【動画で学習】UdemyのPhotoshop 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのPhotoshop講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのPhotoshop講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるPhotoshopの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.4)
総評価数 2069件
2
(4.6)
総評価数 364件
3
(4.7)
総評価数 194件
4
(4.1)
総評価数 918件
5
(4.7)
総評価数 559件
6
未経験からプロを目指す!実践PhotoshopCC講座
発売日 2014/05/31
受講者 9,007人
通常 10,000円
現在 1,960円
(4.4)
総評価数 1602件
7
(4.6)
総評価数 288件
8
(4.6)
総評価数 20件
9
誰でもわかる Adobe Photoshop CC 2015
発売日 2015/10/05
受講者 468人
通常 3,600円
現在 2,340円
(3.7)
総評価数 39件
10
(4.1)
総評価数 71件
11
(4.7)
総評価数 191件
12
(4.7)
総評価数 226件
13
Photoshop 魔法のスーパテクニック No.11 超リアルなジグソーパズル...
発売日 2015/08/29
受講者 375人
通常 3,060円
現在 1,840円
(4.4)
総評価数 17件
14
Photoshopの最新ブラシを基礎から徹底的にマスターする重点コース...
発売日 2019/04/14
受講者 2,061人
通常 3,680円
現在 1,840円
(3.8)
総評価数 63件
15
Photoshop 集中コース レイヤーを制する者はPhotoshopを制する
発売日 2019/03/19
受講者 685人
通常 3,680円
現在 1,840円
(4.1)
総評価数 36件
16
Photoshop 水彩画ブラシを使った水彩画風スケッチの制作演習...
発売日 2019/07/08
受講者 809人
通常 2,440円
現在 1,960円
(4.1)
総評価数 31件
17
誰でもわかる Adobe Photoshop CC 2018
発売日 2017/11/30
受講者 71人
通常 3,600円
現在 2,340円
(4.1)
総評価数 13件
18
(4.4)
総評価数 121件
19
(4.6)
総評価数 14件
20
(4.6)
総評価数 238件
21
(4.6)
総評価数 709件
22
(3.9)
総評価数 34件
23
最新Photoshop 短期集中 レイヤースタイル攻略コース
発売日 2019/04/09
受講者 1,506人
通常 3,680円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 47件
24
WebデザインのためのPhotoshop実践講座
発売日 2015/10/15
受講者 2,368人
通常 4,280円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 335件
25
(4.3)
総評価数 59件
26
(4.2)
総評価数 27件
27
世界を変えるボンバスティックなPhotoshop講座
発売日 2017/08/27
受講者 1,870人
通常 10,000円
現在 2,200円
(4.1)
総評価数 183件
28
Photoshop 魔法のスーパテクニックを身につけよう 3Dのマジック...
発売日 2016/01/29
受講者 261人
通常 2,440円
現在 1,960円
(4.2)
総評価数 29件
29
Photoshop カラーとレタッチツールを1日でマスターするコース...
発売日 2019/07/12
受講者 1,445人
通常 3,680円
現在 1,960円
(4.6)
総評価数 77件
30
(4.8)
総評価数 34件
31
デザイナーのための、はじめてのAdobeスクリプト[Photoshop, After Effects, etc.]...
発売日 2019/12/21
受講者 385人
通常 24,000円
現在 1,840円
(4.8)
総評価数 42件
32
アニメマニア必見!Adobe Photoshopで簡単にアニメ少女イラストを描こう!...
発売日 2017/09/22
受講者 765人
通常 14,000円
現在 1,960円
(3.9)
総評価数 65件
33
(4.3)
総評価数 92件
34
(4)
総評価数 13件
35
『今さら聞けない』背景美術/風景画教室【デジタル描画基礎】photoshop...
発売日 2017/05/16
受講者 493人
通常 8,500円
現在 1,960円
(3.5)
総評価数 54件
36
(4.6)
総評価数 11件
37
(4)
総評価数 8件
38
「綺麗な着物女性の書き方」桜模様+Photoshop操作のマスターコース...
発売日 2018/04/06
受講者 125人
通常 13,000円
現在 1,840円
(4.6)
総評価数 7件
39
かわいくて強い娘が好き☆「格闘系美少女」をAdobe Photoshopで描こう!...
発売日 2018/08/14
受講者 121人
通常 13,000円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 7件
40
(3.9)
総評価数 6件
41
誰でもわかる Adobe Photoshop CS6
発売日 2015/10/16
受講者 33人
通常 2,400円
現在 1,560円
(3.5)
総評価数 6件
42
(4.3)
総評価数 4件
43
(5)
総評価数 2件
44
(2)
総評価数 1件
45
(4.5)
総評価数 1件
46
誰でもわかる Adobe Photoshop CS5
発売日 2015/11/17
受講者 18人
通常 2,400円
現在 1,560円
(3)
総評価数 1件
47
実務レベルで使えるPhotoshop CC肌修正レタッチ方法!!
発売日 2021/07/19
受講者 7人
通常 2,440円
現在 1,840円
(0)
総評価数 0件
48
プロのセンスを学ぼう!Photoshopで描く【ねずみの女の子】イラスト...
発売日 2018/07/17
受講者 27人
通常 13,000円
現在 1,840円
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのPhotoshop 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

最新Photoshop  23時間の動画と演習でPhotoshopの全てを完全マスター 初心者がプロを目指すコース

最新Photoshop  23時間の動画と演習でPhotoshopの全てを完全マスター 初心者がプロを目指すコース
発売日 2019/05/06
(4.4)

23 total hours
最新Photoshop 2022の全機能を初めての方にもわかりやすく解説 切り抜きや画像合成など簡単なレタッチから高度なカラー補正やレイヤースタイル、ブラシを駆使した本物の技術を確実に身につけられます。Mac、Windowsどちらも可能

 このコースは最新のAdobe Photoshop のすべてを基礎から完全にマスターすることを目的に作られた講座です。Phototshopははじめてという初心者の方から、中級以上の方の学び直しやトレーニングにも役立つよう、ひとつひとつの機能について詳しく、丁寧に説明しています

 機能の紹介や単なる操作方法の説明に終わらせず、実践的な作品制作をしながら機能の完全理解と応用力を育てることに重点をおきました。

 このコースを終了するとWEBやDTPでPhotoshopを扱うプロとしてスタートできる知識とスキルを確実に身につけられます。

 PhotoshopはAdobeのアプリケーションの中でも最も難しい部類のソフトですが、このコースで学べば飽きずに最後まで学びPhotoshopのスキルを確実なものにできます。


Photoshop のすべてが確実に学べる

  • Photoshop 2022のほぼすべての機能を詳しく、分かりやすく解説しています。


  • ありきたりの解説書とちがい、実際の作品制作を通して実践的なスキルを身につけられます。


  • 初心者の方にも分かる、誤解のない説明


  • Photoshopは使えるけれど、きちんと基礎から体系的に学びなおしたい方にも最適です。


  • すべての制作作品には練習素材が添付されているのですぐにはじめられます。


常に新しい知見を加えながら進化するコース

 このコースは進化するコースです。受講者からの意見やPhotoshopのバージョンアップなどから常により分かりやすく、新しい知見を加えながら改良されるので、受講される方は常に最新の情報を得ながら学べます。またそのための追加の費用はありません。

 PhotoshopはWEBやDTPなどすべてのデザインの現場で必要となるツールです。ペイント系のソフトなので難しいと思われがちですが、基本から原理を学んでステップアップしていけば編集の方法は確立されているので大丈夫です。



学習内容
23のセクション、184本のレクチャーを合計23時間のビデオで解説しています。

最初は簡単なテクニックから徐々に高度なテクニックを使えるようにステップを踏んで進めます

レイヤーやブラシなど重要な機能にはより詳しい作品制作が演習として用意されています。

Photoshop の最新の機能を使って、新しいテクニックで早く制作できる方法を学べます

Photoshopを単なる写真修正用のソフトではなく、どんな作品の制作にも使えるパワフルなツールにします。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
仕事で使うことになり急遽講座を受けさせてもらいました。photoshopの参考書も一冊読みましたが、それよりわかりやすく、詳しく説明されていて本当にタメになりました。特に理解が曖昧だった解像度やレイヤー効果とチャンネル(マスク)について解説がありがたかったです。 欲をいえば描画モードが未だよくわからないのでそこの解説があったらもっと良かったなと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
丁寧な解説で、ショートカットキーなど、頻出するものはその都度きちんと言って頂けるので、やっているうちにキーを覚えられました。リソースファイルが動画と違う部分があり、戸惑ったのでこの評価にさせて頂きました。見直しをしつつ、操作を染み込ませて行きたいと思います。ありがとうございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 起動するには
    • ファイルの開き方
    • ファイルの閉じ方
    • ファイルの保存
    • Photoshopの終了
  2. インターフェイス
    • 覚えるのは3つだけ
    • 1クラス上のズームツール
    • アンドゥ(Un Do)
    • ヒストリーはタイムマシン
    • トリミング自由自在
    • 画像の回転
    • action作業プロセスの自動化
    • ヒストリーとアクション
    • Workspace インターフェイスの要
  3. 選択範囲
    • 選択範囲とは
    • 投げ縄ツール
    • クイック選択ツール
    • クリック一発自動選択ツール
    • 選択範囲を修正するには
    • 逆転の発想 選択範囲の反転
    • もふもふもOK 境界線調整
    • パスを選択範囲に変換
    • 選択範囲をパスに変換
  4. レイヤー
    • レイヤーの基本
    • レイヤー操作自由自在
    • テキストレイヤー
    • 複製も変形も移動も自由自在
    • レイヤーの結合・統合
    • レイヤーの整列・分布
    • レイヤーをロックする
    • レイヤーマスクとは
    • リンクの解除
    • クリッピングマスク
    • 調整レイヤー
  5. 演習 サングラスへの映り込み
    • 選択範囲の作成
    • レンズに調整レイヤー
    • 左レンズに調整レイヤー
    • グラデーション
  6. レイヤースタイル
    • レイヤースタイルとは
    • 制作の準備
    • パターンオーバーレイ
    • グラデーションオーバーレイ
    • 立体感を加えて完成
    • レイヤースタイルの保存
    • ベベルとエンボス(1)
    • ベベルとエンボス(2)
    • 境界線、光彩
    • サテン、オーバーレイ
    • ネオン文字 準備
    • 文字水平
    • 水平文字のスタイル(1)
    • 水平文字のスタイル(2)
    • 水平文字のスタイル(3)
    • 垂直文字の仕上げと完成
  7. Photoshopの描画
    • グリッドにスナップとは
    • パスの基本
    • ベジエ曲線
    • ベジエ曲線でイルカを描く
    • 新機能「曲線ペンツール」
    • 曲線ペンツールを使う
    • フリーフォームペンツール
    • パターンとは
    • 公開パターンの使用
    • jpg画像のパターン化
    • 幾何学模様のパターン(1)
    • 幾何学模様のパターン(2)
    • パターンブラシ
  8. ブラシ
    • ハード円ブラシ
    • ブラシプリセット
    • ブラシ設定パネル
    • ジッターとは
    • カラーのジッター
  9. ブラシを使った演習(1) シャッターパーツ
    • 制作工程の説明
    • 基本シェイプを描く
    • ブラシの定義
    • ブラシの設定
    • パーツの散布
    • 背景の挿入
  10. ブラシを使った演習(2) スケッチ効果
    • 画像の準備
    • ブラシの登録
    • ブラシの設定(1)
    • ブラシの設定(2)
    • 画像の処理
    • ブラシの使用
    • 仕上げ
  11. テキストレイヤー
    • テキストの入力
    • テキストの編集
    • 段落テキストとポイントテキスト
    • 文字マスクツール
    • 文字をパスに沿って配置する
    • ワープテキスト
  12. 画像解像度
    • 画像の大きさとサイズ
    • 画像解像度
    • 画像の再サンプル
    • ピクセルを見る
    • カンバスサイズの変更
    • カラーモード
  13. カラーとレタッチ
    • カラーピッカー
    • カラーパネル
    • スォッチパネル
    • スポイトツール
    • 塗りつぶしツール
    • 塗りつぶしコマンド
    • コピースタンプツール
    • コピースタンプツールをもっと詳しく
    • 修復ブラシツール
    • ぼかしツールとシャープツール
    • コンテンツに応じたレタッチツール
    • コンテンツに応じた移動ツール
    • 覆い焼きツール 焼き込みツール
    • チルトシフト
    • 光彩絞りぼかし フィールドぼかし
    • パスぼかし
    • スピンぼかし
    • ぶれの軽減フィルター
    • スマートシャープ
    • 画像のアップサンプリング
  14. 画像の補正
    • ヒストグラムの原理
    • レベル補正の実際
    • トーンカーブ
    • 色相/彩度
    • カラーバランス
    • カラーの置換
  15. チャンネルと画像の合成
    • チャンネルとは
    • アルファチャンネル
    • クイックマスク
    • チャンネルパネル
    • スポットカラーチャンネル
  16. 3D
    • 3Dの概要
    • 3Dパネル
    • 属性パネル
    • 3D作品「ひろば」の制作
    • 文字「ひ」の配置
    • 3D文字「ひ」の編集(1)
    • 3D文字「ひ」の編集(2)
    • 3D文字「ろ」の編集(1)
    • 3D文字「ろ」の編集(2)
    • 3D文字のバックアップとレンダリング
    • シャドウの調整
    • 仕上げ
  17. 制作演習 花びらのポスター
    • 概要と準備
    • 花びらの選択範囲
    • ポスター本体ドキュメント
    • テキストの入力
    • レイヤースタイルの適用
  18. レイヤースタイルを使ったText Effect
    • Perspective 画像の準備
    • Perspective-Imageの作成
    • Perspectiveなロゴの制作
    • レイヤースタイルの適用
    • テクスチャーを木目に変更
  19. 制作演習 リアルなロウソク
    • 制作の手順
    • ロウソク本体の描画
    • ロウソク本体のシェイプ
    • レイヤースタイル
    • ロウソクの炎
    • 炎の編集
    • ロウソク本体の仕上げ
  20. 写真の天候を雪の日に変える
    • 制作工程の説明
    • 空の選択範囲をつくる
    • 空のグラデーションの制作
    • 雪をつくる
    • カメラレンズの水滴
    • カラーの調整
  21. 水面に映るリアルな影
    • 作業の手順と画像の反転
    • テクスチャファイルの制作
    • 画像を水面に映す
    • 仕上げ
  22. 飛び出す絵本のような不思議な効果
    • 制作のプロセスの説明と画像の準備
    • 公園にガンダム出現
    • ガンダムにシャドウをつける
    • 写真をカウンターに配置
    • ガンダムを立たせる
    • ドロップシャドウ
    • ガンダムのドロップシャドウ
    • 仕上げ
  23. リアルなジグソーパズル
    • 制作の工程
    • テクスチャーファイルの準備
 
Preview Video
   

【Adobe認定プロフェッショナル講師が教える】初心者向けPhotoshopの使い方〜実践まで丁寧に解説

【Adobe認定プロフェッショナル講師が教える】初心者向けPhotoshopの使い方〜実践まで丁寧に解説
発売日 2021/03/12
(4.6)

5 total hours
Photoshop(フォトショップ)使い方や構造を理解する基本講座

※こちらの講座は個別指導は行っておりません※



Udemy講師のきりぽん けいたん
です


このコースでは、初心者の方が基本を学べるように構成されています。

また、分かりやすく丁寧に順序よく学べるのでつまづくことなく学べます。

練習用の素材もこちらで設けていますので、より実践的に取り組んでいただけます。


【こんな方にオススメ】

・これからPhotoshopを学ぶ初心者の方

・Photoshopを学習したけど挫折してしまった方

・Photoshopの基礎を学びなおしたい方


【オススメできない方】

・Photoshopの基本を熟知しておりもう実践的につかている方は物足りないと感じるかもしれません



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
フォトショップの使い方を丁寧に教えてくれています。初心者の躓きやすいポントがわかりやすいです。細かい内容まで踏み込まないので、気軽に聞くことができます。これからフォトショップの使ってみたいという人にはとてもおススメ。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
ご説明がとても丁寧かつわかりやすくてとても助かりました。他にもプレミアプロの講座も受けましたが大満足の内容でした。仕事編とかの講座もあれば受けてみたいです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 紹介
    • 紹介
    • 練習素材(ダウンロードしてください)
  2. 【基本編】はじめに
    • Photoshopはレイヤー構造
    • Photoshopを起動する前にファイル、フォルダーの整理整頓
    • Photoshopを起動して新規ドキュメントを作成
    • ワークスペースの理解について
    • 画像の読み込み方法
    • 画像の移動、サイズの変更、回転について
    • 保存方法について
  3. 【基本編】テキスト について
    • 文字を入れる方法、移動、変形する方法
    • 文字の細かな設定項目の説明
    • 文字のレイヤースタイルの説明(ドロップシャドウ、境界線など)
    • ベベルとエンボスで立体感をつける
    • 【実践】文字の入力からデザインまで
  4. 【基本編】切り抜きについて
    • 簡単に人物の切り抜きをする方法
    • オブジェクト選択ツール、クリック選択ツールを使って人物の切り抜きをする方法
    • マスク機能について
    • 【実践】マスク機能を使って、人物の切り抜きをする方法
    • 【実践】マスク機能を使って、動物(猫)の切り抜きをしてみよう
  5. 【基本編】図形について
    • 図形の作成について
    • カスタムシェイプで矢印や吹き出しを作る方法
    • ペンツールを使って図形を吹き出しを作る方法
    • 図形の中に文字を入れる方法
  6. 【基本編】レイヤーをグループでまとめる
    • レイヤーをグループにまとめて見やすくする方法について
  7. 【基本編】不要な部分を消す方法
    • スポット修復ブラシと修復ブラシについて
    • 新規レイヤーを追加してスポット修復ブラシ、修復ブラシを使う
    • コピースタンプツールについて
  8. 【基本編】ベタ塗りレイヤーについて
    • ベタ塗りレイヤーとは
  9. クリッピングマスクとは
    • クリッピングマスクを理解してみよう
    • 【実践】クリッピングマスクを使用して文字を作ってみよう
    • 【実践】クリッピングマスクを使用して逆光を表現する方法
  10. 【基本編】スマートオブジェクトについて
    • スマートオブジェクトとは
  11. 【基本編】色・明るさの調整方法
    • 露光量・明るさの調整について
    • 色相彩度について
    • ヒストグラムについて
    • トーンカーブの理解
    • RGBのトーンカーブの理解
  12. 【基本編】書き出しについて
    • 書き出しの方法
  13. 【補足】
    • アートボードとは
    • 描画モードとは
    • 描画モード「スクリーン」について
    • 描画モード「乗算」について
  14. ボーナス・レクチャー:特典
    • ボーナス・レクチャー:特典
 
Preview Video
   

【超初心者用】いきなりPhotoshop!写真加工「切り抜き&合成フォトレタッチ」マスター講座

【超初心者用】いきなりPhotoshop!写真加工「切り抜き&合成フォトレタッチ」マスター講座
発売日 2021/09/04
(4.7)

6.5 total hours
Adobe Photoshop(フォトショップ)歴20年超のプロが「最新」の非破壊編集による商業写真フォトレタッチ方法を完全公開!

【超初心者用】いきなりPhotoshop!写真加工「切り抜き&合成フォトレタッチ」マスター講座へようこそ。

この講座は、Adobe Photoshop(フォトショップ)歴20年超のプロが開発したコースです。


有名企業のウェブページ、書籍用画像(写真集含む)、写真スタジオの写真画像のフォトレタッチ等、納品実績豊富な講師が「仕事でよく使う」テクニック(商業写真のPhotoshopレタッチ方法)を講座内容に「凝縮」しました。


最新の『非破壊編集(ひはかいへんしゅう)』によるPhotoshopレタッチ方法を実演しております。

楽しく「作例」をクリアしていくことで、着実に「実務で役立つテクニック」が身につきます。

※ 当講座はAdobe Photoshop CCが必要です。(体験版もOK)
※ Adobe Photoshop Elements(廉価版)は不可


■ 非破壊編集とは?

非破壊編集(ひはかいへんしゅう)とは、『元になる画像データを壊さずに編集するフォトレタッチ方法』のことです。

近年、最新のPhotoshopデータは「非破壊編集」で作れるとより重宝されます。



■ 非破壊編集で編集可能なPSD(Photoshopデータ)を作る

昔ながらの「破壊編集」したPhotoshopデータを入稿するベテランの方も実はまだまだ多いです。

破壊編集とは、消しゴムツール、ブラシツールなどで、元の写真画像を壊しながら編集することです。

直接、写真にトーンカーブ、色相彩度などを適用しても元のデータを壊してしまいます。


それに対して、非破壊編集でpsdファイルを作成することができるとそれだけで付加価値が生まれます。

何度も流用するデータは特に「非破壊編集」で作れるようになると重宝します。



■今から学習をスタートする優位性

今から、最新手法を「実学」として学べる初心者は有利になります。

いきなりPhotoshopで「非破壊編集」をベースに習得できます。


これは、Adobe Photoshop CCの「最新ツール」を使えば難しくありません。しかも効率が最初から良いです。

短期間で求める画像編集が可能になります。


もっと言えば、技術の更新がストップしているベテランの技術者を一気に抜き去ることができます。

これは、沢山本を読んだりネットで調べても、「具体的」によくわからない人が大半だと思います。


現実に非破壊編集で納品できる人は少ないです。それは、外注するほど実感します。


このコースは「作例」で遊ぶようにPhotoshopを操作することで、自然に「非破壊編集」できるようになる学習構造になってます。

その理由は、理屈で「わかったつもりになる」のではなく、実際に「いきなり」やったほうが早く確実だからです。



■ Photoshopのレイヤー機能を使いこなせ!

Photoshopは「レイヤー機能」がとても大切です。

その中でも「レイヤーマスクサムネイル」と「調整レイヤー」が重要です。

上記を正しく使うことで『修正に強いデータ』を作ることができます。


さらに「スマートオブジェクト」も上手に活用することで非破壊編集が加速します。

後から、変更したくなった時に「部分的な微修正」で手軽に対応できます。


これは、WEBデザイン(サイト、ブログ、LP(ランディングページ)、サムネイル、バナー等)、DTPデザイン(紙媒体)で写真画像のフォトレタッチ用データ作成の基本になります。



■ AI(人工知能)の「Adobe Sensei(アドビセンセイ)」とアルゴリズムを活用する

最近、PhotoshopはAdobe CCの中でも特に「最新機能」のAI(人工知能)「Adobe Sensei(アドビセンセイ)」とアルゴリズムを活用した新機能の追加が大量に増えてます。

最新機能のツールとしてAdobe Photoshop CCで今すぐその機能を利用できます。


そのため、昔のように「ペンツール」でパスを作って切り抜き範囲を手作業で作れなくてもだいじょうぶです。

最新機能を使いこなせば「今からPhotoshopをはじめて勉強するよ!」という方も、いきなりプロレベルの作業効率が実現します。



■ Photoshopはいきなり楽しい!

実は、Adobeのソフトの中でも「Photoshop」は初心者の段階から楽しい珍しいソフトです。

他のソフトは、最初とても難しく感じます。『基礎基本』になる操作が大切です。

その理由は「応用」で基礎力がないと「挫折」するからです。


例えば Adobe Illustratorなどの学習は特に「基礎基本」が重要です。

そのため必然的にコース内容もスパルタ式で厳しくなっております。


しかし、Photoshopの場合は「いきなり実例」から入ってもなんとかなることが多いです。

そして「面白いゾーン」に初期段階から入ることができます。


だから「いきなりPhotoshop!」です。


いきなり応用からスタートしひたすら「面白く」Photoshopをマスターしましょう。

一つ一つの作例の課題を焦らず楽しみながら進めてゴールまで到達してください。


ぜひ最後まで作例をクリアし最高の「達成感」を味わってほしいです。


それではゴールでお待ちしております!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
画像合成について素人ながら良く理解できました! 千葉先生の声は「山下達郎」さんに良く似ていて、うっかりすると声に魅了され眠気も生じますが解説が丁寧で繰り返し説明して下さるので安心して受講出来ました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
実践的なテクニックがすぐにわかる。超初心者向けということで、ふつうは当然わかるだろう、と省略されるショートカットや画面操作説明も、丁寧に解説してくれる。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 写真をいきなり「平面化&切り抜き」する方法
    • 作例解説
    • 作例のダウンロード「写真を切り抜いて平面にしてください」
    • 作例のダウンロード方法&Photoshopを自動起動させる方法
    • 切り抜きツールの場所
    • 切り抜きツールの使い方
    • Photoshop形式で保存する方法
    • おまけ「別の箇所も切り抜いてみよう!」
  2. Photoshopのフォトレタッチでスプーンを曲げる
    • 【DL】作例ダウンロード「スプーンをPhotoshopで曲げる」
    • ツールバーとレイヤーの表示方法
    • レイヤーサムネイルサイズの変更方法
    • パペットワープツールでスプーンを曲げる
    • ヒストリーとやり直し&取り消しショートカットの使い方
    • パペットワープで同時選択する方法
    • Photoshop形式に別名保存する
  3. Photoshop学習用「便利情報」
    • Photoshopツール(アイコン)の名前をリアルタイム表示させる方法【重要】
    • MacのPhotoshop環境設定の場所
    • 【重要】ズームツールの拡大縮小設定のやり方
    • オプションバー(コントロールパネル)表示方法
    • 短いオプションバーを有効にするをOFFにする方法
    • Q&Aの使い方(質問、メッセージ送信方法)
    • 不具合があった時の対処方法
    • Win版とMac版のPhotoshopキーボード操作、ショートカットの違い
  4. いきなりPhotoshopで画像ファイルを開く方法
    • このセクションの学習内容
    • 【DL】レクチャーで使っている画像のダウンロード
    • 【Win】拡張子を常時表示する方法
    • 【Win】WクリックだけでPhotoshopから自動で開く設定方法
    • 【Win】Photoshopバージョンアップ後の再設定方法
    • 【Mac】拡張子常時表示&WクリックだけでPhotoshopを開く設定方法
    • 【Mac】ドラックアンドドロップで開く方法
  5. 【非破壊編集】写真の「一部」の色だけ変える方法
    • 【DL】作例ダウンロード「コーヒーを抹茶ジュースにする」
    • 背景レイヤーのロック解除
    • 調整レイヤーとプロパティの表示方法
    • ドック表示の展開とアイコンパネル化
    • クイック選択ツールの使い方(選択範囲を増減させたり選択解除方法がわかる)
    • レイヤーマスクサムネイルの意味の解説
    • レイヤーマスクと階調の反転のショートカット
    • レイヤーマスクを一部選択Deleteできない原因と解決方法
    • レイヤー名を変える方法(ショートカットが効かない原因を避ける)
    • 色相彩度の意味とレイヤーマスクの解説(いちごジュース完成)
    • 液体の色だけ変えて抹茶ジュースにする
    • 非破壊編集(レイヤーマスク、調整レイヤーの強烈なメリット)
  6. Photoshopブラシの使い方
    • ブラシ直径と硬さの解説
    • レイヤーマスクとブラシの使い方
    • ブラシツールを効率化するショートカット【重要】
    • 【記事】Mac版Photoshopのブラシサイズ、硬さ変更ショートカット
  7. ラーメンの湯気をフォトレタッチで作る
    • 【DL】作例ダウンロード「ラーメンの湯気をフォトレタッチで作る」
    • トーンカーブとヒストグラムの解説
    • レベル補正とレイヤー削除方法の解説
    • 新規レイヤー追加と調整レイヤーの影響範囲
    • フィルターで煙を作る方法
    • レイヤー描画モードと不透明度の設定方法
    • レイヤーマスクで煙を増減する方法(描画色と背景色の入れ替えショートカットを組み合わせると効率化する)
    • 【補習】ヒストグラムの実験
  8. 食べたい!商業用「食べ物写真」を魅力的に加工する方法
    • 【DL】作例ダウンロード「食べたい!写真を魅力的に加工する方法」
    • 商業写真とフォトレタッチについての解説
    • トーンカーブで写真を鮮明にする
    • 色相彩度の調整レイヤー追加
    • 色相彩度のレイヤーマスクでのオペレーション
    • 煙作成とレイヤーマスク処理
    • 拡大縮小(バウンディングボックス)と画像劣化、破壊編集の解説
    • スマートオブジェクトの解説
    • スマートフィルターとぼかしガウスの使い方
  9. 文字で「帯」を切り抜く
    • 【DL】作例ダウンロード「文字で『帯』を切り抜く」デザインの作り方
    • YouTubeサムネイルサイズについて
    • 画像解像度の変更
    • 画像サイズ-幅と高さをYouTubeサムネイルサイズに変更する
    • 画像の再サンプルについて
    • カンバスサイズを変更する方法
    • 別名保存
    • 文字ツールと移動ツールの使い方
    • カンバスの中心に文字を整列させる方法
    • 帯を入れる
    • 図形を文字で切り抜くタイトルデザイン
  10. 型抜きをPhotoshopでいきなり切り抜く!
    • 【DL】作例ダウンロード「型抜きをPhotoshopでいきなり切り抜く!」
    • 自動切り抜き【背景を削除】
    • 「選択とマスク」クイック選択ツールの使い方
    • レイヤーマスクサムネイルダブルクリック設定
    • 境界線調整ブラシツールの使い方
    • ブラシツールの使い方
    • オブジェクト選択ツールの使い方
    • なげなわツールの使い方
    • 「選択とマスク」の仕上げ方
    • 【裏技あり】レイヤーマスクをブラシで調整する方法
    • ペンツールとは?プロの解説
    • ペンツールでのパス作成方法
  11. いきなり合成写真!「型抜き」を手に持たせる
    • 【DL】作例ダウンロード「 型抜きを手で持つ【合成写真】」
    • Photoshopファイルを2つ開く
    • ドラッグアンドドロップで別ファイルにレイヤーコピーする方法
    • コピペで別ファイルにレイヤーコピーする方法
  12. いきなり缶コーヒーを切り抜く!
    • 【DL】作例ダウンロード「いきなり缶コーヒーを切り抜く!」
    • レイヤーロック解除、ロック方法
    • クイック操作「背景を削除」で全移動でマスクを作る方法
    • レイヤーマスクのチェックとマスク濃度の変更およびベタ塗り調整レイヤー挿入方法
    • レイヤーマスクの仕上げ
  13. いきなり「切り抜き写真」を『白黒』にする!
    • 【DL】作例ダウンロード|切り抜き写真を非破壊編集で『白黒』にする
    • 目指すデザインの解説
    • 自動マスク切り抜きとベタ塗り背景レイヤーの追加方法
    • 髪の毛部分の切り抜きを微調整する
    • マスク編集の後にレイヤー(マスクあり)で自動複製する方法
    • 白黒化|クリッピングマスクの使い方とショートカット【重要】
  14. いきなり「文字を隠すように入れるデザイン」をするぞ!
    • このレクチャーの完成データについて
    • Photoshopを2つ以上同時に開く
    • レイヤーを移動ツールで動かす
    • レイヤーを回転させる
    • レイヤーマスクで切り抜き画像化する方法(2クリック)
    • レイヤースタイルで後光のようにレイヤーを発光させる方法
    • トーンカーブのクリッピングマスクで缶だけ明るくする
    • レイヤー表示の調整方法
    • トーンカーブのを重ねて使う場合の解説
    • 別名保存
    • レイヤーを同時選択、部分選択する方法
    • スマートオブジェクトの作り方とメリット解説
    • カンバスサイズを変更する
    • 文字を合成しデザインを仕上げる
  15. いきなり顔のチョコレートを消す!
    • 【DL】作例ダウンロード「顔のチョコレートを消す」
    • 肌のテクスチャーとは?新規レイヤー作成
    • スポット修復ブラシツールの初期設定方法
    • スポット修復ブラシツールの使い方
    • スポット修復ブラシ、修復ブラシでの仕上げ作業
  16. いきなり美肌フォトレタッチ!
    • 【DL】作例ダウンロード「美肌フォトレタッチ」
    • 別名保存する
    • レイヤーをスマートオブジェクトにする
    • ぼかし(ガウス)とハイパスでフィルター適用する
    • レイヤーをグループにする方法
    • レイヤーグループにマスクを使ってフォトレタッチする方法
    • デコルテとハイパスの微修正
    • スポット修復ブラシツールで肌をサンプリングする
    • ブラシの流量についての解説
  17. いきなり歯のホワイトニング!
    • 【DL】作例ダウンロード「歯のホワイトニング」
    • 別名保存する
    • 色相彩度のレイヤーマスクで歯だけ白くする方法
    • 歯だけをマスクを流用して明るくする方法
  18. いきなりアクション!「自動化」と便利な裏技
    • 【DL】作例ダウンロード「アクション登録練習用画像」
    • アクションの場所と表示方法
    • スクリーンショット画像をPhotoshopデータにする方法
    • 【記事】スクリーンショットでいきなりクリップボードに保存する方法
    • 新規セットの作成方法
    • 選択範囲切り抜きアクションの作り方
    • 選択範囲に色をつけるアクションの作り方
    • カンバス回転をアクションにする方法
    • 水平方向に反転
    • アクションの保存と読み込み方法
  19. いきなり手とスプーンの合成写真!
    • 【DL】作例ダウンロード「手とスプーンの合成写真」
    • スプーンを別名保存する
    • 自動マスクでスプーンを切り抜く
    • 作業内容の解説
    • 別名保存
    • スプーンだけを消す
    • ベタ塗りレイヤーを追加する
    • 親指だけをマスクして抽出する方法
    • 指をパッチツールと修復ブラシで作る
    • スプーンを合成する
    • フォトレタッチの仕上げ作業
  20. 【最終章】いきなりUdemy用のサムネイル合成写真を作る!
    • 【DL】作例ダウンロード「Udemyサムネイル用デザインを合成写真でつくる」
    • いきなりデザインして仕上げる
    • Udemyサムネイルデザインの注意点
    • 新規ドキュメントの作成
    • Photoshop位置数値入力でのガイド作成方法
    • FキーでPhotoshopで同時に開いた複数ファイルのタブを表示させる方法
    • 自由の女神を自動で切り抜く方法
    • 自由の女神の完成データを別名保存する
    • Photoshopアイコンの切り抜き
    • テンプレートに女神とアイコンをレイアウトする
    • ファイルを閉じるショートカット
    • Photoshopアイコンのレイアウト調整
    • アイコンと女神を瞬間合成する方法
    • レイヤー同時選択でレイアウト微調整する
    • グラデーションツールの基本「描画色と背景色」の関係
    • 新規グラデーションを作る方法
    • ビビットライトと白黒調整レイヤー
    • アイコンだけ真っ白にする方法
    • WEB用に保存で書き出す
  21. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

Photoshopマスターコース 基礎から上級まで ステップバイステップでPhotoshopのすべてを学ぼう

Photoshopマスターコース 基礎から上級まで ステップバイステップでPhotoshopのすべてを学ぼう
発売日 2015/12/19
(4.1)

14 total hours
13のセクション、98本のビデオレクチャー、14時間の講座でPhotoshop CCを完全に学びましょう。驚くようなスキルアップができます。

 このコースはAdobe Photoshop CC を基礎から完全に学ぶための講座です。Photoshop CCのほぼすべての機能を分かりやすく、詳しく説明しています。全編を演習形式で実際に操作しながらスキルを身につけるように作られており、理論中心の講座のように飽きることはありません。


Photoshop CCのすべてを身につけよう

・すべての工程を含んだPhotoshopのpsdファイルが練習素材としてダウンロードできます

・Photoshopに挫折した方の学び直しに最適です

・ショートカットが使いこなせるようになり、作業スピードが劇的に速くなります

・選択範囲を正確に手早くつくるテクニック

・レイヤー機能を駆使して複雑な画像を合成してつくるスキル

・様々な効果を使ったリアルな画像を描くテクニック

・「使える」レベルから「表現する」レベルのスキル

・入門用の簡単なイラストからプロレベルの作品まで実際に制作しながら練習できます。


Photoshopを基本からすべてを学ぶコース

 PhotoshopはWEBやDTPなどすべてのデザインの現場で必要となるツールです。ペイント系のソフトなので難しいと思われがちですが、基本から原理を学んでステップアップしていけば編集の方法は確立されているので大丈夫です。

 このコースでは豊富な作品を実際に一緒に作りながら、Photoshopのテクニックを基本から学べます。このコースが終了すればPhotoshopで要求されるスキルはひととおり身につけられ、更に上級のプロレベルに進めます。


学習内容
13セクション、98本のレクチャーを合計10時間のビデオで解説しています。すべての制作例を最初に制作の方法を順を追って解説しています。

最初は簡単なテクニックから徐々に高度なテクニックを使えるようにステップを踏んで進めます

上級者になるために必須のレイヤーの機能について詳しく説明しています

Photoshop CCの最新の機能を使って、新しいテクニックで早く制作できる方法を学べます

Photoshopを単なる写真修正用のソフトではなく、超リアルな表現ができるパワフルなツールにします。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
使用歴は長いものの、illustratorに比べてPhotoshopは苦手意識が強く、 なんとなくで使っていることが多かったので学び直したいと思い、受講しました。 序盤はごく基礎的なことが多かったので、求めているものと違ったかなと思いましたが、 ちゃんとわかっていなかった事や知らないままでいた事を改めて知れてとてもいい勉強になりました。1回観ただけでは覚えないので何度も繰り返してモノにしたいと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
敢えて古いタイプのウィンドウズレイアウトを使ってるのかもしれないけど、 初心が学ぶにはいろいろイラっとなる。 画面を見ながらなぞりながら学習するのだから、画面は最低でもウィンドウズ10通常仕様にしてほしかった、少しストレスがたまる。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. セクション1 パワーユーザーの気分で
    • ステップ1-1 起動のしかた
    • ステップ1-2 ファイルの開き方(1)
    • ステップ1-3 ファイルの開き方(2)
    • ステップ1-4 ファイルの保存
    • ステップ1-5 フォトショップの終了
    • ステップ1-6 ファイルの保存形式について
  2. セクション2 フォトショップの基本
    • ステップ2-1 基本的なインターフェイス
    • ステップ2-2 画像の拡大/縮小
    • ステップ2-3 作業の取り消し
    • ステップ2-4 ヒストリー機能
    • ステップ2-5 トリミング
    • ステップ2-6 画像の回転
    • ステップ2-7 アクション
    • ステップ2-8 ワークスペース
    • ステップ2-9 表示画面の編集
  3. セクション3 選択範囲
    • ステップ3-1 選択範囲の指定
    • ステップ3-2 マグネット選択ツール
    • ステップ3-3 クイック選択ツールと自動選択ツール
    • ステップ3-4 選択範囲の修正
    • ステップ3-5 選択範囲の反転
    • ステップ3-6 境界線の調整
    • ステップ3-7 パスで選択範囲をつくる
    • ステップ3-8 選択範囲をパスに変換する
  4. セクション4 Photoshopの描画
    • ステップ4-1.グリッドとスナップ
    • ステップ4-2.ベジエ曲線
    • ステップ4-3.ベジエ曲線でイルカを描いてみよう
    • ステップ4-4.パターン
    • ステップ4-5.ブラシ
    • ステップ4-6.ブラシのオプション
    • ステップ4-7.パスをブラシに変換する
    • ステップ4-8.鉛筆ツールと消しゴムツール
  5. セクション5 レイヤー
    • ステップ5-1 レイヤーの基本
    • ステップ5-2 レイヤーの操作(1)
    • ステップ5-3 レイヤーの操作(2)
    • ステップ5-4 レイヤーの複製
    • ステップ5-5 レイヤーのリンクと結合
    • ステップ5-6 レイヤーの整列とレイヤーのロック
    • ステップ5-7 レイヤーマスク
    • ステップ5-8 クリッピングマスク
    • ステップ5-9 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
  6. セクション6 テキスト
    • ステップ6-1 テキストの入力
    • ステップ6-2 テキストの編集
    • ステップ6-3 段落テキストとポイントテキスト
    • ステップ6-4 文字マスクツール
    • ステップ6-5 文字をパスに沿って配置する
    • ステップ6-6 ワープテキスト
    • ステップ6-7 レイヤースタイル
  7. セクション7 画像の解像度
    • ステップ7-1.画像の大きさ
    • ステップ7-2.画像解像度
    • ステップ7-3.カンバスサイズの変更
    • ステップ7-4.画像モード
  8. セクション8 カラーとレタッチツール
    • スッテプ8-1 カラーピッカー
    • スッテプ8-2 スポイトツール
    • スッテプ8-3 スォッチパネル
    • スッテプ8-4 塗りつぶし
    • スッテプ8-5 コピースタンプツール
    • スッテプ8-6 修復ブラシツール/ぼかしツール/シャープツール
    • スッテプ8-7 コンテンツに応じたレタッチツール
    • スッテプ8-8 覆い焼きツール/焼き込みツール/スポンジツール
    • スッテプ8-9 グラデーションツール
    • ステップ8-10-1 新しいぼかしの機能
    • ステップ8-10-2 新しいぼかしの機能(2)
    • ステップ8-11 パスぼかし、スピンぼかし
    • ステップ8-12 ぶれの軽減フィルター
    • ステップ8-13 スマートシャープ
    • ステップ8-14 画像の解像度を上げる
  9. セクション9 画像の補正
    • ステップ9-1 ヒストグラムの原理
    • ステップ9-2 レベル補正の実際
    • ステップ9-3 トーンカーブ
    • ステップ9-4 色相/彩度
    • ステップ9-5 バリエーション
    • ステップ9-6 カラーバランス
    • ステップ9-7 色の置換
  10. ステップ10 チャンネルと画像の合成
    • Step10-1 チャンネルとは
    • ステップ10-2 アルファチャンネル
    • STEP10-3 クイックマスク
    • STEP10-4 チャンネルパネル
    • STEP10-5 スポットカラーチャンネル
  11. セクション11 WEB用画像の制作
    • ステップ11-1 WEB用ロゴ/ボタン画像の制作
    • ステップ11-2-1 少し凝ったWEB用ボタン
    • ステップ11-2-2 少し凝ったWEB用ボタン
    • ステップ11-3 WEB用画像の最適化と保存
    • ステップ11-4 png形式の画像の保存
    • ステップ11-5 スライスツール
    • ステップ11-6-1 WEB用ロールオーバー画像の制作
    • ステップ11-6-2 WEB用ロールオーバー画像の制作
    • ステップ11-7 Zoomify
  12. セクション12 Bridge
    • Step12-1 Bridgeの起動とインターフェイス
    • Step12-2 写真の比較と評価
    • Step12-3 写真の検索
    • Step12-4 RAWファイルの現像
  13. セクション13 リアルなロウソクの制作
    • ステップ13-1 制作の工程
    • ステップ13-2 ロウソク本体の描画
    • ステップ13-3 ロウソク本体のシェイプ
    • ステップ13-4 レイヤースタイル
    • ステップ13-5 ロウソクの炎
    • ステップ13-6 青い炎と芯
    • ステップ13-7 ロウソク本体の仕上げ
  14. セクション14 花に埋まる文字(レイヤーマスクのトレーニング)
    • セクション14-1 花びらの選択範囲をつくる
    • セクション14-2: テキストを配置
    • セクション14-3: レイヤー効果を適用して完成
    • セクション14-4:Perspective画像の準備
    • セクション14-5:Perspectiveイメージの作成
    • セクション14-6:Perspectiveなロゴの制作
    • セクション14-7:レイヤースタイルの適用
    • セクション14-8:テクスチャを木目に変更
 
Preview Video
   

女性プロのPhotoshop講座【#1 切り抜き編】書籍やネットに載ってない「切り抜き」のコツをプロが解説する2時間

女性プロのPhotoshop講座【#1 切り抜き編】書籍やネットに載ってない「切り抜き」のコツをプロが解説する2時間
発売日 2017/10/23
(4.7)

2 total hours
「なぜ、書籍やネットの通りにやっても写真の切り抜きが上手くいかないの?」→その理由は●● ( 動画で公開 ) /年間に数百枚以上の写真加工を手がけるプロが教える、切り抜きの秘訣をぎゅっと凝縮。Photoshopが格段に上達する動画レッスン

< Photoshop こんなことで困っていませんか? >
・切り抜きのスキルをアップしたいけれど、ネットや書籍ではわからない
・選択とマスク機能の使い方がイマイチわからない
・髪の毛や動物の毛などがうまく切り抜けない
・スクールは高いし時間がかかる
↓↓↓
動画を見ながら課題を取り組むだけで、スキルが身につくカリキュラムです

パソコンやスマホにダウンロードすれば好きな時に学習が可能です。
書籍やネットには載っていないやり方、プロならではのコツなどもお伝えしています。

-----------------------------------------------------------------------------

<このコースで学べること>
複雑な背景から毛がふさふさした“犬"を切り抜く方法を、お伝えします。
このワークを通して、毛のような複雑な境界線を切り抜くスキルや、
選択とマスク機能を使用するスキルを、身につけることができます。


-----------------------------------------------------------------------------

<このような方を対象にしています>
①POPやチラシなどの販促物に切り抜きした画像を利用したい方
②Webデザインやネットショップなどで商品やモデルの写真を切り抜きたい方
③とにかくPhotshopのスキルを、磨きたい方


<参加条件>
①Photoshop CCを使用している方
※本コースでは主にPhotoshop CC 2018
追加セクションではPhotoshop 2021を使用しています
(アップデートが必要な方には、アップデートの方法をお伝えします。)

②Photoshopの入門書や入門コースを学んだことがある方
(動画ではレイヤーや選択範囲、マスク、ブラシなどを利用します)

※カラーモードはRGBの前提でお話します。RGBであればsRGBやAdobeRGBなど、どちらでも構いません。


-----------------------------------------------------------------------------

このコースでは、書籍やネットにはない情報選択とマスク機能の使い方のコツなど、
私が日々、実際に使用している方法などお伝えしたいと思います。



* * *


New ! 2021.2月更新
=========================

「セクション5: 追加セクション:Photoshop2021 最新版に対応!」内で解説している
「調整モード」について、Photshop2021(バージョン22.1.1)以降、
「背景色に応じた」モードに名称が変更されました。

レクチャー内のバージョンでは「カラーに応じた」モードになっていますが、
変更に伴い、下記レクチャー内容を一部更新しています。(テロップの追加)

修正済レクチャー
「調整モード」について ( 背景色に応じた / オブジェクトに応じた )
=========================



New ! 2020.11月更新
=========================
Photoshopのバージョンアップに伴い変更があった点、
追加機能についての解説を追加セクションにて公開

▼追加内容・場所は下記の通りです▼

(追加場所) Section 5
(追加内容)

・調整モード(カラーに応じた・オブジェクトに応じた) について
・Photoshop 2020、2021(22.0.0)から追加された新機能3つ
 「被写体を選択」機能
 「オブジェクト選択ツール」
 「髪の毛の調整」機能

各機能の概要や使い方について解説を追加しました!


②コース内で使用している画像を一部含めた、練習用ダウンロード素材追加
(著作権の都合上、全ての使用画像が含まれるわけではありません)
=========================



2018.11月更新
=========================
Photoshopのバージョンアップに伴い変更があった点、
追加機能についての補足説明を追加しました。

▼追加内容・場所は下記の通りです▼

(追加場所) Section 2
(追加内容)
・PhotoshopCC2019以降のバージョンをご利用の方へ_ショートカットキー仕様変更について
・「被写体の選択」機能について _ PhotoshopCC2018ver19.1以降版より追加


(追加場所) Section 4 / 3章の10と11の間へ
(追加内容)
・不要なカラーの除去_スライダーについて_PhotoshopCC2018ver19.1以降版より
=========================



kotsume 🙂


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
こちらの講座をノートにまとめカンニング出来るようにすることで切り抜きが少しづつですが状況に応じて使えるようになってきました。 今までは 書籍などで学習したもののPhotoshopは機能が多く、 デザインで画像の切り抜でいざどのツールを使っていいのわからず。。。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
プロフェッショナルな内容ですが、非常に丁寧に分かり易く説明して下さり、理解できました。 写真撮影の仕事をしていますが、早速使っています。 細かい検証もされていて、自分で検証する際にも参考になります。 ありがとうございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 【はじめに】
    • 【はじめに】なぜ書籍やネットの通りに切り抜きできないの?
    • 【ダウンロード用】テキスト教材とPhotoshopアップデートの仕方について
    • 【ダウンロード用】写真素材_1
  2. 1章 犬の写真を切り抜こう 「選択とマスク」機能で、複雑な切り抜きをする方法
    • PhotoshopCC2019以降のバージョンをご利用の方へ_ショートカットキー仕様変更について
    • 「被写体の選択」機能について _ PhotoshopCC2018ver19.1以降版より追加
    • 1章-1 犬の写真を切り抜こう 素材の概要&ツール【選択とマスク】
    • 1章-2 犬全体を大まかに選択する【クイック選択ツール】
    • 1章-3 余分に選択した部分を取り除く【クイック選択ツール】
    • 1章-4 複雑な境界線を大まかに捉える【エッジの検出の設定】
    • 1章-5 複雑な境界線を細かく選択する【境界線調整ブラシツール】
    • 境界線調整ブラシの使い方補足
    • 1章-6 部分的に選択範囲を作成する①【境界線調整ブラシツールとクイック選択ツール】
    • 1章-7 部分的に選択範囲を作成する②【境界線調整ブラシツールとクイック選択ツール】
    • 1章-8 選択範囲全体の仕上げ調整をする【ブラシツール】
    • 1章-9 作成した選択範囲をレイヤーマスクとして書き出す【グローバル調整と出力設定】
    • 1章-10 次の作業の前に、作成したデータを保存する【psd形式で保存】
  3. 2章 現場のプロ御用達!選択とマスクの精度を高める「ひと手間」
    • 2章-1 女性の写真を切り抜く「下準備」のお手本 現場のプロ御用達!選択とマスクの精度を高める工夫
    • 2章-2 犬の写真で実践1 素材の写真で下準備。トーンカーブを使ってみよう
    • 2章-3 犬の写真で実践2 実際に選択とマスク機能を使用してみよう
  4. 3章 補足講座〜選択とマスクの詳細な使い方〜
    • 3章-1 表示モードの使い方①
    • 3章-2 表示モードの使い方②
    • 3章-3 表示モードの使い方③〜チェックボックスについて〜
    • 3章-4 エッジの検出の使い方①〜半径の設定①〜
    • 3章-5 エッジの検出の使い方②〜半径の設定②〜
    • 3章-6 エッジの検出の使い方③〜スマート半径について〜
    • 3章-7 エッジの検出と境界線調整ブラシの使い分け方
    • 3章-8 グローバル調整の使い方①〜“滑らかに”、“ぼかし”について〜
    • 3章-9 グローバル調整の使い方②〜“コントラスト”、“エッジをシフト” について〜
    • 3章-10 出力設定の使い方①〜不要なカラーの除去について〜
    • 不要なカラーの除去_スライダーについて_PhotoshopCC2018ver19.1以降版より
    • 3章-11 出力設定の使い方②〜出力先について〜
  5. 追加セクション1:Photoshop 2021に対応!
    • アップデートで追加された3つの新機能 ( 被写体を選択・オブジェクト選択ツール・髪の毛の調整 )
    • 【ダウンロード用】写真素材_2
    • 「調整モード」について ( 背景色に応じた / オブジェクトに応じた )
    • 「被写体を選択」機能について
    • 「髪の毛を調整」機能について
    • 「オブジェクト選択ツール」について
    • 「オブジェクト選択ツール」応用編
    

Udemyで無料で学べるPhotoshop講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

Illustrator・Photoshop・Cinema4D 各ソフトにできること11選まとめ

Illustrator・Photoshop・Cinema4D 各ソフトにできること11選まとめ
発売日 2020/03/18
(4.3)

1 total hour
自分が習得したいスキルを見極める

よしデザイナーになろう、イラレとフォトショを勉強しなきゃ、まずはAdobeと契約して…。

ちょっと待ってください、それぞれのソフトで具体的に何ができるか理解してますか?

ひとえにWEBデザイナー、グラフィックデザイナーになりたいという目標を立てることはもちろん素晴らしいです。

ですが、デザインスキルを生かした職業は数多くあることを改めて知っておいてください。


・企業のロゴ作成を専門とするロゴデザイナー

・WEBサイトや印刷物で使うシンプルなイラストの制作者

・写真加工を強みとするレタッチャー

・ブラシツールで繊細な塗りを表現するグラフィッカー


他にも探せば色々な種類のデザイナーがいると思います。

まずは各ソフトでどんなことができるのか、改めて知ることが重要です。

そして知った後に、実際触ってみることで「好き嫌い」や「向き不向き」を判断するべきでしょう。

Illustratorでロゴデザインするのが好きだという人もいれば、Photoshopで写真加工するのが得意だという人もいます。

または、イラレもフォトショもコーディングもプログラミングも全体的に網羅したいという人もいます。

ちなみに僕はロゴデザインと写真加工が好きで、プログラミングが苦手です。


そして最後にCinema4Dというソフトについてもご紹介します。

Illustrator・Photoshopとも連携しているソフトです。

今後、デザイン業界で重要なツールとなってくると個人的には思っています。

ご興味のある方は、このコースで概要を知ったあとご自身で調べてみてください。

僕も鋭意勉強中です、一緒に頑張りましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
今までソフトの違い、魅力が分かっていなかったが、それを体系的にできる事を中心に言ってくれているため、分かりやすかったです。そして、ご自身の学びへのきっかけなどから、プロばかりではないということに私自身も励まされました。ありがとうございました! (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても分かりやすかったです。余計な演出が無く、ムダの無いお話の仕方に好感を感じます。動画もビジュアル的にわかりやすく表現されているのでとても良く理解できました。ありがとうございました。他のコースでも学ばせて頂きます。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 再生スピードと画質の設定
    • 講師紹介
    • 評価とレビューについて
    • 時々、講師からメールをお送りします。
  2. 各ソフトの僕の好きな機能
    • My 3 Favorites
  3. Illustratorにできること
    • 1_インフォグラフィックとアイコン・ロゴ
    • 2_イラストと印刷物
  4. Photoshopにできること
    • 3_写真加工と人物写真のレタッチ
    • 4_イラストの塗りと文字の加工
  5. Cinema4Dにできること
    • 5_Cinema4Dと3Dロゴアニメーション
    • 6_MoGraphとモデリング
    • Cinema4Dの神々
  6. 営業から転職してデザイナーになった経緯
    • 7_営業から転職してデザイナーになった経緯
  7. ボーナス
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

関連:Photoshopを本でも学ぼう

UdemyのPhotoshop講座は上述したとおり、Photoshopの使い方の基礎から上級の画像編集方法まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Photoshopの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

 

関連:液晶ペンタブレットの人気・低価格品一覧

以下ではデジタルイラスト(デジタル絵)に必須の「液晶ペンタブレット(液タブ)」を、人気や価格帯別に紹介しています。

今はかなり手頃な価格の製品のものから、ハイスペック品まで多くの製品があるのでのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました