【2021年最新】4Kゲーミングモニター「人気・高評価のおすすめ20製品」

こちらでは、モニター(ディスプレイ)製品の中でも、低遅延、高リフレッシュレートなゲーミングモニターを紹介。

FPSや格ゲーなど、一瞬が勝負を分けるゲームに重要な環境要素となります。

こちらでは、高解像度の美麗グラフィックが楽しめる「4Kゲーミングモニター」の人気・高評価のおすすめ製品を紹介していきます。

Contents

4Kゲーミングモニター 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「4Kゲーミングモニター」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/05/16 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 1457件
2
Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx TN 3840x2160 1ms 60Hz F...
発売日 2019/03/04
通常 43,592円
現在 32,323円
11,269円(26%)OFF!!
(4.3)
総評価数 592件
3
LG ゲーミングモニター 27GN950-B 27インチ/4K/Nano IPS/1ms(GtoG)/144Hz/G-SYNC Compat...
発売日 2020/07/29
通常 110,800円
現在 99,720円
11,080円(10%)OFF!!
(4.3)
総評価数 396件
4
(4)
総評価数 74件
5
(4.2)
総評価数 3238件
6
(4)
総評価数 223件
7
(4.2)
総評価数 52件
8
KEIAN 28インチ4K対応LEDモニター KWIN28 ゲーミングモニター
発売日 2019/04/20
通常 27,731円
現在 27,731円
(3.7)
総評価数 33件
9
(3.8)
総評価数 13件
10
(4)
総評価数 64件
 

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ/4K...

  • 微細なディテールや質感まで桁違いの鮮明さを実現する27.9インチ 4K UHDディスプレイ
  • 本物により近いトゥルーブラックからブライトホワイトまでのダイナミックレンジ全体を広げるHDRモードに対応。
  • TNパネル、応答速度1ms(GtoG)を搭載し動きの速いゲームに対しても、ラグやゴーストのない美しい映像の表示が可能
  • AMD FreeSyncテクノロジーにより流れるようなゲームプレイを体感,接続方式: Display Port,ディスプレイ方式: LCD
  • 人間の目に優しいフリッカーフリー技術、ブルーライト軽減機能搭載
  • 周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整するブライトネスインテリジェンスPlus技術搭載
  • HDMI2.0x2系統にDisplayPort1.4, 一体型スピーカーも標準搭載
  • HDRによる過度な明るさを抑え、周囲の照明環境に合わせて明るさと色温度を自動調整。
  • [主な付属品]電源 / HDMIケーブル(各約1.5m);クィックスタートガイド;ドライバーCD;保証書‎
  • [保証期間]3年保証(パネル、ライトは1年保証)‎‎‎ [走査周波数]水平: 30~135KHz 【垂直周波数】24~76Hz【定格電圧】100 - 240V【最大解像度】3840×2160(4K UHD)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ずっと気になってたこのモニター、別に今使ってるモニターが壊れた訳でもないのに買い換えるのもなぁと思いながら気になって、、やっぱり買ってしまった!率直に画質本当に綺麗です!それだけで買い換えた甲斐がありました!ただ、、主にFPS系のゲームをしてるんですが、1番期待してたHDRなんですが!これはあくまで個人的な感想で私の目がダメなだけかもしれないんですが、全体的に画面が暗くなって敵も背景と同化してしまうというか、ゲーム側の設定で画面をかなり明るくしてみたんですが、しっくりこなくてダメでした!大人しくHDRは切ってゲームモードでやってます。むしろこのゲームモードの画像の方が綺麗なんじゃねぇかって感想です!最初はせっかくだからとHDR使ってましたが、今は映像作品観る時と、FPS系以外だけHDR使ってます。あくまで個人的な感想ですがFPSやる時はHDRは切ってゲームモードでやった方が良いと思います。あと今まで24インチのモニターで丁度良いなと思ってて届くまで大きさに不安があったんですが、この約28インチでもそこまで違和感なく使用できてます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4 pro用に購入。vesa対応でアーム使って使用してます。PCの利用には視野角の問題で個人的には微妙な感じ PS4 proの4k利用で初めての人に推奨します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx

  • 画面サイズ:28.0型ワイド/解像度:3840x2160 16:9 4KウルトラHD HDR対応/パネルタイプ:TN、非光沢
  • 輝度:330cd/㎡(白色LED)/応答速度:1 ms (VRB)
  • 入力端子:HDMI 2.0 x2(HDCP2.2対応、DisplayPort v1.2x1、2W+2W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:482X659X241/本体重量(スタンドあり):5.49 kg/(スタンドなし):4.96 kg
  • 付属品:DisplayPortケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、クイックスタートガイド、保証書、台座
  • VESAマウント(壁掛け): 100×100mm対応
  • スイベル(左右首振り)機能なし●高さ調整機能なし●ピポッド機能なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Acer VG271UPbmiipxのレビューです。

【購入動機】
数年前に購入したリフレッシュレート60Hzのモニターではゲームのプレイにおいて辛さを感じていました。
初めは別メーカーのゲーミングモニターを購入予定でしたが、
少ないレビュー数にも関わらずドット抜けの報告が多かった事と、
このモニターがセールで安くなっており且つ高評価が多かったので購入しました。

【映り具合】
デフォルトの状態だと赤色が強く、そしてギラついて見えます。
設定がデフォルトではプリセットの暖色モードになっているのもありますが、
暖色モードからユーザー設定モードにしても赤色が強く感じた為、
下記のように設定することで自分好みの設定にすることができました。

【ドット抜け】
ドット抜けはありませんでした。

【音声】
HDMI接続でこのモニターを介して音声を聞いていますがサーーというノイズが聞こえます。
モニターのボタンでOSDを操作する際にノイズ音が大きくなるのでモニターから発生していると思われます。
モニター側の音量を20以下にすることで自分の環境では聞こえなくなりました。

【モニタースタンド】
角度調整のみ可能です。回転や高さなどは調整不可能です。
モニターを設置している机から約9.2cmの高さにモニターの下端が来ます。

【表示速度】
オンボードから接続しているPCでは60Hzまでしか表示できませんでした。
グラフィックボードから接続しているPCでは特に設定等することなく144Hzで表示できました。
Adaptive Syncについては設定項目が表示されず設定できませんでした。
HDMI接続だと設定できないのでしょうか?DisplayPortケーブルを購入したらまた試してみるつもりです。

【操作性】
ボタン4つと押し込み可能のスティック1本での操作になります。
モニターに表示されるOSDにどのボタンがどの機能になっているか表示されていますので分かりやすいです。
2台以上のPCを接続している場合の切り替えはボタン操作が5回も必要なので少し面倒です。
以前使用していたモニターは2~3回のボタン操作で切り替えできました。

【総評】
ドット抜けが無かった事と、設定で自分好みの色合いにできた事もありとても満足しています。

※自分用の好みの設定
輝度:40、コントラスト:50、ガンマ:1.8、色温度:ユーザー設定、
Rゲイン:47、Gゲイン:49、赤飽和:36、音量:20

------------------------------------------
(以下、追記)
DisplayPortケーブルを購入してこのケーブルで接続してみたところ、G-Sync(Adaptive Sync)の設定ができるようになりました。
尚、自分の利用範囲では違いを感じることはできませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
144hz 1ms WQHD IPS 。こちらに買い替えるまではTNパネルで同じスペックのディスプレイを使用していたのですが目の疲れが酷くこちらに買い換えました。
結果。大満足です。発色の綺麗さも目の疲れ具合も全く違います。
このスペックで現在発売されているディスプレイの中では圧倒的なコストパフォーマンスでしょう。
唯一スピーカーだけはショボすぎる音ですがそれ以外は何の不満もない完璧なディスプレイです。全力でオススメできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ゲーミングモニター 27GN950-B 27インチ/4K/Nano IPS...

  • 4K Nano IPSパネルで応答速度1ms(GTG)/リフレッシュレート144Hzを実現したゲーミングモニター
  • VESA DisplayHDR600 / NVIDIA G-SYNC Compatible・AMD FreeSync Premium Pro対応
  • 解像度:4K(3840×2160) / 10bit表示対応 / 4辺フレームレスデザイン
  • 入出力端子:HDMI×2、DisplayPort×1、USB3.0 1up/2down
  • ピボット、高さ調節対応(+110mm)、チルト(上15°~下-5°)対応/壁掛け対応(100×100mm)/スピーカー非搭載
  • 付属品:Display Portケーブル、HDMIケーブル、USBケーブル/ 保証期間:3年間
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DAS(Dynamic Action Sync)モード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「ブラック スタビライザー」などのゲーム機能も搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めての144Hzゲーミングモニターです。これの他に現在使用中のIODATA(MF234XPBR)の23インチLEDバックライトIPS液晶パネル(2012年頃購入)との比較です。まず、144HzでFPSゲームを動作させたときは事前情報のとおり、画面のブレやちらつきが大幅に低減され十分体感できるほどヌルヌルです。これに合わせてAIM感度調整も必要なほどでした。
動きが激しい場面でも見やすくなるので、何か見てからの反応がしやすくなるのではないかと思います。FPSゲーム以外のMMO等でも効果はあると思いました。動く対象は敵やボスだけでなく、周りの背景も自分の視点変化と同時にうごきますので、そっちのブレもなくなります。こちらの効果もかなり大きいです。
デメリットとしては、IPSに比べ発色やコントラストは逆立ちしても勝てません。白黒のはっきり度合いや発色の良さ、色味が自然かどうかなどです。144Hz以上で駆動する多くはTNパネルですので仕方ないのですが…。この感じ・・・、144Hz駆動や解像度を除けば、10年以上前の一般的なTNモニターそのまんま(笑)144Hz以上のゲーミングモニターでFPSするぞ!って方以外は上記含めよく考えられたほうがいいかもしれません。
長時間文章を書いたり、読んだり、イラストを描いたり、動画や写真をみたり・・・、こういう一般的な使い方では安いIPSモニターのほうが個人的にはいいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
FF14用に34インチの曲面を先に買いましたが、個人的にエンドコンテンツで素早く端まで視界に入るサイズでは無かった為、29のこちらを購入しました。
グラボはgtx1070ですが、DisplayPortの接続でAMDフリーシンクが使えるようになり75hzで60よりぬるっと動かせます。
照度を0に落とし、コントラストも60まで落とすと目に優しいです。
FF14はFHDでも4Kでもウルトラワイドでも縦の広さは変わらない為、敵の上の方が見えない方は設定からカメラのチルトを70〜80程度まで上げると更に快適になります。
とにかくお勧めできるモニターです。

あえて難点を探すならスタンドが弱くて揺れるので、安いモニターアームに変えるだけでも格段によくなります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

4Kモバイルモニター モバイルディスプレイ 15.6インチ ポータブルモニター ...

  • 【4kIPS技術による広視野角】15.6インチモニター3840 x 2160の高精細な解像度を搭載しているだけでなく、プロフェッショナルな作業にも快適さをもたらす。フルHDの4倍の表示エリアの4K UHDに対応!映像の細部までをよりリアルに鮮明に表示できます。視野角が広く、鮮やかで自然な色再現を実現する、IPSパネルを採用し、水平にも垂直にも178°の超広角の表現力を持ち、どんな角度から見ても映像を思う存分に楽しめます。
  • 【多機種デバイスに適用するモバイルモニター】ノートパソコン、デスクトップ、Raspberry Pi 、スマホ、PS3/PS4、Xbox 又はNintendo Switchなどに対応しています。ノートパソコンのサブモニターとして、連続2画面が実現し、または横、縦型が自由に切り替えでき、デュアルモニターで作業効率大幅アップ!フルHD対応のこちらのモニターは、SwitchやPS4、Xboxなどさまざまなゲームと互換性があり、ゲーム用モニターにもぴったり。仕事の場でも、趣味の場でも活躍できそう。プレゼントにも最適です。
  • 【薄型 軽量】 モバイルモニターの厚みは約6mm、重量は約820gと軽量で、雑誌のようなデザインなのでカバンに入れてどこにでも持ち運びできます。出張や旅行の時でも接続するだけで、広い画面で作業できます。折りたたみ式のスマートケースが付属しているので、縦置きでも横置きでもしっかりと本体を支え、適切な角度も調節可能です。
  • 【FHD高精細画質・画面に遅延無し】遅延などがなくゲーム用としても優秀。ドライバーを追加することなくすぐ使用でき、60Hzの高速応答も可能なので、FPSゲームやアクション映画など動きの速いコンテンツを楽しめます。NTSC72%の表示色域とFHD高ダイナミック技術が搭載されているため、画質はより良い高精細になる。
  • 【薄さ6mmの高いデザイン性】最薄部でわずか6mmの驚異的な薄さを実現した、とてもスリムな液晶ディスプレイです。コンパクトなボディは場所を取らず、置き場所を選びません。狭額デザインなので、画面があたかも空中に浮いているかのように見えて、圧倒的な没入感を楽しめます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めての4kモニターです!自分の使い方としてはやはり外せないのが
Nintendo SwitchをUSB Type-Cケーブル一本で繋げられること。
ディスプレイ本体にType-Cで電源を供給し、ディスプレイからNintendo SwitchへC to Cで一本!
Nintendo Switchからの映像と音を入力し、Nintendo Switchへ電力を供給する。
早速やってみましたがバッチリでした!ケーブル一本をいうのはホントに楽ですね!
綺麗に映りましたが・・・ただNintendo Switchの映像出力がフルHDなので
ディスプレイの性能としては全然本気を発揮していません。
なので次はPCとの接続を試してみました!
説明書には4kのこのモニターはType-Cの入力で電力も一緒に供給されるタイプの入力には
電力が足りないようで別で電力も供給してくれと書いていましたが
試しにPCのType-C出力から一本のみでディスプレイに繋いでみたところ・・・
立派に映像が映りました!明るさを80%くらいまで上げると・・・映像がダウン!
でも明るさを落として使っても十分に明るいのでこれは使えます!
音楽編集の時の波形を一望できる範囲がすごく広がりました!
いままでは都度都度ズームダウンとズームアップを繰り返していた作業がいらなくなります、
感動ですね!解像度は正義だなとw
価格帯はライバル製品達より少し安いモニターなので
電源ボタンやメニューボタンなどのチープ感は少し否めないところはあります。
が、この価格で4kというのはやはり嬉しいですね!
スタンド兼カバーが始めからついていて磁石で背面にくっつきます。
背面にはVESAマウントらしきねじ穴もありました。
FireStickTV4kをミニHDMIに変換して繋いでみたところ少し色が浅く感じましたが
メニューからHDRをオンにすると良い感じにこってりとなりました!
付属のスピーカーはやはり所詮は内蔵型といった域は出ませんが
変なノイズやコイル鳴きみたいのが無いのが好感が持てます
小さくてもいいのでアクティブスピーカーを繋げたりすると良いかもしれません。
音量はメニューボタンですぐに弄れます。
総じて使いやすいポータブルモニターだと思いました、
今後もゲーム機とPCのお供に使っていきたいと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
古いノートパソコンの液晶ディスプレイとして購入。8年前のノートパソコンの液晶ディスプレイがTNパネルで見づらかったのですが、このディスプレイを使用すると見やすくなりました。

コントラストが高いので動画もテキストも見やすくなりました。特に動画がくっきりはっきり映るのが良かったと思います。

使用するノートパソコンが4K出力対応だったので、テキストを100%から200%に拡大して使用しています。オフィスアプリやコーディングでも活躍できる高解像度だと思います。

ACアダプターはUSB Power delivery対応でした。Type C接続の場合はケーブル一本で接続可能です。HDMI接続の場合、Type Cから電源を取ることで対応できました。

マグネットでくっつくブック型モバイルスタンドがあるので、カバンに入れた際にも画面に傷が付かないように工夫されていました。

メーカーさんには今後、こうしたモバイル液晶ディスプレイ用のVESA対応スタンドを安く販売してくれることを期待します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS ゲーミングモニター 28型FPS向き/4K/3840×2160/1ms...

  • フリッカーフリー搭載
  • 最大解像度: 3,840 ×2,160 (4K UHD) 画素ピッチ0.16mm
  • 視野角:水平170°、垂直160°
  • 最大輝度: 300cd㎡/ ●最大表示色: 約10億7374万色
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1
  • 上下角度調節 (チルト): 上20°~下5°
  • ケンジントンセキュリティースロット搭載
  • 対応VESA規格: 100×100 mm
  • 応答速度:1ms(GTG)
  • サイズ: 660.4㎜ x 229.4mm x 445.8㎜ (スタンド含む)●質量:約5.4kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
先日購入し本日開封、接続動作確認を行いました。利用して思ったことをまとめましたので検討中の方の参考になりますと幸いです。

映像に関して

安価の割りにゲーム時の4kグラフィックは素晴らしいです。ただゲーム中に映像が若干かたついたり「ちょっと表示追いついてないんじゃない?」って思うことが多々あります。ですが、ゲームをするのには最適(ゲーム環境による)といっても良い品物です。
一方PCの画面として利用するのはあまりお勧めいたしません。といいますのも想定していたよりデスクトップ上に映し出されるものがボケて見えます。これは4kあるあるらしいのですが私としましてはもう少しましなものかと想定してましたので残念です。
色合いは全体的に白が強くなります。これは画面調整で色々試してみても治らないかと・・・。

配線・接続に関して

本製品説明欄にもある通りHDMI/DisplayPort(1.2)にしか対応しておりません。
接続面ですが背面に対して下から挿す感じになるので接続の際は難しい設計ではありますが、見た目重視らしいのでその点は致し方ないかと・・・。

以上となりますがこの価格で総合的に判断しますと、
ゲーム用としては☆5
PCモニター用としては☆1~2
あくまでも個人的意見ですが参考になりますと幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
先代の画面が映らなくなったので急遽購入。

応答速度はやはり進化しているのか、感覚では変わったと思える程度にはわかります。
昨今の軽量志向なのか足が弱そうなのでアーム使用を検討中。
スピーカーは飾りです、外部から音を取ったほうがいいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

4Kモバイルモニター 15.6インチ モバイルディスプレイ PS4/Switch/PC対応

  • ?【4Kの高解像度&美しいIPSパネル】本モニターは4KUHD(3840×2160 )の解像度を備え、フルHD4倍の表現力があります。 発色が鮮やかで自然な色合いを表現できるIPSパネルを採用したため、あらゆる角度から見ても色変化が少なく、4Kの映像の美しさを一層引き立たせます。映画鑑賞用にしても、ゲーム用にしても、美しい映像で没入感がさらに高まります。
  • ?【幅広い接続性】IVVモバイルモニターはフル機能Type-C接続端子二つ搭載しております。最新のPC/switch/PS4/PS5に簡単に接続利用できます。Thunderbolt 3インターフェイス搭載のスマホでも、本モニターと接続するだけで、スマホの画面を15.6インチの大画面で表示することさえできます。また、miniHDMI端子一つも搭載されているためUSB C端子のないPCでもminiHDMI‐HDMIケーブルを利用して、作業画面を二倍拡大できます。(miniHDMI‐HDMI変更ケーブルは付属されています。)
  • ?【ゲームに最適】本モニターでは4Kに対応の上で、画面の明暗と細部をもっと表現できるHDRのゲーミングモードもあり、ダークゲームをしても、他人よりもっと多くの内容を見えます。また、FreeSync技術を採用し、動作の速い映像を見るとしても、滑らかで綺麗な映像を表示できます。
  • ?【極薄&高級のボディー】本モニターはアルミ合金製で、大画面でありながら、高級感のある極薄なボディーを持っています。磁石吸着式の折り畳み保護カバーも付属されており、モニターを使用する時では、折り畳んでスタンドに変身できますし、使わない時は、モニターとともに、またはモニターから取り外して手軽に収納バッグに簡単に収納できます。
  • ?ご注意: ※USB Cケーブル一本でモバイルモニターをPCと接続際は、PC側のUSB Type-C端子はAlt DPモードに対応かどうかをご確認ください。PCからの給電不足の場合はアダプターをご利用してコンセントからご給電ください。 ※4Kモバイルモニターでは電力消費が高い特性があるため、ご利用の際は付属された電源アダプターでご給電ください。 ※ご利用の前に、接続予定のデバイスは4K出力対応かどうかをご確認ください。4K出力対応できないであれば、フルHDのモバイルモニターをお勧めいたします。 ※信号入力と電源供給、両方を確保された上でモバイルモニターのメニューをご設定ください。 ※本製品の色域は100%sRGBですが、表示画面は接続機器のクレジットカードのスペックにより違ってきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ・購入理由
購入時、3万円を切っており、4K15.6インチ、HDRやFreeSnycなどにも対応しており、
ドット欠けや色むらなどに当たらなければ、間違いなくコスパ良好と思い購入

ざっくりと良い悪いを記載したあと、補足的に少し細かく記載していきます。
長くなります(汗

・良い部分として
非光沢、4K高解像度で綺麗なのはもちろんですが、非光沢なので画面反射がなく、不意に自分の顔が反射することがなくいい
USB-C2系統まり、どちらでも入力・給電可能なのでいい!ポートが電源専用でないので気にせずさせるのは楽
VESAで固定使用も可能となっており、モバイルで使用しない時やminiPCなどの組み合わせ時に便利
薄型、CNCアルミボディがベースとなっているので、質感は上々と言ったところです。

・悪い部分として
miniHDMIなのが気になる部分ではある。フルサイズだったらよかった
微妙なラインですけどフロントのメーカーロゴが白文字なので気になる方はいるかも?個人的にはOK

以下は補足レビュー

セット内容
・IVV 156UC-B[カバー付属]
・miniHDMI To HDMIケーブル
・USB-C ケーブル x2本
・USB-C コンセント変換[Out:20V1.5A]
・説明書[日本語表記]

本体情報として、入力ポートは正面からみて右側面にあり
ポートとしては
・miniHDMI x1ポート
・USB-c x2ポート
となっていました。一番上にHDMIポートがある状態です。
USB-C側は上記でも記載した通り、どちらかが電源専用というわけではなく
どちらでも対応しているタイプです。
留意点としては、USB-C1本で接続する場合、PCはUSB3.1Gen2クラスが必要になること
それ以外の機器はPCと同じクラスまたは、映像出力に個別に対応していることが必要となります。
確認のため、スイッチを接続しましたが、問題なく表示されていました。
あと、電源としてUSB-Cを接続する場合は5V1Aなどの低い電圧では安定しないので、留意が必要です。

HDR機能は、対応している機器であれば、Auto設定で自動に適応されるが、
対応していなくても、適応は可能です。濃い色合いになるので、未対応のソフト等ではシーンによってはよし悪しです。

本体は一部樹脂はあるものの、ベースCNCアルミフレームなので、質感もよい
非光沢のため、液晶側の指紋等も目立ちにくく、メンテナンスも光沢よりは気持ち楽にできる。
VESAネジ穴は裏面中央ではなく、下よりになっているので、VESAにマウントした場合
当然ですが、マウントした場合、マウントした位置よりやや上に液晶がきます。
逆手にとって、VESAマウウントを利用した、モニター卓上ベースなどを使用すると、液晶したのスペースが開くので良いと思われる。

肝心の液晶としては、4Kというだけあり、4Kコンテンツを再生すると、それなりに綺麗です。
モニターが大きい方がいいかとは思いますが、15.6インチでこれなら十分であり、
開封時にドットかけや色むら等もなく、いい意味であたりだったので、ほぼ満足といっていいかと思います。
あとは継続使用でどうなるか?ですが、そこは経過監視していき、極端に悪い場合は追記します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
同じメーカーのフルHDモデル(156FC)を使ってします。
メインディスプレイが4Kなので高解像度でHDRが対応したモデルが欲しかったので、同じメーカーのこちらのモデルを購入してみました。
HDR、FreeSnycにも対応していて値段的にもめちゃくちゃ安かったですからね。

解像度してはUSB-C、HDMI両方で4K(3840×2160)の出力もバッチリ可能でした。
非常にコンパクトですし、ゲーム用にデスクの片隅に置くのにはとてもいいですね。

ただし、これはこのモニタが悪いわけではないのですが、HDMIやUSB Type-C DisplayPort Alt Modeなどの規格がカオスになっているので致し方ないとことではあるのですが、3840×2160の解像度でHDR60Hzの信号を入れようとすると、出す側もケーブルもえげつない程めんどくさくなるのでご注意ください。

USB Type-C DisplayPort Alt Modeも実は二つあり
一つはThunderbolt 3に基づいたもの。これはDisplayPort1.4を内包しており4K120HzHDRに対応しています。
しかしThunderbolt 3で映像を出力する側が非常に限られており(映像以外ならたくさんあるのですが・・・)
事実上Macくらいですが、Macで120Hzでゲームしたりはしない・・・・。

そしてもう一つはThunderbolt 3には基づいていないUSB Type-C DisplayPort Alt Modeです。
本製品はこちらに対応していますが、このモードだと4K30Hzまでの対応となります。
つまり本製品で4K60Hzで利用する場合はHDMIで接続する必要があります。

ただ、勘違いして欲しくないのは本製品が悪いのではなく、Thunderbolt 3に対応している製品以外は全部そうなるということです。USB TypeC一本でつながるのがメリットのモバイルモニタ全体の注意点ですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター 4k, 15.6インチ ポータブルモニター FHD 3840 x

  • ★【15.6 4K液晶モニター】FHD 3840X2160の高解像度。 IPSパネル アスペクト比:16:9(4:3)。 応答時間:2ミリ秒
  • ★【複数のインターフェース】デュアルHDMIポート、デュアル3.5mmオーディオジャック。Type-Cポートは、スマートフォン用の1本のケーブルでビデオとデータの伝送に使用できます。 USBポートは電源に使用することができます。
  • ★【幅広い用途】Raspberry Piモニター/ PS3 / PS4 / xbox 360 / xbox 1台、産業機器、カーオーディオおよびビデオ、カーヘッドレスト、医療機器用ディスプレイなどに最適です。
  • ★【スリムでスタイリッシュな】CNC加工、おしゃれで軽量、持ち運びが簡単、仕事や旅行に便利。 パッケージには、携帯用ディスプレイをよりよく保護するためのレザーケースが含まれています。
  • 【満足保証】:30日以内に任意の問題について100%返金保証、13ヶ月保証保証。 ご質問がある場合は、アフターサービスまでご連絡ください。【shshlgwlkj@sohu.com】

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ホームシアターでの設定確認とサブPCのディスプレイ兼用目的で購入しました。
miniHDMI入力が二つあってネイティブ4kのディスプレイとしては値段も決して高くありません。
なお、4k対応は入力1の端子に限定されます。
入力2は1920×1080までですが、PCディスプレイとして使う際はこれで十分です。
スタンド兼用カバーも付いていますから、普段はしまっておけるのもポイント高いですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
何となく探していたら、すごい安かったので思わず購入しました。
HDMIで接続する分にはなんら問題ありません。
HDMIは2ポートあって、上がHDMI2.0/下がHDMI1.4対応となっているようで、下に繋い
だ時はFullHDまでしか出ませんでした。
上のポートはFireTVStick4KやノートPCから4K出力がされており、問題なく使えています。

問題はMiniDPポートとUSB-Cポート。
きちんと出せると確証のある機器がないのですが、MiniDPはHDMIからMiniDPへ変換する
ケーブル、USB-CはUSB-C→HDMIで出力を確認しているスマホで直接接続、のどちらも
入力を検出することができませんでした。こちらの機能を利用することを考えている人は
購入を考えた方がいいかもしれません。
たまたま初期不良というのも考えられますが・・・

あとはグレア液晶ですごい映り込みしますね・・・ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

KEIAN 28インチ4K対応LEDモニター KWIN28 ゲーミングモニター

  • HDR機能搭載で色彩豊かな表示が可能
  • LOS機能搭載。FPSなどでレティクルがモニターに表示されるので上達速度アップ
  • FreeSyncにも対応し、画面のちらつきやティアリングを軽減
  • 5wスピーカーを2基搭載。しっかりとした音質でプレーが可能
  • VESA規格対応。スタンドを外し、100*100mmの金具を取り付けることで壁掛けのモニターとしての利用も可
  • 応答速度は標準モードで5ms。応答速度モードON時には2msへ高速化。
  • HDMIポートを計3つ(HDMI2.0対応が1つとHDMI1.4対応が2つ)、Dis

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この価格で28インチ4kなら十分お買い得だと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
アマゾン中古購入で
お安く買えました

画質は4Kということもあり
特に不満はありません

ただ、起動が遅い気がします
速い時は速い
遅い時は遅い

リモコンも期待してたのですが
音量調整やHDMI切り替え時
まれに電源が落ちたりします
謎です
切り替えも遅いので面倒

私の場合はPS4PROのみの使用に切り替えたので
気になりませんが
複数デバイスでのHDMI使って
切り替える場合は
面倒だと思います

それでもコスパ考えるとアリかと思います)

あと、モニターに詳しくなかったので
知りませんでしたが
4KHDRが使えるのは
HDMI2.0?対応のHDMI 1だけです
2と3はFHD(1080p)だけの
対応みたいです

応答速度やフレームレートはFPSしないので
よくわかりません
説明の通りだと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
KEIAN 28インチ4K対応LEDモニター KWIN28 ゲーミングモニター
発売日 2019/04/20
通常 27,731円
現在 27,731円

  

4K モバイルモニター14インチ モバイルディスプレイ HDMI/Type-C/スピーカー内蔵

  • ★【14” 4K LCDモニター】FHD 3840X2160高解像度。 IPSパネル。アスペクト比:16:9(4:3);応答時間:2ms。
  • ★【マルチインターフェース】デュアルHDMIポート、デュアル3.5mmオーディオジャック。Type-Cポートは、スマートフォン用の単一ケーブルでビデオとデータ伝送に使用できます。 USBポートは電源供給に使用できます。
  • ★【幅広い用途】Raspberry Piモニター/ PS3 / PS4 / xbox 360 / xbox one、産業用機器、カーオーディオとビデオ、カーヘッドレスト、医療機器ディスプレイに最適です。
  • ★【スリムでスタイリッシュ】CNCプロセス、ファッショナブルで軽量、持ち運びが簡単、仕事や旅行に便利。パッケージには、ポータブルディスプレイの保護を強化するためのレザーケースが含まれています。
  • [保証] 15.6インチポータブルモニターの保証:30日以内に発生した問題については100%返金保証、あなたの満足を保証するために一年間保証。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
在宅勤務でサブモニターを探してました。
14型で4K、机の大きさと、パソコンの大きさを考えてこれにしました。
画面色が違いましたが、調整によりほぼ合わせることができました。
画質はきれいです。ノングレアなのでビジネス文書も見やすいです。
タッチパネルではありませんが、特に問題はありません。
一つだけ…
説明書(なのかな)によると、インジケータは青が正常で、赤はサポートに連絡、となっていますが、電源オン無入力信号で青、信号有で赤、が正しいのではないかと思います。
-----------
3週間目、液晶の一部分にφ1.5mm程度の色ムラが…RGBいずれかのドット抜けかもしれません。
ドット抜けは保証対象ではない、とはいえ、14インチ4Kディスプレイでφ1.5mmのドット抜けはなかなか目立ちます。
返品交換実施。その間2日ほどでした。
交換機は、ドット抜け、色ムラも無く…
これで、当初考えていた理想どうりになりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ホームシアターでの設定確認とサブPCのディスプレイ兼用目的で購入しました。
miniHDMI入力が二つあってネイティブ4kのディスプレイとしては値段も決して高くありません。
なお、4k対応は入力1の端子に限定されます。
入力2は1920×1080までですが、PCディスプレイとして使う際はこれで十分です。
スタンド兼用カバーも付いていますから、普段はしまっておけるのもポイント高いですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

4Kモバイルモニター IVVモバイルディスプレイ 15.6インチ ポータブルモニター

  • 【4K IPSパネル&品質保証】アルミ合金製のボデイは耐久性が高く、高級感もたっぷりです。ポータブルモニターはLCD 4KUHDパネルを採用し、3840*2160解像度ですべての写真、動画がクリアに、まるでその場にいるかのような臨場感が溢れています、あらゆる角度から見ても色変化が少ない水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが4Kの映像美を一層引き立たせます。ご購入を頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【多機種デバイスに適用するモバイルモニター】ノートパソコン、デスクトップ、Raspberry Pi 、スマホ、PS3/PS4、Xbox 又はNintendo Switchなどに対応しています。ノートパソコンのサブモニターとして、連続2画面が実現し、または横、縦型が自由に切り替えでき、デュアルモニターで作業効率大幅アップ!フルHD対応のこちらのモニターは、SwitchやPS4、Xboxなどさまざまなゲームと互換性があり、ゲーム用モニターにもぴったり。仕事の場でも、趣味の場でも活躍できそう。プレゼントにも最適です。
  • 【横置き/縦置き表示】接続してデュアルモニタにして横置きモードにすれば、作業画面がさらに広がり業務環境が改善されて、作業効率が高まります。縦置き表示なら、延々続く報告書も一目瞭然で、より多くの行を読むことができるので、一度に内容を開きたいという要求を満たします。いつでもどこでも、あなたのニーズに合わせて回転させて使用できます。
  • 【FHD高精細画質・画面に遅延無し】遅延などがなくゲーム用としても優秀。ドライバーを追加することなくすぐ使用でき、60Hzの高速応答も可能なので、FPSゲームやアクション映画など動きの速いコンテンツを楽しめます。NTSC72%の表示色域とFHD高ダイナミック技術が搭載されているため、画質はより良い高精細になる。
  • 【薄さ6mmの高いデザイン性】最薄部でわずか6mmの驚異的な薄さを実現した、とてもスリムな液晶ディスプレイです。コンパクトなボディは場所を取らず、置き場所を選びません。狭額デザインなので、画面があたかも空中に浮いているかのように見えて、圧倒的な没入感を楽しめます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めての4kモニターです!自分の使い方としてはやはり外せないのが
Nintendo SwitchをUSB Type-Cケーブル一本で繋げられること。
ディスプレイ本体にType-Cで電源を供給し、ディスプレイからNintendo SwitchへC to Cで一本!
Nintendo Switchからの映像と音を入力し、Nintendo Switchへ電力を供給する。
早速やってみましたがバッチリでした!ケーブル一本をいうのはホントに楽ですね!
綺麗に映りましたが・・・ただNintendo Switchの映像出力がフルHDなので
ディスプレイの性能としては全然本気を発揮していません。
なので次はPCとの接続を試してみました!
説明書には4kのこのモニターはType-Cの入力で電力も一緒に供給されるタイプの入力には
電力が足りないようで別で電力も供給してくれと書いていましたが
試しにPCのType-C出力から一本のみでディスプレイに繋いでみたところ・・・
立派に映像が映りました!明るさを80%くらいまで上げると・・・映像がダウン!
でも明るさを落として使っても十分に明るいのでこれは使えます!
音楽編集の時の波形を一望できる範囲がすごく広がりました!
いままでは都度都度ズームダウンとズームアップを繰り返していた作業がいらなくなります、
感動ですね!解像度は正義だなとw
価格帯はライバル製品達より少し安いモニターなので
電源ボタンやメニューボタンなどのチープ感は少し否めないところはあります。
が、この価格で4kというのはやはり嬉しいですね!
スタンド兼カバーが始めからついていて磁石で背面にくっつきます。
背面にはVESAマウントらしきねじ穴もありました。
FireStickTV4kをミニHDMIに変換して繋いでみたところ少し色が浅く感じましたが
メニューからHDRをオンにすると良い感じにこってりとなりました!
付属のスピーカーはやはり所詮は内蔵型といった域は出ませんが
変なノイズやコイル鳴きみたいのが無いのが好感が持てます
小さくてもいいのでアクティブスピーカーを繋げたりすると良いかもしれません。
音量はメニューボタンですぐに弄れます。
総じて使いやすいポータブルモニターだと思いました、
今後もゲーム機とPCのお供に使っていきたいと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
古いノートパソコンの液晶ディスプレイとして購入。8年前のノートパソコンの液晶ディスプレイがTNパネルで見づらかったのですが、このディスプレイを使用すると見やすくなりました。

コントラストが高いので動画もテキストも見やすくなりました。特に動画がくっきりはっきり映るのが良かったと思います。

使用するノートパソコンが4K出力対応だったので、テキストを100%から200%に拡大して使用しています。オフィスアプリやコーディングでも活躍できる高解像度だと思います。

ACアダプターはUSB Power delivery対応でした。Type C接続の場合はケーブル一本で接続可能です。HDMI接続の場合、Type Cから電源を取ることで対応できました。

マグネットでくっつくブック型モバイルスタンドがあるので、カバンに入れた際にも画面に傷が付かないように工夫されていました。

メーカーさんには今後、こうしたモバイル液晶ディスプレイ用のVESA対応スタンドを安く販売してくれることを期待します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

4Kゲーミングモニター 最新・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「4Kゲーミングモニター」最新・高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/05/16 更新)
Rank製品評価
1
(4.5)
総評価数 2052件
2
(4.4)
総評価数 905件
3
Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx TN 3840x2160 1ms 60Hz F...
発売日 2019/03/04
通常 43,592円
現在 32,323円
11,269円(26%)OFF!!
(4.3)
総評価数 592件
4
(4.3)
総評価数 557件
5
LG ゲーミングモニター 27GN950-B 27インチ/4K/Nano IPS/1ms(GtoG)/144Hz/G-SYNC Compat...
発売日 2020/07/29
通常 110,800円
現在 99,720円
11,080円(10%)OFF!!
(4.3)
総評価数 396件
 

【PS4 Pro対応】BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): 微細なディテールや質感まで桁違いの鮮明さを実現する27.9インチ 4K UHDディスプレイ
  • 商品(左): 本物により近いトゥルーブラックからブライトホワイトまでのダイナミックレンジ全体を広げるHDRモードに対応。
  • 商品(左): TNパネル、応答速度1ms(GtoG)を搭載し動きの速いゲームに対しても、ラグやゴーストのない美しい映像の表示が可能
  • 商品(左): AMD FreeSyncテクノロジーにより流れるようなゲームプレイを体感
  • 商品(右): プレミアムHDMIケーブル認証取得で4K 60P/4K HDR映像にも対応
  • 商品(右): 信頼性の高いAWG30銅撚り線(どうよりせん)を採用
  • 商品(右): 遮蔽性の強い3重シールド構造採用
  • 商品(右): 継ぎ目のないシームレス亜鉛ダイカストプラグ 剛性のある亜鉛ダイカストケース採用

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS5の発売日が決定し予約受付も始まったので、PS5に最適なゲーミングモニターを探していたところ落ち着いたのが、この商品。

正直なところ、そこまでモニターの知識はなかったため急ごしらえで色々知識を入れて購入を決意。よって素人発言もあるかと思うが少しでも参考になれば幸い。

商品の概要
本製品はBenQの最新型で、さらなる高性能なゲーミングモニターの開発を目指した新プロジェクトとして新しく生み出された新ブランドMOBIUZシリーズになるとの事。
大きな特徴としてはサウンド方面にも力を入れておりtreVoloという独自の高音質技術、HDRをカスタムし明暗の描写をよりなめらかに自然に見せるHDRi技術が搭載されている。

キャリア
今まで使っていたのが同じBenQ製品の24インチTNパネルの応答速度5ms。
今回新しくモニターを新調するにあたって重視したのが、モニターの性能を大きく左右する以下の5つと価格。

・サイズ(インチ)
・解像度(4K>WQHD>フルHD)
・パネル(TN、VP、IPS)
・応答速度(ms)
・リフレッシュレート(Hz)
・価格

次に上の要素について、更に細かく説明。

・サイズ
単純にモニターの大きさ。これは人によって使用用途などで好みが分かれるところなのでオススメどころが難しい。
ただ、PS5はUHDも再生可能なので映画を大画面で楽しんだりしたいのなら大きいサイズがいいし、ゲームでもイベントムービーやアクションジャンルなどは迫力が増す。また、よく複数人で遊ぶならやはり最低でも27インチ以上のものが良いかなと。
1人で8畳程度の部屋ならば24インチでちょうど良い気がする、私としては。

・解像度
現在だと、当然4Kが最も高画質で綺麗な映像を楽しめる...が高い、またフレームレートが犠牲となる。
次に綺麗なのがWQHDだが4Kに比べるとフレームレートが高め。
フルHDが一番下になるが、それでも普通に綺麗。そして最も高フレームレートが出しやすい。

・パネル
これも解像度と同じ画質の良さを決める部分で、IPS>=VP>TNの順で綺麗。

IPS
画質はかなり綺麗だがコストが高く応答速度が遅いものが多め。
※応答速度
画面内の色を切り替える速度。いわゆる残像などが見えるのはこれが原因。レーシングゲームや格闘などスピード感の高いゲームをする場合は応答速度に注意。

VP
画質はIPSよりは劣るか。また画面が湾曲している特徴を持ちお洒落。しかしレア。
応答速度が低いものが多い。

TN
パネル系統では一番画質が低いが応答速度が早いものが多く、コスパが良い。
ただし、正面から見る分には全く問題ないが少しでも斜めから見ると画面が暗い感じの見え方になる。複数人で同時に見るのにはあまり適さない。

・リフレッシュレート
1秒間に画面を更新する回数。フレームレートに似ていて、これが高いとキャラクターなどの動きがより細かく表示されぬるぬる動く。
そしてPS5はフレームレートが120まで対応出来るようになったため、これを活かすには最低でも120Hz以上のモニターは必須と言える。240Hzなどもあるが使用用途がPS5やSwitchのみなら120Hzに最も近い144Hzで十分かと。それ以上は意味がない。

以上より改めて本製品を分析すると、
24インチ
1人向けで画面内の情報量も短時間で読み取りやすいことから競技用のFPSなどのゲームなどであれば最も適している。

フルHD、144Hz
解像度は一番低いがPS5の最大フレームレートに対応出来るため、最も滑らかな描写を楽しめる。

応答速度
早くても大抵、目にするのが1msなのでトップクラスの性能だと思う。さらにIPSパネルにも関わらず1msなのでなお良し。
そもそも、以前のモニター5msでも残像は全く気になった事がないくらいだったので5msから1msに一気にグレードアップするなら上等かな。

以上から、
解像度の低さ(フルHD)はIPSパネルで補えているため十分綺麗なグラフィックが楽しめると思うし、その他においても文句なしの性能だと思われる。
リフレッシュレートと応答速度の速さによりFPSやアクション、スポーツなどハイスピードな描写が多めのゲームに適している。
逆にRPGやオープンワールド、ストラテジー系などが描写が遅めのゲームタイトルメインの方は、リフレッシュレートは60Hzで十分だと思うので、その分解像度重視で4KやWQHDが良いのではないかなと。
(ただし今のところ、PS5がWQHDに対応しているかどうかは不明。)
そして、60Hz程であれば実は応答速度も特に気にする必要はなくなるので〜5msで良さげである。
もちろんFHDのIPSパネルでも十分綺麗だと思うのでRPG等メイン使用でも全然問題はなしかと。

ここからは実際に本製品を使ってみた感想

モニター本体
モニター自体は前と変わらないくらいの重量だが、モニターを引っ掛けるためのスタンドがかなり重くなっている。その分見た目がカッコよくはなっていて、より機能的になっている。(以下)
モニターの角度が上下にしか調整出来なかったのだが左右にも対応になっている。
そしてZ軸を基点に左右に回転するような感じで動かすことも出来る。
また、調整角度も前のものより広く動かせるようになっていて微調整が非常にし易いかと。

さらに...モニターを上下に移動することも可能に。調整幅は25cm程。ただし、そのままスライドさせてズラすタイプでズラした後に固定とかするような機能はなし。そのため将来的にスライド部分が弱くなりガバガバになると一番下に自然とズリ降りて来ないだろうか、そこが懸念ではある。スタンドのみの購入が出来れば問題ないのだが。
とりあえずは5年保証付きのものがセットで購入出来たので安心。長期サポートなので2300円程割り増しにはなるが余裕があればお勧め。恐らく保証セットはAmazon販売分の商品のみ。

HDMI端子が2つに
前回は1つだったのでハブを使っており、それだと画質等に影響しないか心配だったが、これでPS5とSwitchを直接、同時接続可能になったので嬉しい。
またDP端子もあり。
端子を挿す部分は全てカバーで覆えるようになっており埃が付着しにくくなっている。
スタンド部は穴が開いており何本か線を通せるような構造。

メニュー操作が極めて楽になった
以前のはボタンしかなく、戻る、進む、決定などのボタンが別々でしかも縦に並んで配置されていたため直感的に操作がしずらく不便だった。
今回もいつも通りリモコン等はなく裏面にあるボタンでないと操作は出来ないのだが、アナログスティックが実装された事により、操作は全てこのスティックのみで完結し、非常にインターフェイスの操作が楽になっている。
カーソルを動かしたい方向にスティックを入力したら良いだけだし決定ボタンは押し込めば良いので、スティックが裏面にありながらも直感的な操作が可能に。

機能が非常に多彩
長くなるので詳細は公式ページを見て頂いた方が良いかな。雑に一部記述すると、
カラーモード
標準やHDRi、レーシング、FPSなど多彩なカラーモードが実装済み。
モードによって鮮明さ輝度、コントラスト、AMA等が微調整可能。

瞬時に3つのカスタムモードに変更可能
標準、ゲーム、シネマ別に設定を保存出来る。これらを状況に合わせて変更可能。

ブルーライト機能
これは前からあった機能だが、20段階で調整可能で、色合いは悪くなるものの長期間や目が疲れた時になどに便利な機能。

色弱モードあり
緑フィルター、赤フィルターというのがあって各20段階の調整が可能で色弱の方でも色の識別がし易くなる機能。

オーディオ
ゲーム、シネマ、ライブ/ポップの3つ
音量は50段階で調整。ミュートも勿論あり。

言語
説明書は英語のみで不安になったが中身は日本語がデフォルトとなっており、国内用のモニターとなっている。その他17言語程、確認。

自動電源オフ機能
決めたタイマーの間、モニター側に入力がなければ自動でモニター電源がオフになる。

blackequoalizer
ゲーム内の暗い部分を明るく表示出来る機能。20段階程で調整可能で、例えばメジャータイトルであるソフト、ダークソウルなんかは基本的に暗いフィールドが多かったと思うが、そういった場所でも視認性が非常に良くなるという機能。

その他、etc

ここまでは機能の説明で、実際にいくつかゲームをプレイしての感想を改めて。

画質が明らかに良い
TNパネルからIPSパネルになるだけでそれなりに変わるものだなと。色の鮮明さが前より良くなっており、オープンワールドゲーなどのオブジェクト等のテクスチャなど表示がきめ細やかに表示されるようになった。
勿論、銃など金属系などの質感もアップしている。
あまり違いが分からないレベルだったらどうしようかと懸念していたが、画質が綺麗になったと認識出来たので満足。

サイズ
前モニターから0.5インチ大きくなっただけだが予想以上に大きく見える気がする。これはベゼル(モニターの液晶ではない縁の部分)が0.2mm程とかなり薄くなっているため視覚的効果が現れているのではないかなと。
このサイズ感もまた絶妙で気に入っている。

BrackEqualizer
オープンワールドゲーでメジャータイトルの一つ、スカイリムで洞窟探索をしてみた。この機能を最大まで上げると、本当に洞窟?と思うくらい中々に薄暗かった洞窟が明るくハッキリ見えるように。
やり過ぎると洞窟や夜等、その場所その時(夜間)の表現力が薄れてしまうが、あると実に非常に便利そうな機能。FPSなどでは敵を発見しやすくなるため有利。

サウンド
ゲーミングモニターは音量を最大にしても非常に小さく使い物にならないものが多いらしく、実際以前のモニターもそうだった。そのため外付けの2.1chで重低音も重視したタイプのオーディオを使っていた。...が今回のモニターはかなりはっきり聴こえるようになっていた。音量は50段階調整で最大にするとややうるさいかな、くらいは聴こえる。
これはオーディオ設定がゲームモードの話。

シネマモードにすると更に本領を発揮する。
シネマモードだとゲームモードに比べ同じ音量段階でも更に大きくハッキリ聴こえるようになる。
しかも重低音まで中々良い感じに聴こえるようになる。
オープンワールドゲームで歩いてみると、ゲームモードに比べ足音がより鮮明に聴こえるようになっているし、銃を撃った際の銃音やその他通常では聞こえにくい音もハッキリ聴こえるようになり重低音もしっかり表現出来ている。
ゲームモードがクリアで軽い音質に比べ、シネマモードは大きくハッキリ、迫力感のある音質。
よっぽど耳が肥えている方でなければ恐らく外部オーディオは必要ないレベルでこのモニターだけで完結するかと思われる。
さすが、MOBIUZ。音にも力を入れたと謳っているだけあって本当にサウンド面もかなりパワーアップしている。
現在使っているオーディオは大きいし、MOBIUZのサウンドも気に入ったのでサウンドはtreVoloでも良いかなと思っている。
より広い音質幅(高〜低)を重視したい、よりハッキリした音を楽しみたい方はオーディオ設定をシネマタイプにするのがお勧め。

総評
モニターの性能面としては十分に最高クラス。もうすぐ発売されるPS5に向けて間違いなく良い買い物が出来た。PS5の性能を最大限に引き出すモニターの中の一つには確実に入るのではなかろうか。購入出来るか非常に不安で仕方ないが、早くPS5を手に入れたい。
ドット欠けといわれる不具合もなく本当に満足。
本体価格が3万と決して安くはないが、他のモニターと比べると安い方か標準くらい。尚且つサウンド面もかなり良くなっているのでコストパフォーマンスはかなり良いと言える。

最後に前回のモニターの時に撮った画像と今回のモニターで撮ったものをアップ。
ツシマの画像が一番分かりやすいかなと、それ以外はあまり違いが分からないかもしれないが、参考までに。実機で見比べると実際はもっと差あり。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ずっと気になってたこのモニター、別に今使ってるモニターが壊れた訳でもないのに買い換えるのもなぁと思いながら気になって、、やっぱり買ってしまった!率直に画質本当に綺麗です!それだけで買い換えた甲斐がありました!ただ、、主にFPS系のゲームをしてるんですが、1番期待してたHDRなんですが!これはあくまで個人的な感想で私の目がダメなだけかもしれないんですが、全体的に画面が暗くなって敵も背景と同化してしまうというか、ゲーム側の設定で画面をかなり明るくしてみたんですが、しっくりこなくてダメでした!大人しくHDRは切ってゲームモードでやってます。むしろこのゲームモードの画像の方が綺麗なんじゃねぇかって感想です!最初はせっかくだからとHDR使ってましたが、今は映像作品観る時と、FPS系以外だけHDR使ってます。あくまで個人的な感想ですがFPSやる時はHDRは切ってゲームモードでやった方が良いと思います。あと今まで24インチのモニターで丁度良いなと思ってて届くまで大きさに不安があったんですが、この約28インチでもそこまで違和感なく使用できてます! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ALIENWARE 有機EL 4Kゲーミングモニター 54.6インチ AW552...

  • [製品紹介]有機EL 4K 54.6インチ大型ゲーミングモニター、FreeSync 0.5msの応答速度を誇る。 全てはゲームのために。鮮烈の刷新デザイン。スピーカー、リモコン付。
  • [開梱・組立について]本製品は大型、組み立て作業が必要な製品となっております。開梱、組立は必ず大人2名以上で行って下さい。重量及び製品サイズをご確認の上お受け取りの際の設置場所までの移動方法、経路についてご確認下さい。
  • [サポート]無輝点1年保証/修理時には交換品を先にお届け
  • [画面サイズ]54.6インチ [パネルタイプ]有機EL [接続端子]DPx1,HDMIx3
  • [最大解像度]3840x2160 4K [アスペクト比]16:9 [最大輝度]400cd/平方メートル
  • [応答速度]0.5ms(GtoG) [コントラスト比]130,000:1
  • [調節機能]高さ調節:×/ チルト:×/ スイベル:×/ ピボット:×/ VESA:〇(100mm)
  • [色域]DCI-P3 98.5%[その他機能]FreeSync,フリッカーフリー,ブルーライト軽減 [スピーカー]14Wx2 Waves MaxxAudio内蔵
  • [付属品]電源ケーブル,DP-DPケーブル,HDMIケーブル,USBケーブル
  • [寸法]770.55×1225.9×263.91mm [重量]26.62kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 360Hz対応モニタは2020年12月現在、この製品Alienware AW2521Hと、
ASUS ROG Swift 360Hz PG259QNの2台が発売済みです。

液晶パネル自体は共通なので添付動画の通り、
応答速度も最適な設定にすれば個体差程度の違いしかありません。

2機種の違いをまとめるとこんな感じです。

Alienware AW2521H
・Dellの公式通販はクーポン値引きでかなり安い
・OSD設定は最低限(クロスヘアなし、色温度の設定も最低限)
・遅延測定機能あり
・サブ入力がHDMI2.0×2

ASUS PG259QN
・価格が高い
・OSD設定が豊富(ガンマや六色彩度など色関連が特に)
・遅延測定機能なし
・サブ入力がHDMI2.0×1

Alienware AW2521HはOSD設定が、特別少ないというわけではありませんが必要十分な感じです。
ゲーミングモニタでは定番のOSDクロスヘアがなく、色設定も、暖色、寒色、ユーザーカラー(RGBを各0~100で)だけなので細かく設定したい人は注意してください。

ASUS PG259QNではカットされている機能ですが(国内未発売のPG259QNRが搭載)
NVIDIAがリリースした最新のシステム遅延低減技術NVIDIA Reflexに含まれているシステム遅延測定機能NVIDIA Reflex Latency Analyzer(対応マウスが必要)に対応しています。

あと国内Amazonでは2機種の価格差も大してありませんが、
Dell公式通販では20~25%オフのクーポンも配布されていて
(時期によるのでレビューを呼んでいただいているタイミングではないかも)
それを適用できるとかなり安くなります。

AMD製GPU環境でも360Hz対応モニタとして使用できますが、
VRR同期機能は240Hzが上限になります。あとULMBも使用できません。
HDMIサブ入力も20年12月最新ドライバではVRR同期を使用できました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングディスプレイとしては最高です。コード類が少し挿しにくいですが、たいした問題ではないです。お金に余裕があるのであれば購入して間違いない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx

  • 画面サイズ:28.0型ワイド/解像度:3840x2160 16:9 4KウルトラHD HDR対応/パネルタイプ:TN、非光沢
  • 輝度:330cd/㎡(白色LED)/応答速度:1 ms (VRB)
  • 入力端子:HDMI 2.0 x2(HDCP2.2対応、DisplayPort v1.2x1、2W+2W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:482X659X241/本体重量(スタンドあり):5.49 kg/(スタンドなし):4.96 kg
  • 付属品:DisplayPortケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、クイックスタートガイド、保証書、台座
  • VESAマウント(壁掛け): 100×100mm対応
  • スイベル(左右首振り)機能なし●高さ調整機能なし●ピポッド機能なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Acer VG271UPbmiipxのレビューです。

【購入動機】
数年前に購入したリフレッシュレート60Hzのモニターではゲームのプレイにおいて辛さを感じていました。
初めは別メーカーのゲーミングモニターを購入予定でしたが、
少ないレビュー数にも関わらずドット抜けの報告が多かった事と、
このモニターがセールで安くなっており且つ高評価が多かったので購入しました。

【映り具合】
デフォルトの状態だと赤色が強く、そしてギラついて見えます。
設定がデフォルトではプリセットの暖色モードになっているのもありますが、
暖色モードからユーザー設定モードにしても赤色が強く感じた為、
下記のように設定することで自分好みの設定にすることができました。

【ドット抜け】
ドット抜けはありませんでした。

【音声】
HDMI接続でこのモニターを介して音声を聞いていますがサーーというノイズが聞こえます。
モニターのボタンでOSDを操作する際にノイズ音が大きくなるのでモニターから発生していると思われます。
モニター側の音量を20以下にすることで自分の環境では聞こえなくなりました。

【モニタースタンド】
角度調整のみ可能です。回転や高さなどは調整不可能です。
モニターを設置している机から約9.2cmの高さにモニターの下端が来ます。

【表示速度】
オンボードから接続しているPCでは60Hzまでしか表示できませんでした。
グラフィックボードから接続しているPCでは特に設定等することなく144Hzで表示できました。
Adaptive Syncについては設定項目が表示されず設定できませんでした。
HDMI接続だと設定できないのでしょうか?DisplayPortケーブルを購入したらまた試してみるつもりです。

【操作性】
ボタン4つと押し込み可能のスティック1本での操作になります。
モニターに表示されるOSDにどのボタンがどの機能になっているか表示されていますので分かりやすいです。
2台以上のPCを接続している場合の切り替えはボタン操作が5回も必要なので少し面倒です。
以前使用していたモニターは2~3回のボタン操作で切り替えできました。

【総評】
ドット抜けが無かった事と、設定で自分好みの色合いにできた事もありとても満足しています。

※自分用の好みの設定
輝度:40、コントラスト:50、ガンマ:1.8、色温度:ユーザー設定、
Rゲイン:47、Gゲイン:49、赤飽和:36、音量:20

------------------------------------------
(以下、追記)
DisplayPortケーブルを購入してこのケーブルで接続してみたところ、G-Sync(Adaptive Sync)の設定ができるようになりました。
尚、自分の利用範囲では違いを感じることはできませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
144hz 1ms WQHD IPS 。こちらに買い替えるまではTNパネルで同じスペックのディスプレイを使用していたのですが目の疲れが酷くこちらに買い換えました。
結果。大満足です。発色の綺麗さも目の疲れ具合も全く違います。
このスペックで現在発売されているディスプレイの中では圧倒的なコストパフォーマンスでしょう。
唯一スピーカーだけはショボすぎる音ですがそれ以外は何の不満もない完璧なディスプレイです。全力でオススメできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acerゲーミングモニター Nitro 27インチ 4K VG270Kbmiipx

  • 画面サイズ:27型ワイド/解像度:3840×2160 16:9/パネルタイプ:IPS、非光沢
  • 輝度:300cd/㎡(白色LED)/応答速度:1 ms (VRB)
  • 入力端子:HDMI 2.0 x2、DisplayPort v1.2x1、2W+2W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:475X614X240/本体重量(スタンドあり):4.77 kg/(スタンドなし):4.33 kg
  • 付属品:DisplayPortケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、クイックスタートガイド、保証書、台座

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Acer VG271UPbmiipxのレビューです。

【購入動機】
数年前に購入したリフレッシュレート60Hzのモニターではゲームのプレイにおいて辛さを感じていました。
初めは別メーカーのゲーミングモニターを購入予定でしたが、
少ないレビュー数にも関わらずドット抜けの報告が多かった事と、
このモニターがセールで安くなっており且つ高評価が多かったので購入しました。

【映り具合】
デフォルトの状態だと赤色が強く、そしてギラついて見えます。
設定がデフォルトではプリセットの暖色モードになっているのもありますが、
暖色モードからユーザー設定モードにしても赤色が強く感じた為、
下記のように設定することで自分好みの設定にすることができました。

【ドット抜け】
ドット抜けはありませんでした。

【音声】
HDMI接続でこのモニターを介して音声を聞いていますがサーーというノイズが聞こえます。
モニターのボタンでOSDを操作する際にノイズ音が大きくなるのでモニターから発生していると思われます。
モニター側の音量を20以下にすることで自分の環境では聞こえなくなりました。

【モニタースタンド】
角度調整のみ可能です。回転や高さなどは調整不可能です。
モニターを設置している机から約9.2cmの高さにモニターの下端が来ます。

【表示速度】
オンボードから接続しているPCでは60Hzまでしか表示できませんでした。
グラフィックボードから接続しているPCでは特に設定等することなく144Hzで表示できました。
Adaptive Syncについては設定項目が表示されず設定できませんでした。
HDMI接続だと設定できないのでしょうか?DisplayPortケーブルを購入したらまた試してみるつもりです。

【操作性】
ボタン4つと押し込み可能のスティック1本での操作になります。
モニターに表示されるOSDにどのボタンがどの機能になっているか表示されていますので分かりやすいです。
2台以上のPCを接続している場合の切り替えはボタン操作が5回も必要なので少し面倒です。
以前使用していたモニターは2~3回のボタン操作で切り替えできました。

【総評】
ドット抜けが無かった事と、設定で自分好みの色合いにできた事もありとても満足しています。

※自分用の好みの設定
輝度:40、コントラスト:50、ガンマ:1.8、色温度:ユーザー設定、
Rゲイン:47、Gゲイン:49、赤飽和:36、音量:20

------------------------------------------
(以下、追記)
DisplayPortケーブルを購入してこのケーブルで接続してみたところ、G-Sync(Adaptive Sync)の設定ができるようになりました。
尚、自分の利用範囲では違いを感じることはできませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
144hz 1ms WQHD IPS 。こちらに買い替えるまではTNパネルで同じスペックのディスプレイを使用していたのですが目の疲れが酷くこちらに買い換えました。
結果。大満足です。発色の綺麗さも目の疲れ具合も全く違います。
このスペックで現在発売されているディスプレイの中では圧倒的なコストパフォーマンスでしょう。
唯一スピーカーだけはショボすぎる音ですがそれ以外は何の不満もない完璧なディスプレイです。全力でオススメできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ゲーミングモニター 27GN950-B 27インチ/4K/Nano IPS...

  • 4K Nano IPSパネルで応答速度1ms(GTG)/リフレッシュレート144Hzを実現したゲーミングモニター
  • VESA DisplayHDR600 / NVIDIA G-SYNC Compatible・AMD FreeSync Premium Pro対応
  • 解像度:4K(3840×2160) / 10bit表示対応 / 4辺フレームレスデザイン
  • 入出力端子:HDMI×2、DisplayPort×1、USB3.0 1up/2down
  • ピボット、高さ調節対応(+110mm)、チルト(上15°~下-5°)対応/壁掛け対応(100×100mm)/スピーカー非搭載
  • 付属品:Display Portケーブル、HDMIケーブル、USBケーブル/ 保証期間:3年間
  • 映像出力のタイムラグを抑える「DAS(Dynamic Action Sync)モード」
  • 暗いシーンの視認性を高める「ブラック スタビライザー」などのゲーム機能も搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めての144Hzゲーミングモニターです。これの他に現在使用中のIODATA(MF234XPBR)の23インチLEDバックライトIPS液晶パネル(2012年頃購入)との比較です。まず、144HzでFPSゲームを動作させたときは事前情報のとおり、画面のブレやちらつきが大幅に低減され十分体感できるほどヌルヌルです。これに合わせてAIM感度調整も必要なほどでした。
動きが激しい場面でも見やすくなるので、何か見てからの反応がしやすくなるのではないかと思います。FPSゲーム以外のMMO等でも効果はあると思いました。動く対象は敵やボスだけでなく、周りの背景も自分の視点変化と同時にうごきますので、そっちのブレもなくなります。こちらの効果もかなり大きいです。
デメリットとしては、IPSに比べ発色やコントラストは逆立ちしても勝てません。白黒のはっきり度合いや発色の良さ、色味が自然かどうかなどです。144Hz以上で駆動する多くはTNパネルですので仕方ないのですが…。この感じ・・・、144Hz駆動や解像度を除けば、10年以上前の一般的なTNモニターそのまんま(笑)144Hz以上のゲーミングモニターでFPSするぞ!って方以外は上記含めよく考えられたほうがいいかもしれません。
長時間文章を書いたり、読んだり、イラストを描いたり、動画や写真をみたり・・・、こういう一般的な使い方では安いIPSモニターのほうが個人的にはいいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
FF14用に34インチの曲面を先に買いましたが、個人的にエンドコンテンツで素早く端まで視界に入るサイズでは無かった為、29のこちらを購入しました。
グラボはgtx1070ですが、DisplayPortの接続でAMDフリーシンクが使えるようになり75hzで60よりぬるっと動かせます。
照度を0に落とし、コントラストも60まで落とすと目に優しいです。
FF14はFHDでも4Kでもウルトラワイドでも縦の広さは変わらない為、敵の上の方が見えない方は設定からカメラのチルトを70〜80程度まで上げると更に快適になります。
とにかくお勧めできるモニターです。

あえて難点を探すならスタンドが弱くて揺れるので、安いモニターアームに変えるだけでも格段によくなります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

4Kゲーミングモニター 低価格(安い)の5製品詳細

以下が「4Kゲーミングモニター」低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/05/16 更新)
Rank製品評価
1
(3.8)
総評価数 13件
2
(4.2)
総評価数 52件
3
(4)
総評価数 74件
4
KEIAN 28インチ4K対応LEDモニター KWIN28 ゲーミングモニター
発売日 2019/04/20
通常 27,731円
現在 27,731円
(3.7)
総評価数 33件
5
Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx TN 3840x2160 1ms 60Hz F...
発売日 2019/03/04
通常 43,592円
現在 32,323円
11,269円(26%)OFF!!
(4.3)
総評価数 592件
 

4K モバイルモニター14インチ モバイルディスプレイ HDMI/Type-C/スピーカー内蔵

  • ★【14” 4K LCDモニター】FHD 3840X2160高解像度。 IPSパネル。アスペクト比:16:9(4:3);応答時間:2ms。
  • ★【マルチインターフェース】デュアルHDMIポート、デュアル3.5mmオーディオジャック。Type-Cポートは、スマートフォン用の単一ケーブルでビデオとデータ伝送に使用できます。 USBポートは電源供給に使用できます。
  • ★【幅広い用途】Raspberry Piモニター/ PS3 / PS4 / xbox 360 / xbox one、産業用機器、カーオーディオとビデオ、カーヘッドレスト、医療機器ディスプレイに最適です。
  • ★【スリムでスタイリッシュ】CNCプロセス、ファッショナブルで軽量、持ち運びが簡単、仕事や旅行に便利。パッケージには、ポータブルディスプレイの保護を強化するためのレザーケースが含まれています。
  • [保証] 15.6インチポータブルモニターの保証:30日以内に発生した問題については100%返金保証、あなたの満足を保証するために一年間保証。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
在宅勤務でサブモニターを探してました。
14型で4K、机の大きさと、パソコンの大きさを考えてこれにしました。
画面色が違いましたが、調整によりほぼ合わせることができました。
画質はきれいです。ノングレアなのでビジネス文書も見やすいです。
タッチパネルではありませんが、特に問題はありません。
一つだけ…
説明書(なのかな)によると、インジケータは青が正常で、赤はサポートに連絡、となっていますが、電源オン無入力信号で青、信号有で赤、が正しいのではないかと思います。
-----------
3週間目、液晶の一部分にφ1.5mm程度の色ムラが…RGBいずれかのドット抜けかもしれません。
ドット抜けは保証対象ではない、とはいえ、14インチ4Kディスプレイでφ1.5mmのドット抜けはなかなか目立ちます。
返品交換実施。その間2日ほどでした。
交換機は、ドット抜け、色ムラも無く…
これで、当初考えていた理想どうりになりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ホームシアターでの設定確認とサブPCのディスプレイ兼用目的で購入しました。
miniHDMI入力が二つあってネイティブ4kのディスプレイとしては値段も決して高くありません。
なお、4k対応は入力1の端子に限定されます。
入力2は1920×1080までですが、PCディスプレイとして使う際はこれで十分です。
スタンド兼用カバーも付いていますから、普段はしまっておけるのもポイント高いですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター 4k, 15.6インチ ポータブルモニター FHD 3840 x

  • ★【15.6 4K液晶モニター】FHD 3840X2160の高解像度。 IPSパネル アスペクト比:16:9(4:3)。 応答時間:2ミリ秒
  • ★【複数のインターフェース】デュアルHDMIポート、デュアル3.5mmオーディオジャック。Type-Cポートは、スマートフォン用の1本のケーブルでビデオとデータの伝送に使用できます。 USBポートは電源に使用することができます。
  • ★【幅広い用途】Raspberry Piモニター/ PS3 / PS4 / xbox 360 / xbox 1台、産業機器、カーオーディオおよびビデオ、カーヘッドレスト、医療機器用ディスプレイなどに最適です。
  • ★【スリムでスタイリッシュな】CNC加工、おしゃれで軽量、持ち運びが簡単、仕事や旅行に便利。 パッケージには、携帯用ディスプレイをよりよく保護するためのレザーケースが含まれています。
  • 【満足保証】:30日以内に任意の問題について100%返金保証、13ヶ月保証保証。 ご質問がある場合は、アフターサービスまでご連絡ください。【shshlgwlkj@sohu.com】

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ホームシアターでの設定確認とサブPCのディスプレイ兼用目的で購入しました。
miniHDMI入力が二つあってネイティブ4kのディスプレイとしては値段も決して高くありません。
なお、4k対応は入力1の端子に限定されます。
入力2は1920×1080までですが、PCディスプレイとして使う際はこれで十分です。
スタンド兼用カバーも付いていますから、普段はしまっておけるのもポイント高いですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
何となく探していたら、すごい安かったので思わず購入しました。
HDMIで接続する分にはなんら問題ありません。
HDMIは2ポートあって、上がHDMI2.0/下がHDMI1.4対応となっているようで、下に繋い
だ時はFullHDまでしか出ませんでした。
上のポートはFireTVStick4KやノートPCから4K出力がされており、問題なく使えています。

問題はMiniDPポートとUSB-Cポート。
きちんと出せると確証のある機器がないのですが、MiniDPはHDMIからMiniDPへ変換する
ケーブル、USB-CはUSB-C→HDMIで出力を確認しているスマホで直接接続、のどちらも
入力を検出することができませんでした。こちらの機能を利用することを考えている人は
購入を考えた方がいいかもしれません。
たまたま初期不良というのも考えられますが・・・

あとはグレア液晶ですごい映り込みしますね・・・ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

4Kモバイルモニター モバイルディスプレイ 15.6インチ ポータブルモニター ...

  • 【4kIPS技術による広視野角】15.6インチモニター3840 x 2160の高精細な解像度を搭載しているだけでなく、プロフェッショナルな作業にも快適さをもたらす。フルHDの4倍の表示エリアの4K UHDに対応!映像の細部までをよりリアルに鮮明に表示できます。視野角が広く、鮮やかで自然な色再現を実現する、IPSパネルを採用し、水平にも垂直にも178°の超広角の表現力を持ち、どんな角度から見ても映像を思う存分に楽しめます。
  • 【多機種デバイスに適用するモバイルモニター】ノートパソコン、デスクトップ、Raspberry Pi 、スマホ、PS3/PS4、Xbox 又はNintendo Switchなどに対応しています。ノートパソコンのサブモニターとして、連続2画面が実現し、または横、縦型が自由に切り替えでき、デュアルモニターで作業効率大幅アップ!フルHD対応のこちらのモニターは、SwitchやPS4、Xboxなどさまざまなゲームと互換性があり、ゲーム用モニターにもぴったり。仕事の場でも、趣味の場でも活躍できそう。プレゼントにも最適です。
  • 【薄型 軽量】 モバイルモニターの厚みは約6mm、重量は約820gと軽量で、雑誌のようなデザインなのでカバンに入れてどこにでも持ち運びできます。出張や旅行の時でも接続するだけで、広い画面で作業できます。折りたたみ式のスマートケースが付属しているので、縦置きでも横置きでもしっかりと本体を支え、適切な角度も調節可能です。
  • 【FHD高精細画質・画面に遅延無し】遅延などがなくゲーム用としても優秀。ドライバーを追加することなくすぐ使用でき、60Hzの高速応答も可能なので、FPSゲームやアクション映画など動きの速いコンテンツを楽しめます。NTSC72%の表示色域とFHD高ダイナミック技術が搭載されているため、画質はより良い高精細になる。
  • 【薄さ6mmの高いデザイン性】最薄部でわずか6mmの驚異的な薄さを実現した、とてもスリムな液晶ディスプレイです。コンパクトなボディは場所を取らず、置き場所を選びません。狭額デザインなので、画面があたかも空中に浮いているかのように見えて、圧倒的な没入感を楽しめます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めての4kモニターです!自分の使い方としてはやはり外せないのが
Nintendo SwitchをUSB Type-Cケーブル一本で繋げられること。
ディスプレイ本体にType-Cで電源を供給し、ディスプレイからNintendo SwitchへC to Cで一本!
Nintendo Switchからの映像と音を入力し、Nintendo Switchへ電力を供給する。
早速やってみましたがバッチリでした!ケーブル一本をいうのはホントに楽ですね!
綺麗に映りましたが・・・ただNintendo Switchの映像出力がフルHDなので
ディスプレイの性能としては全然本気を発揮していません。
なので次はPCとの接続を試してみました!
説明書には4kのこのモニターはType-Cの入力で電力も一緒に供給されるタイプの入力には
電力が足りないようで別で電力も供給してくれと書いていましたが
試しにPCのType-C出力から一本のみでディスプレイに繋いでみたところ・・・
立派に映像が映りました!明るさを80%くらいまで上げると・・・映像がダウン!
でも明るさを落として使っても十分に明るいのでこれは使えます!
音楽編集の時の波形を一望できる範囲がすごく広がりました!
いままでは都度都度ズームダウンとズームアップを繰り返していた作業がいらなくなります、
感動ですね!解像度は正義だなとw
価格帯はライバル製品達より少し安いモニターなので
電源ボタンやメニューボタンなどのチープ感は少し否めないところはあります。
が、この価格で4kというのはやはり嬉しいですね!
スタンド兼カバーが始めからついていて磁石で背面にくっつきます。
背面にはVESAマウントらしきねじ穴もありました。
FireStickTV4kをミニHDMIに変換して繋いでみたところ少し色が浅く感じましたが
メニューからHDRをオンにすると良い感じにこってりとなりました!
付属のスピーカーはやはり所詮は内蔵型といった域は出ませんが
変なノイズやコイル鳴きみたいのが無いのが好感が持てます
小さくてもいいのでアクティブスピーカーを繋げたりすると良いかもしれません。
音量はメニューボタンですぐに弄れます。
総じて使いやすいポータブルモニターだと思いました、
今後もゲーム機とPCのお供に使っていきたいと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
古いノートパソコンの液晶ディスプレイとして購入。8年前のノートパソコンの液晶ディスプレイがTNパネルで見づらかったのですが、このディスプレイを使用すると見やすくなりました。

コントラストが高いので動画もテキストも見やすくなりました。特に動画がくっきりはっきり映るのが良かったと思います。

使用するノートパソコンが4K出力対応だったので、テキストを100%から200%に拡大して使用しています。オフィスアプリやコーディングでも活躍できる高解像度だと思います。

ACアダプターはUSB Power delivery対応でした。Type C接続の場合はケーブル一本で接続可能です。HDMI接続の場合、Type Cから電源を取ることで対応できました。

マグネットでくっつくブック型モバイルスタンドがあるので、カバンに入れた際にも画面に傷が付かないように工夫されていました。

メーカーさんには今後、こうしたモバイル液晶ディスプレイ用のVESA対応スタンドを安く販売してくれることを期待します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

KEIAN 28インチ4K対応LEDモニター KWIN28 ゲーミングモニター

  • HDR機能搭載で色彩豊かな表示が可能
  • LOS機能搭載。FPSなどでレティクルがモニターに表示されるので上達速度アップ
  • FreeSyncにも対応し、画面のちらつきやティアリングを軽減
  • 5wスピーカーを2基搭載。しっかりとした音質でプレーが可能
  • VESA規格対応。スタンドを外し、100*100mmの金具を取り付けることで壁掛けのモニターとしての利用も可
  • 応答速度は標準モードで5ms。応答速度モードON時には2msへ高速化。
  • HDMIポートを計3つ(HDMI2.0対応が1つとHDMI1.4対応が2つ)、Dis

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この価格で28インチ4kなら十分お買い得だと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
アマゾン中古購入で
お安く買えました

画質は4Kということもあり
特に不満はありません

ただ、起動が遅い気がします
速い時は速い
遅い時は遅い

リモコンも期待してたのですが
音量調整やHDMI切り替え時
まれに電源が落ちたりします
謎です
切り替えも遅いので面倒

私の場合はPS4PROのみの使用に切り替えたので
気になりませんが
複数デバイスでのHDMI使って
切り替える場合は
面倒だと思います

それでもコスパ考えるとアリかと思います)

あと、モニターに詳しくなかったので
知りませんでしたが
4KHDRが使えるのは
HDMI2.0?対応のHDMI 1だけです
2と3はFHD(1080p)だけの
対応みたいです

応答速度やフレームレートはFPSしないので
よくわかりません
説明の通りだと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
KEIAN 28インチ4K対応LEDモニター KWIN28 ゲーミングモニター
発売日 2019/04/20
通常 27,731円
現在 27,731円

  

Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx

  • 画面サイズ:28.0型ワイド/解像度:3840x2160 16:9 4KウルトラHD HDR対応/パネルタイプ:TN、非光沢
  • 輝度:330cd/㎡(白色LED)/応答速度:1 ms (VRB)
  • 入力端子:HDMI 2.0 x2(HDCP2.2対応、DisplayPort v1.2x1、2W+2W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:482X659X241/本体重量(スタンドあり):5.49 kg/(スタンドなし):4.96 kg
  • 付属品:DisplayPortケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、クイックスタートガイド、保証書、台座
  • VESAマウント(壁掛け): 100×100mm対応
  • スイベル(左右首振り)機能なし●高さ調整機能なし●ピポッド機能なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Acer VG271UPbmiipxのレビューです。

【購入動機】
数年前に購入したリフレッシュレート60Hzのモニターではゲームのプレイにおいて辛さを感じていました。
初めは別メーカーのゲーミングモニターを購入予定でしたが、
少ないレビュー数にも関わらずドット抜けの報告が多かった事と、
このモニターがセールで安くなっており且つ高評価が多かったので購入しました。

【映り具合】
デフォルトの状態だと赤色が強く、そしてギラついて見えます。
設定がデフォルトではプリセットの暖色モードになっているのもありますが、
暖色モードからユーザー設定モードにしても赤色が強く感じた為、
下記のように設定することで自分好みの設定にすることができました。

【ドット抜け】
ドット抜けはありませんでした。

【音声】
HDMI接続でこのモニターを介して音声を聞いていますがサーーというノイズが聞こえます。
モニターのボタンでOSDを操作する際にノイズ音が大きくなるのでモニターから発生していると思われます。
モニター側の音量を20以下にすることで自分の環境では聞こえなくなりました。

【モニタースタンド】
角度調整のみ可能です。回転や高さなどは調整不可能です。
モニターを設置している机から約9.2cmの高さにモニターの下端が来ます。

【表示速度】
オンボードから接続しているPCでは60Hzまでしか表示できませんでした。
グラフィックボードから接続しているPCでは特に設定等することなく144Hzで表示できました。
Adaptive Syncについては設定項目が表示されず設定できませんでした。
HDMI接続だと設定できないのでしょうか?DisplayPortケーブルを購入したらまた試してみるつもりです。

【操作性】
ボタン4つと押し込み可能のスティック1本での操作になります。
モニターに表示されるOSDにどのボタンがどの機能になっているか表示されていますので分かりやすいです。
2台以上のPCを接続している場合の切り替えはボタン操作が5回も必要なので少し面倒です。
以前使用していたモニターは2~3回のボタン操作で切り替えできました。

【総評】
ドット抜けが無かった事と、設定で自分好みの色合いにできた事もありとても満足しています。

※自分用の好みの設定
輝度:40、コントラスト:50、ガンマ:1.8、色温度:ユーザー設定、
Rゲイン:47、Gゲイン:49、赤飽和:36、音量:20

------------------------------------------
(以下、追記)
DisplayPortケーブルを購入してこのケーブルで接続してみたところ、G-Sync(Adaptive Sync)の設定ができるようになりました。
尚、自分の利用範囲では違いを感じることはできませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
144hz 1ms WQHD IPS 。こちらに買い替えるまではTNパネルで同じスペックのディスプレイを使用していたのですが目の疲れが酷くこちらに買い換えました。
結果。大満足です。発色の綺麗さも目の疲れ具合も全く違います。
このスペックで現在発売されているディスプレイの中では圧倒的なコストパフォーマンスでしょう。
唯一スピーカーだけはショボすぎる音ですがそれ以外は何の不満もない完璧なディスプレイです。全力でオススメできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
       

関連:サイズ別のゲーミングモニター

以下では、ゲーミングモニター人気製品をサイズ別に一覧で紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:ゲーミングマウスの人気製品

また、以下では、ゲーミング環境に合わせてそろえたい「ゲーミングマウス」も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました