【動画で学習】UdemyのWord(ワード) 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのWord講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのWord講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるWordの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.3)
総評価数 1324件
2
(4.5)
総評価数 504件
3
【TensorFlow・Kerasで学ぶ】時系列データ処理入門(RNN/LSTM, Word2Vec)...
発売日 2017/08/08
受講者 6,588人
通常 10,800円
新規 2,030円
(3.1)
総評価数 817件
4
【WORD上級】仕事で差がつくWORD TIPS
発売日 2016/11/13
受講者 67人
通常 3,000円
新規 1,610円
(4.4)
総評価数 14件
5
【WORD中級】知らなきゃ損するWORD テクニック
発売日 2016/11/10
受講者 73人
通常 3,000円
新規 1,610円
(4.3)
総評価数 16件
6
(4.3)
総評価数 46件
7
Wordでこんなものまで!-テクニックを知ってデザインを極める-...
発売日 2018/10/31
受講者 92人
通常 5,400円
新規 1,610円
(4.4)
総評価数 17件
8
[Windows] Wordでクールなデザインの無料eBookを作る方法
発売日 2017/01/10
受講者 127人
通常 15,000円
新規 1,750円
(3.4)
総評価数 14件
9
(3.8)
総評価数 177件
10
ワードプレスを使って、オンライン教材サイトを作る方法
発売日 2019/09/25
受講者 148人
通常 24,000円
新規 1,610円
(4)
総評価数 12件
11
Office 2013教材コース(Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook、Win10)...
発売日 2016/02/05
受講者 143人
通常 5,400円
新規 1,750円
(4.1)
総評価数 21件
12
誰でもわかるMicrosoft Word 2016
発売日 2017/07/11
受講者 119人
通常 3,000円
新規 1,680円
(4)
総評価数 25件
13
Microsoft Office 2019(Word、Excel(VBAも、PowerPoint、Outlook)パック
発売日 2019/10/16
受講者 198人
通常 4,800円
新規 1,890円
(3.7)
総評価数 23件
14
誰でもわかる!これから始める Microsoft Word 2013
発売日 2015/08/05
受講者 50人
通常 3,000円
新規 1,610円
(4.6)
総評価数 8件
15
Microsoft Office 2010(Word、Excel、PowerPoint)習得パック
発売日 2016/03/23
受講者 15人
通常 4,800円
新規 1,610円
(4.4)
総評価数 3件
16
Office 2013教材コース(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Windows 10)...
発売日 2016/02/15
受講者 8人
通常 4,800円
新規 1,610円
(0)
総評価数 0件
17
Office 2013教材コース(Word、Excel、Outlook、Windows 10)
発売日 2016/02/16
受講者 5人
通常 4,200円
新規 1,610円
(0)
総評価数 0件
18
誰でもわかるMicrosoft Word 2010
発売日 2016/03/18
受講者 5人
通常 3,000円
新規 1,610円
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのWord 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

【パソコン三種の神器】Word+Excel+PowerPointを10日間でイッキに速習 / エクセル兄さん講座

【パソコン三種の神器】Word+Excel+PowerPointを10日間でイッキに速習 / エクセル兄さん講座
発売日 2015/11/14
(4.3)

13 total hours
「そろそろワード,エクセル,パワポくらいは使えるようになっておきたい」というあなたも、動画を見ながらマネするだけで短期間で速習できます。1000人以上が受講した「エクセル兄さん」講座が待望の大幅アップデート。

【「そろそろWordとExcelとPowerPointくらい使えるようになりたい」というあなたへ…】

WordとExcel、PowerPointを素早くわかりやすく習得したい!
そんな時はビデオ講座でイッキ読みしてスピードマスター。

  • テキストで独学しても三日で挫折した・・。
  • 好きな場所で、空いた時間に勉強したい。
  • スマホ+ビデオで学習できる、都合のいい

そんな欲張りなあなたに最適です!
ビデオによる分かりやすい講座でイッキにビデオでわかりやすく速習。
人気講師「エクセル兄さん」の爽やかで分かりやすいビデオ解説です。

【1,000名以上が学習した人気講師「エクセル兄さん」の講座が待望の大幅リニューアル】

Udemyにおいて1,000名以上が受講したWord,Excelのビデオ講座が、2017年3月から新しく大幅リニューアル。
新たに「パソコン基礎講座(タイピングなど)」、「PowerPoint編」を追加収録し、Excel編を全面再収録。

10時間以上のていねいな解説付きの講座となって再スタートしました。

【カリキュラム内容】

Word編

  1. 文書の作成とインポート
  2. フォントや段落の書式設定、検索・置換、ヘッダ・フッタ
  3. 表の作成や書式設定
  4. 箇条書きスタイル、透かし文字、図形の挿入、オンライン画像
  5. パスワードで文書を保護、プロパティ、印刷、PDFに変換

Excel編

  1. データ入力
  2. セルの編集
  3. 表の作成
  4. 数式と関数
  5. 印刷とPDF出力


PowerPoint編

  1. タイトルと本編、レイアウト
  2. デザインやマスターの設定
  3. 図形やグラフ
  4. 切り替え効果やアニメーションとプレゼンの実行
  5. 配布資料の印刷、PDF出力


【人気講師「エクセル兄さん】
YouTubeで購読者1,000人以上、セミナー・ワークショップ開催で満員御礼の
人気オフィスパソコン講師「エクセル兄さん」が、過去に1000人以上受講いただいたビデオ講座をUdemyにて大幅リニューアルしました。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
初心者でもわかりやすいように説明がされてます。Word、Excel、PowerPointと 正しいソフトを使えるようにそれぞれの機能の説明があるので、わかっていてもここち良くお話が聞けました (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに(読者特典あり)
    • 読者特典(テキストのダウンロード)
    • はじめに(講座の進め方 / 全体のレベルや概要 / レビューやQ&Aについて)
    • 講座をiPhoneやスマホにダウンロードする方法
  2. 0章 パソコン基礎講座(※既に分かっている人は飛ばしてOK)共通の基礎スキルを身に付けよう
    • [予備知識]Word・Excel・パワポの特徴と違い
    • [予備知識2]三種のソフトを最速で習得する方法
    • [実習1の概要]新しいファイルを作る方法
    • [実習1] 新しいファイルを作ろう
    • [実習2の概要]ファイルを保存する方法
    • [実習2] ファイルを保存しよう
    • [実習3の概要]ファイルを閲覧する方法
    • [実習3] ファイルを閲覧しよう
    • [実習4の概要]タイピングと文字入力の基礎
    • 【補足】「タイピング練習のコツ」動画リスト
    • 課題ファイルのダウンロード
    • [実習4](1)タイピングと文字入力 五十音の入力
    • [実習4] (2)タイピングと文字入力 濁音や半濁音や拗音
    • [実習4](3)タイピングと文字入力 漢字・カナ変換
    • [実習5の概要] フォントの編集
    • [実習5] フォントの編集 (太字,斜体,下線,フォント種類,フォントサイズ)
    • [実習6の概要] 必修!6つのショートカットキー
    • 課題ファイルのダウンロード
    • [実習6] 必修!6つのショートカットキー
  3. 1章 Excel実習(入門編)
    • 全体の流れ/実習1の概要(効率のいいデータ入力)
    • 課題データのダウンロード
    • 実習1(前半) 効率のいいデータ入力
    • 実習1(後半) 表のデータ入力
    • 実習2の概要(セルの編集をしよう)
    • 実習2 セルの編集をしよう
    • 実習3の概要
    • 実習3(表の作成)
    • 実習4の概要(数式と関数)
    • 実習4(前半) 数式を活用しよう
    • 実習4(後半) 関数を活用しよう
    • 実習5の概要(図形やオブジェクト/印刷)
    • 実習5(前半) 図形やオブジェクトを挿入しよう
    • 実習5(後半) 印刷設定をしよう
  4. 1章+α Excel実習(初級編)
    • 1-1 全体の流れ / 実習1の概要 データの並べ替えをしてみよう
    • 課題ダウンロード
    • 1-2 実習1(前半) 並べ替えと複数条件での並べ替え
    • 1-3 実習1(後半)フィルターを利用した並べ替え / テーブル入門
    • 2-1 実習2の概要 データの抽出をしてみよう
    • 2-2 実習2(前半) フィルターでデータの抽出をしてみよう
    • 2-3 実習2(後半) トップテン機能 / 絞り込み(フィルター)の解除
    • 3-1 実習3の概要 データの集計をしてみよう
    • 3-2 実習3 集計とデータのグループ化
    • 4-1 実習4の概要 グラフを作成しよう
    • 4-2 実習4(前半) 棒グラフの作成とグラフの書式設定
    • 4-3 実習4(後半) 折れ線グラフ、円グラフの作成と書式設定
    • 5-1 実習5の概要 ピボットテーブル(クロス集計)を使用してみよう
    • 参考動画:ピボットテーブルが難しいので「買い物」に例えて説明 しました
    • 5-2 実習5(前半) ピボットテーブルの作成 /データの絞り込み
    • 5-3 実習5(後半) データのグループ化 / ピボットグラフの作成
  5. 2章 Word実習(入門編)
    • 課題データのダウンロード
    • 【Word編1】文書作り・まずはここから〜文書の作成とインポート
    • 【Word編1】テキスト手順書
    • 【Word編2】スタイルを整えよう!〜フォントや段落の書式設定、検索・置換、ヘッダ・フッタ
    • 【Word編2】テキスト手順書
    • 【Word編3】表にまとめて整理!〜表の作成や書式設定
    • 【Word編3】テキスト手順書
    • 【Word編4】ビジュアルに訴えかけて説得力3倍〜箇条書きスタイル、透かし文字、図形の挿入、オンライン画像
    • 【Word編4】テキスト手順書
    • 【Word編5】いよいよ仕上げ!パスワードで文書を保護、プロパティ、印刷、PDFに変換
    • 【Word編5】テキスト手順書
  6. 2章+α Word実習(初級編)
    • 1-0 全体の流れ 長文レポート文書に必要な5スキル
    • 課題ダウンロード
    • 1-1実習(前半) 段落やアウトラインを設定する
    • 1-2実習(前半) テーマとスタイルの設定・更新,インデントなど
    • 2-1概要 レイアウトや段組みを設定しよう
    • 2-2実習(前半) 文字列の回り込み(四角形,前面など)
    • 2-3実習(後半) 段組み,セクション区切り,段区切りなど
    • 3-1概要 目次やスタイルを設定しよう
    • 3-2実習 目次の自動作成,目次のスタイル設定
    • 4-1概要 図表や脚注,引用文献を設定しよう
    • 4-2実習(前半) 図表番号や脚注の挿入
    • 4-3実習(後半) 引用文献や管理,文献目録の挿入
    • 5-1概要 校正やコメント,変更履歴の管理
    • 5-2実習(前半) スペルチェック,コメント管理
    • 5-3実習(後半) 変更履歴の記録と管理
    • まとめ 振り返り
  7. 3章 PowerPoint実習
    • 全体の流れ / 実習1の概要 (スライドを作ろう)
    • 実習1 タイトルと本編の作成,レイアウト
    • 実習2の概要 / デザインを作ろう
    • 実習2 デザインやマスターの設定
    • 実習3の概要 / 図形とグラフを作ろう
    • 実習3(前半) 図形やグラフ(前半 図形とグラフ)
    • 実習3(後半) 図形やグラフ(後半 SmartArt)
    • 実習4の概要 アニメーションや切り替え効果を使おう
    • 実習4(お手本) 実際にアニメーションと切り替えを見てみよう
    • 実習4(前半) 切り替え効果の設定
    • 実習4(後半) アニメーションの設定とプレゼンの実行
    • 実習5の概要 資料として印刷/PDF化しよう
    • 実習5(お手本) 実際にPDF化された資料を見てみよう
    • 実習5(前半) 資料の印刷設定をしよう
    • 実習5(後半) PDFファイルとして出力しよう
  8. 【ボーナス講座!】もっとITスキルがアップする講座の案内
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

【 生産性を高める 】Windows / エクセル / パワーポイント / ワードのショートカット講座

【 生産性を高める 】Windows / エクセル / パワーポイント / ワードのショートカット講座
発売日 2019/12/23
(4.5)

4 total hours
マウスを使わずにサクサクPCを使えるようになります!生産性の時代の必須スキルです。時短勤務の方、営業資料を作っているビジネスパーソン、新卒社員などPCを初めて仕事で使う方にオススメ。講師は「外資系投資銀行のエクセル仕事術」の熊野整。

仕事でマウスを使っていませんか?


マウスを使わずにキーボードだけで作業ができれば、仕事の生産性は一気に向上します。

この講座では、Windows / エクセル / パワーポイント / ワードのショートカットを幅広くカバーします。


もちろんすべて覚えなくても大丈夫です!

「ああ、これは明日から仕事で使いたいな」

と感じたテクニックから1つずつ覚えてみてください。


1. Windows

あたりまえのようにマウスで使っているWindowsも、ショートカットでスピードアップ!

  • フォルダ、ファイルの指定(アルファベット、数字)

  • ファイル名の修正(F2)

  • ファイルを探す(Ctrl + F)

  • フォルダの移動(Alt +矢印)

  • アプリケーションの切り替え(Alt + Tab)

  • デスクトップ表示(Windows + D)

  • 画面の最大化(Alt + Space → X)

 


2. ブラウザ

ウェブサイトで検索して情報収集する時間も長いはず。こちらもショートカットで!

  • 前の画面に戻る(進む)(Alt +左矢印(右矢印))

  • アドレスバーに入力(Ctrl + L)

  • 新たなタブを追加(閉じる)(Ctrl + T (W))

  • タブの移動(Ctrl + Tab)

 


3. Office

すべてのOffice製品の共通ショートカットをまとめて学びます。

  • 保存(Ctrl + S, F12)

  • コピー、貼り付け、切り取り(Ctrl + C, V, X)

  • 戻る(進む)(Ctrl + Z (Y))

  • 特定の文字を探す(Ctrl + F)

  • 置換する(Ctrl + H)

  • ファイルを閉じる(Ctrl + W)

  • アプリケーションを閉じる(Alt キー)

  • メニューバー(Alt キー)

  • クイックアクセスツールバー

  • 右クリックの代わり(アプリケーションキー)

  • ノートPCでは必須(ファンクションキー)

  • 繰り返し作業(F4)

  • 形式を選択して貼り付け(Alt → H → V → S)

 


2. パワーポイント

プレゼン資料は、いかにスピーディに文章と図形を描けるが重要です。細かい作業はマウスを使わずにショートカットで!

  • フォント(1)サイズ(Alt → H → F → S)

  • フォント(2)色(Alt → H → F → 1)

  • 段落(1)箇条書き(段落番号)(アプリケーション → B(N))

  • 段落(2)1列右にずらす(Tab)

  • 段落(3)行の並び替え(Shift + Alt + 上矢印(下矢印))

  • 書式のコピペ(Shift + Ctrl + C / V)

  • 図形(1)挿入(Alt → N → S → H)

  • 図形(2)揃え(Alt → J → D → A → A)

  • 図形(3)整列(Alt → J → D → A → A)

  • 図形(4)サイズを変える(Shift  + 矢印)

  • 図形(5)回転させる(Alt + 矢印)

  • スライドの移動(1)移動(PageUp / PageDown)

  • スライドの移動(2)スライドショー開始、終了(F5, Esc)

  • スライドの移動(3)いまのスライドからスライドショー開始(Shift + F5)

 


3. ワード

報告書など作成するときは、キチンとしたフォーマットをスピーディに作成しましょう!

  • 揃え(Alt → H → L2, AC, R1)

  • 改ページ(Ctrl + Enter)

  • 見出しスタイル(Ctrl + Alt + 1 (2, 3…))

  • 目次の作成(Alt → S → T)

  • 段落(字下げ、段落間の間隔)(アプリケーションキー  → P)

  • 脚注の挿入(Ctrl + Alt + F)

  • 余白の調整(Alt → P → M)

 


4. エクセル

見やすい表作成に加えて、ミスのない計算チェックや、コピペのテクニックについても紹介します!

  • シート全体を選択(Ctrl + A)

  • 行幅(アプリケーションキー → R)

  • ケタ区切り(Shift + Ctrl + 1)

  • %表記(Shift + Ctrl + 5)

  • 小数点(Alt → H → 0(ゼロ))

  • 罫線(Ctrl + 1)

  • 揃え(Alt → H → R (L1))

  • セルの移動(Ctrl + 矢印)

  • セルの範囲選択(Shift + Ctrl + 矢印)

  • シートの移動(Ctrl + PageDown (PageUp))

  • 計算チェック(計算式)(F2)

  • 計算チェック(参照)(Alt → M → P)

  • コピペ(Alt → H → V → S)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
細かい部分は拡大してくださったり、話し方もゆっくりで、非常にわかりやすいです (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. 【ダウンロード用】エクセルファイル
    • エクセルファイルのダウンロード
  3. Windows
    • フォルダ、ファイルの指定(アルファベット、数字)
    • ファイル名の修正(F2)
    • ファイルを探す(Ctrl + F)
    • フォルダの移動(Alt +矢印)
    • アプリケーションの切り替え(Alt + Tab)
    • デスクトップ表示(Windows + D)
    • ファイルの新規作成、並び替え(アプリケーションキー)
    • 画面の最大化(Alt + Space → X)
  4. ウェブブラウザ
    • 前の画面に戻る(進む)(Alt +左矢印(右矢印))
    • アドレスバーに入力(Ctrl + L)
    • 新たなタブを追加(閉じる)(Ctrl + T (W))
    • タブの移動(Ctrl + Tab)
    • 新たなウィンドウを追加(Ctrl + N)
    • ウィンドウを閉じる(Alt + F4)
  5. Office ショートカット(基本)
    • 保存(Ctrl + S, F12)
    • コピー、貼り付け、切り取り(Ctrl + C, V, X)
    • 戻る(進む)(Ctrl + Z (Y))
    • 特定の文字を探す(Ctrl + F)
    • 置換する(Ctrl + H)
    • ファイルを閉じる(Ctrl + W)
    • アプリケーションを閉じる(Alt + F4)
  6. Office ショートカット(応用)
    • メニューバー(Alt キー)
    • クイックアクセスツールバー
    • 右クリックの代わり(アプリケーションキー)
    • ノートPCでは必須(ファンクションキー)
    • 繰り返し作業(F4)
    • 形式を選択して貼り付け(Alt → H → V → S)
  7. PowerPoint
    • はじめに
    • フォント(1)サイズ(Alt → H → F → S)
    • フォント(2)色(Alt → H → F → 1)
    • フォント(3)その他フォント(アプリケーション → F)
    • フォント(4)太字、斜体、下線(Ctrl + B, I, U)
    • フォント(5)繰り返し(F4)
    • 段落(1)箇条書き(段落番号)(アプリケーション → B(N))
    • 段落(2)1列右にずらす(Tab)
    • 段落(3)行の並び替え(Shift + Alt + 上矢印(下矢印))
    • 段落(4)行内改行(Shift + Enter)
    • 段落(5)行間の調整(Alt → H → K)
    • 文章(1)テキスト範囲を指定(Shift + 矢印)
    • 文章(2)テキストの編集(F2)
    • コピペ書式のコピペ(Shift + Ctrl + C / V)
    • 図形(1)挿入(Alt → N → S → H)
    • 図形(2)揃え(Alt → J → D → A → A)
    • 図形(3)整列(Alt → J → D → A → A)
    • 図形(4)サイズを変える(Shift + 矢印)
    • 図形(5)回転させる(Alt + 矢印)
    • 図形(6)垂直または水平に動かす(Shift + マウス)
    • 図形(7)線をまっすぐ引く(Shift + マウス)
    • 図形(8)グループ化(Ctrl + G)
    • スライドの移動(1)移動(PageUp / PageDown)
    • スライドの移動(2,3)スライドショー開始と終了(F5、Esc)
    • スライドの移動(4)いまのスライドからスライドショー開始(Shift + F5)
    • スライドの移動(5)スライドショーでページ移動(数字+Enter)
    • ワード、エクセルからコピペ(Alt → H → V → S)
  8. Word
    • はじめに
    • 揃え(Alt → H → L2, AC, R1)
    • 改ページ(Ctrl + Enter)
    • 見出しスタイル(Ctrl + Alt + 1 (2, 3…))
    • 目次の作成(Alt → S → T)
    • 段落(字下げ、段落間の間隔)(アプリケーションキー → P)
    • 脚注の挿入(Ctrl + Alt + F)
    • ズーム(Ctrl + マウススクロール)
    • 余白の調整(Alt → P → M)
  9. Excel
    • はじめに
    • シート全体を選択(Ctrl + A)
    • フォント(Alt → H → F → F)
    • 行幅(アプリケーションキー → R)
    • ケタ区切り(Shift + Ctrl + 1)
    • %表記(Shift + Ctrl + 5)
    • 小数点(Alt → H → 0(ゼロ))
    • 目盛線(Ctrl + 1)
    • 列幅(Alt → H → O → I)
    • 揃え(Alt → H → R (L1))
    • 数字色の変更(Alt → H → F → 1)
    • 背景色の変更(Alt → H → H)
    • 行(列)の挿入、削除(Ctrl + プラス(マイナス))
    • セルの移動(Ctrl + 矢印)
    • セルの範囲選択(Shift + Ctrl + 矢印)
    • シートの移動(Ctrl + PageDown (PageUp))
    • 計算チェック(計算式)(F2)
    • 計算チェック(参照)(Alt → M → P)
    • コピペ(Alt → H → V → S)
    • 印刷(Ctrl + P)
  10. おわりに
    • おわりに
    

【TensorFlow・Kerasで学ぶ】時系列データ処理入門(RNN/LSTM, Word2Vec)

【TensorFlow・Kerasで学ぶ】時系列データ処理入門(RNN/LSTM, Word2Vec)
発売日 2017/08/08
(3.1)

6 total hours
TensorFlow, KerasとPython3を使って、自然言語処理や時系列データ処理を学びましょう。日本語+動画で学べる唯一の講座(2017年8月現在)です。RNN/LSTMは、機械翻訳、自動字幕表示、株価予測などに使用されています。

*2017/12/3 株価予測のチュートリアルを順次掲載しています。

*2017/9/19 感情分析のセクションを追加しました。

*2017/9/14 Kerasを使用した文章合成のチュートリアルを追加しました。

*2017/9/12 機械翻訳の実行結果を掲載しました。10日間トレーニングしたモデルを使用しました。

*2017/9/3 Wikipedia日本語記事全文を使用したWord2Vecのチュートリアルを掲載しました。モデル生成に丸1日かかりました。

*2017/9/1 リクエストの大変多かったTensorFlowのSequence-To-Sequenceチュートリアルのプログラムを動作させてプロセスを収録しています。現在、2日間ほどプログラムを稼働し続けています。学習が完了したら結果をアップロードします。

Python3とTensorFlowやMeCab, Janome, Gensimなどを使用して、

  1. 自然言語処理(形態素解析、Word2Vec、RNNによるSequence-To-Sequence)
  2. RNN/LSTMによる文章処理、合成
  3. ディープラーニングによる株価予測プログラム開発

などにチャレンジします。

実習には、Python 3 とJupyter Notebookを使用し、ウェブブラウザ上でコードを書いてプログラムを実行できます。

チャレンジしたいトピックも募集しています。リクエストがあってテクニカルに可能なものは収録しますので、フォーラムやメッセージでお知らせください。

*** 受講上の注意 ***

このコースは動画で、はじめて形態素解析やRNNなどを学ぶ方のためのコースです。

環境構築から1つ1つ丁寧に解説していきますので、

・動画より書籍で学びたい方

・すでにLSTMやGRUなどについて詳しく学ばなくても結構

という方は、間違って受講されないようご注意ください。

また、間違えて登録した方は30日以内であれば返金可能なのでお試しください。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
LSTMやRNNについて知識を深めたくてこの講座を受講しました。結論としては正解で、LSTMやRNNの基本となる知識は身につけられたと思います。ただし、多くの方が指摘しているように、現状では既にtensorflowもkerasも、講座開設時から仕様が大きく異っているので、可能であれば「第2版」のような形で講座を作り直していただければ、学習もスムーズにいくのではないかと思います。 受講される方は、pythonの構文やnumpyについてはある程度理解して臨んだ方がよいです。特にnumpyのreshapeなどについて知見を深めてから望めば、一段と早く講座内容を習得できると思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • このコースの概要
    • Anacondaのインストール(Windows)
    • Anacondaのインストール(Mac)
    • Anacondaのアップデート(旧版をインストールしている方のみ)
  2. Pythonによる形態素解析にチャレンジ(janome)
    • このセクションの概要
    • 形態素解析を実行してみよう(単文)
    • 単語の出現頻度を数えてみよう(1/2)
    • 単語の出現頻度を数えてみよう(2/2)
    • 練習課題: 出現頻度のカウント
    • Wordカウントのソースコード
  3. Word2Vecにチャレンジ(gensim)
    • 単語のベクトル表現とは?
    • Word2Vecライブラリ(gensim)のインストール
    • Word2Vecで文章を読む(データ準備)
    • Word2Vecモデルを作る(モデルファイルを作成)
    • Word2Vecモデルを使ってみよう(近似単語を表示)
    • 練習課題: Word2Vecモデルを作ろう
    • Word2Vecのソースコード
  4. Wikipediaを辞書にしてWord2Vecにトライ(MeCab・gensim・Word2Vec)
    • このセクションの概要とデータダウンロード
    • Rubyとwp2txtのインストール(Windowsオンリー)
    • wp2txtのインストール(macOSオンリー)
    • 7-Zipのインストール(Windowsオンリー)
    • Mecabのインストール(Windowsバイナリー)
    • Mecabのインストール(macOS編・ソースからビルド)
    • 拡張版IPA辞書のインストール(macOSのみ)
    • wp2txtの実行
    • テキストファイルを1つにまとめる
    • 分かち書きファイルを作成する
    • Word2Vecのモデルを生成しよう
    • モデルを保存し、ベクトル演算をしてみよう
  5. RNNとLSTMの仕組みを理解しよう
    • Word2VecからRNNへ
    • Word2Vecの2つのモデル(CBOWとSkip-gram)
    • RNNの仕組み
    • RNNセルと問題点(LSTMへ)
    • LSTMセル(セルステート・忘却ゲート)
    • 入力ゲートとセルステート値の更新
    • 出力値の計算
  6. LSTMで文章を生成しよう
    • Kerasをインストールしよう(1/2)
    • Kerasをインストールしよう(2/2)
    • Jupyter Notebookを追加してライブラリをインポートしよう
    • 文章から辞書を作成しよう
    • 文章と次に来る文字を記録しよう
    • テキストをベクトル化しよう
    • モデルを定義しよう
    • 学習して文章を生成しよう
    • 途中経過
    • 最終的な出力
    • テキスト生成のノートブック
  7. TensorFlowで機械翻訳に挑戦
    • 注意:TensorFlow 1.6での変更
    • セクションの概要
    • Python実行環境の追加
    • フォルダ追加とコードのクローニング
    • 翻訳データのダウンロード
    • エンコーダー・デコーダーモデル
    • トレーニングの実行
    • モデルの保存
    • パフォーマンスモニターでCPU稼働率をチェックしてみよう
    • モデルサイズを小さくして学習をしてみよう
    • TensorFlow 1.3.0 GPUのインストール(cuDNN 6.0)
    • TensorFlow 1.3.0 GPUでトレーニングを実行
    • トレーニングの経過
    • GPU版実行時のCPU負荷
    • 途中経過
    • 機械翻訳を実行してみよう
  8. RNNでセンチメントアナリシス(感情分析)に挑戦
    • このセクションの概要
    • データの準備とノートブックの追加
    • データの読み込みと変数への格納
    • 単語やレビューのベクトル化
    • ラベルと特徴ベクトルをつくろう
    • データを分割しておこう
    • エンベディングレイヤーを定義しよう
    • LSTMセルとレイヤーを定義しよう
    • 推定と推定精度評価の式を定義しよう
    • 指定サイズでバッチデータを取得するモジュール定義
    • トレーニングを実行しよう
    • テストを実行しよう
    • このセクションで使用したノートブック
  9. LSTMで株価予想を行ってみよう
    • このセクションの概要
    • データをロードする関数を定義しよう
    • 正規化処理を定義しよう
    • ネットワーク(モデル)を定義する関数を定義しよう
    • 株価を予測する関数を定義しよう
    • lstm.pyの修正
    • 株価を予測してみよう
    • 株価を予測してみよう(2/2)
  10. ボーナスセクション(補足動画など)
    • Atomのパッケージを追加しよう(オプション)
 
Preview Video
   

【WORD上級】仕事で差がつくWORD TIPS

【WORD上級】仕事で差がつくWORD TIPS
発売日 2016/11/13
(4.4)

1 total hour
スタイル、テーマ、差し込み印刷などワンランク上のテクニックを学ぶ

Even if you intend to master WORD by yourself, there may be functions that can actually be done more easily.
It is a lecture that you can learn notch techniques such as style, theme, and mail merge.
If you can understand the content of this course you are totally WORD advanced.
Let's improve work efficiency by mastering Word functions.
Since the course is in problem form, try using the problem statement and the original data and actually doing the operation. After that, please watch a comment on the video one by one or collectively.


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
使用したことがない機能の説明があるため、参考になる事が多い。また、説明が丁寧で操作も分かりやすい。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. ここから開始しましょう。
    • 導入
    • 問題文
    • 問題1
    • 問題2
    • 問題3
    • 問題4
    • 問題5
    • 問題6
    • 問題7
    • 問題8
    • 完成データ
    • まとめ
 
Preview Video
   

【WORD中級】知らなきゃ損するWORD テクニック

【WORD中級】知らなきゃ損するWORD テクニック
発売日 2016/11/10
(4.3)

1 total hour
​知っているようで意外と知らない、WORDの機能を「効率的に」使いこなせるようになる

知っているようで意外と知らない、WORDの機能を「効率的に」使いこなせるようになるための講座です。
普段それなりに使いこなしているつもりでも、意外に知らない機能があるかもしれません。オリジナルのリボン作成やヘッダーとフッターなどを活用して、文書をさらに「効率よく」、「見栄えよく」作成しましょう。
講座は、問題形式となっておりますので、問題文と元データを利用して、実際に操作を行ってみてください。その後、逐一、あるいは、まとめて動画で解説をご覧ください。

WORDシリーズでは、初心者の方を対象とした「WORD初級」や、ワンランク上の資料を作成できる「WORD中級」、仕事で特に差が付く、効率的に仕事を行うための「WORD上級」など、体系的に学べるコースをご用意しています。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
箇条書き、タブ設定について、こんなに便利な機能があったとは驚きました。すぐに使いたい、使える機能だと思いました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. ここから開始しましょう。
    • 導入
    • 問題文
    • 問題1
    • 問題2
    • 問題3
    • 問題4
    • 問題5
    • 問題6
    • 問題7
    • 問題8
    • 問題9
    • 問題10
    • 問題11
    • 問題12
    • まとめ
    • 完成データ
 
Preview Video
   

Udemyで無料で学べるWord講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

初めてのWord(ワード)講座 ワードの使い方を習得して綺麗な文書を作成しよう!

初めてのWord(ワード)講座 ワードの使い方を習得して綺麗な文書を作成しよう!
発売日 2018/11/16
(4.3)

1 total hour
Word(ワード)を今までに一度も触った事がない方でも大丈夫!ここから学習を始めていきましょう!職場で急遽資料を作らなければならなくなったという方でも、すぐに簡単な資料を作成する事が出来るようになります!

こちらの講座では

「突然資料を作らなければならなくなった!」

「仕事でワードが必要になった!」

「参考書をやってみたけど分からなかった!」

「サクッと簡単に身に付けたい!」

という方々に向け、Word(ワード)を初歩の初歩から学習していきましょう!

動画学習で細かく学んでいきましょう!

ワードを基礎から学習していきましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
基礎編としては分かりやすくて良かったです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
    • このコースで学習出来る事
  2. 【ワード基礎-第1章-】簡単な文書を作成してみましょう!
    • 【テキスト】ワード基礎-第1章-
    • ワードを起動しましょう!
    • 文書内に文字を入力してみましょう!
    • あいさつ文を挿入してみましょう!
    • 配置を整えて文書を完成させましょう!
  3. 【ワード基礎-第2章-】箇条書きの設定やフォントサイズの変更!
    • 【ダウンロードファイル】ワード基礎-第2章-
    • 作成する文書を確認してみましょう!
    • 必要な文章を入力しましょう!
    • 全体の文章を仕上げていきましょう!
    • 文書上部の配置を整えていきましょう!
    • タイトル文字の書式を変更しましょう!
    • 箇条書きを作成してみましょう!
  4. 【ワード基礎-第3章-】表を挿入した文書を作成しましょう!
    • 【ダウンロードファイル】ワード基礎-第3章-
    • 作成する文書を確認し、新規ワードファイルに文字を入力しましょう!
    • 文字の配置を整え、表を挿入しましょう!
    • 表の中に文字を入力していきましょう!
    • 表のスタイルを変更しましょう!
    • 印刷の設定方法を学習しましょう!
    • ボーナスレクチャー:ワード基礎編本コースで学習出来る事!
 
Preview Video
       

関連:Wordを本でも学ぼう

UdemyのWord講座は上述したとおり、Wordの基礎的な使い方から応用法まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Wordの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました