【2022年】ネットワーク・通信の本「最新・人気のおすすめの10冊」

今やあらゆる機器がネットにつながるIoT時代。

サービス・アプリ・組み込み機器・・、何を実装するにもネットワークの実装があるのが当然の時代です。

こちらでは基礎知識として抑えておきたい「ネットワーク・通信(TCP/IP)」の参考書を人気とともに紹介していきます。

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

ネットワーク・通信(TCP/IP)の参考書「最新の人気ランキング 20冊」

今人気の「ネットワーク・通信(TCP/IP)の参考書」をランキングで一覧したのが以下です。

(2022/01/25 12:04 更新)
Rank製品価格
1
マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)
発売日 2019/12/01
直也, 井上, 公保, 村山, 隆史, 竹下, 透, 荒井 (オーム社)
総合評価
(4.6)
2,420円
2,178円
2,420円
2,420円
2
2,750円
2,547円
2,750円
2,750円
3
【改訂5版】図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説...
発売日 2020/04/16
きたみ りゅうじ (技術評論社)
総合評価
(4.4)
2,310円
(+230pt)
2,195円
2,310円
2,310円
4
2,640円
2,376円
2,640円
2,640円
5
ネットワーク構築の基礎
発売日 2009/11/24
Gene (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
2,420円
1,696円
1,885円
625円
6
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク「動作試験」入門...
発売日 2021/12/11
みやた ひろし (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.9)
3,190円
2,871円
3,190円
3,190円
7
現場のプロが教える!ネットワーク運用管理の教科書
発売日 2015/12/25
のびきよ (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
3,278円
2,950円
3,278円
3,278円
8
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
大澤文孝 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
9
ネットワーク 入門・構築の教科書
発売日 2022/01/25
のびきよ (マイナビ出版)
3,278円
3,278円
3,278円
3,278円
10
図解入門TCP/IP 仕組み・動作が見てわかる
発売日 2020/12/22
みやた ひろし (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.6)
2,640円
2,376円
2,640円
2,640円
11
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門 第2版...
発売日 2019/06/20
みやたひろし (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.2)
3,300円
2,970円
3,300円
3,300円
12
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版...
発売日 2020/02/06
大澤 文孝, 玉川 憲, 片山 暁雄, 今井 雄太 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
2,970円
2,673円
2,970円
2,970円
13
[改訂新版] 3分間ネットワーク基礎講座
発売日 2010/09/11
網野 衛二 (技術評論社)
総合評価
(4.4)
1,958円
(+158pt)
1,958円
1,958円
14
TCP/IP の基礎
発売日 2011/02/23
Gene (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.4)
615円
1,696円
1,885円
500円
15
Pythonで学ぶネットワーク分析 ColaboratoryとNetworkXを使った実践入門...
発売日 2019/10/04
村田剛志 (オーム社)
総合評価
(4.2)
3,080円
2,926円
3,080円
3,080円
16
イラスト図解式 この一冊で全部わかるネットワークの基本
発売日 2016/03/29
福永 勇二 (SBクリエイティブ)
総合評価
(4)
1,848円
1,663円
1,848円
770円
17
これ一冊で身につく ネットワークの基本としくみ
発売日 2018/07/09
Gene (ナツメ社)
総合評価
(5)
2,178円
2,178円
1,440円
18
2,178円
1,960円
2,178円
2,178円
19
ストーリーで学ぶ ネットワークの基本
発売日 2021/05/11
左門 至峰 (インプレス)
総合評価
(4.3)
2,530円
2,277円
(+114pt)
2,530円
2,530円
20
コンピュータネットワーク 第5版
発売日 2017/10/17
アンドリュー・S・タネンバウム, デイビッド・S・ウエザロール (日経BP)
総合評価
(4.5)
8,800円
7,920円
8,800円
8,800円
 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきます。

Kindle版のある本なら試し読みも可能。大概目次まで見れるので、概要もつかめるので、サンプル試読がおすすめです。

 

ネットワーク・通信(TCP/IP)の本 人気ランキング/5冊詳細

以下が「ネットワーク・通信(TCP/IP)の本」人気ランキングと人気の5冊詳細です。

(2022/01/25 12:04 更新)
Rank製品価格
1
マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)
発売日 2019/12/01
直也, 井上, 公保, 村山, 隆史, 竹下, 透, 荒井 (オーム社)
総合評価
(4.6)
2,420円
2,178円
2,420円
2,420円
2
2,750円
2,547円
2,750円
2,750円
3
【改訂5版】図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説...
発売日 2020/04/16
きたみ りゅうじ (技術評論社)
総合評価
(4.4)
2,310円
(+230pt)
2,195円
2,310円
2,310円
4
2,640円
2,376円
2,640円
2,640円
5
ネットワーク構築の基礎
発売日 2009/11/24
Gene (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
2,420円
1,696円
1,885円
625円
 

マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)

マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)
(著)直也, 井上, 公保, 村山, 隆史, 竹下, 透, 荒井
発売日 2019/12/01
総合評価
(4.6)
(2022/01/25 12:04時点)
TCP/IP解説書の決定版! 時代の変化によるトピックを加え内容を刷新!
本書は、ベストセラーの『マスタリングTCP/IP 入門編』を時代の変化に即したトピックを加え、内容を刷新した第6版として発行するものです。豊富な脚注と図版・イラストを用いたわかりやすい解説により、TCP/IPの基本をしっかりと学ぶことができます。プロトコル、インターネット、ネットワークについての理解を深める最初の一歩として活用ください。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 ネットワーク基礎知識
第2章 TCP
IP基礎知識
第3章 データリンク
第4章 IP(Internet Protocol)
第5章 IPに関連する技術
第6章 TCPとUDP
第7章 ルーティングプロトコル(経路制御プロトコル)
第8章 アプリケーションプロトコル
第9章 セキュリティ
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
定番の書籍。 以前、読んだことがあったが基本の再確認の為に再読するために購入。 所々読みにくいところもあるが良くも悪くも定番の書籍。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
所在: 展示架
請求記号: 547.48/I57
資料ID: 11901343
TCP/IPだけでなく、ネットワーク分野全般が網羅されてるので、ネットワーク入門書としておすすめです!
選書担当: S (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
自分にとっては入門書と思えないほど、多岐にわたる内容。
知らないことがたくさん書かれていた。
現時点では、全てを理解し、頭に入れることはできなかった。要再読。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
井上直也(イノウエナオヤ)
1974年生まれ。ネットワンシステムズ株式会社

村山公保(ムラヤマユキオ)
1967年生まれ。倉敷芸術科学大学危機管理学部危機管理学科教授

竹下隆史(タケシタタカフミ)
1965年生まれ。ネットワンシステムズ株式会社

荒井透(アライトオル)
1958年生まれ。ネットワンシステムズ株式会社

苅田幸雄(カリタユキオ)
1949年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

産業用ネットワークの教科書~IoT時代のものづくりを支えるネットワークと関連技術

はじめに
目次
1章 歴史とマーケット
2章 ネットワークの種類
3章 産業用ネットワークを使うアプリケーション
4章 新しい技術とのかかわり
5章 設置と管理─トラブルシューティング
おわりに
索引
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1章 歴史とマーケット
1-1 産業用ネットワークとは
1-2 オープンなネットワーク
1-3 産業用ネットワークの歴史
1-4 産業用ネットワークのマーケット
1-5 どのように産業用ネットワークを選ぶか?
2章 ネットワークの種類
2-1 フィールドバス
2-1-1 CC-Link
2-1-2 DeviceNet
2-1-3 PROFIBUS DP
2-2 産業用 Ethernet
2-2-1 CC-Link IE
2-2-2 EtherCAT
2-2-3 EtherNet/IP
2-2-4 FL-net
2-2-5 MECHATROLINK
2-2-6 MOBUS TCP/IP
2-2-7 Sercos
2-2-8 PROFINET
2-3 デバイスバス
2-3-1 AS-Interface
2-3-2 IO-Link
2-4 プロセス・オートメーション用
2-4-1 FOUNDATION Fieldbus
2-4-2 HART
2-4-3 PROFIBUS PA
3章 産業用ネットワークを使うアプリケーション
3-1 制御
3-2 アラーム
3-3 安全
3-4 モーション制御
3-5 エネルギー管理
3-6 アセット管理、パラメータ設定
3-7 ロボットにおける産業オープンネットの使われ方
3-8 NC
3-9 映像
3-10 ゲートウェイ
4 章 新しい技術とのかかわり
4-1 セキュリティ
4-2 産業用ネットワークを使って IoT を実現するために
4-2-1 Azure
4-2-2 Edgecross コンソーシアム
4-2-3 FDT による IoT の実現に向けて
4-2-4 OPC
4-2-5 ORiN
4-3 新しい技術
4-3-1 TSN(Time Sensitive Networking)
4-3-2 APL(Advance Physical Layer)
5章 設置と管理 ─トラブルシューティング
5-1 RS-485
5-2 Ethernet
5-3 無線
おわりに
索  引

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

【改訂5版】図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説

目で見てわかるから理解できる!

ネットワーク用語集の超定番書「図解でわかる ネットワークの重要用語解説」の改訂5版です。フルカラーとして5年ぶりの大改訂版となります。ネットワークの用語がすべてイラストで解説されているため、かんたんに仕組みからしっかり理解することができます。初級エンジニアや学生の学習用としてはもちろん、現場で活躍するSEやPMの「あんちょこ」としても利用することができると大変好評です。今回の版から、インタネット編は「基礎編」と「技術編」の2つにわかれ、また新たに「セキュリティ編」が追加されました。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1章 ネットワーク概論
 LANとWAN
 クライアントとサーバ
 ネットワークを構成する装置
 ネットワーク上のサービス
 インターネット技術
2章 OSI参照モデルとTCP/IP基礎編
 ネットワークプロトコル
 OSI参照モデル
 TCP/IP
 IP (Internet Protocol)
 TCP (Transmission Control Protocol)
 UDP (User Datagram Protocol)
 パケット
 ノード
 IPアドレス
 サブネットマスク
 ポート番号
 ドメイン
 IPv6 (Internet Protocol Version6)
3章 ローカル・エリア・ネットワーク編
 LAN (Local Area Network)
 ネットワークトポロジー
 スター型LAN
 バス型LAN
 リング型LAN
 Ethernet
 Token Ring
 無線LAN
 PLC (Power Line Communications)
 Bluetooth
 グローバルIPアドレス
 プライベートIPアドレス
 ワークグループネットワーク
 ドメインネットワーク
4章 ワイド・エリア・ネットワーク編
 WAN (Wide Area Network)
 専用線
 VPN (Virtual Private Network)
 ISDN (Integrated Services Digital Network)
 xDSL (x Digital Subscriber Line)
 ADSL (Asymmetric Digital Subscriber Line)
 光ファイバ接続
 WiMAX (Worldwide Interoperability for Microwave Access)
 IP電話
5章 ハードウェア編
 NIC (Network Interface Card)
 LANケーブル
 リピータ
 ブリッジ
 ルータ
 ハブ
 スイッチングハブ
 モデム
 bps (bits per second)
 ゲートウェイ
 コリジョン
 MACアドレス (Media Access Control Address)
 QoS (Quality of Service)
 UPnP (Universal Plug and Play)
 NAS (Network Attached Storage)
6章 サービス・プロトコル編
 DNS (Domain Name System)
 DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)
 NetBIOS (Network BIOS)
 PPP (Point to Point Protocol)
 PPPoE (Point to Point Protocol Over Ethernet)
 PPTP (Point to Point Tunneling Protocol)
 ファイアウォール
 プロキシサーバ
 パケットフィルタリング
 NAT (Network Address Translation)
 IPマスカレード (NAPT: Network Address Port Translation)
7章 インターネット基礎編
 インターネット (the Internet)
 ISP (Internet Services Provider)
 JPNIC (JaPan Network Information Center)
 WWW (World Wide Web)
 Webサイト
 WWWブラウザ (Webブラウザ)
 ホームページ
 URL (Uniform Resource Locator)
 電子メール (e-mail)
 ネットニュース (Net News)
 ポータルサイト
 検索サイト
 ブログ (Blog)
 SNS (Social Networking Site)
8章 インターネット技術編
 HTTP (HyperText Transfer Protocol)
 SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)
 POP (Post Office Protocol)
 IMAP (Internet Message Access Protocol)
 NNTP (Network News Trancefer Protocol)
 FTP (File Transfer Protocol)
 SSL (Secure Sockets Layer)
 HTTPS (HyperText Transfer Protocol over SSL)
 NTP (Network Time Protocol)
 MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions)
 ICMP (Internet Control Message Protocol)
 HTML (HyperText Markup Language)
 CSS (Cascading Style Sheets)
 JavaScript
 CMS(Contents Management System)
 Cookie
 XML (eXtensible Markup Language)
 RSS (RDF Site Summary)
 Dynamic DNS
 クラウド
9章 モバイルネットワーク編
 携帯電話 (Cellular Phone)
 PHS (Personal Handyphone System)
 スマートフォン
 マクロセル方式
 マイクロセル方式
 ハンドオーバー
 ローミング
 パケット通信
 テザリング
 輻輳
 SIMカード
10章 セキュリティ編
 コンピュータウイルス
 不正アクセス
 ソーシャルエンジニアリング
 秘密鍵暗号方式
 公開鍵暗号方式
 デジタル署名
 CA (Certification Authority)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
IT分野は素人でしたが、仕事の都合でネットワークやサーバーなどについて関わることになり、周り詳しい人たちが話していることが分からず困っていた時に、この本に辿り着きました。入門書としても、分からないことを調べる時にも、とっかかりとして、まず開く本として活躍してます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
IT超初心者ですが、抵抗なく読めます。イラストがあるのでイメージがつきやすい。まずは基礎固めしたい人におすすめ (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
詳細は、あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノートをご覧ください。
→ http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1500.html
以下で 紹介されていたので、読んでみます。
電脳会議 Vol.202|技術評論社 - Gihyo
新しいことや、知ってることの復習に便利な本を読みたい。
ざっと読んで良かったので、購入して手元においています。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:きたみ りゅうじ
きたみりゅうじ
もとはコンピュータプログラマ。本職のかたわらホームページで4コマまんがの連載などを行う。この連載がきっかけで読者の方から書籍イラストをお願いされるようになり、そこからの流れで何故かイラストレーターではなくライターとしても仕事を請負うことになる。
本職とホームページ、ライター稼業など、ワラジが増えるにしたがって睡眠時間が過酷なことになってしまったので、フリーランスとして活動を開始。本人はイラストレーターのつもりながら、「ライターのきたみです」と名乗る自分は何なのだろうと毎日を過ごす。
自身のホームページでは現在も4コマまんがや1コマ絵日記などを連載中。
https://oiio.jp


↓全て表示↑少なく表示

  

ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識

●『ネットワークはなぜつながるのか』5年ぶり、待望の改訂第2版!

ブラウザにURLを入力してからWebページが表示されるまでの道筋をたどりながら、その裏側で働くTCP/IP、LAN、光ファイバなどの技術を説明していきます。インターネットを通ってサーバーまで行って帰ってくる道筋の途中には、今のネットワークの主要な技術要素が全部あります。そこでの機器やソフトウエアがどのように動き連携しているのかを探検すればネットワーク全体の動きがわかります。

第2版では、全体の構成を見直し、探検の途中で、今、ネットワークのどの部分にいるのかを明確にしました。また、各技術の基本的な考え方や成り立ちなど、基礎的な解説を大幅に増やしたほか、個別の補足説明も注釈として多く取り入れています。大事な点は「要約」としてまとめ、読んで記憶に残るようにしました。初心者の方も、基本的なところからきちんと理解して読み進めてもらえます。

特徴1:ネットワークの全体の動きがわかる“探検ツアー”
本書は、ブラウザにURLを入力してから、サーバーがWebページの情報を返信してくるまでの過程を順番に追っていくというユニークな構成です。入力されたデータがパケットとなって、LAN、ハブ、ルーターを通り、プロバイダの回線を抜け、ファイアウォールをくぐり、次の行き先を探りながらゴールのWebサーバーを目指して、さまざまに姿を変えながら進んでいく様子を追うことで、個別技術を見ているだけではわからない、“現実の”動きがわかります。

特徴2:2大技術TCP/IP、LANが確実に理解できる!
IPアドレス、ネットマスク、デフォルト・ゲートウエイなどはパソコンのTCP/IPの設定で目にしますし、家庭内LANも普及してMACアドレスという言葉も身近になりました。「イメージとしてはなんとなくわかる」これらの用語が、現実の機器とソフトウエアがどうように動くかを知ることで、本質からきちんと理解できます。

特徴3:最先端の光ファイバの中身ものぞいてみよう!
インターネットの普及で、家庭とプロバイダをつなぐアクセス回線の技術も進んでいます。ADSLでの信号化の技術や伝送方法、光ファイバが高速化できている仕組みなどをくわしく解説しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 Webブラウザがメッセージを作るーブラウザ内部を探検
第2章 TCP
IPのデータを電気信号にして送るープロトコル・スタックとLANアダプタを探検
第3章 ケーブルの先はLAN機器だったーハブとスイッチ、ルーターを探検
第4章 アクセス回線を通ってインターネットの内部へーアクセス回線とプロバイダを探検
第5章 サーバー側のLANには何がある
第6章 Webサーバーに到着し、応答データがWebブラウザに戻るーわずか数秒の「長い旅」の終わり

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
転職の為に読んでくださいとの事で購入しました。 本屋に行って探すよりネットだとピンポイントで直ぐ探せて配送も早く助かりました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
図書館で見かけて、気になったので買いました。結構字数のある本なので時間はかかりそう。 易しく書いてあるそうなので楽しみです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
シリーズ第三弾となる日経なぜシリーズ。
今回はネットワークの話だが、わずかコンマ数秒の間に行われる動作を、豊富な図とともに順を追って解説していく。
プロトコル、ホームページ、サーバー、等、普段こういった技術の中身を気にする事なく利用できるインターネットだが、本書を開けばその見方が大分変わるのではないだろうか。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
戸根勤(トネツトム)
ソフトウエア技術者から、ネットワーク業界に転進。外資系ネットワーク機器メーカーや国内ネットワーク・インテグレータで、製品開発や技術コンサルティングなどを経験。その間、会社勤務の傍ら講演や執筆活動を行っていたが、1998年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

ネットワーク構築の基礎

ネットワーク構築の基礎
(著)Gene
発売日 2009/11/24
総合評価
(3.8)
(2022/01/25 12:04時点)
※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


データの流れが見える!
ネットワークの構築がわかる!

本書は、ネットワークエンジニアがLAN技術を理解し、LANを構築するための知識を身につけることを目的とした実践的入門書です。LANを理解するポイントは「どのような機器」で「どのような技術・機能を利用するか」です。本書はここに重点をおいて解説を行いました。

1章ではネットワークの基本的な通信の仕組みについて、2章では企業LANの構成例と利用するさまざまな技術や機能について紹介。
3章は、LANの代名詞になっているイーサネット技術とレイヤ2スイッチの仕組みについて、
4章は、無線LANの基本的な仕組みについて解説。
5章および6章は、レイヤ2レベルの重要な技術であるVLANとスパニングツリーの仕組みについて解説。VLANによって企業LANのネットワーク構成の自由度を高め、スパニングツリーで企業LANの信頼性を高めることができます。VLANについては物理構成・論理構成を明解にし解説を行っています。
7章は、レイヤ3スイッチの機能(VLAN間ルーティング、VRRP)について解説。レイヤ3スイッチのVLAN間ルーティングによって、LAN内の通信を高速に処理することができます。
8章では、総まとめとしてCisco Catalystスイッチでの設定例について解説。

図解と実践で、コンピュータネットワークとIPルーティングの基礎を分かりやすく説明!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1 TCP
IPの基礎
2 企業LANの基礎
3 LANとレイヤ2スイッチングの基礎
4 無線LANの基礎
5 VLANの基礎
6 スパニングツリーの基礎
7 VLAN間ルーティングとレイヤ3スイッチの基礎
8 Cisco CatalystスイッチによるLAN構築

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
ネットワークの基礎知識にはあまりページ数が割かれていない
企業内LANを構築する基礎知識を学ぶことができる
全体を通してネットワークの基礎知識、無線LAN、VLAN、トランクポート、スパニングツリー、レイヤ3スイッチの基礎を学んでいく
最終的にはアクセススイッチ、ディストリビューションスイッチ2台、バックボーンスイッチという構成で前章までに説明のあった技術を利用してCiscoルータで構築する
CiscoルータのOSエミュレータやルータのシュミレータの紹介も簡単ながら掲載されている (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
CCNPの時にテキストでお世話になったGeneさんの本ということで購入。
ネットワーク構築となっているが、ネットワークの基本を解説している本である。
ネットワークの基本についてはある程度理解していると自負しているが、何度読んでも段々と細かい部分の理解が深まり得るモノがあるのがネットワークの面白さであると思う。
初級者の方にもオススメできる一冊。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
Gene(GENE)
2000年よりメールマガジン、Webサイト「ネットワークのおべんきょしませんか?」を開設。「ネットワーク技術をわかりやすく解説する」ことを目標に日々更新を続ける。2003年CCIE Routing & Switching取得。2003年8月独立し、ネットワーク技術に関するフリーのインストラクタ、テクニカルライターとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

   

ネットワーク・通信(TCP/IP)の本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「ネットワーク・通信(TCP/IP)の本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2022/01/25 12:04 更新)
Rank製品価格
1
情報経済の鉄則 ネットワーク型経済を生き抜くための戦略ガイド (日経BPクラシックス)...
発売日 2018/02/24
カール・シャピロ, ハル・ヴァリアン (日経BP)
総合評価
(4.9)
3,300円
3,300円
3,300円
2
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク「動作試験」入門...
発売日 2021/12/11
みやた ひろし (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.9)
3,190円
2,871円
3,190円
3,190円
3
マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)
発売日 2019/12/01
直也, 井上, 公保, 村山, 隆史, 竹下, 透, 荒井 (オーム社)
総合評価
(4.6)
2,420円
2,178円
2,420円
2,420円
4
図解入門TCP/IP 仕組み・動作が見てわかる
発売日 2020/12/22
みやた ひろし (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.6)
2,640円
2,376円
2,640円
2,640円
5
TCP/IPの絵本 第2版 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉
発売日 2018/07/11
株式会社アンク (翔泳社)
総合評価
(4.6)
1,848円
1,663円
1,848円
1,848円
 

情報経済の鉄則 ネットワーク型経済を生き抜くための戦略ガイド (日経BPクラシックス)

情報経済の鉄則 ネットワーク型経済を生き抜くための戦略ガイド (日経BPクラシックス)
(著)カール・シャピロ, ハル・ヴァリアン
発売日 2018/02/24
総合評価
(4.9)
(2022/01/25 12:04時点)
広告オークションの設計やクリエ予測などで
Googleを世界一にしたスーパー経済学者で、
現在、Googleチーフエコノミストである
ハル・ヴァリアンらが1999年に刊行したネットワーク型経済を読み解く不朽の名著。
日経BPクラシックス21タイトル目として新訳で待望の復刊。
シュンペーター『資本主義、社会主義、民主主義』に匹敵する衝撃の書。

●「実に素晴らしい本だ。インターネットの時代に経済原理をどう応用すればいいのか、
生きた実例を挙げて平易な言葉で教えてくれる」――アンドリュー・グローブ

●「情報経済という新たな世界に飛び込みたい人へ。
本書の鉄則に従えば、成功の確率が格段に高まる」――ジェフ・ベゾス

第1章 情報経済
第2章 情報に値段をつける
第3章 バージョン化――情報財に複数のバージョンをつくる
第4章 知的財産権の管理
第5章 ロックイン――囲い込みを理解する
第6章 ロックインを操作する
第7章 ネットワークと正のフィードバック
第8章 協力と互換性
第9章 標準化戦争に突入する
第10章 情報政策

「乗り換えコストとロックイン」「正のフィードバック」「規格化と標準化」など、
ネットワーク型経済、デジタル経済を特徴づける事象を具体的な事例をもとに経済学的に位置づける。
巻末の解説は琴坂将広・應義塾大学総合政策学部准教授

↓全て表示↑少なく表示
 
目次
第1章 情報経済 
第2章 情報に値段をつける 
第3章 バージョン化――情報財に複数のバージョンをつくる 
第4章 知的財産権の管理 
第5章 ロックイン――囲い込みを理解する 
第6章 ロックインを操作する 
第7章 ネットワークと正のフィードバック 
第8章 協力と互換性 
第9章 標準化戦争に突入する 
第10章 情報政策

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
原著が1999年刊行。日本語版が2018年。その差約20年。そりゃ日本企業がIT覇者になれないわけだ。
本書で取り上げられる事例はマイクロソフトやAOLなど古臭い。しかし語られる内容は全く古くない。GAFAが幅を利かせる戦い方と同じだ。つまり情報経済の本質はその誕生から変わってないということだ。むしろスマホや5G、AIなどの新技術の登場で益々勝者総取りの様相を呈している。「ロックイン」と「正のフィードバック」が強力な鎖となることはiPhoneやFacebookの隆盛をみれば明らかであろう。逆にGoogleはなんであろう?そこにあるのは徹底したフリーとオープン化をし使えば使うほどパーソナライズされる囲い込みだろう。
もちろん本書に書かれる内容が情報経済のすべてではないが基本中の基本としてIT領域でグローバルバトルをする企業は一読すべき本だろう。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
まったく古くない。ここに書かれていることは今にも通用する、普遍的な経営姿勢を整理している。関係者は必読だと思います。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
著者略歴

著:カール・シャピロ
カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール教授兼バークレー校経済学部教授。専門はビジネス戦略。1995-96年と2011ー12年に司法省反トラスト局の司法副次官補を務める。1981年MITでph.D取得。プリンストン大学を経て1990年から現職。

著:ハル・ヴァリアン
グーグル・チーフエコノミスト。1947年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校経済学部教授兼同ハース・ビジネススクール教授を経て、2002年からグーグルのコンサルタントとして広告オークションの構築に従事。2007年から現職。専門はミクロ経済学と情報経済学。著書に『入門ミクロ経済学』、『ミクロ経済分析』。


↓全て表示↑少なく表示

  

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク「動作試験」入門

システムの安定稼動を支える実践力を培う

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

障害や不具合からネットワークシステムを守る、
現場の知識・経験・ノウハウを凝縮した「実践の教科書」

本書は、ネットワーク構築における「動作試験」について、基礎から実践までを徹底的に解説する本です。
基礎となる考え方と、さまざまな環境に転用可能なスタンダードな構成・機器・機能についての動作試験を学ぶことで、
現場に通用する知識を効率的に、かつ手早く身につけることができます。

<本書の効能>
・ネットワーク試験(テスト)の内容と、それがなぜ必要なのかがわかる
・何を試験するか、具体的にどう試験するかが自分で決められるようになる
・いつなんどき起こるかわからない障害に備えることができ、障害対応の速度が向上する

<本書の対象読者>
・ネットワーク試験(テスト)作業をお願いされた駆け出しエンジニア
・ネットワーク試験(テスト)仕様書を作らないといけなくなった中堅エンジニア
・ネットワーク障害が起きたときにドタバタしたくない運用エンジニア

●目次
第1章 試験フェーズの重要性
1.1 動作試験とは
1.2 試験設計
1.3 試験実施
1.4 試験結果報告
第2章 単体試験
2.1 単体試験のポイント
2.2 外観試験
2.3 ラベル試験
2.4 電源投入試験
2.5 LED試験
2.6 コンソールログイン試験
2.7 コンソールログインタイムアウト試験
2.8 ネットワークログイン試験
2.9 ネットワークログインタイムアウト試験
2.10 起動確認試験
2.11 ストレージ試験
2.12 OSバージョン試験
2.13 ライセンス試験
2.14 インターフェース試験
2.15 パラメータ実装試験
2.16 バックアップ試験
2.17 リストア試験
第3章 結合試験
3.1 結合試験のポイント
3.2 インターフェース試験
3.3 VLAN試験
3.4 IPアドレス試験
3.5 ルーティング試験
3.6 アドレス変換(NAT)試験
3.7 ファイアウォール試験
3.8 サーバー負荷分散試験
3.9 運用管理系試験
3.10 リンク冗長化機能試験
3.11 NIC冗長化機能試験
3.12 MLAG冗長化機能試験
3.13 STP冗長化機能試験
3.14 ループ防止機能試験
3.15 FHRP冗長化機能試験
3.16 ファイアウォール冗長化機能試験
3.17 負荷分散装置冗長化機能試験
3.18 実際の現場では
第4章 障害試験
4.1 障害試験のポイント
4.2 LAG障害試験
4.3 NIC障害試験
4.4 MLAG障害試験
4.5 STP障害試験
4.6 FHRP障害試験
4.7 ファイアウォール障害試験
4.8 負荷分散装置障害試験
4.9 実際の現場では
第5章 性能試験・長期安定化試験
5.1 性能試験のポイント
5.2 長期安定化試験のポイント

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 試験フェーズの重要性1.1 動作試験とは1.2 試験設計1.3 試験実施1.4 試験結果報告第2章 単体試験2.1 単体試験のポイント2.2 外観試験2.3 ラベル試験2.4 電源投入試験2.5 LED試験2.6 コンソールログイン試験2.7 コンソールログインタイムアウト試験2.8 ネットワークログイン試験2.9 ネットワークログインタイムアウト試験2.10 起動確認試験2.11 ストレージ試験2.12 OSバージョン試験2.13 ライセンス試験2.14 インターフェース試験2.15 パラメータ実装試験2.16 バックアップ試験2.17 リストア試験第3章 結合試験3.1 結合試験のポイント3.2 インターフェース試験3.3 VLAN試験3.4 IPアドレス試験3.5 ルーティング試験3.6 アドレス変換(NAT)試験3.7 ファイアウォール試験3.8 サーバー負荷分散試験3.9 運用管理系試験3.10 リンク冗長化機能試験3.11 NIC冗長化機能試験3.12 MLAG冗長化機能試験3.13 STP冗長化機能試験3.14 ループ防止機能試験3.15 FHRP冗長化機能試験3.16 ファイアウォール冗長化機能試験3.17 負荷分散装置冗長化機能試験3.18 実際の現場では第4章 障害試験4.1 障害試験のポイント4.2 LAG障害試験4.3 NIC障害試験4.4 MLAG障害試験4.5 STP障害試験4.6 FHRP障害試験4.7 ファイアウォール障害試験4.8 負荷分散装置障害試験4.9 実際の現場では第5章 性能試験・長期安定化試験5.1 性能試験のポイント5.2 長期安定化試験のポイント

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
Twitterで盛り上がっていて、著者買いだったが、現場感が伝わってきて、素晴らしい。
手順が丁寧に記載されているだけでなく、進めるときのポイントが明確にされており、今後役に立つのは間違いない。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:みやた ひろし
大学と大学院で地球環境科学の分野を研究した後、某システムインテグレーターにシステムエンジニアとして入社。その後、某ネットワーク機器ベンダーのコンサルタントに転身。設計から構築、運用に至るまで、ネットワークに関連する業務全般を行う。 CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)


  

マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)

マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)
(著)直也, 井上, 公保, 村山, 隆史, 竹下, 透, 荒井
発売日 2019/12/01
総合評価
(4.6)
(2022/01/25 12:04時点)
TCP/IP解説書の決定版! 時代の変化によるトピックを加え内容を刷新!
本書は、ベストセラーの『マスタリングTCP/IP 入門編』を時代の変化に即したトピックを加え、内容を刷新した第6版として発行するものです。豊富な脚注と図版・イラストを用いたわかりやすい解説により、TCP/IPの基本をしっかりと学ぶことができます。プロトコル、インターネット、ネットワークについての理解を深める最初の一歩として活用ください。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 ネットワーク基礎知識
第2章 TCP
IP基礎知識
第3章 データリンク
第4章 IP(Internet Protocol)
第5章 IPに関連する技術
第6章 TCPとUDP
第7章 ルーティングプロトコル(経路制御プロトコル)
第8章 アプリケーションプロトコル
第9章 セキュリティ
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
定番の書籍。 以前、読んだことがあったが基本の再確認の為に再読するために購入。 所々読みにくいところもあるが良くも悪くも定番の書籍。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
所在: 展示架
請求記号: 547.48/I57
資料ID: 11901343
TCP/IPだけでなく、ネットワーク分野全般が網羅されてるので、ネットワーク入門書としておすすめです!
選書担当: S (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
自分にとっては入門書と思えないほど、多岐にわたる内容。
知らないことがたくさん書かれていた。
現時点では、全てを理解し、頭に入れることはできなかった。要再読。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
井上直也(イノウエナオヤ)
1974年生まれ。ネットワンシステムズ株式会社

村山公保(ムラヤマユキオ)
1967年生まれ。倉敷芸術科学大学危機管理学部危機管理学科教授

竹下隆史(タケシタタカフミ)
1965年生まれ。ネットワンシステムズ株式会社

荒井透(アライトオル)
1958年生まれ。ネットワンシステムズ株式会社

苅田幸雄(カリタユキオ)
1949年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

図解入門TCP/IP 仕組み・動作が見てわかる

図解入門TCP/IP 仕組み・動作が見てわかる
(著)みやた ひろし
発売日 2020/12/22
総合評価
(4.6)
(2022/01/25 12:04時点)
ネットワーク技術入門書の決定版!
コンピューターネットワークにかかわるすべての人のための、TCP/IPがしっかり学べる入門書。
ネットワークの基礎からプロトコルの詳細まで、400点以上の図を用いて徹底的にわかりやすく解説。
オールカラーで読みやすく充実した、実務で役立つ決定版!

<本書の特徴>
● オールカラーで図解が満載!
ネットワークの仕組み・動作は図を見て理解するのが一番です。
本書では400点以上の図を用いてTCP/IPプロトコルを丁寧に解説します。

● 最新のネットワークに対応
IPやTCP、UDPのみならず、光ファイバー、無線LAN、IPv6、IPsec、HTTP、SSLなど、
今のネットワークに欠かせない各種のプロトコルについても詳しく解説しています。

第1章 ネットワークの基礎
1.1 ネットワークとは
1.1.1 ネットワークの歴史
1.1.2 回線交換方式とパケット交換方式

1.2 通信するときのルールがプロトコル
1.2.1 プロトコルで決まっていること
1.2.2 プロトコルは階層で整理する
1.2.3 ふたつの階層構造モデル
1.2.4 標準化団体がプロトコルを決める
1.2.5 各階層が連携して動作する仕組み

1.3 ネットワークを構成する機器
1.3.1 物理層で動作する機器
1.3.2 データリンク層で動作する機器
1.3.3 ネットワーク層で動作する機器
1.3.4 トランスポート層で動作する機器
1.3.5 アプリケーション層で動作する機器
1.3.6 つなげてみると

1.4 いろいろなネットワーク機器のカタチ
1.4.1 物理アプライアンス
1.4.2 仮想アプライアンス

1.5 ネットワークのカタチ
1.5.1 LAN
1.5.2 WAN
1.5.3 DMZ

1.6 新しいネットワークのカタチ
1.6.1 SDN
1.6.2 CDN
1.6.3 IoT
1.6.4 IaaS


第2章 物理層
2.1 有線LAN(IEEE802.3)
2.1.1 ツイストペアケーブル
2.1.2 光ファイバーケーブル
2.1.3 ふたつの通信方式

2.2 無線LAN(IEEE802.11)
2.2.1 周波数帯域
2.2.2 変調方式
2.2.3 無線LANの通信方式
2.2.4 高速化技術
2.2.5 その他の無線規格


第3章 データリンク層
3.1 有線LAN(IEEE802.3)
3.1.1 イーサネットのフレームフォーマット
3.1.2 MACアドレス
3.1.3 L2スイッチ

3.2 無線LAN(IEEE802.11)
3.2.1 IEEE802.11フレームのフレームフォーマット
3.2.2 無線LAN端末がつながるまで
3.2.3 無線LANのカタチ
3.2.4 無線LANに関するいろいろな機能

3.3 ARP
3.3.1 ARPのフレームフォーマット
3.3.2 ARPによるアドレス解決の流れ
3.3.3 ARPのキャッシュ機能
3.3.4 GARPを利用した機能

3.4 その他のL2プロトコル
3.4.1 PPP
3.4.2 PPPoE
3.4.3 IPoE
3.4.4 PPTP
3.4.5 L2TP


第4章 ネットワーク層
4.1 IPv4
4.1.1 IPv4のパケットフォーマット
4.1.2 IPv4アドレスとサブネットマスク
4.1.3 いろいろなIPv4アドレス

4.2 IPv6
4.2.1 IPv6のパケットフォーマット
4.2.2 IPv6アドレスとプレフィックス
4.2.3 いろいろなIPv6アドレス

4.3 IPルーティング
4.3.1 ルーティングとは
4.3.2 ルーティングテーブル
4.3.3 ルーティングプロトコル
4.3.4 再配送
4.3.5 ルーティングテーブルのルール
4.3.6 VRF
4.3.7 ポリシーベースルーティング

4.4 IPアドレスの割り当て方法
4.4.1 動的割り当て
4.4.2 静的割り当て
4.4.3 DHCPリレーエージェント

4.5 NAT
4.5.1 静的NAT
4.5.2 NAPT
4.5.3 CGNAT
4.5.4 NATトラバーサル(NAT越え)

4.6 IPv4とIPv6の共存技術
4.6.1 デュアルスタック
4.6.2 DNS64/NAT64
4.6.3 トンネリング

4.7 ICMPv4
4.7.1 ICMPv4のパケットフォーマット
4.7.2 代表的なICMPv4の動作

4.8 ICMPv6
4.8.1 ICMPv6のパケットフォーマット
4.8.2 代表的なICMPv6の動作

4.9 IPsec
4.9.1 拠点間VPNとリモートアクセスVPN
4.9.2 IPsecプロトコルが持っている機能


第5章 トランスポート層
5.1 UDP
5.1.1 UDPのパケットフォーマット
5.1.2 ポート番号
5.1.3 ファイアウォールの動作(UDP編)

5.2 TCP
5.2.1 TCPのパケットフォーマット
5.2.2 TCPにおける接続遷移
5.2.3 いろいろなオプション機能
5.2.4 ファイアウォールの動き(TCP編)


第6章 アプリケーション層
6.1 HTTP
6.1.1 HTTPのバージョン
6.1.2 HTTP/1.1のメッセージフォーマット
6.1.3 いろいろなHTTPヘッダー
6.1.4 HTTP/2のメッセージフォーマット
6.1.5 負荷分散装置の動き

6.2 SSL/TLS
6.2.1 SSLで使用している技術
6.2.2 SSLのバージョン
6.2.3 SSLのレコードフォーマット
6.2.4 SSLで接続から切断までの流れ
6.2.5 クライアント認証
6.2.6 SSLオフロード機能

6.3 DNS
6.3.1 ドメイン名
6.3.2 名前解決とゾーン転送
6.3.3 DNSのメッセージフォーマット
6.3.4 DNSを利用した機能

6.4 メール系プロトコル
6.4.1 メール送信プロトコル
6.4.2 メール受信プロトコル
6.4.3 Webメール

6.5 管理アクセスプロトコル
6.5.1 Telnet
6.5.2 SSH

6.6 運用管理プロトコル
6.6.1 NTP
6.6.2 SNMP
6.6.3 Syslog
6.6.4 隣接機器発見プロトコル

6.7 冗長化プロトコル
6.7.1 物理層の冗長化技術
6.7.2 データリンク層の冗長化技術
6.7.3 ネットワーク層の冗長化技術

6.8 ALGプロトコル
6.8.1 FTP
6.8.2 TFTP
6.8.3 SIP

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 ネットワークの基礎
1.1 ネットワークとは
1.1.1 ネットワークの歴史
1.1.2 回線交換方式とパケット交換方式
1.2 通信するときのルールがプロトコル
1.2.1 プロトコルで決まっていること
1.2.2 プロトコルは階層で整理する
1.2.3 ふたつの階層構造モデル
1.2.4 標準化団体がプロトコルを決める
1.2.5 各階層が連携して動作する仕組み
1.3 ネットワークを構成する機器
1.3.1 物理層で動作する機器
1.3.2 データリンク層で動作する機器
1.3.3 ネットワーク層で動作する機器
1.3.4 トランスポート層で動作する機器
1.3.5 アプリケーション層で動作する機器
1.3.6 つなげてみると
1.4 いろいろなネットワーク機器のカタチ
1.4.1 物理アプライアンス
1.4.2 仮想アプライアンス
1.5 ネットワークのカタチ
1.5.1 LAN
1.5.2 WAN
1.5.3 DMZ
1.6 新しいネットワークのカタチ
1.6.1 SDN
1.6.2 CDN
1.6.3 IoT
1.6.4 IaaS
第2章 物理層
2.1 有線LAN(IEEE802.3)
2.1.1 ツイストペアケーブル
2.1.2 光ファイバーケーブル
2.1.3 ふたつの通信方式
2.2 無線LAN(IEEE802.11)
2.2.1 周波数帯域
2.2.2 変調方式
2.2.3 無線LANの通信方式
2.2.4 高速化技術
2.2.5 その他の無線規格
第3章 データリンク層
3.1 有線LAN(IEEE802.3)
3.1.1 イーサネットのフレームフォーマット
3.1.2 MACアドレス
3.1.3 L2スイッチ
3.2 無線LAN(IEEE802.11)
3.2.1 IEEE802.11フレームのフレームフォーマット
3.2.2 無線LAN端末がつながるまで
3.2.3 無線LANのカタチ
3.2.4 無線LANに関するいろいろな機能
3.3 ARP
3.3.1 ARPのフレームフォーマット
3.3.2 ARPによるアドレス解決の流れ
3.3.3 ARPのキャッシュ機能
3.3.4 GARPを利用した機能
3.4 その他のL2プロトコル
3.4.1 PPP
3.4.2 PPPoE
3.4.3 IPoE
3.4.4 PPTP
3.4.5 L2TP
第4章 ネットワーク層
4.1 IPv4
4.1.1 IPv4のパケットフォーマット
4.1.2 IPv4アドレスとサブネットマスク
4.1.3 いろいろなIPv4アドレス
4.2 IPv6
4.2.1 IPv6のパケットフォーマット
4.2.2 IPv6アドレスとプレフィックス
4.2.3 いろいろなIPv6アドレス
4.3 IPルーティング
4.3.1 ルーティングとは
4.3.2 ルーティングテーブル
4.3.3 ルーティングプロトコル
4.3.4 再配送
4.3.5 ルーティングテーブルのルール
4.3.6 VRF
4.3.7 ポリシーベースルーティング
4.4 IPアドレスの割り当て方法
4.4.1 動的割り当て
4.4.2 静的割り当て
4.4.3 DHCPリレーエージェント
4.5 NAT
4.5.1 静的NAT
4.5.2 NAPT
4.5.3 CGNAT
4.5.4 NATトラバーサル(NAT越え)
4.6 IPv4とIPv6の共存技術
4.6.1 デュアルスタック
4.6.2 DNS64/NAT64
4.6.3 トンネリング
4.7 ICMPv4
4.7.1 ICMPv4のパケットフォーマット
4.7.2 代表的なICMPv4の動作
4.8 ICMPv6
4.8.1 ICMPv6のパケットフォーマット
4.8.2 代表的なICMPv6の動作
4.9 IPsec
4.9.1 拠点間VPNとリモートアクセスVPN
4.9.2 IPsecプロトコルが持っている機能
第5章 トランスポート層
5.1 UDP
5.1.1 UDPのパケットフォーマット
5.1.2 ポート番号
5.1.3 ファイアウォールの動作(UDP編)
5.2 TCP
5.2.1 TCPのパケットフォーマット
5.2.2 TCPにおける接続遷移
5.2.3 いろいろなオプション機能
5.2.4 ファイアウォールの動き(TCP編)
第6章 アプリケーション層
6.1 HTTP
6.1.1 HTTPのバージョン
6.1.2 HTTP/1.1のメッセージフォーマット
6.1.3 いろいろなHTTPヘッダー
6.1.4 HTTP/2のメッセージフォーマット
6.1.5 負荷分散装置の動き
6.2 SSL/TLS
6.2.1 SSLで使用している技術
6.2.2 SSLのバージョン
6.2.3 SSLのレコードフォーマット
6.2.4 SSLで接続から切断までの流れ
6.2.5 クライアント認証
6.2.6 SSLオフロード機能
6.3 DNS
6.3.1 ドメイン名
6.3.2 名前解決とゾーン転送
6.3.3 DNSのメッセージフォーマット
6.3.4 DNSを利用した機能
6.4 メール系プロトコル
6.4.1 メール送信プロトコル
6.4.2 メール受信プロトコル
6.4.3 Webメール
6.5 管理アクセスプロトコル
6.5.1 Telnet
6.5.2 SSH
6.6 運用管理プロトコル
6.6.1 NTP
6.6.2 SNMP
6.6.3 Syslog
6.6.4 隣接機器発見プロトコル
6.7 冗長化プロトコル
6.7.1 物理層の冗長化技術
6.7.2 データリンク層の冗長化技術
6.7.3 ネットワーク層の冗長化技術
6.8 ALGプロトコル
6.8.1 FTP
6.8.2 TFTP
6.8.3 SIP

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
ネットワークを理解したく本を探していました。 この作者の本は他にもあって購入してますが難しく 理解出来ずにいたのでこの本のおかげで理解が出来 良かったです (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門 よりネタの範囲が幅広く、初歩的も内容から現場で見聞きする内容まで図で詳しく、かつ丁寧に書かれているため、はじめの一歩にちょうどいい。良書。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:みやた ひろし
大学と大学院で地球環境科学の分野を研究した後、某システムインテグレーターにシステムエンジニアとして入社。その後、某ネットワーク機器ベンダーのコンサルタントに転身。設計から構築、運用に至るまで、ネットワークに関連する業務全般を行う。
CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)


  

TCP/IPの絵本 第2版 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉

TCP/IPの絵本 第2版 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉
(著)株式会社アンク
発売日 2018/07/11
総合評価
(4.6)
(2022/01/25 12:04時点)

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

ネットワークを気軽に学べる「絵本」がリニューアル!

「TCP/IP」はインターネットで採用されている標準のプロトコル(通信規約)で、ネットのサービスやプログラミングなど、コンピュータを利用するさまざまな場面に登場します。
本書は、イラストを見ながら理解できるやさしいTCP/IPの解説書であり、予備指知識なしで読め、「ネットワークとは何か」というところから理解を進められます。また、本改訂版では旧版を見直し、各種の記述を改め、IPv6などの新しい要素なども盛り込んでいます。本書には次のような特徴があります。

・イラストを多用し、短い解説で絵本のようにビジュアルに理解することができます。
・2ページを単位とした説明と、基礎に絞り込んだ内容でスピーディに学習できます。
・予備知識は不要です。「ネットワークってなんだろう」から説明します。
・現代の環境に合わせて内容を見直し、次世代のネットワークのIPv6も解説、ファイアウォールなどのセキュリティの話題にも触れます。

【翔泳社の「絵本」シリーズのラインナップをアップデート】
翔泳社の「絵本シリーズ」は、豊富なイラストと簡潔な解説でコンピュータ技術に入門できる初心者向けのシリーズです。言語/技術の超初心者や手軽に習得したい方に最適な入門書です。

新しい「絵本シリーズ」では、旧来の分かりやすさ、親しみやすさ、基礎に徹した内容というコンセプトはそのままに、Web/ネットが全盛となった現在のコンピュータ技術の潮流に合わせた解説を心掛けます。

『Cの絵本』『Javaの絵本』を皮切りにラインナップを順次刷新、さらに新しい仲間を増やしてラインナップを充実していきます。


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
TCP/IPの勉強をはじめる前に
第1章 TCP/IPの概要
第2章 通信サービスとプロトコル
第3章 アプリケーション層
第4章 トランスポート層
第5章 ネットワーク層
第6章 データリンク層と物理層
第7章 ルーティング
第8章 セキュリティ
付録
Users Voice
おすすめされたので買ってみました 図が色々入っていて視覚で体系的にまなべるので良いと思います (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
会社の同僚から「TCP/IPの知識の理解が甘い」と指摘を受けたので、いずれ息子(現在小5)にも必要になるだろうと思い、思いっきり初歩レベルの本に手を出してみた。
各レイヤの動きについてわかりやすい絵と共に紹介されており、私自身も「あ、そうだったけ?」と発見があった。この手の分野では「マスタリングTCP/IP」が初心者向けの本として定評があるけれど、それだと難しいと感じる人には適している本だと感じた。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
TCP/IPの各階層の役割がイメージできるようになりました。
(今までは、文字面だけで役割を認識している程度でした。) (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

ネットワーク・通信(TCP/IP)の本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるネットワーク・通信(TCP/IP)の本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2022/01/25 12:04 更新)
Rank製品価格
1
1,200円
2
ネットワーク構築の基礎
発売日 2009/11/24
Gene (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
2,420円
1,696円
1,885円
625円
3
現場のプロが教える!ネットワーク運用管理の教科書
発売日 2015/12/25
のびきよ (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
3,278円
2,950円
3,278円
3,278円
4
Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ
発売日 2016/11/11
大澤文孝 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4)
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
5
TCP/IP の基礎
発売日 2011/02/23
Gene (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.4)
615円
1,696円
1,885円
500円
6
Rustで始めるTCP自作入門
発売日 2021/09/03
小野 輝也
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.6)
800円
7
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版...
発売日 2020/02/12
大澤 文孝, 玉川 憲, 片山 暁雄, 今井 雄太 (日経BP)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
2,970円
2,673円
2,970円
2,970円
8
440円
9
331円
10
220円
 

ネットワーク・通信の本「新書一覧(2020年、2021年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したネットワーク・通信の本の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2022/01/25 12:04 更新)
製品価格
ゼロトラストネットワーク[実践]入門
発売日 2022/02/17
野村総合研究所, NRIセキュアテクノロジーズ (技術評論社)
3,278円
3,278円
3,278円
3,960円
3,960円
3,960円
ネットワーク 入門・構築の教科書
発売日 2022/01/25
のびきよ (マイナビ出版)
3,278円
3,278円
3,278円
3,278円
220円
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク「動作試験」入門...
発売日 2021/12/11
みやた ひろし (SBクリエイティブ)
総合評価
(4.9)
3,190円
2,871円
3,190円
3,190円
プライベートワイヤレスネットワーク入門
発売日 2021/10/27
(リックテレコム)
2,420円
2,200円
2,200円
2,420円
2,640円
Rustで始めるTCP自作入門
発売日 2021/09/03
小野 輝也
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.6)
800円
ネットワークプロトコルハッカーズガイド キャプチャ、解析、エクスプロイトの理論と実践 (アスキードワンゴ)...
発売日 2021/09/02
James Forshaw, 株式会社クイープ/遠藤美代子 (ドワンゴ)
総合評価
(4.4)
3,740円
3,366円
3,740円
3,740円
コンピュータ・ネットワーク入門
発売日 2021/09/01
小林 孝史 (ムイスリ出版)
2,585円
2,585円
2,585円
2,750円
2,613円
2,750円
2,750円
ストーリーで学ぶ ネットワークの基本
発売日 2021/05/11
左門 至峰 (インプレス)
総合評価
(4.3)
2,530円
2,277円
(+114pt)
2,530円
2,530円
IoTデバイス×Webアプリでホームネットワーク AWS クラウドサービス開発テクニック...
発売日 2021/04/29
市川純, 飯田起弘, 飯塚将太, 河田卓志 (秀和システム)
総合評価
(4.4)
3,300円
2,673円
2,970円
2,431円
440円
2,420円
2,420円
2,420円
ネットワーク時代の落とし穴 (I/O BOOKS)
発売日 2021/03/23
御池 鮎樹 (工学社)
2,090円
(+200pt)
2,090円
2,090円
3,300円
3,300円
3,300円
データセンター調査報告書2021
発売日 2021/02/26
クラウド&Data Center完全ガイド, インプレス総合研究所 (インプレス)
187,000円
(+1870pt)
176,000円
(+1760pt)
176,000円
187,000円
2,178円
1,960円
2,178円
2,178円
CentOS 8で作るネットワークサーバ構築ガイド
発売日 2021/01/12
サーバ構築研究会 (秀和システム)
総合評価
(5)
4,950円
4,010円
4,455円
4,950円
 

関連:Web開発・IoT機器を実装する

ネットワークの基礎知識を学んだら、WebアプリやIoT機器の実装などで実用していきましょう。

以下ではWebアプリ開発に有効なプログラミング言語JavaScriptやPHPを紹介しています。

 

また以下では、ラズベリーパイを使った簡単な組み込みIoT機器実装に関する本も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました