【2020年最新】Houdini 人気の参考書5冊

近年3DCG制作で注目度が激上がり中のツール「Houdini(フーディニ)」。

出たての頃はゲーム開発でもエフェクト(VFX)などで主に使われている印象でしたが、最近はモデリング、ライティング、アニメーションまで幅広く3DCGツールとして活用される事例が増えています。

そんな今注目の3DCGアセット制作ツール「Houdini」の人気・おすすめ本を紹介していきまっす。

 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Houdini本「人気ランキング」

Houdiniの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2020/10/23 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Houdini ビジュアルエフェクトの教科書
発売日 2018/05/15
通常    4,290円
単行本   4,290円 (+43pt)
Kindle   4,076円 (+41pt)
(4.1)
総評価数 14件
2
Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)
発売日 2018/01/01
通常    2,530円
単行本   2,530円
(3.5)
総評価数 2件
3
Algorithmic Design with Houdini Houdiniではじめる自然現象のデザイン...
発売日 2019/04/27
通常    4,290円
単行本   4,290円 (+43pt)
Kindle   3,861円 (+39pt)
(4.7)
総評価数 4件
4
理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編
発売日 2017/06/29
通常    7,150円
単行本   7,150円 (+72pt)
Kindle   7,150円 (+72pt)
(4.7)
総評価数 7件
5
HoudiniとUnreal Engine 4で学ぶリアルタイムVFX: レベルアップのための心得と実践...
発売日 2020/04/18
通常    4,400円
単行本   4,400円 (+44pt)
Kindle   3,960円 (+40pt)
(4.5)
総評価数 14件
6
(4.5)
総評価数 4件

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Houdiniの人気参考書5冊 詳細

「Houdini ビジュアルエフェクトの教科書」

【SideFX推薦】Houdini16.5完全対応の基本書

VFX制作現場必須の新定番3DCGツール「Houdini」を
初歩からしっかり学びたい方に!

ジオメトリの扱い方からはじめ、シェルフ(テンプレート)をベースにして
とにかく「つくる」ことでHoudiniの仕組みと実力を理解できる、
エントリーユーザー必携の学習書です。

エフェクトとシミュレーションは、
パーティクル・剛体・ボリューム・水・海・砂を解説。
いずれも作例を通じて要諦を理解できる構成のため、
数学理論に苦手意識がある方でも、安心して実力を養うことができます。

「Houdini」の開発元Side Effects Software社および
SideFXの開発者Mark Elendt氏は
2017|2018 アカデミー賞
科学技術部門賞(Sci-Tech Awards)を受賞しました。


【本書の内容】
Chapter 1 Houdiniの概要
Chapter 2 ObjectとSOP
Chapter 3 シミュレーション
Chapter 4 剛体
Chapter 5 ボリューム
Chapter 6 水
Chapter 7 海
Chapter 8 砂
Chapter 9 その他の機能

【使用バージョンについて】
本書の内容はHoudiniFX 16.5.323、Windows版で動作確認をしています。
掲載画像にはHoudiniFX 15.5~16.5の画像が混在していますが、内容に影響はありません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
Houdiniを始めたいけど、どうやって始めようか考えていた時にこの本を購入しました。
本書では作例の作り方を各工程ずつ丁寧に説明しているので、初心者でも本の通りに
進めれば作例と同じものを作ることができます。フルカラーで図解が多い点も理解の助けになります。
一番良いと思ったのは、本書の作例を一つずつこなしていくことで、Houdiniの良さと楽しさを
同時に学習できる点です。どんな良さ・強みがあるソフトなのかという事を楽しく学習できました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自分は学生で、後期からHoudiniを学びます。
夏休みの課題でHoudiniを先取りしようと思いこの本を買いました。
とても分かりやすく初心者向けの本だと感じました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Houdini ビジュアルエフェクトの教科書
発売日 2018/05/15
通常 4,290円
現在 4,290円

  

「Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)」

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
(利点)
①ほかの類書にくらべて薄く、全部をやり終えるのに類書よりは時間がかからないだろうし、分厚い本をみてやる気がそがれる人はいいかも。

②小刻みな時間でもできる。たとえば、5-1だけで最初のゼロからすすめてやり切り形式になっているので、長い時間がとれない人はいい。

③途中で教育的な配慮(いろんな実験的にやってみてどうなるのかを示している)があり、とてもよい。(だが、箇所によってはその丁寧な解説がだんだん操作の羅列だけになっていくところが少し残念。)

④値段が類書よりは安い。(モノクロ印刷だから)

(欠点)
① この本の最大の欠点は、モノクロ印刷であり、ネットワークのつなぎの図やノードの名称とか図が小さくて見にくいことだ。

②上で書いたように操作の羅列で、詳細な説明を省いたところがあるのが残念。

③ささいなミスでだんだんわかっていると気がつくミスだが、最初は気がつかずに途方にくれることもあった印刷ミスが旧版から新版で訂正されたとあるがまだ数カ所見受けられる。

④何回やっても本と同じ通りにはならないところが3カ所あるが私のミスかもしれない。

(まとめ)
最近の他書houdini本が出るまではこれしかなかったが、私はそれらと併用して活用している。いろんな著書の考え方や流儀をみるのは参考になるではと思っているから。ぜひ、今後はカラー版を出していただきたいと思う。内容的には悪くないから。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)
発売日 2018/01/01
通常 2,530円
現在 2,530円

  

「Algorithmic Design with Houdini Houdiniではじめる自然現象のデザイン」

自然が創り出す美しい模様や動きをアルゴリズムで生成する!

本書は、映画やゲームを中心とする3DCG領域でますます注目を集めているソフトウェア「Houdini」を用いて、自然界に見られる魅力的な現象を生成するデザインレシピ集です。【Houdini 17.5 完全対応! 】

フラクタル構造、シマウマ模様(反応拡散系)、鳥や魚の群れ(群知能)、霜や雪の結晶……
合計16種類にも及ぶ形状や現象の背後ではたらくしくみ(アルゴリズム)を説明し、それをどのようにHoudiniで再現・生成できるかについてステップ・バイ・ステップで解説します。
各事例の制作を通して、アルゴリズミック・デザインの考え方と作り方を同時に学ぶことができます。

Houdiniを実務で使用している方も、趣味で使用している方も、この本でHoudiniの新たな活用方法を体得しましょう。

【目次】
なぜこの本が存在するのか
なぜHoudiniなのか
本書の対象読者
本書の動作環境
レシピのダウンロードについて

●Chapter 1:アルゴリズミック・デザイン
1-1 アルゴリズミック・デザインとは
1-2 デザインのモチーフの探し方
1-3 アルゴリズムの探し方
1-4 アルゴリズムの理解
1-5 Houdiniでアルゴリズムを実装する

●Chapter 2:アルゴリズミック・デザインのためのHoudini基礎知識
2-1 パラメータの登録
2-2 アトリビュートの基礎
2-3 VEXの基礎
2-4 Expression関数の基礎
2-5 For-Eachノードの基礎
2-6 Solverノードの基礎

●Chapter 3:レシピ編
01 Mandelbulb マンデルバルブ
02 Chladni Pattern クラドニ・パターン
03 Reaction Diffusion 反応拡散系
04 Diffusion-Limited Aggregation 拡散律速凝集
05 Iris 虹彩
06 Magnetic Field 磁場
07 Space Colonization スペース・コロナイゼーション
08 Curve-based Voronoi 曲線ベースのボロノイ
09 Differential Growth 分化成長
10 Strange Attractor ストレンジ・アトラクター
11 Fractal Subdivision フラクタル・サブディビジョン
12 Swarm Intelligence 群知能
13 Frost 霜
14 Edge Bundling エッジ・バンドリング
15 Snowflake 雪の結晶
16 Thermoforming 真空成形

レファレンス

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
私も著者と同じく、Processingでは物足りなさを感じていた者です。
ですが、Houdiniとアルゴリズムを駆使すれば、正真正銘のアート作品が作れることに惚れ惚れしました。
装丁も美しいです。
これから、この本に習って作成して行きたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

「理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編」

【SideFX 公認】Houdini 16 完全対応の大ボリューム書籍!

この本では、Houdiniの基本を習得するためのプログラミング技術、数学理論、Houdiniのアーキテクチャについて解説しています。また、数多くのチュートリアルを通してHoudiniの実践的な使い方を習得できる構成となっています。チュートリアルの中には既存のアルゴリズムをゼロから実装していくものもあるので、より深い部分でHoudiniを理解していくことができます。

この本はこれからHoudiniを習得しようとする方達を対象に書かれています。よって、プログラミング経験やCG制作経験の有無などは前提にしていませんが、以下のような知識が背景にあると本書を理解する上で非常に役に立ちます。

■ C言語、Java(Processing)などのプログラミング言語
■ 高校レベルの数学(三角関数、ベクトル代数学、解析幾何学、微積分)
■ 3DCGに関する基本概念(ポリゴン・NURBS、アニメーション、テクスチャーマッピング、レンダリング等)
■ 他パッケージツールの使用経験(Mayaや3ds Maxなど)

【簡易目次】
第1章 Houdiniとは
第2章 ポイント・頂点・プリミティブ
第3章 最初に作成するシーン
第4章 数学・力学
第5章 VEX
第6章 Wrangleオペレーター
第7章 VEXジオメトリ基本操作
第8章 VEX応用チュートリアル
第9章 デジタルアセット
第10章 L-System
第11章 CHOP

※各章の主な内容については、「目次を見る」をご参照ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
作例は主にアニメーションです。
それに加えてエフェクトやモデリングの解説もあります。
説明は丁寧で書いてあるままに操作すればちゃんと作れるようになってます。

ただ、内容紹介にある「高校レベルの数学」を多用してアニメーションを作っていくので、自分の作品に活かす、応用するとなるとそのあたりを理解しておかないと難しいと思われます。一応、本の中で一章割いて扱う数学の解説しているので勉強出来ないこともないですが、やはり数学の専門書などのほうが当たり前ですが詳しいです。
次に重要なのはプログラミングの知識です。こちらも一章使って解説されています。
こちらは上記の数学を理解しておけばそれほど知識はいりません。むしろ、数学を表現していくのにプログラミングを使っていくので、やはり数学の知識が大事になってきます。

なんだか数学、数学と難しそうですが、Houdiniの解説書としては簡単、解りやすく書いてありますので静止したモデルぐらいならすぐ作れるようになります。
表紙になってるワームなんかは数学知識がなくても力技で真似できます。そんなときに他3Dツールの使用経験が有れば機能が勘で判ったりして便利です。

Houdini自体この本で基本操作が判れば後は適当に弄って覚えていけるので面白いです。逆説的ですがこの本に出ていない機能もたくさんあるので自分で見つける楽しさもあります。

一見応用書のように見えますが入門書としても使える良書です。(インストールの仕方は他で調べる必要がありますが)
数学苦手でもこの本で「Houdini面白い!」と思えれば勉強する気が沸いてきて一石二鳥(?)かもしれません(笑 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
良い本なのですが、最低限、三角関数、微分積分、行列を理解している人向けの内容になっています。
作例が豊富なのは良い点なのですが、建物を破壊する作例が無いのが減点材料です。第8章-17に彫刻のモーフィングという作例はあるのですが、近年求められるクオリティとしてはあんまり・・・。
今や、映像だけでなくゲームでも出来の良い破壊モデルは必要になっています。
また、注意点としましては、ボーンデジタルで買うと本体6,500円+税であり、何故かアマゾンで買うと7150円と割高になっています。
Houdiniの難点は、バージョンアップのたびに操作画面が若干変わったり、機能的に古くなったノードはメニューから隠される方針になっているため、常に最新の情報更新を怠らない心構えが求められます。専門書の改訂版も必要になってきます。
次回作はKindle版での出版を希望します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記
Houdiniの悪い所なのですが、バージョンアップのたびに何らかのノードがバージョンアップしたり、新規ノードに置き換えられて廃止されるため、昔のチュートリアルが使えなくなり、解決策を誰か有志が書いてくれてないかを探すため、ネット検索を頑張らなければならなくなります。
具体的に書くと、
552ページHDAビル作成~Houdini17以降から、Fuseノードの「Unique」ラジオボタンが無くなっています。

612ページ~ForEachノードの情報が古くなっています。
 Scatterで16個のポイントを発生させ、これを発生源としたカーブを16個ずつスキップさせながらJoinノードで接続していく部分です。

「処理速度が高速になったり、より効率的な手法に置き換わってるのだ」と考えれば良いところなのかもしれませんが・・・。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編
発売日 2017/06/29
通常 7,150円
現在 7,150円

  

「HoudiniとUnreal Engine 4で学ぶリアルタイムVFX: レベルアップのための心得と実践」

リアルタイムエフェクトを作っていく上で必要不可欠なものは、「観察力」と「再現力」です。
しかし場合によっては、現実の物理学を踏襲しつつもある点で無視する事も必要かもしれません。

海外のスタジオでAAAタイトルに携わるプロのリアルタイムエフェクトアーティストが、中級以上の方に対して特に求められる観察力と、それをエフェクトに落とし込む再現力をどう身に付けるかを紹介しています。
また開発の現場で求められるシェーダーの知識、プロシージャルによる効率化、最適化などを、HoudiniとUnreal Engineを使って解説しています。

さらにリアルタイムVFXアーティストに求められる、エフェクトの表現のための思考力を磨くチュートリアルも紹介しています。


【目次】
1章エフェクトアーティストに必要なスキル、知識とセンス
2章ノードベースのエフェクトエディタとNiagara
3章シェーダーへの理解とテクニック-基礎編
4章シェーダーへの理解とテクニック-応用編
5章頂点シェーダーを使いこなそう
6章エフェクトへのライティングの知識
7章プロシージャルとダイナミックエフェクト
8章最適化と創意工夫する力

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
本業はゲームプログラマーの者です。
全章読み終えて半分ほど手を動かしてみての感想です。

全体を通してHoudiniやUE4/Niagaraについての解説書ではないため、どちらもある程度の知識は求められます。
想定読者層としては中級以上のTA, VFXアーティストで今より一歩進んだ表現を行いたい人や知識の幅を広げたい人に向いています。
環境はUE4.24とHoudini 18.0.287です。
HoudiniはApprenticeでもある程度進めることが出来ますが、fbxのexportやHoudini Engineを使う場面があるためIndie以上のライセンスがあった方が良いです。

最初に1,2章でVFXアーティストに求められる技術/表現力/観察力の話があります。
この辺は他の本でも書かれていることがありすが、現代においての求められる技術について書かれている点が特に良かったです。

3-5章でVFX制作で役立つシェーダーの知識の解説があります。この章だけでも本書を買う価値があると思います。
シェーダーを使った表現の幅が広がるため、知識の引き出しを増やしたい人やVFXで使うシェーダーに興味がある人に向いていると思います。

6章ではVFXにおけるライティングについて。
太陽越しに見た雲の表現や2Dレイマーチングなど。
7章はプロシージャルとダイナミックエフェクトで自動化する上での問題点、それに対する対処法や風の影響を受けるものなど。
8章では最適化について広い範囲でカバーされており、プログラマーやTAの方にも役立つ知識が多く紹介されています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
たくさんある入門書はお手軽な情報を多く与えてくれますが、この本は良い意味で一味違いました。初心者には難しいだろうなぁという内容も多かったので、まさに中級者向けです。
受け身ではなく自分で考えること、困ったときに何とかする力を養うためのゲームエフェクト教育本と感じます。
チュートリアルで何かの作り方だけ学びたい人はチュートリアル動画などを見るほうが良いと思います。

私がゲームのエフェクトを作るときに考えるべきことを第1章で補完できたこと、ならびに5章6章8章で得た技術知識が今の仕事にちょうど応用できそうであることから、この本を高く評価します。私にはまだ理解しきれていない難しい箇所がありますが、じっくり取り組みたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  


関連:Maya、Photoshopの書籍

以下では、プロの現場のスタンダードDCCツールMayaや、2D画像編集の定番Photoshopの書籍も紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました