【2021最新】32インチディスプレイ「4K/WQHD/2Kの人気・おすすめ15製品」

こちらでは、ディスプレイ(PCモニター)製品の中でも、広々大画面の快適表示スペースのとれる32インチ(31インチ台含む)のモニターをピックアップ。

32インチともなると解像度も高いほうがせっかくの広い画面を有効活用可能、ただし、高解像度製品は価格も上昇。

そのへんのバランスを見極めるのに、人気と価格を解像度別にもまとめているので参考にしてみてください。

   

32インチディスプレイ(PCモニター) 人気BEST20

以下が32インチモニターの今人気の製品ランキングです。

32インチだと、フルHD(2K)~4Kまで様々な解像度があり、解像度によって大きく価格帯が変わっています。

解像度別の人気製品は後述しています。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.3)
総評価数 4664件
2
BenQ モニター ディスプレイ EW3270U 31.5インチ/4K/HDR/VA/DCI-P3 95%/USB Type-C/HDMI×...
発売日 2018/04/13
通常 56,377円
現在 49,818円
6,559円(12%)OFF!!
(4.3)
総評価数 1171件
3
(4.3)
総評価数 620件
4
(4.3)
総評価数 677件
5
LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ/WQHD/VA非光沢/165Hz/FreeSync Pre...
発売日 2020/12/11
通常 36,600円
現在 32,936円
3,664円(10%)OFF!!
(4.5)
総評価数 105件
6
(4.4)
総評価数 891件
7
(4.1)
総評価数 393件
8
(4.2)
総評価数 746件
9
(4.2)
総評価数 509件
10
(4.2)
総評価数 457件
11
(4.1)
総評価数 816件
12
ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲 WQHD VA HDR 144Hz 1ms HDMI×...
発売日 2019/09/20
通常 58,000円
現在 54,773円
3,227円(6%)OFF!!
(4.4)
総評価数 1040件
13
(4.2)
総評価数 215件
14
(4.2)
総評価数 446件
15
(4.5)
総評価数 320件
16
(4.3)
総評価数 810件
17
(4.3)
総評価数 677件
18
JN-IPS3202WQHD [32インチ IPS-ADS WQHD(2560x1440) 液晶ディスプレイ]
発売日 2020/02/03
通常 31,970円
現在 28,816円
3,154円(10%)OFF!!
(3.8)
総評価数 15件
19
(4.1)
総評価数 28件
20
Acer 4K モニター ディスプレイ OmegaLine 31.5インチ ET322QKwmiipx VA HDMIx2 DisplayP...
発売日 2017/11/10
通常 55,000円
現在 44,800円
10,200円(19%)OFF!!
(4.1)
総評価数 2275件

 

32インチ「4K(2160p)」ディスプレイの人気5製品

以下が32インチクラスでは、最も解像度の高いといえる「4K (3,840×2,160)」の人気製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
BenQ モニター ディスプレイ EW3270U 31.5インチ/4K/HDR/VA/DCI-P3 95%/USB Type-C/HDMI×...
発売日 2018/04/13
通常 56,377円
現在 49,818円
6,559円(12%)OFF!!
(4.3)
総評価数 1171件
2
(4.4)
総評価数 891件
3
(4.1)
総評価数 393件
4
(4.2)
総評価数 215件
5
(4.2)
総評価数 446件

BenQ モニター ディスプレイ EW3270U 31.5インチ/4K/HDR/VA/DCI-P3

  • 31.5インチ、VAパネル 4K HDR対応 エンターテイメントディスプレイ
  • 約10億7000万色の表示色と高いネイティブコントラスト比3000:1のVAパネル採用
  • 95%のDCI-P3色域対応によるリアルな映画視聴体験
  • AMD FreeSyncテクノロジーにより流れるようなゲームプレイを体感
  • HDMI2.0x2、DP1.4、USB-TypeC、と豊富な接続端子
  • スピーカー付(2Wx2)
  • 周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整するブライトネスインテリジェンスPlus技術搭載
  • メタリックグレーのスタイリッシュなデザイン
  • PS4 Pro対応モデル

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ここ10年EIZOの「HD2452W」を用いていましたが、掃除の最中にミスって倒してしまうというドジをしてしまい液晶を破損。
使い物にならなくしてしまいました。
その為、パソコンを操作するためにも速攻でディスプレイを買う必要が生じました。
  
購入する予定なんて無かった為、最新機種に関する情報はゼロ。
そこで、下記を条件にして該当するディスプレイを当日中に購入しようとしました。
  
①4K対応、出来ればHDRにも対応
②サイズは27~31インチ程度
③予算が無いため、可能な限り安い物
④レビュー情報等が、ある程度良い物
  
その結果選択したのが、今回のBenQの「EW3270U」でした。
  
当初は、予算が溜まれば買いなおす覚悟で購入しました。
しかし、当商品には大変満足し、良い意味で予想外となった次第です。
  
  
  
①組み立て
非常に簡単です。
2つのパーツを組み合わせて回すだけで、スタンドのパーツは完成。
それをモニターに差し込んでねじで固定すれば完了です。
ただしこのスタンド、角度調整しか機能がなく上下高さの調整は出来ません。
その点は残念です。
ディスプレイアームにも対応していますので、機能が欲しい方は別途購入の必要があります。
  
②画質
さすが4K・HDR対応です。
これまで利用していたディスプレイと比較して圧倒的でした。
まあ、10年前のディスプレイなので当然ですが(^^;;
映像美については大満足、値段の割に予想以上です。
VAタイプだけあって、黒の発色は素晴らしいものがあります。
また、仮にHDR対応映像ではなかったとしても、当機器には「HDRエミュレート機能」が備わっています。
なかなかの映像美を体験させてもらえます。
  
③B.I.+ 機能
この商品の目玉の1つである「B.I.+」。
ブルーライトカットに加え、周囲の明るさ等を検知して自動で画質を調整してくれます。
この機能のおかげで、目の疲れがかなり軽減されます。
例えば、HDRのみを生かした場合は長時間利用した場合はかなり目が疲れます(私個人の感想)。
そんな時同時にこの「B.I.+」も生かせば、目の疲れはかなり軽減されて長時間利用も可能となりました。
さらにHDRとB.I.+のOn-OFF切り替えは、ディスプレイ右下前面のボタンで簡単に行えます。
これも有難いデザインの1つです。
  
④視野角
あまり心配する必要が無いかと思います。
予想以上に視野角は広く、通常の使用方法であれば全く問題がありません。
意図的にとんでもない角度から見た場合は、さすがに支障はありますが・・・・・
  
⑤応答速度
仕様上「9ms」とちょっと弱くなっています。
ただ、色々とテストしてみたところ思ったよりは支障を感じません。
この数値をそれほど意識する必要はないかと思います。
とはいえ、ディープなゲーマーにはちょっと厳しいかと思います。
  
⑥端子の数
これは私にとって非常にありがたいものでした。
「DP×1」「USB-C×1」「HDMI×2」と存在します。
私の場合は下記の通り接続機器が多い為、たいへん重宝しています。
・DP : メインパソコンを接続(4K・60HZ利用が可能)
・USB-C : Mac Book Proの外部ディスプレイ出力に利用
・HDMI(1) : 4K Apple TVを接続
・HDMI(2) : 切替器経由で「Amazon Fire TV 新型」「PS4 Pro」「Nintendo Switch」を接続
端子をフル活用させてもらっています。
  
⑥リモコン
これが存在していないのが、1番大きなマイナス点。
設定変更を行うには、本体下面にあるボタンを利用しないといけません。
これが、操作に大きな支障があるわけではないのですが触りやすいとは言えません。
リモコン機能は欲しかったところです。
これが残念な点です。
  
  
  
総合評価としては、たいへん満足出来る商品だと思います。
価格の割には多機能かつ優秀な性能を持っており、コストパフォーマンスは抜群かと。
「リモコンが無い」という1点のみが、私にとってはマイナス点となります。
そこで、評価は星4としました。
  
  
  
いずれにしても、強くおススメ出来る商品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この機種の前に使用していたLGの27インチ4KIPSのものと比べ
白背景だと画面表面にプツプツ感が多少あり多少気になります。
しかし昔の液晶によくあったような強い虹色のギラ粒感はありません。
視野角も十分で画面から45cm以上距離があれば色の変化ありません
(それより近いと両端部分の色が多少薄く見えます)
IPS液晶と比べこの商品のVA液晶のほうが黒が締まり、黒バックで白文字表示がとても見やすいです

27インチ4Kだと拡大率150%でないと見づらい感ありましたが
31.5インチあると125%。少し無理をしたら100%拡大なしでも大丈夫です。

HDR機能をWindows上でONにしただけでは輝度が強すぎて眩しく、
HDRモード時には本品の設定からでは輝度調整できないのでWindows上で調整する必要があります。
(本品メニュー画面EyeCare→B.I+からONにすることでも明暗センサーが働き自動明度調整可能
センサー感度の設定もありWindows上最大照度のまま自動調整に任せるのもあり)

PC側HDRモードON時に画面右下のHDR、B.I.ボタンを操作すると
画面が青っぽい色になり色が戻らなくなります。
その際にはPC上でHDRオン・オフ操作する必要があります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BenQ 32インチ4K高画質&高音質モニター EW3280U(32インチ/4K...

  • 4K UHD HDR対応、32インチ大画面、10ビットカラーIPSパネル採用により、10億7000万以上の色表現、1080/24Pのリアル再生
  • 2.1chスピーカー(2Wx2+5Wサブウーファー)、フルレンジで高品質の音を生成するBenQのオーディオシステム「treVolo」、サウンドモード5種類がプリセット(ライブ/ポップ、シネマ、トーク/ボーカル、ゲーム、ロック/パーティ)
  • B.I.+とHDRを融合した技術で、スタンダードHDRよりも綺麗な映像を楽しめる「HDRi」技術、DisplayHDR400規格に満たした美麗画質(DCI-P3 95%カバーした広色域)
  • 目に優しいアイケア機能満載:フリッカーフリー、4段階ブルーライト軽減、輝度自動調整B.I.+、電子ペーパーモード、カラーユニバーサルモード、アイリマインダー
  • USB Type-C端子より60W給電可能、HDMI2.0x2、DisplayPort1.4x1、USB Type-C x1、インテリアに馴染むメタリックブラウンのスタイリッシュデザイン、便利なリモコン付き
  • ディスプレイ方式:液晶
  • ディスプレイの種類:LED
  • コネクタの種類:HDMI、DP、USB Type-C

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ここ10年EIZOの「HD2452W」を用いていましたが、掃除の最中にミスって倒してしまうというドジをしてしまい液晶を破損。
使い物にならなくしてしまいました。
その為、パソコンを操作するためにも速攻でディスプレイを買う必要が生じました。
  
購入する予定なんて無かった為、最新機種に関する情報はゼロ。
そこで、下記を条件にして該当するディスプレイを当日中に購入しようとしました。
  
①4K対応、出来ればHDRにも対応
②サイズは27~31インチ程度
③予算が無いため、可能な限り安い物
④レビュー情報等が、ある程度良い物
  
その結果選択したのが、今回のBenQの「EW3270U」でした。
  
当初は、予算が溜まれば買いなおす覚悟で購入しました。
しかし、当商品には大変満足し、良い意味で予想外となった次第です。
  
  
  
①組み立て
非常に簡単です。
2つのパーツを組み合わせて回すだけで、スタンドのパーツは完成。
それをモニターに差し込んでねじで固定すれば完了です。
ただしこのスタンド、角度調整しか機能がなく上下高さの調整は出来ません。
その点は残念です。
ディスプレイアームにも対応していますので、機能が欲しい方は別途購入の必要があります。
  
②画質
さすが4K・HDR対応です。
これまで利用していたディスプレイと比較して圧倒的でした。
まあ、10年前のディスプレイなので当然ですが(^^;;
映像美については大満足、値段の割に予想以上です。
VAタイプだけあって、黒の発色は素晴らしいものがあります。
また、仮にHDR対応映像ではなかったとしても、当機器には「HDRエミュレート機能」が備わっています。
なかなかの映像美を体験させてもらえます。
  
③B.I.+ 機能
この商品の目玉の1つである「B.I.+」。
ブルーライトカットに加え、周囲の明るさ等を検知して自動で画質を調整してくれます。
この機能のおかげで、目の疲れがかなり軽減されます。
例えば、HDRのみを生かした場合は長時間利用した場合はかなり目が疲れます(私個人の感想)。
そんな時同時にこの「B.I.+」も生かせば、目の疲れはかなり軽減されて長時間利用も可能となりました。
さらにHDRとB.I.+のOn-OFF切り替えは、ディスプレイ右下前面のボタンで簡単に行えます。
これも有難いデザインの1つです。
  
④視野角
あまり心配する必要が無いかと思います。
予想以上に視野角は広く、通常の使用方法であれば全く問題がありません。
意図的にとんでもない角度から見た場合は、さすがに支障はありますが・・・・・
  
⑤応答速度
仕様上「9ms」とちょっと弱くなっています。
ただ、色々とテストしてみたところ思ったよりは支障を感じません。
この数値をそれほど意識する必要はないかと思います。
とはいえ、ディープなゲーマーにはちょっと厳しいかと思います。
  
⑥端子の数
これは私にとって非常にありがたいものでした。
「DP×1」「USB-C×1」「HDMI×2」と存在します。
私の場合は下記の通り接続機器が多い為、たいへん重宝しています。
・DP : メインパソコンを接続(4K・60HZ利用が可能)
・USB-C : Mac Book Proの外部ディスプレイ出力に利用
・HDMI(1) : 4K Apple TVを接続
・HDMI(2) : 切替器経由で「Amazon Fire TV 新型」「PS4 Pro」「Nintendo Switch」を接続
端子をフル活用させてもらっています。
  
⑥リモコン
これが存在していないのが、1番大きなマイナス点。
設定変更を行うには、本体下面にあるボタンを利用しないといけません。
これが、操作に大きな支障があるわけではないのですが触りやすいとは言えません。
リモコン機能は欲しかったところです。
これが残念な点です。
  
  
  
総合評価としては、たいへん満足出来る商品だと思います。
価格の割には多機能かつ優秀な性能を持っており、コストパフォーマンスは抜群かと。
「リモコンが無い」という1点のみが、私にとってはマイナス点となります。
そこで、評価は星4としました。
  
  
  
いずれにしても、強くおススメ出来る商品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この機種の前に使用していたLGの27インチ4KIPSのものと比べ
白背景だと画面表面にプツプツ感が多少あり多少気になります。
しかし昔の液晶によくあったような強い虹色のギラ粒感はありません。
視野角も十分で画面から45cm以上距離があれば色の変化ありません
(それより近いと両端部分の色が多少薄く見えます)
IPS液晶と比べこの商品のVA液晶のほうが黒が締まり、黒バックで白文字表示がとても見やすいです

27インチ4Kだと拡大率150%でないと見づらい感ありましたが
31.5インチあると125%。少し無理をしたら100%拡大なしでも大丈夫です。

HDR機能をWindows上でONにしただけでは輝度が強すぎて眩しく、
HDRモード時には本品の設定からでは輝度調整できないのでWindows上で調整する必要があります。
(本品メニュー画面EyeCare→B.I+からONにすることでも明暗センサーが働き自動明度調整可能
センサー感度の設定もありWindows上最大照度のまま自動調整に任せるのもあり)

PC側HDRモードON時に画面右下のHDR、B.I.ボタンを操作すると
画面が青っぽい色になり色が戻らなくなります。
その際にはPC上でHDRオン・オフ操作する必要があります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA 4K モニター 31.5インチ 4K(60Hz) PS4 Pro

  • [特長] クッキリ美しい超解像技術&広視野角VAパネルを採用。
  • [画面]31.5型/3840×2160/VAパネル/非光沢/300cd/最大3ms[GTG]
  • [端子]HDMI×3/DP×1/アナログRGB×1/スピーカー付/ヘッドフォン端子
  • [サイズ/重量]幅:73.0cm×奥行:23.4cm×高さ:51.8cm/7.4kg ※スタンド含む
  • [付属品]DisplayPortケーブル(1.8m)、HDMIケーブル(1.5m)、電源コード(1.8m、PSE適合品)、取扱説明書
  • [保証/サポート]3年間/土日も電話サポート
  • [VESAマウント]100mmピッチ

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入直後、左上の1ドットが黒いまま光らない。
ここまでは、この手の不良は多少はある物なので仕方ないと思っていたものの、
約1か月後にはその隣2ドット目が光らなくなっていた。
そして購入から半年目の今月に入り今度は右上に黒く3つ目のドット抜けが新たに出現。

ドット抜けの保証数値は0.001%なので約20からという事を加味すれば
保証が切れる頃に交換対象並みのボロボロ画面になる事になる。
こんなソニータイマーじみた低耐久売るならもうI-Oの液晶買う事はないでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
購入後、1ヶ月もしないうちに映らなくなった。
メーカー問い合わせ中。
早く返品したい・・・。

追記
メーカーに問い合わせたら交換してもらえました。
念の為、箱はしばらく保管しておこう・・・。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG モニター ディスプレイ 32UL750-W 31.5インチ/4K/Disp...

  • VESA規格DisplayHDR600対応 / DCI-P3 95%カバー 4K(3840×2160) 31.5型モニター
  • 滑らかな描写を可能にするAMD RADEON FreeSyncテクノロジーや、映像出力のタイムラグを抑えるDASモード
  • 暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」などのゲーム機能
  • 目への負担を軽減する「ブルーライト低減モード」も搭載
  • 入力端子:USB Type-C、DisplayPort、HDMI×2
  • 5W+5W スピーカー内蔵 / チルト対応(-5°~15°) / 高さ調節110mm / 壁掛け対応(100×100mm)
  • 輝度:600cd/㎡(最大) 400cd/㎡(標準) / 応答速度:4ms
  • 付属品:USB Type-Cケーブル、DisplayPortケーブル、HDMIケーブル、保証書(3年保証)
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行き)/重量:スタンドあり : 約728×492-602×230mm/ 7.3kg、スタンドなし : 約728×425×50mm/ 5.6kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
VAパネルモニタとしては価格相応の性能だと思います。

PS4 Proで使用するとHDRがきちんと機能し、濃淡のメリハリが強くなって綺麗に見えます。HDR600はかなり明るく鮮やかで、ゲームによっては相当な画質向上が見込めます。一度これを体験してしまうと、もう戻れません。

UIは使い易く、操作ボタンが画面下にあるので操作も楽です。たまにパネル裏に操作ボタンあるやつがあって、それに比べると格段に操作しやすいです。本当はリモコンがあれば良かったんですけどね……。
ただ、PCに制御ソフトをインストールすれば、画面分割や画質(輝度やコントラスト)の変更はリモコン以上の簡単操作が可能なので、その点は満足。一方、PCをスリープしてからPS4を起動しても接続先が自動で切り替わらないので、切り替えはモニタのボタンをいちいち手動で押さなければなりません。これがかなり面倒で大きな不満点です。

私はテレビ以外でVAパネルを買ったことがなく、自宅モニタはIPSかMVAばかりです。
最近はVAパネルでも綺麗に見えるとかよく言われていますが、視野角の狭さはIPSはもちろんのこと、数年前のMVAにすら劣ります。十年くらい前のVAパネル液晶テレビよりは遥かにマシですが、IPSからVAに乗り換えると視野角の狭さはかなり気になります。まあ個人差はありますし慣れの問題でもありますが……。
それでもVAはどこまでいってもVAなので、IPSから買い換える方は一応ご注意を。

私はゲーム用として購入しましたが、現在IPSモニタが壊れて修理中のためPCでも使用しています。私のPC環境では真正面以外から画面を見ることもあるので、見る角度によって少し色が変わってしまうのが気になってしまい、どうしても慣れません。一人で真正面から見る以外の用途にVAはやはり適しませんね。

黒一色の画面になると、四隅からのバックライトが気になります。部屋を明るくしていれば、ほとんど気になりませんが、暗くするとかなり目立ちます。四隅だけ黒がかなり白んで見えるので、映画の黒帯やゲームのロード画面が黒い場合なんかではどうしても違和感を覚えます。
最初はバックライト漏れかとも思いましたが、ネットで調べてみるとこの機種では上記のような白みが普通のようです。

スタンドについてはかなり良いと思います。
私は普段アームを使っていますが、数日ほど付属のスタンドで使用してみたところ、上下の昇降がスムーズで安定性も高く、モニタスタンドとしては良い部類だと思いました。デザインもスマートで見栄えも悪くありません。何より画面下に空間ができるので、バータイプのスピーカーの設置にはもってこいです。
ただ、テンキーのあるキーボードはおそらくほとんどのものがギリギリ入りません。U字型の脚に引っ掛かります。テンキーレスなら余裕で入ります。脚があと五センチほど開いていれば完璧でした。スタンドはそこだけが残念でした。

煉瓦めいたACアダプタに関しては全く評価できません。
今時こんな馬鹿でかいのは論外です。

サポートの良し悪しがまだ分からないので、そこは未評価です。
LGは韓国の企業で、最近は何かと日韓関係が騒がしいので、数年後のサポート体制は少し不安です。LGジャパンはLGの完全子会社ですから何かあった際の影響は免れないでしょうし……。

総じて、ゲーム用としては良いと思います。遅延も特に気になりません。
コントラストの高さはさすがVAといったところですが、視野角の狭さや発色に関してはやはりIPSに劣ります。良くも悪くもVAなので、明確に用途を決めてコスパを優先するなら本製品に対する満足度は高いことでしょう。様々な用途に使用し、予算が許すのであれば、IPSにした方が無難だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
31MU97から買い替えました。
パネルはIPSからVAパネルになったのですが、VAパネル自体も素晴らしいです。
2017MBPのクラムシェルモードで使う際に31MU97ではうまく切り替えできなかったので、ストレスだったのだが、付属品のUSB Type-Cケーブルで問題ありませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS 4K UHD HDR10対応31.5インチ モニターディスプレイVA32UQ

  • 〔特長〕シャープでで没入感のある映像を実現する、178度広視野角の32型4K UHD (3840 x 2160) ディスプレイ
  • 〔画面〕31.5型/3,840x2,160/ノングレア/310cd/㎡/バックライト:WLED/最大4ms/画素ピッチ:0.181mm/コントラスト比:3,000:1/
  • 〔端子〕DisplayPort 1.2 , HDMI 2.0 、2W+2W(ステレオ)スピーカー
  • 〔サイズ(WxHxD mm)‎/重量(kg)]729.7 x 495 x 175.57 /約9.7 (スタンドあり)
  • 〔保証〕購入日より3年間の日本国内保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ほんとにモニターアームつけられるVESAマウントあるのか?と思いましたが、スタンドの蓋を外して付けることができました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
商品説明欄には電源ケーブルがついてると記載されてるのに、ついていたケーブルは日本のコンセントで使えるものじゃありませんでした (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

   

32インチ「WQHD(1440p)」ディスプレイの人気5製品

以下が、フルHDより解像度の高い(4Kよりは低い)、WQHD解像度の人気製品です。

個人的には32インチくらいだとこのくらいの解像度がベストかと思います。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ/WQHD/VA非光沢/165Hz/FreeSync Pre...
発売日 2020/12/11
通常 36,600円
現在 32,936円
3,664円(10%)OFF!!
(4.5)
総評価数 105件
2
(4.2)
総評価数 509件
3
(4.2)
総評価数 457件
4
(4.1)
総評価数 816件
5
ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲 WQHD VA HDR 144Hz 1ms HDMI×...
発売日 2019/09/20
通常 58,000円
現在 54,773円
3,227円(6%)OFF!!
(4.4)
総評価数 1040件

 
WQHD解像度モニターについては以下でもまとめています、合わせてのぞいて見てください。

以下各製品の詳細です。

LG ゲーミングモニター UltraGear 32GN600-B 31.5インチ...

  • ディスプレイ方式:LED
  • ディスプレイサイズ :31.5 inches
  • 解像度:QHD Wide 1440p
  • 31.5インチ WQHD(2560×1440)解像度で、1秒間に165コマの表示に対応するゲーミングモニター
  • AMD FreeSync Premiumテクノロジー対応。ティアリング(ちらつき)やスタッタリング(カクつき)を軽減し、映像をより滑らかに表示
  • HDR対応により、従来識別が難しかった色の違いも立体感ある豊かな色彩で再現
  • 映像出力のタイムラグを抑えるDASモードや、暗いシーンの視認性を高めるゲーム機能も搭載
  • その他機能 : フリッカーセーフ、ブルーライト低減 等 / 入力端子:HDMI×2、DisplayPort×1 / 輝度:350cd/㎡(標準) / 応答速度:5ms(1ms MBR) / スピーカー非搭載
  • 製品サイズ(WxHxD mm)‎: 715x515x225(スタンドあり) 重量(kg): 5.9(スタンドあり) / 壁掛け: 100×100mm
  • 付属品: ディスプレイポートケーブル、保証書(3年間)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コスパが良い。
細かい点を一つ一つ探っていけば気になる点はありますが値段と内容で見ればどれも許せる。この一点につきます。

FHD24インチあたりからの買い替えでPCで使う場合、WQHDの27インチでは文字はどうしても小さくなり見えにくい。また32インチでも4Kだと同じように文字は小さく普段使いは消して良いとは言えません。
32インチWQHDがベストと自分は考えます。
ノングレアですが他のノングレア液晶に比べ若干のグレアよりではあります。ノングレアとハーフグレアの中間ぐらい。ですが暗転時に自分の姿など反射で映るほどでないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングモニターは今回初めて購入しました。
仕事でパソコンに繋いで使用している時は、
ブルーライト低減モードを使用しており、目の疲れが大幅に軽減され、モニターも大きく見やすいので、仕事が快適にできるようになりました。

また、ゲームの際ですがなんといっても映像が凄く綺麗です。今まではテレビでしかゲームをした事がなかったので、ここまで映像が美しい事に正直
驚いています。
どれをこうしようか、色々迷いましたがこの商品を選んで本当に良かったです。
とても満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA モニター 31.5型 WQHD HDMI×3 DP×1 スピーカー付

  • [特長]フルHDの約1.8倍のWQHD解像度。画像編集、表計算などに最適。
  • [画面]31.5型/2,560×1,440/非光沢/ 300cd/㎡ /最大4ms[GTG]
  • [端子]HDMI×3/DisplayPort×1/ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • [サイズ/重量]幅:726mm×奥行:180mm×高さ:478mm/6.8kg ※スタンド含む
  • [付属品]DisplayPortケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m)、ネジ×4、取説
  • [保証/サポート]3年間 / 土日も電話サポート
  • [VESAマウント]100mmピッチ
  • [消費電力]最大時:42W、通常使用時(オンモード):24.5W、年間消費電力量:76.7kWh、待機時:0.4W

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入直後、左上の1ドットが黒いまま光らない。
ここまでは、この手の不良は多少はある物なので仕方ないと思っていたものの、
約1か月後にはその隣2ドット目が光らなくなっていた。
そして購入から半年目の今月に入り今度は右上に黒く3つ目のドット抜けが新たに出現。

ドット抜けの保証数値は0.001%なので約20からという事を加味すれば
保証が切れる頃に交換対象並みのボロボロ画面になる事になる。
こんなソニータイマーじみた低耐久売るならもうI-Oの液晶買う事はないでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
購入後、1ヶ月もしないうちに映らなくなった。
メーカー問い合わせ中。
早く返品したい・・・。

追記
メーカーに問い合わせたら交換してもらえました。
念の為、箱はしばらく保管しておこう・・・。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG モニター ディスプレイ 32QN600-B 31.5インチ/WQHD(25...

  • フルHDの1.7倍以上の表示領域を実現するWQHD(2560×1440)高解像度モニター
  • IPSパネル、フレームレスデザイン採用/10bitカラー(約10.7億色)対応/sRGB99%サポート
  • 立体感ある豊かな映像を実現するHDRや、滑らかな描写を可能にするFreeSyncにも対応
  • 映像出力のタイムラグを抑えるDASモードや、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなどのゲーム機能
  • 目への負担を軽減する「フリッカーセーフ」や「ブルーライト低減モード」も搭載
  • その他機能:ウォールマウント可能/アンチグレアコーティング/フリッカーフリー/フレームレス/傾き調整
  • リフレッシュレート:76hertz
  • 応答時間:5ms(GTG)
  • 取り付けタイプ:ウォールマウント

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
長年使用していたBenQのモニタが壊れたので、一回り大きなこちらを購入してみました。
大きさは確かにたっぷりで画質も悪くないし気に入ったのですが、今まで経験したことのないグラつきにびっくり。
LGのモニタは1世代前?のほうが安かったのですが、そちらはグラつきに関するレビューが多く、不安があったので、グラつきも改善されたというレビューを見てこちらに決めたのですが。
これで改善されたという人は、前世代でどのくらいの揺れに耐えていたのか?と不思議なくらいでした。基本的に仕事用などではなく、主に映画やゲームを見る目的のみで使用されるんでしょうか。
残念ながら私の用途には合わず、同じデスク上でキーボードを打つだけで常にモニタ画面が左右に揺れている状態など経験がないので、とても目が耐えられず、アームなどを購入する予定もないし、しかたなく返品させていただきました。
改めてBenQを買い直しましたが、やはり安定感は全然違います。これが当たり前だと思っていたので驚きました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 LGの格安モデルなので覚悟していましたが、やはり色々陳腐です。
画質は特に問題ないと思いますが、非光沢の割には少し画面がギラつく感じがします。だけどまあこれに関しては気のせいかもしれません。

やはり揺れが激しいです。少し机を揺らすと地震でも起きたかのように揺れます。ただ、机を揺らさなければ自然に振動するということはありませんがやはり揺れが気になります。動画の後にスピーカーとガムテープで固定したところ気にならなくなりました(笑)
流石にこれはやり過ぎでしょうけども神経質な方はこういう対策が必要です。何もしないでガタガタ揺れるということは流石にないです。

土台自体は小さく見えますが問題ありません。土台とモニターの接続部位がチャチなのが原因かと思われます。ひっくり返るとかの問題も流石にありませんでした。

全体的には揺れる以外問題ないかと思いますが、やはりやや揺れるという手を見てから買ってください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer モニター OmegaLine 31.5インチ WQHD EB321HQUDbmidphx

  • 輝度: 300cd㎡(/白色LED)/応答速度: 4 ms (GTG)
  • 高さ調整機能: 最大140mm
  • 入力端子: DVI-D(Dual Link対応)×1、HDMI 1.4×1、DisplayPort v1.2×1/スピーカー: 3W+3W ステレオスピーカー
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm: 725.9 x 457.0-597.0 x 266.5/本体重量(スタンドあり): 10.1 kg(/スタンドなし): 5.8kg
  • 付属品:オーディオケーブル(1.5m)、HDMIケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、ユーザーガイド、保証書、台座、修理依頼書

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ps4とpcモニターように買ってみました!

不良品のレビューが多いので不安でしたが、自分の所に届いたものは何も問題なく使えています!

VGAとHDMIの端子が1つずつ付いているので、pcとps4を付け替えずに使えるので便利です!

ゲーミングモードとかがあるのでゲームやるにも問題なく使えると思います!

VGAのケーブルは付いているんですが、HDMIのケーブルは付いてないので気をつけてください! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
●自分の使用状況
48,5インチ (リモコン付き)
GTX680からディスプレイボート接続
PS4(proではない)HDMI接続
680でもDPであれば4K/60Hzは出せます
PS4初期型では4K出力できませんが、自動的に1080p/60Hzになりますので近くで見るとぼやけますができないわけではありません。
HDMI2.0が一つしかありませんが分配器を使えば増やせます。
モニターのスピーカーは使ってないのでノーコメント。
前まで27インチトリプルモニターで両端のモニターを傾けて使用していたので気づかなかったのですが、48,5インチで6,,,70cmの距離から見ると両端に映るものが台形に歪んでるように見えます。(本当に歪んでいるわけではありません慣れの問題です)

ただ私の場合スタンディングデスクでの使用になるので自分が左右に動けば問題ないです。
あと好きなように適正の視聴距離まで移動できるのでオススメです。

●ボタンの話
液晶の右下についており、ちょい固めだが大きいので押しやすさはある
他のレビューを見る限り切り替えや設定変更はめんどくさいと思う。
×自分もそう思うが48,5インチ以上はリモコンが付いているため面倒から解放される。
(バージョンアップしているのか夜景画像の43インチ4Kモニターにもリモコンが付きました)
このリモコン思った以上に反応もよく4mの距離からでも普通に届く。(これ以上は部屋の関係上測定不能)

●HDRの話
HDMI1の2.0でしか規格的にHDR対応していませんのでHDMI2.0に対応しているグラボ又はPS4proなどの機器をお持ちでない方は気にしなくて大丈夫です。
(ちなみに私は持っていませんのでHDR映像ついてはノーコメントで)

●PIPの話
これが少し曲者でサイズが2種類しかありません。
小サイズで約37cm×21cm (w)×(H)
大サイズで約48cm×27cm
表示場所は左上、右上、左下、右下。
四隅に近い2辺には5ミリほどの隙間ができます。
(個人的にはフルHD4枚と同等なんだから1/4ぐらいの大きさはほしかったところ)

●フレーム自体の大きさ (w)×(H) mm
約1108 × 640 (床から6cm)
表示領域
約1072 × 602

●奥行き
足の部分の手前から奥まで 21cm
液晶の前面から奥まで  15cm
横幅が 16cm
16cm×21cmの台座などがあれば高さを変えれます。

●映り込み
今までグレア液晶とノングレア液晶を使っていたのでハーフグレアは今回が初です。
個人的にはグレアにかなり寄ったのハーフグレアと感じました。
電気のついた部屋では暗転した時や黒い画像、ダークテーマでの黒い部分は映り込みます。

●総評
43インチの4Kモニタにもリモコン付けてたら絶対売れたと思う。
それくらいリモコンのあるなしで変わると思う。
ただし一つの差込口に分配器をかませるなら気にしなくていいでしょう、あと画面切り替えない人。
不具合等もなく良好でよかった、ドット抜けも無し(レビューは不具合報告が多かったので)

追記
DPでの接続でブラックアウトが何度か起きだしました。電源オンオフで治ったり治らなかったり。
HDMIではまだ起きていないので接続機器によって合性はあると思います。
(参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG32VQ 31.5インチ湾曲

  • 画素ピッチ: 0.272mm
  • 視野角:水平178°/垂直178°
  • 最大輝度: 400 cd㎡/
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1 (ASCRオフ時3,000: 1)
  • 応答速度(グレー→グレー): 1ms (MPRT)
  • 最大表示色:約1,677万色
  • サイズ:幅713mm×奥行き232mm×高さ(481~581)mm, 質量:約9.13kg
  • 主な付属品: HDMIケーブルX1,電源ケーブル×1,ACアダプター×1,保証書×1
  • スピーカーあり: 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格: 100×100 mm, ケンジントンセキュリティースロット搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
1440pで144Hz以上の平面モニタでG-SYNC対応のIPSパネルとなると選択肢が限られてきますが、比較すると機能面で大きなマイナスポイントがなく、ELMB SYNCが使用できるASUS VG27AQが良さそうでした。
届いてから1時間ほどBFVを遊んでみましたが、8年前の1080pディスプレイからの乗り換えのため、1440pの没入感は感動を覚えるレベルで、ELMB SYNCのおかげで残像感も無く、私のマシンパワー(CPU:Ryzen5 3600、VGA:2070S、MEM:3200MHz32GB)では1440pウルトラ設定で100-120fpsですが、前に使っていたモニタが60Hzだったので違いが分かるくらいスムーズに動きます。レスポンスタイムも大幅に向上しているのが分かります。隣に1080pのディスプレイを置いてデュアルモニター環境にしていますが、性能があまりに違いすぎて辛くなってきます。
設定はRTING.comで推奨されていたBrightness: 0、Contrast: 80、RGB: 89-95-100で良い感じになりました。ELMB SYNCとリフレッシュレート165Hzはディスプレイから設定する必要があるので注意です。

ただし!左上に点灯しないビクセルが4つありました。5つ以上あれば交換できると説明書にあるので、交換できないことになります。ASUSさんにとってはお手頃価格なのでしょうが、普通の人間にとって5万円のモニタはかなり高いので、これは無いなと思います。点灯しないビクセルは1つでもあればQCで弾いて欲しいですね。弾いたやつはアウトレットで売れば良いでしょ? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
来年PS5が出るというのでそれ用に高リフレッシュレートのモニターに触れておきたくて、PCでゲームをしないのに購入しました。

27インチと大きめのサイズなので箱もそれなりに大きめの物だが持ち手があるので配送の方も片手で持ち運べる通販でも優しい仕様です。
付属品はDisplayPort用ケーブルのみなのでHDMIでの接続を考えているなら別途必要です、モニターアームと台座が分かれていて組み立てる必要があるが止めるためのネジは手でひねられる仕様のため工具は必要ありません。

フルHDと比べるとPS4のゲームとPCのフォントは確実に鮮明な画像になるのだが、画像に関しては高ピクセルのもの以外はフルHDよりも悪くなります。
たとえばブラウザで適当なHPを見る場合表示サイズがフルHDよりも小さくなるので拡大する、そうした際もフォントはすごくキリリとした表示になるが画像はそうもいかずフルHDよりもボケたものになり印象が悪く時代がHD以上には至っていない。
IPSパネルは非常に良い発色をしており視野角による色の変化が無いのはやはり素晴らしい、ただデフォルトではきつめのコンストラストなので必要であれば調整がいるなとは思いました。
古いフルHDモニターと並べて使っているのだが古い方のモニターは光の感じや黒の発色が悪い、またどうにも光のちらつきを感じるのだがそれらがVG27AQでは感じられないのでこれがフリッカーフリーなら相当の効果だと思える。

スピーカーは2Wのものだそうで15Wの物と比べるとノイズはないが低音が弱くボリュームも1/3程度しか出せず高圧縮のMP3のような音がします、あまり良くはないがFPSで使うと金属音がやたらとかっこいいので使えなくはないだろう。
モニターアームは結構良いです、20cm x 28cmの重い台座で安定感があり上下への可動範囲も広くそれなりに滑らかに動きます。

結構な機能があるのに説明書のたぐいが無いのでユーザーマニュアルはダウンロードする必要があります、しかしマニュアルには常時144hz駆動させる方法は表示されていません。
まずモニター側のコントロールパネルでOver Clockingをオンにし次にWindows(10)上のプロパティーからリフレッシュレートを変更する必要があります。

基本的にPCでゲームをしないのでゲームでの感想は無いのだがホームページ上での上下スクロールが非常に滑らかになりとても嬉しい、60Hzでは画像がモーションブラーのようにガクガクとした感じのスクロールになってしまっていたが120Hz以上になるとそれが和らぎずっと気持ちが悪かった物が解消されとても素晴らしい。
165Hzだとよりすごいのだがコレは別の意味でかくつくようになる、RYZEN3 3200Gでは力不足のようだ。
その事が気になったので少しパーツの入れ替えをした。
CPU : RYZEN5 3500
GPU : RADEON RX5500XT
メモリ : DDR4-3200 8GB x2
この環境だと165Hzでブラウザを動かしてもほとんどのサイトでかくつくことが無くなりました、特に縦に並んだWEBマンガ等で滑らかに動くのは感動します。
自分が使用している環境で唯一かくついたのはニコニコ静画のWEBマンガだけでした、ただPCというよりニコニコが駄目なんじゃないかなと思う。
グラボが購入キャンペーンをやってい無料でゲームがダウンロードできたのでゲームも試してみました、BIOHAZARD RE:3です。
設定は初期設定のまま120Hzにして後は解像度だけをいじってプレイしてみました、このモニターにはFPSカウンターが付いているのでフルHDでの表示結果です、上が113で下が73でした。
WQHDではカウンターが機能しなかったので数値では解らないが頻繁にかくつきます、ただPS4と比べるとフルHDとWQHDの解像度の差はあまり気にならない印象でした。
ははぁ~なるほど、このモニターはゲーム用だというだけありPCゲームは最下グレードのグラボでは駄目ですね。

あと気になった点は商品ページに詳細が表示されていないが、このモニターは120Hzまでビット深度が10bitらしく理屈では10億色表示となるはず。
ただ10bitの画像はWQHD画像を探すより遥かに難しく検証は出来ず。
144Hz以上だと8bitに変わるらしくそのせいなのかデフォルトではコンストラストがきつめなのに対し、リフレッシュレートやHDRの設定を変更すると色味がくすんだものに変わる。
もともとちょっときつめのコンストラストだと思うくらいだったので個人的には高リフレッシュレートの色味のほうが好みなのだが、色味に関してはリフレッシュレートとトレードオフだという事なのだろう。

あとは非常に悪い点としてモニターのコントロールボタンがモニター右下横の裏側にある事、以前は右下下側の裏にあったようだが変更されたようだ。
使いづらい、見えない位置にある事もそうだし触った感触がイマイチ認識しづらい。
また右側にある事についてだが手の向きはそれで楽になるのかもしれないがデュアルディスプレイで右側にモニターがあるとぴったりとモニターを寄せられない、もしくはいちいちモニターの位置を動かさなければならず煩わしい。
リモコンもないしいっそBen-Qのコントローラーをパク…んんっ、ゲフンゲフン、あ~参考にしてもらってモニターアームの台座にでもボタンを設置してほしかった。
オプションでコントローラーを別売りでもいいくらいなのだがUSBポートが無いのでそれも無理そうで頭が痛い。
僕の場合PCでDisplayPortとPS4でHDMIの切り替えを行っているのだがただの入力切替で6~9動作も必要になるのはどうかしていると思う、入力信号がどちらか一つだけなら自動的に切り替えてくれるのだがそんな上品な使い方はしていないので困ってしまう。
前から思っていたのだが入力信号が複数ある場合優先信号を指定しておいて自動で切り替えてくれる機能とか付けられないんだろうか? 特にこのモニターでは入力切替がやたら不便なので是非アップデートとかでどうにかならないだろうか?
何ならコントロールボタンに触りたくないだけなのでPC側から専用アプリで設定の切り替えができたり、もしくはコントロールボタンの割り当てを変えてしまう機能が追加されるなら良くなると思う。

ここからはPS4 (PRO)で使った場合の感想です。
PS4で使うとほとんどの機能が使えません、まともに使える機能はHDRとスナイパーモード以外のGAME PLUS(画面中央にレティクルを表示等)だけとなります。
暗いところをはっきりさせるSHADOW BOOSTやゲームモードに合わせた画像設定切り替えのGAME VISUALすらも使えません。
ブルーライト低減機能程度でさえも使えずとても悲しいです、PS5ではどうにかならないかと思うが望み薄です。
それと主にゲーム起動と終了時のホーム画面への切り替え時にモニターがいちいち暗転する、おそらくこのモニターがHDRの受信情報から設定を自動で切り替えるためだと思うがかなり煩わしい。
HDRはCOD MWが上手に対応しているのでそれで使用しています、真夏日の日差しとかトンネルから抜けた後といった感じの暗いところとまぶしいところの対比表現が良くなされていると思います。
表現としてはとてもいいと思うが競技だと考えると邪魔ですね、敵対プレーヤーが解らなくなりますし。
他にCOD WWIIも対応しているのだがこちらは全体的に暗い印象のデザインのせいか街灯のみが妙にギラつくといった変化しか解りませんでした。
最近遊んでるのが他にボーダーランズ3とBATTLEFIELD Vなんですが、それらは地味に対応しているようです。
ボーダーランズ3は最適化するとヴォルト内のような暗い場所がくっきりとします。
BATTLEFIELD Vは従来の暗くしたり明るくしたりの延長でしかなくHDR自体の良さをあまり体感できません。
HDRは対応ゲームにより差があるためゲーム次第だと考えると買うための動機としては薄いかなと感じます。
PS4 PROの画像は疑似4KだというのでWQHDでより精彩になります、まぁぬるっとした感じですね。
ただPS4への愚痴ですが画像出力は4Kアップスケーリング画像しかないんですね、入力信号を見ると4Kになっていてモニターを認識してWQHDに切り替え(というかアップスケーリングを止める)とかしないのはまぁなんて無駄なんだろうと思いました。
動作の滑らかさについては変わらないです、ELMB(LGのMOTION240みたいな機能らしい)というモーションブラーを低減させる機能もあるのだがPS4では使えず意味が無いです。
PS4 PROの仕様がどうなっているのかよく解らないけれど4K出力でもノーマルPS4のようなもたつきは出ないので、安心して4Kモニターを買えばいいと思います。

総評としてDisplayPortを使用し全てPCで完結させる必要があるモニターだと言えます、このモニターの機能はHDMI接続ではサポートされないからだという事です。
PCでゲームをする場合2020年時点での最上位グラボが必要でしょう、そうでなければこのモニターは性能を発揮できません。
PS4で"ゲーミングモニター"としての恩恵は無いので同価格よりむしろ安く4Kモニターが買えるのでPS4でなら4Kモニターをお勧めします、PS5でDisplayPort接続があればと思うがまぁまず駄目でしょう…駄目かぁ。
モニター自体は機能と仕様を考えると良質で妥当な値段かと思います、コントロールボタンが非常に悪い以外は良い出来だと言えるでしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

32インチ「フルHD(2K,1080p)」ディスプレイの人気5製品

以下がフルHDモニターの人気製品です。

テレビのように遠くで利用するなら問題ないですが、PCモニターとして使うならもう少し解像度が高い製品のほうが、せっかくの広い表示エリアを有効活用できます。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.3)
総評価数 4664件
2
(4.3)
総評価数 620件
3
(4.3)
総評価数 677件
4
(4.2)
総評価数 746件
5
(4.1)
総評価数 28件

I-O DATA モニター ディスプレイ 31.5型 広視野角ADSパネル HDMI×2

  • [特長] クッキリ美しい超解像技術&広視野角ADSパネルを採用。
  • [画面]31.5型/1920×1080/ADSパネル/ハーフグレア/300cd/平方メートル /最大5ms[GTG]
  • [端子]HDMI×2/DP×1/アナログRBG×1/ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • [サイズ/重量] 726(W)×180(D)×478(H)mm / 6.9kg(スタンドあり)
  • [付属品]HDMIケーブル(2m)、DisplayPortケーブル(1.8m)、電源コード(1.5m)
  • [保証/サポート]3年間/土日も電話サポート
  • [VESAマウント]100mmピッチ
  • [最大消費電力]41W

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4のモンハンの為に購入。
モンハンに限った色々薄いレビューになります。

テレビが壊れたついでに最近はゲーム用モニターとしか使ってなかったので、いっそモニターだけでいいやと思い購入。

壊れたテレビが古いのもありますが、画質が綺麗でキャラの輪郭やモンスターの質感もクリアに見えるようになり、動きも滑らかに感じるようになりました。

スピーカーは鳴ってればOKって感じです。
モンスターの咆哮はまだ聞こえますが、人の声はカスカスでウィスパーに聞こえます。
ほんの少しでも音質を求めるなら別途スピーカーは必須です。
モンハンしかやらないライトユーザーな私でも、あまりにチープな音に負けて外部スピーカーを用意しました。
まぁモンハンもライトユーザーですが・・・。

電源やその他ボタン類は全て裏にあるので操作はしずらいですが、最初のセッティングをちゃんと行えればあとは電源のON・OFFだけなのでたいした問題ではないように思います。

外観は電源ランプも正面からは見えないので、シンプルでスッキリしてます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この価格でこの映りはスゴいですね。筐体やスタンドはチープな作りですが、肝心なのは画質です。cadで図面を描くためにTeclastのF7plus14インチでは、画面が小さすぎるため、マルチ画面用に使っています。最初画面設定で[コピー画面]にしたところ、字は太く滲んでいるので、こんなひどい画質かと、これでは使い物にならないと思いました。色々いじっているうち、画面設定を[画面2]にすると、なんと今までの画質とは打って変わって、本来のFHDの繊細な画面に大変身。

スタンドの角度調整が出来ない様に感じる作りなので、恐々慎重に画面の両端をもって上部を奥側へ押してみると、カクっと動きました。取説が不親切で何処にも調整方法が記載してありません。画面下のフレーム部分に付いている、ファンクションスイッチの説明も、取説では解りにくく、取説のQRコードでメーカーのHP上で詳しい説明を読むことをお勧めします。
総じて高CP機だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Philips 31.5型ワイド液晶ディスプレイ (IPS/フルHD/5ms/5年保証)

  • 画面サイズ: 31.5 インチ
  • [特徴] 目の疲れを軽減するフリッカーフリー機能を搭載
  • [解像度] 1920×1080 (IPS Technologyパネル、反射防止パネル、フルHD、輝度250cd/㎡、応答速度5ms)
  • [入力端子/スピーカー] D-Sub15ピン×1、DVI-D×1、HDMI1.4(MHL)×1 / 5W×2
  • [保証] パネル・バックライトを含む5年間フル保証(センドバック対応)
  • [付属ケーブル] D-sub1.8m・DVI-D1.8m・HDMI1.8m・オーディオ1.8m・電源1.8m
  • [本体寸法] スタンド使用時:W730×H522×D216mm (背面VESA100mmx100mm);スタンド未使用時:730 x 431 x 64 mm;
  • ※ 323E7QDAB/11:こちらのモデルはローブルーモードは搭載されておりません。276E7QDSB/11、246E7QDSB/11: こちらの2機種にはローブルーモードの機能は御座います。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約1年使用しての感想なんですけど、この価格でこの品質はかなりオススメだと思います。
ただ、2つだけ不満な点をあげさせていただきます。
一つ目は、個体差が大きいこと。
本当に同じ液晶なのかなって思ってしまうぐらい発色に違いがあります。
パソコン側の設定である程度バラツキを抑えることはできますが、全く同じにするのは無理だと思います。一応、許容範囲内に治ってますが。
2つ目は、横に並べた時の段差です。
3つ並べて使用しているのですが、それぞれに1〜2㎜程度の段差があります。
こちらも許容範囲内ではありますが、たまに気になります。
それでも僕が星5にした理由は、不満な点をかき消してしまうぐらい他の点が優秀だからです。
画質、ベゼルの狭さ、デザイン、安定感、そしてなんといっても価格の安さ。まさに秀逸です。
他の液晶を知りませんが… (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ご存知とは思いますが、音声は出ません。
ゲームや動画鑑賞等で無音プレイはキツい場合、別途スピーカーを購入するか、有線のイヤホンを用意する必要があります。
(それはいいのですが、このモデルの場合、有線イヤホンは1m程度では足りません。イヤホンの差込口が後ろにあり、長さを取られてしまうので、2〜3mはあった方が良い。)
(PS4の時は、イヤホン側に音声調節機能がついている物を用意すること。このモニタ自体には音量調整機能がありません。また、PS4側でも“有線イヤホンの”音量調節は出来ません。
なぜならPS4の音量調整機能とは、PS4本体に繋いだスピーカー等のみに使用出来る機能だからです。
PS4に有線イヤホンを繋ぐ箇所はない為、モニタ側に繋ぐしかなく、そしてモニタでも音量はいじれないので、イヤホン側に無ければ詰みます。
普通にそのまま繋ぐと爆音で耳が痛くなるので…。)

ちなみにbluetooth機能はないので、基本的には無線イヤホンは使えません。
(ただしトランスミッターを購入すれば繫げます。が、トランスミッターもイヤホンもどちらも充電が必要&遅延が発生するので、長時間だったり正確性が求められるゲームではやめた方が無難。)

以上、音声についてでした。
その他、画質などについては問題ありません。
モニタの角度調整の部位がとても固く、折れるんじゃないかというくらい力を加える事になるのは困惑しましたが(笑)

全体的には☆3.8くらいですが、イヤホンについての制約が多い形状だったのでこちらの評価になりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

iiyama モニター ディスプレイ X3291HS-B1 (31.5インチ/フ...

  • 色鮮やかな大画面 31.5型 AH-IPS液晶パネル採用―色再現性や低消費電力
  • Blue Light Reducer機能搭載 刺さるような青色光源を低減
  • フリッカーフリーLEDバックライト調光技術を搭載
  • 画面サイズ:31.5型ワイド/解像度‎:1920×1080 フルHD/AH-IPS ハーフグレア液晶/バックライト:ホワイトLED
  • 入力端子:DVIx1、D-Subx1、HDMIx1
  • スピーカー:搭載(3W×2)
  • 製品サイズ(WxHxD mm)‎:737.5x523.5x240/重量(kg):7(5.5kg スタンド含まず)
  • 応答速度:5ms(GtoG)/輝度:250cd/㎡(標準)/アスペクト比:16:9/拡張コントラスト比:1,000:1(標準)/最大消費電力: 55W
  • 視野角:左右各89°、上下各89°/表示色:約1677万色/画素ピッチ:0.363mm/駆動方式:a-SiTFTアクティブマトリックス
  • 付属品:D-SUBミニ15ピンケーブル(1.8m)、DVI-Dケーブル(1.8m)、HDMIケーブル(1.8m)、オーディオケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m)、スタンドベース、固定ネジ3個、セーフティー&クイックスタートガイド、保証書(クイックスタート裏表紙)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず外枠に宣伝の社名入りの長いステッカー邪魔。剥がそうとしたら超協力にくっついててパナエルが引っ張られて中身が見える始末(壊れるかと思った)。どんなに丁寧にやってもノリが全体的に残り、そのノリ自体もなかなか取れない。そして画面の70%が暗く黄ばんでる。残り30%(左側の3分の一)だけマトモ。ヤフーのトップページで見れば一目瞭然!白いバックだと、尚更わかる。箱も最初から半開きだったし嫌な予感してたが、中古?こんな不良品が検査合格品なの?信じられない!手間だけかかって返品。早く金返せ!イイヤマも落ちぶれましたね・・・。それと電源スイッチわかりにくいですね。外枠の文字も色つけずに掘ってあるだけなので、見えない。これアホが設計したの?それと映像について、アマゾンビデオで映画試してみたら輪郭とかがボヤけてドットみたいになってて荒い。それと応答速度最悪、たまに映画の中の・・人物動きがカクカクというか、ワープというかおかしい。それとたまに一瞬真っ暗になる(応答が悪くて)。私の手持ちのモニター(他社メーカー)では、なりません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
同メーカーの24型からの買い替えです。
特に故障したわけではなかったのですが、PCで作業する時に画面内が狭く感じていたので。

とにかく安くて驚きましたね。
正直4万近いのかな?と思っていました。それが2万ちょいですからね。
しかもアマゾンでの購入なので量販店のように配送時の余計な手間や料金がかからない。

品質については24型から分かっていたので心配していませんでしたが、
以前よりもスリープ状態からの復帰時間が明らかに速くなりましたね。

大迫力の画面で鮮明な映像を見ることができ、ディスプレイは初期不具合が無ければ数年単位でお世話になります。
以前に購入した24型は7年近く使っていても全く問題ありませんでしたので。

やはり画面は大きい方がストレスも少なく快適に楽しめると思うので、
設置場所が許す限りなるべく大きいディスプレイを購入した方が良いのではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG モニター ディスプレイ 32ML600M-B 31.5インチ/フルHD/H...

  • HDR10対応、DCI-P3 95%カバー、フルHD(1920×1080) IPSモニター
  • 映像出力のタイムラグを抑えるDAS(Dynamic Action Sync)
  • 暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなどのゲーム機能も搭載
  • 目の負担を軽減するフリッカーセーフやブルーライト低減モードも搭載
  • 入力端子:HDMI×2、D-Sub×1
  • 輝度:300cd/㎡(標準) / 応答速度:5ms
  • チルト:-5~15° / 壁掛け:100×100mm
  • 付属品:HDMIケーブル×1、保証書(3年保証)
  • Amazon.co.jp限定仕様 Full HD解像度 HDR対応

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
LGの糞対応にはびつくりしました。
20194.19 購入
LG モニター ディスプレイ 32ML600M-B 31.5インチ
夜中にゴトっという音で目が覚め見てみると
モニターアーム根元から折れていました
この商品3年保証との事でLGに連絡するも、保証はモニターのみと言う回答
パネルのみの保障 3ヶ月で折れたアームは自分で買えとの事。
なんのための保障なんかな、不思議です。
LGは本国と日本の保障内容が違うのか?
日本のLGのサポートの対応が糞なのか不思議です。
製品自体は値段よりもいい商品だけど

こういうサポート糞対応の製品は購入先をよく考えて買うほうがいいと思う。
今回はAmazon購入で交換の手配になりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
購入後約1ヶ月で線が入りました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

JN-315VG165FHDR [165Hz MPRT1ms HDR対応 31....

 
 
Users Voice
期間限定の▲1万円で発売日に購入しました。
↓のスペックで3万弱、ヘタしたら▲1万円がなくても有り得ないレベルでのコストパフォーマンスだと思われます。

<主なスペック>
・31.5インチFHD
・細いベゼル
・165Hz(PS4での使用のため味わえてません。。)
・MPRT1ms(100Hz以上から)
・VA液晶(好みはありますが)
・HDR対応
・Freesync

<実際の使用感>(PS4やFireTVStick、仕事用PCでの使用です)
・まさにスペックどおり。自分のはドット抜けも色斑もありませんでした。
・VAなので黒が締まる。IPS液晶に比べても色味も遜色なし。
・HDMI端子1個なのはツラい。せめて2つは欲しい。
・スピーカーは中高音のみが強調され、やっぱりショボい(期待してる人もいないと思いますが)。
・台座が貧弱で安定感イマイチ(前後の傾きのみ調整可能)。
・取説は割と最低限。

※この商品の真価が発揮されるのは、ゲーミングPCやPS5の120Hz以上での使用になると思いますが、残念ながら試す環境がありません。。

ちなみに、商品到着時に小さなトラブルがあったのですが、サポートの方に丁寧かつリアルタイムな対応をしていただき、事なきを得ました。
JAPANNEXTという会社自体、実はあまり知りませんでしたが、サポート体制も充実してるのではないでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ブラックフライデー で購入したので、およそ23000円くらいでした。
他の方もおっしゃってますが、画面の色合いを設定するのが難しいです。
でも、それを補っても余りある、値段の安さ、画面の大きさ、そして十分なfpsに満足しています。
購入して良かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

   

関連:モニターアームでさらに効率を上げよう

モニター設置には「モニターアーム」を使うのが断然おすすめ。

モニターアームにより、フレキシブルなな配置変更、縦型・横型の自由なレイアウト、デスク上の省スペース化と、空間・作業的に効率のよい環境を作れます。

個人的にはマストアイテムなおすすめのモニター関連アクセサリです。

以下では、特に使い勝手の良いデュアルモニター用のアームを紹介。縦に2枚並べたり、横に2枚並べたりと大活躍中。ぜひ参考にしてみてください。

関連:PC用スピーカーでサウンド環境も改善

サウンドについては、モニター付属のスピーカーはやはり貧弱、PC用スピーカー導入がおすすめです。

今は省スペース、簡単設置ながら音質もよい高コスパの製品から、ハイレベルな高音質品まで、選択肢も幅広いです。

以下で紹介しているので、のぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました