Googleアシスタント・アレクサ・Siri対応のスマートイヤホンの比較一覧

Sponsored Links

(2018/08/02 JBL EVEREST 110GAを追加)
 

スマートスピーカーやスマホの音声アシスタントなどで使える「音声操作」は、細かな機器操作をしなくてよい、直感的で簡単な操作方法ですね。

そんな便利な音声操作が活かせる場面のひとつが、移動中などのイヤホンをしているとき。

歩きながら・運転をしながら、スマホをタッチ操作するのは一苦労、そして危ない。でも音声操作なら、視線や手の操作は常に自由なので問題ないんですよね。

操作だけじゃなく、スマホを開かずとも様々な情報確認できたりと、マイク付イヤホンと音声AIアシスタントの相性は抜群なんですね。

ということで、こちらでは「Googleアシスタント」「Alexa(アレクサ)」「Siri(シリ)」などに代表される音声AIアシスタント対応のイヤホンを一覧で紹介・比較していきまっす。

 

 

音声AIアシスタントが使えるイヤホン一覧

さっそく、現時点の音声AIアシスタントが使えるスマートイヤホン製品を一覧にしてみましょう。これから発売されるものも含みます。
 

製品 Xperia Ear Duo Jabra Elite 65t Zeeny
写真
xperia_ear_duo_s
jabra_elite_s
zeeny_s
メーカー Sony Jabra NAIN
価格
(税込価格)
29,980円
(税込 32,270円)
23,130円
(税込 24,980円)
13,000円
(税込 14,040円)
発売日 2018/04/21 2018/05/14 2018/06/15
対応音声AI
アシスタント
・Googleアシスタント
・Clova
・Siri
・Assistant For Xperia
・Amazon Alexa
・Googleアシスタント
・Siri
・Googleアシスタント
・Siri
バッテリー持続時間
(連続再生)
4時間
ケース充電で+12時間
5時間
ケース充電で+10時間
8時間
他シリーズ製品 ・有線型 ・スポーツ型
・ネックバンド型
なし

 

製品 JBL EVEREST 110GA Sony WI-1000X Air Pods
写真
jbl_everest_s
wi-1000x_s
air_pods_s
メーカー JBL Sony Apple
価格
(税込価格)
9,880円
(税込 10,670円)
34,880円
(税込 37,670円)
16,800円
(税込 18,144円)
発売日 2018/08/10 2017/10/07 2016/12/13
対応音声AI
アシスタント
・Googleアシスタント ・Googleアシスタント
・Siri
・Siri
バッテリー持続時間
(連続再生)
8時間 10時間 5時間
ケース充電で+19時間
シリーズ製品 ・ヘッドホン型 ・ヘッドホン型
・有線型
なし

 

製品によって対応している音声AIアシスタントにも違いがあり、それに伴ってできることや機能性も変わってきます。

もちろんイヤホン自体の性能やタイプ(完全分離型・有線型など)にも違いがありますね。

各イヤホンの特徴・性能・機能を以下でそれぞれ見ていきましょう。

 

Sony「Xperia Ear Duo」

 

Sony「Xperia Ear Duo」の代表的な特徴は以下となります。

Xperia Ear Duoの特徴
  • 完全分離ワイヤレス・耳下がけ装着式
  • プッシュ通知の音声確認可能
  • メッセージ・LINEを音声送信可能
  • 対応AIアシスタントの選択肢が広い
  • 声優(寿美菜子)による音声アシスト
  • 周囲の音と同時に聴けるデュアルリスニング
  • 本体タッチ・首振りジェスチャー操作
  • 装着状態に応じた自動再生・停止

大きいのは、Clovaとも連携可能でLINEの送信・読上げも可能ということですね。普段LINEをよく使う方も多いと思いますが、ちょっとした返信などなら音声操作で十分可能。スマホを操作せずともさくっと返信できてしまいます。

同様にSMSなどのショートメッセージも確認・送信可能。他にもスマホの各アプリ等のプッシュ通知は自動で読上げてくれます。つまり、スマホをいちいち開かずとも、様々な情報確認が可能なんですね。

イヤホン自体もかなり特徴的で、あえて周囲の音も聴けるデュアルリスニング方式で、音楽を聴きながら人と会話したり、アナウンスを聴いたりといったことが可能です。

僕も実際に利用しており、以下でレビューしています。

 
 

Jabra 「Elite 65t」

 

Jabra「Elite 65t」の主な特徴は以下となります。

Jabra Eliteの特徴
  • 完全分離ワイヤレス・カナル型
  • ノイズキャンセリング・高音質
  • 様々な音声AIアシスタントに対応、現状唯一Alexa対応(予定)
  • 周囲音声取り込みモード
  • 専用アプリで音質調整・バッテリー確認などが可能
  • 装着状態に応じた自動再生・停止

Jabraはデンマーク本拠地の企業で、ヘッドセットなどオーディオ関係の製品を多く創出しています。そういった実績もあり、イヤホンマイクでの通話等も高い品質で提供されています。

無線イヤホンタイプとしては、ノイズキャンセリング性能が高く高音質な音楽体験が可能です。

専用のアプリで、周囲の音の取り込み、イコライザー音質設定、バッテリー確認など様々な機能に対応した、高機能な製品です。

以下で実際のレビュー特徴紹介しています。

 
 

NAIN 「Zeeny」

 

NAIN「Zeeny」の主な特徴は以下となります。

Zeenyの特徴
  • ワイヤレス、ネックバンド型
  • LINEやTwitterなどスマホの通知読上げが可能
  • メッセージを音声送信可能
  • Spicetone(スパイストーン)で好みの音質設定
  • ポップなデザイン

Zeenyは、「スクリーンフリー音声ユーザーインタフェースでスマートフォン生活を革新する」というコンセプトを謳っており、まさしく記事冒頭で書いた、スマホをいじらずとも様々な情報の確認・利用を可能とする製品です。

専用アプリ「Zeeny」でスマホと様々な連携を可能とし、メッセージや通知の読上げ、メッセージの送信など、スマホをとることなく音声操作で多くのことができるよう管理可能となります。

音声AIアシスタントをただ使えるだけでなく、多くの場面でスマホ自体の操作から解放してくれる注目の製品です。

 
 

JBL「EVEREST 110GA」

jbl_everest_s

公式直販:JBL EVEREST 110GA

JBL「EVEREST 110GA」の主な特徴は以下となります。

JBL EVEREST 110GAの特徴
  • ワイヤレスのネックバンド型、カナル型
  • ポップなデザイン
  • 2台同時無線接続可能なマルチポイント機能
  • エコーキャンセリングで高品質なハンズフリー通話
  • Googleアシスタント搭載イヤホン最安値

オーディオメーカーJBLは、高品質な製品を比較的低価格で提供するため、コストパフォーマンスが優れた製品が多いです。

「EVEREST 110GA」もGoogleアシスタントが使えるイヤホン製品では現状最安値ながら、マルチポイント接続やエコーキャンセリングなどの機能性も持ち合わせたコスパの高い製品となっています。

エコーキャンセリングでGoogleアシスタントを使う際の音声認識性能も向上するでしょう。また、 JBLということで音質もそれなりのレベルは期待できるかと思います。

実売価格1万円以下程で、様々な音声操作が可能、他にも細かな機能も搭載されたコスパが魅力の製品です。

 
 

Sony 「WI-1000X」

 

Sony「WI-1000X」の主な特徴は以下となります。

Sony「WI-1000X」の特徴
  • ワイヤレスのネックバンド式、カナル型
  • 高品質ノイズキャンセリング・高音質
  • 常に外音を取り込む「アンビエントサウンドモード」
  • 状況に応じた、ノイズキャンセル、外音取込の切替え
  • 専用アプリで音質やサウンドエフェクト調整

イヤホン型としては、かなり高品質なノイズキャンセリングと高音質を提供している製品です。

その上で、専用アプリで様々な音質や外音の取り込み設定等が可能で、高品質な音楽体験と、周囲の音との連携との両機能を提供しています。

それらの設定は、「Headphones Connect」というアプリ上で、歩いているとき、乗り物に乗っているとき、など状況に合わせて自動で切替えできるように設定も可能。状況に応じた最適な音を提供してくれます。

 
 

Apple「Air Pods」

 

Apple「Air Pods」の主な特徴は以下となります。

Air Podsの特徴
  • 完全分離式ワイヤレス、インナーイヤー型
  • iPhoneなどApple製品と高機能に連携
  • Androidでは一部機能は使えない
  • 装着状態に応じた自動再生・停止

Appleユーザーならご存知Air Podsですね。なんといってもiPhoneなどApple製品との連携性能が高いのが唯一無二の特徴でしょう。

2016年の発売段階では、完全ワイヤレスイヤホンとしては、音質や通信の安定性、バッテリー性能など、高い品質を打ち出しましたが、2018年現在では上述した他の製品でも同様の品質が実現されてきています。

基本はiPhoneと連携した機能性を求める人におすすめの製品となるでしょう。

 

おすすめはどれ?

おすすめですが、結論としては、

一つには決められない、利用スタイルや求めるものによる

ですね。

まぁ当然ですね、イヤホン自体のスタイルが全然違うものから、連携する音声アシスタントが異なるものまで、様々ですからね。

 

その上で個人的に選ぶのであれば、

  1. 音声操作・通知の機能性も豊富、デュアルリスニングという新スタイルが面白い「Xperia Ear Duo」
  2. 完全ワイヤレスイヤホンとしての高性能さとともに音声アシスタントも使える「Jabra Elite 65t」
  3. 音声操作や通知との連携に強く、スマホ操作から解放してくれる「Zeeny」

以上の3つが注目の製品かつおすすめかな、といった具合です。

まとめ

以上、音声AIアシスタントが使えるスマートイヤホンの一覧紹介でした。

上述してきたとおり、これにより、単に音声操作ができるだけでなく、スマホの画面を見なくてはいけない時間や、スマホを操作する手間、といったことを減らし、時間の効率化や歩きスマホといった危険を減らすことも可能です。

こういったことは、音声操作もどんどん普及している今、一気に普及し当たり前となっていくことでしょう。そんな生活を、みんなより少し早めに始めてみてはいかがでしょうか。

具体的にどんなことができるか、ボクも使っているXperia Ear Duoについて以下で紹介しているので、ぜひ参照して具体的なイメージをわかせてみてください。

また、各AIアシスタントでできることもスマートスピーカーのできることとしてまとめています。合わせて御覧ください。

いじょうでっす。

コメント