レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年最新】Microsoft Teams関連の本「人気・高評価のおすすめ本15冊」

こちらでは、Microsoft Teams(チームズ)に関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

発売したて・発売予定の新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 

  1. Microsoft Teamsの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ できるビジネスシリーズ
    2. テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
    3. できるポケット 必修アプリ超活用 Microsoft Teams全事典 改訂版 できるポケットシリーズ
    4. ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技[改訂2版]
    5. できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応
    6. Microsoft Teams実用ワザ大全 増補新版
    7. 今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams
    8. Leaders Eat Last: Why Some Teams Pull Together and Others Do...
    9. (無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)
    10. 今すぐ使えるかんたん Teams for Education ~導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本~
  2. Microsoft Teamsの本 高評価のおすすめの5冊
    1. Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)
    2. できるポケット 定番アプリ超活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googl...
    3. (無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)
    4. 今すぐ使えるかんたん Teams for Education ~導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本~
    5. Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ できるビジネスシリーズ
  3. Microsoft Teamsの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  4. Microsoft Teamsの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. 関連:最新のビジネス書
  6. 関連:Zoom(ズーム)関連の本

Microsoft Teamsの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「Microsoft Teamsの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2024/02/23 10:33 更新)
Rank製品価格
1
1,848円
924円
1,848円
1,848円
2
テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
発売日 2021/03/19
松下典子, 飯田成康 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
1,760円
1,584円
1,000円
1,760円
3
できるポケット 必修アプリ超活用 Microsoft Teams全事典 改訂版 できるポケットシリーズ...
発売日 2022/12/20
太田 浩史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
総合評価
(2.8)
1,518円
759円
1,518円
4
ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技[改訂2版]
発売日 2023/05/26
リンクアップ (技術評論社)
総合評価
(4)
1,320円
1,294円
1,320円
5
できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応...
発売日 2020/09/04
株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,408円
1,267円
448円
1,408円
6
Microsoft Teams実用ワザ大全 増補新版
発売日 2023/06/23
(日経BP)
総合評価
(3)
1,980円
1,940円
1,980円
7
今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams
発売日 2021/02/22
リンクアップ (技術評論社)
総合評価
(3.4)
1,848円
1,811円
1,848円
1,848円
8
Leaders Eat Last: Why Some Teams Pull Together and Others Don't
発売日 2014/01/07
Sinek, Simon (Portfolio)
総合評価
(4.7)
4,775円
1,800円
3,400円
1,123円
9
(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)...
発売日 2021/03/08
清水理史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.1)
2,200円
1,100円
2,200円
2,200円
10
2,420円
2,372円
2,420円
 

Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ できるビジネスシリーズ

Teamsを仕事の舞台装置として使いこなす方法を
現場の利用実態に根ざした視点で解説!
ビジネスコミュニケーションツール「Microsoft Teams」は、テレワークの普及と共に、数多くの企業で導入されました。
Teamsにはチャットやビデオ会議、アプリケーションとの連携など、さまざまな機能があり、幅広い使い方が可能です。一方、Teamsはコミュニケーションの手段として他の人と一緒に利用するツールであるため、使い方に迷いが生じる部分もあります。

本書では「チームとチャネルの使い分け」「通知量のコントロール」「アプリとの連携」など、基本操作ではなく、Teamsを効率的・実践的に使うための操作方法や考え方を解説しています。
すべての機能を取り上げてはいませんが、Teamsの達人である著者の、現場の利用実態に根ざした視点で、よく使う操作や便利な機能を厳選しました。単なる基本操作ではない、一歩踏み込んだ活用法を身に付けられます。

◆このような人におすすめです
・普段使っているTeamsを、より効率的に使いたい人
・自動化ツールとの連携など、発展的に使いこなしを知りたい人
・他のコミュニケーションツールとの併用や、Teamsへの乗換を考えている人
・各機能の制限の有無を判断するIT部門の管理者

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 チームとチャネルの運用
第2章 チャットの使いどころ
第3章 ビデオ会議の円滑化
第4章 アプリと個人の設定
Users Voice
会社でTeamsを使う頻度が高くなって来たのでもっと活用しようと思い勉強用で購入しました。色んな機能がある事ので活用したいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
職場でTeamsが導入されたけど、どうやって使えば効率的なのか分からない方々向けに実践的な使い方を教えてくれます。
個々の機能の説明書ではなくて、「こうやって使うと仕事が捗りますよ」的な書き方になっています。
なので、一つ一つの機能やコマンドの操作方法を全部知りたいといった方には向いていないかもしれません。
構成は大きく4章に分かれています。
第1章 チームとチャネルの運用 約90ページ
第2章 チャットの使いどころ 約24ページ
第3章 ビデオ会議の円滑化 約52ページ
第4章 アプリと個人の設定 約25ページ
Teamsを立ち上げて一緒に操作しながら読むのが一番分かり易いとは思いますが、画面のキャプチャが多用されていて、実際にどの様な画面になるのか分かり易く解説されているので、通勤電車の中とかで本だけを読んでも理解する事ができます。
もちろん、インプレスブックスの特徴として、PDF版を無料でダウンロードできるので、本を持ち歩くのが面倒な方は、スマホで読むことも出来るのはとても便利です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:太田 浩史
株式会社内田洋行
1983年生まれ、秋田県出身。2010年に自社のOffice 365(当時BPOS)導入を担当したことをきっかけに、多くの企業に対してOffice365導入や活用の支援をはじめる。Office 365に関わるIT技術者として、社内の導入や活用の担当者として、そしてひとりのユーザーとして、さまざまな立場の経験から得られた等身大のナレッジを、各種イベントでの登壇、ブログ、ソーシャルメディア、その他IT系メディアサイトなどを通じて発信している。2013年にはMicrosoftにより個人に贈られる「Microsoft MVP Award」を受賞。日本最大のOffice365ユーザーグループ「Japan Office 365 Users Group」の共同運営メンバーでもある。


↓全て表示↑少なく表示

  

テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド

テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
(著)松下典子, 飯田成康
発売日 2021/03/19
総合評価
(3.5)
(2024/02/23 10:33時点)
Microsoft Teamsは、距離が離れた場所にいる人との間で、ビデオ会議やチャット、情報共有などを行って、スムーズで効率良く共同作業するためのMicrosoft社が提供するツールです。本書はTeamsの使い方を、インストール方法から活用までの使い方を解説しています。本書を読むことで、Teams を導入するにあたって気になる疑問がわかります。また、Teamsを使いこなして、テレワークの中での作業を効率化できます。新型コロナ感染拡大の中で、テレワークでのコミュニケーションは必須となりました。特に企業や教育現場では、オンラインでコミュニケーションの促進と共同作業を効率よく行って成果を出していく必要があります。さらにセキュリティーも大切です。Teamsを使うことで、ビデオで情報を共有して、さまざまな意見を集めることもできます。従来は、何十人、何百人もの人が同じ場所に集まるためには、場所の確保に始まり、さまざま調整が必要でした。また、交通費、宿泊費などかかります。紙をコピーして配布という手間もありません。多くのコストと時間が節約できます。しかも移動の時間もかかりません。DX時代に向けて、Teamsの利便性はますます重要となります。本書は、企業や教育機関での活用事例も紹介しています

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
1 Microsoft Teamsをはじめよう
2 チームとチャネル
3 メッセージとチャット
4 ビデオ会議と通話
5 Teams活用テクニック
6 モバイルアプリ
7 Teamsの導入事例
Users Voice
なかなか解りづらいものですがんばります。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ちょっと自分には易しすぎました。
Teamsの本は結構種類も出ていますし、もっと中身も濃くて分かりやすい本があるかなと… (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
役立つ (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
松下典子(マツシタノリコ)
ITライター/編集者。2005年より東京と蓼科の二拠点生活をスタート。夏季は森の動物たちに囲まれながらカフェ「ペロンタ」を経営。執筆業は完全リモートで、テクノロジー系のウェブメディアや雑誌に寄稿

飯田成康(イイダナリヤス)
IT系出版社で、マニュアル制作、雑誌・書籍の編集などを経たのち、フリーランスのライター・編集者として活動。micro:bitを使った子供向けプログラミング教室のサポートなども行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

できるポケット 必修アプリ超活用 Microsoft Teams全事典 改訂版 できるポケットシリーズ

できるポケット 必修アプリ超活用 Microsoft Teams全事典 改訂版 できるポケットシリーズ
(著)太田 浩史, できるシリーズ編集部
発売日 2022/12/20
総合評価
(2.8)
(2024/02/24 10:33時点)
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技[改訂2版]

Microsoft Teamsはこの1冊でしっかりマスター!

2020年9月発売の「ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技」の改訂版です。本書はMicrosoft 365 Business Standard版Teamsに完全対応し、Teams Essentials版Teamsについても対応状況を掲載しています。Teamsを使いはじめた人に向けて、使いこなすために最低限必要となる機能を見やすく、かつわかりやすく解説しています。また後半では、管理者向け機能やモバイル端末での操作なども扱っており、幅広い機能を使いこなすことができるようになります。


(こんな方におすすめ)

・Microsoft Teamsを使いはじめた人

・Microsoft Teamsのいろいろな機能について知りたい人


(目次)

第1章 Teams のキホン

 Sec 01 Teamsとは

 Sec 02 Teamsを利用するには

 Sec 03 Teamsのライセンス

 Sec 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い

 Sec 05 チームとチャネルについて

第2章 チームに参加する

 Sec 06 招待メールで組織外のチームに参加する

 Sec 07 アプリをインストールする

 Sec 08 Teamsにログインする

 Sec 09 プロフィール画像を設定する

 Sec 10 基本画面を確認する

第3章 メッセージでやり取りする

 Sec 11 チャネルに参加する

 Sec 12 メッセージを読む

 Sec 13 メッセージを送信する

 Sec 14 メッセージを装飾する

 Sec 15 重要なメッセージにマークを付けて送る

 Sec 16 ファイルを送信する

 Sec 17 チーム全員に緊急のお知らせを送る

 Sec 18 特定の相手にメッセージを送る

 Sec 19 メッセージを検索する

 Sec 20 絵文字を使ってかんたんに返事する

 Sec 21 メッセージを保存する

 Sec 22 チャットで1対1のやり取りをする

 Sec 23 在席状況を変更する

第4章 ビデオ会議でやり取りする

 Sec 24 ビデオ会議とは

 Sec 25 ビデオ会議を開催する

 Sec 26 ビデオ会議の日時を指定して開催する

 Sec 27 カメラやマイクのオン/オフを切り替える

 Sec 28 ビデオ会議を録画する

 Sec 29 会議中の背景を変更する

 Sec 30 ビデオ会議中にチャットする

 Sec 31 パソコンの画面を共有する

 Sec 32 ホワイトボードを共有する

 Sec 33 会議の参加状況を確認する

 Sec 34 ビデオ会議を終了する

第5章 ほかのアプリと連携する

 Sec 35 アプリ連携のメリット

 Sec 36 Officeファイルを共同編集する

 Sec 37 Outlookでメッセージを送信する/会議を予約する

 Sec 38 OneNoteでメモを共有する

 Sec 39 サードパーティ製のアプリと連携する

第6章 使いやすいように設定を変更する

 Sec 40 アプリの見た目を変更する

 Sec 41 アプリの自動起動を切り替える

 Sec 42 チームやチャネルの表示を整理する

 Sec 43 通知を設定する

 Sec 44 チャットを別ウィンドウで表示する

 Sec 45 2段階認証を設定してセキュリティを強化する

第7章 チャネルでチーム内の話題を整理する

 Sec 46 チャネルを作成する

 Sec 47 プライベートチャネルを作成する

 Sec 48 プライベートチャネルにメンバーを追加する

 Sec 49 チャネルを編集する

 Sec 50 チャネルの投稿を制限する

 Sec 51 チャネルを削除する

第8章 組織やチームを管理する

 Sec 52 組織にメンバーを追加する

 Sec 53 チームを新規作成する

 Sec 54 チームにメンバーを追加する

 Sec 55 チームに組織外のメンバーを追加する

 Sec 56 組織のメンバーを削除する

 Sec 57 チームのメンバーを削除する

 Sec 58 チームのメンバーの役割を変更する

 Sec 59 使い終わったチームをアーカイブする

第9章 スマートフォンやタブレットで利用する

 Sec 60 Teamsモバイルアプリを利用する

 Sec 61 アプリをインストールする

 Sec 62 アプリの基本画面を確認する

 Sec 63 メッセージを投稿する

 Sec 64 メッセージに返信する

 Sec 65 通知設定を変更する

 Sec 66 在席状況を変更する

第10章 疑問・困った解決Q&A

 Sec 67 アプリをすばやく操作したい!

 Sec 68 未読メッセージをすばやく確認したい!

 Sec 69 ファイルやWebサイトをすばやく開きたい!

 Sec 70 誤ってメッセージを送ってしまった!

 Sec 71 会議を円滑に進めるコツを知りたい!

 Sec 72 応答不可の状態でも通知を受け取りたい!

 Sec 73 会議のときにマイクがハウリングする!

 Sec 74 パスワードを忘れてしまった!


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応

できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応
(著)株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部
発売日 2020/09/04
総合評価
(3.7)
(2024/02/23 10:33時点)
テレワーク時代の新定番ツール
「Microsoft Teams」を今日から使いこなせる!


「Microsoft Teams」は、ビデオ会議やチャット、ファイル共有などの
機能が搭載された、コミュニケーションツールです。
ビジネスにおけるチーム間でのやりとりに有用なこのツールは、
テレワークの増加に伴い急速に利用が広がっています。

本書では、このTeamsの操作方法や活用法を、
117ワザ解説しています。
実際に操作している画面イメージを参考に、
手順に従って一緒に操作すればワザを再現できるので、
すぐにTeamsを使いこなせるようになります。

◆こんな人におすすめです
・これからTeamsを使い始める人
チャットへメッセージを投稿する方法や、ビデオ会議に参加する方法など、
基本操作を丁寧に解説しています。

・Teamsの導入を検討している人
エンドユーザーが利用できる機能を網羅しているほか、
OS別の対応状況と、有料版と無料版それぞれの対応状況を、
ワザごとに示しています。

・Teamsをもっと活用したい人
外部ツールとの連携や、ルール作りのヒントなど、
Teamsをより快適に利用できる活用法も掲載しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 特徴・基本操作
第2章 メッセージとチャット
第3章 ビデオ会議と通話
第4章 ファイルの共有
第5章 モバイルアプリ
第6章 チームの管理
第7章 機能の拡張
第8章 活用アイデア
Users Voice
teamsは既に使用してますが、知らない機能などが発見でき、非常に役に立ちます。 サイズも手に持ち易く、使い易いです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
基礎がよく分かった。疑問が解消できました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Unlimited登録本だったので読みました。
初めてTeamsを触る方にとっては、Unlimitedならタダなのでお得と思います。
メンバーの称賛、アナウンスの投稿、ステータスメッセージなどは知らなかったので使ってみようかと。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

Microsoft Teams実用ワザ大全 増補新版

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams

今すぐ使えるかんたん Microsoft Teams
(著)リンクアップ
発売日 2021/02/22
総合評価
(3.4)
(2024/02/24 10:33時点)
(概要)
コロナ禍でテレワークやリモートでの会議が一般的になり、ツールとしてMicrosoft社のTeamsを利用する企業や学校が増加しています。本書では、Teamsの導入から基本的なメッセージのやり取り、管理者向けのチャネル設定、ビデオ会議やモバイルアプリでの利用まで幅広く解説します。ファイル共有による同時作業やMicrosoft 365内外のアプリとの連携などのより実用的な機能も扱っているので、一冊でひととおりの実務に対応できるようになります。

(こんな方におすすめ)
・テレワークでMicrosoft Teamsを使うことになった初級ユーザー

(目次)
第1章 働き方を変えるMicrosoft Teams
Section 01 Microsoft Teamsでできること
Section 02 利用に必要なアカウントとデバイス
Section 03 用途別に選べるライセンス
Section 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い
Section 05 組織・チーム・チャネルとは
第2章 チームやチャネルへの参加
Section 06 招待メールからチームに参加する
Section 07 アカウントを設定する
Section 08 デスクトップ版をインストールする
Section 09 基本画面を確認する
Section 10 プロフィールを編集する
Section 11 在席状況を変更する
Section 12 チャネルに参加する
Section 13 メッセージを送信・返信する
Section 14 送信したメッセージを編集する
Section 15 メッセージに書式を設定する
Section 16 メッセージにファイルを添付する
Section 17 自動起動を切り替える
第3章 ビデオ会議への参加
Section 18 ビデオ会議でできること
Section 19 ビデオ会議に参加する
Section 20 組織外のメンバーとして会議に参加する
Section 21 ビデオ会議の基本画面を確認する
Section 22 ビデオ会議を録画する
Section 23 カメラやマイクのオン・オフを切り替える
Section 24 ビデオ会議中にチャットをする
Section 25 パソコンの画面を共有する
Section 26 共有できるホワイトボードを利用する
Section 27 アイコンを利用して意思表示をする
第4章 メッセージやチャットの多様な機能
Section 28 特定のメンバーにメッセージを送信する​
Section 29 メンバーにビデオ通話を発信する​
Section 30 メッセージを検索する​
Section 31 メッセージを保存する​
Section 32 アナウンスを送信する​
Section 33 1対1でチャットをする​
Section 34 グループでチャットをする​
Section 35 チャットをポップアップ画面で表示する
​ Section 36 未読メッセージを確認する​
第5章 組織やチームメンバーの管理
Section 37 組織にメンバーを追加する
Section 38 チームを作成する
Section 39 チームのメンバーを管理する
Section 40 組織のメンバーを削除する
Section 41 組織外のメンバーをチームに追加する
Section 42 チームのメンバーの役割を変更する
Section 43 チャネルを作成する
Section 44 チャネルの投稿設定を変更する
Section 45 チャネルを非表示または削除する
Section 46 チームをアーカイブする
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなす
Section 47 会議を開催する​
Section 48 会議を予約する​
Section 49 組織外のメンバーを会議に招待する
​ Section 50 組織外のメンバーの会議参加を承認する
Section 51 開催中の会議の出欠を確認する​
Section 52 参加者のマイクをミュートに切り替える
​ Section 53 会議中の背景を変更する​
Section 54 会議を録画する​
Section 55 録画した会議を視聴する
​ Section 56 会議の議事録を作成する​
Section 57 権限を変更する​
Section 58 会議画面の表示を切り替える
第7章 アプリとタブの活用
Section 59 連携可能なアプリやツール
Section 60 会議の予定をGoogleカレンダーで共有する
Section 61 タブにファイルを直接アップロードする
Section 62 Teams上でOfficeファイルを編集する
Section 63 SharePointを外部のメンバーに共有する
Section 64 OneNoteでノートブックを共有する
Section 65 外部のクラウドストレージサービスを追加する
Section 66 Zoomとオンライン会議を使い分ける
Section 67 Slackからオンライン会議を設定する
Section 68 その他のおすすめアプリやツール
Section 69 連携しているアプリを管理する
第8章 モバイルアプリの利用
Section 70 アプリをインストールする
Section 71 基本画面を確認する
Section 72 メッセージを送信する
Section 73 ファイルをアップロードする
Section 74 チャットをする
Section 75 チャットから通話を開始する
Section 76 会議に参加する
Section 77 会議を予約する
Section 78 会議を開始する
Section 79 通知設定を変更する
Section 80 在席状況を変更する
第9章 知っておきたい便利機能
Section 81 タブを活用してWebサイトにアクセスする
Section 82 使用しているデバイスを確認する
Section 83 通知設定を変更する
Section 84 ショートカットキーやコマンドですばやく操作する
Section 85 プライバシーやセキュリティを確認する
Section 86 教育機関向けMicrosoft Teamsを利用する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 働き方を変えるMicrosoft Teams
Section 01 Microsoft Teamsでできること
Section 02 利用に必要なアカウントとデバイス
Section 03 用途別に選べるライセンス
Section 04 デスクトップ版とブラウザー版の違い
Section 05 組織・チーム・チャネルとは
第2章 チームやチャネルへの参加
Section 06 招待メールからチームに参加する
Section 07 アカウントを設定する
Section 08 デスクトップ版をインストールする
Section 09 基本画面を確認する
Section 10 プロフィールを編集する
Section 11 在席状況を変更する
Section 12 チャネルに参加する
Section 13 メッセージを送信・返信する
Section 14 送信したメッセージを編集する
Section 15 メッセージに書式を設定する
Section 16 メッセージにファイルを添付する
Section 17 自動起動を切り替える
第3章 ビデオ会議への参加
Section 18 ビデオ会議でできること
Section 19 ビデオ会議に参加する
Section 20 組織外のメンバーとして会議に参加する
Section 21 ビデオ会議の基本画面を確認する
Section 22 ビデオ会議を録画する
Section 23 カメラやマイクのオン・オフを切り替える
Section 24 ビデオ会議中にチャットをする
Section 25 パソコンの画面を共有する
Section 26 共有できるホワイトボードを利用する
Section 27 アイコンを利用して意思表示をする
第4章 メッセージやチャットの多様な機能
Section 28 特定のメンバーにメッセージを送信する
Section 29 メンバーにビデオ通話を発信する
Section 30 メッセージを検索する
Section 31 メッセージを保存する
Section 32 アナウンスを送信する
Section 33 1対1でチャットをする
Section 34 グループでチャットをする
Section 35 チャットをポップアップ画面で表示する
Section 36 未読メッセージを確認する
第5章 組織やチームメンバーの管理
Section 37 組織にメンバーを追加する
Section 38 チームを作成する
Section 39 チームのメンバーを管理する
Section 40 組織のメンバーを削除する
Section 41 組織外のメンバーをチームに追加する
Section 42 チームのメンバーの役割を変更する
Section 43 チャネルを作成する
Section 44 チャネルの投稿設定を変更する
Section 45 チャネルを非表示または削除する
Section 46 チームをアーカイブする
第6章 ビデオ会議をもっと使いこなす
Section 47 会議を開催する
Section 48 会議を予約する
Section 49 組織外のメンバーを会議に招待する
Section 50 組織外のメンバーの会議参加を承認する
Section 51 開催中の会議の出欠を確認する
Section 52 参加者のマイクをミュートに切り替える
Section 53 会議中の背景を変更する
Section 54 会議を録画する
Section 55 録画した会議を視聴する
Section 56 会議の議事録を作成する
Section 57 権限を変更する
Section 58 会議画面の表示を切り替える
第7章 アプリとタブの活用
Section 59 連携可能なアプリやツール
Section 60 会議の予定をGoogleカレンダーで共有する
Section 61 タブにファイルを直接アップロードする
Section 62 Teams上でOfficeファイルを編集する
Section 63 SharePointを外部のメンバーに共有する
Section 64 OneNoteでノートブックを共有する
Section 65 外部のクラウドストレージサービスを追加する
Section 66 Zoomとオンライン会議を使い分ける
Section 67 Slackからオンライン会議を設定する
Section 68 その他のおすすめアプリやツール
Section 69 連携しているアプリを管理する
第8章 モバイルアプリの利用
Section 70 アプリをインストールする
Section 71 基本画面を確認する
Section 72 メッセージを送信する
Section 73 ファイルをアップロードする
Section 74 チャットをする
Section 75 チャットから通話を開始する
Section 76 会議に参加する
Section 77 会議を予約する
Section 78 会議を開始する
Section 79 通知設定を変更する
Section 80 在席状況を変更する
第9章 知っておきたい便利機能
Section 81 タブを活用してWebサイトにアクセスする
Section 82 使用しているデバイスを確認する
Section 83 通知設定を変更する
Section 84 ショートカットキーやコマンドですばやく操作する
Section 85 プライバシーやセキュリティを確認する
Section 86 教育機関向けMicrosoft Teamsを利用する

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
仕事でTeamsを利用することとなり、購入。最近、Teamsがバージョンアップしたからなのか、画面の写真が一部異なっていました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
まず書籍体裁は、フルカラー刷り190頁のテレワーク・ツール【Teams】参考書と言え、2020年のパンデミックで劇的に需要が高まった事に即して、発刊されたと言えそうです。
その為「就活」も含めたビジネス用途に特化しており、試用例を示されているモデルもスーツを着込まれて挑んでいます。

その書面構成は、見開き状態の両側部に『脚注(側柱)スペース』を用意し、書面中央に示された実際のスクリーンショット画面(SS)に対する細かい解説も、補足解説的に示されています。
具体的には、大まかな操作の流れは書面中央に示し、画面にズラリと並ぶ「アイコン&タブ」の機能を『脚注スペース』で細かに解説されている感じです。

勿論、主要用途である「チャット&会議」だけで無く、各種「ツール&ファイル」との連携機能にも多くの頁を割いており、ビジネス用途においては幅広い必要情報が網羅されています。
また、巻末の「索引」を備え、疑問点の振り返りは容易ですが、同種書籍では定番の動画解説は用意されていませんでした。

総じて、機材一式を揃えてみたものの、周りの人みたいに使いこなせていないと感じている場合に有用な一冊と言え、ビジネス用途向けに役立つ知識を丁寧解説されている点には好感が持てましたので、☆×5とします。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
  

Leaders Eat Last: Why Some Teams Pull Together and Others Do...

The New York Times bestseller by the acclaimed, bestselling author of Start With Why and Together is Better. Now with an expanded chapter and appendix on leading millennials, based on Simon Sinek's viral video "Millenials in the workplace" (150+ million views).

Imagine a world where almost everyone wakes up inspired to go to work, feels trusted and valued during the day, then returns home feeling fulfilled. This is not a crazy, idealized notion. Today, in many successful organizations, great leaders create environments in which people naturally work together to do remarkable things. 

In his work with organizations around the world, Simon Sinek noticed that some teams trust each other so deeply that they would literally put their lives on the line for each other. Other teams, no matter what incentives are offered, are doomed to infighting, fragmentation and failure. Why?

The answer became clear during a conversation with a Marine Corps general. "Officers eat last," he said. Sinek watched as the most junior Marines ate first while the most senior Marines took their place at the back of the line. What's symbolic in the chow hall is deadly serious on the battlefield: Great leaders sacrifice their own comfort--even their own survival--for the good of those in their care.

Too many workplaces are driven by cynicism, paranoia, and self-interest. But the best ones foster trust and cooperation because their leaders build what Sinek calls a "Circle of Safety" that separates the security inside the team from the challenges outside.

Sinek illustrates his ideas with fascinating true stories that range from the military to big business, from government to investment banking.

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
アメリカのAmazonで売れているようだったのと、題名に引かれて読んでみました。Goldman Sachs、3M、Ralph Lauren、BP、Costcoといった、有名企業の例も出てくるので、なかなか興味深く読むことができました。文章も分かり易く書かれており、読み易かったです。

この本で主張していることは、概ね次のとおりだと私は認識しました。

【1 "selfish chemicals"が優位の社会になってしまった…】

我々の幸福な気持ちには、体内にある4つの物質([1]endorphins [2]dopamine [3]serotonin [4]oxytocin)が影響している。[1][2]を"selfish chemicals"と、[3][4]を"selfless chemicals"と呼ぶ。

[1]endorphinsは、身体を酷使した時に分泌が促進され、身体的苦痛を感じさせなくする。大昔、我々人類は、この働きのおかげで身体を極限まで酷使することができたため、生き延びることができたのである。

[2]dopamineは、自分が探し求めていたものを見つけたとき、成すべき事を達成したときに分泌が促進され、その結果、我々は喜びを感じる。しかし、残念ながら、この喜びはそれほど長続きしない上に、中毒性がある。

[3]serotoninは、自分が他の人に認められたり、尊重されたときに分泌が促進される。その結果、我々は喜びを感じ、誇りと自信を持つのである。

[4]oxytocinは、信頼できる仲間と共にあるとき、他の人に優しくしたとき、されたとき、人が他の人に優しくしているのを見かけたとき、分泌が促進される。その結果、我々は喜びを感じ、友情や愛情を持つのである。そして、更に嬉しいことに、この喜びは長続きする。

我々人類は、"selfish chemicals"と"selfless chemicals"のバランスのとれた働きのお陰で、時には各々が個人的な目標・目的に向かって頑張り、時には他者と一緒に共通の目標・目的に向かって頑張ることができたので、他の生物に比べて、飛躍的に発展できたのである。もっと言えば、"selfless chemicals"の働きにより、他者と進んで協力できたからこそ、我々人類はここまで発展できたのである。

しかしながら、現在の社会は、個人的な目標の達成、短期的な目標の達成が重要視され過ぎてしまっており、"selfish chemicals"の働きが"selfless chemicals"の働きよりもかなり優位に立ってしまっている。結果として、我々は、個人的な利益、短期間での(即時の)成果を追い求めるようになり、時間・労力をかけて他者と協力することが難しくなってきている。

【2 組織内に"Circle of Safety"を築くことが重要である】

ある組織が息長く、安定して発展していくためには、その組織内に安心して働ける環境、お互いを信頼できる環境(Circle of Safety)を築かなければならない。そのような環境があって初めて、メンバーが自分の力を出し切って、進んで協力して共通の目標・目的(組織の目標・目的)に向かって取り組むようになるのである。(これは、"selfless chemicals"の働きが優位に立っている状況であると言える。)

一方、組織内に"Circle of Safety"がない、つまり、(組織の外からだけでなく)組織内からも攻撃される虞がある場合、メンバーは、何よりも、自分の利益・保身を優先的に考えるようになり、組織の目標・目的に向かって全力を尽くしたりはしなくなる。そして、もっと悪いことに、ミスが隠蔽されるようになり、組織内で情報が行き交わなくなる。(これは、"selfish chemicals"の働きが優位に立っている状況であると言える。)

現在、会社等の組織は、業績に応じて「安易に」解雇を繰り返しているが、そのことにより短期的な利益を確保することができたとしても、メンバーは常に「いつクビにされるか分からない…」という環境下("Circle of Safety"がない状況)におかれ、メンバーが組織のために全力を尽くすことはなくなるので、他者との競争に勝つことができず、長期的には組織にとってマイナスになってしまうのである。

【3 "Circle of Safety"を築くのがリーダーの役割である】

組織内に"Circle of Safety"を築くためには、リーダーの役割が重要である。リーダーが、自分の利益を犠牲にしてでも、メンバー全員の安心・安全を守ろうとすることにより、組織内に"Circle of Safety"が築かれるのである。その結果として初めて、メンバーが協力して、組織の為に全力を尽くすようになる、リーダーのビジョンを実現しようと頑張るようになるのである。

裏返せば、組織内に"Circle of Safety"が無い中で、リーダーがメンバーに対して、いくら懸命に頑張るよう、お互いに協力するよう指示しても、そもそも無理・無駄なのである。

"Circle of Safety"は、一朝一夕には築くことが出来ない。時間をかけてメンバーの生の声を聴き、メンバーと気持ちを通わせ、メンバーのことを思いやる行動を一つ一つ積み上げていくしかないのである。

…以上が、この本の要点だと思いました。

この本を読みながら、「個人的な利益、短期間での(即時の)成果を求める風潮・姿勢は、まさに今の自分にも当てはまるなぁ…」と感じましたので、結構身につまされました。そして、自分の経験からも、確かに、短期間で成果を得たときの喜びは長続きしないなぁ…と思いました。

一方で、時間・労力をかけて、他者と協力して何かを成し遂げたときのことは、長い間経った後でも、本当に良い思い出として残っています。

この本は、リーダーの役割の大切さについて述べていますが、著者は次のようにも書いています。

As employees or members of the group, we need the courage to take care of each other when our leaders don't. And in doing so, we become the leaders we wish we had.

Though those with formal rank may have authority to work at greater scale, each of us has a responsibility to keep the Circle of Safety strong. We must all start today to do little things for the good of others...one day at a time.

Let us all be the leaders we wish we had.

リーダーではない私も、自分の属している組織(会社、家族…)に少しでも"Circle of Safety"を広げていけるよう、組織のメンバー一人一人の気持ちに気を留めながら、日々過ごしていければなぁ…と思いました。

組織の論理に流されそうになる自分を、少し軌道修正してくれるような、そんな本でした。お勧めです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)

新型コロナウイルスの流行により、学びの形は大きく姿を変えようとしています。文部科学省の「GIGAスクール構想」のもと、子どもたち一人一人に公正に個別最適化された教育ICT環境の実現が急がれています。

GIGAスクール構想ではWindows、Chrome OS、iPad OSの3つのOSが推奨されており、Windowsを搭載した端末向けのサービス「Microsoft Teams for Education」が多く採用されています。Microsoft Teams for Educationは教育現場で役立つ豊富な機能を備えており、オンライン授業や課題の設定、ルーブリックを用いた評価などを行うことができます。また、Microsoft Office 365のWordやExcel、PowerPointをはじめとするアプリケーションのハブとしての役割ももち、資料のペーパーレス化や校務の効率化に役立ちます。

本書はこのMicrosoft Teams for Educationの基本的な操作から、オンラインで授業を行ったり、課題を作成してフィードバックを行ったりする方法などを具体的に解説。また、遠隔授業を受ける生徒のために、家庭でのパソコンの設定方法や授業の受け方を紹介した章を掲載しました。さらに、小学校、中学校、高校での実践例も収録しています。
ICTを活用した新しい学びのために、本書が一助となれば幸いです。

【目次】
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
スクリーンショットでの解説がありわかりやすい! コロナで休校になった際に活用でき助かりました。 通常の学校でもこれから活用できます! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナ禍でオンライン授業になったのでとても役立ちました。これからもしばらは引き続き役立ちそうです。わかりやすいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
文部科学省のGIGAスクール構想で多く用いられている
「Microsoft Teams for Education」を使った
オンライン授業のやり方を、一つ一つ具体的に解説した本。

インターネットを使ったオンライン授業の機会が、
学校はもちろん、カルチャースクールのようないろいろな場所で広がっているので、
あらゆる人がこういう本で勉強しておくことが、必携だと思います。
この本では、オンライン授業を、講義する側と、受ける側の、両方で解説がある
のが特徴。これは、誰もが両方の可能性があるからです。

クリックをするところで、全ページでそれが赤の囲みになっているのですが、
これが色統一されていることで、頭に残るので覚えやすく、
作業もリズムよく身につくと思います。
参考画面も、どれも大きくて見やすい。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
清水理史(シミズマサシ)
1971年東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

今すぐ使えるかんたん Teams for Education ~導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本~

Microsoft Teams for Educationを活用したい、先生のための教科書です!

本書は、GIGAスクール構想により学校へ導入が進んでいる「Microsoft Teams for Education」のいちばんやさしい解説書です。現在、多くの学校に教育ICTシステムが導入されていますが、現場の教師や管理者のITリテラシーが依然として低いままであることが原因で、導入後、実際の授業やコミュニケーションへの活用がなかなか進んでいません。本書では、パソコンに不慣れな教育関係者でもわかるように、Microsoft 365のクラウド機能から、実際のオンライン授業や教材のデジタル化の事例、授業後の学習管理やコミュニケーションへの活用まで、Microsoft Teamsの活用方法をていねいに解説しています。現場で活用している現役教師が教える便利な活用テクニックも多数紹介しているので、授業や校務をICT化していきたい学校関係者におすすめの一冊です!

(こんな方におすすめ)
・Microsoft Teams for Educationを授業や校務で活用したい教育関係者

(目次)
第1章 Teams for Educationの基本を知ろう
  Sec 01 Teams for Educationとは
  Sec 02 Teams for Educationとクラウド
  Sec 03 Teams for Educationで実現する学び
  Sec 04 Teams for Educationが使える端末と利用環境の特徴
  Sec 05 Teams for Education上でのコミュニケーションの考え方
  Sec 06 Teams for Educationの基本構成

第2章 Teams for Educationを利用しよう
  Sec 07 基本操作を学ぼう
  Sec 08 投稿へ反応しよう
  Sec 09 通知を管理しよう
  Sec 10 ファイルを共有しよう
  Sec 11 タブを活用しよう
  Sec 12 ビデオ会議をしよう

第3章 Microsoft 365 Educationを知ろう
  Sec 13 基本的な組み合わせを知ろう① ~Word
  Sec 14 基本的な組み合わせを知ろう② ~Excel
  Sec 15 基本的な組み合わせを知ろう③ ~PowerPoint
  Sec 16 基本的な組み合わせを知ろう④ ~Forms
  Sec 17 基本的な組み合わせを知ろう⑤ ~OneNote
  Sec 18 基本的な組み合わせを知ろう⑥ ~Whiteboard
  Sec 19 基本的な組み合わせを知ろう⑦ ~Sway
  Sec 20 基本的な組み合わせを知ろう⑧ ~Stream
  Sec 21 その他のアプリとの組み合わせを知ろう

第4章 Teams for Educationの教育向け機能を活用しよう
  Sec 22 クラスを作成しよう
  Sec 23 学習者を招待しよう
  Sec 24 チャネルの作り方と運用方法を学ぼう
  Sec 25 チームやチャネルの各種設定を確認しよう
  Sec 26 課題を割り当てよう① ~課題の作成
  Sec 27 課題を割り当てよう② ~ルーブリックの作成
  Sec 28 課題を割り当てよう③ ~提出と採点・返却
  Sec 29 クラスノートを活用しよう① ~作成
  Sec 30 クラスノートを活用しよう② ~ページの配布
  Sec 31 クラスノートを活用しよう③ ~ページのレビュー
  Sec 32 学習者の感情を集計しよう ~Reflect
  Sec 33 クラスの活用状況を分析しよう ~Insights

第5章 Teams for Educationで学習のデジタル化を進めよう
  Sec 34 学習のデジタル化をしよう
  Sec 35 紙のノートやホワイトボードをカメラで撮影して共有しよう
  Sec 36 デジタルでノートを取って共有できるようにしよう
  Sec 37 デジタルでのワークシートの活用方法を考えよう
  Sec 38 デジタルを活用して音読学習をしよう

第6章 Teams for Educationをさまざまな場面で活用しよう
  Sec 39 学校生活で活用できるさまざまな場面
  Sec 40 係活動で主体的に活用しよう
  Sec 41 校務で活用できるさまざまな場面

第7章 自宅からオンライン授業に参加できるようにしよう
  Sec 42 オンライン授業の準備をしよう
  Sec 43 会議の録画、出欠確認、挙手指名をしよう
  Sec 44 マイクのミュート管理やチャットでの呼びかけをしよう
  Sec 45 教師や発表者のカメラの表示設定を変更しよう
  Sec 46 少人数の話し合い機能や背景効果を活用しよう

第8章 保護者とコミュニケーションを取ろう
  Sec 47 保護者にMicrosoftアカウントを発行してもらおう
  Sec 48 保護者チームを活用しよう
  Sec 49 保護者とのやり取りで注意すべきこと

第9章 Teams for Educationの管理者の心得を学ぼう
  Sec 50 教員の意識を改革しよう
  Sec 51 校内研修を改革しよう
  Sec 52 年次更新のノウハウを学ぼう

付録1 Teams管理センターの使い方
  Apeendix 01 Teams管理センターの使い方① ~ダッシュボード
  Apeendix 02 Teams管理センターの使い方② ~ポリシーの管理
  Apeendix 03 Teams管理センターの使い方③ ~チーム・ユーザーの管理

付録2 トラブル解決Q&A
  Question 01 Teamsアプリの動作が遅いと感じたときはどうすればよい?
  Question 02 チームは学級ごとにする? 教科・科目ごとにする?
  Question 03 プロフィール画像を変えるのはどこまで許せばよい?
  Question 04 大切な情報を見落とさないようにしてもらうには?
  Question 05 複数のチームやチャネルに同じ内容の投稿をするには?
  Question 06 見落としてしまった過去の投稿を探すには?
  Question 07 終了した会議に勝手に入室してしまわないようにするには?
  Question 08 メンションに敬称はつけなくてよい?


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Microsoft Teamsの本 高評価のおすすめの5冊

以下が「Microsoft Teamsの本」高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2024/02/23 10:33 更新)
Rank製品価格
1
Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)...
発売日 2020/05/29
David Loftesness, Alexander Grosse (マイナビ出版)
総合評価
(4.2)
1,377円
2,564円
2,849円
2,849円
2
できるポケット 定番アプリ超活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googleドライブ 業務と相...
発売日 2020/10/13
コグレ マサト, 堀 正岳, できるシリーズ編集部 (インプレス)
総合評価
(4.2)
1,518円
1,488円
1,518円
1,518円
3
(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)...
発売日 2021/03/08
清水理史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.1)
2,200円
1,100円
2,200円
2,200円
4
2,420円
2,372円
2,420円
5
1,848円
924円
1,848円
1,848円
 

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略 (Compass Booksシリーズ)
(著)David Loftesness, Alexander Grosse
発売日 2020/05/29
総合評価
(4.2)
(2024/02/23 10:33時点)
※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

急成長に伴う難問を乗り切るために ―― 米IT企業の「実証済みの解決策」を集約!

たとえば、以下のような問題に悩んだことはありませんか?

「よい採用をするために、面接で質問すべきことは?」
「どの規模になったら管理職を設けてよいのか?」
「管理者とエンジニアのキャリアパスは分けるべきか?」
「エンジニアの昇進はどうやって決める?」
「アジャイルやスクラムと併用できる組織設計とは?」
「KPIの達成を給与と連動させるべきか?」
「会社のコアバリューはどうやって見つける?」
「社内のコミュニケーションを必要最小限に抑えるには?」


このような問題に心当たりのある方には、本書がきっと役に立ちます。

----

本書は、IT企業の幹部、とくに、ソフトウェア・エンジニアリング、製品管理、デザイン、品質保証などの担当幹部を対象にしています。
規模で言えば、スタートアップや、一定以上の規模の組織で新たに結成された10人から250人のチームが主たる対象です。

そのなかでも、規模が急拡大中のチーム、俗に言う「ハイパーグロース」を遂げつつあるチームのニーズに焦点を当てています。

もっとも、本書で提案されている戦略は、これほど成長の速くないチームにも役立ちます。
そして、製品開発の担当チームと密接に連携するチーム(たとえば技術営業、マーケティング、カスタマーサクセスなどの担当チーム)の管理者にも、さらにはIT以外の分野の管理者にとっても、大いに役立つものです。

本書は、著者2人が複数の企業で急成長中のチームを管理した経験を下敷きにし、各種分野の高成長企業の創業者や幹部(Google、Amazon、Twitter、Slack、Spotifyなど)にもインタビューし、その成果を組み込んで書かれました。さらに他業種のリーダーたちの著書や記事も参照、引用して作られています。


問題が起きたときに慌てて極端な舵切りをするのではなく、すでに成功を遂げた他社の実証済みの解決策を参考にしながら、それを自社独自の状況から生じた特有の問題に応用できるようにする――そうした「実証済みの解決策」を集めたツールボックスが、まさしく本書なのです。


---

本書の構成:


・1章、2章、3章:採用 ―― これは会社の基盤構築に関わる局面だ。チーム、ひいては会社の成長を助けられる人材を採用しなければならない。会社ならびに既存の社員とビジョンや価値観を共有し、会社全体の成功に寄与できる資質を備えた人材が確保できれば理想的である。人選を誤るぐらいなら採用しないほうがましだ。他の4 つの局面にどれだけ投資したところで人選の失敗の穴埋めはまずできない。

・4章、5章:人事管理 ―― 「採用」によってチームの「素材」が手に入るわけだが、チームが長期的に満足の行く形で作業を進め、しかるべき成果を上げていくためには「人事管理」が必要だ。有能な管理者は、コーチング( チームのメンバーが目的達成に必要なスキルや知識を身につけるための、指導者との双方向のコミュニケーション)、フィードバック、作業の割り振り、対立や紛争の解決といった手法を採り入れ、これを各メンバーのニーズに合わせて調整しつつ応用していく。

・6章、7章、8章:組織 ―― 「採用」と「人事管理」が生産性の維持・向上に必須の要素だとすると、「組織」は生産性の向上と方向付けに有効な「枠組み」である。優れた組織は、成果の引き渡しを妨げる障壁を崩し、適任のメンバーを厳選して結成したチームに、事業が抱える難問の解決を委ねる。

・9章、10章、11章:文化、コミュニケーション ―― 「文化」と「コミュニケーション」は上記3つの局面を結びつける接着剤の役割を果たす。有効な文化は、他の4つの局面の諸々の要素を包含し、それぞれの最良の部分を強化する力を有する。一方、コミュニケーションは、チームが他の4つの局面で力を発揮するのに必要な文コンテクスト脈をメンバーにもたらす。

・12章:前章までで紹介してきた「ノウハウやコツ」(その中でも必須のもの)と「問題の兆候」とを、それぞれ一覧表にまとめたほか、規模拡大に伴う困難を乗り切るためのスケーリングプランを提案している。


※本書は、米オライリーメディアから2017年に発行された『Scaling Teams -Strategies for Building Successful Teams and Organizations』の翻訳です。

●目次
Chapter1 採用のスケーリング――チームの拡充
Chapter2 採用のスケーリング――面接と採否の決定
Chapter3 採用のスケーリング――雇用契約締結、新入社員研修、退社手続き
Chapter4 管理体制の導入
Chapter5 大規模組織の人事管理
Chapter6 組織のスケーリング――組織設計の原則
Chapter7 組織のスケーリング――デリバリーチーム
Chapter8 組織のスケーリング――報告体制
Chapter9 文化のスケーリング
Chapter10 コミュニケーションのスケーリング――規模と距離が生む複雑性
Chapter11 コミュニケーションのスケーリング――組織内のコミュニケーション
Chapter12 自チームのスケーリング

●著者
Alexander Grosse(アレクサンダー・グロース)
現在、デジタルカタログ制作・共有サービス「issuu」のエンジニアリング担当バイスプレジデントである。それ以前はSoundCloud のエンジニアリング担当バイスプレジデントを、さらにそれ以前はNokiaの研究開発責任者を務めた。

David Loftesness(デイビッド・ロフテスネス)
Twitter、ブックマーク共有サービスXmarks、検索技術を専門とするAmazonの子会社A9 、Amazonの各社で技術チー
ムを率いていた。現在は、父親業、スタートアップへの助言、新任管理者のメンタリング、執筆にいそしんでいる。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本書はアメリカ企業のスケーリング(規模拡大)に伴い実施してる採用プロセスの翻訳本です。マネージメントのポジションに就いてる方は必読な内容となってます。自分もエグゼクティブ・マネージメントとして動いてますが、中途採用者を如何に既設チームメンバーと上手くやっていくかで苦労してます。

本書の最初の方は採用プロセスから始まります。特に興味をもったのは、P66~身元照会、”面接プロセスで得た候補者の印象が、前職での実績と合致するかどうかを確認するため、前の職場での同僚に照会することは不可欠だ。”と記載があります。ひと昔前なら日本企業でも行えましたが、個人情報保護法が出来てからやコンプライアンスなどがあり、今では興信所でも通さない限りは確認する術がなく、大企業であれば3~4回の面接で内定をする企業が少なくないと思います。自社では専門の調査部門を通し、徹底的に身辺調査を実施することによって、トラブルを回避してます。特に、P108~”管理者の育成”から後に書かれている内容はマネージメントをおこなう上で重要です。本書はアメリカ企業の実例を纏めた書ですが、異業種交流会に参加したときに話を聞くと、どこの企業も採用には苦労してる中で、本書のようなプロセスを採用してる企業が少なくないことが分かりました。ただ中小企業で、本書のようなプロセスはなかなか難しいとは思いますが、第5章(大規模組織の人事管理)、第6章(組織のスケジューリング)は読むべきだと思います。他社の参考事例も掲載されてますので、かなり参考になるはずです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

できるポケット 定番アプリ超活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googl...

ビデオ会議やビジネスチャットは使えるという方に、より効率的に業務を進める応用ワザを提案します。
本書では、テレワークの定番アプリを3つに分類。それらをチームのメンバー構成にあわせて使い分けたり、組み合わせて会議を大幅に効率化したり、離れて仕事をするチームで起こりがちな意思疎通の問題を解決したりと、テレワークをより快適にする新しい提案を100本収録しました。

1.チャット - Slack、Teams
2.ビデオ会議 - Zoom、Teams、Google Meet
3.文書共有 - Googleドライブ

文書共有アプリに最新情報を集めて日常の業務はチャットで進行、集中的な議論にはビデオ会議、のように各アプリの特徴と役割を理解することで、オフィスという場にとらわれずに仕事ができる、未来のワークスタイルが身に付きます。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
デジタル世代には自然に身についているようなことも、毎日電車に乗って会社に行くことが仕事だと思っているオジサンサラリーマンには慣れないことも多いはず。この本をひととおり読むことで、テレワークで生産性を向上できるコツを身につけることができます。
ニューノーマルな働き方に必要なことが網羅されています。ビジネスマンとして今後生き残りたいなら、必読の書。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)

新型コロナウイルスの流行により、学びの形は大きく姿を変えようとしています。文部科学省の「GIGAスクール構想」のもと、子どもたち一人一人に公正に個別最適化された教育ICT環境の実現が急がれています。

GIGAスクール構想ではWindows、Chrome OS、iPad OSの3つのOSが推奨されており、Windowsを搭載した端末向けのサービス「Microsoft Teams for Education」が多く採用されています。Microsoft Teams for Educationは教育現場で役立つ豊富な機能を備えており、オンライン授業や課題の設定、ルーブリックを用いた評価などを行うことができます。また、Microsoft Office 365のWordやExcel、PowerPointをはじめとするアプリケーションのハブとしての役割ももち、資料のペーパーレス化や校務の効率化に役立ちます。

本書はこのMicrosoft Teams for Educationの基本的な操作から、オンラインで授業を行ったり、課題を作成してフィードバックを行ったりする方法などを具体的に解説。また、遠隔授業を受ける生徒のために、家庭でのパソコンの設定方法や授業の受け方を紹介した章を掲載しました。さらに、小学校、中学校、高校での実践例も収録しています。
ICTを活用した新しい学びのために、本書が一助となれば幸いです。

【目次】
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 Microsoft Teams for Educationとは
第2章 Teams for Educationを導入しよう
第3章 オンライン教室を作ろう
第4章 オンライン教室を活用しよう
第5章 オンライン授業を始めよう
第6章 Teamsをもっと授業に活用しよう
第7章 パソコンで授業に参加しよう
第8章 実践例を参照しよう
付録

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
スクリーンショットでの解説がありわかりやすい! コロナで休校になった際に活用でき助かりました。 通常の学校でもこれから活用できます! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナ禍でオンライン授業になったのでとても役立ちました。これからもしばらは引き続き役立ちそうです。わかりやすいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
文部科学省のGIGAスクール構想で多く用いられている
「Microsoft Teams for Education」を使った
オンライン授業のやり方を、一つ一つ具体的に解説した本。

インターネットを使ったオンライン授業の機会が、
学校はもちろん、カルチャースクールのようないろいろな場所で広がっているので、
あらゆる人がこういう本で勉強しておくことが、必携だと思います。
この本では、オンライン授業を、講義する側と、受ける側の、両方で解説がある
のが特徴。これは、誰もが両方の可能性があるからです。

クリックをするところで、全ページでそれが赤の囲みになっているのですが、
これが色統一されていることで、頭に残るので覚えやすく、
作業もリズムよく身につくと思います。
参考画面も、どれも大きくて見やすい。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
清水理史(シミズマサシ)
1971年東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

今すぐ使えるかんたん Teams for Education ~導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本~

Microsoft Teams for Educationを活用したい、先生のための教科書です!

本書は、GIGAスクール構想により学校へ導入が進んでいる「Microsoft Teams for Education」のいちばんやさしい解説書です。現在、多くの学校に教育ICTシステムが導入されていますが、現場の教師や管理者のITリテラシーが依然として低いままであることが原因で、導入後、実際の授業やコミュニケーションへの活用がなかなか進んでいません。本書では、パソコンに不慣れな教育関係者でもわかるように、Microsoft 365のクラウド機能から、実際のオンライン授業や教材のデジタル化の事例、授業後の学習管理やコミュニケーションへの活用まで、Microsoft Teamsの活用方法をていねいに解説しています。現場で活用している現役教師が教える便利な活用テクニックも多数紹介しているので、授業や校務をICT化していきたい学校関係者におすすめの一冊です!

(こんな方におすすめ)
・Microsoft Teams for Educationを授業や校務で活用したい教育関係者

(目次)
第1章 Teams for Educationの基本を知ろう
  Sec 01 Teams for Educationとは
  Sec 02 Teams for Educationとクラウド
  Sec 03 Teams for Educationで実現する学び
  Sec 04 Teams for Educationが使える端末と利用環境の特徴
  Sec 05 Teams for Education上でのコミュニケーションの考え方
  Sec 06 Teams for Educationの基本構成

第2章 Teams for Educationを利用しよう
  Sec 07 基本操作を学ぼう
  Sec 08 投稿へ反応しよう
  Sec 09 通知を管理しよう
  Sec 10 ファイルを共有しよう
  Sec 11 タブを活用しよう
  Sec 12 ビデオ会議をしよう

第3章 Microsoft 365 Educationを知ろう
  Sec 13 基本的な組み合わせを知ろう① ~Word
  Sec 14 基本的な組み合わせを知ろう② ~Excel
  Sec 15 基本的な組み合わせを知ろう③ ~PowerPoint
  Sec 16 基本的な組み合わせを知ろう④ ~Forms
  Sec 17 基本的な組み合わせを知ろう⑤ ~OneNote
  Sec 18 基本的な組み合わせを知ろう⑥ ~Whiteboard
  Sec 19 基本的な組み合わせを知ろう⑦ ~Sway
  Sec 20 基本的な組み合わせを知ろう⑧ ~Stream
  Sec 21 その他のアプリとの組み合わせを知ろう

第4章 Teams for Educationの教育向け機能を活用しよう
  Sec 22 クラスを作成しよう
  Sec 23 学習者を招待しよう
  Sec 24 チャネルの作り方と運用方法を学ぼう
  Sec 25 チームやチャネルの各種設定を確認しよう
  Sec 26 課題を割り当てよう① ~課題の作成
  Sec 27 課題を割り当てよう② ~ルーブリックの作成
  Sec 28 課題を割り当てよう③ ~提出と採点・返却
  Sec 29 クラスノートを活用しよう① ~作成
  Sec 30 クラスノートを活用しよう② ~ページの配布
  Sec 31 クラスノートを活用しよう③ ~ページのレビュー
  Sec 32 学習者の感情を集計しよう ~Reflect
  Sec 33 クラスの活用状況を分析しよう ~Insights

第5章 Teams for Educationで学習のデジタル化を進めよう
  Sec 34 学習のデジタル化をしよう
  Sec 35 紙のノートやホワイトボードをカメラで撮影して共有しよう
  Sec 36 デジタルでノートを取って共有できるようにしよう
  Sec 37 デジタルでのワークシートの活用方法を考えよう
  Sec 38 デジタルを活用して音読学習をしよう

第6章 Teams for Educationをさまざまな場面で活用しよう
  Sec 39 学校生活で活用できるさまざまな場面
  Sec 40 係活動で主体的に活用しよう
  Sec 41 校務で活用できるさまざまな場面

第7章 自宅からオンライン授業に参加できるようにしよう
  Sec 42 オンライン授業の準備をしよう
  Sec 43 会議の録画、出欠確認、挙手指名をしよう
  Sec 44 マイクのミュート管理やチャットでの呼びかけをしよう
  Sec 45 教師や発表者のカメラの表示設定を変更しよう
  Sec 46 少人数の話し合い機能や背景効果を活用しよう

第8章 保護者とコミュニケーションを取ろう
  Sec 47 保護者にMicrosoftアカウントを発行してもらおう
  Sec 48 保護者チームを活用しよう
  Sec 49 保護者とのやり取りで注意すべきこと

第9章 Teams for Educationの管理者の心得を学ぼう
  Sec 50 教員の意識を改革しよう
  Sec 51 校内研修を改革しよう
  Sec 52 年次更新のノウハウを学ぼう

付録1 Teams管理センターの使い方
  Apeendix 01 Teams管理センターの使い方① ~ダッシュボード
  Apeendix 02 Teams管理センターの使い方② ~ポリシーの管理
  Apeendix 03 Teams管理センターの使い方③ ~チーム・ユーザーの管理

付録2 トラブル解決Q&A
  Question 01 Teamsアプリの動作が遅いと感じたときはどうすればよい?
  Question 02 チームは学級ごとにする? 教科・科目ごとにする?
  Question 03 プロフィール画像を変えるのはどこまで許せばよい?
  Question 04 大切な情報を見落とさないようにしてもらうには?
  Question 05 複数のチームやチャネルに同じ内容の投稿をするには?
  Question 06 見落としてしまった過去の投稿を探すには?
  Question 07 終了した会議に勝手に入室してしまわないようにするには?
  Question 08 メンションに敬称はつけなくてよい?


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ できるビジネスシリーズ

Teamsを仕事の舞台装置として使いこなす方法を
現場の利用実態に根ざした視点で解説!
ビジネスコミュニケーションツール「Microsoft Teams」は、テレワークの普及と共に、数多くの企業で導入されました。
Teamsにはチャットやビデオ会議、アプリケーションとの連携など、さまざまな機能があり、幅広い使い方が可能です。一方、Teamsはコミュニケーションの手段として他の人と一緒に利用するツールであるため、使い方に迷いが生じる部分もあります。

本書では「チームとチャネルの使い分け」「通知量のコントロール」「アプリとの連携」など、基本操作ではなく、Teamsを効率的・実践的に使うための操作方法や考え方を解説しています。
すべての機能を取り上げてはいませんが、Teamsの達人である著者の、現場の利用実態に根ざした視点で、よく使う操作や便利な機能を厳選しました。単なる基本操作ではない、一歩踏み込んだ活用法を身に付けられます。

◆このような人におすすめです
・普段使っているTeamsを、より効率的に使いたい人
・自動化ツールとの連携など、発展的に使いこなしを知りたい人
・他のコミュニケーションツールとの併用や、Teamsへの乗換を考えている人
・各機能の制限の有無を判断するIT部門の管理者

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 チームとチャネルの運用
第2章 チャットの使いどころ
第3章 ビデオ会議の円滑化
第4章 アプリと個人の設定
Users Voice
会社でTeamsを使う頻度が高くなって来たのでもっと活用しようと思い勉強用で購入しました。色んな機能がある事ので活用したいです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
職場でTeamsが導入されたけど、どうやって使えば効率的なのか分からない方々向けに実践的な使い方を教えてくれます。
個々の機能の説明書ではなくて、「こうやって使うと仕事が捗りますよ」的な書き方になっています。
なので、一つ一つの機能やコマンドの操作方法を全部知りたいといった方には向いていないかもしれません。
構成は大きく4章に分かれています。
第1章 チームとチャネルの運用 約90ページ
第2章 チャットの使いどころ 約24ページ
第3章 ビデオ会議の円滑化 約52ページ
第4章 アプリと個人の設定 約25ページ
Teamsを立ち上げて一緒に操作しながら読むのが一番分かり易いとは思いますが、画面のキャプチャが多用されていて、実際にどの様な画面になるのか分かり易く解説されているので、通勤電車の中とかで本だけを読んでも理解する事ができます。
もちろん、インプレスブックスの特徴として、PDF版を無料でダウンロードできるので、本を持ち歩くのが面倒な方は、スマホで読むことも出来るのはとても便利です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:太田 浩史
株式会社内田洋行
1983年生まれ、秋田県出身。2010年に自社のOffice 365(当時BPOS)導入を担当したことをきっかけに、多くの企業に対してOffice365導入や活用の支援をはじめる。Office 365に関わるIT技術者として、社内の導入や活用の担当者として、そしてひとりのユーザーとして、さまざまな立場の経験から得られた等身大のナレッジを、各種イベントでの登壇、ブログ、ソーシャルメディア、その他IT系メディアサイトなどを通じて発信している。2013年にはMicrosoftにより個人に贈られる「Microsoft MVP Award」を受賞。日本最大のOffice365ユーザーグループ「Japan Office 365 Users Group」の共同運営メンバーでもある。


↓全て表示↑少なく表示

   

Microsoft Teamsの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

以下がMicrosoft Teamsの本の新書(2021年,2022年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2024/02/23 10:33 更新)
製品価格
3,000円
AIでさらに進化! Teams Premium徹底活用術
発売日 2023/11/16
一般社団法人プロトレ 天野 貴之, 一般社団法人プロトレ 清水 香里 (日経BP)
2,640円
2,587円
(+1294pt)
2,640円
Microsoft Teams実用ワザ大全 増補新版
発売日 2023/06/23
(日経BP)
総合評価
(3)
1,980円
1,940円
1,980円
ゼロからはじめる Microsoft Teams 基本&便利技[改訂2版]
発売日 2023/05/26
リンクアップ (技術評論社)
総合評価
(4)
1,320円
1,294円
1,320円
Teams for Windows11
発売日 2023/05/18
牛島孝夫 (マイハート社)
Kindle Unlimited対象
500円
誰も教えてくれなかった! 業務効率改善のためのMicrosoft Teams活用術...
発売日 2023/03/08
山田 榮一 (ダイヤモンド社)
総合評価
(3.4)
1,760円
1,426円
1,584円
2,420円
2,372円
2,420円
Microsoft 365 - Das Praxisbuch fuer Anwender: Die Zusammenarbeit mit T...
発売日 2023/01/01
Schmidt, Melanie (Dpunkt.Verlag GmbH)
8,189円
できるポケット 必修アプリ超活用 Microsoft Teams全事典 改訂版 できるポケットシリーズ...
発売日 2022/12/20
太田 浩史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
総合評価
(2.8)
1,518円
759円
1,518円
Teams仕事術[改訂新版]
発売日 2022/10/20
椎野 磨美 (技術評論社)
総合評価
(3.6)
1,980円
1,940円
1,980円
 

Microsoft Teamsの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるMicrosoft Teamsの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2024/02/23 10:33 更新)
Rank製品価格
1
テレワークの働き方を変えるMicrosoft Teams完全ガイド
発売日 2021/03/19
松下典子, 飯田成康 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
1,760円
1,584円
1,000円
1,760円
2
できるポケット テレワーク必携 Microsoft Teams全事典 Microsoft 365&無料版対応...
発売日 2020/09/04
株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.7)
1,408円
1,267円
448円
1,408円
3
500円
4
500円
5
(無料電子版付き)できるTeams for Education すぐに始めるオンライン授業 (できるシリーズ)...
発売日 2021/03/08
清水理史, できるシリーズ編集部 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.1)
2,200円
1,100円
2,200円
2,200円
6
Teams活用術: 基礎からわかる入社1年目の必須スキル
発売日 2020/05/09
越後 龍之介 (越後屋本店)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(2.9)
500円
7
500円
8
300円
9
オンライン授業入門  Microsoft Teams & Forms を活用した遠隔授業と学生サポート 改訂版 (OnDeck Books(...
発売日 2021/04/30
共栄大学遠隔授業支援チーム, 伊藤 大河, 秋山 高善, 神山 友宏 (インプレスR&D)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.2)
990円
10
500円
 

関連:最新のビジネス書

以下では、スキル・マインドアップに役立つ「最新・人気のビジネス書(新刊)」を紹介しています。

FX投資とともに、自己投資にも取り組む参考にのぞいて見てください。

関連:Zoom(ズーム)関連の本

また、以下では同じくオンラインミーティング等に有用なZoom(ズーム)に関する書籍も紹介しています、合わせてのぞいてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました