【動画で学習】UdemyのPhotoshop 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのPhotoshop講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのPhotoshop講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるPhotoshopの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.3)
総評価数 1215件
2
未経験からプロを目指す!実践PhotoshopCC講座
発売日 2014/05/31
受講者 8,280人
通常 9,600円
現在 2,030円
(4.3)
総評価数 1423件
3
(4.4)
総評価数 582件
4
(4.3)
総評価数 148件
5
(4.4)
総評価数 457件
6
(4.4)
総評価数 750件
7
世界を変えるボンバスティックなPhotoshop講座
発売日 2017/08/27
受講者 1,539人
通常 9,600円
現在 2,030円
(4.5)
総評価数 147件
8
(4.7)
総評価数 222件
9
デザイナーのための、はじめてのAdobeスクリプト[Photoshop, After Effects, etc.]...
発売日 2019/12/21
受講者 217人
通常 24,000円
現在 1,730円
(4.6)
総評価数 22件
10
(4.6)
総評価数 207件
11
Photoshop カラーとレタッチツールを1日でマスターするコース...
発売日 2019/07/12
受講者 964人
通常 3,600円
現在 1,800円
(4.5)
総評価数 48件
12
(4.4)
総評価数 31件
13
Photoshop 魔法のスーパテクニック No.11 超リアルなジグソーパズル...
発売日 2015/08/29
受講者 375人
通常 3,000円
現在 1,730円
(4.5)
総評価数 15件
14
誰でもわかる Adobe Photoshop CC 2015
発売日 2015/10/05
受講者 468人
通常 3,600円
現在 1,730円
(3.7)
総評価数 39件
15
Photoshop 集中コース レイヤーを制する者はPhotoshopを制する
発売日 2019/03/19
受講者 184人
通常 3,600円
現在 1,730円
(4.4)
総評価数 17件
16
Photoshop 水彩画ブラシを使った水彩画風スケッチの制作演習...
発売日 2019/07/08
受講者 419人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.2)
総評価数 25件
17
Photoshopの最新ブラシを基礎から徹底的にマスターする重点コース...
発売日 2019/04/14
受講者 791人
通常 3,600円
現在 1,730円
(4.1)
総評価数 36件
18
(4.6)
総評価数 126件
19
『肌』のレタッチを習得する - Adobe Photoshop CC
発売日 2020/02/29
受講者 118人
通常 3,000円
現在 1,730円
(4.7)
総評価数 15件
20
(4.5)
総評価数 20件
21
(4.4)
総評価数 105件
22
WebデザインのためのPhotoshop実践講座
発売日 2015/10/15
受講者 2,081人
通常 4,200円
現在 1,730円
(3.8)
総評価数 298件
23
最新Photoshop 短期集中 レイヤースタイル攻略コース
発売日 2019/04/09
受講者 806人
通常 3,600円
現在 1,730円
(4.3)
総評価数 27件
24
『今さら聞けない』背景美術/風景画教室【デジタル描画基礎】photoshop...
発売日 2017/05/16
受講者 435人
通常 8,400円
現在 1,800円
(4.3)
総評価数 42件
25
誰でもわかる!これから始めるAdobe Photoshop CC
発売日 2015/07/22
受講者 166人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.3)
総評価数 23件
26
(4)
総評価数 18件
27
『切り抜き』を習得する - Adobe Photoshop CC
発売日 2019/07/09
受講者 189人
通常 3,000円
現在 1,730円
(4.8)
総評価数 27件
28
誰でもわかる Adobe Photoshop CC 2018
発売日 2017/11/30
受講者 71人
通常 3,600円
現在 1,730円
(4.1)
総評価数 13件
29
(4.4)
総評価数 40件
30
(4.3)
総評価数 73件
31
アニメマニア必見!Adobe Photoshopで簡単にアニメ少女イラストを描こう!...
発売日 2017/09/22
受講者 581人
通常 13,800円
現在 2,030円
(4.5)
総評価数 53件
32
(4.7)
総評価数 27件
33
Photoshop 魔法のスーパテクニックを身につけよう 3Dのマジック...
発売日 2016/01/29
受講者 256人
通常 2,400円
現在 1,800円
(4.4)
総評価数 28件
34
『服』のレタッチを習得する - Adobe Photoshop CC
発売日 2020/01/25
受講者 103人
通常 3,000円
現在 1,730円
(4.5)
総評価数 9件
35
(4.6)
総評価数 8件
36
誰でもわかる Adobe Photoshop CS6
発売日 2015/10/16
受講者 30人
通常 2,400円
現在 1,800円
(3.5)
総評価数 6件
37
(4.3)
総評価数 5件
38
(3.7)
総評価数 5件
39
「綺麗な着物女性の書き方」桜模様+Photoshop操作のマスターコース...
発売日 2018/04/06
受講者 82人
通常 13,800円
現在 1,730円
(4.6)
総評価数 5件
40
(4.3)
総評価数 2件
41
(5)
総評価数 1件
42
誰でもわかる Adobe Photoshop CS5
発売日 2015/11/17
受講者 18人
通常 2,400円
現在 1,800円
(3)
総評価数 1件
43
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのPhotoshop 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

最新Photoshop CC  23時間の動画と演習でPhotoshopの全てを完全マスター 初心者がプロを目指すコース

最新Photoshop CC  23時間の動画と演習でPhotoshopの全てを完全マスター 初心者がプロを目指すコース
発売日 2019/05/06
(4.3)

23 total hours
最新Photoshop CC2019の全機能を初めての方にもわかりやすく解説 切り抜きや画像合成など簡単なレタッチから高度なカラー補正やレイヤースタイル、ブラシを駆使した本物の技術を確実に身につけられます。Mac、Windowsどちらも可能

 このコースは最新のAdobe Photoshop CC のすべてを基礎から完全にマスターすることを目的に作られた講座です。Phototshopははじめてという初心者の方から、中級以上の方の学び直しやトレーニングにも役立つよう、ひとつひとつの機能について詳しく、丁寧に説明しています

 機能の紹介や単なる操作方法の説明に終わらせず、実践的な作品制作をしながら機能の完全理解と応用力を育てることに重点をおきました。

 このコースを終了するとWEBやDTPでPhotoshopを扱うプロとしてスタートできる知識とスキルを確実に身につけられます。

 PhotoshopはAdobeのアプリケーションの中でも最も難しい部類のソフトですが、このコースで学べば飽きずに最後まで学びPhotoshopのスキルを確実なものにできます。


Photoshop CCのすべてが確実に学べる

  • Photoshop CC2020のほぼすべての機能を詳しく、分かりやすく解説しています。


  • ありきたりの解説書とちがい、実際の作品制作を通して実践的なスキルを身につけられます。


  • 初心者の方にも分かる、誤解のない説明


  • Photoshopは使えるけれど、きちんと基礎から体系的に学びなおしたい方にも最適です。


  • すべての制作作品には練習素材が添付されているのですぐにはじめられます。


常に新しい知見を加えながら進化するコース

 このコースは進化するコースです。受講者からの意見やPhotoshopのバージョンアップなどから常により分かりやすく、新しい知見を加えながら改良されるので、受講される方は常に最新の情報を得ながら学べます。またそのための追加の費用はありません。

 PhotoshopはWEBやDTPなどすべてのデザインの現場で必要となるツールです。ペイント系のソフトなので難しいと思われがちですが、基本から原理を学んでステップアップしていけば編集の方法は確立されているので大丈夫です。



学習内容
23のセクション、184本のレクチャーを合計23時間のビデオで解説しています。

最初は簡単なテクニックから徐々に高度なテクニックを使えるようにステップを踏んで進めます

レイヤーやブラシなど重要な機能にはより詳しい作品制作が演習として用意されています。

Photoshop CCの最新の機能を使って、新しいテクニックで早く制作できる方法を学べます

Photoshopを単なる写真修正用のソフトではなく、どんな作品の制作にも使えるパワフルなツールにします。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
現在職業訓練でPhotoshopを勉強中ですが短い時間の中で学ぶため細かい知識を得るには独学が必須と感じこちらを購入しました。以前Illustratorバージョンを購入して良かったので、まだ視聴し始めたばかりですがこれから役に立つ知識を学べると期待しています。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 起動するには
    • ファイルの開き方
    • ファイルの閉じ方
    • ファイルの保存
    • Photoshopの終了
  2. インターフェイス
    • 覚えるのは3つだけ
    • 1クラス上のズームツール
    • アンドゥ(Un Do)
    • ヒストリーはタイムマシン
    • トリミング自由自在
    • 画像の回転
    • action作業プロセスの自動化
    • ヒストリーとアクション
    • Workspace インターフェイスの要
  3. 選択範囲
    • 選択範囲とは
    • 投げ縄ツール
    • クイック選択ツール
    • クリック一発自動選択ツール
    • 選択範囲を修正するには
    • 逆転の発想 選択範囲の反転
    • もふもふもOK 境界線調整
    • パスを選択範囲に変換
    • 選択範囲をパスに変換
  4. レイヤー
    • レイヤーの基本
    • レイヤー操作自由自在
    • テキストレイヤー
    • 複製も変形も移動も自由自在
    • レイヤーの結合・統合
    • レイヤーの整列・分布
    • レイヤーをロックする
    • レイヤーマスクとは
    • リンクの解除
    • クリッピングマスク
    • 調整レイヤー
  5. 演習 サングラスへの映り込み
    • 選択範囲の作成
    • レンズに調整レイヤー
    • 左レンズに調整レイヤー
    • グラデーション
  6. レイヤースタイル
    • レイヤースタイルとは
    • 制作の準備
    • パターンオーバーレイ
    • グラデーションオーバーレイ
    • 立体感を加えて完成
    • レイヤースタイルの保存
    • ベベルとエンボス(1)
    • ベベルとエンボス(2)
    • 境界線、光彩
    • サテン、オーバーレイ
    • ネオン文字 準備
    • 文字水平
    • 水平文字のスタイル(1)
    • 水平文字のスタイル(2)
    • 水平文字のスタイル(3)
    • 垂直文字の仕上げと完成
  7. Photoshopの描画
    • グリッドにスナップとは
    • パスの基本
    • ベジエ曲線
    • ベジエ曲線でイルカを描く
    • 新機能「曲線ペンツール」
    • 曲線ペンツールを使う
    • フリーフォームペンツール
    • パターンとは
    • 公開パターンの使用
    • jpg画像のパターン化
    • 幾何学模様のパターン(1)
    • 幾何学模様のパターン(2)
    • パターンブラシ
  8. ブラシ
    • ハード円ブラシ
    • ブラシプリセット
    • ブラシ設定パネル
    • ジッターとは
    • カラーのジッター
  9. ブラシを使った演習(1) シャッターパーツ
    • 制作工程の説明
    • 基本シェイプを描く
    • ブラシの定義
    • ブラシの設定
    • パーツの散布
    • 背景の挿入
  10. ブラシを使った演習(2) スケッチ効果
    • 画像の準備
    • ブラシの登録
    • ブラシの設定(1)
    • ブラシの設定(2)
    • 画像の処理
    • ブラシの使用
    • 仕上げ
  11. テキストレイヤー
    • テキストの入力
    • テキストの編集
    • 段落テキストとポイントテキスト
    • 文字マスクツール
    • 文字をパスに沿って配置する
    • ワープテキスト
  12. 画像解像度
    • 画像の大きさとサイズ
    • 画像解像度
    • 画像の再サンプル
    • ピクセルを見る
    • カンバスサイズの変更
    • カラーモード
  13. カラーとレタッチ
    • カラーピッカー
    • カラーパネル
    • スォッチパネル
    • スポイトツール
    • 塗りつぶしツール
    • 塗りつぶしコマンド
    • コピースタンプツール
    • コピースタンプツールをもっと詳しく
    • 修復ブラシツール
    • ぼかしツールとシャープツール
    • コンテンツに応じたレタッチツール
    • コンテンツに応じた移動ツール
    • 覆い焼きツール 焼き込みツール
    • チルトシフト
    • 光彩絞りぼかし フィールドぼかし
    • パスぼかし
    • スピンぼかし
    • ぶれの軽減フィルター
    • スマートシャープ
    • 画像のアップサンプリング
  14. 画像の補正
    • ヒストグラムの原理
    • レベル補正の実際
    • トーンカーブ
    • 色相/彩度
    • カラーバランス
    • カラーの置換
  15. チャンネルと画像の合成
    • チャンネルとは
    • アルファチャンネル
    • クイックマスク
    • チャンネルパネル
    • スポットカラーチャンネル
  16. 3D
    • 3Dの概要
    • 3Dパネル
    • 属性パネル
    • 3D作品「ひろば」の制作
    • 文字「ひ」の配置
    • 3D文字「ひ」の編集(1)
    • 3D文字「ひ」の編集(2)
    • 3D文字「ろ」の編集(1)
    • 3D文字「ろ」の編集(2)
    • 3D文字のバックアップとレンダリング
    • シャドウの調整
    • 仕上げ
  17. 制作演習 花びらのポスター
    • 概要と準備
    • 花びらの選択範囲
    • ポスター本体ドキュメント
    • テキストの入力
    • レイヤースタイルの適用
  18. レイヤースタイルを使ったText Effect
    • Perspective 画像の準備
    • Perspective-Imageの作成
    • Perspectiveなロゴの制作
    • レイヤースタイルの適用
    • テクスチャーを木目に変更
  19. 制作演習 リアルなロウソク
    • 制作の手順
    • ロウソク本体の描画
    • ロウソク本体のシェイプ
    • レイヤースタイル
    • ロウソクの炎
    • 炎の編集
    • ロウソク本体の仕上げ
  20. 写真の天候を雪の日に変える
    • 制作工程の説明
    • 空の選択範囲をつくる
    • 空のグラデーションの制作
    • 雪をつくる
    • カメラレンズの水滴
    • カラーの調整
  21. 水面に映るリアルな影
    • 作業の手順と画像の反転
    • テクスチャファイルの制作
    • 画像を水面に映す
    • 仕上げ
  22. 飛び出す絵本のような不思議な効果
    • 制作のプロセスの説明と画像の準備
    • 公園にガンダム出現
    • ガンダムにシャドウをつける
    • 写真をカウンターに配置
    • ガンダムを立たせる
    • ドロップシャドウ
    • ガンダムのドロップシャドウ
    • 仕上げ
  23. リアルなジグソーパズル
    • 制作の工程
    • テクスチャーファイルの準備
 
Preview Video
   

未経験からプロを目指す!実践PhotoshopCC講座

未経験からプロを目指す!実践PhotoshopCC講座
発売日 2014/05/31
(4.3)

8.5 total hours
Photoshopが初めての人が中級レベルまでスキルアップできるコースです。単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、写真加工、バナー作成、フライヤー制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。

Photoshop未経験からプロレベルを目指す、充実したコースです。

Photoshopの単なる機能説明をするような、つまらないコースではなく、写真加工、バナー作成、フライヤー制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけます。

1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供しています。


★こんな人におすすめ★

  • Photoshopをインストールしたばかりで、使えるようになりたい
  • Web制作やDTPでPhotoshopを使うので、まずPhotoshopの基本的なスキルを身につけたい


★特徴

  • 単なるPhotoshopの機能説明ではなく、写真加工、バナー作成、フライヤー制作、Webページの制作など、実際の制作をしながら実践力を身につけられる
  • 1000名以上の卒業生がいる実績ある日本のWebデザインスクールが提供
  • 5分程度の動画が100レッスン 充実した内容ですが、無理せず学べる


★内容

初めの1〜3セクションは、Photoshopの基本中の基本を全体的に学びます。
その後、各セッションでPhotoshopの各機能ごとに、実際の制作物を作りながら学んでいきます。

⑴これからはじめるPhotoshop基礎1

基本的なツールを利用して実際に作品を作りながら、まず初めに覚えるべき基本的な知識と、操作方法について学んでいきます。画面構成やツールの選択方法など、Photoshopを初めて操作向けに優しく解説します。


⑵これからはじめるPhotoshop基礎2

色調補正機能を利用して、写真の加工や補正を行う方法をご紹介します。 明るさやコントラストの調整はもちろん、写真の一部の色を変えたり、切り抜きや合成など Photoshopの機能をフル活用して、プロ並みの写真加工技術を学びます。


⑶これからはじめるPhotoshop基礎3

テキストツールを利用した様々なテキストの入力方法や、シェイプツールを使って四角形や楕円形を作成する方法について学びます。 また、Webサイトデザインをする上でかかせない「レイヤースタイル」のかけ方を学び、要素を光らせたり影をつけたりといった、エフェクトを加える方法もレクチャーします。


⑷選択範囲と画像の操作

「複雑な形の画像を切り抜き」「画像の一部分のみに色調補正を加える」などを可能にする、「選択範囲」と「マスク」ついてレクチャーします。選択範囲系のツールはたくさんの種類がありますが、選択する画像の特徴によって使い分ける事で、より高度な写真合成や加工を行う事ができます。


⑸レイヤー

Photoshopを扱う上でも最も重要とも言える「レイヤー」について勉強します。レイヤーには、立体的に見せる「ドロップシャドウ」や、ネオンのように光らせる「光彩」など、さまざまなエフェクトを加える事ができます。それらを学んで、プロに近づくためのphotoshopテクニックを手にいれましょう。


⑹ブラシ・シェイプ・グラデーション

グラデーションやシェイプ、ブラシを使ったペインティングなど、画像をデザインする上で欠かせないペインと操作をレクチャーします。webサイト制作では、ブラシツールはあまり利用しませんが、習得しておくといざという時に役に立つとても便利なツールです。この機会に、一緒にマスターしましょう!


テキストツール

文字の入力方法と、その編集・変形方法をレクチャーします。Webサイト制作において、文字の入力が出来る事は必須です。単純に文字を入力するだけなら簡単です。ここでは、簡単な文字を入力するところから、パスに沿ったテキストの入力など、プロが利用する高度な文字入力方法まで、様々な文字の入力と変形をお伝えします。


マスク

マスクを使った画像合成や簡単な色調補正等を行います。「マスク」と聞くと何の事かわからない方が多いと思いますが、マスクを利用する事で、画像に直接編集を加える事なく、画像編集を行う事が出来るので、いつでも元の状態に戻せたり、高度な編集を行う事ができます。ここでは、プロが行うマスクの操作に基づいて、画像の合成や色調補正を通して「マスクの綺麗なかけ方」を学んでいきたいと思います。


⑼色調補正とレタッチ

色調補正パネルやその他、レタッチ系のツールを利用して、「人物を若返らせる」「曇り空を晴れにする」などの画像の修正方法を学びます。細かいマスクをかけたり、色調補正を行う必要があるので、やや上級者向けの章です。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
ありがとうございました。 楽しくてわかりやすかったです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. これからはじめるPhotoshop基礎⑴
    • Photoshopでできること
    • 画面構成を理解し、パネルやツールバーの基本操作を知ろう
    • ファイルを新規作成する方法を学ぼう
    • まずはじめに覚えたい、基本ツールの使い方
    • 画像の貼り付けや拡大・縮小する方法
    • フィルター機能で写真をイラスト風に変えよう
    • 長方形選択ツールで画像の一部分にのみ編集を加える方法
    • ブラシツールを使って、写真にキラキラした演出を加える方法
    • ファイルをjpg形式に変換する方法
  2. これからはじめるPhotoshop基礎⑵
    • 画面を拡大縮小したり並べて表示する方法
    • 色調補正パネルで画像の明るさやコントラストを調整する方法
    • 色の置き換えツールを使って、色を置き換える方法
    • 色調補正パネルを使って、画像の一部分をモノクロに変える方法
    • ぼかしツールを使って、写真をミニチュア風に加工する方法
    • [実践]様々なツールを駆使してトイカメラ風の画像に加工しよう
    • Photoshopのレイヤー機能について
    • クイック選択ツールで、複雑な形の写真を綺麗に切り抜く方法
    • [実践]曇り空の写真を晴れの写真に合成してみよう
    • 【チャレンジ】人物を綺麗に切り抜いて、写真に合成させよう
  3. これからはじめるPhotoshop基礎⑶
    • テキストツールを使って文字を入力する方法
    • 範囲内で自動改行させる、テキストボックスの作り方
    • ワープ機能を使って、文字に変形を加える方法
    • シェイプツールを使って、図形やイラストを追加する方法
    • レイヤースタイルの基本のかけ方
    • [実践]ドロップシャドウで、思わず押したくなるボタンを作ろう
    • クリッピングマスクを使って、レイヤーを好きな形に切り抜く方法
    • クリッピングマスク機能でFacebookのカバー写真を作ろう
    • スライス機能を使って、画像をパーツ毎に書き出す方法
    • 【チャレンジ】WEBサイトのメイン画像を作ってみよう
  4. 選択範囲と画像の操作
    • 切り抜きツールを使って画像を指定のサイズに切り抜くする方法
    • 長方形選択ツールを使って、2つの画像を合成する方法
    • 楕円形選択ツールを使って、2つの画像を合成する方法
    • [実践]選択ツールを使って、画像を違和感なく合成してみよう
    • クイック選択ツールを使って、複雑な輪郭の画像を切り抜く方法
    • マスクモードで選択範囲を微調整する方法
    • 自動選択ツールを使った、同じ色の部分を選択する方法
    • 様々な選択ツールを駆使してネットショップの商品画像を作ろう
    • Photoshopを使って、髪の毛を綺麗に切り抜く方法
    • 【チャレンジ】様々な選択ツールを駆使して、コラージュ作品を制作してみよう
  5. レイヤー
    • Photoshopのレイヤーの仕組みとレイヤーパネルの操作
    • Photoshopレイヤーの不透明度、表示非表示の設定方法
    • レイヤーにカラーラベルを設定し、効率よく管理する方法
    • [実践]レイヤーの不透明度を調整するアイキャッチ画像を作ろう
    • レイヤースタイルで、レイヤーにドロップシャドウをかける方法
    • レイヤースタイルの光彩で、レイヤーをネオン風に光らせる方法
    • パターンオーバーレイで、レイヤーにざらざらした質感を加えよう
    • [実践]レイヤースタイルで、お申込みリンクのバナーを作ろう
    • Photoshopでオリジナルパターンを制作する方法
    • 【チャレンジ】レイヤースタイル駆使してプロ並みのポスターを作ってみよう
  6. ブラシ・シェイプ・グラデーション
    • Photoshopで段々と透明になるグラデーションの作成方法
    • ブラシツールを使って自由に絵を描く方法
    • 無料のカスタムブラシを使ってポスターを制作する方法
    • [実践]ブラシツールを使って、女性の顔に化粧を施してみよう
    • シェイプツールを使って、グラデーションのボタンを作成する方法
    • ペンツールを使って、自由な線を描く方法
    • パス選択ツールでアンカーポイントの位置やハンドルを操作しよう
    • 無料のカスタムシェイプを使って、フラットなボタンを作成しよう
    • ペンツールやパス選択ツールで、吹き出しアラートを作ろう
    • 【チャレンジ】シェイプツールを駆使して、ポストカードをデザインしてみよう
  7. テキストツール
    • テキストツールで文字入力し、文字パネルでスタイルを変更しよう
    • 自動改行できる、テキストボックスの作成とスタイルの変更方法
    • [実践]テキストツールを使って、雑誌のページを作ってみよう
    • シェイプツールで作成したパスに沿って、文字を入力する方法
    • ペンツールで作成したパスに沿って、文字を入力する方法
    • ワープテキストを利用して、文字を変形させる方法
    • 遠近法ワープを使って、立体的に文字を変形させる方法
    • [実践]テキストツールで、ビンテージロゴを制作してみよう
    • 【チャレンジ】様々なテキスト変形ツールで、ボトルラベルをデザインしよう
  8. マスク
    • レイヤーマスクを使って画像を切り抜く方法
    • レイヤーマスクを使って、画像を徐々に透明にする方法
    • クイックマスクモードで、細かく選択範囲を微調整する方法
    • [実践]レイヤーマスクを使って、カリグラフィポスターを作ろう
    • レイヤーマスクを使って、曇り空を晴れに変える方法
    • Photoshopのレイヤーマスクで、髪の毛の色を変える方法
    • クリッピングマスクを使って画像を切り抜く方法
    • クリッピングマスクを使って、本のカバー柄を変える写真合成方法
    • [実践]クリッピングマスクで、Webサイトメイン画像を作ろう
    • 【チャレンジ】様々なマスクツールで、Webサイトのメイン画像を作ろう
  9. 色調補正とレタッチ
    • アクションを使ってボタン一つで画像をレトロ風に加工する方法
    • レベル補正を使って食べ物を美味しそうに補正する方法
    • フィルター機能を使って、写真をイラスト風に加工する方法
    • 自動処理の機能を使って写真をHDR風にしよう
    • シャープツールを使って、人物の目をはっきりさせる方法
    • スポット修正ブラシツールを使って、ニキビやシワを消す方法
    • Photoshopで人の歯を白くしたり、目の充血をなくす方法
 
Preview Video
   

Photoshop CC マスターコース : 動画で徹底的に学ぶ! 確かな技術をマスターしよう!

Photoshop CC マスターコース : 動画で徹底的に学ぶ! 確かな技術をマスターしよう!
発売日 2018/08/03
(4.4)

7.5 total hours
デザインの制作現場と教育現場で生み出された独自の学習法からPhotoshop CCを徹底的にマスター。基礎からやり直したい人や独学で学んだ人の学び直しにも最適!

「Photoshopを独学で勉強してるけど、挫折しそう…」「Photoshopの使い方がわからなくて、混乱してきた…」「初心者向けの教材を買ってみたけど、難しくてわからない…」などのお悩みはありませんか?

このコースではこれらの悩みを解決すべく、現役デザイナー&教育のプロ(元教師)である講師が考案した、独自のカリキュラムでPhotoshopを学習できます!

デザインの制作現場と教育現場で生み出された独自の学習法で学べるので、これまでPhotoshopに苦手意識をもっている方でもゆっくり分かりやすいPhotoshopコースとなっています。


【こんな方にオススメ】

・これからPhotoshopを学ぶ初心者の方

・Photoshopを学習したけど挫折してしまった方

・Photoshopの基礎を学びなおしたい方


【オススメできない方】

・実践的な内容を求めている方

・Photoshop上級者


★このコースでは、Windowsを対象としております。Macの方は、ショートカットキーをMacに置き換えてご覧ください
★現在、第1章~5章までの項目となっておりますが、順次コース内容を追加予定です。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
今までの講座のなかで、丁寧かつ網羅しており、身につくための工夫がされており、素晴らしい内容でした。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 自己紹介とPhotoshopについて
  2. 【第1章】Photoshopの基礎基本
    • 画面構成について
    • 【実践】画面構成について
    • 画面移動の方法について
    • 【実践】画面移動の方法について
    • 移動ツールの使い方について
    • 【実践】移動ツールの使い方について
    • シェイプツールの使い方について
    • 【実践】シェイプツールの使い方について
    • 【解答】シェイプツールの使い方
    • シェイプの拡大縮小・回転
    • ガイドの使い方とシェイプの整列
    • 【実践】シェイプの拡大縮小・整列、ガイドの使い方
    • 【解答】シェイプの拡大縮小・整列、ガイドの使い方
  3. 【第2章】レイヤー機能について
    • レイヤーの概念
    • 【実践】レイヤーの概念
    • 【解答】レイヤーの概念
    • その他のレイヤー機能
    • その他のレイヤー機能2
    • 【実践】その他のレイヤー機能
    • 【解答】その他のレイヤー機能
    • レイヤーの種類について
    • 【実践】レイヤーの種類について
    • 【解答】レイヤーの種類について
  4. 【第3章】カラーモード・描画色と背景色・塗りつぶし・グラデーションツール
    • カラーモードについて
    • 描画色と背景色について
    • 【実践】カラーモード・描画色と背景色
    • 【解答】カラーモード・描画色と背景色
    • ブラシツールについて(前半)
    • ブラシツールについて(後半)
    • 【実践】ブラシツールについて
    • 【解答】ブラシツールについて
    • 塗りつぶしについて
    • 【実践】塗りつぶしについて
    • 【解答】塗りつぶしについて
    • グラデーションについて
    • 【実践】グラデーションについて
    • 【解答】グラデーションについて
  5. 【第4章】画像解像度とトリミング
    • デジタル画像の基礎
    • 【実践】デジタル画像の基礎
    • 【解答】デジタル画像の基礎
    • 画像解像度について
    • 【実践】画像解像度について
    • 【解答】画像解像度について
    • 再サンプルについて
    • 【実践】再サンプルについて
    • 【解答】再サンプルについて
    • トリミングについて
    • 【実践】トリミングについて
    • 【解答】トリミングについて
  6. 【第5章】画像補正について
    • レベル補正とヒストグラム
    • 【実践】レベル補正とヒストグラム
    • 【解答】レベル補正とヒストグラム
    • トーンカーブについて
    • 【実践】トーンカーブについて
    • 【解答】トーンカーブについて
    • 色相彩度について
    • 【実践】色相彩度について
    • 【解答】色相彩度について
    • 画像配置と特定画像に対する補正
    • 【実践】画像配置と特定画像に対する補正
    • 【解答】画像配置と特定画像に対する補正
    • 画像の書き出し方法
    • 【実践】画像の書き出し方法
    • 【解答】画像の書き出し方法
  7. 【第6章】画像修正(レタッチ)
    • 画像修正の基本
    • 【実践】画像修正の基本
    • 【解答】画像修正の基本
    • 画像の引き延ばし
    • 【実践】画像の引き延ばし
    • 【解答】画像の引き延ばし
    • フィルター(特殊効果)
    • 【実践】フィルター(特殊効果)
    • 【解答】フィルター(特殊効果)
  8. 【第7章】選択範囲の作成
    • 選択範囲の作成・活用の流れ
    • 【実践】選択範囲の作成・活用の流れ
    • 【解答】選択範囲の作成・活用の流れ
    • 選択範囲作成ツールの種類
    • 選択範囲作成ツールの種類2
    • 選択範囲作成ツールの種類3
    • 【実践】選択範囲作成ツールの種類
    • 【解答】選択範囲作成ツールの種類
    • 選択とマスク
    • 【実践】選択とマスク
    • 【解答】選択とマスク
    • 選択範囲の調整、保存、読み込み
    • 【実践】選択範囲の調整、保存、読み込み
    • 【解答】選択範囲の調整、保存、読み込み
  9. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

【広告制作コース】 フォトグラファー直伝のレタッチ写真加工でオシャレな広告を作る!(Photoshop CC)

【広告制作コース】 フォトグラファー直伝のレタッチ写真加工でオシャレな広告を作る!(Photoshop CC)
発売日 2018/07/14
(4.3)

5.5 total hours
PhotoshopCCをゼロから学びたい方にオススメ!PR・広報担当者・販売促進担当者の方も必見。業者レベルのワンランク上の広告物を作れるように。

私達の講座に興味を持ってくださり有難うございます。

この講座は、主に「広告制作」に特化したPhotoshop CC 習得講座になっております。


Photoshop(フォトショップ)は世界最高峰の画像加工ソフトです。

ステップバイステップで「明確」に3部構成された当講座を受講すれば、主に4つのスキルが手に入ります。


「広告物が作れるようになる」

「写真加工の基礎」

「写真の魅力を引き出せるようになる(プロ目線のレタッチ)」

「応用の元になる軸が手に入る」


これらのスキルを習得することで、「必要とされる人材力・技術力」を磨きます。

PR広報・販売促進を担当する方はもちろん、企画・プレゼン等の資料制作を行う方にも必見です。


Photoshop(フォトショップ)を触ったこともない、「はじめての方」に合わせた、解りやすい解説を心がけております。

「経験者」の方も、この機会に「苦手意識」を持っていた基礎の補強や「抜けていた」基礎の習得はオススメです。


この講座のボリュームは、全体で14セクションあり、レクチャー数はおよそ「71」になります。時間にして約5時間程です。


【ボリューム:三部構成】

一部:写真加工の基礎

明るさ調整・レイヤー機能・色調整・文字演出・トリミング・解像度について・ブラシと消しゴム・選択とマスク機能

商品だけを切り抜きたい・ゴミやシミを消す方法・画質について・一番綺麗な状態で保存する方法などなど。


二部:作品作り

チラシ作り・Webバナー作り


三部:応用

これからのコツ


2部における「写真の魅力を引き出すプロの思考回路(ノウハウ)」は必見です。



【講座理念】

楽しく、わかりやすく。

習うより慣れるような学びを。

日々改善を楽しむ。


Photoshopを使った写真加工・広告物の制作に興味がある方は、ぜひ、当講座の受講をお待ちしております。


「こんな広告にしたかった」があたなたにも。




Photoshop CC(通称:Ps・フォトショ・フォトショップ・フォトショップクリエイティブクラウド・Photoshop )


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
とても素晴らしい講座だと思います!わかりやすい。 1つ1つが細かく区切られていて、ちょっと聞き漏れてもう一回確かめたいときに戻りやすいのです。お出かけ前にちょっと時間ができたので1レッスンという感じで隙間時間にも学習しやすいです。動画終わりにチェックマークの映像が出てきて、終わったあ!って満足感があるし、チャプター最後にはくす玉が破られた感じの演出があって、達成感があります。 説明も丁寧なのにくどくなくてテンポもいいです。 学習の際にレッスンの時間が長い方が詳しく身につくんじゃないかと迷いましたが、使う機能だけしっかり身につくので、この講座を選んでよかったです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • コースプロモーション2
    • このコースで学べること
    • 準備について(ダウンロード資料)
    • 拡張子の表示方法
  2. 写真加工の基礎 1(明るさ調整)
    • 「このセクションで学べるコト」「ワークスペースの設定」「起動・読み込み方・保存」
    • 写真を明るくしよう1<明るさとコントラスト>
    • 写真を明るくしよう2<レベル補正>
    • 前の状態に戻す方法<コマンドZ + ヒストリー>
    • 写真を明るくしよう3<トーンカーブ>
    • 写真を明るくしよう4<露光量>
  3. 写真加工の基礎2(レイヤー機能)
    • 「このセクションで学べるコト」
    • レイヤー機能がスゴいっ!1
    • レイヤー機能がスゴいっ!2
    • 調整レイヤーもスゴいっ!
  4. 写真加工の基礎3(色の調整)
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 料理を「美味しそうっ!」って思わせる方法。<自然な彩度>
    • 料理を「美味しそうっ!」って思わせる方法。<カラーバランス>
    • 料理を「美味しそうっ!」って思わせる方法。<色相・彩度><白黒>
    • 空をもっと青く見せたい。<特定色域の選択>1
    • 空をもっと青く見せたい。<特定色域の選択>2
  5. 写真加工の基礎4(文字)
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 「テロップ」や「タイトル」を入れたい。<フォント>
    • 文字に影をつけたい<ドロップシャドウ><ロック機能>
    • 「テロップ」文章を組みたい。<テロップボックス>
    • 帯(座布団)を作りたい。<シェイプ>
    • 2021/5 緊急追加:PDFの書き出し方について
    • PDFを書き出してみよう。<初級クリア>
  6. 写真加工の基礎5(トリミング・サイズ・解像度)
    • 「このセクションで学べるコト」
    • トリミングしたい。
    • 画像が粗い。。画像サイズについて教えて欲しい。1
    • 画像が粗い。。画像サイズについて教えて欲しい。2
  7. 写真加工の基礎6(ブラシと消しゴム)
    • ブラシと消しゴム1
    • ブラシと消しゴム2
  8. 写真加工の基礎7(選択・マスク)
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 商品だけを切り抜きたい。<選択>長方形選択ツール
    • 商品だけを切り抜きたい。<選択>多角形選択ツール
    • 商品だけを切り抜きたい。<選択>マグネット選択ツール
    • 商品だけを切り抜きたい。<選択>なげなわツール・(ペンツール)
    • 商品だけを切り抜きたい。<選択>クイック選択ツール・自動選択ツール・色域指定
    • 実践編 商品だけを切り抜きたい。1
    • 実践編 商品だけを切り抜きたい。2
    • 背景を透明のまま、画像を書き出したい!<レイヤー・形式>
    • 選択部分だけに効果を加えたい<マスク>1
    • 選択部分だけに効果を加えたい<マスク>2
    • 選択部分だけでマスク!よく見るデザインはコレ!<クリッピングマスク>
    • 選択範囲を編集できるモード<クイックマスクモード>
    • 選択範囲を編集できるモード<選択とマスクモード>
    • 選択範囲の保存方法
  9. 写真加工の基礎8(テクニック)
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 5秒で余計なゴミ・シミを消す方法。<スポット修復ブラシ>
    • 5秒で余計なゴミ・シミを消す方法。<塗り潰し>
    • 5秒で余計なゴミ・シミを消す方法。<コピースタンプ>
  10. 写真加工の基礎9(画質)
    • 画質レベルの調整方法<ファイルサイズを軽くする>
    • 画像の保存を一番キレイな状態で残す方法を教えて欲しい。<形式・拡張子>
  11. 実践編 「ふんわり写真」と「パッキリ写真」の作り方
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 「ふんわり写真」と「パッキリ写真」の作り方。
  12. 実践編 「写真の魅力を引き出すプロの思考回路(ノウハウ)1」
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 「チラシを作ってみよう」1
    • 「チラシを作ってみよう」2
    • 「チラシを作ってみよう」3
    • 「チラシを作ってみよう」4
    • 「チラシを作ってみよう」5
    • 「チラシを作ってみよう」6
  13. 実践編 「写真の魅力を引き出すプロの思考回路(ノウハウ)2」
    • 「このセクションで学べるコト」
    • 「ホームページの画像を作ってみよう」1
    • 「ホームページの画像を作ってみよう」2
    • 「ホームページの画像を作ってみよう」3
    • 「ホームページの画像を作ってみよう」4
  14. 応用(これからのコツ)
    • これからのコツ。<ぼかし・ハーフトーン>
    • デザインのコツ。
    • カウンセリングシート
  15. Q&Aコーナー
    • コンタクトシートの作成方法
  16. 次に学ぶべきこと
    • 次に学ぶべきこと「BEST3」の発表
  17. 最後に
    • ボーナストラック
 
Preview Video
   

Photoshop2021対応!【切り抜き】編 現役プロの実況解説!書籍やネットには載っていない「切り抜き」のコツ2時間

Photoshop2021対応!【切り抜き】編 現役プロの実況解説!書籍やネットには載っていない「切り抜き」のコツ2時間
発売日 2017/10/23
(4.4)

2 total hours
「なぜ、書籍やネットの通りにやっても写真の切り抜きが上手くいかないの?」→その理由は●● ( 動画で公開 ) /年間に数百枚以上の写真加工を手がけるプロが教える、切り抜きの秘訣をぎゅっと凝縮。Photoshopが格段に上達する動画レッスン

< Photoshop こんなことで困っていませんか? >
・切り抜きのスキルをアップしたいけれど、ネットや書籍ではわからない
・選択とマスク機能の使い方がイマイチわからない
・髪の毛や動物の毛などがうまく切り抜けない
・スクールは高いし時間がかかる
↓↓↓
動画を見ながら課題を取り組むだけで、スキルが身につくカリキュラムです

パソコンやスマホにダウンロードすれば好きな時に学習が可能です。
書籍やネットには載っていないやり方、プロならではのコツなどもお伝えしています。

-----------------------------------------------------------------------------

<このコースで学べること>
複雑な背景から毛がふさふさした“犬"を切り抜く方法を、お伝えします。
このワークを通して、毛のような複雑な境界線を切り抜くスキルや、
選択とマスク機能を使用するスキルを、身につけることができます。


-----------------------------------------------------------------------------

<このような方を対象にしています>
①POPやチラシなどの販促物に切り抜きした画像を利用したい方
②Webデザインやネットショップなどで商品やモデルの写真を切り抜きたい方
③とにかくPhotshopのスキルを、磨きたい方


<参加条件>
①Photoshop CCを使用している方
※本コースでは主にPhotoshop CC 2018
追加セクションではPhotoshop 2021を使用しています
(アップデートが必要な方には、アップデートの方法をお伝えします。)

②Photoshopの入門書や入門コースを学んだことがある方
(動画ではレイヤーや選択範囲、マスク、ブラシなどを利用します)

※カラーモードはRGBの前提でお話します。RGBであればsRGBやAdobeRGBなど、どちらでも構いません。


-----------------------------------------------------------------------------

このコースでは、書籍やネットにはない情報選択とマスク機能の使い方のコツなど、
私が日々、実際に使用している方法などお伝えしたいと思います。



* * *


New ! 2021.2月更新
=========================

「セクション5: 追加セクション:Photoshop2021 最新版に対応!」内で解説している
「調整モード」について、Photshop2021(バージョン22.1.1)以降、
「背景色に応じた」モードに名称が変更されました。

レクチャー内のバージョンでは「カラーに応じた」モードになっていますが、
変更に伴い、下記レクチャー内容を一部更新しています。(テロップの追加)

修正済レクチャー
「調整モード」について ( 背景色に応じた / オブジェクトに応じた )
=========================



New ! 2020.11月更新
=========================
Photoshopのバージョンアップに伴い変更があった点、
追加機能についての解説を追加セクションにて公開

▼追加内容・場所は下記の通りです▼

(追加場所) Section 5
(追加内容)

・調整モード(カラーに応じた・オブジェクトに応じた) について
・Photoshop 2020、2021(22.0.0)から追加された新機能3つ
 「被写体を選択」機能
 「オブジェクト選択ツール」
 「髪の毛の調整」機能

各機能の概要や使い方について解説を追加しました!


②コース内で使用している画像を一部含めた、練習用ダウンロード素材追加
(著作権の都合上、全ての使用画像が含まれるわけではありません)
=========================



2018.11月更新
=========================
Photoshopのバージョンアップに伴い変更があった点、
追加機能についての補足説明を追加しました。

▼追加内容・場所は下記の通りです▼

(追加場所) Section 2
(追加内容)
・PhotoshopCC2019以降のバージョンをご利用の方へ_ショートカットキー仕様変更について
・「被写体の選択」機能について _ PhotoshopCC2018ver19.1以降版より追加


(追加場所) Section 4 / 3章の10と11の間へ
(追加内容)
・不要なカラーの除去_スライダーについて_PhotoshopCC2018ver19.1以降版より
=========================



kotsume 🙂


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
リアルにスクールに通わなければ習得は無理だろう、オンライン講座も書籍を読むよりかは良いかも、的な気持ちで受講しました。ところが!!!!素晴らしすぎます。講師の方の説明がとにかくわかりやすく、あっという間に習得できました。繰り返し学んで自分のものとしていきたいです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 【はじめに】
    • 【はじめに】なぜ書籍やネットの通りに切り抜きできないの?
    • 【ダウンロード用】テキスト教材とPhotoshopアップデートの仕方について
    • 【ダウンロード用】写真素材_1
  2. 1章 犬の写真を切り抜こう 「選択とマスク」機能で、複雑な切り抜きをする方法
    • PhotoshopCC2019以降のバージョンをご利用の方へ_ショートカットキー仕様変更について
    • 「被写体の選択」機能について _ PhotoshopCC2018ver19.1以降版より追加
    • 1章-1 犬の写真を切り抜こう 素材の概要&ツール【選択とマスク】
    • 1章-2 犬全体を大まかに選択する【クイック選択ツール】
    • 1章-3 余分に選択した部分を取り除く【クイック選択ツール】
    • 1章-4 複雑な境界線を大まかに捉える【エッジの検出の設定】
    • 1章-5 複雑な境界線を細かく選択する【境界線調整ブラシツール】
    • 境界線調整ブラシの使い方補足
    • 1章-6 部分的に選択範囲を作成する①【境界線調整ブラシツールとクイック選択ツール】
    • 1章-7 部分的に選択範囲を作成する②【境界線調整ブラシツールとクイック選択ツール】
    • 1章-8 選択範囲全体の仕上げ調整をする【ブラシツール】
    • 1章-9 作成した選択範囲をレイヤーマスクとして書き出す【グローバル調整と出力設定】
    • 1章-10 次の作業の前に、作成したデータを保存する【psd形式で保存】
  3. 2章 現場のプロ御用達!選択とマスクの精度を高める「ひと手間」
    • 2章-1 女性の写真を切り抜く「下準備」のお手本 現場のプロ御用達!選択とマスクの精度を高める工夫
    • 2章-2 犬の写真で実践1 素材の写真で下準備。トーンカーブを使ってみよう
    • 2章-3 犬の写真で実践2 実際に選択とマスク機能を使用してみよう
  4. 3章 補足講座〜選択とマスクの詳細な使い方〜
    • 3章-1 表示モードの使い方①
    • 3章-2 表示モードの使い方②
    • 3章-3 表示モードの使い方③〜チェックボックスについて〜
    • 3章-4 エッジの検出の使い方①〜半径の設定①〜
    • 3章-5 エッジの検出の使い方②〜半径の設定②〜
    • 3章-6 エッジの検出の使い方③〜スマート半径について〜
    • 3章-7 エッジの検出と境界線調整ブラシの使い分け方
    • 3章-8 グローバル調整の使い方①〜“滑らかに”、“ぼかし”について〜
    • 3章-9 グローバル調整の使い方②〜“コントラスト”、“エッジをシフト” について〜
    • 3章-10 出力設定の使い方①〜不要なカラーの除去について〜
    • 不要なカラーの除去_スライダーについて_PhotoshopCC2018ver19.1以降版より
    • 3章-11 出力設定の使い方②〜出力先について〜
  5. 追加セクション1:Photoshop 2021 最新版に対応!
    • アップデートで追加された3つの新機能 ( 被写体を選択・オブジェクト選択ツール・髪の毛の調整 )
    • 【ダウンロード用】写真素材_2
    • 「調整モード」について ( 背景色に応じた / オブジェクトに応じた )
    • 「被写体を選択」機能について
    • 「髪の毛を調整」機能について
    • 「オブジェクト選択ツール」について
    • 「オブジェクト選択ツール」応用編
    

Udemyで無料で学べるPhotoshop講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

Illustrator・Photoshop・Cinema4D 各ソフトにできること11選まとめ

Illustrator・Photoshop・Cinema4D 各ソフトにできること11選まとめ
発売日 2020/03/18
(4.4)

1 total hour
自分が習得したいスキルを見極める

よしデザイナーになろう、イラレとフォトショを勉強しなきゃ、まずはAdobeと契約して…。

ちょっと待ってください、それぞれのソフトで具体的に何ができるか理解してますか?

ひとえにWEBデザイナー、グラフィックデザイナーになりたいという目標を立てることはもちろん素晴らしいです。

ですが、デザインスキルを生かした職業は数多くあることを改めて知っておいてください。


・企業のロゴ作成を専門とするロゴデザイナー

・WEBサイトや印刷物で使うシンプルなイラストの制作者

・写真加工を強みとするレタッチャー

・ブラシツールで繊細な塗りを表現するグラフィッカー


他にも探せば色々な種類のデザイナーがいると思います。

まずは各ソフトでどんなことができるのか、改めて知ることが重要です。

そして知った後に、実際触ってみることで「好き嫌い」や「向き不向き」を判断するべきでしょう。

Illustratorでロゴデザインするのが好きだという人もいれば、Photoshopで写真加工するのが得意だという人もいます。

または、イラレもフォトショもコーディングもプログラミングも全体的に網羅したいという人もいます。

ちなみに僕はロゴデザインと写真加工が好きで、プログラミングが苦手です。


そして最後にCinema4Dというソフトについてもご紹介します。

Illustrator・Photoshopとも連携しているソフトです。

今後、デザイン業界で重要なツールとなってくると個人的には思っています。

ご興味のある方は、このコースで概要を知ったあとご自身で調べてみてください。

僕も鋭意勉強中です、一緒に頑張りましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
今までソフトの違い、魅力が分かっていなかったが、それを体系的にできる事を中心に言ってくれているため、分かりやすかったです。そして、ご自身の学びへのきっかけなどから、プロばかりではないということに私自身も励まされました。ありがとうございました! (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 再生スピードと画質の設定
    • 講師紹介
    • 評価とレビューについて
    • メール
  2. 各ソフトの僕の好きな機能
    • My 3 Favorites
  3. Illustratorにできること
    • 1_インフォグラフィックとアイコン・ロゴ
    • 2_イラストと印刷物
  4. Photoshopにできること
    • 3_写真加工と人物写真のレタッチ
    • 4_イラストの塗りと文字の加工
  5. Cinema4Dにできること
    • 5_Cinema4Dと3Dロゴアニメーション
    • 6_MoGraphとモデリング
    • Cinema4Dの神々
  6. 営業から転職してデザイナーになった経緯
    • 7_営業から転職してデザイナーになった経緯
  7. ボーナス
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
       

関連:Photoshopを本でも学ぼう

UdemyのPhotoshop講座は上述したとおり、Photoshopの使い方の基礎から上級の画像編集方法まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Photoshopの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

 

関連:液晶ペンタブレットの人気・低価格品一覧

以下ではデジタルイラスト(デジタル絵)に必須の「液晶ペンタブレット(液タブ)」を、人気や価格帯別に紹介しています。

今はかなり手頃な価格の製品のものから、ハイスペック品まで多くの製品があるのでのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました