【動画で学習】UdemyのExcel/VBA 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのExcel/VBA講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのExcel/VBA講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるExcel/VBAの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.4)
総評価数 3687件
2
(4.6)
総評価数 1866件
3
(4.5)
総評価数 1056件
4
(4.3)
総評価数 1324件
5
(4.6)
総評価数 1116件
6
(4.6)
総評価数 903件
7
(4.5)
総評価数 963件
8
(4.5)
総評価数 781件
9
(4.5)
総評価数 826件
10
Excel中級者への150分【ピボット・VLOOKUP・条件付き書式・グラフ応用】...
発売日 2015/10/22
受講者 5,058人
通常 4,200円
新規 1,680円
(4.1)
総評価数 944件
11
(4.4)
総評価数 1185件
12
(4.5)
総評価数 876件
13
(4.6)
総評価数 542件
14
Microsoft Excel - Power Pivot, Power Query, DAX 入門講座
発売日 2019/08/03
受講者 1,775人
通常 10,200円
新規 1,750円
(4.5)
総評価数 469件
15
(4.5)
総評価数 310件
16
(4.5)
総評価数 668件
17
(4.5)
総評価数 253件
18
Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで...
発売日 2019/10/22
受講者 1,240人
通常 12,600円
新規 1,610円
(4.5)
総評価数 247件
19
(4.5)
総評価数 798件
20
(4.4)
総評価数 759件
21
エクセルを自分のものにする10時間 | Excelの機能を一通り網羅する...
発売日 2015/09/20
受講者 1,203人
通常 4,800円
新規 1,960円
(4.2)
総評価数 192件
22
(4.4)
総評価数 105件
23
徹底攻略!Excel VBAエキスパート・スタンダード 模擬試験+完全解説...
発売日 2020/09/14
受講者 80人
通常 3,000円
新規 1,610円
(4)
総評価数 19件
24
徹底攻略!Excel VBAエキスパート・ベーシック 模擬試験+完全解説...
発売日 2020/06/30
受講者 103人
通常 2,400円
新規 1,680円
(4)
総評価数 29件
25
【続】Microsoft - Excel Power Pivot 入門講座 ~Power Query Editor編~...
発売日 2019/10/04
受講者 508人
通常 9,000円
新規 1,610円
(4)
総評価数 70件
26
Microsoft Office 2019(Word、Excel(VBAも、PowerPoint、Outlook)パック
発売日 2019/10/16
受講者 198人
通常 4,800円
新規 1,890円
(3.7)
総評価数 23件
27
Office 2013教材コース(Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook、Win10)...
発売日 2016/02/05
受講者 143人
通常 5,400円
新規 1,750円
(4.1)
総評価数 21件
28
(3.8)
総評価数 177件
29
【続】Microsoft - Excel Power Pivot 入門講座 DAX-TABLE FUNCTION特訓編...
発売日 2020/07/09
受講者 101人
通常 9,000円
新規 1,820円
(4.6)
総評価数 11件
30
【続】Microsoft - Excel Power Pivot 入門講座  ~DAX-CALCULATE特訓編~...
発売日 2020/05/02
受講者 180人
通常 9,000円
新規 1,820円
(4.3)
総評価数 29件
31
(4.6)
総評価数 52件
32
60分間でマスターできる会社で困らないExcel基礎講座
発売日 2016/01/02
受講者 380人
通常 2,400円
現在 2,400円
(3.9)
総評価数 42件
33
【ゼロからスタート】初心者向け Excel VBA トレーニング
発売日 2018/04/22
受講者 173人
通常 3,600円
新規 1,750円
(3.9)
総評価数 41件
34
(4.5)
総評価数 30件
35
(4.3)
総評価数 14件
36
(4.6)
総評価数 109件
37
誰でもわかる!これから始める Microsoft Excel 2013
発売日 2015/07/30
受講者 60人
通常 3,000円
新規 1,610円
(4.3)
総評価数 11件
38
(4.1)
総評価数 62件
39
誰でもわかる!これから始める VBAプログラミング基礎(Excel 2010)...
発売日 2015/07/24
受講者 310人
通常 4,800円
新規 1,680円
(4.5)
総評価数 46件
40
教え方が本当に丁寧な【Excel VBAラボ】Level1「マクロ記録・VBA基本編」...
発売日 2020/08/11
受講者 46人
通常 24,000円
新規 1,750円
(4.4)
総評価数 9件
41
(3.9)
総評価数 9件
42
(4.5)
総評価数 7件
43
【Excel】作業効率10倍にする正しいExcel操作
発売日 2020/07/17
受講者 61人
通常 5,400円
新規 1,610円
(4.3)
総評価数 7件
44
誰でもわかるMicrosoft Excel 2016
発売日 2017/07/11
受講者 33人
通常 3,000円
新規 1,610円
(4)
総評価数 6件
45
Microsoft Office 2010(Word、Excel、PowerPoint)習得パック
発売日 2016/03/23
受講者 15人
通常 4,800円
新規 1,610円
(4.4)
総評価数 3件
46
Excel 2013 実用操作50選
発売日 2016/03/18
受講者 8人
通常 2,400円
新規 1,680円
(4.2)
総評価数 2件
47
5日で覚える!ExcelマクロVBA超入門
発売日 2020/06/21
受講者 12人
通常 2,400円
新規 1,610円
(3.5)
総評価数 2件
48
Office 2013教材コース(Word、Excel、Outlook、Windows 10)
発売日 2016/02/16
受講者 5人
通常 4,200円
新規 1,610円
(0)
総評価数 0件
49
Office 2013教材コース(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Windows 10)...
発売日 2016/02/15
受講者 8人
通常 4,800円
新規 1,610円
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのExcel/VBA 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

Excel VBA[第1弾](超入門)エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミング

Excel VBA[第1弾](超入門)エクセルが自動で仕事する!マクロの魔法 文系・非IT職もできるプログラミング
発売日 2017/11/07
(4.4)

5.5 total hours
新感覚!アニメで学べる新感覚のマクロVBA講座。「エクセル作業が終わらない、時間がかかって残業ばかり…」と悩むカフェ店長マークの前に、ある日突然あらわれた正体不明のクマ。エクセルを自動操作して次々に仕事を終わらせたマクロVBAの魔法とは…?
  • 「エクセルの仕事に時間がかかる、手間がかかって仕方ない…。
    こんな単純作業、どうにか自動化できないの?」
  • 「エクセルでもっとスキルアップして職場で評価されたい!」
  • 「書籍を読んでも難しくて3秒で挫折した…」

そんなあなたにお届けしたい「マクロ(VBA)」の講座です。


■大注目のスキル「マクロ(VBA)」の基本がわかる

Excelの操作を自動化するマクロ(VBA)のスキルを利用すれば、面倒で単調な反復作業もたった1つのボタンで終わらせることができます。こうしたことから、企業や職場でもVBAのスキルは求められており、書店に行けばパソコンスキルのコーナーに「マクロ(VBA)」の書籍が多数並んでいます。また、資格試験(VBAエキスパート試験)もあり、スキルを証明するため受験する人も多くいます。


■「書籍やWebの独学では挫折した…」という方に。アニメと動画によるレッスン

一方、書籍やWebサイトで独学しようとしても、「専門用語が多い・プログラミングの概念が難しい・文章で読むのが疲れる」といった原因でなかなか学習が進まないのも事実です。そこで、本コースでは、アニメで導入部分を説明し、エクセル兄さんによる丁寧なレッスン動画により、抵抗が少なくすんなり学習できるように制作いたしました。


■すぐに仕事に使える、実用的な「ショートマクロ」に絞りました

また、一般のマクロ(VBA)の講座や書籍などでは、「1+1の結果を表示しましょう」など 初歩の初歩から長々と解説されるものが多く、実際に仕事でマクロを使える実感を持てるようになるまで100ページくらい読み進めなければならない物も珍しくありません。そうなってしまうと初学者の立場からは「一体いつになったら仕事に使えるの?」という落胆とともに、モチベーションの低下につながることも避けられません。そこで本コースでは、題材を「ショートマクロ」に絞り込むことにより、作ったマクロが「すぐに仕事に使える」という実感を最速で得てもらうということに集中しました。


■受講する前に、以下をご確認下さい

本コースで扱うトピックは以上です。

  • マクロの記録
  • VBAの記述入門(MsgBox関数)
  • VBAの基本(オブジェクトとプロパティ、四則演算、文字列の扱いなど)
  • VBEの扱い方(モジュール、コメントブロック、Option Explicit、各種デバッグ機能など)
  • 変数(Integer型、String型、Variant型)
  • VBA関数(MsgBox関数、Replace関数、DateAdd関数)


(※初心者の混乱を防ぐため、これ以上の内容は省いております。

「これ以上の内容が欲しい」という中級以上の方は本コースの購入をお控え下さい。

これよりレベルの高い内容については、別コースを新設して解説いたしますのでご期待下さい!)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
懇切丁寧に、一歩一歩説明されていて分かりやすいです。 とても為になりました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • ご受講の前に:コース概要と「読者特典」
    • 【読者特典】テキストのダウンロード
    • iPhoneやスマホで動画をダウンロードして持ち歩く方法
  2. 第0章 マクロはこんなに便利!サンプルマクロを使ってみよう
    • [アニメ]出会い 〜エクセルで一発で作業を終わらせるマクロの魔法を使うクマに出会った、さえないカフェの店主
    • [アニメ]第0章 マクロってそもそも何?どう役に立つ?何が便利?
    • サンプルを使ってみよう!
    • ダウンロード
    • セキュリティの警告を解除してマクロ付きのブックを開く
    • [補足]ファイルがどうしても開けない場合(開ける方は動画を飛ばして下さい)
    • [サンプルマクロ①]一発で作業できる8つのボタン
    • [サンプルマクロ②]便利なフォーム入力機能
    • [サンプルマクロ③]請求書を一発で作成する
    • [サンプルマクロ④]データをブックやシートに分割して出力!
    • [まとめ]マクロとVBAって?難しいの?この講座のレベルは?
  3. 第1章 マクロ入門(マクロの記録)
    • [アニメ]第1章 超親切な機能「マクロの記録」でマクロを始めよう!
    • 学習ファイルのダウンロードについて
    • ダウンロード
    • ゴール像 「section1-goal.xlsm」で、この章のゴールを見てみよう
    • マクロを作る準備(開発タブの表示)(※表示できている人は飛ばして下さい)
    • [実習]マクロの記録をしてみよう[一発で書式変更]
    • [実習]記録したマクロを使ってみよう
    • [実習]「ボタン」を押せばマクロが実行できるようにしよう
    • [実習]「ショートカットキー」でマクロを実行できるようにしよう
    • [※重要]マクロ有効ブックとして保存しよう
    • [補足]困った!マクロを取り消したい…(マクロの削除方法)
    • [練習問題]セルの書式をクリアするマクロを作ってみよう
    • [練習問題続き1]ボタンを押してマクロを実行できるようにしよう
    • [練習問題続き2]ショートカットキーでマクロを実行できるようにしよう
  4. 第1章後半 【VBAの読み方の基本】マクロの中をのぞいてみよう(これがVBAだ)
    • [アニメ]マクロの中をのぞいてみよう【これがVBAだ】
    • 途中ファイルのダウンロード
    • [実習]マクロの編集画面=VBEを立ち上げよう
    • 「モジュール」とは?=部品
    • 標準モジュールの中をのぞいてみよう
    • 「プロシージャ」とは?=マクロ1個のようなもの
    • VBAの基本「オブジェクト.プロパティ」≒「クマ.大きさ」
    • プロパティ= True(真) [YES] またはFalse(偽)[NO]
    • [実習]プロパティに値を挿入する
    • [補足]今の時点ですべて理解しなくてもOK
    • [実習]ファイルを上書き保存しよう
    • [アニメ]「マクロの記録」の欠点&その先へ…
  5. 第2章 VBAを記述してみよう
    • [アニメ]第2章「いよいよVBAに入門!」
    • [復習]VBE(=マクロの編集画面)を開くには
    • ダウンロード
    • [実習]途中ファイルを開いて,VBEの標準モジュールを開く
    • [実習]最初のVBA「こんにちは」を作ろう
    • [実習]VBA入力「こんにちは」マクロ
    • [実習]「こんにちは」を「こんばんは」に変えてみよう
    • [補足]インデントで整えよう(TABキーで字下げ)
    • [補足]覚えた方がいい便利操作①文字削除キー、上下左右キー
    • [補足]覚えた方がいい便利操作②[Shift+矢印],[コピー/ペースト/切り取り]ショートカットキー
    • [補足]覚えた方がいい便利操作③[Home,End][PageUp/Down]キー
    • [実習]セルに数値を挿入してみよう
    • [補足]コメントで注釈をつけるには行頭に「'」シングルクォーテーション
    • [補足2]複数の行を一気にコメント化するには[ツールバー→編集]ツール
    • [実習]セルに文字列を挿入してみよう
    • [実習]一発で「割引価格」にしよう!算術演算子[+][-][*][/]
    • [実習]一発で「様」を付けよう!文字列を連結する記号は[&]
    • [宿題]作ったマクロを「ボタン」で実行できるようにしよう
  6. 第3章 変数を使ってもっと便利に!
    • [アニメ]第3章 変数を使ってレベルアップ!
    • ダウンロード
    • 「変数」って何?人間の考え方をもとに考える
    • 変数を使うメリット・使わないデメリット
    • [※重要]整数を入れる変数は[Integer型]
    • [実習]Integer型の変数を使ってみよう
    • [実習] 割り引きマクロを書き換えて、変数を使ってみよう
    • [※重要]文字列を入れる変数は[String型]
    • [実習]「様」を付けるマクロを書き換えて、変数を使ってみよう
    • [実習つづき]「様」を付けるマクロを書き換えて、変数を使ってみよう
    • 何でも入る変数は[Variant型] /後半2:20~は重要
    • [※重要1]変数で起こる"事故"!エラーが迷宮入りするリスクとは?
    • [※重要2]Option Explicitで"事故"を防止する
    • [※重要3]これで安心!自動的にOption Explicitを挿入する方法
    • [補足]便利なデバッグ機能①ステップイン(F8) VBAを一行ずつ実行できる
    • [補足]便利なデバッグ機能②ブレークポイント(F9) 一時停止ポイントを作る
    • [補足]便利なデバッグ機能③イミディエイトウィンドウ(Ctrl+G) その場で変数の値を確認できる
  7. 第4章 もっと便利な「VBA関数」を使おう!
    • [アニメ]第4章「VBA関数」を使ってもっと便利に!
    • ダウンロード
    • VBA関数の代表格!MsgBox関数をくわしく見てみよう
    • [実習]MsgBox関数の引数を指定してみよう
    • [補足]MsgBox関数の「引数」は色々ある※暗記不要
    • [※重要]引数を()で囲う場合と、そうでない場合の違いって何?
    • Replace関数 文字列1を文字列2に置き換える
    • [実習]一発で「様」を「さん」に置き換えるマクロを作ろう
    • [実習]一発で「様」「さん」を削除するマクロを作ろう
    • [※重要]複数のセルにもマクロを実行できるようにするには[For Each]
    • DateAdd関数 日時に加算する
    • [実習]一発で日付を1か月後に書き換えるマクロを作ろう
    • [実習]一発で日付を1か月【前】に書き換えるマクロを作ろう
    • [宿題]作ったマクロをボタンから実行できるようにしよう
    • 完成ダウンロード
  8. 【ボーナスレクチャー】さらに広がるマクロVBAの世界へ
    • [アニメ]終章 もっと広がるマクロVBAの可能性!
    • ボーナスレクチャー(巻末特典)
 
Preview Video
   

Excel VBA[第2弾](脱・入門編)請求書を1クリックで出力するマクロを作成!文系・非IT職もできるプログラミング

Excel VBA[第2弾](脱・入門編)請求書を1クリックで出力するマクロを作成!文系・非IT職もできるプログラミング
発売日 2018/01/12
(4.6)

6.5 total hours
シリーズ5,000名が受講。マクロVBAをやさしく理解できる人気シリーズ待望の続編が登場!「エクセル仕事、時間がかかって終わらない…」と嘆くカフェの店主・マークに、謎のクマがマクロVBAを伝授。今度のマクロは請求書を1ボタンで自動作成する?

※人気シリーズ待望の第2弾が登場!アニメ付きで楽しく学習できるマクロVBAファンタジー。

・「マクロVBAを練習したいけれど、何を作っていいか分らない」

・「めざせ脱・入門者!…でも何から勉強したらいいの?」

・「書籍を読んでも、やる気が起こらない…」

そんなあなたにお届けしたい「マクロ(VBA)」の講座です。

■大注目のスキル「マクロ(VBA)」の基本がわかる

Excelの操作を自動化するマクロ(VBA)のスキルを利用すれば、面倒で単調な反復作業もたった1つのボタンで終わらせることができます。こうしたことから、企業や職場でもVBAのスキルは求められており、書店に行けばパソコンスキルのコーナーに「マクロ(VBA)」の書籍が多数並んでいます。また、資格試験(VBAエキスパート試験)もあり、スキルを証明するため受験する人も多くいます。

■「書籍やWebで読んでもなかなか進まない…」という方に。アニメと動画によるレッスン

書籍やWebサイトで独学しようとしても「文字ばかりでは学習が進まない」という方にも学習しやすいよう、本コースでは、アニメで導入部分を説明→講義→練習→実習とステップアップできるよう制作いたしました。

■「請求書マクロを作る」というテーマに沿って実用的なスキルを解説しました

本コースでは、「請求書を1ボタンで作成するマクロを作る」というストーリーに沿って、必要なスキルを章ごとに学習していきます。したがって、マクロ制作のリアルな現場で利用される実務スキルを無駄なく学習することができます。

■受講する前に、以下をご確認下さい

本コースで扱うトピックは以下です。

  • 第0章 全体像の把握(マクロの流れを整理する)

  • 第0.5章 復習編(マクロ・VBAの基礎を振り返る)

    • VBE、モジュール、プロシージャ、オブジェクトとプロパティ

    • コメントブロック、Option Explicit、各種デバッグ機能など

    • 変数(Integer型、String型、Variant型)

  • 第1章 Rangeオブジェクト

  • 第2章 条件分岐(If、if〜Else、If〜ElseIf)

  • 第3章 行番号を取得し、変数に格納する

  • 第4章 繰り返し(For、Do While、Do Until)

  • 第4.5章 最終行を取得する2種類の方法(Endモード、.Row、Cellsなど)

  • 第5章 ワークシートの扱い(Worksheets)

(※該当レベルの方の混乱を防ぐため、これ以上の内容は省いております。

「これ以上の内容が欲しい」という中級以上の方は本コースの購入をお控え下さい。

これよりレベルの高い内容については、別コースを新設して解説いたしますのでご期待下さい!)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
すべてのセクションで説明が丁寧でわかりやすく、VBAがどんどん理解できるようになります。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 【読者特典&受講の前に】コース概要、Q&A機能、レビュー機能について
    • 【読者特典】テキストのダウンロードご案内
    • 動画をiPhoneやスマホにダウンロードして持ち歩く方法
  2. [プロローグ]マクロを教えるクマ、再び登場!
    • [アニメ]マクロを教える熊、再び登場!
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • 【講義】サンプルマクロを使ってみよう
  3. [第0章]マクロを作る、その前に〜全体像を把握しよう
    • [アニメ]第0章 クマいわく「ちょっと待て!いきなりマクロを作る前に…」
    • [講義]マクロの全体像を把握しよう
    • [講義つづき]フローチャートなどの書式
  4. [第0.5章]復習編 マクロの基礎をおさらいしよう(※もう知っている場合は飛ばしてOK)
    • [復習]開発タブを表示しよう
    • [復習]VBE(マクロの編集画面)を使ってみよう(※Alt+F11がショートカット)
    • [復習]コメントで注釈をつける([']シングルクォーテーション)
    • [復習]複数の行を一気にコメント行にする機能(「編集」ツールバーを使う)
    • [復習]Option Explicitで事故を防止する(※自動挿入するには[ツール]>[オプション]で「変数の宣言を強制する」)
    • [復習]便利なデバッグ機能1 ステップイン(F8キー)、ブレークポイント(F9キー)
    • [復習]便利なデバッグ機能2 イミディエイトウインドウ
  5. [第1章]Rangeオブジェクト セルやセル範囲を操作しよう!
    • [アニメ]第1章 クマいわく「セルを制す者はVBAを制す!」Rangeオブジェクトを覚えよう
    • [講義]Rangeオブジェクトを理解しよう
    • [補足]【※ここは大事】オブジェクトとプロパティとメソッド
    • [補足]※暗記不要 他にも色々ある、Rangeのプロパティのメソッド
    • [補足]【もっと理解】Rangeはオブジェクト?プロパティ?参考書に書いてあるのはどっち?
    • [✎実習]ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]Rangeを使ってみよう 説明編
    • [✎実習つづき]Rangeを使ってみよう 操作編
    • [✎実習つづき]Rangeの練習(その2)
    • [✎実習]▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書(レベル1)を作ろう
  6. [第2章]If文 マクロに条件分岐を実装する
    • [アニメ]第2章 「もしも」の条件分岐をさせ、うちの子(マクロ)を賢い子にしよう
    • [講義]条件分岐を理解しよう
    • [講義]IF文の記述方法と、比較演算子
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]IF文を使ってみよう 説明編
    • [✎実習つづき]If文を使ってみよう 操作編
    • [✎実習つづき]If文を使ってみよう 操作編
    • [講義]If ~ Else(Noだった場合の処理を決めておこう!)
    • [✎実習つづき]③If~Elseを使用してみよう
    • [講義]If~「ElseIf」(もう一つの条件式で分岐する!)
    • [✎実習つづき]④If~ElseIfを使用してみよう
    • [✎実習つづき](追加問題) Noの場合どうなるか?確かめる
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書(レベル2)を作ろう 説明&操作編
  7. [第3章]行番号を取得し、変数に格納。穴のない表を作らせよう!
    • [アニメ]第3章 請求書が穴だらけ…?変数に行番号を記憶させて解決!
    • [講義]行番号を取得し、変数に記憶させる
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]行番号を取得してみよう
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書(レベル3)を作ろう 説明編
    • [✎実習つづき]請求書(レベル3)を作ろう 操作編
  8. [第4章] 繰り返し処理 〜反復作業を自動化する!
    • [アニメ]第4章 クマいわく「データが100件あったらどうする!?」繰り返し処理を覚えよう
    • [講義]繰り返し(ループ)を理解しよう
    • [講義つづき](知っておこう)他にも色々ある、繰り返しの記述方法
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]繰り返し処理をしてみよう 説明編
    • [✎実習つづき]繰り返し処理①② 操作編
    • [✎実習つづき]繰り返し処理③ 説明編
    • [✎実習つづき]繰り返し処理③ 操作編
    • [補足]デバッグに役立つステップ実行とウォッチ式の使い方
    • [✎実習その2]規則性を見つけ、ループ化しよう
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書(レベル4)を作ろう 説明編
    • [✎実習つづき]請求書(レベル4)を作ろう 操作明編
  9. [第4.5章] 最終行を取得する
    • [講義]データ数は変化する…最終行を取得して解決!
    • [講義]最終行の取得方法
    • [講義つづき]【※方法②が大事】最終行の取得方法
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]最終行の取得を練習しよう 説明編
    • [✎実習つづき]最終行の取得を練習① 操作編
    • [✎実習つづき]最終行の取得を練習② 操作編
    • [✎実習つづき]最終行の取得を練習③ 操作編
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書レベル「4.5」を作ろう
    • [✎宿題]クリアボタンを修正しよう
  10. [第5章]ワークシート間でデータをやりとりする
    • [アニメ]第5章 請求書マクロの完成まであと少し!ワークシートを分けて扱おう
    • [講義]Worksheetsを扱ってみよう
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]Worksheetsを使用してみよう 説明編
    • [✎実習つづき]Worksheetsを使用してみよう①
    • [✎実習つづき]Worksheetsを使用してみよう②
    • [✎実習つづき]Worksheetsを使用してみよう③
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書(レベル5)を作ろう 説明編
    • [✎実習つづき]請求書(レベル5)を作ろう 操作編
    • [✎宿題]クリアボタンを修正しよう(請求書レベル5)
    • ▼ダウンロードファイルのご案内
    • [✎実習]請求書レベル「5.5」を作ろう 説明編
    • [✎実習つづき]請求書レベル「5.5」操作編①
    • [✎実習つづき]請求書レベル「5.5」操作編②③
    • [補足]他にもあるWorksheet(s)のプロパティやメソッド
  11. ボーナスレクチャー(巻末特典)
    • ボーナスレクチャー(巻末特典)
 
Preview Video
   

Excel VBA エキスパート認定への道 ~マクロ初心者から資格試験レベルへ &7つの自動化 マクロ を作る15時間

Excel VBA エキスパート認定への道 ~マクロ初心者から資格試験レベルへ &7つの自動化 マクロ を作る15時間
発売日 2019/09/27
(4.5)

16 total hours
ついに登場!Excelを自動化するマクロ・VBAのスキル認定資格試験「VBAエキスパート」に対応した動画コース。述べ6000人以上が学んだ人気のVBA講師。基礎から応用まで網羅的な知識を身につけて、実務に使える7つの自動化マクロを作ろう

のべ9000人以上が学んだ人気のマクロ・VBA講師「エクセル兄さん」から、待望の大型コースがついに登場!

エクセル仕事を自動化する「マクロ」、それを作るための「VBA」スキル。
初心者からでも【資格レベル】のVBAの知識を学び、
実務で使える【7つの自動化マクロ】を作りませんか?

===

「VBAエキスパ!講座」
VBAエキスパート試験対策コース【ベーシック編】ついに登場!

基礎から体系的な知識をしっかりと学び、迷いなくマクロを作れるようになりましょう。

【VBAエキスパート試験とは?】

VBAを使ってマクロを作る・読むことができるスキルを認定する試験です。

本コースは、試験科目のうち「Excel VBAベーシック」(基本)に準拠しています。

【レベル感は?】

(公式サイトより説明引用)
Excel VBAの基本文法を理解し、基礎的なマクロの読解・記述能力を診断します。ベーシックレベルで診断するスキルには、変数、セル・シート・ブックの操作、条件分岐、繰返し処理などが含まれます。


【このコースのゴール】

次のようなExcel仕事を自動化する7つのマクロを作ります。

  • ケース#1 クリアボタン
    ボタンを押すと,確認メッセージの後、セル範囲をクリアするマクロ

  • ケース#2 簡易入力フォーム
    ボタンを押すとフォームから一覧に転記されるマクロ

  • ケース#3 表のフォーマットを自動化
    ボタンを押すと表に塗りつぶしと罫線が自動適用されるマクロ

  • ケース#4 選んで一括削除ボタン
    削除マークした行を一括で削除するマクロ

  • ケース#5 データを統合するマクロ(1)
    データをコピーし、もう一方のデータの末尾に貼り付けるマクロ

  • ケース#6 データを統合するマクロ(2)【シート統合編】
    シート別の一覧データをすべて1つのシートに統合する

  • ケース#7 データを統合するマクロ(3)【ブック統合編】
    ブック別の一覧データをすべて1つのブックに統合する

※詳しくは、購入前にも無料プレビューで閲覧できます。


このコースの内容】

  • 第1章 マクロとVBAの概念 ~正しく理解し、基本を押さえる

  • 第2章 マクロ記録 ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?

  • 第3章 モジュールとプロシージャ ~VBAのコードを記述する場所について正しく理解する

  • 第4章 VBAの構文 ~正しい構文を基礎から理解する

  • 第5章 変数と定数 ~柔軟なマクロを作るための第一歩

  • 第6章 セルの操作 ~VBAはセルを操作する処理がほとんど。だからこそ重要!

  • 第7章 ステートメント ~VBAおよびプログラミング全般において重要な要素

  • 第8章 関数 ~「VBA関数」を利用して様々な処理を簡単に行う

  • 第9章 シートとブックの操作 ~Excel文書を扱うための重要な要素

  • 第10章 マクロの実行 ~作ったマクロをどう実行するか

  • 最終章 実践課題 ~これがゴール!実務で使える実用マクロを作ろう【※現在未公開】



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
授業が始まってから評価させてください。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 【読者特典】ダウンロードのご案内(資料&課題ファイル)
    • このコースの説明(※購入前のプロモーション動画と同じです)
    • このコースの進め方
    • このコースの位置づけ どのくらいのレベル感?
  2. 第0章 いきなりゴールを見せます!マクロってこんなことができる!最終課題の完成版を使ってみよう
    • いきなりゴールを見せます!マクロで広がる業務の効率化!【前編】
    • 【後編】データを統合する!サンプルマクロ⑤~⑦
    • VBAエキスパート試験とは?
  3. 第1章 マクロとVBAの概念 ~正しく理解し、基本を押さえる
    • 1-1 用語と概念 ~マクロ、VBA、マクロ記録、VBEについて知ろう
    • [演習]マクロを記録してみよう ~マクロを記録し、VBAを確かめてみる
    • 【必須】「開発」タブを表示する ~マクロの作成に必要なボタンが揃っている
    • 【必須】「VBE」を開いてみよう ~VBAを作成・編集するための専用ツール
    • [講義&演習] 1-2 ブックとマクロの関係 ~マクロとExcelブックは切っても切れない関係
    • 1-3 マクロとセキュリティ、セキュリティレベル
    • 信頼済みドキュメント
    • [補足]VBEを表示中にマクロ有効ブックを開いた場合
    • [演習]ダウンロードファイルを開こう
    • [章末演習]マクロを作成してみよう セル範囲をクリアするマクロの作成
    • [章末演習つづき]乱数の一覧をコピーする
  4. 第2章 マクロ記録 ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?
    • 2-1 マクロ記録とは ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?
    • 2-2 [マクロの記録]ダイアログボックスの設定項目 ~マクロの名前以外にも様々な設定ができる
    • ※2-3 個人用マクロブック
    • ※[演習]個人用マクロブックに記録してみよう
    • ※[注意]個人用マクロブックを削除するには
  5. 第3章 モジュールとプロシージャ ~VBAのコードを記述する場所について正しく理解する
    • 3-1 モジュールとは?VBAを保存する基本単位
    • 3-2 プロシージャとは?マクロの動作の基本単位。
    • プロシージャを記述する基本
    • 【演習】プロシージャを記述しよう【ファイル名「Example302.xlsm」】
    • 別のプロシージャを呼び出す(Callステートメント)
    • 【演習】別のプロシージャを呼び出す(ファイル「Example302.xlsm」)
    • コメントで注釈をつける方法と、複数行のコメントを操作するボタンの紹介
    • 【演習】コメントと改行(ファイル「Example302.xlsm」)
  6. 第4章 VBAの構文 ~正しい構文を基礎から理解する
    • 4-1 VBAの構文の基礎「オブジェクト式」入門(オブジェクト、プロパティ、メソッド)
    • オブジェクト式の書き方(1)プロパティ
    • 【演習】オブジェクト式を書こう(ファイル「Example401.xlsm」)
    • オブジェクト式の書き方(2)メソッド
    • 【演習】オブジェクト式メソッド編(ファイル「Example401.xlsm」)
    • 補足 メソッドのオプションが複数ある場合
    • オブジェクトの階層構造
    • 【演習】オブジェクトの階層構造(ファイル「Example401.xlsm」
    • 補足 階層構造の特例(省略してもいい場合)
    • 【演習】ブックやシートを省略する(ファイル「Example401.xlsm」
    • コレクション(ブックやシートは、コレクションの一員だった!)
    • セルの指定方法(RangeとCells)
    • 【演習】ブック、シート、セルを指定(ファイル「Example401.xlsm」)
    • 4-2 ステートメントとは?マクロ全体の働きを制御するための言葉
    • 4-3 関数(VBA関数)とは? 特定の処理を担う組み込みの機能
    • 関数
    • 【演習】関数を使ってみよう(ファイル「Example.xlsm」)
    • 4-4 演算子とは?計算やデータの結合や比較などをするために使う記号
    • 【演習】演算子を使ってみる(ファイル「」)
    • 補足 その他の算術演算子(「^」「¥」「Mod」)を使ってみる
    • 第4章のまとめ
  7. 第5章 変数と定数 ~柔軟なマクロを作るための第一歩
    • 5-1 変数とは?データを一時記憶するための箱のようなもの
    • 【演習】変数を使ってみる(ファイル「Example501.xlsm」)
    • 変数を宣言する方法
    • 変数の「型」とは?よく使われるもの
    • なぜ変数の「型」は大事なの?
    • 変数に値を代入する
    • 【演習】変数に値を代入して利用(ファイル「Example503.xlsm」)
    • 【必須】「変数の宣言を強制する」を設定しよう
    • なぜ変数の宣言を省略すると問題があるのか?
    • 5-4 変数の名前はどう決めればいいか?
    • 5-5 変数の適用範囲(スコープ)とは?
    • 【講義&演習】ローカル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
    • 【講義&演習】モジュールレベル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
    • _【講義&演習】グローバル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
    • 変数の適用範囲(スコープ)まとめ
    • 変数の初期値
    • 変数の有効期限
    • 5-6 定数とは(変数と何が違い、どう使うのか)
    • 【演習】定数を使ってみよう(ファイル「Example506.xlsm」)
  8. 第6章 セルの操作 ~VBAはセルを操作する処理がほとんど。だからこそ重要!
    • 6-1 セルを操作する基本(RangeとCells)
    • 6-2 【講義&演習】Valueプロパティでセルの値を取得・代入する
    • 6-3 【講義&演習】Text/Formulaプロパティ セルの様子を表す
    • 6-4 別のセルを表すプロパティ(Offset,Resize,End,CurrentRegion)
    • 6-5 セルを表すその他の単語.(ActiveCell、Selection)
    • 【実習】Selection、ActiveCellでセルを指定する
    • 6-6【講義&演習】セルのメソッド(①Activate②Selection)
    • 【講義&演習】③Copyメソッドで、セルをコピーする
    • ④ClearContentsメソッドで、値をクリアする
    • ⑤Deleteメソッドで、セルを削除する
    • 6-7 【講義&演習】複数セルを指定する(Rangeが基本)
    • 【応用】Resizeプロパティでセル範囲を指定する方法
    • 【補足】データ数が増えていく場合はどうするか?
    • 6-8 行や列の指定方法(Rows、Columns)
    • Columnsで列を指定する方法
    • 【演習】例を書いて実行してみよう(Rows,Columns)
  9. 第7章 ステートメント ~VBAおよびプログラミング全般において重要な要素
    • 7-1 For…Nextステートメント 繰り返し(反復)はビジネス自動化の醍醐味!
    • 【実習】For...Nextによる繰り返し①
    • 【ケース】一覧データを順番に繰り返し処理するには?
    • 【ケース】1行おきに処理するには?変数の増減に関する指定
    • 【ケース】下から1行ずつ空白行を挿入したい。Step数にマイナスの値を指定する
    • 【ケース】データの件数がわからないとき(最終行の取得)
    • 【演習】最終行を取得して、そこまで繰り返す
    • 【ケース】複数のFor..Nextを使用する(二重ループ)
    • 【演習】二重ループを書いてみよう
    • 7-2 Ifステートメント 条件分岐をして柔軟なマクロを作る(1)
    • 条件文の書き方(2) Elseステートメント
    • 【演習】If,Elseでコードを書いてみよう
    • 条件式に使用できる演算子(比較演算子)
    • Like演算子の使い方とワイルドカード
    • 【演習】Like演算子とワイルドカードを使ってコードを書く
    • 【講義&演習】複数の条件を指定する(And,Orなど論理演算子)
    • 【※重要】Withステートメント 省略形を使って可読性・メンテナンス性を高める
  10. 第8章 関数 ~「VBA関数」を利用して様々な処理を簡単に行う
    • 8-1 日付や時刻を操作する関数
    • Now関数 現在の日付時刻を返す
    • Year,Month,Day関数 日付データから年,月,日を返す
    • Hour,Minute,Second関数 時刻データから時,分,秒を返す
    • DateSerial関数 引数を日付データ(シリアル値)にして返す
    • 8-2 文字列を操作する関数
    • Len関数 文字列の文字数を返す
    • Left,Right,Mid関数 文字列から左端,右端,指定位置から何文字かを抽出して返す
    • LCase,UCase関数 英字を小文字,大文字にして返す
    • LTrim,RTrim,Trim関数 文字列左端,右端,両端のスペースを取り除く
    • Replace関数 文字列を置換する
    • InStr関数 ある文字が何文字目かを返す
    • StrConv関数 文字種を変換する
    • Format関数 表示形式を変換する
    • 【実習】Format関数を使ってみよう
    • 8-3 数値を操作する関数 ~表計算ソフトだからこそ、数値が大事!
    • Int関数 整数部を返す(小数部を切り捨てる)
    • Round関数 四捨五入した結果を返す
    • Abs関数 絶対値を返す
    • 8-4 データの種類を判定する関数
    • IsNumeric関数 データが数値かどうか判定する
    • IsDate関数 データが日付かどうか判断する
    • 8-5 文字列の入出力に関する関数
    • MsgBox関数(1) ボタンとアイコンも指定する
    • MsgBox関数(2) 戻り値によって条件分岐する
    • InputBox関数 文字列入力のダイアログボックスを表示
  11. 第9章 シートとブックの操作 ~Excel文書を扱うための 重要な要素
    • 9-1 シートの操作 シートを操作する基本を理解しよう
    • シートを指定する Sheetsコレクション
    • アクティブシートを指定する ActiveSheet
    • 【ケース】すべてのシートを順に操作するには?
    • シート数を調べる(Sheets.Count)
    • 【補足】For Eachを使って全シートを順番に操作する
    • シート名を取得・操作(Nameプロパティ)
    • シートの存在を確認するには?
    • シートを開く(選択する) (.Selectと.Activateの違い)
    • シートをコピーする・移動する(Copy,Moveメソッド)
    • 【補足】シートを左端や右端に移動・コピーするには?
    • シートを挿入する(Sheets.Add)
    • シートを削除する(Deleteメソッド)
    • シートを表示する/非表示にする(Visibleプロパティ)
    • 【補足】非表示のシートを探し、すべて再表示するには?
    • 9-1 ブックの操作 ~ブックを操作する基本を理解しておこう
    • ブックはWorkbookオブジェクト
    • 新規ブックを挿入するWorkbooks.Add
    • ブックを開く Openメソッド
    • ブックを保存する Save,SaveAsメソッド
    • 保存されているかどうか調べる Savedプロパティ
    • ブックを閉じる Closeメソッド
  12. 第10章 マクロの実行 ~作ったマクロをどう実行するか
    • 第10章 マクロの実行 前置き
    • 10-1 VBEからマクロを実行する
    • 10-2 Excelからマクロを実行する
    • 10-3 クイックアクセスツールバー(QAT)からマクロを実行する
    • 10-4 ボタンや図形から実行する フォームコントロールとActiveXコントロールの違い
  13. 最終章 実践課題 ~これがゴール!実務で使える7つの自動化マクロを作ろう
    • 【最終章 序論】なぜ、VBAを勉強しただけではマクロを自分で作れないか?
    • マクロを1から作り上げる2つのプロセスは「ボトムアップ」と「トップダウン」
    • 7つの自動化マクロを作ろう:模範解答ファイルの案内
    • ーーー【実習1】数量クリアボタンを作成する
    • 【実習課題1-②】Subプロシージャを書き、マクロの全体の流れを書き出そう
    • 【実習課題1-③】いよいよVBAでコードを書こう
    • 【実習課題1-④】ボタンでマクロを実行できるようにしよう
    • 【実習課題1-⑤】補足:乱数をコピーするマクロを作ろう
    • 【実習課題1-⑥】値のみ貼り付ける「PasteSpecial」メソッド
    • ーーー実習課題1発展編 確認メッセージを表示する
    • 【実習課題1発展-②】
    • ーーー【実習2】簡易な入力フォームを作成する ①
    • 【実習課題2-②】
    • 【実習課題2-③】
    • 【実習課題2-④】
    • ーーー【実習3】表のフォーマットを自動化する ①
    • 【実習課題3-②】
    • 【実習課題3-③】
    • 【実習課題3-④】
    • 【実習課題3-⑤】
    • 【実習課題3-⑥】
    • 【実習課題3-⑦】
    • 【実習課題3-⑧】
    • ーーー【実習4】自動でまとめてデータ削除ボタンを作る ①
    • 【実習課題4-②】
    • 【実習課題4-③】
    • 【実習課題4-④】
    • 【実習課題4-⑤】
    • 【実習課題4-⑥】
    • 【実習課題4-⑦】
    

【パソコン三種の神器】Word+Excel+PowerPointを10日間でイッキに速習 / エクセル兄さん講座

【パソコン三種の神器】Word+Excel+PowerPointを10日間でイッキに速習 / エクセル兄さん講座
発売日 2015/11/14
(4.3)

13 total hours
「そろそろワード,エクセル,パワポくらいは使えるようになっておきたい」というあなたも、動画を見ながらマネするだけで短期間で速習できます。1000人以上が受講した「エクセル兄さん」講座が待望の大幅アップデート。

【「そろそろWordとExcelとPowerPointくらい使えるようになりたい」というあなたへ…】

WordとExcel、PowerPointを素早くわかりやすく習得したい!
そんな時はビデオ講座でイッキ読みしてスピードマスター。

  • テキストで独学しても三日で挫折した・・。
  • 好きな場所で、空いた時間に勉強したい。
  • スマホ+ビデオで学習できる、都合のいい

そんな欲張りなあなたに最適です!
ビデオによる分かりやすい講座でイッキにビデオでわかりやすく速習。
人気講師「エクセル兄さん」の爽やかで分かりやすいビデオ解説です。

【1,000名以上が学習した人気講師「エクセル兄さん」の講座が待望の大幅リニューアル】

Udemyにおいて1,000名以上が受講したWord,Excelのビデオ講座が、2017年3月から新しく大幅リニューアル。
新たに「パソコン基礎講座(タイピングなど)」、「PowerPoint編」を追加収録し、Excel編を全面再収録。

10時間以上のていねいな解説付きの講座となって再スタートしました。

【カリキュラム内容】

Word編

  1. 文書の作成とインポート
  2. フォントや段落の書式設定、検索・置換、ヘッダ・フッタ
  3. 表の作成や書式設定
  4. 箇条書きスタイル、透かし文字、図形の挿入、オンライン画像
  5. パスワードで文書を保護、プロパティ、印刷、PDFに変換

Excel編

  1. データ入力
  2. セルの編集
  3. 表の作成
  4. 数式と関数
  5. 印刷とPDF出力


PowerPoint編

  1. タイトルと本編、レイアウト
  2. デザインやマスターの設定
  3. 図形やグラフ
  4. 切り替え効果やアニメーションとプレゼンの実行
  5. 配布資料の印刷、PDF出力


【人気講師「エクセル兄さん】
YouTubeで購読者1,000人以上、セミナー・ワークショップ開催で満員御礼の
人気オフィスパソコン講師「エクセル兄さん」が、過去に1000人以上受講いただいたビデオ講座をUdemyにて大幅リニューアルしました。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
初心者でもわかりやすいように説明がされてます。Word、Excel、PowerPointと 正しいソフトを使えるようにそれぞれの機能の説明があるので、わかっていてもここち良くお話が聞けました (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに(読者特典あり)
    • 読者特典(テキストのダウンロード)
    • はじめに(講座の進め方 / 全体のレベルや概要 / レビューやQ&Aについて)
    • 講座をiPhoneやスマホにダウンロードする方法
  2. 0章 パソコン基礎講座(※既に分かっている人は飛ばしてOK)共通の基礎スキルを身に付けよう
    • [予備知識]Word・Excel・パワポの特徴と違い
    • [予備知識2]三種のソフトを最速で習得する方法
    • [実習1の概要]新しいファイルを作る方法
    • [実習1] 新しいファイルを作ろう
    • [実習2の概要]ファイルを保存する方法
    • [実習2] ファイルを保存しよう
    • [実習3の概要]ファイルを閲覧する方法
    • [実習3] ファイルを閲覧しよう
    • [実習4の概要]タイピングと文字入力の基礎
    • 【補足】「タイピング練習のコツ」動画リスト
    • 課題ファイルのダウンロード
    • [実習4](1)タイピングと文字入力 五十音の入力
    • [実習4] (2)タイピングと文字入力 濁音や半濁音や拗音
    • [実習4](3)タイピングと文字入力 漢字・カナ変換
    • [実習5の概要] フォントの編集
    • [実習5] フォントの編集 (太字,斜体,下線,フォント種類,フォントサイズ)
    • [実習6の概要] 必修!6つのショートカットキー
    • 課題ファイルのダウンロード
    • [実習6] 必修!6つのショートカットキー
  3. 1章 Excel実習(入門編)
    • 全体の流れ/実習1の概要(効率のいいデータ入力)
    • 課題データのダウンロード
    • 実習1(前半) 効率のいいデータ入力
    • 実習1(後半) 表のデータ入力
    • 実習2の概要(セルの編集をしよう)
    • 実習2 セルの編集をしよう
    • 実習3の概要
    • 実習3(表の作成)
    • 実習4の概要(数式と関数)
    • 実習4(前半) 数式を活用しよう
    • 実習4(後半) 関数を活用しよう
    • 実習5の概要(図形やオブジェクト/印刷)
    • 実習5(前半) 図形やオブジェクトを挿入しよう
    • 実習5(後半) 印刷設定をしよう
  4. 1章+α Excel実習(初級編)
    • 1-1 全体の流れ / 実習1の概要 データの並べ替えをしてみよう
    • 課題ダウンロード
    • 1-2 実習1(前半) 並べ替えと複数条件での並べ替え
    • 1-3 実習1(後半)フィルターを利用した並べ替え / テーブル入門
    • 2-1 実習2の概要 データの抽出をしてみよう
    • 2-2 実習2(前半) フィルターでデータの抽出をしてみよう
    • 2-3 実習2(後半) トップテン機能 / 絞り込み(フィルター)の解除
    • 3-1 実習3の概要 データの集計をしてみよう
    • 3-2 実習3 集計とデータのグループ化
    • 4-1 実習4の概要 グラフを作成しよう
    • 4-2 実習4(前半) 棒グラフの作成とグラフの書式設定
    • 4-3 実習4(後半) 折れ線グラフ、円グラフの作成と書式設定
    • 5-1 実習5の概要 ピボットテーブル(クロス集計)を使用してみよう
    • 参考動画:ピボットテーブルが難しいので「買い物」に例えて説明 しました
    • 5-2 実習5(前半) ピボットテーブルの作成 /データの絞り込み
    • 5-3 実習5(後半) データのグループ化 / ピボットグラフの作成
  5. 2章 Word実習(入門編)
    • 課題データのダウンロード
    • 【Word編1】文書作り・まずはここから〜文書の作成とインポート
    • 【Word編1】テキスト手順書
    • 【Word編2】スタイルを整えよう!〜フォントや段落の書式設定、検索・置換、ヘッダ・フッタ
    • 【Word編2】テキスト手順書
    • 【Word編3】表にまとめて整理!〜表の作成や書式設定
    • 【Word編3】テキスト手順書
    • 【Word編4】ビジュアルに訴えかけて説得力3倍〜箇条書きスタイル、透かし文字、図形の挿入、オンライン画像
    • 【Word編4】テキスト手順書
    • 【Word編5】いよいよ仕上げ!パスワードで文書を保護、プロパティ、印刷、PDFに変換
    • 【Word編5】テキスト手順書
  6. 2章+α Word実習(初級編)
    • 1-0 全体の流れ 長文レポート文書に必要な5スキル
    • 課題ダウンロード
    • 1-1実習(前半) 段落やアウトラインを設定する
    • 1-2実習(前半) テーマとスタイルの設定・更新,インデントなど
    • 2-1概要 レイアウトや段組みを設定しよう
    • 2-2実習(前半) 文字列の回り込み(四角形,前面など)
    • 2-3実習(後半) 段組み,セクション区切り,段区切りなど
    • 3-1概要 目次やスタイルを設定しよう
    • 3-2実習 目次の自動作成,目次のスタイル設定
    • 4-1概要 図表や脚注,引用文献を設定しよう
    • 4-2実習(前半) 図表番号や脚注の挿入
    • 4-3実習(後半) 引用文献や管理,文献目録の挿入
    • 5-1概要 校正やコメント,変更履歴の管理
    • 5-2実習(前半) スペルチェック,コメント管理
    • 5-3実習(後半) 変更履歴の記録と管理
    • まとめ 振り返り
  7. 3章 PowerPoint実習
    • 全体の流れ / 実習1の概要 (スライドを作ろう)
    • 実習1 タイトルと本編の作成,レイアウト
    • 実習2の概要 / デザインを作ろう
    • 実習2 デザインやマスターの設定
    • 実習3の概要 / 図形とグラフを作ろう
    • 実習3(前半) 図形やグラフ(前半 図形とグラフ)
    • 実習3(後半) 図形やグラフ(後半 SmartArt)
    • 実習4の概要 アニメーションや切り替え効果を使おう
    • 実習4(お手本) 実際にアニメーションと切り替えを見てみよう
    • 実習4(前半) 切り替え効果の設定
    • 実習4(後半) アニメーションの設定とプレゼンの実行
    • 実習5の概要 資料として印刷/PDF化しよう
    • 実習5(お手本) 実際にPDF化された資料を見てみよう
    • 実習5(前半) 資料の印刷設定をしよう
    • 実習5(後半) PDFファイルとして出力しよう
  8. 【ボーナス講座!】もっとITスキルがアップする講座の案内
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

Excel VBA[第3弾](実用マクロ入門編)受注データを5秒で入力できるユーザーフォーム作成 VBAプログラミング

Excel VBA[第3弾](実用マクロ入門編)受注データを5秒で入力できるユーザーフォーム作成 VBAプログラミング
発売日 2018/10/17
(4.6)

6 total hours
シリーズ5000名が学んだExcelマクロVBA講座の人気シリーズから、リクエスト多数につき[第3弾]が登場!今度のマクロは、受注データを5秒で入力できるユーザーフォーム編。1つのアプリを制作するかのように工程を楽しみながらスキルを磨こう!

※2,500名が学んだ人気シリーズ待望の第3弾が登場!
今度のマクロVBA講座は、まるで1つのアプリを作るかのように楽しみながら学べる…?

・「マクロVBAを練習したいけれど、何を作っていいか分からない

・「もっと日常にマクロを利用したい!でも、イマイチ実感できないんだよなぁ…」

・「書籍を読んでも、やる気が起こらない。」

そんなあなたにお届けしたい、マクロVBAの講座 第3弾です。


※第6章「発展編」は10月末までに追加予定です。


=========

◆今度のマクロ作りは、「まるで1つのアプリ制作」。だから楽しい!

今回は、受注データを5秒で入力できる「ユーザーフォーム機能」を中心に学習します。
ユーザーフォームを作成すると、Excelから新しいソフトのような画面が起動して、そこにデータを次々に入力することができます。

そのため、1つのアプリ(ソフト)を作っているような気持ちで、
具体的なモノが出来上がるのを実感しながら楽しくスキルを上達することができます。

======

◆「今までは、イマイチ実感できなかった…」そんなあなたに体験して欲しい

これまでのマクロVBAの学習では、Excel操作を自動化するようなマクロ作りをしてきました。
そのため、たしかに事務作業が速くなることが実感できたかもしれません。
しかし、目に見えない処理なので、「イマイチ日常の役に立つ実感が沸かなかった…」という方も少なくないでしょう。

そんなあなたには、本講座で扱う「ユーザーフォーム」という機能を中心に学習されることをおすすめします。

======

◆「ユーザーフォーム」を中心にマクロVBAを学習するメリット

(1)フォームという、目に見える具体的なモノが出来上がっていくので、便利さを実感しやすい

(2)まるでアプリを作るように、自分のフォームを作り、それがExcel仕事に役立つという過程が楽しい

(3)課題を作りながら、いままで学習したマクロVBAのスキルを確認したり、復習することができる。


以上の理由から、
マクロVBAについて入門レベルを学習したことがある方におすすめです。

詳細はカリキュラム一覧、必要事項などをご覧下さい。


=====

【筆者の他コースについて】

・第1弾コース(超入門)

「Excel VBA(第1弾)エクセルが自動で仕事する!マクロVBAの魔法(超入門編)」

マクロVBAについて、全く初めて学習するという方にはおすすめです。


・第2弾コース(脱・入門)

「Excel VBA(第2弾)請求書を1クリックで出力するマクロを作成!」

第1弾程度の知識は持っているけれど、何かマクロを1つ作りながら学習したいという方におすすめです。


・(本コース)第3弾コース(実用マクロ入門)

第1弾程度の知識は持っているけれど、何かマクロを1つ作りながら学習したいという方におすすめです。

※第1弾、第2弾の履修が必須ではありません




↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
実務で有効に使える機能を実装できる (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 【受講特典】テキストのダウンロード
    • オープニング
    • 【ストーリー】クマいわく、「ユーザーフォームがあれば5秒で入力できる」
    • このコースの進め方
  2. 【第0章】マクロを作る前に、全体の流れを把握しよう
    • (ファイルダウンロード)お手本マクロをダウンロードして開く
    • [実演!]お手本マクロを使ってみよう
    • 【第0章】マクロを作る前に、全体の流れを把握しよう
  3. 【第1章】ユーザーフォームの作成と、その基礎を学ぼう
    • 【第1章】ユーザーフォームの作成と、その基礎を学ぼう
    • まずはユーザーフォームを作成しよう
    • プロパティの見かた & [実習]Captionを変更しよう
    • ツールボックスの説明 & [実習]ラベルを追加しよう
    • ラベルのプロパティの説明 &[実習]ラベルのCationを変更しよう
    • [実習]その他のラベルも配置しよう(※速習ファイルあり)
    • その他のラベルを配置していきます
    • ラベルのレイアウトを整えるには?(ラベルを整列させる)
    • フォームを実行!(F5)とりあえず起動させてみよう
    • [実習]ボタンを押せばフォームが起動されるようにしよう
    • [実習]その他のオブジェクトも配置しよう(※速習ファイルあり)
    • [実習]Tabキーでどんどん移動できるように調整(TabIndexプロパティ)
    • [実習]オブジェクト名を変更しよう(プログラミング的に分かりやすい名前に)
    • (つづき)オブジェクト名を変更する作業
    • 入力システムを決めて、快適に入力できるように調整(IME Modeプロパティ)
    • [実習]IME Modeを変更しよう(※速習ファイルでは設定済み)
    • [実習]入力文字数を設定して、のちのエラーを防ごう(MaxLengthプロパティ)
    • 第1章のまとめ & ファイルの保存
    • 【第1章】振り返りと、次の章への導入
  4. 【第2章】フォームの入力データを、Excelに自動転記させよう
    • 【第2章】オープニング
    • 【第2章】[実習]ボタンがクリックされたときの処理を作ろう!(Clickイベント)
    • (つづき)とりあえずメッセージボックスを表示させてみよう
    • 実際のところ、ボタンを押したらこんな処理をさせたい
    • [実習]セルA12に、受注IDが転記されるようにしよう
    • (復習)「最終行」を取得する方法を確認しておこう
    • [実習]受注IDが、A列の最終行に転記されるように変更しよう
    • (復習)データを結合する方法について確認しておこう
    • [実習]日付データ(年月日)が、B列に転記されるようにしよう
    • [実習]それ以外のオブジェクトも転記させるようにしよう
    • [実習]チェックボックスのON/OFFを判断してセルに転記しよう(If文・条件分岐)
    • [補足]新規追加した後、ふたたびIDを選択させるには?(フォーカスの移動)
    • 【第2章】振り返りと、次の章への導入
  5. 【第3章】日付やIDを自動的に入力させたり、ComboBoxを追加しよう(フォームの初期化)
    • 【第3章】オープニング
    • 【第3章】[実習]まずはフォームの初期化処理(Initialize)を挿入しよう
    • [実習]フォームが起動する前に、受注IDが自動的に挿入されるようにしよう
    • [発展]データ追加後、IDが更新されない!?更新させる(Callで関数呼び出し)
    • 現在の日付を自動で挿入するには?(Date関数、Year,Month,Day関数)
    • [実習]現在の日付を年、月、日で挿入しよう
    • [実習]コンボボックスの選択項目を、自動で追加しよう
    • [つづき]コンボボックスに選択項目を追加(For文、繰り返し)
    • [発展]もし会社名が増えてしまったら?最終行を取得して対応!
    • 【第3章】振り返りと、次の章への導入
  6. 【第4章】フォームが金額を自動計算! & マクロからVLOOKUP関数を呼び出そう
    • 【第4章】オープニング
    • 【第4章】「金額」を自動計算させたい。→Changeイベント処理を利用しよう
    • [実習]「数量」が入力されたら、単価×数量の答えをメッセージボックスで出力させよう
    • [実習②]単価×数量の答えを、「金額」の欄に代入させよう
    • 空白のときエラー発生!対策方法について(IsNumeric関数)
    • [実習③]空白や文字のときのエラーを防ぐため、IsNumeric関数とIf文で対策しよう
    • [補足]ほかにもある、コントロールの「イベント」 8選
    • [実習④]単価にもChangeイベント処理を追加しよう
    • [実習・応用]同じ処理は、関数化しておこう(Call,プロシージャの呼び出し)
    • VLOOKUP関数、導入への道!まずはVLOOKUPそのものを確認しておこう
    • マクロからVLOOKUP関数を呼び出す場合は?(CInt関数も)
    • [実習]VLOOKUP関数を利用して、商品IDから商品名を自動入力させよう
    • [実習]VLOOKUP関数のエラー対策!(On Error GoToステートメント)
    • [実習]商品がもっと増えてしまったら?「最終行の取得」をVLOOKUPにも!
    • [実習]「単価」にもVLOOKUP関数を適用してみよう!
    • 【第4章】振り返りと、次の章への導入
  7. 【第5章】マウスだけでサクサクと高速入力!「スピンボタン」の導入と活用法
    • 【第5章】オープニング
    • 【第5章】マウスだけでサクサクと高速入力!「スピンボタン」の導入と活用法
    • [実習]まずはスピンボタンを作ってみよう
    • [実習]スピンボタンのイベント処理を作る(SpinUpイベント)
    • [実習]SpinUpされたら「商品ID」を+1するようにしてみよう
    • [実習]エラー対策!IsNumeric関数を利用して、空白や文字列のエラーを回避しよう
    • [課題]今度は「SpinDown」イベント処理も作ろう!
    • [課題]さらに、「数量」のスピンボタンも完成させよう!
    • 【第5章】振り返りと、次の章への導入
  8. 【第6章】発展編!これまでの応用で、「更新フォーム」を作ってみよう
    • 【第6章】発展編!これまでの応用で、「更新フォーム」を作ってみよう
    • 更新フォームってどういうもの?お手本マクロで見てみよう
    • 作り方の流れ & [実習]フォームを複製して書き換える
    • [手順①]プロパティを変更する(Enabledプロパティなど)
    • [手順②]初期化(Initialize)処理を変更する
    • [補足]ボタンからフォームを起動できるようにする
    • [手順③]スピンボタンの機能を作る(MATCH関数の利用など)
    • [つづき]最終行を取得して、MATCH関数に適用する
    • [つづき]シートからフォームに読み込む
    • [手順④]スピンボタンのエラーに対策する(On Error Go)
    • [手順⑤]ボタンを押したらデータを更新する
    • 第6章 ここまでの振り返り&総括
    • ~エピローグ~振り返りと今後の予告
  9. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
    

Udemyで無料で学べるExcel/VBA講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

Excel VBA[第0弾]ゲームでわかる、マクロVBAプログラミング超入門~作りながら「楽しい!」を実感する2時間講義

Excel VBA[第0弾]ゲームでわかる、マクロVBAプログラミング超入門~作りながら「楽しい!」を実感する2時間講義
発売日 2019/03/07
(4.5)

2.5 total hours
延べ3,000名が学んだ人気のマクロVBA講座シリーズの「番外編」がついに登場!ゲームを作りながらマクロVBAに入門できるエントリーコース。

「Excelの応用スキル「マクロ(VBA)」に入門したいけれど、難しくてモチベーションが続かない…」
そんな悩みがある方に最適の「ゲームでわかる」番外編が登場しました!

延べ3,000名が学んだ人気のマクロVBA講座シリーズの番外編として。

・Excelさえあれば始められる

・簡単な2Dゲームを作りながら

・マクロ(VBA)の基本を学習

・セルの値や書式を操作する「Rangeオブジェクト」

・条件によって処理を変化させる「IF文」

・同じ処理は1つにまとめて再利用する「サブルーチン化」

・繰り返しの処理を自動化する「For文」

・エラー対策をする「On Error GoTo」

など、VBAの基礎から応用まで活用できる内容を、約2時間の講義で解説します。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
お手本ファイル、課題ファイル、要所要所でのソースの表示で大変分かりやすかったです。 VBAと関係しない部分ですが、画像の向きを変えるExcelのしくみについて説明があると嬉しいと思いました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 【第0章】はじめに
    • 【読者特典】ダウンロードのご案内
    • クマ曰く、「ゲームしてないでマクロVBAで作りなさい!」(アニメ)
    • はじめに:コース説明、コースのレベルと他の講座との違い
    • 【ダウンロードのご案内】お手本マクロ&課題ファイル
    • はじめに&お手本マクロを動かそう
    • お手本マクロその2【発展編】スネークゲームを見てみよう
    • お手本マクロの中身をさらに解剖!Excelで「開発」タブを開いてVBEへレッツゴー!
    • 3分でわかる、マクロ作成画面「VBE」を開く[Alt]+[F11] そしてVBAの仕組みをざっくり理解
  2. 【第1章】プレイヤーの向きを変える(セルに値を代入する基本、Rangeオブジェクト)
    • 課題ファイルのダウンロード
    • 【第1章】プレイヤーの向きを変えるしくみ:課題ファイルのM1の文字列を変えると…キャラの向きが変わる!
    • まずは標準モジュールを作り、最初のVBAを入力してみよう
    • [実習]プレイヤーを「左」に向かせるマクロを作ろう(Sub left)
    • [実習]プレイヤーを「右」に向かせるマクロを作ろう(Sub right)
    • [実習]プレイヤーを「上・下」に向かせるマクロを作ろう(Sub up,down)
    • ボタンをクリックしたらマクロを実行できるようにしよう
    • [※補足]ボタンは自分で作成することもできる
    • ここまでのソースコード(完成版)
  3. 【第2章】プレイヤーを移動する(オブジェクトのプロパティを操作)
    • 途中ファイルのダウンロード
    • 【第2章】プレイヤーを移動する(オブジェクトのプロパティを操作)
    • [実習].Leftプロパティが「10」になる処理を作ろう
    • [実習]だんだん右へ動くようにするには?.Leftプロパティに「+10」を足し込んで再代入
    • [実習]問題!だんだん左へ動くようにするには?(Sub leftの変更)
    • [実習]問題!だんだん上や下へ動くようにするには?(Sub up,Sub downの変更)
    • [応用]選択したセルに移動するには?
    • [応用]1つ右のセルに移動するには?(.Offsetプロパティ)
    • ここまでのソースコード(完成版)
  4. 【第3章】あるエリアへ移動できない(IF文による条件分岐に入門)
    • 途中ファイルのダウンロード
    • 【第3章】あるエリアへ移動できない(IF文による条件分岐)
    • [実習]Left()に、IF文を書き込んでみよう
    • [実習]問題!Up()はどう修正すればいい?
    • [実習]赤いセルには進めないようにしたい。どうすれば?
    • [宿題]Down,Right,Leftでも赤いセルに進めないように変更しよう
    • ここまでのソースコード(完成版)
  5. 【第4章】黄色ブロックを動かせるようにしよう(さらにIF文で条件分岐)
    • 【※必読!】途中ファイルのダウンロード
    • 【第4章】黄色ブロックを動かせるようにしよう(さらにIF文で条件分岐)
    • [実習]①IF文で条件式だけを入力してみよう
    • [実習]②コードを書いて処理を実装してみよう
    • [宿題チャレンジ]Down,Up,Leftでも黄色いブロックを押せるようにしよう
    • ここまでのソースコード(完成版)
  6. 【第5章】コードを整理して効率化!同じような処理は関数にまとめて再利用しよう!(サブルーチン化)
    • 【※必読】途中ファイルのダウンロード
    • 【第5章】同じような処理は関数にまとめよう!(サブルーチン化)①引数なし
    • [実習]②少し違うけどほぼ同じ処理を別の関数にまとめる(引数あり)
    • [実習]③2つの引数を渡して関数化。壁に衝突したか判定するCheckCollisionプロシージャを作ろう
    • ここまでのソースコード(完成版)
  7. 【第6章】ついにゴール判定へ!反復処理(For文)や、エラー対策(On Error GoTo)を学ぼう
    • 途中ファイルのダウンロード
    • 【第6章】①ついにゴールへ!ゴール判定をする「Sub Goal」プロシージャを作ろう
    • ②③画面(壁)が何度もフラッシュする!(反復・ループ・For文に入門)
    • ④次のステージへ進む(シートを別シートへコピーする処理・Worksheets)
    • ⑤次のステージが無くても大丈夫!(エラーに対策するOn Error GoTo処理に入門)
    • ここまでのソースコード(完成版)
  8. ボーナスレクチャー(巻末特典)
    • 巻末特典:マクロ・VBAをもっと学びたい方へのコース紹介
    

Excel VBA本の著者直伝!忙しい人のための2時間でマクロ入門 退屈なExcel仕事はマクロにやらせよう

Excel VBA本の著者直伝!忙しい人のための2時間でマクロ入門 退屈なExcel仕事はマクロにやらせよう
発売日 2020/04/25
(4.4)

2 total hours
Excel VBAの書籍の著者による人気の動画講義がやってきた!たった2時間でマクロの基本から変数、関数、繰り返し(For文)、条件分岐(If文)、With文などを速習できる、練り込まれたカリキュラムでVBA食わず嫌いを解消する

「Excelマクロ(VBA)を勉強したいけれど、時間がなくて始められない…」

そんな忙しい人のための、たった2時間で基礎を速習できるコースです。

講師は、Excel VBAの書籍を出版。Udemyで2万人、YouTubeで4万人にフォローされる人気講師の「エクセル兄さん」たてばやし淳。

  • マクロの基本

  • 演算

  • 変数

  • 繰り返し(For文)

  • 条件分岐(If文)

  • With文

  • VBA関数

など、あらゆるVBA書籍やオンラインコースを受ける前に知っておきたい基本スキルを素早く学習できます!



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
マクロVBAを勉強し始めています。 エクセルがどんどん進化をしていっているので、マクロVBAの力は今後それ程いらなくなるかもしれないそうですが 今後に活きることを信じて勉強していきます。 基礎的な内容のことなのでしょうけれども、動画がとても分かりやすくて、実際に自分で操作してみて、こういうふうに動くんだという感じでとても面白かったです。 マクロVBAのことだけではなくて、表示形式で#,##0の、空白ではなくて0があったら0を返す意味とか 覚えていないことを勉強させていただいて大変助かります。 どうもありがとうございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 【第0章】Excel仕事を自動化する「マクロ」では何ができるか?
    • 【受講特典】ダウンロードのご案内
    • イントロ(購読前のプレビュー動画と同じです。)
    • 【超入門】7分でわかるマクロの便利さ
  2. 【第1章】 VBAとは何か?最初の一歩を踏み出す
    • 9分で「マクロを記録」して、中の「VBA」を見てみよう
  3. 【第2章】さぁ、VBAのコードを書き始めよう。VBAの基礎を学習
    • 9分で【最初のVBA】を書き【オブジェクト式】を理解する
    • 11分でVBA初心者おすすめ設定5つを紹介
  4. 【第3章】もっと詳しくVBAの文法とルール!(For文、If文、メソッド)
    • 8分で「変数」を速習し、計算はマクロにやらせよう。
    • 8分で「繰り返し(For文)」を速習し、反復作業はマクロにやらせよう。
    • 9分でわかる「最終行の取得」。残業は、最後までマクロVBAに任せる!
    • 11分で「If文」を理解し、マクロを条件分岐させる
    • 「メソッド」を11分で使いこなし、抽出・コピー・クリアも自動化
  5. 【第4章】別シート/別ブックの操作方法、With文による省略形
    • マクロの結果を別シートにコピーする!シートとブックの指定方法
    • コードを省略する「With文」を9分で学び、修正に強くなる!
  6. 【第5章】もっと便利な「VBA関数」を7つ紹介!
    • VBA関数でマクロを便利にする(1) InputBox,Replace,Left,Right,Mid関数
    • VBA関数でマクロを便利にする(2) Now,Format関数
  7. ボーナスレクチャー
    • ボーナスレクチャー
        

関連:Excelを本でも学ぼう

UdemyのExcel講座は上述したとおり、Excelの基礎的な使い方から応用法まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Excelの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました