レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年最新】Webライティングの本「人気・高評価のおすすめ本15冊 / 新書一覧」

こちらでは、Webライティングに関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 

  1. Webライティングの本「最新の人気ランキング 20冊」
  2. Webライティングの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. 博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
    2. 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
    3. 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション
    4. コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則
    5. ブログ歴17年のプロが教える売れる文章術 ブログライティングの教科書
    6. 技術者のためのテクニカルライティング入門講座
    7. ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
    8. 人を操る禁断の文章術
    9. これからのAI×Webライティング本格講座 ChatGPTで超時短・高品質コンテンツ作成
    10. 才能に頼らない文章術
  3. Webライティングの本 高評価のおすすめの5冊
    1. 経験ゼロから確実に稼げるようになる Webライターフリーランス入門講座
    2. 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション
    3. Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー[第2版]
    4. デジタルマーケの成果を最大化するWebライティング
    5. 良いFAQの書き方──ユーザーの「わからない」を解決するための文章術 WEB+DB PRESS plus
  4. Webライティングの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  5. Webライティングの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  6. 関連:最新のビジネス書
  7. 関連:すきま時間で読書「Audibleのビジネス書一覧」

Webライティングの本「最新の人気ランキング 20冊」

今人気の「Webライティングの本」をランキングで一覧したのが以下です。

(2024/04/18 10:31 更新)
Rank製品価格
1
1,650円
1,260円
1,400円
1,650円
2
1,430円
1,168円
1,298円
1,430円
3
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション...
発売日 2022/04/22
松尾 茂起 (エムディエヌコーポレーション)
総合評価
(4.5)
2,310円
(+139pt)
2,264円
2,310円
2,310円
4
コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則...
発売日 2021/12/01
神田 昌典, 衣田 順一 (ダイヤモンド社)
総合評価
(4.4)
3,520円
(+212pt)
2,851円
4,000円
3,168円
3,520円
5
ブログ歴17年のプロが教える売れる文章術 ブログライティングの教科書...
発売日 2022/11/18
中島 大介 (朝日新聞出版)
総合評価
(4.4)
1,760円
1,529円
1,700円
6
技術者のためのテクニカルライティング入門講座
発売日 2018/11/19
髙橋 慈子 (翔泳社)
総合評価
(3.9)
2,420円
2,178円
2,420円
7
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
発売日 2008/09/20
ジョン・ケープルズ (ダイヤモンド社)
総合評価
(4.2)
3,300円
3,520円
3,520円
8
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
メンタリストDaiGo (かんき出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
1,386円
1,386円
2,500円
1,540円
1,540円
9
1,760円
(+106pt)
1,426円
1,584円
10
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
上野郁江 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,650円
1,485円
1,271円
665円
11
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
中野巧 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.1)
1,580円
1,485円
1,650円
693円
12
1日1テーマ読むだけで身につくはじめてのWebライティング大全100...
発売日 2023/12/28
芝田 弘美 (自由国民社)
総合評価
(5)
1,980円
(+119pt)
1,940円
(+116pt)
1,980円
13
1,628円
1,339円
1,628円
14
1,760円
(+106pt)
1,426円
1,584円
15
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
発売日 2006/03/16
ジョセフ・シュガーマン (PHP研究所)
総合評価
(3.9)
1,540円
1,540円
1,540円
16
世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生
発売日 2020/09/19
株式会社グリーゼ, 福田 多美子, 坂田 美知子, 加藤 由起子 (ソーテック社)
総合評価
(4.1)
1,848円
(+111pt)
1,811円
(+109pt)
1,848円
1,815円
17
朝日新聞ウェブ記者のスマホで「読まれる」「つながる」文章術...
発売日 2023/02/17
奥山晶二郎 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
1,650円
1,485円
3,000円
1,650円
18
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
発売日 2016/11/01
松尾 茂起 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
総合評価
(4.4)
2,200円
1,980円
1,980円
1,655円
19
ポチらせる文章術
発売日 2019/10/31
大橋一慶 (ぱる出版)
総合評価
(4.2)
1,540円
1,509円
1,540円
1,540円
20
デジタル時代の実践スキルWebライティング読者が離脱しない、...
発売日 2022/08/26
佐々木 ゴウ (翔泳社)
総合評価
(4.3)
2,068円
(+125pt)
1,861円
3,000円
2,068円
2,068円
 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきます。

Kindle版のある本なら試し読みも可能。大概目次まで見れるので、概要もつかめるので、サンプル試読がおすすめです。

 

Webライティングの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「Webライティングの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2024/04/18 10:31 更新)
Rank製品価格
1
1,650円
1,260円
1,400円
1,650円
2
1,430円
1,168円
1,298円
1,430円
3
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション...
発売日 2022/04/22
松尾 茂起 (エムディエヌコーポレーション)
総合評価
(4.5)
2,310円
(+139pt)
2,264円
2,310円
2,310円
4
コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則...
発売日 2021/12/01
神田 昌典, 衣田 順一 (ダイヤモンド社)
総合評価
(4.4)
3,520円
(+212pt)
2,851円
4,000円
3,168円
3,520円
5
ブログ歴17年のプロが教える売れる文章術 ブログライティングの教科書...
発売日 2022/11/18
中島 大介 (朝日新聞出版)
総合評価
(4.4)
1,760円
1,529円
1,700円
6
技術者のためのテクニカルライティング入門講座
発売日 2018/11/19
髙橋 慈子 (翔泳社)
総合評価
(3.9)
2,420円
2,178円
2,420円
7
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
発売日 2008/09/20
ジョン・ケープルズ (ダイヤモンド社)
総合評価
(4.2)
3,300円
3,520円
3,520円
8
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
メンタリストDaiGo (かんき出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
1,386円
1,386円
2,500円
1,540円
1,540円
9
1,760円
(+106pt)
1,426円
1,584円
10
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
上野郁江 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,650円
1,485円
1,271円
665円
 

博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

書けないカギは書く前にあり!
実践的メソッドで悩まず書けるようになります

◆文章を「書きながら」考えていませんか?

文章が書けないのはなぜでしょうか?

うまい人はどうやって書いているのでしょうか?

ニュースメディアで新人教育を担当する著者が、
書ける人が自然にやっている基本を
誰にでも学べる方法として伝授する初めての書籍。

企画書、報告書、レポート、ブログ、SNSなど
あらゆる文章に有効です。


◆こんな人におすすめです
-------------------------
□ 言いたいことはあるのにうまく伝えられない。
□ どこから書き始めればいいのか分からない。
□ 言い回しに悩んでなかなか書き終わらない。
-------------------------

◆文章力を付けるポイントが分かります
・地図を調べてから出かける
・悩まず書くために「プラモデル」を準備する
・「サビ頭」構成を基本形にする
・音読と黙読で読み返す
・体言止めは読者に負担を与える
・完読のためにスピード感を調節する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
マイクロコピーの魅力
マイクロコピー改善の準備
思わずクリックしたくなる強力なコンバージョンボタンのマイクロコピー
会員獲得を容易にするサインアップフォームのためのマイクロコピー
読者をラクに増やすメルマガ購読フォームのマイクロコピー
サポート精神あふれるお問い合わせページのマイクロコピー
スムーズに記入を促すプレースホルダーのマイクロコピー
相手の心を汲み取るエラーメッセージのマイクロコピー
口コミが広がりバズる404ページのマイクロコピー
ユーザー体験をもたらすマイクロコピー集
オリジナルのマイクロコピーの作り方

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
文章を各前に整理すること、必要な情報から始まり、文章を作っていくまでにすべきことがわかりやすく書かれています。ライターになりたい方は読むと勉強になるかと思います。「誰かに伝えるために書く」ことを重視しているので、すぐに役立ちます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
読む前にWEBライターの業務研修を受けてしまったせいもあり、あまり新鮮味はありませんでした。 参考書として見るにも、物足りない内容です。 章ごとにコラムが挟まれており、読み物としては楽しめるかと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事に役立てたくて購入しました。読みやすいので、一度読んで忘れたところをまた繰り返し読んだりしています。 こういった他の本と被る内容もありますが、読みやすいのでお勧めします。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
山本琢磨(ヤマモトタクマ)
1978年生まれ。京都府出身。株式会社オレコン代表取締役社長。デジタルマーケター、グロースハッカー。Webデザイン、マイクロコピー、トラストフォーマットなど、ウェブページのA/Bテストやデータ分析に裏付けた改善方法で、これまでに2014社以上の企業にコンサルティングを実施。2017年からは、国内初となるマイクロコピーのワークショップを開催。全国の経営者、通販ビジネス事業者を中心に、クライアント企業2,000社以上でテストを実施し、自社においては、国内外の1,000を超える事例検証を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション

SEOのためのライティング教本に、改訂版が登場!

「検索エンジンに評価されるコンテンツを作りたい」「書いても書いても成果が出ない」……。

そんな悩みに答える、Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説したライティング教本の改訂版。

謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーと解説を通じて、SEOに強いライティングのノウハウをわかりやすく学ぶことができます。

本書はWeb連載として大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える解説パート(約110ページ)を加えています。

解説パートは、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

今回の改訂版では、SEOの重要キーワードとなる「4つの検索意図」「E-A-T」「YMYL」に関する解説を新たに追加しました!

【あらすじ】
須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
そんななか、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……!?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

〈こんな方にオススメ〉
・検索エンジンに評価される記事を作りたい方
・記事を書いてもサイトの成果が出ず困っている方
・わかりやすい文章が書けずに悩んでいる方

〈ストーリー 目次〉
episode 01 SEOライティングの鼓動
episode 02 解き放たれたUSP
episode 03 リライトと推敲の狭間に
episode 04 愛と論理のオウンドメディア
episode 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
episode 06 嵐を呼ぶインタビュー
episode 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

〈解説パート 目次〉 ※書籍書き下ろし
○SEOを意識したコンテンツを作るカギ
○SEOに不可欠な重要キーワード
○「USP」を最大限に活かすコンテンツ
○わかりやすい文章を書くためのポイント
○論理的思考をSEOに結び付ける
○オウンドメディアに必要なSEO思考
○SEOに強いライターの育成法
○バズにつながるコンテンツ作成のコツ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本を始めてキンドルで購入しました。
最初は現実の本と比べて読みづらいと思っていましたが、そのようなことはなく、すんなりと読めました。
沈黙のwebライティングは漫画のように1ページ1ページを読むことができるため、文字列が羅列に並んで読みづらい人でも読みやすい一冊だと思いました。

内容も非常に役に立つものばかりで、webライティング未経験の私もこの本に出合えてよかったと思う一人です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則

コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則
(著)神田 昌典, 衣田 順一
発売日 2021/12/01
総合評価
(4.4)
(2024/04/18 10:31時点)
話題沸騰! 【東証プライム上場社長で現役マーケッターの木下社長が衝撃生告白】
「この本を読めば、ABテスト100回分を節約できる。3520円はタダみたいなものだ」
「4時間かけて読むことで、クリエイティブに悩む時間を400時間削減できる」
「WEBクリエイティブをやっている人にとっては“すぐに使えるノウハウ"が満載。
正直、同業者の私の立場からすると、読者のスキルが“すぐ"に上がるので競合が増え、あまり売れてほしくない(笑)」
「誤解してはいけないのは、“いい文章を書く技術"の本ではなく“ネットで最も成果を上げるためのコピーライティング"に特化している内容なのだ。
ここを間違えてはいけない。
ちまたにあるコピーライティング本とは根本から違うのだ」

「格段に人の気持ちを惹きつける文章にブラッシュアップできた」と話題沸騰!
【1987年から続く信頼の書評専門誌『トップポイント』で「一読の価値ある新刊書」として絶賛】
「売上アップに直結する100のコピーライティング技術を体系的に指南。
まさに「大全」の名にふさわしい実践マニュアルだ」
「分厚いのに、読みやすい、中身が濃い」と大反響! 日経新聞掲載!
★☆★Amazonランキング1位! (広告・宣伝)★☆★
◎デジタル時代に「売れる」を徹底追及したコピーライティング技術100、初公開!
第一人者、25年の集大成! 比類なき最強の教科書。
書籍初公開!
【BTRNUTSS(バターナッツ)見出しチェッカー】
【PASBECONA(パスビーコーナ)テンプレート】【PMMサーチシート】
4つの力(判断力・思考力・表現力・発信力)が身につく
コピーライティング技術100
NHK Eテレ『先人たちの底力 知恵泉』著者出演!
紙・ウェブ・スマホ完全対応!
初級から上級まで一冊で万全!

神田昌典は「はじめに」でこう述べる。

タイトルを「大全」としたのは、誇張ではない。
26ページにある「本書で扱うコピーライティング技術100」を見ればわかるように、
従来のコピーライティングにとどまらない広範な分野──事業戦略、マーケティング戦略から、
効果計測・分析、テキストデザイン、表現技術や発想法まで──を漏れなくカバーしている。
総計100に及ぶコピーライティング技術を横断的につなぎ合わせ、
実用しやすい体系にまとめあげるには、果てしない作業が必要となった。
そのモチべーションを持続できた理由を、こっそりと明かせば、
著者たちの個人的な事情がある。
実は、共著者2人は、
人生の先行きが見えず、大きな壁にぶちあたっていたときに、
コピーライティングに救われたからだ。

私、神田は、第一子が生まれたばかりのときに、
外資系メーカーで、日本市場の立ち上げを担った。
半年間で実績が出せなければクビ、という厳しい環境に追い込まれ、
なんとしても売上を上げなければならない。
いったいどうすれば、顧客が見つかるのか?
そのとき、すでにMBA(経営学修士)を取得していたものの、
ゼロから顧客を獲得するためには、無力だった。
そんなとき、海外出張中に立ち寄った書店で、
たまたまビジネス雑誌を手に取ったところ、
一つの記事が目に飛び込んできた。

「人を動かす言葉の原則に従えば、
小さな広告でも顧客が集まる」

そんな都合のいいことがあるはずはないと当初は疑ったが、
背に腹は代えられず、新聞に少額で広告を出してみた。
はじめは手酷(てひど)く失敗したが、
試行錯誤の末、ほどなく爆発的な反響を得るようになった。
結果、私は、このノウハウを元手に独立。
それからは、コピーライティング技術により、
次々と新規事業を成功させてきた。
結果、会社創設23年経った今では、
中小企業の経営指標を格付した古田土式『社長の成績表®』でオール5を取得。
2405社中ダントツトップの超優良企業と評価されるまでになった。

共著者の衣田(きぬた)も、コピーライティングに救われた。
彼は大手企業でバリバリの管理職だったが、
障害を抱えている子どものために、
時間と場所が自由になるセカンドキャリアを求めていた。
しかし自分の経験が活かせる仕事が見つからず、
今までの仕事とはまったく異なる整体師になることや、
洋菓子店を開くことも検討した。
資本もかからず、習得も比較的簡単で、
世界中どこにいても、
いつどんな時間でも仕事ができることを条件に、
ありとあらゆる職業を調査。
その結果、最終的にたどり着いたのが、
コピーライティングだった。
後からわかったことだが、この書く仕事は、
衣田が今まで取り組んできた営業や営業企画の知識・経験が、
そのまま活かせたという。

このように著者たちは、
書くことをきっかけに、人生の危機を脱し、大きな未来へと転換できたが、
今度は、救われた私たちが、
この力を、必要な方たちに引き継ぐ番になったと考えている。

◎コピーライティング技術100を横断的につなぎ合わせ、技術・用語索引も充実の468ページ!
現場で使いやすく即結果につながる体系にまとめた画期的一冊!
◎本書により、ビジネスパーソンに必須の「4つの力」を誰でも武器にできる。
「1.判断力(どうすれば情報を正しく判断できるのか?)」
「2.思考力(どうすれば自分ならではの価値をつくれるのか?)」
「3.表現力(どうすればその価値を必要な相手に伝えられるのか?)」
「4.発信力(どうすれば広く遠くまで届けられるのか?)」
◎書籍初公開! インパクトをある見出しをつくる8要素「BTRNUTSS(バターナッツ)」、
「PASONAの法則」がウェブ時代に深化した「PASBECONA(パスビーコーナ)」、
PMM(Product Market Matching)を見出す「PMMサーチシート」(巻頭・巻末カラージャバラにも掲載)!
特にPMMは『ザ・コピーライティング』のジョン・ケープルズが
「どう言うかより何を言うかが大切」と主張した「何を」が見出せる画期的アイデア発想ツール。
本書により「4つの力」を得た読者は、富の源は自分の外ではなく内にあることに気づき、
真の自由を手にして物心共に豊かになる。

【コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則】もくじ
【巻頭カラージャバラ】PMMサーチシート&PMMセルフチェックシート
★はじめに(神田昌典):生きる力の源泉となる、すべての社会人のための国語力
★【解説付】おもなコピーライティング用語105
★本書で扱うコピーライティング技術100
★第1章:コピーライティングで売上が上がる理由
★第2章:インパクトのある見出しをつくる8要素「BTRNUTSS(バターナッツ)」
★第3章:LP・セールスレターは組み立てるもの
★第4章:刺さるコピーの正体はPMM(Product Market Matching)
★第5章:人を動かす文章の構造「PASONA(パソナ)」がウェブ時代に深化した「PASBECONA(パスビーコーナ)」
★第6章:PMMを見出す「PMMサーチシート」
★第7章:成約率を高める32のライティング技術
★第8章:インターネットで活用するコピーライティング技術
★第9章:神田昌典コピーライティング至言29
★おわりに(衣田順一)
【巻末カラージャバラ】
BTRNUTTS見出しチェッカー
PASONAがウェブ時代に9要素に進化したPASBECONA&PASBECONAテンプレート
★参考文献
★索引

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
これから文章で商売をするなら、ぜひ押さえておくべき1冊。

これまで「セールスコピー」や「キャッチコピー」に関しての書籍は見かけたことがあったが、コピーライティングでピンとくる本がなかった。

2008年初版の「ザ・コピーライティング」では監訳された本だったこともあって、手がつけられていない。

この書籍ではコピーライティングの基礎だけに限らず、商品設計・ランディングページについて具体的に書かれている。しかも巻頭と巻末にカラー刷の付録がついているから、見やすくわかりやすい。

それだけでなく、webでの配信方法・テストの分析などについても徹底的に書かれている。

コピーライティングもコンテンツありきだが、コンテンツが揃っていたら取り入れやすい1冊だ。

文章の基本や展開についても徹底的に解説されている。

これからコピーライティングを学びたいなら、手にとってみてはいかがだろうか。

文章だけで収益化につなげるヒントになる1冊になる。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ブログ歴17年のプロが教える売れる文章術 ブログライティングの教科書

ブログで稼ぎたければ、ライティングを鍛え抜け!

着実に収益を上げられるブログの構成の練り方から執筆ノウハウ、
SEO対策まで、稼げる記事の黄金法則を公開。
「わかりやすい」「内容が濃い」とたった5日間で8000RT!
伝説のブログ記事執筆マニュアルが待望の書籍化

【本書の構成】
第1章 お金を稼げる収益ブログを作る
第2章 10の手順でできるブログ記事の書き方
第3章 プロが実践するライティングテクニック
第4章 いま知っておきたいSEO対策
第5章 読者をひきこむ文章力を鍛える方法
第6章 プロが教える「弱者」のブログ戦略

【著者略歴】
株式会社メリルの代表取締役。1986年、三重県生まれ。2005年、大学1年生でブログ・アフィリエイトを始める。大学院卒業後は大阪のネット系広告代理店に就職。広告代理店ではASPや通販企業のウェブコンサルティングに3年間従事する。2015年に株式会社メリルを創業。2019年には名古屋でコワーキングスペース「ABCスペース」を開業。同時に立ち上げたオンラインサロン「ABCオンライン」は、メンバー数1,500人以上でブログコミュニティとしては日本最大級の規模に成長。Twitter(@ds_nakajima)フォロワー6.7万人。YouTube「ウェブ職TV」チャンネル登録者数5.6万人。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この本のデメリットはYouTubeへの誘導が多く、本だけで完結しないこと。
ページ数を増やしても、本だけに情報を集約してほしかったです。

メリットは稼ぐためのブログの文章術を体系的に学べる事だと思います。
YouTubeやtwitterの情報だけだと、どうしても断片的になるので。
アフィリエイトで稼いでいる友人かライティングを教えてもらったときに、
内容がふんわり抽象的で断片的だったため、
わかったようなわからないような感じで、消化できずモヤモヤしていました・・・。

その中で出会ったのが、この本。

知人から教えてもらったことが具体的に言語化してあり、
「あ、なるほど、こういうことだったのね!」と、霧が晴れたように理解することができました。

この本は何からはじめて、どのような順番で記事を作成していけばよいのか、
体型的に網羅されています。

稼いでいる人は、間違いなくライティング力が優れています。
それは読み手に伝わらなかったり、読んでもらえないと購入して頂けないからです。

この本で学んだことを再現できるように努め、試行錯誤を続けながら
私も稼げるブロガーのスタートラインに立ちたいと思います。

なかじさん、貴重な内容を書籍化して下さって、ありがとうございました! (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

技術者のためのテクニカルライティング入門講座

技術者のためのテクニカルライティング入門講座
(著)髙橋 慈子
発売日 2018/11/19
総合評価
(3.9)
(2024/04/18 10:31時点)
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
(著)ジョン・ケープルズ
発売日 2008/09/20
総合評価
(4.2)
(2024/04/18 10:31時点)
☆発売12年目の今、一番売れている本、ついに第25刷11万部突破!
☆あの「メンタリストDaiGo」脱帽!
「価格の10倍以上の価値がある。」
「この本には、
言葉だけで、文章だけで、
人の心をわしづかみにし、
動かす方法が書かれています。」

86年以上読み継がれてきた伝説のバイブルがついに登場!
「広告の父」デビッド・オグルヴィは、自らも本書で学び、
「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ本だ」と絶賛する。
本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、
実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。

本書を「自らのコピーライティングの原点」と位置づけている神田昌典氏は
「監訳者はじめに」でこう話す。

「いまから12年前のこと
──毎晩、むさぼるように本書を読んでいた。
ベッドのなかで眠気に意識を失うまで、手放さなかった。
目覚めても、開かれたままのページに舞い戻った。
それだけ本書に没頭したのは、当然だった。
飛び込んでくる言葉は、通常の、気の利いた言葉ではない。
1語1語が、収益を生むことが科学的に検証された言葉だという。
計画数値の必達にあえぐ、外資系企業の代表者であった当時の私にとってみれば、
魔法のような本だった。

エクゼクティブ・コーチングに参加したクライアント数は、5年間で1万人超。
日本におけるダイレクトレスポンス・マーケティング分野における最大組織となって、
大成功する企業家やベストセラー作家を続々と生み出した。
自社の売上にして30億円。
クライアントが生み出した売上を考えれば、おそらく500億円は下るまい。
この実績を残すことができたのは、私に特別な能力や才能があったわけではない。
すべてはケープルズが70年以上も前に実践・検証していたことである。
私のマーケッターとしての実績の大半は、
本書に書かれている言葉を自分なりに工夫することで、得られたのだ。
いま、改めて読み返してみても、
本書は宝の山だ。
いや、いまだからこそ、さらに価値が高まっていると言えるだろう。
なぜなら、本書に挙げられているコピーは、インターネットが普及した環境で、
より効果的に使えるからである。

本書の読者は、言葉の力を知ることになるからこそ、
その力を何のために使うのかを、読む前に、そして読んだあとに自問してほしい。
そして、その答えは、まさにケープルズが、本書の最後に引用した言葉
──「広告とは、
教育である」──
から読み取れる。
広告を打つということは、数万人に言葉を発する教師であると自覚したとき、
読者は自社のために売上を上げながらも、
よりよい社会の礎となる言葉を、選択することになるだろう。
そのとき、おそらくレスポンス広告は、
新しい時代における真の役割を見出すだろうし、その言葉がきっかけとなり、
私たちの意識を大きく変容させることになるに違いない。
現実は、どんな言葉を選択するかで、創られる。
言葉の力を知った者は、創造者としての責任も同時に負うのである」

【もくじ】
第1章
これが新しい広告戦略だ
第2章
広告は見出しが命
第3章
どんな見出しが1番注目されるか
第4章
効く見出しはこう書く
第5章
35の見出しの型──その効果は検証済み
第6章
どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには<? br>第7章
「テスト済み広告」と「テストしない広告」
第8章
熱意を込めてコピーを書く方法
第9章
コピーの出だしはこう書く
第10章
効くコピーはこう書く
第11章
コピーの売込み効果を高める20の方法
第12章
誰もがぶつかる問題を避ける方法
第13章
こうすればもっと問合せが増える32の方法
第14章
最大数のお客にアピールする方法
第15章
どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか
第16章
小スペース広告で利益を上げる方法
第17章
頭の体操10問──成功した見出しはどっち<? br>第18章
広告をテストする17の方法

「広告の父」デビッド・オグルヴィが本書で学んだ7つの原則
1.成功(最大限の費用対効果)へのカギは、広告のあらゆる要素を絶えずテストすることにある。
2.どう言うかより、何を言うかのほうが重要。
3.ほとんどの広告では、見出しが1番重要。
4.1番効果的な見出しは、相手の「得になる」とアピールするか、「新情報」を伝えるもの。
5.中身のない短い見出しより、何かをきちんと伝えている長い見出しのほうが効果的。
6.一般的な内容より、具体的な内容のほうが信用される。
7.短いコピーより、長いコピーのほうが説得力がある。

【デビッド・オグルヴィ絶賛】
「ジョン・ケープルズは違う。
何と49年間も、コピーライターの仕事に専念してきたのである。
だからこそ、類のない一連の知識を蓄積してこれた。
この本は間違いなく、
いままでで1番役に立つ広告の本である」
(オグルヴィの本書まえがきより)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
これが新しい広告戦略だ
広告は見出しが命
どんな見出しが1番注目されるか
効く見出しはこう書く
35の見出しの型ー効果は検証済み
どんぴしゃりの訴求ポイントを見つけるには?
「テスト済み広告」と「テストしない広告」
熱意を込めてコピーを書く方法
コピーの出だしはこう書く
効くコピーはこう書く
コピーの売り込み効果を高める20の方法
誰もがぶつかる問題を避ける方法
こうすればもっと問合せが増える32の方法
量大数のお客にアピールする方法
どんなレイアウトとビジュアルが1番注目されるか
小スペース広告で利益を上げる方法
頭の体操10問ー成功した見出しはどっち?
広告をテストする17の方法

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
注文から3日で到着。梱包は、ダンボールの上に本をのせてビニール製のものでパッキングされ、プチプチ紙袋に入って届きました。とても丁寧なパッキングでキズや水に強く安心できました。また、頼みたいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
研磨本でなく、研磨前の美本が届きました。 帯もちゃんとついていて良い保存方法で保管していたことがわかる状態でした。 郵送されてきた時にに段ボールにラップされて届きましたが、傷等はありませんでした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても分かりやすく内容のある本でした。 人間の普遍的な心理がわかり、いつの時代でも通用するタイティング技術を学ぶ事ができました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
ケープルズ,ジョン(Caples,John)
1900~1990。アメリカの広告業界で58年間も活躍し続けた伝説的コピーライター。うち56年間はBBDO勤務。その長い現役コピーライター人生で、テストを繰り返し、効果を検証する「科学的広告」の促進を常に目指し続けた。1973年、米コピーライター殿堂入り。1977年、米広告業界殿堂入り

神田昌典(カンダマサノリ)
上智大学外国語学部卒。外務省経済局に勤務後、ニューヨーク大学経済学修士(MA)、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士(MBA)取得。その後、米国家電メーカー日本代表を経て、経営コンサルタントに。多数の成功企業やベストセラー作家を育成し、総合ビジネス誌では「日本一のマーケッター」に選出されている。ビジネス書、小説、翻訳書の執筆に加え、ミュージカル、テレビ番組企画など、多岐にわたる創作活動を行うほか、複数企業の社主を務める

齋藤慎子(サイトウノリコ)
同志社大学文学部卒業、アメリカの広告業界に学ぶ「成果主義」の広告制作会社で、売る広告、効く販促ツールの企画制作と、その世界各国向け展開に従事。その後、広告代理店AE、オーストラリアとスペインで社内翻訳などを経て、現在は英語とスペイン語の翻訳者

依田卓巳(ヨダタクミ)
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術
(著)メンタリストDaiGo
発売日 2015/02/06
総合評価
(4.2)
(2024/04/18 10:31時点)
メンタリストDaiGoの、人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、
人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。

本企画では、メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

その文章術の軸となるのは、「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。
本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

扱うテーマは、セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。本書を読むことで、書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)-買うはずでなかった高価なものを、衝動買いさせた文章とは(A、B、Cの3つから、あなたが選ぶのは…
「やせる・稼ぐ・口説く」は、すべて文章でできる ほか)
第2章 「書かない」3原則で人を操るー人を操る文章の共通点とは?(あれこれ書かない
きれいに書かない ほか)
第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まないー読み手の心を撃ち抜くテーマとは!?(興味
ホンネとタテマエ ほか)
第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけーそのまま使うだけで自在に操れるようになる(書き出しはポジティブに
なんども繰り返す ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
まだ読んでいないので、何とも言えませんが。家内が読んでよかったと言っています。ただ題名があまりにもインパクト過ぎてやや好きにはなれません。禁断なら販売してもいいのかな?と思いました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
さすがDAIGO。この本にある文章術を早速、仕事のメールに生かしています。メンタリズムお墨付きのメールで営業活動にも厚みが増しました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
注文から到着まで三日ぐらいでしたので、早いお届けだと思いました! また違う本も買いたいと思います (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
著者略歴
メンタリストDaiGo(メンタリストDAIGO)
日本唯一のメンタリスト。テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

これからのAI×Webライティング本格講座 ChatGPTで超時短・高品質コンテンツ作成

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

才能に頼らない文章術

才能に頼らない文章術
(著)上野郁江
発売日 2018/11/19
総合評価
(3.7)
(2024/04/18 10:31時点)
ここ5~6 年で、インターネットによる情報発信が爆発的に増えてきました。さまざまなWeb メディアが立ち上がってきています。また、個人での情報発信をサポートするサービスも増えてきました。古くはブログやメールマガジンを筆頭にして、最近ではnoteなど、自分で書いた文章に対して自由に価格をつけて販売するサービスなども出てきています。
 Web による情報発信が当たり前になってきたことで、これまで自己流でどうにか書いてきた方々や、今まであまり文章を書く機会がなかった方にまで「書く」ことへのニーズが高まってきています。
 こういった背景を受け、短期間で文章力をアップさせるための方法論をまとめたのが本書です。

 私はふだん、編集スキルをもとにしたエディトリアル・コンサルタントとして、社会に貢献したい企業の社長や、コンサルタントや士業などの専門家のみなさまに向けて、確実に「伝える」ことに特化したプログラムを提供しています。
 伝え方、情報の出し方を少し変えるだけで反応は劇的に変わるものです。本書は、そのプログラムから、特に文章力の向上に特化した部分を抜粋したものです。
 自社のWeb サイトのリニューアルを機にコンテンツを執筆していく方や、企業のオウンドメディアの担当者、自分の提供するサービスを相手にわかりやすく伝えたい士業の方や専門家など、文章力を身につけたい方・高めたい方々に、ぜひ読んでいただければと思っております。

 みなさんは、タイトルに引かれてWeb 記事の本文を読み進めてみたけれども、タイトルに対する回答がなかったのでがっかりしたことはありませんか? あるいは、記事を一通り読んでみたものの何が言いたいのかわからない、主張していることの根拠があいまいで納得感がない。
 残念ながら、このような記事が急増しています。それはなぜでしょうか? それは、編集者の視点をもたないままに記事が書かれているからです。
 Web 上のコンテンツが大量に増えて、文字の洪水とも言えるほど文字があふれている今こそ、編集者の力が必要になってきていると感じています。
 本書では、主にWeb での情報発信を念頭におきながら、「編集者の視点をもって執筆する力」(これを本書では、「編集執筆力」と呼ぶことにします)を解説していきます。

 文章力は生まれもった才能だと言われたりしますが、編集執筆力は才能ではありません。「相手がいつも使っている言葉を使う」「相手の価値観にそった言葉や表現を選ぶ」など、ポイントを押さえることで伸ばしていくことができます。
 つまりこれは、誰もが身につけられるスキルなのです。
本書では、編集スキルを31 の編集の文法として体系化したものを、あますところなく紹介します。そして、これらをまとめたのが「編集の文法チェックシート」です。これを活用し、相手の価値観にそって文章を組み立てていくことで、共感や信頼を得られる文章が書けるようになります。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 編集者はどのように文章を直すのか?
第2章 チェックシートを使って編集執筆力を身につけよう
第3章 文章基礎力を磨く「編集の文法」
第4章 文章表現力を上げる「編集の文法」
第5章 文章構成力を鍛える「編集の文法」
第6章 文章に求められるロジックとは
第7章 共感を得られる文章を書くには
第8章 書いてみる、添削してみる!
第9章 書き手に求められるメディアマインドとは?

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
本書は万人に向けて、文章に必要な心得やテクニックを説いている。
読者の視点が無いと伝わらない。
文章の目的を意識する。
読者が興味を持って読み切れる流れにする。
本書は文章に必要な技術を取り上げ、例文として、
まず悪い例を出し、悪い点を挙げ、次に悪い点を
改善した良い文を引き合いに出している。
タイトルに偽りの無い一冊。文章は才能ではなく、
文章術、その文章術のセオリーを守ることが
大事だと実感した。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
とにかく「書き直し!」の一言で、編集現場では徒弟修業のように文章術を修養していたとのこと。それを理系目線で言語化して、理詰めで教えてくれます。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
本書は、著者が編集者としての経験と大学院での知識とをもとに体系化した編集スキル「編集の文法」を説明したもので、具体的には文章術の本のうち、文章の文法、表現、構成などに特に重点を置いたものと言えます
文章の文法、表現、構成などについては他の文章術にもよくある内容ですが、本書では他の文章術の本にあるような着眼点的なものにとどまらず、校正レベルできちんと基準に従って判断できるようにしている点が特徴です
本書では、書かれた文章を相手に伝わる文章に校正するための着目点を紹介していて、その着目点として「文章基礎力」(いわゆる文法)「文章表現力」「文章構成力」の3分類の31項目について説明とその基準が示しています
これらは基準は明確で、説明も実例を踏まえてわかりやすくなされていて、相手に伝わる文章に校正するのに役立ちますし、次に文章を書くときに活かせる内容だと感じました
また、31項目の確認事項をチェックするためのチェックシートも添付し、活用できるようになっている点もよい点だと思います
ただ、残念なのは、この本が「短期間で文章力をアップさせるための方法論」で、「編集者の視点を持って執筆する力」を解説したものだ、と著者が説明しているのに、文章の書き方に関する説明が少ないことです
文章の書き方という点では、「誰に」「何の目的で」書くのかということをきちんと考えれば、「何を伝えるのか」=「何を書くのか」が決まるという程度のことしか書いてありません
一番知りたいのはこの部分なのでもう少し詳しく書いても良かった点だと思います
とはいえ、とにかく文章の校正に関しては、チェックシート付きで活用しやすいこと、基準が明確でわかりやすいこと、次に活かせる気づきが得られること等から非常によい内容の本だと思います (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
上野郁江(ウエノイクエ)
株式会社エディットブレイン代表取締役。エディトリアル・コンサルタント。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。翔泳社で編集者としてビジネス書を担当後、独立。翔泳社では、新規事業の創出やイノベーションの創出を解説した書籍などを手掛け、多くの書籍を世に送り出す。大学院で学んだ、システムズエンジニアリングの手法をもとに編集スキルを「編集の文法」として体系化。現在は同手法の内容をもとに、事業戦略にそった情報発信の提案や、「人に伝わる」文章の書き方支援、編集部構築支援プログラムなどを提供する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

   

Webライティングの本 高評価のおすすめの5冊

以下が「Webライティングの本」高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2024/04/18 10:31 更新)
Rank製品価格
1
経験ゼロから確実に稼げるようになる Webライターフリーランス入門講座...
発売日 2023/12/19
中村 昌弘 (ソーテック社)
総合評価
(5)
1,980円
(+119pt)
1,940円
(+116pt)
1,980円
2
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション...
発売日 2022/04/22
松尾 茂起 (エムディエヌコーポレーション)
総合評価
(4.5)
2,310円
(+139pt)
2,264円
2,310円
2,310円
3
Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー[第2版]
発売日 2022/04/20
山本琢磨 (秀和システム)
総合評価
(4.5)
1,980円
(+238pt)
1,604円
1,782円
4
デジタルマーケの成果を最大化するWebライティング
発売日 2023/11/10
齊藤麻子 (日本実業出版社)
総合評価
(4.5)
1,980円
(+119pt)
1,782円
1,980円
5
2,970円
(+135pt)
2,911円
(+176pt)
2,970円
2,970円
 

経験ゼロから確実に稼げるようになる Webライターフリーランス入門講座

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション

SEOのためのライティング教本に、改訂版が登場!

「検索エンジンに評価されるコンテンツを作りたい」「書いても書いても成果が出ない」……。

そんな悩みに答える、Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説したライティング教本の改訂版。

謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーと解説を通じて、SEOに強いライティングのノウハウをわかりやすく学ぶことができます。

本書はWeb連載として大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える解説パート(約110ページ)を加えています。

解説パートは、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

今回の改訂版では、SEOの重要キーワードとなる「4つの検索意図」「E-A-T」「YMYL」に関する解説を新たに追加しました!

【あらすじ】
須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
そんななか、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……!?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

〈こんな方にオススメ〉
・検索エンジンに評価される記事を作りたい方
・記事を書いてもサイトの成果が出ず困っている方
・わかりやすい文章が書けずに悩んでいる方

〈ストーリー 目次〉
episode 01 SEOライティングの鼓動
episode 02 解き放たれたUSP
episode 03 リライトと推敲の狭間に
episode 04 愛と論理のオウンドメディア
episode 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
episode 06 嵐を呼ぶインタビュー
episode 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

〈解説パート 目次〉 ※書籍書き下ろし
○SEOを意識したコンテンツを作るカギ
○SEOに不可欠な重要キーワード
○「USP」を最大限に活かすコンテンツ
○わかりやすい文章を書くためのポイント
○論理的思考をSEOに結び付ける
○オウンドメディアに必要なSEO思考
○SEOに強いライターの育成法
○バズにつながるコンテンツ作成のコツ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本を始めてキンドルで購入しました。
最初は現実の本と比べて読みづらいと思っていましたが、そのようなことはなく、すんなりと読めました。
沈黙のwebライティングは漫画のように1ページ1ページを読むことができるため、文字列が羅列に並んで読みづらい人でも読みやすい一冊だと思いました。

内容も非常に役に立つものばかりで、webライティング未経験の私もこの本に出合えてよかったと思う一人です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー[第2版]

本書は、Webサイト上のボタンや入力フォーム周り、エラーメッセージ、写真のキャプションなどの“小さなコピー”の書き方を解説した日本で唯一のマイクロコピー入門書です。最新事例を多数追加してリニューアルしました。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
こういった分野は全くの初心者ですが、ところどころに専門用語の説明があり全体的に分かりやすかったです。ほんの少し文章やボタンの色を変えるだけでコンバージョン率が飛躍的にアップした例などもあり、今すぐに実践してみたいと思わせられるような内容でした。無料でできるA/Bテストの有用性等も大変分かりやすく書いてあるので、HPのリニューアルや作り直しなど検討している方は、まずこの本を読んでマイクロコピーを実践してみてからでも遅くないのではと思います。コストや時間をかける前に、少しの改良を加えるだけでそれなりの効果が期待できる方法を試してみるのも一つの手ではないでしょうか。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

デジタルマーケの成果を最大化するWebライティング

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

良いFAQの書き方──ユーザーの「わからない」を解決するための文章術 WEB+DB PRESS plus

(概要)

良いFAQは、ユーザーに見つけやすく、そしてわからないことを的確に解決し、満足度を向上させます。また、それはコールセンターにおけるコストの削減につながります。コールセンター内でも、良いFAQを活用すれば短時間でユーザーの疑問を解決できるなど、ストレス軽減やコストダウンを助けます。本書はFAQの書き方を解説した書籍です。筆者の長年にわたるFAQ作成と運営の経験を活かし、「なぜそう表現すると見つけやすくユーザーの課題を解決しやすいのか」「なぜこれだとユーザーは離脱してしまうのか」などを理論的・具体的に解説しています。FAQの改善前・改善後の例を豊富に用意しているので、本書を読めば良いFAQの書き方が身に付くはずです。さらに、FAQシステムの有効活用についてや、ユーザーのアクセス履歴などを分析してFAQを改善する手法も解説します。


(こんな方におすすめ)

・FAQ(外部公開用、内部ヘルプデスク用)の企画・構築・利用・運営およびライティングに携わっている、事務、営業、エンジニア、カスタマーサポートおよび各マネージャーの方々


(目次)

第1章:FAQはなぜ重要なのか

  1.1 FAQの存在意義

  1.2 現実のFAQは存在意義を出せているか

  1.3 FAQの質を高める

  1.4 FAQサイトの改善に関わるコスト

  1.5 FAQの失敗例と成功例

第2章:FAQを書くための基礎知識

  2.1 質の高いFAQの条件

  2.2 質の高いQ

  2.3 質の高いA

  2.4 質の高いQとAに共通する文

  2.5 FAQコンテンツの準備

  2.6 FAQを書く前の基本的な心構え

  2.7 FAQの存在意義を見える化しておく

第3章:Qの書き方

  3.1 Qで解決への道筋を作る

  3.2 Qの書き方でAを端的にする

  3.3 Qの文に誤解の余地を作らない

  3.4 QをYes/Noクエスチョンにしない

  3.5 Qを読む人の立場に配慮する

  3.6 Qのリストで視認性を高める

  3.7 Qのリストで粒度をそろえる

  3.8 Qの文のさまざまなアイデア

第4章:Aの書き方

  4.1 Aの中で場合分け(条件分岐)をしない

  4.2 Aに情報を盛り込みすぎない

  4.3 AとQを一致させる

  4.4 Aには結論をまず示す

  4.5 Aで使うすべての言葉に配慮する

  4.6 Aは箇条書きにする

  4.7 Aでは装飾・記号は効果的に使う

  4.8 Aではリンクを効果的に使う

  4.9 Aでは目視でもユーザーの理解を助ける

第5章:FAQのガイドラインの作り方

  5.1 基本事項

  5.2 FAQ(QとA)作文ルール

  5.3 ガイドラインの管理

第6章:FAQのカテゴリの作り方

  6.1 カテゴライズの重要なポイント

  6.2 質の高いカテゴライズ

  6.3 さまざまなカテゴリ構成

第7章:FAQの分析とメンテナンス

  7.1 分析とメンテナンスの基本

  7.2 分析値の種類と活用法

  7.3 メンテナンスを継続しながらFAQを育てる

  7.4 質の高いFAQはメンテナンスもしやすい

  7.5 メンテナンスの次のステップ

  7.6 分析とメンテナンスの効率化

第8章:FAQ制作者が知っておくべきFAQシステムのしくみ

  8.1 FAQシステムの導入目的とメリット

  8.2 FAQシステムとFAQを活かす基礎知識

  8.3 FAQシステムの採用

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Webサイトを構築するとき、コンテンツとして多数の文章を作成しますが、
ついついFAQページを軽視してしまいがちでした。

最近ではWebライティングとして様々な本が出版されており、
ユーザーに訴えかけるテクニックが書かれていますが、
本書はユーザーに間違いなく伝える文章の基本が書かれています。

FAQページを推敲することでユーザーが安心してWebサイトを利用できるようになると
思いますので、FAQページを制作するときの参考にしようと思います。

FAQだけではなく、いかに相手に伝わる文章を書くかという面でも学びがありました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Webライティングの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

以下がWebライティングの本の新書(2021年,2022年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2024/04/18 10:30 更新)
製品価格
1日1テーマ読むだけで身につくはじめてのWebライティング大全100...
発売日 2023/12/28
芝田 弘美 (自由国民社)
総合評価
(5)
1,980円
(+119pt)
1,940円
(+116pt)
1,980円
経験ゼロから確実に稼げるようになる Webライターフリーランス入門講座...
発売日 2023/12/19
中村 昌弘 (ソーテック社)
総合評価
(5)
1,980円
(+119pt)
1,940円
(+116pt)
1,980円
〔2024年を成功に導く〕webライティング副業のはじめ方: ネット副業が当たり前の時代に!副業ライターとして月10万円稼ぐためのSucce...
発売日 2023/12/19
webライター 山田 浩平, webライティング実践協会, 権利収入ビジネス情報通信, DIY出版
総合評価
(5)
398円
1,760円
(+106pt)
1,426円
1,584円
デジタルマーケの成果を最大化するWebライティング
発売日 2023/11/10
齊藤麻子 (日本実業出版社)
総合評価
(4.5)
1,980円
(+119pt)
1,782円
1,980円
1,760円
(+106pt)
1,426円
1,584円
398円
298円
398円
未経験から始める しっかり稼げるおうちライターの教科書...
発売日 2023/04/17
斉藤カオリ (みらいパブリッシング)
総合評価
(4.4)
1,650円
1,650円
 

Webライティングの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるWebライティングの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2024/04/03 10:38 更新)
Rank製品価格
1
550円
2
売り切れ
3
人を操る禁断の文章術
発売日 2015/02/06
メンタリストDaiGo (かんき出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
1,386円
1,386円
2,500円
1,540円
1,540円
4
490円
5
才能に頼らない文章術
発売日 2018/11/19
上野郁江 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,650円
1,485円
1,271円
665円
6
稼ぐ人の「超速」文章術
発売日 2020/07/17
中野巧 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.1)
1,580円
1,485円
1,650円
693円
7
550円
8
1,200円
9
500円
10
980円
 

関連:最新のビジネス書

以下では、スキル・マインドアップに役立つ「最新・人気のビジネス書(新刊)」を紹介しています。

FX投資とともに、自己投資にも取り組む参考にのぞいて見てください。

関連:すきま時間で読書「Audibleのビジネス書一覧」

多くのビジネス書があり、なかなか読みたものすべてを読む時間の確保は難しいものですね。

そこでおすすめな読書法がAmazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」による耳での読書。

これなら散歩や通勤、運転中などのスキマ時間で読書が可能。下手にまとまって読もうとするより読書が進みやすかったりします。

以下ではAudible対応のビジネス書をいちらんで紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました