【2020最新】ゲーミングモニター サイズ別の人気・おすすめ20製品

こちらでは、モニター(ディスプレイ)製品の中でも、低遅延、高リフレッシュレートなゲーミングモニターを紹介。

FPSや格ゲーなど、一瞬が勝負を分けるゲームに重要な環境要素となります。

こちらでは、サイズ別に人気・おすすめ品を紹介していくので、環境に合わせた最適なモニターを見つけてください。

Contents

   

ゲーミングモニター(ディスプレイ) 全サイズ統合のBEST20

以下がゲーミングモニターの全サイズ人気の製品ランキングです。

サイズ別の人気製品は後述しています。

(2021/01/18 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.4)
総評価数 448件
2
(4.5)
総評価数 504件
3
(4.4)
総評価数 638件
4
(4.5)
総評価数 956件
5
(4.3)
総評価数 315件
6
BenQ MOBIUZ ゲーミングモニター EX2510 (24.5型/IPS/フルHD/144Hz/1ms/HDRi/treVoloスピー...
発売日 2020/09/17
通常 32,800円
現在 29,818円
2,982円(9%)OFF!!
(4.4)
総評価数 823件
7
(4.1)
総評価数 227件
8
(4.3)
総評価数 381件
9
(4.2)
総評価数 2608件
10
(4.4)
総評価数 1457件
11
(0)
総評価数 0件
12
I-O DATA ゲーミングモニター 27インチ(75Hz) GigaCrysta PS4 FPS向き 0.5ms(GTG) TN HDMI...
発売日 2019/07/24
通常 24,482円
現在 22,202円
2,280円(9%)OFF!!
(4.5)
総評価数 1287件
13
(4.2)
総評価数 2608件
14
(4.5)
総評価数 478件
15
(4.3)
総評価数 594件
16
(4)
総評価数 175件
17
(4.4)
総評価数 472件
18
Acer ゲーミングモニター Nitro 21.5インチ VG220Qbmiifx IPS 1ms(VRB) 75Hz FPS向き フルHD...
発売日 2019/04/19
通常 17,111円
現在 14,980円
2,131円(12%)OFF!!
(4.3)
総評価数 190件
19
(4.2)
総評価数 295件
20
(4.4)
総評価数 1045件

 

21インチサイズのゲーミングモニター人気5製品

(2021/01/18 更新)

ASUS ゲーミングモニター 21.5型FPS向き/1ms/TN/HDMI×1/...

  • スピーカー : 1.5W + 1.5W (ステレオ)
  • フリッカーフリー搭載
  • 最大解像度 : 1,920 ×1,080 (フルHD) 画素ピッチ0.248mm
  • 視野角:水平90°、垂直65°
  • 最大輝度 : 200cd/㎡ /最大表示色 : 約1677万色/消費電力 : 使用時最大 21.1W
  • コントラスト比:100,000,000:1
  • 上下角度調節 (チルト) : 上20°~下5°
  • ケンジントンセキュリティースロット搭載
  • 対応VESA規格:100×100 mm
  • サイズ:本体サイズ (W×D×H) (スタンド含む) : 513mm×199.4mm×373mm。質量:約3.5kg、メーカー保証年数:3年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
先日購入し本日開封、接続動作確認を行いました。利用して思ったことをまとめましたので検討中の方の参考になりますと幸いです。

映像に関して

安価の割りにゲーム時の4kグラフィックは素晴らしいです。ただゲーム中に映像が若干かたついたり「ちょっと表示追いついてないんじゃない?」って思うことが多々あります。ですが、ゲームをするのには最適(ゲーム環境による)といっても良い品物です。
一方PCの画面として利用するのはあまりお勧めいたしません。といいますのも想定していたよりデスクトップ上に映し出されるものがボケて見えます。これは4kあるあるらしいのですが私としましてはもう少しましなものかと想定してましたので残念です。
色合いは全体的に白が強くなります。これは画面調整で色々試してみても治らないかと・・・。

配線・接続に関して

本製品説明欄にもある通りHDMI/DisplayPort(1.2)にしか対応しておりません。
接続面ですが背面に対して下から挿す感じになるので接続の際は難しい設計ではありますが、見た目重視らしいのでその点は致し方ないかと・・・。

以上となりますがこの価格で総合的に判断しますと、
ゲーム用としては☆5
PCモニター用としては☆1~2
あくまでも個人的意見ですが参考になりますと幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
私は21.5インチを買ったのですが、意外に大きくてびっくりしました。
今はノートパソコンにつないでいるけど、PS4につなげる予定です。
これと一緒にHDMIケーブルとか買っている人もいるけど
ちゃんとノートパソコンにつなげる為のケーブルは付いているので
別売りのケーブルを買う必要はありません。
またPS4につなげる為のHDMI端子もあります。
スタンドが少しでかいのと、スピーカーが小さいのが残念だけど
PS4で遊ぶ人なんかは、コントローラーにヘットフォンさせばいいと思います。
逆にノートパソコンやPCに繋げてゲームする人は
別売りのスピーカーを買ったほうがいいと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer ゲーミングモニター Nitro 21.5インチ VG220Qbmiifx

  • 画面サイズ:21.5型ワイド/解像度:1920×1080 16:9/パネルタイプ:IPS、非光沢
  • 輝度:250cd/㎡(白色LED)/応答速度:1 ms (VRB)
  • 入力端子:ミニD-Sub 15ピン×1、HDMI 1.4 x2(HDCP2.2対応)、2W+2W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:490X384X221/本体重量(スタンドあり):3.25 kg/(スタンドなし):2.84kg
  • 付属品:アナログケーブル(ミニD-sub15ピン、1.5m)、HDMIケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、オーディオケーブル(1.5m)、クイックスタートガイド、保証書、台座

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
音質→悪くありません。音質に拘る人でなければ問題ないです。音がこもったりもせず、シャリシャリもしてないし。

画質→良いです。レスポンスの必要なゲームをしてないのでそこはわからないのですが、ドット抜けなどもなくきれいに表示されています。色もおかしくありません。

組み立て→普通。難しいことはないです。HDMIケーブルを買い忘れましたがRGBケーブルがついてたおかげで一晩しのげました。

その他→
・画面の真ん中に照準がでるモードがありました。FPSはしないので使ってないのですが、ハードウェアチートのために目印つけてるような人はわざわざ中央をとらなくていいので便利ですね。スマホで画面を撮ってSNSにアップするときもモード変えればチートチートって叩かれないし。
・最初についた商品は一週間ちょっとで表示がおかしくなったため返品交換していただきました。初期不良ならちゃんと返品交換もしていただけるので安心です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
IPSで倍速ゲーミングモニターとなると値段が跳ね上がります。
今回は妥協してこいつを買いましたが大正解でした。

本機はIPSでリフレッシュレート75 khzと多少色がついただけですがゲーム等やる時
Acer Display Widget(公式から落とせます)に対応しているおかげで大変使いやすいです。
このウィジェット使用用途によって設定を手元ですぐ変更できるので便利
たまにゲームをやる位の自分には必要十分なモニターです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【Acer Direct限定】AOPEN ゲーミングモニター 22ML2Qbix

  • この商品はAcer Direct限定商品です。 Acer Direct以外の他販売者よりご購入された場合は、メーカー保証対象外となりますのでご注意下さいませ。
  • IPSパネル搭載でどこから見てもクッキリ鮮やかなゲームプレイが可能。メーカー直販だからこその3年保証付で、いざという時も安心。
  • 21.5型ワイドパネル、リフレッシュレート75Hz、1920x1080 フルHD 16:9、IPS、非光沢、スピーカー非搭載、Free-Sync、保証3年(パネル・バックライトユニットは1年)、入力端子:HDMI 1.4×1、ミニD-Sub 15ピン×1
  • 本体重量:台座あり/2.48kg 台座なし/2.00kg 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:498 x 384 x 212、付属品:アナログケーブル(ミニD-sub15ピン、1.5m)、HDMIケーブル(1.5m)、ACケーブル(1.5m)、ACアダプター、クイックスタートガイド、台座、保証書、修理依頼書
  • AOPENは1996年に世界をリードする大手電子機器メーカーとして台湾で設立され、部品メーカーから小型デジタル制御機器メーカーへと発展を遂げました。 今日では世界中の100カ国以上でビジネスパートナーと共にグローバルビジネスを展開しています。 今後も引き続き成長を遂げるため、パートナーと知識を共有し、オープンな環境におけるAOPENの価値を維持する事で、品質基準を準拠していきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

HDMIおよびVGAおよびDVIポートを備えたHD超薄型LEDモニター、75Hz...

  • 【LED】:明暗のコントラストをより鮮明にしたLEDディスプレイは、豊富な色彩を豊富に提供し、動画像が決して目を楽しまないようにします。鮮やかな色と透き通った画像が詰まった、驚くほど自然な画質を実現します。
  • 【あらゆる角度からの美しさ】:IPSディスプレイは、あらゆる角度からの色の違いなしに、細部を鮮明かつ鮮明に表示します。そのゼロフレームデザインは、視覚的な楽しみに境界を置きません。また、VGAおよびHDMIおよびDVI入力もサポートしているため、スマートフォンやタブレットのフルHDディスプレイで楽しさを簡単に拡張できます。
  • 【人間工学に基づいた傾斜】:後方15度と前方5度の傾斜機能により、追加された傾斜機能により、画面を表示する最適な角度を見つけるための複数のオプションが提供されます。
  • 【高度なゲーム体験】:ユーザーは、動きの速いシーンでもスムーズな画像を楽しむことができます。画面のリフレッシュレートをコンテンツのフレームレートと同期させて、入力レイテンシを最小限に抑え、ゲーム中の画像のちぎれやスタッターを劇的に減らします。 2msの応答時間で、モーションブラー、ジャダー、ゴーストが少なく、画面上で最速のモーションが明確かつスムーズに表示されます。応答時間が速いため、安定したビジュアルが提供され、プレーヤーは最高レベルでゲームを体験できます。
  • 【フリッカーフリー技術】:LEDバックライト画面で明るさを制御する方法により、画面にちらつきが発生し、目の疲れを引き起こすことがあります。ちらつきのないテクノロジーは、新しいソリューションを適用して明るさを調整し、ちらつきを減らしてより快適に表示できるようにします。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Acer ゲーミングモニター SigmaLine 21.5インチ KG221QAbmix

  • 画面サイズ: 21.5型ワイド/解像度: 1920x1080 16: 9 フルHD/パネルタイプ: TN、非光沢
  • 輝度: 200cd㎡(/白色LED)/応答速度: 1 ms (GTG)
  • 入力端子:ミニD-Sub 15ピン×1、HDMI 1.4×1、1W+1W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm: 508 x 406 x 189/本体重量(スタンドあり): 3.36 kg(/スタンドなし): 3.01 kg
  • 付属品:アナログケーブル(ミニD-sub15ピン、1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、オーディオケーブル(1.5m)、ユーザーガイド、保証書、台座、修理依頼書
  • 消費電力 :最大 約25W、通常:約19W、待機時 約0.23W

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入したのは、27インチ/WQHD/75Hz の物です。

前に使っていたのがiiyamaのPLX2377HDSでした。
23インチのフルHDから27インチの2Kになり。
解像度が1920x1080から2560x1440になることで、かなり広く感じられ、
写真加工や動画加工、あと普段のエクスプローラーで窓を複数開けたり
会計ソフトで資料を並べるにしても、かなりゆとりを持って使えるので大満足です。

ドット欠けや常時点灯は有りませんでしたが、視野が広くなったことも有り
白の明るさが、かなり目に来ます。私の場合は前のモニタでもエコモード3くらいで
使っていたので、こちらでは輝度20くらいまで落として、だいぶマシになる感じ。
デフォルトモードだと目が痛くなってしまいます。

視野角は広いとは言う物の、白一色の画面にした場合、画面端の位置で50cm離れた場所から
反対側の画面端を見ると1/3ほどが少し暗くなります。
正面から見る場合は全く問題ありませんし、映画やゲームの様な複雑な絵が映っている時は全然気になりません。

物理的なベゼルは2mmほどですが、表示エリアまでギャップが有るので実質端から8mm~9mmがベゼルとなります。(写真)

ネットでwebページを見る場合、サイトによってはディスプレイに合わせた大きさに表示設定されてない所も多いので、
全体的にかなり小さく見にくくなってしまいます。
これはブラウザで文字や表示の大きさを調整するか、スクリプトを入れて対応するしか無さそう。

ゲーミングモニタと言う事も有り、このモニタにはゲーム用オーバードライブやACM、ブラックブーストと言った
機能が付いていますが、それらは使っていません。
と言うのもいろいろ設定をいじってみましたが、どうもゲームによって画面に残像が残ったりして、逆に見にくく
感じた為です。しかしこれはビデオカードとの相性の可能性が高いかも(ちなみにGeForceGTX1050Ti)

とまぁ肝心のゲーミング部分が評価できていませんが、FHDモニタから乗り換えるなら
価格的にもサイズ的にもとても良い物だと言えます。

参考までに現在のモニタ設定を書いておきます。

画面調整
 輝度:20
 コントラスト:30
 ブルーライト:オフ
 ブラックブースト:5
 ACM:オフ
 スーパーシャープネス:オフ
カラー
 ガンマ:2.2
 色温度:ノーマル
 sRGBモード:オフ
オーディオ
 音量:0
ゲーミング
 オーバードライブ:オフ
 照準点:オフ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今のところ動作不良は一切なし。
1万円だから少しぐらいは傷や汚れがあるかなって思ってたけど、箱から出してみたら汚れとかは無かった。
ps4で使ってるんですがしっかり60FPS出て遅延とかもちろん無くて
付属品はHDMI、アナログケーブル、オーディオケーブルがあって本当に1万円??って思うくらい良い品です。
動作不良が起き次第すぐにレビューを更新します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連 : 21型モニター(ゲーミング以外含む)の人気・おすすめ製品

以下ではゲーミングに限らない、21型モニターの人気・おすすめの製品を紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

   

24インチサイズのゲーミングモニター人気5製品

(2021/01/18 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.4)
総評価数 448件
2
(4.5)
総評価数 504件
3
(4.4)
総評価数 638件
4
(4.5)
総評価数 956件
5
(4.3)
総評価数 315件

Dell ゲーミングモニター 23.8インチ S2421HGF(3年間無輝点交換...

  • [商品紹介]フルスロットルのスリル。大胆な新しい外観。応答速度 1ms(GtG FAST)、144Hzのリフレッシュレート およびAMD FreeSync tm Prutinumの高性能23.8インチゲーミングモニター。
  • [サポート]無輝点3年保証/修理時には交換品を先にお届け
  • [画面サイズ]23.8インチ [パネルタイプ]TN,非光沢 [最大解像度]1920x1080 [アスペクト比]16:9
  • [応答速度]1ms(GtoG,Fast) [コントラスト比]1000:1 [輝度]350cd/㎡ [色深度]1670万色[色域]CIE 1976 83%,CIE 1931 72% [その他機能]AMD Free Sync Premium, オンスクリーンディスプレイメニュー, VESAマウント, 背面ケーブルスロット
  • [接続端子]HDMIx2, DPx1, ヘッドホンアウトジャックx1 [調節機能]高さ調整,傾き,VESA対応(100mm) [付属品]電源ケーブル,HDMIケーブル
  • [寸法]高さ321.6mm-451.6mm×幅537.8mm×奥行189.4mm [重量]3.4kg(スタンド部分含まず), 7.4kg(梱包時)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
綺麗は綺麗ですが...やはりIPSパネル
ゲームで使う分には綺麗だし問題ないのですが...
自分のように部屋を暗くして映画もよく観る人には
黒が黒じゃないことに耐えられないかもしれません

正面から見たとき視野角と湾曲の都合なのか...
どうしても4隅からバックライトの光漏れ...のように光って見えてしまいます
(角度を変えて見てみると漏れてるというわけではない感じ)
部屋を暗くしての映画鑑賞で暗い場面等では
初めはその4隅の光が個人的にとても気になりました
(もう慣れましたが...)

ただし...明るい部屋でならまったく問題ありません
そしてIPSパネルでここまで黒を出せていればじゅうぶん凄いと思います
また、VAパネルのように状況によって黒が青みがかるようなこともありません

ゲームでは...
前に使ってたVAパネルのゲーミングモニターとの比較になりますが
VAパネルで感じていた残像感はまったく無く快適です
そして綺麗です

このモニターに興味がある方でしたら
LGのモデルも(G-Sync搭載の方)候補だと思いますが
個人的にはデザインと保証でこちらをお勧めします

G-Syncいらなかったり黒に拘るならVAパネルのモデルか
同じDELLの有機ELのゲーミングモニターにいくしかないと思います
有機ELのは価格的にもサイズ的にもちょっと大きすぎますが。。。
あとは湾曲ではないし...

発色や反応速度等はとても満足しているので
しばらくは愛用すると思います
なんだかんだ正直気に入ってます
根っからのVAパネル好きですが...
このレベルならIPSも悪くないと思わせてくれたモニターです

当方はゲームはほぼほぼFF14メインで遊んでおりますが
以前は31.5インチのモニターで解像度を弄り
疑似ウルトラワイドの環境でプレイしておりました
...が、リアル21:9は想像以上に良いです!
ほんとに世界が広がった感がします
ぶっちゃけマウントに乗って
あちこち飛んで散歩するだけでも楽しいです

そして画面(物理)が広くなったため
UI等、より余裕をもって自由に配置できるようになりました
某暗算ツールのカゲロウも以前はゲーム画面外に置いていたのですが
このモニターでは画面内に置いてもじゅうぶんなスペースがあるため
邪魔になりません

あとは...アマプラで21:9に対応している映画もあるので
映画が好きな人にもお勧めできます
(映画だけなら120Hzもいらないんであくまでゲームも映画もという方)

ご参考になれば。。。

【追記】
左右の輝度に差があったため
(左が明るく右が暗く青っぽい)
サポートに連絡
指示に従い診断画面?を撮影し送信
異常と認められたため代替品を発送していただきました

保証に偽りはなく、良品先送りですぐに発送されました
なので...手元からモニターが無くなる状態が一瞬たりともなく
交換することができました

交換&修理の間、手元からモニターが無くなるのと
手元にある状態で交換できるのとではやはり大きな差があります

当方はPCもAlienwareを使用していますが...
PCはともかく...モニターは次回もDELLにしようと思いました (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本機最大の特徴はデフォルトで全高を321.6mmまで短縮できるゲーム向けディスプレイという要素だ。
他の同等スペック液晶ディスプレイではVESAマウントの付け替えなしに実現できない高さなので、設置スペースに制限がありかつ余計な手間もかけたくない人にはうってつけだろう。
パネルはノングレアで日中の照り返しを受けたり暗がりで自分を見ることもないのは意外に好感触だった。また操作ボタンは背面だが、ジョイスティック操作のおかげでかなり快適に操作できる。幸運なことにドット欠けはなかったが、あれば保障を受けることができるのも安心材料だ。

欠点はTNパネル採用なのでIPSパネルに比べれば精細感や発色が劣り、応答速度を最速に引き上げるとゴーストも目立つ。暗さスタビライザーは画面全体が明るくなるが画質の劣化は避けられない。FPSモードでブラウジングとか目が潰れるレベル。ただ安いゲーミングディスプレイにはよくあることで、モード調整である程度補える範囲の粗さと納得できるなら思いのほか悪くない。
もし144Hzがいらなかったり発色の美しさを求めるならば、1万円台のIPSディスプレイのほうがよほど綺麗で安く済むし普段使いに優しい。もしサイズ制限がない人ならばワンサイズ上のゲーミングディスプレイを3~4万円台で買うほうが満足度が高くなるのは明らかだ。資金があるならBenQやEIZOの上位機を買うだろうし、PS4やSwitchを使うだけなら本機は選択肢にも入らない。PC性能が許すならJAPANNEXTの240Hzディスプレイのほうが断然コスパいい。本機は安い144Hzを熱望するとき初めて選ぶことが出来るディスプレイだろう。事実、サイズ制限がなければ本機を選択肢に入れることはなかった。結果として本機が唯一条件を満たしただけのことだ。

以上のことを了解して妥協に納得できるならば、24インチ前後としては最小のスペースと最高のコストパフォーマンスを持ち、TNにしてはそこそこの画質であるフルHD・144HzのPCゲーム入門ディスプレイだと評価できる。

最後に。144HzでやるDOOM ETERNALは最高だぜ! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR-J 0.5ms 165Hz

  • 0.5msの応答速度/165Hzのリフレッシュレート/G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)対応ゲーミングモニター
  • 24.5インチ/1,920×1,080 (フルHD)/TNパネル/ノングレア
  • 独自のゲーム機能搭載:GameFast, GamePlus, Extreme Low Motion Blur, GameVisual
  • 入出力端子:HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
  • 最大輝度:400cd/㎡, コントラスト比:100,000,000:1, 最大表示色:約1677万色, 広色域対応:72%NTSC

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約半年間、使った者の感想です。
普段は購入品にあまりレビューしたりしませんが評価が少なく低いものが多かったのでレビューします。

結論から言いますと、現行のゲーミング4Kモニターの中では最高レベルだと実感しています。

前までBenQの4Kモニター、EL2870Uを使っていましたが、色の鮮明さが全然違います。
特に黒色は前のと比べると感動物です。
またHDRの輝度レベルも格段に違います。明暗がはっきりしていて本当に感動しました。
また買い換えた一番の理由がG-syncの有無なので、カクツキやチラツキによるストレスが無くなって非常に満足しています。

FPSをやる人は244Hzのモニターを買うか迷っていると思いますが、僕は120Hzで問題なくプレイ出来ています。寧ろ敵の視認性が良くなったメリットの方が大きく感じます。
ちなみにオーバークロックで144Hzに出来ますが、僕はオーバークロックにあまり良い思い出がないので試していません。発色や色のレベルも悪くなるみたいです。
あと注意点ですが、HDMIポートか一つしかありません。僕は特に困っていませんが複数のCS機を並行してやる方はご注意を。
又、排気音に関してですが、モニターでは珍しく音はしますが不快な音でもなく普通に小さい音です。それよりも僕の隣にあるPCの排気音の方が大きいです。またそれもヘッドフォンを装着すれば全く気になりません。

ノングレア、IPSパネル、HDR1000、120Hz、G-syncに価値を見出せるなら買って損は無いと思います。

因みに余談ですが筆者の使用グラボは2080Tiです。それ以下の性能ではゲーム内のグラフィック設定を落とさないとフレームレートが出ないという本末転倒な事になりかねないので、気をつけて下さい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今年の梅雨頃から発売を待ち望んでいたディスプレイがついに届きました。(Amazonめ発売から半月も待たせやがって・・・・)
PS4ProをHDMIで、PCをDisplayPort1.4で接続して楽しんでいます。(4K 60FPSを超えるような映像だとDPの1.4が必要なようです。)

4K+HDRで1080TiのSLI対応ゲームである、BF1が丁度セール中だったので購入し、
キャンペーンモードをフレームレート取りながら遊んでみました。

4K+HDR+高リフレッシュレートのゲーム体験は凄まじく、非常にきれいな映像でゲームを楽しむことができました。ただHDRは、ゲーム体験だけでなく眼に掛かる負担も凄まじく長い間連続してゲームができないのが難点です。(個人差があるかと思いますが)

また、PCへの負荷も凄まじく、自分の環境(i9-7900 + GTX1080Ti SLI)でもグラフィックス設定を最高にすると100[fps]を超えることはありませんでした。
フレームレートは80後半[fps]~90前半[fps]程度でした。最低フレームレートは69.4で、60[fps]を下回る事はなく4k+HDR+60[fps]の環境を実現でき満足しておりますが、このグラフィックス設定で、100[fps]を超えるような環境を実現したいのであれば、もうすぐ発売のRTX 2080Tiを用意する必要がありそうです。

非常にハイスペックなPCが必要で、ディスプレイの価格も非常に高価で、在庫も安定しておらず、(だいぶマシになったかな?)導入にはかなり高いハードルがあるかと思いますが、導入できれば凄まじいゲーム体験が待っているかと思います。リッチゲーマーなら導入を検討して見てもいいかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA ゲーミングモニター 23.6インチ(144Hz) GigaCrysta

  • [特長]144Hzの高リフレッシュレートで、より映像が滑らかに。FPSなどに最適なゲーミング液晶ディスプレイ。
  • [画面]23.6型/1,920×1,080/非光沢/300cd/平方メートル/最大0.6ms[GTG]
  • [端子]HDMI×3/DisplayPort×1/ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • [サイズ/重量]550(W)×231(D)×412~522(H)mm / 6.2kg (スタンドあり)
  • [付属品]DPケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m、PSE適合品)、取扱説明書
  • 保証:3年間 ※パネル、バックライトを含む。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
レビューがネガティブで少し心配したが概ね満足である。
画面の損傷はなく、ドット抜けもなかった。
HDMIとディスプレイポートそれぞれで確認したが、問題なし。
ディスプレイポートでは144Hzでしっかりと稼働し、滑らか。
画質・色味にもそこまで違和感はなかった。
TNパネルの為、約45度あたりから画面を見ると黄色く見える。
IPSパネル程の視野角はないので、正面に座る以外の使用は困難であるが、通常使用時には不便しないだろう。
回転機能には、目印が付いており、水平を取りやすい。
この値段で高さ調整、回転機能が付いているのは高評価。

組み立てがやや難しい為、そこはマイナス評価とした。
ベッドなど柔らかく高さのある場所があればそこで組み立てると良いと思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ps4でFPSをする為に買いました。ps4なので60hzで充分なんですがいずれゲーミングpcを買うつもりなのでこっちにしました
まず気に入った点は未設定でも綺麗に映った点です
前に使ってたbenqのモニターは細かく設定しないと白っぽく発色も悪かったのですがこのモニターの発色の綺麗さには驚きました!
そしてモニタースタンドも重く安定感があり自由に方向を変えられるので重宝してます
ドット欠けなどもなかったのでオススメです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR 0.5ms 165Hz

  • 0.5msの応答速度/165Hzのリフレッシュレート/G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)対応ゲーミングモニター
  • 24.5インチ/1,920×1,080 (フルHD)/TNパネル/ノングレア
  • 独自のゲーム機能搭載:GameFast, GamePlus, Extreme Low Motion Blur, GameVisual
  • 入出力端子:HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
  • 最大輝度:400cd/㎡, コントラスト比:100,000,000:1, 最大表示色:約1677万色, 広色域対応:72%NTSC
  • 付属品:DisplayPort ケーブルx1, HDMIケーブル×1, オーディオケーブル×1, ACアダプター×1, 電源ケーブル×1, クイックスタートガイド×1, 保証書×1
  • 高さ調節:0~130mm/チルト:上33°~下5°/スイベル:左右90°/ピボット :左右回転90°
  • 製品サイズ:幅563mm×奥行き221mm×高さ(357~487)mm, 重量:約5.1kg
  • スピーカー : 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格:100mm×100mm

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
結論から先に。"30000円前後のゲーミングモニターならBe○Qはじめどのメーカーよりこれを買え"。
従来より使用していたモニターの不調により購入しました。TNパネル/165Hz仕様のレビューです。
まず最初に、144Hzモニターはそれなりのブランドの物であれば30000円前後が相場ですが本モデルはほぼ同等の価格を維持しながらそれらを上回る165Hz仕様となっています。差は微々たる物ですが何処となく得した気分になります。食後のドルチェ4種盛り合わせがシェフの気まぐれで6種盛り合わせにサービスされたら誰でも喜ぶに違いない。これ大事。
画質に関してはとやかく言いません。ゲーミングモニターなんですから初期設定では白っぽいのは当たり前。"正しい色"、綺麗な画面を求めるなら最初からEI○O買えって話です。色具合は画面側とPC側の設定次第でどうにでもなります。様々なモニターを使用してきていますが普通のTNフルHDパネルとしては何ら問題のない発色だと感じます。そもそも本格的な写真編集やイラストに30000円前後のゲーミングモニターを使う考え自体がバカげた話なので、発色うんたらかんたらを気にされている方は目には目をの精神で無視した方が良いかと。駆動自体は165Hzや144Hz、120Hzや60Hz等をウィンドウズ側から設定できますが恐らく165Hzで使用される方が多いでしょう。ASUS御自慢のスペックや独自機能自体は細やかにHPに記されています。詳しくはそちらを参照してください。
長い前置きになりましたが操作感について。操作に関しては販売されている全てのモニターがこうなってほしいと思う位に個人的には気に入りました。モニター右部背後にある小さな4方向に動くスティックで項目の選択や操作が可能となっています。コレがメチャクチャ使いやすい。直感的に操作が出来るし、ややこしい横並びのボタンをいじくり回す必要も謎のイライラも沸き上がってこない。ただでさえFPSでイライラしているのにモニターの操作でイライラしたら短い寿命が更に短くなる。ですがこれなら"はぁとドキドキする~…って動悸じゃねーよ☆"と弁明する必要もなくなります。使い始めは最適な画質を見つける為に画質を細やかに調整する事が多く、またゲームや通常使用でモードを日常的に切り替える事も多いのでインターフェースに関しては100点以上のクオリティ。これだけでもオススメできるレベル。ケーブル類をまとめて配線できるアーム下部のホールや控えめかつ機能的なデザイン。もう不満が出てこない。作りのクオリティ自体も値段以上。久しぶりに満足の行く買い物をしたと思っています。
更に驚いたのは"付属の映像出力ケーブルでなんら問題なく動作する"という事。本来であれば動いて当たり前と言えば当たり前なのですが、こういった製品の付属ケーブルは正直"使えないのが当然"のような風潮があります。別途購入となるとその分価格は掛かるし、何より"カ○オォォ!だったら最初からケーブルなんぞ付けないでいいから値段下げろバカモン!"となるのがユーザー側の心理。だけどこのモニターに付属するケーブル類は問題なく使用可能です。驚きました。アマノジャクな私にはピッタリです。
マザーボードにしても何にしても、ASUSは売れると確信しターゲットとした領域の他社を徹底的に潰しにかかるブリティッシュ作戦や地球降下作戦までのジオン軍、V作戦後の反抗を開始した地球連邦軍のような商品展開を行いますが、モニターに関しては久方ぶりに"他社を上回る競争力の塊な本気の製品"を見た気がします。
ここまで長々と書き連ねましたが、唯一の不満点はこの製品の知名度の低さ。これに尽きます。どういう訳だか、知名度の問題なのか、上っ面を変えただけの手抜きまとめサイトの影響なのか何なのかは知りませんが、みなBe○Qばかり買っておりASUSのこの製品は名が如何せん通っていない。このレビューを見てくださった方が本モデルを購入しモニターアマノジャクとなり、更にレビューを投降し新たなモニターアマノジャクが生まれ…とねずみ算式にユーザーが増える事を心より祈るばかりであります。ギレンの野望のマゼラアタックを分離、補充しバカみたいに増やし続ける戦略にも似ております。順調に事が運べばその内、VG258QR連合でも軍団でも公国でも結成される事でしょう。はたまたその内からアマノジャクが生まれ…フムン。その時はまたASUSさんに新たな製品を作って貰わねばならぬかもしれぬ。

最後にまじめになりますが。
ASUSさん、素晴らしい製品を本当にありがとうございました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
RTX2070搭載のデスクトップPCを新しく購入したので、メインのゲーム用モニターとして購入しました。
初めてのゲーミングモニター購入ですので他製品との比較はできませんがご容赦お願いします。
最初に起動したときは白が強かったため、目が痛くなるような感じがしましたが、画面の明るさやブルーライトカットの調整を行うことである程度自分好みの明るさにできました。
モニター自体に7つのモードが搭載されており、明るさやコントラストなども設定できるため自由度の高さは感じましたが、詳細な説明書などが付属していないため、どの設定をいじればどのように変化するかわからず、買って1週間ほど経過した今でもモニターの最大限の力を引き出せていない気がしてしまうのは残念です。
ですが今のところはぬるぬるのPCゲーを不満なく満喫できており、コスパや見た目にも満足しているので☆5つとします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Dell ゲーミングモニター 23.6インチ SE2417HGX(3年間交換保証...

  • [製品紹介]2つのHDMIポートを備えたFreeSync対応ゲーミングモニター
  • [サポート]3年保証/修理時には交換品を先にお届け
  • [画面サイズ]23.6インチ [パネルタイプ]TN,非光沢 [接続端子]HDMIx2,D-Sub15ピンx1
  • [最大解像度]1920x1080 フルHD [アスペクト比]16:9 [最大輝度]300cd/平方メートル
  • [応答速度]1ms(GtoG,Extream) [コントラスト比(最大)]1,000:1(8,000,000:1)
  • [調節機能]高さ調節:×/ チルト:○/ スイベル:×/ ピボット:×/ VESA:×
  • [色深度]1670万色[色域]CIE 1976 84%,CIE 1931 72%[その他機能]FreeSync,フリッカーフリー,ブルーライト軽減
  • [付属品]電源ケーブル,HDMIケーブル
  • [寸法]422.5×555.2×179.9mm [重量]4.51kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
綺麗は綺麗ですが...やはりIPSパネル
ゲームで使う分には綺麗だし問題ないのですが...
自分のように部屋を暗くして映画もよく観る人には
黒が黒じゃないことに耐えられないかもしれません

正面から見たとき視野角と湾曲の都合なのか...
どうしても4隅からバックライトの光漏れ...のように光って見えてしまいます
(角度を変えて見てみると漏れてるというわけではない感じ)
部屋を暗くしての映画鑑賞で暗い場面等では
初めはその4隅の光が個人的にとても気になりました
(もう慣れましたが...)

ただし...明るい部屋でならまったく問題ありません
そしてIPSパネルでここまで黒を出せていればじゅうぶん凄いと思います
また、VAパネルのように状況によって黒が青みがかるようなこともありません

ゲームでは...
前に使ってたVAパネルのゲーミングモニターとの比較になりますが
VAパネルで感じていた残像感はまったく無く快適です
そして綺麗です

このモニターに興味がある方でしたら
LGのモデルも(G-Sync搭載の方)候補だと思いますが
個人的にはデザインと保証でこちらをお勧めします

G-Syncいらなかったり黒に拘るならVAパネルのモデルか
同じDELLの有機ELのゲーミングモニターにいくしかないと思います
有機ELのは価格的にもサイズ的にもちょっと大きすぎますが。。。
あとは湾曲ではないし...

発色や反応速度等はとても満足しているので
しばらくは愛用すると思います
なんだかんだ正直気に入ってます
根っからのVAパネル好きですが...
このレベルならIPSも悪くないと思わせてくれたモニターです

当方はゲームはほぼほぼFF14メインで遊んでおりますが
以前は31.5インチのモニターで解像度を弄り
疑似ウルトラワイドの環境でプレイしておりました
...が、リアル21:9は想像以上に良いです!
ほんとに世界が広がった感がします
ぶっちゃけマウントに乗って
あちこち飛んで散歩するだけでも楽しいです

そして画面(物理)が広くなったため
UI等、より余裕をもって自由に配置できるようになりました
某暗算ツールのカゲロウも以前はゲーム画面外に置いていたのですが
このモニターでは画面内に置いてもじゅうぶんなスペースがあるため
邪魔になりません

あとは...アマプラで21:9に対応している映画もあるので
映画が好きな人にもお勧めできます
(映画だけなら120Hzもいらないんであくまでゲームも映画もという方)

ご参考になれば。。。

【追記】
左右の輝度に差があったため
(左が明るく右が暗く青っぽい)
サポートに連絡
指示に従い診断画面?を撮影し送信
異常と認められたため代替品を発送していただきました

保証に偽りはなく、良品先送りですぐに発送されました
なので...手元からモニターが無くなる状態が一瞬たりともなく
交換することができました

交換&修理の間、手元からモニターが無くなるのと
手元にある状態で交換できるのとではやはり大きな差があります

当方はPCもAlienwareを使用していますが...
PCはともかく...モニターは次回もDELLにしようと思いました (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本機最大の特徴はデフォルトで全高を321.6mmまで短縮できるゲーム向けディスプレイという要素だ。
他の同等スペック液晶ディスプレイではVESAマウントの付け替えなしに実現できない高さなので、設置スペースに制限がありかつ余計な手間もかけたくない人にはうってつけだろう。
パネルはノングレアで日中の照り返しを受けたり暗がりで自分を見ることもないのは意外に好感触だった。また操作ボタンは背面だが、ジョイスティック操作のおかげでかなり快適に操作できる。幸運なことにドット欠けはなかったが、あれば保障を受けることができるのも安心材料だ。

欠点はTNパネル採用なのでIPSパネルに比べれば精細感や発色が劣り、応答速度を最速に引き上げるとゴーストも目立つ。暗さスタビライザーは画面全体が明るくなるが画質の劣化は避けられない。FPSモードでブラウジングとか目が潰れるレベル。ただ安いゲーミングディスプレイにはよくあることで、モード調整である程度補える範囲の粗さと納得できるなら思いのほか悪くない。
もし144Hzがいらなかったり発色の美しさを求めるならば、1万円台のIPSディスプレイのほうがよほど綺麗で安く済むし普段使いに優しい。もしサイズ制限がない人ならばワンサイズ上のゲーミングディスプレイを3~4万円台で買うほうが満足度が高くなるのは明らかだ。資金があるならBenQやEIZOの上位機を買うだろうし、PS4やSwitchを使うだけなら本機は選択肢にも入らない。PC性能が許すならJAPANNEXTの240Hzディスプレイのほうが断然コスパいい。本機は安い144Hzを熱望するとき初めて選ぶことが出来るディスプレイだろう。事実、サイズ制限がなければ本機を選択肢に入れることはなかった。結果として本機が唯一条件を満たしただけのことだ。

以上のことを了解して妥協に納得できるならば、24インチ前後としては最小のスペースと最高のコストパフォーマンスを持ち、TNにしてはそこそこの画質であるフルHD・144HzのPCゲーム入門ディスプレイだと評価できる。

最後に。144HzでやるDOOM ETERNALは最高だぜ! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連 : 24型モニター(ゲーミング以外含む)の人気・おすすめ製品

以下ではゲーミングに限らない、24型モニターの人気・おすすめの製品を紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

27インチサイズのゲーミングモニター人気5製品

(2021/01/18 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.4)
総評価数 1457件
2
(0)
総評価数 0件
3
I-O DATA ゲーミングモニター 27インチ(75Hz) GigaCrysta PS4 FPS向き 0.5ms(GTG) TN HDMI...
発売日 2019/07/24
通常 24,482円
現在 22,202円
2,280円(9%)OFF!!
(4.5)
総評価数 1287件
4
(4.2)
総評価数 295件
5
ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG279QM 27インチ フルHD IPS HDR 280Hz 1ms HDMI×2 ...
発売日 2020/04/24
通常 53,820円
現在 48,272円
5,548円(10%)OFF!!
(4.5)
総評価数 312件

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ/4K...

  • 微細なディテールや質感まで桁違いの鮮明さを実現する27.9インチ 4K UHDディスプレイ
  • 本物により近いトゥルーブラックからブライトホワイトまでのダイナミックレンジ全体を広げるHDRモードに対応。
  • TNパネル、応答速度1ms(GtoG)を搭載し動きの速いゲームに対しても、ラグやゴーストのない美しい映像の表示が可能
  • AMD FreeSyncテクノロジーにより流れるようなゲームプレイを体感,接続方式: Display Port,ディスプレイ方式: LCD
  • 人間の目に優しいフリッカーフリー技術、ブルーライト軽減機能搭載
  • 周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整するブライトネスインテリジェンスPlus技術搭載
  • HDMI2.0x2系統にDisplayPort1.4, 一体型スピーカーも標準搭載
  • HDRによる過度な明るさを抑え、周囲の照明環境に合わせて明るさと色温度を自動調整。
  • [主な付属品]電源 / HDMIケーブル(各約1.5m);クィックスタートガイド;ドライバーCD;保証書‎
  • [保証期間]3年保証(パネル、ライトは1年保証)‎‎‎ [走査周波数]水平: 30~135KHz 【垂直周波数】24~76Hz【定格電圧】100 - 240V【最大解像度】3840×2160(4K UHD)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ずっと気になってたこのモニター、別に今使ってるモニターが壊れた訳でもないのに買い換えるのもなぁと思いながら気になって、、やっぱり買ってしまった!率直に画質本当に綺麗です!それだけで買い換えた甲斐がありました!ただ、、主にFPS系のゲームをしてるんですが、1番期待してたHDRなんですが!これはあくまで個人的な感想で私の目がダメなだけかもしれないんですが、全体的に画面が暗くなって敵も背景と同化してしまうというか、ゲーム側の設定で画面をかなり明るくしてみたんですが、しっくりこなくてダメでした!大人しくHDRは切ってゲームモードでやってます。むしろこのゲームモードの画像の方が綺麗なんじゃねぇかって感想です!最初はせっかくだからとHDR使ってましたが、今は映像作品観る時と、FPS系以外だけHDR使ってます。あくまで個人的な感想ですがFPSやる時はHDRは切ってゲームモードでやった方が良いと思います。あと今まで24インチのモニターで丁度良いなと思ってて届くまで大きさに不安があったんですが、この約28インチでもそこまで違和感なく使用できてます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4 pro用に購入。vesa対応でアーム使って使用してます。PCの利用には視野角の問題で個人的には微妙な感じ PS4 proの4k利用で初めての人に推奨します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

27インチフルHD Pc画面、IPSコンピューターモニター超薄型1920 108...

  • ※ 27寸曲面显示器:ディスプレイは超高精細、1920 * 1080p解像度 最大75Hzのリフレッシュレート標準のリフレッシュレートの3倍以上の速度で実行し、フレームが瞬時に遷移するのでゲーマーに見やすさを提供し。
  • ※ 曲率:2800R曲面、金色の曲率を表示します。 人間の目の習慣により適しています。 さらに衝撃的です。
  • ※ インターフェース:VGA * 1、HDMI * 1、DC *1。VESA、PS4、PS5をサポートします。
  • ※ 低ブルーライト:ブルーライトシフトモニターのブルーライトを減らして、目の疲労、刺激、緊張から保護します。
  • ※ 顧客サービス:すべての製品の品質を保証できます。安心してお買い求めください。ご質問がある場合、または製品に満足していない場合。時間内にご連絡ください。 2時間以内に対応いたします。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

I-O DATA ゲーミングモニター 27インチ(75Hz) GigaCrysta

  • [特長]オーバードライブ機能で応答速度0.5ms[GTG]を実現した27型ゲーミング液晶ディスプレイ
  • [画面]27型/1,920×1,080/非光沢/300cd/平方メートル/最大0.6ms[GTG]
  • [端子]HDMI×2/DP×1/アナログRGB×1/ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • [サイズ/重量]614(W)×235(D)×443(H)mm/ 5.9kg (スタンドあり)
  • [付属品]DPケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m、PSE適合品)、取扱説明書

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
届いてすぐのクイックレビューとなります、1ヶ月後に詳しく書きます。
まずモニターのリフレッシュレートですが60固定となっています、別で購入したLGのIPSモニターは75までいけていましたがあんまり変わった感じがなかったのでこれはこれでよし。
次に裏の映像入力端子ですがDP1、HDMI2、VGA1と豊富にあり、もしPS4以外にもCS機を買った際抜き差しする必要がないので一安心。
次にパネルに付いてですが時代の進歩ってすごいですね、TNパネルでもそこまで白っぽさを感じなく、明かりを落とせばいっしょに使ってるIPSと同じ暗さにまでできます、最初に使っていたTNパネルのものは白っぽくて明かりを落としてもといった感じだったのでこれは高評価。
ただ駄目なとこをあげるとしたら画面の設定をいじるボタンのレスポンスの悪さかな、押してもすぐ表示されるわけではないのでちょっと時間はかかります、あと製造工程での影響か匂いがきついですね・・・
といった感じでクイックレビューをかかせていただきました、あとは1ヶ月後にもう少し書ければなと思っています。
[追記:2019/06/06]
半年使ってみてのレビューです。
まずドット抜けは出てません、それに輝度のほうもブルーライトカット状態にしてるので問題なし。
匂いに関してはモニターに鼻を近づければわかりますが開封時よりマシになっています、またPS4とPCを切り替える際にPS4が再起動するようなことになるとボタンを押さないとすぐPC側に切り替わってしまうのでそこがめんどくさいです。
最後に半年使っててどうしても気になるのがモニターがスリープから立ち上がるまでの遅さですかね、PS4だろうとPCだろうと10秒近くかかってしまいます、LGのモニターはすぐにつくので今も違和感あります。
以上、製品レビューでした。ぜひ参考にしていただければ幸いです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
事務用に2台買いました。
TN式ということで、横から見えない守秘性を期待したのですが、普通の液晶と同じくらい見えます。
パネルの反射で見えなくなるか白飛びして消えるかの違いです。

発色はまぁまぁ。
モニタは黒の締まりが命だと思うのですが、白ボケることもありません。
ただ、D-SUBはやめといたほうがいいです。ボケます。付属のDisplayPortケーブルを使えば綺麗だし音も出ます。
音声程度なら聞けるスピーカーなので便利です。

入力切替は一発ボタンがなく、OSDメニューをいくつか操作しないといけません。
切り替え時間は5秒くらいかかります。操作ミスったかと勘違いするほど遅いです。
複数マシンのモニタリングには使えないと思ったほうがいいです。

2台並べて表示しても色合いが変わることなく違和感ありません。
事務用で安定した画面が欲しいならTN式なのかな、と思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSフレームレス ゲーミングモニター 27インチ PS4 FPS 1ms 75Hz

  • 最大解像度: 1,920×1,080(FHD)
  • 画素ピッチ: 0.311mm
  • 視野角:水平170°、垂直160°
  • 最大輝度: 300 cd㎡/, 最大表示色:約1,677万色
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1 (ASCRオフ時1,000: 1)
  • 応答速度(グレー→グレー): 1ms
  • フリッカーフリー:搭載
  • 電源: AC100V~240V
  • スピーカー: 2W + 2W (ステレオ)
  • 本体サイズ (W×D×H) (スタンド含む):幅614mm×奥行き208mm×高さ438mm, 質量:約5.4kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
モバイルモニタMB16ACEを購入(USB Type-C DP Alt、USB接続両対応)

■総評
画質、重量、性能、質感など価格に見合っており非常に満足しています
テレワークだけでなく、フリアドレスのオフィスのセカンドモニタ、プロジェクタを利用するまでもないミーティングや商談時の画面共有などに非常に便利です
付属品:本体、ケース兼スタンド、USB Type-C⇔Cケーブル、USB Type-C⇔A変換アダプタ

■画質
視野角が広く数人でのミーティング時でも見やすい

■接続
接続するPCがDP Alt Modeに対応していればUSB Type-Cケーブル1本で接続できます、DP Alt Modeに対応していない場合でも初回にドライバインストールは必要ではあるものの通常のUSB経由での接続することが可能です
PCにUSB Type-Cが付いているけれどDP Alt Modeに対応しているか明確に記載が無い場合でも動かないと言う事はありません
また、DP Alt Modeに対応していればスマホでも利用可能なため、ちょっとしたプレゼンや動画再生などでも便利です

■機能
本体のメニュー操作はボタンが2つしかないため若干操作がし難いですが、PC側にソフトをインストールすることでメニューにある全ての機能を設定することが出来るため問題ありません
またPC側にソフトをインストールする事でモニタの自動回転が利用できます、モバイルモニタのため用途に応じて手軽に回転でき仕事の際に非常に役立ちます

■スタンド(ケース)
ケースが2段階調整のスタンドになります、また本体右下の穴に細めのボールペンなどを刺す事でスタンドの代わりとして利用することが出来ます

■その他
PCと接続されたUSBからの給電のみのため、PCをバッテリー運用時は有る程度バッテリーの減りは覚悟する必要があります
消費電力は最大8Wのため、最近のスマホをPCから充電している感覚のバッテリーの減り具合です
PCがDP Alt Modeに対応していない場合や自動回転機能やPCから設定を変更したい場合はasusより関連ソフトのダウンロード(無料)が必要です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
購入後すぐに、赤いドット抜けが一点ありまして、返品しようと考えましたが、あるサイトでドット抜けを自分で直せる方法がありましたので試したところ直りました。方法①動きの激しい画像を映す、これはダメでした。方法②ドット抜けの部分を押す、これは注意事項でドット抜けの周りのドットもドット抜けする危険があるとのことで、返品するならとためしたところ直りました。布でホントに軽く触るぐらいでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG279QM 27インチ フルHD

  • 〔特長〕臨場感あふれるゲームプレイを求めるゲーマーのために設計された280Hz高速リフレッシュレートを備えた27型FHD(1920 x 1080)Fast IPS ゲーミングモニター
  • 〔画面〕27型/1,920x1,080/ノングレア/400CD/㎡/バックライト:LED/最大1ms/画素ピッチ:0.311mm/コントラスト比:1,000:1/視野角:水平178°、垂直178°
  • 〔端子〕DisplayPort 1.2, HDMI 2.0 、2W+2W(ステレオ)スピーカー
  • 〔サイズ(WxHxD mm)‎/重量(kg)]620 x 211 x (377~507) /約5.6 (スタンドあり)
  • 〔保証〕購入日より3年間の日本国内保証
  • 〔消費電力〕・使用時 :26W以下・スタンバイ時:0.5W以下

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
24インチの144hzモニターからの乗り換えです。
主にレーシングシムやFPSをプレイしていますが、平面液晶と比べて曲面液晶の没入感に感動しました。
最初は目が慣れるまで若干の違和感がありますが、慣れれば曲面であることは全く気になりません。
FPSをプレイするときはFOVを高めに設定しておくと良いです。100前後がちょうどいいと思います。

付属のHDMIケーブルにて、解像度2560*1440 144Hzで動作します。
また、60Hzではありますが4K解像度で出力することも可能です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
VG258QRを使用してましたがパソコンでゲーム以外をしている際にやはり画質が気になりIPSパネルのモニターを探していました。ちょうどASUSから数日後にVG259Q発売がリリースされて発売日に購入しました。
到着した商品はドット抜けもなく前のモニターより綺麗な画質です。
165hzから144hzに変わりましたがそんなに差は気になりません。
24.5型モニターで144hz1ms IPSパネルはそんなにないのでこの商品は非常におすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連 : 27型モニター(ゲーミング以外含む)の人気・おすすめ製品

以下ではゲーミングに限らない、27型モニターの人気・おすすめの製品を紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

   

32インチサイズのゲーミングモニター人気5製品

(2021/01/18 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1)...
発売日 2018/12/14
通常 35,800円
現在 32,000円
3,800円(11%)OFF!!
(4.4)
総評価数 472件
2
(3.9)
総評価数 10件
3
ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲 WQHD VA HDR 144Hz 1ms HDMI×...
発売日 2019/09/20
通常 55,273円
現在 48,801円
6,472円(12%)OFF!!
(4.5)
総評価数 572件
4
(4.6)
総評価数 21件
5
(4.3)
総評価数 705件

AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA

  • 画面サイズ: 31.5インチ
  • [特徴] リフレッシュート144Hz、ロー ブルライト、フリッカーフリーを搭載したゲーミングモニター
  • [解像度] 1920×1080 (VAパネル、曲面1700R、リフレッシュレート144Hz、ノングレア、フルHD、応答速度1ms)
  • [入力端子] D-Sub15ピン×1、HDMI1.4×2、DisplayPort 1.2 ×1
  • [付属ケーブル] D-subケーブル、HDMIケーブル、Displayportケーブル
  • [本体寸法] 幅713.2×高さ530.4×奥行244.9mm (背面VESA100mmx100mm)
  • スピーカーなし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
2020/6/1
1年半使用しての問題点
・モニターが数時間の頻度で突然真っ暗になり数秒でもとに戻るという症状が出だしました。過去にそういうモニターに出会ったことはありません。耐久性を考えると二度とAOCは買わないだろうと思い評価を3から2に下げました。

以下は 以前のレビュー

壊れ知らずのイイヤマ24インチからの乗り換え。

■メーカー国
米国発の台湾本社のメーカーとあります

■良かった点
1. 安いのにカタログ上のスペックが高い
2. ソフトウェアからもモニターの設定が出来るので設定が楽

■悪かった点
フレームが左の方にかなり傾いている。
他の人のレビューにもフレーム関係の書き込みありましたが
自分の場合は画面が左に1cmほど傾いているモニターで接続し直しても
強く押し付けても傾きは治りませんでした。
スタンドの金属プレートが傾いているのかもしれません。

■解像度 フルHD
最新ゲームやFPSなどをSLIなしで遊ぶゲーマーならフルHD一択です。
WQHDだと同じゲームによっては平均30 最高60以上FPSが低下するからです。
スチームゲーマーでもWQHD利用者は4%なのに対してフルHDは60%です。

■画質 ★★★☆☆
デフォルトは白がかなり眩しいですがソフトウェアから簡単に設定変更出来ます。
しかしVAなのにイイヤマのTNと差は感じられませんでした。
インチの差なのかフォントや画像の荒れが気になるようになりました。

■湾曲
初めてでしたが数十分で慣れました。
CADなど直線や絵を書くような人には湾曲モニターはお薦め出来ません。

■応答速度(オーバードライブ時)
1ms。デフォルトだと設定オフなので付属のCDのG-menuから最速にしないと1msにはなりません。

■リフレッシュレート144Hz
FPSを出せるゲームやPCをお持ちならば、これが高いほどなめらかに見えるようになります。
モニターを付け替えただけだと60hzのままだったので設定変更が必要でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
首題の通りです。詳細は下に記しますが、わずか2週間の内に同じ人物が同じような不良品を掴まされるとは思いませんでした。これはもう偶然ではなく製造過程に問題があるとしか思えませんし、品質管理も機能していないと思われます。
また本日サポートセンターに電話をかけたところ、受付の男性が「フィリップスモニターです」と応対した事には、ただでさえ不信感が募っているのに不快感まで加えてくる始末でした。これ以上付き合っていられないので、交換ではなく返品と返金に変更しました。
私のように不快感を味わいたく無いのであれば、他社モニターをお求めください。

1:2月2日注文。
2:2月4日受け取り。DPにて接続するが、画面の右上に黒いシミの発生を確認(写真1枚目)。同日AOCのHPよりサポート対応を依頼。
3:2月8日。応答が無いため、直接メールを送信。メールには不具合の症状と保証書の写真を添付。
4:2月14日。応答が無いため、サポートセンターに電話をかける。技術部門で調査していて対応が遅れたとのこと。同日、返信メールにて初期不良として承認され、商品の交換手続きに入る。(そば屋の出前か)
5:2月16日。モニターの返送。またAmazonより替えのモニターの発送。
6:2月18日。替えのモニターの受け取り。DPにて接続したところ、画面の右上に黒いシミが発生していることを確認(写真2枚目)
7:2月19日。AOCにメールにて写真付きで状況の説明。
8:2月20日。AOCに電話。Amazonから返品および返金手続き開始。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1)
発売日 2018/12/14
通常 35,800円
現在 32,000円
3,800円(11%)OFF!!

  

JN-315VG165FHDR [165Hz MPRT1ms HDR対応 31....

 
 
 
  

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲

  • 画素ピッチ: 0.272mm
  • 視野角:水平178°/垂直178°
  • 最大輝度: 400 cd㎡/
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1 (ASCRオフ時3,000: 1)
  • 応答速度(グレー→グレー): 1ms (MPRT)
  • 最大表示色:約1,677万色
  • サイズ:幅713mm×奥行き232mm×高さ(481~581)mm, 質量:約9.13kg
  • 主な付属品: HDMIケーブルX1,電源ケーブル×1,ACアダプター×1,保証書×1
  • スピーカーあり: 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格: 100×100 mm, ケンジントンセキュリティースロット搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
1440pで144Hz以上の平面モニタでG-SYNC対応のIPSパネルとなると選択肢が限られてきますが、比較すると機能面で大きなマイナスポイントがなく、ELMB SYNCが使用できるASUS VG27AQが良さそうでした。
届いてから1時間ほどBFVを遊んでみましたが、8年前の1080pディスプレイからの乗り換えのため、1440pの没入感は感動を覚えるレベルで、ELMB SYNCのおかげで残像感も無く、私のマシンパワー(CPU:Ryzen5 3600、VGA:2070S、MEM:3200MHz32GB)では1440pウルトラ設定で100-120fpsですが、前に使っていたモニタが60Hzだったので違いが分かるくらいスムーズに動きます。レスポンスタイムも大幅に向上しているのが分かります。隣に1080pのディスプレイを置いてデュアルモニター環境にしていますが、性能があまりに違いすぎて辛くなってきます。
設定はRTING.comで推奨されていたBrightness: 0、Contrast: 80、RGB: 89-95-100で良い感じになりました。ELMB SYNCとリフレッシュレート165Hzはディスプレイから設定する必要があるので注意です。

ただし!左上に点灯しないビクセルが4つありました。5つ以上あれば交換できると説明書にあるので、交換できないことになります。ASUSさんにとってはお手頃価格なのでしょうが、普通の人間にとって5万円のモニタはかなり高いので、これは無いなと思います。点灯しないビクセルは1つでもあればQCで弾いて欲しいですね。弾いたやつはアウトレットで売れば良いでしょ? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
来年PS5が出るというのでそれ用に高リフレッシュレートのモニターに触れておきたくて、PCでゲームをしないのに購入しました。

27インチと大きめのサイズなので箱もそれなりに大きめの物だが持ち手があるので配送の方も片手で持ち運べる通販でも優しい仕様です。
付属品はDisplayPort用ケーブルのみなのでHDMIでの接続を考えているなら別途必要です、モニターアームと台座が分かれていて組み立てる必要があるが止めるためのネジは手でひねられる仕様のため工具は必要ありません。

フルHDと比べるとPS4のゲームとPCのフォントは確実に鮮明な画像になるのだが、画像に関しては高ピクセルのもの以外はフルHDよりも悪くなります。
たとえばブラウザで適当なHPを見る場合表示サイズがフルHDよりも小さくなるので拡大する、そうした際もフォントはすごくキリリとした表示になるが画像はそうもいかずフルHDよりもボケたものになり印象が悪く時代がHD以上には至っていない。
IPSパネルは非常に良い発色をしており視野角による色の変化が無いのはやはり素晴らしい、ただデフォルトではきつめのコンストラストなので必要であれば調整がいるなとは思いました。
古いフルHDモニターと並べて使っているのだが古い方のモニターは光の感じや黒の発色が悪い、またどうにも光のちらつきを感じるのだがそれらがVG27AQでは感じられないのでこれがフリッカーフリーなら相当の効果だと思える。

スピーカーは2Wのものだそうで15Wの物と比べるとノイズはないが低音が弱くボリュームも1/3程度しか出せず高圧縮のMP3のような音がします、あまり良くはないがFPSで使うと金属音がやたらとかっこいいので使えなくはないだろう。
モニターアームは結構良いです、20cm x 28cmの重い台座で安定感があり上下への可動範囲も広くそれなりに滑らかに動きます。

結構な機能があるのに説明書のたぐいが無いのでユーザーマニュアルはダウンロードする必要があります、しかしマニュアルには常時144hz駆動させる方法は表示されていません。
まずモニター側のコントロールパネルでOver Clockingをオンにし次にWindows(10)上のプロパティーからリフレッシュレートを変更する必要があります。

基本的にPCでゲームをしないのでゲームでの感想は無いのだがホームページ上での上下スクロールが非常に滑らかになりとても嬉しい、60Hzでは画像がモーションブラーのようにガクガクとした感じのスクロールになってしまっていたが120Hz以上になるとそれが和らぎずっと気持ちが悪かった物が解消されとても素晴らしい。
165Hzだとよりすごいのだがコレは別の意味でかくつくようになる、RYZEN3 3200Gでは力不足のようだ。
その事が気になったので少しパーツの入れ替えをした。
CPU : RYZEN5 3500
GPU : RADEON RX5500XT
メモリ : DDR4-3200 8GB x2
この環境だと165Hzでブラウザを動かしてもほとんどのサイトでかくつくことが無くなりました、特に縦に並んだWEBマンガ等で滑らかに動くのは感動します。
自分が使用している環境で唯一かくついたのはニコニコ静画のWEBマンガだけでした、ただPCというよりニコニコが駄目なんじゃないかなと思う。
グラボが購入キャンペーンをやってい無料でゲームがダウンロードできたのでゲームも試してみました、BIOHAZARD RE:3です。
設定は初期設定のまま120Hzにして後は解像度だけをいじってプレイしてみました、このモニターにはFPSカウンターが付いているのでフルHDでの表示結果です、上が113で下が73でした。
WQHDではカウンターが機能しなかったので数値では解らないが頻繁にかくつきます、ただPS4と比べるとフルHDとWQHDの解像度の差はあまり気にならない印象でした。
ははぁ~なるほど、このモニターはゲーム用だというだけありPCゲームは最下グレードのグラボでは駄目ですね。

あと気になった点は商品ページに詳細が表示されていないが、このモニターは120Hzまでビット深度が10bitらしく理屈では10億色表示となるはず。
ただ10bitの画像はWQHD画像を探すより遥かに難しく検証は出来ず。
144Hz以上だと8bitに変わるらしくそのせいなのかデフォルトではコンストラストがきつめなのに対し、リフレッシュレートやHDRの設定を変更すると色味がくすんだものに変わる。
もともとちょっときつめのコンストラストだと思うくらいだったので個人的には高リフレッシュレートの色味のほうが好みなのだが、色味に関してはリフレッシュレートとトレードオフだという事なのだろう。

あとは非常に悪い点としてモニターのコントロールボタンがモニター右下横の裏側にある事、以前は右下下側の裏にあったようだが変更されたようだ。
使いづらい、見えない位置にある事もそうだし触った感触がイマイチ認識しづらい。
また右側にある事についてだが手の向きはそれで楽になるのかもしれないがデュアルディスプレイで右側にモニターがあるとぴったりとモニターを寄せられない、もしくはいちいちモニターの位置を動かさなければならず煩わしい。
リモコンもないしいっそBen-Qのコントローラーをパク…んんっ、ゲフンゲフン、あ~参考にしてもらってモニターアームの台座にでもボタンを設置してほしかった。
オプションでコントローラーを別売りでもいいくらいなのだがUSBポートが無いのでそれも無理そうで頭が痛い。
僕の場合PCでDisplayPortとPS4でHDMIの切り替えを行っているのだがただの入力切替で6~9動作も必要になるのはどうかしていると思う、入力信号がどちらか一つだけなら自動的に切り替えてくれるのだがそんな上品な使い方はしていないので困ってしまう。
前から思っていたのだが入力信号が複数ある場合優先信号を指定しておいて自動で切り替えてくれる機能とか付けられないんだろうか? 特にこのモニターでは入力切替がやたら不便なので是非アップデートとかでどうにかならないだろうか?
何ならコントロールボタンに触りたくないだけなのでPC側から専用アプリで設定の切り替えができたり、もしくはコントロールボタンの割り当てを変えてしまう機能が追加されるなら良くなると思う。

ここからはPS4 (PRO)で使った場合の感想です。
PS4で使うとほとんどの機能が使えません、まともに使える機能はHDRとスナイパーモード以外のGAME PLUS(画面中央にレティクルを表示等)だけとなります。
暗いところをはっきりさせるSHADOW BOOSTやゲームモードに合わせた画像設定切り替えのGAME VISUALすらも使えません。
ブルーライト低減機能程度でさえも使えずとても悲しいです、PS5ではどうにかならないかと思うが望み薄です。
それと主にゲーム起動と終了時のホーム画面への切り替え時にモニターがいちいち暗転する、おそらくこのモニターがHDRの受信情報から設定を自動で切り替えるためだと思うがかなり煩わしい。
HDRはCOD MWが上手に対応しているのでそれで使用しています、真夏日の日差しとかトンネルから抜けた後といった感じの暗いところとまぶしいところの対比表現が良くなされていると思います。
表現としてはとてもいいと思うが競技だと考えると邪魔ですね、敵対プレーヤーが解らなくなりますし。
他にCOD WWIIも対応しているのだがこちらは全体的に暗い印象のデザインのせいか街灯のみが妙にギラつくといった変化しか解りませんでした。
最近遊んでるのが他にボーダーランズ3とBATTLEFIELD Vなんですが、それらは地味に対応しているようです。
ボーダーランズ3は最適化するとヴォルト内のような暗い場所がくっきりとします。
BATTLEFIELD Vは従来の暗くしたり明るくしたりの延長でしかなくHDR自体の良さをあまり体感できません。
HDRは対応ゲームにより差があるためゲーム次第だと考えると買うための動機としては薄いかなと感じます。
PS4 PROの画像は疑似4KだというのでWQHDでより精彩になります、まぁぬるっとした感じですね。
ただPS4への愚痴ですが画像出力は4Kアップスケーリング画像しかないんですね、入力信号を見ると4Kになっていてモニターを認識してWQHDに切り替え(というかアップスケーリングを止める)とかしないのはまぁなんて無駄なんだろうと思いました。
動作の滑らかさについては変わらないです、ELMB(LGのMOTION240みたいな機能らしい)というモーションブラーを低減させる機能もあるのだがPS4では使えず意味が無いです。
PS4 PROの仕様がどうなっているのかよく解らないけれど4K出力でもノーマルPS4のようなもたつきは出ないので、安心して4Kモニターを買えばいいと思います。

総評としてDisplayPortを使用し全てPCで完結させる必要があるモニターだと言えます、このモニターの機能はHDMI接続ではサポートされないからだという事です。
PCでゲームをする場合2020年時点での最上位グラボが必要でしょう、そうでなければこのモニターは性能を発揮できません。
PS4で"ゲーミングモニター"としての恩恵は無いので同価格よりむしろ安く4Kモニターが買えるのでPS4でなら4Kモニターをお勧めします、PS5でDisplayPort接続があればと思うがまぁまず駄目でしょう…駄目かぁ。
モニター自体は機能と仕様を考えると良質で妥当な値段かと思います、コントロールボタンが非常に悪い以外は良い出来だと言えるでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

プリンストン ULTRA PLUS ゲーミングモニター 31.5型 (DisplayHDR

  • 画面サイズ : 31.5型 曲面ディスプレイ
  • 解像度 : 2560 x 1440(WQHD) 、最大輝度 : 480cd/㎡、コントラスト比(DCR時) : 3,000:1(5,000,000:1)
  • リフレッシュレート : 最大144Hz対応で滑らかな動きを表現
  • 応答速度 : 22ms(中間色)/最大5.6ms(オーバードライブLv3)
  • 入力端子 : DisplayPort ×2,HDMI ×2, アナログRGB ×1 ※各信号HDCP対応,オーディオ入出力(3.5mm)各1
  • USBハブ : アップストリーム x1( USB3.0 Type-B),ダウンストリーム x3(USB3.0 Type-A(USB BC対応) x1,USB3.0 Type-A x1,USB2.0 Type-A x2)
  • スピーカー : ステレオスピーカー 5W + 5W
  • 視野角度 : 左右178°/上下178°チルト角 : 約-3 ~ 20°,高さ調整 : 150mm VESA:100mmピッチ(アーム対応)
  • 付属品 : ユーザーズガイド兼製品保証書 x1、HDMIケーブル(180cm) x1、DisplayPortケーブル(180cm) x1、USBケーブル(180cm) x1、ACケーブル (180cm) x1、ACアダプター (140cm) x1、接続部品取り付けネジ x4、接続部品 x1、台座底板 x1
  • 保証期間 : パネル,バックライト 1年間/パネル,バックライト以外 3年間

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
私はゲームではありません、図面など仕事用に使います。接続すると即応性も良く3d画像も遅延なく動作し、画面も綺麗です。説明書は日本語ですし、梱包もしっかりしています。ケーブルも揃っていて文句なしです。15cm上下スライド、首振りが手軽、自分の位置にセッティグできます。ただ、ACアダプタがちょっとした弁当箱位大きいのには驚きですが。値段と内容でとても手頃ですね。少し後で、追加も考えています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今までPCとPS4をPCモニター(27インチ)一つで切り替えながら使用していたのですが、もう少し大きな画面でゲームがしたく購入しました。

スピーカーはモニター裏側の上部に内蔵されていますが、音質は可もなく不可もなくな感じです。
気になる方は別途スピーカーを繋げるとよいと思います。

画質は文句なしです。
迫力もあり、大満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS 31.5インチ湾曲ゲーミングモニター XG32VQR WQHD 広視野角178°

  • パネルサイズ : カーブ31.5型, バックライト : LED, パネル種類 : VA
  • 表面仕様 : ノングレア, 最大解像度 : 2,560×1,440, 画素ピッチ : 0.273mm●重量9.6kg
  • 視野角 : 水平178°/垂直178°, 最大輝度 : 450 cd/㎡, コントラスト比 : 3,000:1
  • 応答速度 (グレー→グレー) : 4ms, 最大表示色 : 約1,677万色, 電源 : 100~240V
  • デジタル 走査周波数 : 水平30 ~222 KHz/垂直48 ~144 Hz
  • デジタル入力 : HDMI1.4 x1, DP x1, miniDP x1●オーディオ出力:ステレオミニジャック×1【搭載技術/機能】
  • 搭載技術/機能 : GamePlus, Low Blue Light, HDCP
  • 対応VESA規格 : 100×100 mm, ケンジントンセキュリティースロット搭載
  • 上下角度調節 (チルト)上20°~下5°, 左右角度調節 (スイベル)左+50°~右-50°, 高さ調節0~100mm
  • ライティング:スタンド下のLED投影ライト、製品背面のAura Sync RGB ライティング【本体調節範囲】上下角度調節(チルト):上20°~下5°

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
切り替えや電源ボタン押しても反応が遅い、自動切り替えや自動オフ機能がガバガバです。HDMIのPCの電源を切り、DVIに自動的に切り替えとか、その逆とかがスパスパ確実に切り替わってくれたらよかったんだけど。
映してた機器の電源を落とすと、電源入ってる他の機器があるのに勝手にモニタOFFにされたり、手動でもHDMIに切り替える間の待機時間が短くてOFFにされたり。前に使っていたTVはその辺りがとても優秀だったのでとても気になります。
自動切り替え機能は買ってからじゃないとわからないから困るね。
切り替えを使わない人にはいいモニタだと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
1万円台のゲーミングモニターを探していたところ、高評価だった本商品と巡り会いました。
画質、応答速度共に値段以上に感じます。非常に良い買い物でした。

2点残念な点としては、
・スピーカーはおまけ程度。別途購入された方がよいです。
・ボタン配置がモニター下部にあり、やや使い勝手が悪い。

スピーカーは元々期待していなかったのですが、ボタン配置は見直されたほうがよいと個人的には思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連 : 32型モニター(ゲーミング以外含む)の人気・おすすめ製品

以下ではゲーミングに限らない、32型モニターの人気・おすすめの製品を紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。



関連:モニターアームで省スペース化しよう

モニター設置には「モニターアーム」を使うのが断然おすすめ。

モニターアームにより、フレキシブルなな配置変更、縦型・横型の自由なレイアウト、デスク上の省スペース化と、空間・作業的に効率のよい環境を作れます。

個人的にはマストアイテムなおすすめのモニター関連アクセサリです。

以下では、特に使い勝手の良いデュアルモニター用のアームを紹介。縦に2枚並べたり、横に2枚並べたりと大活躍中。ぜひ参考にしてみてください。

関連:PCスピーカーでサウンド環境も構築しよう

サウンドについては、モニター付属のスピーカーはやはり貧弱、PC用スピーカー導入がおすすめです。

今は省スペース、簡単設置ながら音質もよい高コスパの製品から、ハイレベルな高音質品まで、選択肢も幅広いです。

以下で紹介しているので、のぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました