【2021年】After Effects本「人気20冊と新書/高評価/おすすめの9冊」

こちらでは、動画の加工・編集ソフトの王道「After Effects(アフターエフェクト)」の人気・おすすめ本を紹介していきまっす。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

After Effects本「人気ランキング 30冊」

After Effectsの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
プロが教える!After Effects モーショングラフィックス入門講座 CC対応...
発売日 2019/09/20
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,344円 (+61pt)
(3.8)
総評価数 50件
2
After Effects 初級テクニックブック
発売日 2015/12/11
通常    4,329円
単行本   1,647円
Kindle   3,564円 (+36pt)
(3.9)
総評価数 7件
3
プロが教える!After Effects デジタル映像制作講座 CC/CS6対応
発売日 2017/04/27
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+33pt)
Kindle   3,114円 (+55pt)
(3.6)
総評価数 20件
4
After Effects 標準テクニックブック
発売日 2015/12/11
通常    3,663円
単行本   2,160円
Kindle   3,663円 (+37pt)
(2.3)
総評価数 4件
5
図解できちんと理解するAfter Effects モーショングラフィックスパーフェクトガイド...
発売日 2021/02/27
通常    2,992円
単行本   2,992円 (+30pt)
Kindle   2,693円 (+27pt)
(4.6)
総評価数 11件
6
はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects
発売日 2015/02/14
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
(4.4)
総評価数 50件
7
After Effects標準エフェクト全解[CC対応 改訂第4版]
発売日 2018/07/25
通常    5,500円
単行本   5,500円 (+55pt)
Kindle   4,950円 (+50pt)
(4.3)
総評価数 24件
8
AfterEffects for アニメーション BEGINNER [CC対応 改訂版]
発売日 2015/10/22
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,168円 (+32pt)
(4.3)
総評価数 10件
9
Premiere Pro & After Effects いますぐ作れる! ムービー制作の教科書[改訂3版]...
発売日 2021/02/22
通常    3,960円
単行本   3,960円 (+40pt)
Kindle   3,960円 (+40pt)
(4)
総評価数 1件
10
写真加工・グラフィックデザインもAfter Effectsで。
発売日 2015/02/27
通常    2,270円
単行本   536円
Kindle   2,270円 (+23pt)
(2.6)
総評価数 5件
11
AfterEffects for アニメーション EXPERT[CC 対応改訂版]
発売日 2019/12/23
通常    4,620円
単行本   4,620円 (+46pt)
Kindle   4,389円 (+80pt)
(4.7)
総評価数 4件
12
After Effects FIRST LEVEL:ゼロからはじめる映像制作基礎テクニック...
発売日 2018/04/13
通常    3,520円
単行本   2,677円
Kindle   3,520円 (+35pt)
(4.3)
総評価数 21件
13
After Effects CCマスターブック for Windows & Mac
発売日 2013/12/18
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,344円 (+61pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(2)
総評価数 2件
14
(4.1)
総評価数 62件
15
After Effects NEXT LEVEL : 豊富な作例で学ぶ映像制作プロテクニック...
発売日 2015/03/31
通常    5,920円
単行本   5,920円
Kindle   4,070円 (+41pt)
(3.8)
総評価数 14件
16
AfterEffects for アニメーション [CC対応改訂版]
発売日 2017/10/16
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,762円 (+38pt)
(4.4)
総評価数 12件
17
After Effectsプロとして知っておきたい効率&品質アップテクニック!...
発売日 2016/10/07
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   3,762円 (+38pt)
(3.9)
総評価数 5件
18
デザインの学校 これからはじめる After Effectsの本[CC/CS6対応版]...
発売日 2015/11/21
通常    2,838円
単行本   2,838円 (+28pt)
Kindle   2,838円 (+28pt)
(4)
総評価数 6件
19
After Effects初級テクニックブック【第2版】
発売日 2018/03/16
通常    3,960円
単行本   3,960円 (+40pt)
Kindle   3,564円 (+36pt)
(4.5)
総評価数 2件
20
Premiere Pro & After Effects いますぐ作れる! ムービー制作の教科書[CC/CS6対応版][改訂2版]...
発売日 2018/12/26
通常    3,938円
単行本   3,938円 (+39pt)
Kindle   3,741円 (+37pt)
(2.8)
総評価数 9件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

After Effectsの今人気の参考書の 5冊

「プロが教える!After Effects モーショングラフィックス入門講座 CC対応」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


After Effectsで動画をデザインするノウハウを一冊に凝縮しました!

After Effects CCの基本的な機能や操作のノウハウから、イメージ合成や各種エフェクト、3Dアニメーションまで
ロゴやテキスト、イラストを動画で自由自在に動かす技法をステップ・バイ・ステップ形式でわかりやすく解説します。

「プロが教える! 」シリ-ズは、ビギナーからステップアップを目指すユーザーを対象にしています。
紙面で解説している作例を実際に進めることで、各ソフトの操作やテクニックをマスターできます。
制作に使用するプロジェクトや静止画などの素材データはサポートサイトよりダウンロードできます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AE初心者です。
参考書の二冊目として購入。
何故いまこの操作・設定をしているかの説明が少なく、説明書を読みながらプラモデルを作っている気分です。
この設定は何のために行なっているのか、疑問に思いながら作業することになるでしょう。
結果、いざ自分で何かを作ろうとするときに壁にぶちあたります。
また、誤記も多いです。かなりストレスが溜まりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 とてもわかりやすい書籍で
Premiere Proと前回のAfter Effectsの本も購入させてもらいました。

今回はモーショングラフィックスに特化された内容で初心者でも順序どおりに
やるだけで簡単にシンプルでオシャレな動きのモーショングラフィックスを作ることができました。

モーショングラフィックスでよく使う
前著と共にAfter Effectsの基本操作も抑えることできるのでおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
プロが教える!After Effects モーショングラフィックス入門講座 CC対応
発売日 2019/09/20
通常 3,520円
現在 3,344円
176円(5%)OFF!!

  

「After Effects 初級テクニックブック」

※この商品は固定レイアウトで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


映像制作に欠かせないソフト「Adobe After Effects」の初心者向け逆引きテクニック集!
プロの現場でも使用されるAfter Effectsは、高機能ゆえに初心者にとってはわかりづらい面もあります。たとえば、「円を描きたい」という目的があったとき、直接描画する方法もあれば、エフェクトで生成する方法もあり、さらには正円か楕円かによって適用するエフェクトが異なります。
本書は、「こんなときどうする?」という〈目的別〉に、After Effectsに用意された複数の選択肢を一覧できる〈逆引き〉ガイドブックです。素材の読み込み、変形や加工、合成方法から出力まで、映像制作の作業の流れに沿って〈101のテクニック〉を網羅します。
これからAfter Effectsを本格的に使いたい初心者にすぐに役立つ実践的な解説書です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
AfterEffectsをはじめたころに購入しましたが、今でもたまに見返したりします。
Adobe製品の中では難しいジャンルに入るアプリですが、デフォルトの昨日をこのあたりまで使えれば動画制作は出来るかと思います。
ネットで検索してもよくわからないときや、パッとみたいときはやはり本はいいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このシリーズは分かりやすいですね。これからの入門用にとても良いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
After Effects 初級テクニックブック
発売日 2015/12/11
通常 4,329円
現在 3,564円
765円(18%)OFF!!

  

「プロが教える!After Effects デジタル映像制作講座 CC/CS6対応」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
端末により、見開き表示で、左右が逆になる場合があります。


After Effectsを使えるようになると、映像制作がもっと楽しくなります。
それは、After EffectsがTVや映画で見たことがあるような映像表現を作ることができるすばらしいツールだからです。

After Effectsを使えるようになりたいけど、何から覚えればいいのかわからない…。
基本的な機能はわかったけど、実際にどう使うのかわからない…。
こんな風に感じている人のお役に立てればと思い、本書を作成しました。

よく、「どうやってAfter Effectsの勉強したのですか?」というご質問をいただきます。
私の場合は、色々な映像表現の作り方を解説しているサイトを見て、真似して作るということを繰り返しました。
そうしているうちに、さまざまな作り方の引き出しが増え、自分なりの新しい表現が作れるようになりました。

ある程度引き出しが増えてくると、気になる映像表現も「こうすればできるんじゃないだろうか」と考えられるようになります。
またトライ&エラーを繰り返すことで、新たな表現の作り方のアイデアと出会うことができます。

After Effectsは、それぞれの機能の使い方を知るだけでは使いこなすのが困難なツールです。
知った機能を実際にどのように使って、何が作れるのか理解することが必要です。
1つの作例を知ることでそれがヒントとなり、「こんな使い方もできるよね! 」とひらめきが連鎖する。
さらに新しい表現を作る度に新しい機能が使いこなせるようになり、また次のアイデアを思い付く…。
この繰り返しで、After Effectsがどんどん使いこなせるようになります。

本書は、After Effectsを使いこなす入り口となるようなアイデアをたくさん掲載したレシピ集のような内容になっています。
解説通りに真似して作ることで、自然とAfter Effectsが使えるようになります。ぜひ、楽しんで実践してみてください。

(本書「はじめに」より)

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
サンプルデータがCS6では開けず、うその本です。
説明もごちゃごちゃした感じで、決して分かりやすくない。
すぐに返品処理した。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
AfterEffectsってどんなソフト?何ができるの?というガチの初心者にはお勧め。AfterEfectsは奥が深く習得難易度も高いようなのであまりに詳しい書籍は途中で挫折すると思います。この本はとにかく言われるがままに一通りやってAfterEffectsの全体像の概略を短期間で把握する本です。一巡しましたがあと2~3回転させたくなりました。初心者にありがちな「1+1はなんで2になるの?」というレベルに長い時間とどまらずに、いつの間にかそんなこと気にならなくなりどんどん先にすすめるようになるには最初はこういう書籍にあたるのはアリですね。習うより慣れよ!って感じです。評価が分かれるかもしれませんが私はとても感謝してます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
プロが教える!After Effects デジタル映像制作講座 CC/CS6対応
発売日 2017/04/27
通常 3,278円
現在 3,114円
164円(5%)OFF!!

      

After Effectsの発売したての注目の新書 3冊

「図解できちんと理解するAfter Effects モーショングラフィックスパーフェクトガイド」

モーショングラフィックスの魅力はその動きにあります。
目をひく動きで高いテンションの映像はとても魅力的です。

Web には数多くのテンプレートがあり、誰でもすぐに高品質のモーショングラフィックスをつくることができます。
ですが、それを自分なりにアレンジしたい、あるいは似たような映像をイチからつくりたい、という場合はどうしますか? おそらく「こんな複雑な映像つくるのムリ! 」と思うでしょう。
ところがです。その複雑な映像を構成するパーツを一つ一つ分離してみてください。それらは、ただ直線が移動しているだけだったり、円が広がっているだけだったりします。
つまり、複雑な映像は実は単純な動きの重ね合わせであることが多いのです。

ということは単純な動きの原理や調整方法をマスターしていれば複雑なモーショングラフィックスをアレンジしたり、つくり出したりできるようになるわけです。

本書はそれらの単純な動きを原理から調整方法まで解説しており、大きな特徴として、モーションの原理を図解で説明しています。モーションを説明するには比喩や具体例を使うのが一番と考え図解という手法を使いました。

この図解を理解し、次に単純なモーションを実際につくって個性的に調整してみてください。
そうすることで複雑なモーショングラフィックスを自由に扱える力量を身につけることができます。

「最もシンプルで最も身につくモーショングラフィックス指南書」それが本書です。
皆さまが動きの基本を確実に身につけてオリジナルのモーショングラフィックスをつくり出すクリエイターに育っていくことを切に願っています。

本書はロングセラー書「はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects」(ISBN978-4899774167)をマスターした人が次に読む本としてもオススメです!!

Chapter1 図解モーショングラフィックス
Chapter2 移動
Chapter3 回転
Chapter4 文字
Chapter5 出現
Chapter6 立体
Chapter7 効果

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Premiere Pro & After Effects いますぐ作れる! ムービー制作の教科書[改訂3版]」

(概要)
YouTubeやTikTokなど、もはやインターネットで動画を見ない日はありません。動画コンテンツの制作は、これまでにないほど、一般的なものとなりつつあります。そして動画制作に必須の定番ツールが、Premiere ProとAfter Effects、2つのアプリケーションです。本書は動画制作必須の2大アプリの基本を1冊でマスターできる、2in1の解説書籍です。Premiere ProとAfter Effectsは、それぞれ単独ではなく、連携させてこそ、その真価を発揮します。動画制作を学ぶ上での最初の1冊としてお勧めの決定版です!

(こんな方におすすめ)
・Premiere ProとAfter Effectsの基本を1冊でマスターしたい人

(目次)
【基礎知識編】
Chapter 1 動画編集の基本を知る
01 動画は写真のアニメーション
02 動画にはコーデックが必須
03 ハイビジョンと解像度の基礎知識
04 Premiere ProとAfter Effectsの映像編集ワークフロー
【Premiere Pro編】
Chapter 2 Premiere Proの基本を知る
01 Premiere Proの編集作業
02 Premiere Proの編集画面
03 ワークスペースの切り替えとカスタマイズ
04 新規プロジェクトを設定する
05 Premiere Proに動画データを取り込む
06 Premiere Proの環境設定を行う
07 シーケンスを設定する
08 シーケンスにクリップを配置する
09 クリップを並べ替える
10 クリップの削除とトリミング
11 ちょっと便利なトリミングテクニック
12 4K動画の設定と編集
Chapter 3 トランジション・エフェクトで動画を演出する
01 トランジションを設定する
02 トランジションを変更/削除する
03 トランジションの表示時間を変更する
04 トランジションをカスタマイズする
05 フェードイン/フェードアウトを設定する
06 クリップにエフェクトを設定する
07 エフェクトをカスタマイズする
08 エフェクトをアニメーションさせる
09 カラーをモノクロに変更する
10 エフェクトを複数設定する
11 マスク&トラックを利用する
12 ピクチャー・イン・ピクチャーを設定する
13 マスク機能を利用して合成する
14 イメージマットキーで合成する
15 特定の色だけを残す
16 特定の色を別の色に変更する
Chapter 4 テロップ・BGMを設定する
01 テロップを設定する
02 タイトルをカスタマイズする
03 ロールタイトルを作成する
04 クロールタイトルを作成する
05 レガシータイトルを利用したテロップ作成
06 BGMを設定する
07 クリップの音量を調整する
08 トラックの音量を調整する
09 BGMにフェードイン/フェードアウトを設定する
10 特定の部分だけ音量を調整する
11 映像から音声データを削除する
12 エッセンシャルサウンドを活用する
13 ナレーションを録音する
14 トラックを追加/削除する
Chapter 5 Premiere Proから出力する
01 動画ファイルを出力する
02 複数のファイル形式で一度に出力する
03 クイック書き出しですばやく出力する
04 YouTubeに動画をアップロードする
05 VR動画編集の準備を行う
06 VR動画にテロップを入れる
07 VR動画をトリミングする
08 VR動画を出力する
【After Effects編】
Chapter 6 After Effectsの基本を知る
01 After Effectsでできること
02 After Effectsのワークフロー
03 After Effectsの画面構成
04 After Effectsの環境設定
05 After Effectsの起動とコンポジションの設定
06 フッテージを読み込む
07 レイヤーについて理解する
08 レイヤーのトリミング/分割/コピー/削除
09 フッテージをコンポジションに配置する
10 コンポジションをプレビューする
11 プロジェクトを保存する
Chapter 7 テキストアニメーションを作成する
01 テキストアニメーションのためのコンポジション設定
02 テキストを入力する
03 テキストをカスタマイズする
04 テキストが移動するアニメーション
05 テキストサイズが変化するアニメーション
06 テキストが回転するアニメーション
07 テキストがフェードアウト/フェードインするアニメーション
08 キーフレームを操作する
09 アニメーターで1文字ずつアニメーションさせる
10 テキストがパスに沿って動くアニメーション
11 イージーイーズを設定する
12 テキストアニメーションにイージーイーズを加える
Chapter 8 シェイプとマスクを利用したアニメーションの作成
01 シェイプ(図形)を作成する
02 シェイプをアレンジする
03 基本オプションで図形をアニメーションさせる
04 追加オブションで図形をアニメーションさせる
05 動画にマスクを設定する
06 マスクの拡張でアニメーションさせる
07 マスクパスでアニメーションさせる
08 シェイプアニメとマスクアニメを併用する
09 細い長方形が伸びるアニメーションを作成する
10 テキストにマスクを設定する
11 テキストのマスクをアニメーションさせる
12 手書き風に文字を表示するアニメーション
Chapter 9 レイヤー・エフェクトを活用する
01 カメラレイヤーを配置する
02 カメラレイヤーをアニメーションさせる
03 ライトを利用したアニメーション
04 「ロトブラシ」で切り抜き&合成する
05 「白黒」でセピアカラーを実現する
06 「CC Particle Systems II」でパーティクルを作成する
07 「CC Pixel Polly」で映像を飛び散らせる
08 「CC Snowfall」で雪を降らせる
09 文字の中に反転映像を表示させる
10 2次元データを作成する
11 レイヤーをプリコンポーズする
12 「CC Sphere」で球体を作成する
13 球体を回転させる
Chapter 10 After Effectsから出力する
【Premiere Pro & After Effects連携編】
Chapter 11 Premiere Pro とAfter Effectsを連携させる

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私(Macユーザー)は以前映像に関するソフトとしてi-Movieを使っていたのですが、最近YouTuberであるフワちゃんさんがPremire Proを使っているという話を関ジャニの番組で聞いたことやレトロ調の映像を作っている方がPremire Proを使っているということを聞いたことからPremire Proを使ってみようと思い、以前After Effectを何回か暑かったことがあるためにそのおさらいを兼ねて購入しました。丁寧に解説があったので、これから使ってみようとと思う方にはちょうど良いのでは、と思いました。不満があるところがあるとすれば、そのほかのIllustratorやPhotoshopの様なAdobeのソフトウェアのデーターが扱えることがあまり取り上げられていなかったので(それらのソフトで作成したデータが使えるという話を聞いたことがあるので、をタイトルロゴを作って映像にはめ込むことを考えています)、そこは残念でしたのでよろしければ重版の際に追加するか、補足の一冊をお願いしたいと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「AfterEffects for アニメーション EXPERT[CC 対応改訂版]」

唯一無二、アニメーション制作に特化したAfterEffects解説書シリーズの上級編、待望のCC対応改訂版がついに登場!

本書では、細密な色表現、細かな質感、迫力ある効果付け…など、複雑にエフェクトを組み合わせたアニメーション撮影(合成)テクニックを、プロの現場さながらの完成度で披露します。
また、現場必携のプラグインエフェクトも紹介。標準装備エフェクトのみを用いたプロセス/プラグインを使用したプロセスの2パターンを解説しているので、2つを比較しながらエフェクトの役割と効果を体感することができます。

プロの技術へ到達し、あらゆるカットに対応できる力を身につけましょう!

☆本書は、2013年に刊行した同書籍をソフトのバージョンアップに合わせて加筆・修正を行った改訂版です。さらに新規コンテンツを含む42ページが増え、より現在のアニメーション制作に求められる表現や技術に踏み込んだ内容となっています。

本書解説: Adobe After Effects CC2019
サンプルデータ: CC2019,2020対応
※Projectサンプルは全てCC(2019,2020)のみの対応、セルやBGといった素材自体はどのバージョンでも開くことができます。

【目次】
はじめに
この本の読み方
プレビュー

Chapter 01.Effect Expert
01.脱出を目指す勇者
02.ジェット噴射の炎
03.髪の毛のグラデーション
04.アイドルライブ
05.キラキラの変身シーン
06.降りそそぐ碧の光
07.寿命間近の街灯
08.忍者の戦闘
09.月灯りの砂漠宮殿
10.騎士の鎧
11.夕暮れの桟橋
12.小川のせせらぎ
13.五月雨の水たまり
14.白刃一閃
15.覚醒の衝撃波
16.眼の虹彩

Chapter 02.Plug-In Effect
01.PSOFT CelFX
02.PSOFT CelMX
03.PSOFT anti-aliasing
04.PSOFT ComicStyle
05.Magic Bullet Looks4
06.Optical Flares
07.Trapcode Particular4
08.Trapcode Starglow1.7
09.Trapcode Shine
10.VFX Optical Glow
11.VFX Chromatic Displacement
12.Red Giant Universe HolomatrixII
13.Twitch
14.Video Gogh v3
15.OLM Open Tools

Chapter 03.Hack Topic
01.プロジェクトファイルの共有方法
02.プレビュー速度を上げる時短術
03.プレビューの便利な使い分け
04.時間移動と数値変更の時短術
05.レンダリングの時短術
06.ネットワークレンダリングの活用
07.一度のレンダリングで複数書き出し
08.色情報を共有するための設定
09.PANフリッカーの簡単な回避方法
10.マスクのぼかし幅を部分的に調整する
11.スクリプトで作業の効率化

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
AfterEffects for アニメーション EXPERT[CC 対応改訂版]
発売日 2019/12/23
通常 4,620円
現在 4,620円

  

高評価で人気も高いおすすめの3冊

「図解できちんと理解するAfter Effects モーショングラフィックスパーフェクトガイド」

モーショングラフィックスの魅力はその動きにあります。
目をひく動きで高いテンションの映像はとても魅力的です。

Web には数多くのテンプレートがあり、誰でもすぐに高品質のモーショングラフィックスをつくることができます。
ですが、それを自分なりにアレンジしたい、あるいは似たような映像をイチからつくりたい、という場合はどうしますか? おそらく「こんな複雑な映像つくるのムリ! 」と思うでしょう。
ところがです。その複雑な映像を構成するパーツを一つ一つ分離してみてください。それらは、ただ直線が移動しているだけだったり、円が広がっているだけだったりします。
つまり、複雑な映像は実は単純な動きの重ね合わせであることが多いのです。

ということは単純な動きの原理や調整方法をマスターしていれば複雑なモーショングラフィックスをアレンジしたり、つくり出したりできるようになるわけです。

本書はそれらの単純な動きを原理から調整方法まで解説しており、大きな特徴として、モーションの原理を図解で説明しています。モーションを説明するには比喩や具体例を使うのが一番と考え図解という手法を使いました。

この図解を理解し、次に単純なモーションを実際につくって個性的に調整してみてください。
そうすることで複雑なモーショングラフィックスを自由に扱える力量を身につけることができます。

「最もシンプルで最も身につくモーショングラフィックス指南書」それが本書です。
皆さまが動きの基本を確実に身につけてオリジナルのモーショングラフィックスをつくり出すクリエイターに育っていくことを切に願っています。

本書はロングセラー書「はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects」(ISBN978-4899774167)をマスターした人が次に読む本としてもオススメです!!

Chapter1 図解モーショングラフィックス
Chapter2 移動
Chapter3 回転
Chapter4 文字
Chapter5 出現
Chapter6 立体
Chapter7 効果

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「AfterEffects for アニメーション [CC対応改訂版]」

※この商品は固定レイアウトで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。



アニメクリエイターのためのAfterEffects解説書ができました!

キラキラ輝く光、時空ワープ、打ち上がる花火、稲妻、 炎……など、セルアニメ制作の撮影・特殊加工はAfterEffects での作業が中心です。

本書では、標準の解説書では紹介できないセルアニメ制作ならではのAfterEffectsテクニックを、基本操作/カメラワーク/エフェクトに分けて、あますところなく紹介します。サンプル素材をダウンロードしてSTEP BY STEPで学べるので、アニメクリエイターになりたい初心者から、腕を上げたい中上級者まで、アニメーション制作を学びたい人すべてに役立つ内容です。


本書は、2010年に刊行した同書籍をソフトのバージョンアップに合わせて加筆・修正を行った改訂版です。

本書解説:CC(2017)

サンプルデータ:CC(2017)対応

※Projectサンプルは全てCC(2017)のみの対応、

セルやBGといった素材自体はどのバージョンでも開くことができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
挿絵の画像がほとんど黒潰れしていて凄く見にくいです。ほかの解説本だとUIをグレーにして見やすくしていたりするのですが、標準プリセットの設定だとみえにくいです。
印刷の性能を上げるか(多分無理だと思いますが)、アピアランスの明るさを変えるか、画像を加工するかしていただきたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
作例が大変実践的で良かった。タイムシートの説明が分かりずらい。
セルアニメを勉強した中級者以上の知識が必要かと思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
AfterEffects for アニメーション [CC対応改訂版]
発売日 2018/02/26
通常 4,180円
現在 3,762円
418円(10%)OFF!!

  

「After Effects標準エフェクト全解[CC対応 改訂第4版]」

映像クリエイター必携、累計1万部突破のロングセラー。
After Effectsに標準搭載されたエフェクト「全て」を詳解する見本帳、最新改訂版。
メニューに基づいた分類ごとに、全289のエフェクトの概要と使い方、プロパティ(設定項目)の詳解、
およびプロパティ数値による効果の違いが分かる豊富なサンプル画像を掲載しています。

【目次】
1. 3Dチャンネル
CG素材などに含まれる3D用チャンネルを含むフッテージを利用するエフェクト。使用できるチャンネルはマテリアルIDやオブジェクトID、Z深度チャンネルなどがある。Z深度を利用すれば、映像に奥行き感を与えることができる。

2. イマーシブビデオ
360度視野を撮影した没入型VRビデオフッテージを加工するためのエフェクト。ブラーやフラクタルなど、通常のエフェクトにもあるエフェクトが用意されているが、通常のエフェクトと違い上下端や左右端を繋げたときにエフェクトの境界がシームレスに繋がるようにエフェクトが生成される。

3. エクスプレッション制御
イメージを加工するためのエフェクトではなく、他のエフェクトをコントロールするためのエフェクト。エクスプレッションと呼ばれる言語を使用することで、プロパティを簡単にコントロールできる。複数のレイヤーに対して、同じ設定値でコントロールしたい時などに効果的。

4. オーディオ
サウンドフッテージやムービーのオーディオ部分に適用するエフェクト。After Effectsは、映像編集がメインなので必要最低限のエフェクトしか搭載されていないが、いずれのエフェクトもクオリティは高いので、サウンドを含めた編集も十分可能。

5. カラー補正

6. キーイング
特定の色を取り除き、透明化するためのエフェクト。ブルーバック等で撮影された素材の背景を透明化して合成(キーアウト)するエフェクト、キーアウト後の補正用エフェクトなどがある。定番は、半透明や細かいディテールのキーアウトも可能な[Keylight]。

7. シミュレーション

8. スタイライズ

9. チャンネル

10. テキスト

11. ディストーション

12. トランジション

13. ノイズ&グレイン

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私はMADやバーチャルYoutuber等々で動画を作るにあたって、イメージはあるが表現できずに悶々と良くさせられました。しかしこの本を買うことで表現のバリエーションが豊かになったのは確かです。また便利なのに知らないエフェクトなど沢山あるのでぜひ購入することをオススメ致します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
日本語でaftereffectsを使っている人に良い
エフェクトの便覧ですから操作方法などとは違う
そういう意味では必需品 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
After Effects標準エフェクト全解[CC対応 改訂第4版]
発売日 2018/07/25
通常 5,500円
現在 5,500円

  

   

After Effects本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにAfter Effectsの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のAfter Effects関係の本人気ランキングです。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.3)
総評価数 15件
2
(4)
総評価数 1件
3
(3.5)
総評価数 7件
4
After Effects CCマスターブック for Windows & Mac
発売日 2013/12/18
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,344円 (+61pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(2)
総評価数 2件
5
(0)
総評価数 0件
6
(0)
総評価数 0件

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy AfterEffectsのおすすめ講座」

UdemyではAfter Effectsを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、After Effectsの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.4)
総評価数 2672件
2
中二病が暴発するAfter Effects CC クリエイティブチュートリアル...
発売日 2018/04/16
受講者 5,912人
通常 12,600円
現在 1,920円
(4.6)
総評価数 696件
3
(4.7)
総評価数 575件
4
【世界で30万人が受講】After Effects CC マスタークラス: After Effects完全版...
発売日 2020/07/17
受講者 723人
通常 12,000円
現在 1,840円
(4.7)
総評価数 86件
5
After Effects cc : はじめてのVisualEffects!プロが教えるVFX動画制作...
発売日 2017/07/06
受講者 6,052人
通常 18,000円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 476件

 

関連:Photoshop, Premiereの書籍

以下では、様々なエフェクト作成にも必要となる画像編集ツールの「Photosshop」や、動画の「構成編集」の機能が豊富なPemiereの書籍も紹介しています。合わせて参照ください。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました