【動画で学習】UdemyのC# 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのC#講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのC#講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるC#の最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
一週間で身につくC#言語
発売日 2019/04/11
受講者 4,363人
通常 24,000円
現在 2,160円
(4.3)
総評価数 820件
2
(4.6)
総評価数 780件
3
C#初心者が最初に身に着けるべき30の文法
発売日 2019/01/29
受講者 1,865人
通常 5,400円
現在 1,920円
(4.3)
総評価数 376件
4
C#でオブジェクト指向をする方法
発売日 2019/05/15
受講者 1,487人
通常 5,400円
現在 2,160円
(4.6)
総評価数 303件
5
(4.2)
総評価数 384件
6
(4.3)
総評価数 332件
7
C#でラムダ式を書く方法Part1【基礎編】
発売日 2020/12/05
受講者 513人
通常 5,400円
現在 1,840円
(4.6)
総評価数 117件
8
C#で非同期プログラミングをする方法
発売日 2019/04/08
受講者 1,435人
通常 5,400円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 277件
9
C#でテスト駆動開発【TDD】をする方法
発売日 2019/04/06
受講者 1,320人
通常 5,400円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 221件
10
(4.4)
総評価数 144件
11
C#でラムダ式を書く方法Part2【LINQのクエリ構文とラムダ式マスター編】...
発売日 2020/12/18
受講者 401人
通常 5,400円
現在 2,080円
(4.6)
総評価数 66件
12
C#でサービスプログラムを作成して 処理を自動化する方法
発売日 2020/09/06
受講者 407人
通常 5,400円
現在 2,080円
(4.3)
総評価数 69件
13
C#でドメイン駆動開発 パート2
発売日 2020/02/23
受講者 989人
通常 9,600円
現在 2,080円
(4.5)
総評価数 125件
14
C#のWPFでXAMLを書く方法
発売日 2019/02/03
受講者 736人
通常 5,400円
現在 1,840円
(4.4)
総評価数 112件
15
(4.3)
総評価数 68件
16
初心者でも最速でシゴトに使えるC#!
発売日 2017/05/23
受講者 728人
通常 13,800円
現在 1,920円
(4)
総評価数 125件
17
(3.9)
総評価数 13件
18
(4.2)
総評価数 67件
19
プログラミング初めての人向け C#で学ぶプログラミングの基本...
発売日 2016/02/12
受講者 172人
通常 4,800円
現在 1,920円
(4)
総評価数 23件
20
C#のWindowsフォームをオシャレにする方法
発売日 2020/09/27
受講者 166人
通常 6,000円
現在 1,840円
(4.6)
総評価数 20件
21
はじめてのC#入門【Visual Studio 2019対応】
発売日 2019/03/22
受講者 318人
通常 3,000円
現在 2,160円
(3.9)
総評価数 71件
22
(4.4)
総評価数 34件
23
(3.4)
総評価数 49件
24
C#でXamarin.Formsをする方法
発売日 2019/03/23
受講者 691人
通常 5,400円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 49件
 

UdemyのC# 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

一週間で身につくC#言語

一週間で身につくC#言語
発売日 2019/04/11
(4.3)

12 total hours
Unity・ASP.ENT・Windowsアプリ開発のために必要な基礎プログラミングスキルを身に着けるコース

① コースの概要

C#言語はWindowsアプリWebアプリの開発やゲームエンジンUnityとセットで用いることによりゲーム開発でもたいへんよく使用されているプログラミング言語です。

そのほかにも、Android,iPhoneといったスマートフォン・タブレットのアプリケーションを開発できたり、

近年ではIoTクラウドコンピューティングの分野で大変注目を浴びています。   

C#を学ぶメリットは、これらのアプリなどが開発できることばかりではありません。

スタンダードな言語仕様と汎用性の高い文法を持つことから、C#言語さえしっかりマスターすれば、

ここから更にJavaRubyなど他の言語を学ぶのが大変楽になります。


このコースを学ぶと、単なるC#言語の文法のみならずサンプルや練習問題を通して、

応用範囲の広いプログラミングの基礎体力も身につけることが出来ます。 

そのため実用目的だけではなくプログラミング教育の参考資料としても最適です。


② 目標

最初に説明したように、このコースは初心者プログラマーを対象としたコースです。具体的には以下のような方が対象です。

  • プログラミング学習を始めた大学生および大学院生

  • ゲーム・情報系の専門学校の学生

  • 他の様々な学校の学生

  • プログラミング教育に備える必要がある小学校から高校までの教員

  • 今からプログラミングを始める新しい新入社員

  • Windows上で利用可能なWindowsアプリを開発したいプログラマー

  • Unityでゲームを開発したいゲーム開発者

  • Android・iPhoneでスマートフォンアプリを開発したいプログラマー

  • ASP.NETといったWebフレームワークでの開発をするためにC#言語を学びたいと思っているプログラマー

  • かつてC#言語を学んだこともありますが、挫折した経験のある人


③ 内容

コンテンツは、以下の内容で構成されています。

  • 講義映像

  • ソースコード

  • 練習問題と回答

開発環境として統合開発環境であるVisualStudioWindows上で使用すると想定されています。

VisalStudioはインターネットで無料で入手できます。(VisaulStudioはMac OS上でも利用可能です。)

ただし、このコースで導入されたC#言語のソースコードはMac OS、Linuxでも使用できます。

他の環境で勉強している人は、各自自分の環境に対応させて学習を進めてください。 


↓全て表示↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. 0日目(C#とは)
    • プログラミング言語とは何か
    • C#言語とはどんな言語か
    • VisualStudioのダウンロードから起動まで
  2. 1日目(はじめの一歩)
    • HelloWorld
    • 様々なコンソールへの出力処理
    • エラーの処理方法
    • 基本編1日目まとめ
    • 例題①
    • 例題②
    • 例題③
  3. 基本編2日目(演算と変数)
    • C#での演算処理
    • 変数
    • 代入演算子
    • キャストとデータの型変換
    • 文字列の変数
    • 定数
    • 基本編2日目まとめ(前半)
    • 基本編2日目まとめ(後半)
    • 例題①
    • 例題②
    • 例題③
  4. 基本編3日目(条件分岐)
    • if文
    • if~else文
    • else if
    • 複雑なif文
    • switch文
    • 複数の条件のcase
    • 基本編3日目まとめ(前半)
    • 基本編3日目まとめ(後半)
    • 例題①
    • 例題②
    • 例題③
  5. 基本編4日目(繰り返し処理)
    • for文
    • forの二重ループ
    • while文
    • do~while
    • do~whileとwhileの違い
    • 無限ループ
    • 基本編4日目まとめ
    • 補足
    • 例題①
    • 例題②
    • 例題③
  6. 基本編5日目(配列変数)
    • 配列変数①
    • 配列変数②
    • 配列の初期化
    • foreachループ
    • 多次元配列
    • ジャグ配列
    • 基本編5日目まとめ
    • 例題①
    • 例題②
    • 例題③
    • 例題④
  7. 基本編6日目(クラスとオブジェクト)
    • オブジェクト指向とは何か
    • クラスとオブジェクト
    • オーバーロード
    • 基本編6日目復習
    • 例題
  8. 基本編7日目(アクセス指定子とプロパティ)
    • アクセス指定子とプロパティ
    • 読み込み専門・書き込み専門のプロパティ
    • 自動実装プロパティ
    • 基本編7日目復習
    • 例題
  9. 応用編1日目(コンストラクタほか)
    • コンストラクタ
    • ガーベージコレクション
    • デストラクタ
    • 応用編1日目復習
    • 応用編1日目例題
  10. 応用編2日目(静的メンバ)
    • 静的メンバ
    • Mainメソッド
    • 応用編2日目復習
    • 応用編2日目例題①
    • 応用編2日目例題②
    • 応用編2日目例題③
  11. 応用編3日目(継承)
    • C#での継承の実装
    • 継承とコンストラクタ・デストラクタ
    • オーバーライド
    • objectクラス
    • 応用編3日目復習(前半)
    • 応用編3日目復習(後半)
    • 例題
  12. 応用編4日目(抽象クラス)
    • 類似する概念の集約
    • 抽象クラス
    • 抽象プロパティ
    • 応用編4日目復習
    • 応用編4日目例題
  13. 応用編5日目(インターフェース)
    • インターフェース
    • インターフェースと抽象クラスの継承の違い
    • 応用編5日目復習
    • 例題①
    • 例題②
  14. 応用編6日目(コレクション)
    • List
    • Listの中のデータの削除
    • Dictionary
    • HashSet
    • 応用編6日目復習
    • 例題①
    • 例題②
    • 例題③
  15. 応用編7日目(デリゲート)
    • デリゲート
    • 複数のメソッドのデリゲート
    • 例外処理
    • 例外を発生させる
    • 応用編7日目復習(前半)
    • 応用編7日目復習(後半)
    • 例題①
    • 例題②
 
Preview Video
   

Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】

Unity ゲーム開発:インディーゲームクリエイターが教える C#の基礎からゲームリリースまで【スタジオしまづ】
発売日 2019/04/19
(4.6)

13.5 total hours
初心者OK!C#を使って複雑なGameを自分で開発しよう。コースの終わりにはオリジナルRPGを App Store&Google Playでリリースしよう!!!

インディーゲームクリエイターに必要な開発リリースなど総合的なUnityの力がこれ一本で身につく完全攻略版です。


この講座は以下の方を対象としています。

  • AppStoreやGooglePlayにゲームをリリースしたい方

  • コミケやインディーゲームのイベントで出展側として参加したい方

  • 自身のポートフォリオを充実させたい方


初心者の方でもゲームをリリースできるように、講座の構成は

  • Unityのインストール

  • Unityでゲームを作る基礎(コードでものを変化させる簡単な方法)

  • プログラミングの基礎(ゲーム開発に必要な最低限のスキル)

  • ゲーム開発のテクニック(ボタンの取得やデータの保存など)

を1話完結形式で学び、基礎力をつけた後

  • RPGの作成

  • AppStore/Google Playへのリリース

に取り掛かかります。講座を終えたときには自身のゲームを実際にストアに並べることができるようになっています。

また、初心者の方が動画学習で感じている「一時停止、写経、巻き戻し」の手間をなくすために、動画には補助テキストを設けています。動画を見終わった後にテキストを見ながら学習できるようになっています。


一人でゲームを作るのは「資料を探し、学び、実践する」っというとてもエネルギーのいることです。また、リリースするとなるとゲーム開発以外のことにも多くの労力を使います。この講座はこれらのエネルギーをゲーム開発とリリースに集中するための講座です。自分のGameを世界に向けて発信しましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
初めてのunityとC#の教材としてこのコースを選びました。プログラムについては難しいところもありました。Unityのバージョンが違い、アセットストアなど扱い方が変わっている箇所もありましたが、初心者の私でもサンプルと同じものが作れました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. Unityとスクリプトエディタのインストールと設定
    • はじめに
    • Unityのインストール
    • Unityの初期設定(スクリプトエディタの設定)
    • VSCodeのインストールと設定(PCの動作が重い人向け)
  3. Unityの基礎知識(コンポーネントについて)
    • はじめに
    • (必修)Unityでゲームを作るには 〜Unityと仕組みとその操作方法の解説〜
    • (必修)表示される文字の変更 〜Textコンポーネントについて〜
    • Imageコンポーネントの操作
    • HPバーの操作
    • (必修)別オブジェクトの操作方法 〜オブジェクトの取得方法について〜
    • 演習
    • セクションのまとめ
  4. 追加動画(ショートカットキーの解説)
    • 作業効率爆上がり!講師も使っているショートカットキーの解説
  5. C#の基礎
    • はじめに
    • コンソールとコメントアウト
    • 変数の宣言
    • 変数の型
    • 数値の演算と演算子
    • 文字列の連結とFormat
    • if文
    • switch文と演習
    • 繰り返し処理 whileとfor
    • 配列の基礎と応用
    • Listとforeach
    • 関数(メソッド)の作成と応用
    • 【演習】nからmまでの偶数の和を求める関数を作成せよ
    • 【演習】3のつく数字と3の倍数でアホになる演習問題
    • classの作成と利用方法
    • Propertyの作成と利用方法
  6. ノンフィールドRPGを作るための基礎 8つのテクニック
    • はじめに
    • シーンの移動
    • ボタン入力の取得
    • タップ入力の取得
    • オブジェクトの非表示/表示/破壊
    • スクリプト上でのコンポーネントの取得と利用
    • Textオブジェクトの取得と変更
    • オブジェクトのプレファブ化
    • オブジェクトの生成と親要素の変更(InstantiateとSetParent)
    • セーブとロード(PlayerPrefsの利用)
    • Json化(オブジェクトを文字列に変換)
  7. ノンフィールドRPGの作成
    • (必須)追加版のお知らせ!
    • はじめに
    • プロジェクトの作成&プラットフォームの指定&画面サイズの設定
    • シーンの作成
    • ボタンの作成
    • ボタンによるシーンの移動
    • 進行度の更新
    • PlayerStatusViewの作成
    • PlayerModelの作成
    • モンスターの出現タイミングの作成
    • モンスターModelの作成
    • 出現モンスターの表示
    • モンスターのタップ検出
    • 攻撃の実装
    • モンスターHPの描画とステータスの更新
    • PlayerModelの永続化
    • セーブとロード
    • 複数画面サイズへの対応
  8. GooglePlayへのリリース
    • はじめに
    • apkファイルの作成(ビルド)
    • デベロッパー登録
    • アプリ掲載情報の登録
    • Google Play に.apkファイルを提出(リリース)
  9. AppStoreへのリリース
    • はじめに
    • ビルド
    • Certificate(証明書)の作成
    • AppIDの作成
    • Profileの作成
    • アプリのアップロード
    • スクリーンショットの用意
  10. 追加レクチャーの解説
    • 追加されたレクチャーの目的と解説
  11. (追加版)ターン制バトルの基礎
    • 新規作成
    • 攻撃の実装
    • ボタン入力による攻撃の実装
    • HPが0になった場合のリスタート
  12. (追加版)ノンフィールドRPGの基礎
    • はじめに
    • 新規作成と画面サイズの設定
    • ステージUIとボタンの作成
    • ボタン入力による進行度の増加をログで実装
    • 進行度の増加をUIに反映
    • Enemyに遭遇する実装
    • クエストクリアしたらログを出す実装
    • AssetStoreから敵画像を取得
    • Enemy画像の出現を実装
    • 進行ボタンの表示/非表示
    • Enemyのクリック検出
    • PlayerUIとEnemyUIの作成
    • BattleManagerの作成
    • PlayerとEnemyのステータスをUIに反映
    • 対戦の初期設定と攻撃実装
    • QuestManagerによるBattleの開始
    • Enemyをクリックしたときに攻撃を実装
    • Enemyの撃破を実装
    • 撃破後にクエストに戻る処理の実装
    • クエストクリアしたらシーンを切り替える実装
    • クエストクリアの演出
  13. (追加版)ノンフィールドRPGの応用
    • 背景画像の取得と設定
    • UI画像の設定
    • ゲームクリア画像の設定
    • BGMのならし方
    • SEのならし方
    • シングルトンの解説
    • シングルトンを使ったBGMのならし方
    • SEを各シーンに設定
    • BGMの停止
    • コルーチンの実装
    • コルーチンを使った攻撃の実装
    • DoTweenの導入
    • ダメージアニメーションの実装
    • 敵を撃破したときの処理を遅らせる
    • 背景フェード
    • 敵に遭遇するタイミングを遅らせる
    • Effectのインポート
    • HitEffectの実装
    • タイトルでのフェードインフェードアウト
    • シーン間でのフェードインアウト
    • テキスト送りの実装
    • ダメージ値を考慮したテキスト送り
  14. バグ修正編
    • 紹介編:Playerの初期ステータス&死亡時の処理
    • 解決編:Playerの初期ステータス&死亡時の処理
  15. 終わりに
    • ボーナスレクチャー:終わりに
 
Preview Video
   

C#初心者が最初に身に着けるべき30の文法

C#初心者が最初に身に着けるべき30の文法
発売日 2019/01/29
(4.3)

5.5 total hours
C#文法基本のキ:if文などの王道の文法からクラス,インスタンス,インタフェース,抽象クラス,Disposeなど,C#初心者がつまずきそうな部分を丁寧に動画で解説しています

この動画は、C#の初心者、またはこれからC#を学ぼうと思われている方に対して作成した物です。C#のコーディングに自信のない方のみご覧ください。

 

この動画ではC#の基本的な文法を網羅的に学ぶことができます。

学校でプログラムを学んだことのない方は、プログラマー等の会社に就職しても最初の1年がとにかく大変だと思います。

 

私は今でこそ、メーカーでプロジェクトリーダーをしており、毎年入ってくる新人の教育や、後輩のプログラムのコードレビュー等を行っていますが、17年くらい前は、全くのプログラミング初心者でした。最初に入ったプログラマーの会社でイチから勉強して今に至ります。だから、初心者の方の気持ちがすごくわかるし、どう教えれば、初心者が理解できるかもわかるつもりです。

 

この動画を観ることで次のような効果が得られます

・簡単なプログラムは何も見ずに書けるようになる

・基本的な文法のマスター

・意味を理解してプログラミングできるようになる

・オブジェクト指向は概念として講義していますが、深いレベルではありません

 

この世の中にはプログラミングの天才みたいな人がいて、ケントベックやマーチンファウラーなどの著書にくらべれば、この動画の技術レベルはそれほどではありません。オブジェクト指向などについて深く学びたい方は、そういった人の書いた本や動画をお勧めします。

ただ、この動画の良いところは、わかりやすいことです。前述したとおり、ズブの素人からこの業界に入って、苦労しまくった私だからこそ、素人の方をプロのプログラマーに教育することができると思っています。

 

学校の先生の授業はわからなかったけど、その後に理解している同級生に教えてもらったら理解できたという経験はないでしょうか?あれは最近まで理解できていない人が物事を理解すると、他人へ教育するとき、わからない人の気持ちがわかっているので、解説がわかりやすくなるためです。だから私の事もちょっと先輩に教わるくらいの気持ちで、この動画を観ていただければと思います。


#01 C#について

#01-2 名前空間と参照関係

#02 ブロック

#03 値の扱い方と変数と定数

#04 データ型

#05 値型と参照型

#06 データ型の変換

#07 配列

#08 動的配列

#09 演算子

#10 条件分岐 if文とswich文

#11 while文

#12 do-While文

#13 for文

#14 foreach文

#15 オブジェクト指向

#16 クラス

#17 コンストラクタ

#18 アクセス修飾子

#19 メソッド

#20 フィールド

#21 インスタンス

#22 カプセル化

#23 プロパティ

#24 Disposeとusing

#25 static

#26 継承

#27 override(オーバーライド)

#28 ポリモーフィズム①インタフェース編

#29 ポリモーフィズム② 抽象クラス編

#30 例外


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
短めの動画でサクサクとポイントを抑えることができるので、効率よく学習できました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. C#文法基本のキ
    • #00_はじめに
    • #01 C#について
    • #01-2 .NET Frameworkとは
    • #01-3 ソリューションとは
    • #04_参照関係
    • #05_名前空間とは
    • #06_ブロック
    • #07_変数と定数
    • #08_1_データ型
    • #08_2_データ型の実装
    • #09_値型と参照型
    • #10_データ型の変換
    • #11_配列
    • #12_動的配列
    • #13_1_演算子の解説
    • #13_2_演算子の実演
    • #14_条件分岐 if文とswich文とは
    • #14_条件分岐 if文とswich文の実装
    • #15_while文
    • #16_do-while文
    • #17_for文
    • #18_foreach文
    • #19_オブジェクト指向とは
    • #20_クラスとは
    • #21_コンストラクタとは
    • #22_アクセス修飾子とは
    • #22_アクセス修飾子_実演
    • #23_メソッドとオーバーロードの書き方
    • #24_フィールドと型推論
    • #25_インスタンスとは
    • #25_インスタンスの実装
    • #26_1_カプセル化とは
    • #26_2_カプセル化の実装
    • #27_プロパティとは
    • #27_プロパティの実装
    • #28_Disposeとは
    • #28_Disposeの実装方法
    • #29_staicとは
    • #29_staicの実装
    • #30_継承とは
    • #30_継承の実装
    • #31_オーバーライドとは
    • #31_オーバーライドの実装
    • #32_インタフェースとは
    • #32_インタフェースの実装
    • #33_抽象クラスとは
    • #33_抽象クラスの実装
    • #34_Exception_例外とは
    • #34_Exception_例外の実装
    • おわりに
    • 補講01_継承についての補足
    • 補講02_継承についての補足_コードでの解説
    • 補講03_継承についての補足_継承の使いどころ_ドラクエ編
    • 補講04_ReadAllLinesのDisposeは必要か
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

C#でオブジェクト指向をする方法

C#でオブジェクト指向をする方法
発売日 2019/05/15
(4.6)

1.5 total hours
カプセル化,インタフェース,継承の使いどころが解るようになります

C#の文法を学んだだけではオブジェクト指向プログラミングはできません。

インタフェースの実装方法を勉強しても,使いどころは理解できていないはずです。


私も最初はそうでした。

しかし,オブジェクト指向やテスト駆動開発,ドメイン駆動開発を学ぶにつれ,

どのようにプログラミングをすればよいのかがわかるようなりました。


その中でも,このオブジェクト指向は,すべてのより良いプログラミングの基礎であり,

ここを理解できていないと,この先には進めません。


今回は,カプセル化,インタフェース,継承に限って,

集中的に,オブジェクト指向プログラミングができるように

C#を使ってレクチャーしています。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
C#は一応書けるけど、インターフェースは結局何のうまみがあるのか理解できていないレベルの者です。C#の参考書から、インターフェースや継承のイメージが掴めなかった方は、是非この動画を見ることを推奨します。講師の説明も「え~」とや「この様に」などの連呼がないため、好感を持って受講できました。これから受講される方は、動画を見ながら、実際に実装すると理解が早くなります。反面、カプセル化と継承があるのにポリモーフィズムの講義はないんだとか、デリゲートの講義もあってほしかったなど、個人的に気になる所はあるものの、客観的に見て講義内容は良質だと思い本評価にしました。 ※後日、フォローアップを手厚くいただきましたので最高評価に変更しました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. C#でオブジェクト指向をする方法
    • #01_なぜオブジェクト指向できないのか
    • #02_カプセル化
    • #03-1_インタフェース解説
    • #03-2_インタフェース実演
    • #04_インタフェースの実演2
    • #05-1_Factoryパターン解説
    • #05-2_Factoryパターン実装
    • #06-1_継承_解説
    • #06-2_抽象クラス
    • #07_継承の書き方
    • #08_継承させない方法
    • #09_コントロールの継承
    • #10_画面の継承
    • #11_おわりに
    • 補講01_ポリモーフィズムに関して
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

C#でドメイン駆動開発パート1【C#でドメイン駆動開発とテスト駆動開発を使って保守性の高いプログラミングをする方法】

C#でドメイン駆動開発パート1【C#でドメイン駆動開発とテスト駆動開発を使って保守性の高いプログラミングをする方法】
発売日 2019/04/20
(4.2)

7 total hours
ドメイン駆動開発のデザインパターンであるRepository,Entity,ValueObjectの実装方法とMoqを使ったテスト駆動開発を一緒にプログラミングをしながら解説していき,一つのアプリケーションを作成します。

ドメイン駆動開発のデザインパターンであるRepository,Entity,ValueObjectの実装方法とMoqを使ったテスト駆動開発を一緒にプログラミングをしながら解説していき,一つのアプリケーションを作成します。

  • 1行ずつ記述しながらの解説なので一緒に手を動かしながら理解できる

  • 1日1時間学べば1週間で知識の習得ができる

  • 5000円から10000円くらいの分厚い本を何冊も読んで数年間の商品開発の現場で実践し、

  • 改良に改良を加えた最終形を1週間で学べる

  • 実装はドメイン駆動開発とテスト駆動開発に集中できるように、

  • 画面はWindowsFormで作成します

  • テストコードはMoqなどのツールを使いテストしづらいデータベース周りのテスト方法を解説

  • 全編テスト駆動開発での実装を行うためテスト駆動開発の知識が習得できる

  • ドメイン駆動開発のRepository、Entity、ValueObjectの考え方を使って

  • どこにどんなクラスがあるかがキレイに整理されます

  • 動画はデータ表示、一覧表表示、保存画面と、現場で即実践できる内容で講義を構成しています

  • VisualStudio2017とSQLiteを用いた実装のため、C#以外にもデータベースプログラミングの学習もできます。

C#の文法が分からない方は,他のコースを受講して

IF分など,一般的な文法やインタフェースの書き方程度は理解してから本コースを受講してください。


01.はじめに

02.SQLite

03.ドメイン駆動開発とテスト駆動開発

04.良いコードと悪いコード

05.BADコード実装1

06.BADコード実装2

07.BADコード解説

08.BADコード改善

09.BADコード改善2

10.潜在的なBADポイント1

11.潜在的なBADポイント2

12.テストコードの書き方

13.テストのしやすさを検討

14.BADコードの振り返り

15.アーキテクチャー

16.プロジェクト構成

17.最初のテスト

18.Mockを使ったテスト

19.Entity

20.Entityの実装

21.ValueObject

22.ValueObject実装

23.クラスの整理

24.区分のValueObject

25.インフラストラクチャー

26.データバインディング

27.Moqの使い方

28.ChainingAssertion

30.コンボボックスへの変更

31.SQLiteHlperで共通化

32.一覧画面の仕様

33.一覧画面実装

34.Save画面の実装 初期値

35.Save画面の実装 保存処理

36.Save画面の実装 データバインディング

37.Save画面の実装 SQLite実装

38.おわりに



私は、プログラマーとして成長するためには自己投資が鉄則だと思い、
5000円から10000円くらいのドメイン駆動やテスト駆動の本などを何冊も読み漁りました。


そのおかげで、現在、保守性の高いプログラミングができるようになり、
仕事はやりやすくなりましたが、それまでの道のりは結構回り道をしてしまいました。


なぜなら、偉人の書いた本はすばらしく、天才的な内容なのですが、
読む量は膨大で、しかも理解することが難しいです。


今回の動画は、その偉人たちの知識量に比べては
得られる知識量は少ないかも知れません。
偉人の本のほうが、情報量は膨大だと思います。


ただ私の動画は、現場で使えるものに凝縮し、
実際に私が現場で使って、本当に効果のあった方法を
順番に動画でプログラミングして行きますので、
非常に大変理解しやすくなっています。


偉人の本のように、途中で離脱する恐れはないと思います。

しかも、この技術は一度身につけてしまえば
プログラマーやIT技術者としては、一生使える技術になります。
オブジェクト指向が生まれたのは1980年代ですから30年以上の歴史があります。
そのころからまったく色あせていません。
今後も数十年は使える技術ですし、新しい技術が埋まれても
それに追従する力もつくでしょう。


このような動画なのですが、
市場の大手のセミナーなどでは2日で10万円や20万円くらいしますし、
Web版でも5万円以上はします。

大手セミナーの内容は教科書的なものに比べて、
私の講義は実践的なので、それ以上の価値があるようにも思います。


それらを踏まえて公正な目で客観的に見ても、
ネット上で販売されてる他のコンテンツと比較しても、3万円ぐらいが妥当です。

しかし、勉強のための投資は大事ですが、
オブジェクト指向学びたての方には数万円支払うのは少し抵抗があるかもしれません。


そこで、今回はこの価格で提供させていただくことに決めました。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
C#を含めプログラミングの文法を習ったら確かに開発はできるかもしれないが、それだけでは保守性が低くなってしまう。 仕事は常に変わるのだからソフトも変わっていく必要があるため保守性の高いソフトを作るのが本当のプログラマーだとしたら、このドメイン駆動で作る必要がある。 文法を知っているだけのソフトの悪い点などを列挙し、どのように改善するのかも詳しく教えてくれている。 もちろん、簡単な講座ではないが、質問にも丁寧に答えてくれるので非常にわかりやすく参考になった。 このコースでは、単にプログラミングを知っているだけの人が作っただけのソフトから保守性の高いソフトをつくるために必要な知識がふんだんに入っている素晴らしいコースでした。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. C#でドメイン駆動開発とテスト駆動開発を使って保守性の高いプログラミングをする方法
    • #01_はじめに
    • #01-2_開発環境とデータベース設計
    • #02_SQLite
    • #03_ドメイン駆動開発とテスト駆動開発
    • #04-1_良いコードと悪いコード
    • #04-2_データベースの準備
    • #05_BADコード実装1
    • #06-1_小数点以下を2桁で統一する
    • #06-2_ここまでのBADコード振り返り
    • #07-1_BADコード解説
    • #07-2_BADの悪いところ
    • #08_BADコード改善
    • #09_BADコード改善2
    • #10_潜在的なBADポイント
    • #11_潜在的なBADポイント2
    • #12_テストコードの書き方
    • #13_テストのしやすさを検討
    • #14_BADコードの振り返り
    • #15_アーキテクチャー
    • #16_プロジェクト構成
    • #17-1_Testsプロジェクトの修正
    • #17-2_最初のテスト
    • #18_Mockを使ったテスト
    • #19_Entity
    • #20_Entityの実装
    • #21-1_ValueObject
    • #21-2_基本の型とValueObjectの違い
    • #22-1_ValueObject実装
    • #22-2_ValueObjectを値として扱う
    • #22-3_ValueObjectの基底クラス実装
    • #22-4_ValueObjectをアプリケーションに適応する
    • #23-1_クラスの整理
    • #23-2_拡張メソッドの適応
    • #24-1_区分のValueObject
    • #24-2_区分のValueObjectの適応
    • #25_インフラストラクチャー
    • #26-1_データバインディング
    • #26-2_ViewModelBaseの作成
    • #27_Moqの使い方
    • #28_Chaining Assertionの使い方
    • #30-1_コンボボックスへの変更
    • #30-2_コンボボックスへの変更
    • #30-3_コンボボックスへの変更
    • #30-4_コンボボックスへの変更
    • #31-1_SQLiteHlperで共通化
    • #31-2_SQLiteHlperで共通化
    • #32_一覧画面の仕様
    • #33-1_一覧画面実装
    • #33-2_一覧画面実装
    • #33-3_一覧画面実装
    • #33-4_一覧画面実装
    • #34-1_Save画面の仕様
    • #34-2_Save画面の実装
    • #34-3_Save画面の実装初期値
    • #34-4_Save画面の実装初期値_コンボボックス
    • #35-1_Save画面の実装_保存処理
    • #35-2_Guardクラスの追加
    • #35-3_Save画面の入力チェック
    • #35-4Save画面の実装_保存処理のテスト
    • #36_Save画面のデータバインディング
    • #37_Save画面のSQLite実装
    • #37_2_DateTimePickerのFormat変更
    • #38_おわりに
    • サンプルコード
    • SQLServerでやりたい方へ
    • 補講01_ValueObjectのGetHashCodeに関して
    • 補講02_GetHashCodeの問題点
    • 補講03_ValueObjectクラスの修正
    • 補講04_2つ以上の値のGetHashCodeの作り方
    • 補講05_なぜWindowsFormsでやっているのか_デスクトップアプリとUWPの選定基準は?
    • 補講06_ValueObjectのEqualsについて
    • 補講07_ValueObjectの<T>とwhereの意味
    • 補講08_ValueObjectのoperatorについて
    • 補講08_02_ValueObjectのoperatorについて
    • 補講09_ValueObjectのotherがAreaIdになる理由
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
       

関連:C#を本でも学ぼう

UdemyのC#講座は上述したとおり、C#の基礎文法からUnityやWindowsアプリ制作などの実用など、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

C#の参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました