【動画で学習】UdemyのWord(ワード) 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのWord講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのWord講座 人気ランキング(セール情報付き)

以下がUdemyで学習できるWordの最新の人気講座ランキング(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.2)
総評価数 462件
2
(4.2)
総評価数 615件
3
(4.5)
総評価数 803件
4
(4.5)
総評価数 1672件
5
【初心者から上級者まで】1日で学べる Word の教科書マスターコース...
発売日 2020/11/30
受講者 1,394人
通常 2,400円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 217件
6
(4)
総評価数 220件
7
【TensorFlow・Kerasで学ぶ】時系列データ処理入門(RNN/LSTM, Word2Vec)...
発売日 2017/08/08
受講者 6,809人
通常 10,800円
現在 2,320円
(4.2)
総評価数 857件
8
【WORD上級】仕事で差がつくWORD TIPS
発売日 2016/11/13
受講者 77人
通常 3,000円
現在 1,840円
(4.1)
総評価数 17件
9
Wordでこんなものまで!-テクニックを知ってデザインを極める-...
発売日 2018/10/31
受講者 113人
通常 5,400円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 19件
10
ワードプレスを使って、オンライン教材サイトを作る方法
発売日 2019/09/25
受講者 158人
通常 24,000円
現在 1,840円
(4.2)
総評価数 16件
11
誰でもわかるMicrosoft Word 2016
発売日 2017/07/11
受講者 122人
通常 3,000円
現在 1,920円
(4.1)
総評価数 27件
12
Office 2013教材コース(Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook、Win10)...
発売日 2016/02/05
受講者 152人
通常 5,400円
現在 2,000円
(4.1)
総評価数 23件
13
(4.1)
総評価数 52件
14
Microsoft Office 2019(Word、Excel(VBAも)、PPT、Outlook、Teams)パック...
発売日 2019/10/16
受講者 222人
通常 4,800円
現在 2,160円
(3.6)
総評価数 29件
15
【WORD中級】知らなきゃ損するWORD テクニック
発売日 2016/11/10
受講者 88人
通常 3,000円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 18件
16
[Windows] Wordでクールなデザインの無料eBookを作る方法
発売日 2017/01/10
受講者 130人
通常 15,000円
現在 2,000円
(3.4)
総評価数 14件
17
会議メモを議事録にする!時間短縮ワザ!困ったときのWord便利帳!...
発売日 2020/06/23
受講者 46人
通常 3,600円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 9件
18
誰でもわかる!これから始める Microsoft Word 2013
発売日 2015/08/05
受講者 52人
通常 3,000円
現在 1,840円
(4.6)
総評価数 9件
19
(3.9)
総評価数 7件
20
Microsoft Office 2010(Word、Excel、PowerPoint)習得パック
発売日 2016/03/23
受講者 16人
通常 4,800円
現在 1,840円
(4.3)
総評価数 4件
21
(3.8)
総評価数 3件
22
Office 2013教材コース(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Windows 10)...
発売日 2016/02/15
受講者 10人
通常 4,800円
現在 1,840円
(4.5)
総評価数 1件
23
(5)
総評価数 1件
24
誰でもわかるMicrosoft Word 2010
発売日 2016/03/18
受講者 5人
通常 3,000円
現在 1,840円
(0)
総評価数 0件
 

UdemyのWord 人気・おすすめの5講座

以下が今人気のおすすめの講座の詳細です。

Udemy講座では、1つのコースで基礎から応用まで幅広く学べるものが多く、コスパ高く学習可能。

自分にあったコースをセールでゲットして効率よく学習しましょう。

【正しく聞き、伝える】ビジネス・コミュニケーションの基本マスターコース(PowerPoint, Word テンプレ付き)

【正しく聞き、伝える】ビジネス・コミュニケーションの基本マスターコース(PowerPoint, Word テンプレ付き)
発売日 2021/02/20
(4.2)

4.5 total hours
「何が言いたいの?」ミーティングが進まず、イライラ・・・仕事のトラブル、ムダ、ストレスをなくしましょう。社会人1年目の「ビジネス会話の基本」、論理的思考、マズロー欲求5段階説、ファシリテーションなど実践スキルまで紹介。管理職の方もどうぞ!

チームで仕事をするときには、コミュニケーションスキルが不可欠です。この講座では、ビジネスパーソンが知っておくべきコミュニケーションの基本を学ぶ講座です。たとえば・・・

  • 伝え方のミスによる、仕事のトラブルを防ぐ

  • 仕事のスケジュールを確認する、担当を決める

  • お願いするときには、きちんと理由を伝える

  • 議論するときは、論理的に意見を伝える

  • 伝える技術、だけではなく、聞く技術も大事

  • 相手が何を求めているかを理解する

  • 部下のモチベーションを高める「一言」


1. 初級コース(社会人1年目向け。コミュニケーションミスを防ぎ、効率的に議論を進める)

伝えたいことが、きちんと伝わっていないケースは多いです。相手に誤解されないコミュニケーションを学びます。

さらにコミュニケーションミスによるムダな仕事を減らして、ミーティングを効率的に進めるテクニックを学びます。

  • 言葉の定義をはっきりする

  • 理由、背景を聞く

  • ビッグワードをやめる

  • 5W1Hで自分に質問する

  • 事実と解釈を分けて説明する

  • 期待コントロールに気を付ける

  • たたき台をつくる

  • ネクストステップを決める


2. 中級コース(論理的に説明する)

なぜ?理由を説明し、目的や根拠を明確にすることで、相手に納得してもらう「論理的思考」を学びます。

  • 議論の目的をはっきりさせる

  • 根拠と主張を伝える

  • 前提条件を聞く

  • オプションを出す

  • 具体例を示す

  • 優先度を決める


3. 上級コース(相手を理解し、説得する)

ただ論理的に話しても相手を説得できないことが多いです。命令するのではなく、相手が求めていることを理解し、説得するためのテクニックを学びます。

  • 相手を理解する

  • マズロー欲求5段階説

  • 自己実現欲求

  • 承認欲求

  • 理論と感情で伝える

  • 相手を説得する


4. 実践コース(コミュニケーションの種類を紹介)

仕事で使うコミュニケーションの種類と、うまく進めるためのコツを学びます。

  • ファシリテーション

  • 発散と収束

  • ブレスト

  • チームビルディング

  • プレゼンテーション

  • 意思決定者

  • 部下への指示

  • 1対1ミーティング

  • 議事録


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
どの内容もとてもわかりやすくかった。もう少し実践的な内容があってもよいと思いました。資料がダウンロード可能なので、自身で見直して実践してければと思います。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. 初級(ビジネス会話の基本)
    • はじめに
    • 定義を明確にする
    • ビッグワード
    • 理由を聞く
    • 担当を決める
    • 5W1H
    • 事実と解釈を分ける
    • なんでも話す
    • キャパシティを確認する
    • ネクストステップを確認する
    • 記録する
    • たたき台をつくる
    • 事前に送る
    • 期待コントロール
    • クイック&ダーティ
  3. 中級(論理的に伝える)
    • はじめに
    • 目的を明確にする
    • そもそも
    • 問題点を把握する
    • 前提を確認する
    • 根拠と主張
    • 結論ファースト
    • オプションを出す
    • 具体例を探す
    • 優先度をつける
  4. 上級(相手を説得する)
    • はじめに
    • 話を聞く
    • あいづち
    • 相手の欲求
    • 自己現実欲求
    • 承認欲求
    • 目標をつくる
    • 本音を知る
    • 理論と感情
    • 気づかせる
    • 説得方法を分ける
  5. 実践コミュニケーション
    • はじめに
    • ファシリテーション
    • 発散と収束
    • ブレスト
    • チームビルディング
    • プレゼンテーション
    • 営業
    • 意思決定者
    • 部下への指示
    • 1対1ミーティング
    • 議事録
    • Wordの使い方
    • メール
  6. ファイルのダウンロード
    • PowerPoint資料のダウンロード
    • Wordファイルのダウンロード
  7. おわりに
    • おわりに
    

【 生産性を高める 】Windows / エクセル / パワーポイント / ワードのショートカット講座

【 生産性を高める 】Windows / エクセル / パワーポイント / ワードのショートカット講座
発売日 2019/12/23
(4.5)

4 total hours
マウスを使わずにサクサクPCを使えるようになります!生産性の時代の必須スキルです。時短勤務の方、営業資料を作っているビジネスパーソン、新卒社員などPCを初めて仕事で使う方にオススメ。講師は「外資系投資銀行のエクセル仕事術」の熊野整。

仕事でマウスを使っていませんか?


マウスを使わずにキーボードだけで作業ができれば、仕事の生産性は一気に向上します。

この講座では、Windows / エクセル / パワーポイント / ワードのショートカットを幅広くカバーします。


もちろんすべて覚えなくても大丈夫です!

「ああ、これは明日から仕事で使いたいな」

と感じたテクニックから1つずつ覚えてみてください。


1. Windows

あたりまえのようにマウスで使っているWindowsも、ショートカットでスピードアップ!

  • フォルダ、ファイルの指定(アルファベット、数字)

  • ファイル名の修正(F2)

  • ファイルを探す(Ctrl + F)

  • フォルダの移動(Alt +矢印)

  • アプリケーションの切り替え(Alt + Tab)

  • デスクトップ表示(Windows + D)

  • 画面の最大化(Alt + Space → X)

 


2. ブラウザ

ウェブサイトで検索して情報収集する時間も長いはず。こちらもショートカットで!

  • 前の画面に戻る(進む)(Alt +左矢印(右矢印))

  • アドレスバーに入力(Ctrl + L)

  • 新たなタブを追加(閉じる)(Ctrl + T (W))

  • タブの移動(Ctrl + Tab)

 


3. Office

すべてのOffice製品の共通ショートカットをまとめて学びます。

  • 保存(Ctrl + S, F12)

  • コピー、貼り付け、切り取り(Ctrl + C, V, X)

  • 戻る(進む)(Ctrl + Z (Y))

  • 特定の文字を探す(Ctrl + F)

  • 置換する(Ctrl + H)

  • ファイルを閉じる(Ctrl + W)

  • アプリケーションを閉じる(Alt キー)

  • メニューバー(Alt キー)

  • クイックアクセスツールバー

  • 右クリックの代わり(アプリケーションキー)

  • ノートPCでは必須(ファンクションキー)

  • 繰り返し作業(F4)

  • 形式を選択して貼り付け(Alt → H → V → S)

 


2. パワーポイント

プレゼン資料は、いかにスピーディに文章と図形を描けるが重要です。細かい作業はマウスを使わずにショートカットで!

  • フォント(1)サイズ(Alt → H → F → S)

  • フォント(2)色(Alt → H → F → 1)

  • 段落(1)箇条書き(段落番号)(アプリケーション → B(N))

  • 段落(2)1列右にずらす(Tab)

  • 段落(3)行の並び替え(Shift + Alt + 上矢印(下矢印))

  • 書式のコピペ(Shift + Ctrl + C / V)

  • 図形(1)挿入(Alt → N → S → H)

  • 図形(2)揃え(Alt → J → D → A → A)

  • 図形(3)整列(Alt → J → D → A → A)

  • 図形(4)サイズを変える(Shift  + 矢印)

  • 図形(5)回転させる(Alt + 矢印)

  • スライドの移動(1)移動(PageUp / PageDown)

  • スライドの移動(2)スライドショー開始、終了(F5, Esc)

  • スライドの移動(3)いまのスライドからスライドショー開始(Shift + F5)

 


3. ワード

報告書など作成するときは、キチンとしたフォーマットをスピーディに作成しましょう!

  • 揃え(Alt → H → L2, AC, R1)

  • 改ページ(Ctrl + Enter)

  • 見出しスタイル(Ctrl + Alt + 1 (2, 3…))

  • 目次の作成(Alt → S → T)

  • 段落(字下げ、段落間の間隔)(アプリケーションキー  → P)

  • 脚注の挿入(Ctrl + Alt + F)

  • 余白の調整(Alt → P → M)

 


4. エクセル

見やすい表作成に加えて、ミスのない計算チェックや、コピペのテクニックについても紹介します!

  • シート全体を選択(Ctrl + A)

  • 行幅(アプリケーションキー → R)

  • ケタ区切り(Shift + Ctrl + 1)

  • %表記(Shift + Ctrl + 5)

  • 小数点(Alt → H → 0(ゼロ))

  • 罫線(Ctrl + 1)

  • 揃え(Alt → H → R (L1))

  • セルの移動(Ctrl + 矢印)

  • セルの範囲選択(Shift + Ctrl + 矢印)

  • シートの移動(Ctrl + PageDown (PageUp))

  • 計算チェック(計算式)(F2)

  • 計算チェック(参照)(Alt → M → P)

  • コピペ(Alt → H → V → S)


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
知らないショートカットキーがあったので使用できたらと思いました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. 【ダウンロード用】エクセルファイル
    • エクセルファイルのダウンロード
  3. Windows
    • フォルダ、ファイルの指定(アルファベット、数字)
    • ファイル名の修正(F2)
    • ファイルを探す(Ctrl + F)
    • フォルダの移動(Alt +矢印)
    • アプリケーションの切り替え(Alt + Tab)
    • デスクトップ表示(Windows + D)
    • ファイルの新規作成、並び替え(アプリケーションキー)
    • 画面の最大化(Alt + Space → X)
  4. ウェブブラウザ
    • 前の画面に戻る(進む)(Alt +左矢印(右矢印))
    • アドレスバーに入力(Ctrl + L)
    • 新たなタブを追加(閉じる)(Ctrl + T (W))
    • タブの移動(Ctrl + Tab)
    • 新たなウィンドウを追加(Ctrl + N)
    • ウィンドウを閉じる(Alt + F4)
  5. Office ショートカット(基本)
    • 保存(Ctrl + S, F12)
    • コピー、貼り付け、切り取り(Ctrl + C, V, X)
    • 戻る(進む)(Ctrl + Z (Y))
    • 特定の文字を探す(Ctrl + F)
    • 置換する(Ctrl + H)
    • ファイルを閉じる(Ctrl + W)
    • アプリケーションを閉じる(Alt + F4)
  6. Office ショートカット(応用)
    • メニューバー(Alt キー)
    • クイックアクセスツールバー
    • 右クリックの代わり(アプリケーションキー)
    • ノートPCでは必須(ファンクションキー)
    • 繰り返し作業(F4)
    • 形式を選択して貼り付け(Alt → H → V → S)
  7. PowerPoint
    • はじめに
    • フォント(1)サイズ(Alt → H → F → S)
    • フォント(2)色(Alt → H → F → 1)
    • フォント(3)その他フォント(アプリケーション → F)
    • フォント(4)太字、斜体、下線(Ctrl + B, I, U)
    • フォント(5)繰り返し(F4)
    • 段落(1)箇条書き(段落番号)(アプリケーション → B(N))
    • 段落(2)1列右にずらす(Tab)
    • 段落(3)行の並び替え(Shift + Alt + 上矢印(下矢印))
    • 段落(4)行内改行(Shift + Enter)
    • 段落(5)行間の調整(Alt → H → K)
    • 文章(1)テキスト範囲を指定(Shift + 矢印)
    • 文章(2)テキストの編集(F2)
    • コピペ書式のコピペ(Shift + Ctrl + C / V)
    • 図形(1)挿入(Alt → N → S → H)
    • 図形(2)揃え(Alt → J → D → A → A)
    • 図形(3)整列(Alt → J → D → A → A)
    • 図形(4)サイズを変える(Shift + 矢印)
    • 図形(5)回転させる(Alt + 矢印)
    • 図形(6)垂直または水平に動かす(Shift + マウス)
    • 図形(7)線をまっすぐ引く(Shift + マウス)
    • 図形(8)グループ化(Ctrl + G)
    • スライドの移動(1)移動(PageUp / PageDown)
    • スライドの移動(2,3)スライドショー開始と終了(F5、Esc)
    • スライドの移動(4)いまのスライドからスライドショー開始(Shift + F5)
    • スライドの移動(5)スライドショーでページ移動(数字+Enter)
    • ワード、エクセルからコピペ(Alt → H → V → S)
  8. Word
    • はじめに
    • 揃え(Alt → H → L2, AC, R1)
    • 改ページ(Ctrl + Enter)
    • 見出しスタイル(Ctrl + Alt + 1 (2, 3…))
    • 目次の作成(Alt → S → T)
    • 段落(字下げ、段落間の間隔)(アプリケーションキー → P)
    • 脚注の挿入(Ctrl + Alt + F)
    • ズーム(Ctrl + マウススクロール)
    • 余白の調整(Alt → P → M)
  9. Excel
    • はじめに
    • シート全体を選択(Ctrl + A)
    • フォント(Alt → H → F → F)
    • 行幅(アプリケーションキー → R)
    • ケタ区切り(Shift + Ctrl + 1)
    • %表記(Shift + Ctrl + 5)
    • 小数点(Alt → H → 0(ゼロ))
    • 目盛線(Ctrl + 1)
    • 列幅(Alt → H → O → I)
    • 揃え(Alt → H → R (L1))
    • 数字色の変更(Alt → H → F → 1)
    • 背景色の変更(Alt → H → H)
    • 行(列)の挿入、削除(Ctrl + プラス(マイナス))
    • セルの移動(Ctrl + 矢印)
    • セルの範囲選択(Shift + Ctrl + 矢印)
    • シートの移動(Ctrl + PageDown (PageUp))
    • 計算チェック(計算式)(F2)
    • 計算チェック(参照)(Alt → M → P)
    • コピペ(Alt → H → V → S)
    • 印刷(Ctrl + P)
  10. おわりに
    • おわりに
    

【パソコン三種の神器】Word+Excel+PowerPointを10日間でイッキに速習 / エクセル兄さん講座

【パソコン三種の神器】Word+Excel+PowerPointを10日間でイッキに速習 / エクセル兄さん講座
発売日 2015/11/14
(4.5)

13 total hours
「そろそろワード,エクセル,パワポくらいは使えるようになっておきたい」というあなたも、動画を見ながらマネするだけで短期間で速習できます。1000人以上が受講した「エクセル兄さん」講座が待望の大幅アップデート。

【「そろそろWordとExcelとPowerPointくらい使えるようになりたい」というあなたへ…】

WordとExcel、PowerPointを素早くわかりやすく習得したい!
そんな時はビデオ講座でイッキ読みしてスピードマスター。

  • テキストで独学しても三日で挫折した・・。
  • 好きな場所で、空いた時間に勉強したい。
  • スマホ+ビデオで学習できる、都合のいい

そんな欲張りなあなたに最適です!
ビデオによる分かりやすい講座でイッキにビデオでわかりやすく速習。
人気講師「エクセル兄さん」の爽やかで分かりやすいビデオ解説です。

【1,000名以上が学習した人気講師「エクセル兄さん」の講座が待望の大幅リニューアル】

Udemyにおいて1,000名以上が受講したWord,Excelのビデオ講座が、2017年3月から新しく大幅リニューアル。
新たに「パソコン基礎講座(タイピングなど)」、「PowerPoint編」を追加収録し、Excel編を全面再収録。

10時間以上のていねいな解説付きの講座となって再スタートしました。

【カリキュラム内容】

Word編

  1. 文書の作成とインポート
  2. フォントや段落の書式設定、検索・置換、ヘッダ・フッタ
  3. 表の作成や書式設定
  4. 箇条書きスタイル、透かし文字、図形の挿入、オンライン画像
  5. パスワードで文書を保護、プロパティ、印刷、PDFに変換

Excel編

  1. データ入力
  2. セルの編集
  3. 表の作成
  4. 数式と関数
  5. 印刷とPDF出力


PowerPoint編

  1. タイトルと本編、レイアウト
  2. デザインやマスターの設定
  3. 図形やグラフ
  4. 切り替え効果やアニメーションとプレゼンの実行
  5. 配布資料の印刷、PDF出力


【人気講師「エクセル兄さん】
YouTubeで購読者1,000人以上、セミナー・ワークショップ開催で満員御礼の
人気オフィスパソコン講師「エクセル兄さん」が、過去に1000人以上受講いただいたビデオ講座をUdemyにて大幅リニューアルしました。



↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
説明がとても丁寧で分かりやすく、初心者でも十分ついていける内容でした。ありがとうございました! (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに(読者特典あり)
    • 読者特典(テキストのダウンロード)
    • はじめに(講座の進め方 / 全体のレベルや概要 / レビューやQ&Aについて)
    • 講座をiPhoneやスマホにダウンロードする方法
  2. 0章 パソコン基礎講座(※既に分かっている人は飛ばしてOK)共通の基礎スキルを身に付けよう
    • [予備知識]Word・Excel・パワポの特徴と違い
    • [予備知識2]三種のソフトを最速で習得する方法
    • [実習1の概要]新しいファイルを作る方法
    • [実習1] 新しいファイルを作ろう
    • [実習2の概要]ファイルを保存する方法
    • [実習2] ファイルを保存しよう
    • [実習3の概要]ファイルを閲覧する方法
    • [実習3] ファイルを閲覧しよう
    • [実習4の概要]タイピングと文字入力の基礎
    • 【補足】「タイピング練習のコツ」動画リスト
    • 課題ファイルのダウンロード
    • [実習4](1)タイピングと文字入力 五十音の入力
    • [実習4] (2)タイピングと文字入力 濁音や半濁音や拗音
    • [実習4](3)タイピングと文字入力 漢字・カナ変換
    • [実習5の概要] フォントの編集
    • [実習5] フォントの編集 (太字,斜体,下線,フォント種類,フォントサイズ)
    • [実習6の概要] 必修!6つのショートカットキー
    • 課題ファイルのダウンロード
    • [実習6] 必修!6つのショートカットキー
  3. 1章 Excel実習(入門編)
    • 全体の流れ/実習1の概要(効率のいいデータ入力)
    • 課題データのダウンロード
    • 実習1(前半) 効率のいいデータ入力
    • 実習1(後半) 表のデータ入力
    • 実習2の概要(セルの編集をしよう)
    • 実習2 セルの編集をしよう
    • 実習3の概要
    • 実習3(表の作成)
    • 実習4の概要(数式と関数)
    • 実習4(前半) 数式を活用しよう
    • 実習4(後半) 関数を活用しよう
    • 実習5の概要(図形やオブジェクト/印刷)
    • 実習5(前半) 図形やオブジェクトを挿入しよう
    • 実習5(後半) 印刷設定をしよう
  4. 1章+α Excel実習(初級編)
    • 1-1 全体の流れ / 実習1の概要 データの並べ替えをしてみよう
    • 課題ダウンロード
    • 1-2 実習1(前半) 並べ替えと複数条件での並べ替え
    • 1-3 実習1(後半)フィルターを利用した並べ替え / テーブル入門
    • 2-1 実習2の概要 データの抽出をしてみよう
    • 2-2 実習2(前半) フィルターでデータの抽出をしてみよう
    • 2-3 実習2(後半) トップテン機能 / 絞り込み(フィルター)の解除
    • 3-1 実習3の概要 データの集計をしてみよう
    • 3-2 実習3 集計とデータのグループ化
    • 4-1 実習4の概要 グラフを作成しよう
    • 4-2 実習4(前半) 棒グラフの作成とグラフの書式設定
    • 4-3 実習4(後半) 折れ線グラフ、円グラフの作成と書式設定
    • 5-1 実習5の概要 ピボットテーブル(クロス集計)を使用してみよう
    • 参考動画:ピボットテーブルが難しいので「買い物」に例えて説明 しました
    • 5-2 実習5(前半) ピボットテーブルの作成 /データの絞り込み
    • 5-3 実習5(後半) データのグループ化 / ピボットグラフの作成
  5. 2章 Word実習(入門編)
    • 課題データのダウンロード
    • 【Word編1】文書作り・まずはここから〜文書の作成とインポート
    • 【Word編1】テキスト手順書
    • 【Word編2】スタイルを整えよう!〜フォントや段落の書式設定、検索・置換、ヘッダ・フッタ
    • 【Word編2】テキスト手順書
    • 【Word編3】表にまとめて整理!〜表の作成や書式設定
    • 【Word編3】テキスト手順書
    • 【Word編4】ビジュアルに訴えかけて説得力3倍〜箇条書きスタイル、透かし文字、図形の挿入、オンライン画像
    • 【Word編4】テキスト手順書
    • 【Word編5】いよいよ仕上げ!パスワードで文書を保護、プロパティ、印刷、PDFに変換
    • 【Word編5】テキスト手順書
  6. 2章+α Word実習(初級編)
    • 1-0 全体の流れ 長文レポート文書に必要な5スキル
    • 課題ダウンロード
    • 1-1実習(前半) 段落やアウトラインを設定する
    • 1-2実習(前半) テーマとスタイルの設定・更新,インデントなど
    • 2-1概要 レイアウトや段組みを設定しよう
    • 2-2実習(前半) 文字列の回り込み(四角形,前面など)
    • 2-3実習(後半) 段組み,セクション区切り,段区切りなど
    • 3-1概要 目次やスタイルを設定しよう
    • 3-2実習 目次の自動作成,目次のスタイル設定
    • 4-1概要 図表や脚注,引用文献を設定しよう
    • 4-2実習(前半) 図表番号や脚注の挿入
    • 4-3実習(後半) 引用文献や管理,文献目録の挿入
    • 5-1概要 校正やコメント,変更履歴の管理
    • 5-2実習(前半) スペルチェック,コメント管理
    • 5-3実習(後半) 変更履歴の記録と管理
    • まとめ 振り返り
  7. 3章 PowerPoint実習
    • 全体の流れ / 実習1の概要 (スライドを作ろう)
    • 実習1 タイトルと本編の作成,レイアウト
    • 実習2の概要 / デザインを作ろう
    • 実習2 デザインやマスターの設定
    • 実習3の概要 / 図形とグラフを作ろう
    • 実習3(前半) 図形やグラフ(前半 図形とグラフ)
    • 実習3(後半) 図形やグラフ(後半 SmartArt)
    • 実習4の概要 アニメーションや切り替え効果を使おう
    • 実習4(お手本) 実際にアニメーションと切り替えを見てみよう
    • 実習4(前半) 切り替え効果の設定
    • 実習4(後半) アニメーションの設定とプレゼンの実行
    • 実習5の概要 資料として印刷/PDF化しよう
    • 実習5(お手本) 実際にPDF化された資料を見てみよう
    • 実習5(前半) 資料の印刷設定をしよう
    • 実習5(後半) PDFファイルとして出力しよう
  8. 【ボーナス講座!】もっとITスキルがアップする講座の案内
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

【初心者から上級者まで】1日で学べる Word の教科書マスターコース

【初心者から上級者まで】1日で学べる Word の教科書マスターコース
発売日 2020/11/30
(4.5)

9 total hours
大手総合商社をはじめ、多くの有名企業で採用されているWord研修プログラムを一挙公開!文章、段落、ショートカット、目次、タブマーカー、インデント、ルーラー、変更履歴、透かし印刷・・・多くの機能があるWordをしっかりマスターしましょう!

ビジネスパーソンとして最低限マスターしておきたいWordスキルを学べます。

「思わずスペースキーを押して整えてしまう」初心者、新卒社会人はもちろん、生産性を高めるショートカット、インデント、ルーラーといった応用テクニックも学びたい上級者にもオススメです。

  • 読みやすい文章の書き方(読みやすいフォント、きれいにそろった段落)

  • 応用テクニック(スタイル、見出し、目次、ナビゲーション)

  • ストレスなく効率的に作業できるショートカット(書式コピー、クイックアクセスツールバー)

  • 表、グラフ、画像、図形の使い方

  • 修正・チェック(修正履歴、コメント、比較)

  • 印刷・保存(透かし印刷、差し込み印刷)

講座で使用しているものはWindows 10, Microsoft 365(2021年2月時点)になります。バージョンによってショートカットなど異なる可能性がある点、ご容赦ください。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
講師の方の説明がわかり易く、また流長でしたので、あまり疲れることなく1日で聞き終えることができました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. 文章の基本をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • そろえ(1)
    • フォント
    • 罫線、網かけ
    • 段落番号、箇条書き
    • 段落内の改行
    • 段落の並び替え
    • 編集記号の表示
    • 行全体を選択
    • 書式のクリア
    • そろえ(2)均等割り付け
    • そろえ(3)タブマーカー
    • タブリーダー
    • 脚注
    • 検索
    • 置換
    • 行間と間隔
    • インデント
    • ルーラー
  3. 文章の応用をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • スタイルとは
    • 標準
    • 表題
    • 見出し1
    • 見出し2
    • 見出しのコツ
    • ナビゲーション
    • アウトライン
    • 見出し番号のズレ
    • 見出し番号の応用(連番)
    • 目次
    • ページ番号
    • 日付
    • ヘッダー・フッター
    • 改ページ(基本)
    • 改ページ(応用)
    • ページ余白
    • 用紙サイズ、向き
  4. ショートカットをマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • キーの種類
    • ショートカットの基本
    • テキスト(1) 移動
    • テキスト(2) 範囲選択の基本
    • テキスト(3) 範囲選択の応用
    • フォント
    • そろえ
    • 段落
    • スタイル
    • ナビゲーション
    • コピペ応用(1) 書式のみ
    • コピペ応用(2) 文字のみ
    • フォント統一(置換)
    • ページ移動
    • クイックアクセスツールバー
    • 拡大、縮小
    • Insertボタン
    • クリップボード
  5. 表グラフをマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • 表の挿入
    • 罫線、背景色
    • フォント、そろえ
    • 表の幅を変える
    • 表の高さを変える
    • グリッド線
    • 行・列の挿入
    • 文字列から表作成
    • セル結合
    • 箇条書き
    • 表の昇順、降順の並び替え
    • 計算式を挿入
    • Excel表の挿入
    • Excel表をコピー
    • グラフの挿入(1) 縦棒グラフ
    • グラフの挿入(2) 折れ線グラフ
    • グラフの挿入(3) 円グラフ
    • Excelグラフをコピー
  6. 画像、図形をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • 画像の挿入
    • 画像の移動
    • アンカー記号
    • 図表番号の挿入
    • トリミング
    • 図形の挿入
    • 描画キャンパス
    • パワポをコピー
  7. 修正チェックをマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • 変更履歴
    • 変更履歴の承諾
    • シンプルな変更履歴
    • コメント
    • 比較
    • 表記チェック
    • 文字数
  8. 印刷をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • 印刷の基本
    • 透かし
    • 行数の表示
    • 差し込み印刷
    • PDFにする
    • 保存する
    • パスワードをつける
  9. おわりに
    • おわりに
    

Python で Excel・Word を自動操作しよう!【Python 初心者が知るべきモジュールの使いこなし方も】

Python で Excel・Word を自動操作しよう!【Python 初心者が知るべきモジュールの使いこなし方も】
発売日 2019/04/08
(4)

1.5 total hours
元塾講師プログラマーが教える、Python 初心者のための自動化講座!OpenPyXL・python-docxモジュールを使いこなして、Excel・Wordを自動操作しよう!ご自分の業務にも応用できる「考え方」を「短時間で」習得しましょう。

「さて、私は極めて怠惰な人間なので、仕事を避けるためならどんなに厳しい仕事も厭いません。」


これは、ソフトウェア開発の世界の権威、Martin Fowlerの言葉です。

仕事を避けるための仕事、それがこの講座のテーマである自動化です。


どんな仕事を避けるのかというと、人間がやる必要のない退屈な仕事です。

つまり、人間にしか出来ないやりがいのある仕事だけをするために行うのが自動化です。


この講座では、Pythonを使った事務作業(Excel・Word)の自動化について学びます。

特に、PythonでExcelを操作するためのOpenPyXLモジュールと、Wordを操作するためのpython-docxモジュールの使い方・検索方法について解説します。


業務自動化の第一歩として、手軽に・簡単に使えるPythonは最適です。

また、ExcelやWordの自動化に限らず、Webスクレイピングやメールの自動送信、マウスの自動操作などもPythonはやってのけます。


このようなPythonの汎用性の高さの源泉となっているのが、多様なモジュールです。

Excel操作であればOpenPyXLモジュール、Word操作であればpython-docxモジュールというように、モジュールごとに特定の強みを持ちます。

ですので、モジュールの使い方がわかれば、いろんな自動化を簡単に行うことができるようになります。



具体的な内容

この講座では、OpenPyXL・python-docxモジュールを題材にして、他の自動化にも活かせる、モジュールの基本的な利用方法について学んでいきます。

具体的には、OpenPyXL・python-docxモジュールでのExcel・Wordの操作をする中で、公式ドキュメントをいかに使うのか?について学びます。


ですので、Excel・Wordの自動操作をしたい方はもちろん、

  • Pythonのモジュールは多すぎて覚えられない!

  • モジュールの関数やオブジェクトの使い方に自信がない、、

というPython初心者の方にもおすすめの内容になってます。


また、自動化のプログラミングは、比較的簡単に行えるため、プログラミング初心者の演習としても最適です。

Pythonを学んだものの何をするか決まっていないという方も、この講座で自動化から始めてみませんか?



この講座の特徴

この講座では、OpenPyXL・python-docxモジュールを活用するための考え方を理解することにフォーカスしています。

講座中のコードをそのまま業務に使えるというような性質の講座ではないことに注意してください。

考え方をしっかり学んで、自信の業務にはどうやったら応用できるか?を考えられる方には、応用が利いてとても向いている講座かと思います。

また、Pythonプログラマーの方にとっては、ごく当たり前の内容になっています。

具体的には、なんらかのモジュールを検索しつつ使用できるレベルの方であれば、まったく必要のない講座です。

あくまでPython初心者・ノンプログラマーの方が対象の講座であることをご承知おきください。


そしてこの講座は、Pythonの初心者に向けて、対面で教えている講座を動画教材として再編集したものになります。

対面で教えたときの参加者の反応や、講座終了後のアンケートをもとに、講座の改善を重ねてきました。

なので、Python初心者のつまづきやすいポイントが押さえられた、かゆいところに手が届く講座になっているかと思います。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Openpyxlとpython docxを使ったWord,Excelの開き方,シートやページの追加の仕方,書き込みの仕方,フォーマットの指定方法が学べます。 操作のさわりの部分を丁寧に解説された講座になりますので,割と複雑なセクションやワード書式スタイルの設定方法の解説方法が別講座であれば良いと思いました。 また,Python docxで長いドキュメントを作るには,add_paragraphを延々と使わなければならないのか気になりました。効率的な作成方法を別講座でご教示頂ければ幸いと思いました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • 講座概要
    • 環境構築をしよう
    • 講座の準備をしよう
    • 資料が開けなかった場合
    • 自動化とは
    • 講座の開発環境
  2. ファイルの指定方法
    • ファイルの指定
    • ファイルの構成要素
    • 絶対パスと相対パス
    • 絶対パスと相対パス(具体例と演習)
    • 絶対パスと相対パス(演習の解答)
  3. Excelの自動操作
    • Excelの用語の確認
    • openpyxlモジュールとは
    • ケーススタディとプロセスの分解
    • ①ワークブックを開く
    • ②シートを追加する
    • ③シートとセルの選択
    • ④セルへの入力
    • ⑤⑥2枚目のシートでも行う
    • ⑦ワークブックを保存する
    • 公式ドキュメント
    • 公式ドキュメントを使ってみよう
    • 自分でやってみよう
    • 自分でやってみよう①
    • 自分でやってみよう①の解説
    • 自分でやってみよう②
    • 自分でやってみよう②の解説
  4. Wordの自動操作
    • python-docxモジュール
    • 自分でやってみよう①
    • 自分でやってみよう①の解説
    • 自分でやってみよう②
    • open()関数
    • 自分でやってみよう②の解説
  5. 演習問題・おわりに
    • 演習問題に取り組んでみよう
    • osモジュール
    • 演習問題①
    • 演習問題①解説
    • おわりに
  6. ボーナス
    • さらなる上達のための学習コンテンツ
    

Udemyで無料で学べるWord講座一覧

以下の講座は無料で学習が可能。

無料コースでは、質問ができない、学習した証の修了証書が発行されない、といった違いがありますが、動画コンテンツはすべて利用可能。

有料講座ほどの内容の幅はないですが、動画学習の取っ掛かりとしてまずこちらを試してみるのもおすすめです。

【論理的に考える】ロジカルシンキングの基本マスターコース(PowerPoint, Word, Excel テンプレ付き)

【論理的に考える】ロジカルシンキングの基本マスターコース(PowerPoint, Word, Excel テンプレ付き)
発売日 2021/02/20
(4.2)

6 total hours
「自分で考えるクセを身に着けたい」「自分の考え方に自信が持てない」そんなビジネスパーソン向けの講座です。ロジカル思考の基本から、ロジックツリー、MECE、仮説思考などフレームワークまで学べます。講座で使ったパワポ、ワード、エクセルも使えます

ロジカルシンキングの基本をマスターする講座です。

何か問題が起きたときに (1) なぜ起きたのか、(2)どうすべきか、(3)何を優先すべきか
などなど、抜け漏れなく、根拠を示しながら、整理して考え、相手に納得してもらえる結論を出す。

そのために必要な考え方(フレームワーク)をご紹介します。

講座で使ったWord, PowerPoint, Excelもダウンロードできるので、仕事に役立ててください。


初級コース

  • 根拠と主張

  • Why? So What?

  • ビッグワード

  • 要するに?

  • オプション

  • 優先順位

  • Wordの使い方


中級コース

  • フレームワークの使い方

  • 課題(イシュー)

  • 仮説思考

  • ロジックツリー

  • MECE

  • バリューチェーン

  • 5W1H

  • マトリックス

  • 3C分析、4P分析

  • PowerPointの使い方


上級コース

  • ピラミッド・ストラクチャー

  • 数字で考える

  • 利益位のインパクト思考

  • 演繹法、帰納法

  • Excelの使い方


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
活用例が、Excelやパワポの実演つきで説明されていて、理解しやすかったし実業務での活用方法がイメージできて役立った。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
  2. 初級をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • 根拠と主張
    • なぜ?
    • だから何?
    • コツ(1) 問い詰めない
    • たとえば?
    • ビッグワード
    • 目的、原因、主張
    • 状況、分析、主張
    • 共通点は?
    • 要するに?
    • 主張を考える(1) オプション
    • 主張を考える(2) 優先順位
    • 主張を考える(3) メリット
    • コツ(2)ほめる
    • 主張を伝える(1) メッセージ
    • 主張を伝える(2) 具体例
    • Wordでまとめる(1)
    • Wordでまとめる(2)
  3. 中級をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • フレームワーク
    • 課題の特定
    • 仮説思考(1)
    • 仮説思考(2)
    • ロジックツリー
    • MECE
    • 時間軸
    • プロセス
    • バリューチェーン
    • 数字で分解 (1) 売上
    • 数字で分解 (2) 費用
    • 5W1H (1) 課題を特定
    • 5W1H (2) 具体的に説明する
    • 5W1H (3) 新規事業を考える
    • マトリックス (1) 優先度
    • マトリックス (2) ポジショニング
    • 戦略のフレームワーク
    • PowerPointでまとめる
  4. 上級をマスター
    • ファイルのダウンロード
    • はじめに
    • ピラミッド・ストラクチャー(1)
    • ピラミッド・ストラクチャー(2)
    • 根拠(1) 数字で考える
    • 根拠(2) 数字を分解する
    • 根拠(3) 他と比較する
    • 根拠(4) 過去と比較する
    • 根拠(5) 比率で考える
    • 根拠(6) 平均してみる
    • 根拠(7) 平均の異常値
    • 根拠(8) 数字の関係性
    • 根拠(9) 因果関係
    • 利益インパクト(1) 売上
    • 利益インパクト(2) 費用
    • 数字を伝える(1)
    • 数字を伝える(2)
    • Excelで計算する
    • 演繹法
    • 帰納法
  5. おわりに
    • 初級編の振り返り
    • 中級編の振り返り
    • 上級編の振り返り
    

初めてのWord(ワード)講座 ワードの使い方を習得して綺麗な文書を作成しよう!

初めてのWord(ワード)講座 ワードの使い方を習得して綺麗な文書を作成しよう!
発売日 2018/11/16
(4.1)

1 total hour
Word(ワード)を今までに一度も触った事がない方でも大丈夫!ここから学習を始めていきましょう!職場で急遽資料を作らなければならなくなったという方でも、すぐに簡単な資料を作成する事が出来るようになります!

こちらの講座では

「突然資料を作らなければならなくなった!」

「仕事でワードが必要になった!」

「参考書をやってみたけど分からなかった!」

「サクッと簡単に身に付けたい!」

という方々に向け、Word(ワード)を初歩の初歩から学習していきましょう!

動画学習で細かく学んでいきましょう!

ワードを基礎から学習していきましょう!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
基礎編としては分かりやすくて良かったです。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • はじめに
    • このコースで学習出来る事
  2. 【ワード基礎-第1章-】簡単な文書を作成してみましょう!
    • 【テキスト】ワード基礎-第1章-
    • ワードを起動しましょう!
    • 文書内に文字を入力してみましょう!
    • あいさつ文を挿入してみましょう!
    • 配置を整えて文書を完成させましょう!
  3. 【ワード基礎-第2章-】箇条書きの設定やフォントサイズの変更!
    • 【ダウンロードファイル】ワード基礎-第2章-
    • 作成する文書を確認してみましょう!
    • 必要な文章を入力しましょう!
    • 全体の文章を仕上げていきましょう!
    • 文書上部の配置を整えていきましょう!
    • タイトル文字の書式を変更しましょう!
    • 箇条書きを作成してみましょう!
  4. 【ワード基礎-第3章-】表を挿入した文書を作成しましょう!
    • 【ダウンロードファイル】ワード基礎-第3章-
    • 作成する文書を確認し、新規ワードファイルに文字を入力しましょう!
    • 文字の配置を整え、表を挿入しましょう!
    • 表の中に文字を入力していきましょう!
    • 表のスタイルを変更しましょう!
    • 印刷の設定方法を学習しましょう!
    • ボーナスレクチャー:ワード基礎編本コースで学習出来る事!
 
Preview Video
   

関連:Wordを本でも学ぼう

UdemyのWord講座は上述したとおり、Wordの基礎的な使い方から応用法まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Wordの参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました