【2021年最新】32インチゲーミングモニター「人気・高評価のおすすめ20製品」

こちらでは、モニター(ディスプレイ)製品の中でも、低遅延、高リフレッシュレートなゲーミングモニターを紹介。

FPSや格ゲーなど、一瞬が勝負を分けるゲームに重要な環境要素となります。

こちらでは、「32インチ(31~33インチ含む)のゲーミングモニター」の人気・高評価のおすすめ製品を紹介していきます。

Contents

32インチゲーミングモニター 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「32インチゲーミングモニター」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ/WQHD/VA非光沢/165Hz/FreeSync Pre...
発売日 2020/12/11
通常 36,600円
現在 32,936円
3,664円(10%)OFF!!
(4.5)
総評価数 178件
2
(4.5)
総評価数 507件
3
(4.3)
総評価数 36件
4
(3.8)
総評価数 13件
5
(4.4)
総評価数 1108件
6
JN-315VG240FHDR [240Hz MPRT1ms HDR対応 31.5型フルHDゲーミングモニター]...
発売日 2020/07/20
通常 49,970円
現在 43,970円
6,000円(12%)OFF!!
(3.8)
総評価数 9件
7
AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1)...
発売日 2018/12/14
通常 49,800円
現在 34,448円
15,352円(31%)OFF!!
(4.5)
総評価数 668件
8
(4)
総評価数 18件
9
(4.2)
総評価数 833件
10
(4.5)
総評価数 89件
 

LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ...

  • ディスプレイ方式:LED
  • ディスプレイサイズ :31.5 inches
  • 解像度:QHD Wide 1440p
  • 31.5インチ WQHD(2560×1440)解像度で、1秒間に165コマの表示に対応するゲーミングモニター
  • AMD FreeSync Premiumテクノロジー対応。ティアリング(ちらつき)やスタッタリング(カクつき)を軽減し、映像をより滑らかに表示
  • HDR対応により、従来識別が難しかった色の違いも立体感ある豊かな色彩で再現
  • 映像出力のタイムラグを抑えるDASモードや、暗いシーンの視認性を高めるゲーム機能も搭載
  • その他機能 : フリッカーセーフ、ブルーライト低減 等 / 入力端子:HDMI×2、DisplayPort×1 / 輝度:350cd/㎡(標準) / 応答速度:5ms(1ms MBR) / スピーカー非搭載
  • 製品サイズ(WxHxD mm)‎: 715x515x225(スタンドあり) 重量(kg): 5.9(スタンドあり) / 壁掛け: 100×100mm
  • 付属品: ディスプレイポートケーブル、保証書(3年間)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コスパが良い。
細かい点を一つ一つ探っていけば気になる点はありますが値段と内容で見ればどれも許せる。この一点につきます。

FHD24インチあたりからの買い替えでPCで使う場合、WQHDの27インチでは文字はどうしても小さくなり見えにくい。また32インチでも4Kだと同じように文字は小さく普段使いは消して良いとは言えません。
32インチWQHDがベストと自分は考えます。
ノングレアですが他のノングレア液晶に比べ若干のグレアよりではあります。ノングレアとハーフグレアの中間ぐらい。ですが暗転時に自分の姿など反射で映るほどでないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングモニターは今回初めて購入しました。
仕事でパソコンに繋いで使用している時は、
ブルーライト低減モードを使用しており、目の疲れが大幅に軽減され、モニターも大きく見やすいので、仕事が快適にできるようになりました。

また、ゲームの際ですがなんといっても映像が凄く綺麗です。今まではテレビでしかゲームをした事がなかったので、ここまで映像が美しい事に正直
驚いています。
どれをこうしようか、色々迷いましたがこの商品を選んで本当に良かったです。
とても満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

MSI Optix G32CQ4 ゲーミングモニター VA湾曲パネル スリムベゼル

  • ●画面サイズ:31.5インチ●アスペクト比:16:9●解像度:WQHD(2,560 × 1,440)●湾曲率:1,500R
  • ●最大リフレッシュレート:165Hz●応答速度:1ms(MPRT)●パネル駆動方式:VA●表面タイプ:ノングレア
  • ●色域:sRGBカバー率:97.6% / DCI-P3カバー率:91%●最大表示色:約1,677万色●視野角:178°(H) × 178°(V)
  • ●本体サイズ:709.4 × 248.9 × 509.5(mm)●本体重量:6.4Kg●電源タイプ:65W ACアダプタ●上下角度調節:-5° ~ 20°●対応機能:アンチフリッカー、アンチモーションブラー、ブルーライトカット、ナイトビジョン、Freesync Premium、VESA100

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
以前はps4用でAcerの24インチの60Hzモニター(TNパネル)を使用。
ps5用にこちら27インチ165Hz(VAパネル)購入しました。
ps5発売日前だったので、しっかり120FPS出るのか少し心配していましたが、実際にCoD CWで120fpsの動作確認できました。

画面がヌルヌル動き、弾も当たる!索敵も非常にしやすく腕が上がったように感じます。

画質に関しても流石VAパネル高コントラスト!黒が非常に綺麗です。

FullHDで27インチ。画面との距離は80cm程なので、画面が大きくなった分粗さを感じるかと思いましたが皆無でした。様々なレビューを見ますが、余程専門家でもない限り満足のいくモニターだと思います。

お値段もこのスペックで3万円弱。断然買いです!! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この価格で165Hzの1m/sはとても魅力的で購入しました。
displayportケーブルはついてこないので注意が必要です。
画質をそこまで求めないFPSを中心にやっているため、ゲームでの使用は問題なし。
かなりヌルヌル動いてくれます。
レティクル表示機能がありますが、面白いだけで使わないです。
ゲーミングモニターのため、デスクワークの方などの通常使用には向かないです。
背面スティックでメニューを開くことができますが、
触った感じいつか壊れてしまうのではないかと不安になる作りです。

ただ、この価格帯の中では買って後悔しないレベルです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

JN-315VG165FHDR [165Hz MPRT1ms HDR対応 31....

 
 
Users Voice
期間限定の▲1万円で発売日に購入しました。
↓のスペックで3万弱、ヘタしたら▲1万円がなくても有り得ないレベルでのコストパフォーマンスだと思われます。

<主なスペック>
・31.5インチFHD
・細いベゼル
・165Hz(PS4での使用のため味わえてません。。)
・MPRT1ms(100Hz以上から)
・VA液晶(好みはありますが)
・HDR対応
・Freesync

<実際の使用感>(PS4やFireTVStick、仕事用PCでの使用です)
・まさにスペックどおり。自分のはドット抜けも色斑もありませんでした。
・VAなので黒が締まる。IPS液晶に比べても色味も遜色なし。
・HDMI端子1個なのはツラい。せめて2つは欲しい。
・スピーカーは中高音のみが強調され、やっぱりショボい(期待してる人もいないと思いますが)。
・台座が貧弱で安定感イマイチ(前後の傾きのみ調整可能)。
・取説は割と最低限。

※この商品の真価が発揮されるのは、ゲーミングPCやPS5の120Hz以上での使用になると思いますが、残念ながら試す環境がありません。。

ちなみに、商品到着時に小さなトラブルがあったのですが、サポートの方に丁寧かつリアルタイムな対応をしていただき、事なきを得ました。
JAPANNEXTという会社自体、実はあまり知りませんでしたが、サポート体制も充実してるのではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ブラックフライデー で購入したので、およそ23000円くらいでした。
他の方もおっしゃってますが、画面の色合いを設定するのが難しいです。
でも、それを補っても余りある、値段の安さ、画面の大きさ、そして十分なfpsに満足しています。
購入して良かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

AOC ゲーミング液晶モニター C32G2E/11 (31.5インチ/フルHD/...

  • [ 特徴 ] 曲面の映像美、最高165HzとHDRエフェクトモードを体感せよ!
  • [ 基本スペック ] 1920x1080、高色域曲面VAパネル、ノングレア(反射防止)、視野角水平178°/垂直178°、輝度250cd/㎡、最高165Hz(HDMI.DP)/応答速度1ms (MPRT) 、コントラスト比80,000,000:1、NTSC105%(CIE1976)、sRGB123%(CIE1931)
  • [ 入力端子/スピーカー ] D-Sub 15ピン x1、HDMI2.0 x 2、DP1.2x 1/スピーカーなし
  • [ 付属ケーブル ] D-subケーブル、HDMIケーブル、DisplayPortケーブル、オーディオケーブル、電源ケーブル[ 本体サイズ ] 813 (W)x 524.4 (H) x 244.9 (D) mm(VESA100x100mm)
  • [ 保証 ] お買い上げより3年間(パネルに関しては1年間)センドバックサポート[ 備考 ] 自社にて接続動作検証済:PS5. PS4. Switch. XBOX

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
発売日に購入しました。
ディスプレイそのものは非常にいいと思います。コスパ的にもおススメできる商品です。

ただし管理ツールである「G-Menu」は出来が悪いです。
・ソフトを起動してもディスプレイスキャンのまま進まないことが多い。
・言語設定で日本語が選べますが直訳の為わかりづらい部分が多い(日本語が変)

パネル設定を細かくいじりたい人にはあまりおススメはできませんがとりあえず165㎐のモニターが欲しいという人にはいいかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初の湾曲27インチモニターを購入。
ドット抜けもなくしっかり165HZも確認できました。
VAパネルということで発色もよく視野角も広く見やすかった
細かい設定などはないため設置もそのまま使用できるのは〇
設定などを調整したい方には向かないかも。

商品が届いた際箱に傷があったりやたら傷んでいて不安だったが中身は当然新品で使用には問題なかったが商品保管の管理に問題がありそうですね ー1としました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲

  • 画素ピッチ: 0.272mm
  • 視野角:水平178°/垂直178°
  • 最大輝度: 400 cd㎡/
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1 (ASCRオフ時3,000: 1)
  • 応答速度(グレー→グレー): 1ms (MPRT)
  • 最大表示色:約1,677万色
  • サイズ:幅713mm×奥行き232mm×高さ(481~581)mm, 質量:約9.13kg
  • 主な付属品: HDMIケーブルX1,電源ケーブル×1,ACアダプター×1,保証書×1
  • スピーカーあり: 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格: 100×100 mm, ケンジントンセキュリティースロット搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
1440pで144Hz以上の平面モニタでG-SYNC対応のIPSパネルとなると選択肢が限られてきますが、比較すると機能面で大きなマイナスポイントがなく、ELMB SYNCが使用できるASUS VG27AQが良さそうでした。
届いてから1時間ほどBFVを遊んでみましたが、8年前の1080pディスプレイからの乗り換えのため、1440pの没入感は感動を覚えるレベルで、ELMB SYNCのおかげで残像感も無く、私のマシンパワー(CPU:Ryzen5 3600、VGA:2070S、MEM:3200MHz32GB)では1440pウルトラ設定で100-120fpsですが、前に使っていたモニタが60Hzだったので違いが分かるくらいスムーズに動きます。レスポンスタイムも大幅に向上しているのが分かります。隣に1080pのディスプレイを置いてデュアルモニター環境にしていますが、性能があまりに違いすぎて辛くなってきます。
設定はRTING.comで推奨されていたBrightness: 0、Contrast: 80、RGB: 89-95-100で良い感じになりました。ELMB SYNCとリフレッシュレート165Hzはディスプレイから設定する必要があるので注意です。

ただし!左上に点灯しないビクセルが4つありました。5つ以上あれば交換できると説明書にあるので、交換できないことになります。ASUSさんにとってはお手頃価格なのでしょうが、普通の人間にとって5万円のモニタはかなり高いので、これは無いなと思います。点灯しないビクセルは1つでもあればQCで弾いて欲しいですね。弾いたやつはアウトレットで売れば良いでしょ? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
来年PS5が出るというのでそれ用に高リフレッシュレートのモニターに触れておきたくて、PCでゲームをしないのに購入しました。

27インチと大きめのサイズなので箱もそれなりに大きめの物だが持ち手があるので配送の方も片手で持ち運べる通販でも優しい仕様です。
付属品はDisplayPort用ケーブルのみなのでHDMIでの接続を考えているなら別途必要です、モニターアームと台座が分かれていて組み立てる必要があるが止めるためのネジは手でひねられる仕様のため工具は必要ありません。

フルHDと比べるとPS4のゲームとPCのフォントは確実に鮮明な画像になるのだが、画像に関しては高ピクセルのもの以外はフルHDよりも悪くなります。
たとえばブラウザで適当なHPを見る場合表示サイズがフルHDよりも小さくなるので拡大する、そうした際もフォントはすごくキリリとした表示になるが画像はそうもいかずフルHDよりもボケたものになり印象が悪く時代がHD以上には至っていない。
IPSパネルは非常に良い発色をしており視野角による色の変化が無いのはやはり素晴らしい、ただデフォルトではきつめのコンストラストなので必要であれば調整がいるなとは思いました。
古いフルHDモニターと並べて使っているのだが古い方のモニターは光の感じや黒の発色が悪い、またどうにも光のちらつきを感じるのだがそれらがVG27AQでは感じられないのでこれがフリッカーフリーなら相当の効果だと思える。

スピーカーは2Wのものだそうで15Wの物と比べるとノイズはないが低音が弱くボリュームも1/3程度しか出せず高圧縮のMP3のような音がします、あまり良くはないがFPSで使うと金属音がやたらとかっこいいので使えなくはないだろう。
モニターアームは結構良いです、20cm x 28cmの重い台座で安定感があり上下への可動範囲も広くそれなりに滑らかに動きます。

結構な機能があるのに説明書のたぐいが無いのでユーザーマニュアルはダウンロードする必要があります、しかしマニュアルには常時144hz駆動させる方法は表示されていません。
まずモニター側のコントロールパネルでOver Clockingをオンにし次にWindows(10)上のプロパティーからリフレッシュレートを変更する必要があります。

基本的にPCでゲームをしないのでゲームでの感想は無いのだがホームページ上での上下スクロールが非常に滑らかになりとても嬉しい、60Hzでは画像がモーションブラーのようにガクガクとした感じのスクロールになってしまっていたが120Hz以上になるとそれが和らぎずっと気持ちが悪かった物が解消されとても素晴らしい。
165Hzだとよりすごいのだがコレは別の意味でかくつくようになる、RYZEN3 3200Gでは力不足のようだ。
その事が気になったので少しパーツの入れ替えをした。
CPU : RYZEN5 3500
GPU : RADEON RX5500XT
メモリ : DDR4-3200 8GB x2
この環境だと165Hzでブラウザを動かしてもほとんどのサイトでかくつくことが無くなりました、特に縦に並んだWEBマンガ等で滑らかに動くのは感動します。
自分が使用している環境で唯一かくついたのはニコニコ静画のWEBマンガだけでした、ただPCというよりニコニコが駄目なんじゃないかなと思う。
グラボが購入キャンペーンをやってい無料でゲームがダウンロードできたのでゲームも試してみました、BIOHAZARD RE:3です。
設定は初期設定のまま120Hzにして後は解像度だけをいじってプレイしてみました、このモニターにはFPSカウンターが付いているのでフルHDでの表示結果です、上が113で下が73でした。
WQHDではカウンターが機能しなかったので数値では解らないが頻繁にかくつきます、ただPS4と比べるとフルHDとWQHDの解像度の差はあまり気にならない印象でした。
ははぁ~なるほど、このモニターはゲーム用だというだけありPCゲームは最下グレードのグラボでは駄目ですね。

あと気になった点は商品ページに詳細が表示されていないが、このモニターは120Hzまでビット深度が10bitらしく理屈では10億色表示となるはず。
ただ10bitの画像はWQHD画像を探すより遥かに難しく検証は出来ず。
144Hz以上だと8bitに変わるらしくそのせいなのかデフォルトではコンストラストがきつめなのに対し、リフレッシュレートやHDRの設定を変更すると色味がくすんだものに変わる。
もともとちょっときつめのコンストラストだと思うくらいだったので個人的には高リフレッシュレートの色味のほうが好みなのだが、色味に関してはリフレッシュレートとトレードオフだという事なのだろう。

あとは非常に悪い点としてモニターのコントロールボタンがモニター右下横の裏側にある事、以前は右下下側の裏にあったようだが変更されたようだ。
使いづらい、見えない位置にある事もそうだし触った感触がイマイチ認識しづらい。
また右側にある事についてだが手の向きはそれで楽になるのかもしれないがデュアルディスプレイで右側にモニターがあるとぴったりとモニターを寄せられない、もしくはいちいちモニターの位置を動かさなければならず煩わしい。
リモコンもないしいっそBen-Qのコントローラーをパク…んんっ、ゲフンゲフン、あ~参考にしてもらってモニターアームの台座にでもボタンを設置してほしかった。
オプションでコントローラーを別売りでもいいくらいなのだがUSBポートが無いのでそれも無理そうで頭が痛い。
僕の場合PCでDisplayPortとPS4でHDMIの切り替えを行っているのだがただの入力切替で6~9動作も必要になるのはどうかしていると思う、入力信号がどちらか一つだけなら自動的に切り替えてくれるのだがそんな上品な使い方はしていないので困ってしまう。
前から思っていたのだが入力信号が複数ある場合優先信号を指定しておいて自動で切り替えてくれる機能とか付けられないんだろうか? 特にこのモニターでは入力切替がやたら不便なので是非アップデートとかでどうにかならないだろうか?
何ならコントロールボタンに触りたくないだけなのでPC側から専用アプリで設定の切り替えができたり、もしくはコントロールボタンの割り当てを変えてしまう機能が追加されるなら良くなると思う。

ここからはPS4 (PRO)で使った場合の感想です。
PS4で使うとほとんどの機能が使えません、まともに使える機能はHDRとスナイパーモード以外のGAME PLUS(画面中央にレティクルを表示等)だけとなります。
暗いところをはっきりさせるSHADOW BOOSTやゲームモードに合わせた画像設定切り替えのGAME VISUALすらも使えません。
ブルーライト低減機能程度でさえも使えずとても悲しいです、PS5ではどうにかならないかと思うが望み薄です。
それと主にゲーム起動と終了時のホーム画面への切り替え時にモニターがいちいち暗転する、おそらくこのモニターがHDRの受信情報から設定を自動で切り替えるためだと思うがかなり煩わしい。
HDRはCOD MWが上手に対応しているのでそれで使用しています、真夏日の日差しとかトンネルから抜けた後といった感じの暗いところとまぶしいところの対比表現が良くなされていると思います。
表現としてはとてもいいと思うが競技だと考えると邪魔ですね、敵対プレーヤーが解らなくなりますし。
他にCOD WWIIも対応しているのだがこちらは全体的に暗い印象のデザインのせいか街灯のみが妙にギラつくといった変化しか解りませんでした。
最近遊んでるのが他にボーダーランズ3とBATTLEFIELD Vなんですが、それらは地味に対応しているようです。
ボーダーランズ3は最適化するとヴォルト内のような暗い場所がくっきりとします。
BATTLEFIELD Vは従来の暗くしたり明るくしたりの延長でしかなくHDR自体の良さをあまり体感できません。
HDRは対応ゲームにより差があるためゲーム次第だと考えると買うための動機としては薄いかなと感じます。
PS4 PROの画像は疑似4KだというのでWQHDでより精彩になります、まぁぬるっとした感じですね。
ただPS4への愚痴ですが画像出力は4Kアップスケーリング画像しかないんですね、入力信号を見ると4Kになっていてモニターを認識してWQHDに切り替え(というかアップスケーリングを止める)とかしないのはまぁなんて無駄なんだろうと思いました。
動作の滑らかさについては変わらないです、ELMB(LGのMOTION240みたいな機能らしい)というモーションブラーを低減させる機能もあるのだがPS4では使えず意味が無いです。
PS4 PROの仕様がどうなっているのかよく解らないけれど4K出力でもノーマルPS4のようなもたつきは出ないので、安心して4Kモニターを買えばいいと思います。

総評としてDisplayPortを使用し全てPCで完結させる必要があるモニターだと言えます、このモニターの機能はHDMI接続ではサポートされないからだという事です。
PCでゲームをする場合2020年時点での最上位グラボが必要でしょう、そうでなければこのモニターは性能を発揮できません。
PS4で"ゲーミングモニター"としての恩恵は無いので同価格よりむしろ安く4Kモニターが買えるのでPS4でなら4Kモニターをお勧めします、PS5でDisplayPort接続があればと思うがまぁまず駄目でしょう…駄目かぁ。
モニター自体は機能と仕様を考えると良質で妥当な値段かと思います、コントロールボタンが非常に悪い以外は良い出来だと言えるでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

JN-315VG240FHDR [240Hz MPRT1ms HDR対応 31....

  • ゲーミングモニター

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
とにかく白い、hdrつけるとさらに白くなる。が、グラボ搭載のpcなら色彩ガンマなど調整すれば普通に使えます。240hzで31.5型でこの値段ならフツーにありです。 あまり聞かないメーカーで不安もありましたが、買ってよかったです。pcゲームは鉄拳やキャリバーなどに使用してます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
beatmania IIDX INFINITASを120hzでやる為だけに購入しました。結果は◎、設定で少々手間取りましたが、120hzでINFINITASをプレイできました。
31.5インチはINFINITASをプレイするのにはサイズが小さいですが、120hz以上に対応しているPCモニターはこれ以上のサイズになると現状では湾曲している物しかなさそうです。(もしくは東芝レグザ?)
PCのディスプレイとして使う場合は画面が白く感じるかと思いますが、他の方がレビューでおっしゃられている通りグラボ等で調整すれば普通に使えると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
JN-315VG240FHDR [240Hz MPRT1ms HDR対応 31.5型フルHDゲーミングモニター]
発売日 2020/07/20
通常 49,970円
現在 43,970円
6,000円(12%)OFF!!

  

AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA

  • 画面サイズ: 31.5インチ
  • [特徴] リフレッシュート144Hz、ロー ブルライト、フリッカーフリーを搭載したゲーミングモニター
  • [解像度] 1920×1080 (VAパネル、曲面1700R、リフレッシュレート144Hz、ノングレア、フルHD、応答速度1ms)
  • [入力端子] D-Sub15ピン×1、HDMI1.4×2、DisplayPort 1.2 ×1
  • [付属ケーブル] D-subケーブル、HDMIケーブル、Displayportケーブル
  • [本体寸法] 幅713.2×高さ530.4×奥行244.9mm (背面VESA100mmx100mm)
  • スピーカーなし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
2020/6/1
1年半使用しての問題点
・モニターが数時間の頻度で突然真っ暗になり数秒でもとに戻るという症状が出だしました。過去にそういうモニターに出会ったことはありません。耐久性を考えると二度とAOCは買わないだろうと思い評価を3から2に下げました。

以下は 以前のレビュー

壊れ知らずのイイヤマ24インチからの乗り換え。

■メーカー国
米国発の台湾本社のメーカーとあります

■良かった点
1. 安いのにカタログ上のスペックが高い
2. ソフトウェアからもモニターの設定が出来るので設定が楽

■悪かった点
フレームが左の方にかなり傾いている。
他の人のレビューにもフレーム関係の書き込みありましたが
自分の場合は画面が左に1cmほど傾いているモニターで接続し直しても
強く押し付けても傾きは治りませんでした。
スタンドの金属プレートが傾いているのかもしれません。

■解像度 フルHD
最新ゲームやFPSなどをSLIなしで遊ぶゲーマーならフルHD一択です。
WQHDだと同じゲームによっては平均30 最高60以上FPSが低下するからです。
スチームゲーマーでもWQHD利用者は4%なのに対してフルHDは60%です。

■画質 ★★★☆☆
デフォルトは白がかなり眩しいですがソフトウェアから簡単に設定変更出来ます。
しかしVAなのにイイヤマのTNと差は感じられませんでした。
インチの差なのかフォントや画像の荒れが気になるようになりました。

■湾曲
初めてでしたが数十分で慣れました。
CADなど直線や絵を書くような人には湾曲モニターはお薦め出来ません。

■応答速度(オーバードライブ時)
1ms。デフォルトだと設定オフなので付属のCDのG-menuから最速にしないと1msにはなりません。

■リフレッシュレート144Hz
FPSを出せるゲームやPCをお持ちならば、これが高いほどなめらかに見えるようになります。
モニターを付け替えただけだと60hzのままだったので設定変更が必要でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
首題の通りです。詳細は下に記しますが、わずか2週間の内に同じ人物が同じような不良品を掴まされるとは思いませんでした。これはもう偶然ではなく製造過程に問題があるとしか思えませんし、品質管理も機能していないと思われます。
また本日サポートセンターに電話をかけたところ、受付の男性が「フィリップスモニターです」と応対した事には、ただでさえ不信感が募っているのに不快感まで加えてくる始末でした。これ以上付き合っていられないので、交換ではなく返品と返金に変更しました。
私のように不快感を味わいたく無いのであれば、他社モニターをお求めください。

1:2月2日注文。
2:2月4日受け取り。DPにて接続するが、画面の右上に黒いシミの発生を確認(写真1枚目)。同日AOCのHPよりサポート対応を依頼。
3:2月8日。応答が無いため、直接メールを送信。メールには不具合の症状と保証書の写真を添付。
4:2月14日。応答が無いため、サポートセンターに電話をかける。技術部門で調査していて対応が遅れたとのこと。同日、返信メールにて初期不良として承認され、商品の交換手続きに入る。(そば屋の出前か)
5:2月16日。モニターの返送。またAmazonより替えのモニターの発送。
6:2月18日。替えのモニターの受け取り。DPにて接続したところ、画面の右上に黒いシミが発生していることを確認(写真2枚目)
7:2月19日。AOCにメールにて写真付きで状況の説明。
8:2月20日。AOCに電話。Amazonから返品および返金手続き開始。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1)
発売日 2018/12/14
通常 49,800円
現在 34,448円
15,352円(31%)OFF!!

  

【Acer Direct限定】AOPEN ゲーミングモニター 湾曲 曲面 32HC5QRPbiipx

  • この商品はAcer Direct限定商品です。 Acer Direct以外の他販売者よりご購入された場合は、メーカー保証対象外となりますのでご注意下さいませ。
  • フレームレス筐体に没入感を生み出す湾曲型スクリーン。メーカー直販だからこその3年保証付で、いざという時も安心。
  • 31.5型ワイドパネル、湾曲1,800R、リフレッシュレート144Hz/165Hz(HDMI/DisplayPort)、1920x1080 フルHD 16:9、VA、非光沢、Over Drive、Free-Sync、スピーカー無し、保証3年(パネル・バックライトユニットは1年)、入力端子:HDMI 2.0×2、DisplayPort v1.2×1
  • 本体重量:台座あり/5.2kg 台座なし/3.75kg、本体寸法(W)×(H)×(D)mm:712.6×512.7×198.4、付属品:HDMIケーブル(1.5m)/DisplayPortケーブル(1.5m)/ACケーブル(1.5m)/ACアダプター/ユーザーマニュアル/台座/支柱/ネジ(5本、1本は台座と支柱組立用、4本は本体と支柱組立用)/背面カバー/保証書/修理依頼書
  • AOPENは1996年に世界をリードする大手電子機器メーカーとして台湾で設立され、部品メーカーから小型デジタル制御機器メーカーへと発展を遂げました。 今日では世界中の100カ国以上でビジネスパートナーと共にグローバルビジネスを展開しています。 今後も引き続き成長を遂げるため、パートナーと知識を共有し、オープンな環境におけるAOPENの価値を維持する事で、品質基準を準拠していきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この値段帯ではかなりいいと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
普通にええで。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS 31.5インチ湾曲ゲーミングモニター XG32VQR WQHD 広視野角178°

  • パネルサイズ : カーブ31.5型, バックライト : LED, パネル種類 : VA
  • 表面仕様 : ノングレア, 最大解像度 : 2,560×1,440, 画素ピッチ : 0.273mm●重量9.6kg
  • 視野角 : 水平178°/垂直178°, 最大輝度 : 450 cd/㎡, コントラスト比 : 3,000:1
  • 応答速度 (グレー→グレー) : 4ms, 最大表示色 : 約1,677万色, 電源 : 100~240V
  • デジタル 走査周波数 : 水平30 ~222 KHz/垂直48 ~144 Hz
  • デジタル入力 : HDMI1.4 x1, DP x1, miniDP x1●オーディオ出力:ステレオミニジャック×1【搭載技術/機能】
  • 搭載技術/機能 : GamePlus, Low Blue Light, HDCP
  • 対応VESA規格 : 100×100 mm, ケンジントンセキュリティースロット搭載
  • 上下角度調節 (チルト)上20°~下5°, 左右角度調節 (スイベル)左+50°~右-50°, 高さ調節0~100mm
  • ライティング:スタンド下のLED投影ライト、製品背面のAura Sync RGB ライティング【本体調節範囲】上下角度調節(チルト):上20°~下5°

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
切り替えや電源ボタン押しても反応が遅い、自動切り替えや自動オフ機能がガバガバです。HDMIのPCの電源を切り、DVIに自動的に切り替えとか、その逆とかがスパスパ確実に切り替わってくれたらよかったんだけど。
映してた機器の電源を落とすと、電源入ってる他の機器があるのに勝手にモニタOFFにされたり、手動でもHDMIに切り替える間の待機時間が短くてOFFにされたり。前に使っていたTVはその辺りがとても優秀だったのでとても気になります。
自動切り替え機能は買ってからじゃないとわからないから困るね。
切り替えを使わない人にはいいモニタだと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
1万円台のゲーミングモニターを探していたところ、高評価だった本商品と巡り会いました。
画質、応答速度共に値段以上に感じます。非常に良い買い物でした。

2点残念な点としては、
・スピーカーはおまけ程度。別途購入された方がよいです。
・ボタン配置がモニター下部にあり、やや使い勝手が悪い。

スピーカーは元々期待していなかったのですが、ボタン配置は見直されたほうがよいと個人的には思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Pixio PX329 ディスプレイ ゲーミング モニター 31.5インチ WQHD

  • [特長]最大165Hz対応。VAパネル応答速度5.0ms[GTG]を実現したゲーミングモニター。
  • [画面]31.5型/2560×1440/VAパネル/非光沢/300cd/5.0ms[GTG]
  • DP接続時: 165Hz Refresh Rate / HDMI接続時: 144Hz Refresh Rate
  • [保証/サポート]3年間(一部パーツは2年間) / 30日間の無料返品サービス
  • [注意事項] 60hz以上のリフレッシュレートを活かしカクつきを解消するにはPCでの設定、及び同梱のケーブルによるグラフィックボードとの接続が必要となります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 米アマの評価でDPケーブル周りが良くないらしいので、失敗覚悟で買ったが思ったよりも普通でちゃんとAINEXのDP1.2ケーブルで165HZでます。(付属品はしらん)HDMIもちゃんと写ります。(60HZで動作確認)ただ説明書にあるとおり、フリーソニックは144HZ までで、すべてのDPポートで165HZ 出るわけはありません。とりあえず購入時点ではドット抜けなどはないので満足。
 いいところ
・簡素なパッケージ
・薄型で軽い本体
・32インチWQHD高速パネルの割に安い
・シンプルなデザイン
 わるいところ
・足が微妙、せっかく薄型パネルなのに場所を取る。モニターアーム使用推奨。
・足を組み立てるときのネジが異様に硬い
・説明書とOSDが日本語ない上にOSDレイアウトがわかりにくい。なれた人なら問題ない。
・OSDが操作しにくい、なんでスティック押すと電源なんだか、普通に決定キーにして、せっかくスティックなんだから普通に電源ボタンと戻るボタン追加して十字キー風にすると 操作しやすいとおもいます。
・付属の電源ケーブルが3穴タイプで交換が必要
 
公式サイトによるとパネルの素性は老舗AUOでBENQが親会社だそうな。ただ、BENQのEW3270Uと比べると茶色くて色が薄いような感じがします。あとコントラスト薄い。BENQやASUSとかと比べると格落ちする感じで人によっては気になるだろうなと思います。
 個人的にはどうせエコモードでしか動かないので色味とかコントラストはあんまり気にしていません。
 
米アマだとオーバーヒートしてカクつくみたいなレビューがあるので夏を超えれてたらもう一回レビューします (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
箇条書きで
いい点
・レビューで3ピンコンセントだ、と書いてあったが変わって2ピンになっていた。
・TNから変えたが黒が綺麗だと思う。
・企業名だったりがモニターの見える範囲になく、「PX329」と左下にあるだけで、ベゼルも薄く見た目が良い。
・付属のモニターアームは金属製でスタイリッシュ。
・ドット抜けもなくいい。
・箱が二重で化粧箱が汚れなくていい。
・モニター操作用のボタンは慣れれば使いやすくていい。
わるい点
・ベゼルと画面の隙間に黒い表示がない部分がある。少し気になる。
・モニター下を止めているねじを何故か保護のビニールの上からつけているため、剥がすときにビニールが残り見た目が悪い。
・付属のモニターアームは大きく少し邪魔になる。見た目はいいが、別途モニターアームを使ったほうがいい。

まだ使用期間は短いため、今後発熱やドット抜け、画面端の白化等が起きる可能性があるのでもう少し使用してから追加する予定。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

32インチゲーミングモニター 最新・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「32インチゲーミングモニター」最新・高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.5)
総評価数 507件
2
LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ/WQHD/VA非光沢/165Hz/FreeSync Pre...
発売日 2020/12/11
通常 36,600円
現在 32,936円
3,664円(10%)OFF!!
(4.5)
総評価数 178件
3
(4.5)
総評価数 89件
4
(4.4)
総評価数 1108件
5
(4.4)
総評価数 85件
 

MSI Optix G32CQ4 ゲーミングモニター VA湾曲パネル スリムベゼル

  • ●画面サイズ:31.5インチ●アスペクト比:16:9●解像度:WQHD(2,560 × 1,440)●湾曲率:1,500R
  • ●最大リフレッシュレート:165Hz●応答速度:1ms(MPRT)●パネル駆動方式:VA●表面タイプ:ノングレア
  • ●色域:sRGBカバー率:97.6% / DCI-P3カバー率:91%●最大表示色:約1,677万色●視野角:178°(H) × 178°(V)
  • ●本体サイズ:709.4 × 248.9 × 509.5(mm)●本体重量:6.4Kg●電源タイプ:65W ACアダプタ●上下角度調節:-5° ~ 20°●対応機能:アンチフリッカー、アンチモーションブラー、ブルーライトカット、ナイトビジョン、Freesync Premium、VESA100

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
以前はps4用でAcerの24インチの60Hzモニター(TNパネル)を使用。
ps5用にこちら27インチ165Hz(VAパネル)購入しました。
ps5発売日前だったので、しっかり120FPS出るのか少し心配していましたが、実際にCoD CWで120fpsの動作確認できました。

画面がヌルヌル動き、弾も当たる!索敵も非常にしやすく腕が上がったように感じます。

画質に関しても流石VAパネル高コントラスト!黒が非常に綺麗です。

FullHDで27インチ。画面との距離は80cm程なので、画面が大きくなった分粗さを感じるかと思いましたが皆無でした。様々なレビューを見ますが、余程専門家でもない限り満足のいくモニターだと思います。

お値段もこのスペックで3万円弱。断然買いです!! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この価格で165Hzの1m/sはとても魅力的で購入しました。
displayportケーブルはついてこないので注意が必要です。
画質をそこまで求めないFPSを中心にやっているため、ゲームでの使用は問題なし。
かなりヌルヌル動いてくれます。
レティクル表示機能がありますが、面白いだけで使わないです。
ゲーミングモニターのため、デスクワークの方などの通常使用には向かないです。
背面スティックでメニューを開くことができますが、
触った感じいつか壊れてしまうのではないかと不安になる作りです。

ただ、この価格帯の中では買って後悔しないレベルです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ...

  • ディスプレイ方式:LED
  • ディスプレイサイズ :31.5 inches
  • 解像度:QHD Wide 1440p
  • 31.5インチ WQHD(2560×1440)解像度で、1秒間に165コマの表示に対応するゲーミングモニター
  • AMD FreeSync Premiumテクノロジー対応。ティアリング(ちらつき)やスタッタリング(カクつき)を軽減し、映像をより滑らかに表示
  • HDR対応により、従来識別が難しかった色の違いも立体感ある豊かな色彩で再現
  • 映像出力のタイムラグを抑えるDASモードや、暗いシーンの視認性を高めるゲーム機能も搭載
  • その他機能 : フリッカーセーフ、ブルーライト低減 等 / 入力端子:HDMI×2、DisplayPort×1 / 輝度:350cd/㎡(標準) / 応答速度:5ms(1ms MBR) / スピーカー非搭載
  • 製品サイズ(WxHxD mm)‎: 715x515x225(スタンドあり) 重量(kg): 5.9(スタンドあり) / 壁掛け: 100×100mm
  • 付属品: ディスプレイポートケーブル、保証書(3年間)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コスパが良い。
細かい点を一つ一つ探っていけば気になる点はありますが値段と内容で見ればどれも許せる。この一点につきます。

FHD24インチあたりからの買い替えでPCで使う場合、WQHDの27インチでは文字はどうしても小さくなり見えにくい。また32インチでも4Kだと同じように文字は小さく普段使いは消して良いとは言えません。
32インチWQHDがベストと自分は考えます。
ノングレアですが他のノングレア液晶に比べ若干のグレアよりではあります。ノングレアとハーフグレアの中間ぐらい。ですが暗転時に自分の姿など反射で映るほどでないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングモニターは今回初めて購入しました。
仕事でパソコンに繋いで使用している時は、
ブルーライト低減モードを使用しており、目の疲れが大幅に軽減され、モニターも大きく見やすいので、仕事が快適にできるようになりました。

また、ゲームの際ですがなんといっても映像が凄く綺麗です。今まではテレビでしかゲームをした事がなかったので、ここまで映像が美しい事に正直
驚いています。
どれをこうしようか、色々迷いましたがこの商品を選んで本当に良かったです。
とても満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Pixio PX329 ディスプレイ ゲーミング モニター 31.5インチ WQHD

  • [特長]最大165Hz対応。VAパネル応答速度5.0ms[GTG]を実現したゲーミングモニター。
  • [画面]31.5型/2560×1440/VAパネル/非光沢/300cd/5.0ms[GTG]
  • DP接続時: 165Hz Refresh Rate / HDMI接続時: 144Hz Refresh Rate
  • [保証/サポート]3年間(一部パーツは2年間) / 30日間の無料返品サービス
  • [注意事項] 60hz以上のリフレッシュレートを活かしカクつきを解消するにはPCでの設定、及び同梱のケーブルによるグラフィックボードとの接続が必要となります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 米アマの評価でDPケーブル周りが良くないらしいので、失敗覚悟で買ったが思ったよりも普通でちゃんとAINEXのDP1.2ケーブルで165HZでます。(付属品はしらん)HDMIもちゃんと写ります。(60HZで動作確認)ただ説明書にあるとおり、フリーソニックは144HZ までで、すべてのDPポートで165HZ 出るわけはありません。とりあえず購入時点ではドット抜けなどはないので満足。
 いいところ
・簡素なパッケージ
・薄型で軽い本体
・32インチWQHD高速パネルの割に安い
・シンプルなデザイン
 わるいところ
・足が微妙、せっかく薄型パネルなのに場所を取る。モニターアーム使用推奨。
・足を組み立てるときのネジが異様に硬い
・説明書とOSDが日本語ない上にOSDレイアウトがわかりにくい。なれた人なら問題ない。
・OSDが操作しにくい、なんでスティック押すと電源なんだか、普通に決定キーにして、せっかくスティックなんだから普通に電源ボタンと戻るボタン追加して十字キー風にすると 操作しやすいとおもいます。
・付属の電源ケーブルが3穴タイプで交換が必要
 
公式サイトによるとパネルの素性は老舗AUOでBENQが親会社だそうな。ただ、BENQのEW3270Uと比べると茶色くて色が薄いような感じがします。あとコントラスト薄い。BENQやASUSとかと比べると格落ちする感じで人によっては気になるだろうなと思います。
 個人的にはどうせエコモードでしか動かないので色味とかコントラストはあんまり気にしていません。
 
米アマだとオーバーヒートしてカクつくみたいなレビューがあるので夏を超えれてたらもう一回レビューします (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
箇条書きで
いい点
・レビューで3ピンコンセントだ、と書いてあったが変わって2ピンになっていた。
・TNから変えたが黒が綺麗だと思う。
・企業名だったりがモニターの見える範囲になく、「PX329」と左下にあるだけで、ベゼルも薄く見た目が良い。
・付属のモニターアームは金属製でスタイリッシュ。
・ドット抜けもなくいい。
・箱が二重で化粧箱が汚れなくていい。
・モニター操作用のボタンは慣れれば使いやすくていい。
わるい点
・ベゼルと画面の隙間に黒い表示がない部分がある。少し気になる。
・モニター下を止めているねじを何故か保護のビニールの上からつけているため、剥がすときにビニールが残り見た目が悪い。
・付属のモニターアームは大きく少し邪魔になる。見た目はいいが、別途モニターアームを使ったほうがいい。

まだ使用期間は短いため、今後発熱やドット抜け、画面端の白化等が起きる可能性があるのでもう少し使用してから追加する予定。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲

  • 画素ピッチ: 0.272mm
  • 視野角:水平178°/垂直178°
  • 最大輝度: 400 cd㎡/
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1 (ASCRオフ時3,000: 1)
  • 応答速度(グレー→グレー): 1ms (MPRT)
  • 最大表示色:約1,677万色
  • サイズ:幅713mm×奥行き232mm×高さ(481~581)mm, 質量:約9.13kg
  • 主な付属品: HDMIケーブルX1,電源ケーブル×1,ACアダプター×1,保証書×1
  • スピーカーあり: 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格: 100×100 mm, ケンジントンセキュリティースロット搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
1440pで144Hz以上の平面モニタでG-SYNC対応のIPSパネルとなると選択肢が限られてきますが、比較すると機能面で大きなマイナスポイントがなく、ELMB SYNCが使用できるASUS VG27AQが良さそうでした。
届いてから1時間ほどBFVを遊んでみましたが、8年前の1080pディスプレイからの乗り換えのため、1440pの没入感は感動を覚えるレベルで、ELMB SYNCのおかげで残像感も無く、私のマシンパワー(CPU:Ryzen5 3600、VGA:2070S、MEM:3200MHz32GB)では1440pウルトラ設定で100-120fpsですが、前に使っていたモニタが60Hzだったので違いが分かるくらいスムーズに動きます。レスポンスタイムも大幅に向上しているのが分かります。隣に1080pのディスプレイを置いてデュアルモニター環境にしていますが、性能があまりに違いすぎて辛くなってきます。
設定はRTING.comで推奨されていたBrightness: 0、Contrast: 80、RGB: 89-95-100で良い感じになりました。ELMB SYNCとリフレッシュレート165Hzはディスプレイから設定する必要があるので注意です。

ただし!左上に点灯しないビクセルが4つありました。5つ以上あれば交換できると説明書にあるので、交換できないことになります。ASUSさんにとってはお手頃価格なのでしょうが、普通の人間にとって5万円のモニタはかなり高いので、これは無いなと思います。点灯しないビクセルは1つでもあればQCで弾いて欲しいですね。弾いたやつはアウトレットで売れば良いでしょ? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
来年PS5が出るというのでそれ用に高リフレッシュレートのモニターに触れておきたくて、PCでゲームをしないのに購入しました。

27インチと大きめのサイズなので箱もそれなりに大きめの物だが持ち手があるので配送の方も片手で持ち運べる通販でも優しい仕様です。
付属品はDisplayPort用ケーブルのみなのでHDMIでの接続を考えているなら別途必要です、モニターアームと台座が分かれていて組み立てる必要があるが止めるためのネジは手でひねられる仕様のため工具は必要ありません。

フルHDと比べるとPS4のゲームとPCのフォントは確実に鮮明な画像になるのだが、画像に関しては高ピクセルのもの以外はフルHDよりも悪くなります。
たとえばブラウザで適当なHPを見る場合表示サイズがフルHDよりも小さくなるので拡大する、そうした際もフォントはすごくキリリとした表示になるが画像はそうもいかずフルHDよりもボケたものになり印象が悪く時代がHD以上には至っていない。
IPSパネルは非常に良い発色をしており視野角による色の変化が無いのはやはり素晴らしい、ただデフォルトではきつめのコンストラストなので必要であれば調整がいるなとは思いました。
古いフルHDモニターと並べて使っているのだが古い方のモニターは光の感じや黒の発色が悪い、またどうにも光のちらつきを感じるのだがそれらがVG27AQでは感じられないのでこれがフリッカーフリーなら相当の効果だと思える。

スピーカーは2Wのものだそうで15Wの物と比べるとノイズはないが低音が弱くボリュームも1/3程度しか出せず高圧縮のMP3のような音がします、あまり良くはないがFPSで使うと金属音がやたらとかっこいいので使えなくはないだろう。
モニターアームは結構良いです、20cm x 28cmの重い台座で安定感があり上下への可動範囲も広くそれなりに滑らかに動きます。

結構な機能があるのに説明書のたぐいが無いのでユーザーマニュアルはダウンロードする必要があります、しかしマニュアルには常時144hz駆動させる方法は表示されていません。
まずモニター側のコントロールパネルでOver Clockingをオンにし次にWindows(10)上のプロパティーからリフレッシュレートを変更する必要があります。

基本的にPCでゲームをしないのでゲームでの感想は無いのだがホームページ上での上下スクロールが非常に滑らかになりとても嬉しい、60Hzでは画像がモーションブラーのようにガクガクとした感じのスクロールになってしまっていたが120Hz以上になるとそれが和らぎずっと気持ちが悪かった物が解消されとても素晴らしい。
165Hzだとよりすごいのだがコレは別の意味でかくつくようになる、RYZEN3 3200Gでは力不足のようだ。
その事が気になったので少しパーツの入れ替えをした。
CPU : RYZEN5 3500
GPU : RADEON RX5500XT
メモリ : DDR4-3200 8GB x2
この環境だと165Hzでブラウザを動かしてもほとんどのサイトでかくつくことが無くなりました、特に縦に並んだWEBマンガ等で滑らかに動くのは感動します。
自分が使用している環境で唯一かくついたのはニコニコ静画のWEBマンガだけでした、ただPCというよりニコニコが駄目なんじゃないかなと思う。
グラボが購入キャンペーンをやってい無料でゲームがダウンロードできたのでゲームも試してみました、BIOHAZARD RE:3です。
設定は初期設定のまま120Hzにして後は解像度だけをいじってプレイしてみました、このモニターにはFPSカウンターが付いているのでフルHDでの表示結果です、上が113で下が73でした。
WQHDではカウンターが機能しなかったので数値では解らないが頻繁にかくつきます、ただPS4と比べるとフルHDとWQHDの解像度の差はあまり気にならない印象でした。
ははぁ~なるほど、このモニターはゲーム用だというだけありPCゲームは最下グレードのグラボでは駄目ですね。

あと気になった点は商品ページに詳細が表示されていないが、このモニターは120Hzまでビット深度が10bitらしく理屈では10億色表示となるはず。
ただ10bitの画像はWQHD画像を探すより遥かに難しく検証は出来ず。
144Hz以上だと8bitに変わるらしくそのせいなのかデフォルトではコンストラストがきつめなのに対し、リフレッシュレートやHDRの設定を変更すると色味がくすんだものに変わる。
もともとちょっときつめのコンストラストだと思うくらいだったので個人的には高リフレッシュレートの色味のほうが好みなのだが、色味に関してはリフレッシュレートとトレードオフだという事なのだろう。

あとは非常に悪い点としてモニターのコントロールボタンがモニター右下横の裏側にある事、以前は右下下側の裏にあったようだが変更されたようだ。
使いづらい、見えない位置にある事もそうだし触った感触がイマイチ認識しづらい。
また右側にある事についてだが手の向きはそれで楽になるのかもしれないがデュアルディスプレイで右側にモニターがあるとぴったりとモニターを寄せられない、もしくはいちいちモニターの位置を動かさなければならず煩わしい。
リモコンもないしいっそBen-Qのコントローラーをパク…んんっ、ゲフンゲフン、あ~参考にしてもらってモニターアームの台座にでもボタンを設置してほしかった。
オプションでコントローラーを別売りでもいいくらいなのだがUSBポートが無いのでそれも無理そうで頭が痛い。
僕の場合PCでDisplayPortとPS4でHDMIの切り替えを行っているのだがただの入力切替で6~9動作も必要になるのはどうかしていると思う、入力信号がどちらか一つだけなら自動的に切り替えてくれるのだがそんな上品な使い方はしていないので困ってしまう。
前から思っていたのだが入力信号が複数ある場合優先信号を指定しておいて自動で切り替えてくれる機能とか付けられないんだろうか? 特にこのモニターでは入力切替がやたら不便なので是非アップデートとかでどうにかならないだろうか?
何ならコントロールボタンに触りたくないだけなのでPC側から専用アプリで設定の切り替えができたり、もしくはコントロールボタンの割り当てを変えてしまう機能が追加されるなら良くなると思う。

ここからはPS4 (PRO)で使った場合の感想です。
PS4で使うとほとんどの機能が使えません、まともに使える機能はHDRとスナイパーモード以外のGAME PLUS(画面中央にレティクルを表示等)だけとなります。
暗いところをはっきりさせるSHADOW BOOSTやゲームモードに合わせた画像設定切り替えのGAME VISUALすらも使えません。
ブルーライト低減機能程度でさえも使えずとても悲しいです、PS5ではどうにかならないかと思うが望み薄です。
それと主にゲーム起動と終了時のホーム画面への切り替え時にモニターがいちいち暗転する、おそらくこのモニターがHDRの受信情報から設定を自動で切り替えるためだと思うがかなり煩わしい。
HDRはCOD MWが上手に対応しているのでそれで使用しています、真夏日の日差しとかトンネルから抜けた後といった感じの暗いところとまぶしいところの対比表現が良くなされていると思います。
表現としてはとてもいいと思うが競技だと考えると邪魔ですね、敵対プレーヤーが解らなくなりますし。
他にCOD WWIIも対応しているのだがこちらは全体的に暗い印象のデザインのせいか街灯のみが妙にギラつくといった変化しか解りませんでした。
最近遊んでるのが他にボーダーランズ3とBATTLEFIELD Vなんですが、それらは地味に対応しているようです。
ボーダーランズ3は最適化するとヴォルト内のような暗い場所がくっきりとします。
BATTLEFIELD Vは従来の暗くしたり明るくしたりの延長でしかなくHDR自体の良さをあまり体感できません。
HDRは対応ゲームにより差があるためゲーム次第だと考えると買うための動機としては薄いかなと感じます。
PS4 PROの画像は疑似4KだというのでWQHDでより精彩になります、まぁぬるっとした感じですね。
ただPS4への愚痴ですが画像出力は4Kアップスケーリング画像しかないんですね、入力信号を見ると4Kになっていてモニターを認識してWQHDに切り替え(というかアップスケーリングを止める)とかしないのはまぁなんて無駄なんだろうと思いました。
動作の滑らかさについては変わらないです、ELMB(LGのMOTION240みたいな機能らしい)というモーションブラーを低減させる機能もあるのだがPS4では使えず意味が無いです。
PS4 PROの仕様がどうなっているのかよく解らないけれど4K出力でもノーマルPS4のようなもたつきは出ないので、安心して4Kモニターを買えばいいと思います。

総評としてDisplayPortを使用し全てPCで完結させる必要があるモニターだと言えます、このモニターの機能はHDMI接続ではサポートされないからだという事です。
PCでゲームをする場合2020年時点での最上位グラボが必要でしょう、そうでなければこのモニターは性能を発揮できません。
PS4で"ゲーミングモニター"としての恩恵は無いので同価格よりむしろ安く4Kモニターが買えるのでPS4でなら4Kモニターをお勧めします、PS5でDisplayPort接続があればと思うがまぁまず駄目でしょう…駄目かぁ。
モニター自体は機能と仕様を考えると良質で妥当な値段かと思います、コントロールボタンが非常に悪い以外は良い出来だと言えるでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

MSI Optix MAG321CQR/ゲーミングモニター/VA湾曲パネル/スリ...

  • 31.5インチ / WQHD(2,560 × 1,440)/ 16:9
  • 最大リフレッシュレート144Hz / 応答速度1ms(MPRT)
  • コントラスト比3,000:1 / 最大輝度300
  • VAパネル / ノングレア / 最大表示色:1,677万色
  • 電源タイプ:90W アダプタ / 本体重量:7Kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
元々以前から長時間パソコンやってて眼精疲労が気になってたので
その当時、対策を調べていたら「リフレッシュレートの高いモニタだと画面のチラつきが無くて疲れにくい」との事で、まずは大型家電店へ行って実物を見てきた。
その時に色んな企業のモニタ製品が陳列されてる中で一際目に付いたのがMSIのリフレッシュレート144hzの湾曲モニタだった。

店には他社の144hzのモニタも展示してあったが、見比べて明らかにここのが目に優しいと感じたのでこれを買う事にした。
使い始めた当時は本当に目が疲れなくなって衝撃受けた。
それ以降、MSIのモニタがすっかり気に入って同居人が使用してるモニタもここのに換えて
今回レビューで書いてるのが3台目。

持ってる3台は全て24,27、32、どれも湾曲144hzだけど24だと平面に近く
27だと大きいけど、作業領域としてはギリギリ物足りない中途半端な感で、この32が個人的に一番気に入ってる。
実感としては、むしろ複数のウインドウを並べ見比べて作業したいなら32でも尚、不足する感なので
34のウルトラワイドくらいでも良いと思う。
27型以降の横幅あるものはモニタが湾曲か平面かの違いは目や首の負担を考えても大きいと感じる。

強いて不満点を上げるなら、製品のバージョンによって違うと思うのだけど
当時購入した24型(MSI Optix MAG241CVJP)はモニタの台座が回転して手軽に左右の角度調整も出来たのに対して、後に買った27型(Optix MAG27CQ とこの製品は台座が回転しない形になっていた。
強度的な問題もあると思うのだけど、僅かでも良いから左右にも動く台座の方が良かった。
現在うちで使ってるこの32型はモニタアーム取り付けで使っているので気にならないけど、アームなしで使う人も居ると思うのでこの点が唯一惜しい点。

ただ公式で上記27型の同じ型番を調べたら台座が左右に動く仕様のものに変わってたので
同じ型番のものでも左右に動く新しいバージョンが出てるのかも? 
この辺が気になる人は実際買う時によく確認してほしい。

画面の品質、目への負担の無さ、画面の柔らかさは間違いなくこれまで使ってきた数々のモニタの中で最高です! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
VAパネル、32インチ、湾曲、144hz、freesync、解像度WQHD、MSI製の設定アプリ、VESA100、対応のモニター。
ただしHDRとスピーカーは非搭載。

・G-syncコンパチは設定画面は出てきているので使えている?
・今のところG-syncコンパチとHDRは同時に使えない?とのことなのでGeForceユーザーならそこまで問題じゃないかもしれない。
スピーカーなんかもモニターのものなんか使わない人のが多いだろうし。
・エルゴトロンのモニターアームでそのまま取り付け可能。
・Windowsとスマホにモニター設定ができるアプリがある。
ただしWindowsアプリはモニターとUSB接続しておく必要があり、スマホアプリはWindowsを経由してモニター設定を行うことになる。
なのでスマホ上から映像入力の切り替えも行うことができて便利だが、【スマホアプリで操作するにはWindowsが起動している必要がある。】 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

32インチゲーミングモニター 低価格(安い)の5製品詳細

以下が「32インチゲーミングモニター」低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
HKC 31.5インチ 1500R曲面 144hzゲーミング高画質昇降ディスプレイ CG322M...
発売日 2020/08/26
通常 30,999円
現在 28,599円
2,400円(8%)OFF!!
(1)
総評価数 1件
2
(3.8)
総評価数 195件
3
(4.3)
総評価数 36件
4
LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ/WQHD/VA非光沢/165Hz/FreeSync Pre...
発売日 2020/12/11
通常 36,600円
現在 32,936円
3,664円(10%)OFF!!
(4.5)
総評価数 178件
5
(4)
総評価数 18件
 

HKC 31.5インチ 1500R曲面 144hzゲーミング高画質昇降ディスプレイ

  • 画面サイズ:31.5インチ/144hz/2ms-4ms/1920*1080
  • パネルタイプ:VA1500R曲面/16:9
  • 他の機能:NTSC高色域/G-sync FreeSync /FPS/RTSゲームパターン
  • 入力端子:DP/VGA 調節機能:上下昇降/178°*178°
  • 寸法:712*623*278mm/重量:7kg カラー:ブラック

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
VGAとDP(ディスプレイポート)とイヤホンジャックしか使えないのです。
HDMIと説明書きはありますが、HDMIの入力端子は無いので注意です。

PS4では使用できません! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
HKC 31.5インチ 1500R曲面 144hzゲーミング高画質昇降ディスプレイ CG322M
発売日 2020/08/26
通常 30,999円
現在 28,599円
2,400円(8%)OFF!!

  

JN-32MV144FHD [32型 1920×1080 FHD解像度 144Hz

 
 
Users Voice
UFO testにて測定した所、
・MPRTは5.775m/sでした。
(比較としてLG 2341は16m/s)
またこのテストでの、ゴースト、モーションブラーの幅は1mm程でした。(LG は1cm程)
GtGについては具体的な数値が出ないのですが遅くはない感じですかね...

音ゲーやこだわりたい人は画像の様にフレッシュレートの違いでもブレが出て来ますので240Hzを買った方が良いかと。

FPSは今入れてないのでバイオリベで試して見ましたが、(LG 2341 60Hz)と比較して画面が遅れて来る感じが無くなり、素直に世界が着いてくる様に見えます。
FPSだけならばこれで十分と思われます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
まず、届いた後に開封した時の一言が薄いです。
フレームレスで画面幅が広く見えることもありますが、本体の奥行自体が薄いです。

また、裏に設定で使用するスティックがありますが、最初は慣れませんが慣れると簡単です。
そして、やはりゲーミングモニターですので、リフレッシュレートが素晴らしいです。
通常のモニターの60hzと違いさすが165hzです。
(144hzでやってますが…)

また、自分はGeForceですので使えませんが、FreesyncもありますのでAMD社のグラフィックボードを使っている人には良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

JN-315VG165FHDR [165Hz MPRT1ms HDR対応 31....

 
 
Users Voice
期間限定の▲1万円で発売日に購入しました。
↓のスペックで3万弱、ヘタしたら▲1万円がなくても有り得ないレベルでのコストパフォーマンスだと思われます。

<主なスペック>
・31.5インチFHD
・細いベゼル
・165Hz(PS4での使用のため味わえてません。。)
・MPRT1ms(100Hz以上から)
・VA液晶(好みはありますが)
・HDR対応
・Freesync

<実際の使用感>(PS4やFireTVStick、仕事用PCでの使用です)
・まさにスペックどおり。自分のはドット抜けも色斑もありませんでした。
・VAなので黒が締まる。IPS液晶に比べても色味も遜色なし。
・HDMI端子1個なのはツラい。せめて2つは欲しい。
・スピーカーは中高音のみが強調され、やっぱりショボい(期待してる人もいないと思いますが)。
・台座が貧弱で安定感イマイチ(前後の傾きのみ調整可能)。
・取説は割と最低限。

※この商品の真価が発揮されるのは、ゲーミングPCやPS5の120Hz以上での使用になると思いますが、残念ながら試す環境がありません。。

ちなみに、商品到着時に小さなトラブルがあったのですが、サポートの方に丁寧かつリアルタイムな対応をしていただき、事なきを得ました。
JAPANNEXTという会社自体、実はあまり知りませんでしたが、サポート体制も充実してるのではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ブラックフライデー で購入したので、およそ23000円くらいでした。
他の方もおっしゃってますが、画面の色合いを設定するのが難しいです。
でも、それを補っても余りある、値段の安さ、画面の大きさ、そして十分なfpsに満足しています。
購入して良かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ...

  • ディスプレイ方式:LED
  • ディスプレイサイズ :31.5 inches
  • 解像度:QHD Wide 1440p
  • 31.5インチ WQHD(2560×1440)解像度で、1秒間に165コマの表示に対応するゲーミングモニター
  • AMD FreeSync Premiumテクノロジー対応。ティアリング(ちらつき)やスタッタリング(カクつき)を軽減し、映像をより滑らかに表示
  • HDR対応により、従来識別が難しかった色の違いも立体感ある豊かな色彩で再現
  • 映像出力のタイムラグを抑えるDASモードや、暗いシーンの視認性を高めるゲーム機能も搭載
  • その他機能 : フリッカーセーフ、ブルーライト低減 等 / 入力端子:HDMI×2、DisplayPort×1 / 輝度:350cd/㎡(標準) / 応答速度:5ms(1ms MBR) / スピーカー非搭載
  • 製品サイズ(WxHxD mm)‎: 715x515x225(スタンドあり) 重量(kg): 5.9(スタンドあり) / 壁掛け: 100×100mm
  • 付属品: ディスプレイポートケーブル、保証書(3年間)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コスパが良い。
細かい点を一つ一つ探っていけば気になる点はありますが値段と内容で見ればどれも許せる。この一点につきます。

FHD24インチあたりからの買い替えでPCで使う場合、WQHDの27インチでは文字はどうしても小さくなり見えにくい。また32インチでも4Kだと同じように文字は小さく普段使いは消して良いとは言えません。
32インチWQHDがベストと自分は考えます。
ノングレアですが他のノングレア液晶に比べ若干のグレアよりではあります。ノングレアとハーフグレアの中間ぐらい。ですが暗転時に自分の姿など反射で映るほどでないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングモニターは今回初めて購入しました。
仕事でパソコンに繋いで使用している時は、
ブルーライト低減モードを使用しており、目の疲れが大幅に軽減され、モニターも大きく見やすいので、仕事が快適にできるようになりました。

また、ゲームの際ですがなんといっても映像が凄く綺麗です。今まではテレビでしかゲームをした事がなかったので、ここまで映像が美しい事に正直
驚いています。
どれをこうしようか、色々迷いましたがこの商品を選んで本当に良かったです。
とても満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【Acer Direct限定】AOPEN ゲーミングモニター 湾曲 曲面 32HC5QRPbiipx

  • この商品はAcer Direct限定商品です。 Acer Direct以外の他販売者よりご購入された場合は、メーカー保証対象外となりますのでご注意下さいませ。
  • フレームレス筐体に没入感を生み出す湾曲型スクリーン。メーカー直販だからこその3年保証付で、いざという時も安心。
  • 31.5型ワイドパネル、湾曲1,800R、リフレッシュレート144Hz/165Hz(HDMI/DisplayPort)、1920x1080 フルHD 16:9、VA、非光沢、Over Drive、Free-Sync、スピーカー無し、保証3年(パネル・バックライトユニットは1年)、入力端子:HDMI 2.0×2、DisplayPort v1.2×1
  • 本体重量:台座あり/5.2kg 台座なし/3.75kg、本体寸法(W)×(H)×(D)mm:712.6×512.7×198.4、付属品:HDMIケーブル(1.5m)/DisplayPortケーブル(1.5m)/ACケーブル(1.5m)/ACアダプター/ユーザーマニュアル/台座/支柱/ネジ(5本、1本は台座と支柱組立用、4本は本体と支柱組立用)/背面カバー/保証書/修理依頼書
  • AOPENは1996年に世界をリードする大手電子機器メーカーとして台湾で設立され、部品メーカーから小型デジタル制御機器メーカーへと発展を遂げました。 今日では世界中の100カ国以上でビジネスパートナーと共にグローバルビジネスを展開しています。 今後も引き続き成長を遂げるため、パートナーと知識を共有し、オープンな環境におけるAOPENの価値を維持する事で、品質基準を準拠していきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この値段帯ではかなりいいと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
普通にええで。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
       

関連:他のサイズのゲーミングモニター

以下では、ゲーミングモニター人気製品をサイズ別に一覧で紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:ゲーミングマウスの人気製品

また、以下では、ゲーミング環境に合わせてそろえたい「ゲーミングマウス」も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました