【動画で学習】UdemyのHTML/CSS 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのHTML/CSS講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのHTML/CSS講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるHTML/CSSの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.5)
総評価数 7884件
2
(4.5)
総評価数 4045件
3
(4.4)
総評価数 4925件
4
(4.6)
総評価数 143件
5
(4.3)
総評価数 580件
6
(4.3)
総評価数 153件
7
(4.4)
総評価数 99件
8
Nextjs + Tailwind CSS + Django REST Framework で学ぶモダンReact開発
発売日 2020/12/23
受講者 1,427人
通常 24,000円
現在 19,200円
(4.4)
総評価数 217件
9
(4.2)
総評価数 1389件
10
(4.5)
総評価数 877件
11
(4.4)
総評価数 225件
12
(4.5)
総評価数 79件
13
(4.6)
総評価数 249件
14
JavaScript+HTML:Electronでつくるローカルアプリ実例講座 for Windows...
発売日 2017/04/14
受講者 920人
通常 10,200円
現在 8,160円
(4.2)
総評価数 110件
15
70以上のレッスンで、基礎からしっかり学べる! HTML5完全マスターコース...
発売日 2015/10/16
受講者 2,289人
通常 9,600円
現在 7,680円
(3.7)
総評価数 400件
16
(4.5)
総評価数 376件
17
(4.3)
総評価数 102件
18
(4.5)
総評価数 18件
19
(4)
総評価数 259件
20
(3.5)
総評価数 204件
21
(3.7)
総評価数 78件
22
(4.2)
総評価数 11件
23
(3.5)
総評価数 31件
24
(3.5)
総評価数 87件
25
(2.9)
総評価数 106件
26
Bootstrap3+Dreamweaver(CC2018)+HTML5+CSS3 レスポンシブWEBデザイン実践コース...
発売日 2018/02/15
受講者 1,534人
通常 12,000円
現在 9,600円
(4.5)
総評価数 285件
27
(3.8)
総評価数 13件
28
初心者向けHTML & CSS基礎講座
発売日 2018/04/05
受講者 104人
通常 2,400円
現在 1,920円
(3.6)
総評価数 24件
29
初めての人の「HTML5」入門
発売日 2015/08/26
受講者 453人
通常 3,000円
現在 2,400円
(4)
総評価数 103件
30
誰でもわかる HTML基礎&CSS基礎
発売日 2018/04/26
受講者 219人
通常 21,000円
現在 16,800円
(3.8)
総評価数 32件
31
(4.3)
総評価数 24件
32
誰でもわかる HTML5
発売日 2015/10/09
受講者 76人
通常 4,800円
現在 3,840円
(4.4)
総評価数 22件
33
Webの新しいデザイン「CSS3」入門
発売日 2015/10/02
受講者 215人
通常 3,000円
現在 2,400円
(4.7)
総評価数 28件
34
(4)
総評価数 21件
35
[HTML/CSS]未経験から最速でフロントエンジニアになるためのHTML/CSS入門...
発売日 2020/08/08
受講者 37人
通常 5,400円
現在 4,320円
(4.4)
総評価数 9件
36
(3.1)
総評価数 4件
 

UdemyのHTML/CSS 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

[HTML/CSS/JavaScript] フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門

[HTML/CSS/JavaScript] フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
発売日 2017/08/29
(4.5)

9 total hours
Webの仕事に関わる人なら誰でも必要な、「HTML/CSS」とプログラミング言語「JavaScript」の知識をこれ一本で。基礎の基礎から、jQuery/Vue.jsまで学びます。

HTMLとCSS、JavaScriptなどの Webの知識は、今や Webに関わる仕事はもちろんの事、アプリ開発やメディア制作など、あらゆる仕事に必要になっています。

これら、フロントエンド(表示される画面に関わる要素)を操るエンジニアを「フロントエンドエンジニア」などと呼びます。この講座では、そんなフロントエンドエンジニアになるための基礎知識となる、HTMLと CSS、プログラミング言語の JavaScriptを総合的に学びます。

スマートデバイスに対応した「レスポンシブWebデザイン」での、サイト制作や「CSSフレームワーク」を用いて、簡単に Webサイトデザインを行なう方法、そして JavaScriptでは「Ajax通信」や「jQuery/Vue.js」などの「JavaScriptフレームワーク」を用いたプログラミング開発まで学ぶことができます。

本講座を修得すれば、簡単な Webページなら自分の力で組み上げることができるようになるでしょう。また、他のチームメンバーが作った Webページの構造を理解し、変更したり、制作に参加するといった事もできます。

なお、本講座は同じ作者の、『これからWebをはじめる人のHTML&CSS, JavaScriptのきほんのきほん(マイナビ出版刊)』に基づいて映像講義にしています。本講座だけでも学ぶことができますが、書籍を手元に置けばより理解が深まることでしょう。合わせてご利用ください。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
HTML, CSS, JavaScriptは昔少し触ったことがあったのですが、たにぐちさんの講座を通してより知識が深まったと思いました。 ただ知識を講義するだけでなく、ユーザビリティの観点からすべきことなども細かく教えてくださり非常に満足度が高いです。 HTML・CSS・JavaScriptの講義の決定版と思いますので、ぜひ受けてみてください! (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
Progate等で少し学んでから講座を視聴しました。 実際に手を動かしながら学習することができるため、とても分かりやすいです。 また、話し方や講義スピードも丁度よかったです。 ぜひ他の講座も購入したいと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • Udemyでの受講について
    • Webの開発環境を整えよう(Windows編)
    • Webの開発環境を整えよう(macOS編)
  2. 入会フォームを HTML/CSSで作成しよう
    • サンプルファイルのダウンロード
    • 簡単なHTMLを作ってみよう
    • Visual Studio CodeでのHTML編集
    • テキストフィールドを作ろう
    • ボタンを作ろう
    • headタグの中に記述する決まり文句
    • CSSで見た目を調整しよう
    • CSSの内部参照でページ内の共通パーツのスタイルを調整しよう
    • CSSの外部参照で複数ページに共通のスタイルを記述しよう
    • sanitize.cssでブラウザーのデフォルトCSSをリセットしよう
    • divタグと class属性で要素を区分けしよう
    • marginプロパティの autoを使ってエリアを中央に揃えよう
    • box-shadowプロパティで浮いたボタンを作ろう
    • 適切な HTMLタグを利用しよう
    • spanタグで「必須」ラベルを作ろう
  3. レスポンシブWebデザインで、スマホ対応のサイトを作ろう
    • HTML/CSS:CDアルバムの紹介ページを作ろう
    • HTML:セクショニングコンテンツ(header, section)
    • CSS:タイトルの CSSを整える
    • CSSのセレクターの種類
    • 画像を配置しよう - img
    • CSS:floatを使った回り込み
    • CSS:clearで回り込みを解除する
    • HTML: リンクを張る aタグ
    • HTML:「実体参照」でコピーライト表記を追加する
    • CSS:Webフォントを使う
    • CSS:レスポンシブWebデザイン(RWD)のレイアウトを作る(メディアクエリー・リキッドデザイン・ブレイクポイント)
    • CSS:CSSアニメーションを使う(Transition)
  4. Bootstrapで素早く Webページを作ろう【2021年版】
    • このセクションで作るものを確認しよう
    • Bootstrapを CDN(Content Delivery Network)で利用しよう
    • Bootstrapの Containerを使って画面をレイアウトしよう
    • スタイルシートを調整しよう
    • Bootstrapのグリッドシステムで画面をレイアウトしよう
    • Bootstrapのフォームコントロールを使おう
    • プレイスホルダー(placeholder)の使い方
    • ドロップダウンリストを追加しよう
    • チェックボックスを追加しよう
    • ラジオボタンを追加しよう
    • テキストエリアを追加しよう
    • バッヂを使って、必須項目を示そう
  5. JavaScriptで今日の日付を表示しよう
    • HTML/CSS:画面を作り上げよう
    • JavaScript:オブジェクト・メソッド・パラメーター
    • JavaScript:文字列・数字と四則演算、文字列連結
    • JavaScript:変数の扱い
    • JavaScript:オブジェクトとインスタンス
    • JavaScript:Dateオブジェクトを使ってプログラムを仕上げよう
  6. イベントドリブンな、ストップウォッチプログラムを作成しよう
    • HTML/CSS:画面の見た目を作成しよう
    • JavaScript:getElementByIdとプロパティで要素を書き換えよう
    • JavaScript:if構文で条件に沿ったプログラムを作ろう
    • JavaScript:function(関数)定義をしよう
    • JavaScript:イベントドリブンなプログラムを作成しよう
    • JavaScript:setIntervalで定期的に実行されるプログラムを作ろう
    • JavaScript:変数のスコープを理解しよう
    • JavaScript:秒数から、分と時を計算しよう
    • JavaScript:thisを使って、STOPボタンを実装しよう
  7. Ajax通信でフォトライブラリーを作成しよう
    • HTML/CSS:ページを形作っていこう1 - position: fixed
    • HTML/CSS:ページを形作っていこう2 - position: relative, absolute
    • JavaScript:JSONデータを配列で操ろう
    • JavaScript:createElementと appendChildで HTML要素を作ろう
    • JavaScript:for構文で繰り返し処理をしよう
    • 【補足】利用した画像ファイルは次のレクチャーでも利用してください
    • JavaScript:Ajax通信を行なおう
    • JavaScript:Ajax通信で受信したデータを処理しよう - 論理演算子
    • JavaScript:画面を仕上げよう
  8. JavaScriptライブラリーを利用しよう
    • jQuery:jQueryを使ってみよう
    • jQuery:Ajax通信を行なってプログラムを仕上げよう
    • Vue.js:Vue.jsを使ってみよう
    • Vue.js:Vue.jsで画面を作り上げよう
    

【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)
発売日 2019/12/16
(4.5)

19.5 total hours
基礎を終えた方に最適!基礎レベルから一気にプロレベルへ!JavaScript、CSSの基礎~実践までを最短で学習。世界が変わる19時間。

「基礎レベルの事はわかるようになったけど、どうやってプロが作成するような本格的なサイトを組み立てていけばいいの!?」

「CSSやJSの基本的な文法や書き方は習得した。で、次は何を学べばいいの?」

「コードを整理するためにはどのように記載したらいいの?」

「もう一歩高いレベルの事を学びたい。」

「基本的な文法はなんとなく知っているけど、その先どのようにして成長していけばよいのかわからない?」


そんな悩みを持った方に最適のコースです。


私がまだ駆け出しエンジニアだった頃、基本的な文法を学んだ段階でまず思ったことは、

「で、どうやってこれで本格的なWEBサイトを組み立てていけばいいの?」

ということでした。


書籍やインターネットを探してみても、簡単なサイトを作りながら本当に基礎的な部分を教えているものばかりで、

もう一歩上のレベルの事を説明してくれるものは見つかりませんでした。


「どういった知識が必要なのか?どのようにして本格的なサイトを組み立てていくのか?何を覚える必要があって、何を覚えなくていいのか?」


私が初学者の時にはそんなことを思っていました。


今になって思うと随分遠回りをしたと思います。

今だと一瞬でできることでも、どのようにして実現すればよいのかがわからない状態では、
全く適切でない方法で1週間くらいかかって開発を行っていた時もありました。


「誰か実践的な書き方や方法を教えてくれないかな~。」


当時の私はそんな風に思っていました。


「こちらのコースでは今の私が当時の私に伝えたい、CSSとJavaScriptの知識を凝縮しました。」


WEB開発では覚えることがたくさんあります。

一方、皆さんの時間は有限でとても貴重なものです。


馬鹿正直に使わないHTMLタグを覚える必要はありませんし、すべてのCSSのスタイルについて覚える必要はありません。もちろん、JavaScriptの関数やメソッドについても同様です。


それよりも、もっと根本的なところで、「なぜ、そのような動きになるのか?」「なぜそのように実装するのか?」「どういったところに気を付けて学んでいけばよいのか?」について、学んでいきましょう。


「なぜそうするのか?」がわかっていれば、状況に応じて自分で最善の解決法を実装がでるようになります。そして、基礎を固めましょう。CSS、JavaScriptの基礎がわかっているとWEB開発が何倍も楽になります。また、新しくJavaScriptフレームワークやCSSフレームワークを使う際にも、学習効率は何倍にもなるでしょう。


こちらのコースは基本的な事を学んだレベルのWEB開発者をプロレベルまで一気に引き上げます。

  • もし、あなたが体系的にJavaScript、CSSの基礎について学びたいのであれば、こちらのコースを是非受けてみてください。

  • もし、あなたがCSS、JavaScriptの実装が思い通りにいかず、悩んでいるのであれば是非こちらのコースを是非受けてみてください。

  • もし、あなたがCSS、JavaScriptの実践的な記述方法からコードの最適化について学びたいのであれば、こちらのコースを是非受けてみてください。

  • もし、あなたがCSS、JavaScriptの中級者レベルに最短でなりたいのであればこちらのコースを是非受けてみてください。


19時間のコースを終えた時、あなたにはこれまでと違う世界が見えているはずです。


**こちらのコースでは以下の内容については扱いませんのでご承知おきください**

  • サーバーとの通信やサーバーへのデータリクエストの方法については扱いません。

  • JavaScriptを使ったフォームのチェックや非同期通信については扱いません。

  • サーバー側の実装(バックエンド開発)については扱いません。

  • JSフレームワーク(ReactやVue)やCSSフレームワーク(Bootstrap等)を使った実装については基本的に扱いません。

    ※一部、JSライブラリを使用します。

  • こちらのコースではES moduleを使ったJavaScriptの整理は行いません。
    WebpackでのJSファイルのバンドルも行いません。
    ※こちらのコースではJavaScriptのコード整理にclassを使用しますので、私が別で出しているWebpackのコースを参考にして、こちらのコースで作成した成果物のバンドルを是非試してみてください。

  • こちらのコースではIE11へのブラウザ対応は行っていません。最新の記述方法をお教えしていますので、IE11ではうまく動かないことをご了承ください。(IE11は脆弱性への対応も遅く、Microsoftもサポートを停止しているため、使わないことを推奨しております。)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
話し方が落ち着いていて、説明がわかりやすいです。発展的な内容も学べるので、勉強になります。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
まだ導入部のため評価できないので中間の3にしました (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • コース紹介
    • ★重要★コース受講の準備を行おう Part.1
    • コース受講の準備を行おう Part.2
    • プロジェクトの構成とコースの進め方
    • Udemyでの学習方法のアドバイス
  2. 超初心者の方はここからスタート
    • HTMLとは?HTMLの概要と文法について
    • HTMLのこれだけは知っておいて!インライン要素とブロック要素の使い分け
    • CSSとは?CSSの概要と文法について
    • CSSのこれだけは知っておいて!詳細度について
  3. コード記述の効率化を学ぼう
    • 【Tips】コードの自動補完を使おう
    • 【Tips】Visual Studio Codeのショートカットを使おう
  4. CSSの基礎から始めよう(Transition編)
    • 【導入】セクション紹介
    • 【丁寧に解説】まずはボタンを作りながら、CSSプロパティーを設定してみよう!
    • Transitionプロパティーの使い方を学ぼう(ボタンにホバーアクションを追加!!)
    • 【Sass】CSSをSassで記述してみよう!
    • 【Tips】Chromeの開発ツールの使い方について学ぼう
    • 【おさらい】CSSセレクターとSassネスティング
    • SassからCSSへの変換がうまくいかない時の対処法
    • Live Sass Compilerが重いと思ったときの対処法
    • ホバーで影ができるボタンを作ってみよう
    • 【演習】色々なエフェクトのボタンを作ってみよう
    • 【解答】色々なエフェクトのボタンを作ってみよう
    • Transformプロパティーの使い方をマスターしよう
    • PositionとZ-indexをマスターして思い通りのレイアウトを組もう!!
    • Transform, Position, Z-indexの復習!背景色がスライドするボタンを作ってみよう!
    • ::before?::after?疑似要素を使って無駄な記述を減らそう!
    • タイミングファンクション(a.k.a easing-function)でアニメーションをオサレにしよう!
    • 【発展】3Dアニメーションでより豊かな表現方法を身に着けよう
    • 【発展】【演習】3Dアニメーション ~ キュービックのボタンを作成してみよう
    • HTML要素を思った通りに配置するレイアウト方法まとめ
    • 【参考】開発ツールでの編集のローカルファイルへの自動反映方法
    • セクション修了!お疲れ様です!
  5. CSSを極めよう(Animation編)
    • 【導入】セクション紹介
    • 【簡単!】アニメーションを使って簡単なローダーを作ってみましょう!
    • 【文法】AnimationとKeyframesの文法を学ぼう!
    • 【Sass】@Mixinを使った一歩上のSassコーディング!!
    • 【Tips】疑似セレクターを使ってみよう!nth-childのハマりやすい罠とは!?
    • 【Sass】@for文で一歩上のSassコーディング!!
    • 【演習】Animationで色んなローダーを作ってみよう
    • 【解答 Part. 1】Animationで色んなローダーを作ってみよう
    • 【解答 Part. 2】Animationで色んなローダーを作ってみよう
    • 【実践】よく巷で見かけるオサレなやつ!メニューアイコンを作ってみよう!!
    • 【実践】オサレな文字列のアニメーションを作ってみよう!!
    • 【Sass】@Each文で配列をループ!フェードインアニメーションをサクッと作ってみよう!
    • 【Tips】今時の画像の表示方法まとめ ~ <img srcset>, <picture>, background-imageの使い分け
    • 【実践】画像にオサレなカバースライドアニメーションを適用してみよう!!
    • 【実践】画像にオサレなホバーアニメーションを適用してみよう!!
    • 【Tips】Background-imageを画像タグのようにアスペクト比を保ちながら表示する小技
    • 【Tips】アニメーションに最適なプロパティー
    • セクション修了!お疲れ様です!
  6. JavaScriptの基礎を固めよう!
    • 【導入】JavaScriptとは?
    • 【文法編】変数の宣言方法とデータ型について学ぼう!
    • 【文法編】関数の定義と使い方!
    • 【文法編】メソッドとプロパティーについて学ぼう!
    • 【文法編】配列の使い方をマスターしよう!
    • 【文法編】オブジェクトを使ってデータを管理しよう!
    • 【文法編】ループの記述方法基礎
    • 【文法編】ループの記述方法(for inとfor of)
    • 【文法編】ループの記述方法(実践)
    • 【文法編】if文と判定処理の正しい記述方法について学ぼう!
    • 【文法編】アロー関数を使って省略記法をマスターしよう!
    • 【文法編】コールバック関数をマスターしよう!
    • 【文法編】コールバック関数とループ処理
    • 【文法編】配列とforEachメソッド
    • 【文法編】配列とreduceメソッド
    • 【文法編】reduce関数を作ってみよう
    • 【DOM編】JavaScriptでHTML参照・更新!セレクターAPIを学ぼう!
    • 【DOM編】画面に機能を追加!イベントリスナーでイベントを登録!
    • 【DOM編】超基礎!画面初期化時にコードを実行!DOMContentLoadedとLoadの違いについて学ぼう!
    • 【DOM編】【演習】文字列をHTMLタグに分割してみよう!!
    • 【レベルアップ】Classを使ったコードの整理方法!!クラスでコードの再利用性を高めよう!
    • 【レベルアップ】thisを学んでクラスやオブジェクトを変幻自在に操ろう!!
    • 【おさらい】Classとオブジェクト
    • 【おさらい】thisとオブジェクト
    • 【おさらい】thisとbindの関係
    • 【おさらい】TextAnimationクラスをもう一度見てみよう。
    • 【レベルアップ】クラス継承でコードを有効利用しよう!!不要なコードは書かないようにしましょう!
    • セクション修了!お疲れ様です!
  7. JavaScriptのより実践的な記述について学ぼう!
    • 【導入】セクション紹介
    • 【Tips】スクロール検知の達人!IntersectionObserverを学ぼう!
    • 【実践】文字アニメーションをスクロールに合わせて発動しよう!
    • 【レベルアップ】スクロール監視クラスを作成してコードの最適化を行おう!
    • 【実践】スライドアニメーションをスクロールに合わせて発動しよう!
    • 【実践】クラスの記述に慣れよう!スマホメニューの作成 Part. 1!!
    • 【レベルアップ】BEMでCSSを記述してみよう!スマホメニューの作成 Part. 2!!
    • 【実践】スマホメニューを完成させよう!
    • 【実践】ページローダーでイライラ解消!ページローダーの作り方!
    • 【ライブラリ導入編】ヒーロースライダーでページをオサレにしよう!
    • 【実践編 Part.1】ヒーロースライダーでページをオサレにしよう!
    • 【実践編 Part.2】ヒーロースライダーでページをオサレにしよう!
    • 【実践編 Part.3】ヒーロースライダーでページをオサレにしよう!
    • セクション修了!お疲れ様です!
  8. Webサイト作成(序)
    • 【導入】セクション紹介
    • 【スマホ対応】レスポンシブデザインとは?スマホでも見やすいサイトを作るために!
    • 【スマホ対応】レスポンシブデザインの基礎を学ぼう!メディアクエリとビューポートについて学ぼう!
    • 【スマホ対応】モバイルファーストCSSの実装方法を学ぼう!
    • ヒーロースライダーの組み込みから始めて行こう!
    • 【Tips】最初にやっておくべきノーマライズとは?|マルチブラウザ対応
    • 【Tips】Webフォントでデバイス間の表示を統一しよう!
    • 【Tips】サイト表示に統一感を!共通クラスで記述を最小限に効果を最大限に!
  9. Webサイト作成(完)
    • あともう少しです!後半戦も頑張っていきましょう!
    • 【実装開始!】まずは以前作成したモジュールを移行してこよう!
    • スマホ画面から作成していこう!(Houseセクションの作成 Part.1)
    • Flexboxで超簡単にレスポンシブ画面を実装しよう!(Houseセクションの作成 Part.2)
    • 【復習】Flexboxを使ったレスポンシブ画面の実装の復習!!(Popularセクションの作成)
    • 【実践】Flexboxを使ったレスポンシブ画面の実装(Travelセクションの作成)
    • 【実践】Z-indexと疑似要素を使った実践的な記述方法について学ぼう!
    • 【実践】Flexboxでフッター作成!
    • 【ちょっと休憩】emとremについて
    • 【実践】ヘッダーを作ろう!Part. 1!
    • 【実践】ヘッダーを作ろう!Part. 2!
    • 【実践】サイドバーを作成しよう
    • 【実践】ベースデザインを完成しよう
    • 【実践】ページローダー追加
    • 【いよいよ完成へ!】JavaScriptを整理しよう!Part. 1
    • 【いよいよ完成へ!】JavaScriptを整理しよう!Part. 2
    • 【完】サイトを完成させよう
  10. インターネットに公開してみよう
    • インターネット公開前の準備(リリース準備をしよう)
    • インターネットにWebサイトを公開しよう
  11. さいごに
    • [ボーナスレクチャー]大変お疲れ様でした!
 
Preview Video
   

ウェブ開発入門完全攻略コース - HTML/CSS/JavaScript. プログラミングをはじめて学び創れる人へ!

ウェブ開発入門完全攻略コース - HTML/CSS/JavaScript. プログラミングをはじめて学び創れる人へ!
発売日 2017/11/25
(4.4)

24 total hours
カフェのウェブサイト制作やフォトギャラリーの制作、Ruby on Rails を使ったタスク管理アプリ開発、 MySQL、Bootstrap5、AWS Cloud9、GitなどWeb開発に必要な様々なスキルを1つのコースで沢山学ぼう!

プログラミングを学んで、ITエンジニアを目指そう!

このコースは、プログラミング初心者の方がプログラミングを1から学び、ITエンジニアを目指すためののコースです。

HTML, CSS, Bootstrap5, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, GitGitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます20時間の大型コースでお得に学べます。

☆☆コースの内容をしっかりと確認した上で受講をいただけるように、無料プレビューを30分公開しております。ぜひご覧ください!!☆☆

IT人材は、2030年に最大78万人不足すると経済産業省から発表がされました。

現在、ITエンジニアの転職市場は売り手市場です。また、自らWebアプリケーション開発ができるようになり、素早くアイディアを形にできれば、システム開発の費用が削減できて、起業への挑戦もハードルが下がります。

基本的なWebページの(HTML, CSS)の構築方法を学習したあと、画面サイズによって動的にレイアウトが変わるモバイルフレンドリーでレスポンシブ対応のWebサイトの作り方を学習します(Bootstrap)。

その後に、プログラミングを学習します。主にブラウザ側で動作させるJavaScriptと、サーバー側で動かすRubyを学習します。

よく使う機能が用意されていて、高速に開発が行えるWebアプリケーションフレームの使い方を学習します。スタートアップ企業でもよく使われるフレームワークを使用します(Ruby on Rails)。

Webアプリケーションを開発を行う上でキーポイントとなるデータを体系的に扱うデータベースの使い方を、学習します(MySQL)。

開発環境構築も丁寧に手順を追って説明します(AWS Cloud9)。

私は約10年の豊富なエンジニア経験があるとともに、初心者向けのプログラミング勉強会の講師や、エンジニア志望の大学生向けインターン講師、大手ITスクールでのティーチング・アシスタント経験があるのが強みです。ベテランになるにつれて、初心者のころに困っていたことを忘れてしまうものですが、初心者の時によくつまずく箇所が、分かっているので講座では丁寧な解説をしています。

皆さんの今後の自己実現のためのお役に立てるコースとなれば幸いです。
それでは、皆さんとコースの中でお会いできることを楽しみにしております。


想定する受講生

  • 実務未経験からITエンジニアに転職したいですか?

  • 自らWebアプリケーションを開発して公開できるようになりたいですか?

  • 駆け出しのWeb開発者の方でさらにスキルアップしたいですか?

⇒ あなたの答えが1つ以上YESなら、これはまさにあなたが探しているコースです!


※ Web開発初心者向けの講座です。実務経験豊富なエンジニアの方にとっては、物足りない可能性がありますので、ご注意ください。

※ カリキュラムのアップデートを実施しています。旧版のレクチャーについては、学習中の方へ配慮のため、一定期間掲載しています。


利用ソフトウェアとバージョン

下記を使用してWebアプリケーション開発を学習します。

  • HTML5 ・・・Webページの文章を構造化して記述

  • CSS3・・・Webページの見た目を整える

  • JavaScript (ES5)・・・Webページを動的に操作することができるプログラミング言語

  • Bootstrap4 ・・・よく使うWebぺージのデザインが簡単に設定できるCSSフレームワーク(旧版)

  • Bootstrap5 ・・・よく使うWebぺージのデザインが簡単に設定できるCSSフレームワーク

  • MySQL 5.7・・・データベース

  • Ruby 2.5・・・サーバ側で動かすプログラミング言語

  • Ruby on Rails 5・・・Webアプリケーションを高速で開発するためのフレームワーク(現時点ではver6系での動作確認はしておりません)

  • AWS Cloud9・・・アマゾン ウェブサービスが提供するWebブラウザで動作開発環境

  • Git 2.13・・・ソースコードのバージョン管理

  • Visual Studio Code 1.x,  Atom 1.x・・・テキストエディタ

  • Google Chrome ・・・Webブラウザ

学習環境について

  • パソコン(Mac または Windows)が必要。

  • 動画内ではmacOSを使用。Windows環境での学習については補足説明。

  • インストールして使うアプリケーションとして、Webブラウザ Google Chromeとテキストエディタ Visual Studio Code(レクチャーによってはAtom)を使います。MacでもWindowsでもOK。無料。

  • 開発環境には、AWS Cloud9というブラウザでWeb開発が行えるアマゾンのサービスを利用。無料枠で1年間学習可能。

  • アマゾン ウェブ サービスのアカウント作成が必要で、メールアドレス、クレジットカード、電話番号の用意が必要(認証のためクレジットカード登録が必要ですが、無料枠内で学習すれば課金発生しません)

  • GitHubアカウント(無料プラン)

更新履歴

  • 2021/10/07 HTMLの基本 のVisual Studio Codeのemmet設定のUI変更に対応(macOS, Windows)

  • 2021/5/28  セクションリニューアル「Bootstrap5でフォトギャラリーを制作しよう」

  • 2021/5/20 セクションリニューアル「Bootstrap」※Bootstrap5 対応

  • 2021/1/22 セクションリニューアル「CSS入門」

  • 2020/9/26 セクションリニューアル「実践:ウェブサイトのコーディング」

  • 2020/6/2 セクションリニューアル「HTML入門」「HTMLステップアップ」

  • 2019/6/25 「Atomの設定 不可視文字」 Windows版Atomの操作について補足

  • 2019/6/6 フォントオーサム公式サイトの仕様変更に対応

  • 2019/4/2 AWS請求アラートのUI変更(設定→Billling設定)に対応

  • 2019/1/29 「Rubyのバージョン管理 1」rvmの設定手順を一部変更

  • 2019/1/17 「AWS Cloud9による開発環境構築」セクション テキストエディタの設定レクチャーをアップデート

  • 2019/1/5 「AWS Cloud9による開発環境構築」セクションの、RVMインストール手順を修正

  • 2018/11/06 「HTML入門」セクションのコードの文字が小さい問題を修正

  • 2018/8/28 セクション8 Bootstrap 4入門の「ナビゲーションバー」 class指定について補足

  • 2018/8/8 実践:Webサイトのコーディング「CSSによるスタイルの設定 2」補足テロップ追加

  • 2018/6/15 レクチャー新規追加「JavaScriptのエラーを自力で解決するための方法」

  • 2018/5/22 動画アップデート 「コース紹介動画」

  • 2018/5/16 レクチャー新規追加 「リモートリポジトリからプル」

  • 2018/4/25 誤植修正 イントロダクション - Ruby入門

  • 2018/4/2  レクチャー新規追加「ビデオ速度の変更」

  • 2018/2/16 セクションを新規追加「Git/Git Hub入門」


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
受講方法やQ&Aの方法を丁寧に説明されていたので。また、会話のスピードが可変になっていて使いやすかったからです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
基本的な学習の進め方、使い方まで説明してある為。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. コース概要
    • コース紹介
    • 受講オリエンテーション
    • 補足:受講オリエンテーション
    • 学習の進め方
    • macOS Catalina環境でZipファイルが解凍できない場合
    • コンテンツリクエスト募集中!
  2. フロントエンド開発概容
    • イントロダクション -フロントエンド開発概容-
    • 補足:インターネット入門
    • インターネット入門
    • フロントエンド開発で重要な3要素
    • Google Chromeのインストール
    • テキストエディタについて
    • 【macOS】Visual Studio Codeのインストール
    • 【Windows】Visual Studio Codeのインストール
  3. 新HTML入門
    • イントロダクション - HTML入門
    • HTMLの歴史
    • HTMLの基本構文
    • HTML文書の基本構造
    • 補足:自動生成されるmeta要素について
    • 再掲:サンプルコードについて
    • 【macOS】はじめてのHTML
    • 【Windows】はじめてのHTML
    • 技術ドキュメント MDN
    • HTML文書のインデントと改行
    • 【macOS】Visual Studio Codeの設定
    • 【Windows】Visual Studio Codeの設定
    • よくあるHTMLの記述間違い
    • 補足:構文チェック
    • 構文チェック
    • 演習:HTMLのエラーを取り除く
    • 演習回答:HTMLのエラーを取り除く
    • よくあるご質問:要素の書き順
    • HTMLのコメント
    • 改行
    • 区切り線
    • リスト
    • 入れ子になったリスト
    • 演習:リスト
    • 演習解答:リスト
    • 説明リスト
    • 見出し
    • よくあるご質問:画像の配置方法について
    • 属性と画像の表示
    • リンク
    • 強調
    • 著作権表記
    • 情報のグループ化
    • span要素
    • 演習 : HTML基礎
    • 演習回答 : HTML基礎
  4. 新HTMLステップアップ編
    • イントロダクション - HTMLステップアップ
    • 再掲:サンプルコードについて
    • 補足:はじめてのテーブル
    • はじめてのテーブル
    • 行と列の覚え方
    • ヘッダーのあるテーブル
    • thead、tbody、tfootがあるテーブル
    • キャプション
    • セルの結合
    • 演習 : テーブル
    • 演習回答:テーブル
    • フォーム概要
    • はじめてのフォーム
    • お問い合わせフォームの制作① - 単一行のテキスト入力欄
    • お問い合わせフォームの制作② - プルダウンメニュー
    • お問い合わせフォームの制作③ - ラジオボタン
    • お問い合わせフォームの制作④ - テキストエリア
    • お問い合わせフォームの制作⑤ - チェックボックス
    • お問い合わせフォームの制作⑥ - 送信ボタン
    • お問い合わせフォームの制作⑦ - ラベル
    • フォームバリデーション
    • 演習:フォーム
    • 演習回答:フォーム
  5. 新・CSS入門
    • イントロダクション - CSS入門
    • 再掲:サンプルコードについて
    • CSSの基本をマスターしよう
    • はじめてのCSSを書いてみよう
    • コメントアウトをしよう
    • 色の指定ができるようになろう
    • 背景を指定しよう
    • ボックスモデルの基本を理解しよう
    • マージンを指定しよう
    • 補足:マージンの相殺について理解しよう①
    • マージンの相殺について理解しよう①
    • マージンの相殺について理解しよう②
    • パディングを設定しよう
    • ボーダーを設定しよう
    • ボックスの横幅と高さを指定しよう
    • マージンとパディングの違いを学ぼう
    • 3つのセレクターを使えるようになろう
    • 結合子を使ったセレクタを指定しよう
    • 複数のセレクタを指定しよう
    • リンクで使用する疑似クラスを指定しよう
    • フォントを指定しよう
    • ウェブフォントを利用しよう
    • テキストに様々なスタイルを設定しよう
  6. 実践:ウェブサイトのコーディング
    • イントロダクション - 実践:新ウェブサイトのコーディング
    • よくあるご質問(必ずご確認ください)
    • 再掲:サンプルコードについて
    • ファイルの作成
    • HTMLによるマークアップ①
    • よくあるご質問:ダミー画像が表示されない場合について
    • HTMLによるマークアップ②
    • HTMLによるマークアップ③
    • CSSによるスタイルの設定①
    • CSSによるスタイルの設定②
    • CSSによるスタイルの設定③
    • CSSによるスタイルの設定④
    • レスポンシブ対応
    • 画像の設定
    • メタデータの設定
    • よくあるご質問 その2(本セクション)
  7. Bootstrap5の基本を習得しよう
    • イントロダクション-Bootstrap5
    • 再掲:サンプルコードについて
    • Bootstrapとは
    • はじめてのBootstrap
    • はじめてのBootstrap-ボタン
    • はじめてのBootstrap-ナビゲーション①
    • はじめてのBootstrap-ナビゲーション②
    • はじめてのBootstrap-グリッドシステム①
    • はじめてのBootstrap-グリッドシステム②
    • はじめてのBootstrap-グリッドシステム③
    • はじめてのBootstrap-グリッドシステム④
    • はじめてのBootstrap-グリッドシステム⑤
    • はじめてのBootstrap-ジャンボトロン・フォーム
  8. 実践:Bootstrap5でフォトギャラリーを制作しよう
    • イントロダクション - Bootstrap5でフォトギャラリーを制作しよう
    • 再掲:サンプルコードについて
    • ナビゲーションバーを作ろう
    • メインイメージを表示しよう
    • 写真のグリッド表示をしよう①
    • 写真のグリッド表示をしよう②
    • Bootstrap Iconsを導入しよう
    • レイアウトの仕上げを行おう
  9. JavaScript入門
    • イントロダクション - JavaScript入門 -
    • 再掲:サンプルコードについて
    • JavaScript入門セクション以降のテキストエディタについて
    • JavaScriptの歴史
    • JavaScriptの開発環境構築
    • はじめてのJavaScript
    • JavaScriptのエラーを自力で解決するための方法
    • コメント
    • 演算
    • 変数
    • インクリメントとデクリメント
    • 条件分岐
    • 条件分岐 if / else
    • 条件分岐 if / if else / else
    • 条件分岐 switch
    • 演習:テーマパークの入場料計算
    • 演習回答:テーマパークの入場料計算
    • 繰り返し処理とは
    • 繰り返し処理 for
    • 繰り返し処理 while
    • 繰り返し処理 do while
    • 演習:繰り返し処理
    • 演習回答:繰り返し処理
    • 配列
    • 連想配列
    • 演習:配列を使ったテストの点数の集計
    • 演習回答:配列を使ったテストの点数の集計
    • 関数とは
    • function命令
    • 関数リテラル
    • Functionコンストラクタ
    • 演習:関数
    • 演習回答:関数
  10. JavaScript DOM操作
    • イントロダクション - JavaScript DOM操作 -
    • 再掲:サンプルコードについて
    • DOMとは
    • IDをキーに要素を取得
    • タグ名をキーに要素を取得
    • 補足:name属性をキーに要素を取得
    • name属性をキーに要素を取得
    • class属性をキーに要素を取得
    • ノードを追加
    • 補足:ノードを追加
    • ノードの置換
    • ノードの削除
    • 演習 : DOM操作
    • 演習回答:DOM操作
    • 補足:演習回答:DOM操作
  11. JavaScript イベントとイベントハンドラ
    • イベントとイベントハンドラを関連付ける方法
    • 開始タグの中で関連付ける方法
    • プロパティで関連付ける方法
    • loadイベント
    • addEventListener
    • 演習 : イベントとイベントハンドラ
    • 演習回答 : イベントとイベントハンドラ
  12. AWS Cloud9による開発環境構築
     
    Preview Video
       

    【HTML,CSS,JS,PHP,Git,Docker】✅ プログラミング初心者OK! ゼロからわかるWebシステム開発

    【HTML,CSS,JS,PHP,Git,Docker】✅ プログラミング初心者OK! ゼロからわかるWebシステム開発
    発売日 2021/07/26
    (4.6)

    22.5 total hours
    わかりやす〜い図で解説!知識ゼロから一気にWebアプリ開発をマスター【HTML/CSS/JavaScript/PHP/AWS EC2/独自ドメイン&SSL/TLS/Git/Docker/Laravel/WebAPI/Webhook】

    Web開発のスキルを身につけて、エンジニアとして開発を楽しんでみませんか?

    Web開発を行うには、
    特定のプログラミング言語だけではなく、数多くの周辺知識が必要なため、
    それらを一つずつ学習していくと、情報の収集/取捨にたくさんの時間がかかります。

    もし、どこから学ぶべきか迷っているなら、当コースがおすすめです。

    また、一つのプログラミング言語を学んでみたものの、
    応用する方法がわからなかった方にもおすすめ
    します。

    当コースでは、
    実際にアプリケーションを開発しながら
    Web開発で必要になる知識やスキルを一気通貫で学習することができるため、
    当コース1本で一連の知識や技術が身につきます。

    もちろん初学者でも安心してご受講いただけるように、
    図も多く利用しており、理解の助けになるよう工夫もしていますので、
    ご安心ください!


    コースの概要は以下のとおりです。

    -----------------------------------------

    STEP1 : Webシステムの概要を理解する

    まずは、手始めに私達が学習する対象の概念について理解するところから始めます。
    学習対象がどんなものなのかを理解し、目的をしっかりと明確にしていきます。


    STEP2 : 開発環境を整える

    ここで、コース中で利用するものについて大まかにお話します。
    その上で次のステップからすぐ利用することになる開発のための道具を整えます。


    STEP3 : Webシステムを公開する

    当コースで一番大きな部分です。

    ここでWeb開発における基本的なパーツを一つずつ理解して、実装をしていきます。
    STEP3が完了したら、Webページがインターネット上で独自ドメインで公開できている状態になります。
    HTML / CSS / JavaScript / PHP / EC2 など、一つずつおさえていきましょう。

    プログラミング初心者でもわかるように、図も多用していますので、
    論理的に考えることが苦手、という方でも安心して進めていただけます。


    STEP4 : ファイルを効率よく管理する

    このSTEPでは、ファイルを効率的に管理するために
    バージョン管理システムのGitと、Gitのホスティングサービスの中では一番利用者の多いGithubを学びます。

    Web開発をしていると、たくさんのファイルを作成・更新しなければならないため、
    開発効率を上げるため、ここでGitの概念を学び、
    そして実際に操作をしながらGitのスキルを身に付けていきましょう。


    STEP5 : 先人が作った機能を利用して開発を加速させる

    世界中には数多くのエンジニアが、様々なツールを公開しています。

    ここでは、公開されているツールやオープンソースソフトウェアを活用して開発を更に加速させていきます。
    それらを利用するための環境構築もかんたんに行えるようにDockerというツールを利用します。
    Dockerは昨今のWeb開発現場では利用されるケースも増えてきたので押さえておきたいテクノロジーの一つです。

    よりかんたんに開発環境を作成できるようになったら
    Webフレームワークを活用し、Webアプリケーションを作成していきましょう。


    STEP6 : 他のサービスと自分のプログラムを連携させる

    最後のステップでは、他のサービスをプログラミングで操作できるWebAPIについて学びます。
    ここで、APIの概念、そして他のサービスとの連携を学び、アイデア次第で様々なことができるようになります。
    またWebhookを学ぶとそのアイデアの可能性も更に広がるでしょう。

    一番最後に腕試しとして、一つ課題があるのでぜひチャレンジしてみてください。

    ここまでやりきったあなたならきっとできるはず!!

    -----------------------------------------

    ※ 更にコース作成の背景等知りたい方は、noteに記事を用意していますのでご覧ください。
       私のプロフィールページにある「ウェブサイトURL」からnoteの記事を見ることができます。
    (note記事を見るといいことあるかも?ミンナニハナイショダヨ)


    それでは、コース内でお会いできることを楽しみにしております!


    ↓全て表示↑少なく表示
     
    Users Voice
    サーバーの設定は初めてなので難しく感じます。ですが本で習得しようと思ったら挫折していたことでしょう。とてもありがたいです。 (参考:Udemy)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    これまで、学んでみたいと思いながら、手の付け所が判らなかったのを理解できました。 (参考:Udemy)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    レクチャー内容
    1. はじめに
      • コース紹介
      • はじめに
      • 講師紹介
      • 全体の流れ
    2. STEP1. Webシステムの概要を理解する
      • Webシステムとは?
      • クライアントの役割
      • サーバーの役割
      • まとめ - Webシステムの概要を理解する
    3. STEP2. 開発環境を整える
      • 概要説明 - 開発環境を整える
      • VSCodeインストール(macOS用)
      • VSCodeインストール(Windows用)
      • 【資料】開発お助け資料のダウンロード
    4. STEP3.1~3 【HTML/CSS】Webページを作ってみよう - 自分でWebシステムを公開する
      • HTMLとは
      • CSSとは
      • 概要説明 - Webページを作ってみよう
      • VSCodeの基礎的な操作方法
      • HTMLのサンプルを作ってみよう
      • HTMLでコンテンツを作ってみよう
      • Quizコンテンツの提案とMarkdownの紹介
      • CSSファイルの準備
      • フォントの指定
      • レイアウト調整
      • レイアウト調整2
      • レイアウト調整3
      • 文字の装飾
      • 擬似クラスを使った装飾
      • まとめ - Webページを作ってみよう
    5. STEP3.4 【JavaScript】Webページに動きを与えてみよう(JavaScript編) - 自分でWebシステムを公開する
      • 概要説明 - Webページに動きを与えてみよう(JavaScript編)
      • JavaScriptの実行方法
      • 変数 - JavaScript 基礎
      • 配列 - JavaScript 基礎
      • オブジェクト - JavaScript 基礎
      • 関数 - JavaScript 基礎
      • 条件分岐 - JavaScript 基礎
      • JavaScriptでHTMLを操作するときの準備 - JavaScriptでHTMLの操作
      • HTMLの要素をJavaScriptで操作する - JavaScriptでHTMLの操作
      • イベントの設定 - JavaScriptでHTMLの操作
      • QuizアプリをJavaScriptで実装 その1
      • QuizアプリをJavaScriptで実装 その2
      • QuizアプリをJavaScriptで実装 その3
      • QuizアプリをJavaScriptで実装 その4
      • まとめ - Webページに動きを与えてみよう(JavaScript編)
    6. STEP3.5 【AWS EC2 / NGINX】Webサーバーを作ってみよう - 自分でWebシステムを公開する
      • 概要説明 - Webサーバーを作ってみよう
      • これからやること - Webサーバーを作ってみよう
      • AWSの料金体系について
      • AWSのアカウント作成
      • AWSアカウントのセキュリティ強化
      • Amazon EC2とは?
      • EC2基本操作(起動)
      • EC2基本操作(停止・終了・再作成)
      • Terminal(ターミナル)の概要
      • ターミナルの準備(macOS用)
      • ターミナルの準備(Windows用)
      • 準備 - Terminal(ターミナル)基本操作
      • 練習1(pwd ls cd)- Terminal(ターミナル)基本操作
      • 練習2(touch mkdir cp)- Terminal(ターミナル)基本操作
      • 練習3(mv rm) - Terminal(ターミナル)基本操作
      • まとめ - Terminal(ターミナル)基本操作
      • Terminal(ターミナル)でファイルを準備(macOS用)
      • Terminal(ターミナル)でファイルを準備(Windows用)
      • 作業の流れを確認 - Webサーバーを作ってみよう
      • EC2にログイン - Webサーバーを作ってみよう
      • EC2にファイルをアップロード・ダウンロード - Webサーバーを作ってみよう
      • NGINXをインストール - Webサーバーを作ってみよう
      • NGINXの設定ファイルを更新 - Webサーバーを作ってみよう
      • ファイルのアップロード・動作確認 - Webサーバーを作ってみよう
      • まとめ - Webサーバーを作ってみよう
    7. STEP3.6. 【PHP】Webページに動きを与えてみよう(PHP編) - 自分でWebシステムを公開する
      • 概要説明 - Webページに動きを与えてみよう(PHP編)
      • PHPのインストール(macOS用)
      • PHPのインストール(Windows用)
      • PHPコマンドを使って基礎を理解する
      • Quizのテンプレートファイルを準備(その1)
      • Quizのテンプレートファイルを準備(その2)
      • PHPの基本文法(その1)
      • PHPの基本文法(その2)
      • Quizをテンプレートで出力できるように実装する
      • PHPでファイルの操作 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
      • CSVファイルの作成 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
      • CSVファイルをPHPから読み込む - Quizのコンテンツをファイルで管理する
      • CSVから取得したデータの出力 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
      • セキュリティ対策 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
      • コードの整理 - Quizのコンテンツをファイルで管理する
      • GETやPOSTの基礎 - クライアントから送信されてきたデータを処理する
      • Quizの問題をURLパラメータで切り替え - クライアントから送信されてきたデータを処理する
      • Quizの解答チェックをPHPで実装 - クライアントから送信されてきたデータを処理する
      • 概要説明 - JSでリクエスト処理を実装
      • Quizの解答チェックをするリクエストを送信
      • JSでレスポンスを処理する
      • エラーレスポンスを実装
      • テンプレート読み込み処理を整理 - Quiz一覧の実装
      • Quizアプリを完成させる - Quiz一覧の実装
      • まとめ - Webページに動きを与えてみよう(PHP編)
    8. STEP3.7~8 【AWS EC2 / php-fpm】WebサーバーをPHPが動く環境にする - 自分でWebシステムを公開する
      • 概要説明
      • サーバーにPHPをインストール
      • NGINXとphp-fpmの通信の方法について(UNIXドメインソケット)
      • NGINXとphp-fpmの設定を確認
      • NGINXとphp-fpmの動きについて解説
      • vimの操作練習
      • php-fpmの設定ファイルを書き換え
      • まとめ - WebサーバーをPHPが動く環境にする
      • WebサーバーでQuizアプリを確認 - Webサーバーの動作確認
      • まとめ - Webサーバーの動作確認
    9. STEP3.9. 【DNS / SSL/TLS / AWS ALB&Route53&ACM】独自ドメインの取得と設定 - 自分でWebシステムを公開する
      • ドメインとサーバーとIPアドレス
      • 固定IPの設定
      • ドメイン取得
      • 概要説明 - SSL/TLS設定
      • SSL証明書を発行(ACM設定) - SSL/TLS設定
      • アプリケーションロードバランサ(ALB)の設定(その1) - SSL/TLS設定
      • アプリケーションロードバランサ(ALB)の設定(その2) - SSL/TLS設定
      • DNSの設定変更 - SSL/TLS設定
      • まとめ - 独自ドメインの取得と設定
    10. STEP3. まとめ - 自分でWebシステムを公開する
      • 各リソースの後片付け
      • まとめ - STEP3全体
    11. STEP4. 【Git / Github】ファイルを効率よく管理する
      • 概要説明 - ファイルを効率よく管理する
      • ファイルの管理方法について考える - ファイルを効率よく管理する
      • 概要説明 - GitとGithub
      • Gitのインストール(macOS用) - GitとGithub
      • Gitのインストール(Windows用) - GitとGithub
      • GitHub登録 - GitとGithub
      • GitHubの接続設定 - GitとGithub
      • 概要説明 - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • 変更内容を記録する方法(コミット)に慣れる(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • 変更内容を記録する方法(コミット)に慣れる(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • ブランチ操作に慣れる(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • ブランチ操作に慣れる(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • コンフリクト(衝突)を解消する(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • コンフリクト(衝突)を解消する(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • コンフリクト(衝突)を解消する(補足説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • リポジトリの操作に慣れる(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • リポジトリの操作に慣れる(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • 「GitHubFlow」で、快適Gitライフ!(概要説明) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • 「GitHubFlow」で、快適Gitライフ!(実践) - GitとGitHubでバージョン管理してみよう
      • Sourcetree紹介
      • まとめ - ファイルを効率よく管理する
    12. STEP5.1~3 【Docker】開発環境を整える - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
      • 概要説明 - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
      • OSSとは - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
      • 概要説明 - 開発環境を整える
      • 開発環境について - 開発環境を整える
      • Dockerの概要説明 - 開発環境を整える
      • コンテナのステータスについて - 開発環境を整える
      • DockerDesktopのインストール(macOS用) - 開発環境を整える
      • DockerDesktopのインストール(Windows用) - 開発環境を整える
      • イメージを取得/確認/削除 - DockerでNGINXを動かす
      • コンテナを作成/起動/停止/削除 - DockerでNGINXを動かす
      • イメージを作成 - DockerでNGINXを動かす
      • コンテナの詳しい操作 - DockerでNGINXを動かす
      • docker-composeについて- DockerでNGINXを動かす
      • 概要説明 - WordPressを動かしてみよう
      • 実践1 - WordPressを動かしてみよう
      • 実践2 - WordPressを動かしてみよう
    13. STEP5.4~6 【Laravel】Laravelを使ってみよう - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
      • Webフレームワークとは
      • 概要説明 - Laravelを使ってみよう
      • LaravelのサンプルプロジェクトをDockerで動かす - Laravelを使ってみよう
      • 概要説明 - LaravelでQuiz管理アプリをつくってみよう
      • 環境準備 / 起動 / 停止
      • routeとblade基礎(Viewの実装)
      • 各ページのテンプレートを作成(Viewの実装)
      • 削除ボタンの実装(Viewの実装)
      • リンクの修正(Viewの実装)
      • Controllerの作成(Controllerの実装)
      • 入力データのバリデーション(Controllerの実装)
      • ローカリゼーション(日本語化)(Controllerの実装)
      • DB基本(Modelの実装)
      • Laravelでテーブル作成(Modelの実装)
      • Modelクラスを使ったデータ操作(保存)(Modelの実装)
      • Modelクラスを使ったデータ操作(参照)(Modelの実装)
      • Modelクラスを使ったデータ操作(削除)(Modelの実装)
      • まとめ - Laravelを使ってみよう
      • まとめ - 先人が作った機能を利用して開発を加速させる
    14. STEP6.1~2 【WebAPI】 LINEボットを作ってみよう - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
      • 概要説明 - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
      • APIとは? - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
      • 概要説明 - LINEボットを作ってみよう
      • 全体構成 - LINEボットを作ってみよう
      • LINEDevelopers登録と設定(開発ドキュメントの確認)
      • LINEDevelopers登録と設定(開発者登録とチャネル設定)
      • 環境作成(実装1)
      • LINEのSDKを追加(実装2)
      • 全員にメッセージ送信(実装3)
      • まとめ - LINEボットを作ってみよう
    15. STEP6.3~4 【Webhook】 LINEボットに返答させよう - 他のサービスと自分のプログラムを連携させる
      • Webhookとは?
      • 概要説明 - LINEボットに返答させよう
      • LINEのWebhookについての仕様確認
      • ローカルでWebhook開発を行う方法
      • 署名を検証する処理を実装
      • 受信したメッセージに対して返信する処理を実装(その1)
     
    Preview Video
       

    【最新2021】HTML5、CSS3をマスターして、未経験からWEBデザイン・エンジニアを目指す 実践マスターコース

    【最新2021】HTML5、CSS3をマスターして、未経験からWEBデザイン・エンジニアを目指す 実践マスターコース
    発売日 2020/07/21
    (4.3)

    17.5 total hours
    最新のHTML5、CSS3サイトを、現在主流のCSS Grid Layoutとスマホや、タブレットにも対応するレスポンシブ WEBサイト制作技術を駆使して、手を動かしてページを制作する実践コースです。

    このコースは最新のHTML5とCSS3を基礎から完全にマスターすることを目的に作られた講座です。WEBサイトの制作ははじめてという初心者の方から、中級以上の方の学び直しやトレーニングにも役立つよう、ひとつひとつ詳しく、丁寧に説明しています。

    このコースはNEC、SONY、トヨタ、三菱商事など多くの日本のトップ企業に採用されている実績のある講座です。

    特に理論や原理だけでなく、実際にいくつものページを制作し、ひとつひとつ機能を確実に身につけられるよう実践的なコーディングにも多くの時間を使い、即戦的なスキルが身につけられるよう構成されたコースです。


    初心者にも分かりやすいコース構成

    コーディングは初めてという方でも、確実にHTML5とCSS3の技術を身につけ、WEBサイトを公開することができます。すべてのセクションで理論だけでなく実際に手を動かしてコードを書く演習が行われるので、初心者でも実践的な技術が身につきます。


    最新のCSS Grid LayoutとResponsive WEB Designが学べる

    WEB制作は日進月歩で変化しています。少し前までは主流であった技術が明日には陳腐化します。このコースでは最新のCSS Gridによるレイアウト技術と、あらゆるデバイス機器に対応するレスポンシブページ制作技術が身につけられます。


    最新HTML5とCSS3のすべてが確実に学べる

    • HTML5とCSS3のほぼすべての機能を詳しく、分かりやすく解説しています。

    • CSS Gridのスキルが確実に身につきます。

    • レスポンシブWEBであらゆるデバイス機器に対応するレスポンシブページを作る力が身につきます。

    • ありきたりの解説書とちがい、実際の作品制作を通して実践的なスキルを身につけられます。

    • 初心者の方にも分かる、誤解のない説明

    • きちんと基礎から体系的に学びなおしたい方にも最適です。


    学習内容
    12のセクション、125本のレクチャーを合計17時間半のビデオで解説しています。長時間のコースですが、充実した内容で挫折させません。

    各セクションにはそのセクションの学習で使用する練習素材がすべて添付されているので、すぐに学習がはじめられます。学習内容はすべて理論の説明と実践的なコーディングが並行して行われ、基礎から確実な力が身につけられます。



    ↓全て表示↑少なく表示
     
    Users Voice
    断片的だったhtml, cssの知識が整理できました。現在はwordpressなどのノーコードWebページが流行っていますが、コードを読めることで出来ることが増えるので、今後も役に立つと思います。 (参考:Udemy)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
    内容もわかりやすく順調に学ぶことができました。ありがとうございました。 (参考:Udemy)

    ↓全て表示 ↑少なく表示
     
    レクチャー内容
    1. WEBサイトのしくみ
      • 準備と基礎知識
      • サイトとWEBサーバー
      • HTML文書の編集
      • CSSファイルの役割
      • CSSの中身
      • HTMLとCSSの関係
    2. HTMLとCSSの基礎
      • エディターの準備
      • タグと要素
      • HTMLの書き方(1)
      • HTML文書の書き方(2)
      • CSSの書き方
      • HTMLとCSSの関連付け
      • その他のCSSプロパティ
      • ボックスモデル
    3. htmlとCSSの文法
      • 制作の準備
      • HTMLの定型
      • HTMLコードの記述
      • id属性とclass属性
      • 新しいタグ
      • .containerのCSS設定
      • 仕上げと完成
      • セレクターの書き方
    4. CSS Grid Layoutの基本
      • 学習の準備
      • HTMLのコード
      • CSSの設定 (1)
      • CSSの設定 (2)
      • HTMLのコード
      • CSSのコード (1)
      • CSSのコード (2)
      • 少し進んだグリッドレイアウト
      • HTMLのコード
      • レイアウトの簡略化
    5. iPadPro サイズページの制作
      • 概要
      • ページレイアウト
      • HTMLのコード
      • HTMLのコード(2)
      • .containerのCSS
      • headerのGrid Layout
      • .mainのCSS設定
      • SNSとfooterのCSS設定
      • headerの詳細設定(1)
      • headerの詳細設定(2)
      • メインビジュアルのCSS
      • 写真の均等配置
      • 記事本文のCSS
      • SNSのCSS
      • footerのCSS
      • リンクの設定(1)
      • リンクの設定(2)
      • WEBフォントの準備
      • WEBフォントの適用
    6. iPhoneサイズページの制作
      • 概要
      • Wireframeの準備
      • サイトの全体像
      • containerの設定
      • 各要素の設定(1)
      • 各要素の設定(2)
      • 仕上げ
    7. レスポンシブWEBデザイン
      • レスポンシブWEBデザインの概要
      • レスポンシブの理論
      • メディアクエリの役割
      • HTMLの記述
      • iPhoneサイズのCSS
      • iPadのCSS
      • PCサイズのCSS
      • Fluid Grid(1) HTML
      • Fluid Grid(2) CSS
      • Fluid Grid(3) CSS
      • Fluid Image(1) HTML
      • Fluid Image(2) CSS
      • Fluid Image(3) CSS
    8. Mejiroサイトのレスポンシブ化
      • このセクションでやること
      • iPhoneサイズのCSS設定(1)
      • iPhoneサイズのCSS設定(2)
      • iPhoneサイズの完成
      • iPadサイズのCSS設定(1)
      • iPadサイズのCSS設定(2)
      • iPadサイズのCSS設定(3)
      • iPadサイズのCSS設定(4)
      • iPadサイズの仕上げ
      • PCサイズの仕上げ
    9. indexページの制作(1)
      • サイトの構成
      • indexページの内容
      • html, CSSファイルの準備
      • XDを使った画像の書きだし(1)
      • XDを使った画像の書きだし(2)
      • HTMLへの原稿入力
      • navのHTMLとCSSコード
      • nav ulとliのCSS設定
      • 「最新の目撃情報」のHTML
      • 最新の目撃情報のCSS(1)
      • 最新の目撃情報のCSS(2)
      • 「野鳥観察会」のHTML
      • 「野鳥観察会のお知らせ」CSS(1)
      • 「観察会のお知らせ」CSS(2)
      • iPadサイズの設定(1)
      • iPadサイズの設定(2)
      • iPadサイズの設定(3)
      • 「観察記録」html入力
      • 「観察記録」CSS設定(1)
      • 「観察記録」CSS設定(2)
    10. indexページの制作(2)
      • HTMLソースの準備
      • HTMLソースの準備(2)
      • CSS Stylesheet (1)
      • CSS Stylesheet (2)
      • CSS Stylesheet (3)
      • チェックと修正
    11. contactページの制作
      • 送信機能
      • サイトの準備
      • htmlのコーディング
      • CSS stylesheet
      • 送信のための部品
      • 送信用部品の配置
      • formタグの属性設定
      • inputタグの属性設定
      • textareaの設定
      • iPadサイズの設定
    12. 野鳥観察会ページの制作
      • ページ内容の確認
      • htmlのコーディング(1)
      • htmlのコーディング(2)
      • iPhoneのCSS (1)
      • iPhoneのCSS (2)
      • iPadのCSS
      • リンクの設定 (1)
      • リンクの設定 (2)
     
    Preview Video
       

    Udemyで無料で学べるHTML/CSS講座一覧

    以下の講座は無料で学習が可能。

    無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

    有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

    初心者の文系にもできた!1日で必要なことだけ覚える超初心者向けの速習HTML・CSS講座

    初心者の文系にもできた!1日で必要なことだけ覚える超初心者向けの速習HTML・CSS講座
    発売日 2020/09/23
    (3.1)

    1 total hour
    文系でも出来る超初心者向けに1日で覚える速習HTML・CSS講座

    この講座はプログラミンで学習する際にデザイン部分に必要なhtml5とCSS3を使ってWEBサイトページを制作するために必要なことを1日で速習するために特化した講座です。実際に手を動かして学習しながら解説しているので、理論や機能を単独で学ぶ講座のように、途中で集中力を切らして飽きることがありません。


    この後に続く学習の

    • PHP

    • WordPress

    • Bootstrap

    • Ruby on Rails

    これらをデザインするのに必要な基礎学習内容になっています。

    本格的にHTML/CSSを学習しなくても、ある程度の流れをつかむことが出来る内容になっています。

    今は必要はないという知識は含んでいません。実践を重視した講座です。



    ▼この講座にむいている人

    このHTML/CSS速習を学習しただけでは完全に理解は出来ませんが、

    • これからPHPやWordPress、Ruby on RailsやBootstrapを学習する人

    • 何から学習していいかわからない人

    • HTML/CSSの構造がどうか分からない人

    • 何年も前にやったけど思い出したい人

    • 挫折しかけたけど学習しなおしたい人

    • プログラミングメインの方

    • 何から学習していいかわからない方

    • HTML/CSSを1日で学習したい方

    そのような方にむいています。


    この講座はHTML/CSSの速習講座になっておりますので、凄く細かい説明は御座いませんが

    代わりにプログラミングする上でデザイン部分を1日で学習することができます。



    ▼この講座にむいてない人

    • 懇切丁寧に全部知りたい人

    • デザインメインの人

    はこの講座では物足りないと思います。


    ▼プログラミングメインで1日でなんとか概要を把握したい人向けの講座です。

    ですが、しっかりと必要なことは埋め込まれているので安心です。



    ↓全て表示↑少なく表示
     
    レクチャー内容
    1. HTML/CSS 1日で覚える速習講座
      • はじめに エディタやIDEの準備
      • HTML/CSS講座 座学
      • 見出し段落リンクリストの説明1
      • 見出し段落リンクリストの説明2
      • CSS文字の色大きさクラス
      • 作ってみようヘッダーフッターコンテンツ
      • HTML/CSS演習問題1
      • HTML/CSS演習問題2
    2. ボーナスレクチャー
      • ボーナスレクチャー:記事でも学習する
        

    関連:HTML/CSSを本でも学ぼう

    UdemyのHTML/CSS講座は上述したとおり、HTML/CSSの基礎からjQueryやVue.jsを使った実用等まで、詳しく・幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

    ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

    HTML/CSSの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

    いじょうでっす。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました