【2021年最新】Webライティングの本「人気・高評価のおすすめ本15冊 / 新書一覧」

こちらでは、Webライティングに関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
(2021/07/29 15:15時点)

 

Contents

Webライティングの本「最新の人気ランキング 20冊」

今人気の「Webライティングの本」をランキングで一覧したのが以下です。

(2021/07/29 09:31 更新)
Rank製品価格
1
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
発売日 2008/09/20
ジョン・ケープルズ (ダイヤモンド社)
おすすめ度
3,520円
3,520円
3,520円
2
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
中野巧 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,650円
3
1,628円
1,628円
1,628円
4
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉...
発売日 2016/11/01
松尾 茂起 (エムディエヌコーポレーション)
おすすめ度
2,200円
1,980円
1,980円
2,200円
5
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
メンタリストDaiGo (かんき出版)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,540円
1,386円
2,500円
1,540円
1,540円
6
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
上野郁江 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,090円
7
1,430円
1,168円
1,298円
1,430円
8
2,508円
2,508円
2,508円
2,508円
9
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
発売日 2006/03/16
ジョセフ・シュガーマン (PHP研究所)
おすすめ度
1,540円
1,540円
1,540円
10
ウェブセールスライティング習得ハンドブック 寺本隆裕
ダイレクト出版 (ダイレクト出版)
おすすめ度
980円
売り切れ
330円
11
Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー
発売日 2017/08/25
山本 琢磨 (秀和システム)
おすすめ度
1,980円
1,782円
1,782円
1,980円
12
SEOに効く! Webサイトの文章作成術
発売日 2014/02/15
ふくだ たみこ (シーアンドアール研究所)
おすすめ度
1,760円
1,760円
1,760円
13
SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
発売日 2016/08/23
ふくだ たみこ (ソーテック社)
おすすめ度
2,178円
2,069円
2,178円
2,178円
14
ビジネスマンのための新教養 UXライティング
発売日 2020/11/30
髙橋 慈子, 冨永 敦子 (翔泳社)
おすすめ度
1,848円
1,663円
1,848円
1,848円
15
100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300
発売日 2020/08/07
東 香名子 (パルコ)
おすすめ度
1,540円
1,463円
1,540円
1,540円
16
100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60
発売日 2020/08/07
東 香名子 (パルコ)
おすすめ度
1,540円
1,463円
1,540円
660円
17
スピードマスター 1時間でわかる Webライティング
発売日 2018/11/30
ふくだ たみこ, さかた みちこ (技術評論社)
おすすめ度
1,100円
1,045円
1,100円
1,100円
18
世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
発売日 2020/09/19
株式会社グリーゼ, 福田 多美子, 坂田 美知子, 加藤 由起子 (ソーテック社)
おすすめ度
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
19
2,178円
2,178円
2,178円
2,178円
20
SEO対策のための Webライティング実践講座
発売日 2015/03/05
鈴木良治 (技術評論社)
おすすめ度
2,178円
2,069円
2,178円
790円
 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきます。

Kindle版のある本なら試し読みも可能。大概目次まで見れるので、概要もつかめるので、サンプル試読がおすすめです。

 

Webライティングの本 人気・売れ筋の10冊

以下が「Webライティングの本」人気・売れ筋の10冊詳細です。

(2021/07/29 09:31 更新)
Rank製品価格
1
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
発売日 2008/09/20
ジョン・ケープルズ (ダイヤモンド社)
おすすめ度
3,520円
3,520円
3,520円
2
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
中野巧 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,650円
3
1,628円
1,628円
1,628円
4
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉...
発売日 2016/11/01
松尾 茂起 (エムディエヌコーポレーション)
おすすめ度
2,200円
1,980円
1,980円
2,200円
5
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
メンタリストDaiGo (かんき出版)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,540円
1,386円
2,500円
1,540円
1,540円
6
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
上野郁江 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,090円
7
1,430円
1,168円
1,298円
1,430円
8
2,508円
2,508円
2,508円
2,508円
9
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
発売日 2006/03/16
ジョセフ・シュガーマン (PHP研究所)
おすすめ度
1,540円
1,540円
1,540円
10
ウェブセールスライティング習得ハンドブック 寺本隆裕
ダイレクト出版 (ダイレクト出版)
おすすめ度
980円
売り切れ
330円
 

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
(著)ジョン・ケープルズ
発売日 2008/09/20
おすすめ度
(2021/07/29 09:31時点)
☆発売12年目の今、一番売れている本、ついに第25刷11万部突破!
☆あの「メンタリストDaiGo」脱帽!
「価格の10倍以上の価値がある。」
「この本には、
言葉だけで、文章だけで、
人の心をわしづかみにし、
動かす方法が書かれています。」

86年以上読み継がれてきた伝説のバイブルがついに登場!
「広告の父」デビッド・オグルヴィは、自らも本書で学び、
「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ本だ」と絶賛する。
本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、
実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。

本書を「自らのコピーライティングの原点」と位置づけている神田昌典氏は
「監訳者はじめに」でこう話す。

「いまから12年前のこと
──毎晩、むさぼるように本書を読んでいた。
ベッドのなかで眠気に意識を失うまで、手放さなかった。
目覚めても、開かれたままのページに舞い戻った。
それだけ本書に没頭したのは、当然だった。
飛び込んでくる言葉は、通常の、気の利いた言葉ではない。
1語1語が、収益を生むことが科学的に検証された言葉だという。
計画数値の必達にあえぐ、外資系企業の代表者であった当時の私にとってみれば、
魔法のような本だった。

エクゼクティブ・コーチングに参加したクライアント数は、5年間で1万人超。
日本におけるダイレクトレスポンス・マーケティング分野における最大組織となって、
大成功する企業家やベストセラー作家を続々と生み出した。
自社の売上にして30億円。
クライアントが生み出した売上を考えれば、おそらく500億円は下るまい。
この実績を残すことができたのは、私に特別な能力や才能があったわけではない。
すべてはケープルズが70年以上も前に実践・検証していたことである。
私のマーケッターとしての実績の大半は、
本書に書かれている言葉を自分なりに工夫することで、得られたのだ。
いま、改めて読み返してみても、
本書は宝の山だ。
いや、いまだからこそ、さらに価値が高まっていると言えるだろう。
なぜなら、本書に挙げられているコピーは、インターネットが普及した環境で、
より効果的に使えるからである。

本書の読者は、言葉の力を知ることになるからこそ、
その力を何のために使うのかを、読む前に、そして読んだあとに自問してほしい。
そして、その答えは、まさにケープルズが、本書の最後に引用した言葉
──「広告とは、
教育である」──
から読み取れる。
広告を打つということは、数万人に言葉を発する教師であると自覚したとき、
読者は自社のために売上を上げながらも、
よりよい社会の礎となる言葉を、選択することになるだろう。
そのとき、おそらくレスポンス広告は、
新しい時代における真の役割を見出すだろうし、その言葉がきっかけとなり、
私たちの意識を大きく変容させることになるに違いない。
現実は、どんな言葉を選択するかで、創られる。
言葉の力を知った者は、創造者としての責任も同時に負うのである」

【もくじ】
第1章
これが新しい広告戦略だ
第2章
広告は見出しが命
第3章
どんな見出しが1番注目されるか
第4章
効く見出しはこう書く
第5章
35の見出しの型──その効果は検証済み
第6章
どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには<? br>第7章
「テスト済み広告」と「テストしない広告」
第8章
熱意を込めてコピーを書く方法
第9章
コピーの出だしはこう書く
第10章
効くコピーはこう書く
第11章
コピーの売込み効果を高める20の方法
第12章
誰もがぶつかる問題を避ける方法
第13章
こうすればもっと問合せが増える32の方法
第14章
最大数のお客にアピールする方法
第15章
どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか
第16章
小スペース広告で利益を上げる方法
第17章
頭の体操10問──成功した見出しはどっち<? br>第18章
広告をテストする17の方法

「広告の父」デビッド・オグルヴィが本書で学んだ7つの原則
1.成功(最大限の費用対効果)へのカギは、広告のあらゆる要素を絶えずテストすることにある。
2.どう言うかより、何を言うかのほうが重要。
3.ほとんどの広告では、見出しが1番重要。
4.1番効果的な見出しは、相手の「得になる」とアピールするか、「新情報」を伝えるもの。
5.中身のない短い見出しより、何かをきちんと伝えている長い見出しのほうが効果的。
6.一般的な内容より、具体的な内容のほうが信用される。
7.短いコピーより、長いコピーのほうが説得力がある。

【デビッド・オグルヴィ絶賛】
「ジョン・ケープルズは違う。
何と49年間も、コピーライターの仕事に専念してきたのである。
だからこそ、類のない一連の知識を蓄積してこれた。
この本は間違いなく、
いままでで1番役に立つ広告の本である」
(オグルヴィの本書まえがきより)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
これが新しい広告戦略だ
広告は見出しが命/どんな見出しが1番注目されるか/効く見出しはこう書く/35の見出しの型ー効果は検証済み/どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには?/「テスト済み広告」と「テストしない広告」/熱意を込めてコピーを書く方法/コピーの出だしはこう書く/効くコピーはこう書く/コピーの売り込み効果を高める20の方法/誰もがぶつかる問題を避ける方法/こうすればもっと問合せが増える32の方法/量大数のお客にアピールする方法/どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか/小スペース広告で利益を上げる方法/頭の体操10問ー成功した見出しはどっち?/広告をテストする17の方法

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
注文から3日で到着。梱包は、ダンボールの上に本をのせてビニール製のものでパッキングされ、プチプチ紙袋に入って届きました。とても丁寧なパッキングでキズや水に強く安心できました。また、頼みたいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
研磨本でなく、研磨前の美本が届きました。 帯もちゃんとついていて良い保存方法で保管していたことがわかる状態でした。 郵送されてきた時にに段ボールにラップされて届きましたが、傷等はありませんでした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
メンタリストのダイゴさんがおすすめしているということで、購入しました。価格は少々高いのですが、価格以上の価値があるというのも納得です。全てのビジネスパーソンが読むべき本だと思いました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
著者略歴
ケープルズ,ジョン(Caples,John)
1900~1990。アメリカの広告業界で58年間も活躍し続けた伝説的コピーライター。うち56年間はBBDO勤務。その長い現役コピーライター人生で、テストを繰り返し、効果を検証する「科学的広告」の促進を常に目指し続けた。1973年、米コピーライター殿堂入り。1977年、米広告業界殿堂入り

神田昌典(カンダマサノリ)
上智大学外国語学部卒。外務省経済局に勤務後、ニューヨーク大学経済学修士(MA)、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士(MBA)取得。その後、米国家電メーカー日本代表を経て、経営コンサルタントに。多数の成功企業やベストセラー作家を育成し、総合ビジネス誌では「日本一のマーケッター」に選出されている。ビジネス書、小説、翻訳書の執筆に加え、ミュージカル、テレビ番組企画など、多岐にわたる創作活動を行うほか、複数企業の社主を務める

齋藤慎子(サイトウノリコ)
同志社大学文学部卒業、アメリカの広告業界に学ぶ「成果主義」の広告制作会社で、売る広告、効く販促ツールの企画制作と、その世界各国向け展開に従事。その後、広告代理店AE、オーストラリアとスペインで社内翻訳などを経て、現在は英語とスペイン語の翻訳者

依田卓巳(ヨダタクミ)
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

稼ぐ人の「超速」文章術

稼ぐ人の「超速」文章術
(著)中野巧
発売日 2020/07/17
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
SNSやブログ、メルマガ、ランディングページなど……、
ビジネスをしていてセールスコピーや文章を書く場面が急増しています。

誰もが発信者になれる環境が整い、
商品やサービスの魅力を文章で表現する技術はもはや不可欠となっている一方で、
文章に苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか?

そこで本書は、セールスに関する文章の書き方にフォーカス。
テンプレート・フレームワーク・チェックリストを使って文章を作成するので、
ゼロから考える必要がありません。

文章作成が苦手な人でもラクに実践して、
結果を出せる方法を完全網羅した1冊です。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
はじめに 速く書くことと、上手い文章は、両立できる
第1章 知らないと損!?文章が急に上手くなる「超速!文章アップデート法」/第2章 5パターンの文章が自動で出てくる「超速!SNS文章作成ゲーム」/第3章 小手先だけど効果絶大!スラスラ読まれるようになる「超速!文章テクニック」/第4章 ブログ・メルマガの相棒になる「超速!穴埋めテンプレート」/第5章 1枚のシートを埋めるだけ!共感が結果につながる「超速!共感チャート」/第6章 新しい配信ネタが次々に湧いてくる「超速!寄り添いマップ」/第7章 売れるランディングページが書ける「超速!究極のLPテンプレート」/おわりに 人生、変わっちゃったかも/巻末付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
主にブログなどの文章作成に応用できる文章術の解説です。最初は要約みたいな感じで大雑把な説明でわかりやすかったのですが、後半からは本気モード。文章作りのテンプレートやゲームを用いて、即実践してみるというのが肝のようです。読んでるだけだと、後半は本当に複雑です。実際に文章を書いてみてそれを修正してというワークを繰り返しながら読まないとなかなか頭に入ってきません。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
文章力を向上させたく、購入。中野さんのエンパシーライティングはまさにこの時代に不可欠なものだと思う。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
マーケティングで大事なことを学べる本です。インターネット、SNSなどが普及してコミュニケーションが多様化する中で、効果的な「伝わる」文章の書き方を教えてくれます。コミュニケーションツールが変わっても、伝え方の本質は変わらないようです。本質を押さえておけば、これからさらに新しいツールが出現しても、対応できるのだと思います。広報関係者やネット広告関係者に限らず、マーケティングに悩む経営者や担当幹部、担当者の方にとって、本質的に大事なことは何かという気づきを得られる1冊だと思います。
【特に覚えておきたいフレーズ】
「①主語を『あなた(相手)』にする、②『?』は乱用しない、③1文50文字以内、④相手に考えさせ過ぎて負担を与えない、⑤『説教』しない(上から目線にならない)、の5つが文章を書くコツ。相手を疲れされないことが大事。」
→どうしても、より多くの情報を伝えることに注意がいきがちです。相手を疲れさせない、という視点は、意識して持っておかないと、忘れてしまうと思います。
「『顧客』『商品・サービスの強み』『会社(自分)の強み』のそれぞれをほんの少し深く理解することが、自分のビジネスの純度を高め、圧倒的な差別化につながる。ランディングページを作る中で、商品・サービスが『顧客』にとってどんなに魅力的な存在かを考えると、結果として商品・サービスや自分の強みが浮かび上がる。」
→顧客にとっての価値を考える。自分、自社の強みを知るには、第三者的な視点で考える、もしくは第三者から実際に見てもらうことが重要なことがわかります。
「5つのブロックの流れを文章化してイメージする。①まず顧客は『見出し』に【注意】を向け、先を読みたくなる、②『深い共感』を読み、その商品・サービスで顧客に起こる魅力的な【変化】に深く共感する、③簡単には信じられないが、『解決策』の知識や解決策に【納得】する、④『証拠』で提示された証拠によって【信頼】するようになる、⑤欲しい気持ちと不安が入り交じる中、『行動喚起』で背中を押され、【安心】して購入する。」
→どんな広報媒体でも押さえておくべき基本的な流れだ、と感じます。販売以外でも、人を説得する際などにも使える文章の流れだと思います。
【もう少し詳しい内容の抽出】
・SNSなどの普及でコミュニケーション手段は多様化し、誰もがメディアとなり、自由に情報発信できる環境は整ったが、「言葉で伝える」という本質は何も変わらない。文章を書ける力があれば、正確に伝えられるので、結果が出せ、無駄もなくなり、ストレスフリーとなる。
・文章を書ける力は、未来の選択肢を広げ、活躍の場が広がる「つぶしが効くスキル」である。自分の価値をさらに高めるキーワードは「スピード」。上手い文章を「速く書ける」ことが、時代の求めるスキル。時代の変化が速く、時間がかかると、時代があっという間に自分を追い越していってしまう。
〇文章をアップデート
・①主語を「あなた(相手)」にする、②「?」は乱用しない、③1文50文字以内、④相手に考えさせ過ぎて負担を与えない、⑤「説教」しない(上から目線にならない)、の5つが文章を書くコツ。相手を疲れされないことが大事。
・影響力が大きい①プライマシー効果(第一印象)、②リーセンシ―情報(最後に触れた情報)、③見出し効果、④ツァイガルニック効果(未完成の方が気になる)、⑤ハロー効果(権威のある人の意見には従いやすい)、の5つの効果を知っておく。特に見出し効果は有効。
〇5パターンの文章が自動で出てくる質問
・①伝えたい1つのこと(結論・確信・信念)は?②きっかけ(共感・葛藤・ニュース)は?③気づき(発見・知識・情報)は?④感情(叫び・つぶやき・ぼやき)をことばにすると?⑤最後にひと言(行動・問いかけ・オチ・ぶっちゃけ)あるとしたら?、という5つの質問を自分にして、答えてみる。
・答えを組み合わせ、5つのパターンに落とし込む。それぞれ、Ⅰ結論展開型:①+②+③、Ⅱ感情巻き込み型:④+②+①、Ⅲ主張つっぱり型:③+①+④、Ⅳキャラ展開型:⑤+③+②+①、Ⅴ共感ストーリー型:②+③+①+④+⑤、となる。
〇スラスラ読まれるようになる文章テクニック
・本文と同じくらい、あるいはそれ以上に見出しが重要。情報爆発時代には、長い文章になるほど、まずは見出しだけを読み、何となくの理解で価値を感じてはじめて、最初から読み直す、という人が多い。一例を挙げると、「〇〇は可能か?」「〇〇VS●●」「目指しているのは、〇〇」「知らないと損する〇〇」「●●すぎる〇〇」「とっておきの〇〇」「〇〇の必勝パターン」「らくちん〇〇」「〇〇するだけで●●になる」、といったもの。
〇ブログ・メルマガの相棒になる穴埋めテンプレート
・Catch:①オープニング(つかみ)/テーマ(主題)、Me(You):ベネフィット(得すること)/ポイント(結論)、If:エピソード(理由・事例・背景)/コンテンツ(役立つ情報)、You(Me):ポイント(結論)/ベネフィット(得すること)、Can:ベイビーステップ(はじめの一歩)の、5つのブロックと9つの要素を埋めていくと、人の心をググっとつかむ有益なコンテンツ記事になる。
〇エンパシーチャート(https://www.empathywriting.com/ewm/ec/)を使う
・①ゴール設定、②ポジティブなセリフを考える、③ポジティブな感情を想像する、④相手に求める行動を考える、⑤ポジティブ(に相手になってもらうため)への言葉がけ、⑥ネガティブな感情を想像する、⑦ネガティブなセリフを考える、⑧ネガティブな背景・本音・理由を考える、ネガティブ(な相手に安心してもらうため)への言葉がけの順に書き出してみる。それをもとにストーリーを描き、ストーリーをもとに文章化する。
〇ランディングページを書く
・HPがパンフレットだとすれば、ランディングページはデジタルの「チラシ」。ランディングページに訪れる前の人々の期待値に注意する。期待値によって人の行動は変化する。いくらランディングページが優れていても、期待値が低ければ効果は低い。
・「売りたい商品・サービス」と、それを誰に届けたいかという「ターゲット設定」をしたら、①価値の源泉:なぜそれを今買わないと損をするのか、②70%の現実:①がどんな満たされない現実・悩みから生まれていくか、③提供できるメリット:②を解決する���めに提供できるメリット、④100%の未来:③によって②が解決することでどうハッピーになるか、⑤120%の未来(潜在/長期):④のもうひとつ先にある未来のイメージ(さらなる幸せ、豊かさ)、を書き出してみると、それが新しい配信ネタになる。
〇売れるランディングページを書く
・「顧客」「商品・サービスの強み」「会社(自分)の強み」のそれぞれをほんの少し深く理解することが、自分のビジネスの純度を高め、圧倒的な差別化につながる。ランディングページを作る中で、商品・サービスが「顧客」にとってどんなに魅力的な存在かを考えると、結果として商品・サービスや自分の強みが浮かび上がる。
・5つのブロックの流れを文章化してイメージする。①まず顧客は「見出し」に【注意】を向け、先を読みたくなる、②「深い共感」を読み、その商品・サービスで顧客に起こる魅力的な【変化】に深く共感する、③簡単には信じられないが、「解決策」の知識や解決策に【納得】する、④「証拠」で提示された証拠によって【信頼】するようになる、⑤欲しい気持ちと不安が入り交じる中、「行動喚起」で背中を押され、【安心】して購入する。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
中野巧(ナカノコウ)
共感を科学する「エンパシーデザイン・ラボ」主宰。株式会社studio-K代表取締役。ビジネスにおいて「共感力」を磨くことが、文章力、マーケティング力、コミュニケーション力、企画力など、プロフェッショナルの仕事力を高めるという考えから、「共感」と「再現性」をテーマにした文章作成法「エンパシーライティング」を開発。ビジネスパーソンだけではなく、教育業界にも広く普及し、これまで5万人以上にエンパシーライティングを伝えてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

本書は、単なるコピーライティングの書ではありません。あなたのビジネスに、あらゆる好循環を生み出すための書籍です。インターネット上でモノを売るためのエッセンスを凝縮し、誰にでも実践できるような形にまで、徹底的に落とし込んだものです。そのエッセンスのすべてを、余すところなくあなたにお伝えしています。第2章以降、あなたにも実践していただくためのワークシートがついています。紙とペンを取り出し、今、売りたい商品を思い浮かべながら実践してみて下さい。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 セールスコピーライティングの基礎(コピーライティングに必要不可欠な4つの要素
キャッチコピーの機能と役割/ボディコピーの機能と役割/クロージングコピーの機能と役割/追伸コピーの機能と役割/コピーライティングは4つのパーツがあって初めて機能する)/第2章 コピーライティングリサーチ編(キャッチコピーリサーチ/ボディコピーリサーチ/クロージングコピーリサーチ/すべての材料を組み合わせることで売れるレターが完成する)/第3章 コピーライティング実践編(キャッチコピーのひな形作成/各パートの当てはめと見出し作成/追伸の作成/キャッチコピーを完成させる/全体チェック)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
発送が遅いし連絡もない。送料が安いとはいえ梱包が雑で、受け取った時に本がすれてました (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
キャンペーン期間中だったこともあるのかと思いますが、購入後に商品の在庫がないとのことで連絡がきました。お詫びのメールと共に返金の説明もあり、きちんと対応していただきました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
まだ最後まで読んでいませんが、そのつど参考にしたいと思います。すでに付箋がいっぱいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

  

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。
謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、
SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、
Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える
特別解説(約100ページ)を加えました。

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、
より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

Webサイトやブログの記事だけではなく、
ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

【あらすじ】
須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、
Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……! ?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

〈こんな方にオススメ〉
・わかりやすい文章が書けずに悩んでいる方
・検索エンジンに評価される記事を作りたい方
・記事を書いてもサイトの成果が出ず困っている方

〈ストーリー 目次〉
EPISODE 01 SEOライティングの鼓動
EPISODE 02 解き放たれたUSP
EPISODE 03 リライトと推敲の狭間に
EPISODE 04 愛と論理のオウンドメディア
EPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
EPISODE 06 嵐を呼ぶインタビュー
EPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

〈特別解説 目次〉 ※書籍書き下ろし
○SEOを意識したコンテンツを作るカギ
○「USP」を最大限に活かすコンテンツ
○わかりやすい文章を書くためのポイント
○論理的思考をSEOに結び付ける
○オウンドメディアに必要なSEO思考
○SEOに強いライターの育成法
○バズにつながるコンテンツ作成のコツ


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
01 SEOライティングの鼓動
02 解き放たれたUSP/03 リライトと推敲の狭間に/04 愛と論理のオウンドメディア/05 秩序なき引用、失われたオマージュ/06 嵐を呼ぶインタビュー/07 今、すべてを沈黙させる…!!/epilogue 沈黙のその先に
Users Voice
最高のライティング教材のひとつです。 誰でも読みやすいように、各項目ごとに漫画式の表現と説明が入っているので 本自体のページはボリュームありますが、とてもおススメです。 全力でふりきった形式の物語で話が進むので楽しく読むことが出来ます。 文章力を鍛えたい人には絶対すすめる一冊 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
漫画形式で書いてある。最初は、そのシーンいる?って思ってたけど、読み進めるほど続きが気になってきた。難しい内容を、入りやすくするための漫画形式なんだろうけど、設定がね(笑)要約はしてくれているので、何度も読み返して頭に入るようにしよう。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
大変読みやすく、内容も初心者向けにはもってこいの本でした。一度読み終わりましたが今くりかえし必要なところを 読ませてもらってます。難しいテキストを購入するより入りやすく必要なことをきちんと教えてくれてる良い本です。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
松尾茂起(マツオシゲオキ)
京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」の代表として、様々なWebコンテンツのプロデュースやWebマーケティング支援を行なう。松尾シゲオキ名義では作曲家、ピアニストしても活動

上野高史(ウエノタカシ)
奈良県宇陀市出身。美術系大学の在学中にイラストレーターとしての仕事を開始し、現在、京都を拠点にフリーランスとして活動中。キャラクターデザインを中心に、書籍やWebコンテンツ向けのイラストレーションを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術
(著)メンタリストDaiGo
発売日 2015/02/06
おすすめ度
(2021/07/29 09:31時点)
メンタリストDaiGoの、人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、
人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。

本企画では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。
本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

扱うテーマは、セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。本書を読むことで、書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)-買うはずでなかった高価なものを、衝動買いさせた文章とは(A、B、Cの3つから、あなたが選ぶのは…
「やせる・稼ぐ・口説く」は、すべて文章でできる ほか)/第2章 「書かない」3原則で人を操るー人を操る文章の共通点とは?(あれこれ書かない/きれいに書かない ほか)/第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まないー読み手の心を撃ち抜くテーマとは!?(興味/ホンネとタテマエ ほか)/第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけーそのまま使うだけで自在に操れるようになる(書き出しはポジティブに/なんども繰り返す ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
いろんなとこのクチコミを見て購入。私的には、思ったほど…でした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
まだ読んでいないので、何とも言えませんが。家内が読んでよかったと言っています。ただ題名があまりにもインパクト過ぎてやや好きにはなれません。禁断なら販売してもいいのかな?と思いました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
さすがDAIGO。この本にある文章術を早速、仕事のメールに生かしています。メンタリズムお墨付きのメールで営業活動にも厚みが増しました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
著者略歴
メンタリストDaiGo(メンタリストDAIGO)
日本唯一のメンタリスト。テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

才能に頼らない文章術

才能に頼らない文章術
(著)上野郁江
発売日 2018/11/19
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
ここ5~6 年で、インターネットによる情報発信が爆発的に増えてきました。さまざまなWeb メディアが立ち上がってきています。また、個人での情報発信をサポートするサービスも増えてきました。古くはブログやメールマガジンを筆頭にして、最近ではnoteなど、自分で書いた文章に対して自由に価格をつけて販売するサービスなども出てきています。
 Web による情報発信が当たり前になってきたことで、これまで自己流でどうにか書いてきた方々や、今まであまり文章を書く機会がなかった方にまで「書く」ことへのニーズが高まってきています。
 こういった背景を受け、短期間で文章力をアップさせるための方法論をまとめたのが本書です。

 私はふだん、編集スキルをもとにしたエディトリアル・コンサルタントとして、社会に貢献したい企業の社長や、コンサルタントや士業などの専門家のみなさまに向けて、確実に「伝える」ことに特化したプログラムを提供しています。
 伝え方、情報の出し方を少し変えるだけで反応は劇的に変わるものです。本書は、そのプログラムから、特に文章力の向上に特化した部分を抜粋したものです。
 自社のWeb サイトのリニューアルを機にコンテンツを執筆していく方や、企業のオウンドメディアの担当者、自分の提供するサービスを相手にわかりやすく伝えたい士業の方や専門家など、文章力を身につけたい方・高めたい方々に、ぜひ読んでいただければと思っております。

 みなさんは、タイトルに引かれてWeb 記事の本文を読み進めてみたけれども、タイトルに対する回答がなかったのでがっかりしたことはありませんか? あるいは、記事を一通り読んでみたものの何が言いたいのかわからない、主張していることの根拠があいまいで納得感がない。
 残念ながら、このような記事が急増しています。それはなぜでしょうか? それは、編集者の視点をもたないままに記事が書かれているからです。
 Web 上のコンテンツが大量に増えて、文字の洪水とも言えるほど文字があふれている今こそ、編集者の力が必要になってきていると感じています。
 本書では、主にWeb での情報発信を念頭におきながら、「編集者の視点をもって執筆する力」(これを本書では、「編集執筆力」と呼ぶことにします)を解説していきます。

 文章力は生まれもった才能だと言われたりしますが、編集執筆力は才能ではありません。「相手がいつも使っている言葉を使う」「相手の価値観にそった言葉や表現を選ぶ」など、ポイントを押さえることで伸ばしていくことができます。
 つまりこれは、誰もが身につけられるスキルなのです。
本書では、編集スキルを31 の編集の文法として体系化したものを、あますところなく紹介します。そして、これらをまとめたのが「編集の文法チェックシート」です。これを活用し、相手の価値観にそって文章を組み立てていくことで、共感や信頼を得られる文章が書けるようになります。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 編集者はどのように文章を直すのか?
第2章 チェックシートを使って編集執筆力を身につけよう/第3章 文章基礎力を磨く「編集の文法」/第4章 文章表現力を上げる「編集の文法」/第5章 文章構成力を鍛える「編集の文法」/第6章 文章に求められるロジックとは/第7章 共感を得られる文章を書くには/第8章 書いてみる、添削してみる!/第9章 書き手に求められるメディアマインドとは?

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
本書は万人に向けて、文章に必要な心得やテクニックを説いている。
読者の視点が無いと伝わらない。
文章の目的を意識する。
読者が興味を持って読み切れる流れにする。
本書は文章に必要な技術を取り上げ、例文として、
まず悪い例を出し、悪い点を挙げ、次に悪い点を
改善した良い文を引き合いに出している。
タイトルに偽りの無い一冊。文章は才能ではなく、
文章術、その文章術のセオリーを守ることが
大事だと実感した。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
とにかく「書き直し!」の一言で、編集現場では徒弟修業のように文章術を修養していたとのこと。それを理系目線で言語化して、理詰めで教えてくれます。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
本書は、著者が編集者としての経験と大学院での知識とをもとに体系化した編集スキル「編集の文法」を説明したもので、具体的には文章術の本のうち、文章の文法、表現、構成などに特に重点を置いたものと言えます
文章の文法、表現、構成などについては他の文章術にもよくある内容ですが、本書では他の文章術の本にあるような着眼点的なものにとどまらず、校正レベルできちんと基準に従って判断できるようにしている点が特徴です
本書では、書かれた文章を相手に伝わる文章に校正するための着目点を紹介していて、その着目点として「文章基礎力」(いわゆる文法)「文章表現力」「文章構成力」の3分類の31項目について説明とその基準が示しています
これらは基準は明確で、説明も実例を踏まえてわかりやすくなされていて、相手に伝わる文章に校正するのに役立ちますし、次に文章を書くときに活かせる内容だと感じました
また、31項目の確認事項をチェックするためのチェックシートも添付し、活用できるようになっている点もよい点だと思います
ただ、残念なのは、この本が「短期間で文章力をアップさせるための方法論」で、「編集者の視点を持って執筆する力」を解説したものだ、と著者が説明しているのに、文章の書き方に関する説明が少ないことです
文章の書き方という点では、「誰に」「何の目的で」書くのかということをきちんと考えれば、「何を伝えるのか」=「何を書くのか」が決まるという程度のことしか書いてありません
一番知りたいのはこの部分なのでもう少し詳しく書いても良かった点だと思います
とはいえ、とにかく文章の校正に関しては、チェックシート付きで活用しやすいこと、基準が明確でわかりやすいこと、次に活かせる気づきが得られること等から非常によい内容の本だと思います (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
上野郁江(ウエノイクエ)
株式会社エディットブレイン代表取締役。エディトリアル・コンサルタント。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。翔泳社で編集者としてビジネス書を担当後、独立。翔泳社では、新規事業の創出やイノベーションの創出を解説した書籍などを手掛け、多くの書籍を世に送り出す。大学院で学んだ、システムズエンジニアリングの手法をもとに編集スキルを「編集の文法」として体系化。現在は同手法の内容をもとに、事業戦略にそった情報発信の提案や、「人に伝わる」文章の書き方支援、編集部構築支援プログラムなどを提供する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
(2021/07/29 10:30時点)

  

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

「書けないカギは書く前にあり」。毎月3,000本以上の記事を配信し続けるカルチャーニュースサイト「ナタリー」で実践されている文章の書き方を、一般向けに解説する初めての書籍です。通称「唐木ゼミ」と呼ばれる社内勉強会で新人育成を担当する著者が、「悩まず書くためにプラモデルを準備する」「事実・ロジック・言葉づかいの順に積み上げる」など独特の概念を通じて、文章を構造的に書くための方法をわかりやすく教えます。文章の具体的な改善ポイントも解説。企画書、報告書、レポート、ブログ、SNSなどあらゆる文章に有効です。
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
Users Voice
文章を各前に整理すること、必要な情報から始まり、文章を作っていくまでにすべきことがわかりやすく書かれています。ライターになりたい方は読むと勉強になるかと思います。「誰かに伝えるために書く」ことを重視しているので、すぐに役立ちます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
文章を書く初心者の人は一度読んでおくとよいと思います。 読めば書けるようになるわけではないですが、テクニックというか コツがつかめます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
あちこちから合計4冊この本を買いました。記事を作成するのに学生さんたちに配りました。初心者でもわかりやすく、役に立つ本だと思います! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

セールスライティング・ハンドブック 増補改訂版[新訳] 広告・DMからWebコンテンツまで、「売れる」コピーのすべて

「私の知る限り、本書がいらない
コピーライターは1人もいない。私も含めて」
広告の父、デイヴィッド・オグルヴィ氏推薦


本書は、「売る」ための文章術の本です。

米国で1985年に発売されてからセールスライティングの
書籍としては、異例のロングセラーを誇っています。

豊富な事例と共に売るためのコピーを書く法則や
ヒントがあらゆる媒体に合わせて解説されています。

約10年ぶりの大改訂となる増補改訂版では、
ランディングページやオンライン広告、ソーシャルメディアなど、
デジタルマーケティングの書き方が追加され、集客にも対応。
ますます手放せない1冊になりました。

【対象読者】
●モノやサービスを売るすべての人
コピーライター、コピーライターに発注する人、
広報やPR担当者、セールス、記事編集者など

【著者紹介】
Robert W .Bly(ロバート・W・ブライ)B2B、ハイテク、ダイレクト・マーケティングを専門とするコピーライター。40年以上にわたり広告、パンフレットやDM、セールスレター、広報資料、Eメールキャンペーン、ウェブサイトを100以上の企業向けに書いてきた実績を持つ。これまでの著書は100冊以上。邦訳既刊書には『ビジネス英語文書ルールブック』(荒竹出版刊)がある。

【目次】
・第1章 コピーライティングとは
・第2章 パッと目を引くヘッドラインと件名
・第3章 伝えるためのライティング技術
・第4章 売るための文章
・第5章 下準備する
・第6章 印刷広告を作るには
・第7章 ダイレクトメールを作成するには
・第8章 パンフレットやカタログなどの販促資料(印刷物・PDF)を作るには
・第9章 プレスリリースを作成するには
・第10章 テレビとラジオのCMを作るには
・第11章 ウェブサイト用のコピーを書くには
★第12章 ランディングページを作るには
・第13章 Eメールマーケティングを実施するには
★第14章 オンライン広告を作成するには
★第15章 ソーシャルメディア用のコピーを書くには
★第16章 動画を作成するには
★第17章 コンテンツマーケティングを施策するには
付録 広告用語集

※★マークがついている章は旧版からの追加項目
※そのほか、すべての章でデジタル時代に合わせたアップデートがなされた


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 コピーライティングとは
・作る側と受け取る側のどちらにとっても、インターネット到来でコピーライティングは変わった
・デジタルの時代に刺さるコピーを書くための3つのキーポイント
・昔かたぎのコピーライターに朗報
・ネット動画はコピーライティングをどう変えたか?
・ソーシャルメディアはマーケティングをどう変えたか?
・マルチチャネル・マーケティングはコピーライティングをどう変えたか?
第2章 パッと目を引くヘッドラインと件名
・ヘッドラインで「つかむ」には?
・ヘッドラインの4つの機能
・ヘッドライン 基本の8種類
・スワイプファイルに入れるべき38のヘッドライン
・効果的なヘッドラインを作るための4つのU
・ヘッドラインのヒントをもう少し
・ヘッドラインを生み出すテクニック
・ヘッドラインについて最後に一言
第3章 伝えるためのライティング技術
・明確なコピーを書くための11のヒント
・プロのテクニックをご紹介
・コピーライターのチェックリスト
第4章 売るための文章
・特長とベネフィット
・買わせるステップ
・「ニセの論理」を使って、事実で売り文句を後押ししよう
・唯一無二の売り USP
・二番手の売り
・顧客を知る
・潜在顧客を動かすためのBDFフォーミュラ
・「製品を買いたい理由」のチェックリスト
・長文コピー VS 短文コピー
・世代別マーケティング
・ポジショニング
第5章 下準備する
・コピーライティングのリサーチ
・オンラインリサーチをざっくりまとめると
・コピーライティング案件の下準備
・インタビューで事実を見つける
・情報を整理する
・最初にアウトラインを作成するべきか?
・ソーシャルメディアから情報を得る
・オンライン調査
・コピーを書くには
・情報源を記録する
・売れる広告のアイデアを生み出すテクニック
第6章 印刷広告を作るには
・刺さる広告を作るには
・広告にスローガンは必要か
・広告草稿のフォーマット
・広告のアイデアのチェックリスト
・反応を引き出すメカニズム
第7章 ダイレクトメールを作成するには
・パーソナルな広告媒体
・セールスレターの仕組み
・セールスレターはどう書き出すのが正解?14通りの冒頭パターン
・封筒にティーザーコピーはつけるべき?
・セールスレターは売り込むもの、パンフレットは教えるもの
・郵便物への反応率を高めるには
第8章 パンフレットやカタログなどの販促資料(印刷物・PDF)を作るには
・パンフレット作成の腕を上げる11のアドバイス
・パンフレットの構成はどうする?
・カタログ
・そのほかの販促資料
第9章 プレスリリースを作成するには
・PRと有料広告の違いは?
・ウェブなら消費者に直接PRできる
・プレスリリースとは?
・でもニュース性はあるの?
・特集記事を書くには
・宣伝のニュースレターを書くには
・ニュースレターの記事のネタに使えるチェックリスト
第10章 テレビとラジオのCMを作るには
・12通りのCMの型
・テレビCMの脚本を書くコツ
・脚本のフォーマット
・ラジオCMの脚本を書くには
・テレビやラジオで放送されないCM
第11章 ウェブサイト用のコピーを書くには
・今、ネット広告で効果があること
・よくあるオンライン広告の案件とは
・クリックファネルズでウェブサイトを作るには
・ウェブサイト用のコピーについてもう一言
・SEO対策
第12章 ランディングページを作るには
・ランディングページのコンバージョン率を上げるための10のヒント
・効果的なランディングページのほかのポイント
・ランディングページのトラフィックを伸ばす7つのやり方
第13章 Eメールマーケティングを実施するには
・Eメールマーケティングで結果を出すための15のヒント
・長い宣伝メール VS 短い宣伝メール
・ステップメールを作成するには
・メルマガを作成するには
第14章 オンライン広告を作成するには
・バナー広告のサイズ
・配置
・バナーのデザインと内容
・PPC広告
・メルマガ広告
・フェイスブック広告
・フェイスブックの画像広告を作るには
・フェイスブック広告のほかの形式
・「投稿を宣伝」がいいか、「フェイスブック広告」がいいか
・フェイスブック広告の料金はいくらくらい?
第15章 ソーシャルメディア用のコピーを書くには
・ソーシャルメディアのプラットフォームについて知っておくべきこと
・ビジネスアカウントを作る
・ファネルを使いこなす
・ソーシャルメディアで投稿する際のヒント
・定期的に投稿して読者を逃がさないようにする
・フェイスブック
・ツイッター
・まとめ:SNSプラットフォームの使い方
第16章 動画を作成するには
・動画脚本の種類
・脚本作成プロジェクトを立ち上げるには
・脚本作成
・脚本を書くには
・脚本が出来上がったら
・セールスプレゼン動画(VSL)
第17章 コンテンツマーケティングを施策するには
・コンテンツ作成でよくある7つの失敗
・コンテンツの4つの形式
・ホワイトペーパー
・ホワイトペーパーでマーケティングを行うための9つのステップ
・ブログ
・ケーススタディ
付録 広告用語集

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
ブライ,ロバート・W.(Bly,Robert W.)(ブライ,ロバートW.)
B2B、テック関連、ダイレクト・マーケティングを専門とするフリーランスのコピーライター。40年以上にわたり広告、パンフレットやDM、セールスレター、広報資料、Eメールキャンペーン、ウェブ広告、ウェブサイトなどを100社以上の企業に向けて書いてきた実績を持つ。クライアントは、AT&T、IBM、Forbesなど世界的に有名な一流企業。ダイレクト・マーケティング協会や情報産業協会、ウェブマーケティング協会などから数々の賞を受賞している

岩木貴子(イワキタカコ)
翻訳者。早稲田大学文学部、ダブリン大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
(著)ジョセフ・シュガーマン
発売日 2006/03/16
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
この本の英語版が日本で5万円もの高値で売買。幻の名書が初めて日本語で読める!
営業マンは、ゼロ人。いっさいの対面販売なし! まさに“宣伝文だけ"で売りに売ったシュガーマンの特別なテクニックと、思ったとおりに相手に読ませ、信頼させる文章術のエッセンスを一冊の中に凝縮。
日米のマーケターの間で伝説化されている本書の著者、シュガーマンこそ、腕時計・サングラス・家電品等あらゆるものを通販で売り、莫大な富を築くことに成功した本物のカリスマだ。シュガーマンの成功理由は、大金を投じた宣伝力にも、際立った商品力にもない。彼の書いた文章に「爆発的な集客力」があったからなのだ。
シュガーマンが莫大なコストをかけて身につけ、彼のセミナー受講者が大金を払って学んだ、売るための文章術とマーケティング上の貴重なノウハウが、本書を読むことによって周囲の誰よりも早く身につくだろう。
 
目次
●第1部 お客を爆発的に増やす書き方、コピーライティングの秘密 ●第2部 最高の成果をもたらす44のテクニック ●第3部 ポイントを検証する ――具体例に学ぶ
Users Voice
まだちら読みですが、スピーディーに到着。本自体も綺麗で梱包も丁寧。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
何度読まないといけないかな。少し時代が前のものです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
読んで良かった (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
著者略歴
シュガーマン,ジョセフ(Sugarman,Joseph)
全米屈指の宣伝、広告文の書き手であり、通販事業で伝説を作り上げたパイオニア。1971年、みずからの会社JS&Aで、グラフィック以上にコピーを重視した全面広告を用いた販売手法で大成功をおさめる。79年にはその年を代表する「ダイレクトマーケティングマン」に選ばれ、91年にはダイレクトマーケティングへの長年の功績に対して「マクスウェル・ザクハイム賞」を受賞した

金森重樹(カナモリシゲキ)
1970年生まれ。東大法学部卒。ビジネスプロデューサー。投資顧問業・有限会社金森実業代表。物件情報の提供から、融資付け、賃貸募集の支援まで行う会員組織「通販大家さん」を運営し、会員が億単位の資産形成をするのをサポート(会員数1万7000人)。読者数10万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

ウェブセールスライティング習得ハンドブック 寺本隆裕

こんな方へオススメ

セールスライティング(コピー)を身に付けたいけど、なにからはじめたらいいか分からない まずは副業から始めてスキルを身に付けたいと考えているサラリーマン

「3日で100万稼げる!」といった胡散臭いものではなく、家族に見られても恥ずかしくないセールスレターで売上を上げたいホームページやメルマガ・ブログ、Facebookなどを使って、売上を上げたい社長・起業家

社長や事業のプロモーションのコピーとして使うこともできる_

無職やニートでもネット上でアフィリエイトしたり、人の感情を動かす

かの有名な神田昌典さんは、

「安定とは、焼け野原でも紙とペンがあれば、翌日からでも稼げる能力だ」と名言を残している。

まさにあなたが焼け野原からでも紙とペンを使い、稼いでいく能力を身につけ、たとえ会社をクビになったり、会社が倒産したとしても難なく翌日から稼いでいく方法が身につけられる!

著者:寺本隆裕

累計107億円*をほぼウェブだけで売り上げたダイレクト出版株式会社、取締役兼セールスライター。月商3,000万円のマーケティング部門を運営)を任され、月商1億円以上を安定して売り上げる事業に育てる

クライアントのためにセールスライティングを請け負う場合、ライティング・プロジェクト1件で、上場企業のエリートサラリーマンの年収を大きく超える額をチャージし、さらにそこから売上の10%のロイヤリティがかかる。

日本で最高クラスの料金設定にもかかわらず、「書いて下さい」という人が後を絶たない

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Webライティングの本 高評価のおすすめの5冊

以下が「Webライティングの本」高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2021/07/29 10:30 更新)
Rank製品価格
1
100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300
発売日 2020/08/07
東 香名子 (パルコ)
おすすめ度
1,540円
1,463円
1,540円
1,540円
2
世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
発売日 2020/09/19
株式会社グリーゼ, 福田 多美子, 坂田 美知子, 加藤 由起子 (ソーテック社)
おすすめ度
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
3
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
中野巧 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,650円
4
100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60
発売日 2020/08/07
東 香名子 (パルコ)
おすすめ度
1,540円
1,463円
1,540円
660円
5
ビジネスマンのための新教養 UXライティング
発売日 2020/11/30
髙橋 慈子, 冨永 敦子 (翔泳社)
おすすめ度
1,848円
1,663円
1,848円
1,848円
 

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300
(著)東 香名子
発売日 2020/08/07
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

超Webライティング・シリーズ第2弾!
多くの人にシェアされる記事には目を引く単語がある。

発売以来、続々重版がかかり、ロングセラーになっている『100倍クリックされる 超Webライティング 実践テク60』に続く本作は、Webで“バズる(どんどん話題になっていく、拡散していく)”単語や使えるテンプレートを用例、解説とともに300ワード収録。
最新ヒットタイトルを研究する著者がPV数アップに役立つ単語を選りすぐって紹介した、より実用的で使える1冊です。

近年、ビジネスシーンにおいて、SNSからの情報発信や、サイト更新などを任されることも当たり前になってきています。もっと「読者にリーチさせたい!」「バズらせたい!」と願うWebライティングに関わるすべての人が持っておきたい必携書として。

著者略歴(東/香名子)ウェブメディアコンサルタント。コラムニスト。東洋大学大学院修了後、外資系企業、編集プロダクションを経て、女性サイト「東京独女スタイル」の編集長に就任。アクセス数を月1万から月650万にまで押し上げ、女性ニュースサイトの一時代を築いた。現在は、連載・テレビ出演などのメディア活動の傍ら、ウェブタイトルのプロフェッショナルとして、メディアのコンサルテーションを行う。クライアントは企業オウンドメディアから、プロライター、芸能人、会社経営者、ライティングを副業とするOLまで幅広い。また文章スクール「潮凪道場」で講義・講演を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
迅速にご対応いただきました。 商品もすぐに届き良かったです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

  

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
(著)株式会社グリーゼ, 福田 多美子, 坂田 美知子, 加藤 由起子
発売日 2020/09/19
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


「Webライターとして稼げるようになりたい」 「もっと仕事を増やしたい」と思っているWebライター1年生のための入門書です。
Webライティングのノウハウをプロが伝授します!

●Webライター1年生のみなさんへ
たくさんの書籍の中から、この本を手に取っていただき、ありがとうございます。
あなたが、Webライターとして活躍できることを祈って、この本をお届けします。

この本は、「Webライターとして稼げるようになりたい」「もっと仕事を増やしたい」と思っているWebライター1年生のための入門書です。
正しく、わかりやすい文章を書くためのライティングテクニックはもちろん、構成やキャッチコピーについても触れています。
「書き方を知る」だけではなく、身につけられるように例文、練習問題も盛り込んでいます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
この本を読み終わった後に、「Webライターとしてワンランクアップできた」と思っていただければ嬉しいです。

●他のWebライティング本との違いは?
Webライティングに関する書籍は、たくさんありますが、Webライターとして活躍する9名の「先輩ライターインタビュー」を掲載しているのは、この本だけではないでしょうか。

どんなに素晴らしいライターでも、最初はみんな1年生でした。特別授業「先輩ライターに聞く、稼げるライターになるための秘訣とは?」では、以下の項目などについて現役ライター9名に語ってもらいました。

・なぜWebライターを目指したのか?
・稼げるようになるために、どんな取り組みを行ったのか?
・成功体験、失敗談は?
・Webライター1年生への応援メッセージ

9名それぞれに特徴があり、稼げるライターになるための苦労話なども盛り込まれています。
「このライターさんのようになりたい」「このやり方を参考にしよう」「これ、さっそくチャレンジしてみたい」ということを見つけて、一歩踏み出すきっかけにしていただけたら幸いです。

Webライターとして活躍されることを、応援しています!

(本書「はじめに」より)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

稼ぐ人の「超速」文章術

稼ぐ人の「超速」文章術
(著)中野巧
発売日 2020/07/17
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
SNSやブログ、メルマガ、ランディングページなど……、
ビジネスをしていてセールスコピーや文章を書く場面が急増しています。

誰もが発信者になれる環境が整い、
商品やサービスの魅力を文章で表現する技術はもはや不可欠となっている一方で、
文章に苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか?

そこで本書は、セールスに関する文章の書き方にフォーカス。
テンプレート・フレームワーク・チェックリストを使って文章を作成するので、
ゼロから考える必要がありません。

文章作成が苦手な人でもラクに実践して、
結果を出せる方法を完全網羅した1冊です。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
はじめに 速く書くことと、上手い文章は、両立できる
第1章 知らないと損!?文章が急に上手くなる「超速!文章アップデート法」/第2章 5パターンの文章が自動で出てくる「超速!SNS文章作成ゲーム」/第3章 小手先だけど効果絶大!スラスラ読まれるようになる「超速!文章テクニック」/第4章 ブログ・メルマガの相棒になる「超速!穴埋めテンプレート」/第5章 1枚のシートを埋めるだけ!共感が結果につながる「超速!共感チャート」/第6章 新しい配信ネタが次々に湧いてくる「超速!寄り添いマップ」/第7章 売れるランディングページが書ける「超速!究極のLPテンプレート」/おわりに 人生、変わっちゃったかも/巻末付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
主にブログなどの文章作成に応用できる文章術の解説です。最初は要約みたいな感じで大雑把な説明でわかりやすかったのですが、後半からは本気モード。文章作りのテンプレートやゲームを用いて、即実践してみるというのが肝のようです。読んでるだけだと、後半は本当に複雑です。実際に文章を書いてみてそれを修正してというワークを繰り返しながら読まないとなかなか頭に入ってきません。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
文章力を向上させたく、購入。中野さんのエンパシーライティングはまさにこの時代に不可欠なものだと思う。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
マーケティングで大事なことを学べる本です。インターネット、SNSなどが普及してコミュニケーションが多様化する中で、効果的な「伝わる」文章の書き方を教えてくれます。コミュニケーションツールが変わっても、伝え方の本質は変わらないようです。本質を押さえておけば、これからさらに新しいツールが出現しても、対応できるのだと思います。広報関係者やネット広告関係者に限らず、マーケティングに悩む経営者や担当幹部、担当者の方にとって、本質的に大事なことは何かという気づきを得られる1冊だと思います。
【特に覚えておきたいフレーズ】
「①主語を『あなた(相手)』にする、②『?』は乱用しない、③1文50文字以内、④相手に考えさせ過ぎて負担を与えない、⑤『説教』しない(上から目線にならない)、の5つが文章を書くコツ。相手を疲れされないことが大事。」
→どうしても、より多くの情報を伝えることに注意がいきがちです。相手を疲れさせない、という視点は、意識して持っておかないと、忘れてしまうと思います。
「『顧客』『商品・サービスの強み』『会社(自分)の強み』のそれぞれをほんの少し深く理解することが、自分のビジネスの純度を高め、圧倒的な差別化につながる。ランディングページを作る中で、商品・サービスが『顧客』にとってどんなに魅力的な存在かを考えると、結果として商品・サービスや自分の強みが浮かび上がる。」
→顧客にとっての価値を考える。自分、自社の強みを知るには、第三者的な視点で考える、もしくは第三者から実際に見てもらうことが重要なことがわかります。
「5つのブロックの流れを文章化してイメージする。①まず顧客は『見出し』に【注意】を向け、先を読みたくなる、②『深い共感』を読み、その商品・サービスで顧客に起こる魅力的な【変化】に深く共感する、③簡単には信じられないが、『解決策』の知識や解決策に【納得】する、④『証拠』で提示された証拠によって【信頼】するようになる、⑤欲しい気持ちと不安が入り交じる中、『行動喚起』で背中を押され、【安心】して購入する。」
→どんな広報媒体でも押さえておくべき基本的な流れだ、と感じます。販売以外でも、人を説得する際などにも使える文章の流れだと思います。
【もう少し詳しい内容の抽出】
・SNSなどの普及でコミュニケーション手段は多様化し、誰もがメディアとなり、自由に情報発信できる環境は整ったが、「言葉で伝える」という本質は何も変わらない。文章を書ける力があれば、正確に伝えられるので、結果が出せ、無駄もなくなり、ストレスフリーとなる。
・文章を書ける力は、未来の選択肢を広げ、活躍の場が広がる「つぶしが効くスキル」である。自分の価値をさらに高めるキーワードは「スピード」。上手い文章を「速く書ける」ことが、時代の求めるスキル。時代の変化が速く、時間がかかると、時代があっという間に自分を追い越していってしまう。
〇文章をアップデート
・①主語を「あなた(相手)」にする、②「?」は乱用しない、③1文50文字以内、④相手に考えさせ過ぎて負担を与えない、⑤「説教」しない(上から目線にならない)、の5つが文章を書くコツ。相手を疲れされないことが大事。
・影響力が大きい①プライマシー効果(第一印象)、②リーセンシ―情報(最後に触れた情報)、③見出し効果、④ツァイガルニック効果(未完成の方が気になる)、⑤ハロー効果(権威のある人の意見には従いやすい)、の5つの効果を知っておく。特に見出し効果は有効。
〇5パターンの文章が自動で出てくる質問
・①伝えたい1つのこと(結論・確信・信念)は?②きっかけ(共感・葛藤・ニュース)は?③気づき(発見・知識・情報)は?④感情(叫び・つぶやき・ぼやき)をことばにすると?⑤最後にひと言(行動・問いかけ・オチ・ぶっちゃけ)あるとしたら?、という5つの質問を自分にして、答えてみる。
・答えを組み合わせ、5つのパターンに落とし込む。それぞれ、Ⅰ結論展開型:①+②+③、Ⅱ感情巻き込み型:④+②+①、Ⅲ主張つっぱり型:③+①+④、Ⅳキャラ展開型:⑤+③+②+①、Ⅴ共感ストーリー型:②+③+①+④+⑤、となる。
〇スラスラ読まれるようになる文章テクニック
・本文と同じくらい、あるいはそれ以上に見出しが重要。情報爆発時代には、長い文章になるほど、まずは見出しだけを読み、何となくの理解で価値を感じてはじめて、最初から読み直す、という人が多い。一例を挙げると、「〇〇は可能か?」「〇〇VS●●」「目指しているのは、〇〇」「知らないと損する〇〇」「●●すぎる〇〇」「とっておきの〇〇」「〇〇の必勝パターン」「らくちん〇〇」「〇〇するだけで●●になる」、といったもの。
〇ブログ・メルマガの相棒になる穴埋めテンプレート
・Catch:①オープニング(つかみ)/テーマ(主題)、Me(You):ベネフィット(得すること)/ポイント(結論)、If:エピソード(理由・事例・背景)/コンテンツ(役立つ情報)、You(Me):ポイント(結論)/ベネフィット(得すること)、Can:ベイビーステップ(はじめの一歩)の、5つのブロックと9つの要素を埋めていくと、人の心をググっとつかむ有益なコンテンツ記事になる。
〇エンパシーチャート(https://www.empathywriting.com/ewm/ec/)を使う
・①ゴール設定、②ポジティブなセリフを考える、③ポジティブな感情を想像する、④相手に求める行動を考える、⑤ポジティブ(に相手になってもらうため)への言葉がけ、⑥ネガティブな感情を想像する、⑦ネガティブなセリフを考える、⑧ネガティブな背景・本音・理由を考える、ネガティブ(な相手に安心してもらうため)への言葉がけの順に書き出してみる。それをもとにストーリーを描き、ストーリーをもとに文章化する。
〇ランディングページを書く
・HPがパンフレットだとすれば、ランディングページはデジタルの「チラシ」。ランディングページに訪れる前の人々の期待値に注意する。期待値によって人の行動は変化する。いくらランディングページが優れていても、期待値が低ければ効果は低い。
・「売りたい商品・サービス」と、それを誰に届けたいかという「ターゲット設定」をしたら、①価値の源泉:なぜそれを今買わないと損をするのか、②70%の現実:①がどんな満たされない現実・悩みから生まれていくか、③提供できるメリット:②を解決する���めに提供できるメリット、④100%の未来:③によって②が解決することでどうハッピーになるか、⑤120%の未来(潜在/長期):④のもうひとつ先にある未来のイメージ(さらなる幸せ、豊かさ)、を書き出してみると、それが新しい配信ネタになる。
〇売れるランディングページを書く
・「顧客」「商品・サービスの強み」「会社(自分)の強み」のそれぞれをほんの少し深く理解することが、自分のビジネスの純度を高め、圧倒的な差別化につながる。ランディングページを作る中で、商品・サービスが「顧客」にとってどんなに魅力的な存在かを考えると、結果として商品・サービスや自分の強みが浮かび上がる。
・5つのブロックの流れを文章化してイメージする。①まず顧客は「見出し」に【注意】を向け、先を読みたくなる、②「深い共感」を読み、その商品・サービスで顧客に起こる魅力的な【変化】に深く共感する、③簡単には信じられないが、「解決策」の知識や解決策に【納得】する、④「証拠」で提示された証拠によって【信頼】するようになる、⑤欲しい気持ちと不安が入り交じる中、「行動喚起」で背中を押され、【安心】して購入する。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
中野巧(ナカノコウ)
共感を科学する「エンパシーデザイン・ラボ」主宰。株式会社studio-K代表取締役。ビジネスにおいて「共感力」を磨くことが、文章力、マーケティング力、コミュニケーション力、企画力など、プロフェッショナルの仕事力を高めるという考えから、「共感」と「再現性」をテーマにした文章作成法「エンパシーライティング」を開発。ビジネスパーソンだけではなく、教育業界にも広く普及し、これまで5万人以上にエンパシーライティングを伝えてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60

100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60
(著)東 香名子
発売日 2020/08/07
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

人をひきつけるWebの文章には法則がある!Webメディアを1万PV(ページビュー)から650万PVに育てた
ウェブメディアコンサルタントの東香名子がWebライティングの極意を教えます

〜こんな人にオススメ〜
・企業のWeb担当者になっちゃった人
・ブログやSNSでお店の売り上げを伸ばしたい人
・Webの記事で注目を集めたい人

著者(東/香名子)ウェブメディアコンサルタント。コラムニスト。東洋大学大学院修了後、外資系企業、編集プロダクションを経て、女性サイトの編集長に就任。現在は、連載・テレビ出演などのメディア活動の傍ら、ウェブタイトルのプロフェッショナルとして、メディアのコンサルテーションを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ビジネスマンのための新教養 UXライティング

ビジネスマンのための新教養 UXライティング
(著)髙橋 慈子, 冨永 敦子
発売日 2020/11/30
おすすめ度
(2021/07/29 10:30時点)

ユーザーを導き、ビジネスを加速する、伝わるWebの書き方!

UXライティングとは、ユーザー(読み手)の体験を助け、体験の価値を高めるように
配慮した文章の書き方、技術のことをいいます。

Webを利用し、直接顔を合わせることのないままビジネスを進めるのが日常的となった現在、
ユーザーに配慮した書き方がとても重要になっています。

この「ユーザー体験」「読み手への配慮」という視点は、Webサイトやアプリの制作に携わって
いる方はもちろん、一般ビジネスマンにとっても必要な考え方、スキルの1つとなりました。

そこで本書では、具体的な例を通してUXライティングの手法を紹介しています。

著者はテクニカルコミュニケーションの専門家として第一線で活躍し続ける髙橋慈子氏と
公立はこだて未来大学の教授で教育工学、ライティング教育が専門の冨永敦子氏。

お手本となる文例や事例を多数紹介しているので、本書を参考にすれば自分の仕事に
UXライティングを活かし、実践できるようになります。

【本書の対象読者】
・UXライター、UXデザイナー
・企業のWebサイトの担当者
・仕事で内外とのやり取りをスムーズに行いたい方

【目次】
第1章 UX(ユーザー体験)がビジネスを変える
第2章 UXライティングで課題を解決する
第3章 UXライティングのプロセス
第4章 わかりやすくなる書き方のポイント、UX のスタイルガイド
第5章 よりよく伝える改善の取り組み

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Webライティングの本「新書一覧(2020年、2021年刊行)」

以下がWebライティングの本の新書(2020年,2021年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2021/07/29 10:30 更新)
製品価格
650円
550円
298円
2,508円
2,508円
2,508円
2,508円
500円
980円
350円
1,650円
1,485円
1,485円
1,650円
500円
490円
 

Webライティングの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるWebライティングの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2021/07/22 10:32 更新)
Rank製品価格
1
600円
2
980円
3
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
中野巧 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,650円
4
250円
5
500円
6
99円
7
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
メンタリストDaiGo (かんき出版)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,540円
1,386円
2,500円
1,540円
1,540円
8
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
上野郁江 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
おすすめ度
1,650円
825円
1,650円
1,090円
9
500円
10
99円
     

関連:最新のビジネス書

以下では、スキル・マインドアップに役立つ「最新・人気のビジネス書(新刊)」を紹介しています。

FX投資とともに、自己投資にも取り組む参考にのぞいて見てください。

関連:すきま時間で読書「Audibleのビジネス書一覧」

多くのビジネス書があり、なかなか読みたものすべてを読む時間の確保は難しいものですね。

そこでおすすめな読書法がAmazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」による耳での読書。

これなら散歩や通勤、運転中などのスキマ時間で読書が可能。下手にまとまって読もうとするより読書が進みやすかったりします。

以下ではAudible対応のビジネス書をいちらんで紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました