【2021年最新】Webライティングの本「人気・高評価のおすすめ本15冊 / 新書一覧」

こちらでは、Webライティングに関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

Contents

Webライティングの本「最新の人気ランキング 20冊」

今人気の「Webライティングの本」をランキングで一覧したのが以下です。

(2021/02/27 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.3)
総評価数 688件
2
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
発売日 2008/09/20
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
(4.3)
総評価数 274件
3
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+418pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 85件
4
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)...
発売日 2015/08/07
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   649円 (+6pt)
(4.3)
総評価数 248件
5
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,386円 (+14pt)
Audible   2,500円
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 492件
6
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
発売日 2006/03/16
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
(3.8)
総評価数 127件
7
(4.1)
総評価数 70件
8
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+97pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 32件
9
ビジネスマンのための新教養 UXライティング
発売日 2020/11/30
通常    1,848円
単行本   1,848円 (+18pt)
Kindle   1,848円 (+18pt)
(3.1)
総評価数 11件
10
世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
発売日 2020/09/19
通常    1,848円
単行本   1,848円 (+18pt)
Kindle   1,756円 (+18pt)
(4)
総評価数 8件
11
Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー
発売日 2017/08/25
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,782円 (+18pt)
(4.1)
総評価数 51件
12
(3.8)
総評価数 78件
13
100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60
発売日 2017/03/02
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,463円 (+15pt)
(3.8)
総評価数 33件
14
100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300
発売日 2018/12/10
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,463円 (+15pt)
(4.2)
総評価数 30件
15
最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座
発売日 2018/03/09
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+40pt)
Kindle   1,782円 (+18pt)
(4.1)
総評価数 15件
16
Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!...
発売日 2016/05/27
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,178円 (+22pt)
(4.1)
総評価数 11件
17
(0)
総評価数 0件
18
文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。 Webライター実践入門...
発売日 2019/12/03
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   990円 (+10pt)
(3.8)
総評価数 8件
19
スピードマスター 1時間でわかる Webライティング
発売日 2018/11/30
通常    1,100円
単行本   1,100円 (+11pt)
Kindle   1,045円 (+19pt)
(4.1)
総評価数 15件
20
SEO対策のための Webライティング実践講座
発売日 2015/02/19
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,069円 (+21pt)
(4.2)
総評価数 35件
 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきます。

Kindle版のある本なら試し読みも可能。大概目次まで見れるので、概要もつかめるので、サンプル試読がおすすめです。

 

Webライティングの本 人気・売れ筋の10冊

以下が「Webライティングの本」人気・売れ筋の10冊詳細です。

(2021/02/27 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.3)
総評価数 688件
2
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
発売日 2008/09/20
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
(4.3)
総評価数 274件
3
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+418pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 85件
4
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)...
発売日 2015/08/07
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   649円 (+6pt)
(4.3)
総評価数 248件
5
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,386円 (+14pt)
Audible   2,500円
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 492件
6
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
発売日 2006/03/16
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
(3.8)
総評価数 127件
7
(4.1)
総評価数 70件
8
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+97pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 32件
9
ビジネスマンのための新教養 UXライティング
発売日 2020/11/30
通常    1,848円
単行本   1,848円 (+18pt)
Kindle   1,848円 (+18pt)
(3.1)
総評価数 11件
10
世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
発売日 2020/09/19
通常    1,848円
単行本   1,848円 (+18pt)
Kindle   1,756円 (+18pt)
(4)
総評価数 8件
 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。
謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、
SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、
Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える
特別解説(約100ページ)を加えました。

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、
より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

Webサイトやブログの記事だけではなく、
ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

【あらすじ】
須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、
Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……! ?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

〈こんな方にオススメ〉
・わかりやすい文章が書けずに悩んでいる方
・検索エンジンに評価される記事を作りたい方
・記事を書いてもサイトの成果が出ず困っている方

〈ストーリー 目次〉
EPISODE 01 SEOライティングの鼓動
EPISODE 02 解き放たれたUSP
EPISODE 03 リライトと推敲の狭間に
EPISODE 04 愛と論理のオウンドメディア
EPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
EPISODE 06 嵐を呼ぶインタビュー
EPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

〈特別解説 目次〉 ※書籍書き下ろし
○SEOを意識したコンテンツを作るカギ
○「USP」を最大限に活かすコンテンツ
○わかりやすい文章を書くためのポイント
○論理的思考をSEOに結び付ける
○オウンドメディアに必要なSEO思考
○SEOに強いライターの育成法
○バズにつながるコンテンツ作成のコツ


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
2年ほど前、仕事で自社メディアのアクセスを増やす必要があり、あれこれとヒントを探していた時に、amazonランキングでこの本と出会いました。

「レビュー評価は良いけど、表紙のキャラ濃すぎ・・・」と、ちょっとドキドキしながら購入たのを覚えています(笑)

結果、2年ほど経った今ではKindleの後に単行本も買い足し、「どうしたらいいんだっけ」と確認したいときに手に取る「マーケティングの手引書」のように読み続けています。

この本の気に入っているところ:

●読みやすい。
ストーリーの会話形式がベースなので一気に読めます。

●実例を見ながら学べる。
ストーリー内にライティング例が出てくるので、「こういうことね」と確認しながら読み進められます。

●読み返しやすい。
重要なことの「まとめ」がストーリーとストーリーの間に書かれているので、読み返す時は「まとめ」だけにアクセスできて便利です。
(SNS配信、企画、など付箋に書いて「まとめ」に貼っておくと、すぐ読み返せるのでオススメです)

要点だけ知りたい!という方は「ストーリー」の存在が、逆に読み辛く感じるかもしれないですね。
ただ、最近になって私は、この「ストーリー」と「まとめ」で書かれていることが、この本のミソだと思っています・・・。

というのも、この本を読むまでは、アクセスを増やすことが「姿の見えないモヤッとしたものとの戦い」のように感じていたのですが、この本を読んでから「本質は人と人のコミュニケーションであり、感情の動きを考えること」なのだと思うようになりました。

だからこそ、この本が「無機質な要点のまとめだけ」でなく「感情豊かなストーリー形式」とともに書かれていることは、この本のミソだと感じています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本書にはウェブライティングする上で意識したいことや企業が集客するためにどのようなことを意識すればいいかどうががかかれています。

SEOを意識したライティングの知識がない人でもわかりやすい解説でたくさんの発見を得ることができますし、ある程度知識を持った方でも「そうすればいいのか!」という発見があるのでぜひ読んで欲しい一冊でした。

本自体のページ数が多いので読むのが大変そうだと思われますが、これは漫画調で書かれているためにページ数が多くなっているだけで実際の文章量はそんなんでもないです。

私が読んでみたところではだいたい3時間で読むことができる内容でした。

とにかくイラスト付きなのが読みやすくスムーズにページが進むので引き込まれます。

漫画のあとは節ごとに文章多めで詳しく解説されているので情報を整理することができます。

気になる方は読んでみてください。

Kindle版のほうが安いのでKindle版の感想でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

発売12年目の今、一番売れている本、第24刷 92,000部突破!

あの「メンタリストDaiGo」脱帽!
「価格の10倍以上の価値がある。」
「この本には、
言葉だけで、文章だけで、
人の心をわしづかみにし、
動かす方法が書かれています。」

86年以上読み継がれてきた伝説のバイブルがついに登場!
「広告の父」デビッド・オグルヴィは、自らも本書で学び、
「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ本だ」と絶賛する。
本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、
実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。

本書を「自らのコピーライティングの原点」と位置づけている神田昌典氏は
「監訳者はじめに」でこう話す。

「いまから12年前のこと
──毎晩、むさぼるように本書を読んでいた。
ベッドのなかで眠気に意識を失うまで、手放さなかった。
目覚めても、開かれたままのページに舞い戻った。
それだけ本書に没頭したのは、当然だった。
飛び込んでくる言葉は、通常の、気の利いた言葉ではない。
1語1語が、収益を生むことが科学的に検証された言葉だという。
計画数値の必達にあえぐ、外資系企業の代表者であった当時の私にとってみれば、
魔法のような本だった。

エクゼクティブ・コーチングに参加したクライアント数は、5年間で1万人超。
日本におけるダイレクトレスポンス・マーケティング分野における最大組織となって、
大成功する企業家やベストセラー作家を続々と生み出した。
自社の売上にして30億円。
クライアントが生み出した売上を考えれば、おそらく500億円は下るまい。
この実績を残すことができたのは、私に特別な能力や才能があったわけではない。
すべてはケープルズが70年以上も前に実践・検証していたことである。
私のマーケッターとしての実績の大半は、
本書に書かれている言葉を自分なりに工夫することで、得られたのだ。
いま、改めて読み返してみても、
本書は宝の山だ。
いや、いまだからこそ、さらに価値が高まっていると言えるだろう。
なぜなら、本書に挙げられているコピーは、インターネットが普及した環境で、
より効果的に使えるからである。

本書の読者は、言葉の力を知ることになるからこそ、
その力を何のために使うのかを、読む前に、そして読んだあとに自問してほしい。
そして、その答えは、まさにケープルズが、本書の最後に引用した言葉
──「広告とは、
教育である」──
から読み取れる。
広告を打つということは、数万人に言葉を発する教師であると自覚したとき、
読者は自社のために売上を上げながらも、
よりよい社会の礎となる言葉を、選択することになるだろう。
そのとき、おそらくレスポンス広告は、
新しい時代における真の役割を見出すだろうし、その言葉がきっかけとなり、
私たちの意識を大きく変容させることになるに違いない。
現実は、どんな言葉を選択するかで、創られる。
言葉の力を知った者は、創造者としての責任も同時に負うのである」

【もくじ】
第1章
これが新しい広告戦略だ
第2章
広告は見出しが命
第3章
どんな見出しが1番注目されるか
第4章
効く見出しはこう書く
第5章
35の見出しの型──その効果は検証済み
第6章
どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには<? br>第7章
「テスト済み広告」と「テストしない広告」
第8章
熱意を込めてコピーを書く方法
第9章
コピーの出だしはこう書く
第10章
効くコピーはこう書く
第11章
コピーの売込み効果を高める20の方法
第12章
誰もがぶつかる問題を避ける方法
第13章
こうすればもっと問合せが増える32の方法
第14章
最大数のお客にアピールする方法
第15章
どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか
第16章
小スペース広告で利益を上げる方法
第17章
頭の体操10問──成功した見出しはどっち<? br>第18章
広告をテストする17の方法

「広告の父」デビッド・オグルヴィが本書で学んだ7つの原則
1.成功(最大限の費用対効果)へのカギは、広告のあらゆる要素を絶えずテストすることにある。
2.どう言うかより、何を言うかのほうが重要。
3.ほとんどの広告では、見出しが1番重要。
4.1番効果的な見出しは、相手の「得になる」とアピールするか、「新情報」を伝えるもの。
5.中身のない短い見出しより、何かをきちんと伝えている長い見出しのほうが効果的。
6.一般的な内容より、具体的な内容のほうが信用される。
7.短いコピーより、長いコピーのほうが説得力がある。

【デビッド・オグルヴィ絶賛】
「ジョン・ケープルズは違う。
何と49年間も、コピーライターの仕事に専念してきたのである。
だからこそ、類のない一連の知識を蓄積してこれた。
この本は間違いなく、
いままでで1番役に立つ広告の本である」
(オグルヴィの本書まえがきより)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
「キャッチコピー」や「広告文」はセンスだと思っていた。

確かにセンスは関わってくると思う。
しかし、基本となる「型」はある。
言うならば、売れているコピーには共通している「型」がある。
その「型」の上に、センスがあるのだと思う。

この本は分厚く、手に取りにくいと思う。値段も少し高い。
しかし、分厚いのには理由がある。
これまで売れてきたコピーの実例がたくさん載っているからである。
そして、なぜ売れたかの分析がきちんと書かれているからである。

分厚い専門書なのにわかりやすい。

営業や広告担当の人はもちろん、
「人に文章を書くことがある人」は一度読む価値はある。

少なからず私は「この本に出会えてよかった」と満足している。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
daigoさんのYouTubeの放送を拝見して、このザ・コピーライティングという本を知り、買いました。
見出しが重要ということが実際に反響があった例などを用いて詳しくわかりやすく説明されていたので非常にタメになりました。
この本を見ればいかに見出しが大事かということがわかります。
厚い本で最初は圧倒されますが、この本を読む価値は大いにあります。
ぜひ試してみてください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

稼ぐ人の「超速」文章術

SNSやブログ、メルマガ、ランディングページなど……、
ビジネスをしていてセールスコピーや文章を書く場面が急増しています。

誰もが発信者になれる環境が整い、
商品やサービスの魅力を文章で表現する技術はもはや不可欠となっている一方で、
文章に苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか?

そこで本書は、セールスに関する文章の書き方にフォーカス。
テンプレート・フレームワーク・チェックリストを使って文章を作成するので、
ゼロから考える必要がありません。

文章作成が苦手な人でもラクに実践して、
結果を出せる方法を完全網羅した1冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私はどちらかというと文章を作るのは好きな方で、正直なところ文章作成のHOWTO本には全くといっていいほど魅力を感じていませんでしたが、メールの文章作成に頭を悩ませる時、時々以下のように考えることがありました。

人(ビジネスパーソン)は年間150時間も費やして何かしら物を探している。
メール、LINE、SNSなど、何かと文章を考える事が多い今、フレーズや構成を頭の中で探し回っている時間も積み重なれば相当なものになる。
情報やアイデアが散乱した頭の中を整頓できれば、デスクを片付けた後のように欲しいものに最短で手が届き、時間のロスとストレスを間違いなく軽減できる。

など。

それで、その辺をうまく整理してくれる本は無いかなぁと探していたところ本書に辿り着きました。

読んでみての率直な印象は、これは永くお世話になりそうだな、というものです。

そもそも私が本書に期待したのは、デスクの引き出しから必要なものを直線的に探し当てるが如く、的確なフレーズをさっと取り出し、さらにそれをスピーディーにアレンジできる事でしたが、まさにそんな期待に応えてくれる本です。
単なる売り文句として役目を果たし終えていそうなタイトルの「超速」は、豊富なフレーズと巧みな構成方法を〝見やすくリスト化〟〝使いやすくツール化〟して提供されていることで実現性を補っていて、決して名前負けしていないという印象です。

いわば、食材が付録で付いてきた料理本みたいなものでした笑
付属のツールがすごく充実しているので、スーパーに食材の買い出しに行かなくてもすぐ作り始められる、みたいな。

もちろん、一朝一夕にはいかないので、学び→実践の繰り返しによる一定の研鑽は必要でしょう。だからこそ、親切にも巻頭にチェックリストが独立して付いているのが嬉しいなと思います。

あと、読むに当たっての注意点を一つ。
万能ゆえに情報量が多いです。
そのため、一度読んで消化して、はい終わり!の短期的な本としてではなく、あなたの専門のコンサルが無期限についてくれる、くらいに思った方がちょうどいいかなと思います。

焦って読むと、食べ過ぎでお腹を壊すか、消化不良を起こして、それこそ超速で読むことを断念!という笑えない事態になりますから。。。

パズルのようにピタッとハマるフレーズが天から舞い降りるように思いつき、自分の気持ちをうまく文章に表せた時のときめきを思い通りに引き寄せられたら…そんな願いを叶えてくれる本かなと思います。

私は普段あまりレビューを書くことはないですが、自分と同じように「今さら文章作成なんて教えてもらわなくても…」と敬遠している方に、私が感じた優秀な相棒を得たような高揚感を同じように体験してもらいたいと思い、レビューさせて頂きます。

PS 手元に置いておきたくなるデザイン性も好きです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
私はこれまで、オフラインでのイベントを開催してきたのですが、
コロナ禍を受けて、オンラインでのイベント開催に切り替えた途端、結果が伸び悩んでしまいました。
そんな中、藁にも縋る想いで本書を手に取りました。

1章から順に読んでいくと
これまでの自分が、本書と真逆のアプローチをしていたことに気づかされました。

一つ一つワークをしていく内に、
当初は、文章(セールスレター、告知文)を変えていくつもりが、
結果的に、イベントの構成、その中での話す内容、話し方まで変わっていきました。
今の所、周りからの評判も良いです。

読み始めは、「情報量が多い」印象でしたが、
読み進めていくと、「実践的な内容を、幅広く網羅的に書いているから」だとわかりました。
無料のツールがたくさん提供されていて、作業するハードルが低くなっているのも、
飽き性な私にはちょうど良かったです。

私が本書を読んで、特に気に入っている点としては、
・文章全体を構造でとらえ、設計→作業など、工程を分ける感覚が持てる
・ターゲット設定は、ありありと具体的に設定することで、求心力の高い文章が書ける
です。

なにより、「文章を書くことが楽しい」と感じさせてくれる本でした。

本書と出会えた嬉しさもあり、初めてAmazonレビューしてみました。
どなたかの参考になれば幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
通常 1,650円
現在 1,568円
82円(5%)OFF!!

  

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaiGoの、人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、
人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。

本企画では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。
本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

扱うテーマは、セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。本書を読むことで、書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
文章がうまく書けない人にオススメの本だと思います。
私も昔は文章が大の苦手でした、文章と聞いただけで難しく考えてしまう...それが自分の文章が書けない原因だと...
ですが社会人になってくるとさすがに文章ができないのは恥ずかしいと思い、色々とAmazonで参考書を探していて、
この本と出会うことになりました「人を操る文章術」

今書いている本のレビューや映画のレビューを書くようになったのもテレビやメディアで活躍をしているメンタリストDaiGoさん

この本にはたくさんのテクニックやインプットできる情報がたくさん詰まっていると思います。
実際に覚えたことを実践してみると本当に大に苦手だった文章がスラスラと書けるようになります。

メンタリストDaiGoさんの本を読んで思ったことは章の終わりに覚えた総復習としてイラストや図でもう一度振り返ることができるので、インプットした情報をもう一度読み直さなくてもそのページを見ればすぐにわかります。

この本を買わずに、ネットでも学べるでしょう...と言う方も多いと思いますが、ネットには嘘の情報も書かれていると思います書籍だと自分の著名が書かれるので、嘘の情報は書けない

これも本で学んだのですが、『本の中には自分の人生のヒントが書かれている』
この言葉を聞いて少しでも文章が苦手や書けない方は思い切って買ってみても良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
文章とは読み手を行動させるために書くものだ。
テーマが明確です。

営業メール、チラシ、提案書などの販促物から
プライベートのメール、もしかすると
小説などにも応用出来るかも。

・書かない3原則
・人を動かす7つの引き金
・5つのテクニックに従って書く
この3→7→5の手順に沿って推敲すれば
読み手の行動を喚起する文章が書ける、
とても実践的で使い勝手が良い本です。

新規の営業メールはアポイントに繋げる
ことが目的だし、スーパーのチラシは
店に足を運んでもらう事が目的。
小説なら喜怒哀楽を刺激して、共感や
感情移入をさせること。

こう考えると目的の無い文章なんて無くて、
読み手にどんなアクションを起こして欲しいかが
明確であれば、あとは本書に沿って
文章を推敲するだけ。

さっそく反響目的の営業メールで実践した
ところ、効果が上がりました!

単に同様の本の寄せ集めとの批判も
あるけれど、それを手練れのDaiGo氏が
まとめて、メンタリズムの素人でも
期待した効果を得られる様にTODOに
落としてある所が本書の唯一無二の価
値だと思います。

一度手に取っても損は無いですよ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
通常 1,540円
現在 1,386円
154円(10%)OFF!!

  

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

 
  

10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

本書は、単なるコピーライティングの書ではありません。あなたのビジネスに、あらゆる好循環を生み出すための書籍です。インターネット上でモノを売るためのエッセンスを凝縮し、誰にでも実践できるような形にまで、徹底的に落とし込んだものです。そのエッセンスのすべてを、余すところなくあなたにお伝えしています。第2章以降、あなたにも実践していただくためのワークシートがついています。紙とペンを取り出し、今、売りたい商品を思い浮かべながら実践してみて下さい。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
とても薄いほんですが、すごくシンプルなルールに則って(のっとって)書かれていて、読みやすい。
書かれていることを、一気にこなすことは無理ですが、
これは出来る!と思うものからやっていく。

薄いからすぐに読みかえせて、便利。

ブログを書き終わった後に、この本を見返して、修正するのがオススメ。
あまり本を意識過ぎると、何も書けなくなるから。

“自分以外の人にブログを見てもらって意見をもらう”はシンプルですが、とても効果の高い方法です。
ただ、訊く人を選ばないと、モチベーションが折れる原因になりかねないので、
あなたがビジネスで信頼できる仲間・メンターにきくとよいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容はタイトル通りで、Webコピーライティングについて書かれています。
とにかく、内容が簡潔に書かれてあり、必要なこと以外はすべて省かれています。

コピーライティングとういと、難しいのかと思いきや、まずはとても読みやすいです。
コピーライティングの方法もとても充実していて、再現性が高いのがこの手法の良いところです。

さすがですね。
私はさっそくこの本の内容を、サイトアフィリエイトに使っています。

まだこの方法に慣れる必要がありますが、この方法に慣れれば、どんな商材でも売れるような気がしますね。
それほど効果抜群な内容です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

才能に頼らない文章術

ここ5~6 年で、インターネットによる情報発信が爆発的に増えてきました。さまざまなWeb メディアが立ち上がってきています。また、個人での情報発信をサポートするサービスも増えてきました。古くはブログやメールマガジンを筆頭にして、最近ではnoteなど、自分で書いた文章に対して自由に価格をつけて販売するサービスなども出てきています。
 Web による情報発信が当たり前になってきたことで、これまで自己流でどうにか書いてきた方々や、今まであまり文章を書く機会がなかった方にまで「書く」ことへのニーズが高まってきています。
 こういった背景を受け、短期間で文章力をアップさせるための方法論をまとめたのが本書です。

 私はふだん、編集スキルをもとにしたエディトリアル・コンサルタントとして、社会に貢献したい企業の社長や、コンサルタントや士業などの専門家のみなさまに向けて、確実に「伝える」ことに特化したプログラムを提供しています。
 伝え方、情報の出し方を少し変えるだけで反応は劇的に変わるものです。本書は、そのプログラムから、特に文章力の向上に特化した部分を抜粋したものです。
 自社のWeb サイトのリニューアルを機にコンテンツを執筆していく方や、企業のオウンドメディアの担当者、自分の提供するサービスを相手にわかりやすく伝えたい士業の方や専門家など、文章力を身につけたい方・高めたい方々に、ぜひ読んでいただければと思っております。

 みなさんは、タイトルに引かれてWeb 記事の本文を読み進めてみたけれども、タイトルに対する回答がなかったのでがっかりしたことはありませんか? あるいは、記事を一通り読んでみたものの何が言いたいのかわからない、主張していることの根拠があいまいで納得感がない。
 残念ながら、このような記事が急増しています。それはなぜでしょうか? それは、編集者の視点をもたないままに記事が書かれているからです。
 Web 上のコンテンツが大量に増えて、文字の洪水とも言えるほど文字があふれている今こそ、編集者の力が必要になってきていると感じています。
 本書では、主にWeb での情報発信を念頭におきながら、「編集者の視点をもって執筆する力」(これを本書では、「編集執筆力」と呼ぶことにします)を解説していきます。

 文章力は生まれもった才能だと言われたりしますが、編集執筆力は才能ではありません。「相手がいつも使っている言葉を使う」「相手の価値観にそった言葉や表現を選ぶ」など、ポイントを押さえることで伸ばしていくことができます。
 つまりこれは、誰もが身につけられるスキルなのです。
本書では、編集スキルを31 の編集の文法として体系化したものを、あますところなく紹介します。そして、これらをまとめたのが「編集の文法チェックシート」です。これを活用し、相手の価値観にそって文章を組み立てていくことで、共感や信頼を得られる文章が書けるようになります。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
編集者あがりのライターです。「書き手視点」の内容が多い中で、珍しく「編集者視点」で書かれた文章術の本だと感じました。

ライターと編集者の違いとは何か? それはライターの仕事が「書くこと」であるのに対して、編集者の仕事は「書かせる」ことにあります。内容を打ち合わせして、構成を決めて、ライターに書いてもらう。それを編集して掲載する。なぜ編集者が直接書いてはいけないのか。自分が書くと雑誌作りが止まってしまうからです。それよりも、たくさんのライターに手分けして、いろんなテーマで記事を書いてもらって、それを1冊にまとめるほうが、ずっと効率が良いんですね。特にこの考え方は、メディアが紙からWebに移って、重要になってきています。

ただ、他人に書かせるということは、内容をチェックしなくちゃいけないということなんですよね。んでもってライターのクオリティも正直ピンキリです。誤字脱字や事実誤認のチェックなんてのは良い方で、時には「てにをは」レベルから直さなくちゃいけないこともあります。一方でライターにもプライドがありますから、客観的に見れば文法的に間違っていても、こっちで勝手に直すと怒られる……そんな体験を何度もしてきました。

特に本書のキモは165ページから176ページまでの「実際の校正例」でしょう。素人レベルのライターが書いた風な、言いたいことはわかるんだけど、いまいちストンと理解しづらい「悪文」を、いかにわかりやすい文章に修正するか、一字一句こと細かに校正されています。いまのWeb媒体であれば、校正前の内容をそのまま載せてしまう……なんてことがあるかもしれません。または、そんなライターに発注した方が悪かったと反省し、編集者が自分で校正して掲載し、手切れ金がわりに原稿料を支払って、二度と発注しないか。多分、自分なら後者を選ぶと思います。

……でも、だから駄目なんですよね。いつまでたってもライターが育たなくて、編集者自身が校正で死ぬ想いをすることになる。だったら、最低1回は記事をライターに戻して、自分の頭で考えさせて、修正させて、その上で引き取って足りないところを編集側で赤入れして、掲載する。そのための指南書として、たいへん興味深く読みました。

本書で書かれているとおり、正直自分も編集者時代、文章の書き方について学んだことはありません。後輩を見ていても「書ける奴は最初から書ける」「書けない奴はいつまでたっても書けない」という印象がありました。ただ、少子化で書き手自身が減っている一方で、Webの普及で媒体自体は死ぬほど増えている。だから優秀なライターの囲い込みに、みな必死になっている。だからこそ、ライターは自分たちで育成した方が良い。そうはいっても、わかりやすい指南書がない。そんな問題意識を持っているWeb編集者の皆さんにお勧めの一冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
■『才能に頼らない文章術』最大の魅力はストーリー展開にあり■

読了!

「気づきがあった」「学びがあった」などと一言で済ませることができない密度の高い一冊である。

購入して2週間。
ずっと読みたかったのだが、師走は収録シーズンの最盛期で、仕事に関わる文献の購読で手一杯だった。
今夕方、「企業経営理論」の収録がようやく終わり、読み始めて、今に至る。

本書は、文章の作法から始まり、その後、段々と論点が「メタ」化し、文章の構成術にまで話が及ぶ。
この独特の構成に引き込まれる。

私だったら、同じテーマで書けと言われたら、まず文章の構成術から入り、後半で、各論として文章の作法の話を扱う。

しかし、これではダメなのだ。

文章の作法という身近なテーマからスタートするからこそ、ハードルが低いのである。
次々と繰り出される「明日からできそう!」な実践的な小技(「編集の文法」)の連打が読者を引き込む。

「できそうだな」と思えるゆえ、次のページのノウハウも学びたくなる。徐々に難しい話になっても、芽生えた「欲」が読者の背中を後押ししてくれるのである。

大上段に文章の構成術から入ったのでは、読者は、目次を見ただけでドン引きしてしまう。論文やレポートの指南書の多くはこのパターンで失敗している。

本書はこの点で大違い。
素晴らしいストーリー展開、見事な構成である。

文章のタイトルや見出しの付け方についても具体的な提案があるのは助かる。
ロジカル・シンキングやカスタマー・ジャーニーに関するシンプルな解説は、論理学やマーケティングの権威の著作よりはるかにわかりやすい。

最終章も参考になる。新進気鋭のメディアの騎手たちが描くコングロマリット型文章メディアの未来像を知ることができるからである。

この勢いで、書評を書きあげたいところだが、明日、寝坊するわけにもいかない。
グッとこらえ、後日の楽しみとしたい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
通常 1,650円
現在 1,568円
82円(5%)OFF!!

  

ビジネスマンのための新教養 UXライティング

ユーザーを導き、ビジネスを加速する、伝わるWebの書き方!

UXライティングとは、ユーザー(読み手)の体験を助け、体験の価値を高めるように
配慮した文章の書き方、技術のことをいいます。

Webを利用し、直接顔を合わせることのないままビジネスを進めるのが日常的となった現在、
ユーザーに配慮した書き方がとても重要になっています。

この「ユーザー体験」「読み手への配慮」という視点は、Webサイトやアプリの制作に携わって
いる方はもちろん、一般ビジネスマンにとっても必要な考え方、スキルの1つとなりました。

そこで本書では、具体的な例を通してUXライティングの手法を紹介しています。

著者はテクニカルコミュニケーションの専門家として第一線で活躍し続ける髙橋慈子氏と
公立はこだて未来大学の教授で教育工学、ライティング教育が専門の冨永敦子氏。

お手本となる文例や事例を多数紹介しているので、本書を参考にすれば自分の仕事に
UXライティングを活かし、実践できるようになります。

【本書の対象読者】
・UXライター、UXデザイナー
・企業のWebサイトの担当者
・仕事で内外とのやり取りをスムーズに行いたい方

【目次】
第1章 UX(ユーザー体験)がビジネスを変える
第2章 UXライティングで課題を解決する
第3章 UXライティングのプロセス
第4章 わかりやすくなる書き方のポイント、UX のスタイルガイド
第5章 よりよく伝える改善の取り組み

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Webサイト内の滞在時間や回遊率を高めるためにUXライティングが注目されています。
NetflixやAmazonのサイトが使いやすいのも、このUXにこだわっているから。

UXに関する書籍はまだ少なく、この『ビジネスマンのための新教養 UXライティング』を購入。
UXを高めるために一番必要なのは、接客と同じで相手を思いやり、わかりやすい言葉で行動を促すことが大切。

適切な言葉を使うために、普段から使う言葉にも気をつけたい。
また、ホテルやレストランなどで良いと感じた言葉をメモしておきWebサイト製作に役立てるのも必要だと感じた。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
HCDやUXの世界とライティング技術の位置関係をスッキリ明確に説明があるのでどういうライティングをすべきかの考え方が良くわかります。ライティング技法も具体的にポイントを押さえて教えてくれます。練習問題や改善策へのアプローチも具体的にヒントがあるので、明確な解決策がすぐに見えてきます。もやもや漠然とした必要かも知れない技術論から脱却して、簡単で明解な回答を与える最高の教科書です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
ビジネスマンのための新教養 UXライティング
発売日 2020/11/30
通常 1,848円
現在 1,848円

  

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
(著)グリーゼ, 福田多美子, 坂田美知子, 加藤由起子
発売日 2020/09/19
(4)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
発売日 2020/09/19
通常 1,848円
現在 1,848円

   

Webライティングの本 高評価のおすすめの5冊

以下が「Webライティングの本」高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2021/02/27 更新)
 

ゼロから始める魔法のブランド文章術: あなたにも書くことで夢は叶います! (女子WEBブックス)

「自分に自信が持てない」「文章が苦手」「ブログが続かない」そんな方へ、書くほどに私らしく生まれ変わる魔法のブランド文章術をお届けしていきます。

ここで強調してお伝えしたいのが「書くことで私らしく生まれ変わる」ということです。私は起業して7年間1000人以上の書けない人が自信を持って書けるようになるお手伝いをさせていただきました。

ず〜っと起業を実現できなかった方が1ヶ月で実現できちゃったり。まず書いてみることで、自分への自信が生まれ、それが信頼関係と変わり、そのあなたの魅力が溢れてあなたの言葉で人を魅了する存在になる。私は楽しいこと大好き!ワクワクすることに盲信するタイプなので、売り上げのために書き続ける、とかそんなビジネスライクなことはできないのです。

私と同じようなタイプで難しく考えることは苦手・頑張ろうとすると書けなくなる。そんな方は、売れるか売れないかではなく、書いてみることで自分に自信を持つ、ことが可能なのです。

目次

ステップ1:夢を叶える私になる
目標は見つけなくていい、夢を叶えよう
書くほどに夢を叶え続けるステップ
これまでの自分にYesを出そう
自分へのイメージを変えるアファメーション
私だから伝えられる事、にワクワクしよう
伝えたくなる情熱を掘り出そう
ネットで発信する目的を見つけよう

ステップ2:私だけのブランドを作ろう
簡単!ブランディング5ステップ
どのメディアで発信する?メディアの選び方
私だから書けるテーマを見つけよう!
あなただけが選ばれる肩書きの作り方
選ばれるプロフィール文章の書き方

ステップ3:書くほどに伝わる喜びで満たされる魔法のブランド文章術
人を魅了する文章が書ける魔法の基本マインド
理想のお客様に”ふわっと”届く魔法のトーク術
女性に共感されるライティング3つのポイント
売ろうとしなくても売れる募集文章の書き方

まとめ

動画特典
「ブログ・SNS・メルマガ」メディア別文章の書き方

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
私は、起業当初、ゴリゴリに売る文章術を学ぼうとして本や教材を買ったものの、好きになれないで挫折、もとももSNSや自撮りが苦手ということもあり、ブログを書くのも嫌になった経験があります。

筆者のこの魔法の文章術に出会えて、文章を書くのが好きになりブログやメルマガを書き続けることができるようになりました。

売る文章を書かなきゃ!お役立ち記事を書かなきゃ!と気負いすぎて、どこにでもある誰でも書ける記事を書いていた私が、自分の在り方も大切にしながら、伝えたいことを文章にのせて、自然体なのに伝わる文章を楽しみながら書けるようになりました。

今まで、お客様に共感されて選ばれていくという本は他にも読んだことがありましたが、ここまで分かりやすくて、文章を書きながら、読み手の幸せを感じられる文章を書きたい自分の情熱が溢れる本は今までなかったです。本の内容もとてもわかりやすく、一気に読んでしまいました。

ずっとブログやSNSが苦手な私でも、楽しく毎日書き続けられる私になり、売り上げアップに繋がりました。リアルもWEBでも選ばれる私、ブログが書ける私に変わることができて、毎日の発信が私だけのブランドを一歩一歩作っているんだな、理想のお客様と繋がっていると感じられて、嬉しいです。

この本は、既に起業しているけどブログが書けない。伝えたいことはあるのに、どう伝えたらいいかわからなくて悩んでいる方はもちろん、これから起業したいな、何から始めたらいいんだろう、やりたいことを見つけたいと思っている女性にも特におススメです!

あなたも、きっと売るためにブログやSNSを書かなきゃを卒業して、今よりもっと文章を書くのが好きになり、より愛される応援される文章が書けるようになります。

お友達や仲間にもオススメしたい一冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
冒頭から心をつかまれ、
夢中になってあっという間に
読み進めることができました。

これは特に女性起業家さんに
オススメしたい内容です!!!

私自身もなんのために
発信しているのかを見失うことがありましたが、
こちらの本を読んで、
今すぐブログやメルマガを書きたい!
という気持ちに駆られました(笑)

抽象的なことばかりが書いてあるのではなく、
自分をブランディングするための文章の書き方や、
プロフィールの書き方も
例文と一緒に挙げられているので、
とても実践的な内容になっていました。

文章を書くのが苦手な人も、
なんとなく文章を書いているけれど、
集客につながらない…
と悩んでいる人にはぴったりです!!!

また文章に関することだけではなく、

自分の在り方も見つめ直すことのできる、
いい機会を与えていただきました。

何回も読み直したいと思います!! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

伝えて動かす!WEBライティングの教科書

インターネットで情報発信して稼ぐためには
ライティングスキルが不可欠です。


 ・ブログ
 ・メルマガ
 ・LINE@
 ・Twitter
 ・Facebook
 ・WEB広告


など、あらゆる情報発信の媒体が
文章ベースで構成されています。


「これからはYouTubeを筆頭とした動画の時代だ!」


たしかにこのような風潮もありますが、
構成案や台本なしのぶっつけ本番で
カメラの前で流暢に喋れるでしょうか?


僕を含め、多くの人には無理でしょう。


つまり、情報発信の主流が動画に移ったとしても、
相手に伝えて動かす文章を作成するための
ライティングスキルは欠かせないのです。


そこで本書では、


 ・読み手にストレスを与えず読んでもらえる

 ・お届けしたい価値が120%伝わる

 ・購入や申込み、クリックなどの行動を促す


このようなWEBライティングの基礎&テクニックを
余すことなくお伝えいたします。


頭の中にあるイメージを読み手に正確に、
かつ強烈に伝えるための
ガイドブックとしてご活用ください


---------------------------------------------

【読者限定プレゼント】

本書の読者さま限定で、以下3つの特典をお渡しいたします。


1 『WEBライティングの教科書』 復習&印刷用レジュメ

2 知識を実践で活かすためのライティング上達法5ステップ

3 筆者がどのようにライティングを学び、
 稼いでいるかを赤裸々に語る講座形式のリアルストーリー


以上、3つの大ボリュームな内容になっています。


※さらに2つの裏特典を用意していますが、
それは本書を手にとってご確認ください。


本書と合わせてご覧いただくことで
より理解が深まり即実践に結びつく内容になっています。


---------------------------------------------

【目次】


第1章 ライティング準備編

第2章 相手に伝わる7+αの文章構成テンプレート

第3章 読みやすい文章に仕上げる9つのテクニック

第4章 人を動かす13の文章テクニック

第5章 高成約率を叩き出すセールスレターの書き方

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
【500円で、レビュー評価が異常に高い!】なので

「サクラでも雇っているのんじゃない?」

「お手頃だから内容もスカスカなのでは?」

私も、その一人でした、3時間前までは・・・

たった今、1,419ページを3時間かけてイッキに読み終えて
「この本の評価が異常に高いワケ」が分かりました。

<評価が高い理由>
①読みやすい、分かりやすい、実践しやすそう

・ ライティングの勉強を始めたばかりの私でも読みやすい
・ 一つ一つ具体例があるので、どのように活用すればよいかが分かる
・ もれなくついてくる【特典】で復習がしやすくなっている

②一冊の本に集約されている

・「いろんな汚れにコレ一本!マジックリンスプレ~」みたいに、1冊をしっかり実践すれば良いモノが作れそう
・ 本というより、教材に近い。でも、分かりやすいからハードルは低い
・ 1冊にすべて入っている。色んな本を読んでも、何をどのように書いて良いのか?わからない人に向いている

③3つの特典がよい

・1400ページにもなる本ですが、ポイントをまとめたPDFで復習しやそうです
・あと、2つの特典は確認していないが期待できそう!

amazon prime会員になってから17年くらい経ち、たくさんのモノと本を購入しましたが
レビューをするのは初めてです。レビューをしたのは、この後もらえるさらなる特典のためでありません。

ライティングで右往左往している方に「伝えて動かす!WEBライティングの教科書」を読んでもらいたいからです。ライティングの知識はある方も活用しきれていない,或いは知識だけは豊富で頭の中が整理できていない方に向いているとも思います。

この本(特典を含めて)をインプットした後、非常にアウトプットしやすく体系化されていますので、重宝していきそうです。

今年に入って、嬉しいことが2つあります。
1つは、ガリガリ君のアタリが引けたこと
2つ目、この本と出会えたこと

「ガリガリ君のアタリと一緒にしないでくれよ!」と著者のRayさんにツッコまれそうですが、
お金を出しても買えない価値のものを手に入れたということなので悪しからず。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
1.この本について
諸事情があって漠然と、文章力を上げたい、と考えていた時にこの本が目に留まり、購入しました。
結論を書くと、この本の価値は本単体だけで完結するものではなく、この本に付属するサービスまで含めたセットにあると思います。以下の項目で詳しく書いていきます。
2.この本の内容
内容は文章を書く際の基本中の基本から、文章の構成、セールスレターの作成などが要点を絞られて書かれてあり、文字数が少なめながらも濃い内容となっています(自分にとっては文章の構成が一番勉強になったと思っています)。具体的な事例も多く、文体も変なくせがないこともあって非常に読みやすい本です。この本に書かれてあることを愚直に実行するだけでも文章やセールスレター、メールマガジンが上手に書くことができるようになると思います。
3.この本に付属するサービス
ですが、この本は単に読むだけでは終わりません。この本の中には本の著者:Rayさんのメールマガジンに加入できる仕組みが作られています。普段Kindleを使っていなかった自分にとってこの仕組みは新鮮な驚きがありました。最初は半信半疑でメールマガジンを読み始めたところ、これがおもしろい。この本の内容だけでも満足できますが、そこからさらに本の内容を補完するような内容(心構え、考え方、上達のコツ、など)が書かれていてすごく勉強になりました。さらに著者:Rayさんと直接話す機会も設けられています。著者と話しをして、自分の胸の内を明かしたところ、とても親身になって対応していただきました。自分が何をすべきか頭の中で整理され、心が楽になり、何か行動を起こせるような気分になりました。著者のRayさんには本当に感謝しています。
4.総評
この通り、この本の価値は本単体と著者のメールマガジンを一つのセットで考える必要があります。自分はそのセットの質はとても高いと思います。
自分のように漠然と文章がうまくなりたいと考えている人にも、セールスレターやメールマガジンを用いて本気でお金を稼ぎたいと考えている人にもおすすめできる本とメールマガジンです。

以上です。最後まで読んで頂きありがとうございました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
伝えて動かす!WEBライティングの教科書
発売日 2019/08/13
通常 500円
現在 500円

  

文章だけで月100万円稼ぐ方法|コロナ時代に副業でも在宅ワークでも稼げるWebライティングの全ノウハウをWebライターが...

未経験者OK。筆者も独立前は雇われ美容師でした。
皆まとめてWebライター上級者に引き上げます。

未経験から完全独学でライティングを学び、月収100万円を達成したライターによる「Webライターの攻略本」です。

・未経験→月5万円
・月5万円→月15万円
・月15万円→月50~100万円

どの位置にいる場合でもステップアップに役立てていただけるよう、筆者が持っている知識を分かりやすく盛り込みました。

コロナ不況により、副業としてWebライターを始めようとする方も増えています。

こんな状況だからこそ失敗が許されない方、自力で稼ぐ力を身に付けておきたい方、未経験から「文章を書く」を仕事にしたい方へ手に取っていただければと思います。

目次
はじめに

筆者紹介

第一章:月収5万円稼ぐ(副業レベル)
(1)Webライターの仕事を理解しよう
  ■ Webライターという仕事のメリット
  ■ 主な仕事内容
  ■ 「SEO」とは何なのか
  ■ SEO記事は普通の記事と何が違う?
  ■ SEO記事の基本的な構造について
(2)Webライターに求められる文章力とは
  ■ 読みやすい文章を作るための10のルール
  ■ リード文(導入)の作り
  ■ 本文の作り方
  ■ まとめ文の作り方
  ■ 知らずに間違えてしまう文章集
  ■ 引き続き文章力を高める提案
(3)仕事を始める方法
  ■ 業務に必要な仕事道具
  ■ 仕事獲得はクラウドソーシングから
  ■ クラウドソーシングの登録方法
  ■ 実績ゼロライターのプロフィール設定
  ■ どんな案件を探し、応募すれば良いか
  ■ 募集案件に応募する際のメッセージ
  ■ ランサーズの優遇を受ける設定
(4)最低限知っておきたい著作権のルール
  ■ 引用表記についての注意
  ■ 画像の利用についての注意
 ◆コラム:月収5万円を目指すあなたへ

第二章:月収15万円を稼ぐ
 (1)専業Webライターで月収15万円
 (2)副業Webライターで月収15万円
 (3)仕事に使う最低限のSEO知識
  ■ 良いSEO記事は検索をやめさせる
  ■ SEO知識を要するライターの業務
  ■ 良い「SEOライティング」の習得方法
  ■ 良い「記事構成」を作成する方法
  ■ 良い「タイトル」を考える方法
  ■ 構成・タイトルはライター以外が担当することも
  ■ より深くSEOを学ぶ方法・意味
(4)プロフィールと提案文をレベルアップ
  ■ プロフィールをレベルアップさせる
  ■ 提案文をレベルアップさせる
(5)現役ライターの記事制作フローを紹介
  フロー①:クライアントと意思共有
  フロー②:構成案の作成
  フロー③:競合記事の確認と調整
  フロー④:タイトルの考案
  フロー⑤:記事制作と情報の補完
  フロー⑥:情報の事実確認
  フロー⑦:誤字脱字のチェック
  フロー⑧:記事納品と情報共有
 ◆コラム:月収15万円を目指すあなたへ

第三章:月収50万~100万円を稼ぐ
(1)契約している発注者との距離感
  ■ 即レスは発注者を安心させる
  ■ 意思疎通には数字を使う
  ■ 定期的に進捗報告をする
(2)仕事獲得の経路を拡大する
  ■ メディアに直接営業をかけてみる
  ■ Twitterを使って発信する
  ■ ブログ運営を始める
(3)売上を増やす効率化とスキル習得
  ■ 仕事道具をそろえて業務効率化を図る
  ■ 専門性を高めて売上を伸ばす
  ■ 上流の仕事を巻き取って売上を伸ばす
(4)ライター+α を目指すスキルの掛け算
  ■ アニメ・電化製品などの記事:~1円/文字
  ■ 株式投資・仮想通貨の記事:~2円/文字
  ■ 不動産投資に関連する記事:~4円/文字
  ■ 太陽光投資に関連する記事:~10円/文字
  ■ 投資系メディアの編集業務:~30万円/月
  ■ サイト構築から記事制作まで:~20万円/月
 ◆コラム:月収50万~100万円を目指すあなたへ

おわりに

「はじめに」より抜粋
本書は「Webライターを始めたけど稼げない」と悩む人を減らすことに重点を置き、「月収5万円→月15万円→月50万〜100万円」と収入別に稼ぐための方法論を解説しています。

Webライターは、時間や場所を選ばない働き方の1つとして、副業や在宅ワークに関心のある方から注目を集めてきました。新型コロナウイルスにより、関心の強さは一段と高まりつつあります。

しかし、Webライターを始めてみたものの思ったほど稼げず、早々に撤退してしまうケースは少なくありません。筆者のSNSアカウントにも「稼げなくて辞めようか迷っています」と悩み相談が多く寄せられます。

私がそういう立ち位置にいるから、よく失敗事例が見えるのかもしれませんが、現状を見て、自走できずに辞めていくWebライターを減らしたいと思っていました。Webライターは、私の人生をポジティブに変えました。そして、私のように人生が変わる人はきっと多い。でも、人生が変わるまえに挫折しそうな人ばかりなのが実状…

かくいう私も「Webライターは稼げない」といって、独立までに二度の挫折を経験しています。ですから、私はこう思いました。

「挫折するまえの自分に読ませたかった、Webライターの攻略本を作ろう」

自身が躓いた段階を洗い出し、どのように失敗と成功を重ねてきたのか振り返って、可能な限り無駄を省いた「忠実にマネをすれば高収入を実現できるノウハウ」をまとめました。ゼロスタートの読者もいることを想定しつつ、未経験者から中堅ライターまでまるっと拾い上げる内容となっています。

最終的には月収50万〜100万円のラインを目指すよう設定しているので、読み手の経験値に合わせてお読みいただけます。ぜひ、Webライターのキャリアを順当に進め、最短で駆け上がるためのコンパスとしてご活用ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
webライター、未経験でも応募できるし書くこと嫌いじゃないし、5万円自分の自由になるお金ができたらな……

そう思ってクラウドソーシングに登録したのに、一生懸命書いた記事はディレクターさんから修正・修正そして修正の指示。なんでこういうふうに修正しないといけないかわからない。どうして編集さんや校正さんがこういう指示をするのかわからない。「構成できたら、1円単価あげますよ」と言われたけど自信ない。

そんな、「心折れる」寸前の方、読んでください。
「こういうことだったのか」が前半でわかります。

そして、この摩耗する日々をやっと抜け出して、「これで食っていけるか…?」という方、後半部分の「具体的にやるべきこと」がほんとに具体的です。

ちなみに、私発注側のお客様にもご案内しました。喜んでいただけました。「どうやって良いライター探したらいいの?」と悩む発注主さん、自分で書きたい経営者さんにもヒントになります。(あ、食いっぱぐれる…) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
僕自身も不特定多数の人と関わるのが苦手でwebライターを始めた一人です。著者のTwitterでのつぶやきやブログ記事に共感する部分が多く、購入させていただきました!

「webライターの攻略本」の名前の通り、ステップバイステップでやるべき事が具体的に書いてあるので迷わずに稼いでいける内容になってると思います。正直、このボリュームの内容をこの値段で公開するのはボランティアではないかと思うくらい充実しています。

kindle出版系の著者は自分の名前を売る為に出版している方も多い印象を受けますが、藤原さんにはwebライターで挫折する人達の力になりたいという使命感を、文章のなかからも感じます。

初心者から中級者まで、自分が稼いでいきたいステージに合わせて読むことが出来るのも非常に有難いです。webライターで稼ぎたい全ての人にとってバイブルとなるべき本だと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 
20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
発売日 2020/08/31
通常 914円
現在 914円

  

WEBコピーライター月30万円稼ぐ方法: 好きなことで生きていく!自分史上最高の働き方 (出雲出版)

【3大無料プレゼント付き!】
(※この本の売上は、新型コロナウイルス対策緊急支援に寄付されます)
=======================================

「今の仕事を続けていてもいいのか不安」

「組織に頼らず自分の力で稼げるようになりたい」

「好きなときに好きな場所で自由に働きたい」

もし、あなたがこう考えているのであれば、これはあなたのための本です。


好きな場所で、好きなときに、好きなだけ、自由気ままに…。


スマホ(パソコン)一つあれば世界中どこにいても
仕事ができるのが
WEBコピーライターの魅力だからです。

才能も、能力も必要ありません。

ゼロから正しい知識を学べば、誰でも身につけられるスキルです。

しかも、一度習得してしまえば80歳になっても使える、一生モノのスキルです。

事実、この本の内容を実践した未経験の人たちが

・初月で13万円、2ヶ目で30万円稼ぐ

・40代から未経験スタートして単価18万円のお仕事を受注する

・忙しい本業がある中、スキマ時間で月額5万円(年間60万円)

など、ここでは書ききれないくらいの実績が出ました。

さあ、本書を活用して、自分史上最高に自由な働き方を手に入れる第一歩を踏み出しましょう。


================================


第1章:真面目に働いても自由になれない本当の理由

・豊かになっていく人と、そうでない人の違い

・WEBコピーライターは深刻な人手不足

・WEBコピーライターの働き方ー5つの魅力ー


2章:「WEBコピーライター」という働き方

・WEBコピーライターって何する人?

・WEBコピーライターの仕事内容と稼げる金額

・初心者にオススメの仕事

第3章:誰でも伝わる文章が書けるようになる「5つのテンプレート」


テンプレート1:全人類に伝わる文章の型「4つの学習タイプ」

テンプレート2:売れるキャッチコピーの型「ウンチの法則」

テンプレート3:全人類が共感するストーリーの型「天国と地獄の法則」

テンプレート4:相手を一気に引き込む型「認知的不協和」

テンプレート5:要点が簡潔に伝わる優秀な型「PREP法」

第4章:WEBコピーライターで月30万円稼ぐ5ステップ

ステップ1:必要な知識を学ぶ

ステップ2:定期的に書く練習をする

ステップ3:実績(ポートフォリオ)を作る

ステップ4:得意な分野で案件を見つける

ステップ5:単価の高い案件に挑戦する

5章:未経験からWEBコピーライターになった成功事例

ケース1:スキルも経験も学歴もない状態から、初月で13万円、2ヶ月目で月収30万円へ(瀬田さん)

ケース2:40代未経験からスタートして単価18万円のお仕事を受注(安室さん)

ケース3:全くの未経験から3ヶ月で月額5万円(年間60万円)のお仕事受注!(すみれさん)

第6章:自分史上最高の働き方へー日常的にできる3つのことー

1:失敗を恐れず、たくさん挑戦する

2:学びに時間とお金を投資する

3:成功に導いてくれる師匠を決める



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
セミナー講師としても実績・人気の高い著者が、その教えを惜しげもなく凝縮して伝えている本。
最短で確実にライターを目指せるお役立ち情報が散りばめられています。

「書かなければ絶対にうまくならない」けれど「書けば書くほどうまくなる」
めざすことがあるならとにかく行動あるのみ、という強烈なメッセージを受け取りました。
同時に、行動をサポートする様々な具体例や別レクチャーも提供してくれていて至れり尽くせり。
今まで様々なセミナーで勉強したり情報収集ばかりで行動になかなか繋がらなかった自分の背中を押して、リアルに行動につなげてくれた貴重な本です。
頭ではわかっているけど一歩が踏み出せない方へ、この本はおすすめです!
わかりやすい言葉・心をつかむ文章で一気に読めてしまいます。
そして読んだら最後、不思議と行動に出ている自分に気づきます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
私自身、まよまよ先生の講座も受けたことがありますが、とにかく有益で実践的な内容です。文章力ではなく、優れた先人が残した「売れる型」というものがいくつかあり、ユーザーの立場に立った文こそ人を動かす、ということなど、基礎的なスキルを教えてくれます。
またこの本の一番の醍醐味は、「型」を教えてくれるだけではなく、即実践的な方法、モチベーションを保つ方法を教えてくれます。
「上質なインプットは上質なアウトプットをすべき。インプットだけほど勿体無いことはない」と言うように、最初は下手でもとにかく型を意識して書くことが大事だということ。何を書いたら良いか、自分の得意なことが分からなかったら、最初はいろいろ書いてみるうちに自分の強いジャンルが分かってくる、というように、慎重な人であっても「やってみよう」という即実行を起こさせる内容になっています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

Webライティングの本「新書一覧(2020年、2021年刊行)」

以下がWebライティングの本の新書(2020年,2021年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2021/02/27 更新)
製品評価
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
Webライティングの教科書
発売日 2021/02/13
通常    500円
Kindle   500円 (+5pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 2件
(0)
総評価数 0件
(5)
総評価数 1件
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
 

Webライティングの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるWebライティングの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2021/02/27 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
伝えて動かす!WEBライティングの教科書
発売日 2019/08/13
通常    500円
Kindle   500円 (+5pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.6)
総評価数 431件
2
(4.6)
総評価数 77件
3
(4.4)
総評価数 25件
4
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+418pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.3)
総評価数 85件
5
(4.3)
総評価数 96件
6
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,386円 (+14pt)
Audible   2,500円
Kindle Unlimited(読み放題)
(4.2)
総評価数 492件
7
Webライティングの教科書
発売日 2021/02/13
通常    500円
Kindle   500円 (+5pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(5)
総評価数 2件
8
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+97pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.5)
総評価数 32件
9
(4.5)
総評価数 6件
10
(4.7)
総評価数 6件
     

関連:最新のビジネス書

以下では、スキル・マインドアップに役立つ「最新・人気のビジネス書(新刊)」を紹介しています。

FX投資とともに、自己投資にも取り組む参考にのぞいて見てください。

関連:すきま時間で読書「Audibleのビジネス書一覧」

多くのビジネス書があり、なかなか読みたものすべてを読む時間の確保は難しいものですね。

そこでおすすめな読書法がAmazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」による耳での読書。

これなら散歩や通勤、運転中などのスキマ時間で読書が可能。下手にまとまって読もうとするより読書が進みやすかったりします。

以下ではAudible対応のビジネス書をいちらんで紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました