レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年】ゲームグラフィックスの本「人気・高評価のおすすめ15冊」

ゲーム開発の1つの醍醐味である美麗なCGグラフィックス。

現在はゲームエンジンが担う部分も大きいですが、それを活用するため、またゲーム制作・CGの根幹を理解するために、ゲームグラフィクスの知識が必要となります。

そんな一段上のゲーム開発をするための、「ゲームグラフィックス(CG)」に関する書籍を、人気・高評価のおすすめ本として以下でまとめて紹介していきます。

 

  
  1. ゲームグラフィックスの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版
    2. ゲームグラフィックス 2020 CGWORLD特別編集版
    3. ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版
    4. Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ
    5. [増補改訂]GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] WEB+DB PRESS plus
    6. 画像生成系AI Stable Diffusionゲームグラフィックス自動生成ガイド
    7. リアルタイムグラフィックスの数学 ― GLSLではじめるシェーダプログラミング
    8. ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版
    9. Unity ゲームエフェクト マスターガイド
    10. HLSL シェーダーの魔導書 シェーディングの基礎からレイトレーシングまで
  2. ゲームグラフィックスの本 最新・高評価のおすすめの5冊
    1. ゲームグラフィックス 2014 CGWORLD特別編集版 (Works books)
    2. ゲームグラフィックス 2018 CGWORLD特別編集版
    3. ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版
    4. ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版
    5. ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版
  3. ゲームグラフィックス参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  4. ゲームグラフィックス参考書「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. 動画編:本より高コスパ?「Udemy ゲームグラフィックス おすすめ講座」
  6. 関連:ゲーム開発に関する参考書

ゲームグラフィックスの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「ゲームグラフィックスの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2024/02/23 12:19 更新)
Rank製品価格
1
ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版
発売日 2017/09/19
CGWORLD編集部 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
5,200円
3,960円
3,960円
2,308円
2
ゲームグラフィックス 2020 CGWORLD特別編集版
発売日 2020/09/30
CGWORLD編集部 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
3,960円
3,960円
3,960円
3
ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版
発売日 2016/09/07
CGWORLD編集部 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
3,550円
3,881円
3,960円
3,960円
4
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
5
3,608円
(+109pt)
3,536円
(+107pt)
3,608円
3,608円
6
画像生成系AI Stable Diffusionゲームグラフィックス自動生成ガイド...
発売日 2023/08/18
クロノス・クラウン柳井政和 (秀和システム)
総合評価
(3.1)
2,640円
2,138円
2,367円
7
2,860円
(+180pt)
2,803円
(+177pt)
2,860円
2,860円
8
ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版
発売日 2019/12/20
西川 善司 (インプレス)
総合評価
(4.6)
4,400円
(+132pt)
3,960円
4,400円
4,400円
9
Unity ゲームエフェクト マスターガイド
発売日 2019/07/19
秋山 高廣 (技術評論社)
総合評価
(4.3)
4,620円
(+139pt)
4,528円
(+137pt)
4,620円
4,620円
10
5,060円
(+152pt)
4,554円
5,060円
5,060円
11
たのしい2Dゲームの作り方 Unityではじめるゲーム開発入門
発売日 2021/02/17
STUDIO SHIN (翔泳社)
総合評価
(4.4)
1,767円
2,653円
2,948円
2,948円
12
Direct3D12 ゲームグラフィックス実践ガイド
発売日 2021/10/12
Pocol (技術評論社)
総合評価
(4.4)
4,378円
(+132pt)
4,290円
(+129pt)
4,378円
4,378円
13
Unreal Engine 5ではじめる! 3DCGゲームワールド制作入門
発売日 2023/11/04
梅原 政司 (技術評論社)
総合評価
(3.8)
3,520円
(+160pt)
3,450円
(+157pt)
3,520円
14
2,955円
3,564円
3,960円
4,400円
15
3,058円
2,997円
3,058円
3,058円
16
5,060円
(+152pt)
4,554円
5,060円
17
Unreal Engine 4 アクションゲーム ブループリント入門
発売日 2019/08/02
Sig (秀和システム)
総合評価
(4)
4,310円
4,158円
4,158円
4,620円
18
作れる!学べる!Unreal Engine 4 ゲーム開発入門 第2版
発売日 2019/07/03
荒川 巧也 (翔泳社)
総合評価
(3.8)
3,608円
(+109pt)
3,247円
3,608円
3,608円
19
Unity C# ゲームプログラミング入門 2020対応
発売日 2021/01/12
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.5)
1,931円
3,029円
3,366円
3,740円
20
JavaScriptグラフィックス ―ゲーム・スマートフォン・ウェブで使う最新テクニック...
発売日 2012/03/16
Raffaele Cecco (オライリージャパン)
総合評価
(4.5)
242円
3,080円
671円
 

ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版

ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版
(著)CGWORLD編集部
発売日 2017/09/19
総合評価
(4.7)
(2024/02/23 12:19時点)
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載されたゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した2017年版の事例集!今年度版では、PS4などの今世代機向けやアーケードゲーム、話題のPS VRまで、人気タイトルを豊富にラインナップしました!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
年鑑。やっと一般販売で買えた。たけー。ニーアオートマタ、プリパラ、サマーレッスンについてまとめて読めたのが非常に興味深かった。レースゲームがグラフィックの第一線じゃないんだなー、とつくづく感じた。GTスポーツ、プロジェクトカーズ2は来年か、それとも本誌なんかな。やっぱりレースゲームのグラフィックに一番興味を惹かれますね。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
業務上、まったく知識が無くても一次的に3Dデータの確認がくることがあるので、せめて好きなゲームをきっかけに興味を持てればと購入しました。
読んでみて知識が無くても面白い内容でした。

3Dやゲームを作る人には別の価値があるのかもしれません。
ただ、アナログ/デジタル関わらず趣味で絵を描く私としては、画面のRGBガンマを状況ごとに処理するロジックや画面栄えのさせ方の説明がとてもしっくりきました。あまり1枚絵の描き方の本には無い方法論なので、いつもとは違う視点で画面を考えたい方には面白い内容かと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲームグラフィックス 2020 CGWORLD特別編集版

ゲームグラフィックス 2020 CGWORLD特別編集版
(著)CGWORLD編集部
発売日 2020/09/30
総合評価
(4.4)
(2024/02/23 12:19時点)
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載されたゲームグラフィックス記事を集めた2020年版の事例集! 本年度版は『ポケットモンスター ソード・シールド』『ドラゴンボールZ KAKAROT』をはじめ、コンソールとスマホゲームの注目タイトルを多数掲載しています。表紙は和風ダークファンタジーの傑作『仁王2』、新規描き下ろしビジュアル! 実写と見紛うようなフォトリアルなタイトルからデフォルメの利いたアニメ調のタイトルまで多彩なビジュアルの作品を取り上げており、キャラクターはもちろん、背景やエフェクトなど、各社独自の制作ノウハウを膨大な図版と共に堪能できます。

●収録タイトル

・仁王2
・ポケットモンスター ソード・シールド
・ドラゴンボールZ KAKAROT
・グランブルーファンタジー ヴァーサス
・ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス
・新サクラ大戦
・龍が如く7 光と闇の行方
・ASTRAL CHAIN
・CODE VEIN
・SAMURAI SPIRITS
・BLADE XLORD―ブレイドエクスロード―
・マジカミ

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
CONSOLE GAME(ドラゴンボールZ KAKAROT
龍が如く7 光と闇の行方
新サクラ大戦
仁王2
ポケットモンスター ソード・シールド
ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス
SAMURAI SPIRITS
ASTRAL CHAIN
グランブルーファンタジー ヴァーサス
CODE VEIN)
SMARTPHONE GAME(BLADE XLORD-ブレイドエクスロードー
マジカミ)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
完全にコンシュマーはUE4、スマホはUnityみたいになってきたなぁ。CODE VAINの「プロトタイプは手慣れたUnity上で組み上げ、その結果を目標にしてUE4で実装」みたいなのを見ると、最初からUnityで良いじゃん、と思ってしまうのだが。キャラルック以外をトータルで見てUE4の方がいいとなったんだろうけども。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
2008年にリニューアル? して以降、毎年安定した記事のクオリティを維持しているシリーズ。

個人的に2012年の「グラヴィティデイズ」の記事が読みたくて、初めて出会った本だ。
本書は、月刊誌のCGWORLDに掲載された制作メイキング記事を拡大、再編した完全版的な意味合いがある。

その内容は、毎回、収録タイトルに使われている技術や手法の事例集で、各作品単位で見るとおよそ40~20ページと言ったボリュームだ。

設定資料的な面白さも少しはあるが、あくまでも本懐は技術的な事例集。
興味を持って読むだけでも面白いのだが、CGを実際に触ったり作る側の人間が「あれって、こうやってたのか」と言う事を、簡単ではあるが具体的に裏側を知られる事に価値がある風に思う。

ワイヤーフレーム、テクスチャ、ライティング、ポストアウトライン、ディフューズ、オクルージョン、UVマップ、バリエーション(差分)管理、合成例、ボディリグ、エフェクト、質感、フェイク表現、ベクター、UI、等々……の単語を、収録タイトルで説明されて「面白そう」「知りたい」と思えれば、買って幸せになれる。

なので、収録タイトルや、その表現手法に興味がそそられない作品が多いと感じる人にとっては、定価は高く感じるだろう。
でも、どうしても見たい1作があるのなら、それだけで値段相応に感じられる事もある。人それぞれ。

2020では、

ドラゴンボールZカカロット
龍が如く7
新サクラ大戦
仁王2
ポケモン剣盾
SAOアリシゼーションリコリス
サムライスピリッツ
アストラルチェイン
グラブルヴァーサス
コードヴェイン
ブレイドエクスプロード
マジカミ

が収録されていて、上ほど情報量が多く、優遇されて感じる。

個人的には、やった事があったりよく知っている作品と言う事で、ドラゴンボールZ、龍が如く7、新サクラ大戦、ポケモン剣盾、グラブルヴァーサス、あたりの記事が特に面白く読めた。
知らない作品も、この記事を切欠に触ってみたいと思えるほど、美麗なグラフィックや工夫に溢れた裏側が見られて、それも面白い。

また、初心者向けに業界のマシンスペック傾向のアンケートや、実際にゲームCGを作ったソフトもタイトル毎に掲載されているので、「MAYAと○○であれを作れるのか」なんて事も分かるし、CGを始めたい人は、購入するべきマシンの参考にもなるかもしれない。

3DCG制作用のマシン買い替えの参考にもね。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版

ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版
(著)CGWORLD編集部
発売日 2016/09/07
総合評価
(4.7)
(2024/02/23 12:19時点)
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載されたゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した2016年版の事例集!
今年度版では、PS4などハイスペックな今世代機向けやアーケードの人気タイトルを豊富にラインナップしました!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Feature(METAL GEAR SOLID 5 THE PHANTOM PAIN)
Game Making(ストリートファイター5
GUILTY GEAR Xrd-REVELATOR-
ガンスリンガーストラトス3
DARK SOULS 3
艦これアーケード
イグジストアーカイヴ
聖闘士星矢ソルジャーズ・ソウル
バイオハザードアンブレラコア
NARUTO-ナルトー疾風伝ナルティメットストーム4)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/67021 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
If you love games, or game development, want to know the making of those good game, how they do it, you should get this series ! (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ

シンプルなゲームを作りながら、C#とUnityの概念や基本を理解できる!―Unityは、最も人気の高いゲームエンジンの1つで、開発環境も備えています。本書では、Unityのインストール方法などを示した後、シンプルな3Dゲームを構築しながら、プログラムの構成部品としてC#スクリプトを作成/活用する方法を解説します。前半は変数、メソッド、制御フローなどプログラミングの初級テーマを取り上げます。後半はカメラ制御、衝突、ライティングなどゲーム機構を説明し、さらにコレクションやジェネリックなどプログラミングの中級テーマもカバーします。本書では「実践」「クイズ」といったセクションも設けており、Unityゲーム開発におけるC#の基礎を把握するのに格好の一冊です。―◎制御フローやジェネリック/イベントなど様々なキーポイントをカバー。◎ゲーム機構やUIの実装、C#の中級トピックも把握できる―『Learning C# by Developing Games with Unity 2020, 5th Edition』を翻訳【本書は原著の第5版を翻訳】

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
第1章 開発環境を理解しよう
第2章 プログラミングの構成要素
第3章 変数と型とメソッドの世界
第4章 制御の流れとコレクション
第5章 クラスと構造体とOOP
第6章 Unityに挑む
第7章 動きとカメラ制御と衝突
第8章 ゲームのメカニズムを記述する
第9章 基本的なAIと敵の動き
第10章 再び、型とメソッドとクラスについて
第11章 スタックとキューとハッシュセット
第12章 ジェネリック、デリゲート、イベント、例外処理など
第13章 C#とUnityの旅はまだ続く

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000107142(学外からのアクセス方法:1.画面に表示される[学認アカウントをお持ちの方はこちら]をクリック→2.[所属機関の選択]で 神戸大学 を選んで、[選択]をクリック→3.情報基盤センターのID/PWでログイン) (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
翻訳者が日本語版Unityでサンプルやリファレンスを実際に試し、その内容を手厚い訳注でしっかり補うダブル著者スタイル。
口語体かつページ数は少ないが、文章と構成は洗練されておりムダがなく、この書籍自体がリファレンス性に優れている。
サンプルゲームを元に改造して3Dアクションを作るなら最善かも。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
フェローネ,ハリソン(Ferrone,Harrison)
フリーランスのソフトウェア開発者、インストラクター、テクニカルエディター。米国イリノイ州シカゴ生まれ。小さなスタートアップ企業やフォーチュン500企業で数年間をiOS開発者として過ごす。現在は、Microsoftで技術文書の作成、LinkedIn LearningやPluralsightで教育用コンテンツの作成、Ray WenderlichのWebサイトで技術編集を行っている。2013年からUnityを使ってゲームやアプリケーションを開発し、2016年からはさまざまな学習プロバイダー向けの教育コンテンツを作成している

吉川邦夫(ヨシカワクニオ)
1957年生まれ。ICU(国際基督教大学)卒。おもに制御系のプログラマとして、ソフトウェア開発に従事した後、翻訳家として独立。英文雑誌記事の和訳なども手掛ける。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

[増補改訂]GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] WEB+DB PRESS plus

(概要)
GPUのしくみに焦点を当てた技術解説書。

 3Dグラフィックス、AI/マシンラーニング、モバイル、IoT、ゲーム、ARなどの各種分野で、GPUの存在感はますます高まっています。また、科学技術計算の超並列計算にもGPUアクセラレータは重要な役割を担ってきました。それらの背景にあるGPUの特性および昨今の計算処理の要求とはどのようなものでしょうか。

 本書では、GPUの今に主眼を置き、ハードウェアおよびソフトウェアの観点の基本事項、並列処理と計算の基礎から、内部構造、技術動向まで徹底解説。NVIDIAをはじめとした実製品の具体例、各分野での採用事例などを幅広く紹介し、現場で役立つ技術知識を厳選収録します。今回の改訂では、マシンラーニングの台頭に伴う性能改善のターゲットの変化と各社の新アーキテクチャの登場、第一線のGPU開発競争の鍵を握るスーパーコンピュータでのGPU採用状況など、今押さえておきたい話題を凝縮してお届けします。


(こんな方におすすめ)

・GPUの技術動向に関心のあるソフトウェアエンジニア、モバイルアプリ開発者、学生の方々


(目次)

第1章 [入門]プロセッサとGPU

  1.1 コンピュータシステムと画像表示の基礎 ……フレームバッファ、VRAM、ディスプレイインターフェース

  1.2 3Dグラフィックスの歴史 ……文字から図、2D、3Dへ。高品質とリアルタイム

  1.3 3Dモデルの作成 ……パネル、座標、配置、光

  1.4 CPUとGPUの違い ……プロセッサも適材適所

  1.5 ユーザーの身近にあるGPUのバリエーション ……SoC、CPUチップ内蔵、ディスクリートGPU

  1.6 GPUとおもな処理方式 ……メモリ空間、描画時のGPUメモリ確保方式、並列処理

  1.7 まとめ

第2章 GPUと計算処理の変遷

  2.1 グラフィックスとアクセラレータの歴史 ……ゲーム機、PCグラフィックス

  2.2 グラフィックスボードの技術 ……2Dの背景+スプライト、BitBLT、2D/2.5D/3Dグラフィックアクセラレータ

  2.3 GPUの科学技術計算への応用 ……ユニファイドシェーダ、倍精度浮動小数点演算、プログラミング環境

  2.4 並列処理のパラダイム ……基本、MIMD/SIMD/SIMTの違い

  2.5 まとめ

第3章 [基礎知識]GPUと計算処理

  3.1 3Dグラフィックスの基本 ……OpenGLのレンダリングパイプラインを例に

  3.2 グラフィックス処理を行うハードウェアの構造 ……Intel HD Graphics Gen 9 GPUの例

  3.3 [速習]ゲームグラフィックスとGPU ……ハードウェアとソフトウェア、進化の軌跡 ◉特別寄稿 西川 善司

  3.4 科学技術計算、ニューラルネットワークとGPU ……高い演算性能で用途が拡大

  3.5 並列計算処理 ……プロセッサのコア数の増加と、計算/プログラムの関係

  3.6 GPUの関連ハードウェア ……メモリ容量、バンド幅、CPUとの接続、エラーと対策

  3.7 まとめ

第4章 [詳説]GPUの超並列処理

  4.1 GPUの並列処理方式 ……SIMDとSIMT

  4.2 GPUの構造 ……NVIDIA Turing GPU

  4.3 AMDとArmのSIMT方式のGPU ……AMD RDNAアーキテクチャとArm Bifrost GPU

  4.4 GPUの使い勝手を改善する最近の技術 ……ユニファイドメモリ、細粒度プリエンプション

  4.5 エラーの検出と訂正 ……科学技術計算用途では必須機能

  4.6 まとめ

第5章 GPUプログラミングの基本

  5.1 GPUの互換性の考え方 ……完全な上位互換は難しい状況

  5.2 CUDA ……NVIDIAのGPUプログラミング環境

  5.3 OpenCL ……業界標準のGPU計算言語

  5.4 GPUプログラムの最適化 ……性能を引き出す

  5.5 OpenMPとOpenACC ……ディレクティブを使うGPUプログラミング

  5.6 まとめ

第6章 GPUの周辺技術

  6.1 GPUのデバイスメモリ ……大量データを高速に供給

  6.2 CPUとGPU間のデータ伝送 ……PCI Express関連技術、NVLink、CAPI

  6.3 まとめ

第7章 GPU活用の最前線

  7.1 ディープラーニングとGPU ……ニューラルネットワークの基本から活用事例まで

  7.2 3DグラフィックスとGPU ……広がる3D事例

  7.3 スマートフォン向けSoC ……機能向上と電池や消費電力とのバランス

  7.4 スーパーコンピュータとGPU ……高い演算性能を求めて

  7.4 まとめ

第8章 ディープラーニングの台頭とGPUの進化

  8.1 ディープラーニング用のハードウェア ……数値計算の精度と性能

  8.2 各社のAIアクセラレータ ……TPU、Tensorコア、Efficiera、Goya/Gaudi、MLプロセッサ、Wafer Scale Engine

  8.3 ディープラーニング/マシンラーニングのベンチマーク ……MLPerfの基本

  8.4 エクサスパコンとNVIDIA、Intel、AMDの新世代GPU ……最先端のコンピュータが牽引する新技術

  8.5 今後のLSI、CPUはどうなっていくのか? ……半導体の進歩、高性能CPU

  8.6 GPUはどうなっていくのか ……さらなる進化の方向性

  8.7 まとめ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
# 第1章 [入門]プロセッサとGPU
## 1.1 コンピュータシステムと画像表示の基礎 ……フレームバッファ、VRAM、ディスプレイインターフェース
◆Column プロセッサの構造と動き
## 1.2 3Dグラフィックスの歴史 ……文字から図、2D、3Dへ。高品質とリアルタイム
## 1.3 3Dモデルの作成 ……パネル、座標、配置、光
## 1.4 CPUとGPUの違い ……プロセッサも適材適所
◆Column 整数と浮動小数点数
GPUは、並列に実行できない処理は苦手
## 1.5 ユーザーの身近にあるGPUのバリエーション ……SoC、CPUチップ内蔵、ディスクリートGPU
## 1.6 GPUとおもな処理方式 ……メモリ空間、描画時のGPUメモリ確保方式、並列処理
## 1.7 まとめ
◆Column プロセッサと半導体の世代 ……24nm世代、16nm世代... 「GxxMxx」表記
# 第2章 GPUと計算処理の変遷
## 2.1 グラフィックスとアクセラレータの歴史 ……ゲーム機、PCグラフィックス
## 2.2 グラフィックスボードの技術 ……2Dの背景+スプライト、BitBLT、2D/2.5D/3Dグラフィックアクセラレータ
## 2.3 GPUの科学技術計算への応用 ……ユニファイドシェーダ、倍精度浮動小数点演算、プログラミング環境
◆Column ムーアの法則と並列プロセッサ
## 2.4 並列処理のパラダイム ……基本、MIMD/SIMD/SIMTの違い
◆Column ARMv7のプレディケート実行機能
## 2.5 まとめ
# 第3章 [基礎知識]GPUと計算処理
## 3.1 3Dグラフィックスの基本 ……OpenGLのレンダリングパイプラインを例に
## 3.2 グラフィックス処理を行うハードウェアの構造 ……Intel HD Graphics Gen 9 GPUの例
## 3.3 [速習]ゲームグラフィックスとGPU ……ハードウェアとソフトウェア、進化の軌跡 ・特別寄稿 西川 善司
## 3.4 科学技術計算、ニューラルネットワークとGPU ……高い演算性能で用途が拡大
## 3.5 並列計算処理 ……プロセッサのコア数の増加と、計算/プログラムの関係
## 3.6 GPUの関連ハードウェア ……メモリ容量、バンド幅、CPUとの接続、エラーと対策
## 3.7 まとめ
# 第4章 [詳説]GPUの超並列処理
## 4.1 GPUの並列処理方式 ……SIMDとSIMT
## 4.2 GPUの構造 ……NVIDIA Turing GPU
◆Column ディープラーニングの計算と演算精度
◆Column RISCとCISC
## 4.3 AMDとArmのSIMT方式のGPU ……AMD RDNAアーキテクチャとArm Bifrost GPU
## 4.4 GPUの使い勝手を改善する最近の技術 ……ユニファイドメモリ、細粒度プリエンプション
## 4.5 エラーの検出と訂正 ……科学技術計算用途では必須機能
◆Column ACEプロトコルとACEメモリバス
## 4.6 まとめ
# 第5章 GPUプログラミングの基本
## 5.1 GPUの互換性の考え方 ……完全な上位互換は難しい状況
## 5.2 CUDA ……NVIDIAのGPUプログラミング環境
## 5.3 OpenCL ……業界標準のGPU計算言語
## 5.4 GPUプログラムの最適化 ……性能を引き出す
## 5.5 OpenMPとOpenACC ……ディレクティブを使うGPUプログラミング
## 5.6 まとめ
# 第6章 GPUの周辺技術
## 6.1 GPUのデバイスメモリ ……大量データを高速に供給
## 6.2 CPUとGPU間のデータ伝送 ……PCI Express関連技術、NVLink、CAPI
## 6.3 まとめ
◆Column AMD HIP
# 第7章 GPU活用の最前線
## 7.1 ディープラーニングとGPU ……ニューラルネットワークの基本から活用事例まで
## 7.2 3DグラフィックスとGPU ……広がる3D事例
## 7.3 スマートフォン向けSoC ……機能向上と電池や消費電力とのバランス
## 7.4 スーパーコンピュータとGPU ……高い演算性能を求めて
## 7.4 まとめ
◆Column Apple M1とそのGPU
# 第8章 ディープラーニングの台頭とGPUの進化
## 8.1 ディープラーニング用のハードウェア ……数値計算の精度と性能
## 8.2 各社のAIアクセラレータ ……TPU、Tensorコア、Efficiera、Goya/Gaudi、MLプロセッサ、Wafer Scale Engine
◆Column RoCE ……Remote DMA on Converged Ethernet
## 8.3 ディープラーニング/マシンラーニングのベンチマーク ……MLPerfの基本
## 8.4 エクサスパコンとNVIDIA、Intel、AMDの新世代GPU ……最先端のコンピュータが牽引する新技術
## 8.5 今後のLSI、CPUはどうなっていくのか? ……半導体の進歩、高性能CPU
## 8.6 GPUはどうなっていくのか ……さらなる進化の方向性
## 8.7 まとめ

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
ハードウェアレベルの話から各種応用からプログラミングパラダイムまで、隙なくGPU周りのトピックをカバーしていて非常によかったです。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
大幅に改訂され、最新の情報が追加されている。
本書でGPUに関し一通りの最新の基本知識を得る事ができる。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:Hisa Ando
●著者 Hisa Ando シリコンバレーで、1990年代に先端プロセッサの開発に従事。現在はフリーのテクニカルライターとして、プロセッサやスーパーコンピュータ関係の報道や解説を中心に活動している。『コンピュータ設計の基礎』(マイナビ出版、2010)、『プロセッサを支える技術』(技術評論社、2011)などコンピュータアーキテクチャ関係の7冊の著書がある。また、ブログでプロセッサ関係の話題を紹介している。博士(工学)。●特別寄稿(3.3節) 西川 善司 Zenji Nishikawa(トライゼット)●技術監修(5.2~5.4/6.2/7.1~7.2/8.4節の一部) 成瀬 彰 Akira Naruse(NVIDIA)


↓全て表示↑少なく表示

  

画像生成系AI Stable Diffusionゲームグラフィックス自動生成ガイド

画像生成系AI Stable Diffusionゲームグラフィックス自動生成ガイド
(著)クロノス・クラウン柳井政和
発売日 2023/08/18
総合評価
(3.1)
(2024/02/23 12:19時点)
ゲーム開発もAIを活用する時代に!
画像生成系AI「Stable Diffusion」にゲームグラフィックスを描かせてみよう。

【本書で生成するゲームグラフィックス】
・キャラクター(人やクリーチャーなど)
・背景(自然景観、ファンタジー風、絵画風、学校、繁華街、都市、SF、サイバーパンク風など)
・UIパーツ(トレーディングカード風、木材など)
・アプリアイコン
・アイテム(宝箱、ポーション、剣、盾など)
・RPGマップ

【本書で紹介する生成テクニック】
・良好な結果を得やすいプロンプト、ネガティブプロンプト
・手書きラフからの生成
・キャラクターにポーズを付ける方法
・キャラクターをAIに学習させる方法
・既定サイズ以外のサイズで生成する
・img2imgでクオリティ向上
・Inpaintによるゴミデータ除去
・ChatGPT連携(シーン紹介文生成、キャラクター設定生成、会話文生成など)

【本書の目次】
■第1部 環境構築と基礎知識
第1章 ローカルでの環境構築
第2章 オンラインでの環境構築
第3章 基礎知識
第4章 呪文理論

■第2部 キャラクターの生成
第5章 キャラクターの生成
第6章 キャラクターにポーズを付ける
第7章 キャラクターを学習させる

■第3部 背景の生成
第8章 背景の生成1 ファンタジー
第9章 背景の生成2 現代
第10章 背景の生成3 SF
第11章 背景の生成4 サイバーパンク

■第4部 ゲーム素材の生成
第12章 武器や道具の生成
第13章 アイコンの作成
第14章 絵地図の生成
第15章 UI部品のテクスチャの生成

■第5部 文章データの生成
第16章 ChatGPTとの連携1 画像に添える文書の生成
第17章 ChatGPTとの連携2 キャラクター設定と会話の生成

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
発売初日にザッと見た感じのレビューです。
Stable Diffusionを扱う上での基本からゲームへの特化は進んでいくような形。
ネットで散乱している情報を体系的に理解しやすい良書。

ただ実践編で「どのようなことを考えてそのプロンプトを入力したのか」がわかりにくいところがあり(書いてある記号等にどのような効果があるかは序盤の方に書いてはいるが)、そこが惜しいと感じた。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

リアルタイムグラフィックスの数学 ― GLSLではじめるシェーダプログラミング

リアルタイムグラフィックス技術の根本に数学あり! ゼロからしくみをしっかり理解したいあなたに。

本書はリアルタイムグラフィックスの基本を理解するための解説書です。
リアルタイムグラフィックス、つまり「即時に生成される」グラフィックスはいまやゲームからビデオチャットまで広く利用されており、多くの方が目にするものになっています。この技術の根本には数学があり、数学的知識を身につけることで、多様なグラフィックスを生み出すコードの中身、グラフィックス生成のしくみを、きちんと理解できるようになります。
ゼロからしっかり理解したいと考える方に、本書は断然おすすめです。

(こんな方におすすめ)
・多様なグラフィックスを生み出すコードの中身、グラフィックス生成のしくみをゼロからしっかり理解したいと考える方

(目次)
第0章 Hello World
  0.1 OpenGL,WebGL,GLSLについて知っておくべき最小限のこと
  0.2 フラグメントカラー
  0.3 ビューポート解像度とフラグメント座標

第Ⅰ部 アート・オブ・ノイズ

第1章 補間
  1.1 線形補間とグラデーション
  1.2 階段関数によるポスタリゼーション
  1.3 極座標を使ったマッピング

第2章 疑似乱数
  2.1 レガシー
  2.2 進数表示とビット演算
  2.3 ビット演算を使ったハッシュ関数

第3章 値ノイズ
  3.1 値ノイズの構成法
  3.2 グラデーションの滑らかさと微分
  3.3 偏微分と勾配

第4章 勾配ノイズ
  4.1 勾配ノイズの構成法
  4.2 パーリンノイズ

第5章 ノイズの調理法
  5.1 再帰
  5.2 画像処理

第Ⅱ部 距離がつくりし世界

第6章 胞体ノイズ
  6.1 第1近傍距離とボロノイ分割
  6.2 胞体ノイズの構成

第7章 距離とSDF
  7.1 2次元SDF
  7.2 物差しを変える

第8章 3Dレンダリング
  8.1 天地創造
  8.2 SDF形状のレンダリング

第9章 SDFの調理法
  9.1 モデリング
  9.2 空間の操作


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1部 アート・オブ・ノイズ(補間
疑似乱数
値ノイズ
勾配ノイズ
ノイズの調理法)
第2部 距離がつくりし世界(胞体ノイズ
距離とSDF
3Dレンダリング
SDFの調理法)
Users Voice
数学に苦手意識がありましたが、何度も繰り返し読むとなんだか分かった気になって、次のページに進むのが楽しみになっていました。
まさか、60ページ強でパーリンノイズのアルゴリズムを理解できるとは!
難解なことに違いはありませんが、
僕はこの本が好きです (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
巴山竜来(ハヤマタツキ)
1982年奈良県生まれ。大阪大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。専修大学経営学部准教授。専門は数学(とくに複素幾何学)、および数学のCG・デジタルファブリケーションへの応用。寺院の改修事業や西陣織の研究開発など、建築やテキスタイルにおける協業にも参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版

ゲーム制作者を目指す人は必携の3DCG基礎知識解説書!

2013年に刊行の『増補改訂版(第2版)』をさらに改訂! !
2013年以降、現在に至るまでのゲームグラフィックス技術情報も網羅してアップデート。
新章「Chapter 11 トゥーン・シェーディング」では、今注目のテレビアニメ調表現技術を解説。3Dグラフィックスを2次元アニメのように表示させるテクニックを、カプコンのストリートファイター5などの実例を見ながら理解できます。

ゲーム制作現場において必須となる3Dグラフィックスの基礎知識から、実際のゲームで実装されている様々な表現技術の概要までを、この1冊で広く学べます。
本文中には実際のゲーム画面や開発画面・図版を多数掲載しており、開発初心者の人や学生でも分かりやすく解説しています。

▼目次▼
Chapter 1 リアルタイム3Dグラフィックス技術の進化の系譜
Chapter 2 3Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン
Chapter 3 微細凹凸表現の基本形「法線マップ」とその進化形
Chapter 4 動的影生成の主流「デプスシャドウ技法」とその進化形
Chapter 5 ジオメトリシェーダとは何か
Chapter 6 DirectX 11のテッセレーション
Chapter 7 HDRレンダリング
Chapter 8 水面表現の仕組み
Chapter 9 人肌表現の仕組み
Chapter 10 大局照明技術
Chapter 11 トゥーン・シェーディング

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1 リアルタイム3Dグラフィックス技術の進化の系譜
2 3Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン
3 微細凹凸表現の基本形「法線マップ」とその進化形
4 動的影生成の主流「デプスシャドウ技法」とその進化形
5 ジオメトリシェーダとは何か
6 DirectX 11のテッセレーション
7 HDRレンダリング
8 水面表現の仕組み
9 人肌表現の仕組み
10 大局照明技術
11 トゥーン・シェーディング

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
初版が09年9月(あとで古本で買った)。13年に増補改訂版、そして19年にこの改訂3版。93年にSEGAのバーチャファイターとナムコのリッジレーサー、翌年にそれぞれ家庭用ゲーム機(プレステとサターン)に移植。Windowsが本格的に3D絵に対応するのは99年のDirectX7から。360とPS3がDirectX9対応。Vistaが10、Win7が11(09年)。2015年、Win10とDirectX12。11と12は互換性なく、12はほぼゲーム専用(リアルタイム性の重視)。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/735357 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
今までshaderなどの勉強をしていて、その技術は学べても、そこに至るまでの経緯や、類似手法などとの差など理解していないことが多かった。
この本では、そういった部分が事細かく解説されているため、ブラックボックスな部分があるとモヤモヤする人にとってはとても良い本だと思う。
なぜその技法が使われるのか。
これが分かるだけで理解度というのはかなり違います。
これから勉強を使用とする初心者の方。
若しくは勉強途中の方。
どちらの人が手を取っても満足のいく本だと思います。
ただ、注意点としてはコードなどが書いてある訳では無いです。あくまでも技術に対しての理解を深めるための本です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
西川善司(ニシカワゼンジ)
テクニカルジャーナリスト。東京工芸大学特別講師(現職)および工学院大学特任教授(2020年4月より)。PC、ゲーム機、映像デバイス、自動車のハードウェア技術動向のほか、ゲーム開発、AI・ディープラーニングなどのソフトウェア関連技術の記事執筆を手掛ける。2005年よりマイクロソフトMost Valuable Professional AwardのEntertainment-XNA/Xbox/DirectX部門を15年連続受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

Unity ゲームエフェクト マスターガイド

Unity ゲームエフェクト マスターガイド
(著)秋山 高廣
発売日 2019/07/19
総合評価
(4.3)
(2024/02/23 12:16時点)
ゲームエフェクト制作現場における必携の1冊

本書は、Unity上でゲームエフェクトを制作していく過程を解説した書籍です。Shader Graphを使用してシェーダーを作成し、Shurikenでエフェクト制作する過程を解説していきます。またHoudiniなどのDCC(Digital Content Creation)ツールを使ったリソース制作の方法についても解説しています。
Shurikenだけに的を絞った本ではなく、エフェクトに必要なシェーダー制作、リソース制作などにも踏み込んで解説しており、内容とレベルで妥協はありません。ゲームエフェクトの制作現場における必携の1冊です。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter 1 エフェクトの概要
1-1 エフェクトとは、パーティクルとは
1-2 本書で使用するツール
1-3 エフェクト制作のワークフロー
1-4 Unityの画面説明
1-5 エフェクトのフォルダ構成と管理
1-6 エフェクトで使用するマテリアルとシェーダー
1-7 作成した素材の読み込みと設定方法
Chapter 2 パーティクルエディタの概要
2-1 エディタとモジュールの説明
2-2 カラーとカーブエディタの使用方法
2-3 テクスチャアニメーションとUVスクロール
2-4 Custom Vertex Streamとプリセット機能
Chapter 3 各モジュールの働き
3-1 Mainモジュール
3-2 EmissionモジュールとShapeモジュール
3-3 Velocity系モジュール
3-4 Color系モジュール
3-5 SizeモジュールとRotation系モジュール
3-6 NoiseモジュールとExternal Forcesモジュール
3-7 CollisionモジュールとTriggerモジュール
3-8 Sub EmitterモジュールとTexture Sheet Animationモジュール
3-9 LightモジュールとTrailモジュール
3-10 RendererモジュールとCustom Dataモジュール
Chapter 4 基本的なエフェクトの作成
4-1 舞い上がる木の葉エフェクトの作成
4-2 流星エフェクトの作成
4-3 防御エフェクトの作成
4-4 移動するキャラクタから発生するバフエフェクトの作成
Chapter 5 バリアエフェクトの作成
5-1 バリアエフェクトの作成
5-2 Houdiniの基礎知識
5-3 Houdiniを使った球体状メッシュの作成
5-4 Shader Graphを使ったシェーダーの作成
5-5 マテリアルからのパラメータの調整
5-6 半球状メッシュのエフェクトの組み合わせ
Chapter 6 闇の柱エフェクトの作成
6-1 闇の柱エフェクトの作成
6-2 メッシュの作成
6-3 シェーダーの作成
6-4 エフェクトの組み立て
6-5 柱の周りを旋回するダストパーティクルの作成
6-6 螺旋状に上昇するトレイルの制作
Chapter 7 ビームエフェクトの作成
7-1 電撃属性ビームエフェクトの作成
7-2 電撃シェーダーの作成
7-3 シェーダーの完成
7-4 チャージ時のライトと光の粒の作成
7-5 チャージ完了時のフラッシュとコアの作成
7-6 ビームエフェクトの完成
Chapter 8 斬撃エフェクトの作成
8-1 地面に叩きつける斬撃エフェクトの作成
8-2 トゥーン系シェーダーの作成
8-3 シェーダーの改良
8-4 斬撃エフェクトの作成
8-5 インパクトエフェクトの作成
8-6 インパクトエフェクトへの要素の追加
Chapter 9 テクスチャの制作
9-1 Substance Designerを使ったテクスチャ作成
9-2 SubstanceテクスチャのUnityでの使用方法
9-3 AfterEffectsを使ったテクスチャ作成
9-4 CC Kaleida(万華鏡)エフェクトを使った素材の作成

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
少しunityのバージョンが古いものになっていますが、日本語で細かくここまでエフェクトを説明しているものが少ないので、本当に重宝します。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ある程度Unityについて知っている人向けだとは思いました。ゲームエフェクトに限って言えば、かなり親切に説明されているので使い勝手がいいと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
パーティクルを初歩から教えてほしいという人には、
うってつけな本だと思いました。
非常に丁寧に、それでいて重要そうな項目をピックアップしながら、
パーティクルの各パラメーターを説明しつつ、
サンプルのパーティクルを作成していきます。
項目を見てなんとなくわかったつもりでいたところや、
そもそもよくわからなかったところの理解が深まりました。
Shader Graph を利用した章、
Unity も含め Houdini、Substance を利用した章と、
範囲も広く展開してくれていて、色々なことのイメージもつきやすかったです。
要所要所では現場対応のような項目も良く、例えば、
P.132 のダミーパーティクル(Hierarchyのトップにある何も設定されていないパーティクル)を配置することで、その配下のパーティクルを再生させる方法や、
P.446 の業務でエフェクトを作成する場合の相違点など、本と業務の乖離(わかりやすさとパフォーマンス)みたいな説明も、有用だったなと思いました。
Unity に慣れてきて、パーティクルの第一歩を踏み出したい人にはぜひ。
ちなみにこの本は Unity 2018.2 を前提に書かれていますが、
私は Unity 2021.1 でやりましたが特に問題を感じませんでした。
まだまだ全然いけると思います。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:秋山 高廣
ゲームエフェクトの制作、監修を専門的に行う合同会社Flypot(フライポット)の代表。
お仕事お待ちしております!
http://flypot.jp/


  

HLSL シェーダーの魔導書 シェーディングの基礎からレイトレーシングまで

◆◆電子書籍版はキャプチャ画像等、◆◆
◆◆一部図版をカラーで提供しています。◆◆

光を自在に操るための
基本の技術を手に入れろ。

DirectXだけでなくUnityでも使われているシェーダー言語HLSL。
本書は、グラフィックスプログラマやテクニカルアーティストをめざす人が、
ハンズオン形式の豊富なサンプルを使って、3Dグラフィックを演出するシェーディング技術を
学ぶための教科書です。

本書では、サンプルプログラムとして、DirectX 12のコーディングをほとんど意識せず、
HLSLプログラミングに集中できるようなミニエンジンが提供されます。

シェーダーの基礎であるレンダリングパイプラインから、最新技術であるレイトレーシングまで、
本書を読めば、あなたもグラフィックスプログラマの仲間入りです!

~本書の内容~
・Chapter 1:レンダリングパイプライン入門
・Chapter 2:はじめてのシェーダー
・Chapter 3:シェーダープログラミングの基本(2)
・Chapter 4:ライティング基礎
・Chapter 5:ライティング発展
・Chapter 6:さまざまなテクスチャの利用
・Chapter 7:PBR(物理ベースレンダリング)
・Chapter 8:2D描画の基礎
・Chapter 9:発展的な2D描画
・Chapter 10:ポストエフェクト
・Chapter 11:シャドウイング
・Chapter 12:ディファードレンダリング
・Chapter 13:ディファードレンダリングとフォワードレンダリングの融合
・Chapter 14:3Dゲームで使える発展的シェーダー
・Chapter 15:コンピュートシェーダー
・Chapter 16:TBR(Tile Based Rendering)
・Chapter 17:レイトレーシング

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter 1 レンダリングパイプライン入門
1.1 CPUとGPU
1.2 メインメモリとグラフィックスメモリ
1.3 絵が表示されるまでの流れ
Chapter 2 はじめてのシェーダー
2.1 DirectX 7.1以前のレンダリングパイプライン
2.2 シェーダーの導入
2.3 頂点シェーダー入門
2.4 ピクセルシェーダー入門
Chapter 3 シェーダープログラミングの基本
3.1 座標変換
3.2 テクスチャマッピング
3.3 複雑な3Dモデルの表示へ
Chapter 4 ライティング基礎
4.1 ライティングなしの3Dモデル表示
4.2 ライトの種類
4.3 反射:Phongの反射モデル
Chapter 5 ライティング発展
5.1 ポイントライト
5.2 スポットライト
5.3 リムライト
5.4 半球ライト
Chapter 6 さまざまなテクスチャの利用
6.1 法線マップ
6.2 スペキュラマップ
6.3 アンビエントオクルージョンマップ(AOマップ)
Chapter 7 PBR(物理ベースレンダリング)
7.1 PBRとは
7.2 ディズニーの論文によるPBR
Chapter 8 2D描画の基礎
8.1 DirectX 12で2D描画
8.2 2D表示
8.3 αブレンディング
Chapter 9 発展的な2D描画
9.1 リニアワイプ
9.2 その他のワイプ
9.3 画像の色を変化させる
Chapter 10 ポストエフェクト
10.1 オフスクリーンレンダリング
10.2 モノクロ化
10.3 ブラー
10.4 ブルーム
10.5 川瀬式ブルームフィルター
10.6 被写界深度
10.7 カメラの絞りによる六角形ブラー
Chapter 11 シャドウイング
11.1 投影シャドウ
11.2 デプスシャドウ
11.3 PCF(Percentage Closer Filtering)
11.4 VSM(Variance Shadow Maps)
11.5 カスケードシャドウ
Chapter 12 ディファードレンダリング
12.1 フォワードレンダリングとは
12.2 ディファードレンダリングとは
12.3 ディファードレンダリングのメリット
12.4 ディファードレンダリングのデメリット
12.5 ディファードレンダリング入門~拡散反射~
12.6 ディファードレンダリング入門~鏡面反射~
12.7 ディファードレンダリング入門~法線マップ~
12.8 ディファードレンダリング入門~スペキュラマップ~
Chapter 13 ディファードレンダリングとフォワードレンダリングの融合
13.1 半透明問題
13.2 ハイブリッドエンジンの実装
Chapter 14 3Dゲームで使える発展的シェーダー
14.1 レンダリングエンジン
14.2 レンダリングエンジンのカスタマイズ
14.3 輪郭線の描画
14.4 ステルス処理
14.5 ディザリング
Chapter 15 コンピュートシェーダー
15.1 GPGPUとは
15.2 コンピュートシェーダーとは
15.3 データの入力と出力
15.4 構造化バッファー
15.5 アンオーダーアクセスビューとシェーダーリソースビュー
15.6 学生の平均点を計算するプログラムを眺めてみる
15.7 合計点を出力するように改造する
15.8 標準偏差を計算する
15.9 コンピュートシェーダーの並列処理
Chapter 16 TBR(Tile Based Rendering)
16.1 ポイントライト再び
16.2 TBDR(Tile Based Deffered Rendering)
16.3 TBFR(Tile Based Forward Rendering)
Chapter 17 レイトレーシング
17.1 レイトレーシングとは
17.2 レイトレーシング法とラスタライザー法の違い
17.3 レイトレーシング超入門
17.4 テクスチャマッピング
17.5 2次反射
17.6 DirectX Raytracing(DXR)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
学校の先生のおすすめとのことで この商品を購入しました。 細かく説明されていてわかりやすく買って正解でした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
『HLSL シェーダーの魔導書』ということですが、HLSLを学ぶための本というわけではありません。
それよりもレンダリングとは一体どういうものか、どういうことをやっているのか、
その中で、じゃあシェーダーがどういう機能や処理を担っているのか、
ということをコードを実際に見ていきながら学んでいくことの出来る一冊です。
魔導書、というバズワードは気にしないでください。
素人判断ですが、自分としては『レンダリングとは』を学ぶための一冊だと思いました。

なので、この本を読む前提として、ある程度のコードの読み書きが出来ることを求められるかと思います。
シェーダーとはGPUに対する命令文であり、GPU外部での処理についてはC++で書かれているからです。
まったくのプログラミング初心者がこの本を読むのは難しいかもしれません。しかし、買ってそばに置いておいても良い本ではあります。

グラフィック周りの基礎を身につけたいなら、『今すぐ買え!』というのが私の評価です。
ネットで色々調べ始める前に、まずこの本を買ってしまうことをお勧めします。
それが一番早いと思います。全ての内容が分からなくても、間違いなく道しるべになってくれる本です。
去年の2021年6月発売の出て半年ばかりの本ですが、もっと早くにこんな本があったらなぁと思いました。

グラフィックエンジニアを目指す人には良き入門書、
私のようなグラフィクスが専門でない者にとっては、
レンダリング周りに対する基礎知識、判断能力を授けてくれるガイドブックとして、
3Dレンダリングに関する書籍において今後のマイルストーンになる一冊なのではないだろうかと思います。
Unityなどのゲームエンジンを使う上でも、この本でようやく点と点が繋がった部分が非常に多いです。

惜しむらくは、誤字脱字がそこそこあるという部分でしょうか。AverageがAvarageになっていたり、
二分木が二分岐になってたり、大丈夫か?という誤植も多いのですが、
そもそも片手で持つのも大変な分厚い、文量がとても多い本なわけで、そこはまぁしょうがないでしょう。
そういう細かい部分を除けば、本としても良くできたモノになっていると思うので、
第二版、第三版と買っていきたいな、と既に思える一冊です。

近所の本屋で購入しましたが、せっかくなのでレビューを書かせていただきました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
清原隆行(キヨハラタカユキ)
大阪のゲーム開発会社で13年間勤務し、国内だけでなく、海外のゲーム制作にも関わる。主にC++、DirectX、OpenGLなどを利用したコンソールゲーム機のゲーム制作で、ゲームAI、開発ツール制作、DirectXを用いたリアルタイムグラフィックプログラム、最適化などの業務を行ってきた。現在は、愛媛県のゲーム系の専門学校で、主にゲーム制作とCGプログラミングの授業を担当し、後進の育成に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

   

ゲームグラフィックスの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「ゲームグラフィックスの本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2024/02/23 12:19 更新)
Rank製品価格
1
ゲームグラフィックス 2014 CGWORLD特別編集版 (Works books)
発売日 2014/09/17
佐藤 カフジ, 高木 貞武, 武田 かおり (ワークスコーポレーション)
総合評価
(5)
770円
3,960円
2
ゲームグラフィックス 2018 CGWORLD特別編集版
発売日 2018/09/08
(ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
1,037円
売り切れ
3,960円
3,960円
3
ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版
発売日 2016/09/07
CGWORLD編集部 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
3,550円
3,881円
3,960円
3,960円
4
ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版
発売日 2017/09/19
CGWORLD編集部 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.7)
5,200円
3,960円
3,960円
2,308円
5
ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版
発売日 2019/12/20
西川 善司 (インプレス)
総合評価
(4.6)
4,400円
(+132pt)
3,960円
4,400円
4,400円
 

ゲームグラフィックス 2014 CGWORLD特別編集版 (Works books)

ゲームグラフィックス 2014 CGWORLD特別編集版 (Works books)
(著)佐藤 カフジ, 高木 貞武, 武田 かおり
発売日 2014/09/17
総合評価
(5)
(2024/02/23 12:19時点)
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載されたゲーム作品のグラフィック制作メイキング集、2014年度版が登場!
今年度版では、PS4をはじめとする新プラットフォーム向けのタイトルや、
成長著しいモバイルゲームも採り入れたバラエティ豊かなラインナップとなっています。

●本書のポイント
・CGWORLD未掲載の新規トピックや各種素材の掲載
・小さくて見えにくかった画像を拡大表示して見やすく再編
・各ページごとに制作ツール/プラットフォーム/制作工程の3つをインデックス化

キャラクターから背景まで。モデリング、アニメーション、ライティング、エフェクトなど、
各社独自の制作ノウハウがここまでじっくり読めるのは本書だけ。
ゲーム開発関係者なら必読・必携のメイキング資料集です。


●収録タイトル

龍が如く 維新!
KNACK
真・三國無双7 with 猛将伝
D4:Dark Dreams Don't Die
アーマード・コア ヴァーディクトデイ
フリーダムウォーズ
ポケットモンスター X・ポケットモンスター Y
GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
ガンスリンガー ストラトス2
Eden to Green
LINEフィッシュアイランド
ケリ姫スイーツ


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
内容も最高で最高ですわ
わいはうれCです
じゃけん皆も買いましょうね~ACVDの記事がお勧めやで~ (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲームグラフィックス 2018 CGWORLD特別編集版

3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載された
ゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した事例集!

2018年版は『モンスターハンター:ワールド』(PS4/PC)を50ページを超える大ボリュームで解説!
さらに、PS4などハイスペックな今世代機や話題のPS VR、ますますクオリティの高まるアプリゲームまで
人気タイトルを幅広くラインナップしました!


●収録予定タイトル
モンスターハンター:ワールド
真・三國無双8
ソニックフォース
New みんなのGOLF
二ノ国II レヴァナントキングダム
Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ
ゼノブレイド2
乖離性ミリオンアーサーVR
CARAVAN STORIES
神式一閃 カムライトライブ


●本書のポイント
CGWORLD掲載時に小さくて見えにくかった画像を拡大表示して見やすく再編
キャラクターから背景まで。モデリング、アニメーション、ライティング、エフェクトなど、
各社独自の制作ノウハウがここまでじっくり読めるのは本書だけ。
ゲーム開発関係者、ゲーム業界を目指す学生にオススメのメイキング資料集です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版

ゲームグラフィックス 2016 CGWORLD特別編集版
(著)CGWORLD編集部
発売日 2016/09/07
総合評価
(4.7)
(2024/02/23 12:19時点)
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載されたゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した2016年版の事例集!
今年度版では、PS4などハイスペックな今世代機向けやアーケードの人気タイトルを豊富にラインナップしました!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Feature(METAL GEAR SOLID 5 THE PHANTOM PAIN)
Game Making(ストリートファイター5
GUILTY GEAR Xrd-REVELATOR-
ガンスリンガーストラトス3
DARK SOULS 3
艦これアーケード
イグジストアーカイヴ
聖闘士星矢ソルジャーズ・ソウル
バイオハザードアンブレラコア
NARUTO-ナルトー疾風伝ナルティメットストーム4)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/67021 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
If you love games, or game development, want to know the making of those good game, how they do it, you should get this series ! (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版

ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編集版
(著)CGWORLD編集部
発売日 2017/09/19
総合評価
(4.7)
(2024/02/23 12:19時点)
3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載されたゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した2017年版の事例集!今年度版では、PS4などの今世代機向けやアーケードゲーム、話題のPS VRまで、人気タイトルを豊富にラインナップしました!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
年鑑。やっと一般販売で買えた。たけー。ニーアオートマタ、プリパラ、サマーレッスンについてまとめて読めたのが非常に興味深かった。レースゲームがグラフィックの第一線じゃないんだなー、とつくづく感じた。GTスポーツ、プロジェクトカーズ2は来年か、それとも本誌なんかな。やっぱりレースゲームのグラフィックに一番興味を惹かれますね。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
業務上、まったく知識が無くても一次的に3Dデータの確認がくることがあるので、せめて好きなゲームをきっかけに興味を持てればと購入しました。
読んでみて知識が無くても面白い内容でした。

3Dやゲームを作る人には別の価値があるのかもしれません。
ただ、アナログ/デジタル関わらず趣味で絵を描く私としては、画面のRGBガンマを状況ごとに処理するロジックや画面栄えのさせ方の説明がとてもしっくりきました。あまり1枚絵の描き方の本には無い方法論なので、いつもとは違う視点で画面を考えたい方には面白い内容かと思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版

ゲーム制作者を目指す人は必携の3DCG基礎知識解説書!

2013年に刊行の『増補改訂版(第2版)』をさらに改訂! !
2013年以降、現在に至るまでのゲームグラフィックス技術情報も網羅してアップデート。
新章「Chapter 11 トゥーン・シェーディング」では、今注目のテレビアニメ調表現技術を解説。3Dグラフィックスを2次元アニメのように表示させるテクニックを、カプコンのストリートファイター5などの実例を見ながら理解できます。

ゲーム制作現場において必須となる3Dグラフィックスの基礎知識から、実際のゲームで実装されている様々な表現技術の概要までを、この1冊で広く学べます。
本文中には実際のゲーム画面や開発画面・図版を多数掲載しており、開発初心者の人や学生でも分かりやすく解説しています。

▼目次▼
Chapter 1 リアルタイム3Dグラフィックス技術の進化の系譜
Chapter 2 3Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン
Chapter 3 微細凹凸表現の基本形「法線マップ」とその進化形
Chapter 4 動的影生成の主流「デプスシャドウ技法」とその進化形
Chapter 5 ジオメトリシェーダとは何か
Chapter 6 DirectX 11のテッセレーション
Chapter 7 HDRレンダリング
Chapter 8 水面表現の仕組み
Chapter 9 人肌表現の仕組み
Chapter 10 大局照明技術
Chapter 11 トゥーン・シェーディング

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1 リアルタイム3Dグラフィックス技術の進化の系譜
2 3Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン
3 微細凹凸表現の基本形「法線マップ」とその進化形
4 動的影生成の主流「デプスシャドウ技法」とその進化形
5 ジオメトリシェーダとは何か
6 DirectX 11のテッセレーション
7 HDRレンダリング
8 水面表現の仕組み
9 人肌表現の仕組み
10 大局照明技術
11 トゥーン・シェーディング

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
初版が09年9月(あとで古本で買った)。13年に増補改訂版、そして19年にこの改訂3版。93年にSEGAのバーチャファイターとナムコのリッジレーサー、翌年にそれぞれ家庭用ゲーム機(プレステとサターン)に移植。Windowsが本格的に3D絵に対応するのは99年のDirectX7から。360とPS3がDirectX9対応。Vistaが10、Win7が11(09年)。2015年、Win10とDirectX12。11と12は互換性なく、12はほぼゲーム専用(リアルタイム性の重視)。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/735357 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
今までshaderなどの勉強をしていて、その技術は学べても、そこに至るまでの経緯や、類似手法などとの差など理解していないことが多かった。
この本では、そういった部分が事細かく解説されているため、ブラックボックスな部分があるとモヤモヤする人にとってはとても良い本だと思う。
なぜその技法が使われるのか。
これが分かるだけで理解度というのはかなり違います。
これから勉強を使用とする初心者の方。
若しくは勉強途中の方。
どちらの人が手を取っても満足のいく本だと思います。
ただ、注意点としてはコードなどが書いてある訳では無いです。あくまでも技術に対しての理解を深めるための本です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
西川善司(ニシカワゼンジ)
テクニカルジャーナリスト。東京工芸大学特別講師(現職)および工学院大学特任教授(2020年4月より)。PC、ゲーム機、映像デバイス、自動車のハードウェア技術動向のほか、ゲーム開発、AI・ディープラーニングなどのソフトウェア関連技術の記事執筆を手掛ける。2005年よりマイクロソフトMost Valuable Professional AwardのEntertainment-XNA/Xbox/DirectX部門を15年連続受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

   

ゲームグラフィックス参考書「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したゲームグラフィックス参考書の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2024/02/23 12:16 更新)
製品価格
Unreal Engine 5ではじめる! 3DCGゲームワールド制作入門
発売日 2023/11/04
梅原 政司 (技術評論社)
総合評価
(3.8)
3,520円
(+160pt)
3,450円
(+157pt)
3,520円
画像生成系AI Stable Diffusionゲームグラフィックス自動生成ガイド...
発売日 2023/08/18
クロノス・クラウン柳井政和 (秀和システム)
総合評価
(3.1)
2,640円
2,138円
2,367円
2,860円
(+180pt)
2,803円
(+177pt)
2,860円
2,860円
3,960円
(+119pt)
3,960円
3,960円
Direct3D12 ゲームグラフィックス実践ガイド
発売日 2021/10/12
Pocol (技術評論社)
総合評価
(4.4)
4,378円
(+132pt)
4,290円
(+129pt)
4,378円
4,378円
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
Unityゲーム プログラミング・バイブル
発売日 2021/06/29
吉谷幹人, 布留川英一, 一條貴彰, 西森丈俊 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.1)
4,400円
5,060円
(+152pt)
4,554円
5,060円
5,060円
3,608円
(+109pt)
3,536円
(+107pt)
3,608円
3,608円
たのしい2Dゲームの作り方 Unityではじめるゲーム開発入門
発売日 2021/02/17
STUDIO SHIN (翔泳社)
総合評価
(4.4)
1,767円
2,653円
2,948円
2,948円
Unity C# ゲームプログラミング入門 2020対応
発売日 2021/01/12
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.5)
1,931円
3,029円
3,366円
3,740円
ゲームグラフィックス 2020 CGWORLD特別編集版
発売日 2020/09/30
CGWORLD編集部 (ボーンデジタル)
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
3,960円
3,960円
3,960円
4,554円
2,955円
3,564円
3,960円
4,400円
3,058円
2,997円
3,058円
3,058円
ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術 改訂3版
発売日 2019/12/20
西川 善司 (インプレス)
総合評価
(4.6)
4,400円
(+132pt)
3,960円
4,400円
4,400円
ゲームグラフィックス 2019 CGWORLD特別編集版
発売日 2019/09/22
(ボーンデジタル)
総合評価
(4.4)
305円
売り切れ
3,960円
2,117円
Unreal Engine 4 アクションゲーム ブループリント入門
発売日 2019/08/02
Sig (秀和システム)
総合評価
(4)
4,310円
4,158円
4,158円
4,620円
Unity ゲームエフェクト マスターガイド
発売日 2019/07/19
秋山 高廣 (技術評論社)
総合評価
(4.3)
4,620円
(+139pt)
4,528円
(+137pt)
4,620円
4,620円
1,200円
 

ゲームグラフィックス参考書「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるゲームグラフィックス参考書の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2024/02/23 12:02 更新)
Rank製品価格
1
Unity 3Dゲーム開発ではじめるC#プログラミング impress top gearシリーズ...
発売日 2021/08/23
Harrison Ferrone, 吉川 邦夫 (インプレス)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.4)
3,960円
(+119pt)
1,980円
3,960円
3,960円
2
1,200円
 

動画編:本より高コスパ?「Udemy ゲームグラフィックス おすすめ講座」

Udemyではゲームグラフィックスを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、ゲームグラフィックスの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.4)
総評価数 1704件
2
(4.7)
総評価数 1159件
3
(4.4)
総評価数 226件
4
(4.5)
総評価数 28件
5
ブロック崩しを作って学ぶ!Unityゲーム開発入門
発売日 2020/02/27
受講者 1,627人
通常 27,800円
現在 1,800円
(4.7)
総評価数 319件

関連:ゲーム開発に関する参考書

以下ではゲーム開発全般に有用な書籍をまとめています、合わせてのぞいて見てください。

また、ゲームエンジン「Unity」「Unreal Engine 4」 に関する書籍も以下でまとめています、こちらも合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました