【2022年最新】Microsoft Teams関連の本「人気・高評価のおすすめ本15冊」

こちらでは、Microsoft Teams(チームズ)に関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 

  1. Microsoft Teamsの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. Microsoft Teams 目指せ達人 基本&活用術
    2. できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応
    3. (電子版DL特典付き)Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ (できるビジネス)
    4. ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技
    5. テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
    6. 今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本
    7. (無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)
    8. 今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams
    9. Teams仕事術 ニューノーマル時代に心地よく働くための実践知
    10. Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)
  2. Microsoft Teamsの本 高評価のおすすめの5冊
    1. Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)
    2. できるポケット 定番アプリ超活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googl...
    3. (無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)
    4. (電子版DL特典付き)Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ (できるビジネス)
    5. 今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本
  3. Microsoft Teamsの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  4. Microsoft Teamsの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. 関連:最新のビジネス書
  6. 関連:Zoom(ズーム)関連の本

Microsoft Teamsの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「Microsoft Teamsの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

(2022/08/18 10:31 更新)
Rank製品価格
1
Microsoft Teams 目指せ達人 基本&活用術
発売日 2021/02/26
東 弘子 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.9)
1,958円
1,762円
1,958円
1,958円
2
できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応...
発売日 2020/09/04
株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,408円
1,267円
1,408円
1,408円
3
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
4
ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技
発売日 2020/09/17
リンクアップ (技術評論社)
総合評価
(3.4)
1,100円
1,045円
1,100円
1,100円
5
テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
発売日 2021/03/19
松下典子, 飯田成康 (インプレス)
総合評価
(4)
1,760円
1,584円
1,760円
1,760円
6
今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本...
発売日 2021/07/16
マイカ, リンクアップ, 技術評論社編集部 (技術評論社)
総合評価
(4)
2,508円
2,383円
2,508円
2,508円
7
(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)...
発売日 2021/03/08
清水理史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
総合評価
(4.1)
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
8
今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams
発売日 2021/02/22
リンクアップ (技術評論社)
総合評価
(3.5)
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
9
Teams仕事術 ニューノーマル時代に心地よく働くための実践知...
発売日 2021/03/17
椎野 磨美 (技術評論社)
総合評価
(3.9)
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
10
Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)...
発売日 2020/05/29
David Loftesness, Alexander Grosse (マイナビ出版)
総合評価
(4.2)
2,849円
2,564円
2,849円
2,849円
 

Microsoft Teams 目指せ達人 基本&活用術

Microsoft Teams 目指せ達人 基本&活用術
(著)東 弘子
発売日 2021/02/26
総合評価
(3.9)
(2022/08/18 10:31時点)
※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。


チーム作業もビデオ会議主催もこの1冊があればうまくいく!

本書はテレワークの強い味方「Microsoft Teams」を使いこなすための1冊です。
チャット機能、ビデオ会議、ファイル共同編集などの基本的な機能の説明から、会議をスムーズに開催するための「ヒント」まで、1つ1つの操作をていねいに解説しています。

本書の対象読者:
・テレワークなどでMicrosoft Teamsを使う方
・ビデオ会議を成功させたい方
・Teamsの機能を活用してチームの力を高めたい方

<Teamsを使う上でこんな困った! ありませんか?>
■テレワークでチームのコミュニケーションが不足している
 >> Chapter2、3、4、5で詳しく解説!

テレワークは、対面での業務に比べてコミュニケーション不足に陥りがち。
Teamsを活用すれば、メンバーとの1対1のチャットはもちろん、プロジェクトごとにチャットをすることもできるので、効率的にコミュニケーションがはかれます。
「重要なメッセージの目立たせ方」「チャネルの使い分け」「ファイルの共同編集」など、チーム業務に必須な機能もしっかり説明しています。

■はじめてのビデオ会議主催。どうしたらいいの?
 >> Chapter6、7で詳しく解説!

会議の設定やメンバーの招集はもちろん、「手をあげる」機能や「ホワイトボード」など、Teamsには会議を円滑にすすめるための機能が盛りだくさん。
ビデオ会議を成功させるのに必要な機能を徹底的に解説しています。

■いろいろな機能があるみたいだけど使いこなせてる気がしない…
 >> Chapter8で主に解説!

「Wiki」タブ、OneNoteの活用、タブの追加 etc. Teamsには業務をスムーズにするためのさまざまな機能が揃っています。
本書でTeamsを理解して強いチームをつくっていきましょう!

■本書の構成
Chapter1 Teamsを使い始める前に
Chapter2 チームとチャネルを活用・管理する
Chapter3 メッセージを活用する
Chapter4 チャットを活用する
Chapter5 ファイルを共有する
Chapter6 通話(ビデオ・音声)を利用する
Chapter7 ビデオ会議を利用する
Chapter8 その他の便利機能


■著者
東弘子
フリーライター&編集者。プロバイダー、パソコン雑誌編集部勤務を経てフリーに。ネットの楽しみ方、初心者向けPCハウツー関連の記事を中心に執筆。著書に「Pages・Numbers・Keynoteマスターブック2020」(マイナビ出版)など。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
--------------------------------------------------------
Chapter1 Teamsを使い始める前に
--------------------------------------------------------
01 Microsoft Teamsとは?
02 Teamsが使えるデバイスとアプリ
コラム  カメラとマイクも確認しておこう
03 Teamsのプラン(使い方)の種類
04 Microsoftアカウントの準備
05 Teamsアプリを準備する
06 Teamsアプリを起動する
07 画面の基本を確認する
08 新着の有無を確認する
--------------------------------------------------------
Chapter2 チームとチャネルを活用・管理する
--------------------------------------------------------
01 「チーム」と「チャネル」を理解しよう
02 既存のチームに参加する
03 新しいチームを作成する
04 チームにメンバーを追加する
05 社外(校外)の人をチームに追加する
06 チームについて設定する
07 チームの「所有者」を追加・変更する
08 メンバーやゲストをチームから削除する
09 チャネルを作成する
10 チャネルの投稿者を限定する
11 チームの並び順を変更する
12 利用頻度の高いチャネルを一覧の上部に固定する
13 チームやチャネルを非表示にする
14 不要なチームを削除する
15 不要なチャネルを削除する
16 チャネル単位の通知条件を設定する
--------------------------------------------------------
Chapter3 メッセージを活用する
--------------------------------------------------------
01 チャネルの情報を把握する
02 メッセージを読む
03 メッセージを投稿する
04 メッセージに返信する
05 メッセージに件名を付ける
06 重要なメッセージを目立たせる
07 メッセージに文字色や下線などの書式を使う
08 メッセージに表組を挿入する
09 メッセージに絵文字やステッカーを使う
10 メッセージにファイルを添付する
11 メッセージ内の添付ファイルを開く
12 メンションで相手を指定して投稿する
13 メッセージを修正・削除する
14 投稿に「いいね!」をする
15 自分宛てのメンションや未読を確認する
16 後で読みたいメッセージを保存する
17 メッセージをピン留めする
18 チャネルのメールアドレスを活用する
19 場所情報を追加する
20 チャネルにアンケートを投稿する
コラム  参加者への称賛を投稿できる
コラム  複数のチャネルにまとめてメッセージを投稿する
コラム  メッセージにアニメーションを挿入する
--------------------------------------------------------
Chapter4 チャットを活用する
--------------------------------------------------------
01 1対1でチャットする
02 複数人でチャットする
03 チャットにメンバーを追加・削除する
04 チャットウィンドウを独立させる
05 チャットでファイルをやり取りする
06 よく使うチャットを固定する
07 後で読みたいチャットを保存する
08 在籍情報(プレゼンス)を活用する
09 自身の詳しい状態をステータスメッセージで知らせる
コラム  不要になったチャットは非表示にできる
--------------------------------------------------------
Chapter5 ファイルを共有する
--------------------------------------------------------
01 チャネル内のファイルをまとめて確認する
02 ファイルライブラリ内のファイルを開く
03 チャネルからファイルをダウンロードする
04 チャネルにファイルをアップロードする
05 ファイルを見ながらメッセージをやり取りする
06 チャネル内のファイルを共同編集する
07 使用中のファイルへの編集を防止する
08 Officeのファイルを閲覧モードで開く
09 チャネル内に新規ファイルを作成する
10 ファイルをフォルダーに整理する
11 ファイルをグループ化して表示する
12 よく使うファイルを固定する
13 チャネルからファイルを削除する
14 削除したファイルをSharePointで復元する
15 ファイルをダウンロードできるURLを取得する
16 チャット内のファイルをまとめて確認する
17 最近使ったファイルを表示する
18 TeamsでOneDriveを利用する
19 Teamsに他のクラウドストレージを使用する
コラム  別のチームやチャネルにファイルをコピーするには
--------------------------------------------------------
Chapter6 通話(ビデオ・音声)を利用する
--------------------------------------------------------
01 ビデオ通話とビデオ会議の違い
02 ビデオとマイクをテストする
03 ビデオ(音声)通話を発信・受信する
04 複数でビデオ通話をする
05 通話を保留にする
06 ビデオ通話で使える覚えておきたい機能
07 通話履歴を確認する
08 「連絡先」機能を利用する
09 よく使う相手を短縮ダイヤル機能に登録する
10 ボイスメールを確認する
コラム  短縮ダイヤルをグループ分けして整理する
--------------------------------------------------------
Chapter7 ビデオ会議を利用する
--------------------------------------------------------
01 ビデオ会議の基本
02 会議の予定に出欠を返信する
03 会議に参加する
04 会議から退出する 
05 会議中にカメラとマイクをオン・オフする
06 会議の参加者を確認する
07 会議の背景をぼかす・変更する
08 手を挙げる機能を使う
09 会議の参加者同士でチャットする
10 議事録の作成に会議のメモを使う
11 会議を録画・録音する
12 会議でホワイトボードを使う
13 会議で画面を共有する
14 共有相手に画面を操作してもらう
15 会議の記録を後から見る
16 終了した会議を再開する
17 特定のユーザーを常に大きく表示する
18 別のデバイスに会議を転送する
19 すぐに会議を開催する
20 チャネルの会議を開催する
21 日時を決めて会議を開催する
22 外部の人を会議に招待する
23 会議の参加者を「発表者」と「出席者」に分類する
24 参加者のマイクをまとめて「オフ」にする
25 「出席者」のマイクのオン・オフを制御する
コラム  ロビー機能を使って会議の参加を許可制にできる
コラム  会議の表示人数を増やすには
コラム  ビデオ会議を多数の視聴者に配信できる「ライブイベント」機能
--------------------------------------------------------
Chapter8 その他の便利機能
--------------------------------------------------------
01 プロフィール画像を変更する
02 情報を整理!「 Wiki」タブを活用する
03 タブを追加して使い勝手をアップする
04 多彩な表現が可能なOneNoteを使う
コラム  さまざまなアプリを連携できる
05 Teams内の情報を検索する
06 通知のオン・オフを切り替える
07 通知のプレビューをオフにするには
08 相手が連絡可能になったら通知を受け取る
09 使用する組織を切り替える
10 サインアウトする
11 Teamsの自動起動をオフにする
コラム  Teamsの画面で文字を大きく表示するには
コラム  ショートカットの一覧を表示するには
コラム  プライベートでもTeamsを利用するための機能

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
基本をキチンと勉強することが出来そうな本を探していました。実用時にメニューや操作が分る図解があり、大変良い感じです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
カラーかつ画像が豊富なので分かりやすいです。
普段使いで使いまくっている人には新しい発見は少ないかもですが、これから一通りを知っておきたい人にはオススメかと。
昨今の改善スピードからすると、こういう本はすぐ陳腐化しちゃいそうなのが辛いところですね。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:東 弘子
フリーライター&編集者。プロバイダー、パソコン雑誌編集部勤務を経てフリーに。ネットの楽しみ方、初心者向けPCハウツー関連の記事を中心に執筆。著書に「Pages・Numbers・Keynoteマスターブック2020」(マイナビ出版)など。


  

できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応

できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応
(著)株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部
発売日 2020/09/04
総合評価
(3.7)
(2022/08/18 10:31時点)
テレワーク時代の新定番ツール
「Microsoft Teams」を今日から使いこなせる!


「Microsoft Teams」は、ビデオ会議やチャット、ファイル共有などの
機能が搭載された、コミュニケーションツールです。
ビジネスにおけるチーム間でのやりとりに有用なこのツールは、
テレワークの増加に伴い急速に利用が広がっています。

本書では、このTeamsの操作方法や活用法を、
117ワザ解説しています。
実際に操作している画面イメージを参考に、
手順に従って一緒に操作すればワザを再現できるので、
すぐにTeamsを使いこなせるようになります。

◆こんな人におすすめです
・これからTeamsを使い始める人
チャットへメッセージを投稿する方法や、ビデオ会議に参加する方法など、
基本操作を丁寧に解説しています。

・Teamsの導入を検討している人
エンドユーザーが利用できる機能を網羅しているほか、
OS別の対応状況と、有料版と無料版それぞれの対応状況を、
ワザごとに示しています。

・Teamsをもっと活用したい人
外部ツールとの連携や、ルール作りのヒントなど、
Teamsをより快適に利用できる活用法も掲載しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 特徴・基本操作
第2章 メッセージとチャット
第3章 ビデオ会議と通話
第4章 ファイルの共有
第5章 モバイルアプリ
第6章 チームの管理
第7章 機能の拡張
第8章 活用アイデア
Users Voice
teamsは既に使用してますが、知らない機能などが発見でき、非常に役に立ちます。 サイズも手に持ち易く、使い易いです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
基礎がよく分かった。疑問が解消できました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Unlimited登録本だったので読みました。
初めてTeamsを触る方にとっては、Unlimitedならタダなのでお得と思います。
メンバーの称賛、アナウンスの投稿、ステータスメッセージなどは知らなかったので使ってみようかと。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

(電子版DL特典付き)Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ (できるビジネス)

Teamsを仕事の舞台装置として使いこなす方法を
現場の利用実態に根ざした視点で解説!

ビジネスコミュニケーションツール「Microsoft Teams」は、テレワークの普及と共に、数多くの企業で導入されました。
Teamsにはチャットやビデオ会議、アプリケーションとの連携など、さまざまな機能があり、幅広い使い方が可能です。一方、Teamsはコミュニケーションの手段として他の人と一緒に利用するツールであるため、使い方に迷いが生じる部分もあります。

本書では「チームとチャネルの使い分け」「通知量のコントロール」「アプリとの連携」など、基本操作ではなく、Teamsを効率的・実践的に使うための操作方法や考え方を解説しています。
すべての機能を取り上げてはいませんが、Teamsの達人である著者の、現場の利用実態に根ざした視点で、よく使う操作や便利な機能を厳選しました。単なる基本操作ではない、一歩踏み込んだ活用法を身に付けられます。

◆本書の構成
・第1章 チームとチャネルの運用
チャネル分けやメッセージでのやりとりのコツ、共有ファイルの管理など、チームとチャネルに関するワザを紹介しています。

・第2章 チャットの使いどころ
チャネルの投稿と使い分ける方法や、チャットならではの便利な機能などを紹介しています。

・第3章 ビデオ会議の円滑化
会議の情報が共有しやすくなる操作や、会議をスムーズに進行するための設定などを紹介しています。

・第4章 アプリと個人の設定
Teamsに追加すると便利なアプリや、快適に操作するための設定方法などを紹介しています。

◆本書に収録しているワザの例
・迷ったらプライベートチームを作成する
・メンションの使い分けがやりとり効率化のカギ
・ファイルをより便利に管理できるSharePoint Online
・連絡に反応できないときはステータスメッセージを入れる
・終了した会議の予定を無断で利用させない
・いち早く新機能を試して社内に適切に案内する

◆このような人におすすめです
・普段から使っているTeamsを、より効率的に使いたい人
・自動化ツールとの連携など、発展的な使いこなしを知りたい人
・他のコミュニケーションツールとの併用や、Teamsへの乗換を考えている人
・各機能の制限の有無を判断するIT部門の管理者

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 チームとチャネルの運用
第2章 チャットの使いどころ
第3章 ビデオ会議の円滑化
第4章 アプリと個人の設定
Users Voice
会社でTeamsを使う頻度が高くなって来たのでもっと活用しようと思い勉強用で購入しました。色んな機能がある事ので活用したいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:太田 浩史
株式会社内田洋行
1983年生まれ、秋田県出身。2010年に自社のOffice 365(当時BPOS)導入を担当したことをきっかけに、多くの企業に対してOffice365導入や活用の支援をはじめる。Office 365に関わるIT技術者として、社内の導入や活用の担当者として、そしてひとりのユーザーとして、さまざまな立場の経験から得られた等身大のナレッジを、各種イベントでの登壇、ブログ、ソーシャルメディア、その他IT系メディアサイトなどを通じて発信している。2013年にはMicrosoftにより個人に贈られる「Microsoft MVP Award」を受賞。日本最大のOffice365ユーザーグループ「Japan Office 365 Users Group」の共同運営メンバーでもある。


↓全て表示↑少なく表示

  

ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技

ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技
(著)リンクアップ
発売日 2020/09/17
総合評価
(3.4)
(2022/08/18 10:31時点)
Microsoft Teamsはこれ1冊でバッチリ!

テレワークやオンライン授業の実施により、Microsoft 365を導入していれば追加費用無しで使え、無料版もあるTeamsを使う企業が増えています。本書は急遽Teamsを使うことになった方に向けて、最低限必要な使い方をわかりやすく解説します。
チームへの参加やメッセージのやり取り、ビデオ会議などの基本的な操作からチームやチャネルの管理、モバイルでの利用や困ったときのFAQまで説明しています。

(こんな方におすすめ)
・テレワークやオンライン授業などでMicrosoft Teamsを使うことになった方

(目次)
第1章 Teams のキホン
Section 01 Teamsとは
Section 02 Teamsを利用するには
Section 03 Teamsのライセンス
Section 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い
Section 05 チームとチャネルについて
第2章 チームに参加する
Section 06 招待メールでチームに参加する
Section 07 アカウントを初期設定する
Section 08 アプリをインストールする
Section 09 プロフィールを編集する
Section 10 基本画面を確認する
第3章 コミュニケーションをする
Section 11 チャネルに参加する
Section 12 メッセージを読む
Section 13 メッセージを送信する
Section 14 メッセージを装飾する
Section 15 重要なメッセージにマークを付けて送る
Section 16 ファイルを送信する
Section 17 チーム全員に緊急のお知らせを送る
Section 18 特定の相手にメッセージを送る
Section 19 メッセージを検索する
Section 20 「いいね! 」でかんたんに返事する
Section 21 メッセージを保存する
Section 22 チャットで1対1のやり取りをする
Section 23 在席状況を変更する
第4章 ビデオ会議をする
Section 24 ビデオ会議とは
Section 25 ビデオ会議を開催する
Section 26 カメラやマイクのオン/オフを切り替える
Section 27 ビデオ会議を録画する
Section 28 会議中の背景を変更する
Section 29 ビデオ会議中にチャットする
Section 30 パソコンの画面を共有する
Section 31 ホワイトボードを共有する
Section 32 会議の参加状況を確認する
Section 33 ビデオ会議中に手を挙げる
第5章 使いやすく設定する
Section 34 アプリの見た目を変更する
Section 35 アプリの自動起動を切り替える
Section 36 チームやチャネルの表示を整理する
Section 37 通知を設定する
Section 38 チャットを別ウィンドウで表示する
Section 39 2段階認証を設定してセキュリティを強化する
第6章 チャネルでチーム内の話題を整理する
Section 40 チャネルを作成する
Section 41 プライベートチャネルを作成する
Section 42 プライベートチャネルにメンバーを追加する
Section 43 チャネルを編集する
Section 44 チャネルの投稿を制限する
Section 45 チャネルを削除する
第7章 アプリと連携する
Section 46 アプリ連携のメリット
Section 47 Officeファイルを 共同編集する
Section 48 Outlookでメッセージを送信する/会議を予約する
Section 49 OneNoteでメモを共有する
Section 50 サードパーティ製のアプリと連携する
第8章 プロジェクトごとにチームを作成する
Section 51 組織にメンバーを追加する
Section 52 チームを新規作成する
Section 53 チームにメンバーを追加する
Section 54 組織のメンバーを削除する
Section 55 チームのメンバーを削除する
Section 56 チームのメンバーの役割を変更する
Section 57 使い終わったチームをアーカイブする
第9章 スマートフォンやタブレットで利用する
Section 58 Teamsモバイルアプリを利用する
Section 59 アプリをインストールする
Section 60 アプリの基本画面を確認する
Section 61 メッセージを投稿する
Section 62 メッセージに返信する
Section 63 通知設定を変更する
Section 64 在席状況を変更する
第10章 疑問・困った解決Q&A
Section 65 アプリをすばやく操作したい!
Section 66 未読メッセージをすばやく確認したい!
Section 67 ファイルやWebサイトをすばやく開きたい!
Section 68 誤ってメッセージを送ってしまった!
Section 69 会議を円滑に進めるコツを知りたい!
Section 70 応答不可の状態でも通知を受け取りたい!
Section 71 会議のときにマイクがハウリングする!
Section 72 パスワードを忘れてしまった!
Section 73 無料版から有料版にアップグレードしたい!

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 Teams のキホン
Section 01 Teamsとは
Section 02 Teamsを利用するには
Section 03 Teamsのライセンス
Section 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い
Section 05 チームとチャネルについて
第2章 チームに参加する
Section 06 招待メールでチームに参加する
Section 07 アカウントを初期設定する
Section 08 アプリをインストールする
Section 09 プロフィールを編集する
Section 10 基本画面を確認する
第3章 コミュニケーションをする
Section 11 チャネルに参加する
Section 12 メッセージを読む
Section 13 メッセージを送信する
Section 14 メッセージを装飾する
Section 15 重要なメッセージにマークを付けて送る
Section 16 ファイルを送信する
Section 17 チーム全員に緊急のお知らせを送る
Section 18 特定の相手にメッセージを送る
Section 19 メッセージを検索する
Section 20 「いいね!」でかんたんに返事する
Section 21 メッセージを保存する
Section 22 チャットで1対1のやり取りをする
Section 23 在席状況を変更する
第4章 ビデオ会議をする
Section 24 ビデオ会議とは
Section 25 ビデオ会議を開催する
Section 26 カメラやマイクのオン/オフを切り替える
Section 27 ビデオ会議を録画する
Section 28 会議中の背景を変更する
Section 29 ビデオ会議中にチャットする
Section 30 パソコンの画面を共有する
Section 31 ホワイトボードを共有する
Section 32 会議の参加状況を確認する
Section 33 ビデオ会議中に手を挙げる
第5章 使いやすく設定する
Section 34 アプリの見た目を変更する
Section 35 アプリの自動起動を切り替える
Section 36 チームやチャネルの表示を整理する
Section 37 通知を設定する
Section 38 チャットを別ウィンドウで表示する
Section 39 2段階認証を設定してセキュリティを強化する
第6章 チャネルでチーム内の話題を整理する
Section 40 チャネルを作成する
Section 41 プライベートチャネルを作成する
Section 42 プライベートチャネルにメンバーを追加する
Section 43 チャネルを編集する
Section 44 チャネルの投稿を制限する
Section 45 チャネルを削除する
第7章 アプリと連携する
Section 46 アプリ連携のメリット
Section 47 Officeファイルを 共同編集する
Section 48 Outlookでメッセージを送信する/会議を予約する
Section 49 OneNoteでメモを共有する
Section 50 サードパーティ製のアプリと連携する
第8章 プロジェクトごとにチームを作成する
Section 51 組織にメンバーを追加する
Section 52 チームを新規作成する
Section 53 チームにメンバーを追加する
Section 54 組織のメンバーを削除する
Section 55 チームのメンバーを削除する
Section 56 チームのメンバーの役割を変更する
Section 57 使い終わったチームをアーカイブする
第9章 スマートフォンやタブレットで利用する
Section 58 Teamsモバイルアプリを利用する
Section 59 アプリをインストールする
Section 60 アプリの基本画面を確認する
Section 61 メッセージを投稿する
Section 62 メッセージに返信する
Section 63 通知設定を変更する
Section 64 在席状況を変更する
第10章 疑問・困った解決Q&A
Section 65 アプリをすばやく操作したい!
Section 66 未読メッセージをすばやく確認したい!
Section 67 ファイルやWebサイトをすばやく開きたい!
Section 68 誤ってメッセージを送ってしまった!
Section 69 会議を円滑に進めるコツを知りたい!
Section 70 応答不可の状態でも通知を受け取りたい!
Section 71 会議のときにマイクがハウリングする!
Section 72 パスワードを忘れてしまった!
Section 73 無料版から有料版にアップグレードしたい!

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
当社もテレワークの一環からteamsを採用しております。基本的なことは全くわからないので購入しました。頑張って完読します。コロナ禍がなけれあることも知らずだつたかな? (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナ禍で本屋に行きたくないのでネット購入したが、次の日に到着。満足です (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
遅くなりましたが、迅速な対応、ありがとうございました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド

テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
(著)松下典子, 飯田成康
発売日 2021/03/19
総合評価
(4)
(2022/08/18 10:31時点)
■オンラインのコミュニケーションをスムーズで効率良く■
Microsoft Teamsは、距離が離れた場所にいる人との間で、ビデオ会議やチャット、情報共有などを行って、スムーズで効率良く共同作業するためのMicrosoft社が提供するツールです。
本書はTeamsの使い方を、インストール方法から活用までの使い方を解説しています。本書を読むことで、Teams を導入するにあたって気になる疑問がわかります。また、Teamsを使いこなして、テレワークの中での作業を効率化できます。
新型コロナ感染拡大の中で、テレワークでのコミュニケーションは必須となりました。特に企業や教育現場では、オンラインでコミュニケーションの促進と共同作業を効率よく行って成果を出していく必要があります。さらにセキュリティーも大切です。
Teamsを使うことで、ビデオで情報を共有して、さまざまな意見を集めることもできます。従来は、何十人、何百人もの人が同じ場所に集まるためには、場所の確保に始まり、さまざま調整が必要でした。また、交通費、宿泊費などかかります。紙をコピーして配布という手間もありません。しかも移動の時間もかかりません。多くのコストと時間が節約できます。DX時代に向けて、Teamsの利便性はますます重要となります。本書は、企業や教育機関での活用事例も紹介しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Microsoft Teamsをはじめよう
2 チームとチャネル
3 メッセージとチャット
4 ビデオ会議と通話
5 Teams活用テクニック
6 モバイルアプリ
7 Teamsの導入事例
Users Voice
なかなか解りづらいものですがんばります。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ちょっと自分には易しすぎました。
Teamsの本は結構種類も出ていますし、もっと中身も濃くて分かりやすい本があるかなと… (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
松下典子(マツシタノリコ)
ITライター/編集者。2005年より東京と蓼科の二拠点生活をスタート。夏季は森の動物たちに囲まれながらカフェ「ペロンタ」を経営。執筆業は完全リモートで、テクノロジー系のウェブメディアや雑誌に寄稿

飯田成康(イイダナリヤス)
IT系出版社で、マニュアル制作、雑誌・書籍の編集などを経たのち、フリーランスのライター・編集者として活動。micro:bitを使った子供向けプログラミング教室のサポートなども行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本

今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本
(著)マイカ, リンクアップ, 技術評論社編集部
発売日 2021/07/16
総合評価
(4)
(2022/08/18 10:31時点)
(概要)
コロナ禍でのテレワーク体制で普及したツールである、「Zoom」と「Microsoft Teams」の基本操作をまとめて学べる入門書です。取引先などから利用するツールに指定があった場合でも、これ1冊で対応できます。安心してビデオ会議やミーティングを行いたい方にオススメです。PC版の解説はWindows/ Mac、スマホ版の解説はAndroid/ iOSに両対応しています。

(こんな方におすすめ)
・ZoomとMicrosoft Teamsのどちらも使えるようになりたい方、取引先が指定してきたときに対応できるようにしておきたい方

(目次)
第0章 テレワークをはじめよう
Sec.01 Zoom とMicrosoft Teams の違いを知ろう
Sec.02 Zoom とMicrosoft Teams についてくわしく知ろう
Sec.03 Zoom とMicrosoft Teams の利用に必要なものを知ろう
Sec.04 Zoom とMicrosoft Teams の有料プランについて知ろう
Sec.05 Zoom のホストと参加者の違いを知ろう
Sec.06 Microsoft Teams の組織・チーム・チャネルについて知ろう
第1章 Zoom を利用する準備をしよう
Sec.01 Zoom 導入の手順を確認しよう
Sec.02 アカウントを登録しよう
Sec.03 Zoom のクライアントアプリをインストールしよう
Sec.04 クライアントアプリの画面と機能を知ろう
Sec.05 ミーティング画面と機能を知ろう
Sec.06 スピーカーとマイクのテストをしよう
Sec.07 テストミーティングで映像と音声を確かめよう
第2章 ミーティングに参加しよう
Sec.08 招待を受け取ってミーティングに参加しよう
Sec.09 カメラやマイクのオン・オフを切り替えよう
Sec.10 ミーティングで発言しよう
Sec.11 相手の発言にリアクションしよう
Sec.12 表示方法を変えよう
Sec.13 チャット機能を使って会話をしよう
Sec.14 ほかの参加者を招待しよう
Sec.15 ミーティングから退出しよう
第3章 ミーティングを開こう
第4章 もっとZoomを使いこなそう
第5章 ミーティングを円滑に進めよう
第6章 スマートフォンでZoomを利用しよう
第7章 Zoomで困ったときのQ&A
第1章 Microsoft Teamsを利用する準備をしよう
Sec.01 招待メールからチームに参加しよう
Sec.02 アカウントを設定しよう
Sec.03 デスクトップ版とブラウザ版の違いを確認しよう
Sec.04 デスクトップ版をインストールしよう
Sec.05 基本画面を確認しよう
Sec.06 プロフィールを編集しよう
Sec.07 在席状況を変更しよう
第2章 チャネル に 参加しよう
Sec.08 チャネルに参加しよう
Sec.09 メッセージを送信・返信しよう
Sec.10 送信したメッセージを編集しよう
Sec.11 メッセージに書式を設定しよう
Sec.12 メッセージにファイルを添付しよう
Sec.13 自動起動を切り替えよう
第3章 ビデオ会議を利用しよう
第4章 メッセージやチャットの機能を活用しよう
第5章 組織やチームメンバーを管理しよう
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなそう
第7章 アプリや 外部サービスと連携させよう
第8章 スマートフォンで Microsoft Teamsを利用しよう
第9章 Microsoft Teams で困ったときの Q A

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第0章 テレワークをはじめよう
Sec.01 Zoom とMicrosoft Teams の違いを知ろう
Sec.02 Zoom とMicrosoft Teams についてくわしく知ろう
Sec.03 Zoom とMicrosoft Teams の利用に必要なものを知ろう
Sec.04 Zoom とMicrosoft Teams の有料プランについて知ろう
Sec.05 Zoom のホストと参加者の違いを知ろう
Sec.06 Microsoft Teams の組織・チーム・チャネルについて知ろう
第1章 Zoom を利用する準備をしよう
Sec.01 Zoom 導入の手順を確認しよう
Sec.02 アカウントを登録しよう
Sec.03 Zoom のクライアントアプリをインストールしよう
Sec.04 クライアントアプリの画面と機能を知ろう
Sec.05 ミーティング画面と機能を知ろう
Sec.06 スピーカーとマイクのテストをしよう
Sec.07 テストミーティングで映像と音声を確かめよう
第2章 ミーティングに参加しよう
Sec.08 招待を受け取ってミーティングに参加しよう
Sec.09 カメラやマイクのオン・オフを切り替えよう
Sec.10 ミーティングで発言しよう
Sec.11 相手の発言にリアクションしよう
Sec.12 表示方法を変えよう
Sec.13 チャット機能を使って会話をしよう
Sec.14 ほかの参加者を招待しよう
Sec.15 ミーティングから退出しよう
第3章 ミーティングを開こう
Sec.16 ミーティングを予約しよう
Sec.17 参加者を招待しよう
Sec.18 ミーティングを開始しよう
Sec.19 待機室の参加者の入室を許可しよう
Sec.20 ミーティングを録画しよう
Sec.21 画面を共有しよう
Sec.22 ホワイトボードを使って話をしよう
Sec.23 参加者にも画面の共有を許可しよう
Sec.24 チャットで参加者にメッセージを送ろう
Sec.25 チャットボックスでファイルを送ろう
Sec.26 ミーティングを終了しよう
第4章 もっとZoomを使いこなそう
Sec.27 パーソナルミーティングIDでミーティングを開こう
Sec.28 プロフィールを編集しよう
Sec.29 アカウントを切り替えよう
Sec.30 連絡先を追加しよう
Sec.31 バーチャル背景を設定しよう
Sec.32 参加者の一人を大きく表示しよう
第5章 ミーティングを円滑に進めよう
Sec.33 インスタントミーティングを開こう
Sec.34 「ブラウザから参加する」リンクを表示しよう
Sec.35 毎回同じURL でミーティングを開こう
Sec.36 チャンネルを作成してミーティングを管理しよう
Sec.37 参加者のビデオや音声のオン・オフを設定しよう
Sec.38 チャット機能を制限しよう
Sec.39 ミーティング中のファイル送信機能を制限しよう
Sec.40 ミーティングをロックして参加者を制限しよう
Sec.41 参加者を退出させよう
Sec.42 参加者のパソコンをリモートで操作しよう
Sec.43 ホストの権限をほかの人に割り当てよう
Sec.44 ミーティング時のルールを決めておこう
第6章 スマートフォンでZoomを利用しよう
Sec.45 アプリをインストールしよう
Sec.46 サインインしよう
Sec.47 アプリの画面と機能を知ろう
Sec.48 ミーティングに参加しよう
Sec.49 ミーティングを開催しよう
Sec.50 画面を共有しよう
Sec.51 ホワイトボードを利用しよう
Sec.52 チャンネルを作成しよう
Sec.53 バーチャル背景を利用しよう
Sec.54 画面の表示方法を変えよう
第7章 Zoomで困ったときのQ&A
Q.01 接続がうまくいかない!
Q.02 映像が表示されない!
Q.03 音が出ない!
Q.04 ハウリングをどうにかしたい!
Q.05 バーチャル背景がうまく合成されない!
Q.06 迷惑なチャットを制限したい!
Q.07 セキュリティを高めたい!
Q.08 英語表示のメニューを日本語表示にしたい!
Q.09 公開オンラインイベントに参加したい!
Q.10 オンラインイベントで匿名で質問したい!
Q.11 クライアントアプリをアップデートしたい!
Q.12 有料アカウントに切り替えたい!
第1章 Microsoft Teamsを利用する準備をしよう
Sec.01 招待メールからチームに参加しよう
Sec.02 アカウントを設定しよう
Sec.03 デスクトップ版とブラウザ版の違いを確認しよう
Sec.04 デスクトップ版をインストールしよう
Sec.05 基本画面を確認しよう
Sec.06 プロフィールを編集しよう
Sec.07 在席状況を変更しよう
第2章 チャネル に 参加しよう
Sec.08 チャネルに参加しよう
Sec.09 メッセージを送信・返信しよう
Sec.10 送信したメッセージを編集しよう
Sec.11 メッセージに書式を設定しよう
Sec.12 メッセージにファイルを添付しよう
Sec.13 自動起動を切り替えよう
第3章 ビデオ会議を利用しよう
Sec.14 ビデオ会議について知ろう
Sec.15 ビデオ会議に参加しよう
Sec.16 組織外のメンバーとして会議に参加しよう
Sec.17 ビデオ会議の基本画面を確認しよう
Sec.18 ビデオ会議を録画しよう
Sec.19 カメラやマイクのオン・オフを切り替えよう
Sec.20 ビデオ会議中にチャットをしよう
Sec.21 パソコンの画面を共有しよう
Sec.22 共有できるホワイトボードを利用しよう
Sec.23 アイコンを利用して意思表示しよう
第4章 メッセージやチャットの機能を活用しよう
Sec.24 特定のメンバーにメッセージを送信しよう
Sec.25 メンバー にビデオ通話を発信しよう
Sec.26 メッセージを検索しよう
Sec.27 メッセージを保存しよう
Sec.28 アナウンスを 送信 しよう
Sec.29 1対1でチャットをしよう
Sec.30 グループでチャットをしよう
Sec.31 未読メッセージを確認しよう
第5章 組織やチームメンバーを管理しよう
Sec.32 組織にメンバーを追加しよう
Sec.33 チームを作成しよう
Sec.34 チームのメンバーを管理しよう
Sec.35 組織のメンバーを削除しよう
Sec.36 組織外のメンバーをチームに追加しよう
Sec.37 チームのメンバーの役割を変更しよう
Sec.38 チャネルを作成しよう
Sec.39 チャネルの投稿設定を変更しよう
Sec.40 チャネルを非表示・削除しよう
Sec.41 チームをアーカイブしよう
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなそう
Sec.42 ビデオ会議を開催しよう
Sec.43 会議を予約しよう
Sec.44 組織外のメンバーを会議に招待しよう
Sec.45 組織外のメンバーの会議参加を承認しよう
Sec.46 開催中の会議の出欠を確認しよう
Sec.47 参加者のマイクをミュートに切り替えよう
Sec.48 会議中の背景を変更しよう
Sec.49 会議を録画しよう
Sec.50 録画した会議を視聴しよう
Sec.51 会議の議事録を作成しよう
Sec.52 タブにファイルをアップロードしよう
Sec.53 操作の権限を変更しよう
Sec.54 特定のメンバーを大きく表示しよう
第7章 アプリや 外部サービスと連携させよう
Sec.55 連携可能なアプリやサービスについて知ろう
Sec.56 会議の予定をGoogleカレンダーで共有しよう
Sec.57 Teams上でOfficeファイルを編集しよう
Sec.58 SharePointを外部のメンバーと共有しよう
Sec.59 OneNoteでノートブックを共有しよう
Sec.60 クラウドストレージサービスを追加しよう
Sec.61 その他のアプリやツールについて知ろう
Sec.62 連携しているアプリを管理しよう
第8章 スマートフォンで Microsoft Teamsを利用しよう
Sec.63 アプリをインストールしよう
Sec.64 アプリの画面を確認しよう
Sec.65 メッセージを送信しよう
Sec.66 ファイルをアップロードしよう
Sec.67 チャットしよう
Sec.68 チャットから通話を開始しよう
Sec.69 会議に参加しよう
Sec.70 会議を予約しよう
Sec.71 会議を開始しよう
Sec.72 通知設定を変更しよう
Sec.73 在席状況を変更しよう
第9章 Microsoft Teams で困ったときの Q A
Q.01 使用しているデバイスを確認したい!
Q.02 テスト通話を行いたい!
Q.03 通話中のノイズが気になる!
Q.04 通知設定を変更したい!
Q.05 外部のゲストの追加方法を知りたい!
Q.06 組織の設定を確認したい!
Q.07 チームのアクセス許可項目を確認したい!
Q.08 チームのプライバシー設定を変更したい!
Q.09 教育機関向けのライセンスについて知りたい!
Q.10 ショートカットキーを利用したい!
Q.11 コマンドで操作したい!

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)

新型コロナウイルスの流行により、学びの形は大きく姿を変えようとしています。文部科学省の「GIGAスクール構想」のもと、子どもたち一人一人に公正に個別最適化された教育ICT環境の実現が急がれています。

GIGAスクール構想ではWindows、Chrome OS、iPad OSの3つのOSが推奨されており、Windowsを搭載した端末向けのサービス「Microsoft Teams for Education」が多く採用されています。Microsoft Teams for Educationは教育現場で役立つ豊富な機能を備えており、オンライン授業や課題の設定、ルーブリックを用いた評価などを行うことができます。また、Microsoft Office 365のWordやExcel、PowerPointをはじめとするアプリケーションのハブとしての役割ももち、資料のペーパーレス化や校務の効率化に役立ちます。

本書はこのMicrosoft Teams for Educationの基本的な操作から、オンラインで授業を行ったり、課題を作成してフィードバックを行ったりする方法などを具体的に解説。また、遠隔授業を受ける生徒のために、家庭でのパソコンの設定方法や授業の受け方を紹介した章を掲載しました。さらに、小学校、中学校、高校での実践例も収録しています。
ICTを活用した新しい学びのために、本書が一助となれば幸いです。

【目次】
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
スクリーンショットでの解説がありわかりやすい! コロナで休校になった際に活用でき助かりました。 通常の学校でもこれから活用できます! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナ禍でオンライン授業になったのでとても役立ちました。これからもしばらは引き続き役立ちそうです。わかりやすいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
清水理史(シミズマサシ)
1971年東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams

今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams
(著)リンクアップ
発売日 2021/02/22
総合評価
(3.5)
(2022/08/18 10:31時点)
(概要)
コロナ禍でテレワークやリモートでの会議が一般的になり、ツールとしてMicrosoft社のTeamsを利用する企業や学校が増加しています。本書では、Teamsの導入から基本的なメッセージのやり取り、管理者向けのチャネル設定、ビデオ会議やモバイルアプリでの利用まで幅広く解説します。ファイル共有による同時作業やMicrosoft 365内外のアプリとの連携などのより実用的な機能も扱っているので、一冊でひととおりの実務に対応できるようになります。

(こんな方におすすめ)
・テレワークでMicrosoft Teamsを使うことになった初級ユーザー

(目次)
第1章 働き方を変えるMicrosoft Teams
Section 01 Microsoft Teamsでできること
Section 02 利用に必要なアカウントとデバイス
Section 03 用途別に選べるライセンス
Section 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い
Section 05 組織・チーム・チャネルとは
第2章 チームやチャネルへの参加
Section 06 招待メールからチームに参加する
Section 07 アカウントを設定する
Section 08 デスクトップ版をインストールする
Section 09 基本画面を確認する
Section 10 プロフィールを編集する
Section 11 在席状況を変更する
Section 12 チャネルに参加する
Section 13 メッセージを送信・返信する
Section 14 送信したメッセージを編集する
Section 15 メッセージに書式を設定する
Section 16 メッセージにファイルを添付する
Section 17 自動起動を切り替える
第3章 ビデオ会議への参加
Section 18 ビデオ会議でできること
Section 19 ビデオ会議に参加する
Section 20 組織外のメンバーとして会議に参加する
Section 21 ビデオ会議の基本画面を確認する
Section 22 ビデオ会議を録画する
Section 23 カメラやマイクのオン・オフを切り替える
Section 24 ビデオ会議中にチャットをする
Section 25 パソコンの画面を共有する
Section 26 共有できるホワイトボードを利用する
Section 27 アイコンを利用して意思表示をする
第4章 メッセージやチャットの多様な機能
Section 28 特定のメンバーにメッセージを送信する​
Section 29 メンバーにビデオ通話を発信する​
Section 30 メッセージを検索する​
Section 31 メッセージを保存する​
Section 32 アナウンスを送信する​
Section 33 1対1でチャットをする​
Section 34 グループでチャットをする​
Section 35 チャットをポップアップ画面で表示する
​ Section 36 未読メッセージを確認する​
第5章 組織やチームメンバーの管理
Section 37 組織にメンバーを追加する
Section 38 チームを作成する
Section 39 チームのメンバーを管理する
Section 40 組織のメンバーを削除する
Section 41 組織外のメンバーをチームに追加する
Section 42 チームのメンバーの役割を変更する
Section 43 チャネルを作成する
Section 44 チャネルの投稿設定を変更する
Section 45 チャネルを非表示または削除する
Section 46 チームをアーカイブする
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなす
Section 47 会議を開催する​
Section 48 会議を予約する​
Section 49 組織外のメンバーを会議に招待する
​ Section 50 組織外のメンバーの会議参加を承認する
Section 51 開催中の会議の出欠を確認する​
Section 52 参加者のマイクをミュートに切り替える
​ Section 53 会議中の背景を変更する​
Section 54 会議を録画する​
Section 55 録画した会議を視聴する
​ Section 56 会議の議事録を作成する​
Section 57 権限を変更する​
Section 58 会議画面の表示を切り替える
第7章 アプリとタブの活用
Section 59 連携可能なアプリやツール
Section 60 会議の予定をGoogleカレンダーで共有する
Section 61 タブにファイルを直接アップロードする
Section 62 Teams上でOfficeファイルを編集する
Section 63 SharePointを外部のメンバーに共有する
Section 64 OneNoteでノートブックを共有する
Section 65 外部のクラウドストレージサービスを追加する
Section 66 Zoomとオンライン会議を使い分ける
Section 67 Slackからオンライン会議を設定する
Section 68 その他のおすすめアプリやツール
Section 69 連携しているアプリを管理する
第8章 モバイルアプリの利用
Section 70 アプリをインストールする
Section 71 基本画面を確認する
Section 72 メッセージを送信する
Section 73 ファイルをアップロードする
Section 74 チャットをする
Section 75 チャットから通話を開始する
Section 76 会議に参加する
Section 77 会議を予約する
Section 78 会議を開始する
Section 79 通知設定を変更する
Section 80 在席状況を変更する
第9章 知っておきたい便利機能
Section 81 タブを活用してWebサイトにアクセスする
Section 82 使用しているデバイスを確認する
Section 83 通知設定を変更する
Section 84 ショートカットキーやコマンドですばやく操作する
Section 85 プライバシーやセキュリティを確認する
Section 86 教育機関向けMicrosoft Teamsを利用する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 働き方を変えるMicrosoft Teams
Section 01 Microsoft Teamsでできること
Section 02 利用に必要なアカウントとデバイス
Section 03 用途別に選べるライセンス
Section 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い
Section 05 組織・チーム・チャネルとは
第2章 チームやチャネルへの参加
Section 06 招待メールからチームに参加する
Section 07 アカウントを設定する
Section 08 デスクトップ版をインストールする
Section 09 基本画面を確認する
Section 10 プロフィールを編集する
Section 11 在席状況を変更する
Section 12 チャネルに参加する
Section 13 メッセージを送信・返信する
Section 14 送信したメッセージを編集する
Section 15 メッセージに書式を設定する
Section 16 メッセージにファイルを添付する
Section 17 自動起動を切り替える
第3章 ビデオ会議への参加
Section 18 ビデオ会議でできること
Section 19 ビデオ会議に参加する
Section 20 組織外のメンバーとして会議に参加する
Section 21 ビデオ会議の基本画面を確認する
Section 22 ビデオ会議を録画する
Section 23 カメラやマイクのオン・オフを切り替える
Section 24 ビデオ会議中にチャットをする
Section 25 パソコンの画面を共有する
Section 26 共有できるホワイトボードを利用する
Section 27 アイコンを利用して意思表示をする
第4章 メッセージやチャットの多様な機能
Section 28 特定のメンバーにメッセージを送信する
Section 29 メンバーにビデオ通話を発信する
Section 30 メッセージを検索する
Section 31 メッセージを保存する
Section 32 アナウンスを送信する
Section 33 1対1でチャットをする
Section 34 グループでチャットをする
Section 35 チャットをポップアップ画面で表示する
Section 36 未読メッセージを確認する
第5章 組織やチームメンバーの管理
Section 37 組織にメンバーを追加する
Section 38 チームを作成する
Section 39 チームのメンバーを管理する
Section 40 組織のメンバーを削除する
Section 41 組織外のメンバーをチームに追加する
Section 42 チームのメンバーの役割を変更する
Section 43 チャネルを作成する
Section 44 チャネルの投稿設定を変更する
Section 45 チャネルを非表示または削除する
Section 46 チームをアーカイブする
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなす
Section 47 会議を開催する
Section 48 会議を予約する
Section 49 組織外のメンバーを会議に招待する
Section 50 組織外のメンバーの会議参加を承認する
Section 51 開催中の会議の出欠を確認する
Section 52 参加者のマイクをミュートに切り替える
Section 53 会議中の背景を変更する
Section 54 会議を録画する
Section 55 録画した会議を視聴する
Section 56 会議の議事録を作成する
Section 57 権限を変更する
Section 58 会議画面の表示を切り替える
第7章 アプリとタブの活用
Section 59 連携可能なアプリやツール
Section 60 会議の予定をGoogleカレンダーで共有する
Section 61 タブにファイルを直接アップロードする
Section 62 Teams上でOfficeファイルを編集する
Section 63 SharePointを外部のメンバーに共有する
Section 64 OneNoteでノートブックを共有する
Section 65 外部のクラウドストレージサービスを追加する
Section 66 Zoomとオンライン会議を使い分ける
Section 67 Slackからオンライン会議を設定する
Section 68 その他のおすすめアプリやツール
Section 69 連携しているアプリを管理する
第8章 モバイルアプリの利用
Section 70 アプリをインストールする
Section 71 基本画面を確認する
Section 72 メッセージを送信する
Section 73 ファイルをアップロードする
Section 74 チャットをする
Section 75 チャットから通話を開始する
Section 76 会議に参加する
Section 77 会議を予約する
Section 78 会議を開始する
Section 79 通知設定を変更する
Section 80 在席状況を変更する
第9章 知っておきたい便利機能
Section 81 タブを活用してWebサイトにアクセスする
Section 82 使用しているデバイスを確認する
Section 83 通知設定を変更する
Section 84 ショートカットキーやコマンドですばやく操作する
Section 85 プライバシーやセキュリティを確認する
Section 86 教育機関向けMicrosoft Teamsを利用する

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
仕事でTeamsを利用することとなり、購入。最近、Teamsがバージョンアップしたからなのか、画面の写真が一部異なっていました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

Teams仕事術 ニューノーマル時代に心地よく働くための実践知

こちらの書籍は 2021/06/02 紙版の2刷に対応するため更新をおこないました。
(概要)

「最近ムダな会議ばかりじゃない?」

「みんなの進捗、一体全体どうなってるの?」

「なんだかメンバーの関係がぎくしゃくしてない?」

その不満の原因、「リモートになったから……」ですべて済ませていませんか?Microsoft Teamsの機能と、それを使いこなすためのノウハウがあれば、離れていても「心地よく」働ける環境に変えていくことが可能です。

さらに読者特典として、株式会社環のマニュアルサブスクリプションサービス「ナレッジマニュアル Teamsアプリ版」を3か月無料で提供。日々進化を続けるTeamsの新機能の使い方をフォローします。

これで「ニューノーマル時代」の新しい「チーム」がつくれます!


(こんな方におすすめ)

・Teamsで快適なテレワークを実現したい人

・ニューノーマル時代に合った働き方を実現したい人


(目次)

第1章 ニューノーマル時代の「働き方」と「仕事術」

  Teamsで新しい働き方をはじめるための準備

  「時間を圧縮する」で時間を生み出す技術

  「複数のコトを同時に実行」で時間を生み出す技術

  「場所と時間の壁を超える」で時間を生み出す技術

第2章 チャットのキホン

  チャットコミュニケーションの特性を理解する

  「ステータスメッセージ」と「プレゼンス」で状況を共有する

  「ちょっと、いい?」を実現する「プライベートチャット」

  「チーム」と「チャネル」の使い分けが効率化の鍵!

  チームの会話を見える化する「チャネル」の投稿

  「ちょっと集まって!」を実現する「グループチャット」

  ファイルや画面の共有でやりとりをスムーズにする

  Teams内の情報をすばやく検索する

第3章 会議のキホン

  「時間」と「場所」の調整から「目的」と「効率」で選ぶ時代へ

  いつでも、どこからでもTeams会議を開く

  「会議に参加する」から「会議を退出する」までに

  会議の「視覚情報」をカスタマイズする

  会議中の「チャット」と「手を挙げる」でリアクション

  「画面の共有」を使いこなして伝わる会議を実現

  次のアクションにつなげる「会議の記録」

  ブレークアウトルームでグループディスカッションを実現

第4章 オンラインコミュニケーションを円滑にするコツ

  オンラインコミュニケーションに必要な「スキル」とは?

  メールとチャットそれぞれの課題と解決方法

  「言葉」は言葉以上の意味をもつことを知る

  心地よく伝わる文章の書き方を考える

  音声コミュニケーション 電話・通話の考え方

  ニューノーマル時代の働き方は「会議」を中心に組み立てる

  オンライン会議の成否はファシリテーターで決まる

第5章 チームを「見える化」する

  Forms で「チーム」と「コジン」の課題を共有する

  Yammer で組織のヒトとヒトをつなぐ

  Tasks(Planner)でチームのシゴトを管理する

  Teams のチームとチャネルの管理

第6章 ジブンのシゴトの「見える化」

  Tasks(To Do)でコジンのシゴトを管理する

  OneNote でいつでもどこでも手軽にメモをとる

  OneDrive でジブンのデータを管理する

  MyAnalyticsでジブンの働き方を「見える化」する

  「やりたいこと」=「できること」=「求められていること」

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■■第1章 ニューノーマル時代の「働き方」と「仕事術」
■Teamsで新しい働き方をはじめるための準備
■「時間を圧縮する」で時間を生み出す技術
■「複数のコトを同時に実行」で時間を生み出す技術
■「場所と時間の壁を超える」で時間を生み出す技術
■■第2章 チャットのキホン
■チャットコミュニケーションの特性を理解する
■「ステータスメッセージ」と「プレゼンス」で状況を共有する
■「ちょっと、いい?」を実現する「プライベートチャット」
■「チーム」と「チャネル」の使い分けが効率化の鍵!
■チームの会話を見える化する「チャネル」の投稿
■「ちょっと集まって!」を実現する「グループチャット」
■ファイルや画面の共有でやりとりをスムーズにする
■Teams内の情報をすばやく検索する
■■第3章 会議のキホン
■「時間」と「場所」の調整から「目的」と「効率」で選ぶ時代へ
■いつでも、どこからでもTeams会議を開く
■「会議に参加する」から「会議を退出する」までに
■会議の「視覚情報」をカスタマイズする
■会議中の「チャット」と「手を挙げる」でリアクション
■「画面の共有」を使いこなして伝わる会議を実現
■次のアクションにつなげる「会議の記録」
■ブレークアウトルームでグループディスカッションを実現
■■第4章 オンラインコミュニケーションを円滑にするコツ
■オンラインコミュニケーションに必要な「スキル」とは?
■メールとチャットそれぞれの課題と解決方法
■「言葉」は言葉以上の意味をもつことを知る
■心地よく伝わる文章の書き方を考える
■音声コミュニケーション 電話・通話の考え方
■ニューノーマル時代の働き方は「会議」を中心に組み立てる
■オンライン会議の成否はファシリテーターで決まる
■■第5章 チームを「見える化」する
■Forms で「チーム」と「コジン」の課題を共有する
■Yammer で組織のヒトとヒトをつなぐ
■Tasks(Planner)でチームのシゴトを管理する
■Teams のチームとチャネルの管理
■■第6章 ジブンのシゴトの「見える化」
■Tasks(To Do)でコジンのシゴトを管理する
■OneNote でいつでもどこでも手軽にメモをとる
■OneDrive でジブンのデータを管理する
■MyAnalyticsでジブンの働き方を「見える化」する
■「やりたいこと」=「できること」=「求められていること」

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
在宅勤務で使用することが多くなったため購入。ネットでも調べることができることも多いですが、やはり手元に本があると体型的に理解できるので便利です。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:椎野 磨美
新卒でNEC入社後、人材育成・研修業務に従事。日本マイクロソフトでシニアソリューションスペシャリストとして従事した後、JBSにて社員が働きやすい環境作り、研修業務を推進。2017年働き方改革成功企業ランキング、初登場22位の原動力となる。
2020年5月より株式会社 環(KAN)CHO(チーフハピネスオフィサー)として、ITを活用した自社、他社の社員の幸せになる働き方改善業務に従事。「Secure System Training Tour 2004」では、Microsoft 認定トレーナーの中から顧客満足度が高いトレーナー(第2位)として表彰された。
また「Windows女子部」 創設者としても、セミナーやワークショップを全国で開催している。
【ブログ】https://blogs.itmedia.co.jp/shiinomami/


↓全て表示↑少なく表示

  

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)
(著)David Loftesness, Alexander Grosse
発売日 2020/05/29
総合評価
(4.2)
(2022/08/18 10:31時点)
※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

急成長に伴う難問を乗り切るために ―― 米IT企業の「実証済みの解決策」を集約!

たとえば、以下のような問題に悩んだことはありませんか?

「よい採用をするために、面接で質問すべきことは?」
「どの規模になったら管理職を設けてよいのか?」
「管理者とエンジニアのキャリアパスは分けるべきか?」
「エンジニアの昇進はどうやって決める?」
「アジャイルやスクラムと併用できる組織設計とは?」
「KPIの達成を給与と連動させるべきか?」
「会社のコアバリューはどうやって見つける?」
「社内のコミュニケーションを必要最小限に抑えるには?」


このような問題に心当たりのある方には、本書がきっと役に立ちます。

----

本書は、IT企業の幹部、とくに、ソフトウェア・エンジニアリング、製品管理、デザイン、品質保証などの担当幹部を対象にしています。
規模で言えば、スタートアップや、一定以上の規模の組織で新たに結成された10人から250人のチームが主たる対象です。

そのなかでも、規模が急拡大中のチーム、俗に言う「ハイパーグロース」を遂げつつあるチームのニーズに焦点を当てています。

もっとも、本書で提案されている戦略は、これほど成長の速くないチームにも役立ちます。
そして、製品開発の担当チームと密接に連携するチーム(たとえば技術営業、マーケティング、カスタマーサクセスなどの担当チーム)の管理者にも、さらにはIT以外の分野の管理者にとっても、大いに役立つものです。

本書は、著者2人が複数の企業で急成長中のチームを管理した経験を下敷きにし、各種分野の高成長企業の創業者や幹部(Google、Amazon、Twitter、Slack、Spotifyなど)にもインタビューし、その成果を組み込んで書かれました。さらに他業種のリーダーたちの著書や記事も参照、引用して作られています。


問題が起きたときに慌てて極端な舵切りをするのではなく、すでに成功を遂げた他社の実証済みの解決策を参考にしながら、それを自社独自の状況から生じた特有の問題に応用できるようにする――そうした「実証済みの解決策」を集めたツールボックスが、まさしく本書なのです。


---

本書の構成:


・1章、2章、3章:採用 ―― これは会社の基盤構築に関わる局面だ。チーム、ひいては会社の成長を助けられる人材を採用しなければならない。会社ならびに既存の社員とビジョンや価値観を共有し、会社全体の成功に寄与できる資質を備えた人材が確保できれば理想的である。人選を誤るぐらいなら採用しないほうがましだ。他の4 つの局面にどれだけ投資したところで人選の失敗の穴埋めはまずできない。

・4章、5章:人事管理 ―― 「採用」によってチームの「素材」が手に入るわけだが、チームが長期的に満足の行く形で作業を進め、しかるべき成果を上げていくためには「人事管理」が必要だ。有能な管理者は、コーチング( チームのメンバーが目的達成に必要なスキルや知識を身につけるための、指導者との双方向のコミュニケーション)、フィードバック、作業の割り振り、対立や紛争の解決といった手法を採り入れ、これを各メンバーのニーズに合わせて調整しつつ応用していく。

・6章、7章、8章:組織 ―― 「採用」と「人事管理」が生産性の維持・向上に必須の要素だとすると、「組織」は生産性の向上と方向付けに有効な「枠組み」である。優れた組織は、成果の引き渡しを妨げる障壁を崩し、適任のメンバーを厳選して結成したチームに、事業が抱える難問の解決を委ねる。

・9章、10章、11章:文化、コミュニケーション ―― 「文化」と「コミュニケーション」は上記3つの局面を結びつける接着剤の役割を果たす。有効な文化は、他の4つの局面の諸々の要素を包含し、それぞれの最良の部分を強化する力を有する。一方、コミュニケーションは、チームが他の4つの局面で力を発揮するのに必要な文コンテクスト脈をメンバーにもたらす。

・12章:前章までで紹介してきた「ノウハウやコツ」(その中でも必須のもの)と「問題の兆候」とを、それぞれ一覧表にまとめたほか、規模拡大に伴う困難を乗り切るためのスケーリングプランを提案している。


※本書は、米オライリーメディアから2017年に発行された『Scaling Teams -Strategies for Building Successful Teams and Organizations』の翻訳です。

●目次
Chapter1 採用のスケーリング――チームの拡充
Chapter2 採用のスケーリング――面接と採否の決定
Chapter3 採用のスケーリング――雇用契約締結、新入社員研修、退社手続き
Chapter4 管理体制の導入
Chapter5 大規模組織の人事管理
Chapter6 組織のスケーリング――組織設計の原則
Chapter7 組織のスケーリング――デリバリーチーム
Chapter8 組織のスケーリング――報告体制
Chapter9 文化のスケーリング
Chapter10 コミュニケーションのスケーリング――規模と距離が生む複雑性
Chapter11 コミュニケーションのスケーリング――組織内のコミュニケーション
Chapter12 自チームのスケーリング

●著者
Alexander Grosse(アレクサンダー・グロース)
現在、デジタルカタログ制作・共有サービス「issuu」のエンジニアリング担当バイスプレジデントである。それ以前はSoundCloud のエンジニアリング担当バイスプレジデントを、さらにそれ以前はNokiaの研究開発責任者を務めた。

David Loftesness(デイビッド・ロフテスネス)
Twitter、ブックマーク共有サービスXmarks、検索技術を専門とするAmazonの子会社A9 、Amazonの各社で技術チー
ムを率いていた。現在は、父親業、スタートアップへの助言、新任管理者のメンタリング、執筆にいそしんでいる。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Microsoft Teamsの本 高評価のおすすめの5冊

以下が「Microsoft Teamsの本」高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2022/08/18 10:31 更新)
Rank製品価格
1
Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)...
発売日 2020/05/29
David Loftesness, Alexander Grosse (マイナビ出版)
総合評価
(4.2)
2,849円
2,564円
2,849円
2,849円
2
できるポケット 定番アプリ超活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googleドライブ 業務と相...
発売日 2020/10/13
コグレ マサト, 堀 正岳, できるシリーズ編集部 (インプレス)
総合評価
(4.2)
1,518円
1,442円
1,518円
1,518円
3
(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)...
発売日 2021/03/08
清水理史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
総合評価
(4.1)
2,200円
1,980円
2,200円
2,200円
4
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
5
今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本...
発売日 2021/07/16
マイカ, リンクアップ, 技術評論社編集部 (技術評論社)
総合評価
(4)
2,508円
2,383円
2,508円
2,508円
 

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)
(著)David Loftesness, Alexander Grosse
発売日 2020/05/29
総合評価
(4.2)
(2022/08/18 10:31時点)
※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

急成長に伴う難問を乗り切るために ―― 米IT企業の「実証済みの解決策」を集約!

たとえば、以下のような問題に悩んだことはありませんか?

「よい採用をするために、面接で質問すべきことは?」
「どの規模になったら管理職を設けてよいのか?」
「管理者とエンジニアのキャリアパスは分けるべきか?」
「エンジニアの昇進はどうやって決める?」
「アジャイルやスクラムと併用できる組織設計とは?」
「KPIの達成を給与と連動させるべきか?」
「会社のコアバリューはどうやって見つける?」
「社内のコミュニケーションを必要最小限に抑えるには?」


このような問題に心当たりのある方には、本書がきっと役に立ちます。

----

本書は、IT企業の幹部、とくに、ソフトウェア・エンジニアリング、製品管理、デザイン、品質保証などの担当幹部を対象にしています。
規模で言えば、スタートアップや、一定以上の規模の組織で新たに結成された10人から250人のチームが主たる対象です。

そのなかでも、規模が急拡大中のチーム、俗に言う「ハイパーグロース」を遂げつつあるチームのニーズに焦点を当てています。

もっとも、本書で提案されている戦略は、これほど成長の速くないチームにも役立ちます。
そして、製品開発の担当チームと密接に連携するチーム(たとえば技術営業、マーケティング、カスタマーサクセスなどの担当チーム)の管理者にも、さらにはIT以外の分野の管理者にとっても、大いに役立つものです。

本書は、著者2人が複数の企業で急成長中のチームを管理した経験を下敷きにし、各種分野の高成長企業の創業者や幹部(Google、Amazon、Twitter、Slack、Spotifyなど)にもインタビューし、その成果を組み込んで書かれました。さらに他業種のリーダーたちの著書や記事も参照、引用して作られています。


問題が起きたときに慌てて極端な舵切りをするのではなく、すでに成功を遂げた他社の実証済みの解決策を参考にしながら、それを自社独自の状況から生じた特有の問題に応用できるようにする――そうした「実証済みの解決策」を集めたツールボックスが、まさしく本書なのです。


---

本書の構成:


・1章、2章、3章:採用 ―― これは会社の基盤構築に関わる局面だ。チーム、ひいては会社の成長を助けられる人材を採用しなければならない。会社ならびに既存の社員とビジョンや価値観を共有し、会社全体の成功に寄与できる資質を備えた人材が確保できれば理想的である。人選を誤るぐらいなら採用しないほうがましだ。他の4 つの局面にどれだけ投資したところで人選の失敗の穴埋めはまずできない。

・4章、5章:人事管理 ―― 「採用」によってチームの「素材」が手に入るわけだが、チームが長期的に満足の行く形で作業を進め、しかるべき成果を上げていくためには「人事管理」が必要だ。有能な管理者は、コーチング( チームのメンバーが目的達成に必要なスキルや知識を身につけるための、指導者との双方向のコミュニケーション)、フィードバック、作業の割り振り、対立や紛争の解決といった手法を採り入れ、これを各メンバーのニーズに合わせて調整しつつ応用していく。

・6章、7章、8章:組織 ―― 「採用」と「人事管理」が生産性の維持・向上に必須の要素だとすると、「組織」は生産性の向上と方向付けに有効な「枠組み」である。優れた組織は、成果の引き渡しを妨げる障壁を崩し、適任のメンバーを厳選して結成したチームに、事業が抱える難問の解決を委ねる。

・9章、10章、11章:文化、コミュニケーション ―― 「文化」と「コミュニケーション」は上記3つの局面を結びつける接着剤の役割を果たす。有効な文化は、他の4つの局面の諸々の要素を包含し、それぞれの最良の部分を強化する力を有する。一方、コミュニケーションは、チームが他の4つの局面で力を発揮するのに必要な文コンテクスト脈をメンバーにもたらす。

・12章:前章までで紹介してきた「ノウハウやコツ」(その中でも必須のもの)と「問題の兆候」とを、それぞれ一覧表にまとめたほか、規模拡大に伴う困難を乗り切るためのスケーリングプランを提案している。


※本書は、米オライリーメディアから2017年に発行された『Scaling Teams -Strategies for Building Successful Teams and Organizations』の翻訳です。

●目次
Chapter1 採用のスケーリング――チームの拡充
Chapter2 採用のスケーリング――面接と採否の決定
Chapter3 採用のスケーリング――雇用契約締結、新入社員研修、退社手続き
Chapter4 管理体制の導入
Chapter5 大規模組織の人事管理
Chapter6 組織のスケーリング――組織設計の原則
Chapter7 組織のスケーリング――デリバリーチーム
Chapter8 組織のスケーリング――報告体制
Chapter9 文化のスケーリング
Chapter10 コミュニケーションのスケーリング――規模と距離が生む複雑性
Chapter11 コミュニケーションのスケーリング――組織内のコミュニケーション
Chapter12 自チームのスケーリング

●著者
Alexander Grosse(アレクサンダー・グロース)
現在、デジタルカタログ制作・共有サービス「issuu」のエンジニアリング担当バイスプレジデントである。それ以前はSoundCloud のエンジニアリング担当バイスプレジデントを、さらにそれ以前はNokiaの研究開発責任者を務めた。

David Loftesness(デイビッド・ロフテスネス)
Twitter、ブックマーク共有サービスXmarks、検索技術を専門とするAmazonの子会社A9 、Amazonの各社で技術チー
ムを率いていた。現在は、父親業、スタートアップへの助言、新任管理者のメンタリング、執筆にいそしんでいる。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるポケット 定番アプリ超活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googl...

ビデオ会議やビジネスチャットは使えるという方に、より効率的に業務を進める応用ワザを提案します。
本書では、テレワークの定番アプリを3つに分類。それらをチームのメンバー構成にあわせて使い分けたり、組み合わせて会議を大幅に効率化したり、離れて仕事をするチームで起こりがちな意思疎通の問題を解決したりと、テレワークをより快適にする新しい提案を100本収録しました。

1.チャット - Slack、Teams
2.ビデオ会議 - Zoom、Teams、Google Meet
3.文書共有 - Googleドライブ

文書共有アプリに最新情報を集めて日常の業務はチャットで進行、集中的な議論にはビデオ会議、のように各アプリの特徴と役割を理解することで、オフィスという場にとらわれずに仕事ができる、未来のワークスタイルが身に付きます。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)

新型コロナウイルスの流行により、学びの形は大きく姿を変えようとしています。文部科学省の「GIGAスクール構想」のもと、子どもたち一人一人に公正に個別最適化された教育ICT環境の実現が急がれています。

GIGAスクール構想ではWindows、Chrome OS、iPad OSの3つのOSが推奨されており、Windowsを搭載した端末向けのサービス「Microsoft Teams for Education」が多く採用されています。Microsoft Teams for Educationは教育現場で役立つ豊富な機能を備えており、オンライン授業や課題の設定、ルーブリックを用いた評価などを行うことができます。また、Microsoft Office 365のWordやExcel、PowerPointをはじめとするアプリケーションのハブとしての役割ももち、資料のペーパーレス化や校務の効率化に役立ちます。

本書はこのMicrosoft Teams for Educationの基本的な操作から、オンラインで授業を行ったり、課題を作成してフィードバックを行ったりする方法などを具体的に解説。また、遠隔授業を受ける生徒のために、家庭でのパソコンの設定方法や授業の受け方を紹介した章を掲載しました。さらに、小学校、中学校、高校での実践例も収録しています。
ICTを活用した新しい学びのために、本書が一助となれば幸いです。

【目次】
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
スクリーンショットでの解説がありわかりやすい! コロナで休校になった際に活用でき助かりました。 通常の学校でもこれから活用できます! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナ禍でオンライン授業になったのでとても役立ちました。これからもしばらは引き続き役立ちそうです。わかりやすいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
清水理史(シミズマサシ)
1971年東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

(電子版DL特典付き)Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ (できるビジネス)

Teamsを仕事の舞台装置として使いこなす方法を
現場の利用実態に根ざした視点で解説!

ビジネスコミュニケーションツール「Microsoft Teams」は、テレワークの普及と共に、数多くの企業で導入されました。
Teamsにはチャットやビデオ会議、アプリケーションとの連携など、さまざまな機能があり、幅広い使い方が可能です。一方、Teamsはコミュニケーションの手段として他の人と一緒に利用するツールであるため、使い方に迷いが生じる部分もあります。

本書では「チームとチャネルの使い分け」「通知量のコントロール」「アプリとの連携」など、基本操作ではなく、Teamsを効率的・実践的に使うための操作方法や考え方を解説しています。
すべての機能を取り上げてはいませんが、Teamsの達人である著者の、現場の利用実態に根ざした視点で、よく使う操作や便利な機能を厳選しました。単なる基本操作ではない、一歩踏み込んだ活用法を身に付けられます。

◆本書の構成
・第1章 チームとチャネルの運用
チャネル分けやメッセージでのやりとりのコツ、共有ファイルの管理など、チームとチャネルに関するワザを紹介しています。

・第2章 チャットの使いどころ
チャネルの投稿と使い分ける方法や、チャットならではの便利な機能などを紹介しています。

・第3章 ビデオ会議の円滑化
会議の情報が共有しやすくなる操作や、会議をスムーズに進行するための設定などを紹介しています。

・第4章 アプリと個人の設定
Teamsに追加すると便利なアプリや、快適に操作するための設定方法などを紹介しています。

◆本書に収録しているワザの例
・迷ったらプライベートチームを作成する
・メンションの使い分けがやりとり効率化のカギ
・ファイルをより便利に管理できるSharePoint Online
・連絡に反応できないときはステータスメッセージを入れる
・終了した会議の予定を無断で利用させない
・いち早く新機能を試して社内に適切に案内する

◆このような人におすすめです
・普段から使っているTeamsを、より効率的に使いたい人
・自動化ツールとの連携など、発展的な使いこなしを知りたい人
・他のコミュニケーションツールとの併用や、Teamsへの乗換を考えている人
・各機能の制限の有無を判断するIT部門の管理者

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 チームとチャネルの運用
第2章 チャットの使いどころ
第3章 ビデオ会議の円滑化
第4章 アプリと個人の設定
Users Voice
会社でTeamsを使う頻度が高くなって来たのでもっと活用しようと思い勉強用で購入しました。色んな機能がある事ので活用したいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:太田 浩史
株式会社内田洋行
1983年生まれ、秋田県出身。2010年に自社のOffice 365(当時BPOS)導入を担当したことをきっかけに、多くの企業に対してOffice365導入や活用の支援をはじめる。Office 365に関わるIT技術者として、社内の導入や活用の担当者として、そしてひとりのユーザーとして、さまざまな立場の経験から得られた等身大のナレッジを、各種イベントでの登壇、ブログ、ソーシャルメディア、その他IT系メディアサイトなどを通じて発信している。2013年にはMicrosoftにより個人に贈られる「Microsoft MVP Award」を受賞。日本最大のOffice365ユーザーグループ「Japan Office 365 Users Group」の共同運営メンバーでもある。


↓全て表示↑少なく表示

  

今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本

今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本
(著)マイカ, リンクアップ, 技術評論社編集部
発売日 2021/07/16
総合評価
(4)
(2022/08/18 10:31時点)
(概要)
コロナ禍でのテレワーク体制で普及したツールである、「Zoom」と「Microsoft Teams」の基本操作をまとめて学べる入門書です。取引先などから利用するツールに指定があった場合でも、これ1冊で対応できます。安心してビデオ会議やミーティングを行いたい方にオススメです。PC版の解説はWindows/ Mac、スマホ版の解説はAndroid/ iOSに両対応しています。

(こんな方におすすめ)
・ZoomとMicrosoft Teamsのどちらも使えるようになりたい方、取引先が指定してきたときに対応できるようにしておきたい方

(目次)
第0章 テレワークをはじめよう
Sec.01 Zoom とMicrosoft Teams の違いを知ろう
Sec.02 Zoom とMicrosoft Teams についてくわしく知ろう
Sec.03 Zoom とMicrosoft Teams の利用に必要なものを知ろう
Sec.04 Zoom とMicrosoft Teams の有料プランについて知ろう
Sec.05 Zoom のホストと参加者の違いを知ろう
Sec.06 Microsoft Teams の組織・チーム・チャネルについて知ろう
第1章 Zoom を利用する準備をしよう
Sec.01 Zoom 導入の手順を確認しよう
Sec.02 アカウントを登録しよう
Sec.03 Zoom のクライアントアプリをインストールしよう
Sec.04 クライアントアプリの画面と機能を知ろう
Sec.05 ミーティング画面と機能を知ろう
Sec.06 スピーカーとマイクのテストをしよう
Sec.07 テストミーティングで映像と音声を確かめよう
第2章 ミーティングに参加しよう
Sec.08 招待を受け取ってミーティングに参加しよう
Sec.09 カメラやマイクのオン・オフを切り替えよう
Sec.10 ミーティングで発言しよう
Sec.11 相手の発言にリアクションしよう
Sec.12 表示方法を変えよう
Sec.13 チャット機能を使って会話をしよう
Sec.14 ほかの参加者を招待しよう
Sec.15 ミーティングから退出しよう
第3章 ミーティングを開こう
第4章 もっとZoomを使いこなそう
第5章 ミーティングを円滑に進めよう
第6章 スマートフォンでZoomを利用しよう
第7章 Zoomで困ったときのQ&A
第1章 Microsoft Teamsを利用する準備をしよう
Sec.01 招待メールからチームに参加しよう
Sec.02 アカウントを設定しよう
Sec.03 デスクトップ版とブラウザ版の違いを確認しよう
Sec.04 デスクトップ版をインストールしよう
Sec.05 基本画面を確認しよう
Sec.06 プロフィールを編集しよう
Sec.07 在席状況を変更しよう
第2章 チャネル に 参加しよう
Sec.08 チャネルに参加しよう
Sec.09 メッセージを送信・返信しよう
Sec.10 送信したメッセージを編集しよう
Sec.11 メッセージに書式を設定しよう
Sec.12 メッセージにファイルを添付しよう
Sec.13 自動起動を切り替えよう
第3章 ビデオ会議を利用しよう
第4章 メッセージやチャットの機能を活用しよう
第5章 組織やチームメンバーを管理しよう
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなそう
第7章 アプリや 外部サービスと連携させよう
第8章 スマートフォンで Microsoft Teamsを利用しよう
第9章 Microsoft Teams で困ったときの Q A

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第0章 テレワークをはじめよう
Sec.01 Zoom とMicrosoft Teams の違いを知ろう
Sec.02 Zoom とMicrosoft Teams についてくわしく知ろう
Sec.03 Zoom とMicrosoft Teams の利用に必要なものを知ろう
Sec.04 Zoom とMicrosoft Teams の有料プランについて知ろう
Sec.05 Zoom のホストと参加者の違いを知ろう
Sec.06 Microsoft Teams の組織・チーム・チャネルについて知ろう
第1章 Zoom を利用する準備をしよう
Sec.01 Zoom 導入の手順を確認しよう
Sec.02 アカウントを登録しよう
Sec.03 Zoom のクライアントアプリをインストールしよう
Sec.04 クライアントアプリの画面と機能を知ろう
Sec.05 ミーティング画面と機能を知ろう
Sec.06 スピーカーとマイクのテストをしよう
Sec.07 テストミーティングで映像と音声を確かめよう
第2章 ミーティングに参加しよう
Sec.08 招待を受け取ってミーティングに参加しよう
Sec.09 カメラやマイクのオン・オフを切り替えよう
Sec.10 ミーティングで発言しよう
Sec.11 相手の発言にリアクションしよう
Sec.12 表示方法を変えよう
Sec.13 チャット機能を使って会話をしよう
Sec.14 ほかの参加者を招待しよう
Sec.15 ミーティングから退出しよう
第3章 ミーティングを開こう
Sec.16 ミーティングを予約しよう
Sec.17 参加者を招待しよう
Sec.18 ミーティングを開始しよう
Sec.19 待機室の参加者の入室を許可しよう
Sec.20 ミーティングを録画しよう
Sec.21 画面を共有しよう
Sec.22 ホワイトボードを使って話をしよう
Sec.23 参加者にも画面の共有を許可しよう
Sec.24 チャットで参加者にメッセージを送ろう
Sec.25 チャットボックスでファイルを送ろう
Sec.26 ミーティングを終了しよう
第4章 もっとZoomを使いこなそう
Sec.27 パーソナルミーティングIDでミーティングを開こう
Sec.28 プロフィールを編集しよう
Sec.29 アカウントを切り替えよう
Sec.30 連絡先を追加しよう
Sec.31 バーチャル背景を設定しよう
Sec.32 参加者の一人を大きく表示しよう
第5章 ミーティングを円滑に進めよう
Sec.33 インスタントミーティングを開こう
Sec.34 「ブラウザから参加する」リンクを表示しよう
Sec.35 毎回同じURL でミーティングを開こう
Sec.36 チャンネルを作成してミーティングを管理しよう
Sec.37 参加者のビデオや音声のオン・オフを設定しよう
Sec.38 チャット機能を制限しよう
Sec.39 ミーティング中のファイル送信機能を制限しよう
Sec.40 ミーティングをロックして参加者を制限しよう
Sec.41 参加者を退出させよう
Sec.42 参加者のパソコンをリモートで操作しよう
Sec.43 ホストの権限をほかの人に割り当てよう
Sec.44 ミーティング時のルールを決めておこう
第6章 スマートフォンでZoomを利用しよう
Sec.45 アプリをインストールしよう
Sec.46 サインインしよう
Sec.47 アプリの画面と機能を知ろう
Sec.48 ミーティングに参加しよう
Sec.49 ミーティングを開催しよう
Sec.50 画面を共有しよう
Sec.51 ホワイトボードを利用しよう
Sec.52 チャンネルを作成しよう
Sec.53 バーチャル背景を利用しよう
Sec.54 画面の表示方法を変えよう
第7章 Zoomで困ったときのQ&A
Q.01 接続がうまくいかない!
Q.02 映像が表示されない!
Q.03 音が出ない!
Q.04 ハウリングをどうにかしたい!
Q.05 バーチャル背景がうまく合成されない!
Q.06 迷惑なチャットを制限したい!
Q.07 セキュリティを高めたい!
Q.08 英語表示のメニューを日本語表示にしたい!
Q.09 公開オンラインイベントに参加したい!
Q.10 オンラインイベントで匿名で質問したい!
Q.11 クライアントアプリをアップデートしたい!
Q.12 有料アカウントに切り替えたい!
第1章 Microsoft Teamsを利用する準備をしよう
Sec.01 招待メールからチームに参加しよう
Sec.02 アカウントを設定しよう
Sec.03 デスクトップ版とブラウザ版の違いを確認しよう
Sec.04 デスクトップ版をインストールしよう
Sec.05 基本画面を確認しよう
Sec.06 プロフィールを編集しよう
Sec.07 在席状況を変更しよう
第2章 チャネル に 参加しよう
Sec.08 チャネルに参加しよう
Sec.09 メッセージを送信・返信しよう
Sec.10 送信したメッセージを編集しよう
Sec.11 メッセージに書式を設定しよう
Sec.12 メッセージにファイルを添付しよう
Sec.13 自動起動を切り替えよう
第3章 ビデオ会議を利用しよう
Sec.14 ビデオ会議について知ろう
Sec.15 ビデオ会議に参加しよう
Sec.16 組織外のメンバーとして会議に参加しよう
Sec.17 ビデオ会議の基本画面を確認しよう
Sec.18 ビデオ会議を録画しよう
Sec.19 カメラやマイクのオン・オフを切り替えよう
Sec.20 ビデオ会議中にチャットをしよう
Sec.21 パソコンの画面を共有しよう
Sec.22 共有できるホワイトボードを利用しよう
Sec.23 アイコンを利用して意思表示しよう
第4章 メッセージやチャットの機能を活用しよう
Sec.24 特定のメンバーにメッセージを送信しよう
Sec.25 メンバー にビデオ通話を発信しよう
Sec.26 メッセージを検索しよう
Sec.27 メッセージを保存しよう
Sec.28 アナウンスを 送信 しよう
Sec.29 1対1でチャットをしよう
Sec.30 グループでチャットをしよう
Sec.31 未読メッセージを確認しよう
第5章 組織やチームメンバーを管理しよう
Sec.32 組織にメンバーを追加しよう
Sec.33 チームを作成しよう
Sec.34 チームのメンバーを管理しよう
Sec.35 組織のメンバーを削除しよう
Sec.36 組織外のメンバーをチームに追加しよう
Sec.37 チームのメンバーの役割を変更しよう
Sec.38 チャネルを作成しよう
Sec.39 チャネルの投稿設定を変更しよう
Sec.40 チャネルを非表示・削除しよう
Sec.41 チームをアーカイブしよう
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなそう
Sec.42 ビデオ会議を開催しよう
Sec.43 会議を予約しよう
Sec.44 組織外のメンバーを会議に招待しよう
Sec.45 組織外のメンバーの会議参加を承認しよう
Sec.46 開催中の会議の出欠を確認しよう
Sec.47 参加者のマイクをミュートに切り替えよう
Sec.48 会議中の背景を変更しよう
Sec.49 会議を録画しよう
Sec.50 録画した会議を視聴しよう
Sec.51 会議の議事録を作成しよう
Sec.52 タブにファイルをアップロードしよう
Sec.53 操作の権限を変更しよう
Sec.54 特定のメンバーを大きく表示しよう
第7章 アプリや 外部サービスと連携させよう
Sec.55 連携可能なアプリやサービスについて知ろう
Sec.56 会議の予定をGoogleカレンダーで共有しよう
Sec.57 Teams上でOfficeファイルを編集しよう
Sec.58 SharePointを外部のメンバーと共有しよう
Sec.59 OneNoteでノートブックを共有しよう
Sec.60 クラウドストレージサービスを追加しよう
Sec.61 その他のアプリやツールについて知ろう
Sec.62 連携しているアプリを管理しよう
第8章 スマートフォンで Microsoft Teamsを利用しよう
Sec.63 アプリをインストールしよう
Sec.64 アプリの画面を確認しよう
Sec.65 メッセージを送信しよう
Sec.66 ファイルをアップロードしよう
Sec.67 チャットしよう
Sec.68 チャットから通話を開始しよう
Sec.69 会議に参加しよう
Sec.70 会議を予約しよう
Sec.71 会議を開始しよう
Sec.72 通知設定を変更しよう
Sec.73 在席状況を変更しよう
第9章 Microsoft Teams で困ったときの Q A
Q.01 使用しているデバイスを確認したい!
Q.02 テスト通話を行いたい!
Q.03 通話中のノイズが気になる!
Q.04 通知設定を変更したい!
Q.05 外部のゲストの追加方法を知りたい!
Q.06 組織の設定を確認したい!
Q.07 チームのアクセス許可項目を確認したい!
Q.08 チームのプライバシー設定を変更したい!
Q.09 教育機関向けのライセンスについて知りたい!
Q.10 ショートカットキーを利用したい!
Q.11 コマンドで操作したい!

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
   

Microsoft Teamsの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

以下がMicrosoft Teamsの本の新書(2021年,2022年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2022/08/18 10:31 更新)
製品価格
High-Impact Tools for Teams プロジェクト管理と心理的安全性を同時に実現する5つのツール...
発売日 2022/09/14
ステファノ・マストロジャコモ, アレックス・オスターワルダー (翔泳社)
3,300円
3,300円
3,300円
1,320円
1,320円
1,320円
1,320円
今すぐ使えるかんたんEx Microsoft Teams プロ技BESTセレクション...
発売日 2022/06/02
リンクアップ (技術評論社)
1,848円
1,848円
1,848円
1,848円
1,250円
Microsoft 365 - Das Praxisbuch fuer Anwender: Die Zusammenarbeit mit T...
発売日 2021/12/16
Schmidt, Melanie (Dpunkt.Verlag GmbH)
6,614円
はじめてのMicrosoft 365 Teams
発売日 2021/11/08
高見知英 (秀和システム)
総合評価
(3.3)
1,628円
1,318円
1,465円
1,628円
Microsoft 365&Teams徹底活用ガイド
発売日 2021/09/23
一般社団法人プロトレ 天野 貴之, 清水 香里 (日経BP)
総合評価
(3.1)
2,420円
(+240pt)
2,178円
2,420円
2,420円
1,848円
1,756円
1,848円
1,848円
今すぐ使えるかんたん Zoom & Microsoft Teamsがこれ1冊でマスターできる本...
発売日 2021/07/16
マイカ, リンクアップ, 技術評論社編集部 (技術評論社)
総合評価
(4)
2,508円
2,383円
2,508円
2,508円
オンライン授業入門  Microsoft Teams & Forms を活用した遠隔授業と学生サポート 改訂版 (OnDeck Books(...
発売日 2021/04/30
共栄大学遠隔授業支援チーム, 伊藤 大河, 秋山 高善, 神山 友宏 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
990円
 

Microsoft Teamsの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるMicrosoft Teamsの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2022/08/18 10:31 更新)
Rank製品価格
1
Microsoft Teams 目指せ達人 基本&活用術
発売日 2021/02/26
東 弘子 (マイナビ出版)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.9)
1,958円
1,762円
1,958円
1,958円
2
できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応...
発売日 2020/09/04
株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,408円
1,267円
1,408円
1,408円
3
500円
4
500円
5
Teams活用術: 基礎からわかる入社1年目の必須スキル
発売日 2020/05/09
越後 龍之介 (越後屋本店)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.2)
500円
6
1,250円
7
オンライン授業入門  Microsoft Teams & Forms を活用した遠隔授業と学生サポート 改訂版 (OnDeck Books(...
発売日 2021/04/30
共栄大学遠隔授業支援チーム, 伊藤 大河, 秋山 高善, 神山 友宏 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
990円
8
500円
9
EXTREME TEAMS(エクストリーム・チームズ)
発売日 2017/12/08
ロバート・ブルース・ショー (すばる舎)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.5)
1,633円
1,782円
1,980円
1,980円
10
300円
 

関連:最新のビジネス書

以下では、スキル・マインドアップに役立つ「最新・人気のビジネス書(新刊)」を紹介しています。

FX投資とともに、自己投資にも取り組む参考にのぞいて見てください。

関連:Zoom(ズーム)関連の本

また、以下では同じくオンラインミーティング等に有用なZoom(ズーム)に関する書籍も紹介しています、合わせてのぞいてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました