【2021年最新】ゲーミングキーボード「人気・高評価のおすすめ20製品」

多数の拡張キー、多数キー同時押し対応、確実な打鍵感、モード切替え、など多くの機能をもったゲーミングキーボード。

PCゲームでより効率的なプレイ、迅速なコミュニケーションなどに有益で、がっつりPCゲームをやるなら導入して起きたい一品ですね。

こちらではそんな「ゲーミングキーボード」の人気・高評価のおすすめ製品を紹介していきます。

Contents

ゲーミングキーボード 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「ゲーミングキーボード」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.5)
総評価数 1011件
2
(4.2)
総評価数 738件
3
(4.6)
総評価数 752件
4
(4.4)
総評価数 321件
5
(4)
総評価数 2292件
6
(4.7)
総評価数 414件
7
(4.1)
総評価数 117件
8
(4.5)
総評価数 427件
9
(4.4)
総評価数 240件
10
(4.1)
総評価数 1730件
 

Logicool G PRO X ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 GXスイッチ

  • 【Logicool G PRO X ゲーミングキーボード】人気の初代G PROゲーミングキーボード G-PKB-001の2年ぶり後継新作G PRO X ゲーミングキーボード G-PKB-002は初代のテンキーレスコンパクトデザインを継承しつつ、斬新的なコンセプト「リニア・クリッキー・タクタイル3種のスイッチを自由に付け替えられる」を実現しました。
  • 【3種のGXスイッチ】心地よいカタカタ打鍵感のクリッキースイッチ、静かなタイピングのリニアスイッチ、打鍵感と静音のバランスの取れたタクタイルスイッチは好みに自由に変えられるので、どんなゲームやプレイ環境にも対応できるゲーミングキーボードです。※同梱のスイッチ/キーキャップ プラーで簡単にスイッチを付け替えられます。
  • 【初代より更なるグレードアップ】キー印字は初代の真ん中から上に変更したことで、タイピング時の視認性が一段向上し、よりスマートな見栄えになります。GXスイッチを採用することでLIGHTSYNC RGBの光りは初代より鮮明で綺麗です。さらに、指摘の多い初代の底打ち時の金属音問題も改善され、より一層快適な使い心地を実現しました。
  • 【テンキーレスコンパクト設計】限られたデスクスペースでゲーミングマウスを大きく動かせるためのテンキーレス設計は多くのプロ選手に愛用されているデザインです。なお、USBケーブルは着脱式なので、持ち運ぶ時や保管時にコンパクトでケーブル根元の故障リスクが軽減されます。
  • 【パッケージ内容】製品本体(*製品本体のGX Blueクリッキースイッチ以外は別売 )、スイッチ/キーキャップ プラー、 キーボード データ ケーブル 、取扱説明書、2年間無償保証書、保証規定。
  • 【必要システム】Windows7以降、MAC OS 10.11以降

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
APEX万年プラチナ4の雑魚です。
チームの重荷と言われる私でも機材にはこだわりたい。
そう考えてキーボードに悩むこと1か月
とうとうこのキーボードにたどり着き満足いくものができました。
今まで使っていたもの・・・G213

条件として。
・キースイッチを変えたい。最強になりたかったので。
・赤軸のスコスコ感もほしいし青軸のきもちよさもほしい。
・だけどWASDだけは銀軸がいい。プロが使っているので。
・できればメディアコントロールもほしい。どんよく~(IKKO)

迷ったもの。
・RAZER・・・Black Widow elite yellow switch
・ロジ・・・G813 リニア
・コルセア・・・K70 スピードシルバー

決めてとなった事項。
☆やっぱホットスワップしょ!!(短絡的)

入れ替えた軸 ☆→感想
◆WASD・・・Kailh 銀軸 ☆マジでキャラが俺の思考の一歩手前を行く。だけどちょっとふれただけで動いちゃう。クリプト君勝手にうごかないで。
◆スペース・・・Kailh BOX 赤軸 ☆ブレにくいと言われるBOX軸に、自己満です。
◆SHIFT・・・GATERON クリア軸 ☆これはマジで効いた。SHIFT(ダッシュ)は死ぬほど押し続けるキーだと思われるが、クリア軸の押下圧35gのおかげでマジでそっと添えるだけで押下される。小指が死なない、おすすめ!!!!
◆C・・・GATERON 赤軸   ☆しゃがみに割り当てキー、最初銀軸にしたら敏感すぎてクリプト君がやたらしゃがみたがるので。う〇こか?
◆それ以外QEFV等・・・これは誤爆防止に元々ついているKailh青軸。意外と相手からも気にならないとのこと。

これだけ書いておいてなんだがメーカー非推奨の保証はうけられませんのでご注意。
私は開封して通電させるより先にキースイッチ交換しました。保証捨てRTA。不良品だったら泣いてた。

頭の中のもう一人の僕「雑魚ほど機材にこだわるって言うZE!」 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
三軸試した結果としてはこのリニア(赤軸)が一番使い心地が良かったです。キースイッチの好みは人それぞれなので一概には言えませんが参考にしてください。

・クリッキー
青軸です。カチカチとした打鍵感は心地よいですが、スイッチが非常に重く感じます。

・タクタイル
メンブレンを高級にした感じです。ただ、打ち心地はほとんど変わりませんのでテンキーありでも良いのなら安価なG213をオススメします。

・リニア
私はこれが一番気に入りました。
抵抗がなく非常に楽で、同じ押下重量とは思えません。打ち心地も気持ちが良いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ゲーミングキーボード RGB1680万色 8種類LED色変え 3つライティングモード

  • ?8種類変色+3モード派手なゲーミングキーボード? EZONTEQ 新型キーボードはLEDの光り方多種類変えられるので、飽きません! キーボードの真正面だけなくて、前後と両側のフレームも透明で、ひかりを通されて、全体がライトアップされます!ゲームの雰囲気を楽しめしょう!1.LEDバックライトの点灯モードは8種類(7単色パタンと虹色パタン)が選べられ、暗い場所でも見やすいです。2.キーボード6つの各ライティングゾーンを、自分の好きなスタイルや、システム構成、カスタマイズ可能です。3.ブリーシングとフローリングモードもあり、気分に応じた点灯パターンを選んで、また、LEDの明るさと色変えスピードも調節可能、存分に気分を盛り上げることができるrgbキーボードです。
  • ?耐久性がある日本語配列キーボード、打ちやすい? 106キーが搭載され、文字がレーザー彫刻され、色褪せしなく、キーキャップの使用寿命が倍なくなり、最大約9000万回のタイプングに耐えられます。日本語レイアウトで日本語初心者にもすぐ慣れ、日本語のPC環境に使いやすいです!キーキャップが浮遊式で、手にハマるような感じ、素敵なキーのタッチ感、押し心地よい!高感度なキーを採用しているので、メカニカルのような感触でレスポンスも素早い、正確性も抜群的なゲーミングキーボードです。
  • ?人間工学設計でキーボード? 人間工学に基づいて設計された階段状のデザインで、あらゆるキーに指が届きやすく、プレーやタイピング時の疲れを軽減し、長時間の使用でも疲れずに使用できる有線キーボードです。25キーコントロール搭載で、移動キーボタンを押しながら銃を撃ったり、視点を変えながらアクションをしたり、同時押しキーの数が多いMMOなどでもスムーズに動作し、ゲームの楽しさが増します。
  • ?洗練されたデザイン? いま流行っているフレームレスデザインを採用し、周りのフレームが極細かくなり、とてもコンタクトな感じ!また、ヘアライン加工を施し、フレームがアルミニウム合金と耐久性があるABS材質を使用し、より質感があるフルキーボードです。綺麗なLEDバックライト付き、ゲームが好きなお子様たちへのかっこいいプレゼントです。★5.[2019年新版]のラベルは、商品のタイトルで、旧型ではなく、ご安心ください。出荷の工場より「EZONTEQ」の英文字がついていない場合もあり、「Z」があるのは正規商品です。★
  • ?日常防水仕様? EZONTEQ有線ゲーミングキーボードには防水機能も付き、裏面はいくつ排水口が設置されており、うっかり水がこぼしても、安心ですので、ドリンクを飲みながらのプレイもOK。 ご注意:1.完全防水仕様ではないため、水などの液体の中にいれないでください。2.令和2年5月以降のキーボードにはメモリー機能が付いています、パソコンの再起動ごとに、前にしたしたLEDモードになります。3.※Windows7/8/10/XPに対応できます。※Windows Vista/Mac OSにも対応可能ですが、ショットカットキーが使えないことを何卒ご理解をお願いいたします。4.キーボードでPS4や任天堂をプレーする場合は、専用のコンバーターを別途ご用意ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
RGBがどうのでは選んでいない キーボードは今迄FM-V用で一台アプティバ用で1台ブルーツース用で一台(2000円程度の)それでと20年ほど前に購入し今使っている結構キータッチが気に入っているメーカーは解からないが結構高かったのを覚えているが今ではキートップの文字が消えてきてSADキーは判別がそろそろできなくなりそうということで さて今回購入したこのキーボードはキーのストロークが若干深くコクッという感じで入力をする WORDなどの作業では長時間の場合つかれるかもその場合はアームレストが有効と思う キーストロークと入力の感触は好みであるまた久しぶりにスペースキーが長いのを使ってみたが右端左端と場所を変えて押してみても突っ掛かりもなくスムーズに入力でき好感が持てた。補助の足にラバーを張り付けて少し仰角を増やす手直し PS2変換プラグを取り付けたがダメですコンバーターが必要かも普通にUSB3.0に接続使用 PS2にはマウスを接続 RGBは白単色でキートップの照明で使っている消灯すると文字が見にくい 後説明書で気が付いた間違いは音量アップとメディアの記載が逆でミュートがシュートになっている 以上 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 皆さんのレビュー良かった(良すぎたw)ので 
購入しようか迷ったのですが 値段も安いし まっ良いかってポチってしまいました。
届いた商品は 想像以上に良いものでした。

重さもそこそこ有って 少々の事ではずれることのないような感じです。
キーボードから生えてるケーブルは メッシュ覆われているので 耐久性はありそうです。
今日届いたばかりなので 耐久性は何とも言えませんが
キーストロークがちょっと深いくらいで 使用して違和感は有りません。
これで壊れなければ かなりコスパ良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White メカニカルキーボード

  • 【MERCURY EDITION】白色を基調とした限定カラーモデル
  • 静かでも確かなタッチ感のフィードバックを実現した Razer オレンジメカニカルスイッチ
  • さらなる静音性のために O リングを付属。
  • 取り外し可能なケーブルとコンパクトなフォームファクター
  • 明るさをフルにコントロールできる個別バックライトキー
  • クラウドベースのハードウェア構成ツールソフト Razer Synapse 3 対応
  • メーカー保証年数:2年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
当初はカタログスペックだけで SteelSeries の「APEX Pro TKL (テンキーレス) 」を
候補として上げていました。

ただこの製品はまだ日本で発売されていないので、
APEX Pro (テンキー有り) モデルを実際に触りました。
が、キーキャップの質感 (テカテカした感じ) と打鍵音 (ちょっと甲高い音がする) が
あまり好きになれず。。。
普段仕事では HHKB Professional BT を使っているので、
もう少しコトコトとした感じの音が好みでした。
あとAPEX Proで気になったのがケーブルの太さ。ちょっと太くて扱いづらい気がしました。

そんな中、秋葉原の「RAZERSTORE」で触ったこのキーボードに一発で惚れましたw
キートップの質感は僕が好きなちょっとマットな感じで、
本体のアルミ部分と相まって高級感を感じます。
かといってザラザラしている訳ではなく。

他の購入者の方々も書かれていますが、
バックライトはRGBではなく白色にしか発光しません。
ソフトウェアを使っても白以外には変更できません。
さらに発光パターンは2種類しかありません。
(常時点灯とポワーンて感じのやつ)
輝度の調整は可能です。

また、このキーボードには静音化の為のOリングが付属しています。
もしキーキャップを外す場合、付属の黒いやつを使うとキーキャップに
傷が付きそうな気がするので、もしキーキャップを取り外す場合には
以下のようなタイプのKeyPullerがおすすめです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B077PBVT1F/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_EJzSDbWZ3FX5F

合わせて購入した RAZER BASILISK MERCURY も接続してライトアップしてみましたが、
これがめちゃくちゃかっこよかったです!

もちろん合う合わないは人によりますので、可能であれば店舗で触ってみることをお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
【気に入った点】
私はゲーマーではないのですが、シルバーの台座に白いキートップ、キートップの文字が英字だけで日本語配列、そしてキートップ文字がLEDで輝き、キートップ同士の隙間からも白色LEDの光が漏れ見える感じが思っていたよりきれいで、上品な演出だと感心しています。
そのうえ、付属のオレンジ色のリングを、キートップを外してつけていくことで、静穏性が向上し、キーのしっとりとした反応もそのままなので、これは1万円以上したものの、精神的には元が取れる買い物だったと思います。
虹色になることを希望している人も多いですが、この白色オンリーの演出のほうが本当に上品でよいと思います。
職場のオフィスで使用するときには、見かけの問題ですが、接続するコンピュータを選ぶかもしれません。黒い巨大な函体のデスクトップPCよりは、本体を隠して見えないように収納した函体に接続して、このキーボードのみをデスク上に置くなどの配置がよいでしょう。
総じて価格以上に満足のいく商品でした。到着も、このコロナのご時世にしてはとても早かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【日本語配列】HyperX Alloy Core RGB ゲーミングキーボード ゲーマー向け

  • 日本正規代理店品
  • 特徴的なライトバーとダイナミックなRGBライティング効果
  • 耐久性に優れ、強固なフレーム
  • アンチゴースト機能を備え、静かで応答性に優れたキー
  • 防滴
  • 専用メディアコントロール
  • 明度、ライティングモード、ゲームモード用のクイックアクセスボタン
  • キーボードロックモード
  • 2年保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
購入して30分のレビューです。

今まで1000円程の普通のキーボードを使用していました。wasdキーの接触が悪くなってきたと感じ、amazonのランキングで探していたところ、上位かつ知名度があること、値段が他の商品より手頃な為このキーボードを購入しました。
段ボールに入っていない状態で送られてきて本体と説明書が入っていて前のキーボードより重く感じました。

使用した感想

キーの押しやすさが以前と比べて違うため慣れるのに時間がかかりそうなこと。
明度と色彩によるが目の刺激が強いこと。
購入前はゲーミング系の無駄な装飾に良いイメージを持てなかったが、実際に目にしてカッコいいと感じたこと。
光の段階調節と色のパターンを選ぶことができる、音量調節ボタンも備わっていること。

以上から満足しているため☆5にしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
日本語配列でメイン機のCorsairと変わらず。
エンターキーもスペースキーも大きさデザインも文句なし。

RGB光物のパターンはソフトいらずで楽です。
キーボード上で操作できます。

キングストンの製品であります良い。
無メーカーの光物キーボードよりも作り精度も上。

購入時は4,100円とこなれた価格でGood!でした。
お勧めですね ∠(^_^) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

NPET ゲーミングキーボード LED バックライト 7色 防水 usb 26キー防衝突

  • 【26キーロールオーバー】ロールオーバーというのは、普通のキーボードで複数のキーは同時に押したら、反応が出来ません。このゲーミングキーボードは、26キーを同時に押せでも、意図したとおりのキー入力が可能です。心地よいクリック音と軽いキータッチで高速入力できます。
  • 【LEDバックライト】ゲームの世界に楽しみの同時に綺麗なライトが輝いています。暗い場所でも精確にキーの位置を確認でき、戦いにコミットし勝利に導きます。赤、橙、黄、緑、青、藍、紫という七種のLEDバックライトであるが、3種固定的のバックライトモードと呼吸モードがあります。バックライトを消してもOKです。光度調整可能です。
  • 【人間工学な設計とゴムパッド】階段ようなデザインなので、裏の足を設計され、高度と角度を調節でき、快適に入力できます。優質なABS材と金属を採用され、マット仕上げの質感であり、キーの上の文字も色褪せません。キーボードの下部にゴムパッド構造があって、ゲームを遊んでいるときに離れて移動を避けることができます。防撥水性能も強いです。
  • 【耐用性】連続使用のために設計され、6000万回以上のクリックが可能です。-20±60℃の環境でも正常に働き、使用寿命は長いですので、ゲーミングやタイピングやプログラミングなどに最 適です。底部は高品質金属パネルから作られたので、もっと丈夫で、長い間に使用しても変形しにくいです。
  • 【互換性と組合せキー機能】Windows10、Windows 8、Windows 7、Windows XP、Windows VISTA、Mac OSなどシステムに対応できます。FNとPgUPまたはFNとPgDnで、光度調整可能です。FN+Wで、「←→↑↓方向キー」と「ADWSキー」を切り替えます。メンブレン式のキーボードですが、メカニカルなキーボードではないので、何軸がございません。ご注意ください。NPETGame JPからご購入の場合、2年間保証があります。本製品は「NPETGame JP」のみが販売し、Amazon.co.jpが発送しています。他の出品者が販売する商品は当社に連絡を下さっても責任を持てません。是非ご注意くださいますようお願い申し上げます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
T10の左手用キーボードのレビューが見当たらないので載せておきます。
まずは発送ですが表記通りではありましたが即日発送してくれるわけではありませんでした。発送通知されてからはすぐに来たので発送作業に時間がかかっていたようでした。
商品についてですが、思ったよりしっかり作られていると感じました。接続はPC側がUSB-A、キーボード側がUSB-CのUSBケーブルなので長さが合わなければ市販のものと取り替えることもできると思います。デスク上を広く使いたいときに一時的にケーブルを外してどける使い方もできるでしょう。
パームレストの部分は別部品になっていておそらく裏のネジを外せばパームレストのみを水洗いすることもできるのではないでしょうか?(未確認)ただ、裏の金属部分がたわんでいるせいか、置いたときのごく僅かなガタツキが気になりました(これはかなり個体差があると思います)。
スペースキーのみ特殊なスイッチでマウスのボタンのようなカチッっというクリック音がします。押し心地は軽いのでスペースキーを多用するゲームでも疲れにくいと思います。
付属のマニュアルは英語ですが、販売サイトでドライバと一緒に配布されているPDFマニュアルは日本語版もありました。ところで、販売サイトでの販売が終了したらドライバ等もダウンロードできなくなると思うので一式保存しておくのがいいでしょう。
ドライバでLEDの色や光の強さを変更できますが、右側の「彡」のようなマークは電源が入っていると設定に関係なく青く点灯します。青系以外だとちぐはぐなイメージになります。デザインを気にする人は気をつけてください。
何より2年保証があるのである程度の安心感はあります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
手持ちのキーボードに飲み物をこぼしてしまい、掃除もできないタイプだったので買い換えようと適当に探していたところ、こちらのキーボードにたどり着きました。
『ゲーミングキーボード』という謳い文句に、きれいなバックライト、人間工学によるキー設計など、惹かれる点が多いのもそうですが、何よりも決めてになったのはお値段ですね。
イルミで光るキーボードで二千円と少しですむものはそうないと思います。お試しで「じゃあ買ってみようかな」と思える値段ですね。
商品の保証は二年間あるので、何かあったときでも安心です。

そろそろ使い始めて一週間ですが、今のところ問題なく使えています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Logicool G テンキーレス ゲーミングキーボード 無線 G913 GLスイッチ

  • 【Logicool G G913 テンキーレス ワイヤレスゲーミングキーボード】LIGHTSPEED ワイヤレス、3種のGXスイッチ、LIGHTSYNC RGBなど先端の機能を装備した上級モデルG913はコンパクトサイズのテンキーレス版が登場。
  • 【有線より速いLIGHTSPEED】LIGHTSPEED ワイヤレス テクノロジーを搭載、無線遅延の無いワイヤレスゲーミングキーボード。Bluetooth接続にも対応でデバイス2台と同時接続が可能。
  • 【GLスイッチ リニア】ロープロファイルGLスイッチとは通常スイッチの半分の高さ、アクチュエーション距離は1.5mmで従来品より25%早くなる。メカニカルスイッチ ならではのスピードと精確性を持ちつつ、よりエルゴノミクスに適したタイピング体験と最高の触り心地を実現する。リニアスイッチは赤軸のような優れた静音性が特徴でチャットしながらゲームするのに最適。
  • 【LIGHTSYNC RGB】1680万色力カスタマ自由のRGBだけでなく、LIGHTSYNC機能を使えばゲームやエンターテインメント コンテンツとライトを連動させることが可能。
  • 【パッケージ内容】製品本体、LIGHTSPEED USBレシーバー、micro-USBケーブル、 USB延長ケーブル 、取扱説明書、2年間無償保証書、保証規定。
  • 必要システム:[LIGHTSPEED] Windows 7.0以降またはMac OS 10.11以上でUSBポートのあるPC[Bluetooth] Windows 7.0以降、mac OS 10.11以上、Chrome OS、Android 4.3以降またはiOS 10以降のBluetooth対応デバイス|※Logicool G HUBソフトウエアのダウンロード時にはインターネット接続環境が必要
  • 角度調節機能:2段階

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
このキーボードは私が探し求めていたキーボードでした。
薄いキートップの押しやすさ、青軸好きにはたまらない押し具合は非常に癖になります。
私はこの薄いキートップと相性が良かったようで、以前使用していたキーボードと比べてタイプミスは非常に減りました。
キートップは油をはじく仕様になっているので、よっぽど脂肌な方でない限りはキートップがベタベタになることはないでしょう。気になる方は定期的に拭くと良いかもしれません。
また、音量ミキサーホイールは使わないかと思いきや、意外と使用してみると便利です。
私はテンキーありのモデルがGボタンのスペースが場所を取ってしまっているように感じたため、テンキーレスモデルを購入しましたが、非常に使いやすくて後悔していません。
テンキーが無いことに、初めは少々不便を感じましたが、慣れてしまえばどうということはありません。
必要に感じた方は通常モデルを購入するor別途テンキーを購入すると良いかもしれません。
少々残念に感じた点はUSBがType-Cではない点といくらテンキーレスとはいえ、重量がそれなりにあるので持ち運びは考えない方がいいかもしれません。また、GHUBが嫌いな方はどうしようもないですね…
GHUBは使わなければあまり気にはなりませんが。
ちなみに私はワイヤレスモデルを購入しましたが、ワイヤレスは結局使用していません。
あまりに気に入りすぎたので、リニアの通常モデルの購入を検討しています。
他のキーボードと比較しても高いと感じるかもしれませんが、この金額を出すだけの価値はあると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
値段が約3万円とキーボードの中ではかなり高額な部類で少し迷いましたが、購入して良かったです。
GPROXからの乗り換えですが値段分の質感、機能性は向上しています。
金属パネルは高級感があり満足です。重くはなりますが持ち運びしない方には無問題でしょう。
機能面に関しては、反応速度はGPROXよりも明らかに早くなっていることを感じられました。アクチュエーション ポイント1.5㎜は流石です。
音量調節ダイヤルはFNキーを押す必要なく直感的に調整できるのでかなり便利です。

キー軸はリニアを選択しました。GPROXで3種類使った経験があり、その中で一番気に入ったリニアにしたのですが正解でした。
抵抗が少なく、長時間使用していても疲労感が溜まりません。万人受けするのはリニアではないかと個人的には思います。
ゲーミング感が強く欲しい方にはクリッキーがお勧めです。タクタイルはその中間、良いとこどりであり悪く言えば中途半端。

一つ気になる点があるとすればキートップのカタツキです。上から押しこむ分には感じませんが、横に力を加えると少しズレます。

---追記---
未使用時にバックライトを自動でOFFにする機能(1,2,5,10,15分,OFFにしないから選択)がありますが自動でOFFになった後、復帰すると必ずゲームモード(特定のキーを無反応にする)がOFFになります。
GHUBアップデートで修正されることを望みます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

[Amazon限定ブランド] CLIENA ゲーミングキーボード 有線 日本語配列

  • 【青軸メカニカルキー/カッチリした打鍵】クリック感が大きく感じられる種類。押下圧も高く、独特のキーボードをクリックするときの音があります。音によるリズム感があるのが特徴です。 入力している感じが欲しいプロゲーマーなどの間でよく使われています。
  • 【使いやすいキー配列&ケーブル長&LED】キー配列 日本語108 ケーブル有線1.6m LED搭載(10設定)
  • 【高耐久】キー寿命 6000万回に耐えられる品質重視キーボードです。【キー情報】キー押下圧 60±10g キーストローク4.0 mm
  • 【安心新品交換】6ヶ月保証期間内に製品が故障した場合には、新品に交換させていただくことにより、故障の再発を抑制し、お預かり期間も短縮いたします。
  • 【安心の日本語マニュアル日本サポート】外国語をそのまま翻訳したものマニュアルがほとんどですが、当社は日本人スタッフが手掛けた完全日本語マニュアルです。また、サポートも日本人スタッフでのサポートになります。
  • 『CLIENA(クリエーナ)はAmazon限定ブランドです』

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
あまりにレビュー数が少ないため初レビューです。
CLIENA自体は知名度皆無ですが、販売元のコンピューケース・ジャパンは
潰れた老舗PCケースメーカ「Abee」の商標権を受けてサポートしている企業みたいです。
(どこかに記載してくれればいいのに・・・)
そのため、説明書の内容も安いメーカー製品にありがちな機械翻訳の日本語ではありませんでした。

詳細な商品説明がありませんでしたが、保証期間は6カ月だそうです。

製品に関する評価ですが、まずコスパですね。
この値段で信頼できる販売元からメカニカルキーボードを買えるなら安いと思います。
キーの配色は変えられませんが、カスタマイズで光らせ方や、任意のキーのみを光らせることができます。
(自分は使いませんが・・・)
JIS配列も違和感は感じませんでしたし、入力感としてもストロークがあり普通です。
ただ、気になる点としては印字で、2キーにあるはずの「"」が「@」のような何かになっていたり、「O」や「0」の印字に縦線が入っているフォントのため読みずらい点もあります。
あと、NumLockキーやCapsLockキーのON/OFF表示LEDがかなり暗めになっています。
(個人的には好みですが 笑)

全体的に値段と信頼性を考えると星5、キートップの印字問題で星-0.5と考えています。
(4.5は選べないので5を選択しています。) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この価格でこの打ちやすさはかなりいいです。

キーを打った感じがして、打ち漏れなどなくなりました。
これで慣れるとノートパソコンなどのキーボードだとちょっと物足りなく感じてしまいます。

バックライトの光量も十分で暗いところでも
キーの文字がしっかりと見えるのも気に入っています。

音量調節などはファンクションキーを押して操作できて意外と便利です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【日本語配列】HyperX Alloy Origins Core RGB メカニ...

  • HyperXメカニカルスイッチ、航空機グレードのフルアルミボディー
  • 取り外し可能なUSB Type-Cケーブルを備えた超小型なテンキーレスデザイン
  • ダイナミック効果を持つ美しいRGBライティング、HyperX NGENUITYソフトウェアによる高度なカスタマイズ
  • 3段階に調節可能なキーボード角度、3プロファイル対応オンボードメモリ
  • ゲームモード、100%アンチゴーストおよびNキーロールオーバー機能
  • キー数:91キー、対応OS:Windows 10、8.1、8、7

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ARCHISS ProgresTouch TKL(CHERRY MX赤軸)から移行しました。
主な用途は長文入力(ローマ字入力)とゲーム(FPS・TPS)です。

本製品購入時の選考条件は
テンキーレスで奥行きも短い
CHERRY MX赤軸相当のメカニカルスイッチ
windowsキー無効化可能
有線接続(ケーブル脱着可能)
キーキャップを外して掃除がしやすい(特にスペースキーのスタビライザーが埋込式であること)
です。

自分が調べた範囲では上記を満たす製品は本製品の他にはARCHISS ProgresTouch TKL(使用中)、Logicool PRO G-PKB-001しか見つけられませんでした。
PKB-001は赤軸的なRomer-Gスイッチのタイプ感が非常に良かったのですがモデルチェンジで青軸的なものになってしまい(別売りスイッチで交換可能だが割高)選外。
ProgresTouchについては本当に非の打ち所のない製品ですが(タイプ感を楽しむために近々改めて長文入力用に茶軸の購入を予定)同じ製品を続けて購入するのも味気なく本製品に決定しました。
ちなみにメカニカルキーボードの定番の一つFILCO Majestouch2も良い製品で以前使用していたのですが、今回はケーブル脱着とスペースキーのスタビライザー形状を理由に対象にしていません。

これまで使用していたProgresTouchとの比較ですが、寸法とキー配置はほぼ同じです。具体的にはProgresTouchのカバーがそのまま使えます(余談ですがということはFilco Majestouch 2もです)。独立メディアキーが無く奥行きがスッキリしているところも同じです。キートップの幅がほんの少しProgresTouchより狭いかもしれませんが、特にミスタイプもしませんし今のところ気になりません。
こちらの製品の方が良いと思うところはwindowsキー無効化で、ProgresTouchは裏面DIP switchなのがFN+F12で出来るところです。ゲーミングキーボードには大抵ある機能ですがやはり便利です。そしてなんといっても掃除のしやすさ。スイッチが埋まっていない?(うまい表現がわからないので写真をご覧ください)ので普段は横からエアダスターで吹くだけでキレイになりそうです。あとはキーボード側のコネクタがUSB Type-Cなところで(ProgresTouchはminiB)、頻繁に抜き差しする訳ではありませんが掃除の為に外す時などやはりType-Cは楽で良いです。

タイプ感については本当に個人の好みなので店頭デモなどで確認していただくの一番だと思うのですが、少しだけ触れたいと思います。本製品のスイッチはCHERRY MX赤軸に近いHyperX Redという独自のものですが、ストロークと反応点が共に0.2mm浅くそのためか赤軸よりも静音赤軸(ピンク軸)に近いタイプ感です。自分は底打ちするタイピングですがタイプ音も赤軸よりも静かな印象です。押下圧は赤軸と同じ45gということですが反応点が浅いためか若干軽く感じました。総合的にこれまで使ってきたメカニカルキーボードの中で最もタイプしやすいと感じています。
(使用時、傾斜11℃ リストレストはARCHISS Massive Wrist RestのMサイズを使用しております)

カスタマイズソフトのHyperX NGENUITYについてですが、不具合が見られるということでしたが自分の環境では製品ページからダウンロードするだけで問題なく使用出来ています(December 2019 Beta3 Release)。レビューに上げた写真のLEDパターンはデフォルトではなくHyperX NGENUITYで設定しています。

まとめると、
普段赤軸か静音赤軸を使用していて、省スペースに重きを置いてゲーミングキーボードを探している方におすすめしたい、最高の製品だと思います。(その上で、それでもキーボード選びは可能な限り実機に触れてからの購入を勧めたいです。)

最後にレビューではなく個人的な要望ですが、別売りで滑り止め加工済みのWSADキーがあるのですが、WASDとスペースキーを同梱して貰えたらなぁ、と思うのですがさすがに贅沢ですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Corsairのキーボードを愛用しているんですが、K65等が新品を購入してから不具合が起きるまでが早すぎるのでHyperXに買い替えました。

打鍵感に関してですが、このキーボードはあくまでも「赤軸風」です。HyperX独自のキーですので、赤軸が欲しくて買うと残念な結果になるかと思います。

フニャフニャ

押した感じまさにこれでした。なんなんでしょうね。キータッチが軽いとか重いじゃなくて柔らかいんです。青軸などのしっかりとした打鍵感を求める人の購入はまずお勧めできませんが、それ故に赤軸でかつ、より静音性があります。カッコよくてテンキーレスで静かなゲーミングキーボードが欲しいならこれで良いでしょう。

一つ不具合があります、このキーボードは、PCの電源を落としてもキーに触れるとキーボードが光り続ける不具合があります。PCの主電源が落ちていない限り光り続けるので、わざわざUSBを抜くかコンセントを抜く羽目になります。致命的ではないもののイラッとする不具合なので注意。今後の生産品では治っている可能性もありますが、2020年3月生産のものは治ってません。

追記:3ヶ月ほど使用し、TABキーが反応しなくなったため代理店に連絡して新品交換の対応をしてもらいました。

代理店への故障の連絡から、新品が届くまで1週間もかからなかったので、サポート対応の速さもお勧めできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

エレコム ゲーミングキーボード メカニカル 茶軸 5000万回耐久スイッチ 日本語配列

  • 激しいキー入力にも耐える5000万回高耐久メカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードです。
  • すべてのキーが同時入力できる全キーロールオーバー対応で、多種にわたるゲームにおいて、すべての操作を取りこぼすことなく実現可能です。
  • ゲームプレイ時に多用する「W」「A」「S」「D」キーを含む8個のキーを取り替えることができるゲーミングキーキャップが付属しています。
  • ゲーミングキーキャップは表面の凹凸を通常のキーと異なる仕様にしており、操作性が向上します。
  • キーキャップの着脱に便利なキーキャップリリースが付属しています。
  • Windowsキー/メニューキーの操作を無効にするゲーミングモードを搭載しており、ゲームプレイ中の不意のゲーム中断をなくします。
  • チャット時にも入力がしやすい日本語配列を採用しています。
  • 指の動きに合わせ、キー全体がラウンドした形状を採用し、快適なタイピングが可能です。
  • 対応機種:USBポートを装備したWindows OS搭載機、対応OS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、 ※各OSの最新バージョンへのアップデートや、サービスパックのインストールが必要になる場合があります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この商品、どういうわけか価格comをみてもこのAmazonの安い値段は載ってないんですよね。どれも1万前後のお店ばかりが登録されていて。定価も2万近くしますしもしかしたら値付け間違いなのかななんて思ったり。
なので商品が届くまではキーボードが光らない廉価なタイプの「TK-G01UKBK」が届くのでは?と心配していましたが、正しく「ECTK-G01UKBK」が届きました。安く買えてなによりです。

さて、商品についてですが、まず打鍵感ですがこれは茶軸らしい打ち心地です。また、WASD近辺のデザインの異なるキートップとリリースが付属されていますし、赤だけではありますがライティングも数パターン実装されています。ゲーミングキーボードとして欲しい機能・付属品は一通り備わっているように思います。
ライティングに関しては、単色ということもあり発光の指定は特定のキーを押すことで行います。このあたり、余計なドライバやソフトの導入を必要としないあたりも評価できます。

エレコムというと、第一線のゲーミングメーカーより一歩引いた位置で「廉価でそれなり」みたいなイメージがありましたが殊このキーボードに関しては、品質もよく価格競争力もあると思います。

仕事(会社)用にもうひとつ買おうかなと考えています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
■良い点
・とても気持ちのいい打鍵感、打鍵音
・マットな天板とかっこいい赤色LED
・ゲーミングキーによるCAPSとWINDOWSのキー制御
・プラスチックながら剛性はしっかり
・安心の日本語キー配列
・国内メーカーによるメカニカルキーボードとしては圧倒的な安さ

■気になる点
・スペースキーのみ、他のキーと異なる「カチャッ」としたやや大きめの音が鳴る
・「ENTER」のLED点灯は他のキーに比べ暗く見える

■好みが分かれる
・グレア仕上げな側面

メカニカルキーボード初心者へ、ハイコストパフォーマンスなオススメの一品です。
職場でも使いたいことを考えると、茶軸&エレコムゲーミングキーボードの組み合わせでテンキー付きのサイズがあったら良かったのになあと思いました。

※耐久性は買って間もないため評価を省略しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Logicool G ゲーミングキーボード 有線 G213 パームレスト メンブレン

  • 【Logicool G G213 有線 ゲーミングキーボード】4倍高速メンブレンキー、パームレストと角度調節機能付き、そして液体、ほこりや汚れに強い耐水性と耐久性を持つG213は初めてのゲーマーにはゲーミングキーボードの入門モデルとしておすすめです。PUBG JAPAN SERIES 2019推奨ギア
  • 【4倍高速メンブレンキー 】G213のキーは、打鍵感を強化するように調整され、一般的なキーボードのキーと比較して最大4倍の、非常に高速なレスポンスを実現したため、メカニカルキーボードに負けない程、激しく連打するゲームにも正確に反応する、
  • 【1680万色RGB】光るパターンはキーごとにカスタマイズでき、プレイ環境やゲームタイトルに合わせて自由に操れる。
  • 【便利なメディアコントロール】テンキー上部には専用のメディアコントロールボタンと音量調節ボタンが設置され、ワンタッチで直観操作できます。
  • 【パッケージ内容】製品本体、取扱説明書、2年間無償保証書、保証規定。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
私はロジクール信者。
ではありません。
冗談はさておいて、一応自分はノートPCやデスクトップキーを混ぜて使っているのもあって形式を全く気にせずにキーボードを使っています。
最初は初めての初級中級者向け?のキーボードでどうだろうと思っていましたがとても快適です。自分としてはメンブレン式をいままで使ってきた中で、このキーの感覚は初めてでした。なれないキー音ですが、使いやすいです。
特に、自分は音楽を聞きながらマインクラフトをやったりするので1ボタン押すだけで音楽再生・停止・切り替え・音量調整を行えるのはとても便利です。
自分が買った時は5000円以下でしたが今は6000円ちょっとみたいですね。それでもイチオシの商品です。
2019/03/19追記
予想以上に見てくださった方が居たのであれからどうだったかを書きたいと思います。
今も問題なく活躍してくれています。打つ時、やっぱり手首が疲れにくいですし、使っていて思ったのがよくある、RGBの光がキーからはみ出していないので文字も見やすいです。
ただ、RGBを楽しみたい方にはこれはオススメできないかもしれないです。普通に明るい部屋で使っていると白系統の光がイマイチ光っていないような光っているような感じに見えます。(文字自体が光るのでそれはそうですが、、)
最近、G HUBという前のLogicoolゲーミングソフトウェアに変わる新しい制御ソフトが出たみたいで、それを使いましたが、オーディオビジュアライザーという機能が凄いですよ。
音楽とRGBの最高のマッチです(^^) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
2018-4月から約1年使いました。現在(2019/03/29)ApexLegendsというバトロワゲームが流行っています。爆発的な人気を得て、各国でブームです。しかし、お隣のChi〇aさんがチートを乱用、販売を開始し、正直マッチングしてもチーターにやられるorチート販売業者で溢れかえっている、本来なら60人スタートなのに40人スタートなどがざらにあります。

僕は久しぶりに面白いゲームに出会えてどハマりしていましたが、チート、チート、チート。チートに狩り尽くされて嫌気がさし、ついキーボードのwasd付近に拳を振り下ろしてしまいました。一度までならまだしも、何度も感情的になり、叩いてしまいました。

そしてある日のこと、いつものようにApexをやろうとしたら、キーボードが、がたつくのでコードでも挟まってしまったのかと思い、キーボードを上に持ち上げたところ…キーボードに角度をつけるヤツ(なんていうかわからない)が折れていました。初めて買ったキーボードで、学生の僕には決して安い買い物ではありませんでした。結構気に入っていたのに、自らの手で破壊してしまいました。

Logicoolの関係者様、また、製造に関わった多くの方々にこの場を借りて謝罪させていただきます。大変申し訳ございませんでした。

そして、g213、今までありがとう

でも、冷静になって考えてみると殴る僕も悪いですが、チートを使うChinaが悪いです。今度はもっと高いキーボードを買って、精神的に叩けなくなるようにしようと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

ゲーミングキーボード 高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「ゲーミングキーボード」高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.8)
総評価数 28件
2
(4.7)
総評価数 414件
3
(4.6)
総評価数 752件
4
(4.6)
総評価数 387件
5
SteelSeries ゲーミングキーボード Apex Pro TKL US 64734
発売日 2019/12/16
通常 27,500円
現在 26,500円
1,000円(4%)OFF!!
(4.6)
総評価数 101件
 

Razer BlackWidow V3 JP Yellow Switch ゲーミングキーボード

  • 【違いを感じる】 かつて人気を博していたアイコニックなゲーミングキーボードrazer blackwidowへの回帰を表しています。razer blackwidow v3 は業界初の最も革新的なメカニカルゲーミングキーボードを基盤とする一方で、世界に名を馳せるスイッチなどの新しく改善された機能を備えています。
  • 【razer イエローメカニカルスイッチ】 静音リニアスイッチは、タクタイルバンプのない非常に滑らかなキーストロークを実現し、音を抑える仕様によりさらに静音性を強化しています。
  • 【透明なスイッチハウジング】 透明なスイッチハウジングを搭載することにより、rgb ライティングの明度を高めて、razer chroma rgb の素晴らしい機能を表現するのに最適です。高度なライティングのカスタマイズ機能に加え、150 以上の対応ゲームに合わせたダイナミックな反応により優れた没入感が楽しめます。
  • 【ダブルショット abs キーキャップ】 メカニカルゲーミングキーボードのキーキャップは、ダブルショット射出成形によりラベルが摩損することもなく、キーウォールもより一層非厚みがあるため、長時間の酷使ご利用にも十分に耐える優れた強度を備えています。
  • 【アルミ製】 頑丈なキーキャップを支える razer blackwidow v3 のトップフレームは日常的な酷使にも長時間耐える頑丈な設計で、すっきりとしたマット仕上げになっています。
  • 【マルチファンクション ローラーホイールとメディアキー】 停止、再生、スキップを設定でき、明るさから音量まであらゆる要素を調整できます。究極の利便性でエンターテインメントを楽しめます。
  • 【エルゴノミック リストレスト】 頑丈なリストレストは、キーボードにぴったり沿わせて手首にかかる圧力を和らげるように配置できるため、長時間のゲームプレイでも疲れを軽減してくれます。
  • 【ケーブル配線オプション】 メカニカルゲーミングキーボードはケーブルを整理して収納できる溝があり、どの方向にも引き出せるため、デスク環境を整理しておくことができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 RAZERの黄色軸は、静音型のメカニカルスイッチで、
感覚的にはカスンカスンとかコスンコスンと言う感じです。
緑軸のカチカチに比べると、えらく感じの違うキーですが
カチカチ音だと邪魔になる場合はこちらの軸がお薦めです。

メカニカルキー独特の打キー感は、ラバーパッド型のスイッチに慣れていると
最初はちょっと戸惑います。
感覚的にはラバーキーだと、キーを押し込んだ最下点で反応しますが、
メカ式は触れて1~2mmで反応しますので。キーを押し込む途中で
文字が打たれる感じ。

発光具合は眩しくない上品な光り方なので、派手さを期待するなら期待外れ
かも知れませんが、逆にこれくらいなら仕事で使っても良い感じ。

キーボードの右上に、ボリュームアップダウンに使うローラーが有り、
これをコロコロ転がすだけで簡単にPCのボリュームを変更出来るのですが
位置的にテンキーが邪魔でちょっと使いにくいかも。
まぁ頻繁に触ったりする物でも無いですし、マイナス点を付けるほど
悪い事でも無いです。

今回は、RAZER常駐アプリもインストールしてみました。
キーの発光設定やマクロの登録の為のアプリかと思ってたのですが、
なんかキーの設定以外にもゲームに最適化するソフトが一緒になっています。
具体的には、ゲームの起動に連動したメモリの開放や不要サービスの停止など、
ゲームをする上で処理の邪魔になりそうな物を停止できたりします。
ゲーミングキーボードと言う事でそう言う機能が付いているのだと思います。
普段、他のアプリでそう言うゲームの最適化をしている方なら、こちらで一本化
出来るかも知れません。

私は必要無いと思ったので、アンインストールしました。あとちょっと気になる挙動も…
念のために海外でそんな話題が無いか調べてみましたが、特にキーロガーとか言う話は
無さそうですし、何件かのアンチウィルスやマルウェア検索にかけましたが特に問題無いので、
私が気にしすぎているだけかもしれません。

発光パターンとfnキー(fnを押しながら○○を押すと△△が起動、もしくは動作する)の
登録をするだけならRAZER SynapseとCentralだけ入れておけば良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
イエロー軸はCherryMXの赤軸のようなリニア軸です。途中に引っかかり(タクタイル感)がなくスイッチのクリック音(カチっという音)もありません。静音性に配慮されたスイッチで、押し下げた時の音に対してかなり配慮されているのを感じます。反応は速く銀軸と同じくらいではないかと思います。ストロークはCherry軸より浅めでちょうど良い深さです。キーのひっかかりがなく軽く押しただけで反応するので長時間使っても全く疲れません。

インジケーターランプ
カーソルキーの上に白のLEDが5つあります。左からC/1/S/M/Gですが、これがなんの意味なのか分かりませんでした。Gはゲームモード、Mはマクロと説明書にあるのですが、他のランプについては説明がなくしばらく考えてしまいました。C:CapsLock / 1:NumLock / S:ScrollLockです。なにか特殊な意味があるのかと思ったのですが、分かってしまえば普通の事でした。

イエロー軸
反応が速く軽く入力できるのでとても楽です。Cherry赤軸よりこちらの方が好みです。Cherry赤軸はある程度押さないと反応しないので入力したつもりなのに反応しなかったりという事がありましたが、黄色軸は軽く押しただけで確実に反応するのでストレスがありません。左小指など力がない指での入力が特に楽になりました。

静音性
押下げた音は静かですが、離した時にカチャカチャと音がします。Cherry静音軸よりは音がしますが、Cherry赤軸よりは静かです。メカニカルキーボードとしては静かな方ですが、周りに人がいる環境では使わない方が良いかもしれません。

キーキャップ
Razerのキーキャップはなぜか異様に押しやすいです。指に良く馴染みタイプミスも少なく感じます。ダブルショットとのことですが、非常に軽く入力していてキャップの重さを感じません。

リストレスト
取り付けなくても使えます。外すとRazerのロゴがあり光ります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Logicool G テンキーレス ゲーミングキーボード 無線 G913 GLスイッチ

  • 【Logicool G G913 テンキーレス ワイヤレスゲーミングキーボード】LIGHTSPEED ワイヤレス、3種のGXスイッチ、LIGHTSYNC RGBなど先端の機能を装備した上級モデルG913はコンパクトサイズのテンキーレス版が登場。
  • 【有線より速いLIGHTSPEED】LIGHTSPEED ワイヤレス テクノロジーを搭載、無線遅延の無いワイヤレスゲーミングキーボード。Bluetooth接続にも対応でデバイス2台と同時接続が可能。
  • 【GLスイッチ リニア】ロープロファイルGLスイッチとは通常スイッチの半分の高さ、アクチュエーション距離は1.5mmで従来品より25%早くなる。メカニカルスイッチ ならではのスピードと精確性を持ちつつ、よりエルゴノミクスに適したタイピング体験と最高の触り心地を実現する。リニアスイッチは赤軸のような優れた静音性が特徴でチャットしながらゲームするのに最適。
  • 【LIGHTSYNC RGB】1680万色力カスタマ自由のRGBだけでなく、LIGHTSYNC機能を使えばゲームやエンターテインメント コンテンツとライトを連動させることが可能。
  • 【パッケージ内容】製品本体、LIGHTSPEED USBレシーバー、micro-USBケーブル、 USB延長ケーブル 、取扱説明書、2年間無償保証書、保証規定。
  • 必要システム:[LIGHTSPEED] Windows 7.0以降またはMac OS 10.11以上でUSBポートのあるPC[Bluetooth] Windows 7.0以降、mac OS 10.11以上、Chrome OS、Android 4.3以降またはiOS 10以降のBluetooth対応デバイス|※Logicool G HUBソフトウエアのダウンロード時にはインターネット接続環境が必要
  • 角度調節機能:2段階

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
このキーボードは私が探し求めていたキーボードでした。
薄いキートップの押しやすさ、青軸好きにはたまらない押し具合は非常に癖になります。
私はこの薄いキートップと相性が良かったようで、以前使用していたキーボードと比べてタイプミスは非常に減りました。
キートップは油をはじく仕様になっているので、よっぽど脂肌な方でない限りはキートップがベタベタになることはないでしょう。気になる方は定期的に拭くと良いかもしれません。
また、音量ミキサーホイールは使わないかと思いきや、意外と使用してみると便利です。
私はテンキーありのモデルがGボタンのスペースが場所を取ってしまっているように感じたため、テンキーレスモデルを購入しましたが、非常に使いやすくて後悔していません。
テンキーが無いことに、初めは少々不便を感じましたが、慣れてしまえばどうということはありません。
必要に感じた方は通常モデルを購入するor別途テンキーを購入すると良いかもしれません。
少々残念に感じた点はUSBがType-Cではない点といくらテンキーレスとはいえ、重量がそれなりにあるので持ち運びは考えない方がいいかもしれません。また、GHUBが嫌いな方はどうしようもないですね…
GHUBは使わなければあまり気にはなりませんが。
ちなみに私はワイヤレスモデルを購入しましたが、ワイヤレスは結局使用していません。
あまりに気に入りすぎたので、リニアの通常モデルの購入を検討しています。
他のキーボードと比較しても高いと感じるかもしれませんが、この金額を出すだけの価値はあると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
値段が約3万円とキーボードの中ではかなり高額な部類で少し迷いましたが、購入して良かったです。
GPROXからの乗り換えですが値段分の質感、機能性は向上しています。
金属パネルは高級感があり満足です。重くはなりますが持ち運びしない方には無問題でしょう。
機能面に関しては、反応速度はGPROXよりも明らかに早くなっていることを感じられました。アクチュエーション ポイント1.5㎜は流石です。
音量調節ダイヤルはFNキーを押す必要なく直感的に調整できるのでかなり便利です。

キー軸はリニアを選択しました。GPROXで3種類使った経験があり、その中で一番気に入ったリニアにしたのですが正解でした。
抵抗が少なく、長時間使用していても疲労感が溜まりません。万人受けするのはリニアではないかと個人的には思います。
ゲーミング感が強く欲しい方にはクリッキーがお勧めです。タクタイルはその中間、良いとこどりであり悪く言えば中途半端。

一つ気になる点があるとすればキートップのカタツキです。上から押しこむ分には感じませんが、横に力を加えると少しズレます。

---追記---
未使用時にバックライトを自動でOFFにする機能(1,2,5,10,15分,OFFにしないから選択)がありますが自動でOFFになった後、復帰すると必ずゲームモード(特定のキーを無反応にする)がOFFになります。
GHUBアップデートで修正されることを望みます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White メカニカルキーボード

  • 【MERCURY EDITION】白色を基調とした限定カラーモデル
  • 静かでも確かなタッチ感のフィードバックを実現した Razer オレンジメカニカルスイッチ
  • さらなる静音性のために O リングを付属。
  • 取り外し可能なケーブルとコンパクトなフォームファクター
  • 明るさをフルにコントロールできる個別バックライトキー
  • クラウドベースのハードウェア構成ツールソフト Razer Synapse 3 対応
  • メーカー保証年数:2年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
当初はカタログスペックだけで SteelSeries の「APEX Pro TKL (テンキーレス) 」を
候補として上げていました。

ただこの製品はまだ日本で発売されていないので、
APEX Pro (テンキー有り) モデルを実際に触りました。
が、キーキャップの質感 (テカテカした感じ) と打鍵音 (ちょっと甲高い音がする) が
あまり好きになれず。。。
普段仕事では HHKB Professional BT を使っているので、
もう少しコトコトとした感じの音が好みでした。
あとAPEX Proで気になったのがケーブルの太さ。ちょっと太くて扱いづらい気がしました。

そんな中、秋葉原の「RAZERSTORE」で触ったこのキーボードに一発で惚れましたw
キートップの質感は僕が好きなちょっとマットな感じで、
本体のアルミ部分と相まって高級感を感じます。
かといってザラザラしている訳ではなく。

他の購入者の方々も書かれていますが、
バックライトはRGBではなく白色にしか発光しません。
ソフトウェアを使っても白以外には変更できません。
さらに発光パターンは2種類しかありません。
(常時点灯とポワーンて感じのやつ)
輝度の調整は可能です。

また、このキーボードには静音化の為のOリングが付属しています。
もしキーキャップを外す場合、付属の黒いやつを使うとキーキャップに
傷が付きそうな気がするので、もしキーキャップを取り外す場合には
以下のようなタイプのKeyPullerがおすすめです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B077PBVT1F/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_EJzSDbWZ3FX5F

合わせて購入した RAZER BASILISK MERCURY も接続してライトアップしてみましたが、
これがめちゃくちゃかっこよかったです!

もちろん合う合わないは人によりますので、可能であれば店舗で触ってみることをお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
【気に入った点】
私はゲーマーではないのですが、シルバーの台座に白いキートップ、キートップの文字が英字だけで日本語配列、そしてキートップ文字がLEDで輝き、キートップ同士の隙間からも白色LEDの光が漏れ見える感じが思っていたよりきれいで、上品な演出だと感心しています。
そのうえ、付属のオレンジ色のリングを、キートップを外してつけていくことで、静穏性が向上し、キーのしっとりとした反応もそのままなので、これは1万円以上したものの、精神的には元が取れる買い物だったと思います。
虹色になることを希望している人も多いですが、この白色オンリーの演出のほうが本当に上品でよいと思います。
職場のオフィスで使用するときには、見かけの問題ですが、接続するコンピュータを選ぶかもしれません。黒い巨大な函体のデスクトップPCよりは、本体を隠して見えないように収納した函体に接続して、このキーボードのみをデスク上に置くなどの配置がよいでしょう。
総じて価格以上に満足のいく商品でした。到着も、このコロナのご時世にしてはとても早かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Razer BlackWidow Elite JP Green Switch メカニカル

  • ゲーマーがキーボードに要求する機能・性能を網羅したゲーミングキーボードの決定版
  • 最適なアクチュエーションのための Razer メカニカルスイッチ
  • 最大8000万回キーストロークの高耐久性
  • これ以上ない快適さの中でゲームができるエルゴノミックリストレスト
  • 個別のキーそれぞれのLEDカラーと発光パターンをカスタマイズする「Razer Chroma」バックライト機能搭載
  • ダイアルを含むすべてのキーの割り当て/マクロをカスタマイズ可能
  • USB2.0とオーディオ(4極3.5mmミニプラグ)のパススルーポート搭載
  • 最大5つのプロファイルを保存するオンボードメモリ搭載
  • プロゲーマーチーム 「父ノ背中」推奨製品
  • 有線

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
元々オレンジ軸を使っていたんですけど、キーボードのプラスチック感が
やっぱり嫌なのとキーがカバーで半分くらい隠れていて掃除がしにくい、ということで色々考えていたんですよね

Huntsmanとか、カバーがキーを隠していないし、しかし紫軸は調べた感じ、音がチャカチャカ系でうるさい。
じゃあBlackWidow Eliteのどれかだろう、となって
緑軸はチャカチャカなので外して、オレンジ軸と黄軸で悩んでいたんですけど
黄軸は調べてみたら銀軸に近い感じのようで、手持ちのテスターで触ってみたら良さげな感じだったので黄軸になりました。赤軸よりも少し反発があるかな…??

結果は大成功、打鍵感も撫でる感じで打つだけで反応するので心地いいです
でもあれですね、スペースキーがなんだかクリック感があってう~~~んという気分。中に針金みたいなのが
入ってるから、ちょっとクリック感があるんですかね、
誤字が増えるという意見もありますけど、元々オレンジ軸なので押下圧は変わらないので問題なし
反応距離が黄軸のが速いそうですけどね、撫でる様なタイピングをする人にオススメです(?)
静音(?)な感じですけど、普通に打つとカタカタ言います。
ゲーミング特有のあの青軸とか緑のチャカチャカしてる感じじゃなくて中身に芯が詰まっているような軸の音(実際芯が入ってるんですけども…)で大満足

天板のアルミフレームの高級感もあるし、キーボードのフォントも大分スリムになっていてオサレ感が増してる…!
右上のボタンは 前の音楽、再生一時停止、次の音楽、ボリューム操作(押し込みでミュート)
これが地味~~に便利、ゲームのロード待っているときなんか、Youtubeで動画見て、ロード終わったら一時停止
とかもできちゃいます。

リストレストもクッションな感じでかなりいいですけど、合皮っぽくて使ってたら剥がれてきそう
あんまり使う気にならないですね…、あと蒸れそう、ちょっと使ってみたらめっちゃいいんですけどね。

あとはRazerSynapse3がめっちゃいいです、前は2を使ってたんですけど、めっちゃ色々カスタマイズ出来てVeryGood
光らせ方で気に入ってるのはオーディオビジュアライザ、パソコンの音に合わせてキーボードが波形の形に光ります。

冗談抜きで過去最高のキーボードです、本当に満足しています、壊れない限り。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
長時間PCに向かう仕事をしているため、パームレストが付いたキーボードを探していたところ、
こちらの商品に辿り着きました。(当方ゲームはしますが、ヘビーゲーマーではありません)
緑軸(他社で言うところの青軸?)特有のクリック音がとても心地よく、
数千円台の他社メカニカルキーボードと比べ、押したときのフィット感が半端なくいいですし、
ガタがほとんど無いので、かっちり正確に入力出来ます。
メカニカル特有のガチャガチャ音はしますが、押し心地が良いためか全然気になりません。
大げさかもしれませんが、以前のキーボード(ロジクールG510)に比べて3割増しくらいの早さで入力出来ている感じです。
パームレストも高級感があり、長時間の作業でも疲れません。
作りが堅牢な感じですし、8000万回クリックにも耐えるとのことで耐久性もありそうです。
そして何よりカッコイイ!大変シンプルなデザインですが、
無駄なものが一切なく、機能的で飽きることがないデザインです。
RGBバックライトの挙動も自在に変更できます。
マクロについては試してないので分かりません。

大変高額なキーボードですが、長く使うものですし
直接入力するものなので、買って損しない一品だと思います。
私は相当気に入ってしまいました。

迷ってる方は是非買ってください! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SteelSeries ゲーミングキーボード Apex Pro TKL US 6...

  • キー配列:US
  • 作動点:0.4mm~3.6mm
  • スイッチ押下圧:45cN
  • 反応速度:最短 0.7ms
  • スイッチ耐久性:1 億プレス

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
買って正解だった。

押し心地、設定のしやすさ、デザイン、どれも良い。
キーが通常のキーボードとは違って浮いた形のなっており掃除もしやすい。
付属のリストレストも心地よい。

右上の液晶はおまけ程度だが、
キーボードプロファイル切り替え時に
プロファイル名が表示される。
自分がどの設定を使っているかが明確で良い。

このキーボードでSteelSeriesのファンになりました。
一年前に買ったマウス(Sensei310)と一緒に使い込んでいきたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングキーボード沼の終着点。
これ以上はない。
キーごとに反応する深さを変えられる機能は思っていた以上に便利。アプリごとに変えられるのもグッド。
机が狭い人には60%キーボードのほうがいいかもしれないけど、TKLで余裕って人は絶対にこれにするべき。

ひとつだけ不満があるとすればUSBポートがついてるためにケーブルが極太で、取り回しが悪いこと。
いまどきキーボードから充電するやつとかおるか?? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
SteelSeries ゲーミングキーボード Apex Pro TKL US 64734
発売日 2019/12/16
通常 27,500円
現在 26,500円
1,000円(4%)OFF!!

   

ゲーミングキーボード 低価格(安い)の5製品詳細

以下が「ゲーミングキーボード」低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
 

片手ゲーミングキーボードRGBゲーミングキーパッド 呼吸ライト LEDバックライト39キー

  • 【RGBバックライト調節可能】LEDバックライト付きのRGB片手キーボード、虹色/7種の単一色、イルミネーション、呼吸ライトのON/OFFを切替えられるだけではなく、バックライトの明るさ調整できるから、秘密基地のような独特な雰囲気が漂うゲーム部屋が出来上がります。
  • 【人間工学デザインパームレスト】お手首に究極のフィット感にこだわりのゲーミングキーパッド、人間工学デザインを採用されたプラムレストの表面形状は、プレーヤーがボタンを押したときの手首の姿勢に合わせ、手首にかかる圧力を軽減し、疲れを有効に和らげるから、長時間の激しいゲーミングでも楽しめます。
  • 【39キーコンビネーション】左利きの方だけでなく、右利きの方でも利用できる片手ゲーミングキーパッド。39キー配列で指先一つだけであらゆる状況に瞬時に反応できます。操作指示アイコンが刻印されたキーキャップにより記憶を強化され、初心者ゲーマーも勝利が、この一歩先に!
  • 【高い互換性】このプラグアンドプレイ式RGB 片手ゲーミングキーボードはMicro-USBケーブルでパソコンなどと簡単に接続でき、面倒がドライバーのインストールが要らない。Win2000、Windows XP、WinME、WinVISTA、Win7、Win8、Android、Linux、IOSなどシステムに対応出来ます。
  • 【あんしん保証】これからもより多くのお客様の心に寄り添い、ご満足いただける質の高いサービス・商品を提供してまいります。片手キーボードの品質には万全を期しておりますが、万一商品不良が発生した場合は、商品到着後5日以内にご連絡お願い致します。弊社不備による商品は交換のみとなります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ゲーミングキーボードは初めて使うので比較とかは分かりませんが、PCゲーム初心者で購入しました
padからPCなので左手と右手が離れていると違和感を感じこちらを購入しました笑
やはりキーボードが小さい分マウスパッドに近づけれるのでまだ幾分か違和感がなくなりました。
また、手の甲の部分?を置く所があるので楽にプレイできます!
操作性なども今のとこ異常なしなので星5つです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
タッチ感が良く、ボタンが柔軟で、使い慣れているので、高得点に挑戦できるようになりました (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ゲーミングキーボード 片手 LEDバックライト RGB 有線キーボード 持ち運び便利

  • 【虹色LEDバックライト】―――虹色LEDバックライトはFN + F5でワンクリックで自由にオン/オフにすることもできます。虹色LEDバックライトモードは暗い場所でもキーを正しく見つけます。
  • 【ゴムパッド】―――ABS材と金属アルミニウムパネルを採用されマット仕上げの質感であり、キーの上の文字も色褪せません。キーボードの背面にゴムパッドがあって、ゲームを遊んでいるときに手を離れて移動を避けることができます。
  • 【コンパクト&キーボード仕様】―――35キー、コンパクトで外出、旅行、出張でも持ち運び非常に便利です。左手と右手も対応しております。高さ:30mm 幅:216mm 奥行き:163mm 重量:400g。
  • 【使い方は簡単&マルチメディアキー】―――有線キーボードです。PCに挿入したら、すぐ使えます。ドライバーのインストールも不要で、 それは自動的に認識され、使用する準備ができています。マルチメディアキーを搭載している増野で、メディアを簡単に制御できます。
  • 【アフターサービス】―――商品の初期不良などの故障がある場合は、弊店は新品に交換いたします。故障品の修理をお待ちいただく必要がありません。✿連絡方法:[アカウントサービス]-[注文履歴]-[出品者に連絡する]。✿商品品質について:Fanber-jp以外の店舗の商品品質は確保できませんので、カートに入れる時に、充分ご注意くださいませ。Switchとps4などをご利用の場合、キーボードを正しく動作させるために 変換アダプターでSwitch、ps4とキーボードの接続が必要があります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
置いたときのグラつきと一部キーの反応が悪かったのですが、初期不良ということですぐに新品を送ってくれました。
こちらは問題なしです。

ゲーミングキーボードと言えばメカニカルスイッチが多いのですが、こちらはメンブレンなので柔らかく静かです。
こちらのが好みで対応も良かったので評価を修正しました。耐久性については何かあれば再度書くかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
片手用ゲーミングキーボードのなかで沢山の種類がある中、比較的安価で良さそうだったので購入しました。黒い外枠の部分にフィルムが貼ってあります。傷ではありません。
バックライトの色は、虹・赤・青・緑・紫(ピンク寄り)・水色・黄・白の8種類がありました。
箱には中国語が書いてあります。中国製の商品ですが、とても良い商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

エレコム ゲーミングキーボード 【DUX】 全キーカスタマイズ ハードウェアマクロ対応

  • MMO RPGに最適な機能を搭載し、ワンランク上のゲームを楽しめる“DUX"MMOゲーミングキーボードです。
  • 全てのキーに同時押しや連射マクロなどのお好みの機能を割り当てることが可能です。
  • 戦闘用、チャット用などのプロファイルを専用キーで即座に切替え可能です。
  • キーボードの各種操作をプログラムしたとおりに再生することができるハードウェアマクロ機能を搭載しています。
  • 何度も繰り返し行う決まった手順の作業を、ワンタッチで正確に実行可能です。
  • マクロの作成は手動入力に加え、操作したとおりに記憶するレコーディング機能にも対応しています。
  • キーの設定内容をキーボード本体に保存できるオンボードメモリを搭載しています。
  • ドライバユーティリティ上で設定を行うとキーボードが記憶し、ユーティリティをインストールしていないほかのパソコンでもそのままの設定でキーボードを使用可能です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
▼多ボタンマウスについて 
多ボタンマウスは、ゲームだけではなく、一般用途、仕事用途で使う場合にもメチャクチャ便利だぞ。
ネットを見る時にも、タブ移動、コピー、ペースト、タブを閉じる、ページ更新等々を割り当てると非常に快適だ。仕事でも、コピー・ペーストは勿論、ウィンドウの切り替えや、繰り返しの操作など、使いどころはとても多い。Word、Excelは勿論、PhotoshopやPremiere、その他映像のエンコード処理など、様々な場面で活躍している。知り合いは、CADで使っていると言っていた。
実際に、多ボタンマウスがないと、もはや仕事にならないし、ネットもやりづらいと思えるカラダにされてしまった。
仕事のできるできないは、効率性だけでは測ることはできないが、効率が上がった方がイライラしないで仕事も進むのは間違いないぞ。

▼商品について
G700、G700s、G600とLogicool製品を使っているが、2000円と安く、別のノートPC等でも多ボタンマウスを使おうと、こちらの商品を買い足した。これらLogicool製品との比較にならざるを得ないのだが、まずは本製品の欠点から書き連ねてみようと思う。
〈欠点〉
・まず、サイズが少し小さく握りづらい。そして、これが側面ボタンの押しにくさに繋がっているように思う。正直、使い始めは、側面のボタンは若干押しにくい印象だった。ここのレビューでの低評価でもこの点を挙げる人は多い。瞬時に操作をしなければならないゲーマーにとっては、これは致命的ではないかと推測するがどうなのだろう。心配な人は、ヨドバシなどで一度実機を確認しておいた方がいいだろう。もっとも、一般用途、仕事用途だと、慣れればさほど問題にはならない。女性や手の小さな人なら最初から大きな問題にはならないだろう。
・また、本体が若干軽く、ケーブルが若干硬いので、マウスから手を離すと、カーソルが勝手に動いてしまう。ケーブルの耐久性を意図して化繊でコーティングしたのだろう。安心感はあるのだが、これがちょっと裏目に出ている印象もある。無線にすれば問題ないので、1000円ぐらい高くなってもいいので是非無線にして欲しい。
・あとは、アクティブのソフトウェア毎に自動で設定が切り替わる機能が欲しかった(Logicoolの製品にはある)。プロファイル登録もできるのだが、やはり一々切り替えるのは面倒だ。
〈利点〉
もっとも、以上は、用途によっては目をつむれる程度の欠点だろう。こちらの商品もLogicool製品に対して、機能的にはそれほど劣っていない。
・まず、ボタン数だが、14ボタンは、G600より少ないが、G700よりも多い。ゲームに使うとしても、必要十分な数だろう。一般用途では、まあ、使い方にもよるのだろうが、自分の場合は丁度といったところだ。
・また、ハードウェアマクロ機能が搭載されていて、PCを変えても設定が残る。使うPCをよく切り替える人には便利な機能だ。これはLogicool製品にはない機能だ。
・地味に便利なのが、チルトによる横スクロールに対応している点だ。これは自分の使い方では、Wordでよく使うのでありがたい。人によっては、ExelやCADでは必須の機能だろう。
・そして、何よりも特筆すべきは、他ボタンマウスで2000円程度という激安価格だ!!! これはスゴい。マウスは値段が高くても結構壊れるので、あまり高価なマウスは買いたくないというのが正直なところだ。所詮消耗品だと思っている。よって、価格の安さは正義なのである。

▼まとめ
本来は、ゲーマー向けに作られているのだろうが、ゲーム用途じゃなくても便利に使うことができる。
まあね、ゲームも仕事も、PCを使っている以上は、「PC上の作業」という意味では同じ訳だから、ゲーム用途で便利なモノは、他の用途でも便利ということなのだろう(そういう意味では、ゲームが得意な人は、“真面目に仕事をすれば”仕事でも優秀ということになりそうだ)。
ソフトウェア、ハードウェア上の不具合は今のところないし、問題とすべき点は、上記に記したモノぐらいで、それが許容できるのであれば、お買い得な商品と言える。
一般用途、仕事用途でこれを検討している人は有力な候補として挙げておくべきだろう。
他にLogicool製品なども候補に挙がっていることと思うが、この商品は、ハードウェアマクロ(PCが変わった場合でも設定を維持)、14ボタンという比較的多いボタン数、2000円程度というコストパフォーマンスが魅力と言えるだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
小さめというレビューが多かったのでこれに決めました(女性です)
サイズは確かに小さめで私には丁度良かったです、むしろこれでもやや大きい
ただこれより小さい多ボタンマウスもあまりなさそうなので満足しています

親指の付け根を机に付けて持つのが癖だったようで
最初なれなくて親指受け?の部分で何度も手の端を轢いてしまい
すごく使いにくかったのですが、2日ほどで慣れて轢かなくなりました

ただ私の手だとボタンに指を届かせるにはしっかり被せて握り込まなくてはいけなく
しかし握ると薬指の座りが悪いです、もう少し右側がえぐれてるといいのに…

ボタンの感触は(値段を考えれば)そう悪くないのですが
マウスホイールが少し緩め、動作に問題はないですが好みではありません

あと、私と同じようなうっかりさんがいるかもしれないので書いておくと
最初ゲーム内のキー設定画面でボタン割振りをしようとしたら
サイドボタンのみ反応せず…、一瞬使えないのかと焦りましたが
よく見たらマウス側の設定アプリのほうで初期がサイドボタン反応無効になってました

なのでゲーム内設定のほうのショートカットのカスタマイズは触らず
マウス側のアプリの方で設定したらちゃんと使えました (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

MIHIYIRY PBT キーキャップ 61/87/104キーキャップセット Cherry

  • ?【お知らせ】本製品はキーボードは含まれていません、ご注意ください。この製品はキーキャップのみ、キーボードではありません。
  • ?【幅広い互換性】このキーキャップセットはPBT Cherryの輪郭キーキャップを含み、自分でキーボードを改造する最適な選択コースです。ほとんどのCherry MX Gateron MX Kailh MXと他のCherry MXスイッチ含みキーボードに適用します。まだ、標準ANSIキーボードに適合します。
  • ?【高品質のPBT素材】PBT素材、表面はマット処理されており、ABS素材と比べて耐久性が優れ、高硬度、耐摩耗性、肌触りが快適です。ゲームやタイピングをする時に最高の体験を提供します。OEM高さ、線が滑らかで、人体工学の階段弧度設計を採用しています。
  • ?【キーボードのバックライトで文字が透過】キーボードのLEDが軽く見えるようになり、キーボードのバックライトで文字が透過!文字が透過する仕様になっているので、バックライト搭載キーボードの交換にも素晴らしい!机の上で美しい光景が得られます。
  • ?【耐久性と保証】私たちのキーは、長持ちする耐久性と性能を確保するために特殊なダブルショットインジェクションで形成されています。文字は長時間使用しても薄くなりにくいレーザー刻印を施しています。この製品はご購入日から1年間の保証がございます。万が一製造上の原因による不良があった場合は当店にご連絡ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
自分のPOKER XキーボードのCherry MX赤軸のスイッチには、適度にフィットしており、抜けやすくも抜けにくくもなくちょうどいい感じです。また、PBTの材質によって、入力時の音と感触がオリジナルのキャップよりも向上してると感じました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
キーキャップは写真の通り素晴らしいです。色も触感も完璧。でも一番言いたいのはお店のサービスです!途中にちょっと問題がありましたが、すぐに再発行してくれました、本当に速いです。必ず周りの友達におすすめします! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ゲーミングキーボード 有線 usb有線キーボード Windows/Mac OS対応

  • 【25キー防衝突日本語配列キーボード】本品は押しやすい浮遊式キーキャップとオリジナルフォントによるスタンダード日本語配列キーボードです。最大25キーロールオーバーデザインを採用し、複数のキーを同時押ししても認識できる高い入力精度と快適な操作性が備わっているので、メカニカルキーボードではないが、まるでメカニカルのような感触でレスポンスも素早い、長時間のキーボード操作に向いています。
  • 【人間工学設計】 ゲーミングキーボードは人間工学に基づき、階段のようなデザイン、裏の足を設計され、高度と角度を調節できるので、疲労を軽減する効果があります。キーボードの下部にゴムパッド構造があって、ゲームを遊んでいるときに離れて移動を避けることができます。ゲームの楽しさが増します。
  • 【RGB変色LEDバックライト】1680万色RGBバックライト付き、夜間の使用も適しています。6種類のライトモードが用意され、明るさや点灯パターンを自由に調節出来ます。また、キーグループごとにバックライトをカスタマイズすることできます。ゲームの世界に楽しいの同時に綺麗なライトが輝いている。暗い場所でも精確にキーの位置を確認でき、戦いにコミットし勝利に導きます。
  • 【使用寿命長い】連続使用のために設計され、1000万回以上のクリックが可能です。キーボードの盤とキーの間には約1cmの隙間を使って、また、十分な高さの隙間がありますので、掃除にも簡単です。0-40℃の環境でも正常に働き、使用寿命は長いですので、ゲーミングやタイピングなどに最適です。また、106キーが搭載され、文字も色褪せしにくく、キーキャップの使用寿命が普通のキーより長くなり、耐久性の高さを実現する。
  • 【交換性・保証】Lunix/WindowsXP/Windows VISTA/Windows 7/Windows 8/Windows 10、Windows MacOS X などシステムに対応できます。ご購入日から一年間保証付きます。何か初期不良及び適切な使用環境で発生した本製品の故障、輸送中発生した破損、その他の不具合があった場合は、弊社までお問い合わせくださいませ。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約1か月前に購入し、ほぼ毎日利用しています。

Windowsにて、Apex、R6S、マインクラフトをよくプレイしています。
ソフトはAviutl、Vroidをよく使用しています。
以前、コンパクトタイプの静音キーボードを使用していましたが、スペースキーが陥没してしまい、購入しました。

・こちらのキーボードは、ボードよりもかなり高い位置にキーがあり、キー同士の間隔も広めになっています。パンタグラフ式やボードに対して低め且つ、キーの間隔が狭めのタイプを常用している方は、最初違和感あるかもしれません。
・Discordで複数人と通話しながら、ゲームや編集をしていたところ「少し操作音がうるさい」や「タイピング音が軽快でいいね!」と言われました。タイピング音フェチの方は気にいるかもしれません。
・ゲーミング製品のバックライトに良い印象を持てずにいましたが、自分で好みのカラーチョイスと発光パターンの設定が出来ます。ゲーミング製品苦手な方でも気に入るキーボードに、育成する事が出来るかもしれません。

同じタイプのキーボードを常用していない方は、もしかすると「苦手かも…」と思うかもしれません。
ですが、値段に対しての使用感に大満足しています。
個人的に、オススメしたいキーボードです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事用として購入。
ゲーム用なので、早打ち対応や、長い時間使っていても特に疲れないだろうということを期待しましたが、本当に期待以上!
キータッチの音も静かですし、LEDは無灯から虹色までパターンを自由自在に変えられるので、もしも気になる場合は無灯にもできます(自分は光らせておりますが)。

キータッチが本当に軽く、長い時間使っても疲れない仕様なのにキータッチ音も静かで仕事用にもつかえるのに廉価なのでコストパフォーマンスは最高です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
       

関連:人気・おすすめのゲーミングマウス

以下では、ゲーミングマウスの人気・高評価のおすすめ製品を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:人気・おすすめのゲーミングモニター

以下では、ゲーミングモニター(ディスプレイ)の人気・高評価のおすすめ製品を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました