レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年最新】Intel第12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード「人気・おすすめの15製品一覧」

こちらでは、「Intel CPU Core iシリーズ 第12世代(AlderLake)対応」のマザーボード(ソケット LGA1700搭載)を紹介。

中でもしっかりとしたPC自作におすすめなATXサイズの人気・高評価のおすすめ品を一覧で紹介していきます。

 

Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード 人気ランキング/10製品詳細

以下が「Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード」人気ランキング一覧表と人気10製品の詳細です。

(2024/02/23 06:00 更新)
Rank製品価格
1
通常
19,164円
19,164円
(+192pt)
21,800円
46,295円
2
通常
21,285円
21,285円
19,777円
26,748円
3
通常
51,907円
51,907円
(+519pt)
31,050円
28,200円
4
通常
84,800円
84,800円
44,930円
57,874円
5
MSI PRO B660M-E DDR4 マザーボード
MSI
発売日 2022/02/11
総合評価
(4)
売り切れ
20,674円
13,334円
6
通常
24,218円
24,218円
(+242pt)
30,351円
25,980円
7
通常
24,800円
24,800円
15,500円
30,506円
8
通常
22,000円
18,512円
(+185pt)
17,327円
22,880円
9
通常
34,800円
32,680円
26,700円
36,987円
10
通常
35,000円
29,800円
27,980円
 

ASUS INTEL 第12世代CPU(LGA1700)対応 B660 チップセット

  • インテル LGA 1700ソケット、第12世代インテル プロセッサーに対応
  • 強化されたパワーソリューション:10+1 DrMOSパワーステージ、6層PCB、8+4 ProCoolソケット、ミリタリーグレードのTUFコンポーネント、Digi+ VRMにより高い耐久性を実現
  • 包括的な冷却:拡大されたVRMヒートシンク、Stack Cool 3+、M.2ヒートシンク、PCHヒートシンク、ハイブリッドファンヘッダー、Fan Xpert 4ユーティリティー
  • 最新の接続性:PCIe 5.0スロット、PCIe 4.0 M.2スロット、背面USB 3.2 Gen 2x2 Type-C、USB 3.2 Gen 2 Type-C用フロントパネルヘッダー、Thunderbolt 4対応
  • オンラインゲームに最適:Intel WiFi 6、Intel 2.5Gb イーサネット、TUF LANGuard
  • 双方向AIノイズキャンセリング:ゲームやビデオ会議でのクリアなコミュニケーションのために、マイクや音声出力からのバックグラウンドノイズを低減
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4

 

 
Users Voice
オーバークロックしない人なら必要十分だと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
最近売れ筋のCPU i5 12400Fに対応する660タイプを選定、 メーカーもデザインからASUSのTUFシリーズ一択で購入しました。初めて組み立てしましたが、取説や動画を参考にしてあまり悩むこと なく組み立てることができました。性能は動画でみる限り、通常ゲーム使いでは問題なさそうです。(参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASUS INTEL 第12世代CPU(LGA1700)対応 B660 チップセット

  • インテル LGA 1700ソケット、第12世代インテル プロセッサーに対応
  • 強化されたパワーソリューション:10+1 DrMOSパワーステージ、6層PCB、8+4 ProCoolソケット、ミリタリーグレードのTUFコンポーネント、Digi+ VRMにより高いの耐久性を実現
  • 包括的な冷却:拡大されたVRMヒートシンク、Stack Cool 3+、フレキシブルM.2ヒートシンク、PCHヒートシンク、ハイブリッドファンヘッダー、Fan Xpert 2+
  • 最新の接続性:PCIe 5.0スロット、PCIe 4.0 M.2スロット、背面USB 3.2 Gen 2x2 Type-C、USB 3.2 Gen 1 Type-C用フロントパネルヘッダー、Thunderbolt 4対応
  • オンラインゲームに最適: インテル WiFi 6、Realtek 2.5Gb イーサネット、TUF LANGuard
  • 双方向AIノイズキャンセリング:ゲームやビデオ会議でのクリアなコミュニケーションのために、マイクや音声出力からのバックグラウンドノイズを低減
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:TUF GAMING B660M-PLUS WIFI D4

 

 
Users Voice
エントリーモデルの中では少し価格が高いモデルになりますが、端子の豊富さがとても使いやすいです。特に光デジタル、同軸があるのでオーディオ機器との相性も良いです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASRock マザーボード Z690M-ITX/ax Intel 第12世代 CPU

  • Intel第12世代Coreプロセッサーに対応
  • WiFi 6Eモジュール搭載のMini-ITXモデル
  • USB 3.2 GEN2X2 20Gbps Type-C
  • 表面実装されたPCIe GEN5 スロット
  • 8パワーフェーズ設計 + DR.MOS
 
 
製品詳細
ブランド名:ASRock|ブランド名(カナ):ASRock|シリーズ名:ASRock|シリーズ名(カナ):ASRock|メーカー型番:Z690M-ITX/AX

 

 
Users Voice
ITXケースは熱に厳しいケースが多いですが、Z690チップセットなら周波数や電圧を細かく設定できるので、 クロックは維持かOCは若干にとどめ、電圧を落とすことでパフォーマンスを維持しながら低発熱にできます。 このマザーボードはB660のITXマザーより少し高い程度で買えるのでITXで組むならおすすめです。 PCIe5.0、両面M2スロット、Wifi6E、USB-Cなど最新のインターフェースは揃っています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
まだ組んでいないので分かりませんが、本当はH670M-itxを買うつもりでしたが売り切れてしまったためこちらを購入。 超paypay祭りを利用して比較的安く買えたので良かったです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
12600Kで使用していますが、問題ありません。Z690のITXではコスパが一番いいですね。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASUS INTEL 第12世代 CPU ( LGA1700 ) 対応 Z690

  • インテル LGA 1700ソケット。第12世代インテル Core、Pentium Gold、Celeron プロセッサーに対応
  • 最適なパワーソリューション:16+1 DrMosにProCool II電源コネクタ、高品質な合金チョークと耐久性のあるコンデンサを採用し、マルチコアプロセッサに対応
  • 最適化された熱設計:高伝導性サーマルパッドを使用した統合I/OカバーおよびVRMヒートシンク、4つのオンボードM.2ヒートシンク、M.2_1スロット用M.2バックプレート
  • 最適化された熱設計:高伝導性サーマルパッドを使用した統合I/OカバーおよびVRMヒートシンク、4つのオンボードM.2ヒートシンク、M.2_1スロット用M.2バックプレート
  • 最高のゲーミングコネクティビティ:HDMI 2.1およびDisplayPort 1.4出力、4つのM.2スロットに加え、USB 3.2 Gen 2x2 Type-Cをサポート
  • インテリジェントコントロール:ASUS独自の「AIオーバークロック」と「Two-Way AI Noise Cancelation」により、セットアップを簡素化し、パフォーマンスを向上
  • DIYフレンドリーなデザイン:PCIeSlot Q-Release、M.2 Q-Latch、ROG Reusable Cable Organizer、プレマウントI/Oシールド、BIOS FlashBackボタン、Clr CMOSボタン
  • 比類なきパーソナライゼーション:ASUS独自のAura Sync RGBライティング、RGBヘッダーと3つのアドレサブルGen2ヘッダーを含む
  • 業界をリードするゲーミングオーディオ:ALC4080とSavitech SV3H712アンプによる高忠実度オーディオに加え、DTS Sound UnboundとSonic Studio IIIを搭載
  • 有名なソフトウェア:AIDA64 Extreme 60日間無料体験版と、MemTest86が統合された直感的なUEFI BIOSダッシュボードがバンドルされています

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:ROG STRIX Z690-A GAMING WIFI D

 

 
Users Voice
12700Kと合わせてZ690を買うと決め、白PCに合わせるために見た目でこのマザーを選択しました。 購入日2月5日、マザーの製造日は2022年1月と新しいものでした。 BIOSは2月時点で最新の物が初めから適用されていました。 ◆購入前の注意点 大型ヒートシンクがCPUクーラーに干渉して、取り付けできないクーラーがあるそうです。 購入前に使用予定のクーラーが取り付け可能か調べてください。 自分が使ったNZXT KRAKEN Z63は大丈夫でした。 ◆CPUクーラー取付 マザーボード自体にLGA1200用の穴が空いてます。 LGA1700用リテンションキットが無くても取付可能です。 自分は1200の方でガッチリ固定できました。 ◆M.2スロット 4つあり全てヒートシンク付きでPCIe 4.0対応です。 ヒートシンクカバーそのものはネジ止めですが、M.2SSDはネジいらずで固定できます。 ◆グラボの固定リリースがボタンワンタッチで可能 これが本当に嬉しいです。 デカイグラボの隙間に割りばしを入れてレバーを押したりしなくていいです。 中央右側に白い小さなボタンが見えますが、それをポチれば後は丁寧に引き抜くだけです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
・M/B: ROG STRIX Z690-A GAMING WIFI D4 ・CPU: Core i5 12600K BOX ・CPUクーラー:iCUE H150i ELITE CAPELLIX ・PSU:サーマルテイク 850W ・SSD:SN850 ・OS : Windows11 ・ケース:Corsair 780T 【外観】 外装はホワイトでヒートシンクはシルバーなので白いパソコンに合わせやすいと思います。CPU周りはギリギリのサイズまでヒートシンクが配置されており、冷却に期待できそうです。その分重いのでケースへの取り付けは気をつけてください。 LEDの配置と光り方は均一ではないので注意してください。 【DDR4メモリ対応】 このマザーボードを選んだ一番の理由です。ゲーム用途がメインのため、高額なDDR5メモリではなくDDR4メモリを搭載できるZ690マザーボードを探していました。クリエイティブ用途でなければDDR4メモリで十分かと思います。 サブ用にもう一つ購入予定でいます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
やはりこのマザーボードの最大の特徴といえば、DDR4かつ白い(シルバー)である点です。他社のz690のDDR4マザーだと、廉価グレードが多くm.2のヒートシンクなど省かれている部分が多い中、ミドル帯でDDR4というのは貴重な存在といえる。 この製品のライバルを上げるならMSIのZ690 EDGEだとおもいますが、ソフト面でみるとやはりASUSのほうに軍配が上がりますし、背面USBポートもTypeA、TypeCともに1基づつASUSのほうが多いのは非常に魅力的です。 ただ、ASUSのほうはSPDIF出力がないためこれを使用したい人は注意が必要。ここだけが唯一惜しいところかと。 それ以外はメモリのコストを抑えることができるし、白くてかっこいいし、ポートもたくさんあるように、かなり(私の)ツボを押さえた製品で、DDR4が消えるまで末永く使っていきたいと思える満足感の高いマザーです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

MSI PRO B660M-E DDR4 マザーボード

MSI PRO B660M-E DDR4 マザーボード
MSI
発売日 2022/02/11
総合評価
(4)
(2024/02/23 06:07時点)
  • 高品質部品を採用したシンプルな機能とコストパフォーマンスに優れたコンパクトなスタンダードMicro-ATXサイズのマザーボード
  • 安定性の高いIntel LANを採用
  • HDMI 2.1 + VGAポートを搭載し、オンボード出力にてデュアルディスプレイ環境を構築可能
 
 
製品詳細
ブランド名:Micro-Star Int'l|ブランド名(カナ):Micro-Star|シリーズ名:MSI|シリーズ名(カナ):MSI|メーカー型番:PRO B660M-E DDR4

 

 
Users Voice
価格相応です。メモリスロットが2個しかありませんでした。ファンコントロールも1つしかできません。完全な下調べ不足でした。もう少し金額を足して上位機種を買った方が幸せになれます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASRock マザーボード H670 Steel Legend Intel H670

  • Intel第12世代Coreプロセッサーに対応
  • 頑丈なパワーフェーズ コンポーネントを搭載し、 CPU にスムーズな電力を供給 、安定したパフォーマンスを実現。
  • 標準的なギガビットイーサネットと比較して、ネットワーキング性能を最大2.5倍の帯域幅まで強化。より高速で妥協のないネットワーク環境を構築 。
  • 前面に最新のUSB3.2 Gen2x2 を搭載し、ユーザビリティを向上。
 
 
製品詳細
ブランド名:ASRock|ブランド名(カナ):ASRock|シリーズ名:ASRock|シリーズ名(カナ):ASRock|メーカー型番:H670 STEEL LEGEND

 

 
Users Voice
雑誌などに耐久性にごわりがあり、またコストパフォーマンスが良いという事で購入しました。 耐久性については、使いだしたばかりなので評価は難しいですが、いまのところ大きなトラブルもなく安定して稼働しています。マニュアルも日本語で読みやすく、余計な装備もなくシンプル、基盤のプリントもカモフラージュ風で気に入っています。欲を言えば、もう少し安価でサウンドにデジタルポートがあったら嬉しかったです。(B460のSTEEL LEGENDにはあった。) (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
とても頑丈に出来ており、日本語のマニュアルも入っているため初心者のわたしでもとても簡単にpcを組み立てることが出来ました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
最高にカッコよい 最小構成での動作確認が非常にやりやすい (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASUS INTEL 第12世代 CPU ( LGA1700 ) 対応 H670

  • インテル LGA 1700ソケット:第12世代インテルプロセッサーに対応
  • 超高速な接続性:PCIe 4.0スロット、3つのM.2スロット、Realtek 2.5Gb Ethernet、Thunderbolt 4をサポート
  • 包括的な冷却機能:VRMヒートシンク、M.2ヒートシンク、PCHヒートシンク、ハイブリッドファンヘッダー、Fan Xpert 2+
  • ASUS OptiMem:シグナルインテグリティを維持するためにトレースやビアを慎重に配置し、メモリの安定性を向上させる
  • Wireless & Bluetooth M.2 slot only (Key E, CNVi & PCIe)* *Wi-Fi module is sold separately.
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:PRIME H670-PLUS D4

 

 
Users Voice
価格が実店舗と同じだったことと、PayPayの還元がお得だったのでこちらで購入しました。 ASUSのマザーボードを使用した経験があったため、説明書無しで組み立てできました。注意した点は、CPUの形状が変わったため、取付の向きなどを間違えないようにしたことだけでした。 組み立て後、インターネットに接続した環境で、Windows10のインストール、ASUSのサイトからドライバの更新、マザーボードのBIOSの更新、Windows11へアップグレード、の順に行い特にトラブル無く完了出来ました。動かし始めてから半月ほど経ちますが、安定して動作しています。 CPUがソケットの押さえる力で反るといった指摘もあるようですが、ソケットの金属レバーはそこまで硬くなかったので対策は行いませんでした。個人的には素人がワッシャーを挟む作業をする方がトラブルが起こりそうだなという印象でした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
まだまだかなり割高なので、B660またはB660(TUF)とのすみわけがイマイチよくわからない。WIFIがつかないので"AX200.NGWG.DTK"とセットでの購入がおすすめです。またCPUは非常にできのいい世代なので、12400Fを選定しコスパを高めても十分満足できるとおもいます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
6年使ったPCを更新するにあたり購入しました。基本性能は良いのですが、SATAが4本しかないことに後から気が付きました。最近はODDをつながない人が多いみたいですね。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASRock マザーボード B660 Pro RS Intel B660 シリーズ

  • 8 電源フェーズ設計&プレミアム50Aパワーチョーク
  • 魅力的な機能と完璧なバランスを備え、人気PROシリーズの進化形製品。
  • 3つのM.2スロット、フロントType-C/TB4ヘッダーを備える主力マザーボード
  • M.2 key E slot対応
  • 魅力的なリスニング体験を提供する「nahimicAudio」
 
 
製品詳細
ブランド名:ASRock|ブランド名(カナ):ASRock|シリーズ名:ASRock|シリーズ名(カナ):ASRock|メーカー型番:B660 PRO RS

 

 
Users Voice
ゲーミングPCを作るのにこのマザーボードを使いました。 Windows11を新規インストールする際は、インターネットが必須になるので、ネットワークのドライバーを読み込む必要があるのは要注意です。 その他は問題なくサクサク動作します。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
12世代規格のマザーボードはまだ全体的に高めなので その中のミドル構成の選択肢としてはバランスがいいと思います K付きやi7構成を選ぶにはものたりませんが i5 12600以下の構成として文句ない作りだと思います (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
CPU自体はまだ届いてないので内容物や見た目の感想ですが、シンプルイズベスト。取説も日本語があったので助かってます。i7の性能を発揮出来る事を期待。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASUS INTEL 第12世代 CPU (LGA1700) 対応 B660 チップセット

  • 第12世代インテル Core、Pentium Gold、Celeron プロセッサーに対応。
  • 最適なパワーソリューション:ProCool社製電源コネクタ、高品質な合金製チョーク、耐久性の高いコンデンサを採用した16+1パワーステージにより、マルチコアプロセッサーに対応。
  • 最適化された熱設計: 高伝導性サーマルパッドを備えた統合I/OカバーとVRMヒートシンク、3つのオンボードM.2ヒートシンク、M.2バックプレート
  • 高性能なネットワーク:Intel WiFi 6 (802.11ax)とIntel 2.5 Gb Ethernet (ASUS LANGuard) を搭載。
  • 最高のゲーミングコネクティビティ:HDMI 2.1およびDisplayPort 1.4出力、3つのM.2スロット、USB 3.2 Gen 2x2 Type-Cをサポート。
  • インテリジェントコントロール: ASUS独自の「AI Cooling」 「AI Networking」 「双方向AIノイズキャンセリング」により、セットアップを簡素化し、パフォーマンスを向上させます。
  • DIYフレンドリーなデザイン: M.2 Q-Latch、事前に取り付けられたI/Oシールド、BIOS FlashBackボタン、CMOSクリアボタン、Q-LEDを搭載
  • 比類なきパーソナライゼーション:ASUS独自のAura Sync RGBライティング(RGBヘッダーと3つのアドレス指定可能なGen 2 RGBヘッダーを含む)
  • 業界をリードするゲーミングオーディオ:ALC4080とSavitech SV3H712アンプ、DTS Sound UnboundとSonic Studio IIIを搭載。
  • 有名なソフトウェア:AIDA64 Extreme 60日間サブスクリプションとMemTest86を内蔵した直感的なUEFI BIOSダッシュボードをバンドルされています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:ROG STRIX B660-F GAMING WIFI

 

 
Users Voice
wifiモジュールもついていて、コスパがとても良かったです。ただ、自分のチェックミスで、メモリースロットがDDR5対応である事に、開けてみて気づいたので、後でDDR5のメモリ買い足しました。笑 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

GIGABYTE Z690 UD AX DDR4 Rev.1.x マザーボード ATX

  • MB5762 日本正規代理店品 保証2年
  • 第 12 世代 Intel Core プロセッサー対応
  • Dual チャンネル Non-ECC Unbuffered DDR4, 4 スロット搭載
  • Twin Hybrid 16*+1+2 デジタル電源フェーズ設計 (60A Power Stage* & タンタルポリマーコンデンサ)
  • 大型ヒートシンク搭載
  • Intel WIFI 6 802.11ax 無線 LAN & BT 5.2 対応
  • 2.5 GbE 有線 LAN
  • 3連 M.2 スロット (NVMe PCIe 4.0 x4; 単 Thermal Guard 付)
  • SuperSpeed USB 3.2 Gen.2x2 TYPE-C
  • Smart Fan 6、Q-Flash Plus
 
 
製品詳細
ブランド名:GIGABYTE

 

 
 
   

Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード 新型・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード」新型・高評価のおすすめの5製品一覧と各製品の詳細です。

(2024/02/23 06:00 更新)
Rank製品価格
1
通常
37,000円
37,000円
25,002円
32,000円
2
通常
84,800円
84,800円
44,930円
57,874円
3
通常
19,164円
19,164円
(+192pt)
21,800円
46,295円
4
通常
22,800円
22,800円
19,990円
19,607円
5
通常
19,800円
19,800円
24,819円
18,381円
 

ASUS INTEL 第12世代 CPU (LGA1700) 対応 H670 チップセット

  • インテル LGA 1700ソケット、第12世代インテル プロセッサーに対応
  • 強化されたパワーソリューション:14+1 DrMOS、6層PCB、8+4 ProCoolソケット、ミリタリーグレードTUFコンポーネント、Digi+ VRMにより高い耐久性を実現
  • 包括的な冷却:拡大されたVRMヒートシンク、Stack Cool 3+、M.2ヒートシンク、PCHヒートシンク、ハイブリッドファンヘッダー、Fan Xpert 4ユーティリティー
  • 最新の接続性:PCIe 5.0スロット、PCIe 4.0 M.2スロット、背面USB 3.2 Gen 2x2 Type-C、USB 3.2 Gen 1 Type-C用フロントパネルヘッダー、Thunderbolt 4対応
  • オンラインゲームに最適:Intel WiFi 6、Intel2.5Gbイーサネット、TUF LANGuard
  • 双方向AIノイズキャンセリング:ゲームやビデオ会議でのクリアなコミュニケーションのために、マイクや音声出力からのバックグラウンドノイズを低減
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:TUF GAMING H670-PRO WIFI D4

 

 
Users Voice
6年使った6700KとTUF Z170 SABERTOOTHからOS等そのままマザーボードとCPUのみ交換して問題なく使えています。 12400と合わせて使ってますが、前のマザボのドライバなど入ったままでも問題なく安定していて、 クリーンインストールしなくても問題なく、Windows10の再認証もなしで済み交換とても楽でした。 DDR4仕様なので、前から使ってた古いDDR4-2400メモリーがそのまま使えて安く上がったのもありがたかった。 LGA1700でよく言われているCPU固定時のCPU変形もありませんでした。 1世代前のTUF GAMING H570のようにM2接続数でSATA使用可能数が変わることが無いのも良い。 難を言うならM2 4個、SATA4個でSATAが少ない。単価が高いM2をデータ保存には使わないので4つもは要らない。 M2を一つ減らしてSATA6個は欲しかった。それとCPUよりマザーボードのほうが高く割高に感じる。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
i5 12500用に購入。WIFI6がついていて耐久性もありそうなのでTUF GAMINGシリーズを選択しました。当初はB660のモデルを注文していたが、いつまでたっても来ないのでキャンセルしてこちらを購入。当初の注文日あたりでB660の値段が上がったためかH670が安くなったせいか、ポイント込みでの値段はほとんど変わらなかった。ポートの数が少し多いので良かったのかもしれない。 久しぶりの自作だったため少し緊張したが、簡単にパーツの取り付けができた。Skylakeからの乗換えでCPUとマザーボードの交換だけでメモリなどはそのまま使えたので良かった。OSもWindows11に変えてみたが問題なく動いている。長く使いたいので耐久性と安定性に期待しています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
12700と合わせて使ってますが、前のマザボのドライバなど入ったままでも問題なく安定していて、 クリーンインストールしなくても問題なく、Windows10の再認証もなしで済み交換とても楽でした。 DDR4仕様なので、前から使ってた古いDDR4-3200メモリーがそのまま使えて安く上がったのもありがたかった。 よく言われているCPU固定時のCPU変形もありませんでした。 難を言うならCPUよりマザーボードのほうが高く割高に感じる。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASUS INTEL 第12世代 CPU ( LGA1700 ) 対応 Z690

  • インテル LGA 1700ソケット。第12世代インテル Core、Pentium Gold、Celeron プロセッサーに対応
  • 最適なパワーソリューション:16+1 DrMosにProCool II電源コネクタ、高品質な合金チョークと耐久性のあるコンデンサを採用し、マルチコアプロセッサに対応
  • 最適化された熱設計:高伝導性サーマルパッドを使用した統合I/OカバーおよびVRMヒートシンク、4つのオンボードM.2ヒートシンク、M.2_1スロット用M.2バックプレート
  • 最適化された熱設計:高伝導性サーマルパッドを使用した統合I/OカバーおよびVRMヒートシンク、4つのオンボードM.2ヒートシンク、M.2_1スロット用M.2バックプレート
  • 最高のゲーミングコネクティビティ:HDMI 2.1およびDisplayPort 1.4出力、4つのM.2スロットに加え、USB 3.2 Gen 2x2 Type-Cをサポート
  • インテリジェントコントロール:ASUS独自の「AIオーバークロック」と「Two-Way AI Noise Cancelation」により、セットアップを簡素化し、パフォーマンスを向上
  • DIYフレンドリーなデザイン:PCIeSlot Q-Release、M.2 Q-Latch、ROG Reusable Cable Organizer、プレマウントI/Oシールド、BIOS FlashBackボタン、Clr CMOSボタン
  • 比類なきパーソナライゼーション:ASUS独自のAura Sync RGBライティング、RGBヘッダーと3つのアドレサブルGen2ヘッダーを含む
  • 業界をリードするゲーミングオーディオ:ALC4080とSavitech SV3H712アンプによる高忠実度オーディオに加え、DTS Sound UnboundとSonic Studio IIIを搭載
  • 有名なソフトウェア:AIDA64 Extreme 60日間無料体験版と、MemTest86が統合された直感的なUEFI BIOSダッシュボードがバンドルされています

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:ROG STRIX Z690-A GAMING WIFI D

 

 
Users Voice
12700Kと合わせてZ690を買うと決め、白PCに合わせるために見た目でこのマザーを選択しました。 購入日2月5日、マザーの製造日は2022年1月と新しいものでした。 BIOSは2月時点で最新の物が初めから適用されていました。 ◆購入前の注意点 大型ヒートシンクがCPUクーラーに干渉して、取り付けできないクーラーがあるそうです。 購入前に使用予定のクーラーが取り付け可能か調べてください。 自分が使ったNZXT KRAKEN Z63は大丈夫でした。 ◆CPUクーラー取付 マザーボード自体にLGA1200用の穴が空いてます。 LGA1700用リテンションキットが無くても取付可能です。 自分は1200の方でガッチリ固定できました。 ◆M.2スロット 4つあり全てヒートシンク付きでPCIe 4.0対応です。 ヒートシンクカバーそのものはネジ止めですが、M.2SSDはネジいらずで固定できます。 ◆グラボの固定リリースがボタンワンタッチで可能 これが本当に嬉しいです。 デカイグラボの隙間に割りばしを入れてレバーを押したりしなくていいです。 中央右側に白い小さなボタンが見えますが、それをポチれば後は丁寧に引き抜くだけです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
・M/B: ROG STRIX Z690-A GAMING WIFI D4 ・CPU: Core i5 12600K BOX ・CPUクーラー:iCUE H150i ELITE CAPELLIX ・PSU:サーマルテイク 850W ・SSD:SN850 ・OS : Windows11 ・ケース:Corsair 780T 【外観】 外装はホワイトでヒートシンクはシルバーなので白いパソコンに合わせやすいと思います。CPU周りはギリギリのサイズまでヒートシンクが配置されており、冷却に期待できそうです。その分重いのでケースへの取り付けは気をつけてください。 LEDの配置と光り方は均一ではないので注意してください。 【DDR4メモリ対応】 このマザーボードを選んだ一番の理由です。ゲーム用途がメインのため、高額なDDR5メモリではなくDDR4メモリを搭載できるZ690マザーボードを探していました。クリエイティブ用途でなければDDR4メモリで十分かと思います。 サブ用にもう一つ購入予定でいます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
やはりこのマザーボードの最大の特徴といえば、DDR4かつ白い(シルバー)である点です。他社のz690のDDR4マザーだと、廉価グレードが多くm.2のヒートシンクなど省かれている部分が多い中、ミドル帯でDDR4というのは貴重な存在といえる。 この製品のライバルを上げるならMSIのZ690 EDGEだとおもいますが、ソフト面でみるとやはりASUSのほうに軍配が上がりますし、背面USBポートもTypeA、TypeCともに1基づつASUSのほうが多いのは非常に魅力的です。 ただ、ASUSのほうはSPDIF出力がないためこれを使用したい人は注意が必要。ここだけが唯一惜しいところかと。 それ以外はメモリのコストを抑えることができるし、白くてかっこいいし、ポートもたくさんあるように、かなり(私の)ツボを押さえた製品で、DDR4が消えるまで末永く使っていきたいと思える満足感の高いマザーです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASUS INTEL 第12世代CPU(LGA1700)対応 B660 チップセット

  • インテル LGA 1700ソケット、第12世代インテル プロセッサーに対応
  • 強化されたパワーソリューション:10+1 DrMOSパワーステージ、6層PCB、8+4 ProCoolソケット、ミリタリーグレードのTUFコンポーネント、Digi+ VRMにより高い耐久性を実現
  • 包括的な冷却:拡大されたVRMヒートシンク、Stack Cool 3+、M.2ヒートシンク、PCHヒートシンク、ハイブリッドファンヘッダー、Fan Xpert 4ユーティリティー
  • 最新の接続性:PCIe 5.0スロット、PCIe 4.0 M.2スロット、背面USB 3.2 Gen 2x2 Type-C、USB 3.2 Gen 2 Type-C用フロントパネルヘッダー、Thunderbolt 4対応
  • オンラインゲームに最適:Intel WiFi 6、Intel 2.5Gb イーサネット、TUF LANGuard
  • 双方向AIノイズキャンセリング:ゲームやビデオ会議でのクリアなコミュニケーションのために、マイクや音声出力からのバックグラウンドノイズを低減
 
 
製品詳細
ブランド名:ASUS|ブランド名(カナ):ASUS|シリーズ名:ASUS|シリーズ名(カナ):ASUS|メーカー型番:TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4

 

 
Users Voice
オーバークロックしない人なら必要十分だと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
最近売れ筋のCPU i5 12400Fに対応する660タイプを選定、 メーカーもデザインからASUSのTUFシリーズ一択で購入しました。初めて組み立てしましたが、取説や動画を参考にしてあまり悩むこと なく組み立てることができました。性能は動画でみる限り、通常ゲーム使いでは問題なさそうです。(参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ASRock マザーボード H670 PG Riptide Intel H670

  • Intel第12世代Coreプロセッサーに対応
  • ゲームパフォーマンスを追求したコスパに優れるゲーミングモデル
  • Lightning Gaming Ports機能によりキーボードとマウスを別のコントローラー経由で接続
  • 魅力的なリスニング体験を提供する「nahimic Audio」
  • Front USB 3.2 Gen2x2 Type-C
 
 
製品詳細
ブランド名:ASRock|ブランド名(カナ):ASRock|シリーズ名:ASRock|シリーズ名(カナ):ASRock|メーカー型番:H670 PG RIPTIDE

 

 
Users Voice
Nahimic Audioのおかげか音質がよくメモリも4レーンあるので後で拡張しようと思っても追加しやすい。 M.2も3個つけられ、フロントのUSB3.0コネクタが2つあるので計4個の前面USBコネクタを使用できます。 特に同価格帯に比べていいのがPCIE5.0に対応しているいるところです。 まだ対応製品は出ていませんが5年ぐらい使うつもりなのでこれからを考えてこれを選びました。 還元率が高いコジマで日曜日に買うと20%ぐらいの還元になるのでお得感がぐっと増します。 同価格帯では一番のコスパに思えます。今のところ大満足です。 B660と値段もそう変わらないので還元率の高い日に買うとこの性能が格安で変えます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
i5 2400から12400Fへと10世代ぶりに買い替えてsandyおじさんから卒業。 OCできないからZは除外、BとHはそれほど価格差ない&グラボ更新でPCIE5.0あると幸せになれるかも?で、ATXかつお値段安めのこいつをチョイス。 paypay還元含め1.4万円で買えたのでそこそこ満足。(それでもエントリークラスとしては高いけど) 故障もコジマは実店舗で受けてくれるらしいのでRMAも安心ですね。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
インテル第12世代に対応したマザーボードは値段が高いものが多いですが、 2万円で購入できるのは、良い点の1つです。 チップセットはH670で、Z690の下、B660の上に位置します。 BIOSメニューからPL1とPL2の設定も変更できるので、定格以上の電力をかけて CPUパフォーマンスをフルに発揮できるようになります。 倍率変更のオーバークロックはできません。(H670の仕様通りです) (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

MSI PRO B660-A DDR4 マザーボード ATX [Intel B6...

  • MB5681 日本正規代理店品 保証2年
  • 12+1+1フェーズの強力な電源回路を搭載し、長時間高負荷な状態が続くエンコードシーンでも安定したシステムを構築が可能
  • シンプルなデザインとコストパフォーマンスの高いDDR4メモリを採用したATXサイズのスタンダードマザーボード
  • 安定性が高く高速なRealtek 2.5G LAN を搭載し、大容量のデータも高速に転送可能
  • USB 3.2 Gen2x2 Type-Cポート、PCIe Gen4対応M.2 SSDなど様々な高速デバイスを接続可能
  • M.2 SSDをドライバーレスで取り付けることのできるEZ M.2 Clipを採用し、初心者でも簡単に組み立て可能
 
 
製品詳細
ブランド名:Micro-Star Int'l|ブランド名(カナ):Micro-Star|シリーズ名:MSI|シリーズ名(カナ):MSI|メーカー型番:PRO B660-A DDR4|商品の入数:1 個

 

 
Users Voice
購入前の選定まで  この金額帯では貴重なATXです。B660チップの製品もラインナップが揃ってきたし、DDR5までは想定していなかったのと予算の関係もあった。正直、MSIマザーは初めてだったが、MSIのタブレットを持っていたのでMSI自体の信頼はあった。マニュアルを入手したが、特に心配はなかった。機能面では光デジタル出力があったのが決定的。外部スピーカーをアンプで駆動するのに光端子は譲れなかった。それから今時(笑)D-sub出力付き。古いモニタを使用しているので嬉しいが、DVIだったらもっと嬉しかったかもです。 購入してから 組みやすさは良好と思います。LGA1700は初めてでしたが、ATXの大きさから干渉もなく普通に組みやすい。 思いのほかAUDIOの音質は良かった。前述の通り中華小型アンプから35kHzまで出せるTechnicsSB-F40にCreatime mediaのUSB-DACを付けてハイレゾ音源で聞いています。 購入時 最安値ショップで日曜日購入などPayPayポイント20%で即ポチ。 惜しいところ バックパネルはボード一体が良かった。それにSATA4ポートは6ポートにならないかな? (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
先日のPayPay祭に加え、MSIが行っている2000円キャッシュバックキャンペーンを併用する形で購入しました。 初のintel第12世代CPUで自作するにあたり、選んだCPUはi5 12600Kですが、オーバークロックをするわけでもなく、安定して動作してくれれば良いとの考えから当該マザーボードを選択。 CPU、M.2 SSD×1、メモリー×2、HDD×2(RAID)という構成で使うなら必要十分であり事足ります。 それと、この価格帯のマザーボードとしては唯一SPDI/Fが搭載されていたのはありがたいです。 無線LANを使用する場合は自身で増設することになりますが、マザーボードに組込済みの製品だと、もし無線LANが故障したり、新規格のものに交換したくなった場合は不都合が生じることを考えてパスしました。 最後に。 MSIのウェブサイトから製品登録をする際にシリアルナンバーに加えて「CHKコード」が必要になります。 当該マザーボードの場合は24ピンATX電源コネクタの外側にCHKコードが印字された白いシールが貼られています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
コスパの良い製品だと思います。ただ、使用しているUSBキーボードが起動時に認識されません。マウスは認識されるのでキーボードとの相性が問題なんだと思いますが、USBの抜き差しで認識されます。 その点以外は問題ありません。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
   

Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード 最新の低価格(安い)製品一覧ランキング一覧

以下が「Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード」最新の低価格(安い)製品一覧ランキング一覧表です。

(2024/02/23 06:00 更新)
Rank製品価格
1
通常
22,000円
18,512円
(+185pt)
17,327円
22,880円
2
通常
19,164円
19,164円
(+192pt)
21,800円
46,295円
3
通常
19,800円
19,800円
24,819円
18,381円
4
通常
19,980円
19,980円
(+200pt)
25,980円
21,780円
5
通常
21,285円
21,285円
19,777円
26,748円
 

Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード 2022年最新製品一覧

以下が「Intel12世代CPU(LGA1700)対応 ATX マザーボード」2022年最新製品一覧です。

(2024/02/23 06:00 更新)
製品総合評価
(4.3)
(3)
(5)
(5)
(4.6)
(0)
MSI PRO B660M-E DDR4 マザーボード
MSI
発売日 2022/02/11
Amazon 売り切れ
楽天  20,674円
Yahoo 13,334円
(4)
(3.5)
(4.4)
(4)
(4.5)
(3.4)
(1)
(4.4)
(4)
(4)
(4.5)
(4.7)
(4.1)
(4.7)
 

関連:他のPCパーツ「M.2 SSD」

以下ではPC自作で合わせて使いたいPCパーツ「M.2 SSD」を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました