話しかけるだけで、様々なことに応対してくれます。

基本情報が以下です。

項目 内容
メーカー Google
AIアシスタント名 Google Assistant(グーグルアシスタント)
価格 14,000円(税込み15,120円)
発売日 2017年10月6日
無線規格 802.11b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz) Wi-Fi
スピーカー 2インチドライバ
2インチデュアルパッシブラジエーター搭載
ハイエクスカーションスピーカー
サイズ 直径 96.4mm x 高さ 142.8mm
本体重さ 477g
電源ケーブル 1.8m
サポートOS Android / iOS
主な独自の特徴 Google各種サービス(カレンダーやMap等)との連携
検索やユーザー趣向解析などの技術土台
Google製品(Android端末やChromecast等)と連携
GooglePlayMusicだけではなく、
外部音楽サービスSpotify(Free版)も対応
声で複数ユーザー識別
予定などのプッシュ通知(予定)

他のAIスピーカーと比較した際のGoogle Homeの特徴として、圧倒的に日本語音声認識性能が高いことが挙げられます。上記表の特徴でも挙げた、技術土台があってこそのクオリティとなっています。(実機利用レビュー記事でも詳しく触れています。)

日本版のPV動画公開されています。概要紹介動画が以下です。

Google Homeでできること・機能

公式紹介と実機使用レビューを基に、できることの詳細を以下で見ていきます。

汎用情報を取得する

検索に強いGoogle、質問と回答に関する機能は強力です。以下が汎用情報のための質問とその回答です。

ジャンル 音声コマンド 回答
意味・定義 安倍晋三って誰? Wikipediaによると安倍晋三とは・・
TPPって何? News VestaによるとTPPは・・
一期一会の意味は? Wikipediaによると一期一会は・・
翻訳 こんばんはを英語でいうと? Good evening
Good Morningの日本語は? おはようございます
おはようをフランス語でいうと? Bonjour
健康・食 りんこ1個のカロリーは? 中程度のりんご1個のカロリーは95kcalです
じゃがいもに含まれる糖質は? 100gに0.8gの糖質が含まれています
みかんに含まれるビタミンCは? 100gに35mgのビタミンCが含まれています
単位変換 1kmは何マイル? 1kmは0.621マイルです
1日は何分? 1日は1440分です
計算 25 x 83は? 25 x 83は2075です
1500円の108%は?(消費税計算) 答えは1620円です
雑学 月までの距離は? 月の地球までの距離は384,400kmです
日の出の時間は? 日の出はAM 5:47です

すごいですね。ちょっとした知りたいことから、現在に即した情報まで、ちょっと話しかけるだけで答えが返ってきます。回答は、Google検索で1つ目に来る代表的な結果を(使えるなら)使っているようで、Wikipedia等に限定されず多くの情報が取得されます。

汎用質問で気になったのは、英→和系の質問がかなり通りにくいことです。「(英単語)の日本語教えて」が通る英単語は少なく、「(英単語)のスペル教えて」は成功しませんでした。 どうも日本語の音声認識に最適化されているようで、英単語が英語のワードとして解釈されにくいようです。逆に和→英への変換はほぼ成功します。この辺が音声認識の難しいところなのだと思います。

以下が日本語でのGoogleHomeへの聞けることのデモ動画です。天気予報や、翻訳、豆知識など様々な質問が確認できます。

天気予報を聞く

任意の日付・場所の天気予報を聞くことが可能です。住所を登録することで、基本をその住所の天気情報取得とできます。

寝る前や朝などに手軽に聞けることがとても便利で、その日の天気・週末の天気などよく聞いています。使用頻度は音楽の次くらいに高い機能です。以下が質問例です。

音声コマンド 回答
明日の天気教えて 明日の池袋の天気は曇り一時雨、最高気温は・・
新宿の天気教えて 新宿は現在18度晴れ、今日の新宿は・・
今週の土曜日の天気教えて 土曜日の新宿は最高気温・・
今日の夜の天気教えて 今夜は雨、気温13度・・

交通情報、周辺情報、旅行情報など生活情報

交通情報、周辺情報、旅行情報など現在の状態に基づいた生活情報が取得可能です。状況に応じた回答が手軽に得られるので非常に便利ですね。

こちらも職場の住所を登録することで、「職場」というワードで質問も可能です。交通手段を指定して、「池袋までの電車での経路」なんてことも聞けます。現在時刻から駅までの徒歩時間等も考慮した最適なルートを出してくれるのが素晴らしいです。

周辺の施設の位置を教えてくれるのはもちろん、その営業時間を聞くこともできます。

また、一度質問したワードを参照情報として保持しており参照ワードは省略することが出来ます。例えば、(自分)「近くの郵便局教えて」、(GoogleHome)「近くの郵便局は〇〇の郵便局です」、(自分)「営業時間は?」だけで、「〇〇の郵便局の営業時間は・・」と答えてくれます。

以下が質問例です。

音声コマンド 回答
職場までの交通状況教えて 現在、通勤路は混雑しており、所要時間〇〇分程度・・
池袋までの電車での経路教えて 電車の場合現在地から徒歩◯分の◯駅から◯分発の・・
池袋の郵便局教えて 10件みつかりました、1番目は池袋◯丁目・・の池袋郵便局です
(続けて)今日の営業時間は? 池袋◯丁目の池袋郵便局は
本日10時から18時まで営業しています
東京から沖縄の飛行機はいくら? 東京発沖縄行のフライトは11月6日に行く場合・・◯円からあります

音楽再生

google_play_music

spotify

スマートスピーカーのコア機能のひとつが音楽再生機能です。

音楽再生機能で重要になるのが、対応している音楽配信サービスです。通常は、スマートスピーカー製造元で提供している音楽サービスがメインで利用可能です。例えばLINEのスマートスピーカー「WAVE」が対応しているのはLINE Music(だけ)ですね。

Google Homeの場合、「Google Play Music」はもちろんのこと、外部音楽サービス「Spotify」、auの「うたパス(予定)」にも対応しています。音楽配信サービスは、サービス元によって、楽曲の種類や数に偏りがあります。自分好みの曲を聴くためにも、音楽配信サービスに選択肢を持てるのは大きいです。

また、音楽配信サービスは基本月額料金必須ですが、Spotifyの場合シャッフル再生になるなど制限下なら、なんと無料で利用できるのです。Google Homdeでは、このSpotifyの無料アカウントも利用可能です。無料バージョンによる制限(シャッフル再生や広告など)は受けますが、ある程度ざっくりとした曲再生(ジャンルやアーティストなどの指定)は利用可能です。

ちなみに「Amazon Echo」でもSpotifyの利用は可能ですが、そちらはPremium版(有料版)のみとなっています。

音楽用の使える音声コマンドは以下のようなものです。プレイリストやジャンルの指定は、デフォルトで設定している音楽サービスから検索した結果それっぽいものを流すだけで、うまい具合にマッチしないこともあります。

カテゴリ 音声コマンド
再生 何か音楽流して
(曲名)を流して
(アーティスト名)の曲を流して
(プレイリスト名)を再生して
(JPOPなどのジャンル)の曲を流して
Spotifyで〇〇を流して
お気に入り再生して(下記のお気に入りした曲)
再生中操作 曲名教えて
お気に入りに追加して
音量操作
(1-10の10段階)
音量を上げて/下げて
音量を3上げて/下げて
音量を1にして
再生操作 一時停止して
再生再開して
早送りして(30秒送り)
巻き戻して(30秒戻る)
20秒早送りして

以下が日本語版、主に音楽再生関係の動画です。プレイリスト再生から、音量コントロール、話者認識まで見ることができます。

ニュース、ラジオ、Podcastの再生

「ニュースを教えて」なら、NHKネットニュースでトップニュース。
「経済ニュースを教えて」なら、日経電子版ニュース。
「エンタメニュースを教えて」なら、J-WAVE TOKIO PodCast番組。

といった具合に、ジャンル指定等をしながらニュース番組が再生されます。ニュースヘッドライン読み上げといった形ではないです。

各種ネットニュースやネットラジオ番組と提携しており、それぞれジャンルにのっとった番組が流れます。

ラジオ自体も対応するはずですが、現状だとこのニュース読み上げがラジオのようなものです。かといって、「(番組名)のラジオかけて」では通じず、「(番組名)のニュース教えて」なら可能です。

ニュース読み上げに関しては、使いたい機能なのですが、内容が微妙なため別途検証をしました。

スポーツ情報を聞く

スポーツラジオとは別に、Google Home自体にスポーツの結果や日程をたずねることが可能です。日本のプロ野球はもちろんサッカーや、海外のメジャーリーグ、欧州サッカーチーム等の情報も取得可能です。

種類やリーグごとの結果ならまとめて情報取得可能で、チームを指定して聞くことも可能です。

音声コマンド 回答
プロ野球の結果教えて 東北楽天イーグルスは日本ハムに2対0で・・、横浜DeNAは・・
広島カープの試合結果教えて 広島カープは昨日阪神に1対3で・・
次の広島カープの試合日程教えて 今日18時に広島カープは横浜と・・
Jリーグの結果教えて ヴィッセル神戸は浦和レッズに2対0で・・、川崎フロンターレは・・
バルセロナFCの試合結果教えて FCバルセロナは今日レアルマドリードに3対1で・・
チャンピオンズリーグの結果教えて ユベントスはマンチェスターシティに・・、インテルは・・

経済情報を聞く

現在時点での経済情報を聞くことが可能です。株価から為替まで確認可能です。

|音声コマンド|回答|
|日経平均株価教えて|今日12時で日経平均は0.4%上昇し、2万1148円となっています|
|任天堂の株価教えて|今日12時の任天堂の株価は4万3390円、昨日から0.1%上昇しています|
|1ドル何円?|1アメリカドルは約112.943円です|

スケジュール管理、アラームやタイマー

Googleカレンダーと連携して、自分の予定を教えてくれます。任意の範囲でリストで知ることも可能です。

また、タイマーやアラームの設定も任意に可能です。タイマーは、複数同時設定が可能です。例えば「ピザを焼くタイマー5分かけて」のあとに、「カップラーメンのタイマー3分かけて」も別管理で可能、という具合です。

以下がこれらの音声コマンド例です。

音声コマンド 回答
今日の予定を教えて 本日の予定は10時から〇〇、12時から〇〇・・
次の予定を教えて 次の予定は12時から〇〇・・
今週の予定リストを教えて 今週の予定は、○日○時から〇〇、○日○時から〇〇・・
明日朝6時に起こして 明日6時にアラームをセットしました
平日毎日朝7時に起こして 平日7時にアラームをセットしました
5分 タイマーで測って 5分タイマーセットしました、開始です
(続けて)カップラーメンのタイマー3分かけて カップラーメンのタイマー3分を2番目にセットしました

Googleカレンダーと連携できるのがメインカレンダーと呼ばれるものに限定されているので、予定の種別分けなどを行っている人は注意が必要です。また、終日の予定も読み上げ対象になっていないのでこちらも注意です。

それから、予定の読み上げは可能でしたが、音声による予定の追加はうまくいきませんでした。現在非対応らしいです。カレンダー連携はまだまだ発展途上といったところですね。

以下がタスク関係の日本語デモ動画です。アラーム、タイマー、個人設定による朝の情報などなどが確認できます。

メモ・ショッピングリスト(TODOリスト)

気軽にGoogle Homeへメモをとることが可能です。メモを取る場合は、「〇〇をおぼえておいて」で可能となります。 内容は、ひとまず「何を覚えてる?」で確認が可能です。「覚えてることを教えて」などいうと、「覚えて、いることを教えて」のような解釈となってメモが追加されてしまいました。

また、「ショッピングリスト機能」というものが入っており、買いたいものを伝えればクラウドに保存され、スマホからいつでも確認可能となります。ショッピングリストとはいうものの、汎用のメモやTODOリストのように使うことも可能でしょう。

以下がメモやショッピングリストでの音声コマンド例です。

  • 「美容院の予約をするって覚えておいて」
  • 「明日はがきをだすっておぼえておいて」
  • 「何を覚えてる?」
  • 「ショッピングリストに牛乳を買うって追加して」

また、より便利なメモ機能としては、IFTTTによってEvernoteと連携する方法などもあります。

料理のお手伝い(レシピ)

海外版では、比較的最近(2017年4月)入った機能として、料理のお手伝いがあります。

以下のような会話が行えるようです。

「OKGoogle、料理をしましょう」「何を作りますか?」
「チョコチップクッキーを作りたいの」「レシピがあります、お手伝いしましょうか?」
「レシピをお願い」「かしこまりました、ではまずオーブンを350℃に熱し・・」

日本版では、楽天レシピなどと連携して展開していくようです。現状は非対応ですが、近々対応されると思います

Chromecast等を介した他家電製品との連携

Chromecastという、Googleデバイスと無線LANにて連携して、動画や音楽を再生できる機器があります。Chromecastをテレビなどにとりつけることで、そちらで、例えばAndroidスマートフォンからテレビでのYoutube再生等を行うことが出来ます。

GoogleHomeもChromecastと連携します。これにより、Chromecastを装着したテレビがあれば動画や音楽をGoogleHome経由でテレビで再生要求することが可能です。GoogleHomeはYoutube, Netflix,auのビデオパスといった動画サービスと連携しています

また、同様にChromecast経由で、GooglePhotosにある写真を、テレビで写すといったことも可能です。ただ、いまいち写真内容の指定がうまくいかないことが多いです。ひとまず「自分の写真」で表示することはできました。また、「写真を映して」などでは通りませんでした。

また、ChromecastはHDMI制御により、テレビの電源オンオフが可能(テレビ側で許可設定が必要)です。これにGoogleHomeの音声コマンドが対応しています。ということで動画環境があるとテレビのオンオフまでできてしまいます

要求例が以下です。

  • 「Youtubeの〇〇を流して」
  • 「Netflixの〇〇を流して」
  • 「自分の写真を表示して」
  • 「テレビをつけて/消して」

Chromecastと連携した動画再生デモ動画が以下です。動画の再生はもちろん、一時停止や早送りなどのコマンド、また、Google Photos(グーグルフォト)と連携した写真の表示なども確認できます。

お遊び・おしゃべり・豆知識

日常的な簡単な会話は、おおよそ解釈してくれます。意外と気の利いた一言がかえってきて、くすっとすることも多いので、様々なあいさつや、気分などを伝えてみると良いと思います。愛着が湧くと思います。

また、簡単なお遊びが可能です。じゃんけんや、しりとりなどが可能でした。(ゲームになっているかはさておき・・)占いも可能です。これはなぜか、水晶占いですね。笑

他にも、豆知識やジョークを要求しても答えてくれますよ。

以下のような内容が代表例ですが、なんでもいいと思います。

  • 「おはよう/おやすみ」
  • 「つかれた」
  • 「しりとりしよう」
  • 「水晶占いして」
  • 「豆知識を教えて」

子供や家族とあわせて楽しく使う使い方のデモ動画が以下です。動物の鳴き声なども教えてくれますね。

声でユーザーを識別する

ユーザーごとに声を登録し、声からユーザーを識別することが可能です。現在最大6名まで登録可能となっています。

「わたしの好みの曲を流して」といえば、その声の主が登録したプレイリストを再生する、といったことが可能です。

複数のGoogleHome間で連携する

ペアデバイスとして複数のGoogleHomeを登録することで、連携させることが可能です。
以下が例です。

  • 「ベッドルームで〇〇の曲を再生して」
  • 「子供部屋にアラームを鳴らして」

離れた子供部屋に指示できるのは役立つケースがありそうですね。

ペアデバイスにはGoogle Home Miniも使えるので、お手頃価格で複数ペア環境の構築が可能です。

マイデイ機能・ショートカット登録

ショートカットコマンドを、ユーザー単位で登録できます。

例えば、

「ねるよー」というワードで「部屋の電気を消し、音楽を消し、おやすみなさいといってくれる」という一連の内容を行ってくれるように設定可能です。

また、「マイデイ」という機能は別にあり、その日の朝にまとめて聞きたい情報をパーソナライズして設定が可能です。

天気やニュース、通勤経路状況、スケジュール、フライト情報など、聞きたい情報を設定してまとめて朝読み上げてくれます。

Bluetooth(ブルートゥース)スピーカーとして利用

Bluetooth対応機器から接続してBluetoothスピーカーとして利用可能です。

スマートフォンに入ってる音楽等を任意に流すことが可能です。また、スマホ側でGoogle Play Musicなどのアプリで、プレイリストを指定してそれをGoogle Home側で再生に切り替えるといったことも可能です。

参考

Explore what you can do with Google Home

Google Home海外版や英語でのみ可能なこと

Google Homeは海外の方が先行して発売しており、現状で海外地域に限定した機能や、Googleアシスタント設定を英語にしないと使えない機能が存在します。それらは、現状日本版で使えないに等しい機能ですが、いずれ対応される可能性の高いものといえます。Googleジャパンでも、「海外で行えていることはすべてできるようにしたい」、と明言しています。

ということで、いずれ使える期待をこめて、現状の海外版でのみ使える機能も紹介していきましょう。

電話(ハンズフリー通話)

アメリカなど一部の国では「〇〇に電話して」だけで、特定の相手にハンズフリー電話が可能となっています。

こちらの機能は、日本では直近対応予定はないことが明言されています

参考:「Google Home」を使うメリットを整理する – Google Homeで「できない」こと

いつかスマホからとりつぎができることを、期待し続けておきます。

通販ショッピング

海外版では、ウォルマート、コストコ等と連携して通販ショッピングが可能です。「OkGoogle、トイレットペーパーをたのんで」でトイレットペーパーが届くということですね。

日本では直近の対応予定は明言されていません。ただ、「海外で実現している機能は出来る限り日本でも実現する方針」とのことで、電話同様こちらもいずれ実現されることを期待し続けましょう。

Amazonでは、GoogleHome本体の販売もないので、通販の提携も無さそうな予感ですが、楽天とは仲が良さそうなので、そちらで通販等が始まるかもしれませんね。

リマインダー機能

海外版やスマホ版では、リイマインダー機能も既に可能ですが、日本版GoogleHomeではリマインダー関係を要求するとまだ未対応と返答がきて使えないようです。ただし、言語設定を英語にすることで日本版でも既に利用が可能でした。ということで、機能自体は対応しているので、近々対応が入ると思います。

携帯電話の場所を知らせる

海外版では、「Find my phone」で携帯のサウンドを鳴らして携帯電話の場所を見つける機能が入っています。

日本版では、「携帯電話の場所を教えて」等の音声コマンドでも機能を確認できませんでした。

ただし、日本版でもGoogle Homeの言語設定を英語にすると機能は使えます。「Find my phone」で音を鳴らしてくれました。ということは、音声コマンドの対応のみの問題だと思うのですぐに可能になるでしょう。もしくは、僕が正しい音声コマンドを見つけられていないだけなのかもしれません。

スリープタイマー

海外版では、「Set sleep timer 30 minutes」でスリープタイマーがセット可能です。

日本では10/18現在、日本語で使用できることが確認できませんし、ヘルプページに記載もありません。英語版ヘルプページには記載があるので、近々対応されることでしょう。

ちなみに、日本製品でも英語ではスリープタイマーが使えました。ですので、スマホから言語設定を英語にして、スリープタイマー設定して・・なんてことをすれば現状でも可能です。ですが、実はスマホのGoogle Play Musicアプリがスリープタイマーに対応しているので、スマホからスリープ設定した音楽をGoogle Homeでキャスト再生したほうが手早く実現できます笑。

参考
日本語版ヘルプ
英語版ヘルプ

Google Homeでできることをさらに拡張

Google Homeでできることは、現状大きく2つの方法で拡張が可能となっています。

IFTTTによるWebサービス連携

まずはIFTTTによるWebサービス、SNS等との連携です。

「TwitterとFacebookを特定条件で連携して互いに投稿させる」といったWebサービス同士を連携できる仕組みとしてIFTTT(イフト)というものがあります。これにGoogle Assistantが対応しています。そのため、GoogleHomeを介した連携も可能となっています。

実際に主要なサービス(Evernote, Twitter, LINE, GMail等)を連携してみましたが、もちろん便利ですし、できることの可能性が大きく広がります。

IFTTTで拡張可能な内容はこちらをご覧ください。

Actions on Googleによる拡張

Actions on Googleという、サードパーティ(Googleじゃない会社や個人)が、GoogleAssistantのAI技術を使ってサービスを作成・提供することが可能です。現状日本向けのサービス展開は始まっていません※が、今後これによって多くの機能拡張が提供されていきます。ちょうどスマホのアプリが様々なメーカーからでているのと同じイメージですね。

※Actions on Googleに対応したサービスは、海外版ではスマホの画面から対応しているサービス一覧が見れる形になっており、日本版にはこの表示がないため。

参考:Actions on Google

代表的な音声コマンド一覧

ここまで見てきた「できること」の具体的な音声コマンド(音声内容)でよく使いそうなもの・有用そうなものを一覧にまとめています。

ジャンル 音声コマンド
一般質問 (日本語内容)を英語で
(英単語)の日本語教えて
(言葉や熟語)の意味教えて
(食べ物)のカロリー教えて
(食べ物)の糖質量教えて
(作品・物など)とは?
(ゲームソフトなど)の発売日は?
(世界の都市)は何時?
(建造物など)の高さは?
55 x 13は?
スポーツ質問 (チーム名)のスコア教えて
(チーム名の)次の試合はいつ?
音楽 何か音楽を再生して
(プレイリスト名)用の曲を流して
(ジャンル JPOP・ジャズなど)を再生して
音量を上げて/下げて
音楽止めて
曲名教えて
次の曲にして
もう一回再生して
動画再生 (動画名)の動画流して
Youtubeで(動画名を)再生して
Netflixで(動画名)を再生して
写真を見せて
(写真内容)の写真を見せて
テレビつけて/消して
スケジュール
TODO
タイマー
今日はどんな日?(マイデイ機能)
次の予定を教えて
今週の予定リスト教えて
ショッピングリストに(買う物)追加して
明日○時に起こして
アラームを平日の○時に設定
アラームは何時に設定されている?
3分タイマーかけて
ピザのタイマー13分を設定
タイマー止めて
天気・交通・近辺情報 今日の天気教えて
(場所)の天気教えて
職場までの交通状況は?
(場所)までの電車での経路教えて
(場所)までの距離教えて
近くの(施設名)教えて
(施設名)の営業時間教えて
近くの観光スポットは?
飛行機の状況教えて
経済 日経平均株価を教えて
(会社名)の株価を教えて
1ドルは何円?
おしゃべり・お遊び おはよう
おやすみ
疲れた
水晶占い(クリスタルボール)
豆知識を教えて
ジョークをいって
しりとりしよう
俳句を教えて
コイントス
サイコロを投げて

おもしろいもの、有用なものがあれば追記していきます。

まとめ

以上、GoogleHome(Google Assistant)のできることをざっくりまとめてみました。改めて並べてみると本当に多くのことができますね。これからさらに機能が充実・使い勝手が向上していけば、一家に一台必須の時代がすぐ来るのではないでしょうか?個人的には、現状でも新しい「声」というインターフェースを十分活用できるおすすめできる製品です。

Google Homeに関連する情報として、よろしければ以下もご覧ください。

他のスマートスピーカー製品と比較しています。
スマートスピーカー(AIスピーカー)を比較、現時点のおすすめはどれ?

実製品を使用してレビューしています。
圧倒的な日本語音声認識力!Google Homeのレビューと評判・評価を紹介

安価なGoogle Home Miniとの違いを紹介しています。
「Google Home Mini」の効果的な使い方とは?Google Homeとの違いは何?

購入に関しては現在、Googleストアビックカメラヤマダ電機楽天auショップ、で販売中です。また一部のツタヤにてレンタルも行っています。現在、ビックカメラがChromecast無料付属等のサービスをやっておりお得です。

いじょうでっす。

Comment

  1. […] こちらでそれぞれの機能が詳しく触れられているよ。 スマートスピーカー「Google Home」の機能・できること […]