【2021年最新】株式投資の本「人気・高評価のおすすめ本20冊 / 新書一覧」

こちらでは、株式投資に関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 
Kindle Paperwhite
発売日 2018/11/07
通常 13,980円
現在 13,980円

 

Contents

株式投資の本「最新の人気ランキング 30冊」

今人気の「株式投資の本」をランキングで一覧したのが以下です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
発売日 2018/04/28
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+37pt)
Kindle   1,485円 (+15pt)
(4.1)
総評価数 792件
2
世界一やさしい 株の教科書 1年生
発売日 2014/12/04
通常    1,628円
単行本   1,628円 (+37pt)
Kindle   1,547円 (+16pt)
Audible   3,000円
(4.3)
総評価数 822件
3
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理...
発売日 2019/07/26
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+62pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
(4.6)
総評価数 325件
4
マンガ 株で調子に乗って失敗しました。
発売日 2018/06/07
通常    1,210円
単行本   1,210円 (+12pt)
Kindle   1,079円 (+11pt)
(3.7)
総評価数 32件
5
38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術
発売日 2021/03/20
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,650円 (+825pt)
(4.3)
総評価数 48件
6
賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10
発売日 2013/03/17
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   2,772円 (+28pt)
Audible   4,000円
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 100件
7
得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック
発売日 2020/06/19
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,584円 (+16pt)
(4.2)
総評価数 93件
8
マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門
発売日 2019/11/14
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,604円 (+16pt)
(4.1)
総評価数 74件
9
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
発売日 2005/11/23
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
(4.4)
総評価数 161件
10
マンガでわかる最強の株入門
発売日 2017/06/03
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   1,287円 (+13pt)
(3.9)
総評価数 287件
11
最短でラクラク2000万 手堅く稼ぐ!成長株集中投資術
発売日 2021/02/26
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,386円 (+14pt)
(0)
総評価数 0件
12
カラー版 マンガでまるっとわかる! 株の教科書
発売日 2015/05/12
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   1,158円 (+12pt)
(3.7)
総評価数 73件
13
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け...
発売日 2001/03/01
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,604円 (+16pt)
(4.2)
総評価数 194件
14
10万円から始めて資産を200倍にする小型成長株投資
発売日 2021/01/22
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,320円 (+13pt)
(4.2)
総評価数 175件
15
“普通の人"でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法...
発売日 2020/09/03
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+784pt)
(4.1)
総評価数 130件
16
個人投資家のための株価チャート自由自在
発売日 2006/09/01
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
(4.5)
総評価数 12件
17
(4.2)
総評価数 40件
18
お金知識ゼロ! 普通の会社員でも株で1億円つくる方法をイチから教えてください!...
発売日 2021/02/05
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,170円 (+12pt)
(4.5)
総評価数 9件
19
一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編
発売日 2010/03/19
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
(4.2)
総評価数 68件
20
株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)...
発売日 2016/07/04
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
(4)
総評価数 165件
21
たった7日で株とチャートの達人になる! 改訂版
発売日 2014/04/18
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,188円 (+12pt)
(4)
総評価数 79件
22
新・女子高生株塾
発売日 2015/03/30
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,267円 (+13pt)
(4.3)
総評価数 60件
23
仕手株でしっかり儲ける投資術
発売日 2005/09/15
通常    1,043円
単行本   1,043円
(3.5)
総評価数 69件
24
(4.6)
総評価数 3件
25
株価チャートの鬼100則
発売日 2020/04/02
通常    1,870円
単行本   1,870円 (+19pt)
Kindle   1,777円 (+19pt)
(3.6)
総評価数 30件
26
37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全
発売日 2020/03/20
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,463円 (+732pt)
(4)
総評価数 120件
27
(4)
総評価数 33件
28
(4.3)
総評価数 110件
29
最新版 株デイトレードで毎日を給料日にする!
発売日 2018/11/18
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,485円 (+15pt)
(3.4)
総評価数 34件
30
2021コロナ危機にチャンスをつかむ日本株
発売日 2020/12/01
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,430円 (+14pt)
(4.3)
総評価数 8件
 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきます。

Kindle版のある本なら試し読みも可能。大概目次まで見れるので、概要もつかめるので、サンプル試読がおすすめです。

 

株式投資の本 人気・売れ筋の10冊

以下が「株式投資の本」人気・売れ筋の10冊詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
発売日 2018/04/28
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+37pt)
Kindle   1,485円 (+15pt)
(4.1)
総評価数 792件
2
世界一やさしい 株の教科書 1年生
発売日 2014/12/04
通常    1,628円
単行本   1,628円 (+37pt)
Kindle   1,547円 (+16pt)
Audible   3,000円
(4.3)
総評価数 822件
3
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理...
発売日 2019/07/26
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+62pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
(4.6)
総評価数 325件
4
マンガ 株で調子に乗って失敗しました。
発売日 2018/06/07
通常    1,210円
単行本   1,210円 (+12pt)
Kindle   1,079円 (+11pt)
(3.7)
総評価数 32件
5
38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術
発売日 2021/03/20
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,650円 (+825pt)
(4.3)
総評価数 48件
6
賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10
発売日 2013/03/17
通常    4,180円
単行本   4,180円 (+42pt)
Kindle   2,772円 (+28pt)
Audible   4,000円
Kindle Unlimited(読み放題)
(3.9)
総評価数 100件
7
得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック
発売日 2020/06/19
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,584円 (+16pt)
(4.2)
総評価数 93件
8
マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門
発売日 2019/11/14
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,604円 (+16pt)
(4.1)
総評価数 74件
9
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
発売日 2005/11/23
通常    2,420円
単行本   2,420円 (+24pt)
(4.4)
総評価数 161件
10
マンガでわかる最強の株入門
発売日 2017/06/03
通常    1,430円
単行本   1,430円 (+14pt)
Kindle   1,287円 (+13pt)
(3.9)
総評価数 287件
 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

◎「中田敦彦のYouTube大学」にて、「講義本」採用。
「荒っぽいタイトルとは逆に、超堅実な投資本」とガチ褒めされ、話題沸騰!
◎日本人が書いた「米国株投資」でイチバン売れている本。
35刷、電子合わせ15万部突破のロングセラー。2021年に入ってからもすでに6回も重版かかってます!


米国株投資なんて、スタバでフラペチーノを飲むくらいカンタン!

本書は、英語力ゼロ・投資知識ゼロでも元手10万円から始められる
超シンプルな米国株投資の本です。
「アメリカの株式投資か、なんか難しそう! 」
「英語できないしなー」
「日本株のほうが親しみ持てるよ」
米国株、と聞いて難しいイメージを持った方はちょっと待ってください。
そりゃ、ニューズウィークとかNYタイムズとかを本国から取り寄せて、
これから爆発的に成長するアメリカ企業に投資するのは至難のわざです。
でも、コカコーラやP&Gなど何十年連続で「高配当」を実施している優良企業に
分散投資することは誰でもできます。
そして配当投資をするなら日本ではなくアメリカ。これはもうゼッタイ!
なぜなら25年連続で増配を繰り返す企業は米国100社以上に対し、
日本は花王の1社のみだからです。
長期保有が前提なので、著者のバフェット太郎さんはサラリーマンながら、
たった月3分のチェックで、2年で純利益1000万円を稼ぐことができました。
株のど素人はもちろん、多忙な会社員や、
米国株に投資しているものの負け続ける中級者まで、幅広くオススメできる1冊です。

●目次
★はじめに・・・「配当って何」?レベルのど素人でもできます!

序章 庶民がお金持ちになれるたった一つの方法
★マイホーム購入なんてクソダサい投資を平気でやる日本人
―離婚、失業のリスクを考えれば米国株投資より超ハイリスク
★米国株投資でローリスクに1000万円稼いじゃった件
―超大型連続増配高配当株10社に均等分散投資+配当を再投資
コラム…ガソスタ店員が37歳からはじめた米国株で10億円

第1章 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
★米国株投資なんてスタバでフラペチーノ飲むくらいカンタン
―「英語できない」とかグダグダ言うな。全部教えるから!
★米国株投資家のための秘密の情報源
―と言いつつ「ブルームバーグ」(日本語版)とかってのは内緒
★「米国株ってどこで買うの」?って人へ基礎のキから教えます!
―証券会社、最低約定代金、確定申告、NISA口座など

第2章 米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
★200年間の資料を調べた結果「債券より株式」って証明された
―債券は自分の「損に対するオロオロ度」を計り組み込む
★配当投資するなら絶対アメリカ! っていうこれだけの根拠
―100年に1度の金融危機でも優良企業は増配を続行しました
★ガラケー→iPhoneくらい 日本株→米国株は自然の流れ!
―嫌われても真実を言います。日本株はゴミです
★為替・税のリスクを補ってあまりある米国株の最強っぷり!
―ダウ平均5%以下の下げで、資産が15%近くも下がるけどねw
★米国株はブームじゃなくってこれからのスタンダード
―あなたは東芝に投資して株主総会で怒号を挙げたいですか
★株式に長期投資してないとインフレで悲鳴上げて死ぬかもよ
―ドルや円の価値は目減りするから、貯金オンリーはヤバいって
★プロが銘柄分析とか色々しても市場平均にすら勝てない現実
―ファンドマネジャーつっても平均市場以下なんです
★世界の投資賢者が勧める黄金のポートフォリオ
―バフェットが自分の資産配分を個人投資家に勧めない理由
★S&P500ETFより配当再投資はスゴイかも!
―バフェット太郎は割とマジで勝てると思ってます
コラム…誰もが月5万円の積立投資ができる方法

第3章 金が金を生む配当マネー・マシン その作り方
★安定したCF+還元に積極的 この2点が長期保有すべき配当銘柄
―そういう銘柄はえてして地味で退屈なディフェンシブ銘柄
★8〜16銘柄への分散投資がカルピスでいう「おいしい薄め具合」
―地獄行きの集中投資、手数料貧乏の過剰分散投資
★本当は難しいバリュエーション投資
―「低PER株=良い、高PER株=悪い」じゃない
★高営業CFマージンでもセクター分散しなければハイリスク
―「気づいたらハイテク株ばかり」では分散投資にならない
★素人にはバリュー株投資がオススメ ただし下落に動じるな!
―バフェット太郎の投資法はバリュー株投資です
★配当を再投資する・しないで 7億円以上の違いが出ちゃった!
―暴落局面で買い向かうために配当を貯める愚行
★バイバック株投資にはゴミ株に買い向かう勇気が必要
―そこまでのリスク許容度はバフェット太郎にはありません
★さあっ! 最強のマネーマシンを作ろう!
―いよいよ来ました。手取り足取り教えてあげる!
★バフェット太郎厳選! 賢者のための黄金銘柄30種
―この30種から自分に合ったポートフォリオを作り上げるべし
コラム…ピケティが証明した資本主義の残酷さ

第4章 ど素人投資家への正しい投資の技法
★カンタンなルールに従うロボット投資家たれ
―ムリのない範囲で機械的に投資すること
★「みんなの意見」って大体クソ 自分の投資スタイルは崩さない
―マグレで儲けた投資家ほどドヤ顔で語る
★クソダサい投資家の「残念投資法」一覧
―「底値買い」をもくろむ欲豚は死ぬまで投資をはじめられない
★なぜ臆病な投資家ほど儲けるのか
―自分で思うほど自分のリスク許容度は大きくない
★「バブルじゃない」って思うほどバブルだったりする
―アマゾンだってアップルだってブームと考えるのが自然
★地味だけど大切な積立投資とリバランス
―両者ともペースは人それぞれでよい
★「わかる未来」への投資は競馬やパチンコとはやっぱ違うでしょ
―強い米国企業は売れ続ける強固な仕組みがあります
★米国株の未来予測1 2034年まで強気相場!
―2017年以降はミレニアル世代が成人&消費の活発化
★米国株の未来予測2 利回り格差マイナスからプラス時に大暴落
―強気相場予想でも、不況も暴落も起きるのが普通

★おわりに・・・ゆっくりと、でも最短経路でお金持ちになりましょう

●著者略歴
日本一アンチの多い米国株ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」の管理人。
23歳の時に300万円から日本の中小型株で投資を開始。
企業分析をするうちに日本株に失望したことに加えて、
ジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』の影響を受けて、2015年夏頃より米国株にシフト。
現在の運用資産は5000万円で、コカ・コーラ株やジョンソン・エンド・ジョンソン株など
米国の超大型連続増配高配当株10社に均等分散投資している。
また、毎月米国企業から受け取っている10万円超の配当金は、
組入れ比率最低銘柄に再投資することで均等を維持させ、資産の最大化を目指している。
過去二年間のトータルリターンは30%弱。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
良かった点:
・具体的にどの銘柄を買うべきなのか明示されている。多分ここが一番重要
・日本の株に比べ米国株がいかに堅調な株の値動きをしているか理解できる
・どのセクターがどういう景気状況のときに強いかなどがきちんとまとまっている
・これまでの長期チャートから、株をホールドすることがどれだけ重要か説いている。統計的な手法に近いところが好感を持てた
・他の哲学じみた株のノウハウ本に比べ結論が見やすい。確かにバカでも分かる文書構成になってる

良くないと思った点:
・良くないと思った点はほとんどありませんでした。強いて言えば、本の厚みを出すため、投資判断にあまり重要じゃない知識も書かれている点ですかね

いくつか株関係の本を読んできましたが、この本が一番しっくりきました。
著者がやや毒舌なこともあり、アンチが多く、本の中身ではなく嫌悪感で評価を下げようとしてる方が見受けられるのがいただけないと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本の購入前の注意点として
以下の方々は読んでも無駄と思われます
・汚い言葉遣いが苦手
・すぐに大儲けしたい
・長期投資の専門書は100冊読んだ

反対に、以下の方々にはオススメです。
・株を最近始めた方
・資産形成を長期で考えてる方
・短期投資で大損をした方 などなど

アメリカ株に興味が無い方でも
株式投資の「基本のキ」のような内容が書かれています。
個人投資家のほとんどが負ける理由などが書かれていますので勉強なります。

低いレビューをつけてる方々は恐らく
著者の痛烈な批判を不快に感じた
or自分の事を言われ図星に感じた方々かと思われます。

少し中傷的な表現も混ざっておりますので評価が割れるかとは思いますが、私は内容に満足して2周読みました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
発売日 2018/04/28
通常 1,650円
現在 1,650円

  

世界一やさしい 株の教科書 1年生

なぜ8割の個人投資家は損をしてしまうのでしょうか?
それは、個人投資家のみなさんが持っている「常識」という誤りから来ます。
投資で利益を得るためには3つのポイントを押さえればいいのです。

それも、ごくシンプルなルールを身につければ、あなたも「投資で稼げる投資家」になれます。
ただし、理論をちゃんと理解したうえで、身につけてほしいので、本当に楽しく愉快に、株式投資の授業をはじめます。

みなさんを「シンプル、分かりやすく、楽しく」の3つのキーワードで導きます。
投資は本来は楽しいものです。
投資を難しくしているのは投資家自身なのです。
5秒で選び、5分で取引、5銘柄だけ保有。
楽しみながら資産を増やす投資の入門書が日本の投資ライフを変えます!



↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
株を初めた1年ほど前、最初に買ったのがこの本でした。しかし斜め読みで理解したつもりになり、ビギナーズラックもあり、いつの間にか自己流で株取引をする様になっていました。
ところが苦しい戦いを強いられだし、心底疲れて「このままでは大変な事になる」と感じた時、この本に損切りの仕方が書いてあったのを思い出しました。
そうです、私は損切りどころか、逆指値の仕方も知らず、未熟なヘッジのみで信用取引をやっていたのです。
読み返すと1年前とは違い、体に染み入るように理解でき、安心して株取引が出来る希望が見えてきました。
最初からこの本に書いてある通りにしていれば良かったとの後悔もありますが、多少の実戦を積んだ分、今回は納得しながら読み進めることができました。
株を始めたばかりの人は勿論ですが、回り道をして道に迷った人にこそ、お勧めしたい一冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
わかりやすくて本当に良い本です。動画の付録もあるので、本のお値段以上の価値があると思います。

チャートの見方もわからないまったくのド素人でしたが、本を3回読み込んだ今は、毎日チャートを見るのが楽しくて仕方ありません。
この本には、どんなものをどのタイミングで売買すれば利益を出せるのかが書いてあります。迷いがあれば必ず読み返し、読みつつ実践していますので、毎日持ち歩いています。
初心者用の株の本を探していてたまたま目にとまったのですが、初めて買う株の本がこれで私はラッキーだった、本当にそう思えます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
世界一やさしい 株の教科書 1年生
発売日 2014/12/04
通常 1,628円
現在 1,628円

  

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

◆全世界で読まれている「投資のバイブル」
1973年の初版以来、全米累計150万部を超え、「投資の名著」として絶賛されるベスト&ロングセラー、A Random Walk Down Wall Streetの最新版。本書の主張は「インデックスファンドへの投資がベスト」というシンプルなものだが、類書と異なる点は、なぜ他の投資方法がインデックス投資に比べて劣っているのかを、データを示してしっかり論じているところだ。過去のデータを鑑み、アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」とこき下ろすあたりは、読んでいて痛快かつ明快である。
硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすくなっている。間抜けなテクニカル分析手法やチューリップからITに至るバブルの話など、読み物としても面白く読める。
◆改訂のポイント
本改訂では、第4章の「21世紀の歴史」に仮想通貨の話題を3項ほど追加したほか(仮想通貨はとんでもないバブル、実体のないいい加減なものと言い放っているが)、前回の改訂で追加した「第11章 「スマート・ベータ」は本当に役立つか」の章をさらに拡充。
スマート・ベータとは、時価総額(TOPIX)や株価(日経平均)のような"単純"な要素にウエイトを置くのではなく、「財務指標」や「株価の変動率」、「配当」など、より"スマート(賢い)"な要素にウエイトを置く考えのことで、日本でもETFや投資信託の拡充で関心が高まっている。本書ではより「リスクパリティ」(それぞれ保有する商品のリスクが均等になる考え)である投資手法を解説のメインに据えている。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
なぜこの本は、こんなに分厚くインデックス投資と関係ない投資法が多く書かれているか。
本の主張は極めてシンプルに、インデックス投資が一番、理に適っているという一言にもきるにも関わらず。
そんな疑問を初めて読んだ時に私は感じました。ですが、仮想通貨のバブルを経験してこの謎が解けました。
上がり続ける相場、〇〇万儲かった、お前もやれば儲かるよという職場の同僚の声、
仮想通貨で億り人が!と風潮するメディア、普段は投資に目もくれない人からすらも聞こえてくる仮想通貨の話題。
こんな熱狂の中では、冷静さを保つことも難しく、オレも仮想通貨買ったほうが儲かるじゃん。
毎月ちょびちょびとインデックスの投信を買い付けていくなんてバカバカしい…とすら感じていました。
まぁビットコインが暴落した時に全員の声が消え、誰もいなくなり、目も覚めましたが。

仮想通貨バブルを経験して学んだことは、インデックス投資を続ける上で一番難しいことは、
この方法よりもずっといいやり方があるのではないかという誘惑に負けないことです。
誰もが冷静ではいられなくなるバブルの熱狂の中でも、目もくれずに続けるということです。
正直この本で紹介しているインデックス投資には、面白みの欠片もありません。
一度大きな額を買ってずっと持ち続けるか、毎月毎月同じ額を買い続け増やしていくかの二択しかありません。
FXのように相場が大きく動いてワクワクするようなスリルもありませんし、
宝くじのようにこれが当たれば大金持ちだという高揚もありません。
インデックス投資はとても退屈です。
こんなにもつまらない投資を、ひたすら続けるのは思っている以上に大変なことです。
そのためこの本は長々と紙面を取り、誘惑に負けないように、冷静さを保てるように、
バブルの迎える悲惨な結末を語り、テクニカル分析の杜撰さを暴き、
ファンダメンタル分析すらも信用出来ないと続けます。
読者がインデックス投資以外の脇道に逸れないようにという意図すらも感じますが、
退屈だが、この方法が最善だから信じて諦めずに続けなさいというメッセージでもあります。
このメッセージは、本一冊を通して感じる強いものです。

インデックス投資は、孫氏の兵法のように勝つための投資法ではなく、負けないための投資法です。
インデックス投資を継続しても、上を見れば自分より儲けている人は、
数限りないという状況になるのは否定できません。
ですが、バブルの熱狂に踊らされているだけの大半の馬鹿に負けることは決してありません。
冷静さを保ち株式市場に残り続けることさえ出来れば、大半の人は欲に目がくらんで自滅し勝手にいなくなるからです。
とてもつまらない投資法を紹介している本ではありますが、ためになる本です。
バブルというのは、後で振り返ってみて初めてあの時はバブルだったということがわかるものです。
普段投資の話なんてすることを聞いた試しがない人が、投資の話をしている時はバブルの熱狂の中にいるのかもしれません。
熱狂的な相場を迎える度に、ランダム・ウォーカーを繰り返し読み直し、
冷静さを取り戻し、インデックス投資を続けていきましょう。
反対にヒステリックな声ばかり聞こえる、悲惨な下げ相場の中でも、ランダム・ウォーカーを読み直し、
諦めずにインデックス投資を続けていきましょう。
相場は、躁鬱病の患者のようなものです。上げ調子の時は、我を忘れて熱狂し、下げ調子の時は、ヒステリックに喚き散らす。
どんな相場のときでもランダム・ウォーカーを手元において、
正気を保ってとても退屈なインデックス投資を継続していきましょう。

最後に
具体的にインデックス投資を始めたい方は、
この本と合わせて、つみたてNISAかiDecoを紹介している本を当たるといいですよ。

出来れば13版も読みたいので、発売を心待ちにしております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
市場平均の恩恵に与る、インデックス投資の素晴らしさを説いています。
どんな投資スタイルでも、繰り返す読むべき一冊です。

1部は市場の狂気、バブルに関する。
歴史のバブルは、新たなテクノロジーの出現、あるいは新しい事業機会の到来がもたらしてきた。

2部は2大手法に関する。
テクニカル
同じ手法を用いる人数が多くなるほど、シグナルに対して得られる利益は減少し、有用とは言い難い。
ファンダメンタル
何年先を本当に予測できるのかに疑問を呈する。仮に正しくても、株価は反映されないこともある。

第3部は現代ポートフォリオに関する。
リスクは分散化により低減できる。分散できないリスクに対してのみ、リターンが与えられる。CAPM、スマートベータ、マルチファクター。

第4部は前章までを踏まえた投資戦略。
ポイントは個人のリスク選好を見極め、ライフサイクルを意識し、ポートフォリオを組むこと。

【感想】
全500ページにわたり、豊富なデータとともに丁寧に解説されている。
データ元はアメリカ市場であるため、株式のインデックス投資平均リターンが高い。異なる市場では、データを置き換えて検討する必要あり。

インデックス投資は簡単である意味物足りないというイメージがある。
しかし、簡単に思える積立投資でも、案外信念がないと継続できないことを暴落時に実感した。
本書を繰り返し読み、納得して投資できるように鍛錬したい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理
発売日 2019/07/26
通常 2,750円
現在 2,475円
275円(10%)OFF!!

  

マンガ 株で調子に乗って失敗しました。

 
マンガ 株で調子に乗って失敗しました。
発売日 2018/06/07
通常 1,210円
現在 1,079円
131円(11%)OFF!!

  

38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術

初級者が勝つ秘訣!
それは、上昇か下落しやすい「ド・ストライク」 の場面でのみ、トレードすることです。
相場式の5つの基本ワザ 、3つサインを伝授。

日本株のデイトレ、流行りの米国株……なんでも稼げる!

「ド・ストライク」を狙うには、判断しづらい局面を避けること、そして今がどのような局面か、また上昇か下落かを示すサインを読み取る必要があります。
そのサインは1つよりも2つ、2つよりも3つと多ければ多いほど、高精度で予測できるようになるでしょう。できれば、サインは3つくらい読み取ってほしいものです。
「PPP」「ものわかれ」「W 天井、W 底」などの上昇、下落のサインを読み取って、勝率を上げていきましょう。

*****
38年連戦連勝、株式投資界のレジェンドが「チャートリーディング」(株価先読み)が授けます。

・経済状況や企業業績などの難しい分析は必要ナシ
・日中働いている人でも株式相場に張り付く必要ナシ
・取り組む銘柄の選定がわかるようになる
……
難しい指標や、ファンダメンタルズ分析、いろんなサインの暗記はいりません。
さらに、「100日線」の新たな視点を加えて、ホンモノの洗練された株の技術をお届けします。
*****

株素人が1億円を稼ぐための全7章

第1章 「例題と解説」でトレードの大枠をつかむ!
第2章 株の技術を習得するための「5つの基本」
第3章 「移動平均線」という道具で株価の動きを予測する
第4章 例題を解きながら「5つの基本」をマスター
第5章 どんな相場でもがっつり稼ぐ「建玉」の作法
第6章 技術を磨けば「デイトレ」で毎日稼げる!
第7章 チャートが読めれば「米国株」でも稼げる!


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
これまでの著書もすべて持っています。
1億円株塾以来な気がしますが電子書籍もでたのは嬉しい。
大事な技や考え方、場面がギュッと詰まった一冊だと思います。

ちなみに”これまでと同じ内容”というようなレビューをこれまでの本でもみますが
そりゃ相場式として基本の技や用語はでます。
仮にテニスの本で”ラケット”や”サーブ”、”ラリー”といった用語を使うなというのも無理な話。
これが最初の1冊という人もいるでしょうし。
その上で役立つ手法や考え方が詰め込まれてます。

2021年2月中旬から3月下旬にかけての日経先物3万円節目近辺の動き、今回の本の内容で空売りできますね。
空売りしない方も今回の本の内容で早めの利確できますね。

逆にその前のPPPはまさに買いの場面でしたよね。
これは「PPPだから買い」とかではなく、本書にかかれた場面という意味でです。
ちなみに私の大好きな場面でもあります。

私が言ってるのは”後付け”とも言えますが、本を執筆されてるのはもっと前ですし、まさに再現性があるってことですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
相場さんの書籍は何冊も買いましたが、一番よかった。シンプルにド・ストライクだけを狙う。自分は日経225先物をやっていてそれについても載っています。これまでのものはいろいろと載せすぎて結局何かわからなかった。この本はシンプルでやることだけを載せているのでわかりやすかった。100日線の上は買い、下は売りとか簡単にはじまり、PPPはゴキブリとか。これで専業トレーダーでやって行けそうです。単純明快がいいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術
発売日 2021/03/20
通常 1,650円
現在 1,650円

  

賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10

バフェットが師と仰ぎ尊敬したグレアムが残した「バリュー投資」の最高傑作!
株式と債券の配分方法、だれも気づいていない将来伸びる「魅力のない二流企業株」や「割安株」の見つけ方を伝授。場中や、明日、1カ月後の値動きを全く気にしない「投資法」。 この度、多数の読者の要望にお応えすべく、『賢明なる投資家』第4版の日本語訳を出版することとなりました。
『賢明な投資家』第3版の日本語版北岡文一監修 重田福雄訳は、1967.01.10竹内書店新社から発売されました(第3版は現在絶版)。当時の値段で3,500円と高価でしたが、多くの人々に広く読まれました。原書は、今でもアメリカでロングセラーであり続けている古典的名著なのです。数十年前から時代遅れな本といわれ続けながらも、やはり真理とは普遍的なものであり、人々に必要とされてきた書物であります。投資家たるものは、一度は目を通しておくべき一冊ではないでしょうか。本書は1996年に韓国語訳、1997年には仏語訳が、2000年にドイツ語訳が翻訳出版されました。
世界的にバリュー投資が見直されてきている流れなのかもしれません。日本でもITバブルがはじけた今、バリュー投資を勉強したいと願う方には、バフェット、マンガーとともにお勧めしたい「投資家の教科書」です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
投資の基本原理について書かれた本です。
これから株式投資を始めようと思っている人は、この本を一読しておくと、大きな損失を負う可能性をかなり減らせるでしょう。

グレアムが勧めているのは、端的に言うと「1ドルの価値のあるものを50セントで買いなさい」という手法です。
本来の価値よりも安くなっているものを見つけて買えば、大きく損をする可能性は低くなり、利益を得られる可能性が高まります。
すごくシンプルな話なのですが、多くの投資家は目先の華々しい株価の上昇につられて、そちらにばかり注目するので、こういった地味な戦術を取る人は限られています。
そして限られているからこそ、長期に渡って有効な手法として機能しています。

巻末にはグレアムの弟子であるバフェットの補足が掲載されていますが、グレアムの弟子たちはそれぞれ自己流にアレンジした手法を用い、投資で大きな成功を収めています。
中でもバフェットは世界でも1、2を争う大富豪ですので、グレアムが説いた原理の有効性は証明されています。

グレアムは成長株投資について完全に否定しているわけではありませんが、専門家を集めて運営される投資機関であっても、長期に渡って成長株投資で市場平均を上回るのは困難なのだから、一般の個人投資家にはまず無理なので、やめておくようにと述べています。
あえて挑戦するかどうかは個人の自由ですが、グレアムの手法の方が基準がわりかし明確なので、個人でも取り組みやすいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
著者のベンジャミン・グレアムは英国生まれの米国の投資家で、バリュー投資理論の考案者。コロンビア大学やUCLAで講義を行っている。教え子の1人はウォーレン・バフェット氏で、本書の最後に「補遺」として彼のコメントがある。

「賢明なる投資家」は1949年初版のロングセラー。投資家に対して様々な注意を喚起している。証券会社や証券アナリストは注目銘柄の高い目標株価を、様々な手段を用いて正当化するので注意せよ、と述べている。(感想:この指摘は1990年頃の日本のバブル、2000年のハイテクバブルにも当てはまった。今でもありそうだ)

多くの教訓があるが、例えば「購入する株式の発行企業の事業をよく理解しておくこと」、「他人に任せてはならない。それでも任すのならば、その人の能力と誠実さに絶対の信頼が置けること」、「利益よりも損失の方が多いであろう投機には手を出してはならない」などである。(感想:バフェット氏が実践している)

幸い、私はグレアムの教訓に反したことは行っていない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10
発売日 2013/03/17
通常 4,180円
現在 2,772円
1,408円(34%)OFF!!

  

得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック

株式投資に!取引先調査に!マーケティングに!就活に!
【会社情報と株式投資のバイブル『会社四季報』を使い倒す唯一の公式本】

『会社四季報』は、80年余り続く企業情報誌です。100人以上の業界担当記者が日本国内の全上場企業の今期・来期業績を独自予想し、年4回発行しています。会社の基本情報、取引銀行・仕入先・販売先、関連会社、株主、財務データ、株価情報などの情報も満載した「生きた会社要覧」です。

本書は、四季報編集部の書下ろしによる『会社四季報』を120%活用する完全ガイドです。会社の「数字」に強くなること間違いなし!これを読んで「会計力」「企業分析力」を鍛えましょう。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
会社四季報を使って投資を始めようと思っている人は絶対に読んでおくべき本。また、すでに投資をしている人も、これを読んでから四季報を読むと新たな発見があるので、四季報を読む際は、いつも隣に置いておきたいと思う本。とにかくわかりやすく、ポイントが簡潔にそして詳細に書いてある。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
p33 たまたま近くに載っていた六甲バターの記事が目にとまり…
番号順だからたまたま近くに載ってはいない

六甲バターの記事がたまたま目にとまり…
と書くべき (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック
発売日 2020/06/19
通常 1,760円
現在 1,760円

  

マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門
発売日 2019/11/14
通常 1,980円
現在 1,604円
376円(19%)OFF!!

  

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
(著)ジェレミー・シーゲル, 瑞穂 のりこ
発売日 2005/11/23
(4.4)

投資家に本当の利益をもたらすのは、企業の急成長ではなく永続である――株式投資の常識を覆し、銘柄選択のあるべき姿を提示した、株式投資の新しい教科書。成長株投資や割安株投資の誤り、そしてバフェット流のバリュー投資手法の正しさを、過去100年以上の膨大な市場データをもとに立証。長期投資のバイブルとして知られる前著『Stocks for the Long Run』の結論をもう一歩掘り下げ、「成長の罠」に陥ることなく、市場平均を上回るリターンをもたらす銘柄を突きとめた。どの銘柄に、どのように資金を配分すれば、長期的に資産を積み上げることができるのか、そのための戦略を具体的に紹介する。全米ベストセラー。すべての投資家必読の一冊。



↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
最近、本当にブログやツイッターで言及されることが多いシーゲル本。皆さま研究熱心&努力家で賢明な投資家が少なくないと思います。「金持ち父さん貧乏父さん」とセットで米国株投資&アーリーリタイアを謳う御仁が急増して一つのジャンル化しています。2010~2020年の相場状況や過去の相場を見るだけでも必然的にそういった史観を持つのも無理からぬことです。リバタリアン的でありミームマシンのようですが、ご多分に漏れずに感銘を受けてしまいました。一部の人向けの金持ち父さんになる道筋も周回遅れですが一般化して土壌も本格的に形成されております。

■追記 2021.2.2
更に一年経過して毎月米国株の書籍が数冊発刊されていて更に窓口も広くなりゴールドラッシュさながらの
活況を呈していてコトバもありません。地方の本屋さんにも置かれる始末で影響は計りしれません。
株のメジャーリーグというべき米国株の更なる発展を願うばかりです。
此処一年の正解は順当に素人でも早分かりのテスラやズームでした。また今年度も行き末を見守りたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
分厚い本ですが、ほとんど根拠の説明です。
結論だけ知りたい場合は、目次でほぼ理解できます。

■結論
・永続する会社(=グローバル大企業)が、本当の利益(=配当)をもたらす。
・株価の伸び(=差益)と、株による収益(=差益+配当)は、実はイコールではない。

事業投資に熱心な企業は利益が低いらしいので、
なるほど、株式投資をして収益を得られる企業は、社会を革新させる企業ではないんだなと理解できました。

事業投資ではなく工夫によってコストを削減し、淡々とユーザーにリピートされる企業に株式投資していくべきとの学びが得られました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
発売日 2005/11/23
通常 2,420円
現在 2,420円

  

マンガでわかる最強の株入門

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

堀江貴文氏推薦!
「興味があるなら今すぐ始めるべき。
必要なことはこの本にすべて載っている! 」

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ベストセラー『いちばんカンタン! 株の超入門書』の安恒理氏、
漫画家・吉村佳氏による最強の株の入門書が登場!
日経平均が2万円台へと迫る中、株に興味を持ち始めた人も多いのでは……?
思い立った今こそ始めるチャンスです!
この本は口座の開き方から銘柄選び、儲けを増やすコツまで初心者が知りたい情報を
ギュッと1冊に集約しました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

「楽しく1億円なんて夢ありすぎ! 」
主人公と一緒に“楽しく1億円"を目指そう!

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

主人公・倉森琴音はTV番組をきっかけに、株取引をゼロから始めた超初心者。
SNSを通して知り合った仲間たちにレクチャーを受けながら
“億り人=株取引で億稼ぐトレーダー"を目指します。
本書はマンガでラクラク読めるのが特長。
ぜひ彼女と一緒に楽しく株を学び、儲けましょう!

◇もくじ◇
PART1 株を売り買いしてみよう!
PART2 イナゴは卒業! 本当に買うべき株とは?
PART3 「チャート」の読み方猛特訓!
PART4 知らなきゃ勝てない、株の超基本
PART5 「信用取引」を賢く使おう!
PART6 「億り人」になれる人、なれない人


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
2020年3月、楽天証券はじめ新規口座開設数が記録的だったと報道があった。関心が高まっている本書は入門としては良いので理由を書いていこうと思う。

本書はコロナ禍に書かれたので少し言及がある。

【対象】
“株に興味があるけど事前知識がない”人
具体的にはファンダメンタルズもテクニカル、ROE、空売りについて説明できない人。逆に言うと、分かる人が手にすると時間を無駄にしかねない。

【本書の特徴】
-マンガ:図表:文字=1:2:2 の割合で構成されている。すべてマンガかと期待するとがっかりする。見開き右ページに簡素な説明文、左ページに図やイラストの展開となる。まず図を見てから説明文を読むと理解しやすい。

-口座の開設の方法から、ファンダメンタル分析の導入、テクニカル分析の例(ローソクなど)、PERなどの指標の説明、信用取引。良くも悪くも、浅くザックリ説明している構成となる。

-この手のマンガで説明~系では珍しく画力が高い。野菜のカブがショック受けたり、喜ぶイラストが可愛い。株式取引の陥りやすいあるあるを散りばめた物語も面白い。

-図もわかりやすく、説明も平易であるため、敷居は低くなっている。実例もあるため理解が深まる。反面、情報量はそこまでないので読了までのハードルは低い。

情報を詰め込みすぎず、説明も徹底的に簡素にしてるところに努力が見られる。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この本は初心者向けです。基礎から学べるので読み返して初心に帰って株と向き合ういい機会となりました。ファンダメンタルやチャートが基本から書かれているので株入門ジャンルベストセラーとなったことがあるのも納得できます。マンガも含まれているので読みやすくなっています。億り人目指して頑張っていきたい方には入門書としても利用できると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
マンガでわかる最強の株入門
発売日 2017/06/03
通常 1,430円
現在 1,430円

   

株式投資の本 最新・高評価のおすすめの10冊

以下が「株式投資の本」最新・高評価のおすすめの10冊詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理...
発売日 2019/07/26
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+62pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
(4.6)
総評価数 325件
2
最短でラクラク2000万 手堅く稼ぐ!成長株集中投資術
発売日 2021/02/26
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,386円 (+14pt)
(4.4)
総評価数 84件
3
38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術
発売日 2021/03/20
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,650円 (+825pt)
(4.3)
総評価数 48件
4
10万円から始めて資産を200倍にする小型成長株投資
発売日 2021/01/22
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,320円 (+13pt)
(4.2)
総評価数 175件
5
得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック
発売日 2020/06/19
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,584円 (+16pt)
(4.2)
総評価数 93件
6
(4.2)
総評価数 40件
7
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
発売日 2019/01/24
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+37pt)
Kindle   1,485円 (+15pt)
(4.1)
総評価数 718件
8
“普通の人"でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法...
発売日 2020/09/03
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+784pt)
(4.1)
総評価数 130件
9
マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門
発売日 2019/11/14
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,604円 (+16pt)
(4.1)
総評価数 74件
10
楽天IR戦記 「株を買ってもらえる会社」のつくり方
発売日 2019/06/13
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
Kindle   1,980円 (+20pt)
(4.1)
総評価数 55件
 

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

◆全世界で読まれている「投資のバイブル」
1973年の初版以来、全米累計150万部を超え、「投資の名著」として絶賛されるベスト&ロングセラー、A Random Walk Down Wall Streetの最新版。本書の主張は「インデックスファンドへの投資がベスト」というシンプルなものだが、類書と異なる点は、なぜ他の投資方法がインデックス投資に比べて劣っているのかを、データを示してしっかり論じているところだ。過去のデータを鑑み、アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」とこき下ろすあたりは、読んでいて痛快かつ明快である。
硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすくなっている。間抜けなテクニカル分析手法やチューリップからITに至るバブルの話など、読み物としても面白く読める。
◆改訂のポイント
本改訂では、第4章の「21世紀の歴史」に仮想通貨の話題を3項ほど追加したほか(仮想通貨はとんでもないバブル、実体のないいい加減なものと言い放っているが)、前回の改訂で追加した「第11章 「スマート・ベータ」は本当に役立つか」の章をさらに拡充。
スマート・ベータとは、時価総額(TOPIX)や株価(日経平均)のような"単純"な要素にウエイトを置くのではなく、「財務指標」や「株価の変動率」、「配当」など、より"スマート(賢い)"な要素にウエイトを置く考えのことで、日本でもETFや投資信託の拡充で関心が高まっている。本書ではより「リスクパリティ」(それぞれ保有する商品のリスクが均等になる考え)である投資手法を解説のメインに据えている。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
なぜこの本は、こんなに分厚くインデックス投資と関係ない投資法が多く書かれているか。
本の主張は極めてシンプルに、インデックス投資が一番、理に適っているという一言にもきるにも関わらず。
そんな疑問を初めて読んだ時に私は感じました。ですが、仮想通貨のバブルを経験してこの謎が解けました。
上がり続ける相場、〇〇万儲かった、お前もやれば儲かるよという職場の同僚の声、
仮想通貨で億り人が!と風潮するメディア、普段は投資に目もくれない人からすらも聞こえてくる仮想通貨の話題。
こんな熱狂の中では、冷静さを保つことも難しく、オレも仮想通貨買ったほうが儲かるじゃん。
毎月ちょびちょびとインデックスの投信を買い付けていくなんてバカバカしい…とすら感じていました。
まぁビットコインが暴落した時に全員の声が消え、誰もいなくなり、目も覚めましたが。

仮想通貨バブルを経験して学んだことは、インデックス投資を続ける上で一番難しいことは、
この方法よりもずっといいやり方があるのではないかという誘惑に負けないことです。
誰もが冷静ではいられなくなるバブルの熱狂の中でも、目もくれずに続けるということです。
正直この本で紹介しているインデックス投資には、面白みの欠片もありません。
一度大きな額を買ってずっと持ち続けるか、毎月毎月同じ額を買い続け増やしていくかの二択しかありません。
FXのように相場が大きく動いてワクワクするようなスリルもありませんし、
宝くじのようにこれが当たれば大金持ちだという高揚もありません。
インデックス投資はとても退屈です。
こんなにもつまらない投資を、ひたすら続けるのは思っている以上に大変なことです。
そのためこの本は長々と紙面を取り、誘惑に負けないように、冷静さを保てるように、
バブルの迎える悲惨な結末を語り、テクニカル分析の杜撰さを暴き、
ファンダメンタル分析すらも信用出来ないと続けます。
読者がインデックス投資以外の脇道に逸れないようにという意図すらも感じますが、
退屈だが、この方法が最善だから信じて諦めずに続けなさいというメッセージでもあります。
このメッセージは、本一冊を通して感じる強いものです。

インデックス投資は、孫氏の兵法のように勝つための投資法ではなく、負けないための投資法です。
インデックス投資を継続しても、上を見れば自分より儲けている人は、
数限りないという状況になるのは否定できません。
ですが、バブルの熱狂に踊らされているだけの大半の馬鹿に負けることは決してありません。
冷静さを保ち株式市場に残り続けることさえ出来れば、大半の人は欲に目がくらんで自滅し勝手にいなくなるからです。
とてもつまらない投資法を紹介している本ではありますが、ためになる本です。
バブルというのは、後で振り返ってみて初めてあの時はバブルだったということがわかるものです。
普段投資の話なんてすることを聞いた試しがない人が、投資の話をしている時はバブルの熱狂の中にいるのかもしれません。
熱狂的な相場を迎える度に、ランダム・ウォーカーを繰り返し読み直し、
冷静さを取り戻し、インデックス投資を続けていきましょう。
反対にヒステリックな声ばかり聞こえる、悲惨な下げ相場の中でも、ランダム・ウォーカーを読み直し、
諦めずにインデックス投資を続けていきましょう。
相場は、躁鬱病の患者のようなものです。上げ調子の時は、我を忘れて熱狂し、下げ調子の時は、ヒステリックに喚き散らす。
どんな相場のときでもランダム・ウォーカーを手元において、
正気を保ってとても退屈なインデックス投資を継続していきましょう。

最後に
具体的にインデックス投資を始めたい方は、
この本と合わせて、つみたてNISAかiDecoを紹介している本を当たるといいですよ。

出来れば13版も読みたいので、発売を心待ちにしております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
市場平均の恩恵に与る、インデックス投資の素晴らしさを説いています。
どんな投資スタイルでも、繰り返す読むべき一冊です。

1部は市場の狂気、バブルに関する。
歴史のバブルは、新たなテクノロジーの出現、あるいは新しい事業機会の到来がもたらしてきた。

2部は2大手法に関する。
テクニカル
同じ手法を用いる人数が多くなるほど、シグナルに対して得られる利益は減少し、有用とは言い難い。
ファンダメンタル
何年先を本当に予測できるのかに疑問を呈する。仮に正しくても、株価は反映されないこともある。

第3部は現代ポートフォリオに関する。
リスクは分散化により低減できる。分散できないリスクに対してのみ、リターンが与えられる。CAPM、スマートベータ、マルチファクター。

第4部は前章までを踏まえた投資戦略。
ポイントは個人のリスク選好を見極め、ライフサイクルを意識し、ポートフォリオを組むこと。

【感想】
全500ページにわたり、豊富なデータとともに丁寧に解説されている。
データ元はアメリカ市場であるため、株式のインデックス投資平均リターンが高い。異なる市場では、データを置き換えて検討する必要あり。

インデックス投資は簡単である意味物足りないというイメージがある。
しかし、簡単に思える積立投資でも、案外信念がないと継続できないことを暴落時に実感した。
本書を繰り返し読み、納得して投資できるように鍛錬したい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理
発売日 2019/07/26
通常 2,750円
現在 2,475円
275円(10%)OFF!!

  

最短でラクラク2000万 手堅く稼ぐ!成長株集中投資術

カリスマトレーダー「株の買い時」の初書籍、ついに発売!

イナゴトレーダーで負けっぱなしだった著者がたどり着いたのは、
「日本の成長株」に集中投資でした。
初心者でだって、少額でだって大丈夫。株の買い時が編み出した必勝法法を試せば、
あなたの勝率はぐんぐん上がっていきます。2000万円貯めるのも夢ではありません!

基本戦略は、成長株に1~3銘柄に集中投資。これにつきます。
仕事の合間に株のチェックをして売っては買って…となると大変なもの。
1銘柄に一点集中な失敗も少ないし、じっくり売買のタイミングを見極められます。
分散投資はしなくてOKです。

投資する株は「EPSが増えている」「赤字の株は買わない」、
売るときの鉄則は、「7~8%株価が下がれば損切」。これが鉄則です。

本書では、上がる株の見極め方から、損をしない売り方、
そしてYouTubeでは公開していない超お宝株の見つけ方をレクチャー。
また、著者お馴染みのサイト「株探」を使っての
有望株の見つけ方も画像つきで掲載します。

<株の買い時流 投資の鉄則>
・EPSがきちんと増えている
・ナンピン買いはNG
・1日1回は必ずチェックする
・1~3銘柄程度に集中投資
・惚れ込んだ銘柄に1点集中もよし
・数日から最長1~2週間で利益確定!
・上昇トレンドに乗る
・赤字かつ売上が10%以下の銘柄には手を出さない
・7~8%下がったら損切する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この本に書いてあることはとても大事なことがたくさん書いてあり
赤線も引いてあるので初心者にはとても頭に入りやすい本になっていると思う。
大勝ちを狙えば大負けをする,負けずに1%の勝率を目指しコツコツ行くことが
やはり長く投資をつづけ結果大きな資産を作ることだと思う。
インデックス投資と分散して私もいつか2000万稼いで心にゆとりのある
老後生活を送りたいと思います。初心者にこそこの本をおすすめします (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
株の買い時さんの著書。初心者向けグロース株の順張り投資について詳しく書かれています。
本の中の画像はほぼ株のチャート。
文章多めの構成です。

今までの経験やストーリーが書かれており、投資の内容以外に自伝っぽい内容もあり、動画では語られていない物語がつまっております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
最短でラクラク2000万 手堅く稼ぐ!成長株集中投資術
発売日 2021/02/26
通常 1,540円
現在 1,540円

  

38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術

初級者が勝つ秘訣!
それは、上昇か下落しやすい「ド・ストライク」 の場面でのみ、トレードすることです。
相場式の5つの基本ワザ 、3つサインを伝授。

日本株のデイトレ、流行りの米国株……なんでも稼げる!

「ド・ストライク」を狙うには、判断しづらい局面を避けること、そして今がどのような局面か、また上昇か下落かを示すサインを読み取る必要があります。
そのサインは1つよりも2つ、2つよりも3つと多ければ多いほど、高精度で予測できるようになるでしょう。できれば、サインは3つくらい読み取ってほしいものです。
「PPP」「ものわかれ」「W 天井、W 底」などの上昇、下落のサインを読み取って、勝率を上げていきましょう。

*****
38年連戦連勝、株式投資界のレジェンドが「チャートリーディング」(株価先読み)が授けます。

・経済状況や企業業績などの難しい分析は必要ナシ
・日中働いている人でも株式相場に張り付く必要ナシ
・取り組む銘柄の選定がわかるようになる
……
難しい指標や、ファンダメンタルズ分析、いろんなサインの暗記はいりません。
さらに、「100日線」の新たな視点を加えて、ホンモノの洗練された株の技術をお届けします。
*****

株素人が1億円を稼ぐための全7章

第1章 「例題と解説」でトレードの大枠をつかむ!
第2章 株の技術を習得するための「5つの基本」
第3章 「移動平均線」という道具で株価の動きを予測する
第4章 例題を解きながら「5つの基本」をマスター
第5章 どんな相場でもがっつり稼ぐ「建玉」の作法
第6章 技術を磨けば「デイトレ」で毎日稼げる!
第7章 チャートが読めれば「米国株」でも稼げる!


↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
これまでの著書もすべて持っています。
1億円株塾以来な気がしますが電子書籍もでたのは嬉しい。
大事な技や考え方、場面がギュッと詰まった一冊だと思います。

ちなみに”これまでと同じ内容”というようなレビューをこれまでの本でもみますが
そりゃ相場式として基本の技や用語はでます。
仮にテニスの本で”ラケット”や”サーブ”、”ラリー”といった用語を使うなというのも無理な話。
これが最初の1冊という人もいるでしょうし。
その上で役立つ手法や考え方が詰め込まれてます。

2021年2月中旬から3月下旬にかけての日経先物3万円節目近辺の動き、今回の本の内容で空売りできますね。
空売りしない方も今回の本の内容で早めの利確できますね。

逆にその前のPPPはまさに買いの場面でしたよね。
これは「PPPだから買い」とかではなく、本書にかかれた場面という意味でです。
ちなみに私の大好きな場面でもあります。

私が言ってるのは”後付け”とも言えますが、本を執筆されてるのはもっと前ですし、まさに再現性があるってことですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
相場さんの書籍は何冊も買いましたが、一番よかった。シンプルにド・ストライクだけを狙う。自分は日経225先物をやっていてそれについても載っています。これまでのものはいろいろと載せすぎて結局何かわからなかった。この本はシンプルでやることだけを載せているのでわかりやすかった。100日線の上は買い、下は売りとか簡単にはじまり、PPPはゴキブリとか。これで専業トレーダーでやって行けそうです。単純明快がいいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術
発売日 2021/03/20
通常 1,650円
現在 1,650円

  

10万円から始めて資産を200倍にする小型成長株投資

◆現在、資産7000万円強。失敗を繰り返したからこそたどりついた投資術
自身もサラリーマンでありながら、多くのサラリーマン投資家を支援し、成功者を輩出している著者が、資産2000万円をつくる方法を伝授します。 株式投資には、短期的な投資と中・長期的な投資があります。
多くの株式投資本は、ファンダメンタルズや景気動向から上昇株を推奨していますが、そもそも大型株は、サラリーマンにとって資金面で買うことができません。
しかも、そこにはプロの投資家がたくさんいて、それこそ毎日相場に張り付いて研究しています。
つまり、本業があるサラリーマンが投資という魑魅魍魎とした世界で勝つには相当の覚悟とリスクが必要なのです。
かといって、なかなか給料は上がらない、投資を始めないと老後が心配。 そんな人が多いのではないでしょうか。
本書は、サラリーマン投資家という利点を逆手に取って、プロとは別の土俵で投資をしていくという方法です。
それが「小型成長株投資」です。
成長株投資といっても、もちろんリスクがないわけではありませんが、その企業が成長し続けるかぎり、当たり前ですが株価は上昇します。
その見極め方は何なのか、そして、投資し続けることによってどのように資産をつくるのか。本書では、10倍株の見つけ方から資産2000万円をつくる具体的な方法まで、サラリーマン投資家だからこそできる手法を解説していきます。

◆サラリーマン投資家は二流投資家でいい!
サラリーマン投資家にとって、正直1億円以上の資産をつくる必要はありません。プロと違い、自身の最終的な目標資産に到達すれば、投資という世界からいつでも降りることができます。
プロとアマの違いは、ずっと投資しなくていいという点。
つまり、老後までに必要な資産を逆算して、そこに向かって資産形成をすればいいのです。
本書では、さまざまな小型成長株を紹介しながら、資産2000万円までのシミュレーションを提示していきます。また、資産が増えていった場合の精神的負担のないポートフォリオの組み方など、サラリーマン(個人投資家)ならではの出口戦略も提案しています。
著者自身の実績もすべて公開。どんな株に投資してきたかも一目瞭然。
初めての方も、投資でうまくいっていない方も役に立つ1冊です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ON THE BOARDの和田憲治さんが熱く勧めていたので購入。著者の分析力と自分の保有銘柄資産配分を、ノーガードで公開とゆう荒技に圧倒されました。株式の裏側、インデックス投資の弱点を明晰に解説してくれます。数日の内に150万を同じ銘柄にタダ乗りさせて頂きました。勢いでオンラインサロン年会費55000に入ろうとしたら550000の間違いにしょんぼり。稼いだら入会します。素晴らしい本です。

2021.3.21追記
前回から合計250万円を8銘柄に投資しました。現在全て含み益を出して驚いています。購入時期に成長株から激しい資金流出があってタイミングが良かったのもあります。自分に合った投資法がインデックスか短期投資か成長株か見極める事が重要です。著者はTwitterとブログ、note、経済誌欠席裁判の動画で1つに長田ワールドを形成しており、本著で不足する内容を他のメディアで連携させて学ぶとより深い理解につながると思います。私自身の選んだ成長株は見つかっておらずおんぶに抱っこの状態ですが、見つけて行きたいと思っております。感触として、他の投資法と比べて資産形成スピードが格段に速いのが魅力です。値動きが激しいので合う合わないを見極めましょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
資産を200倍にするとタイトルに書いてあるのでまるで楽して儲かるようなイメージですが、読んでいくとそうではない。
むしろ株式投資のベースとなる考え方が全体の8割近く書かれている。
地味で堅実な考え方。
だが、そのベースがあるから時間と経験と共に資産を増やしていくことが出来るとわかってきます。

具体的なやり方でなく、考えを学べる1冊です。
また、本に書かれている条件は筆者にとっての成長株であって、人それぞれ好きな事や使っているサービス、同じものでも感じ方は違うのでそこは自分にあわせてカスタマイズすればいいと思います。

人それぞれ自分なりの仮説はあるので筆者と同じ株を買えばいいのではなく、自分で考える事が大切。
ただ、仮説を立てるための考え方のベースはおおむね同意できる。
そして文章が分かりやすいので初心者でも読みやすい1冊です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
10万円から始めて資産を200倍にする小型成長株投資
発売日 2021/01/22
通常 1,650円
現在 1,650円

  

得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック

株式投資に!取引先調査に!マーケティングに!就活に!
【会社情報と株式投資のバイブル『会社四季報』を使い倒す唯一の公式本】

『会社四季報』は、80年余り続く企業情報誌です。100人以上の業界担当記者が日本国内の全上場企業の今期・来期業績を独自予想し、年4回発行しています。会社の基本情報、取引銀行・仕入先・販売先、関連会社、株主、財務データ、株価情報などの情報も満載した「生きた会社要覧」です。

本書は、四季報編集部の書下ろしによる『会社四季報』を120%活用する完全ガイドです。会社の「数字」に強くなること間違いなし!これを読んで「会計力」「企業分析力」を鍛えましょう。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
会社四季報を使って投資を始めようと思っている人は絶対に読んでおくべき本。また、すでに投資をしている人も、これを読んでから四季報を読むと新たな発見があるので、四季報を読む際は、いつも隣に置いておきたいと思う本。とにかくわかりやすく、ポイントが簡潔にそして詳細に書いてある。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
p33 たまたま近くに載っていた六甲バターの記事が目にとまり…
番号順だからたまたま近くに載ってはいない

六甲バターの記事がたまたま目にとまり…
と書くべき (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック
発売日 2020/06/19
通常 1,760円
現在 1,760円

  

マンガ 投資のことはなにもわかりませんが、 素人でも株でお金持ちになる方法を教えてください

投資のバイブルと呼ばれている『臆病者のための億万長者入門』『臆病者のための株入門』『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』の著者、ベストセラー作家の橘玲が語る投資についてなにひとつわからない「素人でもお金持ちになれる方法」をマンガでわかりやすく紹介する株入門。誰もが持つべき金融リテラシーとはなにか? 株式投資とは何か? さらには経済的に合理的で正しい投資法までこの一冊でよくわかる。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
世界経済の成長に投資するのが王道で、具体的にどういったファンドを買うといいのかまで親切に解説しています。
株の暴落を心配する人が多いですが、じっくり腰を据えて取り組む人にとってはむしろ暴落は儲けるチャンスであることがわかります。
デイトレで何億儲かったとかいう怪しい投資本とは一線を画す、堅実で読者にとって良心的な内容です。
高い手数料を稼いでいる金融のプロには不都合な内容ですので、酷評を付けるかもしれませんね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
絵がきれいで読みやすい。わかりにくい金融知識をかみくだいて流れるストーリーなので頭に入ってくる。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

米国株投資なんて、スタバでフラペチーノを飲むくらいカンタン!

本書は、英語力ゼロ・投資知識ゼロでも元手10万円から始められる
超シンプルな米国株投資の本です。
「アメリカの株式投資か、なんか難しそう!」
「英語できないしなー」
「日本株のほうが親しみ持てるよ」
米国株、と聞いて難しいイメージを持った方はちょっと待ってください。
そりゃ、ニューズウィークとかNYタイムズとかを本国から取り寄せて、
これから爆発的に成長するアメリカ企業に投資するのは至難のわざです。
でも、コカコーラやP&Gなど何十年連続で「高配当」を実施している優良企業に
分散投資することは誰でもできます。
そして配当投資をするなら日本ではなくアメリカ。これはもうゼッタイ!
なぜなら25年連続で増配を繰り返す企業は米国100社以上に対し、
日本は花王の1社のみだからです。
長期保有が前提なので、著者のバフェット太郎さんはサラリーマンながら、
たった月3分のチェックで、2年で純利益1000万円を稼ぐことができました。
株のど素人はもちろん、多忙な会社員や、
米国株に投資しているものの負け続ける中級者まで、幅広くオススメできる1冊です。

●目次
序章 庶民がお金持ちになれるたった一つの方法
第1章 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
第2章 米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
第3章 金が金を生む配当マネー・マシン その作り方
第4章 ど素人投資家への正しい投資の技法

●著者略歴
日本一アンチの多い米国株ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」の管理人。
23歳の時に300万円から日本の中小型株で投資を開始。
企業分析をするうちに日本株に失望したことに加えて、
ジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』の影響を受けて、2015年夏頃より米国株にシフト。
現在の運用資産は5000万円で、コカ・コーラ株やジョンソン・エンド・ジョンソン株など
米国の超大型連続増配高配当株10社に均等分散投資している。
また、毎月米国企業から受け取っている10万円超の配当金は、
組入れ比率最低銘柄に再投資することで均等を維持させ、資産の最大化を目指している。
過去二年間のトータルリターンは30%弱。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
良かった点:
・具体的にどの銘柄を買うべきなのか明示されている。多分ここが一番重要
・日本の株に比べ米国株がいかに堅調な株の値動きをしているか理解できる
・どのセクターがどういう景気状況のときに強いかなどがきちんとまとまっている
・これまでの長期チャートから、株をホールドすることがどれだけ重要か説いている。統計的な手法に近いところが好感を持てた
・他の哲学じみた株のノウハウ本に比べ結論が見やすい。確かにバカでも分かる文書構成になってる

良くないと思った点:
・良くないと思った点はほとんどありませんでした。強いて言えば、本の厚みを出すため、投資判断にあまり重要じゃない知識も書かれている点ですかね

いくつか株関係の本を読んできましたが、この本が一番しっくりきました。
著者がやや毒舌なこともあり、アンチが多く、本の中身ではなく嫌悪感で評価を下げようとしてる方が見受けられるのがいただけないと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本の購入前の注意点として
以下の方々は読んでも無駄と思われます
・汚い言葉遣いが苦手
・すぐに大儲けしたい
・長期投資の専門書は100冊読んだ

反対に、以下の方々にはオススメです。
・株を最近始めた方
・資産形成を長期で考えてる方
・短期投資で大損をした方 などなど

アメリカ株に興味が無い方でも
株式投資の「基本のキ」のような内容が書かれています。
個人投資家のほとんどが負ける理由などが書かれていますので勉強なります。

低いレビューをつけてる方々は恐らく
著者の痛烈な批判を不快に感じた
or自分の事を言われ図星に感じた方々かと思われます。

少し中傷的な表現も混ざっておりますので評価が割れるかとは思いますが、私は内容に満足して2周読みました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
発売日 2019/01/24
通常 1,650円
現在 1,485円
165円(10%)OFF!!

  

“普通の人"でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

大人気投資ブログ「エナフンさんの梨の木」筆者として知られる会社員投資家が、
年率30%リターンで勝ち続ける、最強のバリュー投資法を実践的に解説。
コロナショック時の逆転勝利、10倍高をゲットした成功例など、
独自に編み出した新しい株式必勝ノウハウを大公開。

◎「はじめに」より
バリューエンジニアリングとは、
「より優れた製品をより安くつくる方法」の研究から発展したビジネスの手法である。
私は仕事で出会ったこの手法が株式投資にも応用できると直感し、独自にその体系化を進めてきた。
バリューエンジニアリングでは、「価値」という概念を体系的に分析する手法に加えて、
インプットである「情報」という概念を厳密に扱う。
この2つは株式投資において最も重要な要素であり、その応用範囲は広い。

◎主な内容
バリュー発生の5パターン/VE投資の方程式/VE投資の3つのキーワード
本質的価値の算定方法/個別株の評価のための情報整理/「あるべきPER」の基準表
『会社四季報』を丹念に読み込む/投資ストーリーを書き残す
VE投資の5原則/7つのバリュー原理/「市場は間違う」という観点から攻める
VE投資の成功と失敗/10倍高をゲットした成功例/VE投資法の売却ルール
未来予測の4パターン/鳥の目、虫の目、魚の目/株式投資はキノコ狩りと同じ

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
以前都内の某所でエナフン様のセミナーに参加させて頂きこちらを購入させて頂きました。
自分にとって今までの仕事での経験値、自分が知りうる業界の銘柄を中心にエナフン様が言われることを参考に投資に役立てます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この本を読むと、銘柄の見つけ方から売却までの基本的な流れを学ぶことができます。
また、紹介されている投資方法はオーソドックスなものなので、これから投資を始める人には大変参考になると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門
発売日 2019/11/14
通常 1,980円
現在 1,604円
376円(19%)OFF!!

  

楽天IR戦記 「株を買ってもらえる会社」のつくり方

「企業と投資家との対話の貴重なケーススタディ。最前線での奮闘の中に生きたヒントが満載。」 伊藤邦雄氏(一橋大学経営管理研究科特任教授) 推薦。
見えない未来を信じ、変革を続ける企業には、株式を活用した資金調達が欠かせない。「株を買ってもらう」ことこそが株式市場との対話の目的と信じ、約12年にわたり、楽天のIR(インベスター・リレーションズ)の看板を背負った実務家の記録であり、物語。
楽天初のIR専任者として著者が転職して3日目、楽天はTBS株取得を発表。取得費用の借金返済のための公募増資(株による資金調達)に巻き込まれ、調達に成功するも半年も経たずにライブドアショックで株価が半分となり、「ひとりIR」で修羅場を経験。
楽天の企業価値創造の仕組みを「楽天経済圏」と名付け、投資家との対話に取り組む著者に、金融事業に否定的な株式市場、震災、東証一部への市場変更などが待ち受ける。
前回公募から9年後、グローバル化した楽天のさらなる挑戦のため、チームで海外・国内の投資家からの資金調達を図る。
特別編として、コーポレートガバナンス・コード策定の起点となった経済産業省の企業報告ラボや、スチュワードシップ研究会でのエピソードを交えた「コーポレートガバナンス・コードと資本コスト」を収録。
「資本にコストがある」とはどのようなことか、企業の経営・財務・IRに従事する者は何を意識すべきか、ガバナンス改革の先にあるものは何か、平易な言葉で問いかける。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
資本市場にいる方、企業経営に関わる方、
ビジネスのドキュメンタリーが好きな方ならとても楽しめる。

今もなおベンチャーであり続ける楽天の最も激動?と言っていい時期に
外部からIR担当として入社した方が書いた本。

入社した時はまだIRの専門部署がなかった。
”ひとりIR”からIRの専門部署を育成する過程も描かれている。
 
激動の楽天のIR業務といえば、その辺の上場企業のゆったりIRと違い(失礼)
”IR戦記”
の名の通りまさに戦いであったことが感じられる。
 
また、メディアで取り上げられる三木谷さんとは違った一面をみることができる、
三木谷さんの”人となり”がわかるようなエピソードがちりばめられており、
三木谷さんを好きになるかもw

〇経営陣やIR担当の方にとっては”目から鱗”の部分も
サブタイトルが
”株を買ってもらう会社”の作り方
である通り、

”IRの目的は投資家との良好な関係を築くことではなく
株を買ってもらうことであり、投資家との信頼関係構築は
その前提であることを再確認する”
と書かれている。

どのように信頼関係を築いたか
どうやって”買ってもらったのか”
ぜひ読んでいただきたい。
多くの上場企業のIR担当の方にとっては”目から鱗”のはずだ。

〇投資家の目線で
 楽天を投資対象にするかどうかは別として
上場企業が何を考えているのかという点で参考になることが多い。
上場企業が投資家にどう働きかけたとき
どんな投資家がどう対応したのか。
投資家にとっては見えにくい、憶測でしかとらえることができない
やり取りが描かれている。

〇楽天の激動の時期をリアルタイムで見ていたら
 楽天の成長の過程の一部を感じとることができるだけでなく、
TBSへの買収提案、金融事業へ参入といった
楽天の大きな転機となったときに
・どんな経営判断があったのか
・資本市場とどう対峙したのか
を知ることができ、
当時リアルタイムで見てきた方にとっては
”あー、あの時はそんな判断があったのか”
と懐かしく思い出されるでしょう。

これからも成長を続けるであろう楽天のこれまでと今を知ることができる。
おすすめの1冊。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
TBS株式取得にはじまり大型資金調達や金融事業の過払金問題など、激動の時代に楽天の本質的な価値を丁寧に投資家に伝え「株を買ってもらう」ことをミッションにひたむきにマーケットと向き合う姿を描いた、文字通りの「戦記」。

「メディアとネットの融合」「ECと金融事業」「スポーツ事業」「海外展開」など、ともすると投資家からも疑問が投げかけられる様々なポイントについて、どのように投資家に説明し理解を得るか。

最終的に海外機関投資家も含めたプロの投資家達が楽天を信頼するに至った過程が、当事者である事業会社内部の担当者の視点から語られている点が興味深い。経営者や財務関連従事者だけでなく、一般株主視点からも、投資対象となる企業の中で、自社の企業価値を正しく伝えるための思考プロセスを含めた舞台裏を知ることができるという意味でも面白い。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
楽天IR戦記 「株を買ってもらえる会社」のつくり方
発売日 2019/06/13
通常 2,200円
現在 1,980円
220円(10%)OFF!!

   

株式投資の本「新書一覧(2020年、2021年刊行)」

以下が株式投資の本の新書(2020年,2021年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2021/05/18 更新)
製品評価
38年連戦連勝 伝説の株職人が教える 神・チャート術
発売日 2021/03/20
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,650円 (+825pt)
(4.3)
総評価数 48件
はじめての米国株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本...
発売日 2021/03/17
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
(0)
総評価数 0件
最短でラクラク2000万 手堅く稼ぐ!成長株集中投資術
発売日 2021/02/26
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,386円 (+14pt)
(0)
総評価数 0件
お金知識ゼロ! 普通の会社員でも株で1億円つくる方法をイチから教えてください!...
発売日 2021/02/05
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,170円 (+12pt)
(4.5)
総評価数 9件
2021年 株主総会の準備実務・想定問答
発売日 2021/02/02
通常    4,395円
単行本   3,930円
(0)
総評価数 0件
(2.9)
総評価数 15件
(0)
総評価数 0件
10万円から始めて資産を200倍にする小型成長株投資
発売日 2021/01/22
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,320円 (+13pt)
(4.2)
総評価数 175件
株対価M&Aの実務
発売日 2021/01/15
通常    3,344円
単行本   2,598円
Kindle   3,344円 (+624pt)
(2)
総評価数 1件
金庫株の徹底活用術 (KINZAIバリュー叢書)
発売日 2021/01/12
通常    1,815円
単行本   1,815円
(0)
総評価数 0件
(4.6)
総評価数 3件
2021コロナ危機にチャンスをつかむ日本株
発売日 2020/12/01
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,430円 (+14pt)
(4.3)
総評価数 8件
(4.2)
総評価数 40件
第3版 評価明細書ごとに理解する 非上場株式の評価実務
発売日 2020/11/26
通常    5,794円
単行本   3,960円 (+40pt)
(0)
総評価数 0件
(0)
総評価数 0件
“普通の人"でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法...
発売日 2020/09/03
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+784pt)
(4.1)
総評価数 130件
(3.8)
総評価数 6件
(5)
総評価数 1件
政策保有株式の実証分析 失われる株式持合いの経済的効果
発売日 2020/06/20
通常    5,500円
単行本   5,500円 (+55pt)
Kindle   5,225円 (+95pt)
(3)
総評価数 1件
得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック
発売日 2020/06/19
通常    1,760円
単行本   1,760円 (+18pt)
Kindle   1,584円 (+16pt)
(4.2)
総評価数 93件
伝説のファンドマネジャーが見た日本株式投資100年史
発売日 2020/05/29
通常    1,848円
単行本   1,848円 (+18pt)
Kindle   1,756円 (+31pt)
(4.1)
総評価数 16件
ビジネス図解 非公開会社の自社株のしくみがわかる本 (DOBOOKS)...
発売日 2020/05/09
通常    2,200円
単行本   2,200円 (+22pt)
(5)
総評価数 6件
新株予約権等・種類株式の発行戦略と評価
発売日 2020/04/10
通常    2,970円
単行本   2,970円 (+30pt)
(3.5)
総評価数 9件
株価チャートの鬼100則
発売日 2020/04/02
通常    1,870円
単行本   1,870円 (+19pt)
Kindle   1,777円 (+19pt)
(3.6)
総評価数 30件
37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全
発売日 2020/03/20
通常    1,540円
単行本   1,540円 (+15pt)
Kindle   1,463円 (+732pt)
(4)
総評価数 120件
2020年 株主総会の準備実務・想定問答
発売日 2020/01/24
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+28pt)
(4)
総評価数 1件
Q&A 事業承継をめぐる 非上場株式の評価と相続対策 (第10版)
発売日 2020/01/20
通常    3,960円
単行本   3,960円 (+40pt)
(2)
総評価数 1件
50億稼いだおっさんが教える 月5万稼ぐ株投資
発売日 2019/12/05
通常    1,650円
単行本   1,650円 (+17pt)
Kindle   1,568円 (+17pt)
(3.4)
総評価数 60件
マンガ 恋する株式相場!――ゼロからわかる!投資入門
発売日 2019/11/14
通常    1,980円
単行本   1,980円 (+20pt)
Kindle   1,604円 (+16pt)
(4.1)
総評価数 74件
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理...
発売日 2019/07/26
通常    2,750円
単行本   2,750円 (+62pt)
Kindle   2,475円 (+25pt)
(4.6)
総評価数 325件
 

株式投資の本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となる株式投資の本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2021/05/18 更新)
 

   

関連:最新のビジネス書

以下では、スキル・マインドアップに役立つ「最新・人気のビジネス書(新刊)」を紹介しています。

株式投資とともに、自己投資にも取り組む参考にのぞいて見てください。

 

関連:最新おすすめのKindle端末

以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました