【動画で学習】UdemyのMaya 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのMaya講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのMaya講座一覧(セール情報付き)

以下が今Udemyで学習できるMayaの主な講座(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

学習コース評価
初心者でもできる!簡単&かわいい3Dモデリング:MayaLT:Unreal Engine4...
発売日 2018/02/15
受講者 661人
通常 15,000円
現在 1,560円
(4.2)
総評価数 77件
Maya初心者に捧げる サルでもわかる3Dモデリング講座
発売日 2018/11/24
受講者 113人
通常 24,000円
現在 1,500円
(3.8)
総評価数 30件
(5)
総評価数 2件
(4.5)
総評価数 54件

 

また、Mayaの英語講座が以下。英語ですが、ツール操作の動画の上でなので、思った以上に理解可能かと思います。

学習コース評価
Maya for Beginners: Complete Guide to 3D Animation in Maya
発売日 2018/02/15
受講者 18,622人
通常 24,000円
現在 1,820円
(4.6)
総評価数 4014件
MAYA Master Class - Complete Guide to 3D Animation in Maya
発売日 2018/10/16
受講者 14,477人
通常 24,000円
現在 1,500円
(3.8)
総評価数 95件
Learn Maya - A Beginners guide to Creating Realistic Scenes
発売日 2016/01/18
受講者 7,592人
通常 5,400円
現在 1,560円
(4.6)
総評価数 1239件
Python For Maya: Artist Friendly Programming
発売日 2016/11/12
受講者 6,205人
通常 14,400円
現在 1,560円
(4.5)
総評価数 1218件
Realistic Character Modeling For Game In Maya and Zbrush
発売日 2018/01/30
受講者 5,417人
通常 12,000円
現在 1,500円
(4.7)
総評価数 965件
Rigging 101 for Video Games - Maya 2018
発売日 2017/10/08
受講者 3,619人
通常 18,000円
現在 1,560円
(4.3)
総評価数 464件
Learn Maya - Intro to 3D Box Modeling Techniques with Maya
発売日 2016/01/21
受講者 2,984人
通常 3,600円
現在 1,500円
(4.3)
総評価数 147件
Fast animation and rigging techniques using Maya 2017
発売日 2016/06/12
受講者 2,727人
通常 7,200円
現在 1,560円
(4.4)
総評価数 321件
Maya 2017 Quickstart - Create a Low poly scene for Beginners
発売日 2017/03/08
受講者 2,575人
通常 2,400円
現在 1,560円
(4.6)
総評価数 291件
Create Professional 3D Models from Scratch in Maya
発売日 2017/03/19
受講者 2,569人
通常 15,600円
現在 1,500円
(4)
総評価数 171件

 

UdemyのMayaおすすめ講座 3選

以下がおすすめの講座です。

以下の講座は、Mayaの基礎学習から、応用・実用まで内容網羅。

1本でかなり幅広い内容を学習できるので、非常にコスパの高いMayaの学習が可能です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

初心者でもできる!簡単&かわいい3Dモデリング:MayaLT:Unreal Engine4

初心者でもできる!簡単&かわいい3Dモデリング:MayaLT:Unreal Engine4
発売日 2018/02/15
(4.2)

4.5 total hours
ゲームやアニメなどに登場する人物やアイテム、背景などといったあらゆるものを3DCGソフトを利用して立体的に形作る3Dモデリング。このコースではMayaLTとUnreal Engine4を使った3Dモデリング制作方法を学びます。

ゲームやアニメなどに登場する人物やアイテム、背景などといったあらゆるものを3DCGソフトを利用して立体的に形作る3Dモデリング。

3Dプリンターの普及やゲーム・アニメ以外の業界での活用も増えている注目の技術です。

このコースではMayaLTとUnreal Engine4を使った3Dモデリング制作方法を学びます。

このコースの特徴

「ドロップくん」「キャラメルくん」という2つのキャラクターを制作する過程を学ぶことで、3Dモデリングの基礎知識を学ぶことができます。

「ドロップくん」「キャラメルくん」は、初めて3Dモデリングに挑戦する人でも楽しく3Dモデリングができるように、シンプルでかわいい姿をしています。

このコースを修了する時には、「ドロップくん」「キャラメルくん」の2つの3Dモデルが、受講生のみなさんの手元に残ります。

是非、「ドロップくん」「キャラメルくん」をベースにあなたが考えた「ドロップくん」「キャラメルくん」のお友達を作ってみましょう。

「ドロップくん」「キャラメルくん」のお友達を作るのに慣れたら、今度は1からあなたの考えたオリジナルキャラクターを作ってみましょう。

このコースの学習方法

一緒に手を動かして「キャラメルくん」を作ってみてください。

このコースでは、「ドロップくん」「キャラメルくん」の制作過程をほぼカット無しで、視聴できます。

モデルの細かい調整等も全て収録しています(調整中は動画の速度を速めにしています)。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
4.5時間の講座なので気軽な気持ちで始めましたが、実際は大半が早送りなので何倍も時間がかかります。 1回説明した事は説明しないとのことで、「同様にして~」と言った後ほぼ無言で早送りが多いです。 対象が初心者なので、何度も説明してもらったほうが絶対に良いです。 もしこの講座を手直しされる機会がありましたら、実行したメニュー名だけでもテロップで入れてもらえるだけでも随分助かります。 それと作業の前にいまから何をするかの情報がほしいです。ブレンドシェイプのセクションでは最初、なんのための作業なのかわからなかったです。 しかし自分のような初心者にとってこの講座で学べることは多く、題材選択も内容構成も良かったと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
    • MayaLTの簡単な操作説明
    • モデルについて
  2. キャラメル君の形をつくろう
    • モデルの作り込み1 大雑把な形の作成
    • モデルの作り込み2 顔の作成
    • モデルの作り込み3 耳の作成
    • モデルの作り込み4 服の作り込み1
    • モデルの作り込み5 服の作り込み2
    • モデルの作り込み6 サスペンダー
    • モデルの作り込み7 手
    • モデルの作り込み8 ボタンとしっぽ
    • モデルの作り込み9 雰囲気を合わせる
    • モデルの作り込み10 口内の作り込み
  3. キャラメル君に色を付けよう
    • UVの展開
    • テクスチャ作成
    • UE4でのマテリアル作成
    • 微調整
    • ノーマルマップの作成
  4. キャラメル君を動かす仕組みを作ろう
    • ブレンドシェイプの作成
    • HumanIKの追加
    • スキニング
  5. キャラメル君の友達を作ろう
    • 友達モデル「ドロップ君」の作成
  6. キャラメル君とドロップ君の写真を撮ろう
    • レンダリングについて
  7. おわりに
    • おわりに
    

Maya初心者に捧げる サルでもわかる3Dモデリング講座

Maya初心者に捧げる サルでもわかる3Dモデリング講座
発売日 2018/11/24
(3.8)

1.5 total hours
現役クリエイターが教える、現場で使われている3Dモデリングの基礎を学習

「3Dモデリングかあ。興味はあるけど絵心ないし、向いてないだろうなあ」


僕の友人に、有名アニメーション制作会社「○組」のモデラーがいます。あなたもよく知っている「○○の巨人」の劇場版は、彼によって作られました。10年前の彼が今の彼の姿を想像できるはずはありません。

なぜなら、、、

 ・クリエイティビティはない

 ・センスもない

 ・ただのアニメ好き

というポテンシャルだったからです。


そんな彼も今では引く手あまたのクリエイターです。

プロにまで登り詰めた彼のエッセンスが本コースには含まれています。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
素晴らしい!わかりやすかったです。自分はCarraraという3Dソフトを使っているのですが、いつまで存在するかわからない状況。おまけにWINでしか使えない。以前Shadeの講習を受けたのですが、非常に使い辛かった。Mayaはとっつきにくかったのですがこの講座のおかげで非常に使いやすく便利だとわかりました。自分の場合、画廊の図面から部屋を組み立て彫刻をどう配置するかシミュレーションに使っているので、数値入力によるオブジェクトの配置の仕方について触れて欲しかったです。Carraraには衝突検知というのがあって、オブジェクト同志突き抜けず実際のものを配置するように表面で止まる機能があったのですが、Mayaにはあるのでしょうか?いずれにせよ良い講座でした。是非、中級編・上級編もお願いします! (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • イントロダクション
  2. Mayaの基本操作
    • Mayaの基本操作
  3. 椅子のモデリング
    • 椅子の座面の作成
    • 椅子の脚の作成
    • 椅子の背もたれの作成
    • モデルの反転複製
    • 椅子のパイプの作成
  4. 画像書き出し
    • マテリアル設定
    • 画像書き出し(低画質)
    • 画像書き出し(高画質)
    • テクスチャ設定
  5. おまけ
    • アニメーション
    • その他よく使う機能について
  6. 終わりに
    • エンディング
    

【MaYa超基礎講座】3DCGアニメーション&AR(拡張現実)でキャラ召喚まで!

【MaYa超基礎講座】3DCGアニメーション&AR(拡張現実)でキャラ召喚まで!
発売日 2020/06/02
(5)

4 total hours
MaYaの体験版ダウンロードから、AR(拡張現実)を使ってテーブルの上に、作ったキャラクターを召喚しよう!!

この講座は、まずは3DCGを始めたい!ゲーム会社やアニメーション制作スタジオ、CG映画の制作でよく使われるMaYaについて、とにかく知りたい!という方のためにすごくすごくハードルを下げて、わかりやすく解説することを一番のポイントに置いて制作された動画講座です。

MaYaはとても奥深いアプリケーションなので、掘り下げればそれぞれのプロフェッショナルが存在するくらい、様々なスキルを身に付けることができます。モデリング、テクスチャー、リギング、アニメーション、エフェクト、レンダリング、など実際の制作現場でも分業されていることが多いアプリケーションです。

ですから、まずは基本のところを学び、さらに応用を学び、、というステップの
最初の入り口のところをガイドさせていただくような講座です。

「できた!!」と思える達成感を積み上げて行けるように
配慮して構成いたしました。
最後のARの召喚まで行けた時には、きっと感動していただけるはずです!

そしてそこまで行ければ、あとはそれぞれのかたが
例えばZBrushと併用してモデリングに特化してスキルをアップしてみる、、
あるいはリギング(モデルを動かす構造)を極める、
あるいはアニメーションでキャラクターの動きにこだわりたい、、、などなど
人によっての好みや相性に合わせて枝葉を伸ばすように学習していただると
スムーズにMaYaの学習を進めることができるかと思います。

一緒にMaYaで3DCGアニメーションの楽しい世界の
扉を開き、これからの未来に待ち受ける
VR(バーチャルリアリティー)やAR(拡張現実)の世界を体験してみましょう!!


涌井晃


↓全て表示↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
    • ダウンロード
  2. MAYAを始めよう!
    • 基本画面とカメラ操作
    • ツールパレット
  3. モデリング
    • 基礎的なモデリング
    • コンポーネントの編集
    • 押し出しによる造形01
    • 押し出しによる造形02
  4. 色を塗ろう!
    • ポリゴンにペイント
  5. アニメーション
    • アニメーション基礎
    • キャラクターのアニメーション
    • グラフエディター
  6. レッツトライ!!ここまでのおさらいをしてみよう!
    • 舞台のモデリング
    • 舞台のアニメーション
  7. AR(拡張現実)を使ってキャラクターを現実に召喚しよう!
    • Sketchfabを使ってみよう!
    • ARでキャラクターを召喚してみよう!
 
Preview Video
   

Udemyで無料で学べるMaya講座

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、これでも十分学習が可能なので、まずはこちらを試してみるのもおすすめです。

これからMayaを始める人のためのコース Introduction編「伊藤脳塾Basic」

これからMayaを始める人のためのコース Introduction編「伊藤脳塾Basic」
発売日 2019/02/12
(4.5)

1.5 total hours
長年のMaya講師経験を生かし、こ れからMayaを始める方に必要不可欠な基本、“これだけは知っておい てほしい機能”を厳選して解説しています。

どうも。塾長の伊藤克洋です。

Mayaを学びたいが、いろんな理由でスクールに通えない人、

独学では限界を感じている人、
すでにMayaを使っているが、部分的に心配な所がある人、
伊藤脳塾が歓迎します。

このコースはMayaの基本操作について学びます。

収録はMaya2016でしていますが、Maya2016以降であれば

どのバージョンでも問題なく学習できます。


1‥ 英語版でMayaを起動する

2‥ 画面の基本操作

3‥ オブジェクトの基本操作

4‥ テンキーでオブジェクトの表示を切り替える

5‥ オブジェクトに色をつける

6‥ シーンにライトを配置する

7‥ メニュー項目のオプション

8‥ プリミティブの種類/複数選択の方法

9‥ さまざまな選択方法‥

10‥プロジェクトの作成

11‥ピボットの操作

12‥アトリビュートとノードの操作

13‥オブジェクトを複製する

14‥作例:NURBSプリミティブを使った丸テーブルの作成

15‥らせん状にオブジェクトを複製する

16‥作例:神殿の作成



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
2020年3月に発売された7000円くらいの本を購入したけど、説明が省略されすぎてて挫折して、こちらにたどり着きました。めちゃくちゃ丁寧でわかりやすい!!!!基本が網羅的に理解できた。MAYAを全くゼロから始める人は、絶対にこの講座から始めた方がいいです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. ユーザーインターフェイス
    • 英語版でMayaを起動する
    • 画面の切り替え
    • 視点の切り替え
    • Move,Rotate,Scale
  3. Displayモード
    • テンキーの 1,2,3,4,5,6,7について
  4. オプション等
    • オプションボックス
    • NURBS Primitives 複数選択 Undo
  5. オブジェクトの操作
    • 選択モードの切り替え
    • スナップ機能
  6. プロジェクト作成
    • プロジェクトの作り方とシーンデータの保存方法
  7. オブジェクトの操作②
    • ピボット
    • 名前の付け方 Lesson1
    • Lesson1の答え グループ化されたオブジェクトを操作する
    • アトリビュートとノード
  8. 複製コピー
    • 複製コピーの方法 ミラーコピーの方法
    • 作例:NURBSプリミティブを使った丸テーブルの作成 “Duplicate Special”
    • Lesoon2 神殿の作成
 
Preview Video
   

関連:Mayaを本でも学ぼう

UdemyのMaya講座は上述したとおり、Mayaの使い方の基礎から実際のモデリングまで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Mayaの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました