【2020年】Adobe Premiere本「人気20冊と新書/高評価/おすすめの9冊」

こちらでは、動画編集ソフト「Adobe Premiere(プレミア)」の人気・おすすめ本を紹介していきまっす。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


    

Premiere本「人気ランキング 30冊」

Premiereの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/10/30 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Premiere Pro 初級テクニックブック
発売日 2015/12/11
通常    4,384円
単行本   3,989円
Kindle   3,366円 (+34pt)
(3.8)
総評価数 12件
2
Premiere Pro Standard Techniques[第2版] -CC Professional Works 100
発売日 2015/12/11
通常    3,168円
単行本   749円
Kindle   3,168円 (+32pt)
(3.2)
総評価数 10件
3
プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
発売日 2018/03/27
通常    3,278円
単行本   3,278円 (+58pt)
Kindle   3,114円 (+31pt)
(3.8)
総評価数 57件
4
Adobe Premiere Pro 超効率活用術 (速読・速解シリーズ19)
発売日 2020/08/31
通常    3,300円
単行本   3,300円 (+60pt)
(4.5)
総評価数 5件
5
(4.6)
総評価数 5件
6
知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応
発売日 2019/04/16
通常    2,948円
単行本   2,948円 (+52pt)
Kindle   2,729円 (+27pt)
(3.9)
総評価数 69件
7
世界一わかりやすい Premiere Pro 動画編集の教科書 (世界一わかりやすい教科書)...
発売日 2020/10/07
通常    3,608円
単行本   3,608円 (+36pt)
Kindle   3,428円 (+35pt)
(0)
総評価数 0件
8
Premiere Pro CS6 スーパーリファレンス for Windows & Macintosh
発売日 2016/12/20
通常    3,520円
単行本   2,579円
Kindle   3,520円 (+35pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.7)
総評価数 19件
9
今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 2019 (今すぐ使えるかんたんシリーズ)...
発売日 2018/11/16
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,069円 (+21pt)
(3.7)
総評価数 32件
10
Premiere Pro スーパーリファレンス CC 2017/2015/2014/CC/CS6対応
発売日 2017/01/21
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+35pt)
Kindle   3,344円 (+33pt)
(2.5)
総評価数 8件
11
Premiere Pro 逆引きデザイン事典[CC対応]増補改訂版
発売日 2017/10/02
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,553円 (+36pt)
(2.6)
総評価数 4件
12
Premiere Pro CCマスターブック for Windows & Mac .
発売日 2013/12/26
通常    2,724円
単行本   730円
Kindle   2,724円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(1.5)
総評価数 2件
13
Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!...
発売日 2017/03/24
通常    3,740円
単行本   3,740円 (+37pt)
Kindle   3,366円 (+34pt)
(3.1)
総評価数 5件
14
Premiere Pro パーフェクトガイド[CC対応版]
発売日 2018/02/22
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+39pt)
Kindle   3,658円 (+38pt)
(3.7)
総評価数 10件
15
プロに学ぶPremiere Proカット編集テクニック
発売日 2018/01/31
通常    3,850円
単行本   3,850円 (+76pt)
Kindle   3,658円 (+38pt)
(4)
総評価数 4件
16
作りながら楽しく覚える Premiere Pro
発売日 2018/06/08
通常    2,728円
単行本   2,728円 (+54pt)
Kindle   2,592円 (+26pt)
(3.5)
総評価数 3件
17
今すぐ使えるかんたんEx 動画編集&DVD作成 プロ技BESTセレクション[Premiere Elements対応版]...
発売日 2019/11/25
通常    2,178円
単行本   2,178円 (+22pt)
Kindle   2,069円 (+21pt)
(3.8)
総評価数 4件
18
Premiere Pro スーパーリファレンス CC 2018/2017対応 (基本からしっかり学べる)...
発売日 2018/09/21
通常    3,520円
単行本   3,520円 (+70pt)
Kindle   3,344円 (+33pt)
(2.3)
総評価数 2件
19
はじめよう! YouTuberへの近道 Adobe Premiere Rush入門
発売日 2019/08/26
通常    2,145円
単行本   2,145円 (+38pt)
Kindle   2,038円 (+20pt)
(4)
総評価数 1件
20
デザインの学校 これからはじめるPremiere Pro の本[CC対応版]...
発売日 2017/01/25
通常    3,058円
単行本   3,058円 (+31pt)
Kindle   3,058円 (+31pt)
(2.3)
総評価数 10件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Premiereの今人気の参考書の 5冊

「Premiere Pro 初級テクニックブック」

Premiere Pro 初級テクニックブック
(著)石坂 アツシ, 笠原 淳子
発売日 2015/12/11
(3.8)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Premiere Pro 初級テクニックブック
発売日 2015/12/11
通常 4,384円
現在 3,366円
1,018円(23%)OFF!!

  

「Premiere Pro Standard Techniques[第2版] -CC Professional Works...」

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Premiere Pro Standard Techniques[第2版] -CC Professional Works 100
発売日 2015/12/11
通常 3,168円
現在 3,168円

  

「プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応」

プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
(著)SHIN-YU, 川原 健太郎, 鈴木 成治, 月足 直人
発売日 2018/03/27
(3.8)

Premiere Pro CCの基本的な機能や編集のノウハウ、
イメージ合成や各種エフェクト、トリック動画まで
ハイ・クオリティな映像作品を仕上げるテクニックを
ステップ・バイ・ステップ形式でわかりやすく解説します。

「プロが教える! 」シリ-ズは、ビギナーからステップアップを目指すユーザーを対象にしています。
紙面で解説している作例を実際に進めることで、各ソフトの操作やテクニックをマスターできます。
制作に使用するプロジェクトや静止画・動画などの素材データはサポートサイトよりダウンロードできます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
仕事で急遽動画編集をする必要が出てきたため、PremiereProとEDIUSの試用版をインストール。
フォトショもイラレも解説書に頼ることなく身に着けてきたので、動画も大丈夫だろうと思ってましたが、どちらのソフトも感覚では操作出来ない。
やっぱり動画はハードルが高いなぁと思い、PremiereElementsを触ってみたらこちらは感覚で理解できる。
とりあえず、Elementsで映像を制作して急場を乗り越えましたが、やはり凝った事が出来ないので、もっと腰を据えて動画を勉強しようと、ちょうどAdobeのキャンペーン期間中だったため、PremiereProを購入。
本書の目次を確認したら、360度VR動画やフリーズフレーム等、ちょうど勉強したい内容が書かれてそうだったので、早速購入。
本書片手に昨日、今日で合わせて8時間程度サンプルに沿って進めてきましたが、ほぼほぼElementsで制作できる程度のものであればマスターする事が出来ました。
兎に角、説明が過不足なく要領よく説明されており、すいすい進めるられるので、サンプル動画が完成する度に達成感があり、飽きずに学習することが出来ます。
カットやよく使うエフェクト類は何度も似たような作業を繰り返して操作させるように工夫されており、頭で理解する前に身体で覚えさせてくれます。
これまで様々な分野のハウツー本を何十冊も読んできましたが、間違いなくNo.1の分かり易さ。
PremiereProを始めてみたい全ての方にお勧めできる内容だと思います。
サブタイトルに「プロが教える」と書かれていたので、この手の本でプロが書いていないものを見たことがないため、「そこ、アピールするところ?」「大丈夫か?」と若干の不安をおぼえつつも購入して正解でした()

※何故かマルチカメラの項がうまく出来なかったので、もう一度、やり直してみようと思います。(本書に間違いがあるのか自分の操作に間違いがあるのか確認します) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この類の本は書店に中々置いておらず、内容の確認が出来ないので下記の印象でこちらの書籍を購入しました。
発売日が現時点で最新(2018/3/27)なのも高ポイントでした。

Amazonの商品ページに画像で目次ページを全て載せていたり、公式サイト(http://shin-yu.net/book-premiere/)でも詳しい目次やメイキング動画があり、他の書籍には感じられない「購入前ユーザー」のことを考えられているのが大変好感を持てます。
ザックリした目次しかなかったり、目次すらない書籍がありますからね。手に取れない場合、どうやって買えと…。

内容としては画像+テキストによる解説ですが、7~8割ぐらいが画像かな?というぐらいスペースを広く取っていますね。初心者には大変分かりやすいかと思います。テキストが少ないとはいえ、ページ数が295Pで大きめの本ということもあり内容が薄いということはないです。
ただ画像を載せるだけでなく、画像内に赤枠やチェック番号を振るなどはもちろん、対象の選択肢にマウスポインタが乗っていたり選択済みだったりする画像なのが細かく仕事をされていて素晴らしいです。

その他
・編集練習に使えるサンプルファイルが付属(パスワードが記載されており、公式サイトからダウンロード)
・INDEXからキーワード逆引き可能(この編集どうするんだっけ?という時に便利)
・主に使用するショートカットキー一覧がある(めちゃ見やすい!pdfで欲しい…)

私のような「Premiere Proを始めたいユーザー」には大変オススメできる書籍です。
高額ということもあり私も購入前にかなり悩んだので参考になれば幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
発売日 2018/03/27
通常 3,278円
現在 3,278円

      

Premiereの発売したての注目の新書 3冊

「世界一わかりやすい Premiere Pro 動画編集の教科書 (世界一わかりやすい教科書)」

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「(動画素材・練習用ファイル・解説動画付き)Premiere Pro よくばり入門 CC対応 (できるよくばり入門)」

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「Adobe Premiere Pro 超効率活用術 (速読・速解シリーズ19)」

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Adobe Premiere Pro 超効率活用術 (速読・速解シリーズ19)
発売日 2020/08/31
通常 3,300円
現在 3,300円

  

高評価で人気も高いおすすめの3冊

「知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応」

「動画編集? まあ、できるけど」
と言えるようになる本

スマホやデジタルカメラで
誰でも簡単に動画の撮影&視聴ができるようになった昨今、
動画編集のスキルは今後、さらにニーズが高まると思われます。
「Premiere Pro」は動画編集の標準的なソフトで、
プロ・アマ問わず広く利用されています。

本書ははじめて「Premiere Pro」を触る人を対象にした超入門書。
Premiere Proの各ツールやパネルの基本機能から
動画編集作業の流れ、そしてワンランク上のテクニックまでを
この1冊で習得することができます。


サンプルデータを使って手を動かしながら学ぶ
さらにQRコードで完成動画の視聴ができる

本書の紙面解説と連動したサンプルデータとサンプルムービーを用意しています。
サンプルデータを使って手を動かしながら学び、上達していくことができます。
さらに、完成動画(サンプルムービー)も用意していますので
どのような動画を作成するのかをあらかじめ確認してから
操作を学ぶことができます。
紙面には完成動画を視聴することができるQRコードを掲載していますので
スマホで読み取って視聴していただくことができます。


こんな人におすすめ!
・企業の広報やWebデザイナー等、仕事で動画編集作業を求められる人
・子供のイベントや結婚式など趣味で動画編集をしてみたい人
・YouTuberを目指す人
・Adobe Creative Cloudユーザー


CONTENTS
Level 0 はじめてのPremiere Pro
Level 1 映像編集の準備と基本の操作
Level 2 カット編集をマスターする
Level 3 ベーシックな機能で映像作品を作る
Level 4 特殊な効果で映像を演出する
Level 5 映像作品のクオリティをアップする
Level 6 知っておきたい映像編集テクニック
Level 7 アーティスティックな映像表現をマスターする
Bonus 映像データに関する知識


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
動画編集をプライベート、仕事含めて学びたいなと感じておりPremiereを契約したタイミングで購入しました。

ほとんどの学習教材が、当たり前でしょうがMacの使用を前提として説明されるので、ウインドウズを基に記載されてるだけで、読み替える必要がなくなって助かります。

UdemyのサイトでPremiereの使い方に関する動画も購入しましたが、動画を観ながら実際に編集をするのは至難の業なので、どれだけ動画による学習が発達しても、使いながら見返したり、探したりする点については本の役割は無くならないなと感じさせられました。

実際に読みながら基本の流れを理解して、出来不出来は別にしても一本の動画を作ることができたのは嬉しかったです。

一点、問題を言うなら本は購入してしまうと、情報のアップデートができないので書かれた時期については注意が必要なことでしょうか。その点でも2019年9月現在、ウインドウズユーザーがPremiereを始めてみたいなら充分にオススメできる一冊だと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
時代の流れに乗り簡単な動画編集ぐらいできるようになりたいと思い購入。内容は一通りこなしました。

私の環境はMacで特に問題なかったですが、本文はWin用で書かれています。所々に注釈がある形となっていました。

【良いところ】
・写真が多用されている。
・素材データ、完成動画、編集データがダウンロードできる。
→完成動画を見て想像し、素材データで作ってみて、編集データで答え合わせとできる。
・最後にショートカットキー一覧表があり、見やすい。
・多分基本は抑えられている。(初心者なので自信はないです。)

【ダメなところ】
・LEVEL7になると急に説明が雑になる。
→ここが初心者から一歩進むためのポイントじゃないかなというところがたくさんあり、非常に残念な気持ちになった。例えば、P. 182、7−7の03「重要なのはキーの補完です。〜ベジェを選択します。」とあるが、これをやっても動画通りにならないし、完成した編集データを見ても曲線が違いキーの補完をどうしたのかわからない。また、7−7の動画では動画の切り替えごとに3つのカッコイイトランジションがあるが、解説文は最初の1つだけ。あとは自分で解釈しろと言わんばかり。できないことはないが、簡単な解説があってもいいと思った。かなり読解に時間がかかりました。なにせ知識ゼロで初めて編集してますから。また、LEVEL7の数値的な意味合いが省略されていてなぜその数値なのかわからない部分がある。私がこういったことに疎いからかもしれないが、同じく7−7でミラーを使う際に719、361、1279といったところ反射中心の数値が登場する。フレームサイズの1/3になぜ1px足したり引いたりするのか説明がないので、これを応用してなにか作ろうということができない。そういった意味で「できればいいでしょ」みたいな不親切感を覚えた。
→7−11に至ってはテンプレートのいじり方だけになっていて、動画の作り方ではない気がする。もちろんその能力は必要だと思うが、タイトルと一致しない。
・所々に誤表記がある。
→私が確認したところでは、初版第2刷で
 ○P.18図中のフレームレートがフレームノートになっている。
 ○P.170 V005.mp4のVのみを配置して長さをそろえる。→データに入っているのはV01.MP4とforest01.jpgのみ・・・V01.mp4の解釈で進みました。本書写真もV01.mp4になっています。
 ○P.182 番号「03」が2つある。
 →初心者なのでくだらないことでもつっかかる。私は2つ目の○で小1時間悩みました。

知識ゼロから始めると表紙にあるので、そこに嘘はあってほしくないです。

【要望】
And Moreに記載されている内容についてもサンプルデータや動画が欲しかったです。すごく良いことやスキルアップに繋がりそうなことが書かれているにも関わらず、自分で作ってみて「これであってるの?」で終わってしまっています。

【総評】
おそらく、基本的なカット編集・トランジションの追加・簡単なエフェクトの追加まではマスターできると思う。ただ、他にどんなトランジション・エフェクトがあるのかは一切解説されていないのでこれから触って覚えていくしか無いかなという感じ。LEVEL7についてはあまり期待しすぎず、基礎を覚えたいで取り組めば問題ないと思う。ただ、正直なところを言うと私が求める部分はLEVEL7のやり方似合ったので評価は下げておきました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応
発売日 2019/04/16
通常 2,948円
現在 2,948円

  

「今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15」

【Premiere Elements 15で“映像作品"を作ろう! 】

本書は、動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 15」の入門書です。
動画のカットや並べ替えといった基本操作から、場面の切り替え効果(トランジション)、タイトル、字幕、音楽の追加方法まで、この1冊で動画編集の必須スキルがすべて身に付きます!
ソフトの使い方をマスターして、「ホームムービー」、「ウェディングムービー」、「YouTube動画」など、映像作品を自在に作れるようになりましょう!

※30日間使用できる、ソフトの体験版が付属しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15
発売日 2016/11/23
通常 2,178円
現在 2,178円

  

「今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 2018」

(概要)
※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。
※PDF版をご希望の方は Gihyo Digital Publishing ( https://gihyo.jp/mk/dp/ebook/2017/978-4-7741-9435-6 )も合わせてご覧ください。

Premiere Elements 16をはじめるなら、この1冊で決まり!本書を読めば、動画編集に必要な操作がすべて身に付きます。動画素材のカットや並べ替えなどの基本操作から、場面の切り替え効果、タイトル、字幕、音楽の追加方法までをしっかり解説。さらに、「特定の色を残してモノクロにする」、「コマ撮り風の映像を作成する」など、動画の演出に使える、ちょっと高度な編集テクニックも紹介しています。大きな画面で見やすく、操作には順番に番号を振っているので迷いません。動画編集が初めての人も安心の1冊です。

(こんな方におすすめ)
・Premiere Elements 2018で映像作品を作りたい方

(目次)
第1章 Premiere Elementsの基本を知ろう

第2章 ムービー素材の読み込み

第3章 クリップの基本編集と切り替え効果

第4章 クリップの基本補正とエフェクト

第5章 便利なムービー編集テクニック

第6章 タイトルや字幕の追加

第7章 効果音やBGM の追加

第8章 編集したムービーの書き出し

付録

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
文字やインターフフェイスの画像が大きく、老眼にはうれしい。解説はとてもわかりやすい。手順の解説が間違っていると思われる個所も若干ありましたが(ex早送り映像)使っているうちにわかるので、そう問題でもなかったです。やりたいことが目次でわかりやすいし、まったくの初心者の私でもさくさく動画作成できました。凝ったものを作りたいわけではなければ十分な内容です。他の映像編集ソフトを使ったことがないのですが、私にとってはこれは使いやすかったのでソフトを購入することにしました。体験版は映像に「体験版」とウオーターマークが入るので実際には使い物になりません。このソフトを使う場合は取り込める画像の大きさに制限があるために画像編集できるソフトを持っていたほうが良いと思います。私はphotoshopを持っていたので問題なかったのですが、画像編集ソフトを持っていらっしゃらない方は、どうせ購入されるならpremiere elementsとPhotoshop elementsがセットになったものを購入することをお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
わかりやすく解説されていて、動画作成が楽しくなります。
体験版も付いているので、気に入れば即購入出来ます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 2018
発売日 2017/11/11
通常 2,178円
現在 2,178円

  

   

Premiere本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

実はそこにPremiereの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

  • 雑誌がかなり充実
  • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
  • 最近は出版社単行本も対応増加

個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

以下がKindle Unlimited対応のPremiere関係の本人気ランキングです。

(2020/10/30 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(1.6)
総評価数 2件
2
(4)
総評価数 4件
3
Premiere Pro CS6 スーパーリファレンス for Windows & Macintosh
発売日 2016/12/20
通常    3,520円
単行本   2,579円
Kindle   3,520円 (+35pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.7)
総評価数 19件
4
Premiere Pro CCマスターブック for Windows & Mac .
発売日 2013/12/26
通常    2,724円
単行本   730円
Kindle   2,724円 (+27pt)
Kindle Unlimited(読み放題)
(1.5)
総評価数 2件
5
(0)
総評価数 0件
6
(0)
総評価数 0件

 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy Premiereおすすめ講座」

UdemyではPremiereを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、Premiereの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

学習コース評価
(4.2)
総評価数 108件
(4.7)
総評価数 110件
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版...
発売日 2018/04/07
受講者 9,934人
通常 12,000円
新規 1,680円
(4.6)
総評価数 2029件
【目指せYouTuber】Adobe Premiere Pro CCでYouTube用動画を編集をしよう!!...
発売日 2019/06/21
受講者 1,262人
通常 14,400円
新規 1,610円
(4.2)
総評価数 222件
(4.3)
総評価数 44件

 

関連:AfterEffectsで動画に効果/装飾をつける

Premiereは動画の構成を編集するのに向いていますが、動画にエフェクトなど効果・装飾をつけるなら同じくAdobeのAfterEffectsのほうが便利。

以下でAfterEffectsの書籍についても紹介しているので覗いてみてください。

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました